5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

実在論

1 :考える名無しさん:05/03/02 15:23:29
実在論的に「意味」について考えるとどんな問題が生じると思う?

って内容のレポートがあるんだけど哲学初心者にはさっぱりわからない。



2 :考える名無しさん:05/03/02 16:58:50
実在論って何?

3 :考える名無しさん:05/03/02 17:19:58
人間の認識に関係なく客観的に対象が実在する事。
たとえば、「机」に関する実在論だったら、「机」というものが人間の思考法の枠によって机であるのでなく
人間の主観に依存せずに「机である」という性質を持つということ。

ただし、人間との関係において「机」であることとは区別されなければならない。
つまり、神の視点からと言うか、誰の視点からも独立に、”人間との関係において”それが机であるという状態は
主観から独立に成り立ちうる。

逆に原子がたくさん集まってるだけで、本当は机なんてものはなく、人間が便宜上原子の塊を机という存在として扱ってるだけ
って立場は机に対する反実在論かつ、原子に関する実在論的立場。

4 :考える名無しさん:05/03/02 17:29:39
授業に出てりゃわかるだろ カス

5 :考える名無しさん:05/03/02 17:46:26
哲学は教えられるものでなく学ぶものだとか、そんな話ばっかりします。
でも、レポートはこうです。

6 :考える名無しさん:05/03/02 17:48:10
人間との関係において、それは机である。それ以外では机ではない。
何故なら、机という概念がるので、それを机と考える事ができるのである。
それよりも前に机という事を知らないならば、机と考える事はできない。
従って、机と既に考えられているものが机か机以外のものであるのかと
考える事はできない。

7 :考える名無しさん:05/03/02 17:52:36
既にバカ出現

8 :考える名無しさん:05/03/02 17:59:12
「哲学は教えられるものではない」だけで、その学期の
講義を押し通したのか?
どこのバカ大学だ?

9 :考える名無しさん:05/03/02 17:59:18
>>1
俺なんか「実在論的に意味について考える」のはがどういうことかということからしてワカンナイヨ!
「意味」が主観から独立にあるということだろうか?それとも「意味」がそれが指し示す対象とも独立して存在するということだろうか?

まあ、普通は前者だよな。。。

10 :考える名無しさん:05/03/02 18:01:42
「意味の意味」について説明がなされたはずだよな・・

11 :考える名無しさん:05/03/02 18:41:32
>>1
ってか君、マルチポストした上スレ立てしてるよね?しかもレポート助けてスレだし。
あんま感心しないな。。。

でも、依頼されて立てたダメットスレも期待に反してというか案の定というかレスがついてないしその分こっちで盛り上がればいいか。。。

まあ、君は初心者といっても俺ほどバカじゃないだろうから、まずは実在論と意味の関係をまとめることから始めてみては?
それとどんなことでも自分の考えを書けばそれに対するつっこみという形でレスがつくと思うからそれを参考にすればいい。

12 :Joy:05/03/02 18:44:04
3の説明も実在論ではあるけど、1の先生はその意味で実在論という言葉を使ったのか疑問


13 :考える名無しさん:05/03/02 18:50:30
>>12
じゃ、君はどういう意味で「実在論」を使ってると推測するの?

14 :Joy:05/03/02 18:54:00
>>13
俺はその先生じゃないから知るはずないだろ
だけど普遍論争の講義をしてもそんなレポート出さんだろ




15 :考える名無しさん:05/03/02 19:17:48
もし意味が自然物と同じように実在するとなると、例えば「机」について俺達が知らない「意味」が将来「発見」されたりするのかな?

16 :考える名無しさん:05/03/02 19:41:58
>>8
結構専門的な本を書いてる有名な先生だと笑えるw

17 :考える名無しさん:05/03/02 19:59:54
まあ、meaning + irrealism とかでぐぐっとくんだな

18 :考える名無しさん:05/03/02 20:34:43
「実在論」「意味」でぐぐったら、フレーゲやウィトゲンシュタイン
がひっかかった。
これでどういう問題をつくればいいいんだ?

19 :考える名無しさん:05/03/02 21:09:19
先生は参考文献を示さなかったのかな……
次の本はどっちも面白いよ。

飯田隆『言語哲学大全T』

ダメット『真理という謎』

もし全部読んでる余裕がないんなら、

『言語哲学大全T』を、索引を用いて
「実在論」という言葉が載っている頁だけ読んだり、

『真理という謎』に入っている
論文「真理」の、
「ジョーンズは道徳的だったか」という問い
より後を読めばよいのではないかな。

20 :考える名無しさん:05/03/02 21:17:43
ああ、そういえば、
最近出た『現代思想』の分析哲学特集号に
そのものずばり

金子洋之『意味論的実在論』

って解説があったっけ。

21 :考える名無しさん:05/03/02 21:22:16
つうか、実際のところ

> 実在論的に「意味」について考えるとどんな問題が生じると思う?

どんな問題が生じるんだ?

22 :考える名無しさん:05/03/02 21:28:04
>>21
それを書いちゃったら、
>>1>>19-20に触れる機会を奪っちゃわないか?

23 :考える名無しさん:05/03/03 01:44:19
>>12
いや、そうだと思うぞ。
「指示」中心理論vs「意味」中心理論の対立の話じゃないのか?
で、「意味」みたいなもんは、一種の錯覚で言語行動の物象化じゃん!みたいな話をしたいと思われ。

24 :考える名無しさん:05/03/03 01:45:40
意味論的実在論は意味論の観点からの「言語」で表される事柄の実在論であって、意味の実在論とは違うと思われ。

25 :考える名無しさん:05/03/03 16:12:10
>>23
>「指示」中心理論vs「意味」中心理論の対立の話

文の指示は真理値であるというフレーゲと
コミニュケーションの単位が文であるというフレーゲとの間の
緊張みたいね。

>「意味」みたいなもんは、一種の錯覚で言語行動の物象化じゃん!

第三領域に思想が存在するなんて途方もない主張には、
錯覚というよりは確信犯的という言葉が適切かと思われ。

ところで、『世界の共同主観的存在構造』の判断論についての章って
そんな話だったっけ?

>>24
飽和表現と不飽和表現とでは、
加えて、飽和表現の中でも文と確定記述とでは、
指示対象の存在性格は異なると思われ。

26 :考える名無しさん:05/03/03 17:44:09
実在論がなんたるかはなんとなくわかったような気がします。

でもそれから生じる問題って何かわかりません(ーー;)



27 :考える名無しさん:05/03/03 20:17:14
意味の意味を教えてください。

28 :考える名無しさん:05/03/03 20:45:14
>>26
なんとなくでもわかったのか、えらいな。
「実在論的に「意味」について考える」とはどういうことか、ってとこからまずは教えてくれないか?
>>9でいいのか?

29 :考える名無しさん:05/03/03 20:47:03
>>9は後者だろ。

30 :考える名無しさん:05/03/03 20:54:19
>>29
はあ?それじゃ普遍論争じゃん。

31 :考える名無しさん:05/03/03 21:01:50
>>30
重なるけど微妙に違うでしょ。
普遍的性質があっても、意味が存在しない事はありうる。
外延論理vs内包の戦いだからにたようなものと言えばそうだが。

32 :考える名無しさん:05/03/03 21:42:18
対象そのものに机という特性が具わっている事になる。そのような特性が備わっているものは机という事になるだろう。


33 :考える名無しさん:05/03/03 23:14:28
ウィトゲンシュタインって人の話がでてたよ〜な

34 :考える名無しさん:05/03/04 16:28:37
鶏と卵になりそーだな

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)