5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イスラーム哲学を語る

1 :考える名無しさん:05/03/05 00:44:59
イスラーム哲学を語りましょう

2 :考える名無しさん:05/03/06 16:05:21
しらんのですわ。おしえてくれよ。
ちなみに漏れはバカ。
ついでに   2 ゲト。

3 :考える名無しさん:05/03/20 21:50:53
神の御心



4 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 15:07:25
神の前でのすべての人間の平等、
贈与による財産の平滑化、利子のない銀行など、
経済の概念にも踏み込むイスラムの思想は、
共産圏のポシャッたいま、あらたな世界精力の一端になる
可能性をひめている。世界人口五分の一をしめるこの思想が
経済共栄圏みたいなものを作り得たとしたら、大変。
そんなわけで(石油の利権もあったかもしれないけど)
将来の芽をつむために、イラクを民主化しようとしているのかな、美国は。

5 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 18:02:26
今アフリカと南米がイスラム化している。


6 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:14:48
癌だな。

7 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:07:20
インドネシアとか、アジア圏のほうがアラブより
イスラム人口おおいんだよね、たしか。

8 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:12:00
>>7
中国共産党といい将軍様といい、アジアにはいらないものが多過ぎるね。

9 :ローカルルール審議中:2005/04/03(日) 18:02:08
イスラームって結局、ギリシャ哲学の延長上にあるんじゃない

10 :ローカルルール審議中:2005/04/03(日) 18:30:16
イスラム教徒はブタ食を禁止されてるらしいが、
何故だ?

11 :bbs:2005/04/22(金) 19:30:19
理由は曖昧ですが、多分豚はとろく殺すのに値しないためじゃないでしょうか。
ほかの動物もたしかアッラーの御名を唱えて殺した動物じゃないと食ってはならないとか言います。酒も禁止です。
イスラームのスーフィニズムの中にはインドの哲学も入っているらしいです。

12 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 19:35:13
イスラム教=ゾロアスター教→ユダヤ教→キリスト教+ストア派哲学+
アラビアンシャーマニズム+大乗仏教

というようなことを中沢新一「緑の資本論」に書いてありました。

13 :考える名無しさん:2005/05/11(水) 16:59:59
>>10
ブタは人間と共通する病気が多い動物だからじゃない

14 :考える名無しさん:2005/05/12(木) 19:04:24
http://www.infovlad.net/mirror_alansar_alsunnah/

15 :考える名無しさん:2005/05/12(木) 19:18:08
イブン・シーナーやイブン・ルシドが有名。
イブン・シーナーはイラン人哲学者・医者。早熟の天才で
17歳でサーマーン朝の君主の重病を癒す。
大著「医学典範」は12世紀にラテン語に翻訳され
西欧に多大な影響を及ぼす。

16 :考える名無しさん:2005/05/12(木) 19:37:16
>>12
死ぬほどテキトーだな

17 :bbs:2005/05/13(金) 16:28:36
東方イスラーム哲学はアリストテレスの考え方が強く、哲学者は預言者よりも上だとかという考えさえありました。
西方イスラーム哲学はイブン・バーッジアらがいて、彼によると永遠的な能動的知性(真理もしくは神)が人類に流れ込んで来たという発想をしています。

18 :考える名無しさん:2005/05/13(金) 16:30:52
オマエラ、大川周明も知らないんですか?

19 :bbs:2005/05/13(金) 16:53:08
戦時中はイスラームは戦争に利用されちゃいましたからね・・・。
彼もファシズム批判の的にされましたね。
中国的な天人合一思想との共通点については確かに考える所はありますがね。

20 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 13:46:49
哲学者ではないが、ガザーリーも重要だろう。
奴の懐疑論や偶因論はしばしばデカルトやヒュームに喩えられるし。

日本語訳は『誤りから救うもの』と『哲学者の意図』しかないが、
中村廣治郎先生がいっぱい論文書いてる。

つーかイスラーム哲学関連の訳書少な杉。
すくなくともイブン・シーナ、イブン・ルシュド、ガザーリーは出すべきだろ!

21 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 00:15:17
上智から
竹下政孝監修『イスラーム哲学』中世思想原典集成11、平凡社、2000年。
が出てたこと思い出した。
「序章」にて多くの文献が散佚している現実を知って愕然とした覚えが。


22 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 00:54:26
そういえば入門書が挙げられていない…
中公から出てる井筒俊彦の『イスラーム思想史』が適切か。
あと岩波からも出てた希ガス。

23 :機械的唯物論者:2005/07/24(日) 01:03:36
イスラーム哲学など・・・全く存在しない!
宗教の為の信仰のための個人の(天国へ行きたい)というセコイ願望のための、
いかがわしく、現世利益至上主義の頭の悪すぎる(テロをものともしない)残虐さ
も「よし」とする・・・・『狂信』
・・・・・・・・・・・・・・・・自分だけ救われればいいんだろ・・・?
という「現世利得主義」・・・だから「来世天国に行くために自爆する」のは、
「自然」・・という思想が生まれる。
 「自爆するんだから、近所にいる他教徒が地獄に堕ちても知りません」という、
ことである。
 ご立派な「徹底した愚かさ」=「(全)観念論の究極の行き着く先」です。

24 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2005/07/24(日) 01:11:49
>>22
岩波のは『イスラーム哲学の原像』岩波新書、だね。
イスラーム哲学の入門書というだけではなく、神秘思想全般の概説書でもある。
『イスラーム思想史』よりもコンパクト、しかし中身は濃い。但し品切れ中。

25 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 01:12:57
ガザーリーの懐疑は感覚と理性の不確実性を論証するまではデカルトと同じだが、
神秘主義(麻薬?)に主客合一を頼むのがデカルトと違うね。
どちらも神を介してしか客観の確実性を得られないのは共通。

26 :機械的唯物論者:2005/07/24(日) 01:20:17
>>25
>客観の確実性を得られないのは共通

「共通」というより「あり得ない」という方が、
『「哲学板」と「他のバカ板」の区別』に「重要」だと思います。
『哲学板』の(存在)の「最終目的」は・・・「真理」です。

27 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 01:33:03



28 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 01:38:17
>>26
機械的唯物論者なら、おまいの言説はすべて物理的に決められてるって
ことだろう。しょせん唯物論は全ての言説に意味なんかないってこと
なんだからさ、くだらないこと書いてないで糞して寝ろ

29 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 22:50:44
ムータジラ派って現代にはもういないの?

30 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 23:26:17
イマーム・ル・ハラマイン

31 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 23:46:32
>>25
似てるか?
ヒュームと似てるってんならわかるが。

32 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 13:36:07
>>30
ガザーリーのお師匠さんだっけ?

33 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 14:30:42
歴史序説に哲学についてかかれているページがあるぞ

34 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 14:47:04
>>33
詳しく

35 :考える名無しさん:2005/07/27(水) 11:27:58
これもオススメ。

井筒俊彦「アヴィセンナ・ガザーリー・アヴェロエス『崩落』論争――『哲学の崩落』と『崩落の崩落』をめぐって」
『イスラーム思想2』岩波講座東洋思想第4巻、岩波書店、1988年、162-203頁。

井筒さんはなんとなくガザーリーびいきなような希ガス。

36 :史的唯物論:2005/07/27(水) 16:12:48
>>28 テロが活発化するのは、今の世界における石油の使われ方にも大きな原因がある

 というのが唯物論の一部、唯物論は真理と心理を語る
石油が重要な生活必需物資だからなんだけどね、先進国には麻薬のようになってるそれは先進国の相当の堕落とうつるんだろう
石油が麻薬になってる度合いはひどいもんだ、このままではこのさきえらいことになるぞ

37 :考える名無しさん:2005/07/27(水) 16:59:19
どうして石油を湧かしてしまったのか、湧かす前に止めよと思わなかったのか。

38 :史的唯物論:2005/07/27(水) 17:58:24
  誰が??

39 :考える名無しさん:2005/07/27(水) 19:26:08
イブン・シーナーといえば『医学典範』
としか習わない高校世界史の段階では、
誰も彼がイスラム世界に名を轟かせた哲学者だとは思うまい。
…何のためにラテン語名アヴィセンナを習うんだか。
主著『治癒』と「空中浮遊人間」説はもっと知られてしかるべきだと思う。

40 :史的唯物論:2005/07/27(水) 22:00:47
>>37 石油が沸いたのは本来は非常にいいこと.ところが先進国は次第にそれをあんまりいいことに出来なかった
そうなったのは先進国の責任、つまり堕落の始まり

 それを責任を石油が湧いたことにしようなんてのは堕落の局地だ、というか00

 一部過激派が見たらすごい怒るかも、というよりなにいいたいかわからないか

41 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 19:32:51
イスラーム哲学を語る上で欠かせない「偽書」
は『アリストテレスの神学』ともう一つなんだっけ?

42 :考える名無しさん:2005/08/08(月) 21:09:57
『アリストテレスの神学』はプロティノスの「エンネアデース」第4巻から第6巻までの抜粋、補綴で、
もう一冊の『純粋善論』はプロクロスの「神学綱要」の抜粋、補足。
いずれもアリストテレスの著作として、もてはやされ、
イスラムの哲学者は誰一人として偽作であることに気付かなかった。
ちなみに後者はトマス・アクィナスによって見破られた。
〔井筒俊彦『イスラーム思想史(改版)』中央公論新社(中公文庫)、2005年、225-227頁〕

勘違いといえばそうであるが、「偽書」がイスラーム哲学の発展に寄与したというのは、なかなかおもしろい。


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)