5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人は何のために生きているの

1 :モーム:05/03/06 19:46:43
哲学者がこの問題に答えるのを回避するならば、
それは大いなる怠惰と言わざるをえない


2 :モーム:05/03/06 19:48:41
うまれたばかりで、餓死するアフリカの子供は
何のために生まれて、生きたの?
エイズで今にも死のうとしているアフリカの20代の若い女性は
何のために生きているの?


3 :考える名無しさん:05/03/06 19:48:58
2ゲト

4 :考える名無しさん:05/03/06 19:49:19
なぁなんで人の価値観によって答えが変わる問題を出すんだ?
って思うのは俺が若いからか。

5 :モーム:05/03/06 19:49:46
それは哲学者の仕事ではないというのですか?
日本ではこういう議論がされることがない
真剣な話題は避けられる傾向がある
日本人は当たり障りのないところで、じゃれあっているのが
好きな民族なんだろうか
僕はそこが嫌いだった

6 :モーム:05/03/06 19:51:28
>>4
それでは何も言わないの一緒だ
「人の価値観は色々」
それでは答えにならない

どうして日本人はこの種の問題を嫌うのか
そして「当たり障りのないこと」には喜んでとびつくのに

7 :考える名無しさん:05/03/06 19:51:42
理由があると思うのがおかしい。

8 :考える名無しさん:05/03/06 19:51:51
「なんのために」というのはどういう意味か。
定義せよ。

9 :モーム:05/03/06 19:53:13
今にも死のうとしている末期ガン患者が
「俺の一生はなんだったのか」
そう尋ねたとき
それに答える言葉がないなら、それは哲学者ではないと僕は思う
なぜなら、こういった種の疑問がそもそも哲学の出発点だったからだ

10 :考える名無しさん:05/03/06 19:53:14
だから意味なんてないんだって。
人生に過剰な意味を見出そうとするな。
人間一人の価値なんて取るに足らないものなんだから。

11 :モーム:05/03/06 19:54:51
>>7
もう少し分かりやすく説明しないとダメだろう
>>8
素朴な疑問が出発点だ
もっとわかりやすく言ってくれたまえ

>>10
それはただ問題を後回しにしてる態度にすぎない
僕もそうだったからよくわかる

僕はそろそろ結論を出したいんだ
人生は短い
性急に

12 :モーム:05/03/06 19:56:24
「人生とは何か」
「人間とは何か」

一流の哲学者であれば、常にこの問題が根底にあることを知っている

「学問」というただの形骸化した領域でしか意味をなさないような
言葉は哲学とはそもそも何の関係もないのではないか



13 :考える名無しさん:05/03/06 19:57:29
>>9
>今にも死のうとしている末期ガン患者が
>「俺の一生はなんだったのか」
>そう尋ねたとき
「なんでもありませんでした」と答える。


14 :考える名無しさん:05/03/06 19:58:03
    ∧___∧
   /=・=-∴-=・=\
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,  |  
 /|   `-=ニ=- '  .|  要するに動物化ということだわな
/  .ヽ、_ `ニニ´__ノ    
|    _____ ノ
∪⌒∪     ∪

15 :モーム:05/03/06 19:58:11
>>13
君がもしその立場だったらそれで納得できるのかな?
ただの煽りだろうけど

16 :考える名無しさん:05/03/06 19:58:37
>>1のいうところの哲学・哲学者ってのは19世紀あたりで止まってんのか?

17 :モーム:05/03/06 20:00:29
>>16
19世紀とか20世紀とかそんな権威主義はどうでもいい

18 :考える名無しさん:05/03/06 20:01:00
>>15
煽りじゃないさ。
納得できるもなにも、
「人生に意味なんてない。目的なんてない」と思いながらも、虚しい日常を愛して生きているんだから、そんな疑問が浮かばない。
過去にそんなことを考えたこともあるが、そんなのはとうに乗り越えた。

逆に、今にも死にそうなときに「あなたの人生は○○でしたよ」なんて言われたら激怒するよ。

19 :考える名無しさん:05/03/06 20:01:20
自分のため

20 :考える名無しさん:05/03/06 20:02:31
本質主義や目的主義でとまってんだよな。
意味を求めるなんて無意味だと気づけ。

21 :考える名無しさん:05/03/06 20:03:44
人なんかより自分が何の為に生きているのか、
そこからはじめるべきだ。
自分という存在は一人しかいないんだぞ。


22 :考える名無しさん:05/03/06 20:05:18
自分が何のためにに生きてるかなんて解るはずがないだろ。
自己言及的質問は禁止。

23 :考える名無しさん:05/03/06 20:06:36
人間をSとするならば、「人間が何のために生きいるのか」に回答を与えることができるのはメタS。
SがSを解明することはできない。

24 :考える名無しさん:05/03/06 20:10:33
>>22
お前は哲学をしようとしないのか?
哲学者のことばを知識として欲しいだけの人間か?

25 :考える名無しさん:05/03/06 20:11:14
命題5・631
「私が見出した世界」という本を私が書くとすれば、そこでは私の身体についても報告が為され、
また、どの部分が私の意志に従いどの部分が従わないか等が語られねばならないだろう。
これはすなわち主体を孤立させる方法、というよりむしろある重要な意味において主体が存在しないことを示す方法である。
つまり、この本の中で論じることのできない唯一のもの、それが主体なのである。

命題5・632
主体は世界に属さない。それは世界の限界である。

命題5・633
世界の中のどこに形而上学的な主体が認められうるのか。
君は、これは眼と視野の関係と同じ事情だと言う。だが、君は現実に眼を見ることはない。
そして、視野におけるいかなるものからも、それが眼によって見られていることは推論されない。

26 :けい ◆iPZ3/IklKM :05/03/06 20:13:27
そもそも、「意味」というものは、「レッテル貼り」

あなたの人生は、「意義があった」とあなたが思ったとしても、
オホーツク海からすれば、「べつになんともない」

なぜかというと、オホーツク海には、「意味を求める行為」自体存在しないから。
「意味を求める行為」というのは、人間が世界に生きるために「発明した概念」のこと。

光があるところで自動的に発現して、雨があるところで生きる植物とは違って、
植物のあるところで木の枝を拾い、それによって道具をつくり、
「この道具が、何のために存在するか」をイチイチ記憶しないといけない人間にとってのみ
必要な「概念」のこと。

おれが、「あなたの人生は〜のためにある」といったところで、
別の人間であるあなたには、「いいや〜のためにある」ということができる。
権威主義がうんたらとかいってたけれど、例えばカントは、
「理性的な生き物というのは、自分自身の意義について、自分自身で判断する」といっている。

つまり、あなたの人生の意義は、あなた自身で決まってしまうし、
それを他人が表現したところで、その価値は「あなたの判断」によって変わる。
逆に言えば、あなたの存在意味は、他人にとってのあなたの存在理由とも違ってしまう。

27 :考える名無しさん:05/03/06 21:43:10
死にたくないから生きてるてのも有るよね

28 :考える名無しさん:05/03/06 21:47:15
生まれちゃったから

29 :考える名無しさん:05/03/06 21:48:59
おれは自分の意思でこの世に生まれたわけではないが、
自分の意思でこの世を去る気にはなれない。
それでいいのでhun?


30 :考える名無しさん:05/03/06 23:32:37
>>1

重複スレにつき移動よろ
僕は何のために生きているのだろう?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1103879013/l50

31 :モーム:05/03/06 23:43:31
題名が同じだから同じ悩みとは片腹いたい

32 :モーム:05/03/06 23:44:05
>>18
君はニヒリストかね
けど、ニヒリズムでは人は救われない
酔っていられるのは、せいぜい「健康なとき」ぐらいじゃないか
本当に死が迫ってきてもその態度をつらぬける自信はあるのか?
>>20
哲学はそんなことは言わない
「(求められない)意味を求めるのが人間の理性の性(さが)である」
カントの純粋理性批判もこんな感じで始まっていなかったかな?
(別にそんな権威はどうでもいいが)
君たちは哲学者のスタート地点にすら達していないのではないのか?
ただの衒学主義ではないのか?

33 :考える名無しさん:05/03/06 23:44:28
子孫を残すため 


 −終了−

34 :考える名無しさん:05/03/07 00:00:24
でもこんな事を考えるのは人類(の脳)がさらなる成長をしようとしているのかも
新皮質が旧皮質を分析している感じ
旧皮質を完全に支配したら人間は不老不死になれるのかもねw

35 :考える名無しさん:05/03/07 00:07:34
国家と企業のため、にわれわれは生きている。
わわれれは、結局、かれらのための肥やし的存在に
過ぎない。
であるから、発展途上国での宗教はカトリックが多く、
自殺や堕胎を禁じている。
そのことは、国家にとっての財産の減少になるからである。
人間にとって、最後の自由は、自殺と子孫を残さない
ことである。それは自分の意志のもとでのことである。
われわれの幸せは、国家や企業がつくりだした幻想であり、
それらを享受するためには、消費が必然となる。
そのために、われわれは、国家や企業のために働き、
命を擦り減らした代償の陳腐な快楽に満足し、本来の
人間としての尊厳や存在を感ずることを麻痺させられて
いるのである。 いまこそ われわれはー

なんたら、かんたら、 (マイクで受験生の前で演説 )

あーあ、これから受験なのに 大学生って
こんなのかなっ

と、感じた あのころの私であった・・・

〜 続き              ません 〜


36 :考える名無しさん:05/03/07 00:18:42
人は何のために生きているの?
人はこの宇宙が生じたがために生きています
オレは自分のために生きてます

37 :考える名無しさん:05/03/07 00:57:22
まず>>1に文句を言いたいのは、何でこんなところで
脈絡もなく、「日本人」の悪口を言わなくちゃならないのか、だ。
>>5-6

哲学者の多くは、確かに「人が何のために生きるのか」への
(言語的に明確な)答えを出そうとしないかも知れない。
そしてそれは、 西 洋 人 の話だ。
>>1は外国人が日本人よりも、この問題についてよく答える、という
統計的根拠なり何なりを持った上で言っているのか??
根拠もなく日本人全体を非難するような発言をする奴が昔からよくいるものだが、
もういい加減そういうのはやめてほしい。

38 :考える名無しさん:05/03/07 01:01:37
で、次に言いたいのは>>2 >>9
アフリカの子供だとか、癌で死ぬ人だとか、なんでそういうことが関係するのか、ということだ。

今すぐに死ぬ人ならばその人生には価値がなくて、長生きする人ならば価値がある、とでも言いたいのか??
むしろ、あと1日生きる人の人生に価値がないのなら、全く同様に
あと50年生きる人の人生にも価値はないのではないか?
アフリカだの癌だのという話は、
「人は何のために生きるか」という問いとは全く無関係であるということを認識すべきだ。

39 :37=38:05/03/07 01:07:54
で本論だが、
1はまず>>25のウィトゲンシュタインの論理哲学論考を読むことを薦める。

1は何か知らんが過去の哲学者たちを馬鹿にしたがっているらしいが、
そもそも人が哲学なんてアホみたいなものに一生を捧げる理由というのは、
大抵は若いころに、「人は何のために生きるか」とかそういう疑問にとりつかれて
離れられなくなったからだ。
それで、誰でも一度はそういうことを考えるものだ。ちょうど>>1のように。
で、しかしどうがんばっても、その問いに言葉で明確に答えることはできない。
それはウィトゲンシュタインの言うように、我々の言葉はそのような問いに答えるように
できてはいないからだ。


40 :37:05/03/07 01:11:48
で俺自身のことを言うと、俺は宗教者なんで答えは簡単だ。
俺は何のために生きるか。
神の栄光のために。

しかし、「神のために」というのは、まさに何ものをも意味していない。
(それは必ずしも、特定の宗教団体の発展のために、ということではない。
俺自身は特定の宗教というか宗派のものであるにもかかわらず。)
「人は神のために生きる」と言うのは、
「人は何のために生きるかという問いに人間の言語(理性)で答えることはできない」
ということと、同一である。

41 :考える名無しさん:05/03/07 01:20:23
>>1
「人は何のために生きているのか?」と問うこと。
これは、まさに知性の所為に他ならない。
知性が発達したことによって「生み出された」問い。
知性が発達しなければ、「あり得ない」問い。
これに答えることは、例えてみれば「1+1は2」と答えることに他ならない。
つまり、「根本的な答」を導き出すことは、原理的に不可能なのだ。

42 :37:05/03/07 01:21:50
例えば、芸術というのは何のためにあるか?
人に感動を与えるため?美しいものを見せるため?馬鹿なことを言っちゃいかん。
「感動的」であったり「美し」かったりするような芸術なんてのは、大したものじゃない。
強いて言えば、人に「生きる意志」を与えるため、とはいえるかも知れない。
しかし「生きる意志」ってのは何だ?それこそまさに、何のために生きるのか。
それこそ言葉で答えることはできない。
何のために、などと言えるような芸術は所詮はイデオロギーのためのものであって、大したものではない。

で結論を言うと、「人は何のために生きるか」という問いに答えることはできない。それは明らかである。
問題は、それに答えられない、という状況にどう対処するか?ということだ。
>>1の軽蔑する多くの哲学者たちは、そういう経緯を一度踏まえた上でああいう一見無意味なことをやっているわけだ。
(ウィトゲンシュタインなんかは、まさにそうだ。)
その問いに人間の言語による答えが存在しえない、ということは、その問いに答えがない、ということとは違う。
むしろ答えられない問いに無益に答えを与えようとしているのは、単なる思考の停止だ。

43 :考える名無しさん:05/03/07 01:29:01
>>32
論点とは異なる話をしてすまないが、
あなたの言う「哲学者のスタート地点」に達していなきゃ
哲学をしているとは言えないんですかね。

それを考えない哲学は単なる衒学主義とは、
あなたの「哲学」とやらは随分狭いですね。

44 :考える名無しさん:05/03/07 01:29:04
「生きること」は、それより下位の様々な行為(これらは目的−手段の連鎖を形成する)
の大前提となっている行為なんだから、普通の意味での「目的−手段」という考え方では
答えられないんじゃないかな。
個人的にどんな目的を見出そうと自由だけど、無理に一般的な答えを出そうとすると
宗教になるよ。


45 :考える名無しさん:05/03/07 09:57:55
語りえぬものについては、沈黙しなければならない。

46 :考える名無しさん:05/03/07 13:18:26
>>32, 43
うーん。
>>32=>>1のいうスタート地点ってのはいわば哲学小学生にとってのスタート地点みたいなもんだろ。
「本質とは何か、目的とは何か、意味とは何か」ってところ。
でも、哲学中学生は小学校をすでに終えて、
「そもそも本質を知ることができるのか、目的を知ることができるのか、意味を知ることができるのか」
というもう一段階深いところからスタートしてるわけ。
そんで、哲学高校生は中学校をすでに終えて
「本質や目的や意味を人間が知ることはできない。それではこのような世界の中で人間はどのように振舞うべきか」
というところまで来てる。

我々が次に進むべきは哲学大学の段階であって、
>>1のような哲学小学生の答えの出ない疑問につきあって時間を浪費すべきではないと思う。


47 :考える名無しさん:05/03/07 15:46:56
DQNを呼び寄せてしまう哲学にも責任の一端はあるのではないか。

48 :考える名無しさん:05/03/07 18:30:26
>>24
あんたのいう哲学って何よ?
「答えられない問い」に時間を潰すことか?
昔、哲学は「答えられない問い」に挑んできた。それは事実だ。
しかし、それは「答えられない」問いがあると知らなかったからだ。(>>1はこの段階で止まっている)

やがて人は、「答えられる問い」と「答えられない問い」があるのではないか、と考えるようになった。
そして、「答えられない」問いを明らかにしてきた。

解決できない問題について悩むのが哲学じゃないぞ。


ところで、「私は嘘をついている」って文章の意味分かる?


49 :考える名無しさん:05/03/07 18:33:05
「人は何のために生きているの」は、

「丸い四角はなぜニャンと泣くのか?」
「桃太郎は鬼を退治した後、ブッシュに投票したのだろうか?」
と同等のsinnlose Frage

50 :考える名無しさん:05/03/07 19:14:54
さて、50をgetするわけだが、わたしは何のために50をgetするのか?


51 :考える名無しさん:05/03/07 21:46:59
何で生きてるの? と言われたら
安堵感のために生きてる と言うと思う。

52 :考える名無しさん:05/03/07 22:29:43
地球の平和を守るため

53 :考える名無しさん:05/03/07 23:27:11
>>52
乙!
引き続き頑張ってくれ!

54 :考える名無しさん:05/03/08 00:35:58
はあ? なんで哲学がそんな問いに答えねばならない?
あんたは数学にも物理学にも「何のために生きているの」と問うのか?
片腹痛いわ。

55 :考える名無しさん:05/03/08 11:35:33
問題は、いつものように>>1がスレを立て逃げしたことだ。

56 :モーム:05/03/08 21:51:10
>>46
君は残念ながら哲学の本質がわかっていない。
哲学は同じことを何度も繰り返さなければいけない。

哲学には自然科学のように単純に発展していくものではない。
はた気付くとまたスタート地点に戻っている。
小学校、中学校という比喩のようにはいかない。
大学生にいたつもりが、気付いたら幼稚園だった。
それが哲学というものだ。

残念ながら、いくら勉強しても「哲学的にレベルが高い」とかいう
概念事態あり得ない。

57 :モーム:05/03/08 21:54:02
そこでまたスタート地点に戻るわけだ。
「一体何のタメに生きているのか」
死の恐怖におののく人に対して、哲学は何をいえるのか。
それはすなわち人間の理性は何を言えるのかということだ。

それについて語る言葉がないなら、確かに、沈黙した方がいいかも
しれない。
それも1つの態度だが。
私は沈黙できるほど、まだ「人間ができていない」とでも表現
しておこうか。

58 :考える名無しさん:05/03/08 22:00:42
何のために食ってるの?
何のためにテレビ見てるの?

59 :モーム:05/03/08 22:02:54
すべて含めてだ
「何のために生きているのか」
「何のために生きてきたのか」



60 :モーム:05/03/08 22:05:02
37君にレスをすれば、私は別に昔の哲学者を軽蔑している
ということはない。

61 :モーム:05/03/08 22:09:40
まあこの問題がすべての出発点でもあり、
事によったら終着地点かもしれないということを
再認識してもらえればいいわけだ。
「難しげな論理」を哲学だと思っている人には
論理ほど簡単なものはないといいたい。
順を追って考えていけば誰でもわかるのだから。
哲学はある意味そういう恐ろしいものだということ。
ある種「悲しみ」だということだ。


62 :cwall:05/03/08 22:10:47
モームさんなら、死の恐怖におののく人になんて言ってやりますか??

63 :モーム:05/03/08 22:12:31
さあ、私には分からないから
だから哲学板に来てしまっているのですから
もちろん哲学的な詭弁なら言えるでしょうね
「死の恐怖はただの誤謬推理に基づいたただの錯誤だ」
「死ぬことが問題ではなく、あなたが今を恐怖していることが
問題だ」
など。

だが、そんなもので、一体何の解決になるのか?


64 :cwall:05/03/08 22:14:46
なるほど。解決にはなりませんね!

65 :考える名無しさん:05/03/08 22:18:46
哲学は事実を探求する学問なのであって、解決になるならないは本質ではない。
解決を求めるなら宗教板に逝け。タダで解決を押し売りしてくれるぞ。

66 :cwall:05/03/08 22:22:43
65さん。事実と解決は違うものですか?

67 :考える名無しさん:05/03/08 22:24:59
実証と規範

68 :考える名無しさん:05/03/08 22:31:25
あのねぇ。
「人は何のために生きているのか」って疑問の解決を何で哲学に求めるの?
そこがわからん。哲学は何でも屋じゃないぞ。

69 :考える名無しさん:05/03/08 22:31:37
そもそも存在理由は存在システム以外の範囲に拡大不可能なため、
存在するものの存在理由は皆無だと思うよ。

存在一般という最も大きな範囲に思考の焦点を合わせた時、
もう外部に存在以外のものが無い(思考不可能)ことがわかり、
存在自体をもはや他の事物と関連付ける事が人間には不可能となり、
この事によって存在理由というものが、
存在システム内部という同一次元においてしか回帰され得なく、
そこではそのような運動が無限に行われるだけである。
そのため人間に存在理由を見い出す事は不可能である。



70 :考える名無しさん:05/03/08 22:31:58
宗教って哲学の中の一系統じゃないの?

71 :考える名無しさん:05/03/08 22:33:57
神学のなかの哲学

72 :考える名無しさん:05/03/08 22:34:10
>>1

「どの銘柄のビールが一番おいしいのか?」

と数学者に聞いて、

「それ、数学の問題じゃねーよ!」

と言われ

「解決になってない」

というタイプ

73 :考える名無しさん:05/03/08 22:34:47
>>1が自らの勝手な哲学観を語るスレはここですか?

74 :考える名無しさん:05/03/08 22:37:11
>>68
哲学をなんでも屋だと思ってる奴は結構いる。
そういう奴は分からないことを全て哲学に押し付ける。


75 :モーム:05/03/08 22:38:24
哲学の問題ではないとか言う人は1を読んでください
私の意見が書いてあります。


76 :考える名無しさん:05/03/08 22:38:55




       板 違 い



哲学板は哲学について議論する板です。

77 :考える名無しさん:05/03/08 22:39:47
>>1
なんで哲学者が答えなきゃいけないの?

なんで建築学者は答えなくていいの?

78 :考える名無しさん:05/03/08 22:40:16
今スレあげて初心者の振りして粘着してる奴
全部同一人物だろ

板を荒らすな

79 :考える名無しさん:05/03/08 22:40:25
>>73
そうみたいだけど、でも、論点が違うから、そんなこと言っちゃカワイソウだよ。

まあ、僕は>>1さんの言う通りに考えれば、
怠惰な人間なので、本題についてはスルーしますが。

80 :考える名無しさん:05/03/08 22:41:54
>>78
ワラタ。

sage進行で。

81 :cwall:05/03/08 22:42:30
68さん。あなたは人生何のために生きるか?という答えをどこに求めてますか?
人生何のために・・・というのは哲学の範疇だと私は思っていました。

82 :考える名無しさん:05/03/08 22:43:31
昨日京と真言宗大日教の説話を読んでひとつわかったこと仏教は大まじめに俗人がやるもんじゃない。

83 :考える名無しさん:05/03/08 22:44:19
何のためにオナヌーするの?
気持ちいからでしょ?
それと同じこと

84 :考える名無しさん:05/03/08 22:45:05
なんか素でまぢれすすれば
なんのためでもいーと思う。なんかのために生きているって
思いこむのは人間だけだし。

85 :考える名無しさん:05/03/08 22:46:15
>>81
宗教だろ。

86 :ウン子:05/03/08 22:46:22
このスレは、あれだ…。
モーム以外は馬鹿ですか?
生きる意味、早く答えてあげなよ♪

87 :考える名無しさん:05/03/08 22:48:43
>86
君には狭い系の中しか見えていない。

88 :ウン子:05/03/08 22:49:03
>うまれたばかりで、餓死するアフリカの子供は
>エイズで今にも死のうとしているアフリカの20代の若い女性は

という問いに対して、

>なぁなんで人の価値観によって答えが変わる問題を出すんだ?

という答えは単純過ぎ。後の他のメンツもほとんどこれと同じ。

5 :モーム:05/03/06 19:49:46
それは哲学者の仕事ではないというのですか?
日本ではこういう議論がされることがない
真剣な話題は避けられる傾向がある
日本人は当たり障りのないところで、じゃれあっているのが
好きな民族なんだろうか
僕はそこが嫌いだった


これは当たってるよん♪

89 :考える名無しさん:05/03/08 22:51:47
>88
君はもうしばらくの間、そこから抜け出すことはできないだろう。

90 :考える名無しさん:05/03/08 22:53:30
>88
君はもうしばらくの間、便器から抜け出すことはできないだろう。

91 :ウン子:05/03/08 22:54:22
>>89
あ〜、いやいや
そうじゃなくてだね。

抽象的な問い「人は何のために生きるのか?」に答えを出せないというのは、
ほぼ定説として認めてもいいとは思うが、
それで、具体的な問い「アフリカの餓死者・エイズでの死者」を
乗り越えられたと思うのは、違うだろって話さ。

92 :考える名無しさん:05/03/08 22:54:57
人は結局ひとりぼっちなんですか?教えてください・・・・

93 :89:05/03/08 22:54:58
いや実は今朝から下痢がって、のせるなう゛ぉけ。

94 :ウン子:05/03/08 22:56:58
僕も肛門も今にも張り裂けそうです。

95 :89:05/03/08 22:56:59
>91
それならわかる。
だけど
>5の典型的な自国批判には苦笑しか出てこないな。

96 :考える名無しさん:05/03/08 22:57:04
オナヌーするのと同じことなんだって

97 :考える名無しさん:05/03/08 22:59:06
人が生きること自体は「無意味」だと思う。
人生が無意味なわけではない。
意味なんて個人が後からつける、もしくは見出すもの。
散々生きる意味について考えて、結局はそこにたどり着いた。
そもそも生きてることに意味なんかない。
物が存在することに意味なんかない。
存在するまでの過程と理由はあっても、「意味」は
勝手に人間がつけているだけ。考えてるだけ。

98 :69:05/03/08 22:59:06

「ために」という日本語は快楽を意味します。
快楽を提供してくれるものが即目的になります。

快は引力、実行因子または存在因子、
不快は斥力(反発力)、存在否定因子で、

それぞれ、有無の二項対立に対応して作られたものです。


空間における二点間(自己と対象など)には、
近づくか離れるかの問題しかなく、
この二項性が即ち快不快の二項性です。


私たちは、快不快を自分で決める事ができなく、
快不快という力に従い、空間内部をひたすら運動するようにプログラムされています。

その際、接近運動を引き起こすものが目的です。
生物にとっては、対象が快楽を引き起こすものならば、何でも目的になりえます。



99 :ウン子:05/03/08 23:00:26
んで、1は具体的な答えを求めんじゃないのかと。
そいで、おじさんなりに言うとだね、エイズは生物兵器だとか言われててるし、
餓死者は典型的な経済的格差の問題に還元できるから、
儲けてる国から金を後進国に上手く流せられれば解決するよ。


100 :89:05/03/08 23:03:42
なんだよこの流れは(笑

101 :考える名無しさん:05/03/08 23:04:29
これまでのあらすじ

Q.人は何のために生きているの?

A.生や存在に普遍的な理由は無い。

Q.解決になっていませんが?

A.「理由は無い」を解として認めない根拠は何?

Q.こういう疑問を解決するのが哲学でしょ!

A.はあ?

102 :考える名無しさん:05/03/08 23:04:53
快不快をコントロールするのが理性なのです
例えば ある嫌いな食べ物について、
何故これを嫌いなのか を考える
突き詰めていくと、嫌いだと信じているから
であることに気づく
そして「嫌い」を克服するのです
心頭滅却すれば火もまた涼しい はその極み

103 :ウン子:05/03/08 23:05:29
僕のうんこも今にも便器に流れていきそうです。

104 :考える名無しさん:05/03/08 23:07:38
寡聞にして、理性で焼死を免れたという話は聞かないな。

105 :考える名無しさん:05/03/08 23:09:15
不快を感じずに死ぬってことですね

106 :ウン子:05/03/08 23:09:26
>A.生や存在に普遍的な理由は無い。


定説に毒され過ぎだよ。


107 :考える名無しさん:05/03/08 23:09:49
>心頭滅却すれば火もまた涼しい はその極み

心も脳もないのに涼しいと感じられるというのは矛盾だ。


108 :モーム:05/03/08 23:09:58
解決をするのが哲学なんて言ってません

109 :考える名無しさん:05/03/08 23:15:26
間もなく2番ホームに各駅停車新宿行きが参ります
間もなくと言っているのに、だいぶ間があるのだが・・・

110 :考える名無しさん:05/03/08 23:16:11
じゃ、なんて言ってんの?

111 :考える名無しさん:05/03/08 23:16:52
解決をするのが哲学なんて言ってません
って言ってるよ?

112 :考える名無しさん:05/03/08 23:17:07
「理由」がないを解と認めない根拠は単純で、単なる不快感です。
不快感に耐えられなくて、不快感を減少させ、快楽を提供してくれる目的を探すようになっています。

目的が無いとなると、生物にとっては死活問題なのです。


理性は一見快不快をコントロールしているかねように見えますが、それもまた快不快に支配されたシステムです。
「嫌いを克服」しよとするのも快楽が欲しかったからです。



113 :ウン子:05/03/08 23:18:44
まあまあ、落ち着いて。
みんなの議論を今日のはてなのネタに使おうと、
ぴかぁ〜が狙ってるよ。

114 :考える名無しさん:05/03/08 23:23:14
>112
>快不快を自分で決めることが出来ず
自分という者の存在を認めるのなら、
思考は自分の支配下だろ 理性もね

115 :考える名無しさん:05/03/08 23:26:40
>>114
「7に5を足すと12である」という俺の思考は、俺が覆したいと思っても覆せないんだが、
この思考は本当に俺の支配下にあるのか?


116 :ウン子:05/03/08 23:27:41
流れが変わってますね。

117 :考える名無しさん:05/03/08 23:30:18
思考は肉体の奴隷である。

118 :69:05/03/08 23:30:39
思考は快不快の支配下にあります。
知覚には、ある瞬間に一定の値の快不快しか与えられないため、選択する事が不可能になります。

従って、思考は欲望に操作されます。
その欲望は与えられるものです。


119 :モーム:05/03/08 23:34:50
>>118
あなたの理論はよく分かります。
あなたと同じことを250年ほど昔にルソーが言っています。
もっと鮮明な言葉で。
「哲学者はただ拍手が欲しいだけである」と。

120 :69:05/03/08 23:36:30

(a)7+5=12
(b)7+5≠12

という二つの選択肢が知覚に与えられた時、どちらの選択肢がより気持ちが良いでしょうか。
言い換えると、どちらの選択肢を現実化したときにより大きな快楽が与えられるでしょうか。
条件により変化しますが、テスト中などでは一般的に(a)のほうが快楽が高くなります。



121 :モーム:05/03/08 23:36:51
私は別に哲学者の動機なんてどうでもいいんです。
どんな動機であれ、よい結果を生むこともあるかもしれません。


122 :考える名無しさん:05/03/08 23:39:25
>>115
ある幼稚園児は「7に5を足すと75である」と思考しました
あなたの状態によっては「7に5を足すと12である」と思考出来ないかも知れない
「7に5を足すと12である」というその思考はあなたに依存している
あなたに依って在るのだから、あなたの支配下にあると言えるでしょう
※自分の存在を認めた上での話しなので、決定論を持ち出さないように

123 :考える名無しさん:05/03/08 23:45:03
>>122
「7という文字と5という文字を組み合わせる」という計算は、
数学的計算としてはどう考えても不合理でしょう。

「7に5を足すと12である」は私の心理状態や快不快に依存しないですよ。
好き嫌いで真偽が決まるものではありません。

124 :ウン子:05/03/08 23:46:10
おやおや、モームさんは理論的なものに対する一種の親和性が
御有のようですね。
へへん、僕にはそんなものいらねーよ!
じゃーな!へっ!

125 :69:05/03/08 23:47:41
ところが人間は真が好きで、偽が嫌いなのです。
故に快不快は真偽の問題における思考をも支配してしまいます。

とにかく真が好きなのです。



126 :モーム:05/03/08 23:49:49
>>125
誰がそう決めたのですか?
人間はそんなに単純ではないと思います。

127 :69:05/03/08 23:51:21
意識は快不快の容器であり、中身である快不快を操作する事ができません。
しかし容器の中でひたすら快不快の連鎖反応が起こり続けます。



128 :考える名無しさん:05/03/08 23:51:38
>とにかく真が好きなのです。

それを理性というんでしょ。
心の持ちようでどうとでもなるものではない、
思考そのものを支えるもの。

129 :考える名無しさん:05/03/08 23:51:45
つまり動物化なんだろ?w

130 :cwall:05/03/08 23:53:00
自分がそうだと思っている「真」「偽」が好きなんですよね。人間は。

131 :モーム:05/03/08 23:54:09
快不快だけで、すべてを決めるというのも面白いですね。
マークトウェインの人間機械論を思い出しました。

132 :モーム:05/03/08 23:55:28
しかし死の恐怖のあまりに自殺をする人もいるように、それだけで
すべてを語るというのは、少し「退屈」と言えます。

133 :69:05/03/08 23:56:22
すみません、科学的な真偽とは無関係に話を進めました。

快楽が現実化を促し、その結果がその人の真となります。
科学的に間違っていようが、当人にとってはそれが真です。


その逆は不快であり偽となります。



134 :考える名無しさん:05/03/08 23:56:58
>>123
7に5を足すと12であることはあなたの状態に依存しません
が、7に5を足すと12であるとの思考はあなたに依存しています
あなたに数学の未解決問題「世界7大難問」の答えを導き出せますか?
答えが普遍であることと、正しい答えを思考できることは違います

>>127
自分(我)を認めたことは無しにするんですね?
まぁ、このスレタイに対する答えはオレのオナヌーのと似ているようだけど

135 :69:05/03/08 23:59:13
死の恐怖(不快感)が、これから見込める快楽を上回ると、当人は自動的に自殺してしまいます(笑)。

まさしく機械論ですね。


136 :考える名無しさん:05/03/08 23:59:27
>快楽が現実化を促し、その結果がその人の真となります。
>科学的に間違っていようが、当人にとってはそれが真です。

何を言ってるか分からないよ。

快感原則によって行動し、その行動の結果がその人の真になるということ?
それでも、「行動の結果がその人の真」というのが何を言ってるのかわからない。


137 :考える名無しさん:05/03/09 00:01:54
>>134
>7に5を足すと12であるとの思考はあなたに依存しています

「あなたに依存しています」でわざと曖昧な表現にしてるだろ。
おれは「心理状態や快不快に依存しない」とはっきり言ってるぞ。


138 :考える名無しさん:05/03/09 00:02:24
「当人にとってはそれが真」なんて回りくどい言い方はしないで、
「それを信じる」と言えばいいのに。
そうすれば、その考え方の間違いも分りやすくなると思うが。

139 :69:05/03/09 00:08:45
そうですね。
真とは特定の条件で成立している事態の全てであり、偽はその逆。

成立するのは、快に誘導され実行して存在化した時です。
そのため快楽は「学問的」に偽であろうが、存在論的な真(現実で起こりうる)を誘導します。



140 :考える名無しさん:05/03/09 00:16:26
>>139
>存在論的な真(現実で起こりうる)

現実に起こりうる=可能性が、存在論的な真であるという規定は
寡聞にして聞いたことが無いのだが、どこで聞いたのか教えてくれないかな?


141 :69:05/03/09 00:26:59
自分でもよくわからなくなってきました(笑)


「神は存在する。」

という命題の真偽が不明なのは一度も現実化(知覚化)していないためであり、そのような人間にとってはゼロとカウントされ、存在論的な真とはなりえません。

五感で知覚(経験)し得る事は真であり、それ以外は偽となるのではないでしょうか。

脳内妄想などは五感ではないので、偽とみなされがちですよね。
体外離脱は夢だとかよく言われたり。
体外離脱が五感かそうでないのかははっきりしませんが。


142 :69:05/03/09 00:30:51
自分でもよくわからなくなってきました(笑)


「神は存在する。」

という命題の真偽が不明なのは一度も現実化(知覚化)していないためであり、そのような人間にとってはゼロとカウントされ、神の存在は真とはなりえません。

五感で知覚(経験)し得る事は真であり、それ以外は偽となるのではないでしょうか。

脳内妄想などは五感ではないので、偽とみなされがちですよね。
体外離脱は夢だとかよく言われたり。

体外離脱が五感かそうでないのかははっきりしませんが。


143 :考える名無しさん:05/03/09 00:33:58
>>142
日本国憲法は存在しておりますね?
あなた日本国憲法を見たことはありますか?
日本国憲法が記述されている本は見たことあるでしょうけど
日本国憲法そのものを見たことはありますか?
でも日本国憲法は存在しておりますね?

144 :69:05/03/09 00:34:39
知覚の問題と存在の問題は別問題か…。
神が存在しても知覚できるとは限らないし。

145 :そろそろHNを の134:05/03/09 00:39:49
形而下と形而上ね

>>137
「依存しています」は曖昧で
「依存しない」ははっきり?
放置します

146 :考える名無しさん:05/03/09 01:18:14
>>145
依存してる・しないの表現の問題じゃないだろ。
「あなた」か、「あなたの心理状態や快不快」かの問題。

またわざと論点曖昧にしてるだろ。


147 :134:05/03/09 01:46:58
>>146
>「7に5を足すと12である」という俺の思考は
とあるから、あなたの思考について語ったのですよ?
それと、オレは「心理状態や快不快」なんて言ってない
言い出したのは>>123
国語の勉強頑張ってください

148 :考える名無しさん:05/03/09 01:58:37
>>147
>7に5を足すと12であることはあなたの状態に依存しません
>が、7に5を足すと12であるとの思考はあなたに依存しています

あなたに依存の「あなた」が曖昧だと言ってるの。
おれは、計算という思考は「私の心理状態や快不快に依存しない」と言ってるの。
じゃあ、何に依存しているのかと言えば、「理性」だろうというのが俺の考え。
そして、おれは個人の思いのままになる「理性」などありえないと言ってる。


149 :134:05/03/09 02:01:38
69へ
人間は利益を最大化しようとする と言っていたのだと思うが
何故、こんな方向に進んだのか…
ところで近い未来における快不快と、
遠い未来における快不快についてはどう考えてるの?
「わかっちゃいるけど止められない」状態については?
それと、>>118に「思考は欲望に操作される」とあるが、
欲望は思考のキッカケなのでは?
「利益を最大化したい!」との欲望を実現させるために思考するのでは?
まぁ思考したところで、最大化できるわけじゃないけど

150 :考える名無しさん:05/03/09 02:18:01
何で生きてるのか って
それは一生かけて探さなきゃいけない事で
それが生きるってことで
それが人生の全てだろ

151 :考える名無しさん:05/03/09 02:29:24
全生命体は自らの体験結果で全生命の進化に貢献するために生きるのだと思うが
人類の中の1個人となると別になる。
俺の考えでは、人は自分の生きた証を後世に残すために生きていると思う。
それは自分の遺伝子を子孫伝えたり
有名になって名を残したり
墓に名前を刻んだりする事で出来る

152 :考える名無しさん:05/03/09 02:35:25
子供なんていらね〜し、有名になることも興味ないし
死んだら海にでも流してくれよ

こういう人はどうすんのさ?


153 :考える名無しさん:05/03/09 02:36:36
>>142
神は言語に内在しているんだよ

154 :芸術学生:05/03/09 02:52:26
>>150一生かけて探さなきゃいけない
目的ってこと?「人生の目的は目的だ」と言うわけ?面白いよ、君。

155 :考える名無しさん:05/03/09 03:15:31
>>154
平たく言えばそう思う。
補足すると「人生の目的は目的を探し出す事」
変わらないか?
自分の探し物が何なのかを探すって事だよ。
まあ俺がそう感じるだけだけどね。

156 :考える名無しさん:05/03/09 03:24:17
愛と誠のラストシーンのように、
夕日を背景に浜辺で惚れた女とハグするためだ罠。

157 :134:05/03/09 03:25:24
>>148
7に5を足すと12であるとの思考が思考する者に
依存しないなら誰でも7+5=12と答えるはずなのだが

7+5=75 という思考も理性による思考
それとも感情による思考だとでも?
7+5=75 にだって、〜だから75という論理はある

理性は、「〜だから」という前提に対して発動されるのであって
人はその前提を選択できる
バンジージャンプに対する恐怖心 
「高いところから落ちるのは恐いものだからバンジーは恐い」
「安全が保障されているのだから恐くない」

158 :69:05/03/09 03:45:55
理性にも感情は関わっていると思う。
養老もそのような事を言ってるみたいだし。脳なんて狭いんだから理性と感情が融合しても仕方ないんじゃないかな。
理性も「こういうふうに操作すると快楽が得られる!(もしくは不快感が無くなる)」みたいな欲望だと思う。
7と5をくっつけたいからくっつけて75にするわけで。これって欲望じゃない?

行動が起こる順番からみても近い未来の方が欲望が大きいと思う。

一年後のラーメンより今日のラーメン。
時が近付くにつれ欲望は大きくなり(空腹による不快感)、実行に移る(快を(σ・Д・)σゲッツ!!)。


「わかっちゃいるけどやめられない」ってのは、
「やると後で苦痛が待っているんだろうけど、今は楽しいからやり続けたい」
という事かな。

−5+7=2>0
よって存在化=実行。
「えびせんを食べたら血圧上がるんだろうけど、この味たまらんよ」とか。危機感が足りないんでしょうね。

今数学的に行動を計算する研究をしているので、ついこんな方向へ話を脱線させてしまいました。
ストイックに分析がしたいのです(これも欲望)。


「人は」
「何の」
「ために」
「生きている」
「のか?」



159 :考える名無しさん:05/03/09 03:48:02
無駄な改行する癖なおせよ。
ガキ臭い。見苦しい。



160 :考える名無しさん:05/03/09 03:52:43
>>157
>理性は、「〜だから」という前提に対して発動されるのであって
>人はその前提を選択できる
>バンジージャンプに対する恐怖心 
>「高いところから落ちるのは恐いものだからバンジーは恐い」
>「安全が保障されているのだから恐くない」

「だから」そのものは普遍ね。
個々人で「だから」が異なることはない。
「だから」そのものが、心理状態や快不快に影響されるということもない。

161 :考える名無しさん:05/03/09 03:54:52
人は他の生物も含め、種の存続、後世に遺伝子を残すために生まれる。
生まれ出た遺伝子は生存競争やエラーにより自然淘汰されるが、その
不確定要素を少なくする為に幾度も挑戦し、その成長を見守る為に限られた寿命まで生き続けようとする。

162 :考える名無しさん:05/03/09 04:05:31
つまりどんなに立派な事をして死んでいっても交配してない限り無駄死にってことだね!

163 :考える名無しさん:05/03/09 04:14:59
生きる意味がないと知りつつも、どうして死にたくないと思うのか。
自分が死んでも、誰かが生きているというのが、なんだか癪にさわる。
でも、他人だっていつかは死んじゃうんだから、まあ五十歩百歩じゃん?
もしあの世というものが存在するとして、早くあの世へ行けば、
残された人間よりも、自分はあの世では先輩ということになる。
まあ、そういう意味で早死にするのも悪くはないんだ、という
宗教が流行ってくれないかなあ、と思う今日この頃。

164 :考える名無しさん:05/03/09 04:22:55
素晴らしい。
そのいきです。


165 :考える名無しさん:05/03/09 04:37:23
他人に意思はあるか、どう感じてるか、なんてのは知覚はできないけど、
それは一般に存在すると見なされている。
我々は、直接知覚できるもの以上に、想像上のものを実在と見なしている。
これはごく自然なことだ。

生きる目的が実在するかどうか、それは分からない。
実在するとしても、それは知覚できないかも知れないね。
だけど想像は単なる想像ではなく、現実を動かしているんだ。

166 :考える名無しさん:05/03/09 04:37:41
>>163
まずあの世があってもそれはこの世界と別個の世界じゃないよ。
事象空間移り変わるだけ。
完全に異種になるのは修行して解脱して涅槃(空性)するというわけだから
これまた一般人は至らない世界。

何度も何度も似たような世界を生まれ変わるだけだ。(六道輪廻)

167 :考える名無しさん:05/03/09 04:53:54
快不快は神経細胞内の電子の量で決まり、それ故に数値化する事ができる。


168 :考える名無しさん:05/03/09 13:58:59
憲法の存在をほのめかすものを知覚できないのなら、その存在の真偽もまた単なる推測に過ぎない。



169 :☆kiki+ki ゜Д゜♪(2代目) ◆x/cQLuG.4c :05/03/09 14:36:35

満足すれば良い、

が答え(^Д^)

170 :考える名無しさん:05/03/09 14:43:41
僕たちは  幸せになるため
この旅路をゆくんだ

え〜、今は幸せじゃないのかよぉ

171 :考える名無しさん:05/03/09 14:46:11
人の果たすべき役割は、周囲の環境によって規定される。



君の成すべきことは何だ?

172 :考える名無しさん:05/03/09 21:44:53
あげ

173 :もうすぐ来る者:05/03/09 21:56:22
人は神になるために生きている
死んだらまた輪廻転生
神になったら終わり

174 :考える名無しさん:05/03/10 17:42:08
モームたん(;´Д`)'`ァ'`ァ

175 :考える名無しさん:05/03/10 18:43:01
人は生きるために他の命を食べて生きてる
でもって、食べた命の分も生きるために生きてる

176 :考える名無しさん:05/03/10 19:12:31
行動には目的や意味がなければならない、という考えが理解できません。

177 :考える名無しさん:05/03/10 19:49:51
生きるって行動じゃないだろ

178 :考える名無しさん:05/03/10 20:54:16
>>175
「人は何のために生きているの」などという奴には死んでもらいましょうか?

179 :考える名無しさん:05/03/10 21:10:41

 Aは金のために生きているし Bはまんこのために生きているし

 Cはバクチのために生きているし・・・・

 人それぞれに 生きているに決まってるじゃん。



180 :考える名無しさん:05/03/10 21:17:57
>>179
そういう質問でないことは一目瞭然だが。

181 :考える名無しさん:05/03/10 22:22:31
じゃ、どういう質問なのよ

182 :考える名無しさん:05/03/10 22:39:42
使命?
なんだ?誰かに目的を与えてもらわないと生きていけないのか?

183 :うあああ:05/03/10 22:55:58
人は周囲の趨勢に逆らって、己の望んだ何者かになることができる。
世界中の誰もは、ただの人として生まれた。
人は生まれ落ちてから、いつしかただの人であることを辞めて、望んだ何者かになっていく。
なりたいと思い。なろうと考え。ならねばならぬと知り。なると決め。なれと言われ。
人はついには奇跡すら行使するだろう。いつもどおりに。

君は何を望むのか。
君は何者に成るのか。

184 :考える名無しさん:05/03/10 22:59:40
本末転倒
食べる為に生きているのではなく
生きる為に食べている

185 :ろじ:05/03/10 23:22:39
私的見解

生きる目的など存在しない。
僕が生きているのは
たまたま偶発的に地球が誕生し、
たまたま偶発的に生命が誕生し、
たまたま偶発的に人類へと新化を遂げ、
そしてたまたま偶発的に自分が誕生したというだけの話。
それ以上でもそれ以下でもない、その程度の価値。
目的とは・・・・それは使命であろうか?
人類に使命などないだろう。
あるなんて考えるのは単に人間の驕りではないか?
ただ単に地球の自然を破壊し、他の動物の滅している人類に対して神が使命を与えていると?
それこそ傲慢だ。
我々が生きている理由は簡単だ・・・・・『死にたくないから』。
それで十分でしょう?

186 :考える名無しさん:05/03/10 23:32:47
age

187 :考える名無しさん:05/03/10 23:36:20
そゆこと
せっかくだから理由つけて楽しむべし

188 :考える名無しさん :05/03/10 23:38:34
>>1
そんなこと中学までに決めておかないと!
じゃなきゃこうなるよ!


189 :考える名無しさん:05/03/10 23:41:56
な、なっとうごふぁんくたいよーーーーー

190 :考える名無しさん:05/03/10 23:45:56
人生を語れるのは人生の範囲であり、意味を語れるのは人間の社会の範囲でしかない。
宇宙の中での人間あるいは社会の意味を問うても無駄である。

191 :考える名無しさん:05/03/11 02:45:45
生きるというのは存在に価値があるということ
少なくともこの世には価値のあるものはないから生きているのではなく存在しているが正しい
本能を捨て切れず存在し続けるのは愚かとしか言い様がない

192 :考える名無しさん:05/03/11 03:03:09
>『死にたくないから』
可哀相に。死ほど確実に来るものはないよ
ありえない程の奇跡の上に立たされてる事に何の意味も感じないのね
偶然が100回続いてもまだ只の偶然だと思ってる奴は何も見出せないよ

193 :考える名無しさん:05/03/11 03:10:39
>>192
ナンノコッチャ

194 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/11 05:50:45

そこで神の出番ですよ。

「私の存在は神のため。」

一見ニヒリズムの対抗策になりそうだが、神を含めた存在全体の意味が不明
→人間に無意味感を提供


195 :考える名無しさん:05/03/11 08:29:34
永遠の真理、永遠の愛のために生きるのさ(フッ

196 :考える名無しさん:05/03/11 08:36:22
この答え出せないようなら
どんな事が起きても因果で納得できるはず

197 :考える名無しさん:05/03/11 08:37:13
この答え出せるようなら
どんな事が起きても思い込みで生きていけるはず

198 :考える名無しさん:05/03/11 09:09:52
子孫残すためじゃねーの?種を繁栄させるために。世代を重ねると進化するし。
存在理由はこっちが聞きたいデツ
とりあえず愛に生きろ
いやこれマジだと思います

199 :考える名無しさん:05/03/11 09:49:47
日常生活を辛く感じる者こそが、人生の意味を欲する。←コレこそが現実であって、人生自体に、客観的な意味があるわけではない。人生という言葉自体が実体を持たない抽象的なものなので、コレを客体視できない。言い換えれば、語る者の妄想の範の外に出られない言葉である。

200 :考える名無しさん:05/03/11 10:00:35
やっぱ「愛」だよなあ。
死後の自分に対する評価ってのは、修正できないわけでしょ。
生前どれだけ愛されたかっていうのが、
人生の値打ちを決めてしまうんだよな。

201 :考える名無しさん:05/03/11 10:16:10
カワイイ子達の膜はバカに破られてます!


202 :考える名無しさん:05/03/11 10:56:24
自分で目的を作ってその目的を果たす為なんじゃない?
結局人によって何が幸福とかは違うわけだし
一概に定義付けられ無いと思う

203 :考える名無しさん:05/03/11 11:03:12
幸福=本人が幸福だと信じている状態、ではない。
人によって幸福観(「幸福とは何か?」ということについての信念)は違うが、
幸福が違うわけではないかもしれない。

204 :考える名無しさん:05/03/11 11:41:30
空は何のために青いのだろう。
三角形の内角の和が180°なのは何のためなんだろう。
人は何のために生きているのだろう。
大腸菌は何のために生きているのだろう。

205 :考える名無しさん:05/03/11 11:51:00
みんな「生きているのは何のため?」と問うために生きているのさ。

206 :考える名無しさん:05/03/11 12:22:54
生きる意味について考えない奴は家畜と同じだ
無意味だと気づいても生き続けるのは罪だ

207 :考える名無しさん:05/03/11 12:24:14
>>194
人間が、自己の存在の意味を担保するために作り出した擬制∈妄想

208 :考える名無しさん:05/03/11 12:26:22
いろんな思考が観察される。

209 :考える名無しさん:05/03/11 12:51:31
人生に意味を見いだせないと、生きることが出来ないなどとほざく奴は、人間として弱者なんだよな。ニーチェもそう言ってたぜ。ホラ、胸に手を当ててよーく考えてごらん。
あんた、生きるのがブキッチョで、何をやってもうまくいかなくて、、、、。なんでオイラはいろいろ考えているし、何も考えてなさそうに見えるみんなのほうが、楽しそうなんだろう??なあんて、考えてんだろっw。思い当たる節があるだろ?
問題は、意味があるかどうか見極めることでもないし、一生懸命思考することでもない。意味を求めて彷徨えるお前らの負のオーラこそが、社会に害毒を流すんだよ。意味を求めて彷徨いたければ、樹海があるだろっw。そここそが、お前達の安住の地だよ。

210 :考える名無しさん:05/03/11 13:03:23
頭の中で「弱者」を想像して、「俺はあいつより強い」なんて考えることで
自分を慰めるっていうのは、典型的な弱者の思考パターンですね。w

211 :考える名無しさん:05/03/11 13:34:05
↑ニーチェの哲学を引用しただけですけど、何か??哲学板なら、そのくらい常識として押さえとけよ。っw。

212 :考える名無しさん:05/03/11 13:37:28
↑ニーチェは虚弱体質の弱者の典型ですが。w

213 :考える名無しさん:05/03/11 13:43:29
やっぱ、予想通り馬鹿ばっか、哲板って。スレタイをざっと見た段階で、大方想像してた通りだ。
結論が出ている問題にしがみついて、何がしたいのか、馬鹿の考えることを想像がつかんちゃ。

214 :考える名無しさん:05/03/11 13:51:01
>無意味だと気づいても生き続けるのは罪だ

無意味だとわかればそうだが、無意味かどうかさえわからないというのが実態じゃないかな


215 :考える名無しさん:05/03/11 13:54:30
■抜いて見てくだだい。
http://web1.nazca.co.jp/■hp/cinemano/houan.html
http://www.geocities.co.jp/■AnimeComic-Palette/5592/zinken01.html
みんなとにかくメールを送ろう!官邸でも国連でもホワイトハウスでも
ゲーム会社でもタレント事務所でも出版社でも
あとここに反対の方は"一人一票"お願いしまつ。↓
【人権擁護法 反対大署名 スレッド】 Part3
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/event/1110432013/


216 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/11 15:22:52
生、つまり存在というsystemはなぜ存在しているのか?という事ですよね。
そしてその答えを存在の外部に求めてしまう。内部にある答えではいくらたっても不十分だと感じてしまうのです。
しかし、人間には存在と無との間でしか思考できない。

存在の理由を非存在から探す事は人間には不可能です。



217 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/11 15:42:40
問いを
『存在は何のためにあるの』
に変えてみたほうがわかりやすいのではないでしょうか。
人間は、『存在というsystemが存在以外のものの役には立たない』事を理解する事ができる。
当然存在以外のものは無であり、それ故に存在というsystemは孤島である。
この関連性の無さ、思考の限界が人間にぼんやりとした不安感、虚無感を与えてしまう。
文字通り独りぼっちの寂しさ。
無の海の中にぽっかりと浮かぶ存在島の孤立無援の寂しさである。
この存在そのものの寂しさが、人間の生の虚無感を引き起こしているのだと私は考えている。
有無の二項対立構造でやれる事なんてたかがしれています。



218 :考える名無しさん:05/03/11 16:24:59
死ぬまでのひまつぶしなのでは?
わたしはそう思いながら生きてますよ

219 :考える名無しさん:05/03/11 16:32:08
確かに、存在というシステムそのものを他のものと結びつけようとしても、それもまた存在システムの一部であって、外部への意味の拡大ができないな。
これが人生が無意味ということの原因だったのか…OTL



220 :考える名無しさん:05/03/11 16:35:32
人生は無意味である。
でもちゃんと生きてるよ。

221 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/11 16:46:02
意味の生成は、存在システム内対象への無限の回帰としてでしか起り得ない構造をその本質として持っているのです。
そして、快楽を提供してくれる知覚対象ならばそれらは全て自動的に生の目的となり得るのです。

生とは知覚の存在であり、快楽をその存在の理由とし、快楽は目的の存在を必要とする。(快楽を提供する装置をヒトは目的と呼ぶ)
快楽とは生への執着であり、また実行因子でもある。



222 :考える名無しさん:05/03/11 20:50:22
>>205に共感
それが生きるって事だと思う

223 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/12 12:38:25
>>69さん
遅レスですけど、快不快の人間機械論を興味深く読みました。
>理性にも感情は関わっていると思う。
>養老もそのような事を言ってるみたいだし。
>脳なんて狭いんだから理性と感情が融合しても仕方ないんじゃないかな。

―「真」は知性(及び理性)にとっての「善」である、みたいなことをトマス・アクィナスが言っていました。
ということは、
・「善美」は感性にとっての真
・「醜悪」は感性にとっての偽
・「偽」は知性や理性にとっての醜悪
とか、いろいろ思いついてしまいます。
この場合の善美は、あなたのいう快のことです。

人間を機械と把握するほどに、遠くから人間を見たら、
「真善美」は一緒くたのひとつの理想に見えるのかもしれません。

例えば、エスキモーにとって、丸の内や赤坂など「東京の中心部」の一部としか見えないが、
「東京の中心部」に暮らす人びとにとっては、丸の内と赤坂に大きな違いが見えるというように。

224 :69=とっとこ:05/03/12 13:44:55
快不快は電子と関係があると聞いた事があり、機械的な計算が可能なのではないかと思います。
人間を媒介とし、真善美の対象は存在の存続へ、偽悪醜の対象は無へと向かいます。



225 :69=とっとこ:05/03/12 13:53:51
善悪、快不快、真偽などの二項対立群は存在と無の二項対立の性質から派生している気がして夜も眠れません。


226 :考える名無しさん:05/03/12 14:06:18
人間の生きる理由は人それぞれ。 次の世代へ進化し続けるような生き方は意味がないね 退化するんだったら遺伝子は残さないほうが良い 人間としての中身の成長も必要だよ

227 :考える名無しさん:05/03/12 14:07:00
↑訂正 進化し続ける生き方じゃなきゃ生きる意味はない

228 :考える名無しさん:05/03/12 14:40:19
>>224









   ひとが生きるのは真善美などのためじゃない
   すべて「利」のため


   だれの利かといえば自分のだ
   利己こそが世界の絶対基準であることを知れ












229 :考える名無しさん:05/03/12 15:10:53
>>228

つまらない人生じゃのう。

230 :考える名無しさん:05/03/12 15:24:35
>>228
おまいのとっての「利」って何なのさ?

231 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/12 15:49:48
利=快ですよね。
真善美の区別の存在は、快を提供する活動内容の違いに起因します。

快不快は、主に空間性と存在性において二重に機能します。

空間における存在者は、知覚に現れる対象に対して、
直線の性質のために近付く(引力=快)か離れる(斥力=不快)かの2拓を迫られます。
複数の原子が引力によって分子になるように、
人間とりんごは快楽という引力によって人間+りんご(胃の中)となったり、
また男女の場合は結婚(結合)したりします。

また、真善美の知覚対象は、快楽を通して「実行」され存在化します。
逆に偽悪醜の知覚対象は不快によって否定され消滅します。


人間は自己の快不快に反抗する事ができなく(反抗=不快)、
それは即座に行動に変換されます。

そう考えていくと、なぜ、意識は行動を操作されるためだけに作らたのかという疑問(もしくは不快)が生じますが、
ある脳科学者はエピソード記憶の生成のために意識という装置が必要であると述べています。


人間は、生世界内対象へのトータルの快楽が不快を上回る限りにおいて、
生世界と「結合」しているのだと考えられます。

なぜ人間は生きているのと問うことは、なぜ分子は結合しているのと問うのと似たようなものだと思われます。


232 :考える名無しさん:05/03/12 16:03:49
>>217
>『存在というsystemが存在以外のものの役には立たない』
墓参りは無意味と言うことを言ってるのかな?

233 :考える名無しさん:05/03/12 16:08:07
>>224
>真善美の対象は存在の存続へ、偽悪醜の対象は無へと
じゃあ、お前は死ぬ時に偽悪醜の存在になるのか・・・

234 :考える名無しさん:05/03/12 16:35:25
>>229
つまる人生ってあるのか? あるある、ふんづまり人生w

235 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/12 16:44:59
宇宙や自己を含めた存在全体以外に、思考する対象が存在しないため、
意味の関連付けの行為が出来なくなる限界状況を目撃すると、
人間は、無意味という不快感を味わいます。

偽悪醜は主観者の知覚の中にのみ設定され得るコードですので、
自己が死ぬ際は他人の知覚において悪い出来事、悲しい出来事としてコードされます。
例えば、母親が死ぬ事は悪い出来事として認識されたりします。
偽悪醜も不快という点では共通ですが、対象や活動内容がそれぞれ違います。


236 :考える名無しさん:05/03/12 16:52:15
亡き母は無になったから偽悪醜です。

237 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/12 16:55:40
>>233
つまり、悪い出来事は無に帰すように、人間はプログラムされているので、
病気や死は無=発生しないように、行為されます。
医学の発展などがそうです。
医学は死という対象をなるべく存在させないようにする活動だと思います。


238 :考える名無しさん:05/03/12 16:59:38
どっかの大統領や首謀者は死を発生させまくってますが。

239 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/12 17:13:51
>>238
ブッシュは、兵士やイラク人の死よりも、
イラク制圧失敗の方がより悪い出来事のように認識しているものと思われます。

単純な疑似モデルを作ると、
ブッシュにとっての兵士の死+イラク制圧
=(−10)+(+45)
=+35>0⇒実行
となります。



240 :考える名無しさん:05/03/12 17:22:57
>>239
それは、ただ単に主観的な価値観をモデル化しただけで、本質的な部分では
「人それぞれ」と一緒じゃないの?

241 :考える名無しさん:05/03/12 17:26:41
つまりブッシュはイラク制圧を良い事だと感じているんだね。
制圧失敗するともっと死人が出るかもしれないし。


242 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/12 17:29:54
>>240
人それぞれ価値数値が違うわけですね。
はっきり表すには数値が良いのではないかと。



243 :考える名無しさん:05/03/12 17:41:07
大きい死者数より小さい死者数を選ぶ事で死者を減らしているわけか。


244 :考える名無しさん:05/03/12 17:44:40
>>230 おまいのとっての「利」って何なのさ?

利とは利益…自分にもたらされる恩恵のすべてを言う。損の逆w

真善美は自己に恩恵をもたらす限りにおいて利益の一部を成すが、

   「真」必ずしも利益とならず、
   「善」必ずしも利益をもたらすとは言えず、
   「美」に至っては単なる「好み」というほかないw

較べて「利益」は人の生きる目的ともいうべき「満足や幸せ、喜び」
を感じられる具体的事象を束ねる総合概念で、とやかく説明せず
とも誰もがこれに沿って生きているぐらいわかるだろ。

さっき君がとった行動の動機、根源、目的、拠り所がなんだったか、
考えてみればすぐわかるはず。

利益と真善美の大きな違いをいえば、真善美が「君という人」を離
れ、「それ単独で」論議されがちであるのに比べ、
利益は常に主体/主語を伴って語られる点にある。

利益は「自分や自分たちを離れることがない」ということだ。

哲学が「利益に関する命題」と取組まないから、世間に忘れ去られ、
すたれていってるんだ、と言ってもいい。

245 :考える名無しさん:05/03/12 17:45:05
違うなんていうか気分みたいなもん。ちゃんと読みたかったし。時間ないしもったいないじゃん

246 :考える名無しさん:05/03/12 17:49:05
心理的利己主義ってやつですか

247 :考える名無しさん:05/03/12 17:53:14
>>243
小さい死者数に自分が含まれていたら例外。

248 :考える名無しさん:05/03/12 17:56:18
>>246
主義じゃないよ、単なる事実だw

249 :考える名無しさん:05/03/12 17:57:52
>>248
定説ではないから「主義」の段階でしょう。そういう立場ってこと。

250 :考える名無しさん:05/03/12 18:01:32
>>244
「聖戦で死んだら極楽行き」
利益を約束してますが・・・

251 :考える名無しさん:05/03/12 18:03:32
人間はただの現象。
何のために生きるかという問いには前提に確固たる個が存在しているように思う。
他者の存在が証明できないのにこの問いに答えるのは無理。
で、結局「生きろ!」

こういう哲学うんざり

252 :考える名無しさん:05/03/12 18:04:09
倫理学板つくってそっちに移動してやってもらいたい

253 :考える名無しさん:05/03/12 18:35:17
至上命令が一つ
「今を幸せと感じろ」

254 :考える名無しさん:05/03/12 18:37:36
>>251
脳内哲学にはうんざりですか?

255 :考える名無しさん:05/03/12 18:39:46
>>253 「フラレテ ヨロコンデル バカ」 ガ イルッテ キーテ キタンデスガ ココデスカ?

256 :考える名無しさん:05/03/12 18:40:38
>>249
事実の判別もつかないのか?

257 :考える名無しさん:05/03/12 18:54:30
何の為でもなく、何の為でもある。

258 :crow:05/03/12 18:55:59 ID:??? ?
≫1
今の時代の理路から言えば「意味が無い」というのが一番、真理値が高いとオモー。
モーム君が問いの答えを持ってるなら、それは間違いだと僕は言い続ける。(事も可能)
ニヒリズムを乗り越えたというならその発明をおしえてくれろ。
1の問いを問い続けることが、ソープ有り、ソクラテスのよりよく生きるという哲学の出発地点か(倫理学テキーラ)?
差異と反復。反復に退屈したら壊して、また差異と反復。意味が無いっちゃないが、意味があるっちゃあるゾ。(と言い張るカンフー)
今日は退屈だなー。死にてーなー。

259 :考える名無しさん:05/03/12 19:01:01
欲望とだけいっておこう。なんてね。

260 :考える名無しさん:05/03/12 19:30:57
欲望があるから生きているのではなく、生きているから欲望がある。

261 :モーム:05/03/13 00:39:22
この問題をしりぞけられるほどあなたは偉大なのですか?
この問題の前に人は跪かなければならないのではないでしょうか?
そうではないというならば、もっと積極的に「哲学者」として
意見を言って欲しいと思います。
狂死するくらいに。

262 :考える名無しさん:05/03/13 00:52:18
新宿に行く人もいれば小田原に行く人もいる。目的はみんな違うので一般論で論じても意味がない。


263 :考える名無しさん:05/03/13 01:09:52
好きな女とはじめて寝た時、命はこのためにあると知った

264 :考える名無しさん:05/03/13 02:57:31
>>263
うらやますぃ

265 :考える名無しさん:05/03/13 12:34:47
命じゃなく下腹部はだろ

266 :考える名無しさん:05/03/13 13:28:38
論理的に考えれば、人生には意味がない。
しかし本能は「生きろ」と命令する。
俺たちに出来ることは、論理を追求して自殺するか、論理を本能で凌駕して生き続けるか。

267 :考える名無しさん:05/03/13 13:41:57
論理的に考えることで、人生に意味があるかないかの結論が出るわけないだろw

268 :考える名無しさん:05/03/13 13:46:20
え、この疑問て、まだ答えが出てなかったの?
偉そうな評論家が、この世にごまんといるんだから、そいつらが教えてくれるんじゃ?

269 :考える名無しさん:05/03/13 15:05:31
>>266
なんで意味がなかったら自殺しなきゃいけないんだよ。

こういう短絡的な考えの奴って多いよな。
意味がある→生きる
意味がない→死ぬ
みたいな。

意味はないけど生きるっていう選択がどうしてないのか。

270 :考える名無しさん:05/03/13 15:43:47
死んだほうが楽じゃん。

271 :考える名無しさん:05/03/13 16:11:18
>>263
早くて3ヶ月、遅くても20年で飽きるぞ、その女。

272 :考える名無しさん:05/03/13 16:13:29
>>270
練炭七輪レンタカー

273 :考える名無しさん:05/03/13 16:51:26
普通に考えたら死んだほうが楽だけど、本能が死を拒否するんだよ。
思考に従うか本能に従うかの問題。

274 :考える名無しさん:05/03/13 17:13:30
思考が本能より楽な方を選び取るものか!

275 :考える名無しさん:05/03/13 17:19:49
生きる事が無意味だと定義した上でなら、色々考えられるでしょ。

276 :考える名無しさん:05/03/13 19:11:24
モームたんキタ━━('∀')━━!!
(・∀・)イイヨイイヨー


277 :考える名無しさん:05/03/13 20:43:10
>>269
短絡的だなおいw

278 :考える名無しさん:05/03/13 22:13:19
「誰が奮き生涯にやすんぜむとするものぞ、おのが自分新しきを開かんとおもへるぞ、若き人々のつとめなる。生命は力なり。力は聾なり。聾は言葉なり。新しき言葉はすなわち新しき生涯なり。」島崎籐村

279 :考える名無しさん:05/03/13 22:21:32
籐村て言語障害くさい  ^^;

280 :考える名無しさん:05/03/13 22:23:53
そして、お前は知能障○

281 :考える名無しさん:05/03/13 22:55:35
○の中の文字て「無」しかおもいつかなぁ〜〜〜い (^-^) ニッ

282 :考える名無しさん:05/03/13 22:57:26
池沼よのぅw

283 :考える名無しさん:05/03/13 23:15:57
そうほめるな、恥ずかしいw

284 :考える名無しさん:05/03/13 23:37:03
段々巡り巡って言葉が鋭利な刃物のようになってくるのは現実でも同じだね。テメハッキリしろ刺すぞっなもんでナイフ突きつけてくる

285 :考える名無しさん:05/03/13 23:44:19
チタンコーティングしてあります

286 :考える名無しさん:05/03/14 00:18:38
フッ素加工も、しておけよ

287 :考える名無しさん:05/03/14 01:43:58
人は眩しい方を見る。
生きている人は、生きるほうが死ぬよりは明るいのではないかな?

でも中には光を苦痛に感じる人もいる。
そうした人は死を選ぶのだろう。

288 :考える名無しさん:05/03/14 01:45:33
人間の生活なんて、宇宙におけるチンダル現象に過ぎない。

289 :考える名無しさん:05/03/14 01:50:51
珍樽現象?

290 :いやマジレス:05/03/14 02:14:01
局所的にちんぽに倦怠感を感じる現象だよ
分かるかい?

291 :考える名無しさん:05/03/14 03:03:15
けんだくえきにつよいひかりをあてたときばいしつちゅうのりゅうしによるさんらんで
こうろがあかるくひかってみえるげんしょう。やじるしげんがいけんびきょう。

292 :考える名無しさん :05/03/14 04:02:17
私の場合は、ただなんとなく生きています。
今のところはそれでいいとも思っています。

293 :考える名無しさん:05/03/14 05:10:10
>>292
いい。

294 :考える名無しさん:05/03/14 10:25:40
生きる意味なんてない。

295 :考える名無しさん:05/03/14 16:43:48
生きることに無意味はない。

296 :考える名無しさん:05/03/14 17:07:46
人間を乗り越えるためです。

297 :考える名無しさん:05/03/14 18:22:38
勝ち組になれるのは一握りの人間だけ。

298 :考える名無しさん :05/03/14 18:29:45
いまは自分には、幸福も不幸もありません。
ただ、一さいは過ぎて行きます。

299 :考える名無しさん:05/03/14 19:05:35
私が生きる理由は生きたと言うことを満足をする為です。

300 :考える名無しさん:05/03/14 20:50:10
あのさあ、みんな言い切りばっかりしないでよ。
あくまで哲学的に考えるなら、まがりなりにも理由を提示して議論するのが当たり前でしょ?

301 :考える名無しさん:05/03/14 21:07:43
>>300
糞レス書いてないで、てめぇから始めな

302 :考える名無しさん:05/03/14 21:25:02
人は何のために生きているの?

この問いに対して私は「その答えを求める事は不可能」だと思っているのですが、
何か意味があると思うなら、その根拠まで提示するべきだと。
何の根拠もないから「答えは求められない」というのが私の意見の根拠なのであって、
それに対して意味があると思うなら、理由を書いてきちんと議論して欲しい、と。

303 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/14 21:32:18
みんな論理的客観的な根拠なんかない事は気付いているのではないだろうか。
あったとしても感情的な理由ばかりにならざるをえないと思う。
こんなわけのわからん所にいきなり落とされ、実際みんないっぱいいっぱいなんだと思うよ…


304 :考える名無しさん:05/03/14 21:53:10
いや、そうなんだけど、あくまでも哲学板だしね
>>1があんなだし

305 :考える名無しさん:05/03/14 22:08:56
違う!
そもそも議題が曖昧だからダメなんだよ
目的と一言で言ってもいろんな解釈ができるだろ
だからどいつもこいつも個人解釈して議論がびみょ〜にズレてるのにも気付かずに突っ走ってるんだよ

306 :考える名無しさん:05/03/14 22:37:45
>>305
ダメって何がよ?

307 :考える名無しさん:05/03/14 22:47:44
答えをそのまま表現する事は、哲学じゃ無理でしょ。
でも浮き彫りにはできるんじゃないかな。
あらゆる哲学を駆使することになると思う。

308 :考える名無しさん:05/03/14 22:48:26
だから怠惰なんだろうね

309 :考える名無しさん:05/03/14 23:06:58
答はとっくに出てるだろ

310 :考える名無しさん:05/03/14 23:13:53
人は何のために生きているかという問題は、神(創造主)の意図を抜きにしては
人間には理解不能と考えます。結局それは宗教の領域とされるのでしょう。しかし、
それが真実であれば哲学の領域と言っても同じことですが、残念ながら哲学はそれ
を拒むのでしょう。

311 :考える名無しさん:05/03/14 23:14:30
安らかなる死の追求
全ての破壊

312 :考える名無しさん:05/03/14 23:17:39
あーいいお湯ですよ

313 :ケララ:05/03/14 23:21:39
もし意味が普遍的に固定されてしまえば、生の多様性が抑圧的なイデオロギーの中に封じ込まれてしまう。
従って答えは生きているということ、それ自体にあるというしかない。(恒真命題)
それでダメなら、生きんとする盲目の生存意志のためでどうよ。

314 :ケロロ:05/03/14 23:34:32
もちろん人はビル☆ゲイツにもうけさせるために生きている。
そしてキミはきょうもPCのキーを叩くわけだ。
いつの日か収奪者を収奪せよ!!

315 :考える名無しさん:05/03/14 23:36:40
生きんとする盲目の生存意志のため

316 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/14 23:37:12
ん〜。他スレで"何で人は生きるのか"の問題提起を七レスくらいにまとめました。
一緒に考えたい人はいますか。いるのなら載せてみますけど。

317 :考える名無しさん:05/03/14 23:40:53
ショーペンハウエルでは力不足のような・・・。

318 :考える名無しさん:05/03/14 23:44:08
>>313
うまい事言うね。
恒真命題か

319 :考える名無しさん:05/03/14 23:46:10
雲に覆われ今にも雨が降りそうに暗く沈んだ状況。前には一本の道があり、この道の先にあるものがわからないがどうやら池のようである。道の右側には鬱蒼として茂っている森がある。手入れが為されていない雑に登びた緑。

320 :考える名無しさん:05/03/14 23:51:30
樹海を彷徨う・・・。

321 :考える名無しさん:05/03/14 23:52:54
あるいはここは小さな丘になっていてそこに草や細かい葉を大量に抱えた樹木が丘を隠しているのかもしれない。這っているような草木は絵の大部分を占めている。木が絵の真ん中まで伸びて前方を遮っている。

322 :考える名無しさん:05/03/14 23:55:22
>>310
神はいるのか?
まさか、いるかいないか「わからない」まま、
もの言っちゃいないよな?

  念のため聞くが、「神はいるのか?」

323 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/14 23:58:47
>>318
トートロジーということなんでしょう?
ナンセンスではないけど、無意味らしいじゃないですか。それで、

・「すべての人間は生まれつき、知ることを欲する。」(アリストテレス)
・「真理を探究したいという強い衝動が潜んでいる。」(ペンフィールド)
・「人間は、無意味に耐えられない。」(ドストエフスキー)
・「人間は意味を求める動物である。この解答を得た人は、どんな辛苦にも耐えられるが、
 解答を得られない人は、その未来を失い内的に崩壊してしまう。」(フランクル)

こう…耐えられない人がわんさかいるから、このスレがあるわけでしょ。

324 :考える名無しさん:05/03/15 00:00:15
>>313
自分で言ってることの意味がわかってないと思うw
              ↓

「生の多様性が抑圧的なイデオロギーの中に封じ込まれてしまう」

              ↑
  別の言い方で書き直してごらん、ハッキリするから

325 :考える名無しさん:05/03/15 00:05:02
左側にはその逆に木がない芝のようになっている。この非対称的な左右の自然と暗い雰囲気のなかで道が短い一本の道が通るその絵には「死」が否応なく情況としてある。想念がかんぜられる希有もある非透明観のある作品である

326 :もやし朗:05/03/15 00:18:23
お初です!すべての者(物)の目的は広がる(繁殖とかね)ことが目的なのではないかと俺は思うよ。


327 :考える名無しさん:05/03/15 00:28:22
すべての生命は大きな意味で「命」という火を絶やさないように皆で繋いでるんだよ
だからこの地球がどんな環境になったとしてもだれかが生き残れるように進化する。
それが魚でも鳥でも微生物でも皆それぞれに役割があるんだ。

その中で人間に特別な役割があるとすれば
地球という星が終わる前に宇宙という新天地に生命を送り出すことではないかな。

328 :考える名無しさん:05/03/15 00:36:55
生物は全員原子から出来てるんだから、太陽が爆発して吹き飛ぼうが、生物はまた宇宙のどこかで再生可能。
永遠にこれを繰り返すだけなんだろうな…


329 :考える名無しさん:05/03/15 00:40:44
>>328
宇宙が永遠なればだな

330 :考える名無しさん:05/03/15 00:41:10
宇宙の片隅でごちゃごちゃやってるだけってこった

331 :考える名無しさん:05/03/15 00:45:18
たとえ宇宙さえ滅びようとも英知を駆使して生き延びることが人類の宿命でしょう

332 :考える名無しさん:05/03/15 00:51:55
宇宙と一緒に滅びちゃうんじゃない?

自分はもう諦めたよ…。


333 :もやし朗:05/03/15 00:59:00
なんか暗いな。生きてる間の自分という主観があるのだから、今という時を考え抜いて生きろ!

334 :もやし朗:05/03/15 01:04:50
人間の頭が発達したのは地球の広がるための手段ではないか?

335 :もやし朗:05/03/15 01:06:48
なんか宇宙ってまだ広がっているみたいなこと聞いたことあるけど、俺らってその一部なんだよ。どーかな?

336 :考える名無しさん:05/03/15 01:08:38
地球の支配領域が拡大するって事?
拡大してどうするんだろうね。
存在してどうするんだろうねと同じ問題か。


337 :考える名無しさん:05/03/15 01:12:32
お前らはニート貴族である俺様のために生きているのだw

338 :考える名無しさん:05/03/15 01:16:08
いい職場にありついたと嘘を言う為じゃないかな

339 :考える名無しさん:05/03/15 01:16:47
生きる意味なんてのはね、実にクダラナイことだと思うよ。
セックスとか金儲けとか、そういうクダラナイことに色んな脚色して、
何か人生ってスバラシイことだね!みたいに演出しているんでしょ。
生きる意味なるものがア・プリオリに存在するんじゃなくて、
いかに人生という虚構を演出するか、っていうほうに意味がある。
だって、細菌の生涯がスバラシイと思う人間はいないでしょうけど、
遺伝子の伝達作業って意味では人間も細菌も同じ使命を果たしているから。

340 :もやし朗:05/03/15 01:25:19
くだらないとかすばらしいとかは考え方しだいだけど、
細菌だって人間だって同じ目的なのかもしれないね。手段が違うだけで。


341 :考える名無しさん:05/03/15 01:26:04
人間の思考はシステム全体から操作されているんだよ。

342 :考える名無しさん:05/03/15 01:36:15
もやしは何のために生きているの

343 :もやし朗:05/03/15 01:45:12
僕は「何」っていう疑問がわくものを理解していきたい。
何のためってわけじゃないけどこんな答えです。

344 :考える名無しさん:05/03/15 01:47:16
自分自身が目的に「なる」という解釈もあるんでないかい?
「ああいう人にないたい」と言われたら嬉しいだろうな・・・( ´-ω-`)=3

345 :考える名無しさん:05/03/15 01:48:26
再帰代名詞

346 :考える名無しさん:05/03/15 01:55:20
もやしたんの詳細プロフィールキボン

347 :もやし朗:05/03/15 02:02:44
ごめん俺初心者なんで書くことしかできない。詳細プロフィールってどゆこと?

348 :もやし朗:05/03/15 02:21:40
人生に迷える高校卒業したてのものです。受験もしてないからホント考える時間がある。

349 :もやし朗:05/03/15 02:35:24
酒、タバコ、セックス、まだしてないものもあるけど、生きることって
栄養とって寝ればいいんだよね。それに感情が入っていくことによって
人が生きていくんだよね。きっと。ホント何のためなんだろ。

350 :とっとこ:05/03/15 02:37:51
18才かぁ。哲学盛りだね。
(・∀・)イイヨイイヨー



351 :もやし朗:05/03/15 02:40:46
時間と宇宙と感情なんてものが僕はよくわからないよ。だれかわかるかなこの気持ち・・

352 :とっとこ:05/03/15 02:41:00
脳科学によると人間は自分が思考していると錯覚しているらしいよ。
脳細胞の働きの通りに活動しているわけで。
だから自分は自由意思とか理解できない。

353 :もやし朗:05/03/15 02:54:47
うん。わかるよ。いや、そもそもわかるっていうのはわかるって気がするだけ
ってことか。愛ですれ違いが出るっていうのはこんな感じなのかな。そんな
付き合いとかもしたことないからわかんね。

354 :もやし朗:05/03/15 03:08:55
呼吸をするのを意識しているわけでもないのにしていることと
生まれたときから人工呼吸器がなければ呼吸できない人はこれも
自分で意識していることではないものだよね。脳の働きのひとつが意識だよね。
考えて実行するものと考えずに実行されるものがあると思うのだけど、
僕は考えずに働いてる動きを基盤とすることによって考える事ができるので
はないかと思うよ。



355 :考える名無しさん:05/03/15 03:09:06
何のために生きるか?を問うな。
何のために死ねるか?を問え。

このすり替えこそ近代主義の弱点。

356 :考える名無しさん:05/03/15 03:13:10
>>354
オマエ、何かのために死ねますか?

357 :もやし朗:05/03/15 03:14:18
たしかに「何のために死ぬか」だと「なんのために生きるか」の
ために当たる目的ではあると俺は思うよ。

358 :考える名無しさん :05/03/15 03:16:18
    ∧___∧
   /=・=-∴-=・=\
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,  |  
 /|   `-=ニ=- '  .|  要するに動物化ということだわな
/  .ヽ、_ `ニニ´__ノ    
|    _____ ノ
∪⌒∪     ∪

359 :考える名無しさん:05/03/15 03:19:37
生きる意味なんかないんだから、死のうが殺そうが自由。
この世界は意味も目的もないメカ。俺はその一部の部品。
生前も死後もない。どうせなら本能にのみ従ってやる。
動物に見習え。釈迦もそういった。

360 :もやし朗:05/03/15 03:20:41
俺は死ねないな〜。いずれ死ぬのだからまあ死ぬことに抵抗していくよ。


361 :考える名無しさん:05/03/15 03:22:15
>>357
1.宇宙が滅びて自分が神になる
2.自分が死んで宇宙を存続させる

もしどちらか選択しろといわれたら、どっちを選ぶ?
オマエにとって自分と世界と、どっちが大切?

362 :もやし朗:05/03/15 03:24:42
俺が生きることに犠牲があることは今でも理解しているつもり。家に住むのだって
ご飯を食べるのだってそうだ。ただリアルに創造できないから遺憾に思ったりは
少ないよね。

363 :考える名無しさん:05/03/15 03:29:18
>>362
で、何が悩みなの?

364 :考える名無しさん:05/03/15 03:38:04
天皇のために死ねないやつは動物だ。

365 :もやし朗:05/03/15 03:43:55
悩みはたくさんあるさ!その辺の人と同じような悩みはたくさんね。
最近は今生きていく上でなにをしていこうか悩んでる。

366 :考える名無しさん:05/03/15 03:54:16
>>361
現存在的には、あり得ない選択では?

367 :もやし朗:05/03/15 03:59:09
確かにありえないけど、神という存在が何でもできるなら1を選択して
また同じ世界を作りだしたら変わんないよね?

368 :もやし朗:05/03/15 04:15:07
話し戻るけど、自分がどれだけ気持ちよくなれるかってことが生きることの目的だとすれば
まず嫌な事をなくす!人が死ぬのは嫌だ。だから戦争反対って言うとそれもなんか違う。
戦争で問題なのは違うところにあると思うからだ!かの大統領が戦争を仕掛けて平和を願っているが
それはまた一部であり死んだ人やその遺族からすれば平和ではないのではないか?
俺はあまちゃんな考えでおもうけどその中で平均的にみんなが幸せになるのならそれもまた本望だろう。

369 :考える名無しさん:05/03/15 05:07:45
>自分がどれだけ気持ちよくなれるかってことが生きることの目的

氏ね。

370 :考える名無しさん:05/03/15 06:36:48
それが正義だと意識したときから悪が生まれる
人はなんのために生きているか?未来のため

371 :考える名無しさん :05/03/15 06:52:01
我々は命を繋ぐために生かされています。

372 :考える名無しさん:05/03/15 06:55:11
DNAには40億年ぶんの記録が刻まれているんでございますのよ。
40億年だよ40億年!ぶっちゃけスゲーな、と。
要するにテメェのコピーを作ること。ひたすらコピーしまくること。
コピーライト(著作権)は儲かるぞ。紙幣もコピーだ。コピーは偉大なり。

373 :考える名無しさん:05/03/15 06:59:05
そう、形あるものは全て滅びる。しかし、あるときどこかの偉いやつが
「それならコピーしまくればいいじゃん!」と思いついた。これが生命の始まり。

374 :考える名無しさん :05/03/15 07:12:40
ぼくらは命をリレーするのだ
過去から未来へと
そうしていわば交替で地球を守る

375 :考える名無しさん:05/03/15 09:44:34
miss

376 :e:05/03/15 09:50:06
もやしと立場似てるぉ
ナカーマ('A`)人('A`)ナカーマ

これからどーするん?

377 :考える名無しさん:05/03/15 10:58:27
ニーチェの永劫回帰だと同じ人生をひたすら繰り返すんだよなぁ。
これ何回目なんだろ…。



378 :考える名無しさん:05/03/15 12:33:33
>>374
地球を守りたいなら、人間を減らさなきゃ。

さあ、行動だ!

379 :考える名無しさん:05/03/15 12:35:30
>>1
死や病いという苦痛から逃れるため。

380 :考える名無しさん:05/03/15 13:43:09
>>378
イスラム兇徒を何とか汁

381 :☆kiki+ki ゜Д゜♪(2代目) ◆x/cQLuG.4c :05/03/15 16:00:58

みんな、

何も進歩してないね(^Д^)


382 :考える名無しさん:05/03/15 16:32:18
人がみんな同じ目的の元に生きてたら嫌だよね。

383 :考える名無しさん:05/03/15 22:13:11
自分が進歩してないと ヒトもそう見える

384 :もやし朗:05/03/15 22:34:03
未来!未来!っていうけど、今と同じ自分なんてことは二度とないんだよね。
時間なんていうものがあるから、生きるって言うことに意味があるんじゃないか?
生きる目的なんてのは自分のしたいことをやっている時間なんだろう。

385 :考える名無しさん :05/03/15 22:41:15
若いうちは、「何のために生きるか」より「何がやりたいか」を
考える方が先決問題だよね。

386 :もやし朗:05/03/15 22:45:08
DNAとかで子孫に伝わるってことも同じで明日の自分もまた違うものなんじゃないかな?
だから楽しいことをやっている時間が生きる目的?
人は何のために生きているのかとはまた違うものかな。

387 :もやし朗:05/03/15 22:46:40
年を取ると変わるのかな?わかんないや

388 :考える名無しさん:05/03/15 23:00:16
>>322
神はおられます。そう確信しています。

389 :考える名無しさん:05/03/15 23:02:07
「何のために生きるか」と「何がやりたいか」は同じだろ

390 :考える名無しさん:05/03/15 23:10:50
生きさせられている

391 :考える名無しさん:05/03/15 23:27:30
人間もただの動物だからね…子孫を残すことでしょー。

392 :もやし朗:05/03/15 23:30:44
「何がやりたいか」が「何のために生きるか」というとこの「ため」ということかな。

393 :考える名無しさん:05/03/15 23:34:13
俺は平等がすきだから、平等な社会を実現するために生きているよ。
これじゃダメかい?べいびぃ!!

394 :もやし朗:05/03/15 23:37:38
子孫を残すということが生きる目的か・・・食べて寝てセックスか・・・
それで事足りるな。じゃあなんで勉強なんてしてるんだろう?
生活を豊かにするためですよね。でもほかにもなにかがあるんじゃないかと思う。


395 :考える名無しさん:05/03/15 23:46:09
子孫残すことに何の意味があんの?

396 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/15 23:47:15
>>391
大きく違うんじゃないでしょうか。生き物の構図を考えてみると、いろいろ見えてきます。

無:?
時間と空間:無から生じたらしい。流れたり膨張したり、変化する。
物質:時空の変化で生じた。
―ここまでは生命無し
植物:物質を合成させることによる成長と複製
動物:植物の機能(物質を利用した個体の維持)を利用した個我の生存と子孫づくり
人間:動物の機能である生存や繁栄と、【あと何か】

…と、自分は大雑把に考えています。

下のものは、上のものを半分受けて、生きています。
植物は、物質の働きを半分利用して、植物なりに生きています。
動物は、細胞を植物とすると、植物の機能を半分利用して、動物なりに生きています。
では人間は???
動物の機能を半分利用して、何かがあると考えることは出来ないでしょうか?

397 :考える名無しさん:05/03/15 23:47:25
「ためにする」スレだな。w

398 :考える名無しさん:05/03/15 23:51:39
死にたくないからそんなことお考えるのであって、健康で長生きするために
動物も植物も生きているんだと思うぜ、べいびぃ〜!!

399 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/15 23:55:58
つまり人間が健康な生存や子孫づくりで満足してしまうことは、
動物が、自分の細胞の機能や血液循環を確認しただけで満足して、飢えをそのままにして、子孫づくりも放棄することや、
植物が、自分が物質で構成されていることを確認した時点で、光合成や成長を怠ることと
同等に思えます。

人間には、理性がありますから、それの意味を考えると、人生の意味も見えてくると思います。

400 :もやし朗:05/03/15 23:56:40
たしかに死にたくはないね。でも生きている間になにかをする、感じる、見る
考えるなどが生きる目的なのかも。

401 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 00:17:21
>>400
感じるたり考えたりすること、思考を人生の目的とすると、脳科学の見地から、
「思考や自由意志は人間の錯覚で、全ては脳の働き」という返事がかえってくる傾向があります。

とにかく、当世、人生を「単なる人体の生存」と捉える向きのなんと強いことか!
これは科学が熱心に研究しすぎたせいだと思います。

ゲノムに人体の生成の神秘を見たり、脳科学が人間の思考を一種の情報システムと見たり…。
こうした考え方は、それ自体、合理的で反駁し得えないし、研究への熱意を考えると言いづらいことなんですが、
人生哲学においては滑稽なほど的外れです。

402 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 00:17:59
どのくらい的外れかと言うと、
「時間とは何か」という問いに対して、
「時間は時計によって示される。だから時計の構造を調べれば、時間について大いに知ることができる」と考えて、
左手に時計、右手にドライバーを持って、「時間とは何か」という問いに挑むのと瓜二つに見えます。

他にも、「映画とは何か」という問いに対する、映写機の構造を調べようとする考え方、
「音楽とは何か」という問いに対する、スピーカーやコンポを調べようとする考え方、
とかと瓜二つに見えます。これでは、よほどの天才でないと、何も得られないでしょう。

ですから、凡人である我われは、科学が弾き出した汎論的な人生論では、
自分の人生の説明に、やりきれぬほどの飢餓を感じるのだと思います。

403 :考える名無しさん:05/03/16 00:18:44
人間もともと理性ではなく本能によって生きていたはずだよねぇ?生きる意味ってのが、いつ頃から言われるようになったのかね。生きる意味か…進化の過程で思考する事を覚えた為の病のようだね。

404 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 00:43:50
>>403
えぇ!? 動物的な本能の赴くままに生きていくのが、人間のあるべき姿なんですか?
怒り任せに、人を怒鳴ったり、殴ったり、
欲望のままに女を手ごめにしたり、
後は巷のニュースのように、カッとなって殺したり、、、が起きはしないでしょうか。

そうした後で、あなたの考え方に従って、
「いや、人間の本性は、動物的な本能に従うことなんだ。人間は元々、理性を持たない幼児だったでしょ?
あっちが人間の本性でしょうよ? 人生の源だったんだぜ? 進化論でのご先祖様なんだぜ?
だから、藻前がなんと言おうと、俺の行為の正当性は揺るがないんだよ。だって、人間の本性は…なんだから。」
とか言い訳する人がいたら、その人も相当な病人になってしまいます。

405 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 00:44:21
この世にそんな人がいる可能性を考えた時点で、理性的な人生の方を選ばねばならないでしょう?
人間が理性を獲得したことは、そりゃ最初は病的な緊張からだったんでしょうけど、
理性があるからこそ、こうやって生き残って来れたんですし、
そのー、考え直しましょうよー。長文スマソ。

406 :考える名無しさん:05/03/16 00:51:51
理性こそが進化の産物。

407 :考える名無しさん:05/03/16 01:00:23
何のため・・昔なら神のため、村のため、国のため、王のため、家族のため、
愛する人のため、いろいろなものがたりがあったんだがな。
とりあえず「自分以外の何か」「自分よりも尊い何か」が生きる意味に値する。
現代社会において「自分より尊い」というのは矛盾をはらむ。
自己実現、個人主義、生命至上主義、「自分が一番尊い」というのが近代主義
だからだ。ようするに現代人は意味や物語を問うな。善意と自発性を捨て、
マニュアルとロールに従い自分のみの利益と快楽で死を待て。それができない
不器用なものは密閉された部屋で練炭を焚くか、サリンをまけ。それもできない
ならただ我慢しながら苦しみながら死を待て。

408 :考える名無しさん:05/03/16 01:02:48
>>404
>えぇ!? 動物的な本能の赴くままに生きていくのが、人間のあるべき姿なんですか?
>怒り任せに、人を怒鳴ったり、殴ったり、
>欲望のままに女を手ごめにしたり、
>後は巷のニュースのように、カッとなって殺したり、、、が起きはしないでしょうか。

それは自由の代償だろ?むしろ自由になった証拠だから喜ぶべきなんじゃないか?


409 :トカゲ:05/03/16 01:04:50
391
403です。分かりにくいからトカゲで。
本能に従って生きる事は無理だと思うが、子孫を残さなければ…しつこいですね…。考える事を始めてから、生きる意味、死ぬ意味から逃げられないという意味で病と使いました、説明不足すいません。生きる事は価値観を広げる事って…どうですかね?

410 :考える名無しさん:05/03/16 01:13:02
子孫を残す意味もない。子供を生み育てるなんて親個人にしてみれば
負担なだけだからな。個人主義と矛盾するだろう?自由主義で少子化
対策なんてほとんど意味がない。さっさと移民入れろ。

411 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 01:14:20
>>407
こってこての厭生主義者ですね。天国に行ったら、ショーペンハウエルを召使にできるかも。

>>408
そんなに自由自在な行為がお好みなら、今すぐ理性を捨ててみればいいんじゃないんですか?
でも、そんなの人間、誰しもが不可能でしょ?
>>408も理性が弾き出したレスですよね?

人間が論理とか文法の範囲でしか存在できないのは、そりゃ窮屈かもしれないけれど、
他にどうしろというんですか?
俺は動物的な本能に従うと、必ず恥じらいに襲われます。全く自由ではないです。皆そうだと思います。

ん〜、でも恥じらいすらも脱した自由なら、それもまぁいいかもしれませんね。
つまり狂人だ! 家族は嘆くだろうナァ。

412 :考える名無しさん:05/03/16 01:18:09
>生きる意味、死ぬ意味から逃げられないという意味で病

病ではない。進化の産物だ。人間社会の秩序には
意味や物語、国家や宗教などの「理性」が必要で、「力」だけでは
もたなかった。ゴリラの世界では弱者は完全服従だが、手と頭の
発達した人間では弱者でも武装すれば強者を殺せるからな。
だが(力)テクノロジーが発達すれば理性は必要なくなる。
弱者をミーガン法に代表される監視化、厳罰化でかんぜん縛れる。
フーコーの言った人間の終焉だな。「殺すことが悪いから、ではなく
罰が怖いから殺さない」という社会。脱主体化、動物化。電気ショック
ネットワーク社会。

413 :考える名無しさん:05/03/16 01:21:55
だったら人間は滅びるしかないわなー、親に限らず(基本的には)誰かの負担にはなってしまうのが人間だろうから…。

414 :考える名無しさん:05/03/16 01:22:16
>>411
今の日本の現状どう思うんだ??自由を選んだのは戦後日
本人自身だろ?テクノロジーが発達した社会に理性は必要ない。



415 :もやし朗:05/03/16 01:22:52
きっと「良い」「悪い」とは「したい」「したくない」なんだろう。

416 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 01:23:15
>>409
トカゲの割には、何度見返してみても人間の言葉ですよ、何事ですか!?
…なんてのは悪い冗談です。

自分は人生の意味は、「理性的な幸福の志向」と定義しています。
正しい在り方の考えをひたすら追求することです。
それで、今夜もこうして哲板のお世話になっています…。

417 :考える名無しさん:05/03/16 01:26:37
>>415
本来はぜんぜんちがう。殺したい、が、良い わけがない。


418 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 01:28:36
>>414
朝生みたい。でも時々、この国や世界全体の行く末に、ぼんやりと悲観することもあります。
そんなときは自分の実生活の方に、思考を傾注します。
掃除、洗濯、飯、睡眠!
朝になったら、落ち着いてまた思索です。

419 :考える名無しさん:05/03/16 01:28:50
理性と本能って そう簡単に 分けられるものじゃないと思うけど…

トカゲさんが言っているのは 「意識の過剰」という意味だろうね。
そういう意味では、ニーチェやドストエフスキーも「意識は病である」
と言っているし、私もそう思う。

420 :もやし朗:05/03/16 01:28:57
そっか

421 :考える名無しさん:05/03/16 01:29:14
>>413
だから滅びたくないヤツラが特攻やら自爆テロやらゲリラやらやってるんだろ?

422 :考える名無しさん:05/03/16 01:35:42
>>418
>そんなときは自分の実生活の方に、思考を傾注します。
>掃除、洗濯、飯、睡眠!

みずから嫌なことを忘却する、思考を放棄して眼前の事柄に
集中する。動物化ですな。

423 :考える名無しさん:05/03/16 01:37:22
>理性と本能

要するに新皮質的なものと辺縁系的なものだろ。

424 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 01:39:45
>>419
日本語に「腹の虫」ってあるでしょう?
"腹の虫がおさまらない""虫が好かない""虫唾が走る""弱虫""泣虫""虫の居所が悪い"
自分は、腹の虫が騒ぎ出して理性を乗っ取る過程が、よく意識できるんですけど。

蛇足ながら、自分はそんなとき、「コラ! すっこんでろ!」と頭の中で、何べんも唱えます。
呪文とか祈祷の域に達していると、個人的には思っています。
人前だったら「気分悪ぅ」と言って、一人になって、そうするようにしています。

425 :トカゲ:05/03/16 01:41:18
419
意識は病か…その言葉ですっきりしました。どう表現したら良いか分からなかったんですよね…いい言葉ですね。

426 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 01:46:06
>>422
なるほど、そうですか。それでは反対の極北を言いますよ。
日本の行く末だなんて、自分ひとりで判断つきもしないものに思考を傾注して、
革命家になったりして、無理に人を煽動したり、殉死したり、
そんなの人生の放棄ですよ。

ですから、実生活の方が大事だと思います。
実生活重視の方が、動物的でもあり理性的でもある人間のあるべき姿だと思います。

427 :考える名無しさん:05/03/16 01:46:41
>>424
意識下的なものを そんなに否定的に捉える必要は ないと思うけど…
否定しようとしても、否定しきれるものではないのだからね。

428 :考える名無しさん:05/03/16 01:53:32
>>426
なぜ実生活が大事なのかというレベルで考えることはないの?
子供に「なぜ生きないといけないの?」「なぜ殺してはいけないの?」
と聞かれたらなんて答える?共同体、価値、生活というライン、土台が
壊れてるんだろうが。

429 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 01:59:08
>>427
ん〜。自分は、ムシャクシャすると、本当にまずいことばかりやらかす人間なんです。
人に文句言われたとき、当然、腹の虫が騒ぎ出します。
そういうとき文句の内容に抵抗するんじゃなくて、
そこから止揚するための新しい考えが浮かぶのを、決死の思いで待つんです。
ですから、人に文句言われたら、その時点での自分を滅尽させます。
自分なりの処世術なんです。

それともう寝ます。

430 :考える名無しさん:05/03/16 02:01:19
仏教で、よく「煩悩」と言うけど、本能=煩悩 ではないと思う。
本能に人間の意識が加わって、欲が暴走し始めると、「煩悩」になるのだと思う。
生命欲が、煩悩にならないように、気をつければいいんだよ。
それもある種のテクニックなのだろうけれど…


431 :もやし朗:05/03/16 03:16:58
結局、人は何のために生きてるんだろう?
答えはないのかな?
それとも人それぞれ違う答えを持っているということかな?
この答えって終わりを求めているのかな?
今の実生活をして子孫を残し死ぬ・・・これで完成?
本能のまま生きて逮捕されて刑務所の中で死ぬ・・・これが答え?
なんかやるせない・・・

432 :考える名無しさん:05/03/16 03:37:55
逆に気になる。
何故、意味を問い始めたのか。

それは何か不愉快な思いをした時ではなかったか。
気分が高揚していない時、何か刺激を求めているのに
見つからず、退屈していた時ではなかったか。

個々違った事情の中でそのように思ったことを
想起すれば、そこに個々の答えがあるのではないかとも思える。

個人的には、快楽で自己の死から目をそむける為に
自らの眼前に人参を吊るし、無理にでも走り続ける馬のように、
寿命まで精神衛生を保ち生存することが最大の目的のように思える。
繁殖は、余裕がある場合に限ってのオプションなのではないか?

433 :考える名無しさん:05/03/16 04:31:10
以前、子供達に話したことがある
もし今ここで自分が死んでも、後々あなた達が生きることで
自分がこの世に生まれたという証が残る
地球の未来に、過去自分が存在していたという証明がしたい。
だけど、彼らが後生この遺伝子を残さなかったからといって
彼らの命に意味は無かったかと言えば、それは違う。







434 :e:05/03/16 09:11:18
>殺したい、が、良い わけがない。

なんで?

435 :考える名無しさん:05/03/16 09:25:07
ぜいたく言えば、俺様以外の人間がみんな
俺様のために生きてるってのが最高だわなw
まあ、ある意味そういう相互扶助によって、世の中が成立しているわけで。

436 :考える名無しさん :05/03/16 09:32:26
今の時代、本気で世界制服の野望を抱くのはアニメの中の登場人物ぐらい。

437 :考える名無しさん:05/03/16 09:40:57
>>434

「わけがない」といってるのに「なんで?」と問うのは
 答えとして何を期待してるの?
 答えは「アホ」しかないだろ。

438 :考える名無しさん:05/03/16 09:57:30
問題の立て方が不適切。
「ため」ってのは現に「生きている」存在が
生きるための関心に従って事象を目的と手段に分けて
理解しようとするときに始めて生じてくる言葉。
つまり「生きる」というこは「ため」という言葉を
使って分析するよりもう一段上位の次元ある。
そこを錯綜してるヴァカはなんとか「生きる」
ことを手段化できないかと試みるw

439 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 10:16:49
>>428
ん? 子供なんですから、ケツを露わにしてビンタですよ。これは考える必要ありません。
問題は、大人と大人寸前の子供が
「なぜ生きないといけないの?」「なぜ殺してはいけないの?」 と尋ねてきた場合ですよね。

あなたの言う土台を再構築する力は、人間の理性を出発点としているんじゃないですか?

―「今のニッポン社会は、俺の生まれてくるべき場所じゃなかった。間違いない。だから死ぬ(もしくは暴れる)。」
目の前で、こんな考えを抱いている人がいるとします。それに対して、
「いいか。我が国の現在の社会状況は…」とか御大層な社会学者のふりをしたって、何の意味もないと思います。

何か、現場の実態を知らずに、上からやたらに口を出してくる会社の経営陣たちに見えます。

440 :考える名無しさん :05/03/16 10:16:57
人には表現する自由がある。
表現することは目的だろうか?
表現することは手段である。
では表現することの目的は何か?
つまり「人は何のために表現する」のか?
それは、自分の思いを人に伝えるためである。

人は生きる自由がある。
生きることは目的だろうか?
生きることは手段である。
では生きることの目的は何か?
つまり「人は何のために生きる」のか?
それは、ひ・み・つ♥

441 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 10:17:41
必要なのは、相手の理性や思惟に対して、自分のそれで、掣肘を加えることじゃないでしょうか。
・実生活で何があったのか
・その事件の後、どんな経緯で、そんな判断をするようになったのか
・それは間違いないのか
・間違いないとき、なぜ死ぬとか暴れるとかせねばならないのか
ひとつひとつ、相手の思惟のもつれを解していくのが、人間の為すべきことではないでしょうか?
できれば、磨き抜かれた格闘技術もあるといいでしょうけど。

それで、その積み重ねの先に、共同体や価値観、一般的生活の再構築があるのではないでしょうか?
長文スマソです。

442 :考える名無しさん:05/03/16 10:39:23
人間はあまりに個性が強い生き物だから、
どうしてもテメェの遺伝子を残さなきゃダメとなる。
それが無数の争いの原因にもなる。

いっそ個性を無くしてしまうのも、ひとつの方法だろう。だが、しかし・・・

443 :考える名無しさん:05/03/16 10:43:29
>>438
しかし、人以外の動植物の「生きる」については手段化している
のは事実なので、「どうして人の生きるは手段化してはいけないのか」
と聞かれると答えにくい。

444 :e:05/03/16 11:05:11
>>437
分りにくくてごめん

殺したい は良くないのか?
ってこと

445 :e:05/03/16 11:13:23
>>437
解決しますた

446 :考える名無しさん:05/03/16 12:35:41
牛が草を食べる
イルカが魚を食べる
ライオンがシマウマを食べる
人が動物を食べる
スズメバチがミツバチの巣を襲い全滅させる
人が戦争により人を殺し他国の資源を占領しようとする
生命が生命を支配するこの地球上にあって
人間は人間だけが持つ理性により
許される事と許されない事を個々が判断した場合
生命の意味はそれぞれの理由だけで良いのか
人が生きる意味だけがそれぞれの理由なのか





447 :考える名無しさん:05/03/16 20:47:12
ヨハネ3・27
ヨハネは答えて言った。「天から与えられなければ、人は何も受けることができない。」

人知ではどこまで考えても堂々巡りです。天から教わらなければ究極的な真理は
分からないのです。

448 :考える名無しさん:05/03/16 20:48:29
「天から与えられなければ、人は何も受けることができない。」

ということをヨハネはどうやって知ったのか。


449 :考える名無しさん:05/03/16 20:54:48
もちろん神から与えられたインスピレーションによって教わったものと思われます。

450 :考える名無しさん:05/03/16 20:56:00

 この地球を 破壊するため。



451 :考える名無しさん:05/03/16 20:56:56
逆立ちとかは好きな方ですか?

452 :考える名無しさん:05/03/16 21:08:46
何のために生きているのかを考える時、生きていない状態のことまで考えてしまうと途端に存在論に陥ってしまうのかぁ。

453 :考える名無しさん:05/03/16 21:11:14
何のために生きてんだろう。優柔不断(?_?)

454 :考える名無しさん:05/03/16 21:18:58
神がいるとするならば、神が傲慢であるのは間違えないな。

455 :考える名無しさん:05/03/16 21:35:03


456 :考える名無しさん:05/03/16 21:41:32
とりあえず単純に
「子孫を残す為」というのが生きる意味の答えの”ひとつ”であることは間違いないよね?
なぜなら私は唯一、我が子の為ならば死ねると断言できるから。

こういう単純なのは哲学者は嫌うだろうけど。

457 :考える名無しさん:05/03/16 21:42:52
私たちは結局自分一個の人生しか体験できません。

いくら賢い人がいくら考えても人間の生きる意味に対して

明確な答えは出すことは出来ないと思います。

それは、生きてきた人間の数だけある他の「人生」を体験することは出来ないからです。

もし大前提としてすべての人間が共通の意味を持っているとしても
一人一人がそれぞれの生きる意味を持つことが出来ると思います。




458 :考える名無しさん:05/03/16 21:54:21
そう。人知では分かりません。
神(創造主)は人間に自分の幸せを分け与えたいと思ったから人類を、万物を
お造りになった。人間の生命は永遠であり、死んで天界の幸福に至るのです。

459 :考える名無しさん:05/03/16 21:55:21
>>458
イスラム教か。

460 :考える名無しさん:05/03/16 22:02:19
緑園だな。

461 :考える名無しさん:05/03/16 22:16:04
とりあえず死にたいとは思わないな。

462 :考える名無しさん:05/03/16 22:20:16
>>316
きぼんぬ。

463 :考える名無しさん:05/03/16 22:25:16
>>458
そういう事ではないと思います。しかし間違っているとは思いません。

つまりそのような捉え方もいくつもある人生の一部分であると思うからです。

宗教において生きる意味を見出したならそれは、その人、また

その人生にとって真実なのでしょう。

しかしそれは人類に対しての答えではありません。

あなたも他の「人生」を体験することは出来ないからです。


464 :考える名無しさん:05/03/16 22:37:03
万物は無抵抗を指し、無抵抗は万物を指す。
抵抗したきゃそれでも良いけど、結局は無抵抗に戻ることになるだけ。
死や破壊が存在しないのならば、そうは言えないかも知れないけど、
生まれ死ぬことは「自分の意思」を超えてしまう。自殺はちょっと違うけど。

465 :考える名無しさん:05/03/16 22:48:54
鬱になってわかった。
人生は鬱にならずに生きることが重要。
何のための人生か、なんてどうでもいい。

466 :考える名無しさん:05/03/16 22:50:52
人生いろいろ。人それぞれ。

467 :考える名無しさん:05/03/16 22:55:27
しかし、主(イエス・キリスト)は私を救ってくださったように、あなたをも
また皆をも救ってくださるでしょう。いくつの人生があろうと、すべては神なる
主の手の平の上にあるのですから。

468 :考える名無しさん:05/03/16 22:59:18
なんのため生きているか?
こういう疑問は言葉がなければ生まれない。
そいう意味ではお前ら皆死んでいるんだけど、
言語による思考が生きていると錯覚させているとすら言える。
言語を使用すると過去にその言語を習得、利用
した時の感覚が蘇り、さらにそれを文として組み合わせる
ことで通常の感覚を超えた感覚、自意識が表れる。
自意識と言っても別に特別なものではない。
強く自分の存在を意識させられた状況の感覚を含んでいる
だけで、結局、元を辿れば感覚だ。

とは言え感覚とは動的なものだ。
つねに流動している。
その動的な感覚を制御して安定した生を
運用している脳はすごいね。


469 :考える名無しさん:05/03/16 23:00:09
神に価値を見出せない。
私は救いなんて求めていないからね・・・。

宗教は怖い、主張を巡って死人が出るから。
そしてそれも神の意思というものなのだろうか?

470 :457:05/03/16 23:02:30
>>467
あなたのいう事はウソとは言いません。
ただ私には当てはまらないみたいです。
キリスト教の方はニーチェの宗教観については
どのような考えを持っているのですか?

471 :考える名無しさん:05/03/16 23:05:08
それで。

472 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/16 23:06:27
>>462
あら! 流すつもりがないの!?
言われたからには応じますけど、今夜は連投規制で無理です。

「僕は何のために生きているんだろう?」スレと
「人は何のために生きているの」スレの、二足の草鞋状態なんです。
両方とも重いし。

473 :考える名無しさん:05/03/16 23:09:07
動的って言ったって波に揺られてるようなだけなんじゃねぇか?
認知されたものに反射運動してるだけ。
意思で何とか出来るものと出来ないものがある。
何とか出来るものは差し迫って重要ではない感覚。凪。
何とか出来ないものは、脅威や歓喜等、重要な感覚。時化。

474 :考える名無しさん:05/03/16 23:15:10
進化論が正しいかは分からない。

475 :2%の男か女:05/03/16 23:17:56
何のために生きてるんだろうと言う疑問がわりと多くの人に起きてくるようになったのは割と最近の出来事
つまりこの疑問が多く出てくるのは現代の社会の構造に原因がある

 となると何のために生きてるのだろうかと言う問いの答えはなんだと思うか??.
古来相当多くの人が答えを知ったと思う、有史以来通算では何千万人にもなるかも、無意識にわかってた人は何十億人もいるかも

 >>457 どんなかしこいひとでも答えを出せないと思うのは間違いだと思うよ,

476 :464=473:05/03/16 23:39:52
反論が無いって事は肯定されたと思ってよろしいでしょうか?
最後に辿り着くのが無抵抗。
愛は最後に勝つ。
愛は無抵抗。
こんな感じ。

477 :457:05/03/16 23:52:00
>>475
たしかに答えを知ることよりまずナゼ答えを知りたいか
を考えることはとても重要だと思います。

どんなに明晰な頭脳を持っていても他の人生を体験できない
という点で、人の生きる意味を知る事は不可能と思ったのです。
人間の生きる真理というモノを思考と言葉で見つけることは可能
なのですか?

478 :考える名無しさん:05/03/16 23:55:53
可能 なのですよ

479 :考える名無しさん:05/03/16 23:58:54
だから、無抵抗。

480 :考える名無しさん:05/03/17 00:02:50
神がいるとしたら相当暇人なんだな。。
人生の意味という曖昧で定義されえないものは探せない。
まずどんなものを探せばいいのかもわからない。
快楽を提供する装置なら神でも食べ物でも子供でも何でも生き続けたくなるような目的となりうる。
我々が意思を持って対象から快楽を見い出しているのではなく、システム内部の操作の過程において、快楽が生物の行動形成のために用いられる。



481 :考える名無しさん:05/03/17 00:08:08
人生の目的=最大快楽を提供する対象
であり、それは我々が探すものではない。
そもそも我々は自由に思考などしていない。
快楽に飛び付くように仕組まれている。


482 :457:05/03/17 00:10:02
>>478
その根拠を知りたいです。

>>479
その無抵抗とはどういう状態ですか?


483 :ろじ:05/03/17 00:11:45
>>475
 >何のために生きてるんだろうと言う疑問がわりと多くの人に起きてくるようになったのは割と最近の出来事
  つまりこの疑問が多く出てくるのは現代の社会の構造に原因がある

それは今の教育、または世論が『個性』を重視することに問題があるのでは?
それにより誰もが「自分は特別な存在でありたい」と思うでしょうからね。
自分には生きている理由なり目的、ひいては使命があるハズって考えるのでしょう。
全体を重んじれば自分の生きている理由なんて普通は考えない。


484 :考える名無しさん:05/03/17 00:13:45
人生の目的とか考える奴はカウンセリング受けたらいいと思うよ

485 :考える名無しさん:05/03/17 00:15:48
欲求不満になると考えちゃうよね。

崇拝対象が無い時代だからな…

486 :考える名無しさん:05/03/17 00:17:27
何のために生きているかの答え→個人が決める

487 :457:05/03/17 00:22:23
>>483
なるほど。孤独や無力感などによる生きていく不安によって
自分が生きる意味に依存したいという事ですか?
そう考えると哲学的な人間の生きる意味と本質的に違う気がしますね。



488 :考える名無しさん:05/03/17 00:25:11
>>482
無抵抗は言葉で言うなら、寝てる状態。

489 :考える名無しさん:05/03/17 00:25:19
対格が生きる目的だ

490 :ろじ:05/03/17 00:31:07
>>487

ですね。ただ、
 >何のために生きてるんだろうと言う疑問がわりと多くの人に起きてくるようになった
のは十中八九これが原因と云えるでしょう。


491 :457:05/03/17 00:50:49
>>488
愛が無抵抗。それはわかります。それは理性より欲望や本能の方が
強い力をもっているからですよね?
つまり母性や父性は本能であると。
無抵抗とはつまり永劫回帰ですか?

>>490
そうなると一人の人間を必要以上に尊重しようとする教育は問題ですね。
人と本気で競争することの大切さをもっと教えるべきと思います。
自分も学生なんでそんな偉そうなこと言えないっスけど


492 :考える名無しさん:05/03/17 00:50:59
この地球にも当然寿命があり、数十億年で宇宙の塵となる
人類は言語とテクノロジーを得ることで、この事実を知る
そして人類だけが悩み、その意味を求める。自殺もしかり









493 :考える名無しさん:05/03/17 00:59:14
>>482
「認識されたもの」はすべて言語表現が可能だ。

494 :457:05/03/17 01:56:23
>>493
なるほど、それは認識されて初めて言葉、つまり名前が与えられるからですよね。

つまり人間が生きる真理を確かに見つけた人間がいたという事ですね。

しかし、それはその人にとっての真実でしょう?

例えばツチノコを見た(本人の認識)人もいたわけですよね。

その人にとってツチノコを見たのは真実です。その人にとって

はツチノコは存在しているのです。発見して名前を付けた。

しかしその人が見たツチノコは実はただの食事中の蛇だったかも知れない。

「認識されたもの」はすべて言語表現が可能。意味はわかりますが

それが真理だとは言えないと思います。

495 :考える名無しさん:05/03/17 02:01:37
>>494

あんた言ってる事おかしいよ。
「その人にとってツチノコを見たのは真実です」なら
「しかしその人が見たツチノコは実はただの食事中の蛇だったかも知れない」
ってことにゃならんだろ。


496 :考える名無しさん:05/03/17 02:07:19
http://www3.realint.com/cgi-bin/tbbs.cgi?sijinjyuku021
ここでききなさい(注・詩でうったえるように)

497 :457:05/03/17 02:11:15
>>495
表現が稚拙ですいません。
見た本人はツチノコと信じていても
本当の姿はツチノコではない可能性があるっていう事です。
夜みたら幽霊だと思ったのが、実はただの染みだったという話と同じです

498 :考える名無しさん:05/03/17 02:22:08
「その人にとってツチノコらしきものを見たのは真実です」にするべき。
だからそれは真理で間違い無し。

499 :457:05/03/17 02:36:30
>>498
そのとおりです。その人は見たのです。間違いなく。
しかしこの真実はその人だけのモノです。他の人は見ていないからです。
だから発見した人は、はじめて見る変な生き物にツチノコという名前を付ける。
これは認識されたモノにだけ名前が付けられる=「認識されたもの」はすべて言語表現が可能
という原則に従っています。
しかしそれを別の人が捕まえたらただの変な蛇だった。
図鑑にも載ってて別の名前が付けられていたとしたら、
ツチノコはその発見した人にしか見えません。
他の人が見たらすでに存在が認識されている別の種類の蛇に見えてしまう。
それでは真理にはなりません。個人的にはツチノコいて欲しいですけどね。

哲学板でツチノコって言い過ぎました。



500 :考える名無しさん:05/03/17 02:38:13
>>494
誰にとっての真理を言ってるんだ?

501 :考える名無しさん:05/03/17 09:55:11
イスラム教徒が主(イエス・キリスト)と言っていいのか?

502 :2%の男か女:05/03/17 10:55:35
>477  
>人間の生きる真理というモノを思考と言葉で見つけることは可能
なのですか?

 可能でないとはいえないと思うよ、可能だろう、簡単にはいいたくないけどね

503 :考える名無しさん:05/03/17 12:01:57
これまで読んで思ったこと
人(人間、人類)は何のために生きているの?という質問と、
その人は何のために生きているの?では質問の趣旨が違うので
まず、それを明確にしたほうがいい。
一つのスレで、それぞれ違う質問の見解を持った人が、別々の
答を出し、本来違う答のはずが同じ意味を持とうとしている。







504 :とっとこ ◆XRJbgbO01w :05/03/17 16:12:15
どういう条件を満たすもの=人生の目的
と言えるのか、定義せねば…。


505 :考える名無しさん:05/03/17 17:57:06
自分ことしか考えてない。もちろん社会的責任みたいなものは考慮しての話だけど。

506 :2%の男か女:05/03/17 20:41:41
  457さんへ
もったいぶるのもなんですから、人間は、連帯を追い求めて生きるのではないかと極簡単に書いておきます
どういう連帯かは千差万別、家族、職場、地域、県、国、世界、未来に生きる人への連帯も大きいだろうね、平たくいれば未来のために。
。。世界を追えば非常に抽象的でわかりにくくなりますよ

507 :457:05/03/17 21:04:55
>>506
はい。私がいくら考えたところで、到底わかりえない事でしょう。
「連帯」というある種の目標はとても日本的であると思います。
有史以来この国に生きた人が築いてきた歴史があってこそのモノですね。
一神教を持たない私が持つある種の信仰みたいなモノが根底にあると思います。
国民性とかではなくその国の空気みたいなモノの中で生きている以上
本当の意味で人類に共通する真理を発見するのは非常に難しいですね

508 :考える名無しさん:05/03/17 21:07:13
なんで連帯が日本的なんだよ。
フランス語の訳語であり、しかもフランスのテーマじゃん。連帯って。

509 :2%の男か女:05/03/17 21:18:13
>>507
ナショナリズムって意味じゃないんですよ
どっちかと言うよく言われる愛ってなほうにちかいと言うか

 ただ愛と言い方がちょっと違うんですよ  うーむ

 生物学的言えばドンドン群れたいと言うか  これも言い方が変か。。。


510 :考える名無しさん:05/03/17 21:30:12
>>470
ニーチェの宗教観についてですが(彼の本を直接読んでいないので解説からだけの
知識で申し訳ありません)、痛ましいという言葉に尽きます。
彼はショーペンハウウェルに影響を受けたそうですが、私自身も昔、高校生の頃「意思と
表象としての世界」の抄訳を読んで、初めて世界感を教わり、感心したことがあります。
しかし、今、キリストが神であることに気づいてからは、それらはまことに空しく、むしろ
気の毒に思われます。
ニーチェが「神は死んだ」と思ったことは、そこで彼の救いも無くなったろうと思います。
人間にとって神の不在は致命的な誤謬です。ショーペンハウウェルも罪はないと思います
が、誤謬の持つ結果は後になればなるほど影響が大きく、ナチスやファシズムに至っては
悲惨を通り越して醜悪ですらあります。


511 :457:05/03/17 21:30:22
>>508
訳語とかテーマとかそんなモノはどうでもいいんです。
ナショナリズムとも違うと思います。
私の国語力では的確に表現はできないですけど。

>>509
きっとその意味を私が正確に理解することは難しいと思います。
おいしいケーキの味を説明されるのと同じ様なもので、
やはり体験していないモノを理解するのは非常に困難です。


512 :考える名無しさん:05/03/17 22:00:29
>>510
ニーチェは無神論者じゃないんだけどね。
ここ読んで勉強しな
http://www.geocities.jp/tekina777/niche.html

513 :考える名無しさん:05/03/17 22:25:19
知らないで語ってること認めてるんだから、許してあげようよ。
キリストが神であることに気がついたイスラム教徒なんだから。

514 :ピノキオ:05/03/17 22:33:10
>>510
わざわざ答えてくださってありがとうございます。
もう一つ聞きたいのですが、キリスト教は人間の自分の弱さや強者に対する妬み
から派生したものというような捉え方をしていますが、その点については
信者の方はどうお考えなのですか?

515 :考える名無しさん:05/03/17 22:59:48
日本語が無かったのはあまりに当たり前すぎる概念だったからだろ。
「自然」が欧米から来た訳語だったって知ってるか?

516 :2%の男か女:05/03/17 23:00:45
>>511
言葉をひねり出せば、人類に群れたいとでも言うべきもので愛の一種で、それは日本に限ったもので全然ないと思う
排外主義も、群れたいの裏返しで(裏返しは余り結構でないが)、その複合体は世界中にあると思う


517 :考える名無しさん:05/03/17 23:36:23
>>514
私は信者といっても、キリストを唯一の神ご自身と思っている信者です。
ですから一般的なキリスト信者がどう考えるかは知りませんが、私の個人的な
考えでは、それらをルサンチマンと呼ぶのでしょうか、あまり関係ないように
思います。
もちろん苦しみを経て救い主なる神に辿り着くので、人によってそれらが苦しみの
一つの場合もあるでしょうが、それが苦しみのすべてではないでしょう。

あるいは派生というのが発生という意味で使われたのなら、それは全く違います。
発生はやはり啓示宗教です。人間が考え出したものではありません。

518 :考える名無しさん:05/03/17 23:39:37
ニーチェが「神は死んだ」というのは、キリスト教の「神」だけのことですよ。
ニーチェは無神論者じゃないですから。

519 :考える名無しさん:05/03/17 23:40:35
あら、既出でしたね。

520 :考える名無しさん:05/03/17 23:43:18
ニートは人生楽しかったら良いって言ってました。

521 :考える名無しさん:05/03/17 23:44:45
あと、ナチスがニーチェの思想を歪曲して利用しただけであって、
ニーチェがナチスに加担したわけでもないし、
ニーチェの思想がナチズムにつながったわけでもありませんから。

522 :考える名無しさん:05/03/17 23:48:06
(517続き)それらが支配欲とその裏返しの劣等感だとすれば、それらは自己愛と言って、
愛と正反対のものであり、他に対する憎しみです。それは悪です。
自分が悪であるということに対する自覚と反省、さらにそれが自分に対する
嫌悪となって初めて悔改めが生じます。
憎しみや支配欲がそもそも悪であることを自覚しない限り悔改めは生じません。
それらが力への渇望として力を礼賛するようになるなら極めて危険な誤謬
そのものです。


523 :考える名無しさん:05/03/17 23:51:43
>>522
自己愛は愛と正反対ではないと思います

524 :考える名無しさん:05/03/17 23:59:11
>>522
そうとも言い切れないよ。
そういうキリスト教的な禁欲的姿勢は、
日本人の自然観とは、相容れないもののような気がする。
それが、クリスチャンが日本で増えなかった理由の一つじゃないかと思う。
自然そのものが神聖なものであると感じる日本人は多いと思う。
だから本能的なもの〔自然なもの〕を抑圧するキリスト教的禁欲は、
日本人にとっては、不自然な感じがしてしまう。

仏教には、禁欲的な部分もあるけれど、
たとえば空海のように、欲を肯定する仏教者も多い。
それは、在るがままのものを、あるがままに見て、あるがままに思う・・・
という八正道が仏教の基本姿勢にも合致していると思う。


525 :考える名無しさん:05/03/18 00:01:14
(続き)
私はニーチェを気の毒だと思うだけで、批判しているのではありません。
ニーチェ自身がナチスに加担したのでもないでしょう。
当時のキリスト教は最早人を救えるキリスト教ではなかったろうと思います。
それは神に対する認識が不明確だからです。それがキリスト教に対する彼の
失望を生んだのかもしれません。
ただ、無神論でないと一口に言っても、それには様々な形態があります。
極端な例では自然や宇宙の秩序を神と呼ぶ人もいますので。人の形の神まで
想像しないと、完全な有神論とは言えないと考えます。


526 :考える名無しさん:05/03/18 00:04:07
>>525
そうやって、自分が信じる神以外の神を信じる者を
異端者扱いしたがるのが、キリスト教のもっとも危険なところですね。
そうやって争いを繰り返してきたわけだから。


527 :457:05/03/18 00:24:15
>>522
ニーチェは理性より欲望(本能)を高く位置付けています。
理性は欲望を果たすための後付けであると。私もこの点ではそう思います。
もっと本能的にイキイキと生きる事を(ニーチェはデュオニュソス的と表現しています)
ルサンチマンで歪んでいるキリスト教は、すべての者を禁欲や均一化によって
このような生き方を否定し、このことをニヒリズムであるとしました。
「神は死んだ」ということはつまりキリスト教が「神」を殺したという事
なのではないですか?



528 :考える名無しさん:05/03/18 00:29:45
何のために生きてんだろう。死にたくないから生きている。何かを求めて生きている。なんだろう。

529 :考える名無しさん:05/03/18 00:43:46
>>527
>ニーチェは理性より欲望(本能)を高く位置付けています。

もっと正確に言うと、
ニーチェは「身体は大いなる理性である」と言っているように、
理性を本能と対立したものとは考えていないんだよ。

>「神は死んだ」ということはつまりキリスト教が「神」を殺したという事
>なのではないですか?

禁欲によって神を殺したんじゃなくて、キリスト教が育てた
「誠実性」が神を殺した、とニーチェは言ってるよ。


530 :457:05/03/18 01:08:40
>>529
誠実性について教えてください

531 :考える名無しさん:05/03/18 01:15:01
神は人の希望になり、希望は未来に繋がる。









532 :考える名無しさん:05/03/18 01:22:48
>>530
『道徳の系譜』第三論文からコピペする。
他の本にも、書いてあると思うけど。

「無条件的に誠実な無神論が見た目にはそう見えるほどあの理想に
対立したものではない」(P205、L4・5)というのはなぜか。(27節)

それはむしろ、その最後の発展段階の一つであり、その推論形式および
内面的論決の一つであるにすぎない。(P205、L14〜16)
キリスト教道徳そのもの、ますます厳密な意味にとられて来ている誠実の概念、
あらゆる犠牲を払って科学的良心や知的潔白に翻訳され、醇化されたキリスト教的
良心の聴罪師的な繊細さがそれだ。

答え:無神論とは、キリスト教の禁欲主義的理想を推し進めたとき、
形而上学的価値が発展して誠実性の概念、科学的良心が生まれた結果である。

533 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/18 02:56:21
>無神論
ダーウィンの進化論の影響が、殊のほか大きかったんだと思います

1859年 ダーウィンの『種の起源』
1880年 ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』
  キリストが近代的市民から反故にされる。キリストは無言で代表者の手に接吻して去っていく。
  またこの挿話を受けてのゾシマ長老の問いかけ、
  「宗教がなくなったら、人間は最後の一人になるまで殺し合いを続けるだろう」
1882年 ニーチェ…「神は死んだ」という発言
1887年 トルストイの『人生論』

最後の『人生論』は、進化論や無神論を始め、当時のペシミズムや科学者の姿勢に対して、
カントの認識論・道徳論が根底になったキリスト教のドグマを対置させ、
「人生の何たるか」について、精密に論じあげた名著だと個人的に思っています。
キリスト教だけでなく、仏教、ユダヤ教、インド哲学等のいにしえの思想を、
全部ワンセットにした上での生命観、世界観、死生観が、白眉です。
このいにしえの人生観を蘇らせようと、かなり無理して熱くなっています、かの老翁は。

誰か読んだことのある人いませんか?

534 :考える名無しさん:05/03/18 03:01:26
>>533
その年表はなに?
意味不明だな。。。
無神論者なんて、今でも西洋にはあんまりいないのでは。。。

535 :考える名無しさん:05/03/18 03:10:31
>>533
それを言うなら、近代科学の始まりまで遡るべき。
17世紀のベーコン、デカルトまでね。
近代科学とともに、人間は、物を「死せる物」として
客観的に扱い始めたわけだから。

536 :考える名無しさん:05/03/18 03:12:04
スレタイ通りにスレを伸ばしなさい。

537 :考える名無しさん:05/03/18 03:17:04
要約するとこうだろう?

かつて人は生きる理由に「神」をあげた。
しかし「神」は滅びた。そのかわりに出てきたのが、
「死ねないから」。

538 :考える名無しさん:05/03/18 03:31:09
要約するとこうだろう?

かつて人は生きる理由に「>>537」をあげた。
しかし「>>537」は滅びた。そのかわりに出てきたのが、
「ポクが神ですけど何か?」。


539 :考える名無しさん:05/03/18 03:32:56
>>538
ぜんぜんおもしろくねー・・オマエ友達少ないだろ・・

540 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/18 03:34:11
>>533
嗚呼、やっちまいました。余りにも突っ走りすぎました。悪い癖なんです。

>>535>>537
元動物としての人体の生存以上のものを、理性的生命としての人間は獲得した、と『人生論』は言っています。
「理性を持っている限り、一人ひとり、人間に死はない」という論旨が、悪夢のように思えるほど、精巧なんです。
もちろん信仰無しで論述しているんです。

541 :考える名無しさん:05/03/18 03:40:30
>>540
人間に死はないというのは、信仰があるから言える事だよ。
哲学で言えば、たぶん、古代ギリシャあたりの考え方に似てる。
プラトンのイデア論ね。

542 :考える名無しさん:05/03/18 03:44:57
>>540
トルストイはマルキシズム崩れのアナーキストだからね。
「絶対知」や「歴史」は受け継いでるようだけど。
で、あなたはアナーキスト?

543 :& ◆NXzSS3B7P6 :05/03/18 03:50:22
他人が推測できるほど愚かな人生ではないと思いたい今日この頃。
>>21の 『自分という存在は一人しかいないんだぞ。』
と言う部分は自意識過剰でならない。

21はたしかな意識を持ちうる『自分』であるはずだが、21にとっての『他人』は
21には少なくとも『自分』ではないと言う。
しかし、『21にとっての他人』によれば21も他人になる、これは、日本人が(別に日本人でなくてもいいわけだが)
日本人以外を外国人と認識していることと同意である。
外国人から見れば、日本人も外国人にみえることから。

544 :考える名無しさん:05/03/18 03:52:57
トルストイはロシア正教会の信者です。

545 :考える名無しさん:05/03/18 03:56:05
でも、自分という存在は一人だ。生

546 :考える名無しさん:05/03/18 03:57:38
>「理性を持っている限り、一人ひとり、人間に死
>はない」

これ自体が宗教。物語。

547 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :05/03/18 03:58:20
>>541
人体の生存は当然途絶えますけど、理性的生命が途絶えないらしいんですって。
「考え」が残ってしまうみたいな。でも、詳しくはいずれ機会があったらですね。

>>542
トルストイが権力の圧力を受けたとき、当時の民衆が言ったのは、
「トルストイを入れるほどの大きな牢獄は、ロシアにはない!」というものだったそうです。
自分にもアウトローな面はありますけど、
独房の便器に収まるくらいが調度いいサイズじゃないでしょうか。深夜の2ちゃんねらーなんですもの。

548 :考える名無しさん:05/03/18 04:05:38
存在として成り立ったというのに、無になるのか?
無から存在になるということもわからないが、存在から無になるというのも
わからない。そんな俺は無知なのか?

まず、理性というのは自己を制御する機関みたいなものだから?、死んだ後には
理性も残らないのでは?。。。もう寝よう

549 :考える名無しさん:05/03/18 04:06:12
>>547
>理性的生命が途絶えないらしいんですって。
>「考え」が残ってしまうみたいな。

これって伝統主義じゃないか?ウルルンで部族長のおっちゃんが
言ってたぞ。「私は死んでも私の子供たち、私の志はこの村の伝統が
続く限り永遠に残る。この私も先祖から受け継いだ。」みたいなことを。
民族派から見ればトルストイのやったことは、もしトルストイが無政府主義者
だとしたら、理性の自殺だな。「伝統的価値観はなくともの人間的、世界の
人間共通の理性は受け継がれる」と奇麗事を言っているようだが、結果は
「なぜ人を殺してはいけないの」と子供が疑問に思う社会だ。
もしトルストイがキリスト教徒の立場からそれを言ったなら、ほめてやるけどな。

それからアナーキズムはただ単にアウトローを揶揄した言葉じゃないぞ?
ちゃんと理論体系を持った経済思想だ。




550 :考える名無しさん:05/03/18 04:12:55
どっちにしても、生きる意味に値できるのは「歴史」や「神」のような
自分よりも大切なものしかないということだな。
「俺はゲームのために生きている」とか言ってるやつは嘘つきだ。
ゲームのために死ねないくせに。ただ暇だからゲームで時間つぶしてる
だけのくせに。現代人に「生きる意味」を持ってるやつなんてほとんど
いない。

551 :考える名無しさん:05/03/18 05:03:00
人間は退化してるんじゃないかと思う!
いや、正しくはだんだん壊れてると言ったほうがいいか・・
知性は進化してるというか情報量は増してるけど
そのかわり、本来は生物としての約束、遺伝子に組込まれた
同じ種は互いに生存協力し、殺し合いまではすることはない
といった最低のルールさえ守れないものもいる
この部分だけを見れば共生ができた古代人に比べ劣っている
昆虫並、ていうか、昆虫以下。




552 :考える名無しさん:05/03/18 07:35:40
木星は太陽の周りをぐるぐる周り続けてる惑星なんだ
しかも太陽がなければ光ることもできない…

木星は太陽になり損なった惑星で
でもそれはそれで自分の運命をまっとうしている星なんだ  

木星は太陽になりたくなかったかもしれない
私は太陽じゃないと思うけど、それでいいって、
自分は駄目だってあきらめなくっていいって。

だから惑星なんかじゃなくて なんにでもなれるんだとおもいます。



553 :考える名無しさん:05/03/18 08:39:23
「リンゴ」の意味は実物のリンゴであり、言葉で
あらわされることではない。 
「人生」の意味は実際に生きた事柄そのものであり
言葉であらわされることではない。

554 :考える名無しさん:05/03/18 09:59:06
積極的に何かを求めて生きていくとして、一体何を求めて生きていけばいいんだろう。そんな考え方自体が浮付いた発想かも。世界には生きていくだけで精一杯の人達がたくさんいる。

555 :考える名無しさん:05/03/18 10:03:17
真?善?美?

556 :考える名無しさん:05/03/18 10:09:10
仕事することに慣れてしまって、余暇をどう使えばいいか分からない現代人。

どうして何かを求めなきゃいけないの?

ゲームでもして楽しんでればいいんじゃないの?

557 :考える名無しさん:05/03/18 10:50:12
人間以外の生物は「歴史」という概念を持たないので、
とりあえず種族を一代繋げばそれでOK!

ところが、人間はなまじ「歴史」を知ってしまっているので、
かえって、その中の自己の位置づけを考えてしまう。

ま、歴史だとか宇宙だとか、どれだけパースペクティブを広げたところで、
人間一人のスケールは変わらん。それは単に生物の一個体に過ぎない。

558 :考える名無しさん:05/03/18 11:49:58
人は何のために生きているのと聞かれたらボクならこう答える。その人自身にとってそこそこに納得した人生を送るために生きていると。それ以外に答えようがない。

559 :考える名無しさん:05/03/18 11:56:17
人がこの世に生を受けたときから生きること、生きようとすることは
生物の本能なのではないかな?
「何のために」という理由づけは、人の数だけたくさんあり、
これだ、という定義づけは困難かと思われる。

560 :考える名無しさん:05/03/18 12:45:41
>>558
キモい。ここは哲学板です。帰ってください。

561 :考える名無しさん:05/03/18 12:51:39
>>560

まあまあ、いいではないですか。

562 :考える名無しさん:05/03/18 14:27:13
そもそもこの問いかけは時間軸で言うとどうなるの?
まだ精子の段階で必死に泳いでるときに、ドコいくの?って聞けないし
例えば乳児に、なんのために生まれてきたにょ?ってのもアレだし
小学生の子に聞いても、ゲームに命賭けてもいいよ。とか言うし
疲れた中年のおじさんに聞くと、おもいっきり悲愴感が漂うし
老人にこの質問すると、それこそ勘違いして怒られそうだし、、、
かなり限定された時間軸でしか応えられないものなのかな
うわごめんなさい。





563 :考える名無しさん:05/03/18 14:35:13
特定の人の話じゃないと思うんだが。

564 :考える名無しさん:05/03/18 14:35:54
すべてを包み込む答はある

565 :考える名無しさん:05/03/18 14:36:16
>>552
中心部で核爆発起こせば、恒星化するかな?

566 :考える名無しさん:05/03/18 15:06:08
>>564
まんこがある

567 :考える名無しさん:05/03/18 15:39:54
>>564
だといいね。




でも、俺はそんな答えには従わないんだけどね。

568 :考える名無しさん:05/03/18 16:21:55
すべてを包み込む答えは、すべてを包み込む答えを包み込まない。

569 :考える名無しさん:05/03/18 16:51:50
>>562
そういやぁ、小学校のころに、先生に以下のようなことを言われた事を覚えている。
「おまえらは、みな価値のある黄金子なんだ。数億とある精子達に勝って生まれてきた。
 もし、お前らに、なんら価値がないというんであれば、お前らは存在しないはずだ。
 そのようなやつは生まれもしないし、まず、存在しない。勝ったからにはイ`」
実際には、こんな風には言ってなかったがw
その時、同級生が、お前には価値がないだの、なんだのでケンカしていた。

だが、本当に母親は俺を生みたくて生んだのか?それとも(ry
。。。『譲り合い』の話を聞いたことがある。

570 :考える名無しさん:05/03/18 16:54:42
>>569 卵子に向かう精子を観察すれば分かるが、「譲り合い」は起こっていない。

571 :考える名無しさん:05/03/18 16:57:39
>>570
。。。そうなんですか?
すいません無知で。

572 :考える名無しさん:05/03/18 17:26:05
>>571
「精子の例え話」は、先生がよく言う嘘の最たるものだ。
だが、嘘には良い嘘と悪い嘘がある。

この場合は良い嘘だ。そして良い嘘は、希望と呼ばれる。

>>571の小学校の先生は、>>571や同級生が、自分に価値を
感じて欲しいと、ただ純粋に願ったんだよ。
それだけは真実なのさ……。












                       な ん ち ゃ っ て

573 :考える名無しさん:05/03/18 17:27:28
IZUMOがついてただけだろ。
他の精子にはIZUMOがなかったんだよ。

574 :考える名無しさん:05/03/18 20:43:02
>>567
すべてを包み込む答には、おまえも従わざるえない。
すべてには、おまえも入ってるにょ♪

575 :考える名無しさん:05/03/19 05:31:58
>本当に母親は俺を生みたくて生んだのか?

もちろんそうでしょう
では、あなたはどうなの?
あなたが精子の段階で生き抜いたのはなんのため?

考えたんたげど、なんのために生きているのか?
これは考えちゃいけないんじゃないかなあ。。。
いや、もちろん生きる意味を知るのはいいんだけど
生命は生命を犠牲にして生きてるわけだし、
疑問に持ったらいけないというか、
ならもう生きるなよばか!というか、なんというか
なんかごめんなさい










576 :考える名無しさん:05/03/19 05:37:30
考えるのが哲学だから…

577 :考える名無しさん:05/03/19 05:42:47
考えるのが哲学なんだけど、そもそもの問いの立て方が悪い。
「人は何のために生きているの」という問いには、答えようがない。
「あなたは何のために生きているの」という問いなら、それぞれの答えがあるはず。


578 :トットコ ◆XRJbgbO01w :05/03/19 13:01:51
ところがその目的は一時的な幻想に過ぎないのではないだろうか、
また果たして人生自体に何の意味があるのか、
そういう疑問が題名には込められているのだ。


579 :考える名無しさん:05/03/19 13:54:04
>>1
ブタ。
感情を食べる宇宙人の餌になるべくして生まれたんです。

580 :考える名無しさん:05/03/19 15:06:20
おめーら、木星に落ちれや!

581 :考える名無しさん:05/03/19 15:36:33
人生に目的があるとか
神は存在するとか
幸福をさがすとか

全部あたまのわるさを示す標識だ

582 :考える名無しさん:05/03/19 15:45:45
その目的って、どの目的?

583 :考える名無しさん:05/03/19 17:53:29
>>577
「あなたは何のために生きているの」という問いに答えてみろよ。
「答えがあるはず」なんだろ?

584 :2%の男か女:05/03/19 17:58:44
>>578
君は今人生に意味があるのを知らない状態にあるのだ

 それを一般的に意味が無いというのは君の性格によるだけ

 今知らないのを「意味が無い」というのは良くある間違い、良くあるケースだ、それこそ一時的幻想の一種で無いとどうやって証明するか
そういうケースが増えるような状態に現代日本があることは確かだ 



585 :トットコ ◆XRJbgbO01w :05/03/19 20:07:41
人間が知覚する目的は、人生の内部にあり、人生自体の存在目的にはなりえない。
それはただ人生を続ける目的になるだけである。
人生の存在目的は人生自体の外部にあらねばならない。

∴世界の意義は世界の外部にあらねばならない。(ヴィトゲンシュタイン)



586 :考える名無しさん:05/03/19 20:20:34
未来は常に人生の外部ですが

587 :考える名無しさん:05/03/19 20:30:33
今更アライの強さを強調したからとて、何になるというのか。
所詮勇次郎には勝てないのは明白で、バキはその勇次郎と戦おうと
しているのに。
達人だの独歩だの(たぶん烈だのジャックだの)、歴史も読者の思い入れも
ある名キャラを踏み台にして、ポッと出でキャラも立たず特に何の魅力も
ないアライの強さを際立たせたところで、物語の展開上何の意味もなければ
必然性もない。それでバキと闘ったからといって、何がどうなるというのか。
マジで馬鹿としか思えない。板垣はボクシング関係者から「扱いを良くしろ」
と抗議でもされたのだろうか。

588 :考える名無しさん:05/03/19 20:32:25
私は人生が幻想だとは思わない。無意味だとは思わない。

589 :考える名無しさん:05/03/19 20:33:03
人は何のために生きているの?―未来のため
あなたは何のために生きているの?―未来があるから
なぜ人は死を恐れるの?―未来が失われるから
なぜ人は自殺するの?―未来がもう無いと考えたから

590 :考える名無しさん:05/03/19 21:07:08
未来も人生の一部。
未来に快楽があると思う場合は生き続け、なければ自殺。


591 :考える名無しさん:05/03/19 21:35:06
生きる目的がどうとか、そんなご大層な問題はとても自力で解決できないから、
誰かに委ねようとするんだろう。それが宗教とかを生みだすんじゃないか?

592 :考える名無しさん:05/03/19 21:37:48
それでもやはり個人でなければならない。勿論自力ではなく書物と人から何かを学んでゐくことは怠ることは出来ないが。他力本願というやつだね

593 :考える名無しさん:05/03/19 21:38:30
快楽がない状況でも生きる
それは「この先」快楽があるであろうと考えるから生きる
「この先」は未来。

594 :考える名無しさん:05/03/19 21:42:08
つまり、生きる目的はなにか、ではなく、
誰がわたしの生きる目的を決めてくれるのか、という問題にすり替えてしまう。
たとえば「神」だとか、わたしの生きかたを決めてくれる「主人」を探すことになる。

595 :考える名無しさん:05/03/19 21:44:14
それぞれの人生にそれぞれの意味付けがあればいい。ましてや幻想などと簡単に言い切っていいわけがない。

596 :考える名無しさん:05/03/19 21:49:24
私は引っ掛からない。

597 :考える名無しさん:05/03/19 21:56:11
絵を描くために生きている
絵を描くのが自分にとって人生の意味だと思う
しかし、絵が完成したからといって死ぬわけではない
なぜならまた「明日も」絵が描けるから
「明日」は未来。

598 :考える名無しさん:05/03/19 22:01:41
自分が自分であることを確認するために生きている
自分が自分と感じられなくなったときそれはその人間の死を意味する
人が生きるということはさまざまな問題に苦悩し
それを何とか適正な状態に持っていけるよう努力し、もがくものだ
自分が自分として愛すべきものを愛し守るべきものを守るそのために生きねばならない

599 :考える名無しさん:05/03/19 22:15:19
哲学について知らないので、ブライアン・マギー著『知の歴史』という本を買いました。
しかし、人間の哲学とは何と神を忘れているのでしょう。これでは哲学からは生きる
意味など回答は得られないでしょう。

600 :考える名無しさん:05/03/19 22:18:19
被造物同士が自分の知恵でいくら議論しても、造物主の意図を推し量らない
で、どうして生きる意味など分かるでしょう。

601 :考える名無しさん:05/03/19 22:25:30
神は誰に作られたのか疑問。


602 :考える名無しさん:05/03/19 22:25:33
 自分の知恵でいくらでも議論する、と、造物主の意図を推し量る
とどこが違うんだろう

 はたから見れば同じだとは宗教者はわからないけどね
 

603 :考える名無しさん:05/03/19 22:32:21
神は妄想。

604 :考える名無しさん:05/03/19 22:38:37
なお、今回初めてカントの本を読みました。と言っても、彼の代表的な
ものではなく、彼がスウェーデンボルグを論評した『形而上学の夢によって
解釈された視霊者の夢』(「霊界と哲学の対話」金森誠也編訳論創社)という
本です。
しかし、カントが霊的なものを全く理解していなかったというのがよく分かり
ました。おそらくカントは無神論だったのでしょう。

605 :考える名無しさん:05/03/19 22:41:34
なんのためにもいきてない。

606 :考える名無しさん:05/03/19 22:43:51
神に祈る
人の祈りは希望に繋がり、希望は未来に繋がる
神が未来ではなく、祈る心の中に未来がある
生きる意味は分からない、誰も知らない、なぜなら
未来を知る人はいないから。

607 :考える名無しさん:05/03/19 22:48:28
未来は既に決まっており、アカシックレコードにアクセスすることで未来の情報を知ることができる。
地球にたくさんのリモートヴューアーがいることもまた事実。


608 :考える名無しさん:05/03/19 23:10:12
神は在りて在るもの、つまり自存するものであり、誰かに造られたものではありません。

609 :考える名無しさん:05/03/19 23:16:36
同様に宇宙も、作られたものではなく自存するものだとしたら、神の存在は不必要では?


610 :考える名無しさん:05/03/19 23:38:59
>>609
当然だな。

611 :考える名無しさん:05/03/19 23:42:12
全宇宙は神の被造物です。存在は創造の連続です。

612 :考える名無しさん:05/03/19 23:51:05
宇宙が被造物なのかどうかはわからないと思います。


613 :考える名無しさん:05/03/19 23:54:55
この壮麗な宇宙を神が造らずして誰が造るでしょう。

614 :考える名無しさん:05/03/20 00:01:32
宇宙は自然に生起したのでは。
神=宇宙でもいいかな。これだと凡神論か。



615 :考える名無しさん:05/03/20 00:04:29
×凡
○汎神論



616 :考える名無しさん:05/03/20 01:07:09
>>613
設計者なしが一番妥当だな。精妙かつ無茶苦茶だもんな。

617 :考える名無しさん:05/03/20 02:40:55
>>608 神を作ったのは人間だよ。証拠は山ほどある。

618 :考える名無しさん:05/03/20 03:06:59
むずかしいことはぼくはわからないけどしにたくないからいきてるとおもうよ

619 :考える名無しさん:05/03/20 03:31:17
宇宙とは則ち時空「宇」空間と「宙」時間を合わせ持つ全体像
時間と空間は、それぞれを認識できる時間と空間(物質)が必要、
これらを同時に現すことができるものは変化、変化が宇宙を造り
その宇宙はまた延々と未来へ変化する。






620 : ◆CoromoYEWE :05/03/20 05:36:01
死ぬために生きてる。
つまんないね。悲しいしめんどくさい。
死ねるなら死にたいな

621 :考える名無しさん:05/03/20 05:45:13
もちつけ

622 :考える名無しさん:05/03/20 10:30:12
  落ち着け.ごく一部の人間が生きることに意味は無いと錯覚してるだけだよ
それが一般的真理であるかのように書きちらすバカが多少いるというだけ

623 :考える名無しさん:05/03/20 10:58:18
意味が無くても存在の否定にはならない。
むしろ存在に意味を求める事が無意味。

624 :トットコ ◆XRJbgbO01w :05/03/20 12:23:40
人生に中に快楽はあるが、少なくともそれ以外の意義を人間は見い出せないだろう。

べん図を書くとわかりやすいが、『存在』以外の領域は常に『無』の領域である。
この点において、人間存在は無意味(他への連関無し)なのである。
論理構造の必然性に起因して無意味である。

しかも存在者側に立っている限り、この無意味さは変化しない。



625 :考える名無しさん:05/03/20 12:26:25
>>624
すべて無意味で快楽のみ真理なら、これから100人レイプして殺していい?

626 :考える名無しさん:05/03/20 12:30:08
捕まってもいいならね。


627 :考える名無しさん:05/03/20 12:32:02
>>626
捕まる前にに首つればいいじゃん。
あ、そうか、捕まっても死刑で首吊りか。
一石二鳥だな。

628 :考える名無しさん:05/03/20 12:35:58
すべて機械的で無「意味」でも「理由」がある。
ダヴィンチの絵はただの化学物質を塗りたくったものでしかないが
「美」がある。正しく生きたい人は無意味な自発的な善意(魂)の
声を聞いている。

629 :考える名無しさん:05/03/20 12:36:24
レイプがそんなに楽しいとも思えないが。
自然界では日常茶飯事だが。


630 :考える名無しさん:05/03/20 12:39:21
本人にとって快≦不快となる場合は抑制されてレイプなどしないはず。
快+不快≦0⇒我慢

631 :考える名無しさん:05/03/20 12:41:00
>>629
レイプじゃなくて快楽殺人。薬使ってトリップしながら
とかだったら最高の快楽だと思う。俺は快楽に従えばいいのか?

632 :考える名無しさん:05/03/20 12:48:19
>>628
時代遅れなこと言ってんなよw


633 :考える名無しさん:05/03/20 12:49:22
>>623,624
 きみらは生きることの意味を今現在わかって無いだけだよ

 意味が無い??なーぜ??。自分がそう思ってるだけでないことを論証してみろ

 意味があるとわかってる人が間違いであることを証明できるか

634 :トットコ ◆XRJbgbO01w :05/03/20 12:55:35
◎これまでの流れ◎

a.存在自体の理由は、論理的必然性により、人間には知りえない。

b1.世界内部では芸術、神などの真美善という快楽を見い出せる。

b2.しかしそれは人間存在自体の理由ではない。言わば後天的理由である。

c.死にたくない(不快)から生きている。


635 :考える名無しさん:05/03/20 13:00:31
>>634
a,b1,b2、はわかるがcはよくわからん。もし人間が不老不死ならどうなんだ?

636 :考える名無しさん:05/03/20 13:02:39
知覚では存在以外は必ず無と認識される。
でなければそれは存在ではない。
存在の外部は必ず無と認識され、存在理由を存在外部に拡大できない。
∴存在者にとって存在自体は常に無意味である。これは、時間の問題などではなく、論理構造の問題である。


637 :考える名無しさん:05/03/20 13:06:13
>>630
心理強制説はすでに滅びたわけだが・・・。

638 :考える名無しさん:05/03/20 13:07:05
人は『愛』のために生きているのさ。



639 :トットコ ◆XRJbgbO01w :05/03/20 13:07:06
不老不死だと死ぬのが不快でなくなるという事ですか?
死の恐怖がなくなると、退屈かも。。


640 :考える名無しさん:05/03/20 13:07:22
>>636
カオス理論のようなものも無に入るのか?
有/無、存在/非存在という二項図式も人間の概念にすぎない。
有でも無でもないもの、存在でも非存在でもないもの、それを
「超越」(カオス)と呼び、本来はそこに神や聖を規定してきたはず。


641 :考える名無しさん:05/03/20 13:14:49
>>637
フォイエルバッハ(父)か。
新派理論(遺伝理論・環境理論)の台頭と産業革命後の累犯・常習犯の増加によって否定されたんだっけ?
今、刑法学者で心理強制説採る人っているの?

642 :考える名無しさん:05/03/20 13:18:26
有無の図式は認識の限界であり、それはどんな理論が生まれても変わらない。
知覚や認識は常に論理構造に束縛され続けてしまう。
神の存在を存在非存在以外のところに規定しようとするのは無理があると思う。
人間は、神などの概念を曖昧にして神聖的、自己超越的に仕立て上げようとしたのだろうが、やはり存在者として規定しているはず。
例:「神の存在証明」など。


643 :考える名無しさん:05/03/20 16:30:27
 >>634

>a.存在自体の理由は、論理的必然性により、人間には知りえない

  絵に描いたような、空的形而上学だよ,しかもいいかげんな論理的必然性とやらだ
存在してない存在外なら知りえるとでも言いたいのか、なんだそりゃ

実際の生きる意味とは何の関係も無い空論だ

644 :考える名無しさん:05/03/20 16:46:36
>>643
日本語で書いて!

645 :考える名無しさん:05/03/20 16:53:36
関係ありまくりだろ。
形而下の限界だよ。


646 :考える名無しさん:05/03/20 16:57:17
生きる意味があると言っている人たちはb1に焦点を合わせている。

647 :637:05/03/20 17:01:14
>>641
まさか刑法レスにまともなレスがつくとは・・・。ちょっと長文レス。これで終わりね。

心理強制説とは近代刑法学の父で古典学派(旧派)の代表でもあるフォイエルバッハの理論だが、
人間は快を求めるので、「犯罪による快<刑罰による不快」ならば人間は犯罪を行わない」というもの。
刑罰理論としては「犯罪で得られる快より少し多めの不快を与える刑罰を用意すべし」というものだった。
発表当時から(哲学や世間一般では哲学者とされるが刑法学では刑法学者とされる)ヘーゲルなどによって批判された。
ヘーゲルによれば「心理強制説は、犬に向かって杖を振り上げるようなもの」。
この後、ヘーゲル刑法理論がベルナーやケストリンなどによってドイツ刑法学の通説となり、心理強制説は応報刑論者からの批判にさらされる。

さらに、イタリアのロンブローゾ、フェリー、ドイツのリストなどによって発展を遂げた近代学派(新派)刑法理論は、
「人間は犯罪を自由に選択していない。よって快・不快の理論は無意味である。なぜなら、人間に自由意思などなく、
遺伝や生育環境、犯行時の状況などによって犯罪が犯されることが決まるからである」と主張した。
この背景には、いくら刑罰を与えても再犯を繰り返す犯罪者の増加という社会問題があった。
彼らは、「刑罰の目的は自由な犯罪意思・行為への応報ではない。環境の改善による再犯の防止である」という教育刑論を主張する。
彼らからも心理強制説は批判された。

現在では、「人間は遺伝や環境により一定程度決定されながらも、いくつかの選択肢を有しており、その範囲で自由である」という理論を基礎に、相対的応報刑論が通説となっている。
その意味に於いて、心理強制説は、遺伝や環境によって決定されている犯罪者には何の役にも立たないことになる。
また、「快・不快の計算を犯罪行為時に冷静に行うことができる犯罪者は極めて稀で、大抵の犯罪者は自分が刑罰を科せられることを意識していない」とされる。
したがって、現在「快・不快の計算を基礎とする心理強制説」は、まったく支持されていない。





648 :考える名無しさん:05/03/20 17:01:39
a…存在自体の理由が存在しても、その答えもまた存在自体であり、自身がなぜ存在するのかを説明できない。


649 :考える名無しさん:05/03/20 17:04:37
自分で道を見つけたなら
リスクを負ってその道を行きなさい。
道が見つからなければ社会に流されるがままに
資本家に隷属しなさい。
凡人は労働力をただ生産するのみ。

650 :考える名無しさん:05/03/20 17:07:15
快>不快となっているから犯罪を犯します。
刑法が大きな不快になるとは限らないという事か。


651 :考える名無しさん:05/03/20 17:14:43
生きる目的はア・プリオリに与えられるものなのか、
それとも人間自身が目的をでっち上げるものなのか。

652 :考える名無しさん:05/03/20 17:20:59
>>648
pを「存在という現象自体の理由」であるとする。
pが存在するとすれば、pは自身の存在の理由をも説明できねばならない。
つまりpは自身が存在する以前にp自身を作らねばならない。

しかしそのような事は不可能。

∴存在という現象自体を説明できるような答えは存在しない。



653 :考える名無しさん:05/03/20 17:24:59
少なくとも人間には認識できないだろうな。

654 :考える名無しさん:05/03/20 17:34:59
存在自体は存在しない。
これなら何の問題も存在しない。

655 :考える名無しさん:05/03/20 17:38:44

    糸冬 了


656 :考える名無しさん:05/03/20 17:43:12
と考えるヴォケだけが存在すると。

657 :考える名無しさん:05/03/20 17:46:33
ただあるがままに存在する。


658 :考える名無しさん:05/03/20 17:52:38
てな具合に悟り澄ました爺さんでも、
魚の形を見れば思い出す。

659 :考える名無しさん:05/03/20 18:03:56
>>646
いくらなんでもそれは小学生的発想だよ

660 :考える名無しさん:05/03/20 18:09:31
>知覚では存在以外は必ず無と認識される。

なぜ?

661 :考える名無しさん:05/03/20 18:33:10
660訂正

>∴存在者にとって存在自体は常に無意味である。これは、時間の問題などではなく、論理構造の問題である。

なぜ?

662 :考える名無しさん:05/03/20 18:52:47
後天的理由はすべて無意味?

663 :考える名無しさん:05/03/20 19:24:12
>>658
魚って?

>>659
ほかに具体的には何があるの?

>>661
「存在する」の余事象は「存在しない」になるから。この関係はいつまでたっても変化したりしない。

後天的理由は快楽を提供するだけ。

人生には意味があるはず、いや無いと困る…そう思ってる人がたくさんいるのかな。

語りえぬものについては、沈黙せねばならない。
(ヴィトゲンシュタイン)

664 :考える名無しさん:05/03/20 19:29:09
「意味」ってのは「人間による説明」にすぎないわけだ。
俺は、「人間による説明」をいくらひねくり回しても無意味だと思う。

「人間による説明」を求めてる人がいるなら、それはそれでいいだろう。
でも、そうすると「自分が納得できる説明」が意味となり、本質とは何ら関係ない基準によって意味が定まってしまい、
きわめて恣意的な結論になる。

ちなみに、ここでいう無意味とは「sinnlos(無意味)」ということであって、「unsinnig(ナンセンス)」ではない。







665 :考える名無しさん:05/03/20 19:30:36
存在者は快楽をいつまでもちゅうちゅう吸い続けて一体どうするっていうんだろうね。
これしかやることないのかな…

666 :考える名無しさん:05/03/20 19:39:52
  人間は誰も説明できない考えることも出来ない「本質」から来る意味で無いと恣意的というのか

 空論とはよく言ったものだ

 

667 :考える名無しさん:05/03/20 19:42:21
  要するに俺はわからないというのを理屈つけて回りくどく言ってるだけの奴らがおるわけだな

668 :考える名無しさん:05/03/20 19:44:19
何故無意味なのか、その思考プロセスを考える事は可能。

669 :考える名無しさん:05/03/20 19:53:23
どう転んでも存在は単なるオナニーである。

670 :考える名無しさん:05/03/20 19:57:17
存在の本質とは?

671 :考える名無しさん:05/03/20 20:22:34
>>669
 存在は「成功」でないのか

672 :考える名無しさん:05/03/20 20:36:28
人間が神を作ったと言うと噛みつく香具師がいるが、なにも、「神が人間を作った」ように作った訳ではない。
人間のあらゆる能力を敷衍超越させた極限としての妄想。
人間のあらゆる能力の外縁を拡張し、制御不能な自然現象の権能者としての妄想。
スーパーボスの幻想。

別に、被造物的に貶めるものではないが、幻想妄想擬制であることは脳内。

故に、存在に造物の意図が宿ろうはずもなく、意味を与えることは逆流。

673 :考える名無しさん:05/03/20 20:39:34
>>672
GJ!!

674 :考える名無しさん:05/03/20 21:01:27
  「存在」してしばらくして神を知ったときから意味を知るはずだというのを
宗教者は時間的に混乱して思ってるだけだよ、そのくらいはいいかげん

 かんがえようによってはそんなにひどい妄想でないかも

675 :考える名無しさん:05/03/20 21:47:00
モー スコシ オヨガシ トクカ…

676 :考える名無しさん:05/03/20 21:58:00
人は無意味に耐えねばならないのだ。


677 :考える名無しさん:05/03/20 22:33:52
  人によっては無意味に耐えねばならないのだ

678 :ROKI:05/03/20 22:39:12
はじめまして。
何で自分を定義しているかによりますね。

ちなみに、わたしは他人の思い出に自分がいるということですね。

679 :考える名無しさん:05/03/20 22:40:41
>>669
存在は自力でその存在になったのではないから、むしろ
存在はレイプ(される側)かも

680 :考える名無しさん:05/03/20 23:07:40
他人の記憶の中に自分が生きた証を残す…それがあなたの生きる理由ですか。


681 :考える名無しさん:05/03/20 23:12:15
タシャノ ヒョーカニ イゾン シタ ジンセーw

682 :考える名無しさん:05/03/20 23:13:10
  人間の生きる目的は多くは(風変わりもいるだろうが)ぴたっとした言葉とちょっと違うが連帯だろうね、他人の記憶のなかに。。。。。

683 :考える名無しさん:05/03/20 23:15:28
  人は自分だけでは生きる目的を見出せない

 意外に本当だ、快楽主義者は別だが

684 :考える名無しさん:05/03/20 23:16:57
雑談板でやりゃいいのに、
こういう糞スレもどうにかしてくれ。

685 :考える名無しさん:05/03/20 23:24:58
他人に頼ろうとする前にまず自分で何とかしようと試みよう

686 :考える名無しさん:05/03/20 23:41:28
生きる目的はない。だからこそ、人や動物,植物などと共通点を
求めるのだ。
誰かに似ていると言われると嬉しいだろう。ちなみに俺は、キムタクに
間違われる。

687 :考える名無しさん:05/03/20 23:45:16
例えば宇宙人が居たら、人類との共通点を見つけようとするだろう。
そんなところだな。

688 :考える名無しさん:05/03/21 00:09:24
>>686
キムタクと君の共通点を厨房の僕にもわかるように、簡潔に説明したまえ


689 :考える名無しさん:05/03/21 00:16:11
「神の存在」という問題は、それを個人的に信じられるかどうかという問題
であって、それを証明できるかどうかという問題ではありません。あなたは
神の存在を信じられますか?と問われているのであり、それに対して神の存在
は証明できませんというのは回答ではなく、単なる個人的な回答の忌避です。
神の存在を信じられる人間にとって、そのような回答は、その人間が単なる
愚物であることを物語っているに過ぎないのです。

それは譬えて言えば、「あなたは自転車という二輪車に乗れますか」と聞かれ
ているのに対して、二輪車は足を着いて三点で支えなければ人間にとって乗る
ことなど不可能ですと回答しているようなものです。
自転車に乗れる人間からすると、何を馬鹿なことを言っているのか、乗ってみ
れば分かるのに、と思うのです。まして人間は訓練さえすれば一輪車にすら乗
れるのです!一点で支えることは絶対に不可能であり、それは論理的に証明で
きますなどとと言う者は愚物でしかないのです。

690 :考える名無しさん:05/03/21 00:23:04
「自転車」は乗るものであって、乗れるかどうか証明するものではなく、
同様に「神の存在」とは個人的に信じられるかどうかにすべては懸かっ
いる問題であって、証明できるかどうかなど、どうでもよいことなのです。

691 :考える名無しさん:05/03/21 00:23:28
神を信じるのも人間と神の共通点を探るためだ。
自殺するのも死と生の共通点を探るためだ。

692 :考える名無しさん:05/03/21 00:28:24
>>688

目が二つある。そして鼻の穴も二つ。おそらく、口はひとつだろう。

693 :考える名無しさん:05/03/21 00:32:42
愚物なら愚物でも罪はありませんが、意図的に問題をすり替えて無知な
人間をあざむくなら罪深いでしょう。なぜなら、単純な人間が神を求める
ことを妨げるからです。ましてそれによって自分が高尚であるかのように
ふるまって賞賛を求めるならかなり悪質と言えます。
そういう者をエヴァをたぶらかした「知識の木の蛇」と言います。

694 :考える名無しさん:05/03/21 00:53:16
現今の哲学はかように空疎だとは知りませんでした。
それは蛇の目に射すくめらて、飛ぶことが出来なくなった小鳥のようです。
知識の木の蛇は「神の存在証明」という呪いを掛けて、哲学を呪縛してしま
いました。

695 :考える名無しさん:05/03/21 00:55:36
人間が自転車に乗れる事は科学的に証明できるが、神の存在は証明できない。
だから信じる気が湧かないという人も多いと思う。
ちなみに神を信じるきっかけになったのはどういう事ですか?
生まれた時には既に親が信仰?


696 :考える名無しさん:05/03/21 01:01:06
哲学は、役に立つものはとにかく信じてしまえ、というわけにはいかないのです。
有用性に対してストイックな傾向がありますから。


697 :考える名無しさん:05/03/21 01:01:26
「神を信じなさい」ていう奴て,自分を神と思ってるみたいで
感じ悪いね。

698 :考える名無しさん:05/03/21 01:14:35
神は物事を諦めるために必要だから作られたんだと思う



と哲学を何も知らない俺が知ったか発言をしてみる

699 :考える名無しさん:05/03/21 01:18:23
自分は正しいと思ってしたことが、実は自分の自己愛、権力欲、傲慢、から
来たものだったということを自覚し、何と自分は悪いのかと良心が非常に咎め
たのがきっかけです。救いを求めていると、ついにイエス・キリストに至り
ました。以前は全くの無神論でした。

700 :考える名無しさん:05/03/21 01:19:22
(・∀・)イイヨイイヨー
何気ない一言から哲学は始まるのさ。
それはニーチェ的な発言だね。


701 :考える名無しさん:05/03/21 01:23:11
700は>>698

702 :考える名無しさん:05/03/21 01:24:06
神は自分の言動を正当化するために作られたんだと思う


と、24歳無職童貞のおれが言ってみた。

703 :考える名無しさん:05/03/21 01:35:51
自分は崇教真光(知ってますか?)に勧誘された事があります。
やはり必要性にかられないと、自分から神を本格的に信じようという気は中々起こりにくいようですなあ。


704 :考える名無しさん:05/03/21 01:47:34
Z武は人間だ
しかし、自転車には乗れない

帰納法破れたり

705 :考える名無しさん:05/03/21 01:50:38
しかし、彼は自動車の運転はできるぞ。

706 :考える名無しさん:05/03/21 01:53:32
親の代からでもなければ、それなりに悩みか何かあって宗教始めるんだろうが、ふと気づいて
やめてみると、実は悩みの原因の半分は宗教のせいだったりする。

707 :考える名無しさん:05/03/21 01:56:48
>>704
Ζ武よう自転車って、デザインできないかなあ?

708 :考える名無しさん:05/03/21 02:22:15
マタ カミニ ニゲル キ?、オマイラ アタマ ワルスギ (ノ_ _)ノ 

709 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 09:55:52
こんにちは。
1-708さんまで、ずっと見させて頂きました。
何処か勉強になったような気になります。
皆さんの文章を見ながら考えていたのは、
「人が生きる意味」だったのですが、
タイトルを見ると、「人は(何のために)生きているの」でしたので、
私の意見も簡単に述べさせて貰います。

人は自分以外の生命が生きる為に、生きていると感じています。
人以外にも当てはまるような気もします。
自分が生き残る為、とは違うと感じます。

710 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 10:27:49
自分は無神論だと言うのは正直です。しかしもっと正確に言うなら、自分は神を
認識できないと告白すべきです。それは単にその人の認識力の未熟さを語って
いるに過ぎないのです。それによって神の存在が左右されることはありません。

しかしながら、意図的に問題をすり替えて、神の存在は証明できないと言うのは
その人間の狡猾、欺瞞、高慢、愚鈍を物語っています。

711 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 10:35:30
また、宗教や神が人間の想像の産物という意見はその人の霊的未熟さ、無知
を物語っています。似非宗教があり、似非教祖がいるからといって真の神を
否定するのは論理の飛躍です。

712 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 10:42:49
哲学を標榜しながら、不正直、不誠実、初歩的な論理の飛躍さえ横行しています。
哲学が誤謬と欺瞞以外の何を生み出したのか?哲学も悔改めるときが来ているので
しょう。

713 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 10:50:05
神を離れた哲学が神に立ち返るなら、放蕩息子の譬えのように神は喜んで
迎えてくれるでしょう。
しかし一方長子である宗教も神を否定するなら放逐されるでしょう。


714 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 10:53:39
現に宗教も神を否定することによって、エデンの園から放逐されました。
「エデンの園」とは神から与えられた「認識(認識力)」を意味しています。

715 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 11:19:32
↑エデンの園にあった「リンゴの樹の実」が認識力を与える。


716 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 12:02:37
  でサー、神は人間に何のために生きよといってるのかな

 宗教信者は絶対言わないよ、答えないよ、なぜだろう

717 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 12:24:49
神の信仰が一番の論理の飛躍ですよ。


718 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 12:27:56
だいたい神は何しにやってきたんだよ…。
変な世界作ってオナニーして終わりかよ。


719 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 12:28:36
率直に言うと、神が存在してもしなくてもあまり変わらないように
思われるが。

720 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 12:40:17
神がいてもいなくても世界には関係ない。

721 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 12:47:43
>>716
神は人間が設計し作り出したもの。
ドラエモンといっしょw
イエスキリストから麻原彰晃に至るまで、
大勢の者がこの神の創造にチャレンジして来た。

その神を人が信仰するということは、すなわち
その設計者たる人間の思想や人となりを信じる
行為にほかならない。
洗礼、帰依などは単なる手続きw

従い、神に何かを問うことはその設計者に問う
ことを意味し、設計者が把握、創造しておらぬ問い
には、その設計者も信者も答えられないという
ことになる。自然な話だ。

わかったら、履歴書もってて面接に行って来い。

722 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:20:40
>神は人間が設計し作り出したもの。

気づけよ。人間は設計されていない。無茶苦茶の果てに辿り着いたスパゲティ・プログラムの極致だよ。

723 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:26:17
私は自分の変える場所を探す為に生きてます。

724 :723:2005/03/21(月) 13:26:49
×変える
○帰る

725 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:27:27
>>722
気づけよ。設計されてるのは人間じゃなくて神の方だと言ってるんだぞ。

726 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:29:38
>>725
ごめん。

727 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:32:44
神が盲人の目を開いてくださいますように。

728 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:36:38
もちつけ。
にしても凄いごった煮なスレになってきたな。
なんでこんなスレにわざわざ宗教家が来るのですか?ひたすら叩かれますよ?

729 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:42:45
神がいたとしても、僕は自分を作った神が嫌いなんだよ。
よくもこんなことを…って思う。

730 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 13:45:35
猿が進化したから

731 :ROKI:2005/03/21(月) 14:20:51
議題と神についての話って違いますよね? 議題に戻した方がいいのでは

732 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 14:34:04
>>728
「人々を恐れてはならない。覆われているもので現されないものはなく、
 隠されているもので知られずに済むものはないからである。」
 マタイ10・26

733 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 14:37:47
人を造られた神の意図を無視して何のために生きているのかを人間が考える
ことは意味がないと思うからです。無神論では何の結論も導き出せないでしょう。


734 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 14:41:47
意味はあると思うけどな…。
神なんていないよ。
神に全部責任を押しつけてるのは見苦しい。

735 :テオリア ◆l71utD2.PE :2005/03/21(月) 14:45:14
僕にはニヒリズムがあるよ。
僕の中で神はもう、死んだんだ。


736 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 14:48:06
>>733
仮に神を置いても、結論(が無いこと)に蓋をするだけのようにしか見えませんね。
意味や意図は、人間が思考の効率化として代入書式のように作ったもので、それを自然や宇宙や存在に対して
ただ拡張しても、それこそ無意味です。

737 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 14:59:11
神は一時的な慰めにしかならない。
また神ほど傲慢な奴もいないと思う。


738 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 15:05:57
神はいないと思いますが
何かあったときは祈ります
それが神ですか

739 : >>721 :2005/03/21(月) 15:09:41

「自分」が何のために生きてるかの問いに答えられないうちは、全人
類への答など出せるわけがない。だって人類の答の中には自分の
答も「必ず含まれてる」はず。自分抜きの全人類など無いんだからw

そうすると、自分の答を出してみることが全人類の答を導き出す
第一歩と考えてよさそうだ。
だいいち、本を読んでもヒトを観察しても、結局きみは

    「他人のことは よくわからない」

のと違う? お願いだから「ウン」と言ってw !! 

ところで人生は目の前の出来事、一日一日の積み重ねだよね。
いっぺんに物事が起こるなんてことはない。仮にあったとしても人間は
どうせ一つずつしか対応できない。また人の一生を時間で切ってみる
と、今という刹那やそれを束ねた数時間、あるいは1日を足し合わせ
たもの…それが人生ってことになる。これは事実、真実だ。

じゃ今後はどうかというと、将来といっても、いっぺんに時間や出来事
が訪れるわけじゃない。来年や10年後、また将来や死に際が今日、
明日を飛び越してやって来ることなんか無いぐらい誰でも知ってる。
それに今日も立派な将来だし人生だ。

そこで相談だが、我が人生の目的をさぐる切り口を現実的な毎日の
出来事の中に求めてみるというのは不合理な考え方だろうか?
ヒョッとしたら、きわめて合理的なアプローチかもしれないんだが…。

740 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 15:10:20
困った時に都合良く脳が作り出す幻想が、神の正体。

741 : つづき :2005/03/21(月) 15:11:23

だって人の一生は目の前の出来事で構成されてるわけだし、目の前
の出来事の中には懸案の「何のために生きているの?」のエッセンス
が何らかの形で…少なくとも今日一日分ぐらいは「含まれていないと
おかしい」と捉えるのが自然だろ?

もっと言うと、目の前の出来事や行為は自己のための「ある動機」に
基づいているわけだが、その動機の最終的に目指すもの…あらゆる
動機を束ね、そこに共通したエッセンスを抽出した結果…それこそが、
「人は何のために生きているの?」の答、いわゆる人生の目的と呼ぶ
にふさわしいものである、または可能性が高いと考えてみることに…w
人生の目的って、そう大上段に振りかぶらなくてもよさそうかもw

というわけで自己の生きる目的を「自己の日々の行為の考察を通じ、
探りあてる方法」をきみらに提案する。つまり、きみの日々の行為に
含まれてる「何のために」の動機をさぐり、どの行為にも共通して見ら
れる「目的らしきもの」を浮かび上がらせてみるってわけw

案外、利口なアプローチかもよ。つ〜か俺はこの方法で自分の人生の
確かな目的をつかんだ。(←たった1例ではあるが臨床例だ)
ここまでで反論が無ければ次に具体的考察に入ってみたいが、どうよ?


742 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 15:24:31
(゜д゜)ポカーン

743 : >>721 :2005/03/21(月) 15:29:20
>>742
なぜ、「(゜д゜)ポカーン 」のレスを送るという「行為」したか?
答えてみよ、そこに「きみの人生が何か?」の答の一部があるw

744 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 18:10:37
人は人に尽くすためにいます、さあ祈りましょう

745 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 18:31:36
困ったときの神頼み、程度でいいのだよ。真理は無神だが、所詮人間はパーフェクトではないのだから、
何かにすがりたいとき、擬制としての神を想定して、安定剤とする事までは否定はしない。
しかし、神が優位に立って、あがめる存在となれば、それは心理的麻薬だ。

746 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 18:32:54
>>744
人(他人)は人(朕)に尽くすためにいます、さあ祈りましょう


747 :炎の料理人:2005/03/21(月) 18:39:04
人は生きるために喰うのではない!
喰うために生きるのだあぁぁッ!!!

748 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 18:40:34
>>744-746
神がきみに何をしたか、これから何をするか、答えてみよ。
ひとつでいいよw

749 :横浜最速の男:2005/03/21(月) 18:47:09
観覧車は今夜も廻り続ける

廻るのを止めちまったらOUTさ

意味を考えちまう

廻り続ける意味、走り続ける意味、
生き続ける意味をな・・・

そうさ・・・
廻り続けることがひとつの答えなんだ

750 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 18:52:49
こいつ、ハムスター?

751 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 18:54:02
人生とは・・・有限のなかに・・・無限を・・・見出すこと・・・だ!

752 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:07:00
>>748
真理は無神と言ってますが何か?

753 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:14:14
人生は、数多くある選択肢をその都度理性と感性で選択する継続的営為である

754 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:17:47
>>753
理性を最高度に用いても、越えられれない壁はある。

755 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:21:37
>>754
だからこそ、神への信仰がある。

756 :風味 豊:2005/03/21(月) 20:24:29
>>1
俺は自分の存在意義について考えると、いつも「何故、宇宙は生まれたのか」という問いに行き着くよ。
無から有に転じたとすれば、そこには何か…。

757 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:26:44
>>755
ところが、理性の教えるところでは、原理的不確定性は神も越えられない。

758 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:28:39
>>756
それを偶然と言う。

なんだけど、「さーやの法則」3回目揺れた。恐いね、ここまで続くと。

759 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:51:02
神が存在しないと思うのは、皆さんの認識力、理解力が低いというだけです。

「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は幸いである。」
 ヨハネ20・29


760 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:54:46
感覚しか信じられない人を「蛇」と言います。なぜなら蛇は五感の内で
最も原始的な触感を意味し、身体で地を這うからです。

761 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:55:19
>>759
無駄だ。

762 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:56:50
蛇には頭を廻らして、天を仰ぎ、神に思いを馳せることはできません。

763 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:00:29
誰か、量子力学を感覚で理解している香具師がいたら教えてくれw

764 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:01:30
そして感覚しか信じるな、神などいない、私を信じなさいと囁く蛇は人間
にとって毒蛇です。

765 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:02:22
「全ての行動原理はSEXをするためだ」って言っていた哲学者って誰でしたっけ?

766 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:04:33
>>764
感覚のような限界が明らかなものを信じて何をやろうっての?

767 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:06:06
神や聖書にすがって無神論者を罵るのはやめて欲しい。
無神論者は神が虚構である事をはっきりと理解している。

対象が虚構なのかどうか見定める必要がある。


768 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:12:32
神、神言ってる香具師って釣りじゃね?

769 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:15:16
>>763
人間の感覚器の分解能が粗いために、ものごとが連続的に映ると自分に言い聞かせ
意識的にものごとを不連続であると捉え
不連続の分解能を上げていけば、不連続と連続の境目がわからなくなる。
と、過程を逆に辿れば、量子力学へ至る新たな道のりが拓ける。

770 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:15:52
キリスト教の皮を被った新興宗教の勧誘なんじゃない?

771 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:18:55
プリーズ カミんぐ アウト!

772 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:21:06
>>769
前期量子論とか初等量子力学じゃないよ。
「ヒルベルト空間と量子力学」か「量子力学の数学的基礎」あたりでヨロ。

773 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:28:30
ココデスカ、「カミハ ナンノ タメニ イキテルノ」 ノ スレ?

774 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:35:38

   ソ ウ デ ス

775 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:38:36
>>772
それは無理だろうな。
数学的な演算子を物理量に対応させているものを、感覚的にわかろうなど無茶な要求だ。
数学が感覚で理解できる人間ならわかるかもしれんが。

776 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:39:03
こら、神! トッとと白状しろっ !! 

777 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:45:43
>>775
しかし、量子力学の真髄はそちらの方にある。

そしてそこに神はいない。
私の無神論はまったく感覚に拠っていない。>>764

778 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:58:25
私はスウェーデンボルグによってイエス・キリストを唯一の神と信ずる者です。

779 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:01:55
>>778
出たな皮っかむり新興(またはMY)宗教

780 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:07:31
生きる意味が2ちゃんとは思いたくない件について

781 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:10:21
>>780
それは、よ〜くわかるよ。

782 :2%の男または女:2005/03/21(月) 22:10:24
  直接考えるより、限りなく尊い神に聞くという、思考方法で考えるほうがが考えやすいかもしれないというのはわかるよ
これは宗教信者はなにいってるのかぽかーんとしてるだろうな

 宗教信者さん、上の2行はいいから、神は「人は何のために生きよ」といってるか書いてみてくれ

783 :逝ってヨシな人:2005/03/21(月) 22:17:41
人は意味を探すために生きているのです

784 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:25:09
神は御自分の幸福を分け与えたいと思って人間を創られたのです。
人間はこの世の試練を経て天界で永遠に生きます。悪を好むなら
地獄へ自ら行きます。何のためというより、生は幸福であり、それを
与えてくださった神に感謝して生きるに足るものです。

785 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:26:19
>>784
こらこら。
そんな思想キリスト教にはないぞ。
非常に珍しいカトリック系異端派か?

786 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:44:11
あらら、小さなヨハネさん、此処にいたのか。コテ名を出した方がよろしいかと思いますが。

787 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:44:32
香ばしい人間が一匹混じってますねw

788 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 22:59:39
すみません。まだおりました。

789 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 23:05:06
三浦さんはどうされておるのであろうな?

790 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 23:15:06
お前の人生は俺のため
俺の人生も俺のため

791 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 23:28:22
人生、長くなると余計な事を考えるようになる。
若いうちから考えている奴は、精神が病んでる。

792 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 00:56:12
漏れは14の頃から毎日考え続けてこの有り様だ。


793 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 00:56:52
かわいそう

794 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 01:17:00

気が付いたら理由もわからずここにいた。

そうだろ?みんな。
まるでsaw、CUBEだ。

謎はいずれ解ける。
いいか、俺らで解くんだ。



795 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 01:18:42
俺は14才くらいから理論物理学に転向した。

796 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 01:32:55
哲板は変人多そう。

797 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 02:32:04
>>1
「なぜ」と問いても答えは人それぞれだと思うよ
根本的な答えをしりたけりゃ「どのようにして」と問うといいよ

798 :もやし朗:2005/03/22(火) 05:47:57
ひさぶ。長い間考えたが地球が人間を作ったんだ。隕石で落ちてきた物質もあ
るけどそれをひっくるめて地球ってものがある。地球が人間を作った。それに
意味があるのか?いや、俺らの「意味」って言葉自体、損や得を前提として考
えてきたものだろう?俺たちは言葉を使い理由というものを考えるがこの考え
ること事態、人一人一人違う。だから「人は何のために生きてるの」っていう
問題は個人で決まるのではないか?そして人は地球で生きてる。いや、宇宙で
生きてるともいえる。生きている理由?それは言葉で理解するもの?感じてわ
かるもの?否、理由などないのだ。問題なのは自分がなにをするかなのか・・
・かな?

799 :709:2005/03/22(火) 06:51:32
人が生きる意味とは、何処の視点でしょうか。
人が生きている理由が無いとは、何処の視点でしょうか。
人も動物も、土や水、空間すらも強引に無い物と思い、
自分の視点からすれば無意味とも感じ取れるでしょう。
それは、自分の存在すらも否定してしまいます。
無意味という以前にこの世界すら存在しないと言う、おかしな表現です。
現に空間はありますし、水もあります、微生物もいます、御隣さんもいます。
空間から見た私の肉体は、繋がっているだけで無意味と感じてしまうかもしれません。
けれど、視点は一つでしょうか。
存在する物、全てから見た私はどう思われているのでしょう。
人からは友達かもしません、微生物からは餌かもしれません。
土からは触れている物質、かもしれません。
私から考えた事柄は全て憶測になります。
意味を知る為に、
存在する物全てから「言葉」として知り得たいのなら、
聞いて周るしかありません。
簡単に言うと分からない。
と言う事になりますが、
人の生きる意味に縛られず、私が存在する意味は全てに含まれると感じています。
人に限定されると言う事は、道徳を求めているように聞こえてなりません。

聞いて周った私に対する、それら全ての視点一つ一つの意見が、
人が生きる意味、存在する理由なのではないでしょうか。
全ての意見を見ようとすると、膨大過ぎて曖昧に感じてしまいますが、
全てが答えであると思うのです。

空間と物質の違いは、学が無いので説明出来ません。
済みません。
強引な考えかもしれないですね。
失礼致しました。

800 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 10:16:55
人の理性は長期的で高度な損得勘定、自己防衛に過ぎない
その基本は昆虫にだってある。

801 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 10:33:41
ああ あはれ松虫 株の下

802 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 10:34:10
死ぬ為に生きている。

803 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 10:54:06
>>802
死ぬ(時にあぁ生まれてきて幸せだったなぁ、これが生きるという意味か。と思う)為に生きている。

804 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 11:36:57
勉強をするために生きるのではない
生きるために勉強をするのだ

糞をするために生きるのではない
生きるために糞をするのだ

手段のために目的があるのではない
目的のために手段があるのだ

生きるために未来があるのではなく
未来があるから生きるのだ

805 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 11:48:40
生きる為に死がある?
死ぬ為に生きる?
死が無ければ生きている事自体気付かない?
光が無ければ影は気付かない?
影がなければ光は築かない?

806 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 11:52:27
はっきり言うと、今現在生きている人よりも死んでいる人の方が
はるかに多い。
だから「人は何のために生きているの」とばかり問うのではなく、
たまには「人は何のために死んでいるの」と問うてみてはどうか。

807 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 11:53:37










     「未来とは今日のことだ」











808 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 11:55:13
>>805

こういう「?」の使い方を2ちゃんねるで
よく見るけど、何を表現したいのかな。

809 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 12:06:12

    「未来とは今日のことだ」
未来 未来現在過去過去過去 過去 過去  過去   過去   。   。    。


810 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 12:24:10
>>808
聞きたいんじゃない?

811 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 14:07:58
>>800
同感。

812 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/03/22(火) 14:15:56
どうせ死んでしまう…。

813 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 14:26:26
神てすと
スレ汚しごめんなさい。

814 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:17:34
>>1
死ぬため

815 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:20:15
死を経験することはできないけどな。

816 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:26:34
  愛のため生きる、ただし彼女が素敵だとか言う愛はほんの一部

817 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:26:41
気を失うんだろう。眠りに似てるな。

818 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:34:37
817は>>815へのレス

819 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:36:58
>>817
必ずしも脳から先に機能停止する訳ではない。
だんだん身体の機能が停止してゆく感覚を実況しながら逝った爺さんがいたそうな。

820 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:40:39
死ぬより生きているほうが楽。だから生きてる
でもそれだけじゃ退屈だから生きる理由を適当に探してるだけ。






821 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 15:44:33
>>819
眠りよりは麻痺に近いか・・・
違いはよく分らんが。眠りほど心地よくはなさそうだな。

822 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 16:14:27
その薬を飲めば
まったく痛みを感じない、いや、覚醒剤ほどの快楽で
その死後は楽園ですよ、本当ですよ。と説得されても
死ぬ気にはなれない

823 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 16:20:35
生存本能でしょう

824 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 16:44:52
むしろ「生きること=死んでいくこと」だろう。
人生は下り坂をソリで滑っていくようなもの。
停まることはできない。
恐がるのも楽しむのも本人次第。

ジェットコースターの乗客はなぜあんなに生き生きしてると思う?
彼らは死を実感することによって、同時に生の充実を実感してるのさ。

825 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 16:45:01
何のために生きるかなんて、あまり考えたことがない。
どうやったって、自然法則というものからは逃れられないし、
その法則に従って淡々と運行してゆくだけでしょう。
だから、その法則をできるだけ知るということは大事だと思う。

もう一つ、逆の意味で「知らぬが仏」という言葉もある。
あまりに本当のことを知りすぎてしまうと鬱になるだけなので
シアワセな気分でいるために、できるだけ何も知らないまま
一生を終えることを目指す。これはたいへん難しいことではあるが。

826 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 17:27:23
>その法則を知ることは大事
>「知らぬが仏」 
少し同意
理解する能力があるからといって
必ずしも理解しなければいけない
という事ではないと思います。
生命の意味は、理解しないほうが
良いと理解すべきだと思う。
その理由ははっきりしないけど


827 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 17:29:08
>>825
万人がそれで耐え切れたら戦争も犯罪もおこらない。
この世は天国になる。お前は人間というより戦後動物化した
拝金主義イエローモンキー。
キーキー泣きながら、歪んだひきつった笑い顔のまま氏んでいけ。

828 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 18:06:37
本当の事知ったらみんな絶望するぜ!

829 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 18:08:01
>>828
詳しく

830 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 18:09:51
>>828 そんなことないよ


831 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 18:19:04
絶望は存在しないので無意味。

832 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 19:49:55
>>822
飲まないと、生きたまま一寸刻みだと言われたら?

833 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 19:56:45
>>829
人生に意味なんてないってことでしょ

834 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:01:05
人生については、あると思えばあるし、ないと思えばない。

835 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:02:59
>>834の様に答えをにごすバカがいるからバカがもっと混乱しるんだよ

836 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:09:12
>>835
マジだよ。意味だの理由だのは人間が都合で作った概念。
だから、人間社会の内側では、それなり、ってことさ。

837 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:26:42
>>832
通報します

838 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:46:32
>>836
無いと都合が悪いから無いのに認めない

バカはこれすら理解できないからたちが悪い

839 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:49:15
宗教信じてる人間と一緒だね
別に信じてもいいけど他にもすすめるから始末が悪い

840 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/03/22(火) 20:51:25
どうせ死んでしまう…。

841 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:54:43
>>840
練炭七輪レンタカー

842 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 20:58:31
いけないなんてことはないだろ。いいだろ。

843 :モーム:2005/03/22(火) 21:19:20
死ぬ前にせいいっぱい生きたと言うために生きている。
誠実であること。
これは哲学ではないでしょうか?
宗教だと嘲笑うのでしょうか?
心やさしきソーニャになぜラスコーリニコフは救われたのでしょうか?
私の言っていることが答えなどというつもりは毛頭ありません。
ただ、哲学をただの「自分が一番頭がいい」というためだけに
なにか「難しい込み入った論理」などと勘違いしている人に、
誠実な人間の一瞬の直観の方が哲学の本来の姿だと私は
いいたいだけです。




844 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:26:28
>>835
俺の基準では、無責任にわかり易い答えで騙す方がタチ悪いな。

845 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:27:39
>>843
信仰とは真理のことであり、哲学と何ら矛盾するものではありません。
それでよいのです。

846 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:30:45
>>843
別に難しく考えているつもりはない
それに人の生き方をどうこう言うつもりも嘲笑するつもりもない
ただバカがさも正しいと言わんばかりにしゃべると素直な人間が混乱する
って言っているだけだ

847 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:36:45
>>846
で、どあふぉの見解は?

848 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:37:54
素直な人間が混乱しない事が馬鹿な人間が正しそうに言う事にあるのか、と考えたら、
必ずしもそのような事はない。むしろ、鵜呑みにする人間は混乱するという事になるだろう。
素直な人間が考える事はこれは法螺だなと思うことであるようだ。

849 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:39:09
>>848
接続詞の使い方がなってないな。
わかり易い文章の書き方を学んだ方がいい。

850 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:42:07
だが、接続詞が表す語句節の関係を明確にしてくれる。
そして、これは正しい使用法である。

851 :849:2005/03/22(火) 21:47:46
848を、わかりやすくなるように添削してみよう。

素直な人間が混乱しないためには、馬鹿な人間が正しそうに言う方がいいのか、と考えたら、
必ずしもそのような事はない。
むしろ、聞いた事を鵜呑みにするような人間は、混乱するような事になってしまうだろう。
素直な人間が考えさせられる事は、「これは法螺だな」と思うようなことだろう。

852 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 21:48:09
>>845
信仰してるの?

853 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:01:39
人々が信仰を持たないなら、中途半端なホッブスの自然状態になる。
ポモ社会=人々が砂粒のように同じで小さく透明になり漂う社会。
信仰こそ人間の始まりだ。

854 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:03:38
>信仰こそ人間の始まりだ。


ハア?

855 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:08:46
>>852
はい。

856 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:11:59
>>851 
馬鹿な人間が正しそうに言うならば、素直な人間は混乱するのか、と考えたら、
正しそうな事と混乱するというに関係があるとは限らない。
むしろ、混乱するような人間は聞いた事を鵜呑みにする人間である。
そして、素直な人間が考えさせられる事は、「これは法螺だな」と思うようなことであろう。

857 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:13:22
俺のほうが論理的に美しい、俺の勝ちだ。

858 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:14:06
>>856
誰かこいつに日本語教えてやってくれ。

859 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:15:25
美しいからって勝ちなのか。
単純な幸せだな

860 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:18:17
我々の文に条件文を付け加え、蓋然性も末尾に加味した。
凡そ二点差は付いている。

861 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:19:59
我々っておまえら集団だったのか
そうなのか


とりあえず人は死ぬために生きているんだよ。

862 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:21:10
>>861
死ぬために生きなくてもそのうち死ぬ。くだらないことを言うな。
ハゲヴォケ氏ね。

863 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:25:08
くだらなくないさ。
これが真理。現実から目を背けるな。

864 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:25:47

十代のきみたちは、いいよね

責任や義務がなくて

好き勝手なことが言えて

おまけに ( 略



865 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:26:15
私は数多であることや点数という形式の表現を加えたので、哲学的であると
考えている。

866 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:26:41
>>863
死ぬために生きる、なんて誰でも知ってることだろうが。という意味です。
どうせ生きるなら豊かに生きたいから信仰を持った。俺は誰よりも現実を見ていると思うが。

867 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:28:41
基本的にポマイらの文章は分かりづらい!

868 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:31:57
>>866
その「どうせ生きるなら豊かに〜」が無意味の極みなんだよ。
豊かに幸せに生きたって結局死ぬんだよ。
死ぬんだ。

つか君みたいな人が何故この板にいるのが疑問だね。

869 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:33:24
『馬鹿な人間が正しそうに言う』w
『』なこと言う香具師が馬鹿だな。



870 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:34:36
>>868
死ぬまでどうやって暇をつぶせばいいんだ?
快楽だけしか求めないヤツがいたとしてもそれはそいつの自由。
お前みたいにいつまでも子供みたいに「死ぬ・・しんじまうんだぁー」と
言いたいヤツも自由。どうせなら豊かに生きたいというのも自由。

どうせ無意味で無価値で有限なんだからなんでもありか?
じゃあ今から100人レイプして殺してもいいのか?

871 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:35:03
>>839
君に馬鹿だと認定されても誰も何も感じないから安心しなさい

872 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:36:20
間違えた。>>869だった。

873 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:36:48
>>869
意味わかんね、根拠は?

874 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:39:10
>>870
そりゃどうやって生きようが自由さ。
ただ真理から逃げるなっつうこと。
君みたく豊かに生きることを見い出して、それに従順に生きれる人は正直羨ましい。

レイプなんかしたくないしできないが、今はとにかく殺されたい気はするな。

875 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:40:30
誰か刑務所入りたいやついないかな?
自分殺してほしい。
但し、痛くない方法でw

876 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:40:32
>>870
なんでもありなんだよ
いいんだよ、やっても

で き れ ば ね

877 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:41:14
>>876
だな。
法なんてあってないようなもの。

878 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:46:18
>>853>>8
なんで信仰が真理になっちゃうわけ?

879 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:51:15
電柱]x・){ったくどいつもこいつも真摯なやつだぜ

880 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/03/22(火) 22:57:27
ヤスパースの哲学的信仰分かりやすく開設した本は無いかな。

881 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 22:59:29
>>880
ヤスパースには興味がありませんが、それはしんかいかふかみどちらで読むのですか?

882 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 23:05:14
>>873
本人が正しそうに見せるつもりで言っても、馬鹿なら正しそうに見せられないであろう。
もし、正しそうに言った事柄が、標準的な知能の人間を欺瞞できるものであれば、馬鹿が言ったと
するには不合理が生ずる。
それ以外の場合は、素直な人は相当な馬鹿であると言う結論になる。
その全体の不合理を解消するには、『』で囲み、2階の術語論理により、発言者が馬鹿であると
すればよい。

883 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/03/22(火) 23:08:05
>>881
シンカイです。

884 : ◆CoromoYEWE :2005/03/22(火) 23:09:38
>>883
了解。どうも。

885 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 23:58:03
すれすとすれすとすれすとすれすとすとれす

886 :ROKI:2005/03/23(水) 00:16:14
人間は〜
破壊のために生きている

(個人的意見)

887 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:18:04
>>886
未成年者は寝なさい

888 :ROKI:2005/03/23(水) 00:25:15
えっと、すいません
なんで未成年者だとおもうんですか?

889 :悲観自虐主義者:2005/03/23(水) 00:26:05
人間は、悲しみを探しながら生きている。
人間は、自らを虐め、苦しみながら生きている。
悲観と自虐の中で、人間は、自らが生きていることを自覚するのである。

890 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:30:13
>>88
IPから割り出したからだよ。

891 :P221119006162.ppp.prin.ne.jp ◆CoromoYEWE :2005/03/23(水) 00:32:00
>>890
じゃー自分は自分は?

892 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:33:43
何が知りたいの?

893 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:35:53
>>891
DIONのPRINじゃねーかw
半端なもの使ってるなw

894 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:36:50
どうやったらそうなるの?
やってみたい

895 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:38:25
>>894
fushianasanだろ?

896 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:40:22
>>886
お前が破壊のために生きるとするならば
俺は建設するために神に生まれ変わるよ

からかってすまんな。寝るよ。

897 :fushianasan:2005/03/23(水) 00:43:19
できてる?

898 :fushianasan:2005/03/23(水) 00:43:57
なぜ?ヽ(`Д´)ノ

899 : ◆CoromoYEWE :2005/03/23(水) 00:45:00
>>893
DIONじゃないよ、えあえじ。

>>895
ちょと違う。
fusianasan。

900 :YahooBB219054156020.bbtec.net:2005/03/23(水) 00:45:50
こう?

901 :YahooBB219054156020.bbtec.net:2005/03/23(水) 00:46:36
わーい!教えてくれた人ありがとう。
さてと寝るか。

902 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:47:04
>>899
もまいもえっじかあ。

903 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:49:48
自由
十代の自由は感覚を満たす事だ。視覚や触覚などの感覚器官を介して、
どうやってそれらは満たされる状態が許されるのかを考えるのだ。
二十代の自由は同一性だ。感性を最高の所において統一するのだ。
それにおいて、妥当するように可能性を追求すると自由だろう。
三十代・四十代・五十代は・・・過ぎ去るまでは判らん。
思い出す頃には引退の時期じゃろう、フォッフォッフォ。

904 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 00:49:57
結局、今のサーバはグループ内でIPが浮動するから、シロウトが追跡できるようなもんじゃない。

905 : ◆CoromoYEWE :2005/03/23(水) 00:53:27
>>901
寝るのかよw
いい夢見ろよぉー

>>902
てか京ぽぬだけどね。

ハゲシクすれ違いだごめん

906 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 01:42:36
>>886
なにを破壊したいの?

907 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 02:16:52
>>906
事故破壊

908 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 02:19:44
>>907
もう壊れてるみたいねw

909 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 02:58:55
人生なんて死ぬまでの暇つぶしだろ

910 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 04:24:46
>>909
自分に言い聞かせてんの?

911 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 04:44:00
>>909
究極の暇つぶし方法を教えてやろうか・・・
それはな、今すぐ死んじまうことだよ!ってな。

912 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 06:24:04
確かに暇は一気に無くなる。

913 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 07:23:03
それじゃ、つぶせないw

914 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 08:54:39
  非常にはっきりしてるのは現代社会は、若者が生きる意味を感じるのがむづかしい風潮を作り出してるということだ
それが真実であって生きる意味が無いというの真実ではない、視点がずれてるわけだ

 この状況でいくら自分を見つめても社会と世界を見ないと生きる意味がわからないのは非常に多くありうる
人間は思った以上に社会的動物だということだ

915 :ROKI:2005/03/23(水) 10:41:49
いくら人間が再生しようとしても
絶対的に一度は破壊が待っている

916 :ROKI:2005/03/23(水) 10:49:59

あと、昨日はすいませんでした

917 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 13:55:25
>>914
現代社会は、若者以外にとっては
生きる意味を感じるのが簡単だってこと?

918 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 14:04:38
>>914
でもそれは比較的日本に限った話なんだよね。
他の国では異常にエネルギッシュでワケのわからないことに
情熱を燃やしている若い奴がたくさんいる。
出世だの金儲けだの社会運動だの政治だの自爆テロだの。
やっぱり原因は社会にあるんだと思われる。


919 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 14:12:40
>>918
日本は、若者以外にとっては 
生きる意味を感じるのが簡単だってこと? 

920 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 14:16:02
学生運動に懲りた当局が、大学生から政治性を徹底的に剥奪したからな。
「従順」と「やる気」を両立させようなんて、ほとんど無理な話。
どっちかを取ったら、どっちかが犠牲になる。

921 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 14:20:11
>>920
日本は、学生以外にとっては  
生きる意味を感じるのが簡単だってこと?

922 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 14:23:04
>>921
若いうちに、充実感を得られなかったとしたら、その後に得られるという保証は特に得られないが。
「学生が充実していない」の否定は、「学生以外は充実している」にはならない。


923 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 14:53:15
すぐ日本論に持って行きたがる奴がいるよな。
「それは日本だけ」とか「日本独特の現象」とか「日本人にはこういう性質がある」とか。
ドイツでも若者の無気力(すぐに"egal"と言う)は問題になっているし、
日本だって以上にエネルギッシュでワケのわからないことに情熱を燃やしている奴がたくさんいる。



924 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 15:28:10
>>922
単に、日本人は全員充実してないっ、てことを
言いたかったみたいだねw

925 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 15:34:07
充実の定義もわからん

926 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 15:35:03
あ〜あ。
何んにしろ、やりたいことをやるには、上位1%以内にいないと、動かすものも動かせない。
だが、俺の能力では、力業で持ち込めるのはせいぜい10%以内。
これが人生の現実だ。

927 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 15:35:20
>>924
どういう論理的な帰結により、「日本人は全員充実してない」を導き出したか
説明してくれないか?
さっぱりわからん。

928 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 15:39:35
意味というのは「あったりなかったり」するものではない。
「感じる」ものだ。

929 :ROKI:2005/03/23(水) 15:53:01
>>1エネルギー循環のためと言うのはどうでせう

930 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:17:14
  燃料とかのエネルギーのことか生きるエネルギーのことか

 前者も世界の半分で近未来が危ういからもちろんテーマになる

931 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:40:09
>>927
自分のレスが「何を肯定し、否定してるか」、
よくチェックしてごらんw

932 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:41:12
>>928
それをいうなら、「感じたり、感じなかったり」だろw

933 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:43:02
>>930
いくらでも代替エネルギーがでてくるし、どれにも一長一短あるw

934 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:46:58
「生きる意味はわかるが不幸」なのと
「生きる意味はわからないが幸福」なのと、
どっちがいいのよおまえら。

935 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:47:59
幸福の理由、それが生きる意味。

936 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:49:49
>>932
感じないものはあるのかないのか?
生憎と人生の意味や充実感を客観的に測れる観測器もないし。

937 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 16:51:04
なんでこのスレにエロスがでてこないんだ?


938 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 17:04:07
>>934
「生きる意味はわかるが不幸」

        ↑
これって、生きる意味わかってないんじゃ?

939 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 17:09:16
>>931
単に、自分自身の論理が破綻しているため、説明できないだけだろう。

1.充実していない大学生が多い
から
>日本は、学生以外にとっては
>生きる意味を感じるのが簡単だってこと?(>>921)
という帰結は、論理的には導き出せない。
集合を「大学生」と「大学生以外」に分け、さらに「充実していない」という集合を取った場合
「充実していない」という集合は、「大学生以外」のどの部分にかかっているかは
命題1では不明だからだ。
従って
2.「大学生が充実していない」の否定は、「大学生以外は充実している」にはならない。
という帰結に大きな誤りは無い。
「大学生が充実していない」からわかることを、より正確に言うならば
3.「大学生以外の集合の、どの部分が充実しているかはわからない」
となる。
4.大学生の時に充実していなければ、充実感をその後に得られるという保証は特にない
という命題は、可能性を推測した命題であり、得られる保証は無いだろうが、得られることを否定した命題ではない。
これにより「日本人は全員充実してない」という、「日本人全員」という全称記号の真偽が明確になる帰結を導いたとしたら
論理的には考えていない証左過ぎない。

要するに、論理的に導き出せない帰結に基づいて反論したところで、簡単に論破されるということだ。

940 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 17:39:01
>>939
では もう一度ききまするw

日本は、学生以外にとっては   
生きる意味を感じるのが簡単だってこと?

941 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 17:41:55
そもそも、本当に幸福な人は生きる意味とは何かなどと考えない

942 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 17:43:19
>>940
相変わらず、>>920からは「論理的に帰結されない」問いを続けるんだな。
>>939の)3.「大学生以外の集合の、どの部分が充実しているかはわからない」
いい加減、論理的に頭を使う訓練をしな。
全称記号と存在記号の区別できてるの?

943 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 17:44:04
>>941
生きる意味を知ってるから、あーだこーだ考えない。だろうが。


944 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 17:47:11
>>940
それから

論理的に導き出せない帰結に基づいて反論したところで、簡単に論破される。


頭に定着するまで、念仏のように唱えておいた方がいいよ。



945 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 18:41:04
>>944
答えられないなら、答えなくていいよ。
どうせずっと答えてないしw

946 :ROKI:2005/03/23(水) 18:59:28
生きる意味というのが無いというのが自分の中で結論ずいてしまったので
不幸

誰か、俺の脳内の誤解を解いてやって!

947 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:05:36
「何のために生きるか?」という問いと
「何が生きる意味か?」という問いは
全然別だと思う。
 何れの問いにも「人は」などいう誰にも
当てはまる普遍的な答えはないと思う。

948 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:07:30
>>946
甲野善紀風に言うと、脳や頭の問題ではない。
肉体の問題なのである。
「汗をかけ」という体育会系の低脳じみた答えの方が、時として有効。

949 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:16:53
>>947
普遍的な答は何度も出てきてるよ。

950 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:24:26
オマエラ童貞だろ?

951 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:26:56
>>950
オマエモだろ?ww

952 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:27:45
>>951
オマエ「モ」だと・・やっぱりオマエ・・・w

953 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:29:30
>>952
『も』ではなく『モ』にしたところに、微妙な意味の違いを込めてある。

954 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:30:05
意味がワカンネ。

955 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:30:49
またフーゾク以外ドーテー香具師か?

956 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:31:56
なんで童貞だろっつっただけでそんな食いつくんだよw
オマエラやっぱり面白杉。

957 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:32:18
ただの女はいない。彼女も金かかるのである。

958 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:33:20
ヒモですが、何か?

959 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:45:49
生きる意味が分からない、見つけられない人は、
探すことが生きる意味になる。
ここで線引き-----------------------
意味を見つけた人は、それに向かって
努力すればいい。単純だろ?

960 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 19:59:59
激しく寂しいから愛のために生きたいという願望はある
しかし生きるとは辛く苦しいな

961 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 20:45:38
>>933
>いくらでも代替エネルギーがでてくるし
それが出てこないんだよ、プルトニウムの原子力と太陽光と風力しかない

962 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 21:02:31
>>843
>死ぬ前にせいいっぱい生きたと言うために生きている。
>誠実であること。
>これは哲学ではないでしょうか?
>宗教だと嘲笑うのでしょうか?

その通りです。人間にとって大切なことは哲学も宗教も同じです。
主も言われます。

「律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。薄荷、いのんど、
ウイキョウの十分の一は献げるが、律法の中で最も重要な正義、慈悲、誠実はないが
しろにしているからだ。これこそ行うべきことである。」マタイ23・23

>心やさしきソーニャになぜラスコーリニコフは救われたのでしょうか?
>私の言っていることが答えなどというつもりは毛頭ありません。
>ただ、哲学をただの「自分が一番頭がいい」というためだけに
>なにか「難しい込み入った論理」などと勘違いしている人に、
>誠実な人間の一瞬の直観の方が哲学の本来の姿だと私は
>いいたいだけです。

同感です。
わたしもソーニャ が好きでした。ソーニャは今思えば、聖母の化身だったように
思います。きっと彼女が私を主にまで導いてくれたのです。


963 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/03/23(水) 22:17:41
やっぱ生きる意味なんて無いよ。
荘子の思想が正しい。
あれ?正しいとか正しいとかって荘子の思想とちゃいますやん(ry

964 :799:2005/03/23(水) 22:39:31
今晩は。
皆さんの文章を参考にしながら見させて貰ってます。
皆さんが考えている「人が生きる意味」なんですが、
皆さんは人としての感情や道徳での答えが欲しいような気がしています。
毎日毎日、なんだろうなんだろうと、
答えが見えなく心がもやもやしながら日々過ごしている方は、
生命の始まりと言いますか、
世界の始まりがど〜のと知りたいのかもしれません。
その部分が自分なりに解釈出来なければ、
人だけでなく、「生命が生きる意味」と言う事が解決出来ないのではないでしょうか?

けれど、知りたいのです。色んな方向からゆっくり考えて行けたらと思います。

965 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 23:45:45
>>961 代替エネルギーでぐぐって勉強しなおせ、話にならないw

966 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 00:01:32
>>963
一行目の頭に次が抜けてるぞ→「私の人生には」
もう少し正確いうと「ホカの人は分からないが私の人生には」、だ。

「意味」はその人の見い出すところに生まれる。
事物そのものに最初から含まれているわけではなく、
人が感じ、引き出して初めて存在するものだということ。

おまいが見い出せないからヒトも見い出せないと考えるのはアホ過ぎw

967 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 00:40:11
85万人のニートは日本という家族の子供達
日本の小子化に歯止めをかけている!

968 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 00:44:18
SUper NEeEEETT!!!!

969 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 03:07:18
   

    人生暇つぶし

970 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 03:13:32




この板が・・・暇つぶしだろ w

971 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 03:35:51
それが
人の言葉では表わせられないものだとしたら
知ることも出来ない

972 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 03:53:33
まあ、優秀な奴ほど冷淡だからな
「もっと重要な問題がある、程度の低い疑問には付き合っていられない」
ってのが本音じゃないかな。

973 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 04:03:56
それが
人の言葉で表わせられたとすれば
その程度のことである

974 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 05:15:43
それが
生きるためであるなら
生きている人はすでにそれを知っている

975 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 11:40:51
You&I vs. the World.
なんですが、Youは「私の理想の君」で実在しません。
おんなくれー。

976 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 12:51:25
OTL<Fuck me!!

977 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 13:31:13
動物は何のために生きているのか。
石は何のために生きていないのか。

978 :799:2005/03/24(木) 16:57:19
>>966
私は意味だけでなく、理由も知りたかったのかもしれません。
言葉の使い方は難しいですね。

>>971
>>973
言葉で表せられない事。
その言葉は、発見された時に作られる物じゃないでしょうか。
言葉で表せられたのなら、その程度と思えるかもしれませんね。
けれど、「その程度」がまだ理解出来ない方も多いですね。

979 :考える名無しさん:2005/03/25(金) 01:21:53
798の意見はいいですね。

たぶん存在の理由は知りえない、語れないではなくて、最初から無いんでしょう。存在の理由と無関係だから恣意的だとか無意味だとか思わないで、最初から理由なんて無いんだから、今の現実の生を真剣に生き切ると思える方が私にはしっくりきます。

だから生きている事実そのものが神秘なんでしょう。

980 :考える名無しさん:2005/03/25(金) 08:50:08
外側に意義を設定してしまうと内側の意義がごっそり抜け落ちてしまう。

なんだかモッタイナイと思いますが...。

981 :考える名無しさん:2005/03/25(金) 12:36:06
>>979
798の意見はいいと言いながら、逆っぽい結論を出すんだね  ^^;
現実の生を真剣に生き切る←なぜ真剣である必要があるんだろ?

982 :考える名無しさん:2005/03/25(金) 12:38:08
>>980
内側の意義ってな〜に?

983 :考える名無しさん:2005/03/25(金) 16:59:33
 

984 :考える名無しさん:2005/03/25(金) 19:49:30
あと16

985 :考える名無しさん:2005/03/25(金) 23:03:30
 

986 :宮下聖也:2005/03/25(金) 23:16:28
人は人に迷惑をかけるために生きている。

987 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:08:55
主イエス・キリスト(神)はこう言われます。

マリア・ワルトルタ/聖母マリアの詩・上

それほどの、神のみ業の贈り物に対し人生は感謝して生きるに値する。また生きる
ものであることを感謝すべきである。世の終わりにならなければ、あがなわれなかっ
たにしても、その感謝を表すべきであった。なぜならあなたたちの最初の人間から
始まって、今に至るまで個々の人は違反者で、傲慢で、淫乱で人殺しであるにもか
かわらず、神は宇宙の美しさ、宇宙の恵みで楽しむことを今でもゆるしてくれるば
かりか、あなたたちがよい子供たちであるかのように、生活をより楽しくするため
に、すべてを与える。あなたたちが知っていることのすべては、神の光による。発
見することも神の指定による。よいことは皆、神より出る。悪の場合は、そのしる
しをもっている他の知識、発見あるいは発明が、最高の悪であるサタンからくるの
である。すべてご存知の、いとも高き知恵は、人間が存在する前から、人間は泥棒
と人殺しになるだろうと知っていた。

988 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:10:20
何のために生きてるの
子供を育てるため
何のために子供を育てるの
自分のに姿をこの世にとどめるため
自分みたいなものがこの世にいつまでも在ることを願うのは生命体としての基本的な欲求ではないかな

989 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:14:54
>>988
ごめんこうむる

990 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:18:42






http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1089126747/133








991 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:32:00
イランに勝つ為

992 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/03/26(土) 00:37:24
1000

993 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/03/26(土) 00:37:45
1000

994 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:38:26
何故ウィトゲンシュタインに従わないのか?
それが不思議だ。

995 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:38:40
>>991
負けちまったぞ。炭坑送りか?

996 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/03/26(土) 00:39:06
1000

997 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/03/26(土) 00:39:26
1000

998 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:39:40
では、いただき!

999 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/03/26(土) 00:39:58
1000

1000 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 00:40:01
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

227 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)