5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【速度】ポール・ヴィリリオ Paul Virilio【戦争】

1 :考える名無しさん:05/03/08 02:11:48
ないので立ててみました。
語りましょ!

ポール・ヴィリリオ(Paul Virilio, 1932年 - )は、フランスの思想家、都市計画家。
パリ生まれ。速度術(ドロモロジー)を鍵概念として、テクノロジーやメディアの
発展によって、人間の知覚や行動がどのように変容していくのかを分析している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ポール・ヴィリリオ

2 :考える名無しさん:05/03/08 02:14:12
2get

3 :考える名無しさん:05/03/08 02:14:49
邦訳著書
単著
『戦争と映画――知覚の兵站術』(ユー・ピー・ユー, 1988年/平凡社[平凡社ライブラリー], 1999年)
『速度と政治――地政学から時政学へ』(平凡社, 1989年/平凡社ライブラリー, 2001年)
『電脳世界――最悪のシナリオへの対応』(産業図書, 1998年)
『情報化爆弾』(産業図書, 1999年)
『幻滅への戦略――グローバル情報支配と警察化する戦争』(青土社, 2000年)
『情報エネルギー化社会――現実空間の解体と速度が作り出す空間』(新評論, 2002年)
『瞬間の君臨――リアルタイム世界の構造と人間社会の行方』(新評論, 2003年)
『ネガティヴ・ホライズン――速度と知覚の変容』(産業図書, 2003年)
『自殺へ向かう世界』(NTT出版, 2003年)

共著
(S・ロトランジェ)『純粋戦争』(ユー・ピー・ユー, 1987年)

4 :考える名無しさん:05/03/08 02:16:33
Virilio, Paul 【ヴィリリオ, ポール】 (1932- )

■略歴■
1932年、パリに生まれる。工芸学校で学びステンドグラス作家として生活する一方、
ソルボンヌで哲学、建築学、ゲシュタルト心理学などを学ぶ。『コーズ・コミューヌ』
誌(Cause Communes)、『エスプリ』誌(Esprit, 1969-1977)、『トラヴェル
ス』誌(Traverses, Centre Georges Pompidou, 1975-1984)の編集に参加。
ほか『カイエ・デュ・シネマ』誌(Cahiers du Cinema)などを舞台に執筆。1974年、
ガリレー出版の叢書エスパス・クリティック(L'Espace critique)を創始。1975年、
最初の著作『トーチカの考古学』を刊行。以来、軍事、通信、交通技術など科学技術
が人間の認識や行為に与える変容に関する考察を精力的に展開する。1979年、フェ
リックス・ガタリとラジオ・トマトを創設。パリ建築大学(EAS)学長。都市計画家。

http://www.logico-philosophicus.net/profile/VirilioPaul.htm

5 :考える名無しさん:05/03/08 02:37:22
こちら
http://academy3.2ch.net/art/

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1104177708/l50
へどうぞ

6 :考える名無しさん:05/03/08 02:42:27

存在論的メディア論―ハイデガーとヴィリリオ
和田 伸一郎
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/478850930X/


この本読んだ香具師いないの?

7 :考える名無しさん:05/03/08 02:43:22
    ∧___∧
   /=・=-∴-=・=\
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,  |  
 /|   `-=ニ=- '  .|  要するに脅威のアラ石株一点買だわな。分かるかね?w
/  .ヽ、_ `ニニ´__ノ    
|    _____ ノ
∪⌒∪     ∪


8 :考える名無しさん:05/03/08 06:10:18
ひつこいなw

9 :考える名無しさん:05/03/08 11:04:31
>>5
間違った誘導をしないように。

10 :考える名無しさん:05/03/09 00:10:51
期待age

11 :しろうと ◆AUSirOutoE :05/03/09 03:04:19
ヴィリリオの速度の話は以前から注目してました

12 :考える名無しさん:05/03/09 23:31:40
>>11
ヴィリリオの言う速度って何?

13 :しろうと ◆AUSirOutoE :05/03/10 22:59:48
本人が物と物との相対的な関係云々と言ってました
彼の速度は物象化と対で考えると分かりやすいです

すごく雑ですけどこんなイメージ
昔は金とか銀とか物の性質に価値を見てたけど
今は株とか情報とその速度で価値が変わってしまうと

物と速度は空間と時間とか色々関係しそうですね
自分的には速度はアスペクトと絡めて考えるんです


14 :考える名無しさん:05/03/10 23:08:58
アスペクトは関係ないだろ…


15 :考える名無しさん:05/03/11 08:30:08
>>12
おい、それは禁句だぞ・・・

16 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 17:43:10
え?

17 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 12:52:10
h

18 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 01:41:13
■ 死から直接もぎ取った時間が速度になる(ヴィリリオ)
「光あれ」と神は言った。人の体のもろさを考えるなら、光の速さは神に等しい。
かれが取り戻そうとした時間は、突撃する兵士が創出した速度と関係している。
すなわち、救いは突撃にあり。もはや逃走することは問題とならない。「死へ向
かって走ること」だけが唯一の解決となったのだ

19 :& ◆vGPd8m6uvw :2005/05/02(月) 03:50:04
ソーカル&ブリクモン『知の欺瞞』で、「書かれたものに意味のある部分が
ほとんどない」と言われてしまったハッタリ屋さん。


20 :考える名無しさん:2005/05/10(火) 15:26:52
>>19
ちがうだろ。

21 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 00:38:29
ネガティヴ・ホライズン

22 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 15:27:49
ネガティヴ・ホライズン
速度と知覚の変容

ポール・ヴィリリオ著
丸岡 高弘訳

税込価格 : ¥3,150 (本体 : ¥3,000)
出版 : 産業図書
サイズ : 四六判 / 325p
ISBN : 4-7828-0150-5
発行年月 : 2003.9

内容説明
速度は光である。したがって,いまや世界は二重の光によってまばゆく照らし出されている。
太陽の光と,そして乗り物が発生させる速度の光に。本書においてヴィリリオは新たに
「走行光学」を提唱し,速度の光がわれわれに強いる知覚の変容を明らかにする。

http://www.bk1.co.jp/product/2359066

23 :考える名無しさん:2005/06/22(水) 15:48:47
test

24 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 23:39:55
sage

25 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 00:53:05
期待age

26 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 04:51:50
sage

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)