5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宅間守の存在を肯定するスレ

1 :tjrxf893:2005/03/30(水) 21:34:49
こういう視点からの考察は無意味ではないと思う。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という諺どおり、宅間は、坊主を刺さずに袈裟を
刺してしまった。

その結果、袈裟と宅間の憎悪関係のみがクローズアップされ、宅間と坊主との
怨恨とも言うべき関係は、どこかへ行ってしまった。(まあ、それも坊主側の策略
なのだろうが・・)

今回の事件で、物事の現象面しか見ないというマスコミに利用される一般大衆
の低脳、アホさが見事に顕現した。

これでは、宅間守も浮かばれないわな。(合掌)





2 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 21:35:49
afo>>1

3 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 21:37:30
・゚・(つД`)・゚・

4 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 21:40:11
            __,,,、,、,、_
           /´ / ノノリ `ヽ,
           / 〃 /        ヽ
        i   /         リ}
         |   〉   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |    
           ヤヽリ ´゚  ..,r(、_>、 ゚'}   
         ヽ_」    :: ト‐=‐ァ'::. !  呼んだ? 
          ゝヽ、 ::..`二´'.::ノ   
              r| ` ー--‐f´      
         _/ | \   /|\_              
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\



5 :坊主憎けりゃ袈裟まで憎い:2005/03/30(水) 21:52:43
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

6 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 23:30:25
しかし、殺されたガキ供の家族が裕福な生活をする為に
どのくらいの人間が悲惨な生活を送ってるんだろ。


7 :tjrxf893:2005/03/30(水) 23:44:41
宅間よ、きみは、奴らに「尊厳」もクソもない人間にされてしまったものな。
「嘘はつく」わ、「暴力を振るう」わ、あげくの果てに「大量殺人」だ。

「人間の価値」からすれば、皆無と言われてもしょうがない。

しかし、そこで、「人間の価値」を計る感性を感情的に絶対化したとき、人間の「尊厳」
に対する気付きが自分から失われてしまうのだがな・・・。

そこのところは、大多数の人間が、原始時代の精神構造から、まったく進歩していな
い部分だ。
そういう意味で、きみ「宅間」には同情している。

8 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 23:48:01
厚化粧で、ブランドもんぶらさげて見苦しく騒ぐ母親。
あれを見たとき、近くなら直接行って面と向かって言ってやりたかった。
「天罰が下ったのさ!」
ぎゃあぎゃあ泣いてやんの。あー、醜い。まるでブタ。
あんなのでもガキ作るんだ。
あんな連中の子供なんかどうなってもいいじゃん。



9 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 23:50:22
宅間よ。
寝ても覚めても、俺の頭の中は
おまえの事でいっぱいだ。
やはりおまえは夜空の星となるのだろう。
さようなら宅間。

10 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 00:10:23
裁判長「判決の前に、被告は何か言いたい事はありますか?」
宅間 「えー、発言してもよろしいか?・・・なら話すわ。まあ、まだ判決はでとらんのやけども、もうすぐ出るし、わかっとる事やから、最初に言うとく。 どうも死刑にしてくれて、ありがとう裁判長さん。
感謝するわ!わし、死にたい思うてたから、ほんま助かる。やっと死ねるんやなーと思うとほっとしたわ」
 
・・・どよめく室内。怒号が飛び交う・・・

裁判長 「静粛に!・・・被告は裁判を誹謗しないようにしてください。これ以上、不穏当な発言を続ければ退廷させます。いいですね」
宅間 「今のは、誹謗とか批判ではのうて、純粋のワシの心から出たほんまの気持ち。わかってもらわんでもええ。言いたい事はまだある。それは、殺してしもーた子供達にや!」
 
・・・どよめく室内。まさか?謝罪するのか?との期待感・・・

宅間 「わしが殺したガキどもは、わしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!ほんま、感謝しとる。あのガキが8人死んでくれたから、俺が死ねるんやから 感謝せなあかん!死んでくれてありがとう!!
でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。残りの5人はおまけで感謝しといたる!」
 
・・・どよめく室内。裁判長が退廷を命じる・・・

宅間(引きづられなから)「おい、くそガキの親!おまえらのガキの8人分の命はワシ一人を殺して終わりの程度の価値やったんやぞ!エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!
ガキどもが死んだ原因はおまえらあるんや!せいぜい一生反省せいよ!あの世でもおまえらの子供しばき倒したるからな!あははははは!あははは!こらおもろい!」
 
退廷・・・5分ほど後に、判決文が読まれた。

宅間さん(・∀・)カコイイ!!

11 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 01:42:57
カッコイイ。突き抜けてる


12 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 01:49:34
>>10-11
哲学をやるとこうなります

13 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 02:19:56
肯定する奴はあれだが、はなから否定する奴も深さが無い。

14 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 02:21:25
>>10
これ本当?

15 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 02:41:06
悪人を作った社会こそ悪。
悪を見ぬ振りして偽善を吐くことができず、
受け止め傷つきのたうちまわってしまったタクマ
こそ救われる。偽善者は救われない。なぜならタクマは
人間であるから。周りの偽善者は利己的ロボットであるから。
傷ついた人間のみが阿弥陀如来の慈悲により救われる。
悪人正機。

16 :考える名無しさん :2005/03/31(木) 02:48:29
宅間はなぜ死にたかったの?
それに、死にたかったら自殺したらよかったのになぜしなかったの?

17 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 02:52:12
>>16
アメリカのいじめられっこはなぜ銃を乱射したあと自殺するの?
孤独なヤツが「社会が憎い殺したい」「自分が憎いから殺したい」
というのは実存的不条理からくる表裏一体の欲望だ。

18 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 02:52:49
「自分が憎いから死にたい」だな。

19 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 05:55:14
>>215が本当なら

>エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!

これで遺族が質素な服装をするようでは宅間に屈したことになる
       ↓
遺族は着飾るのをやめない(ブランド物や高価な指輪を嵌める)
       ↓
世間の貧乏人が遺族に対し反感を抱く


宅間って天才なんじゃ・・・

20 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 21:42:01
>>16

馬鹿だな。読みが浅い。
宅間は言っている。ガキどもが自殺の踏み台だったと。
すなわち、宅間にとってのこの殺人は自殺という行為そのものだったんだ。
よって自殺をしなかったわけじゃない。
あとは17とか。

21 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 22:38:52
「坊主」を社会の理不尽や富裕層に設定するのは違うと思う。
一応哲学板、自分のコートを宅間に着せるのは止めようよ。


22 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 01:55:36
逮捕当初、宅間が精神病を装おうとした事実は案外忘れられている。
それまでにも宅間は詐病によって借金逃れをしてきたので、今度もうまくいくと思ったのだろう。

実際宅間は犯行当時借金だらけで、踏み倒しと私怨ばらしのために、犯行に及んだのが現実だ。

キチガイじみた犯行なら世間はキチガイと思うに違いない、と考えたようだが、
事件の重大さは逆に宅間に詐病を許さなかった。

破滅願望や学歴社会への逆恨みはあったろうが、そこには言い訳じみたものを感じる。
「自殺うんたらかんたら」は、詐病を看破された苦し紛れと思われる。

せめて、アンチヒーローとして振る舞うことで、自分の行為を合理化したかったのだろう。

23 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 02:03:16
宅間は都合4回ほど、結婚している。
一度は小学生の時の担任教師とだし、
犯行後にも改心させようとした?支援者と獄中結婚している。
ある種の女性には、非常に魅力的にうつる人間だったようだ。
宅間の扱ったルポでは母親との近親相姦を匂わせる記述をしているものもあった。
(宅間は家族と離れて、なぜか母親とだけ、アパートで同居していた時期があった)
母親はその後狂気に冒され入院、宅間につきまとわれた実の兄も自殺した。

24 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 02:13:18
折り合いの悪かったと言われる父親との仲だが、
かなり長い間ニートな生活を許したり、
司法試験を目指す、といった宅間のために
自宅敷地内に別棟を建てるなど、
客観的にみるとむしろ優遇してるといえる。
まあその優遇が裏目に出たのか、
宅間から学歴社会への歪曲した私怨は消えなかったのだが。

25 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 02:20:56
宅間には反社会性人格障害という鑑定が出たんだっけ?
たぶんに境界性人格障害の色も濃かったように見受けられる。
他者の共感を得やすい・同情を引きやすい性格だったのだろう。

26 :tjrxf893:皇紀2665/04/01(金) 19:51:25
>「超約刑法」で裁かれる最初の犯罪者とは、「子供の虐待の通報を受けて、実際に親と子供に
面会しているにも関わらず(虐待の事実はなかった)と安易に認識してしまう職員」だ。
>まず、こいつ(職員)の、子供を見る目が気に食わねえ・・・・まるで、スーパーで野菜の傷を確認
するような・・・ショールームで車のシートの具合を試すような・・・そういう目で子供を観察し、長さ3
センチ以上の傷がなければ、直径1センチ以上の痣がなければ大丈夫だと、てめえの頭の中で決
定を下してやがる。
言ってることは分かるが・・・じゃあ、どうしたら良かったと言うんだ?
その職員は、自分なりにやったろうさ。自分の目を信じて・・・。
>はっ!「自分の目を信じて」か!
>たしかに、こいつは、生まれてこの方、自分の目を「疑ったことがない」
>名家に生まれ、一流の学校を優秀な成績で卒業し、勤務態度も申し分ない。
>そのせいで、こいつには「自分の目を信じて、体感に気付かない」という「悪い癖」がついちまった
のさ。
「体感の気付き」とは、生の地平にある「感情」が、死の地平にある「体感」に気付くという、生と死の
連関は、それあるがゆえにこそ可能になるという意識のことだな。
>こいつは、この子供の「死の地平」=「体感」を、おのれの「生の地平」から「感情」をもって気付い
てやろうとは、していなかったのだ!
>こいつにとって、子供は明日も生きているであろう存在であるというだけであって、今、生きている
がゆえの体感など「考えてもしょうがない」ことでしかなかったのだよ!
では、この職員にとって「感情」とは何だったのだろう?
>「意識を絶対化してしまう衝動」というくらいのもんじゃねえのか?
>「感情」から「気付き」が生まれる、その尊さなんざ、こいつの頭ん中どこ探しても出てこねえはずだ。


27 :tjrxf893:2005/04/02(土) 19:23:21
それで、その「感情をもって子供の体感に気付く」ことをしなかった職員を、「超約刑法」では、
どう裁くというのだ?


>前にも言ったとおり、「超約刑法」の目的は、直接的治安のためでも、直接的加害者の人権
のためでも、直接的被害者(側の者達)のためでもない。
>その目的は、「直接的被害者自身の恐怖の代償」にこそある。
>したがって、裁くのは「死者」=「死(体感)の地平に存在する者」=「恐怖という悪性の体感
を持った者の叫びを聞き届ける我々、生の地平に存在する者」であるということになる。


でも、待てよ・・・その子供に直接の恐怖を与えたのは、両親なんだろう?
それじゃあ、職員よりも両親を先に裁かないとなあ・・・。


>それは、おめえらの法律でやれ。
>俺は、あくまで「死んだ子供に裁きの権限を委ねる」と言ってるだろうが。
>いいか、ここが一番の泣き所だ、よ〜く味わって聞きやがれ。
>「子供にとって、親は、自分の体感の一部」なんだよ。それは、親が子供のことをそう感じる
のと同じことだ。
>だから、たとえ親が、自分に危害を加えるような人間でも、その親が苦しんでいたり辛そうに
していたら、その子の感情が親の体感に気付くのだ!
>そして、親の頭をやさしく撫でてやりながら「パパ・・・ママ・・・だいじょうぶ?」と少ない言葉
で懸命に慰めてあげようとするのだよ!!
>・・・・それで、裁けると思うか・・・?子供が、親を、よ・・・・・。




28 :tjrxf893:2005/04/02(土) 19:24:14
・・・・・・・・・・。


>おや?どうした、泣いてるのか?
>何か、思い当たることでもあったのかな?


きみは強いな・・・一粒の涙も流さずに、そういうことが言えるなんて・・・・・。


>アホ、俺は死んでるんだぜ。
>泣こうにも泣けるわけねえだろうよ。
>そのかわり、今、無性にムカついてはいるがな!


わかった・・・では、死んだ子供には親は裁けないとして、その職員に対する裁きをする意味は
何なのだ?
それも、一種の「仇討ち」ということなのだろうが、「生ける者のためにする仇討ちとは様相が異
なる」ように思えてならない。
「死者のための仇討ち」とは、どういう事態なのだ?
そのことに何の意味があるのだ?


>いよいよ核心部分だな・・・。
>だが、俺・・というより、おめえは明日から5日まで野暮用で家に居ねえんだよな。
>だったら、この後の掲示は6日以降になるなぁ・・・早く帰って来いよ、おめえは、俺の大事な
体なんだからよ。


29 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 19:26:52









単なる「宿業」だ ばーか。。。


30 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 19:43:25
肯定しないけど否定もしない。
宅間と同じ種類の人間はいくらでもいる。ただ「実行」するか、しないか
ただそれだけ。
金持ちの奴ら、特に会社経営なんかどれだけえげつない事して儲けているか。

31 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 21:10:00
宅間がやったことと、「えげつない事して儲ける」とは、種類が違いすぎる。

32 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 21:31:18
宅間が存在している以上、否定できないわけで、肯定する必要なくね?

33 :tjrxf893:2005/04/03(日) 00:31:10
>俺は、今日、とんでもねえことを発見したぞ・・・!
>こいつは絶対にスゴイ!
なんだよ、えらく興奮してるじゃないか。
まあ、きみがスゴイと言うのだから聞こうじゃないか。
>聖書の中に「裁くな、裁かれぬために」という言葉があるだろうよ。
>それは、おめえ、どういう意味だと思う?
まあ、いろいろな捉え方があるだろうけど、「特定の判断に絶対的信を置くことは不可能なのだ
から、(判断の絶対化)=(裁き)はできないのだ」という考え方もあれば、ただ単に「相対的価値
判断の優劣を決定するのは(神)なのだから、人間が、それを(裁き)として行うべきではない」
という見方もできるだろうね。
前者の見解(A)は、感性と体感の相関関係を含んでいるのに対し、後者の見解(B)は、旧来の
神の概念の踏襲であり「生世界の神」「つねにすでに存在する神」を前提する理解の仕方という
ところか。
>その場合、「裁き」は、体感的に「悪性の体感」をもたらす事態として了解されているよな?
まあな・・・誰も、相手がどんな極悪人でも、人を裁くというのは「気持ちの良いもの」ではないさ。
それは、「悪い奴が、いなくなってホッとしたという安堵感」とは別の体感だからな。
>そこで、だ・・・・俺は、「悪性の体感」を持たずに、人を裁ける方法」を発見したのだ!
>これを名付けて「超約刑法」と呼ぼうじゃねえか!
ほう・・・そりゃ、面白そうだね。
>まず、この「超約刑法」で裁かれる最初の犯罪者を紹介しよう。
>・・・誰だと思う?
>こいつぁ、泣けるぜ・・・この話しを聞き終わった頃には、おめえ・・・涙でパソコンのキーボードが
オシャカになっちまってるかもしんねえぞ!(笑)


で、次回に続くっつーわけ?


34 :ローカルルール審議中:2005/04/03(日) 01:25:37
焼却されたあなたの肉体をを構成していた分子中の酸素と炭素は生きとし生けるもの全てに分け隔てなく分配されました

35 :tjrxf893:2005/04/07(木) 11:36:01
「死者のための仇討ち」に何の意味があるのか、と言ったな。
>では、「生ける者のためにする仇討ち」には、どういう意味があるのだ?


それは、やはり・・・「生の地平で出来た借りは、その同じ地平で返さないと合点が
いかない」ということなんじゃないかな。
つまり、意識レベルでの貸借関係(バランスシート)を、きっちりしておかなければ気
が済まないのだ。

それは「意味」というより、人間の「性(さが)」とでも呼ぶべきかもしれないね・・・・。


>そうだな、その「性(さが)」というやつは、たとえば、こういう悲劇を生み出す。
>ある豊満な肉体を持つ女性Oが、ある時、自分の周りに「スマートな女性しかいな
い」ことに気付く。
>女性Oは、非常な驚きと悲しみを自分自身に対して感じ、自分の運命を呪い、「痩
せるために何も食べなくなってしまった」
>「食べなければ死んでしまう」のにだ!


なるほど・・・「痩せるために何も食べなくなる」ことが、「生の地平における仇討ち」を
意味してるわけだね。


>「死者のための仇討ち」が必要な理由は、この「食べなければ死んでしまう」という
「体感の気付き」を人間全部にもたらすためなのだ。
>「体感」を通した「意識」は、人間存在を絶対に裏切らない。


生(意識)の地平だけで何だかんだやってると、「体感」に裏切られるってことか・・・・。

36 :ローカルルール審議中:2005/04/07(木) 11:43:32
>>1
> これでは、宅間守も浮かばれないわな。(合掌)

なにいってんのー?
おまいが冷静じゃないだろ。

37 :ローカルルール審議中:2005/04/07(木) 11:45:22
>>7
だから感情的になるなと言いながら、何故おまい本人が感情的になってんねん?

38 :tjrxf893:2005/04/07(木) 18:53:59
では、「超約刑法の目的」=「死者が持ったであろう恐怖の代償を被告人に払わせる」ということ
において、「被告人の罪」=「子供の体感に気付くことを怠ったこと」に見合う「罰」を、どのように
定めるのだろう?


>それは、この「罪」がもたらしたものを考えればいい。
>つまり、その子供が抱いた「恐怖」だよ。
>その世界の中で最も信頼する、逃れようのない存在である両親から、確定的に自らに向けら
れた殺意を感じたとき、子供は、どれほどの「恐怖」を抱いたことだろう・・・・。
>ある対象それ自体に対して持つ「恐怖」は、「不浄な体感」を生み、死の絶対的地平すなわち
人間存在共通の地平において「不浄な体感の連鎖」を発生させるのだ。


すると、その「不浄な体感の連鎖」を断たせることが、「罰」になるということなのか?

39 :ローカルルール審議中:2005/04/07(木) 20:12:53
ヤマダ電機は派遣社員多し
カード利用に注意しろ

40 :tjrxf893:2005/04/08(金) 00:25:34
>ただ、それを断つというのでは足りないのだ。
>鬼が島の鬼を退治するという意味で、「不浄な体感をもたらした恐怖の対象」を改心
させるだけでは、「体感はゼロには戻らない」のだよ!


そういう対応では甘いと・・・?


>考えてもみろよ・・・その「職員」を、そのままの「配置」で、今後も、その職務に従事
させるか・・・・ただし「子供の体感に気付けなかった心の痛みとやらを抱えながら」な・
・・・ケッ!・・・反吐が出らあ!
>それで、いったい、「死んだ子供の体感」の何が、どう償われたっていうんだよ!!

>その「職員」の「心の痛み」とやらの自己満足のおかげで、全人類が、これから先ずっ
と、その「不浄な体感」を引きずって生きていかなけりゃならねえんだぞ、くそったれが!!


じゃあ、どうしろというんだい?


>その「職員」を、「清浄な体感の位置に置く」のだ。
>それが、「超約刑法」における「罰」に他ならない。


「不浄な体感」を「清浄な体感」によって相殺し、「体感をゼロ」に戻すということだな。
具体的には、どうするんだ?


>フン・・・戦災孤児が山ほどいる遠い異国へでも派遣するか・・・・「清浄な体感」が導く
ようにな。(笑)


41 :tjrxf893:2005/04/08(金) 00:51:51
とりあえず、きみが一番最初に言ったことの意味が、やっと分かったよ。
「悪性の体感を持たずに人を裁ける」ということがね。

たしかに、そうだな・・・・。


42 :tjrxf893:2005/04/10(日) 19:42:35
出会い系サイトはもう無料の時代!!PC&携帯完全対応!!
http://page.freett.com/tadaai/
会員数も遂に50万人突破。女性誌にも紹介されさらに女性会員急増中!!
4月は出会いの季節♪さあ、あなたも今すぐご登録へ! 
http://page.freett.com/tadaai/


43 :tjrxf893:2005/04/11(月) 00:13:38
出会い系サイトはもう無料の時代!PC&携帯完全対応!http://page.freett.com/tadaai/会員数も遂に50万人突破。女性誌にも紹介されさらに女性会員急増中!4月は出会いの季節♪さあ、あなたも今すぐご登録へ!http://page.freet t.com/tadaai/

44 :なんといいますか:2005/04/11(月) 02:57:52
やっぱりスレの問題の建て方が、、、というなら違うとこいけばいいんだけど。

>>22
賛成です。

>>8-11系の考えの人
子供を殺さない解決法があったけど、やらなかったのはあれがキ印だから。
そういう判断を崩しちゃいけないんじゃないかしら。ブランドものつけた
まま親が泣いたからって、そりゃ親が子供を殺されたら気が気じゃないから
当たり前で、こんなのブランドものと関係ない。大体、もし殺された子供が
貧乏で苦労した夫婦にやっとできた一人っ子だったりしたらどうすんの?
(私にとっては、金持ちでも貧乏でも関係ないです。)

自分が子供を持って、あーゆー一種の事故にあったら情けなくてくやしくて
しょうがないと思いますよ。そう考えたことあるかしら。験しに、自分の
生活に難があった時、電車で子供でも殴ろうとしてみなさいな。そう思った時、
できない自分が居ると思いますけどね。

社会としてはあーゆーのが増えてしまったら困るから対策を考えなきゃ
いけないとか、そりゃ人がそれぞれ楽しく自由に暮らせたらいいからそういう
世の中を考えようとか、最低水準の人はせめてどの程度の暮らしのレベルを
保つべきかとかいろいろ問題の建て方はあるでしょうが、それらを考えるに
あたって、無差別子殺しの価値を高めることは必要はないでしょう。

45 :tjrxf893:2005/04/14(木) 09:01:36
>さて・・・最初の言明である「物象化願望が強い奴ほど、自殺しやすい」の謎を、そろそろ
解いてやろうか?


それは、やめといたほうがいいんじゃないかな・・・・。


>・・・ほう、どうしてだ?


生世界の者達は、まだ、その言葉を受け入れられるほど精神的に成熟していないからだよ。
たぶん、その言葉を読んだ者は、「自殺することが正しい」のだと思い込むに違いない・・・・。
そうなれば、次に起きる事態は目に見えているじゃないか。


>ヘヘ・・・おもしろいね・・・自殺者は、俺と違って「不浄な死の世界」に閉じ込められる。
>ざまあみろっちゅうわけやね。(笑)


おいおい、俺は、きみの復讐を手伝う気はないぜ。
言葉を発するのは、あくまで俺なんだからな。


>わかったよ・・・おめえも、案外気が小せえな。
>他の人間に乗り換えてもいいんだぜ、俺(宅間)を、ここ(掲示板)に出し切れねえのならな・・・!


46 :tjrxf893:2005/04/14(木) 13:48:46
待ってくれよ、そういうわけじゃないんだ。俺は、まだ、この生世界に存在しているかぎり、ここの住人達に対して責任を持っている
(持たされている)んだ・・・だから、一人でも多くの者に「生世界での気付き」を伝えなけ
ればならない。何人も、その気付きの前に死んでほしくない、という意味で「今は、その言葉を掲示した
くない」と言っているだけなんだよ。

>はあ〜!つまり、おめえは「生世界の救世主」にでもなりてえってわけなのかい?
>よ〜し、おもしれえ・・・・なら、おめえに、その資格があるかどうか試してやろうじゃね
えか。

>これから俺の発する質問に、(死の地平にいる)俺が満足する答えを出し続けられる
かぎり、「その言葉」を掲示しないでおいてやるよ。
>だが一度でも、おめえの答えが、(生世界の)クソ野郎どものぬかしやがるようなもの
であったときは・・・・・ただちに「その言葉」を掲示する。
・・・・もう、後戻りはできないようだな・・・・
>本当に、いいんだな?
ああ・・・。
>おめえ、この対話を甘くみてねえだろうな?
>このことの意味がわかってんのか?
・・・と言うと?
>この対話に敗北した者は、今いる地平と反対の地平に自己自身の存在を移さねばな
らなくなるってことがだよ!
>つまり、俺が負ければ「俺は生世界によみがえる」が、おめえが負けた場合は「おめえ
は死ぬ」ってこった!
>それで、構わねえんだな!?

望むところだ。


47 :tjrxf893:2005/04/14(木) 19:29:57
>さあ〜て、いよいよ、こいつ(tjrxf893)と、俺(宅間)とのデスマッチの開始だ!!
>この自称、レベル超Aの能力を持つと公言してやがる哲学者の言うことが、そこいらの
クズ哲(人間の屑のような哲学者ってこった)どもの能書きと、どう違うか、よ〜く見ておき
やがれ。

>だが、現実の問題に何一つ解答を出せないようなクズ概念に馴れ親しんだクソ野郎ど
ものクソ頭では、こいつの有り難てえ言明も理解できネエかもな!(笑)

>こいつは、もうすぐ、俺のいる地平(死の地平)に来ることになっている。
>こいつは、自分の身を削ってでも、てめえらに「気付き」とやらを伝えたいのだとよ!
>俺は、そんなもんどうだっていいんだがな・・・てめえらの魂を食えれば、それでいいん
だ・・・!KUKUKU・・・。

>まあ、せいぜい、より多くの者に、このことを伝えてやれよ。
>そうしてやれば、こいつも、これをやった甲斐があろうってもんだからな!
>わかったか、クソ野郎ども!!


48 :ローカルルール審議中:2005/04/14(木) 22:02:52
自分の子供が他人の子供よりも可愛くて価値があってほしいから
そのためにはなんでもするというのはどういう目的かな?

49 :ローカルルール審議中:2005/04/14(木) 22:23:01
宅間イタコ

50 :ソーカルルール審議中:2005/04/14(木) 22:24:08
>>48
「なんでもする」を多少限定していただけると質問文の解釈に助かります。
宜しく御願い致します。

51 :tjrxf893:2005/04/15(金) 07:28:03
>ところで、おめえはよぉ・・・15歳の時に学校教育に絶望し、そこから立ち直るために、
あることを創めたそうだな。
それが、どうした?
>な〜に、こっちの世界(死の地平)では、かなり有名な逸話だからな。おめえが、それ
をやった、人類史上初の生者だってよお・・・まあ、俺が、おめえのところに来てやったの
も、そういう評判を聞いたからなんだがな
そうか、うれしいね・・・。
俺んとこは、きみのような者には居心地がいいのかな?
>さあねえ・・・・・で、その「あること」というのが、「空想」をすることだったのだよな。
>おめえは、一日に最低10の「空想」を高校在学中の3年間続けることを決めた。
>そして驚くべきことに、おめえは、それを達成した。
>18歳の時、すでにおめえが空想した物語は1万話を超え、絵画的空想に至っては軽く
その10倍に達していただろう・・・・・。
>そのことで、何かおめえの中に変化はあったか?
俺が、生まれてはじめて「気付き」を意識できたのは、19歳の時だった・・・。
その「気付き」によって、世界は一変したよ。
たとえば、それまで見ていた「灰色の空」は、「オパール色の天蓋」に変わり、「無味乾燥
な都会の風景」は、「ノスタルジックな巨大建築物」として認識できるようになった。
>なるほど・・・その「気付き」が、おめえの哲学の原点になっちまってるわけだ。
>一つ聞こう・・・なぜ、「空想」しようと思ったんだ?
・・・・特に目的があったわけじゃない。そうしないと、自分の大切な何かが壊れていく、失
われていくような気がしたからかもしれない・・・・・。
>その大切な何かとは?
今、思えば、それが「体感」だったのかもしれないな・・・。
俺は、ただ、「空想」することを欲し、そのとおりに実行した。
>なるほど・・・・では、おめえに第一の問いを出す。
>「人間関係において、相手を「嫌いだが許すべき者」と「好きでも許すべきでない者」に
分ける仕方を、空想という精神活動の視点から説明せよ」
>どうだ、これは、おめえにしか解けない謎だろう?
>レベル超Aの解答を期待してるぜ。


52 :人力飛行機:2005/04/15(金) 09:57:07
宅間との対話、面白い。まだまだ続くと思います。興味津々で読ませてもらいます。どうか頑張って下さい。ハ

53 :ローカルルール審議中:2005/04/15(金) 10:12:37
>>10
宅間守節キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

54 :tjrxf893:2005/04/15(金) 16:42:19
まず、「空想」が、どこから現れるのかを考えてみる。


>ふむ・・・「空想」の超越論的考察というわけか・・・まあ、いいだろう、俺もその思考法は
嫌いじゃねえからな。


たとえば、地球外の生命体というものを空想してみる。
そこに「空想されたもの」を、とりあえず100種類、思い描いてみるとしよう。
すると、その100種類の「空想されたもの」には、ある共通点があることに気付くだろう。

その共通点とは・・・「体感的恐怖、体感的快楽を現実に関係させる欲望」こそが空想であ
るということだ。


>「恐怖」も「快楽」も伴なわない「現実」はあるが、「空想」はないというわけだな。


生世界において、「恐怖」も「快楽」も伴なわない「現実」的意識のもとでは、他者に対する
「好き嫌い」は、感性と理性の論理的操作だけで決定されることとなる。

つまり、この場合は、「好き」=「許すべき者」、「嫌い」=「許すべきでない者」という単純な
論理だけが、自他の関係性を支配している。

なぜなら、「好き」な対象として認知されたものは現実的関係を許されていると考えることは
主体の存在を保持する本来性からすれば矛盾しないからである。


>わかってるよ・・・それが、おめえらの生世界の論理というやつだ。


55 :tjrxf893:2005/04/15(金) 18:24:26
>では、語ってもらおう・・・・「死の論理」というやつをな。
>「嫌いだが許すべき者」、「好きだが許すべきでない者」とは、「空想」が創りだす「死の論理」
において、どう理解されるべきなのだ?
たとえば、「何か赤いもの」を空想してみる。
俺は、「生き生きと広場を駆け回る赤いベストを着た少女」を思い描く。
ところが、きみは・・・・。
>「赤い血を流して死んでいる少女」を空想するね。
つまり、きみの体感から現れた空想と、俺の体感が現実に見ようとするそれとは、「生き生き」と
「死んでいる」ということにおいて矛盾し相容れぬ事態を志向していることが分かる。
このとき、この相容れぬ事態が、感性的生の地平に浮かび上がり「嫌う」という意識をもたらすの
だが、実は、この「嫌う」は感性と理性だけの論理的操作によって認知された「嫌う」ではなくて、
それらを包括する「空想」の中で感じられた「嫌う」感情であるがゆえに、その感情は、相手の体
感に気付くことで「相手を許す」べきことを主体に知らせるのである。
それは、まさに、「空想」からもたらされた好き嫌いという「感情」であるがゆえに、相手の「空想」
の元となる「体感」に気付かせる。
>それが「嫌いだが許すべき者」の「死の論理」的分析というわけかい。
>要するに、空想を忘れた現実は、許すという気付きまでをも喪失するということだな。
>有り難い話しだねえ・・・こんな俺の体感にまで気付いてくれてよぉ・・・。(笑)
誤解するなよ。それは、相手に気付ければ、の話しだ・・・。
相手にもよるってことさ。
>ハハハ・・・なるほど、それが次の論点に繋がっていくわけか!
>「好きだが許すべきでない者」だな・・・・まさか、これが俺「宅間」だとでも言うのかい?


56 :ローカルルール審議中:2005/04/15(金) 21:10:20
宅間さんは冤罪。

57 :ローカルルール審議中:2005/04/15(金) 21:49:24
新作映画発表

『ジェイソンvs宅間守』

あの世から甦った殺人鬼同士が壮絶なバトルを繰り広げるストーリーです。

58 :ローカルルール審議中:2005/04/16(土) 10:07:03
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|
          |ノ i    `ー'ノ i    ヽ` ~    イ::イ
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i



59 :ローカルルール審議中:2005/04/16(土) 10:34:53
  ,ィ´ 、ヽ、ミ、l i, ヾ彡ヽ
           /`ヾ ヽミ、l i,〃,、ィイ彡ヽ
          /、`ヽ,゙いヽノ.)ィイ,、ィイ彡!
            j三二jY´ `"""´  `ヾ、彡!
         ヾ三ニ「 `二二二´,、、,  V      引っ越し〜〜〜!
 | | |      ゞ三! ,rー-、   ,ィ´ , ト、
 | | |      ,ゞN  ,ィ@ン''´ ,ィ@ン''´ ! ヽ       引っ越し〜〜〜!
 | | |     ,ィ;:,イV'    '´ ノ 、 ``   !   \                 / \ヽヽ ̄ /
        ,イji/'¨´i    ,(..) ヽ  ,!    i                        /
          !/    ヽ    ,rェェェイ `, ,!     !
       /  _ _  \   ヽェェェj  !/      !                       / \ヽヽ ̄ /
      /     ``ヽ、`ヽ、 _ _ ,イ       !                               /
       |                      、 !
      |                      \
      |      ヽ                    |
二二二二,|       \                !二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
   \_ヽ        \   _ _ __ _ ,   /          __     ΛΛΛ
  \__ \     '"´ ̄ ̄        ̄|Y´ ̄`i────'´######| /     >
 \___  \             ___」,!   ノ────i ####|ィ      >
                                      ヽ#####,| \    >
                                              VVVV


60 :tjrxf893:2005/04/16(土) 10:40:16
>まさか、俺「宅間」が好かれていたとはねえ〜、驚きモモの木だな、ホント。


早合点しちゃいけない・・・きみを、生の地平において「好き」と意識できる者など、おそらく
誰一人いないだろうよ。

しかし、それは「生の地平」=「感性と理性の論理的操作だけの世界」でのことだ。
ここのところは、非常に重要な問題を孕んだ大きなテーマでもあるので後に詳しく語るつも
りだが、きみに同情するからというわけでもなく、これだけは言える。

「俺だって、そういう意味で人に好かれたいとは思わない」
世界中の人間に嫌われたって結構、というわけさ。(笑)


>その中身を、是非、聞きたいね。
>普通、生者としての人間なら、皆に好かれたいと思わねえかい?


その話しは後回しにしよう・・・・とにかく、次の論点で重要なのは、「好き嫌い」の部分では
なく、「・・・だが許すべきでない者」の「・・だが・・」の意味にあるのだよ。


>・・・・・どういうことだ?さっぱりわからねえ・・・・???。


まさか、きみ、こんなところでダウンするんじゃないだろうね。
まだ試(死)合のゴングは鳴ったばかりだよ。「秒殺」ってやつか?


>うるせえ、オレ様は、まだピンピンしてらあ!
>早く続けろ!


61 :河原美代子&林真須美:2005/04/16(土) 21:45:27
           __,,,,,__                                __
         , '"::::::::::::"' ,                             ,,-"::::::::::::::ヾ::ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::',     从从从从从从从从从从从      /:::::::::::::::::::ノノ人:::::::ヽ
        /::/'' ̄^~''ゞ、ヘ   < >>1お前のことを必要と >   ノ:::::::::::::::::::::ノノ   ヾ:::::::j
        |:/ \ _ /  ミ:::!  < しているやつなんて    >   i:::::::::ノノ::ノ,-‐'  ー-、|:::::/
        l:i ,ro、  ィo,、 |:|   < いないんだから      >   /":::::::::ノ  -tテ, (テ- ヽ、:|   
        l:{  ~ ノ 、~  ri   < さっさとカレー食って   >  i ::::::::/   ^ ´ ヽ´  iし/  
        ゙l:.ヽ `゚__゚ ヽ  ソ   < 引っ越せ!!!!!  >  ヾ:::::ゝ     ノ(`_ _) /::/
       ,r''ト、  〈 ̄ )' /     WWWWWWWWWWW    `r"     ノ、_,イ `  jノ
     ,/  ヽ\ `ニ'  / `ヽ                       /;;\ ヽ    ソ   丿
    /     ゙ヽ `ー- '、::::  ゙l,     /::/::/::/            /;;;;;;;;;;;;;;ヽ、  、___ ノ      ∬ ∬
   |;/"⌒ヽ,  \__ヽ:   _l_  /::/::/::/             i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ー――'ヽ __    ,;:^;:・;:;::;:,
__l l    ヽ____|ゝ⊂////`ゞ / /-―─--―─- 、     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 、,,-―;";;;;;;;ヽ_/つニニニニ⊃
    l,      l,     (  l,,l,|,iノ.  / /          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ     ヽ..    |      / /           |
     ヽ     'j    |   .,,,/"''''''''''''⊃.        .|
      ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j          .|


62 :tjrxf893:2005/04/16(土) 23:54:06
ところで、きみが「超約聖書」など刊行するものだから、バチカンは今、えらい騒ぎじゃないか。
>ハハハ、前の法皇が、こちらの世界(死の地平)で、どのあたりにいるのか、こっそり教えてやってもいいぞ。
あんまり興味はないねえ・・・・それより、きみは、そちらの世界で「彼」に逢ったことがあるのかい?
>「彼」って誰のことだよ・・・?
決まってるじゃないか、キリストと呼ばれた男、イエスだよ。
イエスは、きみに何か言ってたか?
>・・・・・フッ!そんなことか・・・ああ、言ってたさ。
>やつは、悲しみに満ちた顔で、オレにこう言ったのだ。
>「聖書に書かれていることは全部デタラメ」だってな!
ほう、おもしろいな。
ちなみに、聖書の中の、どの部分がデタラメなんだい?
>どの部分じゃねえ!全部だって言ってんだろうが!
そうだったな、すまん・・・じゃあ、聞き方を変えよう。
それが、どういうふうにデタラメなのか教えてくれないか。





63 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 01:23:53
自分の子供にプラスになることをこっそりと遂行し、
他人の子供にマイナスになることをこっそりと遂行すれば
我が子がよりいっそう可愛くて価値あるものに思われるでしょう。>>50

宅間を可愛がることで自分の地位が向上したと思える
人が若干名存在するかと推測されます。
サカキバラのときにもそういう人々は居りましたですはい。
宅間はたくさんの子供を可愛がってその地位が向上したと思えたようです。
その宅間を可愛がることで利潤が得られると思える人もいるのでせう。
まあ。あまりにも堂々としてますな。


64 :ごめんなさい:2005/04/17(日) 03:26:39
>>50です。>>50=>>44です。

>>63さん
ご返信ありがとうございました。
多分、同じような考えだと思うのですが、ちょっと判らなかったです。
、、、ごめんなさい、読解力なさすぎかも知れません。


65 :おやすみー:2005/04/17(日) 03:58:56
横レスで、見当はずれは自覚してるけど、
匿名の発話者の言葉から裏の意図を見いだそうとしたりするのはあまり健全でないと思う。
個人的なことだけど、近い将来、自分の言葉に責任が持てるようになれたら、ならなくては、と思っています。

66 :tjrxf893:2005/04/17(日) 11:04:55
>おめえは、えれえところから仕掛けてきやがったな・・・・。
>こんな、人類史を塗りかえるような歴史的発言を、ハエやドブネズミが好き勝手に
荒らしまわる掲示板に書き込めと言うのかい?
真理を語るのに、場所は問題じゃない。
きみの言葉は、表現された時点できみ以外の者の言葉ともなる。
それで充分じゃないか・・・。
>そうかい、そうなのかい・・・・では、言ってやろう、よっく聞きやがれ。
>まず・・・「神」とはなんだ?
生者としての人間が、普通に意識するところの「神」とは・・・・要するに、「あらゆる物事
の現前」であると俺は思ってるが・・・。
>まあ、そうゆうことだ・・・つまり、善きことの現前、悪しきことの現前、正しい人の現前
正しくない人の現前・・・罪の現前、祝福の現前、憎しみの現前、愛の現前、短慮の現前
知恵の現前・・・あらゆる出来事、あらゆる事態に、つねに「現前」する何者か、それが「神」
であると考えられている。


67 :tjrxf893:2005/04/17(日) 11:05:58
>しかし、それならば、善きことや悪しきことの、罪や祝福の、すべての場面に「神の配
慮」がなければならないことになる。
>だが、生世界は不合理な理不尽な出来事に満ちているよな・・・たとえば、オレが起こ
した犯罪のように、「意味もなく殺される」という事態が何故、「神」のもとで起こりうるのだ?
この事態が、もし「人の仕業」であって「神の配慮」ではないというならば、「神」の概念は
不要になり、聖書の、あの有名な一節、「父なる神は、悪い者のうえにも善い者のうえに
も太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らしてくださる」は嘘になる、という
ことだな。
>そうだ!なぜなら、悪い者と善い者に配慮して下さる「神」なのであれば、そのようなこ
とはしないだろうし、悪い者にも善い者にも配慮がないのだとしたら、そこに昇った太陽、
降った雨が、それだけが「神の配慮」であると信じなければならない理由は、どこにもない
からなのだ!!
なるほど・・・では、それをやるのは誰なんだろう?
>決まってるじゃねえか・・・人間だよ。
>生と死の地平を行き来する「人間存在」が、それをやるのだ。
「太陽を昇らせる」「雨を降らせる」ということが「神の恩恵」を意味するとしたら、それらを
すべて「人間に責任を負わせる」ということなのだね。
なるほど・・・人間は、今や環境を破壊しつくせるほどの、言い換えるなら「神に匹敵する
力」を持ってしまった。
それなのに、いつまでも「現前の神」を信じて何の意味があるのか、というわけか。 →次掲へ


68 :tjrxf893:2005/04/17(日) 11:06:06
>しかし、それならば、善きことや悪しきことの、罪や祝福の、すべての場面に「神の配
慮」がなければならないことになる。
>だが、生世界は不合理な理不尽な出来事に満ちているよな・・・たとえば、オレが起こ
した犯罪のように、「意味もなく殺される」という事態が何故、「神」のもとで起こりうるのだ?
この事態が、もし「人の仕業」であって「神の配慮」ではないというならば、「神」の概念は
不要になり、聖書の、あの有名な一節、「父なる神は、悪い者のうえにも善い者のうえに
も太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らしてくださる」は嘘になる、という
ことだな。
>そうだ!なぜなら、悪い者と善い者に配慮して下さる「神」なのであれば、そのようなこ
とはしないだろうし、悪い者にも善い者にも配慮がないのだとしたら、そこに昇った太陽、
降った雨が、それだけが「神の配慮」であると信じなければならない理由は、どこにもない
からなのだ!!
なるほど・・・では、それをやるのは誰なんだろう?
>決まってるじゃねえか・・・人間だよ。
>生と死の地平を行き来する「人間存在」が、それをやるのだ。
「太陽を昇らせる」「雨を降らせる」ということが「神の恩恵」を意味するとしたら、それらを
すべて「人間に責任を負わせる」ということなのだね。
なるほど・・・人間は、今や環境を破壊しつくせるほどの、言い換えるなら「神に匹敵する
力」を持ってしまった。
それなのに、いつまでも「現前の神」を信じて何の意味があるのか、というわけか。 →次掲へ


69 :tjrxf893:2005/04/17(日) 12:04:04
>だが、それは、あくまで「この事態が人の仕業であって神の配慮ではない」と仮定した場合の話しだ。


もし、「神」が、この不条理な事態をも引き受けてしまったら・・・?


>ククク・・・・その時、「神」は自滅する・・・・オレは、「神」に指一本触れずに、「神」をこの世界すなわち
人類史から、永久に追放することができるのさ!!!


そりゃ、すごいな・・・・。
あ、わるい・・・ちょっと、野暮用が出来てしまったんだ。
妻の家具選びに付き合わねばならないし・・・花見もしたいしなあ・・・。


>ちぇっ!勝手にしろ。
>まあ、生きてるうちが花だからな。せいぜい楽しみやがれ!


70 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 15:47:17
宅間が向精神薬を教員のお茶に混ぜたのは、
用務員室でAV見ながらオナニーしてるのを見つかったのが直接の原因だってさ。

71 :tjrxf893:2005/04/17(日) 20:00:50
>どうだった?子供と遊んでやったか?
ああ、有難う、楽しかったよ。
おかげで、思考が中断してしまったがね。
なに話してたっけ?
>しょうがねえなあ・・・おめえの頭が戻るまで、しばらくオレ一人で語ってやるよ。
悪いねえ。
>神の自滅とは、こういうことだ。
>時間的劣等性が垣間見せる「神」という幻は、たしかに不条理な事態を引き受けられ
るほどの神秘性と謎に満ちている。
>しかし、空間的同一性としての「死の地平」から、身体的体感的同一性の解放である
「清浄な体感」に従い「神の恩恵」を他者に与えることを想定してみた場合、そこには「神」
の概念なしに、というより、むしろ「神」の概念を排除する意識のあり方のままに、「他者に
区別なく恩恵を与える」という志向性が「体感を通じ意識にもたらされている」ことに気付く
だろうよ。
>この意味で、「神」が不条理な事態を引き受けたならば、その生世界での「神の配慮」
ゆえに、死世界からの「神の恩恵」を否定せねばならない、という矛盾に陥るのさ。
>その矛盾を解消できるのが、「神」ではなく「人間の体感」しかないというこった。
と、いうことは、あの聖書の一節は、どうなるんだい?
あれは、「神」についての言明ではなかったってこと?


72 :これにて御免:2005/04/18(月) 13:03:51
要するに地位厨が増えてしまったってことさ。
宅間が人のために弁護士になろうとしたとは思えん。
親が支援したのも、地位を獲得することで
失地を回復できると思ったからさ。
それにしてもつくづく地位先行の時代だと思うよ。
土地を買えば地位が上がると思い込める時代があったが、
大して進歩してないな。人が地位に対して抱く幻想に、
それを手にすれば楽になれるというものがあるが。
そういう人間は、はなからボケーっとしてくれてたほうが、
公共の利益になると思われる。そういう人間が地位にしがみつくから
無気力な人間が増えちゃうんだけどな。でも、現行の公共の利益って
奴は、問題を創造してビジネス印のオムツをあてがうことだからな。
問題がなくては生きていけない、それが現行の人間なのさ。
だから、地位厨をはじめとした問題児はこうやって歓迎されてる。
自分に降りかかるとき、その事を考えるときは歓迎されないけどね。
社会全体としては、問題児をサディストづらでビジネスする用意がある。

ちなみに、宅間は顎を損傷してからやばくなったなんて説もある。
顎を鍛えて歯を大切に。
ttp://www.gakukansetsu.com/index.html

73 :ローカルルール審議中:2005/04/19(火) 01:33:14
幸福は私たちが引き受けた。不幸は君一人で食い止めてくれたまえ。
こういう区別ある恩恵は神の恩恵ではないと言いたいのか?


74 :これにて御免:2005/04/19(火) 12:50:49
まあ。世間じゃ新しい問題を発見したなんてしばしば有頂天だが。
案外、古い問題がこっそりと培養されてたのかも知れねえな。

75 :ローカルルール審議中:2005/04/19(火) 16:03:07
宅間守は洗脳されていたらしい。

76 :ローカルルール審議中:2005/04/20(水) 10:43:11
            /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ ./           :::::::::::::::\
  | | ∧_∧  / /      \   :::::::::::::::|
  | |<`Д´ >.  | (●      (●    ::::::::::::::|
  | |し' ̄し'   | ∪      ∪   :::::::::::::|
  | |.       |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/     何?このスレ…。
  | |       ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|


77 :ローカルルール審議中:2005/04/20(水) 11:36:42
泣くな兄弟。体を大切にしておけば苦労だけですむ。
味覚だけは絶対に失うんじゃねえぞ。
実際、苦痛は苦労を味わうことすらゆるさねえ。
せいぜい気をつけることだぜ。>>76

78 :☆☆☆ワナの証人に教えを請え☆☆☆:2005/04/22(金) 17:11:43
電波遮断室に入れて回顧録を書かせよう
お前は、ピストルで撃たれたら、ピストルを壊して喜ぶ原始人だ。   鎖につながれたまま南極で死んだ犬だ!   何の解決にもならない
親でなく、悪友・パチンコ屋・詐欺師アイドル・チンドン屋TV・マフィアメディア、を信じるガキだ! 麻薬の売人にレイプされて笑うバカ女だ!
夢を見たまま殺されろ   醜い顔を、ブザマな姿を、愚かさを認めたくないだけだろ   ただのヒネクレ病患者だ
消えろ   周りの迷惑だから
( ハッカーはタダのPCお宅  =  マジシャン  ≠  神)

79 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 22:16:42
否定も肯定もなにも、その存在自体が夢ではなく現実だったのだから
その現実を否定せずに受け止める以外にないでしょう?

80 :マンセー古泉:2005/04/25(月) 21:28:03
池田小学校大量殺傷事件は
当局とマズーメディアの自作自演劇ですけど・・・
(だから、情報漏れがないようにほにゃらら大学付属で
寸劇が起きているんだが・・・)
宅間守は単なる犯人役。
で、目的は気違い処理法案を国会で通すため。

佐世保とか安城とか寝屋川とか奈良とかもね。

こんな気違いじみた寸劇をやっている
キチガイ官僚・公務員(給料合計30兆円)の生活の面倒を
全国民が一生みていかないといけないというのは
日本は終わってますね。。。

81 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:33:51
ソースどこよ?

>(だから、情報漏れがないようにほにゃらら大学付属で
>寸劇が起きているんだが・・・)

これ詳しく御願いできない?>>80


82 :tjrxf893は基地外です。:2005/05/02(月) 15:53:30
「宅間」の存在を否定したい、すべてのバカどもへ宣戦布告する。

哲学を「現実的事態に対する問題意識の言語化」であると認識する勇気のある奴は
参戦しろ。(別に俺の味方は必要ないがな)
哲学を「形式を重んずる哲学ダンスにすぎない」と思っている救いようのないバカは、
尻尾を巻いて退散しやがれ!
「宅間」を否定したいのは、つまり「宅間」が見ず知らずの他人だったからなんだろう?
彼が、現実的同時的に存在した「私にとってかけがえのない存在」「私にとって疑うべ
からざる存在」であったという認識が欠けてねえか?
バカどもは、こう言うかもしれない。
「肉親でさえ(宅間)の存在を否定したのだ。それは、つまり、現実的同時的にも奴を
肯定する者など居るはずが無い、ということの証拠じゃないか」とな。
つくづく、バカだな・・・・。
そういう表層的な論理的解釈が、バカどもの認識の正体だ。
では、聞くが、「いったい、どのような極悪人であろうとも、実の子供の存在を心の底か
ら否定できる親など居ると思うかね?」
それは、せいぜい「子供の存在の否定」ではなく「子供の論理的解釈による否定」だろうが
ドアホ!!
「子供の論理的解釈による否定」とはな、「子供の社会的最適化による否定」とも言うのだ。
ちなみに、俺は、そういう論理的解釈の錯誤を訂正しようともしない哲学者どもを「クズ
哲」と呼んで、「宅間」よりも重罪に処したいと考えている・・・・・。
俺は、まったく底の浅いクダラねえ論理的解釈によって(実の親を含めた)世界から見
捨てられた「宅間」を、現実的(無前提的)に、今一度「かけがえのない存在」として肯
定してやる。
どうだ、「気付き」のないバカども!
俺の前で、「宅間」を否定する自論を開陳してみろよ。
ただし、ただの哲学ダンスを踊るだけだったら、やめておけ。死ぬだけだぞ・・・。


83 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 22:36:24
>>1
いや、宅間はちゃんと坊主を刺した。

84 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 22:43:41
宅間は権力意志を理解している、超人的な犯罪者である。
ヒューマニズム馬鹿には理解不能な存在である。

85 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 22:47:48
>>82
おまえ、ヒューマンなお子様だね。

86 :tjrxf893:2005/05/07(土) 23:23:20
要するに、あの聖書の一節は、「神的直観」として意識にもたらされるかぎり、人間存在の
 リアリティー(無前提性)を奪う偶像的呪文でしかない、ということだな。


つまり、イエス個人のリアリティーから発せられた言葉だと?


>そのとおり・・・・だから、「イエスは神を信じながら、死の寸前まで神に問いかけ続けた」の
 だよ。


そうか・・・その時点では、彼は、まだ完成していなかったということか・・・・・イエスとは、その
生誕の瞬間から完全な存在であるかのように、少なくとも俺は思い続けていた・・・・しかし、
それは・・・・・・。


>あまいねえ・・・おめえは、イエスが、キリスト教創設のための単なる傀儡だったとでも思って
 たのか?
>キリスト教会は、イエスの存在を利用したのかもしれん。しかし、イエスの意味は利用された
 だけで消えるような、そんなチャチなもんじゃねえんだよ。


きみは、もしかして・・・・まさか・・・・神を頂点とする三位一体を、イエスを頂点とするそれに書き
換えるつもりなんじゃあ・・・・・・・?


>やっと、気付いたか・・・・遅せえんだよ・・・・。

87 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:32:15
tjrxf893は基地外です。

88 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:35:16
ああそうなんだ。
議論したいわけじゃないんだ。
ただ喚き散らしたいだけなんだ。
ただ甘えたいだけなんだ。
世間や社会や親に、仕返ししたいんだ。
もっと甘えたいんだ。
甘えさせてくれないから傷つけるんだ。
じっさいに傷つける度胸はないから、
犯罪者を称揚するんだ。

89 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:40:26
議論したいわけじゃない。
正面から戦いたいわけじゃない。
それが出来ていれば、
なにもこんな所で喚きたてる必要はない。
現実でもっと上手くやれる
もっと上手く生きていける。

だから予め、自分をキチガイと前もって卑しめておくんだ。
叩かれても傷つかないように、
甘い甘い思いが傷つかないように、
世間の建前という得体の知れない敵を
好きなようにでっち上げて、
それに戦いを挑むんだ。

90 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:48:03
貧乏人

91 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:48:40
アモルファスのように
鏡のように
像は描かれる
幾分かは
それを描くものの相貌に似て

わたしを肯定して下さい
わたしを否定しないで下さい
わたしを置いていかないで
厳しい世間の波にさらさないで
肯定して
肯定して
どんなことがあっても
どんなことをしても
人を何人殺しても
わたしを肯定して
肯定して
肯定しろ
肯定しろ
肯定しろ!

92 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:52:50
そこにある
わたし・わたし・わたし
セカイからこぼれ落ちるほどのわたし

このわたしがわたしであることによって
世界はわたしのものである
わたしのためにあるべきものである

わたしに跪き、頭を垂れ、
その全てを以てわたしに仕え、
わたしのために死ぬべきものである

わたしは世界を殺す権利を持っているのだから

93 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:56:08
<わたし>を<他者>が肯定するとは、
そのようにあるべき事である。

<わたし>がなにをしても肯定してくれる世界とは、
<わたし>のためにその命を惜しまず、
その柔らかい喉元を、ただ<わたし>の気まぐれによって
差し出してくれる世界である。

94 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:07:16
これは愛である
これは至上の愛である

絶対無償の無垢なる犠牲のみこそ、
真実の愛の証であるのだから。

いつの日から隔てられた
<わたし>と<あなた>が再び融け合い合一する、
その時すべては肯定される
憎しみも悲しみも怒りも
引き裂かれ、孤独に曝される不安もなくなる
真の肯定
真のYes

95 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:13:01
<わたし>が<わたし>であることの不安
<わたし>が<あなた>から引き離されたことからはじまった、
すべての生まれいづる悩みも苦しみも、
<あなた>=他者や世界の諸々が死に絶えることで、
終わりを告げるでしょう。

あなたのすべてがきえさって
あなたのすべてを<わたし>がのみこむとき
あなたのすべてがわたしの所有に帰するとき

愛は成就する
円環は閉じられる

不安はこの世を去る

だから<わたし>を肯定しなさい
だから<わたし>を肯定しなさい

どんなことがあっても
どんなことをしても
人を何人殺しても
わたしを肯定して
肯定して
肯定しろ
肯定しろ
肯定しろ!

96 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 05:57:51
無知の涙

97 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 12:21:49
永山とは違いすぎる。

98 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 12:45:05
宅間は、永山の「無知の涙」を読み、どう感じるだろうか

99 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 13:49:28
宅間の蛮行も、世の中の慣性を一瞬減速させただけに終った
なんせ9.11テロですら
あのリアクションですからねー
ダメダメですわー

100 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 14:25:50
ホリエモンが「親の愛すら信じない」「女は金で買える」
というのはすんなりとよい。有価値言説

自民党政治屋が「滅私奉公」とかいうのは氏ねとか思う。無価値言説
宅間が「わしの自殺価値=金持ち子供8人ぶん」とまあ
だいだい本当の事を言うのもやはり氏ねと思う。無価値言説

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)