5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【降りる自由と】東浩紀スレッド44【僕たちの未来】

1 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/14(土) 09:20:17
hiroki azuma website
http://www.hirokiazuma.com/
hiroki azuma blog
http://www.hirokiazuma.com/blog/
前スレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1111579701/
過去スレは>>2-10くらい


2 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 09:24:56
逃げた

3 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 09:48:36
しろうと乙

4 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 09:50:52
切込祭りでisedがパニクッてたりしないかなぁ
メンバーに入ってたらすごいことになっていた。

5 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 10:11:17
経歴詐称が事実だったら、切込は自分の壮大な妄想を多くの2ちゃんねらーに信じ込ませ、
「切れ者」「カリスマ」なイメージをネット世界であそこまで演出できたわけで、そりゃそれで面白い

「声優」で「精神科医」を自称してた小林並に面白い

6 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 12:57:00
    _ -一-、,- 、     
   /三三三彡lミミ`    
  /〃三三三彡ノ`ヽ ミl   
  /,_二一テ ̄    `J   
  l川テ~ ⌒   ⌒  l   
  l川  -=・=- -=・=- l   
  (6l      つ   〈   
  l       _っ   ヽ  
  l      〔_丿    〕  降りる勇気を!
  入     ー-    /      
/  へ        ノ  
l     \` -ー―ーフl   
      \/\/  \

7 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 13:54:38
あずまんは切込隊長批判してたから↓のリストに加えてもいいよね

6◆山本一郎のペテンとインチキを見抜き、今になって「実は偉かったんだな」と株を上げた人◆
  西和彦。木村剛。西村博之。(山形とネット上で論争した)浅田彰。

東:僕は47氏が逮捕されたときにつぎのように書きました(註06)。現
行の法律をそのまま解釈すれば、200万人とも言われるWinnyのユー
ザのほとんどは逮捕されてしかるべき潜在的な犯罪者ということになる。
「自分は合法的なものしかやりとりしていない」と思っていても、Wi
nnyはそもそも、違法なコンテンツも交換せざるをえない仕様になっ
ている(註07)。しかし、これは見方を変えれば、法のほうが間違って
いるということなのではないか。200万人を潜在的な犯罪者にしてしま
う法は、すでに法としての機能を失っているのではないか、と書いたん
です。後から気づいたのですが、レッシグも『Free Culture』のなかで
ほぼ同じことを言っていますね。
 しかし、これを書いた後、「何を東は青臭いこと言ってるんだ」的な
反応がけっこうあった。たとえば切込隊長氏からです(註08)。しかし
僕は、彼らの反応のほうが青臭いと思った。200万人が潜在的犯罪者だ
という現実を前にして、「それでも彼らは違法行為をしているんだから
犯罪者なんだ」という主張は、一見現実主義に見えて本当は極端な理想
主義だと思う。レッシグが『Free Culture』で苛立っているのも、結局
はその法と現実のあいだの乖離に対してでしょう。だから、僕は、Wi
nnyのユーザが急増しているという問題に対して、「それは現行法で
は違法なんだからしないべきだ」という「べき論」で対処するのではな
く、「現実に多くのひとがその法を破っている」という現実から出発し
て新たな法や制度を模索するしかないと思う。これが、一見理想主義に
見えて、長期的にはもっとも現実的な解だと思うんですよ。


8 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/14(土) 13:58:04
>>1
乙!

9 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 14:13:40
豚あずまん萎え

10 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 14:23:35
若いころのあずまんの顔は正直嫌いだな。
なんかあの顔、人間的な未熟さがにじみ出てなかったか?
造作とかは似ても似つかないのに、、
なぜか若い頃のあずまんの顔は、
俺に、ドラえもんのスネオを思い出させるんだ。
今は余計な肉が付いて人間離れしてきているので、
そういう人間的な部分が隠れて見られる顔になってきたと思うな。
まあ、キモいんだけどね。

11 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 14:28:17
isedは更新。
誰も過去スレはらずに10が過ぎる。
しろうとは責任とって持ってるエロゲをすべて列挙しろ
今アキバで買ってきたやつもだ!!

12 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 14:36:09

    _ -一-、,- 、
   /三三三彡lミミ`
  /〃三三三彡ノ`ヽ ミl
  /,_二一テ ̄    `J      _____________
  l川テ~ ⌒   ⌒  l   /
  l川    ●  ●  l      おいおい、もう44スレ目かよ。
  (6l      つ   〈     
  l       _っ   ヽ <  もうおれのことはいいって。
  l      〔_丿    〕    
  入     ー-    /      
/  へ        ノ   \ 
l     \` -ー―ーフl       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
      \/\/  \



13 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:05:28
ロフトのイベントは盛り上がらなかったのかしら

14 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:15:29
だれかブログにうpしろよ。

15 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:17:12
あずまんははてなの緩さが好きなので、浅田彰のように怒ることはないでしょう。

16 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:25:38
ttp://d.hatena.ne.jp/gentledog/20050512
私の名前の由来ってなーにー?と将来問われる東先生

17 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:28:37
>東浩紀が可哀そうな物を見るような目で、滝本氏を見てた

>東氏は一生懸命食い下がって、その彼女が実在しないであろう事と滝本氏が
>Winnyをやっているだろう事を吐かせようと
おもすれー( ^ω^)

18 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:29:37
ところどころのblogに レポうpされてるよ
キーワードで検索すべし

19 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:30:18
日本人としてのアイデンティティーなんてそんなに今の若者の
アイデンティティーにとって大きな位置を占めているのかなぁ?
そのような若者がいるとすれば、それはオタク系ということかな。

20 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 15:52:12
北朝鮮・中国系のニュース見て真剣に考えちゃう 真面目な若者って感じじゃないの
素直な感じのさ。

21 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 16:07:28
なんかきもい二人だなw
でもおもしろい

22 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 17:35:34
>日本人としてのアイデンティティー

そういう大文字のアイデンティティ(?)が機能不全を起こしているという
のが浩紀タンの捉えるところのポストモダン認識だったんではないの? 勘違い?

23 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/14(土) 17:47:03
ちょっと動物化してきました

24 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/14(土) 17:47:39
いや、秋葉でフィールドワークしてたんですけどね


25 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/14(土) 17:48:27
過去スレ
ttp://mentai.2ch.net/philo/kako/948/948618784.html
ttp://mentai.2ch.net/philo/kako/972/9740879.html
ttp://mentai.2ch.net/philo/kako/996/996047666.html
ttp://mentai.2ch.net/philo/kako/1006/10063/1006304253.html
ttp://mentai.2ch.net/philo/kako/1012/10127/1012753797.html
ttp://academy.2ch.net/philo/kako/1020/10202/1020297459.html
ttp://academy.2ch.net/philo/kako/1024/10245/1024548974.html
ttp://academy.2ch.net/philo/kako/1027/10277/1027769890.html
ttp://academy.2ch.net/philo/kako/1028/10286/1028639023.html
ttp://academy.2ch.net/philo/kako/1031/10315/1031535072.html
ttp://academy.2ch.net/philo/kako/1034/10340/1034013374.html
ttp://academy.2ch.net/philo/kako/1038/10388/1038899976.html
ttp://academy2.2ch.net/philo/kako/1043/10435/1043592999.html
ttp://academy2.2ch.net/philo/kako/1047/10479/1047915960.html
ttp://academy2.2ch.net/philo/kako/1051/10513/1051372807.html


26 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/14(土) 17:49:25
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1053135776/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1057799059/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1061802859/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1063619634/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1064307236/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1065706611/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1067411779/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1068651933/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1070144446/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1072112037/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1072669641/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1076402264/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1074934480/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1077538574/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1078974353/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1080273593/
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1082408991/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1084421829/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1086163585/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088598365/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1092503274/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1095431713/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1097164621/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1098848243/
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1103601634/
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1107642197/


27 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/14(土) 18:13:17
エロゲは買ってないですけど
メイド喫茶に行って来ました


28 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 18:19:08
しろうとは会社員?

29 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 18:42:43
先日のロフトは大学生っぽい客ばかりだったね。

30 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 18:50:07
メイド喫茶とか入るの勇気いらないか?wwwww

31 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 19:04:29
「新現実って名前僕が考えたんですけどね・・。ええ・・。」

32 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 21:01:03
切込祭りが楽しすぎて
ised読むのマンドクサイ
誰か2行で要約して。

33 :「オッス オラ 極右」:2005/05/14(土) 21:08:38
切込祭りって何処で行われてるの?
ブログの祭りってどんな感じ?

34 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 21:39:36
場所はおもに2chの各板じゃないかな。
投資板が本拠地?
哲学板にもあってしろうとがコメントしてたな。
スレッドストッパーに止められたけど

プロガーは沈黙。
今までみんながみんな切り込み隊長は優秀!
切り込みは正しいって問答無用で持ち上げてきたから
今になってうろたえてます。

逆にごくわずかにいたアンチ切込隊長の人がものすごい持ち上げられよう。
切込を持ち上げていた山形と敵対していたというだけで
なぜか浅田彰まで優秀な人扱いされてます。

35 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 21:40:50
隊長のプログは今日はもうずっと落ちてていけない

36 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 22:01:36
    _ -一-、,- 、     
   /三三三彡lミミ`    
  /〃三三三彡ノ`ヽ ミl   
  /,_二一テ ̄    `J   
  l川テ~ ⌒   ⌒  l   
  l川  -=・=- -=・=- l   
  (6l      つ   〈   
  l       _っ   ヽ  
  l      〔_丿    〕  ヒステリー言うな
  入     ー-    /      
/  へ        ノ  
l     \` -ー―ーフl   
      \/\/  \

37 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 22:09:37
NHK教育を見て9572倍賢くふるいお城の物語
http://live20.2ch.net/test/read.cgi/liveetv/1116074434/


38 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 01:05:37
切込祭はもうかなりたこつぼ化が著しい。
まとめサイトを作ってる、元々は懐疑派だった人間ですら
総じて切込の経歴が真であったと判断しつつあるのが現状で、
今でも騒いでいるのは劣化したアンチとそれと同程度の信者のみとなってる。
つか、当然っちゃ当然だが。
そしてスレ違い。

39 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 03:44:23
え・・・












他スレでそんなこと言ったら
100%隊長の自演だと思われるよ。
プログ炎上、鎮火したと思ったら再炎上繰り返しでもう一ヶ月。
すでに炎上というよりストーブとか暖炉と言われとるぞ
俺様キングダム・・・

40 :切込みプログ:2005/05/15(日) 04:08:20
isedに顔出し&本家落ちる騒ぎ

isedに呼ばれて逝ってみたら、何か愉快な話をしていた。
その後、宴会があったので顔だけ出そうと思ったところ
なんかビールが出てきてそのまま居座ってその後の会合に
遅刻する騒ぎになった。どうだかな。
とりあえず青のチェックシャツといういでたちの小倉先生と初遭遇。
笑顔のチャーミングな人であった。
高木浩光氏を挟んで炎上とは何かについて騙り合う。これだ。

その後、何でも茶ぶろが落ちる騒ぎが。
おいおい。いまここでライブドアブログへ移籍する準備を始めるべきなのか。
そもそもなぜライブドアブログなのかは知らんが。

642 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2005/05/14(土) 23:43:33 nwzOVuJT
東くらいしか知らんなぁ、有名どころ
ってか文壇/論壇系に近づいてどうするよ?ってな話だが

644 名前:名無しさん@お金いっぱい。 投稿日:2005/05/14(土) 23:46:20 /G1q7cCD
「けなす技術」で言及してたからでしょ

41 :切込みプログ:2005/05/15(日) 04:11:32
スレ違いでなくなる可能性も・・・

42 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 10:10:08
「浩紀」は浩宮と紀宮なんだってさ。

43 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 10:26:37
ご両親は右翼?

44 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 10:45:45
>・CLANNADもやってないそうです。東氏はやっており、
>今度娘さんが生まれるらしく、奥さんの名前もCLANNADのキャラと一緒なので、
>娘さんにもCLANNADのキャラクターの名前をつけるそうです。おめでとうございます。

オタクの自分から見ても
頭がおかしいんじゃないかと思う。
娘さんが自分の名前の由来を聞いてきたら
どう答えるつもりなんだ。

45 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 11:15:32
羞恥プレイ
ハアハア



じゃないか


46 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 11:56:23
両親の顔から判断して、
娘はそんなにかわいくない

47 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 13:34:57
ttp://d.hatena.ne.jp/solar/20050515/p1
>ひとつの見方では、コメント欄の炎上を起こす原因は、
>1)対象となるエントリーにおける意見の表明なり、よりささいな場合には特定の
>言葉遣いなりを、全体の文脈から切り離し、まさに言葉尻だけをとらえて「脊髄反射」
>的に反応するような「動物化」したユーザーの存在である(これをさしあたり、「ネット
>大衆」と呼んでいいかもしれない)。


あずまんがどう説明しようと、isedみたいな場で
やっぱり「動物化」=読解力のないバカという風に
使用されているのはどうなんだろうね。

48 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 13:40:11
だってオマエ、読解力のないバカじゃんw

49 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 13:47:20
>>48
こう返すと無限反復するけど
「オマエモナー」と「脊髄反射」でこたえてる48こそ
読解力のないバカじゃん。

13:34:57に投稿されて13:40:11に即レス。
URL先も読んでないだろ。
わが身を振り返れっての。

50 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 13:52:02
>>49
ププ

51 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/15(日) 16:11:32
>>47
「動物化」=読解力のないバカ。これでいいんだよ。

52 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 16:13:30
もう性別わかってるんだね。
あずまんの娘さんの名前は
渚、杏、ことみ、智代、風子、有紀寧、椋、美佐枝、公子、芽衣のうちの
どれかだ。


53 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 16:17:40
>>51
あと「オマエモナー」とか「脊髄反射」とか言い返せば
批判的な態度をとれる、と勘違いしていることも
動物の特徴です。
「俺は自分の欠点を自覚している、お前はそうじゃない」
という立ち位置を振り回して他人を断罪するバカ、
よくいるよね。

「人間のフリをするゾンビ」と北田本では言ってたっけか。

54 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 16:21:27
49は「オマエモナー」は無効だと言ってんじゃないの?

55 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 16:34:48
>>53
批判的な態度をとりたがるってのはアイロニーなんだから
きわめて人間的だろ。

56 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 16:38:33
>>55
出た!「アイロニー=人間」の図式的理解。
まさしく動物w
正確にいうなら「人間と思いこんでいる動物」
ばいばい

57 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 16:46:16
子ども生まれたら趣味に使う金を切り詰めなくちゃならないな。

58 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 18:40:01
>>46
肥大化する前のあずまんは美青年でしたー
だから娘も凛々しくなる確立はありますー

59 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 19:38:05
>>39
序盤はともかく、徐々にあまりの陰謀論的ダレダレっぷりが酷くなってきて
スレ見るのやめた。
でも一応、まとめサイト&ブログはチェックしてるので事態は把握してるつもり。

60 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 21:10:57
>>58
いや、顔つきを知っている。
写真写りが良かったのですよ。

61 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/16(月) 02:09:42
>>56
言っている意味が良く分からんが
>>55が正しい。イロニーは少なくとも「動物」の特徴ではないよ。



62 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 02:23:29
>>61
アホか。
それは東の「動物化」の議論に対して
「人間は動物とは違うんだから(そのような議論は)まったく無意味だ」
と言ってるのと同じ。

実際の「動物」がアイロニーを理解できたり使えたりすることと
「アイロニーが自動化したコミュニケーション」によっかかる人間が
あたかも動物のように映ることとは区別しなきゃ。

63 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/16(月) 02:47:26
>>62
だから「動物化」した人間はイロニーのような複雑なコミュニケーションはできないってことなのだが。
イロニーっていうのは精神分析の文脈から言えば神経症的な転移の結果として現れてくるものだから、
東の言うような象徴界が機能不全を来たしている「動物」において認められる特徴ではない。

おそらく君は、「イロニーが自動化したコミュニケーション」を「動物」はただ脊髄反射的に自動反復し
ているだけなのだからそこには本質的なイロニーはない、といいたいのだと思うが、イロニーの定義
上、それが自動化するようなことは決してない(紋きり型のイロニーはイロニーとして機能しない)。
絶えず流動化するようなコミュニケーションにあってはファルス中心化された「人間」だけがそこで
イロニーを駆使した無償の「おしゃべり」ができる。そのようなコミュニケーションの場それ自体に
興味を覚えないのが、「動物」の特徴。

64 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 04:53:02
>>63
こいつアホか。
「イロニーのような複雑なコミュニケーション」って論点先取じゃねーか。
「人間が行ってるのは複雑なコミュニケーションだから(=アイロニーだから)定義上動物じゃない」
と言ってるのと同じ。トートロジー。

それって、もしかしてアイロニー?w

というか、あんたみたいなのを動物って言うんだよ。
>イロニーの定義上、それが自動化するようなことは決してない
ってあんた自動書記かよw
いつのだれの定義であーだこーだほざいてんだ?

>絶えず流動化するようなコミュニケーションにあってはファルス中心化された「人間」だけがそこで イロニーを駆使した無償の「おしゃべり」ができる。
ここであんたがやってるのは「イロニーを駆使した無償のおしゃべり」とやらか?
トリップまで付けてやがるくせに。(ぼんやりとしたものであれ)名誉欲じゃねえかよ。ちがうか?

そういう「人間のふりをしたがる動物」がうじゃうじゃしてるんだよ。ここにはな。あんた含めてな。

「人間」なら恥じて出てこなくなるはずだがな。「定義上」w

65 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 09:38:43
ヒロインは前田亜季!「最終兵器彼女」映画化




66 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 12:34:30
>CLANNAD

首輪監禁男は、クラナドの制服を買って
女性に着せていたそうだけど
あずまんのコメントが聴きたいところです。

67 :66:2005/05/16(月) 12:37:48
検索かけてみたら間違ってた。
自分の女装用だった。

68 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 13:04:48
>イロニー=人間うんぬん
なんかもう、ゲーム脳とゲーム脳脳の話みたいだな

69 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 13:21:22
>>67
ttp://www.getchu.com/soft.phtml?id=169041
ヲタクの方たちは、やはり自分で着るのでしょうか?

70 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 14:11:26
誰が買うんだよ

71 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 14:13:01
定価10万円……

72 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 18:47:53
>>70
あずまん(娘用)

73 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 20:24:19
切腹ってイロニーだっけ?

74 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 21:09:15
マロニーでいいよ

75 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 23:37:03
このスレ見ても、なんかマジで盛り下がってきとるな。

76 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 00:28:03

              ##
              ##
          ⊂⊃  #
        , '"  ̄ ヽ. #
        ル)"ノノルλ ‡  ┌────────────
      ◯ ルil ゚∀゚ノリ ◯ < ぴぴるぴるぴるぴぴるぴー♪
        \    ./  .└────────────
       _/ __ \_
      (_/   \_)
           lll

77 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 02:27:37
ここはひとつ

78 :「オッス オラ 極右」:2005/05/17(火) 06:38:31
2ちゃんねるに明らかに間違った書き込みがあるとする
しかしそれは、素で間違えてるのか、釣りなのか、コピペなのか判断できない
つまり決定不能になってる
こんな世界では人は動物かするしかない
馬鹿だから動物になるのではなく、動物にならぜるをえない環境ができてしまったのだ

79 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 08:11:17
隊長ってロスチャイルド家だか知らないけど、ユダヤのトップと交流があって
主要先進国の中央銀行の総裁ともアポなしで会合が持てる立場の人だよね。
このクラスになると何時でも兆単位のお金を儲けられるわけで、当面の私財の増殖には、
既に興味を失ってるんじゃないかな?

80 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 08:34:29
今年の納税トップ
サラリーマンで給与100億ってどーなってんの?
あずまん何人分だよ

81 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 08:44:21
素で釣られるのが動物だろ?

82 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 11:07:08
だれかおしぇーて

象徴界 = 社会
想像界 = 個的精神
現実界 = 身体

こんな感じ?

83 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 12:08:11
あほかっ

象徴界 = 萌え
想像界 = ハアハア
現実界 = ドピュドピュッ

84 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 16:07:12
>>83
素晴らしい喩え(笑

85 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 16:09:39
象徴界ってべつに人間特有じゃないんでしょ?

86 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 17:09:29
>>85
想像界ならわかるが、象徴界が人間特有じゃないって・・・・・・
どの動物が象徴界を持っているのか。
ボノボ? イルカ?
ま、この辺の話は斎藤との最初の対談でも出てくるけどね。
動物はワールドプア。

87 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 19:36:31
2年に1冊ぐらいは
本出してくれないかなぁ。


88 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 22:28:06
>>60
今日 本屋で存在論的、郵便的の後ろの
著者近影を見ました。
やっぱり若かりし頃のあずまんは美青年でした。
あの写真で確信しました。

今のあずまんは動物です。豚です。

89 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 22:42:59
美青年だったことは
「郵便的不安たち」の新聞広告で
上半身の写真が大きく扱われていたことからもわかる。

今、新刊が出ても著者写真は広告に使えまい。

90 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 23:35:38
娘さんが生まれるって?おめでとう。
しかし、娘を持つ父親になってまでエロゲ
にはまってたら、本当に動物だぞ。
名前も、ちゃんと考えてあげなさい。
曲がりなりにも(かなり曲がったけど)、
哲学や文学の素養があるんだから、
エロゲから名前を引用するんじゃないよ。
奥さんも、嫌でしょ。娘さんがかわいそう。
とにかく、これを機会に、エロゲもラノベもサブカルも
卒業しなさい。

91 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 23:42:18
>>87
出版社から総スカンを食らってるから難しいだろうね。

92 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 02:45:15
>>90
夫婦で仲良くエロゲやっているんですよ。
オタクにヌルいと言われる真の理由。

93 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 08:35:52
DQN名の例      非DQN名の例 

「翔」「勇」「竜」「龍」  「徳」「幸」「仁」「英」
「太」「輝」「丈」「也」  「信」「誠」「隆」「礼」
「純」「涼」「斗」「樹」  「博」「恵」「智」「明」
「亜」「菜」「麗」「璃」  「敬」「清」「良」「謙」
「虎」「駿」「未」「夢」  「文」「尚」「直」「孝」
「遊」「隼」「紫」「飛」  「秀」「寛」「友」「知」
「蘭」「星」「聖」「宙」  「学」「正」「康」「道」
「流」「駆」「舞」「羅」  「崇」「裕」「徹」「哲」
「月」「風」「嵐」「華」  「実」「志」「彰」「彦」

非DQN名ってのは、精神的、道徳的価値観を表す字なんだね。
それに対してDQN名(珍名と言っても良い)は、威勢の良さと
表面的な綺麗さだけ。
つくづく思うのは、ここに挙げた非DQN名ってのは、
ちょいと前までは極めて一般的で、これらの字を使ってない
名前を探す方が困難だったってこと。
何というか、知性の崩壊が進んでいることを実感するね。

94 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 08:55:03
>>86
人間特有の象徴界って具体的になにを指しているの?

95 :& ◆vGPd8m6uvw :2005/05/18(水) 10:48:47
具体的には抽象的なものです。

96 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 10:50:02
具体的には萌えるものです。


97 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 12:07:53
>>93
いまの十代には単に統計的に「DQN名」の方を
使っている香具師が多いだろうから、
そういう表を見せられても、
年寄りが若者を攻撃するために使う方便にしかみえないな。

98 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 12:31:53
漢文、中国文化の影響がほぼ途絶えて、
漫画的発想のなんちゃって万葉仮名が流行ってるだけだろ

99 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 12:36:37
単に統計的に使ったり漫画的発想だったりってのが、DQNっぽい
ギャルゲからとらなくてもかぶりそうだな

100 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 12:56:47
>>93が言う「DQN名」のついた人名、明治時代にはたぶん出揃ってる。

101 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 14:48:33
なんか源氏名っぽいな。
ヤンキーかエロゲのキャラか、みたいな。だからDQNなんだろ?

102 :考える名無しさん :2005/05/18(水) 14:59:50
  ヽ/⌒ヘ~
  ., 't,_,ノ丶  ○, - ─- _○  、
 /  !   ',/巛(リノ))ヽ\ヽ/ ヽ    東ゆうゆでちゅ
      川 / ●        'i, i     
       / ″      ●   i川
      ノ从    ○.    ″丿从   〜 △v
      |`:、\    uii   __,/__ノi       厦
      'i、 ̄~))   iji ((____,ノ
        ^- i' '      ヽ| `i      ∧∧∧
         i_____ 'l_|、    (    )
        ノ          ,ゝ       ~ T ~
       ~^''!, ̄ T T ̄ ,!_       <ヽ | //
          \ l, ~''‐--::,,⊃ ) )    \| ノ

103 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 15:29:10
かわいい、萌え萌えです。

104 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 15:39:01
              ヽ  ┌┐               _ 
      /─┼─   ̄/ └┘   __  _|_|_    /
───     ┼    /│ヽ│|      /   |  |  )  /⌒ヽ
        ─┴─   .│ ノ レ つ  (_   \      ○_ノ



105 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 16:38:37
中学生になったら ショタ本を買い漁ったりするのだろうか…
東はそのとき どういう対応をするのか…

106 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 18:05:06
>>105
その前に、東の娘(風子(仮)たん小学3年生)にオタクたちが見てもいないのに萌えだし、
「ウチの娘で勝手に萌えるな!」
と、オタクたちにキレてオタクバッシングに転向。
規制強化の論陣を張ることに。

107 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 19:25:08
家族ネタは止めようぜ。
表現職やってる奥さんはともかく、さ。

108 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 19:32:49
メタリアルフィクションだからいい

109 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 20:17:58
「では日本で、なぜこうもキャラクター文化が発達し、人々がキャラ化してきたのか。」
ttp://www.hirokiazuma.com/texts/character.html

この問いに答えるために、あずまんは自分の娘を命名の段階から
「キャラクター化」しようとしているのです!

>家族ネタは止めようぜ。
まだ生まれていないんだからフィクションとして語っているだけだよw
生まれたら家族ネタは止めるよ。

110 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 20:28:30
>>93
最近の若いやつでも、さすがに大卒の夫婦なら左の文字は使わないだろうな。
まあ、「也」の付く文化人はいっぱいいるわけだが。それに「龍」は干支だからね。

111 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 21:57:45
>>93
俺の名前は右側の文字だな

112 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 23:19:38
子どもが生まれたら左の文字(珍名)は使うのやめよう、って考えることにしたよ
確かに道徳的価値を表す名前のほうが子どもはまともに育ちそうだし
子どもの名前のせいでDQN親認定されることもなくなる

113 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 00:11:35
じゃあ、この人たちやこの人たちにあやかって名前をつけた人もDQNか

近藤「勇」 芥川「龍」之介 司馬遼「太」郎
松浦寿「輝」 中原中「也」 小泉「純」一郎(父は純也)
葉山嘉「樹」 「菜」穂子(堀辰雄の小説) 藤原瑠「璃」(源氏物語の玉蔓)
長尾景「虎」 秋山「駿」 小川「未」明 竹久「夢」二 赤瀬川「隼」
「紫」式部 室生犀「星」 田辺「聖」子 清涼院「流」水 永井荷「風」

114 :(-.-)y-~~~ :2005/05/19(木) 00:18:36
象徴界の機能不全というよりは、

象徴界と想像界との境界の曖昧化こそポストモダン!

115 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 00:28:36
>>113
よーし、司馬遼「太」郎にあやかって「太」の字をいれるぞー、ってこと?
そんなやついないだろw

116 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 00:34:06
>清涼院「流」水
は明らかにDQN

117 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 01:05:34
つうか昔の非DQNは古典から名前取ってたろ。
そういう知的な参照元があった。
一方DQNというか平民は参照元自体がないから
平仮名やカタカナが多かった。

現在のDQN平民は参照元が漫画やゲームになってるから、
萌えキャラのような名前になる。
まあ勝手すりゃいいとは思うが
さすがにピンサロの店名みたいな名前だと
ぶっちゃけそいつは(ry

118 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 01:17:15
漫画やゲームというより
ヤンママが命名するとなぜかホストみたいな漢字を多用する傾向がある。

119 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 01:28:49
>>117
適当なこと言ってるなあ。

120 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 01:29:33
レディースコミックが疑似和様な名前を多用するんだと思うよ。

121 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 02:22:48
名前など唯の記号だとおしゃった、あの14歳の東様は賢かった。

122 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 07:03:57
ヤンママの好きな娯楽ってなに?

123 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 07:11:04
>>122
ドンキホーテに行くとわかる。


124 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 13:25:26
動ポモ2、7月発売決定おめ

単著、三年半振りかよ
この間漏れの関心が大きくずれたので、買うかどうかかなり微妙だが

125 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 13:30:38
後書きを娘に捧げている
に10円賭けてみよう

126 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 14:47:18
>>124
ソースどこ?
ファウストかな?
かなかなかな?

127 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 14:54:35
>>126
ファウストの後書き

128 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 16:22:27
いや、東さんには本当に謝らなければ
いけないな。。。
バカと呼んでしまった自分を恨む。。


129 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 17:18:12
東さんはすごいんだぞ。

130 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 18:32:19
すごすぎるのが問題だ

131 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 18:50:58
今回のファウストは上遠野浩平特集で
評論は佐藤俊樹、元長柾木、西島大介が執筆して
あずまんは「上遠野浩平ロングインタビュー Interviewer/東浩紀+佐藤心」だけか。
本当にあずまんは本当に書かない人になっちゃったねぇ。

大塚英志によると、深夜ラジオを、自分でスタジオを借りて声優を手配して
スポンサーになって作ったところ月30万円ですんだそうなので、
あずまんも自前でラジオをやった方がいいよ。
自分の好きなことをしゃべりたい放題だし、好きなゲストを呼べるし、
テープ起こしに金を払わなくてすむし、メルマガの読者数どころじゃない
聴取者を獲得できるし。
深夜なら声優のラジオを聞いているオタにもアクセスできるかもよ。


132 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 18:52:04
>>131
ミスった。
本当にあずまんは本当に書かない人になっちゃったねぇ。
→本当にあずまんは書かない人になっちゃったねぇ。

強調しようとしたために起こったフロイト的ミスか。

133 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 19:03:16
フロイト的だと!何がフロイト的で何がユング的で何がラカン的なのかそんなのわかるもんかい!

134 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 19:07:27
>>133
Freudian slip フロイト的失言

135 :133:2005/05/19(木) 20:40:03
>>134
クソ・・検索したら出てきた。勉強になりました・・。

136 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/19(木) 21:36:33
カーニヴァル化する社会 講談社現代新書 鈴木 謙介 (著)


137 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/19(木) 21:37:40
題名のセンスがいまいちっぽい・・・

138 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 21:43:36
オビはなんだ?
「注目の社会学者による画期的論考」か?

しかし読者を限定しそうな題だな。

139 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/19(木) 21:47:08
嗤う日本の「ナショナリズム」 も、よくわからなかったけど、
カーニヴァル化は、ベタベタやね。
もう一ひねりほしい。

140 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:22:16
ぴかぁ〜さんの論考をパクったんじゃないですか?
ぴかぁ〜さんの論考をパクったんじゃないですか?
ぴかぁ〜さんの論考をパクったんじゃないですか?
ぴかぁ〜さんの論考をパクったんじゃないですか?

141 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:34:31
「○○化する社会」ってフレーズをなぜこうも使う?

動物化する社会
心理学化する社会
カーニヴァル化する社会


142 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:35:06
あと、
2ちゃんねる化する社会

143 :考える名無しさん :2005/05/19(木) 23:52:49
ハードディスク化する社会


144 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:53:03
>>138
> オビはなんだ?
> 「注目の社会学者による画期的論考」か?
> しかし読者を限定しそうな題だな。

帯は
−−−−−
分断される自己イメージ、
データベース化される人間関係…
ネット世代の論客が解き明かす
「僕たちの日常」
−−−−−

色はピンク。

145 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 00:05:53
終わらない日常

146 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 00:46:50
帯は「宮 台 真 司 推 薦 !」という前と同じパターンだろう

147 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 02:02:19
題名だけ見れば、いまさらバフチンかよ
となるよなあ。

148 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 05:44:00
「(名詞)化する社会」で検索したら面白ぇ〜〜。
いろいろとヒットするよ。
まだ上がってないものは以下。

グローバル化する社会(超基本)
マクドナルド化する社会(これは有名)
ジェンダー化する社会(日本語としておかしい
北朝鮮化する社会
パノプティコン化する社会
サル化する社会(動物化を超えたね)
パノプティコン化する社会
知能化する社会
液状化する社会
感情管理化する社会
満員エレベーター化する社会(笑った)


149 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 06:07:23
俺は図書館とか行くの結構好きだけど、哲学的感性って意識的にじゃないと身に付かないよね。
普段ポルノであるエロゲーや、セカイ系ライトノベルばかり見ていては哲学的感性は身に付かないと思う。
(しかも退屈なオタク作品に限って哲学などの人文科学を衒学としてしか見てない作品ばかりだ!)
東浩紀は現代思想を専門的に学んだだけあって、オシャレな人間にはピンとくる人物。(彼の著作もだ!)
おそらくアンチってのはその空気を意識的にか無意識的にか感じ取っていて、オシャレ系な人に対して
敵視をしているという構図なんだと思う。そんなことしたって自分が三流私文卒のオタなのは変わらないのに。
東を敵視するくらいならまず髪を切って、マルイ系でもいいからデザイナーズブランドの服を買い、
ハゲてるなら帽子をかぶり、さっぱりしてからもう一度東の著作を読んでみるべき。
そうすれば少しは共感できるんじゃないかな?

とにかく東を批判してる人って、ダサさが滲み出てて見苦しいよ。

150 :「オッス オラ 極右」:2005/05/20(金) 06:31:59
闘争主義的コミュニタリアンがこれからのキーワードになる
後、退避可能性も

151 :「オッス オラ 極右」:2005/05/20(金) 06:32:40
必要なのは知識ではない
知恵だ

152 :「オッス オラ 極右」:2005/05/20(金) 06:33:36
オシャレな人間にはピンとくる人物
オシャレな人間にはピンとくる人物
オシャレな人間にはピンとくる人物
オシャレな人間にはピンとくる人物
オシャレな人間にはピンとくる人物
オシャレな人間にはピンとくる人物

153 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 07:08:31
>>ぴかぁ〜
波状読んでないなら、まぁ一回立ち読みするくらいはお勧めするよ。
漏れが就活する気が起きないのはポストモダンのせいだったのか!とか
そういう感じの内容w

154 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 07:29:10
ファウストの連載のまんま?

155 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 08:58:17
就活する気が起きないのは、単に引き篭っているからですよ。
引き篭ってたら、職場を知りようがない。
知らないものに対してやる気が起きないのは、むしろ当たり前です。

156 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 10:10:02
鈴木 謙介は とっちゃん坊やタイプ!

157 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 11:08:36
>>86
> 想像界ならわかるが、象徴界が人間特有じゃないって・・・・・・

その場合、想像界と象徴界とを分かつものは決定的に何な訳ですか?
言語は記号ですよね? 動物だって記号的体系の世界に棲んでいますから・・・

> ま、この辺の話は斎藤との最初の対談でも出てくるけどね。

対談ではどんな結論に至っているのですか?

158 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/20(金) 12:00:48
鈴木やんは前の暴走する〜も買ったし、読むよ

159 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 12:08:51
>前の暴走する〜も買ったし

ぴかぁ〜は意外に読書家だな。

160 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/20(金) 12:15:26
まあ、小銭はもっとるんで

161 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 12:29:23
>動物だって記号的体系の世界に棲んでいますから・


すごい自信だけど・・・

162 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 13:35:13
>>161
その点は丸山圭三郎あたりも認めていたよね?

163 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 13:36:44
むしろ想像界こそ人間に特有といえるんじゃないですか?

164 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/20(金) 13:46:52
>>157
横レスになるけど、
動物の場合、記号というよりも単なる信号(=シグナル)だから、人間の場合の
言語とはまた違った意味合いをもつ。
人間のコミュニケーションにおける言語行為の場合、常に他者に応接され事後的に意味が処理
されるので、それに先立って個々人の内面の意図を探っても意味はない。
哲学的にいえば、「意味の水源地モデル」の否定。
より簡単に言えば、コミュニケーションが、間違いうる可能性がつねにあるということ。

然るに、動物の場合、生体の意図と信号が完全に一致しているため、そこにおいて
個々人を超えた意味の領域が立ち現れてこない。
よってラカン的な用法に則れば、動物はポトラッチ関数的な主と奴の想像界にいるということになる。
つまり経験的な他者を超えた第三の審級(=超越論的な他者)がないということ。
そうした超越論的な他者を認識できなければ、当然、自己言及的に「私」そのものも理解できない。
「私」という一人称の指示対象は、固有名とは異なり特定の誰かではないからだ。
まあこれが、「非在の現前」というやつで、このように自分自身をシニフィアンとして
象徴界に登録・主体化した個人はその後、そのシニフィアン迷宮を永久に横ずれして…

…とこういう話がラカン的には続くのだが、まあそれはどうでもいいだろう。
肝心なのは、象徴界(シニフィアンの集合)というシステムがまずあるという点、そしてそのシステムが
ゲーデル的な特異点を構造的にもっていて、つまり無根拠なシニフィアンがそのシステム内にひとつ
だけは必ずあるという点が、ポイント。現実界というのはそのシニフィアンの存在から要請された概念。
想像界というのはさらに(ラカン的には)副次的な概念で、簡単に言えば、通常の経験を意味する。
下に続く。





165 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 14:01:18
うんこおおおおおおおおおおおおおおおおおお

166 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/20(金) 14:14:24
通常の経験というのは、クリプキのクワス計算の例でいえば、通常我々は何も考えずに計算している
という意味での通常で、クリプキ的な「クワス的他者」がつまり超越論的他者と考えると、現代哲学プロパー
には分かりやすいと思う。

象徴界と想像界の違いは、認識モジュールが、言語的であるか、身体的であるかの違い。
つまり思考同一か知覚同一かの違いで、当然人間もその二つのモジュールを同時に
使い分けているから、動物の世界は「貧しい」という表現が帰結する。赤ん坊もまた「貧しい」と。
精神分析というのは基本的に、神経症という病理の理解から生まれたものだから
ヨーロッパ成人男性の心理モデルがまずありきなわけで、その心理モデルが象徴界なわけよ。

それで東的には、そこのところを突いて、それは普遍的ではないのではないのかと、時代に制約されているのではないかと。
だからそのラカンの理論というか人間理解の反例として、動物やオタクを持ち出しているわけ。


167 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 14:44:22
>動ポモ2

ファウストに載っていた広告のキャッチコピーがライトノベル論じゃなくて
「テキスト文化論」だったのはエロゲーを扱っているからなのかな。
分量からいうと一番多く扱われているのは大塚英志なんだから
「大塚英志論」の方が正しい。

168 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/20(金) 14:45:56
ちなみに言っておくと、今の東浩紀の「象徴界が機能不全」という場合の象徴界というのはラカンを直接言及してはいない。
むしろほとんど関係ない。アルチュセールのイデオロギー装置に近い。よってドゥルーズ・ガタリを参照するまでもなく、
そのような領土化に逆らう流れはいつの時代もあるわけで、「大きな物語」がなくなったことも現代が初めてではない。
具体的には表象=再現前化が失効したパリの第二帝政期がそれにあたる。もちろんそのようなポスト・モダン的状況が
様々な唯物論的状況によってひどくなったのが現代であるという指摘はまったく正しいのだが。だから象徴界が失効したという
クリシェをそのような時代制約とは切り離して受け取ってラカン的なモデルで考える一部の東論客家は端的に馬鹿だ。



169 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 14:57:17
>>164
> 人間のコミュニケーションにおける言語行為の場合、常に他者に応接され事後的に意味が処理
> されるので、それに先立って個々人の内面の意図を探っても意味はない。
> 哲学的にいえば、「意味の水源地モデル」の否定。

俗にいえば情報伝達モデルですね。
丸山の名がちょっと出た次いでだけど、丸山の場合はコミュニケーション(意味伝達)の記号学
と意味作用の記号学とを区別していましたね。で、この二つを静態的な記号学としていた。
前者が扱うのはルポルタージュ的言語ですね。

> より簡単に言えば、コミュニケーションが、間違いうる可能性がつねにあるということ。

揚げ足を取るわけじゃないけど、「間違う」という言い方がすでに伝達モデルによるものなわけで
すけども、人間の場合、シグナルの数が多く、複雑で、しかも多義的な意味を負っていることが
あるから、単に伝達上の誤差・誤認が生じるといった問題でしょうか。

> 然るに、動物の場合、生体の意図と信号が完全に一致しているため、そこにおいて
> 個々人を超えた意味の領域が立ち現れてこない。

動物は間違わないんでしょうかね?


170 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 15:03:36
東浩紀さんのいう「象徴界が機能不全」というのは、伝達機能モデルが支配的な
コミュニケーション(データベース的?)志向を指しているのかなと思ったのです。

それから、東さんのいうポスト・モダン的状況というのはボードリヤールが言って
いるようなこととも関係するのかな、とも。

171 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 15:15:53
> >>157
> つまり経験的な他者を超えた第三の審級(=超越論的な他者)がないということ。
> そうした超越論的な他者を認識できなければ、当然、自己言及的に「私」そのものも理解できない。

超越論的な他者といいますと?

> 肝心なのは、象徴界(シニフィアンの集合)というシステムがまずあるという点、そしてそのシステムが
> ゲーデル的な特異点を構造的にもっていて、つまり無根拠なシニフィアンがそのシステム内にひとつ
> だけは必ずあるという点が、ポイント。現実界というのはそのシニフィアンの存在から要請された概念。

その辺をもっと易しく説明していただければ有り難いです。

> 想像界というのはさらに(ラカン的には)副次的な概念で、簡単に言えば、通常の経験を意味する。
> 下に続く。

私達が通常、「現実」と呼んでいる意味ですね?



>>166
> 精神分析というのは基本的に、神経症という病理の理解から生まれたものだから
> ヨーロッパ成人男性の心理モデルがまずありきなわけで、その心理モデルが象徴界なわけよ。

強迫的な心理モデルですか。
>>164

172 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/20(金) 15:17:33
>>169
>「間違う」という言い方がすでに伝達モデルによるものなわけですけども
その「情報伝達モデル」って何かよく分からないので、そこのところを説明していただきたいのですが。

173 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/20(金) 15:29:20
第三者の審級を認識するという表現はおかしくない?
無意識なわけだから
人間/動物の差異はヘーゲルからきてるわけだけど実際は時代遅れでしょ
あくまで哲学的な意味でいっているから、良いとはおもうけど
認知科学、進化心理学あたりではおおいに異論があるでしょうね

174 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 16:02:15
チャーリー、新刊表紙裏の写真だと、太ったみたい

175 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/20(金) 16:14:26
>>171
>超越論的な他者といいますと?
つまり規範や意味が効力をもつための論理的な前提条件のことです。具体的な誰かということではない。
超越論的というのは、何らかの現象がアプリオリに成り立つときその条件は何か、ということであり否定的にしか語れないわけで、
超越論的他者というのも何らかの実体ではない。ラカンは、そのような条件、象徴界が成り立つ条件として超越論的他者を考えている。
それが「大文字の他者」であり、その他者の一声、「否」により、主体は去勢されシニフィアン化するということ。
あくまでラカンのアイデアだが。

>その辺をもっと易しく説明していただければ有り難いです。
「存在論的、郵便的」を読んでくれとしかいえないなあ。
あれはかなり分かりやすく書いていると思うから。

>私達が通常、「現実」と呼んでいる意味ですね?
いや、言い方が悪かった。ラカン的には象徴界と、その象徴界によって意味を与えられる想像界という二つの区分がまず重要だから、
純粋に想像界だけということはない。「通常の経験」というのは私の間違い。



176 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/20(金) 17:23:29
>>168でも書いたが、そのようなアルチュセール→フーコーと続く国家装置の規律訓練型の管理(イデオロギーの内面化)
が機能しなくなったというのが、いわゆるポスト・モダンという状況なわけだけど、それは今に始まったことではないし、
1968年の異議申し立てだって結局くだらないものだったのはもう分かりきっているのに、どうして今ごろ東が「大きな非物語」とか
近視眼的に概念を捏造するのかが理解できないのだが。1970年までが「理想の時代」で95年までが「虚構の時代」だとか
それが事実そうなのかはともかくとして(というかそんなの検証できないわけで東もそんなことは考えていないが)コンセプトとしてもつまらないと思った。
そんなことより具体的に情報自由論をやれと。

ギャルゲ・ライトノベル関連の批評は、まあ誰かが抑圧をかける必要があるからいいんじゃないのかな。
しかしアニメや漫画といった「ゲーム・漫画的リアリズム」(だっけ?)と従来の「自然主義的リアリズム」の切断を踏えた上で後者に回収されない形で前者
の圏域で排除の身振りをもって抑圧するのが、東の仕事になんだろうけど、そのために西尾とか舞城とかを持ち上げるのは駄目でしょ。いくら文芸誌の産
業文学よりはマシとはいえ、ジャンクはジャンク。まあ、月姫の作者を仮想敵にして、メタ・リアルなんとかっていう概念で抑圧するのは、いいと思う。


177 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 17:29:12
おっと、こりゃ完璧に
澤田 ◆cA7oIM8fok >>>>>>>>>>ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU
だな。久しぶりに東スレでまともな言説を読ませてもらったよ。

178 :171 く(;´ー`)間違えた:2005/05/20(金) 17:32:48
最後の「>>164」をいちばん先頭に訂正。

>>172
あの〜その〜、澤田さんも書いていらしたとおり、シグナルの解読モデルを
言い換えただけのつもりなんですが・・・まずかったですか?

179 :「オッス オラ 極右」:2005/05/20(金) 18:17:27
『IP、電話、年金、メール、プロバイダー、口座』

180 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 18:34:32
「抑圧かける」が口癖の澤田って、知り合いに一人いたような。


181 :澤田:2005/05/20(金) 18:54:27
俺俺

182 :「オッス オラ 極右」:2005/05/20(金) 20:13:56
虚構世界もまた現実の一部

183 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 00:39:58
>>172
> >「間違う」という言い方がすでに伝達モデルによるものなわけですけども
> その「情報伝達モデル」って何かよく分からないので、そこのところを説明していただきたいのですが。

字義どおり、意味が「伝達」されるというコミュニケーションモデルです。
澤田さんの表現をお借りすると、事後的に意味が決められるのではなく、事前に決まった意味
がA→Bというふうにそのまま伝えられるコミュニケーション観とでも言ったらよいでしょうか。
「通信=コミュニケーション」モデルと言い換えてもよいかもしれませんね。


184 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 00:50:54
>>168
> ちなみに言っておくと、今の東浩紀の「象徴界が機能不全」という場合の象徴界というのはラカンを直接言及してはいない。
> むしろほとんど関係ない。アルチュセールのイデオロギー装置に近い。

「動物化」という用語じたい比喩でしょう? ホントに(生物学的に?)動物化している
としたら大変ですね。これは進化と呼ぶべきか退化と呼ぶべきか(笑

>>176
> >>168でも書いたが、そのようなアルチュセール→フーコーと続く国家装置の規律訓練型の管理(イデオロギーの内面化)
> が機能しなくなったというのが、いわゆるポスト・モダンという状況なわけだけど、それは今に始まったことではないし、

「規律訓練型から環境管理型へ」でしたっけ?
フーコーのいう権力モデルはこの両方を包含しているわけで、環境管理型に力点があったはず。
まあその話は置いといてと。
「イデオロギーの終焉」ってことが言われるようになって久しいですね。
でもアルチュセール的にいうイデオロギーは終焉しないのかな? 無意識と同じく歴史はないってことで。


185 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/21(土) 02:09:58
「カーニヴァル化する社会」読んだがちょい苦しいな。


186 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 02:27:57
イデオロギーが体制用語か反対制かよくわからん・・・

187 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 10:03:20
動ポモで初めて東を読んだが95年から虚構の時代だとか(これは大澤の援用だけど)
どうしてこの人は過剰に年代だとか世代だとかを強調して
しかもそれを作家論や作品論まで当てはめようとするのか疑問だった

そのくせ東はオタク系創作物の歴史学には悲しいほどに無頓着だ

188 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 10:08:54
歴史学sage

189 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 10:36:22
>>187
> そのくせ東はオタク系創作物の歴史学には悲しいほどに無頓着だ

詳しく

190 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 11:37:40
詳しい話は有料です

191 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 12:02:16
> そのくせ東はオタク系創作物の歴史学には悲しいほどに無頓着だ

オタク系じゃない創作物については殆ど無知だ

192 :(゚Д゚)ハァ?:2005/05/21(土) 12:22:16
>>190
笑った。

193 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 13:17:37
押井・庵野・そして鍵ネタがメインだから当然

194 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 13:49:14
同人誌を作るために
エロゲーを月10本もやったんだから認めてやれよ。
(経費で落としていたら泣けるなぁ……)

195 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 13:52:55
そのへんは中古・nyその他を駆使して切り抜けています。


196 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 14:28:30
CLANNADが定価7,500円。
月10本というと7万5千円か。
それが何ヶ月も続くと……奥さん何も言ってこないのか?

197 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 14:41:01
>>34
×切込隊長
○上底隊長
>>42
東浩紀は自分の天皇的な存在
>>44
普通にある名前ならいいでしょう
しかしなぜ「アスカ」じゃないんでしょう
自分なら「シンジ」か「レイ」ですね


198 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 14:47:05
>>61
>イロニーは少なくとも「動物」の特徴ではない
その通りです
>>63
>イロニーの定義上、それが自動化するようなことは決してない
イロニーは貨幣的なものなので跳躍する亀裂は残りますね
>>82
象徴界 = 現象
想像界 = 構造
現実界 = 実在
>>114
東の「シンボルとイメージの分割の曖昧化」ですね


199 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 14:56:59
>>124
出たら買います
>>131
やはり批評家は書籍でしょう
かつての『新現実』みたいのが、将来出たらいいな
>>134
「おっとフロイト的失言をしてしまった」(ジジェク)、
「無意識過剰」(宮台)、「心理学化する社会」(斎藤)
これは何か有効なモチーフがありそうですね
>>136
「カーニヴァル」はイマイチですね
「スペクタクル」「シミュラークル」ではあれですが
自分なら「キュビスム化する社会」にしますね
>>148
ファスト風土化


200 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 15:03:08
>>157
斎藤環によると、動物→記号/人間→言葉、という違いです
記号は意味と一対一対応しています
(特定の色や形や音や臭いなどで動物は逃げる)
一方、言葉は音の体系(シニフィアン連鎖)なので
文脈によって意味が変わります(比喩とか機知とか)
「あれ」というだけで伝わるものがあるでしょう
だから象徴界の整合性を保証する大他者は存在しないのです


201 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 15:14:13
>>164
かなり適切な説明ですね。少しだけ注釈しますと
ラカンの図式に「ボロメオ結び」があって
三界の位置は位相的区分なんです
現実界>象徴界>想像界という階層はなしていません
そしてそれを繋ぐ存在がサントームですね

>>166
>クリプキ的な「クワス的他者」がつまり超越論的他者
ここは難しいところですね
>象徴界と想像界の違いは、認識モジュールが、言語的であるか、身体的であるかの違い
象徴界はシニフィアンの秩序なので言葉のイメージは想像界に含まれます

>>168
>東浩紀の「象徴界が機能不全」という場合の象徴界というのは〜
>アルチュセールのイデオロギー装置に近い
そうですが、ラカンを参照してるのは本人が認めてます
だから斎藤環に「象徴界はイデオロギーじゃないからね」と言われる


202 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 15:23:52
>>169
>動物は間違わないんでしょうか
人間は相手の視点を先読みして、合わせ鏡的な無限反射が起こります
「メタ言語はない」ので亀裂が走りますが、その亀裂を埋める幻想が対象aです

>>170
『動物化するポストモダン』のシミュラークルはボードリヤールからです
>>173
正確に言えば、第三者の審級を想定する、のは可能です
>>175
>超越論的というのは、何らかの現象がアプリオリに成り立つときその条件は何か、ということ
これも難しいところですね
>>176
う〜ん


203 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 15:28:54
>>187
>オタク系創作物の歴史学
それは岡田とか唐沢がやればいいことでしょう

>>194-196
PCゲームはコピーして即座に中古で売れば
事実上、小売より安くなります(ここが書籍と違う)
最近はディスクがないとアンインストールできないとか
メーカの小賢しい小細工が色々してありますが…


204 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 15:37:20
しろうとって会社員?


205 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 15:37:51
いくらなんでもキュビスムはあんまりだ

206 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 18:42:15
しろうとはちゃんとスレを読んでいるんだな。

207 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 18:51:39
自分へのレスはちゃんと読まないけどな。

208 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 19:59:47
>>198
想像界 = 現象
象徴界 = 構造
現実界 = 実在

訂正。あとこの図式は我流の解釈です


209 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/21(土) 20:01:14
>>205
そうですね…『ゲーム化するポストモダン』


210 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 20:48:27
『動物化するアズマン』

211 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 20:55:04
>>208
しろうとさんのその解釈図式は割合理解しやすい常識的なものだと思います。
僕もそんな感じで受け取っていたのですが、それに対する澤田さんあたりから
のご意見が(おそらく異論があると思うので)知りたいですね。


212 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/21(土) 20:58:32
鈴木謙介「カーニヴァル化する社会」に示されている現代主体像は、カーニヴァルとデータベースの
共犯関係である。カーニヴァルとは、感性の水準へのフックを駆動原理として、瞬発的な立ち上がりこそが、
人々への集団への帰属感の源泉となっている。その感性をデータベースが支えているのである。

たとえば、これはボクの言う「生き生きしたもの」への感染の構図に似ている。
データベースとは、「ベタ化した社会」であり、カーニヴァルとは「過剰な無垢への欲望」である。

しかしこの二つには決定的に異なる点がある。鈴木の場合、本質的にデータベースとは
自己に閉じたものである。自己のみのデータが管理されたものである。
だから他者とはカーニヴァルという感性でのみ繋がっているのである。
だから「脱社会化」であり、「動物化」である。ここには、ラカンの欲望論そのものが否定されている。

それに対してボクの場合は、どこまでもラカンをベースにする。「ベタ化された社会」とは、
アーキテクチャーなどによる管理もあるが、多くにおいて規律規範型管理も働いている。
その規範が大きな物語でなく、小さな物語として作動していたとしても、ボクたちは、
人類史上最強に、他者に敏感な、寛容で、モラルな主体である。ということだ。
その閉塞故に、カーニヴァルは起こるのである。主体を維持し続けるためには、
如何に「動物」的に欲求が物質的に充足されようと、欲望し続けなればならない。
「人間」であり続けるために、私とはなにかと問い続けるために、カーニヴァルは行われるのである。

女子高生のスカートの中には、「死体が埋まっている」のであり、ロリータの中には「死体が埋まっている」
のである。 2ちゃんねるの祭りには、「死体が埋まっている。」カーニヴァルとは、単なる感性の共同性
ではない。幻想(ファンタジー)によって、無垢を演出し、生け贄を暴力的に征服するのである。

213 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 21:15:23
[ボクの言う「生き生きしたもの」 ]

ってあたりがすっごく頭悪そうで、いい感じです。

214 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/21(土) 21:20:17
現代の欲望のキーワードは、「キモかわいい」ですからね。
オタク、コギャル、ロリ、萌え・・・

215 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/21(土) 21:24:14
鈴木謙介「カーニヴァル化する社会」は、あまりに良くできすぎてるが、
薄っぺらい。
それは、気持ち悪さがないためだ。師匠方々に見習いもっと、汚物にまみれなかれば。
当然、宮台コギャル、東オタク、大澤オウムですが、


216 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/05/21(土) 21:29:14
>>183
だとしたら、>>169の後段の質問に戻ると、動物は間違うことはないんじゃないかな。

この場合、間違うというのは、社会システムに何ならかの「行為」として応接される限りにおいて考えられる
わけで、そもそもそうした社会システムがない動物においては、すべての信号は心理学における「条件づけ」
の概念内で処理できると思う。パブロフの犬のようにもともと唾液という反応に結びつかないはずの刺激(メトロ
ノームの音など)が学習によって肉粉などの代理として刺激になったのが信号の生物学的定義のはず。
ラカン→ハイデガー→ユクスキュル(生物学者)となっていると思う。だからユクスキュルの「環境世界」がまず
ハイデガーの念頭にあって、その環境世界の存在者として動物は考えられている。

対してシンボル(言語)というのは信号(シグナル)の信号(シグナル)と定義されている。
(先の例では、肉粉→メトロノームの音(シグナル)→「ご飯」という言語記号(シンボル)という発展段階)
            学習                学習なし
だからそのシンボルによって生活する人間は、因果的な「環境世界」を超えた「世界(ウェルト)」を
「時間性」のなかに開き、「世界内存在者」になる。これがハイデガーの世界認識でそれゆえ動物は
世界が貧しいと一種の階層理論が展開する。

動物=環境世界・シグナル行動 人間=(動物と同じ世界の上にさらに)世界・シンボル行動
これがラカンの自我分析に輸入されて、それぞれ想像界と象徴界となる。




217 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/21(土) 21:32:53
>>216
哲学的「動物」と、生物学的「動物」をあえて、混同する意味が
ないでしょう。自己満足以外には。

218 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/21(土) 21:35:47
象徴界/想像界を物理的に規定しようとするようなもの?
去勢を時間的に規定しようとするようなもの?

219 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 22:23:05
>>217
そうですね。本当に生物学的に「動物化」しているんだったら大変ですね。w

220 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 00:50:54
そうなんです。大変なんです
東が生物学的に動物化して

221 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/22(日) 01:23:00
鈴木謙介「カーニヴァル化する社会」つづき

ポイントは、実はカーニバルよりも、データーベース化あるのではないだろうか。
簡単にいえば、象徴界→データベース、人間→動物化

それなのに、データベース化の論証があまりに貧弱、携帯電話のアドレス帳、
mixiのデータベース的対人関係
ここに大きな勘違いがあるように、思う。
なぜに対人関係がデーターベース化されると、自己がデータベース化されるのか?
象徴界的な他者を、友達など現前的な他者ととらえているのか?
すでにボードリヤールが指摘しているように、私とはものの差異化体系によりもの、
携帯のアドレスよりも、むしろ携帯装飾が私を規定しているのである。
すなわち、ものが私であり、ものが超越的な他者たちとの関係性なのである。
データーベース化されるならば、好きなもの、マイブームであるべきである。
しかしそれは、超越的な他者が作動するものの差異化体系によって支配されている。
すなわち消費社会である。それを乗り越えていない以上、データベース化などではない。

222 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 02:08:30
「カーニヴァル化する社会」のデータベースについて
定義が甘く何を指しているかわからないというのは
ブログを検索するといくつか出ている感想だね。


223 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 02:11:46
しろうとがうかうかしている隙に、
ぴかぁ〜がどんどん成長しているのが気になるところだ。
使える自由時間の差か。

224 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 04:51:05
>データベースについて定義が甘く何を指しているかわからない
『動物化するポストモダン』のときもそうでした
そこで東的データベースの定義を自分が考えます

東の発言からすると「確定記述の順列組合せ」でしょう
更に萌えとは対象の「順列組合せ」に可能性を見出すことです

ここで斎藤環と東の大航海での対談を振り返ります
斎藤「分析家的だ」東「僕はそうですよ」斎藤「いや世間が」

分析家の言説はラカン(ジジェク)の四言説の図式に出てきます
a/S2→$/S1 上部の a◇$ が倒錯の公式ですね

「シミュラークルとデータベースの二層構造」はa/S2の変奏にすぎません
また物語の読み込みモデルとは $◇a から a◇$ への変化でしょう


225 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 05:14:25
>「おお!そういう君は****(聞き取れず。何かキュンポぽい名前)ではないか! 敬礼!」
>「敬礼!出た!敬礼出た!得意技!敬礼出た!敬礼!これ!敬礼出たよ〜〜!」
このコピペの記述はオタクの倒錯性を明確に示しています
「君は****ではないか! 敬礼!」は$からS1を生産する岡田的「見立て」ですし
「敬礼出たよ〜〜!」は単なるシニフィアンS2から対象aを見出す享楽でしょう

東的には$/S1の関係が欺瞞に他ならず、S2が重要なのでしょうが
$/S1すなわち演技するということは、時に倫理的ですらありえます
例えば『千年女優』も$◇aが実はa◇$だったという話にすぎませんが
$/S1でナルシシズムとの違いが出てくると思う。映画はそこが弱かった

自分の図式では$◇aがパースペクティブで、a◇$がアスペクトです
前者のaが遠近法的消失点で、後者のaは反転図形を決定する視座です
後者の対象は$(斜線を引かれた主体)ですが
キュビスム的対象に亀裂が走っているのは文字通りのことではないですか


226 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 05:23:42
S2はシニフィアン集合なので、確定記述のデータベースと親和性があります
しかしシニフィアンの体系は「構造」ですからデータベースと構造の違いが問題です

自分は、実はデータベースは構造と大差ない気がします
重要なのは読み込みによる動的生成だと思います。ここに構造の剰余(a)が出る
ただし東的には工学的な自動生成で、その経路は偶然にすぎないでしょうが

しかしa/S2において、そもそもなぜS2を剰余するaが出てくるのでしょう
それは言葉に文脈によって意味が異なるという言語ゲーム的な面があるからです
ここで東は「学習」を「条件反射の形成」と同一視してしまいます

しかし、大澤真幸が第三者の審級の話で言うように
キリストが出現することで共同体の規則が変わってしまうというように
単なる統計的な話ではない側面は無視できません


227 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 05:41:56
東は、セキュリティ化は動物的次元での不安に促されている、などと言いますが
それは理屈がおかしい。不安が身体を超えて拡散する、つまり空想の次元において
不安が遍在するという、パラノイア的な次元での不安でしょう。それは人間的です

素朴に考えて、テロの不安は動物的不安ではなくて、郵便的不安(たち)でしょう
後期東理論(動物論)のユルい概念を
前期東理論(郵便論)を使って上書き更新する必要があります

そもそも『動物化するポストモダン』は『存在論的、郵便的』の変奏なんです
データベースは、「デッドストック」「フロイトのマジックメモ」の応用ではないですか
古名と引用の戦略はa/S2だし、転移の次元は$/S1でしょう

「タイムラグ」などの行方不明になってしまった比喩を
デッドストックからサルベージすることで、東理論の閉塞を打開できます
例えばラカンの三囚人の寓話における「せき立て」の機能に注目するとか…


228 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 05:57:59
斎藤はひきこもりの苦しみに「せき立て」の要素があると見ていますが
ここから仮想化への抵抗の戦略も見出せそうな気がします
しかし今の斎藤は東の受け売り。「東によると象徴界は機能不全なんですよ」とか平気で言う

「東浩紀のすごいデカイ話」から「東浩紀のすごいユルイ話」になった弛緩の原因は
一つには「タイミング」とか「速度」の発想が消えていくところにあるかもしれません
では(ヴィリリオ的な)「速度」をデータベース論にどうやって組み込んでいけばいいのか

そこで。アスペクトも野矢先生からなので、速度の話もしていないかと、自分は思ったわけです
ここで『同一性・変化・時間』という本(図式的でないので重視してなかったが)に注目します
「なぜ変化するものが同一でありうるのか」という問いに「言語が変化しているから」と答えています

これは「なぜ登場人物がキャラでありうるのか」、つまりなぜ無数の同人誌に描かれた人物が
一人の綾波として認識されるのかという「文字」の問題(斎藤)と同じことです
文字の話は『不過視』での対談ですが、「文字」を介してデリダとラカンが接するんです

ここでようやく、データベースがシミュラークルを生み出すだけではなく、
むしろシミュラークルがデータベースを生み出すという側面が出てきます
その微分的な相互作用において、時間の概念が再燃してくるのです


229 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 06:08:33
いくらデータベースが工学的に作られて外在化していようが
端的に消費者が買わなければデータベースの価値がない
ここで、消費は単なる動物的行動からメタ創作へと転化します
しかもスマートモブズのような集団的人格の話に繋がるのです

いくら統計的に回収しようが、売る立場の跳躍は決して消えません
それは単に、必ず儲けられる方法は存在しないのと同じことです
統計の力を借りたジャンプ的な編集は読者という外部の他者を
マンガに導入するクラインの壺装置ですが、コミケではそれが遍在しています

柄谷が労働から消費へ転回したように、自分も作家から消費へ転回します
萌えは読者の作家性でもあり、仮想化への倒錯的抵抗でもあります
ここで動物化を否定する欲望の装置、つまり他者はどこにいるかといえば
他者は自分自身の一番中心にいると言えます。これが遍在するaの正体です


230 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 06:13:44
東浩紀がうかうかしている間に
斎藤環がどんどん新機軸を出していますが
自由時間の差ではないですね


231 :「オッス オラ 極右」:2005/05/22(日) 06:29:39
どんぐりの背比べ

232 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 06:38:13
必死だなw

233 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/05/22(日) 06:40:54
>「オッス オラ 極右」 も$/S1ですね


234 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 10:54:24
>>216
横レス失礼。
ユクスキュルの環境世界論からハイデガーの名前が出てきたところまで
読んで、「そうそうそこで「世界内存在者」の概念に繋がるんだよな」と
思っていたら、ばっちり書かれていたので、嬉しかったです。
実際、人間も動物同様、人間に特有の「環境世界」を生きているレベルが
あって、そこにシンボル(象徴形式としての言語)の次元が付け加わって
いる、というのがハイデガーの立論のポイントだと思うので、
216の記述には異論なし。
ハイデガーからラカンへと繋がるラインについては、恥ずかしながら知らなかった
ので、勉強になりました。

235 :「オッス オラ 極右」:2005/05/22(日) 12:31:51
現実界は現実、リアル
象徴界は現象と仮象が分離、構造化されてる社会
想像界はうそもほんともない場所、未分化

子供は映画を本当だと思い込むが、大人はうそだと見分けることができる

236 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 17:06:14
東浩紀のすべらない話

237 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 22:11:07
東浩樹って昔は賢かったんでしょ?
いつぐらいからこうなったの?

238 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 22:20:50
トッシキがファウストで東タソによる
ルーマンの「コミュニケーション」解釈*1を批判してたりするw

ttp://d.hatena.ne.jp/kaoru3_16/20050521#p2

239 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/22(日) 22:34:48
人間とは間違うもの。罪を憎んで人を憎まず。
それが環境管理の本質である。

240 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 22:39:04
ポストモダンって、プレモダンが近代前ならば、単に近代後ってことだよね。
つまり、モダンを境界線にその前か後かというだけのこと。

       モダン
プレモダン←|→ポストモダン


ポストを「脱」なんて訳しちゃう人がいるから話が余計にややこしくなる。

241 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 22:49:52
>>240
リオタールから読み直そう。

242 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 23:14:34
昔のあずまんスレを読んでみた。
http://mentai.2ch.net/philo/kako/948/948618784.html
レベルの高い議論をしていた。
今のあずまんスレを読んでみた。
悲しくなった。

243 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 23:56:02
そんなこと言ってもしょうがないじゃん。

244 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 00:20:31
レベル高いのっていつ?
最初の3つくらいのような希ガス
すでに8は「そにょ八」だったし

245 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 00:23:14
あずまんのレベルが低くなったんだから仕方ないよね。

246 :◆S36.4IHnMg :2005/05/23(月) 01:17:03
カミエモンの素晴らしさ。
自分は100億もうけてるし、新規事業も成功するが、自分が労
働分しか分け前は受け取らない。受け取るのはカミエモンとしての
栄誉だけ。100億設けたら2億だけ自分でもらい、あとは全部
慈善。そういうのがかっこよくならなければ世の中は変わらない。
カミエモンブームを作ろう。ホリエモンはおしまいだ。




247 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 01:52:08
>>244
8って動ポモが出たあたりだっけ。
あのころは、らげやら夫馬さんやらが常駐してたんだよな。

248 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 01:54:55
初期スレにいた者だけど、
あの頃は、デリダの『郵便葉書』の翻訳が遠からず出るだろうという期待があった。
そうすれば郵便的脱構築という話が展開していたかもしれない。

249 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 02:18:38
ぽこってなにものだったんだろ。
実名曝したらここでの反応も違ったとか書いていたけど。

250 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 02:19:52
まあ、本人としては、郵便的に実践しているつもりなんでしょ。
理論的に書いても、売れない、読まれない。
じゃあ、既存のメディアに出て行って、郵便的なものの擁護を
説いていこう、てな感じ。
でも、そうやっても、現実は、やっぱり売れない、読まれない。


251 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 02:34:31
ぽこは当時、東大院生で超越論的プラグマティクスに詳しいドイツ哲学専攻の者だった。
倫理学科あたりじゃないか?
もうどこかの専任かもしれない。

252 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 02:35:14
法哲学という線も考えられる。いずれにせよ駒場ではないような口ぶりだった。

253 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 02:35:50
熊野だったりしてw

254 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 02:49:10
熊野を褒めていたねw

255 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 06:46:40
今朝の朝日新聞(大阪版)の書籍広告に
講談社現代新書の広告が掲載されていて、
新刊の「カーニヴァル化する社会」は当然のるのはわかるのだけど、
「動物化するポストモダン」もなんか他と違うフォントを使って
宣伝されていた!!

なに、また売る気!?

256 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 07:50:58
ttp://www.asvattha.net/soul/index.php?itemid=424
問題は、「なんでみんなそんなに自分の評判が気になるのか」ってことなのだ。
おそらくは、こうした「自分の評判を知りたい欲望」っていうのは、テクノロ
ジーによって後押しされている部分があるのだと思う。ココログがスタートし
た当初だったか、「アクセス解析を仕込んだサイトなんてプライバシーの侵害
だ!けしからん!」なんて論争があったと記憶してるんだけど、その物言いの
正当性はともあれ、なんとなく「自分に対してリンクした/言及した」サイトが
見えることによって、そうした「誰が自分について書いているのか知りたい」
という欲望って生じてるんじゃないか。そしてそれは、別にそうやって可視化
されなければ、どうでもよかったようなことなんじゃないか。
==============================

チャーリー、これはまずいよ。
「自分の評判を知りたい欲望」がひどく、ネットと業界での評判ばかり
気にしている(そして気に入らないとヒステリーを起こす)というのは
浅田があずまんを心配して言った指摘をそのままなぞっているじゃないか。
(憂国呆談の単行本に収録)
(それであずまんはそれを誹謗中傷と受け取ってまたヒステリーをおこした)

そして、宮台と斎藤も同じくあずまんが評判ばかり気にしていることを
気にかけていた。(2人の対談参照)

チャーリーは、
自分と「有名なセンセイ方」(年長世代を指しているのだろう)の話と
いうことにしているが、これは間接的にあずまんにチクリとやっていると
みたよ。



257 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 08:37:58
もちろんチャーリーが最終的に狙っているのは
“これ(チャーリー)があれ(あずまん)を滅ぼす”
だから、これもあずまんの地位(グロコム教授)を奪うための仕掛けの一環なのさ。

258 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 09:23:46
>>254
熊野ワロタ
熊野の取り巻きの雰囲気を考えると大いに有り得る

259 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 09:45:25
日本のポストモダンの連中はフランス直輸入に見せかけたが、
実際にはフランス、ドイツからアメリカに渡った物をさらに輸入したイボ痔野朗です。
なのにヨーロッパ直輸入に見せてました。憐れです。

今日の土人の観察はこれまでにしときます。

260 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 10:04:02
>>240-241
近代の変容と見るのか近代の成熟とみるのか。
ギデンズとかは再帰的モダンとか言っているでしょ?

261 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 10:05:57
>>242
そういうあんたがレベルの高い議論をしてくださいよ。

262 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 10:07:32
>>259
そんなことどうでもいいじゃん。思想にはなんの関係もない。

263 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 10:42:51
ヨーロッパがそんなに偉いのかよ国賊野郎って話だな

264 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 11:25:22
フランス語がまともに読めないデリダ研究家もいたことだしな。

265 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 12:38:13
語学力が堪能な人が翻訳したはずの邦訳本の訳し方が
散々だという話は思想界・学術界ではよく聞くよ。

266 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 12:44:25
フランス語ができても
日本語では論文文体しか持っていない文章力の人間が
フランス思想書を翻訳したら
そりゃたいていひどいものが出来上がる。

267 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 13:45:09
金払ってまで読むような文章じゃないからね

268 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 13:58:48
日本語にうまく訳しすぎてフランス語の本来の語意が台無しに
されちゃっている例とかもよく翻訳批評の対象になる。

269 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 14:01:53
日本語の体系とフランス語の体系が違うんだから、日本語の体系のなかでうまく通ずる
ように語学的に訳すことが、思想的・学術的には必ずしも適訳にならないのは当たり前。

270 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 14:41:53
語学力に欠ける黄色い猿たちには、一人前面して翻訳批評する資格はないんだが

271 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 14:58:19
つか哲学研究って原典読むのが前提だろ普通

272 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 15:06:40
もっともあずまんは研究者ではなく批評家だから、原典読まなくていいわけだが
むろん学生も、読めなくても恥じる必要はない
飯のタネにしてる人は読めなくちゃ駄目

273 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 15:14:39
批評家も飯の種にしてるじゃん
なんで読まなくていいの?

274 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 15:19:33
東浩紀って、批評を書くのに作品を読む必要はないって言い切ったんでしょ。

275 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 16:14:11
>>268
> 日本語にうまく訳しすぎてフランス語の本来の語意が台無しに
> されちゃっている例とかもよく翻訳批評の対象になる。

その批評の仕方は明らかに皮肉だな。w

276 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 16:15:05
>>271
それを口語的に仏語に言い直すと?

277 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 16:44:47
日本人の研究者が外国語の原典を読めないのが問題でも
ヨーロッパやアメリカの学者が日本語の文献読まないのは問題にならないのか?

278 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 17:00:00
>>277
そもそも日本語の文献で読ませるほどのモノを発信してないし。

279 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 17:00:03
>>277
日本がテーマの研究者が日本語を読めない場合、本国でも研究者としては相手にされないので、無問題。
むしろ日本側が、日本語を読めない欧米人研究者の発言を、無闇に相手にしないことが重要。

280 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/23(月) 18:34:23
たとえば映画にしろ、ゲームにしろ、ハリウッド的リアリティの、「リアリティがある」からおもしろいとは
リアルとの差異を楽しむことである

281 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/23(月) 18:42:45
東の動物化、データーベース化、環境管理は、機械論的欲望に帰結する
究極的にはジュラシックパーク的ではあるが
遺伝子管理を、生命はいかに乗り越えるのか
すなわち動物化抑圧が、欲望をどこにむかわせるているのか


282 :「オッス オラ 極右」:2005/05/23(月) 20:07:08
イディオム(固有語法)は翻訳できません
翻訳家を批判するのはやめよう

283 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 21:14:00
もともと翻訳の話じゃないだろ。
フランス語が読めないデリダ研究者の話題を振られて逸らかしただけ。

284 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 21:51:21
>>283
無関係じゃないだろ。
フランス語圏の思想を日本語圏の思想に輸入する技術話なんだから。

285 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 22:05:02
ようするに東がデリダを翻訳できるかって話か?

286 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 22:07:50
人文系で大学院進学を考えているのですが
英語は必須としてもドイツ語やフランス語はできなくてもビッグな研究者になれますか?

学部での語学必要単位全部英語を選んでしまってマジ後悔してます

287 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 22:09:29
そもそも英語だけでは大学院に合格しないじゃんか

288 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 22:15:16
>>281
> 東の動物化、データーベース化、環境管理は、機械論的欲望に帰結する
> 究極的にはジュラシックパーク的ではあるが

自動化(動物化?)する欲望ですな。
ボードリヤール氏のいう「世界の完了」もしくは「自動記述」・・・

自動化する象徴界・・・・


289 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/23(月) 22:41:12
>>288
言い古された機械論が、リアルであり続けるのは科学技術の発達が
新たな「無垢」を供給するからである。
時計モデルから始まった機械論は、オートメーションから
コンピューターモデルを経てネットワークモデルへと至る。
東の動物化は、ネットワーク的、データーベース的に
欲望が還元される機械論である。
精神分析的欲望論は、この還元不可能性によって機械論を躓かせつづける。

290 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/23(月) 22:43:08
そして機械論へ還元したいという欲望そのものが、
機械論を躓かせるというパラドクスである。
これは、認知科学であり、遺伝子工学にも言えることだが。

291 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 22:59:50
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1116847003/l50

お題
漫画板で自分の知ってる哲学用語で精一杯頭よく見せようとしている
こいつらいじってみてください

292 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 23:06:18
>>286
アメリカ留学して頭角を現すしかない。
けど日本ではアメリカ留学した香具師はあんまり思想家にならない。
受け入れ先が語学教師だし、
英米文学の延長でしか思想を捉えていない所ばかりだから。

293 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 23:06:31
>>291
お前はあっちで言い負かされて顔が真っ赤になってるみたいだな。

294 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 23:09:22
人間化の結果が動物化というのも皮肉というかパラドクスですね

295 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 23:09:25
>>293
いやおれは両方の言ってること一切理解できんよ



296 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 23:18:14
「否定的なものが廃絶されて浄化される状態」(ボードリヤール)
というのを想起させますね。


297 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 23:20:57
>>291
ポップでカジュアルな現代思想おしゃべりのお部屋か

298 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 23:42:22 ?
そんな品の良い物じゃないだろに、www


299 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 00:06:37
>>298
品が高くないからこそ、カジュアルで大衆的(ポップ)なんじゃん。

300 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 00:10:10
>292
英語しか出来ずにアメリカ留学っても哲学なら他の語学も要求されるだろう
せいぜい人文系なら英米語学文学で頑張るしかないね。

301 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 00:15:47
>>300
批評理論関係ならなんとかなるよ

302 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 00:45:58
>>301
あっちで批評理論つったらフランクフルト学派なわけだが。
ドイツ語できないとお話にならない。

303 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 01:07:37
>>286
心配するな、なんとかなる
大学院に入ってから必死で独語あるいは仏語を勉強して
いつのまにやら大陸系の勉強が中心になってしまった人も多いし
そもそも学部と院で勉強内容がまったく違っている人はむしろ「ありふれている」
語学は院進学後でも取り返しが利くと思って「間違いない」

だいたい、途中でドロップアウトせずに真面目に研究者目指すなら、
院では、語学でもなんでも、死にもの狂いで勉強するはずなんで
「ぼくだいじょうぶかなあ?」なんて呑気な意識は吹っ飛ぶぜ

304 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 02:02:55
先ずは院試験とおるだけのに必要な最低限の独語なり仏語が必要だけどな。

305 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 07:15:58
あずまんはガンダム・ジ・オリジン愛蔵版の
庵野秀明の解説を読めばいいと思うんだ。

物語が機能を失い、「萌え」や刹那的な快楽、
単純な感情しかなくなってしまった現在のエンタテインメント界に対する
切迫した危機感(そして自分もその状況に荷担してしまったこと)について。

富野は自分の作品が庵野たちの世代を生み出してしまったことを反省していたけど
庵野は自分が滝本たちを育ててしまったことを
どう考えてるんだろうな?
滝本と対談はしているけどそのあたりは発言がなかった。


306 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 07:30:31
監督も東を読んでるのか

307 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 07:54:22
「萌え」という言葉は使ってなかったけど
あずまんが本を出す以前から
似たような発言はしている。

「動ポモ」は献本したのかだれかあずまんに聞いて欲しい。

308 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 08:10:01
◆「少年犯罪データベースはてな」

少年犯罪関連のデータベースが、はてなダイアリーのシステムを利用して掲載されています。
http://d.hatena.ne.jp/kangaeru2001/

309 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 10:12:13
あずまんはガンダムに疎いからなあ
あの世代なのに

310 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 12:57:34
うる星やつらに興味があったんだろ

311 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 13:33:26
>>309 >>310 どっちも糞アニメだけどな。


312 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 18:36:38
>>309
動ポモかなんかで「ガンダムはファーストからZ、逆襲のシャア、ZZと続いていき」とか
書いてるの読んで俺はもう限界だと思った
逆シャアとZZの順番を間違える程度の人間がアニメなんか語っていいのか?

313 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 18:40:57
>>312 まあまあ、そんな細かいこと言うなや。


314 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 18:47:33
曖昧な知識でものを書いてしまうのは、東のデフォルトじゃんか

315 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 18:55:27
>>312

<たとえば『ガンダム』においては、七九年に放映された最初のTVシリーズ以降、
『機動戦士Zガンダム』『逆襲のシャア』『機動戦士ガンダムZZ』などと続く作品の
ほとんどが、同じ架空の歴史に属するものとして構想されている。(55ページ)>


本当だ! 発売から3年半たって今頃気がついた。

316 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 19:17:44
そういう些末なミスを気にするのはオタクだけ
そういう読者のために書かれた本でもないし学究的には問題なし

317 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 19:19:40
>>316
あずまんが、文学や思想の分野では
自分より年下の人の知識不足やミスを
厳しく指摘する「辛辣な批評家」ということを
知らないの?

318 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 20:02:25
>>315
文脈上、どうでもいいことじゃん。
順番がどうあれ、それらのガンダムシリーズが
「同じ架空の歴史に属するものとして構想されている」
ということが言いたい文なんだから。

319 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 20:05:03
そういう揚げ足とりでなく、ちゃんとコンテクストを読んで、
その意味に対する批評をすべきでしょう。

320 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 21:29:37
些細なミスって誤字脱字じゃないだろ。
事実の誤認は学究的には致命的なんだけど、普通。

321 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 21:43:41
ありすぎて些細ではない。
もはや大いなる意思。

322 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 22:22:28
>>320
文脈上問題ない程度の間違い。
間違いを指摘することは問題ないしやるべきことではあるが、
必要以上にあげつらうのは邪魔でしかない。

323 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 23:00:06
>>320
だから、作品が発表された順序を問題にした文じゃないでしょ?
コンテクストと無関係な揚げ足をとっても意味ないよ。
誤字や脱字なら問題だけど。

324 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 23:06:31
その文が、その作品が世に出された順番について論じていながら、その順番の記述
を間違えたのなら、論じられる上での事実誤認ないし誤記として問題だけどね。

325 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 23:08:41
東浩紀に厳密性を期待することがそもそも問題だよね。

326 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 23:28:17
もし「黒歴史」概念を知った上で、
ZZを忘れたふりしているならむしろ喝采

327 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 23:54:32
俺はあずまんと同世代(ひとつ年下)だけどガンダムとか全然しらないな。
いや、存在は知ってたけどあまり興味がなかった。
あずまんのするオタ系の話題って、舞城とか佐藤とかのライトノベルの
話くらいしか本当はよくわからないんだ。そういう素養がないから。
エヴァンゲリオンもあずまんがなんか書いてたから見たんだ。
どこら辺がゴダールなのかは全然わからなかった。ひょっとしてあずまん
は映像作家で偉い人というと、ゴダールくらいしか思いつかなかった
だけなんじゃ…いや人を疑うのは良くないことです。
最近、とうとうギャルゲーを買ってしまった。
なるほど、動物化とはこういうことかと思った。あずまんは一種の読書
だと言ってたけれど、これが小説だったら退屈で途中で投げ出す
だろうと思った。ちなみに買ったのは、to heartっていう、マルチとか
いうロボットが出てくる奴だった。
あずまんに唆されてどんどんオタクになっていく自分ってどうだろう
と思う今日この頃です。

328 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 00:14:52
>>309
一時期(庵野に失望したあたり)入れ込んでなかった?
この業界唯一のモダニストみたいな感じで。
牛丼屋も高架線も出てこないから。

329 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 01:54:29
ガンダムがインパクトあったのは初代だけ。あれで終わっておけばよかった。

330 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 02:31:58
いや、Vがなかったらエヴァもなかった。
今どき329のように考える香具師は稀。

331 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 02:42:15
>>168
> ちなみに言っておくと、今の東浩紀の「象徴界が機能不全」という場合の象徴界というのはラカンを直接言及してはいない。
> むしろほとんど関係ない。アルチュセールのイデオロギー装置に近い。

アルチュセールのいうイデオロギーは、終わりなきイデオロギーの概念で、
イデオロギー装置だっていわば象徴(化)装置みたいな意味合いでしょ?

332 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 14:09:13
5月21日
きょうは誕生日。夫からとてもかわいい緑色のバッグをもらい、実家から花束が贈られて来て、開店したフレッシュジュースの店にも行けて、特濃マンゴージュースを飲んだ。たいへんハッピーな誕生日だった。

あずまん。。

333 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 14:13:00
うるわしい話だ
いい嫁をもらったんじゃね?

334 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 16:31:38
夫が美少女ゲームをしていました

335 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 19:50:22
「動ポモ2」はファウスト・エロゲーのテキスト論だから
上の世代(唐沢とか)に目をつけられることもないんじゃないの。
(ライトノベル論と銘打っているのにファウスト作家と大塚英志ばかり
述べられているから騙された若い読者激怒とみた)

たぶんミスを大量にするだろうけど、
目くじら立てる批評家が少ない。
大森望はエロゲーはやっていないし、あずまんに甘いし。

336 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 19:51:48
フレッシュジュース、特濃マンゴージュースっていうのは
もちろんメタファーなんだろ。
あずまんはいい夫だよ。

337 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 20:20:39
>>335
餅月先生がいらっしゃいますよ

338 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 20:50:24
>335
ようするに以前の垂れ流しのメルマガ同等ってことか。

339 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 21:03:59
>>338
腐っても(装丁からして腐ってしまった)講談社現代新書なんだから
編集はなされると思う。
ただ編集が厳しいとあずまんはキレるので完成度は高くないだろうけど。
でも垂れ流しメルマガレベルってことはないと思う。
あれだったら担当編集者は社内を恥ずかしくて歩けなくなるよ。

340 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 21:09:05
つーか、誰が買うんだ?
エロゲーなんかやってるやつってアニメファンより少ないだろ。

341 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 21:31:15
メルマガのは「編集」って名乗っちゃいけないレベルだったしな。
無料のゼロ号しか読んでないけど。
彼らは出版物の対談が全部テープ起こし垂れ流しとでも思ってたんだろうか。
結局購読しなかったのは創刊準備号であの粗雑さにカネ払うものじゃねえとゲンナリしたからなんだけど。
正式にカネ貰うサービス開始してからのはまともになってたんだろうか?

342 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 22:51:09
編集をまったくしないのを
波状はボリュームがすごい、で押し切ったからな

343 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 04:46:59
「ファウスト」読んだら、波状はすばらしいのに
業界は黙殺している、と太田編集長が怒っているよw

すばらしいと思っているのだったら、
ファウスト5号に載せた、波状からの転載上遠野インタビューを半分に編集せずに
そのまま載せればいいのに。

344 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 06:13:21
自意識過剰なんだよ

345 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 06:52:03
>>336
旦那が「フレッシュジュース」をくれないから
フレッシュジュースの店に行って、特濃マンゴージュースを飲んで
代償行為にした、というわけだな。

346 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 10:30:47
>>345
妊婦だからそれはないだろ

347 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 11:54:25
たとえどんな状況でも、どんな時代でも

348 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 11:55:52
妊婦でも

349 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 11:57:13
性欲を持て余す

350 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 13:08:23
お前ら待てよ!
こんなことをやるからみんな死んじゃうんだよ!

351 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 17:33:05
                 _
               /´  `フ
         , '' ` ` /      ,!
.        , '      レ   _,  rミ
        ;          `ミ __,xノ゙、、
        i     ミ   ; ,、、、、 ヽ、
      ,.-‐!       ミ  i    `ヽ.._,,)_,,..,,,,_
     //´``、     ミ ヽ      ./ ,' 3  `ヽーっ
.    | l    ` ーー -‐''ゝ、,,))     l   ⊃ ⌒_つ
     ヽ.ー─'´)            .`'ー---‐'''''"

352 :AA:2005/05/26(木) 17:35:10
僕にも特濃マンゴージュースを飲ませてはくれないだろうか?

353 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 17:50:21
ひろたんのコクまろ特濃マンコージュース飲みたいよおっ!

354 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 17:57:53
このスレの惨状が今の東浩樹を正確に現しているね。

355 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 18:07:13
そんなこという人に限ってヒロキをまだ愛している

356 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 20:39:29
波状の対談系は、まぁ良いものは良かったし、
値段を考慮すりゃ太田が怒るのも全くわからんわけではない。
だが、編集がウンコだったり営業がお話にならかったりしたのの方も大問題だった。
毎号毎号、気を惹く部分数百字くらいは無料公開したりとか、やれることは沢山
あったはずだと思う。
初号の無料サンプル見ただけだったら漏れも購読しなかったと思うし。

357 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 21:13:16
>初号の無料サンプル

なんでまたいちばんつまらないところを
無料サンプルにしたんだろうか?
波状はもっとおもしろいところがあったのに。

358 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 21:20:28
もうすぐきっと『情報自由論』が出るから大丈夫。
『存在論的郵便的』以来のマジメな本だから『存在論的〜』以降
あずまんから遠ざかってた人もきっと戻ってくるよ。

359 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 21:34:49
あずまんのことだから、こうなる。

●7月;「動ポモ2」発売予定。

●7月、8月;プロモーション活動に専念。
斎藤環を初めとして何人かと対談をこなす。
著書のいい加減なところ、不十分なところ、理解できないところは
対談を読んで埋めなくてはいけない。

●あずまんお疲れでしばらく休憩。

●「情報自由論」年内発売危うし!

360 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 21:54:19
百見は一触にしかず

361 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 21:56:28
「習う」よりまず「慣れろ」

362 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 03:25:53
>>359
>斎藤環を初めとして何人かと対談をこなす。

たまきんも話を聞かないアホの相手をしている暇は無いだろ。
ニート問題、小林王子問題、海外萌え事情、などなど
取材のネタは山ほどあるだろう。


363 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 06:35:22
時事問題スルーしすぎ
911は後出しじゃんけんですが・・・なんていってたけど
今はもう後出しじゃんけんすらしないのか

364 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 09:14:20
あげ

365 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 09:21:42
あずまんにすべてを求めるなよ

366 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 09:54:44
>>362
>たまきんも話を聞かないアホの相手をしている暇は無いだろ。

あずまんは環がなに言っても自説を修正することはない。
けれど環は「患者」相手にカウンセリングしているような
ものだから問題ない。

しかしあずまんも環の5分の1くらいの執筆量は
期待したいなぁ。
宮台のことをしゃべってばかりで書いていないって批判していたのに
環や福田みたいに書くわけでなく、宮台のように大量にしゃべるわけでなく、
たまに司会者気取ってしゃべるだけっていうのは……

367 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 10:06:09
>子犬たちへの応答/柄谷行人(2002.4.18)

>東浩紀、鎌田哲哉、大杉重男、千葉一幹らが私を批判しているから、
>それに対して応答したらどうかといわれた。
>しかし、こんな連中の低レベルな批判にまともに応答する理由はない。
>この連中は、批評空間や群像新人賞から出てきた。世の中では、私が評価したと
>思っているかもしれない。もちろん、相対的に評価したのは事実である。
>しかし、その後の仕事については、また別である。私の評価はそのつど変わる。
>ただし、それをいちいち言うべきではないと思い、長い目で見ようとしてきた。
>しかし、彼らが錯覚し思い上がって騒々しく噛みついてくるとなったら、
>一言いっておかねばならない。 こういう連中は、全面的に私の言説の中で育ってきて、
>一人前になるために、そこから出ようとして、まず私にからみ攻撃する。しかし、それでは
>私に対する従属をますます認めることにしかならない。(何にしろ私はこんな
>ストーカーどもにつきまとわれたくない。)そもそも、このような心理は
>あまりに単純であって、それを自覚できないということだけからみても、
>この連中には見込みがない。彼らには『トランスクリティーク』を論評することなどできない。
>端的にいって、理論的能力が欠けている。それでも、勉強しようとする知的な関心や
>倫理的な衝迫があればいいが、それもない。たんに、何か派手に有名になりたいという
>根性があるだけだ。 さらに、この連中には文学的能力がない。もともと「批評の批評」しか
>やったことがないから、小説が読めない。教養がない。語学力もない。これらは致命的な欠陥で、
>彼らがまともな批評家になれるわけがない。(その点で、何はともあれ、私は福田和也を
>文芸批評家として認める。) 『批評空間』やウェブサイトに載っているものについて、
>私がすべて支持していると思う人がいるが、それはまちがっている。私は事前に読まず、
>刊行されてから読んで、あれこれ意見をいう。その多くは痛烈に否定的である。
>しかし、めったに批判を公言したりはしない。そのため、書き手が錯覚し、世間が
>錯覚することがある。今後は、少しだけ本音を公開することにする。

368 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 13:07:29
>>366
NEETに言われたかねえ

369 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 01:11:33
また アズマンコがタマキンに突っ込まれる時がきたか


とか書こうとしたら すでにたまきんってネタ出てた

370 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 05:00:39
小林よしのりがだね、ネットのことを「プチ・ナショナリズム」だとさ。

しかし、それを言うならおまえが最もプチナショナリズムだろう(笑。
いや、我々は知っている筈だ。彼がナショナリストでさえなかったことを。
彼は、左翼・サヨクだったのであって、今頃になって、はやりでナショナリスティック」
なことをいってる連中とは、違う。

彼が世論を変えてきたのではあるまい。彼がサヨクごっこをしてる時、俺はすでに
たった一人で「保守」をしていたよ。

ハヤリでなく、ほんとの意味で「保守派」をやるのは辛いのであって、村上隆もね
「リトルボーイ展」とかで、戦後ニッポン・アメリカニズム批判だとか。
しかし、それならトヨタの車を、その展に出したらどうか。あれこそ、アメリカ型
フォーディズムの縮小再生産と言えなくもないのだから。

しかし、それはできないわけでしょう?せいぜいオタクに楯突けるだけで、トヨタには
楯突けまい。森川もいいかげんにしなさい。そもそも、若者世代に楯突けるのは
当たり前ではないか。まだ権威じゃないんだから。
では、「リトルボーイ展」にトヨタの車を出しなさい。「反権力」が泣きますよw



371 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 08:10:56
福田、浅田、宮台のようなパフォーマンスではだめだ、コンスタティブにやらなければならない
こうやってハードルを自ら上げるからw何も言えなくなっちゃった

372 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 11:13:57
>何も言えなくなっちゃった

書かないだけで、しゃべってはいるよ。


373 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 11:28:42
口だけの奴になったってことだね

374 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 11:39:59
あずまんが、誰かの戦略を批判してから数年たつと、
その批判対象と同じようなことを(劣化した形で)やりだす傾向にあるので
要注意である。

375 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 16:12:15
袋小路

376 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 16:20:57
東さんは柄谷さんのなにを批判したんですか?

377 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 20:10:04
ナニを批判した

378 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 23:38:43
もうね
いっぱい、いっぱいなのよ、彼も。

379 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 05:41:00
もう柄谷、浅田、福田、宮台を批判しないだろうね
人の事言えないもんね
若かったんだよ、あの頃の彼は

380 :嫐嬲:2005/05/29(日) 06:21:22
情報自由論が読みたい

381 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 09:04:41
>>367
ほとんど怒りをぶつけているような内容の文だね。
あの柄谷さんをそこまで憤怒させちゃうというのはすごいね。w

>今後は、少しだけ本音を公開することにする。

少しだけといわずに。w

382 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 09:43:15
>>379
彼らはエロゲーを語らないから駄目だみたいなことは言うんじゃないの。

383 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 09:46:33
あずまんは情報関係に定住してしまうの?
逃走期待してるんですけど。

384 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 10:15:43
>>382
柄谷、浅田はサブカルチャーを無視するから駄目だ、と語ったことはある。
あと、浅田はJ文学を読んでないのに批判するから駄目だ、という批判もある
(浅田は意外と読んでいるのだが)。


385 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 10:16:28
>>383
> あずまんは情報関係に定住してしまうの?

職が決まれば情報関係にも飽きて
次のことを探し出す。


386 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 13:16:29
あずまんの飽きっぽさは学者としてどうなのよ?

387 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 13:20:46
>>359
「奥さんの出産→子育て」が抜けている。
サラリーマンや大学教員みたいに
1日○時間固定で働くっていうのがない身分だから、
仕事時間はますます減るはず。

388 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 13:32:25
職はあるわけだが。

389 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 14:41:48
つまりあずまんの堕ちる自由を尊重してやれということだ

390 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 17:28:58
あずまんがポストモダン哲学をやらなくなってみんな関心が無くなって
デリダやドゥルーズなんかがこのまま日本から消えていってしまうのかな?
本人たちもみんな故人になってしまったし。
あずまん自身がポモはもっと研究してみれば得るものはあるんじゃないか
みたいなことを言ってたけど。。


391 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 17:33:26
ハイデガーが消えないという意味では消えないでしょ。
本人達も晩年は古い世代の哲学者と自己規定してたみたいだし。

392 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 17:33:29
駒場では細々と研究されているようですよ。

393 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 19:02:28
降りる自由はあってもいいよ、別に
但し、情報自由論の本を出してから降りてください

394 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 19:08:13
本気で出ると思ってんの?

395 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 20:54:43
失語症ならぬ失筆症

396 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 21:06:58
チャーリーの『カーニヴァル化する社会』を読んだよ。
社会学風エッセイだった。
思いつきをそれらしくみせているので
『嗤う日本の「ナショナリズム」』と同レベルの本だと思ったけど、
『嗤う』ほどアイディアが詰まっているわけでなく
エッセイとしか呼べない薄さだった。

担当編集者があずまんと同じ田中浩史という人で
一瞬「アフタヌーン」でロリコン無職の男性が主人公の
マンガを書いている人かと思った。

『ほぼ日刊イトイ新聞の本』の編集者だったw
ttp://www.1101.com/editor/2004-10-15.html

397 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 21:09:11
>思いつきをそれらしくみせているので

もうちょっとくわしく言うと
概念がかなりおおざっぱで、適用範囲が広すぎなので
(「動ポモ」のポストモダンの二重構造モデルのようなもので)
間違っていると思っても反論できないタイプの本だと思った。

398 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 23:06:07
しかし、柄谷に小説が読めないと言われたら終わりだな。

まあ、あずまんはアニメもギャルゲーも多分本当には「読めてない」。
批評対象に本当は愛なんて感じてなくて、自分の理論に合わせて
豪快に誤読してしまうあずまんこそ、柄谷の正当な後継者というべきか。

399 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 23:12:36
理論が柄谷に比べて詰まらない。
しろうとにまで、超越的と超越論的を混同していると言われていたが。

400 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 23:16:52
批評対象に「メタ」を見出すと興奮する体質だからなぁ。
逆にいうとどんなに優れた作品だからって
「メタ」な要素がないと反応しない。

401 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 23:26:59
 542 名前: メロン名無しさん [sage] 投稿日: 2005/05/27(金) 12:06:10 ID:???0
  東京工業大学と東映アニメーションなどの研究グループは、アニメの動きを蓄積したデータベースを
 作製し、アニメ製作を効率化する技術を開発した。一度作製したアニメの動きを、別のキャラクターで
 簡単に再現することができる。現在、日本で製作されているアニメは一週間に約七十本で、百本以上
 の需要が見込めるという。今後、データベースを充実させて製作現場で役立てる。

  新技術は東京工業大学の中嶋正之教授と埼玉工業大学の角文雄教授らが開発した。キャラクター
 の動きや風景などアニメの一部を取り出してデータベースに保存し、別のキャラクターで動きなどを
 再現する。歩く、走るなど人間の動き二十三種類と、犬や猫などの動物の動き三十二種類、雨や雪
 などの背景をデータベース化した。

  例えば、アニメから歩く少女を取り出し、その動きをデータベースに保存する。歩き始める少年のアニメ
 を描き、そこに少女が歩く動作を組み合わせれば、自動的に少年が歩く姿が描ける。二つのキャラクター
 の間で腕や足同士を対応させやすいことを利用した。

  アニメはキャラクターが歩いたり走ったりする場面は繰り返し出てくる。動きや場面を何度も利用でき
 れば、アニメ作製が効率化でき、世界的に評価が高い日本のアニメの量産化が進むという。今後、製作
 プロダクションなどに呼びかけてデータベースを充実させたい考え。

  モーションキャプチャーと呼ぶ技術を使って、実際の人間の動きをアニメや映画に使う例は多い。
  アニメには実際の人間や動物の動きと違った独特の動きがあるが、これまでアニメの動きを取り出し
 て、別のキャラクターで再現する技術はなかった。

402 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 23:55:40
データベースの定義が曖昧だから
後出しじゃんけん的に色々できそーね


萌えキャラ製作ソフトとかは早く実現してもらいたいものだ。
最終的に西尾維新と対決!!
勝つのは人類か!?
コンピュータか!?
世界が注目する様が目に浮かぶ。

403 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 02:16:04
>>398
それは遠まわしに柄谷のことを揶揄してんのかい

404 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 04:11:23
>>400
体質なんだw じゃあ仕方ない

405 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 06:10:13
データベースってモジュールでしょ
パラメータといってもいい
パターンといってもいい

406 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 11:01:22
パノプティコンのデータベースモデルか。なかなか面白い。

407 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 23:35:31
この前isedに行ったらあずまんが公文俊平にぺこぺこしてた。
偉くなるといろんな人に頭下げなきゃならなくなって大変だね。

408 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 17:13:16
大人になんかなるものか

409 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 17:23:37
>>407
ということは
5年もしたら公文の悪口を
各所で言いふらすことになるな。

410 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 17:55:14
http://www.asvattha.net/soul/index.php?itemid=422#c
動ポモ出版は30才のときだから、
あずまんは史上3番目の若さだったということになるのかな?

411 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 18:13:38
一番は誰なんだ?

412 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 19:37:43
アニメソングをみんなで購入してヒットチャートの1位にしよう、という運動がネット上で展開されている。
アニメソングは「魔法先生ネギま!」(テレビ東京系)のオープニングテーマ「ハッピー☆マテリアル」。
発端となったのは、2ちゃんねるの「ニュー速VIP板」。「ハッピー☆マテリアル」がチャート上位に入ったことで、
これまでに各方面でさまざまな反応があったが、運動を呼び掛けるサイトによると
「アニソンが上位に入ると、紹介が極端に短かったり、最悪の場合は存在自体なかった事にされる」
とチャート番組などでの扱いに不満を示す。1位を獲得すれば「コメント回避不可能」になるとの読みだ。

 「ハッピー☆マテリアル」については、ある歌手がラジオで「なくなってほしいですね」とコメント。
このためもあってか、サイトでは「アニソンで日本の音楽アーティストたちを圧倒し、
オリコン1位を取って歴史に名を残し、荒廃した邦楽業界に革命を起こす」と“アニソン十字軍”状態になっている。

413 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 20:05:47
歌手は誰だよ

414 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 20:27:20
アニヲタのこのような
自発的に搾取されて、そのことに
喜びを感じる性質っていうのは
斎藤環にでも分析してほしいものです。

415 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 21:13:58
>>414
ハッピー☆マテリアルなんぞに夢中して「みせる」パフォーマンスによって
脱コード化における対抗的読みを彼らは試みているわけだ。
最終的には搾取されているかもしれないけど、ヲタのシニシズムを
表す症例としてはもってこいの例と言えるだろう。
東が動ポモで引用してたジジェクの、スノビズム的な形式を尊ぶ人間は、
決して能動的なのはなく、むしろ強制的にそのような状態に陥っており、
そこでは人々は嘘であろうとスターリニズムを信じるだろうし、無意味であっても切腹を
行わざるをえない状態に自らはまり込んでいる、という見方も面白い。

416 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 21:31:27
シニシズムなのだろうか?
チャーリーが分析するような折鶴オフに似たネットの「祭り」と
見たほうがいいんじゃないだろうか。
これってまさしく「カーニヴァル化」の典型的な事例じゃない。
ttp://www.glocom.ac.jp/project/chijo/2004_06/2004_06_02.html

ただ、折鶴オフの場合と違って
ヲタの場合、レコード会社と原作者を潤す結果に
つながっているところが、ヲタの特性といえる。
自発的に行動している「つもり」であるが
結局のところ「動員」されているだけ、というむなしさ。

417 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 21:55:07
>>412
     プ、プ、プギャープギャプギャプ♪
    \    ププププギャプギャププギャプギャ/
       ♪  (^Д^) ♪
        _m9   )>_ キュッキュ♪
      /.◎。/◎。/|
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

418 : ◆PLAYBOYc7c :2005/05/31(火) 22:18:52
ほへー

419 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 23:07:48
>>412
目的としては「真っ赤なスカーフ」と同じじゃないか。
当時は切手つきのはがきを配ったという、クレイジーなことだったわけだけど。
J-Popの流通と組んだチャート操作は周知の事実になっているわけで、
それに勝ってもなぁ。

それよりも、amazonのミュージックで1位から10位まで独占したほうが、
ある意味不気味で面白いと思うのだが。

ところで、ここなんのスレッドだっけ?
(郷田ほずみの声で)


420 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 00:50:27
>ところで、ここなんのスレッドだっけ?

東浩紀ムラ住人の雑談スレだにょ

421 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 00:58:54
あずまんの思想よりも
そのお茶目な生態にほれ込んだ
動物生態学者が集うスレでつ。

422 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 01:15:52
浩紀タン萌え〜〜な人のためのスレッドですよ。

423 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 07:08:17
社会運動自体が目的化するのはおかしい・・・
これはかつてエイズ問題のとき小林よしのりが言ってた
つまりジジェクや北田なんか出さなくてもいいんだよ
小林よしのりでも思いつく事なんだから

424 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 07:35:00
薬害エイズ問題は社会問題だが
今回はかなりくだらない無価値なことに
人が動員されていることが論点なので
「社会運動の自己目的化」とは異なる。


425 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 09:46:03
なんで赤松健の財政事情を豊かにせにゃならんねん。
つーか、いつからマガジンの漫画がオタクの本流に???

426 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 10:44:52
日本人は忘却体質だから(←宮台談)
ミニモニがオリコン1位をとったことを
忘れて、同じことを繰り返すのです。
(マガジンの「代表人」でネタにされていた)

427 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 10:52:23
真のオタク像をめぐってオタク同士のアイデンティティ争いもあるんですか?

428 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 13:02:59
>>423>社会運動自体が目的化するのはおかしい・・・

運動するのが楽しいから、でOKじゃないの。

柄谷の「資本への対抗運動」も、
そうしたほうが価値があるから良いのだ、と判断した人の集まりだったわけで、
人生観の問題。
どうせ資本の外へは出られないが(構造上の問題なのだから)、
アイロニーに酔っ払ってばかりいるより、対抗運動したほうが、
人生楽しいだろ?という人生観。

他方、
>>414「アニヲタの自発的に搾取されて、そのことに喜びを感じる性質」
>>415「スノビズム的な形式を尊ぶ人間」
>>416「自発的に行動している「つもり」であるが、結局のところ「動員」されている」
たとえそうであっても、
それはそれで全然オッケーだろ?と考える人(つまり、柄谷の言う「ライプニッツ症候群」)も
実際にはたくさんいるが、そういう生き方をしようと思うのも、人生観。

429 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 13:05:05
ライプニッツの美学的なモナド論も、
>>415「ハッピー☆マテリアルなんぞに夢中してみせるパフォーマンス」も
「文化を味わう」意味で興味深いという点で同じ。(と、あえて書いておく)

宮台は、アイロニカルな美学を、ある程度許容する人生観を採るが、
(例えば、>>426オリコン1位を取ったミニモニじゃんけんぴょん!にせよ
 無情を繰り返す桑田佳祐のアイロニズム(cf、波状言論)にせよ、
 宮台は許容していた)
柄谷は、美学的に耽溺すればいいとする立場を嫌う人生観を採る。
(例えば、ヒュームのような文章自体に含蓄のある思想家を避け、
 内容上の理由とは言え、マルクスのような悪文家を褒めるのだから
 ある意味でひねくれた価値判断ではある)

漏れは柄谷ほどサバサバした態度は取れないが。
含蓄も相応に好きなんで。
ラブひなも相応に好きなんで。

ただし、ネギま!はあんまり面白くないから、今回の騒動は、ある意味どうでもいい。

430 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 14:30:24
アニメ業界も彼らが敵視する邦楽業界と同じレコード会社が動かしてるという点が
この企画の救いのないところだ。

431 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 14:57:48
FM J-Wave 森山直太朗 22:57

ランキングを紹介し、ネギマのCDが登場

P「これこれ、ジャケット」
森山「ああ、萌えー アキバ系のやつだ、あのーこれね 無くなってほしいですね」
P「なんてこというの。こういう人が日本の経済支えてるのよ、アキバは日本で有名なのよ」
森山「声優さんかな? これ」
P「きれいな方ばっかりですからね、声優さんは」
森山「まぁ、ブームってあると思うんだけど。がんばって日本の経済支えてください!」

432 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 15:33:44
最近露出が多くなってきた菊池成孔は 自身の深夜のチャート番組の中で
ブードゥー音楽とMIXして放送したw
歌手の名前の字面で 不細工そうとかいったりwwwwwwwwww


【新番組】WANTED! 【スタートおめ】
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/am/1112689535/613-

433 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 15:41:50
681 :ラジオネーム名無しさん :2005/05/25(水) 10:06:37 ID:VpAkrs2b
ハピマテの時だけブードゥーの呪唄と一緒に流したり
CDを足元において踏んづけたり再生速度を下げて遊んだり
散々やってます
ループもバカにされましたが後にDJの上司からメールがあり、
マーヤと仕事をしていたことがわかった途端謝罪を繰り返していました

一部抜粋

ブードゥーと一緒に流しながら
「これだけだとあれだかれねwwwwww」
「呪いの曲をねwwww」
名前を出して
「AVっぽいねwwwwww」
「頭のこのアンテナから携帯の電波うけとるのかなwwwwwwww」
「エロアートわかってやってるねwwww」
「このコマで相手の頭を割って殺すんですねwwwww」
「(名前呼びながら続けて)インリンオブジョイトイwwwwww」
「早稲田中等部2-Awwwwwww」

教えて欲しいぞマスターかける前に
「じゃぁかけましょうか」
「嫌ですけどねwwwwwwww」
「別にかわいくないよねwwww」

意図的に速度落として男っぽいキモイ声にして「ぎゃはははwwwww」

坂本真綾の名前みて
「なんか嫌な予感だねwwwwwww」

434 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 15:56:58
柄谷が一時「偽善でも善を目指してるだけいいじゃないか」みたいなことを言ってたね

今回のオリコンでのアニソンの価値をあげる運動はもはや悪・善の次元ではないけど

435 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 16:16:15
おれアニメ関係全然知らないんだけど
林原めぐみだっけ?あれもオリコン15位以内には結構入ってたような印象があるけど
あいつの場合にこういう現象が起きないのは 顔が不細工だから?

436 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 16:16:30
>>434
善を目指すのが「資本への対抗運動参加者」の価値観だとすれば
美を目指すのが「アニソン1位運動参加者」の価値観

「アニソン1位運動参加者が酔ってるのはただの自己満足美だろう」と言うかもしれないが
しかし他方、資本への対抗運動主催者・柄谷行人も、
自らを善と規定して自己陶酔していたことは確かだし

437 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 16:24:05
>>435
林原めぐみのシングル初動最高は
Northern lights(02/03/27リリース)の3位
don't be discouraged(97/04/23 リリース)も4位を記録している

http://www02.so-net.ne.jp/~sphere/megumi/syoukai.htm参照

やっぱ声優一人に集中して運動起こすのは難しいんじゃないの
顔にカリスマ性がないからとも言えるんだろうけど

438 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 16:29:22
テレビ、マスコミというのは「公平な媒体」でなければいけないので
今回の運動というのはよく考えてみれば十分社会性がある
アニソンが無視されようと大して社会に影響はないので「深刻な社会問題」ではないが
「公平性」は守られなければいけないから、
アニソンを無視されたことへの抵抗は十分社会性はある

439 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 17:30:34
ハピマテは声優が歌っているだけで
歌詞に「ネギま!」だけの特有性がないから
(ワンピースのOPで歌詞に「ワンピース!」という叫び声が入っているとか)
実はアニソンではない。

440 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 17:35:21
はがき投票によるアンケートならわからなくもないけど
CD購入によるランキング一位狙いを図っている点で
レコード会社のいい鴨になっちゃっているにすぎない。

田代まさしのパーソン・オブ・ザ・イヤー投票なら
洒落ですむが(すまなかったけどw)
金を払ってその行き先を考えていない時点で
運動としては評価できない。

441 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 17:49:48
>>429
> ライプニッツの美学的なモナド論も、
> >>415「ハッピー☆マテリアルなんぞに夢中してみせるパフォーマンス」も
> 「文化を味わう」意味で興味深いという点で同じ。(と、あえて書いておく)

本格的なポストモダニストだな。


442 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 18:46:46
カラタニ症候群と呼んであげなさい。

443 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 19:02:09
思春期厨房の性欲をそのまま書いたようなハーレムアニメで萌えてるアホ
いい年こいてそんなもの書いてる奴も死ね

444 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 19:09:09
いつもながら何のスレだかわからない

445 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 19:15:47
声優オタと赤松健信者とオタ嫌いと、
運動論者と柄谷信者と京都学派と宮台フォロワーと、
そしてわずかばかりのあずまんファンが入り乱れる愉快なスレです。

446 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 20:28:49
哲板という現実を、ふと忘れさせてくれるサプリメントです

447 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 20:46:33
>>416
ハピマテ一位運動シニシズムでも対抗運動でもなくがカーニヴァル化である
というのはおそらく一番正しいと思うけどただ踊らされてるだけだからアホ
というのは違うと思う。
なぜならオタクたちはおどらされてるだけでしためでたしめでたしっていう
物語はカーニヴァル化した社会では通用しないと思うから。
例えばレコード会社の搾取叩きというカーニヴァルだって起こりうるわけで
しょ(例えば売り方が汚い!とかね)
つまりオタクを操ってる上位審級は設定できなくてカーニヴァルの行き先
を予測する事はできない。それがまさにカーニヴァル化した社会だと思うん
ですよ

ていうかネギま!評価低いな・・・面白いと思うけど・・・


448 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 21:16:48
えー

449 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 21:23:08
いや、ネギま! いいよ、実際。

450 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 21:29:54
>例えばレコード会社の搾取叩きというカーニヴァルだって起こりうるわけで
>しょ(例えば売り方が汚い!とかね)

これは今まで起きたためしがない。
オタは消費社会の奴隷なため、視聴拒否、購買拒否という手段に出ることができない。

たとえばガンダム種の悪口をいっている奴に「じゃあ観るのをやめれば」と聞けば
「いやネタとして」とかなんとか言い訳して結局観つづけている。
ネギま!の前半の作画が糞だ、とかファフナーの前半の脚本はひどすぎる、と言いつつも
視聴を辞めることなく最後まで観ている。
エロゲーの初回限定版を使った商売せこいよ、とかバンダイヴィジュアルのDVDの値段高すぎるよと
文句を言いつつも結局のところ買ってしまう。
(で、日記に_| ̄|○と自虐的反省的なポーズをとる)

田中公平がアニメのサントラCDはいいものもわるいものも一部を除いてさして売り上げに差がつかない、と
首をひねっていたが、オタは悪くても買ってしまうのだ。

451 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 21:31:01
>>449
いいか? アニメの方はいいって言ってる人の方が少ないぞ。

452 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 21:43:00
「ベタ」な商品に踊らされてみせて、演じてみせるオタク特有の気持ちは分かるけど、
それが典型的なオタ搾取産業の代表である赤松原作の作品ってのがなあ・・・
オタクにしては芸が無さ杉。現状に対する冷笑にすらなってない。
プリキュアの主題歌をベスト10入りさせるぐらいのことをやってみせろってことですよ。

453 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 23:50:20
あずまん流に言うなら動物化したオタクは麻薬中毒と同じだから。
視聴拒否なんて出来るわけがない。

454 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 00:14:11
このスレはバカしかいないということでFA?

455 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 02:06:19
これはもうダメかも分からんね。

456 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 08:08:36
東自身がバカになったしね

457 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 08:23:44
早く脱いで欲しい。

458 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 08:58:45
>会場の500人のファンに「つらい状況にあってもいつか元気になれるよ」とエールを送った。
>6月からのツアーでは衣装を自らデザインし「裸に近い衣装だよ」と大笑い。
>ヌード写真集の可能性を聞かれると「事務所の社長が許せば…。私は全然イヤじゃない」と語っていた。

459 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 10:07:49
>>400
東浩紀論で一番明快だな。

460 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 11:54:54
m9っ´‘_ゝ‘) 馬鹿は死んだらいい

461 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 12:33:08
       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡
   r、r.r 、|:::::           | 
  r |_,|_,|_,||::::::     ⌒   ⌒|
  |_,|_,|_,|/⌒     -="-  (-="    ぁぁそうでっかそうでっか
  |_,|_,|_人そ(^i    '"" ) ・ ・)""ヽ    なるほどね・・・
  | )   ヽノ |.  ┃`ー-ニ-イ`┃ 
  |  `".`´  ノ   ┃  ⌒  ┃|  
  人  入_ノ´   ┃    ┃ノ\ 
/  \_/\\   ┗━━┛/ \\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ

       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡       
   r、r.r 、|:::::           | 
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ | 
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )|   
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ   ・・・で?
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓| 
  |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|  
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\  
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ


462 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 12:46:55
■1992年シングル
1 276.2 君がいるだけで 米米CLUB 1992/5/4
2 170.2 悲しみは雪のように 浜田省吾 1992/2/1
3 168.0 BLOWIN' B'z 1992/5/27
4 155.7 それが大事 大事MANブラザーズバンド 1991/8/25
5 152.2 涙のキッス サザンオールスターズ 1992/7/18
6 140.8 ガラガラヘビがやってくる とんねるず 1992/1/24
7 138.6 もう恋なんてしない 槇原敬之 1992/5/25
8 108.3 if CHAGE&ASKA 1992/7/1
9 108.1 PIECE OF MY WISH 今井美樹 1991/11/7
10 101.9 浅い眠り 中島みゆき 1992/7/29

463 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 23:57:54
ITmediaニュース:「アニメソングをチャート1位に」 ネット運動勃発を含む日記
ttp://d.hatena.ne.jp/http?//www.itmedia.co.jp/news/articles/0505/31/news023.html

現時点で言及しているはてなDは214。
曲名をキーワード検索すればさらに数は膨れ上がる。
マジでカーニヴァル化してきた!

464 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 00:00:21
    _ -一-、,- 、
   /三三三彡lミミ`
  /〃三三三彡ノ`ヽ ミl
  /,_二一テ ̄    `J      _____________
  l川テ~ ⌒   ⌒  l   /
  l川    ●  ●  l     
  (6l      つ   〈     
  l       _っ   ヽ < マジでカーニヴァル化してきた!  
  l      〔_丿    〕    
  入     ー-    /      
/  へ        ノ   \ 
l     \` -ー―ーフl       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
      \/\/  \

465 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 00:08:26

         _ -一-、,- 、
        /三三三彡lミミ`
      /〃三三三彡ノ`ヽ ミl
       /,_二一テ ̄    `J             
   r、r.r 、l川テ~          | 
  r |_,|_,| _川      /'  '\ | 
  |_,|_,|_,|/⌒     ●  ●  |   
  |_,|_,|_人(6l      つ   ヽ   ・・・で?
  | )   ヽノ |.    _っ  〈 
  |  `".`´  ノ     ノ ̄i  ヽ  
  人  入_ノ´    〔_丿  〕
/  \_/\\   ー-    /|
      /   \ ト ───イ 
           \/\/  \
  

466 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 00:15:49
それにしても、これはカーニヴァルすぎる。まじで見に行こう。

467 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 01:24:36
スレ住人(推定12人)の総力を結集して動ポモ1位にしようか

468 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 01:39:40
俺は講談社現代新書のデザインのリニューアルに反対して
不買を決め込んでいるので
ちょっと参加できない。

vip板あたりで、あずまんをオタクの代表であるかのように扱って、
「動ポモ2」がベストセラー一位になったら、
大新聞の書評欄に取り上げられて、扱われているエロゲーやラノベのタイトルが
書評に出てくるかもしれないぞ、と煽って
今回のような「祭り」を起こせないものか。

469 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 01:41:47
オタクに嫌われているから無理です

470 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 01:44:15
簡単に一位になれると思うのだ。
みんなが紀伊国屋書店新宿店か
三省堂書店で買えば、簡単にランクインする。
北田の「嗤う」は三省堂か東京堂の人文書カテゴリーでランクインしていたから
ベストセラー扱いだった。
あずまんの本ならオタを騙せるから(扱われているラノベが極度に偏っていることを
隠せば騙せる)、ランクインは確実。

471 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 01:46:33
>>469
>オタクに嫌われているから無理です

赤松健やキングレコードも一部のオタクに嫌われているけど
この「祭り」だろ。
大丈夫、連中は煽りに弱い。
「ネタ消費」はネタがくだらなくても(あずまんスマン)消費は止まらない。

472 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 06:09:13
「祭り」でええやん。カーニヴァルて!
鈴木謙介の顔がきもい件。マジで見に行こう。

473 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 06:15:40
■1995年シングル
1 235.2 LOVE LOVE LOVE/嵐が来る ドリームズ・カム・トゥルー
2 210.3 WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーヴメント H Jungle With t
3 187.1 HELLO 福山雅治
4 183.6 Tomorrow never knows Mr.Children
5 179.2 シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜 Mr.Children
6 173.6 Hello,Again〜昔からある場所〜 MY LITTLE LOVER
7 171.7 奇跡の地球 桑田佳祐&Mr.Children
8 166.5 TOMORROW 岡本真夜
9 159.4 ロビンソン スピッツ
10 158.8 LOVE PHANTOM B'z

474 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 06:35:40
 / (゚) 、_ `ヽ
/  ( ●  (゚) |つ
| /(入__ノ   ミ

475 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 06:59:25
カーニヴァルですか、勝利の暁には、
メインディッシュはあずまん。


476 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 07:39:43
・『美少女ゲームの臨界点』韓国語出版の契約書を交わす。


韓国で需要あんの??

477 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 08:30:49
どういう感じでやれば祭りになるの?

478 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 08:50:26
VIPにスレ立てればいいと思うよ。

479 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 13:26:06
データベース化する欲情
http://sky.issaigassai.com/photo/wara/data/184.jpg

480 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 16:02:13
覚せい剤、サイコ・ル・シェイムのボーカルを逮捕
神奈川県警薬物銃器対策課と港北署は2日、
東京都目黒区青葉台、ロックグループ「サイコ・ル・シェイム」ボーカルの
梶永大士容疑者(29)を覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕した。




さすがデータベース的動物!

481 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 18:52:53
>>476
日韓オタク帝国樹立の先行投資です

482 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 19:18:32
【動物化】ちょ、お前らマジで動ポモ2売り上げ1位にすんぞwwwww【メタリアルフィクション】
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1117793670/

483 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 19:51:41
ttp://www.fdempa.com/XOR/happy.html
ttp://www.usamimi.info/~gamezone/negi.swf
こういうフラッシュをみてると北田の本に書かれてることが
すごく実感できる。なんつーかドラッグを飲まされてレイプ
されてる感じがする。


484 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 20:59:10
なんかちょっと前の衆議院選挙の時の 極右政党の祭りみたいに
あんなに祭って 現実はあんなもんかって感じになりそうな気がするんだけどなぁ。
一位とれるのかな?ホントに

485 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 21:01:23
チャーリーの本を読んでないんだけど
カーニヴァル化を止める方法ってないの?

なんでまた森山直太郎なんかがターゲットになってるんだ?
あびる優並みのネットリンチじゃないか。
あびるは店を潰したけど、森山はちょっとアキバをけなしただけなのに。

486 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 21:20:06
かわいいもんじゃないか。
善は動物。
確信したよ

487 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 21:32:08
>>485
日刊!ニュースな本棚
(若手の学者がおもしろい。東浩紀、北田暁大だけじゃない、経済でも哲学でも思想でも
政治でも、元気な論客たちが爪を研いで出番を待っている! そんな彼らに突撃インタビ
ューしていく連載です。)
これで来週チャーリーのインタビューだから
扱ってくれるかもしれない。

しかし「東浩紀、北田暁大だけじゃない」とか言っておきながら
チャーリーをとりあげるっていうのも
なんかギョーカイって狭いんだなという思いを強くする次第であります。

488 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 15:46:27
>Q.アニメオタクキモイんだけど

>A.アニメは嫌いでもいいのでCDだけ購入して下さい。

489 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 16:18:11
マジにキモイな。死んで欲しい

490 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 16:21:09
キモさを憎んでオタクを憎まず

491 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 16:48:37
あずまん、「知識人」として
今回のアニオタの暴走を食い止めるような発言をしてくれないものだろうか。
Winnyに関する発言で叩かれたから、時事問題を語ることに臆病になっているだろうけど、
今回の騒動はさすがにまずいよ。

俺もアニオタだけどちょっとハピマテに否定的なこと言ったら
リンチをくらった……
非国民(非アニメ民)扱いだよ……

492 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 16:52:23
>>490
それってオタクが実際物質的なキモさをもってたらオタクも結局キモいじゃん(笑)
キモい(と称される)オタクとキモくない(と称される)オタクの争いが起きちゃうな

493 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 17:37:58
キモい人をオタクって呼ぶんじゃないの?
キモくないオタクって存在しないだろ。

494 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 19:04:39
完璧なオタクなどといったものは存在しない

495 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 19:09:22
きもくないオタクはいない

496 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 20:02:07
あずまんはキモイ

497 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 21:01:22
エロゲーを月に10本もやっていたら
精液が足りなくなると思うのだが
平行して子作りもやっていたあずまんは
精力バツグンだと思うんだ!

498 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 21:32:10
絶倫なり、絶倫なり東浩紀!

499 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 22:56:57
>>491
winny関連で叩かれた?
誰に叩かれたの。
単純に知らないので。
誰にというよりネットでチョコチョコと叩かれてたのか?

500 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 23:07:53
>>499
まずこの一連のエントリを参照。
ttp://www.hirokiazuma.com/archives/2004_05.html

次に切込隊長のこのエントリを読む。
ttp://kiri.jblog.org/archives/000696.html

あとは自分で検索しなさい。
毎回噛みつく山形もやっぱり噛み付いている。

501 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 00:37:43
切込はもうおなかいっぱい

502 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 00:52:56
>>500
切込のは単純に「違法は違法だよ」という話だね。
東のは「違法であることがそもそもどうよ。よくなくね?」って話じゃん。
こんなことでいちいち臆病になるかよ。
億劫にはなるかもしれんが。

503 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 01:27:47
あまりにも東の物言いが「ガキ」だったのは否めないな。
Winny問題を考える団体からお声も掛からなかったみたいだし。

504 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 01:56:23
バルトにはなれなぇな

505 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 01:58:17
とにも、かくにも、あずまんは技術そのものが全くわかっていないのに
口を出しているように見えるね

著作権の問、特にコピーレフトの問題と言うのはとても根が深い。

下手に口出しすると
「あんたは、共産主義者が!」
「あんたは、無政府主義者か!」
と言われかねない問題。(これは誇張じゃないよ)

とりあえず、あずまんはKeyにAirをコピーレフトの対象にしてください
ということから始めるべきだな。


506 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 02:26:31
だから、ここで唐突にオタクに頼るわけでしょう??↑

「コピーレフト」なんだから、自分で開発したらいいわけで。こんなところで
「美少女キャラ」だって、オタクが産んできたわけでしょう??

既にあるものを改良するんじゃなくて、
ましてやまるっきり「オタク」だものね。そんなにAirがやりたい?

アニメは「デフォルト」としてそこにあるんじゃあなくて、手塚治虫とかが創ってきた
んですよ??

「オタク」以外のソフトも当然あるはずで、自分らでそれこそフリーで創りゃいい。

ついでに言えば、それ(コピーレフト)は東の行政の許可の発想と矛盾するね。
例のライセンス(許認可)もらって、作れとかいうやつと。許可も認可もない
ということでしょう?なにをやっても、「自由」だというのなら・・。


507 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 02:56:21
ついでに、北田と白田とかいうやつに反論しとく。彼らの発言ーーー
「ゆるいリベラリズム」、「多元主義的コミュニタリアニズム」、
「小さな共同体の乱立と共存」、「昔は固まってたけど今はバラバラ」、
とかですね。
要は、小さな共同体でバラバラになっちゃった、それがいけないという意見ね。

実はオタクに生じたことはそれと真逆なんだね。もともとオタクというのは
ちいさな共同体の乱立でした。SFファンはSFで、ミステリはミステリで
バラバラにやってきてもう100年の歴史があるわけ。
だけど、ある時期に自分たちは実は同じ事をやってるんじゃあないか、と気づいた
のだ。
で、80年代ぐらいに、一つにまとまったのだ。つまり、「交通空間」が形成され、
相互乗り入れが可能なネットワークを形成したのだ。
だから、「オタク文化」という大きな共同体が出来た、のであって、
小さな共同体が「合併」した、というのが正しい。

こう見てみると、「オタク」が実は一枚岩ではないことがわかろう。
宮崎駿と押井の趣味が違うのも、当たり前だ。もともと違うメディアからの
参入者なんだから。ただ、一つにまとまって、一つの運動を行おう、ということで
集ったのであって、「ポストモダン」の真逆になってる。

508 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 03:25:54
506-507
文章下手杉
北田&東より年寄りで、学問的訓練のないオタだろうが、
主述をはっきりさせろよ

509 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 03:42:56
あずまんは適当に踊ってるようにしか見えん

510 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 04:37:04
>学問的訓練のない

ワラタw
いや、507はけっこう意味が通ってるよ。
言いたいことは分かる。

ただ506がさっぱり分からない。暗号?

511 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 07:59:44
今さら切込みたいなフェイクに触れるのは無しだろ

512 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 12:52:12
フェイクという点では東も似たようなもんだがな。

513 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 13:28:25
でも、フェイクだと証明したって
結局かわらないからなぁ。
光通信がいまだ健在だったりするし。

514 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 13:30:20
冒頭からあずまんが取り上げられています。

『大航海』No.55 2005年
特集 現代日本思想地図
東 浩紀 人間はいかに人間たりうるか 平田和久


515 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 14:35:32
ガキというかウカツだよなぁと思う。
どういう類の反論が来るのかはある程度予想出来ただろうに、
その方面には殆ど配慮せずに、アジったりしたら、叩きやすいのは当たり前。


516 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 14:50:20
そういう日本流の根回しがウザイ俺としては、
東のキャラはあれでOK。


517 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 15:59:38
>>514
マジで!?
だとすると5度目の対談登場かな

×三浦雅士×宮台真司×斎藤環×大澤真幸

で、相手の平田って誰?

518 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 16:05:14
「アニメソングをチャート1位に」 ネット運動勃発
ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0505/31/news023.html

519 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 16:05:40
アニオタ死ね

520 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 17:28:59
>>517
違う違う
東が対談してんじゃなくて現代の重要思想家をセレクトして思想の歩みを概観しよう
という特集で重要思想家として東が取り上げられてるだけ。平田ってのは東の項の
文を担当してる奴。ついでに北田は大澤の項を担当してる。
俺は東の項をさらっと読んだけどよくまとまっててよかった。東の情報社会論と
サブカルチャー批評を結びつけようとする意志が見られた。
まあそれはそれとして浅田の項ひどくない?いつの話をしてるんだってかんじなんだが

521 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 17:37:13
>>517
http://www.shinshokan.co.jp/daikoukai/dai-back55-57.html

522 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 18:47:49
重要思想家たちの名前を見てると日本人の民度の低さに涙が出そうになった。

523 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 18:57:45
>>522
フランスの方もあらかた死んでしまったので大差ない。

524 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 21:16:01
白人崇拝やヨーロッパ中心主義からはいい加減脱却しようぜ。

525 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 21:20:25
>>524
あずまんは文化多元主義がお嫌いらしいよ。

526 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 22:25:51
東:顔か性格かと言ったときに、顔じゃないと言いたいんだけど、これは難しい問題をはらんでいて。
ある程度の歳になったら顔に責任を持てという言い方があるように、顔と性格はある程度リンクしていて、
分かちがたい物がある。
若いときは見ている顔のサンプル数が絶対的に少ないから、好きな顔のタイプと言ったときに、
丸顔とか三角とか5種類ぐらいしかないのが、ある程度年齢が行くと、色んな顔を見てサンプル数が増えて、
タイプが300種類ぐらいに増えたときに、この顔というのが、
どういう性格の人間なのかがある程度読めるようになってくる。歳を重ねてサンプルが増えたことで、
顔と性格が結びつくようになってくる。



にんそう-がく ―さう― 3 【人相学】

人相から人の運命を判断する方法を研究する学問。

527 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 22:34:05
>>526
つまり、存在論的郵便的のころのアズマンは、カオと同じく思想もシャープに研ぎ澄まされていたが、
今ではカオと同じく思考にもたっぷりと贅肉が付いていて、見ていて
気持ち悪いということだな。

528 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 22:40:46
あずまん、おめでとう。

529 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 22:44:51
汐音タソを守るためにがんばれあずまん

530 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 23:01:36
ポストモダニストがついに父になりました。
どのタイミングでモダン転向するのかが今から楽しみです。

531 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 23:07:46
近親相姦のタブーなんて、
ポストモダン的動物には関係ないことだぜ。

あずまんがんばれ。応援するぞ。

532 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 23:12:17
あずまん、汐音ちゃん誕生おめでとう☆
 ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ .  ★
           [~~~] +::.゜ ゜ ゜゜。・。 . .*
     ∧ ∧  [~~~~~]
     (*゚ー゚) [~~~~~~~]     ゜::.゜ ゜゜゜。・。
      ノ つ━━━━━
    〜  ノ
  ((  (/ J



533 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 23:21:31
なんていうか、普通におめでとうございます>東サソ

しかし、母親さんもネットやるの?
つかむしろこのスレ見てるんですか(汗
風子説はどこから・・・・・・;

534 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 23:22:57
>>夫婦で風呂に入りながら

いいなあ。

535 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 23:23:05
おめでたいー

536 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 23:29:13
うぉ なんだかいつものスレの雰囲気じゃねーぞ!!

おめでとうございます。
お子さんのためにも しっかり働いて下さい。

537 :531 :2005/06/06(月) 23:33:32
ごめん、俺一人なんか極悪なこと書いちまった。

538 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 00:05:39
いい名前ですね。
近いうちどっかのギャルゲメーカーがもらうと思いますw

539 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 00:09:56
汐音と聞くと
「護くんに女神の祝福を」
に出てくる変な髪形の副会長を思い出す。

540 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 00:16:55
>>538
新海誠に「浩紀」をあげたんだから
早めに娘さんの名前もあげておいたほうが
いいんじゃないかな。

541 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 00:19:35
  ∧_∧ おめでd!
 ( ´Д` )     n
 ̄     \    ( E)                    ∧_∧ おめでとう!
フ ./⌒i /ヽ ヽ_//                    ( ´∀` )
/  / |  \__/ ()     ()      ()   パチパチ (つ⊂ )
    |  |   .  ,, ,().|| ,ヘ ,,||,  ,ヘ ,,||  ,ヘ,()    | | |
- イ .| | ..,'_~ () ||~|| <介>゙_||_~<介>_ ||'_<介>|| ~ _' ,(_(__)
  / ( ヽ//:ヽ゚|| .|| ()「  お・め・で・と!!  ()゙.|| ./.:ヽヽ   ∧∧ デカイな・・
/   ヽ、!(: : :)|| .,ヘ, || ,ヘー―,ヘ―‐ ,ヘ,-.|| ヘ(: : :) i    (゚Д゚;∩        オメデトウ !
     |ヽ。,,_~ <介>||<介>  <イト>  <介> || <介> ,_,ィ'|   (|  ,ノ     ∧∧___
     |∧∧~~"""''''''''ー―--゛-"-――'''''''"""'~~   |    |  |〜  /(゚ー゚*) /\
     |゚Д゚ 彡。∧∧ 。/■\ 。 .∧∧ 。 ( ´∀`)|   し`J   /| ̄∪∪ ̄|\/
     | ⊂。 (゚ー゚*⊃(´∀` ∩ (,,゚Д゚∧∧  。   |         |        |/
  .。-―|し  ,._., ∪∧_∧⊃ ∧ ∧     (*゚∀゚) (・∀・)|ー-。、      ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ_  ヽ,_。  。(・∀・ )。(,,^д^) ゚ヽ(`Д´)ノ  _,,。ィ __ノ
   /     ~~"""''''''''ー―-----――''''''''''"""~~    \
   (_ イ       へ         へ      ト 、_ノ
      ヽ。  _/  \      /  \___ノ
      ∵∴パーン!    ヽ、_  _/
  ∧_∧\ξ/
 ( ・∀・) ∇            、@,     /■\
(((つ───つ オメデトウハ イイ!!  ;@@^   (´∀`∩  おめでとワッショイ!!
  < <\ \       (・∀・)つ|/`    (つ  丿
 (__) (__)                  ( ヽノ
                          し(_)




542 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 00:48:03
滝本のトークライブに行った人にしかわからないとおもうけどベビーベッドのメーカーに
メチャ詳しくなったとか言ってるクセに子供が生まれることを興奮もせずに淡々と話す
解離っぷりが、不気味で、東らしくて、へぇ〜と思ったけど東は子供にどうせっする
のかね。東が子を産むことは思想史的にどういう意味をもつのだろうか?
てか俺今クラナドやってるから今回のエントリびみょーにネタバレで鬱だ

私がこの作品を勧めるのは、作品中繰り返し指示される「あれ」が中絶胎児の寓意として
読解可能だからだ・・・論理的必然として・・・生殖=妊娠の問題、つまり、私の身体に
到来し、そこに宿り増殖し、最終的に身体を変形し(出産によって)複数化する他者=胎児の問題があらわれる

女性の身体への抑圧・・・それが分身を作り出す身体、・・・言い換えれば増殖する
身体であるから・・・蠢く増殖への動きは、妊娠と出産行為に集中化されねばならない
・・・恋人の腹の中に複数のペニスが詰まっている
・・・
(26)・・・おそらくこのとき「デリダ」はその女性を妊娠させたか、あるいはすでに子が
できていたと推測される・・・複数の書簡で・・・あえて「妊娠」「中絶」というごが
使われたり精液を郵便で送る妄想が記されたりしている・・・意図しない妊娠、および
その結果生まれた子は、正確に誤配された、つまり誤って「発送=射精」された手紙と
再来のアレゴリーになっている。父にとって子の起源は定かでないが、それは容赦なく
「責任」を要求する・・・したがって彼の考える「性」は一貫して、フーコー的な性的欲望
(主体の構成)の問題系よりも、むしろ生殖や妊娠の問題系へと連なっている

以上東抜粋集。
というわけでおめでとうございます!

543 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 00:54:58
タレント気取りどころかタレント以下じゃないすか、東さん!

というわけでおめでとうございます!

544 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 01:02:49

情報自由論、また延期しそう…。それに、また太りそうだし(幸せ太り)。

    ∩,,∩                    
    (*’ヮ’)                    ∩,,∩
    (|   |) ∩,,,,∞            ∩,,と(’ヮ’*)
    (   |  (’ヮ’*) ― 〜  〜/⌒(*^ー^)⊂  ヽ
    U""U   し-J―‐J     ヽ つ U"U (,,,,_,,)〜


     ∩,,∞∩,,∩                  ∩,,∩
    (*^ヮ^)’ヮ’*)                  (’ヮ’*)
     |  つと   |         (   ∩,,,,∞  と   つ
   〜ヽ,,,⊃|   )〜       γ⌒''"(*^ヮ^)   |   |
         U""U        と_ノ`ー´ヽ)゙ヽ)   (/""ヽ)


   ∩,,,,∩
   (* ^ヮ)     ∩,,,,∞       ∩,,,,∩        。゚゚。
   と   つ    (’ヮ’*)       (* ^ヮ)   ゚。゜・∩,,,,∞,,...,
  〜(   0   旦⊂  ヽ      ノ   ヽ     (^0^*)  ヽノ
    し'´      と  UO〜  と~  し' `J    <。ミ><と (,,_ノ


545 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 01:09:43
汐音
http://www.google.com/search?q=%E6%B1%90%E9%9F%B3

出来すぎだ…orz

546 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 01:11:22
購入してこそ信者

547 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 01:44:57
昼間にイヤなことで時間を取られて精神が不安定になり、
ヤンマガを読んだらシガテラの最終回にショックを受け、
パソコンをつけたらあずまんに子供が生まれていて、
チャーリーがシガテラ最終回に捧ぐ文章(名文だ!)と書いていたりと
なんだか今日は大変だ!

ttp://www.asvattha.net/soul/index.php?itemid=432

548 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 01:58:10
よかったよね〜>シガテラ
ほぼ俺の理想通りのラストですごく嬉しかった。

549 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 04:10:24
存在論的郵便的は、手のつけようのない、どうしようもない駄本だけど、
その後の駄本はいい駄本だと思うよ。

550 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 04:21:20
「存在論的、郵便的」という仕事だけでは、東の主張はなんとも評価しようがない、
といったほうがいいな。問題を撒き散らすだけ撒き散らして、はいさようならという
本だから。

551 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 10:46:24
問題を撒き散らすのが哲学なんじゃ・・・

552 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 12:02:16
blog論壇スレで祝福されるあずまんオメデトス

553 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 12:11:11
>>552
バカ、midoさんに言及するな。
このスレが連投の嵐となる。


554 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 12:13:27
東 汐音

対人運・社交運
10画:虚無霊暗の霊位を示す大凶数
頭脳明晰なる者又は空虚な暗い気性の者、俊敏なる大活動家又はつまらない
ぐうたら者など両極端で、他の数に左右されます。(単独での判断は難しい) 
多くは病弱薄幸で労して功を他に奪われる結果となり、あせる程に失敗を招き
、素直さと明るさを欠き、人との対立が起き、短気を起こして自らが暗い人生
を作ってしまいます。ただし才略秀ずる者は稀に大成功者となります。

555 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 12:30:54
>>528-
結局お前らみんなあずまんのことが好きなんだな

556 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 16:42:26
あずまんおめでとう

557 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 16:50:25
>>521
http://www.shinshokan.co.jp/daikoukai/dai-back55-57.html
しかしこれ見てるとまさに「思想」地図であって
「哲学」地図ではまったくないな
それどころかウヨサヨ・オタクの「論壇」地図だなあ
工房のちょっとした背伸びか、論壇の追っかけが気にする人たちばかりじゃん・・・

558 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 16:58:26
>>557
だって「論客25人を検証する!」と銘打ってるし

559 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 17:03:13
マサキとギョーテーがなぜ入っていないのか。

560 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 17:06:55
>>559
>大澤真幸 理想と現実の対立の向こうへ 北田暁大

見えたか、このメクラ。

561 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 17:09:02
チャーリーいないね
キャリアの違いか

562 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 17:10:39
>>557
「論壇」じゃないな。
(現役)経済学者が2人(金子 勝、岩井克人)しかいないし(この2人も現役か怪しいけど)、
教育学者は1人(斎藤 孝)、
政治学者、法学部系にいたってはゼロ。

563 :559:2005/06/07(火) 17:11:02
>>560
いやさ25人の中に入っててもおかしくないんじゃないってこと。

564 :mido ◆TJ9qoWuqvA :2005/06/07(火) 18:12:40

 汐音たん祝福ワッショイ!!
  汐音たん祝福ワッショイ!!
    汐音たん祝福ワッショイ!!
 

565 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 18:28:04
      〃〃∩  _, ,_   ヤダ
 ヤダ   ⊂⌒( `Д´) /)     ヤダ
 〃∩ _, ,_ `ヽ_つ ⊂ノミ( ⌒ヽつ
⊂⌒( `Д´)      ⊂( ,∀、)つ. ∩ _, ,_
  `ヽ._つ⊂ノ         ォ `  ⊂⌒( `Д´)
   /)   ヤダヤダヤダァ  /)゛`ヽ.つ⊂ノ
 ミ( ⌒ヽつ〃   ∩ _, ,_  ミ( ⌒ヽつ
⊂( ,∀、)つ. ⊂⌒( `Д´)⊂( ,∀、)つ
   ォ ` ヤダ  `ヽ._つ⊂ノ ヤダ

566 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 18:53:46
2chからの出産祝いは何にするよ

567 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 19:59:02
>>557
ユリイカみたいなものだと思えばいいですか?
あと厨先生たちもいれとけばいいと思った

568 :mido ◆TJ9qoWuqvA :2005/06/07(火) 20:04:24
>>565 いや、別に君はそれでいいんだけど、おれはそれじゃあいやだあい。

569 :mido ◆TJ9qoWuqvA :2005/06/07(火) 20:04:50
   ___ ∧_∧
 /ノへゝ・∀・ )
 | \´-`)∪⊂ )  汐音ちゃんに祝福を!!!
 \__ ̄ ̄ヾ(_⊃
  \__/
  

570 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 20:12:32
ところで、先日シンポジウムで出会った2チャンネル管理人・西村博之氏に、「ised@glocom」
での「2ちゃんねるが終わった論争」について質問したところ、「2ちゃんねるは終わってます
よ。何度も言ってるんですがね…」と返されました。

571 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 20:25:40
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 赤ちゃん!赤ちゃん!
 ⊂彡

572 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 21:17:34
シオネって12使徒のシオンに関係あるの?

573 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 21:18:32
終わりの定義がised,ひろゆき,ガ島の人の三者とも別物なのに
同じテーマについて語っているように見せかけるトリック


574 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 21:19:20
とりあえずだんご大家族は歌ったんだろうか


575 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 21:55:57
>>566
だんご大家族のクッション

576 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 23:45:49
>>566
コメント欄に スレのアドレス貼り付ける

577 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 00:39:52
あずまん出産オメ。これでモダニズム回帰へのフラグが立ったと予想。

578 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 00:43:16
柄谷って息子がいたっけ?

579 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 01:39:19
NAMで息子が大暴れ事件を知らんのか

580 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 01:47:23
>>534

こんなこと書くからオタクにぬるいと言われるんだ!

581 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 06:25:59
ヒロキパパ〜汐音と遊んでよ〜

582 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 10:36:48
macが事実上PC/AT互換機になることについてコメントしてくれ。

583 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 11:54:32
エロゲーやってる香具師がMacの話をするのには何か違和感がある。
東はマカーらしいが、もう乗り換えただろうし。

584 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 13:00:57
ノ         _   ミ:::
 ノ    二__, --、r'"___、 ヾ ト、::ヽ
  ミレ'"~,-,、 !  ! ' '" ̄ .ノ \ヾ:、    汐音タン・・・
  K/ー'~^~_/  ヽミ:ー‐‐'"   ヽ i.     ハァハァ
 !〉 ー―'"( o ⊂! ' ヽ   ∪   Y_  
 i  ∪  ,.:::二Uニ:::.、.       l i  
 .!     :r'エ┴┴'ーダ ∪    !Kl     
 .i、  .   ヾ=、__./        ト=  
  ヽ. :、∪ ゙ -―-    ,; ∪ ,!   
  \.  :.         .:    ノ
   ヽ  ヽ.       .    .イ
.    `i、  、::..     ...:::ノ ,∧


585 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 14:15:01
動物キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!

586 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 14:30:46
おい お前等。ゲーム画面やPC画面を一日5時間以上見ていると
大人になってからでも色盲が進行するらしいぞ。

ちょっとまぁ、暇潰しとまではいかないが 下の色盲チェックしてみてください。
読めないのが一つでもあったら 本当に 医者に行った方がいいぞ!
俺は5番目が読めなかったよ 明日医者行ってくる
http://www.liquidgeneration.com/sabotage/vision_sabotage.asp

587 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 16:03:11
汐音ってギャルゲーのヒロインみたいな名前だな。

588 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 18:56:51
>>586
最後お化けが出て驚くやつ

589 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/08(水) 20:08:32
改めて…東先生おめでとうございます

590 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 21:02:02
大航海って本 大きめの本屋どこ見ても売ってない…。
中央公論とか売ってるうりば探してるんだけどなぁ。

591 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 22:50:53
もともと東浩紀は貴族のための学者。凡人には浅い理解しか及ぶまい。
精神的に高貴な人間が読めばその哲学的メッセージや宇宙の深遠を明らかにする
思想がたちどころにイメージできる。「存在論的、郵便的」はポストモダン最高作であり
もっとも難解でかつ深い哲学書なので群盲象を撫でるような>>550の感想文を読むと
馬鹿馬鹿しくなる。

592 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 23:15:45
W杯日本出場決定ということで
またあの熱狂がやってくるのだから
これ↓を明日にでも読んでみるか。
--------------------------------------------------------------------------------
世界2005年7月号
若者は「右傾化」しているか
鈴木謙介(東京国際大学)
 最近、日本の若い世代が右傾化しているという言説が当たり前のように流布している。しかし、本当に
そう捉えてよいのだろうか。そもそも、ここでいう「右」とは何を指しているのか。現在進行形の日本の
ナショナリズムの特異性を、「お上」への権利要求批判、学級会民主主義としてのネット私刑、リスク
社会における自己責任といった視点から分析する。
--------------------------------------------------------------------------------

北田の「嗤う日本のナショナリズム――『2ちゃんねる』にみるアイロニズムとロマン主義」と比べて
話題になりにくそうな予感。

「世界」は執筆者の後ろに職業名(社会学者など)を書かずに
大学名だけを書くという岩波特有の権威主義な慣習を
続けているのだけど、
そのため、「鈴木謙介(東京国際大学)」と変なことになっている。
肩書きは国際大学GLOCOM研究員じゃなかったのかぁーーーっ。

593 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 23:28:06
東京国際大学は実在するから、彼がそこに非常勤としてでも
所属していないとなると、ちょっと問題だわな。
http://www.tiu.ac.jp/

594 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 07:06:43
まさかこのスレにもVIPPERがいるのか?

595 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 11:30:40
>>590
大航海は新宿紀伊国屋クラスなら勿論、横浜有隣堂クラスでも扱ってるんじゃないか
あとは旧帝大か早慶の大学生協
(内容はそれに見合う知的レベルではないが・・・)

少なくとも平塚市最大の書店、ぐらいでは無理

596 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 11:44:59
900 :デイリー配達人 ◆pP3P3DPDCs :2005/06/08(水) 17:25:45 ID:5FR85kBN
1位ORANGE RANGE(新)
2位BENNIE K
3位麻帆良学園中等部2-A(鳴滝風香,鳴滝史伽,葉加瀬聡美,長谷川千雨,Evangeline.A.K.McDowell)
4位浜田省吾
5位Berryz工房
6位上戸彩
7位ORANGE RANGE(旧)
8位SIONと福山雅治
9位中島美嘉
10位ムック

597 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 12:07:36
>>595
ありがとうございます。
八王子市最大規模の書店3店舗にはおいてませんでした…。
探しに行ってみます

598 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 13:21:08
汐音たんには「お兄ちゃん。大好き」分が欠けている

599 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 13:23:23
嫁もエロゲーに詳しいから、そのへんも折り込み済み

600 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 14:24:52
娘が物心ついて、
父の部屋に入ったときに悲劇が生まれるな。

601 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 14:27:08
>>596
このスレで言うのもなんだけど
PVのないアニソンをTVのチャート番組で
扱ってくれと言ってもそれは無茶な話だよ。
さらにアニソンであることで無視するなっていっても
テレビ東京の宣伝をなんで他局がしなきゃいけないのか。

602 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 17:58:16
>>595
昨日藤沢の有隣堂で買ったよ。

603 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 19:04:31
あのあずまんのことを、まじめくさって他人が整理する
という図を想像するとなんか笑える

604 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 19:27:03
今や社会学の学部生向け入門ムックのお勧め文献に
動ポモが入っているような時代

605 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 20:00:02
>>603
夏至明(当時院生、現アカポス?)という人が
『腐っても「文学」!? : 作家が知事になり、タレントが作家になる時代のブンガク論。』 (別冊宝島Real ; 017) 宝島社, 2001.7
で、あずまん論を書いている。
ttp://blog.livedoor.jp/geshi/archives/22345112.html

606 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 20:27:25
思春期の娘に「あんた ぶたぁー?」 と言われ
ひそかに興奮するあずまん萌え

607 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 20:31:10
若かった頃のあずまん(庵野の真似をしてひげを生やしていたころ)に
娘が出来ていたなら、絶対に「明日香」と名づけたんだろうなぁ(遠い目)。

608 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 20:40:00
>娘が物心ついて、
>父の部屋に入ったときに悲劇が生まれるな。

名前の由来を気持ちの悪い同級生に指摘されたときに悲劇は起こるんだよ。

609 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 20:56:26
娘がネットをやりはじめたときが
悲劇の序章じゃない?
父の名前で検索するととんでもない情報ばかり
ヒットする。

父の仕事に興味を持って、サイトをチェックしてみたところ、これ↓を読んで、
ttp://www.hirokiazuma.com/project/ml-reviews/sento4.html
「パパはことぶきつかさやたまき聖が好きなんだ」と知る。
だれだかわからないので検索してみる。

…………以降、一ヶ月は父と口を聞こうとしなくなるだろう。

610 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 20:59:30
「あんた ヲタぁー?」

611 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 20:59:59
んで アニソン一位計画ってどうなったの

612 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 21:11:19
敗北した

613 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 21:15:55
>>603
東論だったらユリイカの文学賞特集に載ってた中島一夫の論文と
大杉重男のアンチ漱石とかがいいと思う

614 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 21:21:57
>>613
「空白」の中の延命装置 柄谷行人と批評の空間 中島一夫
http://www.seidosha.co.jp/eureka/200408/
ユリイカ 2004年8月号
特集*文学賞A to Z 獲る前に読む!

これのことですか?

615 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 21:44:33
イエス!>614

>>611
なんかランキングが貼っつけてあるけどまあ一位無理でしょ。というわけで今後の
展開を予想。
1)実はハピマテ一位運動はレコード会社の自演疑惑発生。
祭りを先導した奴叩きのカーニヴァル発生
2)一位じゃないのはオリコンの陰謀だ!ということでオリコン不正
暴きカーニヴァル発生(ここで昔のことを持ち出してネタにして叩くとかありそう)
3)一位じゃないはらいせにかねてからパクリ疑惑のあるオレンジレンジのパクリネタ
追求カーニヴァル発生(とはいえこれはもうとっくに発生してるのだが)
のどれかじゃないか?
当たったら俺は新世界の神決定

616 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 21:54:34
一位運動と平行して
森山直太郎、菊地成孔、小林克也らが
アニソンを馬鹿にする発言をラジオで行なったとして
彼らに対する「叩き」が発生しているので、
このような仮想敵を仕立て上げて、
「ネット死刑」((C)鈴木謙介)を行なう連中が出てくるのでは。

ラジオでの発言なので、叩きを行なっている連中のほとんどが
当の発言(音声ファイルで聞いたところ、実はたいしたことを言っていない)を
聞いていないで、伝言ゲームで
いくらでも「叩き」は膨らみうる。



617 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 21:59:59
FLOWのDAYS(エウレカセブン主題歌)が初回版10万枚を即完売したのに
オリコンウイークリーチャートでORANGE RANGEとDragon Ashに
負けて3位だったので、ハピマテも一位は無理だべ。

DAYSはアニメのオープニング映像に原画集つきなんだから
アニメファンだったらこっちを応援すればよかったのに。

618 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 22:09:03
何だよ、 「ネット死刑」ってw

619 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 22:13:59
>>618

>>592参照。

620 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 22:14:12
叩きだのなんだのって結局2chというフィールド内や自称2ちゃんねらーの
blogなり何なりでのことだろ。
2ch世論そのものをネット全体の世論に仮託させることってできるのか?

621 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 22:43:11
>>616
もちろんそれも起こり得るだろうね。ただそれについては付け加えたいことがある。

鈴木謙介がしつこく強調してるように、カーニヴァルにおいては社会的正義とか政治的立場
とかはカーニヴァルを駆動するためエクスキューズとなってるわけだよね。例えば
ネット私刑とかは自分の楽しみでやってるくせに建前上は社会的正義の名において
やってるようにね(ところで俺としてはここで東の「写生文的認識と恋愛」(長ぇ)の
冒頭で触れられた二十世紀的偽善を想起するのだが)

ここで話を戻すとハピマテ一位運動で、一位をとったら音楽番組はコメント不可能になる
見通し、とかいってるけどこの文は曲者で、森山直太朗の反応とかで明らかなように
一位になったとしてもどう考えてもネガティブな反応しかでてこないよね。じゃあ
何なんだっていうと一位になって音楽業界にネガティブな反応を引き出すことによって、
音楽人たちを叩くための社会的正義というエクスキューズを得て(一応公平性の観点
からみればその余地はあるわけだ)あらたなカーニヴァルを駆動しようっていうのが
祭りの参加者の(無意識の)根底にあるんじゃないかと思うんだよね。
だから616のいうカーニヴァルは祭りが成功した(一位をとった)時にこそ最も激しく
駆動されると思うんだよね。(だから俺は音楽人たたきを予想に入れなかった)

622 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 22:46:43
コメント不可能→コメント不可避

623 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 23:03:37
汐音たんはきっとオタっ娘に成長するですよ。
あずまんのことだからきっと濃ゆいオタクエリート教育を施すですよ。
だから名前の由来を聞いたくらいじゃ、動揺なんてしないですよ。

624 :621:2005/06/09(木) 23:04:38
うわ!この間違いはひどすぎだ

625 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 23:08:39
>あずまんのことだからきっと濃ゆいオタクエリート教育を施すですよ。
それじゃあオタキングと同類になってしまうんだが。

あ、ブログに怪傑のーてんきからコメントが……

626 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 23:34:30
>>625見てホントか? と半分疑って見に行ったらマジだった。
武田とも繋がりあったんだー。
大森望ともまだ繋がりあるんだ。
いつだったか大森が自身のサイトで「ギャルゲ―論壇なるものに知り合いはいない」とかなんとか
そんなような意味のことを書いていて、東と何かあったのか? と思ったが大丈夫だったんだね。

頑張って子育てしてくれ。貞元義行の奥さんの育児マンガとか読んで。

627 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 23:51:37
ttp://www.ltokyo.com/ohmori/040315.html
>オレはエロゲー論壇の人とはつきあいないけど、
>つきあいがあったらたぶんギャグだと思って聞くだろうなあ。

628 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 00:46:38
育児が忙しいと言っているから
予想通り情報自由論の発売はさらに伸びるね。

629 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 01:04:58
あずまんに出産おめでとうというのは微妙に言いにくいな。
郵便的不安たちに載ってる文芸時評とか見るとさ。

笙野頼子に皮肉言われたり。
あの頃、あずまんは文学のひとでした。

630 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 01:46:40
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/24661181.html
アキバでもハピマテ運動やってるみたいだね。

631 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 01:50:59
波状言論バックナンバーCD-ROMのジャケが笹井一個?!
マジでぇーーー!
ファック!
配信前に一括購入した人間(ていうかおれ)にジャケ画送信してくれ。
くそ、人脈でいやらしい商売しやがって!!(やつあたり)

632 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 06:45:57
波状CD通販で売ってくれないかなあ・・。

633 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 09:18:09
俺が焼いてヤフオクで売ってやるよ。
ジャケットは適当に萌え画像貼っとくから。

634 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 12:00:52
そんなにハピマテの一連の運動って気になる?
曲も聴いたことないんでしょ、どーせ。

635 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 12:07:21
俺は大塚愛の曲の方が不快。
あれはアニソンに劣る。というか同類だろう。
プッシュされる文脈が違うだけで。

636 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 12:53:12
>>635
同意。
大塚愛が聴ける人間は信じられない。
ある意味ギャルゲソング以下

637 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 13:05:00
オレンジレンジが一番ってことだ

638 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 14:12:12
あずまんって何の音楽聴くんだろ?
あずまん周りの人は 日本語RAP聞いてる印象があるけど。

639 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 14:13:28
>>635
プッシュされる文脈が違うってのは、同類じゃないってことじゃないか?

640 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 17:22:00
あずまんはJ-POPには詳しくない。
でも、J-POPってデータベースだよね。
盗作とか剽窃とかじゃなくて、オリジナルなく、
無意識な引用が頻繁に繰り返されるわけだから。

641 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 17:29:21
存在論的、詭弁的―椎名林檎について―
http://www.hi-ho.ne.jp/yourou/column/ringo.html

642 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 17:59:02
 もういいです。あんなアニソンを無視できないようなバカは、ほうっておきましょう
                                               /ヽ   /|
                                                | |  / /
     ,‐ヽ  /"ノ                                     | ヽ‐'、/__,-‐つ
  _  \ \ | /                __,,,,,,,,,,,,__             ,,---、/二、 ヽ、,,-'"
  \゙゙''ヽ‐-‐'"゙''|  ___            /:::::::::::;;;;;;;;\           ヽ‐-、   ヽ  二ニ⊃
    ゙゙''ゝ  ,‐''''ヽ',,,,-ヽ  ,-‐'''''''''''‐-;;.、 /:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,-‐''''""''‐-、       |‐--,,,,、__/
    /ヽ  ヽ‐-/    ./::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;|'''ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、__  / ヽ‐''"ノ
   レ'"ヽ、,,,,,/ \ ,,,,/-‐‐-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  .゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   /'"    '"|
       |‐‐''"   \‐''"""ヽ \;;;;;,,/l、   \;;__;;;/ / ゙゙"''''‐,-‐''''""''ヽ |       .|
       |       |ヽ   ゙゙"'-,,,,, |ヽ | 、  、 ,,-  /、,,,--、 /    ,,;;  |、      /
       |       / |    ヽ、‐ニヽ-、 ゝ-、_X_ノ/、/  ‐'''''|   //  \ヽ─‐''"ノ
       ヽ___/ /     /"~    ゙'ヽ、,,,ゝ,/ ノゝ  /\,,,,, ヽ---‐' _/"
       _ヽ、     ‐-、,,,,,,,,,/、      __|_    //      ̄""─''"
      /  ゙'''''"ヽ、-‐---‐、/、 ゙゙''''‐‐‐、‐|;;;;;;;;;;;;;;;;;/─‐/
    /             \゙゙'''''''''''"~ヽ.|;;;;;;;;;;;;;/‐/"
   /   ヽ、 ,---,、        ヽ,,,,,,   ヽ;;;;;;/ /

643 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 20:01:16
109 名前:メロン名無しさん[] 投稿日:2005/06/09(木) 18:34:32 ID:Cp0dXO2x0
これってマジなん?ネタ?

秋葉原
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608211433.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608235405.jpg
日本橋
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608231937.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608232332.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608233733.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608234755.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608202154.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050609000542.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050609000657.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050609001026.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/machida.jpg
http://vipquality.orz.hm/uploader/file/up0792.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608205323.jpg
http://neo0.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20050608202148.jpg

644 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 01:46:13
東浩紀は終わってると思うけれども、「波状」を「紙状」で出す段階でね。

だって「波状」のコンセプトは、もはや紙の時代じゃない、だからネット限定配信だ、であった筈。
自分の考えを自分で破綻させるところが、ね。

ネットだけで生きてる「ネット生物」みたいな、そんなコンセプトはもう捨てちゃったのか。

ところで、北田*白田*東の議論でちょっと気になるとこがあったんだけど。「遊びながらの政治」という
議論で、宮台が例に出てて、「サブカル神話解体」を出すことがそのまま政治で、うんぬんという。

しかし、その「サブカルー」で宮台は浅田らの「思想のバブル」を批判してたはず。
そのタイトルからも、サブカル神話ーニューアカ神話を解体するのが目的であって、
浅田らと一緒に「遊びながら政治」をやってたとは思えない。

では、宮台は何をやってたか。そのサブカル本でも書かれてるとおり、「80年代」には
表層と深層の二層あって、自分は深層のリアリティを探ろうとしたんだ、というね。
浅田らが振りまく都市のイメージに疑問を感じてですね。
宮台はその時代を「修行時代」と言ってる。なんにしても、宮台が読めてないし、
オタク現象も絶対にわからないと思う。宮台はバブル現象とは異なるリアリティに触れよう
としたのであって、その根本が読めてないし、まさにそれ(異なるリアリティ)こそ
オタクの根本なのであるから。
と言っても、東その他には難しいだろうね。






645 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 08:30:55
で、その深層とは?

646 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 08:56:16
<ペンギン>同性ペアが相次ぐ 北海道登別市の水族館

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050608-00000019-mai-soci

ペンギンにもやおいはあるんだね

647 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 10:52:18
>>644ほど何言ってるか分からない文章は簡単には書けない

648 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 15:09:36
>笙野頼子に皮肉言われたり。
>あの頃、あずまんは文学のひとでした。

これってどこで言われてましらか?

649 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 18:02:24
文学について知ったかぶりして
文芸時評を書いていたころかな?

650 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 19:33:07
なんで文芸時評なんて身の丈に合わないものやったんだろうな?
普通に新井素子の話でもしてればよかったのに

651 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 19:37:17
一応福田和也は某連載で「厳しい文芸批評家」と肯定的に言ってたぞ。
まああ、それにアイロニーが入っていないとも社交辞令でないとも言わないが。

652 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 20:28:03
>>644
該当箇所はこちら。
−−−−−−−−−−
ttp://ised.glocom.jp/ised/05080312
 宮台さんがリベラリズムを前面に出すようになったのは、90年代後半だと思います。
それ以前に、テレクラや援交少女のフィールドワークに携わっていたころは、80年代
的な業界文化、つまり「サブカルチャー研究をやっていればそのまま政治にもなる」と
いう、遊びと遊びでないものの共犯関係がまだ成り立っていたと思うんですよ。
彼はもともとそのような空間で仕事をしていた。つまり、「遊びつつ政治」をしていた。
しかし、90年代を通じそのような共犯関係はどんどん崩壊し、そのなかで宮台さんも
ポジションを変えていかなければならなくなった。そのとき「リベラリズム」という政治的
立場を表明するようになったという経緯があると思うんです。初期の宮台さんの感覚に
おいては、『サブカルチャー神話解体』(PARCO出版、1993年 asin:4891943602)の出版が
そのまま政治だった。
その前提が崩壊したとき、ふたたび自分を再政治化するために持ち出された言葉、それが
「リベラル」「リベラリズム」だと思うんです。
−−−−−−−−−−

あずまんお得意の勘違いの暴走ですね。
お笑い芸人なら「どっから突っ込んでええかわからへん」と
さじを投げるでしょう。



653 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 20:46:16
どこに事実誤認があるんですか?

654 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 21:20:42
>>644 の言ってることは間違いじゃないけど変だよな。
宮台の理解は正しいけど東の方を誤読してる。
652はなにも分かってない奴だな。



655 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 01:38:06
あずまん!
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の
「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の項目が
すごいことになってるよ!!
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E3%81%AE%E6%9E%9C%E3%81%A6%E3%81%A7%E6%81%8B%E3%82%92%E5%94%84%E3%81%86%E5%B0%91%E5%A5%B3YU-NO

たぶんあずまんファンが執筆していると思うんだ!

656 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 02:12:07
>>651
それは「SPA!」だろうけど、
こんな記述もあった。

批評スクランブル
東浩紀・文芸時評の新鮮ローキック
文芸評論家 福田和也
ttp://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/1997/9703/fukuda.html


657 :読むタイム:2005/06/12(日) 02:33:36
>>648
>笙野頼子に皮肉言われたり。
>あの頃、あずまんは文学のひとでした。

渡部直己の対談本に収録されてたと思う。
子供を身篭ったとか東さんは読んでらっしゃるけど、勝手に妊娠を創造されても、ねぇ。
みたいな感じで笙野頼子が皮肉ってた。

658 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 02:44:37
>>657
懐かしいね。面談文芸時評現代文学書かれ方読み方だね。
たしかそれなら渡辺直己の注で、東は浩瀚なデリダ論を書いてるが
文学を読むときはテツガクしちゃう悪い癖がある、とかも書いてたね

659 :読むタイム:2005/06/12(日) 02:56:01
そんなコトも書いてましたっけ。>>658

僕が覚えてるのは、阿部和重の『インディヴィジュアル・プロジェクション』
のことを「I・D」「アイディー」と当然のごとく東は略して呼んでいて最初それを
聞いた頼子は理解できなかったと渡部に話したら直己は「哲学者は何でも一般化
したがるんですよ」と揶揄してた部分です。

660 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 03:06:58
>>659
おいおいIDじゃなくてIPな(笑)それはたしか笙野がインディヴィジュアルプロジェクションを
いきなりIPって言って渡部がなんのことかわからなくて、結局IPっていう東が使ってた略称が
あんま広まってなかったことが判明した場面だね。ただ哲学者は何でも一般化したがるは
覚えがない。渡部の註は笙野パートじゃないかもしれないけどぜったいあった。
てか正直阿部のとこと高橋のとこしかろくに読んでないしかなり忘れてる

661 :読むタイム:2005/06/12(日) 03:11:59
そうそう、愛ピー。半分寝ながらなので(笑)。

662 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 03:50:00
>>657
(´・ω・)アリガトス 探してみます

663 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 05:39:38
あずまんが、オタクの代弁者としてヌルいという批判はポピュラーですね。
けれど、『動ポモ』で、バランスが壊れることを厭わずに、
YU-NOにあそこまで入れ込んで書いていたことが、
後々効いてくるような気がしてならないです。
だってあの本はフランス語に訳されるんでしょう?


664 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 06:35:09
ネギま!で喜んでいる奴らよりゃ濃いよ、あずまんは。

665 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 08:42:22
だが東には劇場版Airの作品論を語れるほどの器もない

666 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 10:20:26
アズマンはオタクだけど一般的なオタクからも断絶された場所に立ってんだよな。
ハイデガーみたいな奴だ。

667 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 11:08:11
ネギま!(コミック版)は戦闘美少女の精神分析を書いた斎藤環にぜひ分析して
もらうべき読むに値する作品だろ。斎藤のロジックに対する強いカウンターに
なってると思う(その意味でスタジオボイスの前Qのレビューは残念)

668 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 12:13:15
斉藤スレで言えよw

669 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 12:45:13
柴門たまきと斉藤たまきは似ている。

670 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 13:18:16
charlieがisedから消えたことについて
http://ised.glocom.jp/keyword/%e9%88%b4%e6%9c%a8%e8%ac%99%e4%bb%8b
>(倫理研モデレーター担当:倫理研第1回から設計研第3回まで)

671 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 14:18:37
>>670
Fuck!!
Firefoxで見たらレイアウト崩れてる。ブルシット!

672 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/12(日) 14:47:50
>VIPのハピマテ運動
VIPは見てます。ハピマテより鳥の詩とかの方が
>J-POP
オレンジレンジは参照しまくりですよ
>波状言論の多重再販
絶対こうなると思って購入しませんでした
>大航海
東に関しては普通の要約でした
>YU-NO
要するに分岐マップが斬新だったんでしょう
>宮台真司
彼は元からリベラリズムでしょう。でも「天皇」は政治的
>ised
かなり局所的な話題をしてる印象ですね


673 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 16:12:17
オレンジレンジなんか見てると、
もともとポストモダンな土壌の上に、更にポストモダン化運動をしても、
まったく飽きることのない、日本人の貪欲さを見る思いがする。
この尽きることのないパワーはどこから来てるのかな。

674 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/12(日) 16:28:38
>>673
>尽きることのないパワー
それは「倒錯力」ですね
メディアによってS2が機能過剰(組合せ爆発)で、
そこから剰余するaも豊富なエネルギー源でしょう


675 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 16:30:46
お前らバカ?
ハリウッドなんか1920年代からオレンジレンジ状態が続いているよ
ただの無知、いわゆる日本文化特殊論。

676 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/12(日) 16:43:07
>>675
倒錯が日本あるいは現代独自のものだなんて
自分は今まで一度も言ってませんよ
倒錯(分析家)は東浩紀と斎藤環の大航海の対談で出てきたので使ってます
ラカンの用語だから日本文化特殊論とは関係ない


677 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/12(日) 16:44:42
斎藤は『戦闘美少女〜』で倒錯と日本
現代メディア環境との親和性には触れていますが
日本が特殊だという見方に反対のようです



678 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 16:45:37
>>676
たまたま目についた、
身の回りのオタクガジェットに理屈付けしているだけなのに、
文化現象全般について語っているかのような詐術をあんたも使ってないか?



679 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 16:48:54
オレンジレンジが、
世界的な文化の展開としても、王道を歩むグループだということを、哲板住人が論証しました。

680 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 16:54:55
ゲームとして幼稚なポルノ紙芝居にだって、
世界史的使命を与えることができます。

681 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 17:02:41
売る側も買う側も世界史的使命とか興味ないだろ。
そんなこと考えるとしても、暇な批評家だけ。

682 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 17:23:44
あずまんの動物化論の功績は、
日本世界関係なく、人間本来の姿である動物的状態を、何はともあれ認めた上で議論する風土を作った点にある

人間が本来持つ倒錯力を呼び覚ますのに、ハリウッド映画もオレンジレンジもエロゲーも等しく貢献している
貢献しているのは日本人だけではない

683 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 17:24:47
ここは暇な批評家がいかに暇を潰すかについて語る場なんだよ

684 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 17:43:00
オレンジレンジってのは今のJ-POP業界がいかにまずいことになってるかを最も
徴候的に示しているバンドなだけあってそれを分析するのはアリだけど肯定するのは無しだろ

685 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 17:54:27
>>684
どういうこと?

686 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 18:32:18
>>685
オレンジレンジはバンドの合い言葉が「パクろうぜ」でそういうバンドが今最も売れてるわけ
まあパクることがまずそうに見えるけど、まあ今の時代しょうがないと思わなくもないし、
むしろしかたないと思うべきだと思う(しょうがないと思えないとパクリ検証を延々と行う
お祭り好きになってしまう)
問題はその先でそういうバンドが売れてるということは音楽に作家性は不要ということになる
ところが作家性を持とうとする人は・・・・・・・・

と来たところでオレンジレンジからどんどんはなれていきそうなので挫折。
すまん684のレスは忘れてくれ。

687 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 18:43:09
たとえばあずまんが好きな新海誠はおっけーで、
オレンジレンジが駄目なのはなぜ?
合い言葉にしているかいないかの違い、ってわけじゃないとは思うが。

とにかく、新海に作家性なるものはないわけだ

688 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 19:05:54
この世界にはオリジナルなんてものは存在しない。全て模造品

689 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 19:11:32


をひをひ

 全て模造品・・・ということは、全てオリジナルだろ。

それともイマジナリーな世界をオリジナルとでも言いたいのかな。


690 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 19:22:49
パクリといえばB'zなんかも本人が自覚してやってたわけで、特に新しくない
ただ、B'zの場合企業努力の賜物って感じが強いけど、レンジのほうが芸人当人の居直り度が強い分だけ好感度もあると思う。

いずれにせよ
「パクれやパクれ」みたいなことを一時期言って、
「あれはそれ自体の馬鹿馬鹿しさに気づいてほしかったからだ」
みたいな弁明を後からして、今でも失笑を買ってる某批評家よりはましだけどな
そういえば「本当は政治なのにあえてサブカルをやったんです。皆それを分かってると思ってました」
と後から言ってる社会学者もいたけど、
こういう連中見てると、批評家ってのはパクリバンド以下の存在だと思うね

691 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 19:23:27
>>687
うーん結構悩むんだけどこういう答えはどうだろう。

柄谷行人は哲学的テクストを読むフリをして可能性の中心を読むとか批評とか称して
そのテクストをダシに自分の実存的な思考を繰り広げてたよね。
だから柄谷の言う狭義の批評ってのは実存的に読み込めるテクストを引っ張りだし、
精密な思考を展開することなわけだ。

そして柄谷に圧倒的に影響を受けてる東も同じようなやり方(違和感はもってるようだけど)
をしていて、その時にはやはり「ほしのこえ」というのは実存的な読み込みが有効な作品
であると思う。
だから回答としては東は柄谷に影響を受けてるから。
まあ正直実存的に読み込めない作品よりも読み込める作品のほうに注目(肯定)したほうが
生産的だと思うよ。

692 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 19:23:52
>>688は模造品

693 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 20:04:27
>>691
そしてあずまんが行き着くのが、ユリイカのイノセンス特集のあれなんだw

たしか大塚英志は「ほしのこえ」のサンプリングを、
歴史付けとかなんとか言ってっけ。サブカルってのはそういうものなのだと。
例えばエウレカがエヴァとの対話であったり、舞城王太郎がジブリしてるのでもいいし。
(あずまんが柄谷のように文芸時評やってたのも歴史付けてるのかもしれないw)

で、オレンジレンジはというと、よくわからないんだけど。
(民生やデリコはよくて、オレンジレンジはいけないってのも)
そもそも音楽を同じように考えるのはだめなのかしら?

694 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/12(日) 20:13:02
オレンジレンジは良く知りませんが、
最近のダンス系は、パクリが一つの文化ですね。
かつてのようなソングライティングのクリエイティブにアウラ的な価値を
求めるのでなく、編集、あるいはDJなどパフォーマンスなものに
クリエイティブ性が求められています。

ネットでの著作権の問題など、時代はかわっています。
なっちはその先端を行きすぎたのしれませんね。

695 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 20:25:43
安倍なつみと書かずに
「なっち」と書く
ぴかぁ萌え

696 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:09:27
オレンジレンジ批判は見るからに頭の弱そうな連中が売れてることへの
嫉妬の裏返しみたいな退屈なところに話を落とすしかないと思うべさ

697 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:16:05
>>690
誰をほのめかしているわけ?
そういう当てこすり自体がシミュラクルで、キモイ

698 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:20:10
俺が思うにオレンジレンジがどんなに叩かれてもびくともしないのは、
かっこたる音楽ルーツがあるからだと思うよ。

トーキンロック#39のインタビュー見れば分るけどオレンジレンジのルーツは
ジェフミルズ、デリックメイみたいなデトロイトテクノから
ケミカルブラザーズ、デーヴォそれに田中フミヤ、YMO、ケンイシイ
みたいな日本人アーティストにまで及んでる。

じゃあ他のJpop、バンプ、175R、ミスチル、ポルノ辺りのルーツって何?
ウィーザー?アッシュ?R.E.M.?U2?レディオヘッド?グリーンデイ?
結局ロキノンがプッシュするようなロック王道しか挙がらない。

彼らはそれらのバンドのシンプルなフォーマットが
レディオヘッドにおけるエイフェックスツイン、DJシャドウ、ジェフバックリー、
ニルヴァーナにおけるニールヤング、ヴェルヴェットアンダーグラウンド、レッドヴェリー
U2におけるテレビジョン、ザ・フー、ロック以前のブルース
のように多様なルーツによって出来てることを理解していない。
「90年代以前のロックはよく知りません」「ロック以外の音楽は知りません。」
みたいな浅い音楽知識でバンド組んじゃった人たちがロックを薄めるだけでダメにしていく。
ちょっと叩かれただけで消えていく。

ロキノンみたいに今の流行だけプッシュするような雑誌でなくてミュージックマガジンとか
スヌーザーみたいに音楽を時代を超えた文化として捉えるようなメディアを参考にしないと
オレンジレンジみたいなタイムレスな音楽は生まれないんだよ。

699 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/12(日) 21:44:13
>>698
まだこの手のロックんっているんだね。なんか新鮮。

700 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:45:12
いよいよ東スレにもオレンジ旋風が吹き荒れます!
みかん投げまくり! 柑橘類バンザイ!

701 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:47:20
その確固たるルーツっていうのが テクノ・HIPHOP系のサンプリング前提の態度なんだろうね
サンプリング自体 日本ではあまり馴染みが無いので叩かれちゃうというか。
TECHNO・HIPHOP系に馴染んだ世代は あまり気にしない感じもする。


702 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:48:26
音楽ききこめばききこむほどオリジナルがなくなる。みんな模造にきこえる。使い古されたレトリック。常套句。

703 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:51:00
でも音楽自体に そのデトロイト系の匂いがサッパリしないなあァと思った。
それと クラブ系音楽のサンプリングに対する態度はいいとして
ロックでそれをやってしまう事の抵抗感というか そういうのも感じる。
そもそもロックなのかどうかも疑問だけど。

704 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:51:44
しょせん使い捨ての流行曲に
なに小難しくなってんだか。

705 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:53:32
訂正
ロックでそれを 恥ずかしげも無く堂々と宣言してやってしまう事への抵抗感

706 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:55:07
糾弾サイトのFAQより

>Q こんなこと(引用者注―パクリ糾弾)をしていても意味がないと思います。
>A 犯罪行為を見てみぬふりをするのは幇助と同じです。

707 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:56:37
>>704
哲学板でその台詞は禁句だと思いまーす

708 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 21:58:22
東スレでレンジの話題はスレ違いだと思いまーす

709 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 22:00:09
レンジは調理家電板でやれ

710 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 22:01:40
データベースって言葉を使ったら負けかな、と思っている

711 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 22:01:56
かたやアニメでは 消費者がデータベース的なものに自覚的でありながら
音楽では サンプリングを犯罪行為と言い切ってしまうところに 日本のリスナーの未成熟を感じるのは僕だけですか?


712 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 22:02:33
>>710
すいません16秒後に使ってしまいました

713 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/12(日) 22:04:45
>>711
日本においては、もはやロックは限りなく商売ということ?

714 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 22:08:00
>>711
邦楽板住人よりアニヲタのほうが
動物として成熟してるってことだね

715 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 22:08:33
>>711
邦楽板住人よりアニヲタのほうが
動物として成熟してるってことだね

716 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/12(日) 22:11:44
>>715
動物として成熟というのは、よい表現だね。
かつてのフォークソングなどからも、ロックと思想の密接性はわかるね。
でも、動物化した?音楽もちゃんとあって、最近のハウス、トランスとか。

717 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 22:58:43
レンジが悪いのはパクリがどうというより、単純にカッコ悪いからだ。

718 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:00:32
>>711
自分はテクノヲタなんで ロックのことはなんとも言えないけども
昨今日本語ラップが市民権を得て 若い世代にもサンプリング意識が順調に育つなかで
おそらく今後 ますますレンジみたいな奴らが出てくるのに それらにいちいちサンプリングをネタに突っかかるのがアレだなぁと。
商業音楽を諦めて離れる事が出来ないんだろうかという意味においても 未成熟な感じが。

719 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/12(日) 23:07:12
最近の歌番組、HYE3,うたばんはどうしたんだ?
結構好きで見ていたが、最近の意味不明さは見るに耐えない。
音楽CD売り上げも落ちているようだし、
そろそろパラダイムシフトが起きるのかな。

720 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:14:20
>>711
サンプリングとパクリ(剽窃)は水準が違う出来事じゃないか?


721 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:18:55
クラシックの頃からパクリは溢れていた。人から心地よく人気をえる音楽はひじょうに狭い。
音楽つくるひとなら理論を学んだひとなら当然わかること。U→X進行とか心地よいだろ?

722 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:22:14
こういう問題は全部ハリウッドにおいて出揃っている。
アドルノやベンヤミンを読み直すだけでも、
ほとんどの問題について指摘可能だろう。

723 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:23:14
くりかえされるパクリなのにポピュラリティを得る事ができることに気付いて。
音楽、美術、風俗、レシピ、睡眠、交通ルール、戦争など

724 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:24:50
HEY3もうたばんも、番組として寿命が尽き惰性化してる。
深夜で企画番組実験して、当たったら代わりにHEY3とか終わらせていいんじゃない。

725 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:30:09
アドルノやベンヤミンはパクリ文化の到来を予測した先駆者

726 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:30:34
結局>>696ってことですね。

727 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:40:00
>>720
厳密な区別は何もない
程度問題であとから判定されるだけ

なっち程度で糾弾されたんでは、モーツァルトから不思議に思われること間違いなし

728 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:41:01
オレンジレンジ叩きは嫉妬ではないよ
パクリを暴くのがドラッグ的快感になって
中毒になってるって感じ

729 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:44:35
レンジに対する不快感はどこから?

730 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/12(日) 23:47:00
>>728
ヨンさまブームみたなもん?

731 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:49:25
>>728
あずまんの言うアディクションですか

732 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/12(日) 23:53:10
ラカンの享楽だよ!!!

733 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 00:11:51
>>729
複雑な事情が積み重なってレンジが標的になったとしか言えないな(笑)
嫉妬も複雑な事情のなかに入るだろうけど、宮台が少年犯罪について言ってたように
引き金を重視してもあんま意味はないと思うな。

734 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 06:36:32
いえ〜〜〜。

735 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 10:36:15
>ロコローション

洋楽ファンならどこかで聴いたことのある曲だと思ったらやっぱり?

736 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 11:30:07
ロコローションは名曲、花は駄曲

>>698が言うように、レンジがどれだけルーツに自覚的で、
バンプ、175R、ミスチル、ポルノ辺りが、その点どれだけ無教養か、は知らんが、
消費者側にとっては、生産者側に音楽的教養があるかどうかは、
昔からどうでも良かったはずで(一部のオタクは除く)、
消費者側は、はるか昔から、単に動物だったはず。
それなのに未だに「サンプリング=犯罪」という意見が堂々とまかり通るのは不思議だ。

>>711
アニメの場合は「所詮アニメだからな」的な諦念を受け入れている
(これが成熟ということだろ?)のに対して、
Jpopの場合は未だナイーブな部分が残っていて、断念が足りないのだろう。

でも、視覚表現のほうが、聴覚に訴える表現よりも、早く成熟するのは、自然だと思う。
絵画好きのほうが、一部のクラシック好きよりも、人間的に成熟してるな、と思うことが多い。
クラシック好きの場合、未だに「ロマン派万歳」的な人もいるからね。

737 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 11:43:12
締め切り迫る!みんな早く書き込もう!

http://www.nhk.or.jp/bsdebate/

738 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 12:41:38
サンプリングと剽窃の区別が付かない限りは、単なる妄言だな。>>736

739 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 12:51:38
殆ど聞いたことはないが、糾弾サイトのサンプルを見る限り組み合わせの妙は無いからね。

740 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 12:58:21
つんく(恋のダンスサイト)も宇多田(CAN YOU KEEP A SECRET)もまんまパクリしてるから、
何とも言えないけど。

741 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 12:59:44
では糾弾されない他のアーチストに組み合わせの妙なるものがあるのか、って話で。
糾弾サイトのFAQによると、他のアーチストをスルーしてるのは犯罪幇助(プ だと思うのだが。

だから妬みじゃねーの、というところに落ち着いてしまうような気がする。

742 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 13:08:50
全盛期の小室哲哉など、自分自身をパクってる(How to be a Girlとproblem)のが笑える。

743 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 13:11:34
つんくも宇多田も一応2chで叩かれてはいるけどね。
大体このスレと同じ展開になる。

744 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 13:11:38
自分パクリはいいんじゃね?

745 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 13:13:10
いや、ポストモダン的状況を象徴するようで面白いって事。

746 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 14:15:10
セルフパロディがポストモダン的状況の象徴?
と、俺のなかのもっちーが言ってます。

747 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 14:31:39
「ネタの使い回し」と言うんだよ、それは。

748 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 15:30:01
小室みたいなセルフパロディ、自分パクリは、まだまだ小心者のやることだよ。
利用できるものは何でも利用するのは当たり前。
騒いでいるのは無能者の妬みにすぎない。
盗用裁判とかは、訴えるほうが悪い。
弱者のルサンチマン。
レンジこそ超人。

749 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 15:33:04
サンプリングと瓢切が違うと言ってるのは、未だ作家性にこだわってる馬鹿だな
坂本龍一みたいなブサヨクなら言いかねないけど

750 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 15:35:24
なんだウヨかよ
萎えるな

751 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 16:22:42
「パクろうぜ!」こそ、僕らの合言葉だ。
(G,W,F,ヘーゲル)

752 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 16:52:03
プ

753 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 16:54:01
>>748
小室は洋楽パクリばっかりだったよ。
そういう批判を浴びる中で自分パクリをやったのだから面白いんで。

754 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 17:04:12
つまり、自分パクリをすれば、ほかにパクリ先があることを隠せると。
ゴダールがアメリカ映画からパクってることを、批判者が忘れてしまうように。

755 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 17:41:08
タランティーノたんのキル・ビルはどうよ。まだ見てないんだが

756 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 17:47:07
パクリって言葉が厨ワードになっているからな
キルビルのアレをパクリとは言わない。

757 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 19:03:42
萌えニュース+板でも大人気

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1118236887/

758 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 21:12:43
>>755
おまーじゅです(pgr

759 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 21:18:25
いやーホントにカーニヴァル化が酷いスレですね

760 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 21:49:58
フェスティヴァル化じゃなくてか?

761 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 23:54:27
取り敢えず海外行ってカーニバル見てから言え

762 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 01:00:52
見て楽しむのがフェスティバル、参加して楽しむのがカーニバルらしいが、
本国の本家はともかく、日本では見て楽しむものになってる気がする<カーニバル

763 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 01:05:52
坂本龍一のシェルタリングスカイは本当にパクリ以外のなにものでも
ないからな。
あれに比べるとレンジなんて可愛いもんだ。

764 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 01:30:46
いっそ新曲のヒットチャートなんか廃止すればいいんだよ。
1950〜80年代の曲だけで今一番聴きたい曲のヒットチャートにすればいい。
クラシックでベートーベンやモーツァルトが不滅なように。

765 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 01:34:48
「シェルタリングスカイ」は既出だが
「The Wuthering Heights(嵐が丘)」は突っ込まれないんだな。
「アイルランドの女」にそっくりというか同じだと思うんだが。
みんなケルトつながりの引用ってことで納得してるのか?

766 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 02:20:36
でも、シェルタリングスカイは名曲だな

767 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 02:24:35
ホメロスも古事記もポストモダンということになりませんかね?

768 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 03:09:04
自由に組み替え出来るデータベースでは無いのでポモ的じゃない

769 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 07:59:50
マイケル・ジャクソンくらいのビックネームになると
盗作の訴えを世界中から起こされていたなあ

770 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 08:01:39
We are the worldもパクリなんでしょ?

771 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 08:06:55
6・7年くらい前だったか、ゴーストライターを自称する人物が
日本の歌謡曲の名曲をいろいろと挙げて、これらは全部私が作った
ものだが、私が作ったということを彼ら(名義上の作者やレコード会社)
は認めようとしないなどと訴えているHPを見たことがある。今でもあるかな?

772 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 09:20:34
俺俺

773 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 09:59:07
私私

774 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 11:21:43
>>768
どちらももともとは「自由に組み替えできるデータベース」でしたよ。
口承文芸は全部データベース?

775 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 16:06:14
【人物】 批評家・東浩紀に娘が誕生 名前はCLANNAD由来で「汐音(しおね)」

62 名前:なまえないよぉ〜 投稿日:2005/06/14(火) 05:34:38 ID:i6PMpWVl
きもい親だ
娘かわいそう・・・
顔もひげが濃く、困った顔してるし


ワロスw w w

776 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 16:51:50
353 :読者の声 :2005/06/14(火) 07:20:20 ID:3XJSwM3i
【シングルチャート】
・ 1位は、ORANGE RANGEの11thシングル「お願い!セニョリータ」 (初登場赤丸付、24.2万枚)。先々週、先週と「ラヴ・パレード」(今週は3位/累積35.4万枚)で首位を獲得しており、これでシングルチャート3週連続首位に。【詳細】

・ 2位は、BENNIE Kの9thシングル「Dreamland」(初登場赤丸付、11.2万枚)。シングル、アルバム通じて初のTOP3入り。【詳細】

・ 4位は、麻帆良学園中等部2-A(鳴滝風香,鳴滝史伽,葉加瀬聡美,長谷川千雨,エヴァジェリン.A.K.マクダウェル)の「ハッピー☆マテリアル」(初登場赤丸付、4.5万枚)。同曲のTOP10入りは4作目。初動セールスはシリーズ最高。

777 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 18:37:50
Mステでのオタの抗議電話
ttp://blog.livedoor.jp/insidears/archives/25002923.html

778 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 18:59:32
オタってのは
行政相手だとてんで弱いくせに
マスコミ相手だと強気に出る傾向があるな。

779 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 19:15:52
>>777
この盛り上がってるVIPって奴らは要するにカーニヴァル化する社会で言及されてた
宿命論者みたいなものか?
なんかヤバいね宿命論。なんつーかこのVIPの盛り上がりを道徳の教科書に載せて、
こうならないようにしようとかやったら反面教師としてかなり効果があるんじゃないか。

780 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 19:44:59
オタクは反マスゴミや反権威を標榜しがちなくせに
オタク産業の権威で、オタを消費者と割り切って、オタク受けする画と設定を
押さえておけば効率的に金が入るのを理解していて、
自覚的にそうしたスタンスで萌えマンガ描き続ける赤松原作アニメなんぞに
搾取されてることには自覚ないんだな

781 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 19:48:15
マスコミから見ればオタクって恰好のカモなのよね。

782 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 21:56:38
悲しいけどこれ、カモなのよね

783 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 22:57:11
、「データベース理論は結局使う側の引用する意識みたいなものが
前提になってるでしょう。東は引用する意識があるという前提だから、
ああいう評論になるけど」と述べている。
しかしこれは、僕が『動物化するポストモダン』で主張したことと、
どう考えても逆である。僕のデータベース消費論は、
「引用」という意識がなくなったからこそ 、
第3世代オタクのデータベース消費(動物性)は
第1世代の物語消費(シニシズム)と区別されるという主張に支えられている。
データベース消費では「引用」という感覚がなくなることは、
『動物化するポストモダン』のp.73以下で、
子どもでも誤解のしようのない文章ではっきりと記されている。
この部分は『動物化』の中核にある主張で、
ほかの箇所でも繰り返し強調されているので、
それを読み落としたというのは、少しでも僕の本を開いていれば考えられない。
事実、僕の本に文句をつけてきたひとは多々いたが、
ここを読み違っているひとはいなかったのだ。

784 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 13:17:49
情報が増えすぎると何が引用なのか元ネタなのかわけわからん
これがシュミーラクルでしょ
あずまんが言ってるのはデータベース消費のことだからさ
この違いを強調してるよ、彼は

785 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 14:23:18
でもそんなの「人類」の基本じゃないの?
動物でもポストモダンでもなく。

786 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 15:15:25
人類の基本w

787 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/15(水) 16:14:08
>>785
外部記憶としての文字ということを考えると、
まさにそうだ

788 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 16:26:25
あくまで
トップを狙えからエヴァや星のこえへのオタ時代変化の説明とすれば
それなりに正しいんじゃない・・・
動物とかデータベース。
言葉が現代思想なのがカンに触るだけで

789 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 17:00:51
>>757
どういうこと?

790 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 17:01:20
ごめ>>787だった

791 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 17:15:47
結局「文字」って言うのは記憶に対して外部からアクセスするときの目安になるだけで
「記憶」そのものじゃないので、本当の記憶をめぐってさまざまな解釈を引き起こす

792 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 20:17:48
なんか哲板みたいだ。

『「記憶」そのもの』というのが、抽象的すぎてわからないのだが。
「本当の記憶」なるものも。
さも客観的に(?)記憶が存在して、それを前提にしているかのよう。

793 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 20:32:24
「すべての記憶はフェイクであって捏造されたものなのさ。
大文字の《歴史》がそうであるように」
と、ポモニストのように軽やかにアイロニってみたい。

794 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 20:54:22
哲学はスレ違いです

795 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 20:58:04
>>794
東浩紀
あずま・ひろき

哲学者、批評家

国際大学
グローバル・コミュニケーション・センター
教授・主幹研究員

専攻
現代思想/表象文化論/情報社会論

796 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 21:20:32
とりあえずパイドロス読んどけ

797 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/15(水) 21:23:36
>>793
>「すべての記憶はフェイクであって捏造されたものなのさ。
>大文字の《歴史》がそうであるように」
>と、ポモニストのように軽やかにアイロニってみたい。

つーか、大文字の歴史ってι(´Д`υ)
ヘーゲル、解説書でもいいから教養程度に知っておいたほうが
いいんじゃねえか?おい



798 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 23:36:07
デリダ先生の「グラマトロジーについて」では、
先史時代の身振り言語もエクリチュール。
人類はずっとデータベースを相手にしてきたと言える。

799 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 23:45:44
先史時代の身振り言語がエクリチュールなわけない。
それだとトラがキバをむいて威嚇するのもエクリチュールになってしまう。

800 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/15(水) 23:48:36
>>798
そこだよ、そこ。東はもうデリダやめたんだよ。
オタク論を書くためにな。
ボードリヤールなんてソシュールも読めん馬鹿
なんか援用してんじゃおしまいだぞ。


801 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 23:55:54
近代人はずっと無理をしてきたので
ここらで人類の基本に戻りましょう、と。

資本主義の上で野生の思考をエミュレートする感じなのかな

802 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 00:03:36
>>799
デリダちゃんと嫁

803 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 00:04:23
オレンジレンジこそデータベース消費の典型。
いいじゃん、どうせヒット曲なんてお子様文化なわけだし。

804 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 00:08:02
消費しているのは購入者だろ

805 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 00:12:24
しかしデータベース化が進展すると作者の特権性は失われる。
結局、すべての文化は同人誌的というか、口承文芸的になっていくので
あろう。

806 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 00:13:47
すみません、デリダのエクリチュール論ってどういう話なの?
身振りや話し言葉より文字のほうが根源的だという話とちがうん?

807 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 00:16:20
大きな物語がなくなるって芸能人のオーラがなくなるってことだよね

808 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 00:27:57
>>805
はあ?セザンヌとかベケットとかフローベル知らないの?
作者の特権性は、今になって失われたんじゃない。
小林秀雄から読み直しだな。てめえは。

>>806
ハイデガーのピュシスがエクリチュ−ル
文字は、浮遊するシニフィアン

>>807
(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ
ベンヤミンからスタートしろ。

ゆかりんさいこーーーーーーーーーーーー

809 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 00:40:46
だって、セザンヌとかベケットとかフローベールはポモの教祖じゃないの?

810 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 05:12:15
だいたい、澤田って東が何を問題にしたのかわかってるの?
「もともと全部データベース」「もともと全部エクリチュール」に見える
のはあんたがポストモダンの世界にどっぷりはまってるからでしょうが。

パリの第二帝政期に「大きな物語」がなくなったなんていうのは、動ポモに対する批判になってないだろ? 第二帝政期にポストモダン的
状況があったとして、第二帝政期にはフーコーがいたのかい?

ひょっとして近代よりもポストモダンの認識のほうが真理に近いとか
思ってませんかね?
とりあえず動ポモ読んで、「引用? 作家性? そもそもずっと前からそうだったじゃないの」
という言い方をする奴はバカ。東の設定した議論の土俵に上がってない。プロレスのリングの外から見当はずれの野次を飛ばしてるようなもん。

811 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 07:39:24
そもそも東の視野の狭さがすべての原因なわけだが。勉強しないしなあ。

812 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 10:56:06
哲学板なんかで遊んでる奴に言われたくないだろw

813 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 11:21:30
プロレスの野次ってのは必ず場外から飛ぶもので、
闘ってるレスラーは飛ばさない。
比喩読むだけで馬鹿とわかるな、こいつ。

814 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 12:30:26
野次を飛ばす暇があるなら
リングに上がって戦えといっているわけだが

815 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 12:55:07
おまえらも御輿担げよ。オレはヤダけど。

816 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 13:42:42
御輿に乗ってるのがきもいあずまん
それを担ぐのがお前らきもいニート

817 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 13:47:12
土俵の上に上っているつもりで独り相撲をして悦に入ってるよりは
まし

818 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 14:05:31
>>813
問題はそこではなく、見当外れの野次、ってとこだろ
あ、それとも見当外れを表現してるですか?

819 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 17:59:18
御輿から下界を眺めると動物の群れが見えるのでしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|           /、          ヽ はぁ?黙ってろデブ
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     |
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      /
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /          |

24歳♂(178cm、120kg)


820 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 18:56:11

    『哲学男』

冴えないキモオタ東大生がある日哲学に目覚め恋愛や挫折を
経験しながら偉大な哲学者になるという感動のストーリー・・・。

821 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 19:58:55
■ Mission.1 ろんぶん どこかたのむ
演劇に失敗し、やる気を失ったキモオタ東大生が2ちゃん(よりによって哲板)に書き込む。

169 名前:キモオタ東大生 投稿日:93/xx/xx 21:12
なんかやる気がないんだ。シニタイ……
筑駒出身の漏れが燃えるような、ハイレベルな講義、
どっかでやってない?


住人、面白がってアドバイスをする。
「来週、早稲田で柄谷行人の講義があるらしいから行ってみればw」
「人生相談して恋よw」



xxx 名前:169(ヒロキ)こと キモオタ東大生 投稿日:93/xx/xx 18:56:11
帰還しました…( ゚д゚)ポカーン
疲れた…_| ̄|○
柄谷先生の講義はサイコーですた。
でも、講義後に質問にいったのに普通のことしかしゃべってくれない…_| ̄|○
もっと本質的なことをしゃべりたいんですよ、漏れは!!!
論文を書いて渡したら、コミュニケーション(藁)が出来そうな気がします。
なにか、いい題材ないかな。
大学での第二外国語はロシア語ですた。


「ソルジェニーツィンなんかどうだw」
「それいい! 大学生だから【試論】をつけておいたほうがいいYO」

822 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 19:59:10
もうピークは過ぎたね、彼は

823 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 20:20:33
最後のキターの嵐はどこで?
サントリーの賞??

824 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 20:30:03
批評空間ストーリーと
ほしおさなえストーリーをどう混ぜるか?
また、
途中でエヴァの放映が始まるから
アニメ関係とインコミでの連載をどう
挿入するかがポイントだな。

ラストは
2000年 第21回サントリー学芸賞
の授賞でw

825 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 20:48:10
>>810

>「もともと全部データベース」「もともと全部エクリチュール」に見える

俺は、「作者の特権性」の問題を指摘したまでで、

> 「もともと全部データベース」「もともと全部エクリチュール」に見える
と俺をカテゴライズするこの指摘はおかしい。

データベース化→作者の特権性喪失の図式は、君の問題だろ。
それなのに君が>>805で、

>データベース化が進展すると作者の特権性は失われる。 結局
>、すべての文化は同人誌的というか、口承文芸的になっていく

と、誤った解釈をするから、俺は、>>808で、

>作者の特権性は、今になって失われたんじゃない。

と、認識を正した。ベケットぐらいはさすがに知ってるだろ。



826 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 20:53:43
>ひょっとして近代よりもポストモダンの認識のほうが真理に近いとか
>思ってませんかね?

この言説が何を意味しているのか定かではないのだが、
近代/ポスト近代のクリシェを持ち出してくるあたり、
モダニティの罠にどっぷりと自身がつかりきっているのに、
>>810は気づかない。


>とりあえず動ポモ読んで、「引用? 作家性? そもそもずっと前からそうだったじゃないの」
>という言い方をする奴はバカ。

この断定は何に由来する自信なのだろう。

>東の設定した議論の土俵に上がってない

降りる自由を!

827 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 20:56:53
>パリの第二帝政期に「大きな物語」がなくなったなんていうのは、
>動ポモに対する批判になってないだろ?

批判が即二項対立の物語に回収されてしまい、
終局=テロスを目指した、否定を媒介とする、
静的弁証法の運動に取り入れられてしまうこと
の危うさに >>810は気づいていない。

降りる自由を!!


828 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 20:57:17
東の設定した土俵がチャチすぎるんだよね。しかも、本人は土俵の上で
逃げ回るばかり也

829 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 21:17:36
>「引用? 作家性? そもそもずっと前からそうだったじゃないの」
>という言い方をする奴はバカ。

馬鹿か、お前は。

動ポモほんとに読んだのかよ????

「かつては作品の背後に物語があった」「そこでは(現代)もはや作家は
神ではない」「オリジナルのオリジナルとしての魅力」「近代の小説では
主人公の小さな物語は、必ずその背後の大きな物語によって意味付け
られていた」「現代のノベルゲームは、主人公の小さな物語は意味付け
られることはない」

↑これ全部君が転移しているアズマックスの主張だ。
そして、間違ってる。残念だけど。
ジッドの小説を読むまでもなく、あるいはフローベールの
「夫人は私だ」をl聞くまでもなく、1914年以前から、
ことさら大きな物語=虚偽意識を必要としない小説は
書かれていた。

よって、少なくとも事実問題として
>「近代の小説では主人公の小さな物語は、必ずその背後の
>大きな物語によって意味付けられていた」
という主張はおかしい。

フローベールやベケットを始原として、ポストモダンの教祖として
物語を語るのは、転倒にほかならない!!!!!!!!




830 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 21:23:25
フローベールとエロゲー、抜きゲーって同じなん?

831 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 21:24:26
その転倒がアズマックスを動かしている。

何がオタク文化は敗戦という外傷だ!!!
馬鹿か!適当なこというな!!!

>アメリカ産の材料で擬似日本をオタクはつくりあげようとしている
                    (「動ポモ」東裕樹)

狂っているとしかいいようがない。
論証も糞もない。いいっぱなし。

作品の表層イメージからありもしない深層を真相として捏造しているのが、
オタク文化を評論するかぎりでの、あずまっくす。



832 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 21:31:29
読んだことないけどフローベール
ググってみたら写実主義文学とかたくさんでてきた…

アズマックスのデータベース文学とは違うんじゃ

833 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 21:34:39
漫画は「大きな物語」がない。

現代は、「大きな物語」がない。

なんとなく昔はあったような気がする。イデオロギーとか。

そういえば、イデオロギーなんて、今じゃ聞かない言葉だよなあ。

昔の本読むと、サルトルとかなんか違う感じだな。

戦争とか国家とか物語とか文学とか力があったんだなあ

じゃあ、昔は「大きな物語」=歴史でみんな動機づけられていたことにしよう。

みんながみんなそうかといわれればよくわからんが、なんとなく今に比べたらそんな感じだ

じゃあ、歴史がなくなったということで歴史を作ろう。

現代が終局としてそこへ向かう歴史を考えれば、いろいろ捏造できる。大澤とか。

これがアズマックスクオリティ

834 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 21:36:36
すべては、今から事後的に転倒してつくられた歴史観にすぎない!!!!!!

835 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/16(木) 21:37:54
転倒キターーーーーーーーーーーー!

836 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 21:37:56
『哲学男』が面白くなりそうだったのに
こいつのせいで台無し┐(´-`)┌

837 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 21:40:31
変な薬物でもやってるんじゃ…
立派な哲学動物。

838 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 22:02:55
歴史観は事後的に転倒してつくられるんだろ

839 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/16(木) 22:18:24
動物化するクールビズ

840 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 22:18:43
そもそも東には小説を読む能力がないんだから
仕方ないと言えば仕方ない。

841 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 22:22:25
> 漫画は「大きな物語」がない。

じつは大きな物語を感受するだけの知識と教養がないだけなのかも。


842 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 22:22:24
>>831
揚げ足をとるようだけど(まあ澤田は揚げ足をとることになんも屈託がないようだけど)
さっき澤田を批判したやつを二項対立というモダニティの罠にかかってて鈍いやつだ、とか
いってるくせに今度は澤田自身が東は表層から深層を捏造してるとか二項対立のモダニティに
まみれたことを平気いってる二枚舌野郎になってるぞ。
なんというか澤田って人生楽しいんだろうな。うらやましいよ

>>836
哲学男より斎藤環の話しようよ。今日ゲーラボのコラム読んだら
かなりショッキングなことが書いてあった。

843 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 22:25:32
詳しく!!

844 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 22:57:37
> 「もともと全部データベース」「もともと全部エクリチュール」に見える
>と俺をカテゴライズするこの指摘はおかしい。

787 Name: 澤田 ◆cA7oIM8fok [sage] Date: 2005/06/15(水) 16:14:08 ID: Be:
>>785
外部記憶としての文字ということを考えると、
まさにそうだ

800 Name: 澤田 ◆cA7oIM8fok [sage] Date: 2005/06/15(水) 23:48:36 ID: Be:
>>798
そこだよ、そこ。東はもうデリダやめたんだよ。
オタク論を書くためにな。
ボードリヤールなんてソシュールも読めん馬鹿
なんか援用してんじゃおしまいだぞ。

845 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 23:09:27
>>843
斎藤のコラムは後半部はガンダムの話でまあどうでもいいんだけど前半部が例の監禁王子の
話でそれがちょっとまずいことになってた。
まず斎藤は監禁王子をいつものようにこいつはオタクじゃないとか言うんだけど、
その理由が監禁王子はベタな人間でありベタであることはオタクから最も遠いからだ、
となってる。まずそれは違うじゃん。オタクってベタな奴が多い。だから斎藤のオタクの
定義が斎藤が気に入った奴がオタクみたいになっててほとんど選民思想になってる。
加えてもっとひどいのは次に斎藤は調教ゲームは悪くないといってて、まあそれは
正当性があるけどその調教ゲーが悪くない論拠として王子の家庭環境を持ち出してくるわけ、
これは明らかに酒鬼薔薇事件の普通の子が罪を犯すという歴史(柄谷の倫理21、東の
郵便的不安たちのゴールドラッシュ批判)を排除してる。
そして何がうんざりするって、斎藤も頭が悪くないから家庭環境が悪いからって
みんな犯罪を犯すわけでないと付け加えるんだけど、にもかかわらず最後に事件は調教ゲーより
家庭環境のほうが大きいと書くわけ。これは論理的に破錠してるし、どちらか決め手が
ないわけだからほとんどどっちが悪いかは恣意的な判断で、これは調教ゲー規制派と
恣意的である点ではまったく同じロジックじゃん。 てかまさかここまでグダグダになるとは思いもしなかった

846 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 23:09:54
タマキンは、渡部直己をもっといぢってあげてほしい。

847 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 23:18:52
>ジッドの小説を読むまでもなく、あるいはフローベールの
>「夫人は私だ」をl聞くまでもなく、1914年以前から、
>ことさら大きな物語=虚偽意識を必要としない小説は
>書かれていた。

「なんとなく昔はあったような気がする。イデオロギーとか。

そういえば、イデオロギーなんて、今じゃ聞かない言葉だよなあ。

昔の本読むと、サルトルとかなんか違う感じだな。

戦争とか国家とか物語とか文学とか力があったんだなあ 」

東のいう大きな物語を決定的に取り違えている。
たとえば、動ポモ85ページのアウラについての議論


848 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/16(木) 23:23:53
>>847
馬鹿かお前は!!

>東のいう大きな物語を決定的に取り違えている。
逃げるな!!!!!!!!!
俺の出方を見てから書こうと思いやがって。
まず自分から男らしく定式化するべきだ。


>たとえば、動ポモ85ページのアウラについての議論

これも逃げ。接続されていない。

詳しく書いてほしい。待つからさ。

849 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 23:40:58
よーするに作家性とか才能とか文学というのも大きな物語ということさ。
フローベールの小説を読むときに、読者の側が、なんか「文学」という
すごいことをやってるらしい、って思うのが作家性ってこと。
そうやってジッドやフローベールを読む読者が近代にはいっぱいいた
ことは否定できないでしょ。

でもって今のギャルゲーはどうですか?
そりゃあ、才能云々の話はするけどさ。それってイチローのバッティングは天才的って言い方と変わらんでしょ。
作品を超えた「儀式」とのつながりをギャルゲーに求める人っている?

850 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 23:49:39
>フローベールの小説を読むときに、読者の側が、なんか「文学」という
すごいことをやってるらしい、って思うのが作家性ってこと。

馬鹿だなぁ。ロマン主義という、それこそ「大きな物語」の終焉を語ったのが
フローベールなんじゃん。その後は何も進展ないよ。


851 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:04:30
だから、フローベールがロマン主義の終焉を語っているとしても
東の議論には関係ないの。

問題は、読者の側はフローベールにアウラ(何か作品を超えた「儀式」との繋がり)を感じていたかどうかということ。

852 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:13:57
>849
>すごいことをやってるらしい、って思うのが作家性ってこと。
>そうやってジッドやフローベールを読む読者が近代にはいっぱいいた
>ことは否定できないでしょ。

すげー無知。

853 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:15:17
アウラって儀式との繋がりだったのか。

854 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:17:52
>なんか「文学」という すごいことをやってるらしい、って思うのが作家性ってこと。
それがあずまんのいう大きな物語なんだ。作品を超えた「儀式」との繋がりで、それがアウラなんだw

855 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:19:22
やっぱり東浩紀って無知だったんだ。

856 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:23:52
だから、新潮文庫とか岩波文庫の古典小説を
中学生か高校生くらいで始めて手に取るときにどう感じたか
という話なのよ。

857 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:26:25
世界一受けたい授業、一時間目はヴァルター・ベンヤミン先生です!
ぱちぱちぱちぱちぱち!

アウラ! アウラ! (←場内に響くアウラコール)

858 :894:2005/06/17(金) 00:33:54
いやだからそこらへんは東じゃなくて俺が無知なの。

859 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 00:36:47
はじめて聴いた音楽がオレンジレンジで、そのときどう感じたか。
それがアウラ! アウラドリーミングナウ!



860 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/17(金) 00:47:08
>>849
よく分からんが、話がずれてないか?

大きな物語って、リオタールの使ってたやつで、ヘーゲル的な歴史の
ことだよな。「歴史の終焉」って要するに、階級も闘争も否定も目的も
ない世界、思弁的必要性のない、動物的な世界、これがフランスの
ヘーゲルヲタの解釈で、まあ、一般的な理解だと思うが。
ヘーゲルはナポレオンでブルジョワ革命で歴史は終わったといったけど、
じつは、プロレタリア革命がまだあるってことで、なんちゃらやってたけど、
それもソ連で終わり、いよいよ、ポスト・ヒストリーだ!!!!!!!!
って感じだ。


で、少し拡大解釈しても、何らかの集団的な信仰みたいなものだろ、それが虚偽意識
かどうかはべつにしても、

>よーするに作家性とか才能とか文学というのも大きな物語ということさ。
だから、これは違うんじゃないのか?あずまっくすが何かいってた?





861 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/17(金) 00:55:45
で、俺がいってるのは、

そうした「大きな物語」を軸に歴史を語るのは、それ自体が「大きな物語」
でしかないということだ。

中世ののちの宗教改革で歴史や理念が破綻し、あのポスト・モダン的バロック
フランスの第二帝政期とか、「大きな物語」が失効したのは、今だけじゃない。
スピノザもニーチェもマルクスもみんな歴史が表象でしかないことに気づいてた。
まあこれはコージンの受け売りだが、ともかく、東は日本文化論を書きたいから、
知っててある種の歪曲を加えて、哲学や文学の価値をあげるためかわからんが、
何か意識的に、政治的に、パフォーマンスしてるだけ。

だから、動ポモは、駄作。
おそらく本人も気づいてるよ。でっちあげに。
多分彼はまじめだから、本気で今の知的状況考えてるんだと思うぜ。

データベース文学とかメタリアルとか、ラノベ批評はまあ、面白いかな。どーでもいいけど、



862 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/17(金) 01:05:17
でも、多分、アズマックス的には、もう>>849みたいな解釈なのかな
「大きな物語」ってやつは。とくに歴史とか理念とか目的論的なもの
じゃなくても、めちゃくちゃ広い意味で、なんか文学とか知とか学者
とか権威とか批評とか文学部とかみたいな、ある種のメタレベルに
位置する言語体系のようなものなのかもしれん。わからんけどな。
みんあがうおおおおおってなるんじゃなくて、ただ消費されてるって
いいたいんだろ、>>849は。



863 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/17(金) 01:13:31
>よーするに作家性とか才能とか文学というのも大きな物語ということさ。

つーか作家性って、あのな、映画とかみたほうがいいぞ。
作家性云々をいいはじめたのは、そもそもシネフィルなんだからさ。
あのへんの人たちが、ホークス=ヒッチコック主義として、
それまでの脚本家とか原作とかの縛りをなくして、監督の色を前面に
出そうとしたのが、いわゆる作家主義というやつ。

だから、そのままいわゆる文学的と等値ではないのよ。
よって、文学的ではないけど、作家性の強い漫画家ならいっぱいいるし
それなりに評価されてるだろ。大友、高野文子とかなんでもいいけど
まあだいたいサブカルになっちゃうから、それは駄目だ。
だからあずまっくすは、文学でもサブカルでもない、オタクの作家性を
擁護せよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
って吼えてるんだよ。がお。ってな。


864 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/17(金) 01:20:37
で、ギャルゲだろ。そのオタクってやつはさ。
例によって、村上春樹とか筒井康孝とか捏造してるけど。
村上春樹と高橋源一郎の違いがわかっててあずまっくすは
なお村上に固着してるんだよ。筒井もそうだ。

いわゆる断絶、切断を捏造すること。
これがアズマックスクオリティだな。

自然主義文学→ラノベって構図で、ラノベの源流として村上春ちゃん。
うっひょーーー。って思ってるよ。春樹は。分からんが。


865 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 01:30:52
>>864で、とたんに話が見えなくなった。
ちょっと英語で言ってくれんか。

866 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/17(金) 01:31:14
アウラってのは、一種の礼拝的な価値のことだ。

右翼=アウラ
左翼=遊戯
これを理解しろ。アウラはウヨクであり天皇だ!!!!!!!!!!
(うおおおおおおおおおおおお、俺はすげえ)

土星人になること。憂鬱のうちに、遊戯をすること。

11観ろ。フタコイ今日は作画

867 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/17(金) 01:31:45
ふたこい見る。

868 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 01:52:01
midoスクリプトとどっちがいいかな、と俺は考えている。

869 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 04:50:34
このスレは今、醒めつつ乗り、乗りつつ醒める。最高のコンディションが整いつつある。

870 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 16:52:56
         , --==‐〜--へ__,,,,--- 、
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
        ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ,/;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ       \:::;::;;;|
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳             ヽ;;;;ル 
      |;;;;;;;;;;;;;;イ6:::.  /      \    |シ 
       );;;;;;;;|::::::::::   (●)     (●)   |ゝ 
       ヒi_,|:::::::::::::::::   \___/     |       
       ,,, -/ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ 元欲綱の貴乃花でつ
     ―'|  \  \            |\_
       |   \  \.          / 〉 \ ̄
        |__,\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕/ 、/      おばパーマでつ

871 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 17:39:43
写生文的認識と恋愛っていいですね。

872 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 17:47:55
澤田 ◆cA7oIM8fokは、midoさんとkagamiさんの中間形態みたいなものかしら

873 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 20:09:17
>>867
いや、カッコいい。

874 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 20:38:54
>872
両者に比べて*多少は*知識はありそうだ

875 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 22:48:13
> フランスの第二帝政期とか、「大きな物語」が失効したのは、今だけじゃない。
東の定義では、大きな物語の失効=ポストモダンではないのでは。
今までのポストモダン論は「大きな物語の失効=ポストモダン」という
定義だったけれど、東はむしろそれを超えようとしているのでは。
「近代=ツリーモデル
ポストモダン=データベースモデル」というのが東の定義でしょう。
ポストモダン=近代の機能不全という考え方に対して、ポストモダン
では別の原理が働いていると言いたいのだと思う。

で、たぶんこれはデリダ論のハイデガーかフロイトかという問題意識
に繋がる話のような気がするのですね。

876 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/18(土) 02:59:29
リゾームはもう時代遅れですか。。。

つーか、データベースモデルってよく分からん。
誰か定式化というか東はなんていってるの?


877 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 07:21:39
中田英はいつもヘッドホンをしていて、話しかけるな、というオーラを出してる
矢田亜希子には美人のオーラが出てる
東にはきもいオタクのオーラがある


人間には物語が必要だ、動機といってもいいし、人生観といってもいい
僕の物語は、金持ちになって滝川クリステルと結婚することです
みんなの物語を聞かせてください

878 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 10:50:02
君の物語はぼくの夢。

879 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 15:19:32
オナニーが止められない僕は、
病気でしょうか?

880 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 15:20:30
君は病気ではありません。ただのガキです。

881 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 16:18:30
哲ヲタを止められない僕は、
病気でしょうか?

882 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 17:32:12
残念ながら

883 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 20:27:21
哲学なんて生きていくのに何の役にも立たない

884 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 21:47:52
>>883
哲学を理解しているとこの手の素朴な信仰に惑わされて
無駄な時間をすごすことがなくなります。

885 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 21:52:55
動物はぜんまい仕掛けの自動機械だ

886 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/18(土) 22:54:20
「大きな物語の凋落」というとき、リオタールに戻れば
実は、大きな物語=イデオロギーではないんですね
象徴界はイデオロギーじゃないってのと似た感じです

それとデータベースの定義はされてないですが
対談などから拾うと、それは「確定記述の集合」とか、その「順列組合せ」です
俗に言う「お約束」「パターン」「クリシェ」などの集合体でしょう

ここで唐沢なんかが 1.そんな単純じゃない 2.昔からあった と言う
しかし、1.について言えば、
将棋が駒の配置だけでも複雑なように、組合せ爆発を考慮していない
2.について言えば、
メディア環境の変化を抹消していて、浮世絵もパターンの美ではあるでしょうが
ネットで光速で通信し無制限にコピーしレタッチしてコラしてMADFLASH化して
配布して掲示板で感想を聞くという、順列組合せを加速する環境がありません


887 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 23:14:24
しろうとさんに質問なんですけど、
「超平面性」とか「過視的」という問題はどう処理されるのですか?

888 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 23:24:56
東理論が危うくなると、しろうとはきまって、
「いやそれは東の本意ではないんだ」
と、いいだし、よりトリヴィアルな
「漏れ東理論」を繰り出す傾向がある。
しかしそれもまた東の本意からは遠い。

889 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 23:33:11
しろうとはあずまん理論が怪しいときは
ちゃんと突っ込んでいるので
勝手に「あずまんの本意」を捏造しているわけでは
ないと思うが。
あずまんの「可能性の中心」を、あずまん本人以上に
引き出そうとしているというか。
ややテキスト論気味。

使えないプログラムをパッチとプラグインで
実用的なものにしようと努力しているように見えるw

890 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 23:50:48
しろうとがあずまんの本意だから。

891 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/19(日) 00:07:40
しろうとは東の「可能性の中心」を、東本人以上に
引き出そうとしているのではない。

そのように、しろうとのテクストの内容に意味を求めるよりも、
東理論の実践者としての「しろうと」を楽しむべき。

東的データーベースとはなにか?
しろうとという存在であり、しろうとのテキストである、ということ?

892 :純一:2005/06/19(日) 00:09:08
まあ、ぴかぁ〜は無視しといても良いかと。

893 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 00:14:00
このスレは、学生とドカタばっかだな

894 :純一:2005/06/19(日) 00:16:13
このスレでのレスが少ないな、自分のスレとは大違いじゃないか。
ぴかぁ〜も慣れないことはやめとけよw

895 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 00:34:30
あれはぴか隔離スレだからな。じゆんもコッチに出張してくんな!張りついてろ

896 :純一:2005/06/19(日) 00:36:55
じゆんじゃねーよ。

897 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 00:49:54
使えないプログラムに、つぎはぎパッチワークか。
ぼろ雑巾みたいだな。

898 :純一 ◆Fn0dptrDJw :2005/06/19(日) 00:53:37


899 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 01:00:57
>>876
東はデータベースを物語に対比して使っているから、
ツリー/リゾーム、物語/データベースで問題ない。

萌えもデータベース。監視カメラもデータベース。

900 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 01:08:00
ほほう凄い才能でつね

901 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 01:12:06
>ネットで光速で通信し無制限にコピーしレタッチしてコラしてMADFLASH化して
>配布して掲示板で感想を聞くという、順列組合せを加速する環境がありません

量的なものばかりだな。原理的変遷ではない。

902 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 01:15:15
小さな物語の多種少量生産

903 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 01:17:12
このスレはアホしかいないな

904 :純一 ◆Fn0dptrDJw :2005/06/19(日) 01:17:59
まったくそのとおりだ。

905 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 01:20:08
アホどもがうなずき合う図。

906 :純一 ◆Fn0dptrDJw :2005/06/19(日) 01:21:15
まったくそのとおりだ。

907 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 01:54:52
小さな物語の多種少量生産 = 浮世絵

908 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 02:11:59
やっぱりアホしかいないな


909 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 02:25:48
小魚釣りも又楽し

910 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 03:01:16



911 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 03:17:21
>>901
いや、メディア環境の変化が抑圧していた
エクリチュールを引き出すというのは『郵便的不安たち』での
映像と精神分析の話ですでに出ているんです
また次の多品種少量生産との違いも関連します

>>902
そのワードは東と宮台の対談で既出ですね
>これは以前の「多品種・少量生産」とは少し違う。
>生産者側が丹念なマーケットリサーチを元に消費者の動向を読み込み、
>彼らの欲望を実現していくというのではなくて、
>端的にユーザー側が自分の好みの商品をデータベースから引き出せるようになった。


912 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 03:22:28
思いついた事のたいていは既出だと気付け。
オリジナルな考えとは思い込み。思い上がるなよ○○

913 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 03:28:51
>>887
>「超平面性」とか「過視的」という問題
東は「データベース的動物」と言います。つまり主体は
シミュラークルでは動物で、データベースにおいては
(形骸化した)人間性を持つと、分けて言っています。が、
超平面性や過視的な超越はその表層で起こることなので
東理論(動物論)の未解決問題だと思われます
これはファウストの連載での「メタリアルフィクション」に繋がります

自分の問題圏ではアスペクトの話になります
例えば反転図形を一義に読み込むように、
過視的な超越性は読み込むこちら側にあり
それが「読者の作家性」論に繋がります
東は作者にしか注目しない――デリダの言う作家の死を忘れて――
ので、動物化と言いますが、文学理論における読者反応批評もあるし、
例えば「萌え」も読者の能動的読みに他ならない訳で、
自分はそこに可能性の中心を見る訳です


914 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 07:00:38
組み合わせだけで、小説や映画の物語が作られるようになれば
かなりインパクトがあると思う
小室哲哉がヒット曲を連発してたころ、そういう風に言われてた
あいつは何も考えずに、歌詞やメロディーをコンピュータに入れて、
パターン化して、編集してるだけじゃないかみたいなことを

ドラゴンボールAFなんかも興味深い
絵を完璧にまねることができれば、本当の作者じゃなくてもいい
偽者のほうが面白いことも十分ありうる

915 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 08:21:47
>>914
組み合わせだけじゃ、いい作品はできないよ。
絵描いたことあれば分かるけど、単純な萌え絵でも売れ筋の絵でも線の入りだけで
ぜんぜん違うんだから。受け手と送り手ではそのジャンルに対する情報量がまったく
違うから、一見簡単なサンプリングに見えても、その内実どうしても個性が出てしまう。
まあ、プロットレベルならデータベース化できるだろうし、実際ハリウッドでもどこでも普
通にやってるだろうが。けれどより具体的な絵つくりや演出ではそうはいかない。確かに
その場合でも基本は組み合わせだろうが、組み合わせのパターンは、受け手の立場か
らでは分からない。実際に現場ではじめて分かるし、もはやそのレベルでは、それまで
の経験に頼るしかないのが、本当のところだろう。そもそも、絵を描くという行為は、それ
が漫画のような比較的簡略化されたものであろうと、細部にわたるまでのマニュアル化
は不可能だし、それが可能だと思うのは、漫画を数見てない証拠じゃないだろうか。
もっとも、これはあくまでも質の問題であって、量の問題としてはこれに限らない。



916 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 08:33:47
>>913
>例えば反転図形を一義に読み込むように、
>過視的な超越性は読み込むこちら側にあり

それって多義性の問題と一緒にしている気がするけど。
反転図形って、 つねに複数の視点が可能性として与えられているわけで、
そこからひとつを選び取ったところで、それが過視的な能動性につながると
は思えない。もう少し説明してほしい。「読者の作家性」というのもよく理解で
きないのだが、それは従来のテクスト論と変わるところがあるのか?
あと、「萌え」って具体的に何を指すのか明らかにしないと、東の轍を踏む。



917 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 08:34:02
>生産者側が丹念なマーケットリサーチを元に消費者の動向を読み込み、
>彼らの欲望を実現していくというのではなくて、
>端的にユーザー側が自分の好みの商品をデータベースから引き出せるようになった。

商品をデータベースから引き出す?ハァ?
完全オーダーメイドでもあるまいし、んなアホな。

引き出されるのは、個々の商品群から抽出された、ユーザが嗜好する「記号」だろ。
その嗜好が二次元製の女の子に投射された時、萌えとか叫ぶんだろがオマエラは。

眼鏡だのネコ耳だの、そんなの製作者も百も承知だっつーの。
製作者手持ちの既知の要素から、適当な順列組み合わされたものを受動的に消費してるに
過ぎん(資本主義の知覚訓練)。それこそ好みの浮世絵を蒐集するスノッブと同様。


918 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 08:39:17
>>901
でも量はあるところまでいくと質に変わるからな。
順列組合せを加速する環境というのは確かな論点だ。

919 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 08:58:57
>>788
つか、トップをねらえ自体、すでにエヴァに直結してるのだが。
カットの入りから音つなぎまでガイナ的な演出はほぼあの作品で確立。

構成も前半はパロディで、後半は本気というわけで、実際東も例外的に
エヴァだけは分かるらしく、しきりにそうした構成の分断、破綻について論
じてたな。むしろパロディとしてはより露骨だったのはトップのほうだろ。

ほしのこえは、分からん。少なくとも出自からして違うからな。
多分、東理論でそのままカヴァーできる。それだけ同時代的だということ。

まあ、いかにアズマックスがアニメ、映画に無知かといことだな。



920 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:07:09
いや、だからそういいうトップをねらえでの作家性が
エヴァにおいては完全にフィギュアとか同人誌、
データベースだか動物化だかに飲み込まれて終了したといいたかった。
庵野も自覚してるし、いたるところでそういう萌え消費者を批判して
物語復興をぼやいてる。

921 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:11:05
>>918
問題はデータベースデバイスそのものであるコンピュータテクノロジーが、
サブカルへ浸透した結果生じた量質転化の内実を、東もここのエピゴーネンたちも
うまく指し示せていないということだろう。

ある時期から突然にデータベース的なものが存在し始めたのではない。では閾値を
どこに設定するか? 「切断」を強調する東は「いつ」に設定するかに囚われて、
内実自体は古い消費社会論から一歩も出てない。

「アスペクト」程度じゃ、同性愛関係と「見なす」同人ヤオイおねーさまを
説明するのが精々だろう。

922 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 09:13:15
つか、

映画漫画アニメ=基本はデータベース 細かい部分は作家性
日本近代自我文学=物語、歴史、理念、大文字

これが単に経済的、政治的理由から文化上で立場が逆転しただけ

簡単にいえば、日本近代自我文学が売れなくなった。
化けの皮がはがれたわけだ。

だから、映画、漫画、アニメと別の原理をもつ、商業主義と調和するメディアが注目

これだけの話だ。
それを変に似非ラカンとか主体の問題にしてるから駄目だ。

これだけの話だし、これで説明がつく。




923 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:18:35
なにも説明していない

924 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 09:22:29
>>920
>いや、だからそういいうトップをねらえでの作家性が
>エヴァにおいては完全にフィギュアとか同人誌、
>データベースだか動物化だかに飲み込まれて終了したといいたかった。


普通にみんな褒めてただろう。事実問題として。だから一般層(非オタク)まで
拡大したんだし、俺の教室でもアニメに興味ないやつも見てたし、話題になっ
てたが。完全に、というのはおかしい。そういう側面があるのは否めないが。

あと、アニメは庵野だけが作ってるのではないし、アニメにおいては映画的な作家主義
は危険。物語復興といわれても、それだけがアニメの作家性ではない。





925 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:25:16
まあもっとも……
コンピュータカルチャー全体が人間的能力の量的延長でしかなく、
新しいものをもたらすより、古いものを強化する事の方が多い気もする。

ネットなんてどの国に行っても、エロと愛国主義ばかりだからな〜


926 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 09:27:42
>>925
これこそ、ドゥルーズがすでに指摘していたこと。
リゾームはそれ自体ツリー構造にいつ転化してもおかしくない危険性を秘めている!!!

ドゥルーズヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人

927 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:34:28
データベース=情報そのものを欲望するなんて、オタク以前にあったの?

928 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:36:19
ちょっと待て。
エヴァが一般層にまで拡大したのはトップのような作家性ではなく
綾波やシンジへのキャラ萌え、キャラグッズや同人消費の爆発的拡大によってだろ。

強力な作家性を帯びる最終回とかも完全に無視される形で
消費されていったの。

929 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:37:02
端的に言ってあった。
それから、コンピュータ以前にもオタク文化は存在した。

930 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:37:26
つーか澤田はエヴァが一般まで広がったのは
偉い人がエヴァの作家性を誉めたからとか思ってんのか?

931 :澤田 ◆cA7oIM8fok :2005/06/19(日) 09:40:50
>>927
>データベース=情報そのものを欲望するなんて

いつも疑問に思うんだが、こういうのってどこから導出された主張なの?
なんかいつのまにか局所的に前提とされてるみたいだけど、
同時代的なイメージにもたれかかるのは危険だと思う。
データベースも未定義、情報も何を意味してるか分からない、欲望もどのような条件があるのか
不明だし、挙句オタクがいったいどの範囲を指すのか未定ときたもんだ。
適当に垂れ流されてるだけ。



932 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:44:12
>>928
歴史を捏造すんなよw
エバ人気におけるイオリノの作家性を云々したのは竹熊や伊藤だし、
東もそれには同意してんだろ。

ガイナックスが綾波エロフィギュアや自社キャラの脱衣麻雀を
発売したのは例の脱税事件以後だ。

当初の爆発的人気はキャラ萌えに依存したものではないし、
最終回が無視された? どこの国の話か。

933 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:50:13
しかし、東はリゾームモデルではなかったりする。

メタレベルはデータベースとして存在している。
超越性への欲望はデータベースへの欲望として存在する。
この辺りが同じようにデータベース的といってもプレモダンの口承文芸などとはとは違うところであるはず。

データベース=情報そのものは絶対的に見えないものである。
情報を可視化する試みは新たなシミュラークルを作るだけである。
この表層では、メタレベルは絶えずオブジェクトレベルに送り返されて
いると見える。
この表層の部分だけを見て、メタレベル/オブジェクトレベルの分割が
失効すると論じるのがポストモダニズム。

934 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:51:12
エヴァの変質については、アレをデータベース的作品の先駆けみたいに言ったあずまんこそが、最大戦犯と思う。

935 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:53:12
おまえこそ捏造するなw
小谷の聖母エヴァンゲリオン以外のエヴァ論は
しゃれにならないぐらいまっったく売れてない、読まれてない。
売れたのは「エヴァンゲリオン研究所説」とかの謎(データベース)本。

エヴァの一般認知度が上がったのは
経済効果ウン百億と言われたフィギュアやゲームをマスメディアが注目したからだ。
竹熊や伊藤のエヴァ論なんか関係ない。
だから東は竹熊や伊藤とそれ以後の断絶を分析して第三世代って言葉を使ってるんだろ。

936 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 09:59:47
謎本では最終回とか庵野の意図とかはスルーが基本。
死海文書の謎とかキャラクタの性格分析とかをずっとしているだけ

そもそもビデオもLDも途中で発売停止になっていたので
あの頃のお祭り一般参加者達は最終回とか見てないで
綾波の下敷き買ってる人間が多かった。


俺がそうだ

937 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:01:00
データベースへの欲望とは絶対的に見えないはずの情報を、見えるも
のに変換したいという欲望である。しかし、見えるものはすでにメタ=
情報ではない。それはただのオブジェクト=シミュラクルである。

このデータベースへの欲望がオタクを駆り立てて、シミュラークルを
増殖させていく。

切手マニアや鉄道マニアは情報を収集するが、それはデータベースへ
の欲望ではない。そして切手マニアは自分で切手を作ったりはしない。

938 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:01:18
電脳学園で有害図書くらってんのを
忘れるのもどうか。

>>932
捏造ってほどでもない。
同人需要があったのは事実だろうし。

キミが当時いくつだったかは知らないが、
あのとき十代前半くらいだった連中は
「綾波とアスカどっちが好き?」って話を
盛んにしていた。なんか妙に興奮して。
それはもう信じられないくらいその話題が流行っていた。
あきらかに普通のフィクションに対する態度と違ってた。
どこでも聞いた。黒板にも書かれていた。
オタクでテツガク的な話はツマミ程度で。

エヴァが難しげな理由でヒットした、という言説に
一部のオタの幻想がまじっているというのは
実感として分かる。
だいたい当時はもうオタクってのが強固な
もんじゃなくなっていたわけで、ゆるゆるといろんな奴が
見ていたから、オタク的で硬派な態度がどうこうというのは、
ぜんぜんないわけではないにせよ、うーん、といった感じ。

ここらへん世代や所属するコミュニティによって
みんな微妙に違う感覚を抱いていると思う。

939 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:03:04
>>935
小谷が売れた だぁ? なにを根拠にw

堅めのエバ本でもっとも注目されたのは、阿世賀のキャラ心理を
ストーリーに沿って抉ったものだろう。
謎本もストーリーを逐次的に解説したものがほとんどで、
データベース的だったのは、辞典形式等をとった数冊だけ。

>経済効果ウン百億と言われたフィギュアやゲームをマスメディアが注目したからだ。

馬鹿ジャネーノ。
数百億云々言われた経済効果は映画、ビデオ、DVD、放映権料含んでの数字だろ。

フィギュア、ゲームだけで数百億円w
あんたどこの田舎者?

940 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:07:57
エヴァ春映画一本の興行収入は10億もなかった。
エヴァのDVDはあの頃発売してない。
LDとビデオを途中まで発売しただけ。


馬鹿ジャネーノ。 あんたどこの田舎者?

941 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:08:11
>謎本では最終回とか庵野の意図とかはスルーが基本。

嘘は泥棒の始まりと申します。

942 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:12:05
ちなみに経済効果200億とか300億とか言われてたのは
映画公開前ね

943 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:18:55
データベースへの欲望というのはたとえばビックリマンシールの773枚目のシールを作ることである。これは見えないデータベースである
ビックリマン世界の世界観を、見えるものに変換しようという欲望である
と、とりあえずはいえる。

しかし、オタクの欲望が本当に向かっている先は、個々の作品の世界観
ではない。それは萌え要素でもない。

944 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:20:20
上野俊哉ですら最終回はスルーで
エヴァはどこまでも日本車的。
そこが心地よくも限界、でまとめてたな。

945 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:26:48
小谷だけが異例に売れたのソースは網状言論。

946 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:30:00

当初エヴァの経済効果は100〜200億と言われていた。
400億〜数百億といわれるようになったのは、DVD発売以後。

フィギュア、ゲームだけで数百億円w
あんたどこの田舎者?

馬鹿ジャネーノ。



947 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:35:28
上野はあの最終回を馬鹿にしているからなあ。

で、小谷のソースは仲間褒めかよw



948 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:38:14
誰がDVD発売後の話をしてるんだ?
DVD発売したのエヴァブームが終了してどれくらたってからか
知ってて発言してるのか?
ヘタレ勘違いが悔しいからってつっかかるな。

それとエヴァ現象が沈静化したころに発売した阿世賀の分厚い本を
一番注目されたエヴァ本ってw

分厚くて注目されただけだろw

949 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:44:21
聖母エヴァは8万部超えてる事は山形裁判で言及されている。

950 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:51:19
「DVDハードの普及台数は、現在10万台前後と言われている。
ソフトも1997年5月時点で200タイトルにすら達していない。
家電関係者に「DVD普及の起爆財となるのでは」と期待されているのが
7月19  日に第1巻を発売する『エヴァ』のソフトだ。
「すでにビデオやLDを所有していても、さらにこのDVDソフトも欲しいと思うファンも
少なくなさそう。また、4話で6,600円という価格も買い得感がある。
(LDは2話入りで5,631円)。もし、本当に“起爆剤”になったら『エヴァ』の伝説が
また一つ増えることになる。」



951 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:57:27
だから何?
エヴァの経済効果が持てはやされたのいつだと思ってるんだ?
春映画の前だぞ。

エヴァDVDの経済効果がマスメディアに注目されたなんて
当時エヴァブームに沸いていた人なら 絶対 にしない勘違いだ。

952 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 10:58:27
>ガイナックスが綾波エロフィギュアや自社キャラの脱衣麻雀を
>発売したのは例の脱税事件以後だ。

こりゃずまそん並の知ったかだな

953 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:00:26
夏エヴァ公開後をあてこんだ阿世賀の本が「沈静化したころに発売」だってw

お前にとってエバブームってなんなんだ?
お前の言う「第三世代」にとっては、DVD以降こそむしろブームだろ。

フィギュア、ゲームだけで数百億円w

綾波等身大フィギュアかったクチ?



954 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:06:45
夏映画でエヴァ経済効果が一挙に沈静化したのに
夏映画も見てない状況で書かれたエヴァ本の発売ほど悲しいものはないな。

春に発売した謎本でタイトルがシト新生っぽかったのに
実は執筆時期が春映画公開前で何の情報も共有してない
糞謎本を投げ捨てたの思い出した。

955 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:08:01
>>950
これは
日経エンタティメントの97年8月号の記事ね。
映画公開の頃だな。

>エヴァDVDの経済効果がマスメディアに注目されたなんて
>当時エヴァブームに沸いていた人なら 絶対 にしない勘違いだ。

痴呆老人の記憶違いは、もういいから。

綾波フィギュア抱いておネンネしてろ。



956 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:14:48
>>950
これは
日経エンタティメントの97年8月号の記事もちろん阿世賀の本は夏映画をみて書いている。
ラストシーンを福音的に解釈しているのは、
伊藤○○くん並みとしか言いようがないが、
それでも、

読みもしないで批判する痴呆よりはまし。


957 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:19:38
マスメディアが数百億の経済効果としてエヴァを持ち上げたり
特集組んだのは春映画公開前。
なんで日系エンタの記事使ってDVDも含めろとか
そんなしょぼい歴史捏造してるのかわからん


958 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:27:17
>阿世賀の本は夏映画をみて書いている

発売時期からしたら映画の感想つけたしただけだろ。

959 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 11:28:33
>>915
データベースを押さえれば売れる(良い)作品が出来るという主張と
データベースを押さえなければ売れないという主張は全く別なんです

>>916
いや過視的な能動性に繋がるでしょう
多義図形はクリプキによるウィトゲンシュタインのパラドクスと関係があるからです
ルビンの図を壺や顔に読むのと「+」をプラス関数やクワス関数に読むのが同じ
「読者の作家性」は集団的創発性と関係があります。マルチチュードとか…
「萌え」が好きであるということとどう違うかというと、対象が「順列組合せ」なことです


960 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:30:04
はいはい、お前にとって都合の悪い記事は
マスメディアに分類されない、と。
日経はマスメディアではない、と。

いい加減逝ったら?
フィギュア、ゲームだけで数百億円稼げると思ってるオタ老人さ
ん?

----------

「1997年に入り、急にアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が、「エヴァ効果」「市場経済効果200億円」の
フレーズと共に新聞、雑誌、テレビといったマスコミがとりあげるようになった。これはどういうことだろう
か?

 ビデオおよびLD(レーザーディスク):計250万本以上
 マンガ版単行本(計3冊):各100万部
 主題歌シングルCD:計80万枚
 サントラ:オリコンチャート1位(アニメとして17年振りの快挙)
 映画「新世紀エヴァンゲリオン劇場版シト再生」123万人動員」
 (1997年5月現在)



961 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:33:42
>発売時期からしたら映画の感想つけたしただけだろ。

憶測でものをいうな。このボケ老人。



962 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 11:35:03
>>917
少し違う。例えば検索エンジンの力を考えないといけない
それは文字通り欲動の流れを制御する機械だけれども
何かマーケッターがすべてを把握しているわけではないのです
アマゾンのお勧めにしても機械的に実現されているのであって
従来のように編集者的な通の眼とは違う論理で動いている

>>919
それもありがちな意見だけど違う
エヴァは単なるパロディではなく「暗号」の回路を用意したのが新しい
端的に謎本が山ほど出るのをその証拠としてもいいでしょう
それで暗号というのはそれぞれの読者で違う読みを可能にする言葉です
これが先ほどの多義図形の話と繋がるのは分かりますよね


963 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:38:30
誰がエヴァの経済効果はフィギュアだけで
ビデオや漫画の売り上げは含まないなんていった?
当時はビデオとLDだけでDVDは発売してないって言ってるだけだろ。
エンタの記事も今話してるエヴァの経済効果の時期じゃないといっている。

なんでこんなこともわからん、頭が痛くなるわ…

964 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 11:40:59
>>920
東は全面的動物化の入り口にしてしまってますが
エヴァは動物化を先取りして批判していますよ

>>921
自分は、閾値というか境界線を引いたりはしません
しかしとにかく順列組合せになっていく流れは重要
例えば昔はネジ一本にも個性があって
このネジは別のネジ穴にはまらなかった

>>922
それも違う。漫画アニメが売れるという話じゃなくて
データベース的社会の話です。だからセキュリティ論がある


965 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:47:51
次スレ案
【家族が】東浩紀スレッド45【増えました】
【ご子女誕生】東浩紀スレッド45【おめでとう】
【生命の】東浩紀スレッド45【神秘】

名前は入れないどいた。

966 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 11:47:52
>>926
東と宮台との対談での「ネットワークにおける確率化戦略」で既出
>>927
あるでしょう
>>931
それも違う。これは自分の問題圏に入るけども
データベースは確定記述の集合ですが
これがジジェクの言う病理的ナルシシストと関係あります
彼によると確定記述を剰余する固有名と主人のシニフィアンは同じで
それを受け入れない記述主義者が病理的ナルシシストです
そしてシンジは、病理的ナルシシストのヒステリー化の典型例です
>>932
竹熊や伊藤の影響力がそんな大きいんですか


967 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:50:06
横レスだけど。
なんか誰が誰だか分かんない。
ただ、

>>953
>お前の言う「第三世代」にとっては、DVD以降こそむしろブームだろ。

えっと、DVD発売当時、すでに「機動戦艦ナデシコ」が放映終了してんのね。
この意味、この感覚、わっかるかなあ、わっかんねえだろうなあ。

フィギュアとゲームだけで稼ぐというのは無茶だ確かにw
しかし別にそこ強調したわけじゃないんでしょ。

ちなみに、ときメモPS版が1995年で爆発的ヒット。
エロゲーの「雫」がTVエヴァと「ほぼ同時」だってのも覚えておくとよいよ。
って言ったところで、何を言いたいのかわかんないんだろうね。
異文化コミュニケーションは難しいw

まあ、ブームはもっと前にすでにあったし、
最初にメディアで大きく取り沙汰されたのもずっと以前のはず。
映画上映したころは「経済効果」なんて言われると、
今更なにをって気分だったのを覚えている。

968 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:54:01
>誰がエヴァの経済効果はフィギュアだけで

お前だよ、そこの馬鹿。お前。

>935
>エヴァの一般認知度が上がったのは
>経済効果ウン百億と言われたフィギュアやゲームをマスメディアが注目したからだ。


>当時はビデオとLDだけでDVDは発売してない

だからぁ、
400億とか数百とか言われるようになったのは DVD(具体的には97年半ば)以降。

フィギュアやゲームなんて、当初は勘定にすら入ってねーよ。

969 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 11:56:45
どうやら本気でエヴァの経済効果が注目されたのは映画公開以降だと思ってるらしい。
あれだけ廃墟になったのに…


合掌・・・

970 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 11:56:46
>>933
そうですね
>>934
変質は市場での変質ですか。東の言説の影響はどれ位でしょうか
>>935
そうそう。ただどちらかの図形(消費/批評・オタク/サブカルなど…)が
エヴァの本質、ではなくて、そういう多面性を持っているのが大事です
>>937
そうですね
>>943
データベースが前面化するとロッチでもネトランの二次創作でも構わなくなります


971 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 11:57:08
>>965
立てますよ


972 :森川:2005/06/19(日) 12:02:38
 「新世紀エヴァンゲリオン」は九五年から九六年にかけて
放映されたテレビアニメで、当時オタクに絶大な支持を集めた。
番組が再放送されるに及んで一般の青少年層からも広く注目を集めるようになり、
九七年に二回に分けて劇場公開された時期をピークに、
メディアミックス的なブームを形成することになる。
関連商品は書籍やレーザーディスク、ゲームやプラモデルなどを
中心として多岐に展開され、三百億円の経済効果をもたらしたと推定されている。
全国の一般書店にはエヴァンゲリオン・コーナーができ、
同人誌即売会でも巨大なセクションを構成するほどマンガ同人誌がつくられた。
ガレージキット業界に対しては市場規模自体を
ヒトケタ拡大させるほどの効果を及ぼし、
キャラクター模型やフィギュアに対する需要を一般層に広げるという、
副次的なサブカルチャーブームを誘発させる主因ともなった。

973 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 12:02:47
【ご子女誕生】東浩紀スレッド45【おめでとう】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1119150053/

974 :森川:2005/06/19(日) 12:03:07
 このエヴァ・ブームが、ガレージキット店や同人誌専門店の進出に
必要な体力と勢いをもたらし、秋葉原の一等地への出店を可能にしたのである。
それまでは渋谷や吉祥寺に店を構えていたとしても、多くのそうしたオタク系専門店は、
裏通りの引っ込んだ場所に立地していた。海洋堂はかつて渋谷に店を構えていたが、
先の宮脇氏によれば、そうした若者の街にあって、
オタク系は店側も客側も目立つ位置に出るのは気がひけるという側面があったらしい。
秋葉原の土地柄とともに、一般をも巻き込んだエヴァ・ブームが、
そうした専門店に表通りにどんどん進出し、露出していくような店づくりを展開させる
大きな後押しともなったようである。

975 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:04:14
DVDはないな

976 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 12:08:16
エヴァがデータベース的二次創作の入り口というけれど
実はつまらないのが多い。特にゲームがつまらない
ガイナの当初の構想では、エヴァはゲーム的な
要素を取り入れた(企画でのハッタリかもしれないが)
という話で、それはコンセントで電源を供給するとかなんですが
いざ実際にゲーム化したらことごとくつまらない
ガンパレと同システムのエヴァンゲリオン2は
理論的可能性はあると思うけど…


977 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:08:26
 実際、このとき秋葉原に新しく進出してきたのは
いずれもエヴァ・ブームの恩恵にあずかった業種である。
エヴァンゲリオンの制作出資母体となった
Project Evaが、キングレコード、角川書店、セガ・エンタープライゼスという、
それぞれレーザーディスク、マンガ、そしてゲームの関連商品を出す企業の
ジョイントベンチャーであったことと、これはある種の背景を共有している。

978 :続き秋葉原の考現学:2005/06/19(日) 12:09:56
その背景というのは、
現今の青少年世代に広範に認められる趣味的愛好の一つのパターンである。
つまり、レーザーディスクを集める人は
テレビゲームやマンガ同人誌なども好み、
さらにはガレージキットとも親和性が高い傾向があるという実態、
ないしはイメージである。

979 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 12:12:40
SEGAのサターンで出たエヴァのゲームもつまらなかった
サクラ大戦のフォーマットでやったら面白かったかもしれない

スクウェアがエヴァのゲーム出してたら凄いことになったのに
いや、FF7はエヴァ的な要素を多く含んでいますが


980 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:15:53
>>967
ご老体の書き込み痛み入ります。

要するにあなたたちのエバだけが、エバだったわけではありません。
客観的な数字がそれを裏付けています。
気分だけかかれても、たしかにコミュニケーションは成り立ちませんねw

981 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/06/19(日) 12:20:56
要するにエヴァブル効果と創作的批評的な可能性は別ってことですね

982 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:23:45
980はたぶんエヴァ現象に遅れてはまって、そこで時間停止している
古いオタクなんだと思う。

動物化して消費し、エヴァを過ぎ去ることもできずに
エヴァDVDと難しいエヴァ論をずっと繰り返し見続けているんだとおもう。
400億の価値のアニメだと思いながら。

もうそっとすべき。

983 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:25:34
>>969
あほ。映画以降も経済効果は云々されたと言ってる。
森川のようにな。

984 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:27:10
>>982

自己紹介乙。

フィギュアで数百億円稼ぐ夢を見て、
楽しく暮らして下さい。
ご老体。

985 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:28:35
因みにDVDは持ってません。謎本もね。

986 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:35:44
関連商品は書籍やレーザーディスク、ゲームやプラモデルなどを
中心として多岐に展開され、三百億円の経済効果をもたらしたと推定されている。
全国の一般書店にはエヴァンゲリオン・コーナーができ、
同人誌即売会でも巨大なセクションを構成するほどマンガ同人誌がつくられた。
ガレージキット業界に対しては市場規模自体を
ヒトケタ拡大させるほどの効果を及ぼし、
キャラクター模型やフィギュアに対する需要を一般層に広げるという、
副次的なサブカルチャーブームを誘発させる主因ともなった。

>映画以降も経済効果は云々されたと言ってる。
>森川のようにな。

森川のエヴァ-アキバ論を今更パクルなよw
ガレキの経済効果なんて誰も注目してなかったんだろ
みんなDVDに注目してたからw

987 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:39:07
>>986

恥さらし老人しつけーよ。


968>フィギュアやゲームなんて、当初は勘定にすら入ってねーよ。

森川がこれ書いたのは「当初」でもなんでもねーじゃんw

988 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:41:06
エヴァブーム当初の話だろ

989 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:42:50
だから
>映画以降も経済効果は云々されたと言ってる
んだろ。
森川がそうしているように。

990 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:42:50
>>987
何か年齢にコンプレックスでもあるのん?

991 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:44:07
>>990
気分だけで語る、加齢臭するオタが嫌いだから。

992 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:44:49
森川のはアキバ論だ。
誰がエヴァブームがその後もずっと続いているなんて書いてる。

エヴァ関係の商品や経済効果は映画以降一瞬で沈静化したっての。

993 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:48:28

痴呆爆発だな。

【エヴァブームが続いているかどうか】ではなく、

【経済効果についてはずっと後も言及された(その例が森川)】

ということ。

994 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:55:00

森川が後のアキバ論でエヴァ現象当時の経済効果について語っているから
エヴァの経済効果は今も続いてマスコミ大注目なのか。

DVD最高!

995 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 13:03:28
森川は一例にすぎんだろwwwwwwwww

お前は森川=マスコミかwwwwwww

それで日経はマスコミではないとwwwwwwww

フィギュア最高! 萌えwwwwwwwwwwww

996 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 13:03:55
>エヴァ関係の商品や経済効果は映画以降一瞬で沈静化した

全検索結果: エヴァンゲリオン

以下のジャンルから、エヴァンゲリオンを探す

和書 (182)
ソフトウェア (42)
ゲーム (34)
DVD (28)
おもちゃ&ホビー (20)
ビデオ (17)

997 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 13:09:51
>962 しろうと
>>917
>少し違う。例えば検索エンジンの力を考えないといけない
>それは文字通り欲動の流れを制御する機械だけれども
>何かマーケッターがすべてを把握しているわけではないのです
>アマゾンのお勧めにしても機械的に実現されているのであって
>従来のように編集者的な通の眼とは違う論理で動いている

えーと、それではますます
>端的にユーザー側が自分の好みの商品をデータベースから
>引き出せるようになった。
という説明から離れてないかい?

998 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 13:12:30
おまえの森川言及は一例にもなってない。それと
wで煽られたから
もっと多いwで返してやれ、とか思ってると
知能が低く見られるので気をつけたほうがいいよ。

アマゾンで検索って…
エヴァブームのとき発売した本もいっぱい出て来るんだよ?

機動戦艦ナデシコ

和書 (54)
ビデオ (13)
DVD (10)
音楽 (8)
ゲーム (5)


999 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 13:13:26
964 名前:しろうと ◆AUSirOutoE [] 投稿日:2005/06/19(日) 11:40:59
>>920
東は全面的動物化の入り口にしてしまってますが
エヴァは動物化を先取りして批判していますよ

 ↑

 これってどうなの・・・

1000 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 13:14:35
>998
>おまえの森川言及は一例にもなってない

事実なってるじゃん。馬鹿?

>機動戦艦ナデシコ

数量が決定的に違いすぎるな。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

285 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)