5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天才は存在するのだろうか

1 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 13:54:05
人間だもの

2 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 14:25:58
>>1
「人間」ってなによ?

3 :バカボンパパ:2005/06/25(土) 22:44:15
天才は存在するのだ。
これでいいのだ。

4 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:06:08
馬鹿は存在してるけどな

5 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:15:55
20過ぎればただの人

6 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:21:45
おではてんねんだけどなどっちがえらいんだかな

7 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:30:30
何だこのスレは
凡人には理解し難いスレか

8 :考える名無しさん :2005/07/11(月) 10:16:12
>>1
天才=神ということ?

9 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 16:56:31
天才は存在するよ。明石家さんまも一種の天才だろう?


10 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 18:03:11
天才とは社会で評価を受けてこそ、存在できる。


11 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 18:07:46
そうだな。
天才の定義づけから必要だな。
IQ180<なんて、けっこう実在するけど、
オリジナリティを発揮している奴なんて、
ほとんど、いないもんね。

そうすると、もって産れた頭の良さ(またはそれ以外のなにか)と、
オリジナリティが両立していることが条件になるね。
ここで、オリジナリティとは、一瞬にせよ、時代を突き抜けていること、だね。

12 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 00:29:35
秀才は社会の役にたつ人のこと。
天才は精神病院で寝たきりの天才もいるっていうこと。
天才は必ずしも社会の役にたつとは言えないよ。
天才と秀才は次元が違うんだ。

13 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 00:32:38
天才はいるよ、恐らく。

で、恐らく、馬鹿と天才が共存してる。



14 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 02:44:53
バカじゃないとどんなに頭良くても秀才で終わる。

15 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 03:26:15
>>1
居るに決まってるだろ…

16 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 12:33:02
天才とは1%の才能と99%の努力である

17 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:08:42
>16
>16
それは結果論。
でも、本当の天才は確かに存在するのだが、
なんらかの結果を出せる天才となると、ほとんどいない。
即ち、本当の天才のおおかたは、なんらかの結果を出す方法論から無縁か、
あるいは、つきなみだが、いわゆる努力が嫌い、ということになる。

18 :考える名無しさん :2005/07/12(火) 23:23:42
天才的な人や天才肌の人は確かにいる(らしい)。

19 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:17:34
未だ天才に出会ったことがない
秀才は学校に一人二人いるよな

20 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:22:10
本当に天才がいるんだったら、素っ裸にしても天才のままの筈だ。
そうで無ければ天才の着ている服に才能が宿っているに違いない。

21 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:26:53
天才は望んで素っ裸になるのか、望まれて素っ裸になるのかだ

22 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:46:35
かつて、天才好きの小林秀雄は、天才はどこからでも出てくる、
と書いたが、これは違う。
天才が、ある一定の確率で産れてくるのは確かだが、
それが「出現する」には、かなりの偶然性の積み上げが必要なのだ。
偏差値偏重の日本では、この「出現」確率が、どかんと落ちるのだ。
元々、素養のない金持ち嬢ちゃん/ぼんぼんの凡人に、たんとカネかけても、
教養らしきものは身につくが、こんなもんからは何も「出現」しない。


23 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:49:36
>22
あらゆる分野において、各分野の天才予備軍は一定の確率(1000人に1人とか2人とか)で存在する。
問題は、それが、どうやって「出現」するか、だ。

24 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:50:36
すると、天才は素っ裸になるものであるのか、素っ裸になるものが天才であるのかだ。

25 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:55:38
>24
素っ裸という表現は、すばらしい。
問題は、天才予備軍が、素っ裸になれる/なること(天才の出現)を、
日本の教育、社会等が邪魔をしている、ということだ。
日本に限らんだろうけど、特に日本は偏差値、偏差値、でかたづけるから、
いろんな分野の天才が出現しない。
それを見出すべき教師等も、大半があほばかりだし。


26 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 22:06:54
小学生の間に1万冊の本を読破した鶴見俊輔は天才だろうか?
中学生の時にゴダール論を書いていた中条省平は天才だろうか?
高校1年の時に大学までの数学をすべてマスターしていた四方田犬彦は天才だろうか?
大学3年の時に『構造と力』の原型を書いていた浅田彰は天才だろうか?

27 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 22:22:07
「頭がよい」と「天才」をイクォールでつながなくてもいいと思う

オパーイミサイルとロケットパンチとトグロ巻いたウンコ考えた人は天才

28 :野茶菓 秋雪:2005/08/13(土) 16:47:18
本等は俺達が「アイツは天才だ!」とか言ってる奴らが標準で
俺達が標準をはるかに下回っている、ということも考えられるな。



29 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 17:24:14
>>26
どいつも、たいしたことないんじゃない?

30 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 17:41:09
イチロー

31 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 17:56:15
秀才能力は、気力があれば訓練でかなり高められるが、
天才能力は、どういう訓練をすればいいのか分からない。

32 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 18:13:43
ウィゲンシュタインがまさに天才の典型
妄想的思考力のみが極度にあり、誰も見えないところが見える。
芸術的才能もあったが、
これら以外の能力は、普通以下のものが多かった。
学力もたいしたことはなかった。
気に入らないことがあると、すぐ暴れたりした。
自分の思考が強すぎて、多くの哲学書が理解できなかったそうだ。カントも他人の思想を理解するのがにがてだったとか。
彼はアスペルガー症候群の可能性が高いらしい。

33 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 21:27:57
まぁ僕が思うに一般的に考える人ができることと違うことができる人がいて、そのなかで人類を進化に導く方を天才、退化に導くほうをバカと大多数の一般人の主観が決める。。この論に意見お願いしまーす。

34 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 22:53:34
>>33「一般人の主観が決める」というところ大事だと思いますよ。
天才という評価をつくりだす社会や一般人があるから、
天才が生まれるともいえますもんね。

35 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 14:45:01
age

36 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 15:03:44
天才がこいつは天才だと言えばそいつが天才なんじゃないの。
誰が天才かなんて天才にしか分からないよ。

37 ::2005/08/14(日) 16:58:27
世界中の人間が全部天才だとしたらどうなる。
馬鹿がこの世で一番なんじゃない。
無限にある数字の中で、ただひとつ0という数字が飛びぬけている。
それはなぜかっていうと、もっともシンプルでもっともわかりにくいから。
何もない世界に、何もない世界を見てるのは、そこに何もない世界が、
あるわけで。「我思う、ゆえに我あり」だ。


38 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 17:14:07
”今なにをすべきか”を把握して、それを常に実行している人間。
それが天才である。

39 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 17:52:02
このスレ面白い

40 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 22:10:08
>>38のはただの秀才だと思う。天才ってのは秀才とは次元の違うもの。根本的に一般人や秀才とは能力が異なる人間の事を言う。

41 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 23:09:04
天才は、凡人とはまず能力の差などではなく、「存在目的」が違うのだという定義を強調したい
普段よく見る、>>38のようなことを実行しているのは秀才にすぎないのであり
凡人には、どういう人間が天才なのかすら、分かり得ないのだ
頭がよすぎて考えていることが分からない人間かもしれないし、その反面、
自分が嫌っていたり、馬鹿だと決め付けている人間かもしれないし、
とにかく想像できない存在なのだ

42 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 23:19:13
ああオレも天才がほしいよ・・・

43 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 23:37:19
えぇっと。。。
霊が見えるとのたまう人は、天才ですか?

44 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 00:37:43
”見える”というのは才能だが天才かどうかは疑問だ。
そう主張するやつはたくさんいるしな。

だが霊の存在を証明できる奴なら天才といってもいいだろう。

45 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:33:55
確かプラトンだと思ったが、
この天才哲学者による、天才の定義は、
「誰にも教えられてないのに、本質が分かっている人」だそうだ。



46 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:35:53
たまたま最初から間違わなかった人がその分野の天才になるんだろう。


47 :ぬえ:2005/08/15(月) 23:30:36
いや、天才とは凡人には理解できないよ。
理解する次元がちがうもの。
サヴァン能力の人たちは天才かもね。
でもそこまでいくと天才でもないかもね。

48 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:46:37
哲学神ミシミツのような存在さ

49 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:56:36
みしみつが見えるおいらは天才?

50 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 15:49:48
天才は、時代の先取りを無意識にしちゃってる人のことだね。
だから、現在、既に天才はいるのかもしれないけど、
その存在があらわになるには、最低でも数十年は最低でも必要になる。
存在があらわになってしまっていて、
その価値が過小評価されている場合でも、
それが本当に評価されるのは、やはり数十年は先になる。
即ち、天才とは、人類の、1方向しかないベクトルの線上で、
位置を間違えて先行してしまった人たちのことである、ということになる。

それゆれ、生きている間から、経済面、人間関係、社会的評価等において、
恵まれているというのは、
その人たちの生きている時代と重複してしまっているわけだから、
天才度(=先行度数)において劣るという証拠とみなしても、
大筋は、間違いではない、
といえる。

51 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 16:17:02
天才を持てる者への憧れ。オレらは凡人だなあ

52 :TAR:2005/08/16(火) 16:34:53
天才だなんてロクなもんじゃあないぜ。

53 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 19:31:52
>>52
ちょっと面白い。

54 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 20:10:22
天才って創造性豊かな人だろう

55 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 20:24:53
前からTARは天才だと思ってたよ。

56 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 20:25:13
ピカソは子供の頃からの天才だが、創造性を発揮するのには苦労していると思われ。

57 :wisteria-1 ◆ITBZ6GuBCc :2005/08/16(火) 20:28:41
>56
ムンクやゴッホもそう。
絵を描くことを無邪気に楽しめ、生前から、経済面でも恵まれてていたのは、ルノアールくらいじゃない?

58 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 20:51:07
「天才は分かることと分からないことを知っているから天才なのだ」
「凡才は分かる事しか分からない。分からないことを知ろうともしない」
誰かが言ってた。
 


59 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 21:02:01
>>58
分からないことを知ってるというのは潜在的にという意味?
それとも無知の知という意味?

60 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 21:12:28
>>1
居るじゃん。ニーチェとか。

61 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 01:46:28
天才という単語に必死だな

62 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 09:44:04
>>61
必死ってことも無いだろう。
まだ62しかレスついてないし

63 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 09:50:40
おまい自身が天才であろうと、なかろうと、
天才が存在するかどうかなんて、
どうでもいいんじゃないのか?


64 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 09:51:52
>>57
印象派やエコールトパリの画家たちは、
早死にした香具師を除いて、だいたい大金持ちになったよ。
われわれが名前を聞いたことのある香具師は、だが。

65 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 17:35:52
1÷3×3を計算機で計算すると0.999・・・になる。
1=0.9999・・
これに何の哲学も見えない人は盆栽じゃない。
なぜ0で割るとだめなのか。わからない。
わからないってことは0ってことで、0が何物か知ってる人。それが天才。
だから存在するかしないかというより、こんな誰もが知ってることが、
どれだけ難しいかを知ってる、または考えてる人のことじゃないかな。
なぜソクラテスが本を残さないかということも哲学してみたら。

66 :考える名無しさん :2005/08/17(水) 18:27:48
天才、天才て大げさなんだよ。
キリスト以外に本物の天才がいたのか疑わしいよ。

67 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 19:09:06
>>65
いまXPの電卓でやってみたが1になる。
嘘つかないでくださーい。

68 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 19:17:57
>>67
計算結果は電卓のアルゴリズムによって違うだろ。

69 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 19:24:35
>>68
だから?

70 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 19:24:59
     ,.-‐ """''''''- 、
   /          \
  /  ノりノレりノレノ\  i   
  i  ノcニつ ⊂ニュ ミ |   
 ノ  |  <@  ミ @ヽ. | |  
 イ   |    (o_o.    | |  
 ノ   !   ノ u 丶.  ! ヽ
 彡  !   (●)    /  ミ 
  |               |
  ヽ、          /
    ヽ         |
  /          |
  l -=・=-∵-=・=- /
  /  `-=・=- '   /
 (______ノ


71 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 21:44:37
ニーチェは天才と狂気は紙一重を地で行ったな
あとゴッホもそうだな

72 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 21:53:17
>>71
天才だから世渡りが出来ず発狂したのか、
世の人が聡哲な狂人を天才と呼ぶのか、どちらなんだろうか?


73 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 22:59:49
ゴッホって頭良かったのか?
ジミー大西みたいなもんだろ。

74 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 23:03:25
>>73
頭がいいかどうかは関係ないだろ。何かがとてつもなく上手くできるヤシ。
それが天才。

75 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:10:17
なるほどな。
ジミーちゃんは天才だったか。
俺も前からそう思ってた。
ジミーは凄いって。
明石家さんまも天才だな。
さんまは喋りの記録を作ってギネスブックにも載ってるしね。

76 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 18:18:15
>>66
キリストが天才???

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)