5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

砂漠と水

1 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 09:46:54
あなたは何故か砂漠にいます。
周りには10数名の人影がみえます。人種はさまざまです。
わけも分からず、砂漠から脱出する道を求め、誰ということもなく集団は歩き始めました。

変わらない景色、永遠とつづく灼熱の地。

どのくらい歩いただろう、集団は一本の木を見つけました。
木のふもとには小さなコップがあります。
なんとコップには水が入っていました。

皆のどが渇いてカラカラです。このままでは脱水症状を起こして死んでしまうしまうかもしれません。
その時、あなたはどうしますか?


2 :bbs:2005/06/30(木) 10:01:01
集団の秩序を保つために平等な分配を無理にでも行います。

3 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 10:53:50
無理矢理奪ってでも自分一人で飲み干す。
いずれ脱水症状で死ぬかもしれないのなら死ぬ前に飲む。
そして皆に殴り殺される。もしくは水を飲んだ後死ぬ気で逃げる。皆はヘトヘト、俺はちびっと回復。逃げ切れるかもしれない。
いずれ死ぬかもしれないならば生きる為の道を出来る限り模索する。
あ、その前に皆を殺すっていう手があるな

4 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 11:16:24
基本的に、私は水を拒否する。
>>2のような状況になれば、頂きます。
>>3のようになれば、誰かが死ぬのを待ち、生け贄を食べちゃいます。

5 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 11:39:24
10人もいたら、9人と一緒に死んだ方が1人で砂漠を彷徨うよりいいんじゃないか。

6 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 12:13:47
イエスキリストは、2尾の魚と??個のパンだけで数百人の人々の飢えを満たした。


7 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 12:38:33
>>6
その「飢え」が単なる空腹なのか愛に対してなのか。
聖書読んでないからわからん

8 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 12:41:48
木があるということは、地下に水があるということです。
10人で地下を彫り続けます。夢中になって彫り続けます。
途中、倒れた人に少しずつ水を与えます。
みんなが倒れてコップの水も無くなって、地下水も見つけられなかったら、
そのまま死んで木の養分となります。
10人の人間は死んでも、木は生き残り、未来への可能性は残ります。

9 :bbs:2005/06/30(木) 12:43:42
木が死んでも砂漠は生きている(?)のでは?
擬人化するときりがないでしょう。

10 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 12:44:30
へええ……

11 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 13:04:50
砂漠に木があるということはサバンナに近い砂漠か、
オアシスに近い砂漠ということかも知れない。
みんなが助かる可能性はある

12 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 14:15:00
なあなあで全滅させたいのか、闘争で選抜したいのか、質問の趣旨をはっきりしろ >>1

13 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 14:26:14
木にやる

14 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 14:31:22
>>13
木は地下水脈に根を降ろしているから意味ない。

15 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 15:54:12
戦って勝ったものが飲むに決まってる。入試、出世、自然界、精子から子供
になるに至るまで、この世は全て戦いで決定されてるんだ

16 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 16:03:18
地下に水が眠っているかも知れないというのに気づかされるまで
普通にこっそり隠れて飲もうと思ってたよ。
自分だけが水に気づいた訳じゃないなら、あきらめてたね。

分ける気もないし争う気も無い。
なんか我ながら生命力に欠けた意見だが。

17 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 16:19:16
コップ一杯の水で助かるわけないだろ
問題は何故そこに水があったのか、だ。

18 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 16:29:17
さすが哲学者

19 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 16:30:37
コップ一杯の水は近隣の村人が置いたのか。
ほんじゃ、たすかる見込みがあるんじゃ

20 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 16:32:47
はああ……オレ、頭固いわ。痛感した。

21 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 17:02:18
なら最初から逝くなよ、そんなヤバいとこ。

22 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 17:52:26
自分が砂漠にいる訳すらわからない心神喪失状態の一人称。
砂漠の熱によりさらにその精神を侵され見た幻覚が
「木と、コップに入った水」であるという仮説。
偶然、集団の視線が一箇所に集まったため
一人称の、そこにこの現状を打破する何かがある(あって欲しい)
という強い願望が幻覚を生んだ。
→コップと木は、水分と日陰を求める一人称の幻覚

23 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 18:59:32
皆がコップの水に疑念を抱きながら近づくのだな。やれ毒入りだとか何だとかで飲まない
以上確かめられないが飲んだら消える、水と共に希望も人気の可能性もや。果てしない
出口への希望があるか。コップと水に愛着が沸いたとたんその手で触れよう。そうしてそ
の手は空を切る。幻想か・・もしくはコップと水の彫刻だった。振り出しに戻るも対象へ
の愛憎は生まれた。それだけか。


24 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 19:24:18
>>17
これ以上ないくらいの野暮。

25 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 20:11:32
23だが。何かわるかったかな。野暮は人情がないようすと辞典に書いてあったが。

26 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 20:12:13
もちつけ

27 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 20:22:00
砂漠と水。
干上がらせ得る能動と干上がった結果と失われた物。それらを受容せざるを得ない
数名。相互の関係が、失われた水やうるおいに対してどのような反応を示すことに
なるのか。とそういうことだったね。どうなんだろ。

28 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 21:04:33
>>1
問題なく飲むが、なんか問題でもあるのか?。


29 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 21:42:28
全ては幻覚であった。
コップもない、集団もいない、実は砂漠にもいなかった。
(・∀・)ラッキー
…まぁ、まじだったら飲むわな。

30 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 00:07:01
灼熱の砂漠であるにもかかわらずコップの中の水は蒸発していない…

ということは…

……!!!!!!!!!!

31 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 00:14:03
灼熱の砂漠=この世界で迷いにある状態
コップの中の水=迷いが解決する解答

って問題を摩り替えてみたり

32 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 00:16:32
みんな夢がないなぁ。
地下に水が流れていると思えばこその渇望。
その情熱のエネルギーは地下水脈を掘り当てる、きっと。
10人もの頭脳を持ってすれば、
何かとんでもないこと思いつくんじゃないかな。
ぎりぎりの死の瀬戸際に立っているわけだし。
それで10人全滅の結果になったとしても、
それはそれで、人間というのはそれまでの存在だった、
と分かって死ねばよい。

33 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 00:37:55
地下水脈を発見して、穴の底で皆でバンザーイしてるあいだに、水が滲み出したところから砂が崩れ始めて
皆埋まって、終わり。

34 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 01:09:42
逆立ち、、、、、かな?

35 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 01:23:20
っていうか、>>1は、自分で飲むのか、他人に上げるのか、はたまた他に
如何しますか?、と聞いているんだが?・・・・・w



36 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 05:50:46
それなら自分で飲むだろうな
で、それがどうしたの?

37 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 05:56:32
ジャンケンで決める。本当は独り占めしたいのだが、殺されそうなので。

38 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 06:39:54

たとえジャンケンで勝っても殺されるタイプ >>37

39 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 06:47:51
>>1
集団で行動するものもいれば、単独で行動するものもいるだろう。
俺だったら単独で行動するから、集団が水を見つけても何の関係もなく俺は歩き続ける。

40 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 07:58:55
下らないお答え。

41 :THE グル :2005/07/01(金) 08:04:15
いいですか、
これは、
この論語(第十二顔淵)の問いと回答に振舞うべき最良の方法があると思うんです。
子貢問政 子曰、足食、足兵、民信之矣、
子貢曰、必不得已而去、於斯三者何先
曰、去兵 曰、必不得已而去、於斯二者何先
曰、去食 自古皆有死 民無信不立
つまり、
これは人間の社会や政治に言及して、
その成立に何が一番重要かを問うたものでありまして、
食糧、軍備、人々の信義のうち、
どうしても放棄しなければいけないとしたら、
まず、軍備であるとしております。
これは此処ではあまり重要なことではありませんが、
次にどうしても省かねばならぬ時にはどちらを断念しますかという問いに、
孔子は食糧であると答えているんです。
即ち、
当然食料がなければ人々は死を免れないですが、
人々の間に信頼が失われてしまっては、
人の政治も社会も崩壊することになるというワケなんです。
ですから、
此処では水の入ったコップは打ち捨ててしまうのが最良の方法であると言えるんです。
一人が水を飲んでしまえばそこに角が立ちますし、
最悪の場合には人々の恨みを買ってしまい即時共倒れになる可能性が大きくなってしまいますし、
みんなで助かろうという団結心や協力を期待することは絶望的になります。
もちろん、
人々の間に利他的な考えも最早機能しなくなります。
ならばいっそのこと、
こうした命取りになりかねないいざこざの原因は放棄してしまうべきなんです。
危機的状況にあって、一人よりも大勢のほうが行動選択の範囲も広がりますしね。
これが定説です。
どうかしましたか?

42 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 08:09:22
水と食料では緊急性が違う。

43 :THE グル :2005/07/01(金) 08:20:06
>>42
いいですか、
>水と食料では緊急性が違う。
とおっしゃっておられますが、
それは、
大きな間違いなんです。
民にとって食糧を放棄するということは、
実際緊急な事態ですが、
此処での水は、
それより一層緊急的なものである以上、
むしろ、
早々に打ち捨てるべきであると言えるんです。
といいますのも、
より緊急的なものの方が人々の関心を抱かせますし、
それが必要なもの(緊急的)なのに、
自分には得られない、
奪われたという強い反感が起こるからなんです。
どうかしましたか?

44 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 14:23:41
反感→争いごとのもと→争い→無駄なエネルギー

やっぱり有益なエネルギーは渇望だな。
でもそのためには地下水脈があるという確信がなければいけない。

45 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 14:32:36
哲学→無駄なエネルギー

46 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 17:27:55
>>1
で、これ何の心理テスト?

47 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 18:06:23
自分の幸せ願うこと わがままではないでしょ

48 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 18:28:56
せっかく水があるんだから素直に一口ずつ回し飲みすればいいと思う。
毒入りでないか最初に確認した人が、他の人達より何口か多く飲めるとか、
ちゃんと決まりをつくって。
なんでみんなそんなに偏屈なの?

49 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 18:31:54
>>48
そういう状況で一口飲んだら抑制が効かなくなると思われ。

50 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 18:50:05
>>48
いいですか、
>>1に書いてあるように、
10数名の人影がみえます。人種はさまざまです。ということですから、
そこでそのような統制の取れた行動をとらせることはまず不可能ですし、
第一水を等しく分配をするにしたって問題が無いワケではないんです。
といいますのも、
そもそも量自体たかが知れてますし、
それを等しく分配できるという保障はありません。
まわし飲むにしたって、
彼らが皆聖人のような善人であればそれが成り立つかもしれませんが、
誰かが多く飲んでしまうとも限りませんし、
また、
そうしたいらない誤解を生むことにもなります。
そしてそうしたリスクの上に成り立つのが、
のどの渇きを癒すことでも、
調和を生み出すことでもなく、
ただ徒(いたずら)に皆の猜疑心を高めるだけならば、
最悪の選択と言わざるを得ないんです。
水を打ち捨ててしまえば、
のどの渇きを等しく分かち合うことになりますし、
相手もそのことで責めることは出来ないんです。
これが今では定説です。
どうかしましたか?

51 :THE グル :2005/07/01(金) 18:51:31
いいですか、
名前が抜けてしまいましたね。
>>50は、
グルの書き込みなんです。
此処に修正しておくんです。
どうかしましたか?


52 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 18:52:07
速やかな武力の行使による利権の確保ですよ、おまいら!

53 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 18:58:22
>>50
でも誰かが勝手にそんなこと決めて水を捨てたら暴動がおこりますよ!
その人殺されちゃう!

54 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:05:27
どちらが他方を含んでいるのだろう、それは海岸、オアシス、多様であるが。

55 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:05:50
>>53
我等がグルは死を恐れないのさ!

56 :THE グル :2005/07/01(金) 19:09:35
>>53
いいですか、
その人が殺される理由はありませんし、
その人を殺す理由もありません。
なぜならば、
自分も相手も同等にのどが渇いておりますし、
同じように水を得ることは出来ておりません。
仮にそうした水を捨てるという行為が責められるのであれば、
あの方にそれ以上の代案が無ければなりませんが、
同程度の渇きを皆で享受すること以上には無いことがすぐに分かるはずなんです。
逆に言ってしまうならば、
水を捨てたものに責めかかるものは、
自分が皆と同程度渇きを持っていることが嫌だということになりますから、
その方は皆から責められることになりますし、
といいますのも、
皆が同じ状態であることを責めるならば、
その方が他人より良い状態でいたいというエゴを顕わにしているに過ぎないからなんです。
どうかしましたか?

57 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:10:10
50の理論だと一人称が集団リンチ食らいそう

58 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:10:20
思うに、水を捨てるというのはとても男性的な考えです。
それ自体エゴです。
子供がいたらどうするんですか?その母親がいたら?
その子供の目の前でせっかくある水をすてるんですか?

何人かのお母さんのおっぱいがでたら? 水+母乳で
十数人が生き残れる確立が高くなるかもしれませんよ。

59 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:12:04
砂で覆われていると、砂に従って水はオアシスだ、
水に覆われていると、水に従って砂は陸地であり、砂丘だ
どちらが主であるのか、元になるもに他が属する関係に従って、
水が貴重であると、それ以外は無価値な砂だ。
砂の性質に従って乾いているのかね。

60 :THE グル :2005/07/01(金) 19:12:20
>>57
いいですか、
集団リンチを食らう理由が無いから平気なんです。
どうかしましたか?

61 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:14:32
>>59
最後の一行がわかんね。

62 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:15:33
いいですか、
それは水ではありません 木の涙です
どうかしましたか?

63 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:18:39
一方が主であり、他方が従者の関係を思い浮かべてみよう、
砂は乾いている、水は潤っている、このようなことが文脈から読み取れる。
これは、砂が主で、水が従者であるのか、水が主で、砂が従者であるのか。
それとも、砂や水とは異なる事に従っているのかね、どこに貴重さがあるのか。

64 :THE グル :2005/07/01(金) 19:23:39
>>58
いいですか、
それは大きな勘違いなんです。
>子供がいたらどうするんですか?その母親がいたら?
>その子供の目の前でせっかくある水をすてるんですか?
とありますが、
ではそこになぜ、
母親と子供が一人づついると断言できるのでしょうかね?
あなたは、
もしかしたらその場には、
多くの子供とその母親がいるかもしれないのにとは考えないんでしょうかね?
水が皆の渇きを癒すのに不十分な量であり、
それを等しく分配でいるということが事実上不可能なことから、
こうした少量の水の分配は結局いざこざを生む以外に無い余計なものですし、
仮に、
この水を飲めたとしても、
飲んだ時と飲まない時との渇きが原因の死が訪れる時間の差はごくわずかなものなんです。
むしろ、
そこに至るまでの過程で失われるものの方があまりに大きいと言わざるを得ないんです。
どうかしましたか?

65 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:27:31
このようにも言い換えることができるだろうね、
君は砂漠と水について考えているのだが、喉を潤したいのか、
それとも砂を噛みたいのか、水と砂漠ということにどのような
ことを望んでいるのかね。

66 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 19:33:47
グル頭良いね

67 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 20:25:37
1の説明が不明瞭なんで、ちょっとだけ1が言いそうなことを俺が勝手に代弁しちゃる。

Q ここはそもそも何処の砂漠なのか?
A 実際にある何処かの砂漠ではない。
  ただ、めちゃくちゃ広くちょっとやそっとじゃ歩いて出られない砂漠。
Q 携帯とか持ってないの?
A 持ってない。
Q そもそも、何でそんな所に行った?
A 朝目覚めたら、なぜかそこにいた。
Q 外国人とは言葉が通じるのか?意思疎通は?そもそも顔見知り?
A あ、それ考えてなかった。てへwww
Q 砂漠と樹海と太平洋のど真ん中のどれが一番過酷か?
A そんなこと知らねー。

68 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 23:00:55
>>64
それは考え方の角度の違いです。というか全てにパラドックスがなりたつ。
水を捨てることで全てが平等になり心の平和が訪れると結論付けるのは独善に
すぎない。
では、こうだとどうでしょう。その中にたった一人だけ子供が含まれてた
とする。そして残りの全ての大人が水を全てその子に与えたいと考えた
とします。だったら、たとえその子が生き延びる時間が30分延びただけで
あっても、子供に水を与えたほうがみんなの心に平和が訪れると思いま
せんか?
とにかく>1の情報だと情報不足で、そこからベストな解決策を導くのは
不可能です。

69 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 23:09:20
こうなったら、水を蹴飛ばしてやろう。
缶蹴りだったのだ。

その後、オレはリンチにあうのかもしれないのだが。。。。

70 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 23:13:39
水を打ち捨てたあとどうなるんでしょうね。

71 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 23:17:28
>>70
周囲の気温が僅かに下がる。

72 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 23:23:16
可能ならば自分一人で飲む。ごくわずかの差であっても長く生き延びるべき

73 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 23:58:31
速やかな武力行使による権益の確保。

74 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 00:27:44
水があれば唇をぬらすだけでもしたい。

75 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 00:39:36
なんか喉が乾いてきた。

76 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 00:47:52
ジェントルマンなら「レディ・ファ―スト」でスマートに解決さ!
逆に、ヒトラー的優生学の立場からすれば、生き残るのに一番ふさわしい人物を選ぶという、仁義なき戦いは避けられないだろうね。

いずれにせよ、「コップ一杯」で生き残れるハズねえだろって意見は、江戸ッ子の感覚からしたら野暮になるンだろうけれども、大事な点てあることはたしかだと思う。
水は無限にある訳じゃあないンだろうからね。
限りある資源を大切に、てこってすかな。

雨、あめ、振れ、フレ、かあさんが〜♪

77 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 01:00:55
木の根っこを掘る話はどうなったの?

78 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 01:01:58
ナトリウム無しに水だけ飲むと、逆に体に悪いよ。熱中症になる。
塩も欲しいな。
女を裸にして汗が乾いてしょっぱくなった柔肌をなめながら水を飲むね、俺なら。

79 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 01:11:12
水を等分して、各自に持たせる。

ただし、自分の判断で飲んではいけないという約束のもとに。
衰弱して死にそうな人に与えるために各人に管理させるだけだ。

等分して、各自に持たせるのは一人に管理させたら、
その一人が全部飲んでしまうという最悪の事態を回避する為だ。

さて、その結果は?



80 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 01:31:21
灼熱の砂漠に小さなコップだろ。すぐ蒸発するよ。

81 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 01:51:44
元ワンゲル部員の俺が来ましたよ^^

水は飲める時に飲んどかないとイクナイよ!
水分を摂取しないと弱るからね。死んだら次はありませんから・・・。

82 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 11:23:26
>>63
やはり最後の一行が理解できない。主部は何でしょうか?
主は多で従者は少というのは合ってますか?
>>64
砂漠の猛暑に、歩いた時間を忘れる程焼かれた10人全員に
それ程の理性や思考力は保持できないと言い切れます。
80さんに宛てた説も考えられますが、それよりも
64さんは他に起こり得る可能性を無視している気がします。
論語の定説?を人種がバラバラの10人に身振り手振りで
伝える、もしくは全員があらかじめその説を支持していたという
状況はあまりにロマンチック過ぎるでしょう。
>>77
砂漠の木は極稀に降る雨や夜霧朝霧で育っていると考えられるため、
地表近くに地下水が流れているという事は期待できない。
砂漠のど真ん中に馬鹿でかい木が生えてるのなら話は別だが、
その場合そこは砂漠とは呼べない環境だと思います。
>>78
汗をかく上でミネラルよりも水分が多く体外に排出されなかったっけ?
>>79
微妙な配分量の違いに争いが起こるが、
その前に各自が同型の器を持てるかが問題。
>>80
置かれて間もない、または現在夜・夜明けて間もないという可能性もある。

この不完全な問題は非現実の象徴だと捉えるとしっくりくるため、
やはり幻想説が最も的確だと私は思います。

83 :THE グル :2005/07/02(土) 11:39:55
>>68
いいですか、
では、
もう少し詳しくご説明するんです。
こうした問いを与えられた時にまずするべきなのが、
あらゆる状況を考え、
その中でどれが最善なのかということなんです。
あなたが、
おっしゃっておられるように、
子供が一人だけだったとか、
あるいはそうではないという状況はともに不偏であると想定しなければなりません。
即ち、
どちらの状況も同程度の割合で有り得るという仮定の下で語られるべきであるということなんです。
またあなたのご指摘の「たった一人だけの子供」について言及するならば、
そうした状況でその子だけに水を飲ませることが可能なのは、
他の方がすべて「大人」に偏った時であり、
また、
彼らすべてが同程度の倫理観を有するという状況に偏った時にそれが起こると考えられるんです。
ですから、
あらゆる場面を想定した時に、
それでもなお現状が維持されるということが最善であると導けるのであって、
それは水を放棄するということにつながるんです。
どうかしましたか?


84 :THE グル :2005/07/02(土) 11:41:46
>>70
いいですか、
助かる道を探すべきでしょうね。
もちろん、
選択の幅は水を飲んでしまった時よりは広がることになるんです。
どうかしましたか?

85 :THE グル :2005/07/02(土) 11:55:16
>>82
いいですか、
論語の引用は一つの喩えでありまして、
人々にとって食糧と信義のどちらが大事であるかを示唆するものでしかないんです。
飢えは確実に死とつながりますが、
それでも信義がなくなっては社会は崩壊してしまいますし、
またこれはこの「砂漠と水」の状況下でもいえることだからなんです。
信頼が無くなれば、
助かる方法を探す前に協力を得られず、
悪くすればつまらない争いになり、
助かる可能性が著しく下がるということでもあります。
ちなみに、
この、
「砂漠と水」という問題に関して、
多くの人が見落としてしまうのは、
正確には「水」はこの状況において、
現状の調和状態を乱す「危機(マイナス要因)」と考えねばならないということであり、
そして、
いかにその「危機」を被害を最小限にして、
回避するかということを考えなければいけないということなんです。
どうかしましたか?

86 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 13:19:31
入れ歯を浸けておく

87 :82:2005/07/02(土) 13:19:50
水の廃棄は危機を回避するというより、
危機を発展させるものだと私は思います。

砂漠における水は、この場合その機能は無いものと同然ですが
心身ともに衰弱しつつある10人には「希望」の象徴であると考えられます。
ギリシャ神話のパンドラの話にもある「希望」こそが、最悪の厄災であると
私は解釈していますし、それを求め人々が争う事になるという点では異論は無いのですが、
それを一人称が捨ててしまう事に対し、他の人種の異なる9人がその行動を
理解するという楽観論は果たして可能性の中に入れていいものなのか?
全員の理解が得られない場合、水の廃棄者は非理解者達の攻撃の的になる事は
免れないでしょう、何せ大事な「希望」を捨てられたわけですから。
それが現実的に希望となりえない事は、通常の判断であれば
少なくとも何人かは理解可能でしょうが、この場合は前述の通りです。

つまりこれが現実だと仮定した場合、一人称が水から遠ざかる事で
争いの輪から脱出する方が、最善でなきにしても
水の廃棄よりは被害を小さくする事が可能ではないでしょうか?

88 :1:2005/07/02(土) 13:36:47
すみません状況が不明瞭でした。
どなたか状況設定の書き込みをされていたようなので、
それに倣って細部を追加します。

1.なぜ砂漠にいたの?
分かりません。気付いたときには既にいたのです。周りの人々も同様です。

2.周囲の人々と意思の疎通はとれるの?
あなた次第です。あなたが多国語を話すことができれば十分に可能です。そうでなければ
身振り手振りで伝わるかもしれません。ただ全ての人同士に面識はありません。
さらに、初対面とはいえ長い時間共に歩いていることにより仲間意識が生まれるかもしれません。

3.あてもなく歩いて助かる見込みはあるの?
分かりません。救助ヘリが飛んでくるかもしれませんし、自力で緑の地や人家へと到達できる
かもしれません。皆で協力しあって方々を探索できるかもしれません。

4.コップは誰が置いたの?
これも分かりません。しかし集団幻覚ではありません。


89 :1:2005/07/02(土) 13:37:10
5.水に毒は入ってないの?蒸発するのでは?
毒は入っていません。また、そのまま置いていては蒸発しますが、見つけた途端に駆け寄って
飲み干すことに問題はありません。

6.コップと水には全員が気付いたの?
木を確認したのはその場にいる全員です。当然そのふもとにあるコップと水は
全員が視認しています。

7.そもそもコップ1杯の水を飲んで生き残れるの?
飲まなくては確実な死、苦しさでのたうちまわる程の死が目前です。
飲んでも助かる保障はありませんが、生存の可能性・生への希望は高まります。何より本能的に水を欲しています。

8.木が生えているということは地下に水脈があるのでは?
あるかもしれません。しかし、地下を掘る道具の入手と地下を掘る多大な労力が必要です。
徒労に終わるかもしれません。目の前にはコップ1杯の水が確実に存在します。



90 :82:2005/07/02(土) 14:02:19
1.なぜ砂漠にいたの?がはっきりしてないと幻覚説が否定できないです。
「武装グループに捕まって拉致」でも「全員が軍の陰謀で記憶喪失」でもいいんで
適当に理由つけないとまずいです。

あと、今のところ出ている意見は集団幻覚じゃなくて単独幻覚です。

91 :82:2005/07/02(土) 14:06:00
「幻覚説、砂漠にいる理由・経緯は考えるべき問題から排除する」
というルールはどうでしょうか。

92 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 14:09:29
っていうか、たかが、いっぱいの水だ。

比較的元気の良いやつに飲ませて、そいつに水を探して来い、とするのが
最善策だろ。

で、なんか文句あっか!。


93 :THE グル :2005/07/02(土) 14:10:42
>>87
いいですか、
では、
もう少しご説明差し上げるんです。
なぜこの場合、
問題の主人公が水を打ち捨てねばならないかと申しますと、
もし仮にあなたのおっしゃるように主人公が水から遠ざかったとしても、
他の方々が次にとる行動はおそらく水を求める行動(分配云々も含む)になりますし、
結局、
根本的に問題は解決はしないんです。
といいますのも、
「水」自体がこの問題の焦点であり、
「危機」の原因だからなんです。
「水」に関与しないということは、
この集団の調和にとってマイナス要因なっている「水」に対して、
事態の改善の決定(または選択)を放棄することになり、
遠ざかるという行動は、
即ち、
問題をたらい回しにしているに過ぎないからであります。
主人公が水を打ち捨ててしまえば、
まず問題の焦点が消えますし、
次に、
周りの方々が一時的に憤ったとしても、
実際、
主人公も他の方々も水を得ていないという立場に変わりは無いことに気付くはずですし、
責める原因が無いことが分かるはずなんです。
前にも申しましたが、
このことは水が全員の渇きを癒すのに不十分な量しか無いということにも大きな関わりがあるんです。
どうかしましたか?

94 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 14:23:03
できるだけ平静を保ち、我関せずを維持するかな。

まず他の面々が争いはじめて、力のある奴が力のない奴を殺すまで待つ。
木を掘るにせよまた歩き出すにせよあまりに多い頭数は無用。
(歩く先には倒れる者がいるし、多数決の場面でも多すぎては邪魔
この際コップの水は強者の選別につかわせていただく。

95 :92:2005/07/02(土) 14:53:10
>グル は極度の馬鹿


96 :92:2005/07/02(土) 14:55:47
>>93

結局、それじゃ皆が無駄死にすることが何故理解できんのか?


97 :THE グル :2005/07/02(土) 15:01:46
>>95
いいですか、
それは、
残念ですね。
どうかしましたか?

98 :素人:2005/07/02(土) 15:04:39
>>96
グルの視点は宗教的視点なんだよ
それくらい解るだろ?

輸血拒否をした絵ほばの話・・・
君は、どの判断が正しいと思ってるの?

99 :THE グル :2005/07/02(土) 15:10:50
>>96
いいですか、
せっかく人がたくさんいるのに、
助かる方法を探す前に水で争って協力を得られなくなること、
または、
いらない猜疑心を生み出してそれだけで疲れてしまうこと、
そして、
皆で協力できるのならば、
助かるための方法の選択の幅が広がることなどを考えますと、
水で争うということ事態が不利益であり、
そのいざこざで無駄に死んでしまう可能性もあるワケですから、
水を打ち捨てて一切の団結を乱す要因を排除して行動するべきなんです。
その上で死んでしまうのは、
仕方が無いことですが、
何もしないで内紛だけで時間を使う愚に比べれば、
助かる可能性は比べ物にならないんです。
少なくとも、
水を摂取しようがしまいが、
水分が原因での死は、
飲もうが飲むまいが大して変わることは無いからでもあります。
どうかしましたか?

100 :79:2005/07/02(土) 15:15:17
次の朝、
各自に等分して配った(実は毒入りの)水いくつかと
数人の死体が回収される。

穴を掘って、回収されたものを中に入れ
ビニールなどで日中覆っておき
蒸発した水分がビニールの裏についたものを集める。

砂漠での集団行動に同調的でないメンバーが除かれ、
しかも、元あった水より多くの水が回収できる。
一石二鳥である。

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)