5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

この板具合が悪くなりませんか?

1 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 05:56:55
自然にやっている事をわざわざ言葉にして説明してる。
小さな事なのに、大きな事やってる気がしてくる。
そういうのは疲れるんです。
全部分析しちゃうと、個性が無くなりそうで怖いと思っているのはオレだけですか?
昔のオレは、何も考えませんでした。本能のままに生活していました。
ある時、これは間違っていると思ったんです。
その日から、どんな小さな事でも結論が出るまで考えました。
コーラの缶は、なぜこの形なのか?とか、そんな感じで全ての事を真剣に考え始めた。
全ての事に理由を求めようとした時、目の前が現実味を帯びなくなってました。
あの先にあるのは、分裂症の様な気がしました。
オレみたいな状況の人いない?

2 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:03:41
>自然にやっている事をわざわざ言葉にして説明してる。
>小さな事なのに、大きな事やってる気がしてくる。

安心しろ、お前だけだ。


3 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:04:50
>>1
悪い頭を無理に使う事はない。DQNはDQNらしく死んで居なさい。

4 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:07:35

終了でいいね?

5 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:08:54
知ることが幸福と一致することは稀。
バカになれたら一番いいんだけど、答えのない問いに絡め取られた人がここに来るんじゃないの

6 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:10:06
いつもにこにこしあわせちしょうさん

7 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:24:33
>>2>>3>>4
お前らって人の言ってる事の本質って読み取ろうとしてる?
そもそも興味も無いのか。
哲学板にも厨房いるんだな。

8 ::2005/07/06(水) 06:34:14
まぁ7はオレなんですけどね。
2ちゃんでスレ立てると、必ず最初に攻撃的なレスが付くよな。
裏切られすぎてる証拠だ。
2ちゃんと言うものを知りすぎて、自分の中で勝手に結末を想像してる。
どうせまたろくでもないスレ立てたんだろと。
興味持ってるクセに。

9 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:57:05
勝手に語るけどね。
たぶん、2,3,4の奴は、そんな事は無いと言い聞かせようとしているんじゃないだろうか。
相手を言い負かしたり、攻撃すれば自分が正しいと錯覚するからな。
マリファナ吸ってる奴がよく言う言葉があるんだ。
常習性は無いとか言う。
なんだかんだ言いながら、やりたがっているんだが、結局依存してる。
外国ではマリファナは解禁されていて、日本は遅れているとか、どうだこうだと、必死になる。
なんかそれに似てる。
ここにいる奴は、深く考える。
そこを否定されるから、自己を肯定するために、この板を否定する人間を否定する。
ホッとしたいんだろうな。
まぁオレが言いに来たのはそんな事じゃないのです。
知りすぎた先にあるのは、何か。
オレはそこに到達するのが怖くなったので、考えると言う事をやめた。
正確にはやめた訳じゃないが、今まで頭でっかちでやってきた物を、本能に任せる事にしたのだ。
色々難しい事を言う。
それが分かったからなんなんだ?
それが実になっているのか?
どうも哲学者ってのは、行動には移さないで机上の論理だけで語っている部分が目立つ気がする。
とくにこの板にいる人間なんかはそうだ。
行動に移さないで、考えてばかりだと、おそらく目の前が夢うつつみたいな状態になってくるだろうな。
たぶん、ゲーム脳ってのと哲学者の頭の中は似ている。

10 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 08:03:25
>たぶん、ゲーム脳ってのと哲学者の頭の中は似ている。

まさにそうだね。
まあ、哲学に限るわけではないけど。
結局単純作業の反復。

11 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 17:40:58
考える対象を絞れば、それがいい作用になる場合があるんじゃないかと思うんですが。

でもその感覚は分かるんだ。
自分は一瞬だったけれど、数学の勉強を徹夜でしたあとにボケーっとしてしまい、なぜか蛇口を捻ろうとしたがそれがすごく難しいことに思えた。
なぜなら行動するのに頭の中で公式を持ち出して正しい蛇口の捻りかたを求めようとしてたから。
後で一人笑って済ませたが、哲学はそれに似てる。
何にでも真理を求めようとすると、何もかもままならなくなるよな。

辞めたあなたは間違ってはいないと思う。

12 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 17:46:29
哲学板住民は、この板で何をやってんだ?

13 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 18:07:04
>>1
何をいっておるのだ。
コーラの缶の形など問題にする奴としない奴がいるだけなのだよ。
この板に影響されてそのようなことを考えていてはいかんよ。
言葉にして分析するのは西欧の知識人では当然のことなのだよ。
以心伝心など日本以外ではないのだよ。
個性とかもなくなるとかいってるがなくならない。
なぜなら、個性は哲学や思想や心にはないからだ。
個性は身体能力にある。オリンピック選手にはなれないのと同じようにな。
個性、個性と叫ぶ者達の個性のないことは長年見てきておるぞ。
分裂病か。そうなる奴もおるがな。まあ、そうなったら独特の思想を形成できると
考えるのも一つの手かのう。現実味を帯びないのはもう既に認識が変わったということじゃ。
乗り越えてみぃ。

14 ::2005/07/12(火) 21:21:40
>>13
オレの頭の中が哲学なのか良く分からないが、ある時オレは悟った事があった。

…誰にも語った事が無い事がある。
オレの全てを聞くと、聞いた奴も具合が悪くなってくるかもしれない。
長くなるけど聞きますか?

15 ::2005/07/12(火) 21:38:07
オレは、何も考えずに生きている人間だった。
そんな考えで26歳まで生きてきた。
基本的にだらしない性格のオレは、仕事も長続きしない。彼女が出来ても一年で別れる。
24くらいまでは根拠の無い自信の元に生きてきた。
24を過ぎた頃、周りは今までコツコツと積み上げてきた物によって、社会的地位を築いていたが、自分には何も無いと言う事に気付いた。
焦り始め、真面目に仕事をしようと思ったが、なんのスキルも無い俺が会社に入った所で、自分の将来を思い浮かべてしまい、また仕事をやめると言う事を繰り返した。
このままこの会社にいても、ダラダラと生き続けるだけだと。そう思ってしまい、すぐに仕事をやめる。
将来性のある会社につきたいと思っても、上手く行かない。単純に楽な思想のオレは、楽な会社を求め続けた。
そして2年が過ぎた頃、二十歳頃に知り合った知り合いに、再会した。
そいつは5年間海外を旅して、自信を付けたらしい。
そいつはこういう。
ただの会社員で一生を終えるのは負け犬だと。
要するにそいつが言いたかった事は、命をかけて旅をすれば、自分と見つめあえると言う事だった。
そいつに感化されたオレは、インドに旅に行った。
昔からインドに興味はあったが、海外に行くのは怖くて出来なかった。
だが、本当に行ってしまえば、オレの中で何かが変わるかもしれない。そう思ってインドに行った。
2ヶ月かけてインドを一周してみよう。
いつも誰かに寄りかかって生きてきた俺にとって、それは初の試みだった。
最初はインド人に騙され続けた。
10回目に騙された時、オレは何しにインドに来たんだ?そう思った。
その時、死がちらついた。
もしかして、オレは生きてる価値が無い人間なんじゃないか?
ホテルに帰った俺は、その日の思いをノートに書いた。
なぜオレは騙されるのか?
オレが弱く見えるからじゃないのか?
なぜ弱く見えるのだろうか。


続く

16 ::2005/07/12(火) 21:51:12
オレはこの旅でいつもビクビクしていた。
ビクビクしていると、声が小さくなる。そして、愛想笑いしか出来ない。
オレは書き続けた。
書いていて気付きつつあったが、書いていくと自分の考えがまとまっていく気がした。
声が小さいとどうなる?弱いと思われる。
愛想笑いをするとどうなる?愛想笑いは相手に親近感を与える。
声の小さい人間が相手に親近感を与えるとどうなるか?
相手は図に乗るのだ。
だが、しかめっつらばかりしていると、敵対心をもたれ、トラブルを引き起こす。
ならば声をでかくして、いつでも笑顔でいればいいだけじゃないか。
これに気がつけた時、オレは今までに味わった事の無い感情に包まれた。
たぶん、悟りと言う物だろう。
これに気付いてからのオレは、全く騙されなくなった。
でかい声で自分の生命力をアピールし、相手に付け入る隙をなくす。
そして余計な敵を作らない為にも、いつでも笑顔でいる事にしたのだ。
よく考えてもみれば、オレが尊敬する人間達は、みんなそういう人間だったのだ。
その日から、オレは考えると言う事は素晴らしい物だと思ったのだった。
暇さえあれば考えた。
食事を注文して、それを待つ時間も考えた。
待ち時間とは何か?待ち時間には何をしていればいいのか?
待ち時間とは、体を休めて脳を動かす時間。
今まで体を動かしていたのだから、バランスを保つために脳を動かしていればいい。
そんな風に考えた。
今考えてもみれば、強引にこじつけているだけだったかもしれない。
行動しない時は常に考える。
答えが出るまで考えた。
考え方のコツも考えた。

続く

17 ::2005/07/12(火) 22:20:37
細かい事まで結論が出るまで考えるのが好きになっていたのだ。
あらゆる事に自分の方程式を用いるのが好きになっていたのだ。
そして、オレは自分の方程式を参考にして、行動をした。
日本に帰ってきた俺は、やはり方程式にそって行動した。
人間に大切な物は、楽しいと言う感情だ。
なら、楽しいと言う感情の元に働ける職場を探そうとした。
そこでオレがついた仕事は、ブライダル業界だった。
光がある場所にいけば、自分も照らされる。
照らされた人間は、元気になり、元気になった人間からも光が生み出される。
そしてその人間の周りにいる人間も、光に照らされ元気になるのだ。
そんな風に思った。
だが、この会社はマルチ商法だった。
オレは自分の行動力を信じ、頑張っていたつもりだったが、その頑張りを全てこの会社にもっていかれた。
夢見がちな人間だけを面接で取っていたのだった。
給料などの説明等が無かった時点で怪しいと思えばよかったのだ。
だが、頑張ろうと言う気持ちが先行してしまい、オレは盲目だった。
オレは今まで宗教にはまる奴は馬鹿にしていた節があったが、オレも似たような物だった事に気付いた。
結局、現実逃避には変わりない。
楽しい場所にいたいと言う楽な思想は変わっていなかったのだ。
宗教もマルチもだが、共通する所がある。
おそらくそれは、現実逃避を実現させてもらう変わりに、洗脳されていつのまにかに道具にされる事だ。
オレはそれに気付き、この会社をやめた。
今はこの会社に対しての憎しみが残っている。
この会社をやめ、オレは思った。
世の中は、人を信じると言う気持ちまでも釣りの餌にして、夢を食いつぶしているのだと。
もう一つ思ったのは、こうやって自分で方程式を作り出して、それにそって行動している自体、違和感を感じていた。
理屈に沿って行動するよりも、本能に任せて行動した方が上手く行くのではないかと思った。
全てを理解しようとするあまり、行動が機械的になっていた。
犬は叱るよりも褒めた方が物覚えがよくなると言うが、それに似ているんじゃないかと、そういう風に思った。
それ以来、考えると言う事をやめた。

18 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 22:26:51
よく悟るやつを見かける。俺の周りはDQNばかり〜うぇwww;?!

19 ::2005/07/12(火) 22:27:09
だから深く考えている人を見ると、そんな事する前に行動に移せばいいのにって思ってしまう。
そんなオレと言う人格が出来上がってしまったと言う事です。

20 ::2005/07/12(火) 22:31:40
>>18
悟ったふりするのはマジでドキュンですよ。
悟ったからなんなんだって話ですよ。
悟ったお前に何があるんだって話ですよ。
悟ったふりしてる奴に限って、何も持ってなかったりする。
何も言わない奴の方が、数倍健康だし、地道に築き上げてる奴が多いと思いますよ。
哲学者って、長く語るけど何もしてないし。
本当に成功した奴は、何気ない一言が長く語り告げられたりする。
猪木も言ってるじゃん。馬鹿になれって。

21 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 22:31:59
ようするに「生きるということのため」に特化した
自分なりの「人生哲学」を身に付けたということだな
生きるという目的があってこそ成し得たことだ
うらやましい
俺にはそれが無い

22 ::2005/07/12(火) 22:44:01
>>21
ある意味哲学的なのかもしれないですね。
昔のオレは馬鹿だったけど、健康だった。
でも、どうしてもあの時のオレには戻れない。
インドで得た方程式を、自然に参照して、それを本能的に行動に移している俺がいる気がします。
だからって何も成功してないですけどね。
いまだに目の前が現実味を帯びない様な状態だったりします。
全然健康じゃない。辛いです。
なんて言うか、哲学と言うアリ地獄にはまった様な状態って言うか。
今思えば、海外五年間旅してた彼は、ものすごく不自然に見える。

23 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:12:45
1は、「考えること」に重点を置いた人生を送りたいのなら、考えればいいし
「行動すること」に重点を置きたいなら、行動すればいい。

>哲学者って、長く語るけど何もしてないし
彼らは考えまくった人生。それでよしとしてるのだからいいんじゃない?
行動を伴わないと納得できないのはなぜ?
語録を残さなかった偉人に対して、
彼らは成し遂げたけど何も語ってないし、とは言わないでしょ?

1はweb上でもなんでもいいから不労収入を得て、
そのお金で自分がやりたいことをストレートにやってみなよ。
「考える」ことにはまっちゃってるなら、どうやったら簡単にお金を稼げるか考えてみ。
お金があれば、結構いろいろできるよ。

24 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:20:59
自然に考えたり、自然に行動できればいいと思うけど、いつからか出来ている気がしない。
なにかこう違和感がある感じ。
自分の思考は自然なのか、どこから生じているのか、うまく言えないが違和感というかモヤモヤした物を常に感じる。

25 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:30:12
>>24
おまえ1?

間違いなく軽度の鬱だよ、それ。
かーんたん、精神科行ってクスリ飲んでみな。
まじびっくりするほど行動できるようになるよ。
ほっとくと死んじゃうからはやめに池よ。
あと何度も言うけど、金な、重要なのは(マジ)。

26 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:44:36
>>25
24だけど1じゃないよ。
前に知り合いにも鬱じゃないかって言われたが鬱って本当に病気なのか?
いまいちそうは思えないけどな。
ひとつひとつ自分の考えに結論を出せないからじゃないのかな。
疲れたし考えるのを早くやめたい。
けど考える事をやめられないでいろんな考えが頭の中をぐるぐるまわっている。
結論、心理がほしい。

27 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:46:53
24だけど、よく考えたらスレ違いスマソ。


28 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:48:26
>>1殿へ
夜の深酒は止めましょう。
煙草もやめましょう、マルボロ。

29 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 01:04:58
哲学ってのは、神経タフで楽観的で、>>16程度の認識は小学生で卒業するくらいの
ツワモノ以外やっちゃだめだよ。
リアル感喪失が怖いならすっぱりやめたほうがいい。

30 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 05:58:08
>>26
おまえは鬱だ。
軽度かどうか正直わからん。
けどな、風邪だってクスリ飲んで2、3日寝てりゃ治るんだよ。
おまえもそう。
それをあーだこうだ理由をつけては
長引かせてるただの甘えん坊だ、これホント。
クスリ飲めば治るんだよ、何回言わせんだウンコ野郎。

>ひとつひとつ自分の考えに結論を出せないからじゃないのかな。
結論出したって、明日はくるんだよ。
次の日にゃ、そんな結論にも自信持てなくなるんだよ。

>結論、心理がほしい。
この一文でおまえ馬鹿なんだよ。
何かを残せるような芸術家センスは皆無なんだよ。
だから諦めて、意味のないプライドを脱いで、
とにかく一回クスリのんでみろよ。
一般人としてがむしゃらに生きてみろよ。ウンコなんだから。これホント。

31 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 07:13:43
>>30
24だけどさ、ウンコにレスありがとな。
俺も1みたいに根拠の無い自信で生きてきた事に気付いたのよ。
一般人どころかウンコだからさ、ショックを受けるのもなんか申し訳ないんだがいろいろ考えたらどうしたらいいかわかって悩まないですむかなって・・・。
何かを残すなんて思えないよ。
別に残したくないし。
自分が自由じゃない事に気付いたよ。
全てが流れに流されてる気がするよ。
こういうふうに考えるのも流されてる気がする。
ウンコがスレ違いな分スマソ

32 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 08:27:08
24だけどさ、↑の分が文の間違えだったね。
何もしないで何も知らないのが俺の現時点の理想だな。
何かがあるから反対の事が起きるんだよな?
いい事があれば悪い事もあり、逆もあるわけだ。
何もなくてよくない?
いいも悪いも、嬉しいも悲しいも意味なんか無いだろ?
考えるのを、意識するのをやめたい。
この違和感からのがれたい。
ってすでに考えてるし・・・。
考えるほど自分の考えるという行動を否定してしまっている。
なぜみなさんは平気でそういった話が出来るの?


33 ::2005/07/13(水) 08:58:14
>>24はあれですね、半年前のオレみたいだ。
きつい事言うようだけど、>>30の言ってる事は合ってると思う。
特にここ。
>次の日にゃ、そんな結論にも自信もてなくなるんだよ。
あと、「結論、心理が欲しい」って言ってるけど、まぁ誤字で真理なんだと思うけど、これ頭痛くなってくる。
あんたにとって、一番痛いと思われる事言うけど、
あんた、心のどこかで自分は特別な人間だと思ってないか?
根拠の無い自信で生きてきた。それは心のどこかで絶対的な神の様な存在が、自分の内にあると思っていたと思う。
あんたは今、それを諦め切れてない。
何かで関連付けようとしている。
子供の頃散々見てきた、普通のおっさんになりたく無いと思っているんじゃないか?
あんたの心の迷いは相当なものだ。
人の言葉も全て噛み砕いて読み取ろうとするだろ?
その精神状態のままだと、周りに洗脳されていくぞ。
ボロっきれの様になるまで、潰されていくぞ。
あんたよりも考えの浅い人間達に。
なんとなく分かる。今、友達と喋るのもギクシャクしてないか?
孤独になるまえになんとかしたほうがいいぞ。

34 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 09:59:32
24だけどさ、1の言うとおりだよ。
今までは何を信じていたのか自分でも分からないけど、自分は特別で出来るからなんとかなると思ってたよ。
つまり不安がなかった。
実際分野によっては平均より出来ていたりした。
しかし気付いたよ。
よく観察したら人よりたくさん努力をしていただけだ。
むしろその割りにはたいした結果は残せていない。 むしろ才能も何もない凡人以下の存在だったんだよ。
ただその事が気になっていただけで、まわりからズレていただけだよ。
というより平均以上の結果を出さなきゃいけない理由なんてものもないんだと思ったよ。
前提によって優劣って変わるじゃない。
その前提にも優劣があるわけでループなんじゃないかなって・・・。
そもそも優劣を付ける意味がわからない。
だから意味無いように感じるな。
1のレスを見てショックを受けたが、自分でも気付いている所もあったと思うし、だからと言って何か分かる訳でもないから何もできない。
ただモヤモヤ違和感を感じる。
生きている意味なんて無いと思うし死ぬ意味もないから何もしないで流れに乗ってる。
俺の存在にも意味なんか無いんだから無だったら自然かな。

35 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 10:13:34
24だけど、何かにすがりついてもなんでもいいからこの違和感から逃れたいな。
信じるって素晴らしいと思うが難しいな。

36 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 12:29:35
>>35
なんでもいいんならドラッグだな。
質の高い文学や、この板らしく哲学者の言葉なんて
所詮、他人のもんだからな。
これだ!なんて思っても、借り物にすぎないわけよ。

でもドラッグだと実体験としてだから強いよ。
振り返ればちゃんと自分の思い出として残ってるしな、哲学とかと違って。
まぁ極論かもな。

あとウンコっていったのは、自分が特別とか思っていたことに対してじゃないぞ。
根拠のない自信も持ってていいと俺は思うよ。
そうじゃなくて、たまたま今、溝のようなもんに落っこっちまっただけで
そこから這い上がろうとせずにうだうだやってることに対してだぞ。
次の一手を指せ。「下手の長考、休むに似たり」

37 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 12:33:49
あと1は
>それ以来、考えると言う事をやめた。
って書いてあるけど、今はどうなってんの?
調子いいの? 悪いの?
>>33あたりを読むと、なんかを自分の中でケリつけたような感じだけど。
よくわからんな。

38 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 13:21:55
「飯食っても、どうせまた腹減るんだから意味無い」

そういって食うの止めるか?

39 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 15:14:15
投薬治療はよろしくない。
運動をすることがまず先決問題だ。生活に有酸素運動を取り入れてみてください。(英政府)

40 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 15:23:48
24です。
>>36
ドラッグですかー。
何とは言いませんが、現実から逃げようとした事もありましたが、逆にさらに気分が落ち込みひどい目にあいました。
次の一手ですか。
考えちゃいけないんでしょうが考えちゃうなー。
たまに何かに気付いた気がして違和感が薄くなるけど、何日かたつとそれが違ってた気がしてきてまた違和感が出てくる。
確かに人の話を聞いて一瞬はわかった気になっても、自分の答えではないですよね。
>>38
そうですね。
お腹がすくなら食べても意味なんて無いですね。
でも、お腹がすくのに食べない事にも意味は無いですよね。
どっちが意味ないんだろ?

41 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 16:07:52
方程式を作ると言う事は、考える事を止めるという事
1は基本的に哲学に向いて無い気がする

42 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 18:45:04
1も24も哲学齧った程度なんじゃないの。
あんたらの学んだ哲学って具体的に何よ。
長く語るけど何もしてない哲学者って具体的に誰よ。
ひょっとして入門書数冊読んだだけなんじゃないのかな。
哲学者=何かを悟った者、て定義からしてドキュンだからそう感じたんだけど。


43 ::2005/07/13(水) 19:14:26
>>42
自分が哲学者だとは思ってないんだけどな。
入門書とか見て無いし。
長く語るけど何もしてない哲学者ってのは、単なるイメージで言った。

哲学者=何かを悟った者って言う定義は、なぜドキュンなのかな?

44 ::2005/07/13(水) 19:16:21
>>37
中途半端な状態。
マシにはなった。

45 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 20:07:59
>>43
哲学を自分なりに真面目にやってるつもりの俺からすると、
単なるイメージで語って欲しくないだけ。邪魔したね。

46 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 21:01:04
ageつつ訊くけど、
>>45
>哲学を自分なりに真面目にやってるつもりの俺からすると、
って、どういうこと?
1の長ーい体験談読むと真面目に苦悩しているように俺には感じるけど。
むしろ>45のほうが、入門書とか定義とかいっちゃって、
ただ歴史をなぞってるような哲学しかしてないんじゃないの。
ねぇ、真面目って何よ? 1をいじめんな。

47 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 21:25:51
>>41
哲学者って完全なる方程式を永遠に考え続ける存在じゃないの?

48 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 22:31:13
全ての事に理由を求めようと徹底的に思考しつつ、活き活きとした身体性や
自己の経験に裏打ちされた固有のポリシーを持って生きることも可能だろ。
どちらかを求めればもう一方が死ぬというのは>1が経験から得た考えなのだろうし、
頭から否定する気はないが、それを万人共通の客観的なものと前提してしか
話をしないというのはいかがなものかと思う。

49 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 23:25:52
>>1
おまい。それ離人症だわ。

50 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 23:30:44
>>49
考えすぎる性癖の奴がたまたま離人症になっただけのことに、むりやり
因果関係を見てしまったんだろうね、>1は。

51 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 00:09:45
24だけどさ、なんか始めは考えるのが楽しかったのよ。
どうしたらもっと効率よく仕事できるかとか、実力があると思われる人を観察してみたりさ。
自分に直接かえってくる事が楽しかった。
もっと考えれば、いろいろな事を知れば良くなれると思ったのよ。
だけどさ、考えれば考えるほど「良い」がわからなくなったんだよ。
見方によって変わっちゃうんだよ。
良いも悪いもないのかもしれないなら、あえて行動を起こさないでもいいんじゃないか・・・。
なら、やりたい事をやればいいとして、自分は何をやりたいのかもわからなくなってしまい考えてしまう。
変化が必要ないのかもしれない。
考えなくていいのかもと、すでに考えている。
考えたくないとすでに考えている。
この違和感はなんだろう。
俺は哲学者でもなんでもないけど、何かあるのかもと思って書いてます。

52 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 00:17:46
>>51
大丈夫、みんなそうだ。そうやって歳をとっていく。
人類誕生以来、みんなさんざん考えて考えて、結局なんにもできずに
死んできたのさ。

53 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 00:43:32
>>47
だったら作っちゃったら終わりじゃん
そして少なくとも1は方程式を実用化する段階に居る

54 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 02:33:55
>>51
>見方によって変わっちゃうんだよ。
あたりまえ。それぞれの見方で世界は変わる。
そこがおもしろい。
だからこそ「世間体」やら「常識」よりも自分なりの見方を身につけるべきだと思うよ。
その自分なりの見方を探すヒントとして
俺は哲学者の言葉なんかもちらちら参考にしてるよ。
自分が「良い」と思う方向へいきなよ。

まず歩き出してみ。

55 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 20:15:41
自分が「良い」と思うことから一旦離れて考えるに到ったきっかけがあるはずだ
それが何なのかを探してみてくれ
俺はそれが知りたい

56 ::2005/07/14(木) 21:39:13
>>49
>>50
じゃあ、離人症になる原理はなんなの?
その前に、離人症って言うのがどんな物なのか良く分からない。
と、人に聞くのも悪いと思ったのでググってみた。
当時のオレを、離人症の症状に当てはめてみたら、いくつか当てはまる部分があった。
離人症も分裂症も鬱病も、似て非なる物でありながら、非でありながら似ている物とも思える。
重要なのは、なぜそうなるのか?
オレが離人症とも言われる様な状態になったのは、考えると言う行為をする様になってからだった。
オレは離人症だった。それは分かった。そうなった原因が他に思い当たらない。

>>53
そう、実用化する段階だった。
オレの方程式の一つに、悟りには段階がある。と言うのがあった。
オレの中での悟りと言うのはこういう定義だった。
今生きているこの現実を、夢と仮定する。
悟りと言う物によって、その夢から覚める。
この夢と言う物は、そこら中にあるものであって、その夢全てから覚める事が出来たら、本当に自由になれるのではないかと思った。
数学と言う物がある。
数字でこの世の全てを解く事は出来るのだろうか。
オレが哲学者とは言わないが、オレは一つの公式ではこの世の全てを解き明かす事は出来ないと思っていた。
つまり、全ての公式を解き明かそうと思っていた。
だが、途中で思った。
これは無理だと。
言うなれば、こうやってキーボードを打つこの指の動き。
この指の動きまでも全て意識したらどうなるか?
指の神経、関節の動き、キーに触れた時の感触。
これをすべて意識して打つと言う事に似ている。
これらは、全て本能や経験と言う物によって、ほぼオートマティックに行われている物だ。

続く

57 ::2005/07/14(木) 21:53:53
オレは、それをわざわざ手動に切り替えようとしていたのだった。
エンジンの発火タイミングは、コンピュータによって自動的に行われている。
それを自動でやったら?
おそらく、まともに走らない。
オレが最終的に悟ったのは、そういう事だった。
悟りとか言ってるのも恥ずかしいが、あの感覚はそうなのだ。
合ってるか間違ってるかどうか分からない。オレの中では合ってる事になっている。
他人がどう思ってもしょうがない。
ただ、もし>>24の様に、オレとそっくりな人間がいたのなら、俺はそいつに対し、どうにかして助け舟を出してやりたい。
そして助け舟を出すには、オレはこうやって語るしか無いと思った。
哲学を馬鹿にしてる訳じゃない。
たぶん、向いている人間とそうでない人間は確かにいると思う。
オレは向いてない人間だと思う。
>>29が言っている。
>>16程度の認識は小学生で卒業するくらいのツワモノ以外やっちゃだめだと。
精神力の弱い人間は、向いてないかもしれない。
知能も関係すると思う。
余計な部分ははぶくような効率的なやり方が出来る人間。
オレは整理と言うのが苦手だ。
だから紙に書いた時、自分の考えがまとまっていく気がしたんだろう。
頭の中だけで整理する事が出来ないのだ。
オレは途中で考えるのを諦めた人間なので、どういう人間が向いている、等と言った事はこれ以上言えない。

尻切れトンボの様な文章で終えるが、そんな感じなんです。

58 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 22:07:49
老子の道を理解できそうなところまで来てるような希ガス>1

59 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 00:10:18
24です。

>>52
気遣ってくれてありがとうございます。
みんなそうかもしれないんですかね。
俺にはわからないけど・・・。

>>54
まさにそれです。
自分で決めたいんです。
でも自分で決めていないような誰かに決めてもらってるような感覚です。
歩きたいですね。
いままで歩いてきたつもりが、自分は歩き方もしらないまま何かに歩かされてきたような気がします。
自分は実は誰かで、自分を知らないんじゃないかって思います。
わけわからないけど。

60 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 00:35:53
24で続きです。

>>55
きっかけは最近になって気付きました
今まで普通ど正しいと思っていた事を、自分なりにプライドを持ってがんばっていたのですが、ある人が自分とは反対になるようなやり方を普通としてそれにプライドを持っていたのです。
何も考えず馬鹿な俺はそいつと対立して戦うような形になりました。
そこで自分の考えが普通ではない事に気付いて、いろいろな事にすごくショックを受けたんですよ。
今まで自分で普通と思っていた事はそこでは普通でなかったとか、対立した奴の考え方なら確かにそっちが正しくなるとか、自分で決めていたつもりが自分の見える範囲の普通に決められていたとか他にもあるけどたくさんありすぎて・・・。
自分が良いと思っていたのではなく、自分が普通を一つしか知らないで選んでいなかったのかなとも思います。
うまく言えないですけど今まで考えてなかったかもしれないと思うんですよ。
なんか訳わからなくなってきた。

61 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 00:41:32
24です。

>>1
ありがとうございます。
そういうふうに言ってもらえるとなんか気が楽になります。
俺も整理が苦手でうまく文章をかけません。
>>1の考え方も参考にさせともらいますね。
世の中いろいろな考え方があって頭がパンクしそう。

62 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 00:45:19
24です。
間違え多いですね・・・。
スマソ

63 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 01:30:49
だから哲学よりは宗教とかに近いよ
1のやってる事は無意味な意味の集積

64 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 01:51:53
>>63
あらゆるすべてが無意味だよ。
生まれること、死ぬこと、子供生んだり、その他全部、哲学も。
だから1がやってることのみが無意味というのは違う気がするな。

ただ1は「なんとかしたい」っていう気持ちが伝わってくる。
そんなあがきも無意味だ、といわれればそうだ。
だけど俺はそんな姿勢が好きだね。

24からは「なんとかしたい」っていう気持ちがあまり伝わってこない。
「これこれこうだった」という結果みたいなものを並べて立ちすくんでいるように見える。

65 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 01:59:36
>64
63だが、おれは1がやってる事が無意味だとは言って無いぞ
「無意味な意味」の集積

66 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 02:03:15
>65
ああ「無意味」な「意味の集積」じゃあないのか。

「無意味な意味」でひとくくり?
つまりどういうこと?

67 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 20:37:26
つまり1が1の信念に基づいた体系を生み出して…だから意味を作り続けるんだけど、それは何かの解決にはならない…外的には解決にもなり得るけれどね…でも結局それはリアルじゃないから…無意味な意味とは、
現実から出発したとしても、現実から離れてしまわざるを得ないがために、実は応用できてない、影響はしても、実は意味として成立していない、そういうもの
それはさておき1は「考える」という事を限定しすぎていないか

68 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 22:05:41
意 味 が わ か り ま せ ん !

69 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 22:32:22
24ですけど、わかったと思ってたけど実はわかってなかったかも。
でも、わかってなかったという事をわかってなくて本当はわかってたかも。
それもわからない。
そしてそれもわからない。

70 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 22:46:25
1さんはいいね、なんか期待してしまいそう。
「無意味な意味」は信じることで
「有意味な意味」は考える事で
その両者にたいした違いは無いけれど、言語化すれば発展的なのは
「有意味な意味」だと俺は思う。

71 ::2005/07/15(金) 23:12:02
>>67
ちょっと意味自体が良く分からないですね。
お門違いなレスかもしれないですけど、無意味とか意味があるとか、そういう話題は好きじゃないです。
無意味でも生きていかなきゃならないし、意味があっても自殺する人はいるし。
確かにこの世は無意味だと思うけど、本当にそう思うなら今この場で自殺するべきじゃないかと思ったりします。
でもみんな生きてる。
生きてるって事は、自分と言う存在が必然的に意味があると証明している気もする。
そして、生きると言うのは本能が教えてくれる。
本能が生きろと言ってる。
オレはその本能に従う事にしたので、意味があると勝手に信じているのです。
と言うか、こんな熱く語る事でも無い気がするんですけどね。みんな普通にやってる事だし。
こういう普通の事をおおげさに語るのがあんまり好きじゃないんですよね。

最後の考えると言う事を限定しすぎてないか、って問いかけてますけど、限定してます。
たぶん、ニュアンスで分かると思っていたので、説明もあえてしませんでした。

72 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 23:41:59
"それ"を安易に表現してしまうと、理解力の無い人には誤解される。
「本能に従う」
それは、>1的な表現方法だね。
別の人は"それ"を違った表現をしたりもする。
「道に従う」であったり「神に従う」であったり「心に従う」であったりだ。
どの表現も"それ"を最初に表現した奴は、同じ"それ"のことをイメージして表現したであろう。
その人によって、どの言葉を当てはめて表現するのがシックリいくかは違う。

73 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 23:51:50
>>71
本能に従って生きてる人間なんていねーぞ!
1も絶対にちがう。

人間としての理性や知識を全部省いたら、
身を守ること、種の保存しか残らないんじゃないの?
それが本能なんじゃないの?
ただ生きることは本能じゃねーぞ!ばか!

74 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 23:53:03
★割り切り歓迎★

75 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 23:57:03
いずれにしても"それ"とは認識し得ないもの。
考えれば認識できるものではない、
なぜなら、考えることが出来る事柄は、認識した後だからだ。
しかし、人はすべての事柄を認識出来ないのだ、
すべての事柄を認識出来ていると思っている人が居るならば、それは思い込みだ。
センサーに感知出来たものだけが存在しているのではない、
人のセンサーが感知出来るものは、周りで起こっている現象の微かなものでしかない、
しかし、人はその微かな部分が全ての世界だと思い込んでいる、
ましてや、脳に感知して自分が認識したと実感出来るものなど極々微かなものなのである。
人に備わっている多くのセンサーを使う事と、その感度を上げ、効率的に使う方法は、
"それ"に従うことなのである。

76 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 00:24:41
>75

だから何度も言うけど、

よくわからない。

77 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 01:33:44
>>75
ひじょうにわかりやすく、丁寧な説明ありがとうございます。

78 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 03:28:06
目的を明確にしなければ考える事に限らず行動すら違和感を覚えるもんよ

なんとなくで全てうまくいけば、それに越した事ないけど
それでうまくいかないからうまくいく方法をあみ出そうと考える
壁に当たる度に違う方むければそれはそれで楽しい人生だろうけど
中々そうもいかんもんよ

まあスレタイに関しては同意する部分強いけど、考える事も人間にとって本能といや本能だろうね

79 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 03:39:52
まあ本能に従うてのは考えるより感じるままに行動て事で言ってるのだとは思うけど
それはある程度考えが身に染みた状態でこそ言えるもので、ほんと本能に従ってだけ行動してりゃただのキチガイの出来上がりよ

80 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 10:10:48
考えているだけでも腹は減る
飯を食うには金が要る
金を稼ぐには働かないと
そうやって、やむにやまれず世の中は動いていく
人類に仕組まれた自滅プログラムの恐ろしさはこれだ

81 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 18:30:29
馬鹿というのは理屈に合わない行動が目立つ連中である。
ところで世間というのは馬鹿の群れである。
世間で何が流行るかをあてるのは、頭のいい人間ほど困難になる。


82 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 22:39:29
論語に「子曰わく、学んで思わざれば則ちくらし。思うて学ばざれば則ちあやうし。 」という教えがあります。
学んでも自分自身で考えなければ、頭の中が整理されず、はっきりした状態にならない。
考えるばかりで学ぶことがなければ、危険な独善に陥る。
学ぶことで領域を広げ、考えることで体系化していくのが最も理想であると思います。
思想というものは、本来行動の結果に生まれるものだと思うのです。
思想を思想することは本来の思想からずれていきます。
神経症の治療として行動療法とか森田療法とかがありますが、すべて行動を重視します。
人間は体を動かすことによって、脳を発達させてきた経緯を考えると、やはり本能に従い行動する必要があるのです。


83 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 22:49:09
言葉というものは事物を抽象したものですから、実体のないものです。
考えると言うことは言葉を用いて体系化していく作業ですから、生産性のないものです。
そしてやはり考えてばかりいては、行動は制御されてしまいます。
本能に従い行動するべきだと思います。
そうすると犯罪でも起こしそうな気がしますが、その心配はおよその人間は大丈夫でしょう。
成長する段階で人間には自然と考えなくても理性が備わってくると思います。
孔子のいう70にして心の欲する所に従って矩をこえずです。
つまり、思うままにふるまってもそれで道をはずれないようになるということです。


84 ::2005/07/17(日) 09:08:38
>>72>>75が「それ」って言ってる。
オレもその事言ってるんだけど、それって呼んでしまうと分からない人がいると思ったので、あえて本能と言っていた。
オレなんかかなり素直に書いてて、人間って言うのは素直になりきってしまえば、たぶん余計な議論なんかいらないと思ってる。
書いてて思ったけど、本能に従うと言うのは、言い換えてみれば自分に素直になる、とも言い換えれるかもしれない。

>>79
左手でマウスを操作してみれば分かるかもしれない。
こういう時に考えると言う事が必要なのだと。
人間は、未知の領域に行った時に、初めて考える。
今まで右手でやってきた事を、左手でスムーズに行うにはどうすれば良いか?
これを考えずにやると、何も成長しない。
いつまでたっても左手でスムーズにマウスを操作する事は出来ない。
考える場所と言う物があって、その時に初めて考えればいいのだと思います。
大抵それは、自分が今まで経験した事の無い物に遭遇した時なんだと思います。

>>80>>81はスレ違いな気がする。

>>82>>83の意見はオレの代弁者って感じ。
オレとは違った方向からの説明が、また読みやすい。

85 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 09:49:13
ヤベェ、存在するということ自体が恐ろしいことだ。あまり凝らない方がいい。特にニーチェ以降には手をだすな。さぁ、禁2chといこう。

86 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 10:23:30
中途半端なところで世界を理解しているつもりになってるとこうなる。
ビビリの>>85のようにね

87 :24:2005/07/17(日) 15:02:35
1の言いたい「それ」なんですよ。
今になって思えば以前まではたぶん「それ」に従えていた気がするんです。
あるがままでいれた、違和感がなかった。
それって何だったんだろう?
それってどこから降りてきていたんだろう?
以前は考えることも「それ」だった。
「それ」が無くなったのかな。
それとも感じれなくなったのか・・・。


88 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 15:48:06
♪生まれたてーの僕らの前にはただ・・・"それ"と一体に成っていた。
一体になっている時は"それ"には気づかない。
ちょうどいい状態の時には、その状態が何であるかどうしてなのかなど認識しなくなる。
人が全ての事にちょうどいい状態に成った時、人は忘我の境地に至る。
その状態こそ純粋無垢の素直な状態、道(TAO)と一体に成っている時なのである。

忘我の境地のまま心肺機能は活動し、なんらかの動作も行っている、
それは忘我の境地故に、自分では何かの活動をしている認識もないのである。

89 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 18:04:40
仏教の教えにも、私利私欲から離れた見地を持つことが大切だという意味での
無我という境地があるけど、1のようにそれ自体が苦痛となって自分に襲い掛かってくる
場合もあるから、結局どうなることが真に望ましいことなのか、分からなくなってくる
その苦痛を乗り越えることが、人間のできる唯一の修行なんだろうか

90 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 05:32:07
なんだよ、1も24もすっかり納得しちまってよ。
せっかくよくわからないって書いたのに、わかりやすくも書き直せない
そんな発言いみねーよ。

>>75 で、
>人に備わっている多くのセンサーを使う事と、その感度を上げ、効率的に使う方法は、
>"それ"に従うことなのである。

なにこれ。ちがうだろ。
1も24も、上の文見て「それ」だよ!っていってるの?マジで?
1がいってることと、24がなくしちゃったもんって
上の>75のいう「それ」とは、もっとちがくない?

★おまえらが見つけたなくしたいってるのは「集合的無意識」byユングだろ?
そうだろ?

91 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 06:11:48
確かに未知との直面が思考を呼ぶよな。


92 :1:2005/07/18(月) 06:42:22
なぜかパソコンから書けない。
>>90
「それ」と言うのが集合的無意識の事だと思ってたんで。
べつに間違って無いと思うんですけどね。

93 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 07:30:47
逆に無理にでも考えることで未知は開けるのかな。

94 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 07:31:58
>>90
>「集合的無意識」byユング
それは貴方的な表現方法だね。
しかし、万人にとってその表現方法が"それ"を言い表すのにシックリいくとは限らない。
自分の表現方法が万人にも同じように伝わると思っていては意思の疎通はすれ違うよ。
互いのイメージを共有したければ、もっといろいろ多彩に表現してみればいかがですか?

95 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 11:39:38
よし。

人間は意識しはじめたときにはもう、生まれている。
なぜだかよくわからないが、生まれている。

意識せず幼稚園入って、小学校に入る。
なぜだかよくわからないままに。

人それぞれだが中学あたりになると、
そろそろ知識や他者との関係により、自我がはっきりとしてくる。
それでもとりあえず高校へ行く。みんな行くから。

大学進学でわかれ道になるかもしれない。
まぁ大体は大学へ行く。就職に有利とか、みんなの流れで。

会社に就職する。
お金がないと生活できないから。
この辺で、ふと気付く。
あれ、おれは今まで、何に従って生きてきたのだろう。
何も考えないままに、ここまで来たようだけど。
あれ? おかしいな。
考え始めたら、何が何だかよくわかんなくなってきたぞ!うへー。
これが24。

よし、また何も考えないようにして生きていこう!そのほうが楽だ!
これが1。

96 :1:2005/07/18(月) 12:50:54
書けるかな

97 :哲学者最高位 ◆zH5vyVK1vo :2005/07/18(月) 13:38:25
人間は考える葦である

考えて行動すれば問題なし
極端なんだよ
考えて行動し、反省する
成功しても驕らず、更に反省点を探す
そしてまた行動する

何でもバランスだよ

98 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 20:24:45
>>95
おおー、なるほど、解説ありがとう
それが「集合的無意識」byユングのことね。
なんとなく理解したと思う。
だったらオレのいってる"それ"とはイコールではないようだ。
でも、全然違うとも言いがたし、かといってニアリイコールでもないし、
≒と≠の間ってところにしておこう、ちと説明しづらい。 考え保留中。

ちなみにこんだけオレ↓
>>58>>72>>75>>86>>88>>94

それからオレは、1と24は、それについてどう考えてるかは知らん。

99 :24:2005/07/18(月) 22:38:39
以前までは何かを決断したときに「〜したいからする」で終わりでした。
自分なりにいろいろ考えていたつもりなので疑問はありませんでした。
しかし私は何故「〜したい」と思ったんですかね?
「よいと思ったから」とも言えます。
しかし私は何故「よい」と思ったんですかね?
私が「〜をしたい」を「よい」と思った理由があるはずですよね。
「それ」はなんなんですかね?
気にする以前も「それ」を感じて従って決断していたんだとおもうんですよね。
私が私になった理由だと思われる「それ」はなんなんでしょ?


100 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 01:34:09
よし。
24のいう「それ」は
自分が行動するときの判断基準としての価値観。
なぜ「〜したい」と思うか、それはおまえの欲求。
なぜその欲求が生まれるのか、自分の価値観と照らし合わせて欲すべしと脳が判断した。
じゃあ価値観ってどうやって生まれたのか、
それは今まで生きてきた中で蓄積されたものであり、
個人では違いがあり、また国なんか違ってくると文化によって、もっと違うこともある。

つまり今までは自分の価値観に自信をもっていたのに、
今では「〜したい」と思っても、「でもなんで?」なんて考えてしまうのは、
その自分の価値観に疑問を抱きはじめてるんだ。ウンコ。
薄っぺらい!ああ、薄っぺらいよ!価値観なんてもろいんだよ!こん畜生!

101 :24:2005/07/19(火) 05:44:05
>>100
またウンコですかw
わかりやすい説明ありがとうございます。
価値観に自信が持てなくなったのは間違いないですね。
よいと思っていた事がよかったか疑っているし、かといって新しい価値観が見つからないままですが、価値観を持って決断していますから疑っているがぴったりですね。
無意識も疑っています。
価値観はいままでの積み重ねという事ですが、価値観を「よい」とする価値観があるはずだと思います。
価値観がどこから発生したのかその源が知りたいです。


102 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 05:57:36
24がどのへんのことを訊いているのかよくわからない。

具体的にいってくれ。具体的にかえすから。
これこれを「良い」と思ってたのに、最近は思わない、というそのものを。

あとウンコってのは、書いてたあの時点で
俺がウンコしに行っただけだ、わかりづらくてスマンな。

103 :24:2005/07/19(火) 15:59:43
うんこは気にしてませんよw
たとえばバイクがあるとします。
以前までの私はそれに乗って道を走るのが大好きでした。
しかし、ある日突然「なぜバイクで道を走るのが楽しいんだ?」と考えます。
バイクに乗る事を「楽しい」と思ったり「つまらない」と思ったり、あるいはなんの興味もなく何も思わないというような事があると思うんですが、私は何故「バイクに乗ることは楽しい」と思っていたんですかね?
それが私の価値観で今までの積み重ねなのでしょうが、生まれたての何も経験の無い状態からどうやって「よい」と「わるい」を判断して今にいたったのかが疑問です。
「よい」と「わるい」がある事も知らないはずの私に誰がそれを教えたんですかね?
というより生まれたての私は覚えるとか教わるとかの行動も知らないはずなのにと思います。

104 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 16:27:40
なるほど。相変わらず抽象的なのか具体的なのかはっきりしないな。
言いたいことはわかるんだけど、
こっちがわかりやすく言うために、

・バイクの話は24の身に起きた実際のことなのか?
・現在それは「つまらない」のか「まだ楽しい」のか?

これをこたえてくれ。
おれができるかぎりのいい着地をしたいからな。
今はまだ、ダイブしてる途中だ。

105 :24:2005/07/19(火) 16:39:50
あまり話を理解できていないみたいでスマソ
バイクは私の身に起きた事ですよ。
「たのしそう」から「楽しい」になってそれから「つまらない」になり、今はまた「楽しそう」になりました。


106 ::2005/07/23(土) 20:08:22
レスとまってますね

107 ::2005/07/23(土) 20:27:04
楽しそうって思うくらいならやればいいと思うんですが、出来ない事情でもあるんでしょうか。
もし出来ないのなら、出来なくなったと言う話なんでしょうか。
そこに原因がありそうな気もするんですけどね。

「それ」の話ですけど、また少し考えてみた。
人間の脳みその事を考えた。
ある日を境に、スポーツが上手くいかなくなった事があった。
その時のオレの頭の中は、今思えば他の事を考えていた。
当たり前の話を言いますけど、仕事を間違った時に良く言われる言葉、「何か考え事でもしてたの〜?」。
よく聞く言葉。
目の前にあるボールを蹴る、それだけを考えていればいいのに、なんか違う事考える。
そうすると、上手く蹴れなくなったりする。
コンピュータに例えるのは嫌いなんですが、コンピュータに例えてみる。
人間の脳とコンピュータは結構似てる。
なんかのアプリを起動しながら、他のアプリも起動すると、パソコンが重くなる。
オレも同じ事をやっていたんだと思う。
何かをやりながら、他の事を考える。聖徳太子でも無いのに。
そんなの上手く出来る訳ない。
スポーツの一流のアスリート達は、みんな同じ事を言う。
自分が今やらなければならない事に集中すると。
集中しないから、目の前の事が上手くいかなくなる。
上手くいかなくなるから、自虐的になる。そんで悩みが増えて考え事が多くなる。
単純に、そんだけの事だった気がする。
「それ」の話は良く分からなくなった。
ただ、今思うのはそういう事なんです。

108 ::2005/07/23(土) 20:46:42
オレの友達にこういう奴がいる。
運転する時に、いつも道を間違える奴。
たぶん一人の時はそんな事無いと思うんだが。
こいつはたぶん、オレ達の目を気にしているんだと思う。
いつも通っている道なのに間違える。何やってんだと。
いつも頭の中で問いかけているんだろうな。
この道でいいよね?って頭の中のオレ達に。
自分が進みたい道行けばいいのに。
間違ってる訳無いんだから、思った道行けばいいのに。
おそるおそる右にウインカーを出すのをやめてほしい。
パニック状態と言う物がある。
こいつも軽いパニックに陥っている。
思ったけど、パニック状態の時に失敗した事は、なんの足しにもならない気がする。
オレの会社にいるおっさんは、毎日社長に怒られている。
いつも社長の顔色をうかがいながら仕事してる。
そんで間違える。
と言うか、この頃なんかは間違えても無いのに怒られている。
社長も社長で人の使い方が下手なんだと思うが、この怒られているおっさんの頭の中は、間違えたくない、怒られたくないと言う思いでいっぱいなんだろう。
こうなってくると、思考が働かなくなる。
考えているつもりでも考えていなくなる。
このおっさんがする失敗の原因は、社長に怒られたくないと言う思いから、自分の考えで動けなくなっている、と言う事だと思う。
自分の考えで失敗したのなら、今度はここを直そうと言う気になる。
だが前者の考えで失敗したのなら、社長の言った通りにしようと言う事しか思い浮かばない。
犬のしつけに似ている。
褒めればちゃんと覚えるが、叱っても覚えない。
今までのことをまとめていくと、余計な事を考えずに、目の前の事にだけ集中し、自分の考えで動く。
こうしないと人間と言う物がダメになる。
人間だけじゃないかもしれない。生物の本質はそこにあるのかもしれない。と、思った。

109 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 20:55:43
自分なりの一定の悟りの範囲で納得できれば良いのだが、
年齢層が高くなってから悩み始めたようだから問題なのかもな。
良い家族がいれば不条理の納得もしやすいのだけれども、
他の個人間の意識の共有は中々に難しい。
誰にしも言えることだが、自分の思う世界観とは違いすぎると言うのが大きいのだろうか。

110 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 21:07:09
>>108
お前他人のこと気にしすぎ
馬鹿じゃない。


111 ::2005/07/23(土) 21:13:31
あと、質問なんですけど、哲学ってなんですか?
何をする学問なんですか?
そして、なんの為にやる学問なんですか?
いまいち良く分からない。
オレがやってきた事が、もし哲学なんだったら、オレはかなり遠回りしてきた気がする。
言い方を変えれば、道を間違えたオレが、また元の道に戻れたのは哲学のおかげだった気もする。
でも、普通の一般人は、わざわざ最初からそんな遠回りしないし。
遠回りするための学問なのか、それとも道を誤った人間が元の道に戻れる様にする為の学問なのか。
それとも、どこからにあるはずの、光の道を探す為の学問なのか。
その全てなんですかね。
だが、オレがこの板を見て、最初に思ったのは、健全な一般人が、わざわざ遠回りしている様に見えた。
遠回りしているつもりは無いかもしれない。
光の道を探しているのかもしれない。
だが、オレが思ったのは、あなたたちは健全なんだから、わざわざアリ地獄にはまる様な事しない方がいいんじゃないか?と、思ったのでした。
なんかもったいねぇなぁって。そう思う人結構いる。
かと言って、全く考えないのも困るとは思いますけど。
バランスっちゃバランスですよね。
お釈迦様も言ってたし。琴の弦は、張りすぎると切れてしまう。だが緩すぎると良い音色が出ないと。

112 :98:2005/07/23(土) 21:15:45
>>110
そうかなー、オレは1は割といい線いっている様に思うがなー、
あんたが馬鹿だと思うのも勝手だがね。

113 ::2005/07/23(土) 21:23:01
>>109
金が無い、社会的地位も無い、培ってきた物が無い。
単純に、財産が少ない奴が悩むって言う。
そんな事かもしれないですね。
強い奴は悩む必要が無い。
弱い奴は悩む要素がたくさんある。
だから意識の共有は難しくなってくるって言う図式ですかね。
悩めば悩むほど弱くなる気がするから、考えても無意味な気がする。

>>110
んだと?殺すぞコラ!!!

114 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 21:27:02
>>113
どうやって殺すんですか?

115 ::2005/07/23(土) 21:29:44
>>113
あったまきたから感情を爆発させただけだコラ。
しゃらムカツク。

116 ::2005/07/23(土) 21:30:25
レス番号間違えるほどムカついた
>>114

117 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 21:30:54
しゃらムカツク。wwwwww
どこの言葉?
おまえ馬鹿じゃない

118 ::2005/07/23(土) 21:34:55
>>117
オレの地元の方言かもしれない。

119 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 21:36:30
何で人生相談板で質問しないでここにたてたの?

120 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 21:39:42
俺はどこの言葉(地名)と聞いてるのに
地元だけじゃ天才の俺でもわからんよ


121 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 21:46:12
>>118
もしかして塩尻か諏訪?

122 ::2005/07/23(土) 22:16:00
連続投稿規制で書き込めなかったのがしゃらムカついた

>>119
相談する事が無いから。
解決してるんで、オレの中では。

>>120
しゃらムカツクで検索したらどうですか。

>>121
違いますね。
つうか、こんな言葉使った事無いんですよ。
以前どこかで聞いた言葉なんだけど、なんか面白かったから言ってみただけです

123 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 22:20:46
面白そうな話題が出てきましたね。
どこの言葉かすごく気になります。

124 ::2005/07/23(土) 22:27:55
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1116128878/
このスレの63の人がしゃらむかつくとか言ってます。
一応質問してきたけど、レスがつくか分かりません。

125 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 23:16:02
しゃらぽわムカツク!

126 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 23:23:52
>>122
63の人は塩尻か諏訪じゃないのかなと思って
お前に質問しただけだけどな
しゃらワロタ!

127 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 03:50:26
ん?

128 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 08:21:21
>>111
の1の言葉はいいぞ!111に1っていうのもいいな。
俺の考える哲学を話そう(いや書こう、いやキーボード(ry )。

回り道。うまいねぇ。ただね、
「哲学」はある種の人間の価値観を壊すことがある。
もしくは根底から覆す、塗り替える、などそういうことで、
つまり1が今目指している「何も考えない状態」でまっすぐに生きてきた
そういう人間にクリティカルヒットすることが多い。
うそーん、生きていくことってこんな考え方があったの!つって。

じゃあなに?「哲学」って、要は害?よくないもの?といわれると
そうではない。
なぜなら「哲学」によって、考えまくるようになっちゃった24のような
人間を、そこからまた救済してくれるからだ。
なるほど、と思える価値観を与えてくれるからだ。

つまり「哲学」は普通に生きている人間を苦悩させ、ある意味突き落とし
そっからまた「哲学」によって救済するという霊感商法みたいなもんだ。
つまり1には、これが回り道に感じるんだろう。

しかしなぜそんなものが、この時代まで必要とされ続けているのか?
(つづく)

129 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 08:22:18
500億の資産を持つ、超大金持ちの男がいたとする。
きれいな妻、かわいい娘、
このまま何不自由なく死ぬまで生活できる金は充分すぎるほど手元にある。
しかし男は何を思ったか、突然離婚する。
資産の大半を妻に渡し、残りも赤十字に全額寄付して、
自分の手元には1円もない状態にしたのだ。
男はホームレスになる。どうにもならない。
2、3ヶ月、ゴミを漁り、どこにもいけず、道行く人に嫌な顔をされる日々。
もう食べることもままならず、プライドも消え、どうでもよくなり、自殺しようとする。
しかし男はまた何を思ったか、働くことを決意する。
職安にいく。しかしスーツもない住所ももたない男を受けいれてくれる会社などなく、
ことごとく面接に落ちていく。
しかしある道路工事を請け負う小さな会社の親方が、
何も聞かずに「明日から来い」と言ってくれた。
男は泣いた。そして初日、足手まといになりながらも、必死になって働いた。
そうしてその日の終わり、親方が7千円を男に渡した。
「おまえは日払いにしてやるよ」
男はまた泣いた。そして7枚の千円札が、今までにない輝きを放っているのを知った。
(つづく)

130 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 08:23:17
これが哲学だ。
説明するまでもないが、500億の資産を持っていたならば
7枚の千円札はそれほどの輝きを放ちはしなかっただろう。
まわりから見れば、なにやってんの?あんたその7枚かける7百万倍の金もってたじゃんって。
しかし男は「救済」を得て、とても満足そうに見えるのだ!
この「救済」は、500億持っていようが、得られない快感に近いものだったのだ!
「救済」されるために、一度、とことん落ちるという行為、
これが哲学だ!

男が突然離婚をしたのも、ある哲学としての言葉に触れたからであった。
男が自殺をやめたのも、ある哲学としての言葉に触れたからであった。

ふりむくな
ふりむくな
後ろには
夢がない。

131 :98:2005/07/25(月) 18:48:13
>>83
>思うままにふるまってもそれで道をはずれないようになるということです。

すばらしいね、その境地、それこそオレの目指すもの。
常に自然体で在るが故の全方位刺激からの柔軟な理想的対応。
意識的思考無しの忘我の境地故の一切の迷い無き状態。
アクセルもブレーキも含めた全てがオートマテックな純粋無垢状態。
それでいて道を外れず王道を行き、道(タオ)と一体なる境地。
オレがタオなのかタオがオレなのかすら考える事も必要としない在るがままの流れ。
タオの流れがオレの流れなのか、オレの流れがタオの流れなのか
・・・そんな思考すら消える・・・そのまま流れて行こう。
そこには究極の精神的快楽が待っているかと・・・

と、こんなことを書いてみたくなった・・・

132 :24:2005/07/25(月) 23:41:45
前までは悩む事まであるがままだった気がします。
何かを信じていたのですが、信じていた物など無かったのだと気付きました。
とりあえずバイクは乗る方向でいってみようと思います。
何かを変えないと良くも悪くも変化はないですもんね。

133 :考える名無しさん:2005/07/27(水) 00:59:38
良スレ

134 ::2005/08/01(月) 22:15:45
このスレのおかげなのか分からないが、この頃自然に行動できる様になってきた。
考えると言う行動にはまっていた時は、自分だけ異次元空間にいる様な感覚だった。
だが、本能のままに生きようと決めた後、大分マシにはなってはいたが、まだ目の前に靄がかかっている様な状態だった。
そして、ここ一週間くらいの事なんだが、適度に考え、適度に行動している自分がいる。
行動を本能で行い、思考も本能で行っている様な。
久しぶりに感じた、普通の状態。
こうやって書き込みしてきたから、考えがまとまってきたのだろうか。


>>128>>129>>130
これを見ると、他人がどう思おうと自分が幸せと感じればどうでも良さそうな感じがする。

>>131
最初この書き込みを見た時、書き込み自体を意識した。
この書き込みを、色んな角度から見ようとしていた。
そんな事しても何も感じる事なんて出来ないのに。
なんで色んな角度から見ようとしたのか?って言うと、オレもこうなりたいから。
こうなりたいのなら、最初に感じた感性を大事にすればいいじゃないか。分析なんてナンセンスなんだ。
この書き込み自体もそう言っているじゃないか。
最初に感じたもの、それが大事らしい。
言葉で細かく分解する必要もなく、感じた時点で理解しているんだった。
その感覚を大事にしよう。そう思った。オレがこの頃調子いいのは、もしかしてこの書き込みのおかげってのもあるかもしれない。
そんだけ良い事言ってると思う。



135 ::2005/08/01(月) 22:38:44
>>132
良かったじゃん、気付けて。
昔の自分との関連性を探すほど、自分を悩ませるものはないからね。
何も考えて無い時の自分は無敵だった。
その時の自分を探すほど矛盾した物も無い気がする。
だって無敵だった時の自分は考えてないのに、考えて無敵だった時の自分を探そうとしてんだもん。

136 :考える名無しさん :2005/08/04(木) 15:12:21
下手の考え休むに似たりという訳か

137 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 07:35:29
>>136
簡単な言葉で締めくくったな。
それだけでは、君がどこまで体感しているか不明だ。

138 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 13:43:45
>>136
もうすでに書かれてるよ>>36

139 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 13:22:30
>>135
>何も考えて無い時の自分は無敵だった。

それは「めくら蛇に怖じず」っていうやつではないですか?

140 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 17:40:49
>何も考えて無い時の自分は無敵だった。

それが若さってもんよ! もうおまえは若くないんだ! 自覚しろ!
若さの前にひざまずけ! グッバイ青春! もうおまえは脇役なんだ!
さようなら! みんな同じだ! さようなら! すがりついちゃいけないよ!

141 :凡人:2005/08/06(土) 18:09:53
心の事で他人の書き記した事を記憶すると心の迷路に入ってしまいますよ。
誰もが持っている心の仕組みが分からないのは不思議と思いませんか?
心の仕組みが分からない事の仕組みも有りますが哲学的な事は他人の言葉を
鵜呑みにしないで、先に自己確立が必要です。
自己確立をすれば他人が書き記した書の間違いもハッキリと分かります。
自己確立の方法を説明すると長く成りますのでホームページの
『誰でも分かる心の仕組み』をご覧下さい。


142 :TAR:2005/08/06(土) 18:13:23
この板で頭が悪くなりました。

143 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 21:48:56
>>134
いいなー、僕も1のようになりたーい。

144 :24:2005/08/11(木) 23:07:48
最近は調子いいです。
違和感がなくなってきました。
俺の場合は根拠の無い自信に気付いてから、本当はダメな自分を認められていなかったみたいです。
理想の自分とのギャップがつらかったのかもしれません。
理想になんか簡単になれるわけないんですけどね。
理想に近づこうとは当然するけど、なかなかうまくいかなくても仕方ないことに気付いたらかなり楽になりました。
自分にとって考える事はやっぱり大切だと思います。
考える以上は真理を見つけたいですが、なかなか見つからなくてもそれはすごく難しい事だし仕方ないという事です。
今はそう思います。

145 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 23:34:20
上げ上げ打ち上げ〜
上げ上げめちゃ上げ〜

146 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 04:33:22
さらっと読んだけど、読む価値のあるスレだと思った。
>>1さんの言うことは、昔、俺が考えていたことと共通する部分がすごくあると思う。
>>1さんも>>24さんも、最近は調子がいいみたいでうらやましいよ。

でも多分そのうち、調子がいい状態と悪い状態を波のように繰り返す時期がくるんじゃないか?
考えるという方法に気がついて苦しんで、その後考えないという方法に気がついて楽になると、
その後はその間を行ったりきたりするカモ。俺はそんな感じになった。

理想に燃えて何かを盲目的に信じられる状態と、
何もかもが客観視されて何をするのも馬鹿らしくなってしまう状態の間に
なんとか理性を保ちながら生きている。

俺が思うに、考えないで本能のままに生きる方が絶対楽だけど、問題はそれができないってことなんだよね。
考えろ!っていうのはすごく簡単な命令だけど、考えるな!ってすごく難しい。
考えないで本能のままに生きられたらよいけど、どうしても考えてしまう。

147 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 04:44:12
その寄せては返す波、を乗りこなしてください。逆巻く波間に何かを見たり、凪ぎの水面に何かを思ったりだよ。
洩れはスイマー!スイスイ♪

148 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 10:54:01
>>146
そのくそ丁寧な生あったかいレス、どうにかなりませんか。
2ちゃんにはこういう、物分かりのいいふりをする聞き専がゴロゴロしていて
うっとうしくてしかたがない。
たまたまのぞいたスレにそういうレスを見つけると
またかって気になる。

149 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 12:27:46
>>148
そういう考えだと冷薄を気取って知ったかするだけのニヒリズムに陥るぞ。



150 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 21:32:47
>>148
いいものにはいいと発言する、
嫌なものには嫌だと発言する、
素直でとってもいいことだと思うぞなもし。

実生活では素直な発言もしにくくなった現代だからこそ、
こういう匿名掲示板にて素直にストレートに表現することは、
とっても心地よく意味のあることだとおもうぞなもしー。

スレの内容とは繋がりが薄そうなタイトルなのが残念だけど、
内容に関しては、俺はとっても好きだ、このスレの内容は間違いなく「いい。」(^-^/
俺は大好きだ〜!

151 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 10:30:47
このスレには真実が書かれている。
しかし、それを見抜ける程の理解出来る人は極少数だろう。
全く世の中には賢いつもりのバカが多い。
1よ迷わず自分の道を進め。周りのバカは放っておけ。
君は真実を生きろ。

152 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:50:12
いつかよくなるって信じている

153 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:47:15
祠スレの点在ぶりをみてると
何とも言えない気持ちになるぞなもし。

154 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 12:13:02
突き詰めて考えても見えてくる真実はとても無機質で
つまらないものだと思うよ
それを受け入れるのが辛い人はあまり考えすぎない方がいいと思う
こうゆうのって性格的な向き不向きがあると思うから
俺の場合は自分の存在が無意味で価値が無いってわかったとしても
それがどーした?ってうけとめられる性格なので問題がない
しかもとことん考えるのが好きときてるから
ひとそれぞれって事


155 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 12:17:07
無機質なのは事実だろ。客観主義に毒されすぎ。


156 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:30:55
まあ、自分に価値があろうがなかろうが、
人は生まれた時点で死ぬことは決まってるんだし
進化も発達も、意味があるように見えてただの変態にすぎない。
そんなことより、一杯の茶の美味さやありがたさを何も考えず感じてたほうが
なんぼかましというもの。

157 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 16:32:51
本物の哲学者は「まあ」なんて話のはじめにつけない。

158 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 13:48:52
>>157
言葉なんざに拘るアホよ

159 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 13:58:16
バカの壁は諸刃の剣

160 :考える名無しさん :2005/08/29(月) 14:02:47
「バカの壁」って、2ちゃんねるでいうところの
不等号を使った「越えられない壁」というやつか?

161 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 14:26:27
>>160
あれは池沼の壁

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)