5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「わかる」って何だろう

1 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 16:41:18
意識やこころの存在も不思議だが、
何かが「わかる」「理解」できるっていう現象は
もっと不思議ではないか?
コンピュータも「わかる」ことができるのか?

知性というものはとても神秘的だ


2 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 16:42:56
そうだね

3 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 20:20:45
「ボク」って何だろう
「時間」って何だろう
「存在」って何だろう

何だろう何だろう ああ何だろー

ここに哲学バカ 嗚呼何太郎君が誕生いたしました

4 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 20:42:31
哲学板で哲学バカっていうのもどうか??

5 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 21:00:04
>>1
「理解する」ってのは、考えるのをやめるということ。
それ以上考えても無駄だから、妥協するってことだよ。

6 :覚ちゃん:2005/07/20(水) 21:27:58 ?
認識{理解力、観点}が高まると、今まで明確でなかった事が理解でき、
あ〜そうなのか{わかった}ってなるんだけど、認識のレベルアップが、
出来ると、ぼくとはなにか、存在理由が判る、自覚者になれるよ。

7 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 21:35:37
世界が理解できるのは、世界が人間の知性に理解できるように
できているからだ。


8 :考える名無しさん :2005/07/20(水) 21:47:18
俺は高校のとき理系クラスだったから微分積分を習った
一応問題は解いていたけど、最後まで微積の意味が分からなかったな

9 :助ちゃん:2005/07/20(水) 22:22:25
>7

世界を理解できるとは、どういうこと。
世界を世界だと認識しているってこと。



10 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 22:32:31
誤解=わかる
誤読=わかる
曲解=わかった
思いこみ=哲学的思考

11 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 22:36:50
動物は自分が動物であることが分からないが、
人間は自分が人間であることを知っている。
これが理解するということである。
また、そこから人間は自分が人間であることを知っているが故に、
動物には行うことが出来ない行為をすることが可能なのである。
同様に、動物には餌が餌であることを知っているが故に、
単なる物質には行うことが出来ない行為をすることが可能なのである。

従って、行為には主観から客観へ接近し、それによって行為を実現することが出来る。
これは人間という主観から、世界の要素の人間という客観への接近であり、
その接近量の分だけ行為という実現が可能になる。
動物は動物という主観から、世界の要素の餌という客観までしか接近できず、
人間と同じ行為を実現することは出来ない。
つまり、理解とは手段そのものである。
また、単なる物質は主観から動くことはなく、主観そのものであると云える。
さらにこのことから、知性とは客観性であることも明らかにされる。

コンピュータは処理を行うことは可能である。
従って、主観から世界の要素としての処理までは接近しているため、
コンピュータは理解しており、さらに知性も存在する。

12 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 22:59:54
動物は自分が動物ってわからないと何で言い切れるんだよ?

13 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:03:51
猿が自分が猿であるということをわかっていないとしたら、どうして猿だけの群れを作ることができるのだろう?
雁が自分が雁であるということをわかっていないとしたら、どうして雁だけの群れを作ることができるのだろう?
鰯が自分が鰯であるということをわかっていないとしたら、どうして鰯だけの群れを作ることができるのだろう?
蟻が自分が蟻であるということをわかっていないとしたら、どうして蟻だけの群れを作ることができるのだろう?


14 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/07/20(水) 23:11:58
>>1
「分かる」とか「理解」するってのは文字通り
何かの記号を分解して再構成できるようになるってことでしょう。
「英語がわかった」というのは英文が作れるとか英会話が出来るってこと。
しかし、コンピュータは意味が分からないまま
記号を操作している(中国語の部屋)のですが、
操作を超えた意味をどう位置付けるのかが焦点になるでしょう。

15 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:24:25
「わかる」とは、単に記号操作の仕方や法則を習得するということなのか。

そんな単純なものではないだろう

たとえば論理的に理解するという現象をみてみよう

人間はみな死ぬ。
ソクラテスは人間である。
よってソクラテスは死ぬ。

この「よって」という部分が肝なのだ。
すべて知性のある人間はこの「よって」が理解できる。
しかし、この場合の理解とは何か?
これは単なる記号操作の習熟とは違う。
なぜかわからないが、知性はこれを正しいと感じ、これ以外は
ありえないということがどうしようもなくわかってしまう。
リーズンというものは神秘なのである。


16 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:25:57
>>13
激しく同意。

17 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/07/20(水) 23:32:25
>>13
それは違うんじゃないかな。
カッコウの子供にエサをやる親鳥の話とか。
特定の視聴覚刺激に反応しているという。

>>15
いやそりゃ記号操作ですよ。
↓これはコンピュータでもできます。

AはC
BはA
よってAはC

もちろんそれとは別に操作的なレベルを超えた
「共感」という意味も理解の用法に含まれているでしょう。


18 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/07/20(水) 23:32:54
>>17
AはC
BはA
よってBはC

でしたね。訂正

19 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:38:25
>>17
人間もネコの子供にエサやったりしてますよ。

20 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:41:32
コンピュータの記号操作は「わかって」やってるわけじゃないだろ

21 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:43:56
人間のニューロン活動も「わかって」やってるわけではなさそう。

22 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:44:47
7
世界が人間に理解できるようにできていると言う事は人間にはこの世界しか理解できないのかな。

23 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 02:32:52
>>21
お前は自分がある問題について考え、その解を得られたとき「わかった」という
意識を持たないのか?

24 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 06:11:57
イデア界と交信する通路が脳の中にあって、悩んでいるうちに突然脳の中に
電子がかけめぐってイデア界と繋がり合う瞬間が訪れるのです。
その訪れが、ものごとが分かる瞬間ということです。

25 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 08:33:48
うむ、有理じゃな

26 :等々力警部:2005/07/21(木) 08:48:25
よし、わかった!

27 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 09:22:23 ?
ねこに小判
枝葉末節ではなく本当に{わかった}話をしよう。又はわからない。

28 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 12:53:36
わかる論理はPCと同じ。PCは検索で膨大なデータの中から「27」を捜し求めて「27」を発見すると「27−27=0」で、検索ループから抜け出して次の作業に移る。

これと同じでシナプスの質問論理パターンと回答論理パターンが一致した時に「わかった」と感じる。

29 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 13:46:22
何事も理解可能だとする人間の病(=抽出能力)。そもそもすべてが理解可能であろうはずがない!

30 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 20:20:30
>>23
わかったという現象がニューロンの活動に由来しているのは事実だが、
わかったという経験をしている人間は、その経験において
どのようにニューロンが活動したか知らない。
それでも、そこに「わかった」があるといえるのであれば、
コンピュータが記号操作を「わかっていない」としても、
そのことだけではコンピュータに「わかった」が起こりえないということは、
いえないということになる。


31 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 20:44:36
>>1
普段はあまり気にしないけど「わかる」「理解する」ってのは言われてみれば確かに不思議だよね。

パトナムが「理解したという実感」は「理解」にとって必要でも充分でもない、という議論をしてたらしい(原典を読んでないのであくまでらしい、ね)。
この議論自体は例によって(?)胡散臭い匂いがするんだけどw「わかる」「理解する」ということの不思議さに気付かせてくれる話ではあるよね。

32 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 21:10:32
理解より記憶の方が不思議です。目の前のコップが30秒前のコップと
同じコップだと理解するのは記憶が支えている。

33 :助ちゃん:2005/07/21(木) 22:43:22
忘れるというのも不思議。思い出すというのも不思議。訳が分からない。
このとき、訳が分からないということは分かっている。 分かるとは。


あることが分かるとは、そのものの論理が分かることではなくて、そのもの自身が分かることである。

物理学を知らなくても、空に放り上げた石が放物線を描いて落下することは、子供でも分かる。
投げたものが落ちる。それをそう実感するしかないのである。

自分が自分であることが分かる。これは論理でなく、精神の気付きである。

理解できるということは、論理を用いて、そのものが説明できるということ。
理で解くということ。 科学は世界を理解しようとする学問だ。


34 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 23:41:38

わかる ということは 分ける ということであります。

混沌とした事柄を 分けること、整理することにより

脳のシナプスがスムーズに働き (略


35 :ねこちゃん大魔王:2005/07/22(金) 00:25:30
わからんちゃんが、わかったちゃんに、変身する時の
ポーズがわかったというコト

36 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 01:08:16
ぜんぜん違うよ わかってないよアンタ

37 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 01:45:09
「わかる」の神秘は「見える」にも言えるんじゃないか。
あるいは「聞こえる」にも。

脳の中のシナプスをいくら解析しても、それらの現象は
電気信号としてしか把握できない。
つまり、わかる、見える、聞こえる、といった主観の神秘には
客観を旨とする科学は肉薄できないのだ

38 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 06:33:28
わかっちゃいるけどやめられない〜

39 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 06:39:30
いい言葉だよなぁ

あそれ すいーすいーすーだららった すらすらすいすいすいーっと

40 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 07:19:14
>>37
電気信号としか把握しないから君には分からないんだよ。

41 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 08:20:33
小説を読んでいて行間がわかる。そして場面が頭に浮かぶ。その脳内の映像が、ふと、不思議に思う。

42 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 08:56:05
電流が流れると、そこに意識が生まれるんだよ。

43 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 18:49:00
分けすぎるとどこへ分けたか忘れて分けわかんなくなっちゃう。

分け入っても分け入っても青い山

44 :ねこちゃん大魔王:2005/07/22(金) 19:39:46
>>36
だれにいってんだ、あん. 。 なめんなよ

45 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 20:36:52
知ること。
哲学こそ人類の最終文学ですな。
答えが物理数学なんかより
簡単に出てこない。
森羅万象の意味を知りたい
これが人間の本能です。
あぁぁぁー深いよ、深すぎる。


46 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 22:01:09
>>45が素晴らしいこと言った。漏れには、それが『わかる』

47 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 22:04:07
よし、わかった!とポンと手を打っていた等々力警部は
いつも間違った推理をしていたという事実

48 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/22(金) 23:03:40
分かるってのは、違いが分かるかです。
例えば、犬の群れを見て犬が一杯いるとしか分からなくても
飼い犬がいれば他のと区別がつく。
それは分かるからではなくて違いを知っているからです。
それはなぜか、飼い犬と似た犬がいるとどちらか分からない。
分かって区別をするのではなく、違うという消去法で残ったものが
それだと分かるからです。
ということで分かるとは違いの分かる男ということです。決定的だね。

49 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/22(金) 23:26:48
そうに違いないとは、違いが無いから
消去法で残ったそれと同じという意味です。

50 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 07:31:02
たしかにA=Aという自同律は全ての論理の基本だね。
これがわからなきゃ何もわからない。
ということは「わかる」ということの根底をささえているのは
A=Aなのか?
きっとそうだ。
ではA=Aが疑い得ないと「感じる」根拠はどこにあるのか?
それはこの世界のある程度の恒常性によっているのかもしれない。

Aだったものが一秒後にBに変化するような世界に生まれていたら、
A=Aという等式を疑いえないと素直に思えないだろう。

すると、「わかる」とは、この世界に生まれた人間が、この世界の法則性に
なじんだ結果、「あ〜これもいつも通りだな」って「安心する」行為では
ないのか。

51 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 07:34:20
普通に考えたらシナプスが強化されることだが

52 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 07:37:05
お前らバカだな。体が勝手にやってることまで自覚できるわけねーだろ。
俺はどうやって心臓を動かしてるんだろ?恐いことを考えるとドキドキ
するから、俺は恐いことを考えて心臓を動かしてるんじゃないか・・・
と言ってる奴と似たレベルの低さだな。

53 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 08:05:11
テツandトモは哲学的?

54 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/23(土) 08:50:24
>>50
>ということは「わかる」ということの根底をささえているのは
>A=Aなのか?
ん?A=Aでは分かりません。
Aという物について知っていることより
Aでない物を知っていることの方が多い。んー、ちょっと違うなぁ。
似たようなものを見るとき細部は知らなくてもどう違うかで見分けますよね。

広辞苑
【判別】
はっきりと区別すること。見わけること。
【区別】
違いによって分けること。また、その違い。くわけ。けじめ。


55 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 08:54:37
君は基本がなってない。

56 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/23(土) 09:11:28
>>55
基本って?
これは何ですか?と聞かれて
それはりんごです。と答えるのは
りんご以外にありえない(りんご以外の答えを消去した結果)という答えですよ。
食べ物→果物→赤か緑→りんご
というカテゴリの選択はそれ以外のカテゴリを消去している選択ですよ。
言い方を変えれば大きな相違点から挙げていって絞込みをする。

57 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/23(土) 09:28:41
未知の物は記憶のどれとも違うもの。
だからそれが何々と分かる(覚える)んですよ。
りんごを知らない子供にこれがりんごだと教える。
その子供が梨と同じだと思ったらりんごを見ても梨だと言うでしょう。

58 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/23(土) 09:45:26
57は例が悪いな。
サーバーとワークステーションとパーソナルコンピューターをジジイが見たとき
全部パソコンだと言うだろう。それはなぜか。違いが分からないから。
違いが分かればそれぞれ使い分けが出来る。

59 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 09:49:06
ワークステーションとパソコンは別のカテゴリーの商品かもしれないが、
サーバーっていうのは・・・。おまいも違いが分ってないんじゃないのか?


60 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/23(土) 10:00:17
商品でなく目的について書いたんだけど。
サーバー:サイト運営用。
WS:端末。
PC:個人用ってこれも端末か。ごめん、分からないや。

61 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 10:01:33
哲学板に来て思うのは哲学的思考の好きな人は
具象に関する知識が少ないなってこと
所謂わかってないってやつ?

62 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 10:08:56
ヒント:用途

63 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/07/23(土) 10:14:10
サーバーはPCでもWSでもできるね。
WSは業務用端末。PCは個人用端末。
いや、知ってましたって。
サーバ=クライアント構造のゲームプログラム作ってますもん。
不適切なDirectPlayでですが。

64 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 10:44:46
「わかる」とは四次元的認識
三次元認識では物の姿形を知覚するだけで
その認識内容に発展性が無くすぐに知覚できなくなる。
四次元的認識はその認識対象に付随する秩序(概念的広がり)が
脳内に蓄積された様々な記憶の中から、それに関連すると思われるものを知覚させ
記憶のつながりを起こし、そのつながりが知覚の循環となって
「認識が発展性をもって持続する」これが「わかる」ではないでしょうか。

65 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 10:50:13
夏休み?

66 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 12:21:40
>>64

何を言いたいのか全然わからない。
厨房にもわかる説明をしてくれんかのう。

67 :64:2005/07/23(土) 12:45:17
>>66
簡単に言うと「わかる」とは相対認識
いろんなことをくらべてみよう!

68 :ハル:2005/07/23(土) 15:13:38
わかるとは「分」かること。
即ち断絶。

69 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 17:39:15
相手の言わんとすることが「わかる」という場合、
論理の筋道がわかったという場合のほかに、
相手の言ってることが「自分にも思い当たる」という場合がある。
相手の言わんとしてること(例えばある感覚)をAとすると、
自分にもAに似た感覚A´があり、このA´の感覚と比べて
Aを理解するという構造をとる。
とすれば、やはりこの構造の規定にはA=Aという等式が働いてはいまいか。

そしてこの場合、この等式を成り立たせるための条件は「世界の恒常性」ではなく、
人間の感覚というものの一般性とかある程度の普遍性というものではあるまいか。


70 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 06:18:48
>>45
浅いな。

71 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 06:51:31
認知心理学や脳科学やってる人のほうがもっとマシな答えを書きそうだなあ。

72 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 09:29:02
>>45

底なし沼だな。

73 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 21:13:23
愛する者こそ、もっとも理解する者である

74 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 21:44:22
愛するものこそ、もっとも誤解する者である。
アバタもエクボ。


75 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 23:47:16
わかってると言ってる奴でもテストすると100点とれる奴はほとんどいない。
いい加減なものさ。

76 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 10:52:28
100点取れたからといって、わかったわけでもない。
いい加減なものさ。
本当にわかればフロを飛び出す。わっかるかな、わっからないだろうな。

77 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 10:57:35
風呂飛び出して裸のまま2ちゃんに思いつきを書き込んでみるが、
叩かれて終わる幽霊かってやつだろ

78 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 14:12:15
ところで、「アルキメデスの原理」って、
純金の王冠の混ぜ物を見破るのに使われたって
ことになってるけど、どう役立ったのかいまいち分からない。
説明できる人居る?

79 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 18:49:20
小学校の体育の時間に初めて鉄棒で逆上がりを習うとしよう、
それまでにまだ逆上がりを一度もしたことが無ければ、
その状態は、逆上がりをわかってない状態。
そして、何度か練習するうちに出来るようになったとしよう、
その状態が、逆上がりをわかった状態。
見ただけや理論を知ってるだけでは、厳密にはわかった状態とは言えない。

80 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 18:57:00
逆上がりが出来たわかった状態を、
逆上がりの出来ないわかっていない状態の人に、
言葉や図では全てを説明する事は出来ない。

81 :ハル:2005/07/26(火) 15:02:07
無意識的に統制された状態を他人が見たときその人がそれをわかっていないなら自分はわかっていると鏡像的に認識される。

82 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 15:49:23
甘いな。
逆上がりだって個性があるんだよ。
A君のやる逆上がりとB子ちゃんのやる逆上がりは微妙に異なるんだ。
体にかかる物理法則は同じだけどな。
猫の絵の描き方が分かったって猫を描かせればA君とB子は違う。
A君はB子の逆上がりの方法を分かった気になってるだけだ。
イチローがつかんだ「バッティングの感覚」を草野球の兄ちゃんが
分かってるわけねーんだ。

83 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 16:20:27
たずねる(尋)という漢字が分かるか?分かる。
ョ!エロ寸と書くと覚えてる子と見たままの形で覚えてる子がいる。
逆上がりのやり方が分かるか?分かる。
後ろから反動を付けて地面を蹴って上がる子と腹筋と上腕二頭筋と後背筋
だけを使ってジワジワ逆上がりする子がいる。
両者とも同じ事を分かった気になってるが、情報処理の内部プロセスは異なる。
バッティングコーチのイメージで選手のバッティングフォームを
勝手にいじって成功する場合もあれば失敗する場合もある。
効き目利き足利き体側など体の癖が異なるので情報の入出力に癖がある。

84 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 18:24:54
わかる=外在の内在化
わからなくなる=内在の外在化

で、すべて思い込みの一種です

85 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 18:33:36
思い込みじゃないものって何?

86 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 21:45:23
とりあえず論理的不可謬性は思い込みとは言えないだろう。

デカルトの「我思うゆえに我あり」も、「そらお前の思い込みだ」と
言うのは矛盾した突っ込みだろう

87 :考える名無しさん:2005/07/27(水) 00:52:07
>>86
1段目と2段目はどう繋がってるんだ?

88 :考える名無しさん:2005/07/27(水) 00:54:24
神は初めに天地を分けたけど、時間には勝てないんだな。

89 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 06:47:39
頭がいい、悪いってあるよね。
物分りがいい、理解が早いのと、飲み込みの悪い人。
知性というのが神秘的なものだっていうけど、
こういう頭のよさの違いは明らかに先天的な性質のはずだ。
知能指数と同じ。
かなりの部分で遺伝される形質でもある。
ということはだ。
「わかる」というのは何か神秘的な状態ではなく、
脳の形質に関係のある、徹底的に物理的な条件に左右されるものだと
いうことだ。


90 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 10:06:47
いやいや後天的訓練を侮ってはなりますまい

91 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 10:41:23
先天的なものは確かにあるが、かなりのものはコンプレックスだろ。
陸上競技のタイムも、これが人類の限界だと言われるとなかなか
破られないが一人が記録を破るとポンポン新記録が生まれる。
パソコンや携帯を怖がってる人は電源を切ることさえ出来ない。
子供がメールを打ってるのを見て自分は駄目だと思うからますます
出来なくなる。工業高校の子供でも車に関しては飲み込みが異常にいい
し。

92 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 06:50:00
音楽や絵が「わかる」って言うふうにも言うね。
違いがわかる男、とか

93 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 22:53:09
>>89
頭がいい悪いってのは、理解が浅い深いというのもあるだろう。
ダイオードのN教授は学生時代に数学の定理の
証明から考えてしまっていたので、時間がかかりすぎてたと。
他の学生はそんなことしない、のに気づいて驚いていたらしい。

理解の基準も人それぞれじゃないかと。
「腑に落ちる」までやる人と、そうでない人と。

94 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 23:12:55
応用からは納得続きで気持ちいいでしょう

95 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 01:06:08
神秘って人の感じ方じゃないか?
存在に神秘を感じたり、世界に神秘を感じたり。

96 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 04:14:23
相手の筋が通ってるか一貫して言ってることを理解できない事は多々ある。
でも、難解な言葉でも自分の感じていたのをピシャリと表現していれば
分かるのに一切の説明が要らない時もある。
例えば「矛盾」って言葉を理解するのに、学校で成り立ち・故事を習う
必要は無い。勿論、論理の根拠を何処に求めるかは別な話なんだろうけど。
分かるってのは、そうやって体験を括って疎通できる能力だと思うんだけど。
本なんかは、読み手に言葉にならないのを感じさせる方法じゃないですか。
一体どうなんですか?

97 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 05:05:51
自分の経験と照らし合わせて、「そういうの、あるある」とか
「その気持ち、俺にも覚えがあるよ」っていう相手の心情が「わかる」ということと、
「これこれはこうである。ゆえにこうだ」という場合のように、ある主張が
論理的に理解できるということとは別の心的機能という気がする。
たとえば虫歯は痛いということを「わかる」には理性はいらない。
一度でも虫歯になってみればいい。
「わかる」ということに何か神秘があるとすれば、それは論理を理解するということに
あるだろう。
「矛盾」という言葉を理解するには、まず論理的に筋が通っているという
ことと、論理的に矛盾しているということの区別がつかなければならない。
・・・・・
しかし、それはやはり世界というものが論理的にできているという経験から
生まれる感覚ではないのか?
この世界ではどんな盾でも貫く矛と、どんな矛をも跳ね返す盾が共存する
ようにはできあがっていない。
つまり論理的矛盾とは、この世界では実現が不可能な状態を自らの経験に
即して判断しているだけなのではないか?

98 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 05:41:48
シンパシィ(共感)を感じるのは、人間の社会性の基礎。モノや他人を自分と置き換えて考える事のできる、意味の抽出化の罠。高い知能の為せる術。


生命を不幸にする知性化に反対!

99 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 06:02:13
数学の世界はそうかもしれないが、個人の利害が関係してくると
さっぱり論理が通らなくなる。一人の人の心の中は矛盾だらけ
だ。弁護士と裁判官がいて判決が出ても不服なのを
飲み込むしかない事がほとんどだろう。だから文系の論理は分かりにくい。


100 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 06:08:00

分かるって言うのは、方向性の違いに2種類あるね。

人間の無意識というのは単純であって機械的で論理的なんだが、
意識と無意識が重なる領域は複雑でひねくれている。なぜかというと
外的な物質世界の規則と無意識の規則の衝突の中間で意識が困って手を
こまねいてしまうから。

で、分かるって言うのは形態として、おおきく分けて2種類ある。
無意識を意識化する発見という形と、意識を無意識化する技術習得って
形。方向性の違い。似たようなもんだけどね。よく見ると違う。

101 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 07:51:36
>>96-97
別途、純粋に論理で理解できるものもありますかね?
例えば数学は前提を一旦共有することも比較的簡単で(この部分は経験が必要だけど)、
それさえしちゃえば話が通じやすってことかなあ。
でも特に文系学問みたいのは
経験することや経験を補うイメージ、が大事ということになるのかな?
さらに共有が難しいので曲解や話の通じないことも多い。。。

教育関係のもんなんですが、理解させるっていうのは論理や事実を
つらつら並べることで、果たして有効に達成できるのかが疑問だった。
それは教育からイデオロギーを排したりするのには効果的だが、
人のイメージを沸かし、ひいては理解させるのに良くないんじゃないかと漠然と考えておりました。
実際はそのようなカリキュラムで動いている。

>>100さんにも聴きたいですが、難しくて分かりませぬ。。すいません。

102 :96:2005/08/06(土) 09:16:55
>101
数学だと、私はアルゴリズムや証明式がそうじゃないかと思ってます。逆に納得する
術と言えなくもないでしょうけど。何を教えてるのかは知りませんが、理解して
さらにいわんとしていることを分かるもんじゃないですかね?


人に何か教えるときに、相手が理解してくれない時に、分からない所が何処だか
経験から分かるんですけど、これってどうなんですか?
あと、「分からない」が他人と全く同じって言うことはありうるんですか?

103 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 09:59:12
無意識を意識化する発見という形と、
意識を無意識化する技術習得って形

学者(ベテランのやっていることを文書化する人)と
ベテラン(何らかの卓越した技術の玄人)

104 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 10:10:09
養老っぽくなってきたな

105 :考える名無しさん :2005/08/07(日) 23:59:23
唯脳論?

106 :考える名無しさん:2005/08/09(火) 12:36:59
私は何を知っているか

107 :考える名無しさん:2005/08/09(火) 23:58:18
私は知っていることを知っている

108 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 16:24:27
「わかる」という実感もクオリア問題かなあ

109 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 11:27:18
                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< クオリアクオリア!
                 \_/  \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< クオリアクオリアクオリア!
クオリア〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄

110 :考える名無しさん:2005/08/12(金) 17:20:27
反復練習万歳

111 :野茶菓 秋雪:2005/08/20(土) 14:58:11
二通りあるわな。

「I see」と「I understand」の。

112 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 15:10:45
必見です
ttp://track.jpassport.jp/ish3e5sax!ix16cc5/u3/
ttp://track.jpassport.jp/ixpusw55!ix16cc5/

113 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 15:20:27
ムーア言明?

114 :凡人:2005/08/20(土) 19:27:38
昨今の人々は社会を構成する絶対蒙昧主義の影響で己の欲望を心の主として人生を消費しています。
その為に人間の備えている啓蒙意識が希薄と成って探求心が薄れ覚えると得にに成るとの思いから必要の無い知識までもどんどん詰め込みますが覚える事と知ることの区別も付けられない程、心を必要としない機械化して仕舞い、更に心を失っている事さえも気が付きません。
全ては外部から影響を受けた事象に依って作られた精神で有る以上、肉体は自分で有っても心は他者の意図に依って創られて居ますので自分で有って自分では無いと言う事に成ります。
人間と人の心は表と裏の違いが有りますが、少しその事に触れて見ます。
人は蒙昧意識が作り出す自己愛、集団的自己愛の基で敵味方損得を全ての基本として生きる為に常に戦争や争い貧困をもたらし思いやりの欠落した浅ましい社会を構成します。
人間は啓蒙意識が創りだす人間愛が思惟の届く限りの全てを思いやる知能を育て自由と平等を重んじる真の平和な社会の構築を心がけます。
全てを思いやる事のできる知能を育てれば人間、そうで無ければ地球を食い荒らす尤も下等な全てを思い込みで生きる人と言う生物です。
民主主義は民の主〈資本家、財閥〉我々、民を如何様にも使う事もできる主義で民が主の主義と思いこんでいますが現実を考査すれば直ぐにお分かりに成ります。



115 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 20:16:53
>>114
勝手に決め付けんで欲しいわな。
総説は、一つ一つ。説明してくれな。
やばい。

116 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 22:41:06
>>114
全て裏っかえしだよ!

117 :凡人:2005/08/21(日) 00:12:55
全て表に返して見ています。
裏返しの社会を表に返す為に哲学は存在します。
勝手に決めつけている分けでは有りません。
愛智の裏打ちをもって話しております。


118 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 00:48:28 ?
>>114
教えて頂きたいのですが。
1、自分とはなにか。
2、生きる理由。
3、どう生きるべきか。
判りやすく、自分の言葉で教えてください。

119 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 19:39:24
理解する時脳では新しいニューロン網ができる。
だから理解するとは既存の情報と新しい情報を結びつけることではないか。
より広大な旧情報にリンクした場合、よりよい理解となる

120 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 19:50:31
よりよい理解がやがてよりよい無意識となり
機械的ニューロン網として自己の主体の一部となり
生きる力となる。

121 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 20:46:31
わかる=うんこ

122 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 20:55:09
キレのいい排便は気持ちがいいね!
最近便秘ぎみでコロコロしてるけど
全部出してすっきりした。

123 :凡人:2005/08/21(日) 20:55:13
118さんへ、、、遅く成って済みません。全て自分の言葉、自分の探求結果をお伝え致します。
1、自分とはなにか
【唯一、地球上で知能を育てる事のできる生物です。】
しかし乍ら、人類は力を崇拝する蒙昧意識の道に進み、その因習を伝承し続け、現代に至っては蒙昧意識の強い者達が大衆を偽善で騙し
歴史を未来に進めています。
蒙昧意識下に於いては生まれつき誰もが持っている知能を育てる事ができない為に人は欲望に任せた陰湿な弱肉強食の社会と成っています。
2、生きる理由
【人は産まれた時に全てを産み育てた地球を傷つけずに未来に引き渡す使命を持って産まれます。】
3、どう生きるべきか。
【使命を果たす為に知能を育てる啓蒙意識に心の幸転を図れば生きる方法の全てを貴方自身の心が導いてくれます】
心の好転を図る為に愛智の真意を会得する必要が有りますが産まれてから現在までに外部から植え込まれた蒙昧意識と他者の意識で
有る哲学書を覚えた思い込みが啓蒙意識の前を立ち塞ぎます。
されど純粋な心の探求心が有れば誰でも簡単に愛智の真意を会得する事のできる心の仕組みが有ります。
理由は筆頭に申し上げた様に知能を育てる事のできる生物として産まれているからです。




124 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 21:00:12
>>123
2ちゃんなんかやってる時点で使命を果たさず人生をムダに過ごしてるぞw

125 :ヨイショマン1号:2005/08/21(日) 21:20:08
>>1
ヨイショマンが行くってスレで、それをテーマにしてネタやってるから今度見てえー

126 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 21:35:51 ?
>>123
何も答えになっていない、ありきたりの言葉の羅列にすぎず。
どうして素直に判りませんと言えないのですか、
私の質問は自覚の初歩、いろいろなスレに書き込みをしている
ようですが、思い込みを断定意見にするのは、狂信迷惑。
あなたわ、凡人にすぎません、良く自覚して書き込みをするように。
同じ質問を、私にしてみなさい、判りやすく、私の言葉で教えて
あげる。

127 :凡人:2005/08/21(日) 21:39:01
2ちゃんをやっている分けは一人でも哲学の真意を会得している方が居ないかと思い捜しています。
社会では人間として産まれた使命を果たす為に活動して居ります。
ご心配、有り難うございます。

128 :凡人:2005/08/21(日) 21:44:52
126さん
同じ質問の回答をお願いします。
貴方の言葉のみで、、、

129 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 08:32:53 ?
>>128
126ですけど、あなたはエホバの人でしょ。
妄信者になにを話してもむだ。
一切の宗教に関係ないと、誓うなら、私の言葉で書き込むよ。

130 :凡人:2005/08/23(火) 01:33:43
129さん
宗教の信者に間違えられるの久しぶりですよ。
123の答えは誰からも聞かず何からも学ばず全て自己の良心と対話を繰り返し探りだした結果です。
私と同等の意識を持つ方とお会いして見たいですね。
宗教は社会を乱す要因の一つですが、支配社会の使い走りです。
エホバの人達や宗教の布教している方達に貴方達が信じるのは勝手ですが他の人々を集団的自己愛
に取り込んで人生と言う大切な命を団体の為に消費する事は罪では有りませんか。
なんて、お話をしますよ。
貴方の書き込んでいる口調が貴方の人生に於いての何が要因か、考えていました。
狂信的宗教に関わる事でしたら回答をお断り致します。


131 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 02:48:46
↑スレ違いですよ。

最高に頭悪そうな発言してください in 哲学板
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1120442767/l50

132 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:24:34
>>1
「わかる」とは何か 岩波新書
長尾 真 (著)

133 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:27:42
>>131
なんか禁止されていますよ。

1 :考える名無しさん :2005/07/04(月) 11:06:07
コテハンの人は十分頭悪いので立ち入り禁止


134 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 18:13:03
「わかる」ということを、難しい言葉で言われてもわかりません。
簡単に言えなければ意味ない。
頭が悪い人の頭がわかってるのでしょうか。

135 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 18:16:22
今日も会いましたね

136 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:07:13
>>134 物事に筋道がたつこと。たてれるようになること。かな

137 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 22:50:18
>>134
あなたは何をそんなに「わかる」ことに執着されるのですか?
赤の他人の話をわかってどうするのですか?
あなたがわからなくてはいけないのは、
あなたの周りにいる愛する人々の考えであり、言葉でしょう。
そんなにあせる必要はないと思うのですが・・・


138 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 05:30:16
>>1
わかるからわかるんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

わからなきゃわからないんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

んな面倒くさいこと考えてんじゃねええええええええエエエエエエエエエエエエエエエ

139 :そく:2005/08/25(木) 17:36:00
134番です。わかるわからんはどうでもいい。
では愛するってことに順番があるとすると、自分の周りの人々にも、
順番をつけることになる。
愛することは、順番ではなく大きさだと思うが。
一番近くにいる人には、ささやかな愛を与えるしもらっている。
遠くにいる人には、広い心でしょ。

140 :そく:2005/08/25(木) 17:46:58
せっかく日本全国から集まったのに、出て行けとか言ってもね。
そんなこと日常でいくらでもできるでしょ。
それぞれ仲間ってのつくってるだしょ。
今は非日常にいるわけだよ。バーチャルな世界に。
どんな言葉が返ってくるかの。実験場だす。
だから批判のほうが、意味がある。この世界では。
ただそれだけかもしれない。きれいごと言い過ぎたです。

141 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 17:54:35
>>139

>わかるわからんはどうでもいい。
このスレから退場してください。



142 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 18:08:28
くらい

143 :そく:2005/08/25(木) 18:27:32
わかりました、さよなら。

144 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 18:43:31
>>143
まあ、まあ。
でも、「わかりました」なんて、簡単に諦めたら、哲学ごっこにならないよ。
がんばれ!

145 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 18:47:27
持論にこだわり続けるのが哲学なんじゃなくて考え続けるのが哲学なんだとおもわれるが。
でもまあ哲学ごっこだからいいか。



146 :そく:2005/08/25(木) 19:31:23
いや、テーマと関係なかったから俺が悪い。

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)