5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「時間」という概念

1 :考える名無しさん:2005/08/09(火) 23:25:31 ?#
不思議

2 :考える名無しさん:2005/08/09(火) 23:36:58
「時間」的認識 

3 :ハル:2005/08/10(水) 00:05:48
時間が「存在」なら流動的な時間は存在しない
流れ行く時間は妄想となる

4 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 00:10:18
重複スレ。>>1、検索使えますか?

5 :ОGバイブル:2005/08/10(水) 00:15:55
所詮人間が定義するもの。世界にとって何がしかの意味があるとは思えない。
『世界』というのも、人間の定義に過ぎないわけだが。

6 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 00:18:32
人間の脳では時間は流れとしか感じられない。
論理的解釈、一筋での解釈しかできないから。

7 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 01:48:10
>>6じゃ、時間は流れるんじゃん

8 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 01:53:59
時間が、流れているかな?

9 : :2005/08/10(水) 01:59:53
物質等が変化すること

10 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 02:03:33
変化のパラメータは、流れるのかな?

11 : :2005/08/10(水) 02:11:59
流れる=イメージ

12 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 03:33:25
時間とはベクトル・方向。
4つ目の次元。
ここは3次元世界だから、縦・横・高さの3方向には自由に行き来できるけど
4つ目の時間の方向には自由がきかない。
時間の方向にも自由がきくのが4次元世界、ということになる。
簡単に言うとだけど。

13 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 03:39:53
変化を自覚し、反芻、推測によって、積み重ねをイメージする事で人間の脳におきる【感覚】

14 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 03:40:28
時間=命

15 :重複やろがい!!!アポ!!:2005/08/10(水) 03:46:46
存在と時間
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1101732219/

時間はいつから始まったの?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1100004153/

16 :ОGバイブル:2005/08/10(水) 03:59:44
>12
それは少し違わないか?
「次元」ってのは空間の広がりを意味するのだから、「時間」を次元の一つと見るなら、
この俺達の生きる世界がすでに四次元世界だと言えるんじゃないか?
「自由に移動できる」かどうか、というのは、世界の性質ではなく人間の性質によるものじゃないのか?
あるいはこの世界には人間に把握できない法則で、時間を自由に移動できるものがあるかもしれない。
人間も、自由ではなくとも時間を移動しているのだから、「方向」としては存在するわけだ。

特に意味の無い言いがかりで悪いが、少し気になったんで。

17 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:01:07
アホには付き合いきれませんから〜

18 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:01:51
>15
まあそんな気にすんなって。
新しいほうが加わりやすいし。

19 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:21:11
>>16
>この俺達の生きる世界がすでに四次元世界だと言えるんじゃないか

そうだね、つまり3次元世界は4次元世界の中の一部分である、ということだね。
2次元である平面を考えた時にそれが3次元である立体の一部であるのと同じように。
2次元の物が3次元世界の中にあるように、
3次元世界は4次元世界の中にある、ということだね。

20 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:45:18
>>16
>「自由に移動できる」かどうか、というのは、世界の性質ではなく人間の性質によるものじゃないのか?

世界の性質によるものですね。
人間は3次元世界の中に存在しているので、3次元世界の物理法則を超えることはできない、不可能。


>あるいはこの世界には人間に把握できない法則で、時間を自由に移動できるものがあるかもしれない。

もし4次元世界が存在するとしたら、そこの生き物は時間の方向へも自由に行き来できるはずだけど
3次元世界では不可能ですよね。
平面から空間の方向へは行けないのと同じように。


>人間も、自由ではなくとも時間を移動しているのだから、「方向」としては存在するわけだ。

人間が、ではなくてこの3次元世界が、時間軸のプラスの方向(エントロピーが増大する方向をプラスと定義するなら)へ
自動的に進んでいる。

21 :ОGバイブル:2005/08/10(水) 04:51:18
>>19
「三次元世界」てのは何を指すんだろうな。
縦、横、高さが存在し、且つ時が無い・・・つまり「変化しない」世界。
正直言って俺には見当がつかない。3Dグラフィックというのも、結局は二次元を「三次元らしく」見せただけだよな・・・。

どうも、「時」を次元として考えると、三次元、あるいは二次元が存在し得ないらしい。
そういえばもともと、「一次元」なんて人間の感覚じゃ理解できないし(縦または横だけってどんなんだ)・・・。
もしかしたら、これまでの次元の定義は、「時」について考えなかったために、
「空間の広がり」を説明する概念として大きな欠陥を持ってしまったのかもしれない。

22 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 21:05:18
なんかお前らカッコいいな

23 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 21:13:18
カッコいいね。腹時計は何次元になるのだろう。

24 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 22:39:26
時間というのは三次元の積分。要するに瞬間の集合体といったもの。人間は四次元を生きている気になっているが実は瞬間にしか存在していない。時間の流れを感じているのは実は妄想にすぎない。

25 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 11:43:35
三次元も四次元も数学的概念。

存在しているのは、今のこの知覚世界。

26 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 14:32:11
そうゆう考え方もあるね

27 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:06:59
わかった!2秒で閃いたけれど・・まあ、長さは関係ないな。

人間は流れの点と点を瞬時に認識(殆ど無意識な状態で)しているだけであって実際に
時間というものを感じない。ただ、生活していくうえで時間という概念を作り出すことにより
有利になる(食物を育てたりする等の事)のでそうしてきた。

時間とは結果的に後で振り返って分かるもの。

28 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 07:54:54
レスが途切れても俺には何も出来ない
ただ
見てるだけ

29 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 08:06:02
同じだよ。時間って難しいね。

30 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 08:13:58
いまは自分には、幸福も不幸もありません。

ただ、一さいは過ぎて行きます。

自分がいままで阿鼻叫喚で生きて来た所謂「人間」の世界に於いて、
たった一つ、真理らしく思われたのは、それだけでした。

ただ、一さいは過ぎて行きます。

31 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 10:59:40
重力場は?

32 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:01:39
重力波の速度は光速であると予想されているそうな。

33 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:05:57
とりあえず飛ぶ矢のパラドクスとアキレスと亀のパラドクスを解明してくださいよ!

34 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:07:39
>>33
しかしそりゃ微分積分を知ってる現代人にとってはあんまり感動的な内容じゃないだろ?

35 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:18:11
いや微分積分とパラドクスはなんも関係ないだろ。
言語概念の問題なのであって。

36 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:21:21
0+0+0+0+0+・・・=0
のはずなのにとまった矢は進行していく。

アキレスは亀を追い抜くためには亀の到達点を通過しないと
いけないのに常に亀はその到達点の前に位置している。
距離は永遠に近づいていくが、永遠に追い抜くことも出来ないはずなのに
あっさり先を越されてしまうのが現実。

37 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:41:56
>>36
止った矢は、ない。妄想だ。

38 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:54:19
おぉっと・・・。
びっくりした、、、、


39 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:55:04
揺れたな


40 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:57:49
おまい達大丈夫だったか?

41 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 11:58:45
宮城の香具師ら、大丈夫か?

42 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 12:45:45
>>35
古代ギリシャには微分積分がなかったのです。そっちのほうが驚き。
現代的に言えば飛ぶ矢のパラドックスは微分の概念の素朴な形だし、
アキレスと亀のパラドックスは積分すれば結果が収束するというだけのこと。

43 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:21:37
ゼノンのパラドクスはいまだ解明されてないと聞くけど?
物理学者は解明出来ないからほったらかしのまま
物理学を進展させてきたんだろ?
あんまその辺詳しくは無いんだけど。

44 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:24:04
ttp://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/P6_05.htm

45 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:25:47
つ『ベルクソン』

46 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:42:00
微積分は言わば型通りの操作だが、その元になる極限の概念が、厳密には難しいのだろう。
科学哲学者を名乗る中にも、結果としての微積分が近似だと思い込んでるのがいる。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)