5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おまえらは俺の脳が生み出したイメージにすぎない

1 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 03:42:36
俺の脳が劣化したり死んだりすればおまえらの存在も消えていくだろう
おまえらは俺にとって曖昧な存在だ。
俺はおまえらが他人で人間として存在すると信じているが時々
テレビの中のアニメキャラのように空虚な存在に感じてしまう事がある。

2 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 03:44:40
とりあえずファックしようよ、それがだいじ

3 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:10:34
ヤバイ
俺1と同じような事考えてた
簡潔に言うときっと俺が死んだ瞬間にこの世界
つまり俺の頭の中に存在してるものは消える
全て虚空の雲に彩られた小さな恋と死神の蒼白な肌を優しく撫でたロマンスと月の光に魅せられた君に送る広く明白なジェラシーをまとった花に過ぎない幻想を見てる世界と僕なのさ

4 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:12:37
>>1
俺もそう思うよ。
という事はこの世界には俺とお前しか確かな存在はいないことになるな

5 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:20:52
>>1
それもありだな。
しかしそれならば何故世界はこれほどまでに上手くいかないのか。
自分が認識していることで世界があるのならもっと円滑に悦楽に結びついても良さそうなのに?

6 :ОGバイブル:2005/08/10(水) 04:31:23
この世界がたった一人の存在の認識によってつくられた幻想なら
その一人は何から生まれ、どこに存在し、そして一体何なのか。
単に別の世界の多くの生命体のうちの一体がこの夢を見ているだけなら、
この世界が幻想だろうとそうでなかろうとさして違いは無いように思える。
どうせ目覚めたら今とたいして変わらない日々があるのだろう。
その世界がつまらないから夢を見て、そして夢の中で(あぁつまんねぇ)とか思っているのだとしたら、それはなかなかに滑稽だ。

7 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:38:21
物質・客観<−−−社会・間主観−−−>精神・主観

8 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 04:41:49
頭ごなしに1をキショイとか言って拒絶しないのが
哲学板クオリティw

9 :ライプリッツ:2005/08/10(水) 04:45:04
いやいやモナドがあるからお前には表象があるんだよ。
モナドに感謝せい

10 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 05:13:51
>>1
我が創造主さまであらせられましたか。
よもやこのような形でお会いするとは。

11 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 05:22:04
うちら、あんたの「みえないおともだち」((c)西原理恵子)ですか。

12 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 05:44:37
俺が神で宇宙や地球を俯瞰してるなら人間どもが哲学的思索をしようが何をしようが何も不思議はないのに
なんで俺はひとりの人間でしかないんだろうな

13 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 05:51:20
>>12
前提がおかしいものとおもわれ

14 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 08:29:51
>>1
それはお前が培養器の脳だから。
培養器の外にいる我々こそが真のリアリティなのだが、お前には
永遠に把握不能だ。
ところでお前の脳は今晩犬のエサにしてやるからそのつもりでいろよ

15 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 10:46:56
これってソリプシズムと見なしていいんでしょうか。

16 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 10:52:28
さあ、街に出てパンチパーマをあてたDQNなイメージどもを殴り倒してやれ!

17 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 10:54:02
>>1さあ、街に出てパンチパーマをあてたDQNなイメージどもを殴り倒してやれ!

18 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 11:39:55
世界はお前のものだ。
お前が終われば世界も終わる。

19 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 11:43:15
やったな>1!
この世の快楽も権力もお前の欲しいままだ!
さあオモテに出てやりたい事を全てやりつくせ!

20 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 11:53:06
お前がそう言ってくれて救われた。
さあ1よ。この世のすべての不条理はお前の責任だ。解決してくれ。

21 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 11:57:13
>>1
これは、「独我論」っていう、誰でも考えることだよ。

22 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 12:18:45
>1釣れますか?

23 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 12:19:53
SF映画でこんなのあったね。

24 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 12:35:20
夏釣りって感じだね。

25 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 12:55:57
>>1は、きわめて自己中心的だな。まぁいいか

26 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 14:20:16
ここはネタスレなのか?

27 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 14:25:20
>>1
パン買って来いよ。

28 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 14:32:23
現実逃避スレ?

29 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 14:41:24
>>21
いや、それは違う。独我論を考えているのは本当は俺だけ。
他の香具師は独我論を考えているように見えるが、
それは俺の脳が作り出した幻覚。幻覚は何も考えません。
・・・・・・なんてこと書いて、国立大学教授になった香具師がいるらしぞ。

30 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 14:42:05
永井均のことかーー

31 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 14:44:09
キ印>>1の隔離スレ。哲学板の他スレにDQNな書き込みすんなよー>>1。

32 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 14:44:16
知らない。おれは知らない。ただ噂を聞いただけだ。誰それ?w

33 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 15:37:51
唯識、バークリー、観念論、マトリックスの世界


34 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 16:53:57
>>1
なんか考えが似てるぞ。だが俺はそうは思わん

お 前 が 俺 の イ メ ー ジ の 中 の 存 在 だ 。

35 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 16:58:41

            ヽ、    ヽ     ヽ 、   ヽ
   )ヽ、_,,,..._    ヽ、_,   げえッ───────!!!
   iー-、::_: `、ゝ_,,-  ノ  (    ) 、     )
   ノ::`ー_-_ノ ノ ノ_,-"イ /    ` 、ノ  `i  (   l
,-、 |::::.ヽ _。ヽ:: /_。フ' |ノ   ヽ、      i、   ノ
|6`i/:::. ,,-.―'' /i|.ー-、. |
ヽ ::: i ::    ⌒  : |  <・・き、恐怖新聞に>>1の死が予言されているッ!?
ヽ`l | ::    /ニ`i   /
 `|:. ヽ、   i_,,,、/  /     ,へ___
  ,|:::._ヽ___/   _//`ー--、ニ=--―,
  | ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄|    / / / __     ̄ ̄`¬
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ヽ | // /   / 三三三  /

____________
|_________. ○月×日 |
||「>>1」オナニーの.|自 ||恐|| .|
||しすぎで死亡!!|殺 ||怖|| .|
| ̄ ̄ ̄ ̄@ ̄ ̄ ̄|か ||新|| .|
|@  △  @  @ .|? ||聞|| .|
|  [(´ー`)]  @   .|他 ___ .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| @ .|殺 | 糞 | |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | @ |か | ス | |
|     <⌒ヽ   |? | レ | |
|       .<   )〜.|謎.| 常 | |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄は | 習 | |
| | | | | | | | | | | | | | 深 | 犯 | |



36 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 17:17:27
マトリックスか・・・
まあ1がなんと言おうと俺から1の意見が言えることは確かだけどな
俺しか分からない

37 :しろうと ◆AUSirOutoE :2005/08/10(水) 21:42:29
「俺の脳が生み出したイメージ」である「おまえら」と、
現実のわれわれは別のものだということです。

38 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 21:44:03
>>37
その視点は超越なので無効

39 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 21:51:40
独我論ていえばいいやん

40 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 21:56:56
つまんない

41 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 22:00:01
まあその通り

42 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 22:06:12
なんか1みたいなこといってた奴、昔哲学者にいなかったっけ?

それにファウストにも出てきたような気がする。

フィヒテだったかな

43 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 22:13:17
得業士「世界も、僕が創り出すまでは存在しなかった。
僕が海から太陽を引き上げたのだ。
月の満ち欠けも僕があって初めて始まったのだ。」

メフィストフェレス「阿呆めが。いいから威張ってやって行け。
どんなばかであろうと、立派なことであろうと、
およそ人間が考え出すことは、
もうとうに先人が考えていたという事がわかったら、
奴もさぞかしがっかりするだろうて」

44 :正常者:2005/08/10(水) 22:18:41
>>1
イメージにすら否定される気分はどんなですか?

45 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 22:19:22
>>1
脳が劣化するという、他者からみた客観から記述してしまうと、
やはり他者は存在し続け、1さんの脳が消えていくという事に
なってしまう。
1さんが、「脳が」という滅びる可能性のある主体を
設定すれば外部の確固とした客体が同時に出来上がってしまう。
1さんの主張を支えるための前提に、1さんが永遠の存在もしくは神で
なければならないというのがあると思います。

46 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 22:41:06
>>43
ファウスト第二幕か

主観的観念論者ねえ



>>1はすでに数百年前の著作であるファウストで馬鹿にされてるってわけか。




47 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 23:52:51
>>1
外に出てる?
人と関わってる?
みんなあんたと同じ、笑ったり泣いたり傷付いたりする生身の人間だよ。
あんたも「みんな」の中の一人に過ぎないんだよ。

48 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 00:08:21
ゲーテ「ファウスト」はマイ・フェバリット。

49 ::2005/08/11(木) 00:13:44
世界が先にあって、自分があるのか。
自分があるから、世界があるのか。

どっちでもいいが(どっちでも何が変わるわけでもなし)
後者の方がポジティブになれて精神衛生上良さそうだ。

50 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 00:20:41
みんなで一つになろうよ!!!!

51 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 03:38:27
中学に入るころにはみんなもうこんなことは考えないよ

52 :スレンダー:2005/08/11(木) 03:46:50
>>47
だがそれを完璧に論証するのは不可能です。それと仮にもここは哲学版
なので私情は持ち込まないほうが賢いと思います。


53 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 03:57:43
哲学板なのに根性論とか感情論で語りたがるやつが多すぎるよね。
もっと構造的に解析解体してみろ、つーの。

54 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 04:01:06
>>51
つまり現実と空想の世界の区別がついていないとか
世界が自分を中心に回っているとかいうことですね

55 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 04:05:05
そゆこと。

56 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 04:09:38
この問題は関係性と独自性とにおける在りかたの問題なのだが、
そのぶつかりあいが調和でありうるか必然的に相克なのかが認識論的に
解明されねばなるまい。


57 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 04:12:34
難しい問題じゃない。

58 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 13:37:26
>>52
完璧に証明するのは不可能だ?
お前は外に出て素っ裸で包丁を持ったまま駅前でラジオ体操が出来るのか?
お前にそれが出来るのなら
完璧な証明が不可能だという話に少しは耳を貸してやってもいいぞ。

59 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 13:40:54
58はよく言った。

60 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 13:45:11
>>58
だがそれを完璧に論証するのは不可能です。それと仮にもここは哲学版
なので私情は持ち込まないほうが賢いと思います。

61 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 13:45:16
まったく客観的に自己を見る能力がゼロだな。

62 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 13:46:31
つまり唯識のことを言いたいんだろうね。

63 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 13:59:29
>>60
いやいやこの場合は論者の観念が前提になる問題だ。
論者の観念自体が独我を認めていなければそもそも論証の必要も無くなってしまう。
世界にお前の精神しかないというなら
お前の精神は真っ昼間フル珍でお尻に花火を刺しながら
道行く女性に性器を見せて欲しいと懇願する事も
仮想と思っているという前提が必要だろう。

それがまず出来ない人間はそもそも論証すべき独我という観念が存在しない事になる。

さあお前。今すぐ外へ出て
スーパーの生鮮食品売り場で糞尿をぶちまけながら阿波踊りを踊ってその動画映像をUPしてくれ。
話はそれからだ。

64 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 14:03:27
それぞれの個体が、
それぞれ、固有で独立した世界を持ち、
この共通の世界を、それぞれが個別に認識することによって、
あまたの世界が生まれる、と。

あのとき、同じ花を見て、
美しいと言ったふたりの、
こころとこころが、
今はもう〜

65 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 14:15:43
ところで>>1がオレたちを自分のイメージだと思っていて、
それをここで伝えるのには何の意味があるんだ?

66 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 14:23:15
思考の反芻かな。

んで、
イメージと現実のズレにいらだって、
小学校に突入して逮捕、と。

67 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 14:29:28
自己の内部に取り込んだ世界のモデルを参考に、
世界に介入して、それを操作しようとする。

んで、介入によるフィードバックによって、
自己が持つ世界のモデルを修正する。

若い奴は、経験が少なく、
世界のモデルが未熟だから、
いろいろといらだって、世界のモデルじゃなく、
世界を変えようとする。

逆に年よりは、
世界のモデルを更新するのが億劫で、
やっぱり、世界自体に従うのを拒む、
と。

68 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 14:45:32
それより現実世界が存在すると主張するやつが自動車に飛び込めばいい。

現実が存在すると主張するのならそのくらいやらないと誰も信じないぞ。

現実が存在しないと主張するやつにとっては現実なんかどうでもいいので、そういう行動を取る必要もないわけだからな。

ただし、現実の存在を信じない人間にとっては他人が死んでも、もちろんそれも幻想なので、それが現実の存在の証明ということにはならないがな。


69 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 15:47:20
>>68
> ただし、現実の存在を信じない人間にとっては他人が死んでも、もちろんそれも幻想なので、それが現実の存在の証明ということにはならないがな。

もう自分で矛盾してるじゃん。だったら誰もクルマなんかに飛び込まないよ。

クルマに飛び込むなんて何の証明にもならない。
死んじまったら現実も存在しなくなるからな。

お前が今から街に出かけて欲しい物を好きなだけ手に入れたり
抱きたい女がいたらその場で性交してくればいいだけ。
要するにやりたい事をやってくればいんだよ。
現実なんて存在しないんだから簡単だろ。
第一お前にとってはオレも存在しない事になるんだから
これはお前の心の要求という事になる。
さあ、こんな掲示板なんかやめて外に出て好きな事をやろうぜ。
お前の心がそれを欲しているんだ。


70 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 15:53:04
>>68
オレがお前の家に行ってやるからここに住所を書き込め。
現実が存在しないなら出来るよな。

71 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 15:58:46
>>68
俺はお前の心の作ったイメージつまりお前の心だ。
お前は糞野郎。死ね死ね死ね。今すぐクルマに飛び込め。
とお前の心は思っているぞ。

72 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 18:24:35
かつて若い日の私の眼に浮かんだ,おぼろな姿が,再び影のように,揺れながら近づいてくる。今度こそ,おまえたちをしっかりと捕らえてみたい

73 :考える名無しさん:2005/08/12(金) 12:24:01


74 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 01:13:03
1なんて前世紀が抱えているような問題ね。




75 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 13:54:00
 

76 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 14:00:51
から揚げするな。

77 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 16:14:05
から揚げはするもんではなく
食うもんです。むしゃむしゃ。

78 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 22:37:47
この世は全ての生命体によって想像された世界でR。
思い通りにいかないのは当然なのでR。
あの世とは本人だけの心の世界のことでR。
なんでも思い通りなのでR。

79 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 22:40:46
R・田中一郎

80 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 23:13:12
みんな適当になってる・・・・・・・・

81 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 23:18:54
思い込みこそ幸福への最短ルート

82 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 01:49:26
俺の存在が全ての存在である
俺の意思と俺の存在は同一じゃない
そこにリンゴがある、何故あるか?リンゴの木から落ちたから。
リンゴの木は何故あるか、何故リンゴが落ちたのか
風が吹いたから、種が飛んできたから
何故か?
いくらでも解析出来る
しかしそれは俺を中心にして、存在する事
誰かが死ぬ
という出来事
俺を中心に作られる物語の出来事
俺が産まれて死ぬまでの物語
俺が死ぬ事で俺の物語の舞台となったこの世界は消える
所詮この世界は俺の物語の設定で全て作られてる
重力がある、という設定
宇宙がある、という設定

この設定の上に立てられた世界を俺を中心にして進む産まれて死ぬまでの物語
お前らは俺の物語の登場人物にすぎない
お前らが死んでも物語は終らないが
俺を中心としてる限り俺が死んだ瞬間に物語は終わる

83 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 01:53:18
どんな人生もその人固有のものだからそんなもんでしょう。

84 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 01:56:45
でも、現実は自分の思い通りに動かない。

だから苛立って、小学校に乱入する。
無力感を払拭するためとか、
自分が存在してることをアピールするためにな。

西欧において、
自然科学の精神というものが大きく取り上げられるようになった理由は、
教義が世界を律するのではなく、世界に従って教義を定めるべきだと言う、
ようするに、宗教から科学へと移行することの必要性を、
身にしみて理解した結果だわな。

85 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 02:00:08
独我論的には自分の存在をアピールする必要はまったく無い。

86 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 02:12:29
ってことは、

わざわざスレ立てする>>1は?

87 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 02:12:50
>>82
お前何寝言言ってんだよ。ギガワロス
世界は俺の物語だよ。
俺が死んだらお前も消滅だよ。w
存在している事をありがたく思え。

88 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 02:22:20
歩む道はそれぞれなのだが、袖触れ合うも何かの縁ということで
時には旅は道連れということだ。

89 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 06:35:34


90 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 06:42:30
どうも最近、クスリの槍杉か、>>1-89のような妄想が・・・

91 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 06:55:46
確認しなければいけないのは、世界は>>1が生み出したイメージ
ではなく、脳が生み出したイメージだということ。
田中耕一さんの生体高分子の質量分析法の論文を>>1の出来の悪い脳が
意味を読み取ることは不可能だから。
>>1にハイゼンベルグ、シュレーディンガーの書いたものを読めと言っても
無理。1が悪いのではなく1の脳が悪い。

92 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 11:09:01
受け売りの知識、教養など ほおばり
胸やけしそうなら この指とまれ
こんな やっかいな人生だ
おまえが信じてる道を 進むんだ

Mr.Children 「ニシエヒガシエ」

93 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 16:17:31


94 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 18:21:26
>>87
何か勘違いしてるようだが
俺を中心として進む物語は俺が作ってるわけじゃあない
これは物語だ
著者がいるのだ
俺がいるから存在してるのではない
俺を中心にして存在する物語を書いている人がいるのだ


95 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 23:01:53
>>94
ソフィーの世界かMATRIXでも見たら?

おれもうさじ投げたな
変人以上だな

(  ゜,_ゝ゜)プッ

96 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 04:42:29
>>94
まだ勘違いしているのはお前だ
それを書いているのが俺、著者が俺だからだ。
俺が思う事で世界は書かれている。
お前も存在させてやってるようだな。
ありがたく思って俺を崇めろよ。


97 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:45:38

名無しAが事故主張した

98 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:56:38
受けても売れればそれなりにたいしたもんだよ、糞溜のLDクンたちw

99 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:00:36
「おまえらは俺の脳が生み出したイメージにすぎない 」
ほう、ではお前が生み出した「お前の脳」というイメージは
誰が作ったんだ?
お前が脳を見たのか? 本で読んだのか? TVで見たのか?
いずれにせよお前が発見した概念じゃないだろ。
どっからきたんだ?

100 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:10:52
あたま山のラストでも思い浮かべて矛盾に頭を抱えるがいい>>1

101 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:24:54

って発想が餓鬼

102 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:33:14
>>99
浅いな。そんな甘いものじゃ1への反論にならんだろ。

103 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:10:30
世界の姿は、
脳が理解できる限界に等しい、
ってことで、ひとつ。

104 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:34:01
だーめだめだめ

105 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:38:49
(事実1)人間の脳の構造に個体差はほとんど無い。
(事実2)人間の脳と意識の間には密接な関係がある。
(事実3)>>1は人間に含まれる。

以上の事実により、>>1の描く世界像と、
その他の人間が描く世界像には大差無いと考えられる。
更に、

(事実4)ある人間の死によって、残された他の人間の世界が消滅したことは無い。

という事実を付加すれば、
>>1の死によって消滅するかもしれないのは、>>1だけの主観的世界であり、
>>1の死と、他の人間にとっての世界の存在・非存在との間に相関は無い。

106 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:24:36
事実
という名の設定

107 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:27:12
>>106
より蓋然性の高い設定を仮に「事実」と読んでも差し支えないでしょう。
(カントの「物」の扱いのようですが)

108 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:42:53
他の人の体と私の体は、外見は似ていますが本質的に異なっています。
私の体が傷つけば痛いけれど、他の人の体が傷ついても痛みは生じません。
脳も同じで、外見が似ているだけで、本質的に異なっていることでしょう。

109 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:44:50
>>108
暴力が教育の手段から外された弊害がこんなところに出ているな。


110 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:49:36
>>108
他の人間の痛み等の質感を共有できないと言う現象は、
あなた以外の人間にも共通に見られる現象で、
あなたに固有の現象ではありません。
従って、あなたは他の人間と本質的に異なることはありません。

111 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:00:00
共通して見られるのは外見上の振る舞いの類似だけ。
私以外の人が本当に痛みを感じたりするのか否か、
共感したり考えたりするのか否か、私には知りようがありません。
振る舞いの類似だったら、よくできた機械にだってありますしね。

112 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:01:06
殴ったら殴り返される。こういう社会の原理を
実感として学び取れないヤシは不幸だな。

113 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:07:37
>>112
そういう話をしてんじゃないんだよ。分んないなら、黙っててくれ。

114 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:10:49
世界の決まり事も全てつじつまが合うように(設定)されてるだけ


115 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:15:16
要するにアレだな、洞窟の壁に映った影絵ってやつ。

116 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:21:05
>>113
安っぽい独我論だよ。暴力で修正されてろや

117 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:21:49
その安っぽい独我論にまともに反論できないじゃないか、おまいらは。

118 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:23:11
この世界が>>1の主観が作り出す世界か否かを
客観的に証明する実験をするというのはどうでしょう。
例えば、>>1が赤いサングラスをして数日過ごした場合、
>>1の主観がこの世界を作り出しているのだから、
現に世界は赤くなってしまってるはずです。
「世界中が真っ赤になる!」
という見出しが新聞各紙を賑わしたら、この世界は>>1の主観が作り出してる世界です。
世間が無反応だったら、>>1の主観と客観的世界には大した相関はありません。

119 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:24:28
> >>1の主観がこの世界を作り出しているのだから、
> 現に世界は赤くなってしまってるはずです。

こんなことを前提にした結論にはまったく説得力がない。

120 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:27:04
>>119
その前提は>>1が設定したものですが。

121 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:28:40
どこで? ひょっとして「俺の脳が劣化したり死んだりすればおまえらの存在も消えていく」が
「俺が赤いサングラスをかけたら世界はだんだん赤くなる」と同じとか考えてる?


122 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:37:27
>>1の主観に客観的世界の存在が依存するか否か、
という意味では同じだと思うが。

123 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:40:12
独我論は「安っぽい」とか「小学生のころ誰でも考える」
とか、印象操作にしかならない反論しかできない。
だって真理だからね

124 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:41:47
独我論は無力だ。

125 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:50:36
印象ではなくて、感染症なんだけどな

126 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:57:55
独我論はモノローグ、独り言であって感染することもない。

127 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:02:15
幼稚な間違いほど容易に再発見される。「独我論」という述語が
確立されているのが大変ありがたい。

128 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:53:06
分析哲学が言う独我論の「自己破壊性」と直観的な説得力の双方を、うまく哲学的に
説明して調停してくれよ。偉そうに断言している諸君。

129 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:34:00
そんなことじゃ
恵理鰻の奴隷だよ?

130 ::2005/08/15(月) 23:55:13
>>1が死んだら世界は終わる
と仮定しよう。
すると、
   1,「>>1は(少なくともこの世界では)人間である」
   2,「この世界の人間は長生きしても100そこら」
という現実から
   3,「>>1はあと数十年のうちに必ず死ぬ」
つまり
   4,「この世界は数十年もしない内に消えて無くなる」
ということは
   5,「この世界は実は>>1の寿命分しか存在しない」
という事になる。

  ・・・・・・なんかこの世界ものすごくショボくないか!?

131 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:38:45
死にたくないでつね。おまいら頭いいんだから何とかしてください。

132 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:49:04
>>131
生きることに夢中になれよ。とりわけその細部に。

133 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:51:26
>>132
はぁ。酒飲んでる間は、酔っ払ってるようなもんですか。。

134 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 02:11:39
自分という人間は
主観的に見れば、自分の人生の主人公だが
客観的に見ると、社会の主人公ではない。
自分は世界の中心ではなく、世界の何十億という人々の中の一人に過ぎないわけだ。
人は成長とともにそうした客観性を身に着け、社会の中で他人と共に生きてゆくもの。

135 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 20:59:33


136 :考える名無しさん :2005/08/16(火) 21:13:06
このドラマはフィクションです。

137 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 21:25:18

>>134
それが成長でなく退化である事になぜ気づかない?

138 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 21:40:12
>>137
赤ん坊はほとんど主観だけの世界に埋没してるだろ。
客観性が増すというのは普通に考えて成長だ。

139 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 22:09:46

では、幼児が大人になり性欲や悪知恵を身につけ犯罪者になるのも成長か?
どうも、身体の発達と精神のそれを正比例だと混同してるね。

140 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 22:13:58
>>139
性欲を身につけるのは成長だろう。遵法精神をもって性欲を満足させればいいだろ。
それに客観性がなく主観に埋没して自己中心的だから社会規範に反して犯罪を犯すんだろ。
身体が発達しても精神が未熟だから犯罪者になるんだろ。

141 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 22:24:47

ねえ、きみは、客観性って、なにを言ってるのかな?
自分と同じように、「誰もが」特別な存在じゃないならば、
一体どこに守るべき特別な「道徳や法律」があるんだい?
なぜ特別じゃない存在者がより集まっただけで、
特別な価値が生まれると考えるのか、そこが、わかってない。

独我論者は、自分が特別だと思っているから、自分を疲れさせたり
傷つけるような事をしない。世界に自分以外に特別な対象がないから、
強引に求めようともしない。だよ?

142 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:04:55
かみは ばらばらになった

143 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:08:08
社会性が亡いと言われる精神病患者の犯罪率は常人の1/3である。凶悪犯罪が高いと言われているが、
それでも被害者の7割が家族なので、第三者の被害は常人の犯罪者より少ない。

144 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:19:22

>>143
『独我論』は病気ではないよ…………!?

145 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:19:46
ウォール街だって左翼なんだからウォール街の手先である竹中だって
むりやり分ければ左翼さ。亀井や米国ならブキャナンなどが右翼なのであって。

146 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:22:39
145は誤爆。

>>141
そんなおまいも物理法則には完全に従ってるだろ。それは逃れられない。
物理法則は客観的だ。それ以外にも間主観的な合意に従ってるだろ。
たとえば言語だ。日本語は普遍的な言語じゃない。特別じゃないさ。
しかしたまたま住んでいるところの言語を話すだろ。道徳や法律も
同じこと。間主観的な合意だから絶対じゃないけどある程度従うだろ。

147 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:30:54

>>146
構造を物理法則まで還元したら、価値観自体がなくなっちゃうでしょう?
人間は物理法則に規定される機械になり、ウシやサルや石ころと違いがなくなる。
宇宙にアプリオリな価値観なんてないから、それでもうおしまいだよ。
道徳や法律なんて価値がない。
かといって、人間中心主義という構造を安定させる根拠はないでしょう。

それで、独我論者の僕は自分の快苦に従うのが一番いいと思ったわけなんですよ

148 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:37:11
>宇宙にアプリオリな価値観なんてないから、それでもうおしまいだよ。

アリストテレスはあるといっているが、最近は科学の権威でこの説は
廃れ気味なのでまぁそれはいいとして・・・

>道徳や法律なんて価値がない。
というのは実際に道徳や法律の恩恵を受けている身分としては
ちょっと現実を見ていない気がするけどね。アフリカにあるような
内戦中の無法地帯の方がいいとおもわれるの???

149 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 01:27:32
道徳や法律なんてものは死ぬまで生きるためのものだ。

150 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 01:30:32
数学や自然科学は永遠に近いのかも知らん。哲学・文学は刹那の生のためのものだね。

151 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 07:28:27
生きる事を楽しむ生物は
人間だけです

152 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 08:42:42
 

153 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 08:44:27
>>148
厨房が法律や道徳について語るとき念頭にあるのは「校則」ですから・・・・・・。

154 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 12:37:00

>>148
「アフリカの無法地帯」に生まれるという仮定は超越である。
また、それはそれで順応しただろうね

155 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 21:29:42


156 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 06:21:00


157 :考える名無しさん :2005/08/18(木) 11:29:37
人間はありのままの実体を捉えることはできないそうですね。
つまり、人間は脳を中継しなければ外界を認識できないのですから、
1さんの主張は正しいと思います。

158 :考える名無しさん :2005/08/18(木) 11:35:04
主観的には正しいという意味です。

159 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 12:18:01
だからそういう事は駅前でフルチンでラジオ体操してから言えって。

160 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 15:34:21
 

161 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 16:30:33
ふるちんでラジオ体操してきますた。
主観的に正しいとおもいますた。

162 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 18:46:10
>>1
俺もそう思ったことがある。
俺の作った欠陥品が俺の作った正常なものによって殺される。



163 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:53:23
>>161
動画像UPすれ

164 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 14:23:25


165 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 14:41:23
お前がやれ。現実があることを証明するためにな。

主観主義者が行動を起こす必要はない。現実が存在しない以上、行動は無意味だからな。


166 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 14:44:17
まず>>1に死んでもらうのが一番いいな。

167 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 22:37:42


168 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 01:38:42
 

169 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 07:49:27


170 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 19:31:29
>>166
確かに>>1が死ねば俺等は誰かに消去されるよな

171 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 19:53:32
誰が死のうと自分の中の世界と人間は死ぬ(確認出来なくなる)だろ

172 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 02:13:27


173 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 14:32:14
確認出来なくなると、もちろん死も確認できない。つまり死ぬという事実は確認できないし、確認できないものを事実というわけにはいかない。

174 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 14:37:16
いっぺん死んでみる?

175 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 14:40:06
他人が死んでも生き返らない所を見ると、自分が死んでも生き返りそうもない事ぐらい
推測ができそうなもんだが。


176 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 14:46:36
死ぬということが確認可能な事実ではないのなら、
自分が死んでもそれは事実じゃないかもしれない。さあ、やってみろ。


死ね死ね。

177 :凡人:2005/08/21(日) 15:02:48
死の自己確認は出来なくても周囲の人達が確認してくれますよ。
二度と再び現れる事は有りませんので心配しないでも大丈夫。
一度しか無い人生、大事に使う方法は他人を大切にする事ではないでしょうかね。
屁理屈こくと人生、台無しにしますよ。

178 :考える名無しさん :2005/08/21(日) 15:29:16
今焦らなくても遅かれ早かれ死にますってw
しかし地獄へ行く

179 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 15:36:27
ラララララ〜♪
 お花さん、こんにちは♪
ルルルルル〜♪
 小鳥さん、歌が上手なのね♪

180 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 15:54:45
なんかの歌詞で、
〜あなたにはゴールでも私にはスタートだったの♪
ってあったけど、
俺が真理到達することが、あなた方には始まりなんだよ。
せいぜいここまでおいで。

181 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 22:21:10


182 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 22:54:29
じゃあお前はそこで終わりだ。

183 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:02:03
真相は、そういうことなのね。
この2chも、あなたの脳が生み出したイメージにすぎない私の脳が
生み出したイメージにすぎないのかな。
私がいくらあなたのことを考えても
それは、あなたの脳が生み出したイメージにすぎない私の脳が
生み出したイメージとしてのあなたでしかないのでしょうか。
哀しいわ。
イメージにすぎない私はイメージとしてのあなたしか認識できないのね。
実在するあなたに至る超越的認識の道はないのかしら。

184 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:03:23
だからさ。
俺も>1が試しに死んでみるってのが一番いいと思うよ。

185 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 00:12:57
考えすぎだな
脳が生み出したイメージがどうだこうだって言うのは
精神的な病さ

186 : ◆EvilehrjfI :2005/08/22(月) 00:17:14
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1124378494/
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1118992182/

187 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:21:26
水槽の中>1の脳がホルマリン漬けにされてる。

188 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:32:03
>1みたいな事いう人って自分の中の羞恥心とか、
他人の視線、「他人が自分をどう思っているか」という事に対する
自分の意識とかをどう説明するんだろう。

あと、他人が自分の全く予測のつかない事をしたり、
自分が耐えられる以上のひどい事をされる場合もあるけど、
そういう事はどう説明するんだろう。


189 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:35:18
感じるものすべてプログラムされたもの
俺たちは高度な文明のゲームのキャラにすぎないのです


190 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:39:42
>>188
客観絶対論者でも、オナニーはするだろ?その逆だよ

191 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 04:32:36
>>190
オナニーの逆?よく分からないな。
オナニーだって思い浮かべる他人が
イメージに過ぎないと思ってやっているワケではないだろう。
むしろ羞恥心の問題などを考えると誰でも心の中に決して消し得ない『他者』が
存在していると考えた方が妥当だと思うのだが。

しかも、他者はいつでも身心両面の「痛み」伴って
心に挑戦して来る。
脳が生み出したイメージに過ぎないはずの「他者」が、
「心」を予想がつかないくらいに変化させ、
「心」を破滅させるくらいに攻撃してくる場合もある事を
どう説明するの?

192 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 09:34:02


193 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 10:22:13
>>191
マトリックスのネオだって再起動プログラムなのに仲間と戦ってたじゃないか。
考えるんじゃない、感じるんだ

194 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 11:17:09
>>1
お前が俺の中だけのイメージの住人だろ( ^ω^)
存在して無いくせに偉そうに語ってんじゃねえよ

195 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:16:44
 

196 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 07:03:14


197 ::2005/08/23(火) 08:24:47
>>194
自分の妄想の中の人物に話しかけてる自分を哀れというかかっこ悪いと思わないのか?

198 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 07:09:14
静寂。

199 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 15:38:33
>>197
存在しない人間に話しかけてるのはお前だろ。それを哀れというかかっこ悪いと思わないのか?


200 ::2005/08/26(金) 16:07:44
>>199
私の視点では>>194は日本のどこかでパソコンのディスプレイを眺めてる確かに存在する人間だが?


201 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:52:26
 

202 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 14:51:23
誰にも知られていない引きこもり。
皆に知られた空想上の人物。

さぁ、存在するのは  ドッチ!!

203 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 18:54:09
潜在意識に願望を刻印することで、あなたの願い事はすべて実現します。
これはその方法論です。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1120178718/l50


204 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:25:11
>>202
最近痛いレスが大杉

205 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:38:58
ひきこもりすぎると>>1のような感覚がうまれるようだ

206 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:52:23
人間いっぱいいるけど心はひとつだけだったとかいう漫画が
あるとか昔似たようなスレで見た覚えが。



207 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 22:25:12


208 :とことん考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:32:52
 このスレを立ち上げた人は、観念論的思考をしているの
だろうと思う。我思う故に我有りと、つまり思う事が存在
に先行しているという考え方か。
 しかし、俺は青木雄二の影響が大きいが、断然唯物論
的思考を採る。何故かと言えば、脳という物質が存在して
初めて思考が可能になるだろうから・・・
 

209 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:19:47
>1みたいな科学者が、地球を壊せる規模の核爆弾で、自殺。
怖すぎる

210 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:10:31
B[AMRICA]SHさんならやってくれる

211 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 06:10:45
離人症では!?

212 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 06:13:42
離人症のひとってみんな1みたいなこというだろ。でもあれは治るぞ!

213 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 06:46:21
それは普遍じゃないね、哲学は普遍も扱っているそうだよ?

214 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 11:10:38


215 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 15:01:55
eee

216 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 15:54:05
精神は俺しかもっていない。俺以外の人間はただの物質の塊。肉でできた人形。

217 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 15:56:17
唯物論だ。世界全体は物質、俺は神。くだらね


218 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 21:29:53


219 :とことん考える名無しさん:2005/08/30(火) 21:56:36
その通り! まだ科学で証明出来ない現象が存在する事は確かだが、
この世の基本は唯物論であり神は人間が創りだした観念に過ぎない。
 唯物論を主張すると、何か人間の神秘的な部分を殺してしまうように
思う人がいるかもしれないが、唯物論だからといって金が全てと言う分
けではなく、現象形態に囚われずに本質を見極めるたみに必要な考え方
だと思う。

220 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:02:17
>>219
人間の精神と主観を無視する唯物論は、自らを神の位置に押し上げて世界を睥睨する傲慢かつ非現実的な理論だとおもわれるけどね。


221 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:54:21
 

222 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 06:04:29
>>1
幸せな奴だな
おまえは俺の脳が生み出したイメージにすぎないのだよ

223 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/08/31(水) 08:34:15
おまえらは俺の脳が生み出したイメージにすぎない

これは僕の思考なのだから、僕の目の前に
「おまえらは俺の脳が生み出したイメージにすぎない」
などと、とんでもない事を言い張る人間が現れることだって
イメージするのは簡単だからね
はは

224 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 12:26:08
 

225 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 13:42:17
つーかその自分のイメージにすぎない人間達がたむろする駅前で
なぜお前等は全裸フルチンで包丁持ってラジオ体操する事が出来ないのかね。

226 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 15:37:13
>>225

そうそう。俺は新宿のヤ○ザの前で、>>1と同じこと
叫んでほしいと、切に願う

227 :考える名無しさん :2005/08/31(水) 16:04:01
そんな奴いくらでもいるじゃん
最近だと自宅の庭でうんこを煮ている男がいるとかw

228 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 16:35:34
>>227
あー我々は彼の生み出したイメージの産物というか排泄物にすぎないのかもな。

229 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 19:26:27
逆の主張をしてみよう。俺はおまえらの脳が生み出したイメージにすぎな
い。

つうわけで、どうせならもっと金持ちで眉目秀麗で有能なイメージにして
くれ。頼んだぞ。

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)