5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ちから】萱野稔人『国家とはなにか』【スピノザ】

1 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 14:12:59
from図書新聞;
今回の本で僕は、国家を暴力に関わる運動として捉えています。
つまり暴力を通じて自らの決定を社会の中に貫徹したり、
富を我有化したりする運動が国家の存在を組み立てている、と。
[...]僕の場合は、国家が暴力を用いるとは考えない。
暴力の一つの実践の効果として国家がある、と考えます。
国家が暴力を独占するという言い方は正確ではなく、
暴力が独占された結果、今の国家があると考えなければならない。
[...]暴力をめぐる運動が国家を組み立てる、国家が暴力を生み出すのではなく、
逆だと。では、こうした観点に立つとき、国家が崩壊するという事態は
どう位置付けられるのか。国家の崩壊とは、それを成り立たせている暴力の
組織化の運動が崩れるということ。しかしそれによって暴力をめぐる運動
そのものが消えるわけではない。暴力に葉より組織化され管理されているか
そうでないかという状態しかない。

2 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 14:14:56
おおっ、とうとうスレ立ったか。

3 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 14:17:13
>>1
最後はこう訂正:
暴力にはより組織化され管理されているか
そうでないかという状態しかない。

4 :基本データ:2005/08/15(月) 14:22:24
萱野 稔人 著 Toshihito Kayano

国家とはなにか

定価:2,730円  本体価格:2,600円 四六判 上製 296頁
ISBN4-7531-0242-4       2005年06月15日発売

いま、「国家とはなにか」と改めて問われても、何を問われているのか
分からないほど、私たちは国家というものを身近なものと感じ切ってし
まっています。本書は、この身近と思っている国家は、基本的には「暴
力に関わる一つの運動態である」という、あまり身近と思いたくない概
念規定から論を始めています。近年、グローバリゼイションと同時にナ
ショナリズムやレイシズムへの関心も高まってきて、その意味では国家
にかんする議論は広く行われていますが、本書は先の基本的概念から初
めて、昨今の「国民国家論」に至る、現代思想の主要なテーマ系にも十
分配慮した、新鋭による書き下ろしです。

萱野 稔人
1970年生まれ。2003年パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了(パリ
大学哲学博士)。東京大学大学院総合文化研究科21世紀COE「共生のた
めの国際哲学交流センター」研究拠点形成特任研究員および東京外国語
大学外国語学部非常勤講師

http://www.ibunsha.co.jp/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4753102424/


5 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 14:22:55
宮崎哲弥がテレビで紹介してたな、そういえば。
でも柄谷系なんでしょ? この人。

6 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 14:43:43
別に新しい知見はない。
国家論に、久しく忘れられていた権力論を思い出させるために、
といった感じ。
国家に先立つ暴力、への対抗運動が大事だとか
いいそうにないのが新しい。

7 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:01:22
これって結局、はやい話が暴力の延長に国家があるって事?
それだけがいいたいために本一冊ね。たいしたもんだ。

8 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:38:15
>でも柄谷系なんでしょ? この人。

全然違うよ。
元々は早稲田で、テキサス(花咲政之輔)
の奴隷(メンバーのことはそう呼ばれてた)の出身者。
ブルース軍団のメンバーだった。
その後はフランスに留学してバリバールの弟子やってた。

柄谷は全然関係ないけど編集者が紹介しただけ。
なぜそういう経緯になったのかというと
要するに柄谷はブランドに弱いからだろうな。
もうそこらにいるバカ女の頭よりも柄谷はブランドに目がない。
彼はバリバールの弟子やってましたとかいわれるとほいほいいっちゃう。

元々早大ノンセクト系なんだから柄谷とは関係ないし、むしろ敵対系だな。
ただ柄谷自身の身の保身から、その界隈にどっかで繋がっておこうと思って近づいてきたんだろう。
武井昭夫に対するのと同じポジションだろうな


9 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:39:34
また左翼に燃料投下か?

10 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:42:50
どう見てもドゥルーズ系だ。


11 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:53:50
>国家が暴力を独占するという言い方は正確ではなく、
>暴力が独占された結果、今の国家があると考えなければならない。

それじゃあ「今の国家」を確立した起源は、家康の徳川幕府の時かい?
暴力の独占の成功といえば、秀吉の刀狩かい?
明治維新で暴力の独占が完成されたと考えるべきなのかい?

なんかテキトーな議論の謗りを免れない話だなー。

12 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:55:59
で暴力ってなによ?

13 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:56:08
最初の暴力の独占の完成から、今の国家・・・近代国家から現代国家といえるものまでの到達において
なんか途方もない距離があるとしか見えないよな。

14 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 16:07:21
ブログにでも書いてろピザ

15 :左翼にサヨナラホームラン:2005/08/15(月) 16:27:49
刺客

16 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 16:29:05
三平もいまとなってはネンジンだ。

17 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 16:52:40
処女作で「国家とはなにか」か。しかも1970年生まれ。
俺とたいして年変わんねえのにな。


18 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:03:48
もう少し年齢にふさわしいレスをつけられるようになれよ。

19 :ひとしー:2005/08/15(月) 17:05:01
第三項排除、暴力のオントロギーとどう違うの?

20 :ねんじん:2005/08/15(月) 17:13:08
ものすごい抽象レベルから思考するひとですね。

21 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:15:29
どうやらイケメンらしい
tp://d.hatena.ne.jp/HODGE/20050702/p2

22 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:17:46
浅田彰も真っツァオ

23 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:20:45
なぜスレタイにスピノザ?
「国家とはなにか」でスピノザについて論じてるの?
だったら読んでみたいな。スピノザ国家論は興味ある。

24 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:36:41
からやんも褒めてた

25 :ねんじん:2005/08/15(月) 17:39:37
>>21

ない。

26 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:49:33
またmultitudinis potentiaか。

27 :はずかしいせ゛三平:2005/08/15(月) 17:52:02
本気でコッカのことなんて考えてないくせしてよ。

処女作『国家とはなにか』なんて、破廉恥漢だぜ。

28 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:59:18
愛国心とはなんぞや?

29 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:09:19
>>6
>国家論に、久しく忘れられていた権力論を思い出させるために、
>といった感じ。

というか、むしろこれまでの権力論では、なぜか国家の問題が消されていた
ことに萱野は異議を唱えているんでしょ。
でもこの本、すごく分かりやすく書かれていて、そこには好感が持てる。

30 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:25:31
国家は言説である、国家はフィクションである等、
国家から正面に向き合わずに済ます傾向に異議を唱えている。
国家を何か別のものに還元して国家を問わない傾向に。
もっとも、萱野の著作が今度は国家を暴力に還元していると
誤読されかねない。
暴力はなくならないし、国家も、ある国家の崩壊はあり得ても
国家はなくならない。


31 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:28:43
「やがて地上に一つの合衆国ができるだろう。そして地上の国々は
州となるのである」

32 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:33:21
「アメリカの一極支配は崩壊過程にある。その後に来るのは、
一極支配ではなく一極構造である。それは外を持たない」

33 :はずかしいせ゛三平:2005/08/15(月) 19:49:49
ttp://blog.livedoor.jp/makorin2001/

34 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:04:29
ひさびさの新人と思い「revue da la pensee of aujoudhui」の三平
文を読むが文章のおもしろくなさで、右上段すら読みとおせず。

了。

35 :考える名無し:2005/08/15(月) 20:46:44
池上派、最後の切り札

36 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:41:24
だれか読んで200字で要約しろ

37 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:45:21
国家とは、強制力を伴った暴力装置に他ならない

38 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:45:35
まんまドゥルーズ=ガタリっぽいけど、この人独自の所はあるの?

39 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:50:05
ドゥルーズ=ガタリを200字で要約しろ


40 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:52:31
ドゥルーズ=ガタリの国家論はミクロすぎて国家論の体をなしていない。

41 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:55:40
>>37
サンクス
じゃあもう買わなくていいや

42 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:58:14
アマゾンの売り上げランキングがすごいことになっているんだが。

43 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 21:59:20
国家権力と国家装置の違いを2百字で記述せよ

44 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:02:59
国家権力=暴力装置。略して「国家装置」。

45 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:09:42
>>42


46 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:35:47
分解するとどうしようもなくなるな

47 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:42:32
宣伝スレuzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeewww
必ずなんかたつなwww

48 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 01:27:54
「国民的なものや共同体的なものを乗り越えれば、国家をも乗り越えることが
できると考える国民国家批判はあとをたたない」(p139)

この箇所はこれまでの国民国家批判の不毛さを見事についていると思った。

49 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 01:37:10
そんなの誰でもいえるよw

50 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 01:47:46
柄谷の場合、資本、ネーション、国家だっけ。

51 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 01:49:16
暴力装置ってだけじゃあ弱いだろ

52 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 01:53:24
よく知らないんだけど、こういうスレって、作者が自分で立ててるの?
それとも編集者が立ててるの?
もし自分で立ててるんだったら恥ずかしいよね。
難しそうな本書いてかっこつけてるくせに、
心の中では売れたいなあ、有名になりたいなあとか思って、
でも実名は傷つけたくないから匿名で宣伝しようとするの。
>>1->>10なんて自分で書いちゃったのかな、萱野さん。
まあ、人の子だから仕方ないのかな。

53 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 02:01:15
【スレは自分で】萱野稔人【たてました】

54 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 02:05:33
【自分で立てたスレは】萱野稔人【自分で落としましょう】

55 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 02:34:47
>>1
2ch使って宣伝すんなよ
しかも匿名。こんな姑息さじゃ絶対大成できないね

56 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 03:19:56
でもアカポスは得るだろうな
就職のための著作だ

57 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 03:42:23
amazonの順位を見る限り十分売れてるわけだから
いまさら2chで有名にならなくてもいいのにな。
(しかし561位ってすげえな、この手の本で)
就職はそんなに切羽詰ったことなのか?

でもそもそもこのスレは柄谷スレが萱野の話ばかりになって
派生してきたんじゃなかったけ?

58 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 04:03:43
別に柄谷スレは全然そういうわけでもなかったと思うけど
なんか勝手に自演するやつが現れて、こういう風になったという感じだな

しかし要するに、どうやら状況を見るに
「周辺の関係者」が、萱野をネタにして突いて遊びたい、
つー感じなんじゃないのか?このスレの背景にある欲望とは。
元から現代思想の関係者は2ちゃんでは人気なかった。あんまり話題にもならない。
なぜならあの雑誌が一部の窮屈で意固地な人脈の中で自閉的に収まって
幸せに閉じられた世界の雑誌になっているという状況がみえみえだったからだな。
一部の世界で凝り固まっている分には彼らは居心地がいいだろうが、必然的にそんなのは
社会の一般にとっては興味をなさない。それは当然の成り行きだった。
しかしさすがにこの辺に来て、そこらの関係者も
2ちゃんで遊びたい、目立ちたいという気になってきたのだろう。
萱野はそういう生贄にするには格好のキャラだから。


59 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 04:13:02
キャラ立ちした人なんですか?
文章読む限りはまったくそんな感じはないけど

60 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 04:17:45
何故だか人前で必ずサングラスかけてるね。
なんで?

61 :考える名無し:2005/08/16(火) 04:28:35
あとぶっとい18金のネックレスをつけてるね。チンピラぽいルックス。
ところで萱野って名前からしてアイヌ出自なのかな?書肆アクセスとか
でみるとアイヌ系アクティヴィストで萱野ってひとが確か3人くらいいた
気がする。

62 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 04:40:36
ホッブス、ロック、ルソーの中で一番好きなのはホッブスです。
なぜかと言えば人間の自然状態をこの三人の中で一番マシに表現しているからです。
そして国家というものについての彼の解釈は『国家とは利益を守ってもらうためにある』との
ものですが、これについても非常に共感できるのであります。
一方、ロックやルソーは上流階級育ちなのでしょうか。世の中や人間の本質を軽んじているので
自然状態を調和や平和などという空想的な誤った考えが生まれるのだと思います。

そこで僕は永井均さんやニーチェが好きなのですが、国家について彼らみたいな
発想で述べている物があったらお教えして頂けないでしょうか。

63 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 08:44:38
小林稔人

64 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 10:10:52
>>52
違いますよ。私ではありませんw

65 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 10:13:08
>>58
まったく意味不明ですが、このスレッドのカキコの大半が
萱野さんだということだけはわかりましたよ。

66 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 12:10:26
しかし一日で随分伸びたな。

この本については雑誌や新聞など、各所でかなり取り上げられたみたいだし、
blogなどネット上でも、感想書いている人も結構いる。

まだ売れ筋の本のようだし、2ちゃんでスレが立ってもおかしくはないだろう。

一匹の粘着が本人の自演で立てたことにしたいようだが。

67 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 15:00:06
↑のひともまた誤解してるでしょ

68 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 16:59:45
>この本については雑誌や新聞など、各所でかなり取り上げられたみたいだし、
blogなどネット上でも、感想書いている人も結構いる。

全然見ないんだが。朝日のヨイショのこと?

69 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 17:09:41
>>66
>まだ売れ筋の本のようだし、2ちゃんでスレが立ってもおかしくはないだろう。
そんなことが気になるなんて、立てたのはやっぱりあなたなんですね、萱野さん。

70 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 17:10:11
スレ立ては編集の人じゃないの?

71 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 17:12:12
【ボクのスレは】萱野稔人【ボクがのばすぞ】

72 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 17:14:19
>でもそもそもこのスレは柄谷スレが萱野の話ばかりになって
>派生してきたんじゃなかったけ?

違いますよ。

73 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 17:18:05
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1104205653/
このスレ同様、同業者の嫉妬で潰されそう。

74 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 17:42:48
そろそろ国家論で決めないとな。

75 :柄谷行人:2005/08/16(火) 18:23:49
萱野稔人には『トランスクリティーク』を論評する
ことなどできない。端的にいって、理論的能力
が欠けている。それでも、勉強しようとする
知的な関心や倫理的な衝迫があればいいが、
それもない。たんに、何か派手に有名になりたい
という根性があるだけだ。

76 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 19:54:56
>>75
有名になりすぎた改変コピペ。

77 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 01:21:36

書評
国家とはなにか [著]萱野稔人
[掲載]2005年08月07日
[評者]柄谷行人
http://book.asahi.com/review/TKY200508090163.html

78 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 02:04:18
>端的にいって、理論的能力が欠けている。
>それでも、勉強しようとする知的な関心や倫理的な衝迫があればいいが、
>それもない。

一番欠けてるのはおまえだよ、カラタニ。
いいかげんNAMが悪だったことを認めろ。謝罪しろよ

79 :柄谷行人:2005/08/17(水) 03:03:17
NAMが無力だったということは認める。だが、それが
悪だというのは完全に間違っている。従って、謝罪の
必要などない。
加えて、朝日の書評について言っておけば、私はめったに
批判を公言したりはしない。そのため、書き手が錯覚し、
世間が錯覚することがある。私が懸念しているのは、
萱野稔人がそのような錯覚に陥ることである。

80 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 04:30:02
人前でもサングラスかけなきゃいけないなんて
萱野さんって、そんなに顔が悪いんですか?

81 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 04:52:20
>>75
>>79
『トランスクリティーク』が駄目だから
NAMが無力だったんじゃないのかw
そりぁ誰も評論できませんよ、柄谷先生!



82 :柄谷行人:2005/08/17(水) 06:21:50
NAMの無力さの原因は『トランスクリティーク』
にあるのではない。それは私の60年周期説の誤りによる
ものである。私は二度目の日米戦争を懸念して、NAMを
結成した。ところが、それは起こらなかった。
反米感情そのものはイラク戦争に伴い世界的に広がったが、
日米戦争は起こらなかったのである。
とはいえ、そのことによって60年周期説が廃棄される
べきではない。現在、私はその倍数である120年周期説を
提唱している。
NAMが解散したからといって、国家と資本が煽動する愚かな
興奮の中に呑み込まれたり、右顧左眄・右往左往することは
やめてもらいたい。そうすれば、30年後に確実に後悔
するだろうから。その逆に、「戦後」に向けて、着々と
準備をすることを勧めたい。ではどうするのか。ここで、
それについて述べる余裕はない。『トランスクリティーク』
のみならず、現在連載中の『革命と反復』を読んで
いただきたい。

83 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 14:27:56
>>1の出典は以下ですね。

暴力の地平に国家が存在する:「国家の現在」を思考するための基礎理論として

対談『国家とはなにか』をめぐって
萱野稔人×鵜飼哲

『図書新聞』2738号・2005年8月13日


84 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 14:31:17
著者インタビュー
萱野稔人『国家とはなにか』

『文学界』2005年9月号
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/index.htm
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/bungakukai0509.htm

85 :やめたほうが...:2005/08/17(水) 14:53:03
>>75,>>79,>>82

結構怒ってるよ。
板谷さん、こういうのシビアだから

86 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 15:01:19
公共掲示板での名義詐称は立派な犯罪行為だからね。

87 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 15:12:14
つか本物の柄谷だろ。

88 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 15:17:33
本物の柄谷だったら笑える

89 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 15:18:16
日本軍が無力だったということは認める。だが、それが
悪だというのは完全に間違っている。従って、謝罪の
必要などない。

90 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 16:10:31
謝る事が無いではなく、謝罪の必要が無いとすると、
何があったのか。

91 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 17:21:35
現に小泉は、A級戦犯を犯罪者と認め、侵略戦争の謝罪を繰り返しているわけだが。

92 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 17:55:25
ある国が他国の主権・領土・政治的独立を侵すために武力を行使すること。

侵略がこういうことなら永遠に謝罪しつづけるしかない。

問われるべきは経営能力すらないのに誇大妄想的に戦域拡大し、
破滅したこと。

93 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 19:36:34
永遠に謝罪?バカじゃねーの
一体どういった根拠で永遠なのか

94 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 21:41:59
じゃ、いつやめる?謝罪

95 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:07:56
当事者のジジイが完全に死んだら即・終了。
七代末どころか永遠に子孫に謝らすなんて未開にもほどがある。


96 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:20:02
「歴史」をシリアスに考える連中はそうもいかないんじゃないかな
ユダヤ人のディアスポラを考えると、特にそう思う

97 :そう新奇な認識でもない:2005/08/18(木) 14:20:44
侏儒の言葉ほどの卓見もない。


 人生は常に複雑である。複雑なる人生を簡単にするものは暴力より外にある筈
はない。この故に往往石器時代の脳髄しか持たぬ文明人は論争より殺人を愛する
のである。
 しかし亦権力も畢竟はパテントを得た暴力である。我我人間を支配する為にも、
暴力は常に必要なのかも知れない。或は又必要ではないのかも知れない。

98 :makojinにすればいいのに:2005/08/18(木) 21:37:52
こついとしひととよませているが、ほどなくねんじんとよますようになるよ。

こほっずぃんにあやかって。

99 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 21:38:39
どっちがペンネームなの?

100 :「現代死相」2001,3ナショナリズム特集:2005/08/18(木) 22:03:29
そんなねんじんはむかし、三平だったんだよん。

101 :あるある探検隊:2005/08/18(木) 22:04:45
グラサンとったら、笑われる。
ハイハイ、はいはいはい。

102 :あるある探検隊:2005/08/18(木) 22:13:59
国家相手に、本気出す。
ハイハイ、はいはいはい。

103 :国家などとじゃれあっているうちに:2005/08/18(木) 22:33:06
今のトナミ運輸の社長は綿貫の息子。


63 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/08/18(木) 22:10:04 ID:LcSvETVK0
それを言ったら
民主岡田=異音じゃん!(父親は創業者、兄は社長)
間違って総理になったらさらに法律が異音に
都合のいいように変わるよ。
それは仕方のないこと


64 名前:  :2005/08/18(木) 22:30:22 ID:tjBS4Aoa0
郵便トラック配送の圧倒的シェアを握るトナミ運輸。
綿貫:「民営化なったら随意契約が出来なくなるな。
    何としても阻止しろ!!」ってが。


104 :国家などとじゃれあっているうちに:2005/08/18(木) 22:35:01
たいへんだニッポン中じゃすこになるぞ。

I ジャスコ to say I love you♪

105 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 22:35:48
三平って何の隠語なんだよ。

106 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 22:39:16
http://www.aeon.info/company/kigyou/topmessage.html

107 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 22:41:23
>>105

ジャーゴンじゃないゴン。

彼の筆名は昔、萱野三平だったんだよん。

108 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 22:47:35
萱野三平 (政治哲学)「差異の普遍化─レイシズムをめぐるノート」『現代思想』2001,12
特集=ナショナリズムの変貌

109 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 22:49:49
こいつエミネムみたいな糞をほめてなかったか?

110 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 22:55:00
>>103-105

彼はむしろ『利権とはなにか』を書くべきであった。

111 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 11:38:45
>>109
それは見た目が似ているというだけじゃないのかw

112 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 12:52:29
理緒タールはマイケルジャクソンのファンだったけど、これは恥ずかしくない物なの?

113 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 12:59:24
マイケルの最新作(っても1、2年前だが)Invisibleはよくなかったけどね、マイケルの音楽性を批判する奴はなかなかいないのさ。
彼は天才だから

114 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 13:29:15
>>4
アマゾンのレヴュー概ね好意的でつね。
私も買ってみようかしら。

115 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 23:04:36
>>114買った方がいいよ。

116 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 10:04:21
この著者はエグザイルとか意識してるわけ?

117 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 17:02:05
書店で写真を見ましたが、ホントにイケメンでしたね

118 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 17:20:36
でももう35歳・・・

119 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 17:56:01
ここの人たちはいくつなんだろう

120 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 19:50:00
ハードゲイにも似てない?

121 :考える名無しさん:2005/08/20(土) 21:06:08
じゃ、今後は萱野稔人HGでひとつよろしく。

122 :フランス帰りの暴力オタク:2005/08/21(日) 23:18:57
今村仁司より出来の良い暴力論案内

123 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:23:27
単に早大ノンセクトの今村仁司というだけでしょう

124 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:29:22
正統性の議論がすっぽり抜けている


125 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 01:16:19
今村仁司は若いときはかなり多産で優秀だったけどね。
著作だけでなく翻訳も沢山こなしてる。
この人が今村の上を行けるのかねぇ。

126 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 11:22:48
今村(笑)

127 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 13:20:57
萱野稔人HGは四巻まで出しますよ。
『国家とはなにかフォー』まで。

128 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 17:46:42
 買った。学生さんのレポート並み。どこまで読んでも何の目新しいこともないし、
何の鋭さもない。
 ゆとり教育世代だな、という感じ。これを持ち上げた編集者、勉強が足らないのではないか。

129 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 18:18:49
>>128
その書き込みだとあんたが萱野より年上ということしかわからん
単なる嫉妬か?
具体的に叩けよ

130 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 18:55:31
思想って文学的表現から逃れられないのかな。「暴力」という言葉は文学的杉。
もっと何というか・・先入観や既存価値の入り込む隙のないスマートな学術用語って
新たに作れないんだろうか。
「テレビを殺す」みたいな表現と変わらないように思う。
やぼったい。

131 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 19:29:03
>>128
萱野はゆとり教育世代じゃないような・・・
政治思想・社会思想の専門家たちの本よりか全然ましじゃないかと。

132 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 19:41:02
滝村の国家論に比べたら屁みたいなもんだろ。

「国家論大綱」刊行開始 滝村隆一スレッド
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1056203907/


133 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:02:19
国家論大綱
滝村 隆一著

http://www.bk1.co.jp/product/2341305
http://www.bk1.co.jp/product/2321241

134 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:04:32
>>129
別に叩くつもりもないし、俺が言いたいことは読んでもらえば分かると思うよ。


135 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:06:03
>>134
揶揄したいだけじゃん
日本社会の駄目なところだな

136 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:11:27
 粘着してまでほめたい第三者がいるとは思えない。もしいるんだったら、
そういう水準の人を意識して書くようにしないといけないんだな、というだけだね。

 実際、読者層と言うのは今、見えずらくなっているからね。

 一つの目安になります。そういう意義はあるかもしれない。

137 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:15:21
明治時代の社会思想系の「論文」を見て、「ああ、こういうのがこの時代は
通用したのかぁ。のんびりした時代だったんだな。」と感動することがあるけど、
それに近い感動すら覚えましたね。

 もっとも、彼の場合何の独創性もないんだけどねw。これで「新鋭」だったら、上野修さん
なんて神でしょう。

 こんな才能のかけらもない人に、嫉妬なんかしようがないね。

 

 

138 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:17:24
だから具体性がないんだってば
あんたが論文書きならなおさら見苦しい書き方だよ


139 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:17:53
滝村シンパのおっさん?

140 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 20:21:15
↑こんなに間髪いれずレスがつくのってありえないw。

 

141 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 21:29:24
ゆとり教育世代ってばおもしろ杉

142 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 21:43:06
あ、やっぱスレがあったんだ

最近やたら売り出し中の手書きPOPが目に付くけど
面白いの?

143 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 22:15:58
面白いよ。読みやすいし。

144 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:04:38
国家とはなにか、オレは結構面白いと思い、参考にするためにここに来たが、このスレ萱野信者とアンチ萱野が双方二、三人ずつで罵りあってるだけで超つまんねー。まともな議論しようぜ。

145 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:05:11
どっちも何が糞なのか何が凄いのか主張してない。
読みやすいってのは結構出てるみたいだけど

146 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 03:42:15
こういう理屈だったら
まず

暴力とは何か

という本をきちんと書こうね


 


147 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 03:46:39
同じ人なんだろうけど、
目上から諭す調子がうっとおしいな

148 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 03:51:59
5時です お家にカエリマショウ の放送は萱野のいう暴力かもしれない
しかし
馬場の本当は効き目がなかった
空手チョップ(にもかかわらず、おおげさに倒れるブッチャー!)は萱野のいう暴力に入っているか
あるいはブスであることは 萱野のいう暴力に入っているか
あるいはイケメンであることは 萱野のいう暴力に入っているか
糞の悪臭は 萱野のいう暴力に入っているか
エミネムのセンスのなさ は萱野のいう暴力にはいっているか
誤字脱字は萱野のいう暴力にはいっているか
敬語 や丁寧語は 萱野のいう暴力にはいっているか
電車の時刻表は萱野のいう暴力にはいているか
そもそも人間が下着をつけているのは萱野のいう暴力にはいっているか
愛想笑いは どうか
無視は どうか
だれもグラサンをしていない夜道を グラサンをつけて歩くのは 暴力か どうか

きちんと書いてくれなくちゃ わからないのよ

149 :だから:2005/08/24(水) 03:54:54
暴力とは何か

という本をきちんと書こうね

150 :?まさか:2005/08/24(水) 03:58:57
暴力って 殴る 蹴る
とか 刀 とか銃器とか
ナイフとか のベタの意味だったのかな いまどき

喫茶店で金を払わないで 食い逃げして
逃げて逃げて 逃げまくる と 最後は
刀で切り捨てられるだろう
あるいは 殴られるだろう
それが こわいから われわれは金を払っているのだ
喫茶店を国家におきかえれば、殴られるのがこわいから
税金を払っているのだ。国民は。
ってことかな。この本のいいたいことは。





151 :やましたきよし:2005/08/24(水) 04:00:43
きっと そうだな

暴力って いたいことなんだな

やだな いたいの 

こっか は いたいんだな

きっと 

152 :?:2005/08/24(水) 04:03:06
そっそ そうなんだな
いたい んんだな

こっかは いたい
って たいとるっっだったら
ぼっぼくでも わかるんだけどな

きっきりがみ でも して ね ねよう



153 :?きよし:2005/08/24(水) 04:03:56
そっそ そうなんだな
いたい んんだな

こっかは いたい
って たいとるっっだったら
ぼっぼくでも わかるんだけどな

きっきりがみ でも して ね ねよう



154 :つづき:2005/08/24(水) 04:09:30
私はヤクザを対象としながら実証的に国家と暴力の関係を明らかにしようと博士論文に取り組んでいる。私の研究の方向が彼の理論的な方向と大きく違っていないのでホッとしている。
………
だって  やっぱ、いたい こっか 説 と読んでるのが一般的なのね
暴力とは ヤクザの使うものである

155 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 04:10:14
言葉がすでに暴力。思考することは自己への暴力。
会話することは自己と他者への暴力。赤ちゃんに言葉を教えることは赤ちゃん
への暴力。赤ちゃんの発するマンマパパという言葉も、赤ちゃんによる家族
への暴力であり、赤ちゃんの家庭内暴力と言えます。

と僕は思いました。

156 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 07:25:36
>>155
マックス・ウェーバーが国家について言ってる暴力は物理的暴力のことなんで。

157 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 13:23:02
イタイ 

158 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 13:24:04
もっとやって

159 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 13:26:20
リオタールは言語により国家が国民に合意を押し付けるのも暴力って言ってるけどね。
暴力って言っているのかな?恐怖政治とは言ってるらしいけど。自信なくなって来た・・・スマソ


160 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 14:10:58
確かに暴力の定義なしで、暴力の体現が国家だなんて言われてもね。

161 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 14:50:55
暴力と権力の違いを著者は明確に定義していると思いますけど…。


162 :ヤアさんの論理:2005/08/24(水) 14:53:21
誰かが はい
と言った場合 そこには 暴力がある
イタイのが いやだから はい 然り というのである

1+1 は 2 だ
というのを 了解するのも
センコウに殴られるのが イタイから
しいては、国家に蹴り上げられるのが イタイからである

みんな殴られるのが コワイので 認めているのである
ガリレオは 殴られても それでも 地球は動く といったとされているが
そうではない 殴られたから、 はい 地球は動きません
といった ということなのよ

163 :???イタイゾ 国家は:2005/08/24(水) 15:02:43
てっことは

地球が動いていることも
引力があることも

それを教えるセンコーの暴力があるゆえにってことかい
引力ってのは シマ の ショバ を仕切っている
ヤアサン のイタイ力にしたがってるってことかいな
そうらしいな 
どうも

殴られなければ 受験勉強にも ミがはいらなかったしよ
1+1 は3 だっていいもんな
イタイのがやだから しょうがなく 2 だってよ



164 :ということで:2005/08/24(水) 15:06:24
暴力をめぐる運動が国家を組み立てる、国家が暴力を生み出すのではなく、
逆だと

165 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 15:10:51
>>156
日本じゃ学者はそう思ってないけどね・・

166 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 15:49:18
163 164の言っていることは公理に関する資本主義と国家の問題(国家とはなにか第七章)に議論を結びつければもうすこし生産的な話にもっていけるんじゃないのか? 頑張って。


167 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 16:54:30

訂正、「162,163の言っていることは…」でした。

168 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:09:10
馬鹿装ってプロが書き込んでいる予感

169 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:18:29
 言いたくないけど、ちょっと怪しいよこのスレ。

170 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:20:12
どういう怪しさ?
色々なスレが怪しいからもはやどうでもいいよ

171 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:24:50
うへっ?
どおしてバレちゃったのかな?

172 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:29:21
まあなんでもいいから議論が続くのは良いことだ
頼みますよ

173 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:37:53

        amzonランキング スレの勢い(レス/日) 発売日
国家とはなにか    2472  18レス   6/17
靖国問題       518  33レス   4月??日
キリスト教は邪教です 7989  29レス   4/21


粗雑ではあるが、客観データを見ると際だって怪しくはない

174 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:42:37
>>171=萱野稔人

175 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 18:41:42
>>174
148〜155,162〜164,171は萱野のわけないでしょ。
そもそもこの本を批判しているわけだし。
まあ誰が書きこんでいるかは一目瞭然だけどねw
やめとけばいいのに。


176 :?:2005/08/24(水) 19:01:47
イタイな このスレ

177 :?:2005/08/24(水) 19:15:14
暴力を通じて自らの決定を社会の中に貫徹

178 :?:2005/08/24(水) 19:28:38
怪しいどころか。
173とか 175
とか 出版社の自演って、みえみえじゃんか


179 :173:2005/08/24(水) 19:31:49
>>178
そういう下衆の勘ぐりを無効にするために、データを出したんだよね。
ちなみに俺も関係者がいるとは疑ってるが、データ上は怪しくないということ

180 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 21:13:11
屠殺場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう。
ポール・マッカートニー
「仏教」「地獄絵図」ってキーワードで検索してみてください。
というよりしてほしいと思う。ひよこはオスだとわかると数十匹袋に入れられて
圧迫されて叩き殺される。食肉される牛は最後涙を流すこともあるらしいです。
片脚を鉄のチェーンで縛られ逆さまに吊るされ、宙に浮く。悲鳴を上げる。
牛は自らの重い体重を支えられず、吊るされた脚は脱臼し骨がバキとへし折れる音が
解体場に鳴り響き、牛の頭は人間が持ってきた解体する大きなまな板のよな台に首が
乗って目は充血し、パニックになり鳴きつずける。
人間はノコギリのような刃物で首に切れ目を入れ、
その瞬間に動脈が切れ大量の血が滴る。。
・・・生きてる鶏を吊るして羽をむしりとり首を切って、
中には動脈でつながり意識ある鶏を熱湯に放り投げフタをする。
俺このサイトみてから改心した。「牛の作文1、2」ってコーナー見て
人間は戦争をやめろだとか平和を願ってるけど、
家畜の動物たちに待ってるのは地獄。安楽死させてると思ってた。
もしくはガスの中で意識薄れていく中で死んでいってると思った。
だけど、現実はそうじゃなかった。涙というよりショックで肉食べれなくなった。。
人一人がベジタリアンになると80の命が救われるらしいです。
俺は宗教あんま信じてるほうじゃないけどそんなんじゃなくて
普通にベジタリアンになろうと思った。俺が食べないことで
少しでも殺される数が減っていることになるならいいやなんて思った。。
グロテスクな映像は見なくていい。命ってなんなのか。文章だけでも読んでほしい。
ここを覗いた人が何かしら家畜たちに対して感じてほしい。
国道16号線を走っていた時、赤信号で止まって
前のトラックの隙間から見えた牛と目が合った。大きな瞳がすごく潤んで見えた。。
それから16年間肉は食べていませんって書き込みに泣いてしまった。

181 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 21:17:45
amazonのランキングって、本屋や流通に卸す分まで含まれている場合があるから、
結構いい加減というか、それ自体演出だったりするところもあるんだよな。

 そこから返本されるわけ。

182 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 21:24:55
嫌韓流とかな。

183 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 22:06:39
生協でずっと平積みになってんだから、それなりに売れてるんだろうけどね。

184 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 22:11:19
生協は売れなかったらいつでも他の店舗に回せるんだよ

185 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 22:52:13
そろそろ、
暴力と権力の区別について
著者の考えをおしえてくださいな。

186 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 23:23:15
オイラに訊かれても

187 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:03:46

おせーて おせーて
って ひつこくきいたら
いじめる?

188 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:10:38
1の著者による見解だと

国家= 暴力に関わる運動
だそうだ けれど
国家が崩壊しても
暴力をめぐる運動
そのものが消えるわけではない
んだど

論理的にはおかしいが
暴力をめぐる運動 >国家ってことかな?

で問題です
☆ 1 の萱野先生のお言葉を読んで
 暴力 運動 国家 権力
それぞれの用語を それぞれ100字以内で定義しなさい


189 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:13:40
さっさと答えないと
タタクぞ
と暴力的にいってみる

190 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:18:45
暴力:想像力が及ぶ限りの手段
運動:妥協点に至るまでの葛藤

国家:一応の妥協点
権力:押し付けられた暴力

191 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:21:30
373:哲学者次席 08/25(木) 00:12

ホリエモンの発言を見ていると、もろにレーニンの資本主義分析に被るんですね。
そこでウォーラーステインの世界システムだとか、
ネグリの<帝国>概念を持ってきてもよろしいのですが、
まあこれらは詰まるところレーニンの「蒔き直し左翼」劣化コピーにすぎないんですよ。
戻しますと、ホリエモンの「無宗教」「無国境」「無思想」+「貨幣至上主義」
のことなんですがね、ホリエモンは既に資本ロボットと化している。
資本を志向したつもりが、いつの間にか自分が資本に規定されている。
「僕は死なない」というのは「資本は死なない」の悪魔憑き的読み換えなんですね。

192 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:27:39
国家に押し付けられた権力とは、
国家に課せられた義務であり、
国家は、いかなる事態に対しても、
想像力を駆使して対応手段を講じなければならず、
それを期待され、対応が甘ければ非難される。

なんちて。

193 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:49:42
なんだ?この粘着スレは。
勝手に革命でもしてろ

194 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:51:06
>>193
164 :ということで :2005/08/24(水) 15:06:24
暴力をめぐる運動が国家を組み立てる、国家が暴力を生み出すのではなく、
逆だと


195 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:59:29
おいらはさ、学校でよ、引力ってのをならったけんどよ、
なんでそれがあんのか わかんないのでよ センコーがいうもんだから
仕方なく! そういうもんだろ って思ったんよ 。
それからね おいらはさ 。1+1 が 2 だってのもさ。
しかたなく そういうもんだって受け入れたわけよ。 するってえとさカヤノっぺ はさ、 
しかたなくっってのはさ 暴力なんだ よ、それは殴るぞ、って脅されてるのと同じだ
っていうんさね。

けんどよ アレントおばさんはさ。1+1が2だって、みんなが 「そだな」 っておもってること
を権力だっていうんだな。それは暴力からはかならずしもみちびきだされないものなのよってさね。
たとえばさ「おめー 1+1が3 だってこと信じないと 銃で撃ち殺すぞ」っておどしったってさ、
 「はいさようでござい」 と口ではいっても、こころから同意はできまい。だから暴力で 権力は
かちとれるとは かぎらないのだ とアレントおばさんは  やさしくいったんだけど ね。
カヤノっぺはさ。そでない。アレントは甘い。 暴力でこそ権力は勝ち取れるのだ 。そげんこともわからん
のか。ぶんなぐるぞってさ。いうのね グラサンのしたからガンとばしてさ。
1+1=2 だって小学生が 納得するのは 、しかたなく、脅されていっているのだ! とさね。
いささか 受験勉強しすぎのノイローゼの おヒスの子供みたいに いうんです。

だからさ 権力と 暴力を 明確に区別したのは アレント 。たいしてカヤノっぺは それをぐちゃぐちゃにつなげて
その間はつながっている。 そこに 運動が生じるのである!!って アジッテるんでしょ この本は
だから みんな暴力でおどされるもんだから、 しかたなく 日本語を使い
しかたなくカヤノっぺも 日本語で本を書いたってさ 。おしまい めでたし。めでたし。


196 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:07:40
だったら アホだな

197 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:13:44
オイラに言われても

198 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:14:28
アレントおばさんはナチスみたいな衆愚政治の愚かさを認めきれてないようだな。流石ハイデガーの弟子。


199 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:15:59
個人の暴力と、集団による暴力って、
同じなの?

っていうか、暴力って何?

200 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:17:43
>流石ハイデガーの弟子

ハイデガー羨ましいなぁ

女子大生とラブラブで

201 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:23:59
萱野がマジでエミネム好きなら腐ってるな

202 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:27:08
エミネムはおもしろい。「以前は反社会的な言動をしていたのに最近はしないね?」と質問されて、「結婚して子供ができて考えた変わった」と答えていた。


203 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:33:08
うざいスレだな
こんなごみ屑のスレを立てるな

204 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:39:36
ルソーの自然=善、文明=悪、という考え方だと国家=文明=悪を倒す革命運動になるけど、
ホッブズの自然=悪、文明=善、という考え方だと国家=文明=善を改良する改良主義になるよね。

全共闘などは前者の考えに載せられていわば騙されたので、まあご愁傷様です。


205 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:51:08
萱野稔人というコテハンが自己スレを立てていますよ。
削除依頼出しておきました。

206 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 02:23:05
>ルソーの自然=善、文明=悪、という考え方だと国家=文明=悪を倒す革命運動になるけど、
>ホッブズの自然=悪、文明=善、という考え方だと国家=文明=善を改良する改良主義になるよね。

へんな高校生みたいな図式を公共の掲示板に書き込んではいけません


207 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 02:25:53
短絡的なアンチルソーの馬鹿が最近多いから。
漫画の入門書のせいだな

208 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 04:41:20
つか、叩くしかできんのか。

間違えてると思うなら、
過ちをしてきすりゃいいじゃん。

209 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 05:12:39
常用外の言葉は叩かないわけではありませんよね?

210 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 13:29:48
>>208
コテハンとは叩かれるべきもの
フマ、ピエ、カヤ

211 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 16:10:07
   -┼―     /           \ヽ 
    |      /      |  ―┼―   _/_ \ \ヽ
    ⌒ヽ   /⌒ヽ    |   |      /  ヽ \
       |  /   |    |   |     /   /  
   __ノ /    \_  レ  /     /   /   

                        __
  \            .___      /
    \             /    /⌒ヽ
    /\    __    (       _ |
  /    \    _)    \     (_ノ

  … …     …   
 :i ̄ ̄ ̄)━━━━━|━|||||
 :|  i/ ̄ ̄ ̄)━━━|||━||
 :|∪  '/ ̄ ̄)    ||||||||
 :\ ''  /T''    |||||||   .\___/___
   :ヽ    ).    ζ||||  /''''''   '''''':.:::::\
    :)   /:     ||||| .| (◯),   、(◯)、.::|:
   :/| ∪ |.      |||| .| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".:.:|:
   :/ i    ノ:      |||| .|   ´,rェェェ、` .:::::.:::|:
  :/ \/ |:    … ||| -\  |,r-r-|  .:::::/…
  :/      |:_____/'''"" |||    ヾ`ニニ´ / ̄"''''ヽ:
 :|   ∪  )''''      ‖    ヽ\  ノ       ヽ:
 |          v    ||       |/|        ヾ:
 |      ノノ   i   ‖     ソ ̄    ∪  /  i:
 ヾ      ノ        ‖             /   ヾ:
  \  ソ          _||    o         /    i:
   :ゝ__                       /     |:


212 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 16:57:47
暴力はすごい!説得力はなくても説得できるんだもん。

213 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 17:00:05
ルソーの自然=善、文明=悪、という考え方だと国家=文明=悪を倒す革命運動になるけど、
ホッブズの自然=悪、文明=善、という考え方だと国家=文明=善を改良する改良主義になるよね。

萱野さんは下の考え方なので偉いですね。


214 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 17:52:48
>ルソーの自然=善、文明=悪、という考え方だと国家=文明=悪を倒す革命運動になるけど、
>ホッブズの自然=悪、文明=善、という考え方だと国家=文明=善を改良する改良主義になるよね。

へんな高校生みたいな図式を公共の掲示板に書き込んではいけません


215 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:44:36
萱野の考えは、たしかにスピノザよりはホッブズに近い。
レオ・シュトラウス的な右翼なんじゃないの?

216 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:52:56
ホッブズはバリバリの左翼でしょう

スピノザみたいなレンズ磨きの神秘主義者が
スノッブなポストモダニストに珍重されている現状は不健康だ

217 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:24:01
国家の本質は服従を生産する巧妙な術策にすぎない、というスピノザが右翼なわけない。
とはいえ、昔の左翼のように、スピノザはその外にユートピアを夢想しない。
とはいえ、スピノザは、術策にすぎない国家を認めつつ、共同の利益を追求する自由を行使せよと言う。
こうなるとやっぱ左翼だろ。
萱野も所詮左翼さ。

218 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:35:30
アタマ大丈夫ですか

219 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:37:47
なに?

220 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:49:54
>スピノザが右翼なわけない

誰がそんなこと言ってるんだ

221 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:50:20
>術策にすぎない国家を認めつつ、共同の利益を追求する自由を行使せよと言う。

というのは、「国家を通して」共通の利益を追求しろ、と言っているのでは?
別にコミューンを作って農業をしろとか述べているのではないような気が…


222 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:53:04
自然状態とか運命共同体なんてまったく信用せず、国家を契約と
見なしたホッブズはどう見ても保守主義者ではないな。

223 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:58:25
>>222
ホッブズの言う自然状態ではそもそも運命共同体なんて何もないんですが…


224 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 20:59:41
>>221
>別にコミューンを作って農業をしろとか述べているのではないような気が…

一体だれがそんなこと言ったんだ?




225 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 21:02:10
>>224
>「共同の利益を追求する自由を行使せよ」

というのの具体的な内容はどういうものだと思われているんですか???


226 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 21:14:11
>>225
それが作動する欲望機械じゃない?

227 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 21:18:21
>>226
それじゃわからんですよ。政党を作るとか圧力団体を作ってロビイングをするとか
選挙で投票するとか任侠集団を作って非合法な商売をするとか革命集団を作って政府転覆を図るとか、
具体的な内容はないんですか???


228 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 21:40:05
みんなに聞きたいんだけど、平行論の真髄がわかっててしゃべってるの?


229 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 22:10:30
幼児の方は発言をご遠慮ください

230 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:02:26
つか、

哲学者って、
ガノタと何が違うの?

231 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:17:11
>>230
両者が排他的だと思うなよ


232 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:23:15
ガンダムってのを今日生まれて初めて見ましたよ
BSで録画したものですけど半日がかりで

2ちゃんで見かけるAAの出典がイロイロ分かって良かったけど
内容についての感想はとくにありません

一年前には発作的にエヴァの市販DVDをぜんぶ見ましたが
これも何の感想も思い出せません
2ちゃんで見かけるAAの出典がイロイロ分かって良かったけど



233 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:26:21
一カ所だけ印象に残ったのは
酸欠でイカれちゃったアムロくんの父上のシーンです

2ちゃんでよく見かけるテレビにかじりついてる父上のAAは
なかなか哀愁を帯びた性質のものだったんですね

勉強になりました

234 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:04:24
つか俺、
ガンダムを知らんけど、

哲学者とガノタの区別がつかん。
よく似てる。

235 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:20:23
それは逆で、234が哲学者を知らないんじゃないかな

236 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:21:06
私もガノタという呼称は、貴方が書き込むまで知りませんでした
ぐぐればすぐ分かるので別に支障はないのですが

しかし
なんだか群盲象を撫でる地でいくような展開ですね

237 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:24:05
哲学者とは誰かというのも
人によってさまざまでしょうね

古典的なビッグネームは措くとして
たとえば日本語で書く現役の哲学者として誰を連想するかも
共通項をみつけるのは難しそうです

238 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:24:38
いや、

誰だかわからない外国の哲学者の名前も、
ガノタというわけのわからない単語も、
たいして違いがないし。

239 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:28:21
古東哲明、小泉義之、野矢茂樹、永井均あたりがパっと浮かぶのですが
同時にこんなキツネが憑いたような人ばかり挙げたらヒトから何言われるか分からない
という自己検閲も作動するのが正直なところです

でもキツネが憑かないようなヒトを哲学者と呼ぶのも癪ですし

本題に戻すとスレタイのヒトはどんな類型の哲学者なのでしょうか?

240 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 12:57:58
>>195
>カヤノっぺはさ。そでない。アレントは甘い。 暴力でこそ権力は勝ち取れるのだ 。
>そげんこともわからん のか。ぶんなぐるぞってさ。いうのね 
>グラサンのしたからガンとばしてさ。 1+1=2 だって小学生が 納得するのは 、
>しかたなく、脅されていっているのだ! とさね。
>いささか 受験勉強しすぎのノイローゼの おヒスの子供みたいに いうんです。

どっちがおヒスだよw
「グラサンのしたからガンとばして」って…。
萱野のイメージに捉われすぎなんじゃないの?
少しはまともに読んでから書き込もう!


241 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:13:33
2ちゃんの哲板ですら、まれに見る低レベルなスレッドw。

242 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:27:58
お約束ですが、まれにみる低レベルのレスですねw

243 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:45:01
暴力はすごい!説得力はなくても説得できる!!

244 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:56:04
ただこの本もね、ませた高校生か大学学部生向きって感じで
レベルは高くないんだよ。

政治学や社会思想として国家学とかネーション論について、
専門的な研鑽を経てきた人には、殆ど得るところがない
でしょう。全体に勉強不足で、半ば思いつきで議論を進め
ているような展開だし、論理的な緻密さも過去の膨大な
国家論文献への目配りも充分には程遠く、記述にも厚みがない。

滝村や廣松の国家論や今村の暴力論がいいとは言わないが、
これでは拮抗もできないですよ。まだ若いようだし将来もある
だろうから、あまり批判的なことは言いたくないが、上で
「ゆとり教育世代」と揶揄されているのも否定出来ない所がある。
著者が実際その世代に属するのかどうかは別として。

245 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:27:59
平積みしてあるんで何度も立ち読みしてるんですが
いまだに買う気が起こりません

カネがない訳じゃないんですが・・
どなたか背中を押してくださいおながいします

246 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 04:09:28
>>208

だって、叩くのが国家だもん。 
 

247 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 04:13:37
>>245

とにかく何がなんでも背中を押す という、暴力の
実践の効果として「国家とは何か 」 という本があるんだと
僕の場合は 考えるんですね

248 :書評:2005/08/27(土) 04:27:45
迫力あるいい書である。
私はヤクザの源流を探っているが、本書はレベルも高く、読み応えがあった。

249 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 04:49:51
ほぅ。

250 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:04:56
>>244 
そうかね???日本の国家論の専門家って誰?

個人的には、政治学や社会思想の研究者の本が超つまんなかったから
結構重宝してる。
しかしアレントなんかにつなげなきゃいいのに。

251 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:12:59
>個人的には、政治学や社会思想の研究者の本が超つまんなかったから

参考までにどんな著者の何という本かご教示ください


252 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 09:16:36
哲学も恥ずかしいが政治哲学も恥ずかしい。

253 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 09:43:46
おれの専攻は数理政経哲学だから死角はない。

254 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 10:25:12
でも数理の香具師って、ポモを煽るばかりじゃん。
あるいは英米の手先。
外在的な批判ばかりで、
左翼の議論に具体的に介入した例を見たことがない。

255 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 10:58:52
>左翼の議論に具体的に介入した例を見たことがない。

つか、ソーカル自身左翼なわけだが。


256 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:00:55
さようか。

257 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:03:10
ソーカルはただの物理学者で数理xx学の専門家ではないだろ。気にしすぎ。



258 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:07:31
このスレまで某ソーカル白痴で汚すなよw

259 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:19:04
いや、数理の香具師は「人文は糞」とかいって、
実質上アメリカ流の(IF重視)アカデミズム以外を排除している

アメリカにもポモはたくさんいるし、
サイードなんかまさにIF稼ぎまくりなのに

260 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:44:52
IFなんて糞だろ。雑誌内部の相互引用が多い場合とか
雑誌同士の相互引用が多い場合とかでも同じ数字なんて糞。
それこそ数理のメスが入ってない。つーかgoogleに頼んで
ページランク計算してもらえ。


261 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 12:19:16
>>250

すでにその人が何人もあげてるじゃん。

ていうか、この本を読んでほめてるやつ、直接フーコーだのなんだの読んでも
さっぱり分からないだろうな。
 柄谷の『トランスクリティーク』読んだことありますか?

262 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 12:38:18
名スレのおかん

263 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 14:09:55
滝村や廣松の国家論や今村の暴力論がいいとは言わないが、
これでは拮抗もできない

264 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:03:36
>>261
その柄谷さんが朝日の書評でわりと好意的な評価を与えているわけですが。

フーコーはともかくとして、ドゥルーズ=ガタリみたいなけっこうな眉唾ものを
使って、それほど浮ついた論述になってないってのを評価すべきだと思う。
良かれ悪しかれ、そんな叩くものじゃない。一応は読んどけってなもん。


265 :?あかね:2005/08/27(土) 23:43:09
ていうか、この本最後まで 読みましたけど、
暴力をコントロールするのは どうやら暴力ではないんだって いうのよね
肝心なところになると。勇ましさが ふにゃふにゃになっちゃうのよ。
で、コントロールできない暴力は暴力としての効果がないらしい
自爆してしまうんだって(ベンヤミンさんの神的暴力をこんなに単純に
片付けていいの?心配よ わたし )

ね、だから、ねえ、この人の論法、循環してる、どうどうめぐり。
じゃあ、いったい何なのさ 、きみは甘い、とか、このあたりの区別についてはいままでは
アイマイにされてきた、ていきまいているくせにさ。何なの、この本?って感じなのよねえ。
で、キメのセリフがこれ↓でしょう。どうなの?これって?
「暴力の組織化を経由することなしに、暴力を社会的に管理することは可能か」

だからねえ 管理ってのは 暴力でやるの、そうでないの

それから ここで組織(国家のことね、きっと)っていっているのも その組織は暴力によって
可能になるの、それとも組織(これは権威 とどう関係あるの、はっきり言いなさいよ!)
によって可能になるの? どうなの。

こういう肝心なところに 組織 とか 社会 とか、管理とか、
いってたら、アンタの 肝心 の 暴力 のロン がアイマイじゃないの。
だいたい ベンヤミンの 神的暴力ってのは 組織とも 社会とも 管理とも
無縁な純粋暴力じゃないのよ。 どうしてくれるのよ 2600円
ベンヤミンの文庫 より、高いじゃないのよ ぷんぷん 使えないわよ

266 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:53:27
なんか、あんたの語り口のほうが鬱陶しいよ

267 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:00:02
>>265
釣りだとは思うが、それ本気でいってるなら病院行ったほうがいい。
面倒だから一つしか指摘しないが、
>組織(国家のことね、きっと)っていっているのも その組織は暴力によって
>可能になるの、それとも組織(これは権威 とどう関係あるの、はっきり言いなさいよ!)
>によって可能になるの?
ってのは同意するか批判するかは別として、著者ははっきりと 
暴 力 に よ っ て 国 家 が 組 織 さ れ る と言っていますが?
第三章のホッブズの二つのコモン-ウェルスあたりをあと十二回読んでから来い馬鹿!

268 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:02:09
萱野さんこわいっすよ

269 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:11:40
本当は気が弱いからサングラス

270 :あかね:2005/08/28(日) 00:34:28
あたしゃ、ほんとに病院にかよってますってば!
で しつこく聞きたいんだけど(となりのお客さんも聞けっていうから)
あたいが本文から引用した
「暴力の組織化」  というときの「組織」とあんたが
「暴 力 に よ っ て 国 家 が 組 織 さ れ る」って要約している「組織」
は 同じ意味かしら。 同じ意味だったら わからないわ。あたし。
だってさ、あたしが聞きたいのはさ、暴力は どうやって組織されるのよ
、ってことなんだもん 

271 :?あかね:2005/08/28(日) 00:41:40
となりの客が おまえの書き方がわるいっていうから
書きなおしまーす

>可能になるの、それとも組織(これは権威 とどう関係あるの、はっきり言いなさいよ!)
>によって可能になるの?

ってとこは
暴力は組織(これは権威 とどう関係あるの、はっきり言いなさいよ!)
によって、はじめて暴力として可能になるってことなあの?

っ、ことですた。

お返事まってまあす。




272 :みかちゃん:2005/08/28(日) 03:03:16
あのよ あかねが ねちゃったからよ 俺が
退屈だから ひつこく 書くけんどよ
誰かが書いてたけんどよ、おしまいの方の コオリ 系の 話。ね
コオリがなぜ出来るか。ね。
コオリ を固めて、 作るのが 大事。こいつが暴力なのかさ、
とけそうになったコオリを 必死でさ、とけないようにするのが
暴力なのかさ、もうコオリはとけちゃってるのに、あるぜって
だますのが、さ 暴力なのかさ、 わかんないのよ。

だってさ。もうとけちゃったコオリは見放すんだろ 国家ってのはさ。
で、富士山のほら穴に保存していたコオリを大事にするのか、さ
誰かが作った コオリをさ、さも自分が作ったみたいにぶんどってきてさ、
とけないように ふんばると。

でも、自分ではコオリは 出来ないやな

いくら クールな国家でもさ

どうなのよ コオリ系の人



273 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:03:29
  ★★★ また韓国、意図的な、でっち上げ反日報道 ★★★
 韓国の大手テレビ局が8月15日のニュースで報道した「旧日本軍による生体実験」番組が、実は真っ赤なウソ、中国映画の盗用でっち上げだった。
 韓国のマスコミは反日番組で、この種のでっち上げ「歴史歪曲(わいきょく)」をよく行うが、今回の事件で 「日本糾弾ならウソも平気」 という腐敗体質が改めて確認された。

 番組では戦前、旧日本軍731部隊の実験の様子を「白黒の記録フィルム風」に紹介したが、視聴者から「映画の場面と同じだ」と抗議の声が上がり、悪質なでっち上げが露呈した。
 この中国映画はカラー作品だが、テレビでは本物に見せかけて「白黒」に変えられており、意図的なでっち上げであることは明白。

 日本の民主党(岡田党首)は、日本国内に数十万人もいる反日的な在日韓国・朝鮮人に日本の選挙権を与え、民主党に投票させようと画策している。
 在日韓国・朝鮮人の大部分は、戦後のドサクサで密入国した不法滞在者とその子孫だが、強制連行されたとウソをついて被害者のフリをし、日本国内に居座って税金も払わず、毎月二十数万円の生活保護をもらい、ぶらぶら遊んで暮らしている。

274 :?みかちゃん:2005/08/28(日) 03:10:42
だから コオリ を組織するのは
ナンナノサ ってことね
クールなものがすきな 暴力が
近づいていく  何でも 冷やす ひえひえの場所ってのは

暴力ではなくて ヒエヒエ力 だろ
おれは そう思うよ。

275 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:06:05
一人の粘着のためのスレになてるな、ここ
まだまともに読んでないオレにしたてみたら
こいつが何を言いたいのかさっぱりわからない

さっき一章読み終わったがとりあえず勉強になったという感じ
死刑の問題は考えさせられた
まだよく理解できていないけど、とりあえず法の起源
は善の体現でも、あるいは人々の間の共約的なものの体現でもない
ということか?
まあこれぐらいのことを言いたいのなら驚くほどのことでもないな
ブッシュや小泉のやってることを見てればすぐわかる

ともかく粘着さんは消えてください

276 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:44:53
>>275
このスレ最初のほうから読むと、その粘着が語り口と名前変えて何度も現れてるなw 全部バレバレw 見てはいけないものを見た感じでひさびさに2ch見ながら鳥肌がたった




277 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 05:04:14
本を出すということは粘着ファンに
つきまとわれる危険があるということ
だから僕は本を出しません

278 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 06:26:01
でも、哲学者が「業界」の外に向けて発言しなくなったら、
それこそ、単なる哲学オタクになっちゃうじゃん。

・・・まあ、
哲学とは分からないように偽装して、
小説とかの、エンタメを装うって手もあるけど。

279 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:13:27
・暴力が横溢していた時代に、冷え冷え力で国家が出来たがその国家が今もなぜか暴力を振るう事がある。
・暴力で国家が出来たが、冷え冷え力のおかげで国家が暴力を振るうことも減ってきている。

前者と後者では、後者のほうが正しいと思われるけどねぇ。北斗の拳とか読みなよ。冷え冷え力抜群の
村の長老とかが暴力で踏みにじられてるじゃん。



280 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:35:25
暴力っつーか、
こちらの意思を、相手に受け入れさせる方法すべてね。

281 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:38:41
自分と相手の区別が付かない人たちはどうなるの?

282 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 12:19:17
>>281
そりゃ暴徒だろ。頭冷やせといいたい。


283 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:12:22
やっぱ暴徒はいけませんか先生

284 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:18:11
>>283
282は先生じゃないよ。先生は暴力による革命や独立運動も、成功すればよいという立場とおもわれるよ。


285 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:31:07
ですか先生は単なる2ちゃんイディオムですよ

286 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:03:35
手段は目的を正当化するのだ!

・・・あれ?
逆だっけ?

287 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:12:49
やっぱりテロはいけませんか先生

288 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 17:23:18
国際テロ組織がいずれ世界政府を作るとは思えんからねぇ。
権力欲が強すぎるヤシが一般人相手に憂さ晴らしをしているとしか…


289 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 17:34:20
ひえひえ

290 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 17:37:01
はやっぱりだめですか先生

291 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 17:52:07
頑張って考えてみたんですが、テロはどうもだめそうです。
ひえひえ、は、国家=政体=憲法の直接の起源にはなりませんが、
そういうのがだんだんよくなるのに貢献しているとおもわれます。


292 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 18:41:06
ひえひえって何ですか

293 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 18:48:13
私が、 ひえひえ は、これ、だな、と思ったのは、復讐法を巡る議論です。
復讐法が定められる以前は、加害者は被害者の属する集団にリンチされるのが
通例でした。チョット前まで、IRAの悪口を言った人が呼び出されて足の骨を
折られた、なんてのは典型ですね。その後、復讐法が生まれ、復讐の連鎖は
あまり拡大しないようになりました。返り討ちもOK。その後、復讐は禁止され、
刑罰は国家が独占することになりました。こういった法の進化を後押しするのが、
ここでいう ひえひえ なのです。


294 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 18:54:16
で、ひえひえって何ですか

295 :MORALITY ◆oMyMORALjQ :2005/08/28(日) 19:35:54
満喫エアコンだろぅ多分

296 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:59:55
江戸の風物詩

コオリ 系 

297 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:48:28
え?
皆さん共通の符丁とか
萱野さん独自のテクニカルタームとかじゃないんですか
>ひえひえ

議論のなかで当たり前のように使っていらっしゃるんで
質問したんですが

298 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:58:26
コオリ系 って
>萱野さん独自のテクニカルターム
でショ


299 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 21:01:42
教えてクンですみません、コオリ系ってなんですか

コオリ系と萱野稔人でぐぐってみましたがヒットしません

300 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 21:08:33
公理系

301 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:47:54
法の問題を公理系で代替させちゃうの?

302 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:49:27
ひえひえ
って公理系のことなんですか

置き換えても
イマイチ意味の通らないレスがほとんどなんですけど

303 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:52:54
ひえひえ=空

304 ::2005/08/28(日) 23:55:09
291 考える名無しさん sage 2005/08/28(日) 17:52:07
頑張って考えてみたんですが、テロはどうもだめそうです。
★ひえひえ、は、国家=政体=憲法の直接の起源にはなりませんが、
そういうのがだんだんよくなるのに貢献しているとおもわれます。

291 考える名無しさん sage 2005/08/28(日) 17:52:07
頑張って考えてみたんですが、テロはどうもだめそうです。
★空は、国家=政体=憲法の直接の起源にはなりませんが、
そういうのがだんだんよくなるのに貢献しているとおもわれます。





305 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:57:09
>>302
公理系ってのは、証明なしに正しいとされる命題の集合でしょ?
復讐するのが正しい、という個人の命題を国家が取り入れると
罪に対して罰を与えるのが正しい、となるわけよ。そういう
人が妥当だと受け入れる命題の集合を公理系と読んでるのよ。
公理=氷=ひえひえ=社会に秩序を与える作用、という洒落を
踏んでいるのであって。


306 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:02:54
>公理=氷=ひえひえ=社会に秩序を与える作用、という洒落

先生寒いです

307 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:08:02
知らねえよ。スレの流れでそうなっていたんで、俺が最初に言い出したんじゃない。


308 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:14:03
>公理=氷=ひえひえ=社会に秩序を与える作用、という洒落
素で気づかなかった。

309 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:26:24
洒落なのか?

マジでドン引き

310 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:31:09
ちょっと年上の同業者なんじゃねーの?
文体変えているとか

311 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:35:09
そうか身内の人たちの符丁だったんだ

先輩にも本屋にも愛されてるんだね>萱野さん
みんなとはエライ違い(涙

312 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:42:11
違うって。本人と思しき書き込みは>>267
年上の同業者?と思しき人がコオリ系とか言い出したので(>>272とか)、
勝手に話を引き継いだだけ。本人さん(?)読んでますか〜?


313 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:42:17
長  原  豊

314 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:48:06
ちょっと年上の同業者って妙に具体的だね

誰なのその人

315 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:52:53
面倒だから一回しかいわないが、ひえひえは
氷を作るのに必要な温度のことだろ。コオリとひえひえはちがうだろ。
一方がもう一方の効果なのであって。そんなことも読み取れないなら、このさむいスレを
14回読んで糞して寝ろ。馬鹿!

316 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:56:42
>>315
ひえひえが何かという質問に答えろ!批判に答えろ!!!萱野!

317 :267:2005/08/29(月) 01:02:44
一応萱野氏の名誉のために言っておくが、
俺は萱野ではない。

318 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:04:25
はいはい。で、暴力という温度を下げるのは何なのさ。
結果として公理が凍りつくってのはわかったからさよ。


319 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:05:25
>>317
恫喝キャラもっと磨けよヴォケ

320 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:06:04
なんちゃら研究会のメンバー多数確認

321 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:06:57
長原豊ってジジェクをよみづらく訳すよな。英語原文のほうがわかりやすいんだけど。

322 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:10:30
長原豊は電波。訳も電波。

323 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:34:04
最近の嫉妬スレはここですか
オヴァドクがんばれよ?

324 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:46:08
中正サンこんにちは

325 :出光のタンクは燃えているか!?:2005/08/29(月) 15:46:52
高校野球 指導と暴力

326 :街の活動家:2005/08/29(月) 20:19:17
このスレざっと読んで思ったが
萱野の不幸は、まるで萱野が「暴力は万能である」
と主張しているかのように誤解されているところにあるね。
彼はそんなことは一言も言っていないと思うのだが。
彼がこだわっているのはおそらく「支配」という問題系であって、
それを考えるときに暴力の問題が不可欠であるというのは至極当然
だろう。もちろん「支配」においては、暴力はどんどん洗練され
一見それとわからないように活用され始める。
誰もが自分は自由だ、という錯覚さえ覚え始めるかもしれないし、
実際さまざまなレヴェルでつねに「支配」の及ばない場面も多々
生じているだろう。
だが、いざというとき(に限った話ではないが)国家は暴力を背景に
住民(主に国家の支配に背く人、あるいは背かなくとも必要とされなく
なった人)を圧迫するというのは歴然とした事実。
それを問題化しない限り、「国家からの自由(小さな政府?)」
などと軽々と言って逆に国家による支配構造を強めることに
加担する輩が増えるということでしょ。
アカデミックな場面でもそんな奴らばかりだということに
警鐘を鳴らしたているんじゃない?
だからこそ「国家とは何か」とわざわざ問うているのであって、
「暴力は万能だ」などと言っているのではない。
こんなことすら理解されないとは、萱野自身が本の中で批判している
ような馬鹿が本当に大勢いるということだ。



327 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 20:45:57
たとえ萱野が、暴力は万能だとかいったとしても
誰もそんな戯言を真に受ける奴はいない。
いまどき小学生レベルでもそんな馬鹿をいう奴はいない。

つまり「萱野は暴力は万能だと言ってる様に誤解されてます」
というように宣伝をしなおしてやるという仕草が、最もわざとらしいフィクションなわけだ。
最初からありえない前提を捏造して
あたかも萱野はマシだとかいうように>>326=街の阿呆活動家w
は語っているのね。
最初からありえない虚構を前提にしてるのはのは丸見え
本当、よくありがちな街の活動家レベルの屁理屈だな
つーか、いまどきの「現代思想」とはこんな体たらくにまで落ち込んだのか?
ママゴト遊びみたいな

328 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 21:02:49
ぴえぴえ

329 :考える名無しさん :2005/08/29(月) 21:17:47
>>317
ママゴト遊びではない思想とやらを
教えてください。


330 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:26:55
>>317

だから15回読んでよ!!

いざというとき  ってのは コオリ が溶けそうなときだろ
1 暴力で圧迫しても コオリ は固まらない
2 もしコオリが凍りつく暴力 があれば ひえひえ 力 である
3 よって ひえひえ 力も 暴力である
4 でないと 暴力は 組織力をもたない

ひえひえ 力も 暴力だとすることで
萱野 先生の 暴力 万能説は みずからコオリ系として成就するのである。

ひえひえ !

だからこそ「コオリとは何か」とわざわざ問うているのであって、
「ヒエヒエは万能だ」などと言っているのではない。 『暴力が力のすべてだ!』
といっているのだ!! ちから は 佐々木力も 含めて すべて 暴力だ!
こんなことすら理解されないんでは、萱野自身がこのスレッドの中で批判している
ような馬鹿が本当に大勢いるということだ。 15回読んでから屁こいて 出直せ! 馬鹿!






331 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:27:58
↑関係者うざすぎ

332 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:32:49
馬鹿!
国家は 関係者しかみとめない!
退去しなさい!

333 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:37:41
本人と関係者が必死で盛り上げる滑稽なスレ

334 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:55:51
関係者きた

335 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 01:04:03
ここ矢部史郎いるだろう?

336 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 01:13:47
http://creative.cside2.jp/kindai-daigakuin-nb/sosaku-hyoron/joyful/joyful.cgi

337 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 07:49:49
>>336 こういう実体論で言い合いしててもしょーがない。
国家の機能を暴力という観点で分析するのは実体論の議論とは対極にある。

338 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 14:49:28
>>337
なんで?まったく説得力ないんだけどw?

339 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 14:52:47
国家の帰納が暴力の観点で考えられると、分析って言わないんじゃないの?

340 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 16:14:22
このスレは「現代思想」問題研究会ですか?

341 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:36:03
>>340
何の皮肉にもなっていない&つまらんから(・∀・)カエレ!!

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)