5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【  神の定義  】

1 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 22:54:05
神がいないんじゃなくて、神がいるところに人間がいないだけなんだよ

〜それではあなたにとっての神って何ですか?
例;
1、サイコロ遊びなんかしない
2、何か大勢いる
3、ドラえもんみたいな都合のいい存在
4、私の上位自我
5、人生の天邪鬼な脚本家
6、物理学の公式みたいなもの

こんな感じで各自の神についてのイメージを説明し別の人が
優しくツッコミを入れてね(は〜と)
なお特定の宗教団体の名前をだすのは御法度
哲学者や作家の言葉を引用するのはありです

2 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:08:48
えーと。創価学会。

3 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:11:30

大作先生 = 神

4 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:13:55
定義と特徴の区別ができない >>1 のいるスレですね。

5 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:15:10
なるほど〜学会は厳密に言えば信徒団体だからな、、、って違うよ!!!

最初が肝腎なんだから頼むよ(泣)



6 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:18:46
神っていう名字の人も結構いるぞ。

7 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:22:17
そーいや最近、三浦見ねぇな。

8 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:23:15
>>4
なるほど、でも実際はほとんどの人の頭の中はもっと曖昧だよ。
神の属性についてでもいいから書き込んでちょ。

このネタで1000までいく自信はあるんだ。

9 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:24:23
妄想の一種

10 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:25:45
おまえなぁ。ドラえもんは都合の良い存在なんかじゃないぞ。

11 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:25:59
>>9
なるほど、
ではあなたが神の妄想の一部である可能性については?

12 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:27:03
アッラーには99の名前(属性)があるそうな。どこかで調べてUPしてちょ。


13 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:29:59
てめーが調べてうpしろよ。
まぁ。アラーっつうのは英語のgodと同じで神の名ではなく
一般名詞だからな。

14 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:31:21
>>10
そう、はじめはのびたの思い通りなんだけどあとでしっぺ返しがくるんだよね。

そこに「人間は自由の刑を受けている」という深淵なテーマがあるのです。
人間の自由であることの苦しみが宗教を生んだともいえるのではないでしょうか?


15 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:31:43
「各人が神と信じているものが、そいつにとっての神である」
ということくらいしか言えんと思うが。

16 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:32:06
>>11
妄想する神か。。

17 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:32:58
お前サルトルでも読んだか?
その前に人間のどの辺が自由なのだ?

18 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:33:13
胡蝶の夢でもいいわけで

19 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:40:38
>>17
サルトル読んでません。

他の動物よりは自由な気がするけどどうかな?
自由ってのは個人の才能による部分が多いような気がするけど。
勿論完全な自由は存在しませんね。
例えば日本語の文法や文化の中で思考できる限られた自由はあるのでは?

20 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:41:27
>>18
荘子でしたっけ?

21 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:43:19
じゃあ。読め。

22 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:48:53


大作先生でファイナルアンサー!!





23 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:49:24
>>15
いきなり結論でましたね、、、ってそれではスレが終わってしまうので

例えば全人類が神を信じないようになれば神は存在しなくなるといいきれる
でしょうか。信じる側だけの問題として考えると、初めから神を人類の
従属的存在としてみなすのと同じことになるのでは?

24 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:51:47
>>22

いきなり結論出ましたね、、、、、お見事です。

25 :◆yGAhoNiShI :2005/08/21(日) 23:57:36
いや哲学に結論というものはないと思いますが。

26 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:59:02
>>23
はじめから神を人類の従属的存在として見なしてはいかんのですか?

27 :◆yGAhoNiShI :2005/08/22(月) 00:11:20
>>26
そう結論づける根拠はないのであくまで一つの仮定に過ぎないということに
なります。


28 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 00:13:56
>>26
天皇機関説みたいですね。弾圧されるのでは(藁


29 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 00:22:24
>>23
実際に神が存在しようがしまいが、人間が信じている神は
そいつ個人が信じている概念にしかすぎないよ。

30 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 00:35:37
ジェームスの「宗教的経験の諸相」を読むのがいいね。
具体的な神体験の例が豊富。

31 :1 ◆yGAhoNiShI :2005/08/22(月) 00:51:59
>>29
そういう考え方ならわかる。


32 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 00:58:46
>>29>>26は何が違うんだすか?

33 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 01:07:06
本当に神を信じてない人が神に関するイメージをいくら書いても
ムダな気がする。1であがってる例文がその空しさをよく語ってるね

34 :1 ◆yGAhoNiShI :2005/08/22(月) 02:21:15
>>33
完全に神を信じてないって言い切れる人はなかなかいないでしょう。
「神を信じる」っていう言い方が何を意味するかが問題だと思う。

結局はお互いの曖昧な神のイメージを持ち寄り検証するしかないのでは?

35 :1 ◆yGAhoNiShI :2005/08/22(月) 02:23:41
>>29 は人間の勝手な思い込みと全く無関係なところに神が存在するって
意味でしょう。

36 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:25:44
なんで信じるのか詰問したら「だって見えるんだもん」と
言われたよ。

37 :1 ◆yGAhoNiShI :2005/08/22(月) 02:26:18
>>35
神が存在する→神が存在するかもしれない

に訂正

38 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:30:11
なんで信じないのかって詰問したら「だって見えないんだもん」と
言われたよ。

39 :1 ◆yGAhoNiShI :2005/08/22(月) 02:32:27
>>36
例えば自分の見ている赤色と他人の見ている赤色が同じ色に
見えているかどうかはわからないですよね。

そういう感覚器官を通じての「見える・見えない」の話は
哲学的に神について論ずることとは関係がないような気がする。

40 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:34:27
ギリシア神話に出てくるような神々なのか、ユダヤ教の神なのか、靖国神社に祭られている神なのか
整理しないと話できないよ。
それから神が存在するかどうかと神の定義が何なのかを一緒に論じていいのかも検討してね。


41 :1 ◆yGAhoNiShI :2005/08/22(月) 02:39:09
>>40
まずは神の定義を論じそれから、その定義による神が存在する可能性
について論ずるべきでは?
1は理系の科学者がイメージするような神について先ずは論じてみたい
です。

42 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:50:34
定義といってもねえ。
みんなが納得するということになると、全ての宗教、神話に共通する神の性質を挙げないと・・・。

 ・人間を超えた力を持っている

ぐらいかなあ。
全知全能とか、不死とか言い出すと変わってくるもんなぁ。

43 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:50:35
プププ 定義…

44 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:54:44
>>41
自然科学者が、自然科学の枠組みの中でイメージ可能な神について
語っているソースをいくつか挙げてみて。
ニュートンとかケプラーみたいな近代初期の人間は省いて。
カントールとかゲーデルみたいな神学好き数学者の神議論もやめてくれよ。


45 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:56:17
では、まず神を「必然的に存在するもの」と定義してみよう。

神は必然的に存在するものである。
故に、神は存在する。(証明終わり)

46 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 02:59:36
ト(ry

47 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:21:57
 相対性理論を発見しながら、ニュートン力学的な神観を持っていたアインシュタインは、 物質の運動を確率論的にしか予言できない量子論を、「神はサイコロ遊びをしない」と批判。
それに対して、量子論の創始者ハイゼンベルグは「サイコロ遊びが好きな神を受け入れればよい」 と反論した。
さらに最近の研究者、小澤 正直はハイゼンベルグの「不確定性原理」は正しくない 、「神は気分次第でサイコロ遊びをしたりしなかったりする」と宣言した。
さて、神の実像とは何なのか。

48 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:23:24
量子力学は正しい、程度に神は存在しない。

49 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:24:44
結局人間が気分次第だったらそうでなかったりサイコロ遊びをするから
神もそうであると人間が思うだけである。
神は何もしていない。

50 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:27:15
それも人間の仕方の或る部分

51 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:44:47
>>47
元ネタはここだな?

http://yama-tabi.net/netself/kamiwa/saikoro.html

ところで、宇宙の加速の膨張を説明する最近の宇宙項は、左辺ではなく、右辺側に復活している。

52 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:46:19
「宇宙の加速的膨張」に訂正。

53 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:47:59
tp://www.bijutukogei.co.jp/kont/nendo/nenndo-sinn.html

54 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:51:17
少し話しはそれるが人間が気まぐれにサイコロ遊びをしている
と思っていても、実はそれは必然なんじゃないのか?

物理学の公式の因果律の中で偶然起こることは何もないからだ。

55 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:52:15
>>51
そうです。早いですね。

56 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 03:57:31
>>53
ほう。ジェイソンから塑像か。

57 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 10:00:34
>>35
その通り。
だから神学論争に決着がつくことはありえない。
どこまでいっても自分勝手な思い込みを相手に押し付けるだけだからだ。

神が実在するかどうかに関係なく、人間にとっての神とはあくまで
想像の産物である。100人いれば100通りの神あり。
ゆえに、神の定義は>>15しかありえない。
ということでいかが。

58 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 21:35:16
「100人いれば100通りの神あり」と言うことができる、
ということは、「神」についてのなんらかの共通認識が、
あるということでないの。

59 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 22:20:23
不条理ゆえに我、神を信ず

人の数だけ不幸があり不幸の数だけ信仰があるのでは?

60 :ぬえ:2005/08/22(月) 22:36:31
友達は神がいないっていってた。
それはこの世が平等じゃないし、何も助けてくれないからだとさ。
そらおまえの思ってる神は存在しないかもしれないがもっと違うカタチで存在してるかもしれないよっていったら。黙りよったよ。
そんなもんじゃね?

61 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 22:51:17
1の
>神がいないんじゃなくて、神がいるところに人間がいないだけなんだよ
って唐突な決めつけがワケワカラン。
とりあえず、俺には神は不要だ。

62 :ぬえ:2005/08/22(月) 22:53:28
ま、実際いるかもしれないしいないかもしれない。
わからないね。
いても人が思っているものと全然ちがうかもしれないね。

63 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 22:53:28
神の起源と言うのは共同体の象徴、究極の先祖だ。
先祖を崇拝するか部族神を崇拝するか一神教の神を崇拝するか
宗教的なカリスマ(人物)を崇拝するか、しかし最後のは
神と人物とを同一視しないと信仰にならない。好きなのを選ぼう!


64 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:02:05
出来ない事はボスお願いする。
ボスが出来ないと大ボスにお願いする。
大ボスが出来ないと王様にでもお願いする。
しかし、結局人間には出来ない事がある。
王様としては、仕方がないので仮想の超王様を捏造してそれにお願いしたフリをする。
かくして神は誕生せり。

65 :ぬえ:2005/08/22(月) 23:04:04
ぷふっw
まあ、そのとおりだなw

66 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:10:00
洩れは「悪意のある神」「気紛れな神」しか信じない(と、うそぶいてみる)。

神が人にやさしいってなによ?神が人に注ぐ慈しみってなによ?
神は、サイコロ遊びをしたりしなかったり、サイコロの概念自体なかったりサイコロそれ自身だったりだよ。

と言ってみるテスト。

67 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:16:05

http://up.nm78.com/data/up127764.jpg

68 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:17:20
念じて寄付をすればサイコロを振ったとき確率が変わるというのが信仰の本質だよ。

69 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:20:26
>>68
いきなりサイコロに念じた方が元手いらずダとおもいまーす!

70 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:22:06
>>67 ワラタ

71 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:22:42
綿貫の所は代々神主だって?

72 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:32:18
実在に限らず、主観的存在、形而上学的存在、妄想的存在、
なんでもいいが、認識の対象となる神であれば、
神も運命の中に取り込まれた存在となる。

認識の対象とならない超越的な神を考えたとしても、
考えた瞬間に思考の認識に取り込んでしまうから、
そのような神を考える者が神を運命の中に引きずり込むことになる。

神は運命の外にはいない。

73 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 00:01:47 ?
私は、神に会った。
ぜったい信じて貰えないと思うけど、書き込みします。
信仰などしたこともなく、神などいないと思っていましたが。
ある時、偶然意識の周波数が同調した感じで、神に触れました。
形が有るわけでもなく、言葉を喋った訳でもありません。
ただ一瞬、意識が触れただけで、本一冊ぶん位いの高密度の
情報を受けました。それと自分はなんと未熟で至らぬ者かと、
思い知らされました。それからの私の人生は一変しました。
まじめに一生懸命、生きるようになりました。
私の触れた神は、個人的な願いを、聞きくような存在ではなく、
人類全体の進化を観ているようで、一時、人類が困るような事が
あっても、その先を観ているようです。

罵倒されるのを覚悟でかきました。

74 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 00:06:37
あの時ボクのωに触れたのは君だったのか

75 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/23(火) 00:27:25
すべては、在りて在るもの(=YHWH)の部分集合

76 :ぬえ:2005/08/23(火) 00:34:29
SYNさん
やはうぇって宗教用語だしちゃってんじゃん!
ここは宗教用語とか禁止だよ。

77 :ぬえ:2005/08/23(火) 00:35:20
あ、宗教用語じゃないかな。そだったらごめん。

78 :凡人:2005/08/23(火) 00:50:38
73さん
人の心は過去に受けた全ての要因がマッチすると瞬時に自己の良心と出会うことが有るようですね。
私の推測では人類は奪い合い、憎み合いの無い素晴らしい精神ユートピアを構築して地球が存続する
限りそれは続く、と見ています。
そして、その変化は近未来に誰もが意識できるだろう、てね。


79 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 01:04:49
>いきなりサイコロに念じた方が元手いらずダとおもいまーす!

すまん。サイコロというのは冗談で、みんなで商売繁盛を祈って
神様に寄付すると、金回りがよくなって本当に商売が繁盛するのだ。


80 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 04:18:29
>>79
他力自己暗示と思われ。

81 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 04:47:39
>>61
現実の世界は戦争や差別ばかりで人々の理想とはあまりにもかけ離れています。

人間の手の届かないところにある理想が神なのでは?

82 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 04:51:25
我々が偶然だと思うことが総て神にとっては必然なのでは?

83 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 06:21:32
全部自分でやってるわけだからな。
森羅万象ジサクジエン


84 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 17:12:08
>>83
2chには、各スレごとに神がいる?

85 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 17:13:28
>>80
ばか者!マクロ経済学だ。


86 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:07:04
ユダヤ教(一神教)の神が
「私は嫉妬深いので他の神を信じてはならぬ」
っていうんだけどそれって他にも神がいるようにも受け取れる。

87 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/24(水) 00:12:16
>>86
「他の神を信じてはならぬ」というのは人間の勝手な解釈ではありませんか?
どこかに書かれているのでしたら、そのソースを教えて頂けないでしょうか。

88 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/24(水) 00:14:14
>>87
↑は、「嫉妬深い」と結びつけることについてです。

89 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:11:02
>>87
「あなたには、わたしのほかに、他の神々があってはならない。
あなたは、自分のために、偶像を作ってはならない。
上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、
どんな形をもつくってはならない。
それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、
ねたむ神、私を憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、
わたしを愛し、わたしの命令を守るものには、恵みを千代にまでほどこすからである。」
(出埃及:20-3,4)

唯一、主(ヤーウェ)だけが神であるのに、多神教や偶像崇拝に走ったりすることへの戒めです。
十戒の第一、第二の戒めにあたります。
真の神を崇拝せず、人間が勝手に作り上げたものを自ら拝むというのは、人間が人間を崇拝し、
傲慢へと走ることになるでしょう。 ユダヤ教の教えは倫理の一つの形を示しています。
(ただし、それでも御利益宗教へ流れがちな文言を含んでいることは否めませんが)


90 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:17:40
倫理かもしれないが、ちょいとやり過ぎのような気もするが。

 同じ母の子である兄弟、息子、娘、愛する妻、あるいは親友に、「あなたも
 先祖も知らなかった他の神々に従い、これに仕えようではないか」とひそかに
 誘われても、その神々が近隣諸国の民の神々であっても、地の果てから果てに
 至る遠い国々の神々であっても、誘惑する者に同調して耳を貸したり、憐れみの
 目を注いで同情したり、かばったりしてはならない。
 このような者は必ず殺さねばならない。彼を殺すには、まずあなたが手を下し、
 次に、民が皆それに続く。
 (申命記13:7-10)

91 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/24(水) 01:24:48
>>89
ありがとうございます。一応そのことは存じております。

私は、存在するすべてのものは「在りて在るもの(=YHWH)」の部分集合であると考えており、
その中には人間が考えた他の神々すらも含まれていると思います。
つまり、八百万(無限)の神の集合⊂YHWHだと思います。
全てがYHWH神であることを(人間が)間違えないように、(預言者や指導者が)偶像崇拝を禁止したのではないでしょうか。

YHWHが妬んでいる「もの」については、他の神などではない、と私は思っております。

92 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:28:18
>>91
旧約の思想を、そういう汎神論もどきとつなげて考えるには無理がある。
テキスト解釈と自説開陳は分けなよ。

93 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:30:25
彼らにとって、彼らの神だけが唯一絶対の存在であり、
それ以外は邪神だ、

ってだけでしょう。

キリストは、それをユダヤ人以外にも解放しただけで。

94 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:35:47
>>93
んですな。
棄教者は殺せ、改宗を勧める者は殺せ、神の言うことを聞かなければ
すさまじい呪い、と脅迫のオンパレード。
こんなに恐ろしい神は他にはちょっとないんじゃないかな。

95 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/24(水) 01:37:40
>>93
>彼らにとって、彼らの神だけが唯一絶対の存在であり、
>それ以外は邪神だ、

特定のコミュニティの中だけで、そういう思想を持つことは何も問題ないと思います。
他の神を信じている人に、この思想を押し付けることがあっては問題ですが、ユダヤ教は布教していません。

個人の心で、
「我々の神は唯一絶対のベルダンディーだ。我々はベルダンディーに選ばれた民だ。
それ以外は萌えないから邪神だ。邪神モッコスと同じだ。」
としても何も問題はないでしょう。

>キリストは、それをユダヤ人以外にも解放しただけで。

他の者に教える必要などなかったと思います。
イエスは兎も角、キリスト教は押し付けを行ってきた邪教でしょう。

96 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:39:42
>>95
>ユダヤ教は布教していません。

そう。ここ重要なところだよね。


97 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:42:04
ユダヤ教も布教するぞ。

98 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:43:17
ベルダンディーもいいけど
邪神モッコスも名前がカワイイ・・・

99 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:44:47
>>97
どのユダヤ人がいつ布教したんですか?


100 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:45:19
>>95
>特定のコミュニティの中だけで、そういう思想を持つことは何も問題ない

周りは問題ないかもしれないけど、肝心のコミュニティ内部の人間は
不利益を被るんじゃないですかね。
こういう思想のおかげでユダヤ人は結局他の社会から浮くことになってしまった。

101 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:48:02
おいおまえら唯物論で全て説明がつくんじゃないか?

102 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:49:34
>>100
ただし、バアルを始めとして多くの神が民族と共に滅んでいくなかで
ヘブライ人の神だけは生き残ったとも言える。


103 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:57:16
>>99
誰というか1世紀前後のユダヤ人が布教活動を行っていたのは有名だし
当初はキリスト教もその文脈で理解されていた。

マタイによる福音書 / 23章 15節
律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。
改宗者を一人つくろうとして、海と陸を巡り歩くが、改宗者ができると、
自分より倍も悪い地獄の子にしてしまうからだ。

新約聖書にもちゃんと言及がある。
ハザール王国への布教も有名。

現在も活発にとはいえないが布教活動は行われている。

104 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/24(水) 01:59:27
>>100
何をもって不利益とするかが問題だと思います。
真にYHWHを神と認識しているならば、あらゆる事象は神の意志であることを理解しており、
不利益というもの自体が存在しないでしょう。常に神と共にあり、フォースと共にあるわけです。

それに朱に交われば赤くなります。中国人犯罪者が日本で暴れているような事態を見ると、
浮く事が問題だとは言えない気がします。

105 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:04:34
改宗ユダヤ人が増えたおかげで七十人訳聖書なんてできたしな。

106 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/24(水) 02:09:22
>>103
新約を出すのはNGだと思います。

それに布教といっても紹介程度のものではないでしょうか。
それ以上のことをしているのなら問題ですが、末端の暴走という可能性もあると思います。

107 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:18:47
>>106
>新約を出すのはNGだと思います。
は?なんで?

108 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:25:13
>>104
>神の意志であることを理解しており、不利益というもの自体が存在しない

そういうことを言い出すと、カルト宗教の信者になっても本人さえ
よければ不利益ではないということになっちゃう。
>>100で書いたのはそういう意味ではないのだが。

109 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:25:39
>>106
読解力が根本的に欠けているようだが
聖書を持ち出したのは、聖書に布教しろという文があるからユダヤ教に布教しろという教えがあるといってるんじゃなくて
イエスが当時のユダヤ教の布教活動について言及した文章として引用したもの。

>それに布教といっても紹介程度のものではないでしょうか。
>それ以上のことをしているのなら問題ですが、末端の暴走という可能性もあると思います。
問題って何が?ユダヤ教の末端って何?

110 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:32:00
>>109
イエスの当時、ヘロデ王の時代に、ユダヤ民族の領土を超えて
パリサイ派が布教活動をしてたの?
フラウィウス・ヨセフスあたりにそんな記述あった?

もうちょっと後でも、ユダヤ戦争で熱狂党ががんばったけど結局潰されるような
時代にユダヤ教の布教が可能か?

パリサイ派が同じユダヤ人に対してパリサイ派の主張を伝えるのと
ユダヤ教それ自体の布教とは全然違うでしょ?


111 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/24(水) 02:41:03
>>107
分らなければ、私が思っているだけだと思ってください。

>>109
>イエスが当時のユダヤ教の布教活動について言及した文章として引用したもの。

だからこそNGだと思います。

112 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:44:27
>>110
別に当時のユダヤ人がユダヤ領内に限定されていたわけじゃないよ。
イスラエル外のユダヤ人は「海と陸を」越えて既に広がっていた。
上でも言われてるが七十人訳の背景もこれだといわれている。

この文章でも海と陸を巡り歩くとなっているね。
さらに律法学者とパリサイ派に言われてるのであって、「パリサイ派の話」ではない。

113 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:53:59
>>112
七十人訳の背景はヘレニズムでしょ。
ユダヤ教成立当時も、イエスの当時も、ヘブライ語を解する人間がほとんどいなかったんだから。


114 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:55:00
補足:ユダヤ人でさえヘブライ語を知らない、という意味だよ。


115 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 03:06:03
>>110
当時、ディアスポラを中心に異邦人に対してユダヤ教への改宗運動も
行われたらしい。
時代は違うが、ハザール汗国のように国をあげて改宗した例もあるし、
イスラム以前の中東で、アラブの部族が集団で改宗したということも
あったそうな。昔のユダヤ教はアグレッシブだったのかもね。

116 :がーーー:2005/08/24(水) 17:53:13
http://ofuda.cc/やとるかい?



117 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 03:12:56
age

118 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 03:31:21
少なくとも言えることは、
神に人間よりも近くにいて
なおかつ人間にとって神より遠い存在である
動物たちは
神と言う概念をもたないってことだね

119 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 03:43:43
>>118
神格化されたアルファ、知らない?

120 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/25(木) 03:48:14
>>118
犬は、餌や宿を与えて、大事にする人間を神様だと思い、
猫は、餌や宿を与えられて、大事にされる自分を神様だと思う。

121 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:02:42
age

122 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 19:50:50
>>101
唯物論で説明のつくのは経済学だけ。それも20世紀の歴史の中で否定された。

123 :柳世:2005/08/27(土) 19:57:00
ニーチェは「神は死んだ」と言ったが、日本的曖昧さの中では
神の死と言う劇的な意味の変換は起こりえないと言う事を
先ず問題にすべきではないか?

124 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 20:00:32
日本では死んだら神様になる。

125 :柳世:2005/08/27(土) 21:04:09
靖国神社ですか。あそこってキリスト教徒でも祀っちゃうんだよね

126 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:55:23
戦前の日本基督教会は神社参拝とキリスト教の信仰は
矛盾しないと言っていたくらいだから、祀られていても
おかしくはあるまい。

127 :柳世:2005/08/27(土) 22:03:03
それは時局におもねったのでは?

128 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:26:20
西洋での神は父や母と例えるように心理的に
甘えられる偶像として創造されたもの

日本での神は理解できなかった現象を説明する為に
創造されたもの

どちらの熱心な信仰者もその超パワーに取り入って
いい思いをしようとする欲望がうずまいている


129 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 01:24:26
神には属性がないので、定義するのは不可能


130 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:19:10
>>128
神道とキリスト教って全く共通点がないと思う。
だから教義的に対立しようもないけど。

131 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:21:14
>>129
定義できない言葉は存在しない。

神は属性が多すぎて定義するのが難しい、と言うべきだ。

132 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 03:22:42
在りて在るもの、この世の全てをもって、神の定義と証明とす。

133 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:26:35
なんか宗教系くそスレ大杉

134 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:19:51
そもそもなんだけど定義ってなに?バカな俺にもわかる様に『定義』の概要・手法をしめしてくれないかな。
少しマジはいってます。

135 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 09:04:53
別の文化や言語を持つ外国人にでも理解してもらえる説明のこと

136 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:21:06
例えば江戸時代の日本人にキリスト教を布教するには
キリスト教の神が日本の八百万の神々と違うことを先ず説明しなくては
ならない。


137 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:14:08
旧約聖書に「神は霊である」ってかいてある。キリシタンではないけどこれには同意。
「霊」=「情報」だと思っているので、神も情報。
んで、「神」は宗教と一緒に流布されて人々を支配・制御している。

というのが漏れの個人的解釈。

138 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:44:57
神が情報なら、どうやって物質を生み出すのだ?

139 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:46:46
気合

140 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:00:57
情報には、気合いなど無い。

141 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:01:58
気合は情報

142 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:06:01
根性

143 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:54:35
>>138
物質の中に情報があるんじゃないの?

144 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:56:26
情報ってのは物質の組み合わせだよ。く・み・あ・わ・せ


145 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:28:00
>>136
話はそれるが、隠れキリシタンの時代に結局日本伝来の
宗教とまた混ざっちゃったんだよね。
だから、カトリックに再改宗できない人たちが結構いた。

146 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:42:17 ?
このスレはオームのスレと確定した。

147 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:44:42 ?
オームの狂信者よ。
堂々と名乗って議論しろ。

148 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:47:38 ?
自分達だけでこそこそ麻原ごっこをしていろ。

149 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 21:45:42
>>144
わき道にそれるけど、情報が物質の組み合わせだというのなら、
ハードディスクからメモリにデータをコピーできることや、
人から人へと噂話が伝わる事をどう説明するのですか?

ハードディスクとメモリは物質として全く別物だし、AさんとBさんは別人だ。
記憶先のアドレスも、ニューロンの位置も普通は全然違うだろうし。

150 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:09:02
遺伝子だって情報をコピーして伝えていくものだし
生物界ではありふれたこと。
情報の定義にもよる。

因みに噂話ってのは内容が変化するから別物では?

151 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:21:28
>>137
ヘブライ語の「霊」には7つか8つの意味がある。
我々がオカルト的に考える霊とは違う。


152 :137:2005/08/29(月) 00:56:44
>>151
んー、7つ以上の意味があるのか。興味深いな。
調べてみようかな。
もしよろしければ教えていただけません?

ちなみに、漏れはオカルト的な霊は信じてない。
霊は実体化できないし、霊だけが物質から独立して存在する事はないと考えている。(情報だから)

ホラーは好きだけどな。人間が恐怖と戦っている姿を見るのが好きだ。
つーか、本気で生き延びようとか幸せになりたいとか願っている人々を見るのが好きだ。
ってスレ違いスマソ。

153 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:11:58
神ね
人の存在を承認しさらに善き事を定める絶対的存在ってのはどうかな
善き事ってのは人が増える上で有利なことで

154 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:16:29
霊と物質の関係は
ハイデガーの存在者(名詞)と存在?
それとも、レヴィナスの力(エネルギー)と物?

155 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:40:59
>>149
ある物質上に刻まれたパターンとデコーターとの組み合わせて情報が生まれて、
それがまた別のエンコーダーでパターンとして保存されるんだって。


156 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 13:43:07
>>154
CDとそこに入ってる音楽の関係

上で言われてるのは。


157 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 19:17:56
つうか、とりあえず、「組み合わせ」は物質ではないだろ。

158 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 22:28:29
>>157
「組み合わせ」は「情報」だけど、ある「情報」をあらわす物質の「組み合わせ」
は無数に存在するから、「情報」が「組み合わせ」を包含するといえる。

式で表すと 情報 ⊃ 組み合わせ であって 情報 ⊂ 組み合わせ ではない。

したがって情報が物質の組み合わせというのは明らかな間違い。

159 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 22:56:16
age

160 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 22:59:38
組み合わせは無数にあるけど大半はノイズで情報量がほとんどないだろうよ。


161 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:50:15
リニアに0、1をつなげてく。つながりのが意味をうむのでは?

まあ結局は波形に丸めてんだが・・・。近似っすよ、それもオソロシク精巧な!ノイズなんでどっか逝ってまぅ。

162 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:55:40
>>160
言われてみると、物質の組み合わせで表現する事ができる情報は一通りではないから
単純に 情報 ⊃ 組み合わせ とは言えないな。
例えばあるノートに、「アッコは男である。」という情報と「アッコは女である。」という二つの情報を
記録する事ができるけど、どちらかが表現したい情報で、もう一方はノイズであるという考え方もできる。

「そういえば、ノイズと情報の違いって何だろう?」とか
「ノイズを除いて純粋に情報を表現できる最小の物質の組み合わせってのがあるんだろうか?」とか、
シャワー浴びながら考えてたら、 >>155 のデコーダ・エンコーダの話を思い出してわかった。

媒体は宇宙全体で、宇宙の解釈の仕方で表現される情報もノイズも変わる。
つまり、情報は主観的なもので、各人がもっている主観によって変わると。

…って「宇宙」とか自分で書いてて、あからさまに電波っぽいな。w 長文スマソ

163 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 01:27:49
>>162
> 媒体は宇宙全体で、宇宙の解釈の仕方で表現される情報もノイズも変わる。
> つまり、情報は主観的なもので、各人がもっている主観によって変わると。
そういう内容のSF小説があったりする。俺は結構好きだけど。

164 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:03:16
情報が主観的なものってのは同意だが、だからこそノイズの中に
「神の声」を聞いてしまう人もいるわけで、、、



165 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:08:58
ノイズって必要な情報以外のカスのように思われがちだが
そこに案外重要なものが含まれるのではないか?

遺伝子情報も総てが発現するわけではないが、DNAの塩基配列の発現しない部分の
中に人類がウイルスと戦ってきた痕跡が残されているそうだ。

166 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:15:55

あ、喪前ら、弱毒インフルエンザに感染していた形跡あるので、全員焼却処分な。

167 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:20:10
>>166
お前の力はそんなものか。

168 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/31(水) 01:23:46
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 汚物は消毒だ〜っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/ 


169 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:34:11
○○・○○・ノイズて思想本、たしか80年代のロシアの作家?あったけどもぅ忘れたよ!

163 いいかげんコテつけな。多解釈世界のSF大杉てどれのことやら!

170 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:48:58
大雑把な言い方をすれば「神が死んだ」あとのノイズの世界に生きている。

それが所謂ポストモダンなのだろうか。

171 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:56:26
あー思い出した。
神林の七胴落とし、きんもーっ☆

神の血脈とかも小角とか、山田正紀の神狩りとか、きんもーっ☆

だからSFやめたんだっけ。

172 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 05:25:10
>>171
あれは、異系論理と水流コンピュータがミソ。

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)