5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

精神病は治るのか?

1 :1:04/12/16 22:38:33
様々な対症療法・薬物治療・セラピーなどが施行されてるにも関わらず、
一向に精神病で苦しんでいる患者は後を絶ちません。
それどころか、年々増加の一途をたどっています。これはどういう訳でしょう。

一体、精神疾患は、本当に根治可能なのでしょうか?
様々なご意見・ご感想、お待ちしております。

2 :没個性化されたレス↓:04/12/16 22:43:40
本物のプシコもいるんだろうけど、最近は入院してたい、働きたくない、などの甘え性の人が増えてるのでは?

3 :没個性化されたレス↓:04/12/16 22:48:16
制度疲労

4 :没個性化されたレス↓:04/12/16 23:28:01
精神科の医者です。
精神病は遺伝子の要素が強く、脳みその気質的な問題が大部分なので、
根本的に治る人は少ないです。
今は良い薬がたくさん出ているので、きちんと服薬すれば
通常の人と変わらない生活をすることが可能な人もけっこういます。
ただ、統合失調症や躁うつ病は、薬をやめると90%は再発します。

確かに怠け病は増えてる。特にニセうつ。
もともと病気じゃないから、薬も効きません。
で、ヤブ医者扱いされる。
やりにくい世の中になりました。

5 :没個性化されたレス↓:04/12/16 23:29:58
↑変換間違えた。
×気質 ○器質 です。
すみません。

6 :没個性化されたレス↓:04/12/16 23:30:58
>>1
そのスレタイの書き方だと、
精神病(躁鬱、大うつ、統合失調、オルガニッケルなど)と精神疾患(全般)のどちらを指しているか分かりづらい。

狭義の精神病(内因性)と
心因性の精神疾患と
人格障害など、もうちょっとしっかり区分けしれ。

7 :1:04/12/16 23:31:17
≫4
サンクス!

8 :没個性化されたレス↓:04/12/16 23:34:04
いえいえ。
実はまだ4年目の若造ですが
一般の人よりは患者さんに接しているので
質問があればまたしてくださいね。

9 :1:04/12/16 23:41:41
>>6
精神疾患について聞きたいと思ってます。
鬱・躁鬱・精神分裂(統合失調)・対人恐怖・パニック・強迫性障害・心気症・
心身症・PTSD・GAD・離人症・摂食障害・持続性疼痛・アルコール依存・
薬物依存・ギャンブル依存・人格障害・チック・ナルコレプシー・自殺・自傷行為・
児童虐待・DV・おまけとして迷惑行為など、全般として大雑把に区分けしてみました。
その中で、器質性の疾患・心因性の疾患に2分して、前者と後者では、どちらが治り難いか?
私は、後者=心因性のものがなかなか治り難いと思ってます。
器質的なものは、薬で根治は無理でも、ある程度コントロールは可能でしょうから。
皆さんはどうお考えでしょうか?

10 :没個性化されたレス↓:04/12/16 23:45:42
>8
自分はただの市井のメンヘラだけど、過去に
 「頑張れ!」ってそんなに悪い言葉か?
というスレで以下のような書き込みをしたのだけれど、
臨床医から見たニセうつの連中の一部というカンジでいいかな?


>このスレの本来の趣旨から(勘違いの趣旨からも)多少外れるんだけど、
>自責の念の強い人に対して「頑張らなくてもいいんだよ」とか「それはきみの責任じゃない」とか
>いうのは治療的に正しいことだと思うんだよね。
>でもそうじゃなくて、誰々のせいで自分はメンヘラになりました、っていう風に
>そもそも自責感がほとんどない人に、頑張らなくてもいいんだよ、っていうのは
>全然治療に貢献しないと思うんだよね。
>もちろんそこでそういう人に「お前の責任だ」とかいうつもりもなければ
>「もっと頑張れ」ということもしないんだけど。

>けど、例えば「親が悪い。あの人がわたしの人生をだめにしたんだ」とか言う人に対して、
>「うんそうだね、あなたの親がわるい、あなたがこうなってしまったのは、あなたのせいじゃないよ」
>などと言っても「そうでしょう、そうでしょう。やっぱりそうだったんだ」とか言われて、
>それで「安心しました」とか言われても、なんかものすごく不毛な気がしない?

>つまりは、メンヘラに対して厳しく接することは治療的じゃないけど、
>優しく接することが本当に治療的か考えなきゃいけないと思うんだよね。
>単に「優しく接してもらいたい」という欲望を満たしてあげるのは、治療じゃない。
>別に、医者以外の周囲が「治療的」に接する必要もないと思うが、
>不必要な自己肯定感を与えてやるのはどうかなー、と思う。

11 :1:04/12/16 23:46:48
例えば、鬱なら、SSRIでコントロールできますし、統合失調なら、メジャーで
コントロールできるでしょう。でも根治にはなりません。
また、対人恐怖・心身症・PTSDなんかは薬じゃコントロールしづらいですが、
受けるカウンセリングの種類によっては根治も可能なのではないでしょうか?

12 :没個性化されたレス↓:04/12/16 23:49:35
>>9
>その中で、器質性の疾患・心因性の疾患に2分して、前者と後者では、どちらが治り難いか?

器質性・内因性・心因性ではなく、
器質性・心因性?
器質性の中に内因性を含めるという考え方でいいかな?
統合失調はもちろん、躁鬱や大うつも気質と。

13 :池沼:04/12/16 23:50:02
・「根治」の読みを教えて下さい
・「器質性」の意味を教えて下さい

14 :1:04/12/16 23:55:41
私は対人恐怖で引きこもりの一歩手前まで行きました。
処方された薬を貰って飲んでもぱっとした効果が感じられなかったのです。
プラセボみたいな感じでした。ちょっと眠くなって、頭がボーっとするくらい。
ですが、引きこもりから脱して社会復帰してからは、症状が多少改善するのを実感してます。
薬は、本当に役に立つのでしょうか? カウンセリングなんて役に立つのですか?
森田療法とか色々な療法も、占い程度の気休めとしてしか見る事ができないです。
器質性の病気に対する治療薬・・・根治は無理なのでしょう? 一生飲み続けなくては駄目なのでしょう?
その内、薬自体の副作用とか依存性とか出てくるわけですし、医者代だって馬鹿になりませんしね。
精神科医って、何ができるのですか? 狂人を閉鎖病棟に隔離するくらいしかできないのですか?



15 :1:04/12/17 00:01:45
そもそも、幻聴・幻覚・幻視など、脳の一部の伝達異常によって起きるものですね。
そういう器質的な疾患は、外科と同じで、病巣を排除すればいいんです。
要するに、薬で異常な脳の神経回路を遮断するなり、増強するなりすれば。

しかし、内因性・心因性疾患は、内科と同じ。治らないでしょ・・?
根治は不可能、一生付き合っていかなきゃいけない病気ですよね。
私の聞きたい質問の意図が、ようやく明確になりました。
【内因性・心因性疾患は、根治できるのか?】にスレタイを変更します。
ご意見・ご感想をお待ちしております。


16 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:06:32
>>14
>対人恐怖で引きこもり
それは器質性じゃない。
いやまあ、遺伝が関係している可能性は否定できないが、
それは現代の医学で何とかいえる話じゃない。

それよりもあなたは「自分の身に起こった事実体験」を一般化したい欲望を自覚した方がいい。
自分を不当な不幸にした「何か」を特定し糾弾することにどれほど意味があるのかを考えた方がいい。
例えば、投薬治療が効果を上げた元病者、カウンセリングで開放に向かっている患者、
感謝されている精神科医に、医者に感謝している患者がいた時に、
あなたはそれらの人々に
「それはあなたの勘違いで、実際的な効果もないのに、そう思い込んでいるだけだ」
という以外の言葉をどれほど用意できているだろうか。

自分の「体験」を絶対視しない方がいいよ。

17 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:08:48
>>15
つまり
「根治できなければ、精神医療は役立たずで、患者から金を巻き上げているだけだ」
と言いたいだけでは?

根治できないという結論に誘導したいわけでしょう?

18 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:11:56
僕もおそらく1さんと同じ対人恐怖症です
薬の効果も同じくほとんど感じられません(リーゼ・パキシル)
学生なので学校には一応毎日行ってますが 
緊張して授業もまともに受けられません

最近の悩みは歩きかたを意識しちゃって
変な歩き方になっちゃうです
そんなような悩みの繰り返しで毎日が生き地獄です
一つ解決するたびに次の悪い考えが浮かび
また悩みがでてくるです・・


19 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:18:01
おまえら、良く聴け
恨治とかわけわかんねーこといってんじゃねーよ
禿げってのは治らねーよ
いまんとこ症状を抑えるしか手はない
でもな、大切なことはだな、
それを個性として受けとめられるかだ
精神病然り

20 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:23:40
>>16難しい
>>17根冶できるかわからないからスレタイにまでして
  質問しているのではないでそうか?

21 :1:04/12/17 00:24:42
>>17
本当、そう誘導したいと思ってますよ。出きる事ならね。
なんでかって? 私が被害者だからですよ!!!
治らない! 幾らどれだけ薬を言われた通りちゃんと飲んでも一向に良くならないからです!!!

22 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:25:30
天才のすくつに紛れ込んじゃいました
ここのしとたちは頭いいから俺はスルーかorz

23 :1:04/12/17 00:29:26
根治できる良い方法があれば、如何なる手段でも結構です。是非御教授頂きたいです!
それの実践によって、私の病状が少しでも良くなるものなら、その時こそ根治可能と信じます。

24 :1:04/12/17 00:31:37
勝手なことばかり言わせて貰って申し訳ありません。
ただ、これが私の本音なのですから仕方ありません。
良い方法があれば教えて下さい。お願いします。本当に悩んでるんです。

25 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:42:10
では、根治とはどういう状態を指すのか。
根治は必要なのか。
根治の先には何が待っているのか。

これらを考えた方がいい。

という風に投げっぱなしにするのはいささか不親切で、人によっては尊大に感じるらしいので
こちらの考えを少し言うとしましょうか。
(ところで根治という言葉は自分的にはつかわないので「完治」と書きます)
完治という状態と幸せの関係について。
完治したら幸せでしょうか?
それは違います。
「治る」ということはニュートラルになる、プラスマイナスゼロになることだと考えます。
精神科(などの精神医療)は人を幸せにするところではなく、
不当に不幸な状況から脱するためのところで、幸福にするところではない。
だから、完治したところで日常の悩みは消えないし、苦労はする。
そこら辺を勘違いしている人がいる。
>1がそうでなければ良いが。

26 :没個性化されたレス↓:04/12/17 00:53:40
そうでありますがしかし
不幸な状態から脱しただけでその時点では十分幸福といえるでしょう
>完治したところで日常の悩みは消えないし、苦労はする
これは私でも分かります
完治したあとで
成人病にかかろうと返済不能な借金をかかえようと構わない

27 :1:04/12/17 01:04:18
精神疾患にかかってる患者さんは、多くのハンディを余儀なくされます。
健常者にはわかってもらえない(目に見えない)病態のため、
「あいつは不可解な行動を取る人だ、関わらないでおこう」とか、
「彼はなんか危ない人なんじゃないのかな」とか、差別の目で見られましょう。
対人恐怖など、凄いハンディキャップです。何しろ、社会で普通に仕事できないわけだから。
常に人の目を気にしてしまう、視線恐怖。自分の容姿を変な目で見られてやしないか、という
醜形恐怖、異性の前で特に対人恐怖が強く出てしまう異性恐怖、他、自己臭恐怖とか、
赤面恐怖とか、色々。 はっきり言って、スタート時点で既にマイナス、大幅に遅れをとるわけ!
すごい損ですよね。 
他の健常者が抱えてる悩み・苦しみに加えて、
その上、さらにそれらとはまるで別次元の恐怖・精神的苦痛まで余儀なくされるわけですからね!!


28 :1:04/12/17 01:11:46
精神疾患で苦しんでる多くの患者は、目に見えない、人には分かって貰えない
という絶望感の中で、重みを抱えて苦しんでるわけです。はたから見れば大した事ないのに、
当事者にしてみれば物凄い恐怖なわけです。理解し難いでしょう?そこなんです。
その『理解し難さ』が、根治を・社会復帰を難しくさせてるわけです。
パキシル・セルシンは非常に良い薬だと思います。
こういう良い薬がもっと増えるといいですね。
医者の患者に対する接し方、これも非常に大事ですね。患者にとって、医師は藁です。
良い信頼関係が、患者の病状の波を安定化させるのに一番の特効薬なのかもしれない。

29 :没個性化されたレス↓:04/12/17 01:32:18
誠に勝手ながら【終了】させて頂きます

30 :没個性化されたレス↓:04/12/17 01:46:23
>当事者にしてみれば物凄い恐怖なわけです。理解し難いでしょう?そこなんです。

自己完結的な文章だな。
誰に向かって語っている?
精神科医だとしたら、精神科医はたとえ病者そのものでないとは言え、
さんざん病者と接してきている。
それも様々な、軽いのから重いのまで。
ある意味で1より経験豊富だ。
患者を社会復帰させることの困難さも然り。

一般人に対して?
一般人はこんなところ見ない。

これから医療従事者になる人間に向けて?
それならばまだわかる。

メンヘラに向けて?
共感に基づいた同意は得やすいかもね。


そして1に問うべきは(>29によればもう答えないらしいが)、
そのように主張すること(質問とは別に、主張があるよね)それ自体は、
1の症状を良くすることにどのようないい影響があるのか考えてみたことがあるだろうか。

31 ::04/12/17 09:40:53
対人恐怖、強迫神経症などは、性格的な要因が多い人ほど治りにくいです。
もともと几帳面、神経質な家系で、身内中にそんな傾向のみられる人や
小さい頃から人の目が怖いと感じているような人は、難しいです。
ただ、ある日突然、もしくは何かをきっかけに起こったような場合は、
薬やカウンセリングが著効することもけっこうあります。
精神科医は器質的な精神病の症状を抑えることはできますが、
性格を直すことは無理なことが多いです。
白熊はどんな育て方をしてもいずれ凶暴になってしまうように…。
性格は生まれつきの面も大きいですから。
ただ、社会適応できる範囲に症状を軽減するくらいの
お手伝いはできることがあります。
そういう場合、医者と患者は相性が重要ですので、
1さんもいい精神科医に巡り会えるといいですね。

32 :没個性化されたレス↓:04/12/17 13:38:24
精神疾患と精神病を混同するような素人談義はやめとくれ。

33 :没個性化されたレス↓:04/12/17 13:39:27
どう違うんですか?

34 :没個性化されたレス↓:04/12/17 14:22:06
精神病⊂精神疾患

精神病は明確に定義された概念ではなく,
時代と共にその範囲は変わっている。

かつては精神分裂病,躁うつ病,真性てんかんが3大(内因性)精神病と呼ばれたが,
現在はてんかんを精神病とは呼ばない。

現在,精神病という用語は
統合失調症,気分障害の一部(大うつ病性障害,双極性障害),物質誘発性障害の一部など,
幻覚・妄想を有し病識の欠如した重篤な病態を指して限定的に用いられる。
また精神病の語は統合失調症の代名詞のように用いられることもある
(たとえば笠原嘉『精神病』岩波新書はこの用法)。

35 :没個性化されたレス↓:04/12/17 14:31:13
>>34
> 精神病⊂精神疾患
> 精神病は明確に定義された概念ではなく,
> 時代と共にその範囲は変わっている。

じゃあ、同じものをさす場合もあるんじゃないですか?!
それなのに、「混同」という理由は?

36 :没個性化されたレス↓:04/12/17 14:40:02
精神病は精神疾患の真部分集合。
同義に用いられることはない。

37 :没個性化されたレス↓:04/12/17 15:09:57
たしかWikipedeaでも
「精神病」から「精神疾患」の項にリダイレクトされていて、
素人さんの混同に拍車をかけると批判されてたね。

38 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:22:24
>>36
> 精神病は精神疾患の真部分集合。
> 同義に用いられることはない。

二つは同義じゃないでしょうが、でも真部分集合なら、精神病は精神疾患なんでしょ?

39 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:29:28
>精神病は精神疾患なんでしょ?

yes.
まったくもってyes
否定のしようがない。文句のつけようがない。
つか当たり前。この前提がないとお話にならない。

40 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:35:13
スレタイは「精神病は治るのか?」。
だけど>>1はどう見ても精神病ではないだろ?

41 ::04/12/17 16:36:14
>>34
説明上手ですね。本職よりよっぽど(笑)。
そのとおりです。
でも臨床やってると、実際はけっこうグレーゾーンが多くて。
まとまりのない説明してしまってすみませんでした。


42 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:37:19
やっと話が通ったかな?

43 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:38:19
だって>1は精神医学の知識も心理学の知識もさわり程度しか知らない、
ただのメンヘラだもん。
既に>16で

16 名前:没個性化されたレス↓[sage] 投稿日:04/12/17 00:06:32
>>14
>対人恐怖で引きこもり
それは器質性じゃない。

とある。

44 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:39:38
では、入門がおわったところで次行ってみよう。

45 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:51:47
・・・素人の寝言だけど、

薬を含む「物理的」な治療で直るなら、
それは器質的な問題と違うの?

46 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:53:12
おー!!

47 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:57:00
>>45
それは内因的な問題。
器質的な問題と違う。
また心因的な問題の場合、薬はそれほど(治療的には)効かない。補助的にならざるを得ない。

精神疾患と脳機能の因果関係と薬理学の現在について、もうちょっと調べてみるといい。

48 :没個性化されたレス↓:04/12/17 16:59:27
内因的と器質的の相違はなんだ?

49 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:00:04
つまり、
脳とは無関係に発生する現象だから、
器質的問題ではないということですか?

50 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:00:27
いずれにせよ、薬はこころに直接効くわけではないよねー?脳という器質に働くわけでしょ?

51 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:01:26
心は、
脳とは無関係だというのが、
基本的認識ということでFA?

52 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:02:24
なわけねぇだろ。

53 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:03:48
器質因は脳が物理的生物学的に異常がある場合。

内因は脳に物理的生物学的な異常がないが、脳内物質分泌などが何らかのきっかけによって
正常ではない状態になった(それが一定期間以上持続したり、頻発したり)場合。

54 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:05:00
脳はハードウェア
心はソフトウェア
(あくまで比喩だが)

55 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:05:39
脳内物質分泌が正常な状態でないならば、
それは器質的な問題に思えるんですけど・・・。

異常が無いのではなく、
異常を発見できないだけのような・・・。

つか、正常と異常の区別も、
よく分からないんで、あれなんですけど。

56 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:06:08
で、>>54の比喩に従って器質因と内因を当てはめてみれば分かるだろ?

57 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:06:43
薬はハードに効くの?それとも、ソフトに?そういうわけ方していいの?

58 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:10:15
器質因の場合CPUがカケてたり、メモリがブチ壊れてたり、HDDがガリガリいってたり。
内因の場合は、ウイルスが入ったり、余計なデータのゴミがたまったり、デフラグまったくしてなかったり、
BIOSのバージョンが古かったり、それらの要因が合わさったり。

59 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:11:18
>>57
ハードに効く。

60 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:12:08
ハードに異常がないから、
ソフトにパッチをあてて対応しようとするのが内因的治療で、
ハード自体に明らかな異常があるから、
物理的に治療しなきゃならないのが器質的ってことかな。

でも、
あくまでもソフト的な問題が原因で、
暴走やら抑制やらが発生している場合でも、

薬使って、物理的にバイパスしたり、
あるいは部分的に麻痺させたりすることで、
問題を解決することも可能な気がする。
脳の場合。

いや、抽象的ですまねっす。

61 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:13:01
>>55
器質な異常は不可逆だが、
内因的な異常は可逆。
(器質内情は不可逆でも、場合によっては別の部分で補える可能性はあるかもしれない)

62 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:15:12
>>53
> 器質因は脳が物理的生物学的に異常がある場合。
> 内因は脳に物理的生物学的な異常がないが、脳内物質分泌などが何らかのきっかけによって
> 正常ではない状態になった(それが一定期間以上持続したり、頻発したり)場合。

内因的問題が器質的問題にもなるわけね?

63 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:15:42
・・・なんか、
器質的な異常のほうが、
問題は楽なような気がしてきた。
いや、治療の話じゃなくて、
異常が分かりやすい。

内因的な異常って、
物理的には正常なだけに、
かえって、対応が難しそうだなぁ・・・。

64 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:16:16
不可ギャグになったときに器質的というんか?

65 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:17:20
まだ、内因的という語が曖昧な気がするんだが。

66 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:17:37
この比喩(ソフトとハード)だと内因と心因の分け方がちょっと混じってるから良くないんだけどね。
パソコンと脳神経学含めた精神医学両方に詳しい人がいたら、
もっとマシな解説して欲しいんだけどね。

67 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:19:45
プログラムのバグとハードのエラーの違いかな?

68 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:20:39
プログラムのバグでメモリーとかCPUって壊れないよな?

69 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:21:04
つまり、内因的な異常というのは、
結果としての行動には困った問題が起きるけれど、
標準的な脳の構成としては、あくまでも「正常」なわけかな。

あくまでも「正常」な状態だけど、
結果的には困った問題を引き起こしている、
というか・・・。

70 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:21:14
じゃあ、薬はハードに効くだけで、ソフトのバグは直せないわけね?

71 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:22:04
うつ病に効く薬はどっちに効いてるんだ?

72 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:22:27
ソフトのバグに効くわけねだろうが!

73 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:23:03
じゃあ、心因からアプローチして内因を少し分かりやすく。
強引な整理をするから、間違ってるところもあるが、とりあえずの方便ということで許してね。

内因性疾患は薬で治るが、心因性疾患は薬では治りづらい。

つまり、精神的な問題というよりは、何らかのきっかけで脳内物質のバランスが崩れて、
それがそのままになっているわけだ。
だから、脳(ハード)に薬で働きかけてヘンな癖を元に戻してやれば、
案外簡単に内因性の大うつなどは治ってくれる。

74 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:23:21
ハードをいじれば、
ソフトの動作も変わるような気はするけど、
それはそれで、問題あるかもしれない。

問題をすりかえただけ、というか。

75 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:23:32
じゃあ、うつ病はハードのエラーなのか?薬が効く以上は?

76 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:24:32
おい!内因性と心因性は同じか?ちがうか?

77 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:25:15
んん?

わかんなくなった。w
心因性、内因性、器質性?

つか、
睡眠薬で眠らせちゃえば、
万事解決ってことで・・・。

んなわけない。

78 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:26:13
要するにだな、

  何が原因か

だろ。器質が出発点か、心理的な状況が出発点か?

79 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:26:42
ああ、そうね。

80 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:27:30
心理的な変化って、
脳の器質的変化と考えても良いですか?

81 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:28:37
脳がなくて心理があるのか、お前のばあいは?

82 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:29:36
>80
心理的な変化が、脳の構成変化だったら怖い

83 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:29:42
じゃあ、全てが器質的変化、かな。

あるのは、心因的とか内因的とか器質的とかの区別じゃなくて、
治療法の区別なんじゃないかと・・・。

84 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:30:45
抗うつ薬飲ませながらカウンセリングしたりするのはどうなるの?

85 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:31:07
脳が変化しなければ、
心理的な変化もないような・・・。

可逆的とか不可逆的変化というか、
一時的、恒久的の違いはあるにしても。

86 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:31:13
原因はどうでもいいから、治療方法なのか?

87 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:32:40
脳だけでも心理的変化するわけね?平和ですばらしい世界の中で脳だけがうつ病になるとか?
そういうのが器質性?

88 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:33:13
>>75
うーん、ビミョーw
もしかすると、ハードの損傷はないけど、電気的なトラブルがある状態(ソフトのバグでもない)
かも知れない。
そんな説明で許してくれ。あとは偉い人によろしくw

>>76
違う。

89 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:33:20
環境なんか要らん。脳だけあれば薬は試せる!

90 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:33:48
例えば、
すごく大人しい人に酒を飲ませて、
ものすごく大胆な性格に変えちゃったとしたら、
これは一時的な変化ですよね。
(まあ、泣き上戸とか怒り上戸とかになるかもしれんけど)

そうじゃなくて、
脳の物理的構成自体を物理的にいじって、
性格を変えちゃうのが、器質的、
みたいな?

91 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:34:30
じゃあ、治ったという効果は何で計るの?伝達物質だかの代謝でも計ればいいの?

92 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:35:15
じゃあ、薬の効くうつ病は器質的なんだな?

93 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:35:31
ダメだ。器質ってのを分かってくれない。
脳内物質の移動とか、脳内麻薬だとか、電気信号だとか、
そこら辺のことも器質と捉えているよぅ(涙

まあ、うまく説明できていない漏れもアレだが。

94 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:35:51
うつ病は器質的病いなのか?

95 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:37:00
すぁああ、どうだ?

96 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:37:35
そもそも、
何の為に治療を始めたのかが問題じゃないのかな?

本人が不安を訴えているから、だったなら、
本人の不安が無くなればOKなわけで、
本人が「私は正常です」とか言いつつ、
犯罪的行為の常習者だったからってんなら、
そういう行為が無くなればOKってことで。

>>93
そう!
そこを知りたい。w

97 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:39:37
>94
ちげーよ。
詳しく話するとややこしくなるから詳しくはしないけど、
内因性の精神疾患>うつ病(大うつ病とそううつ病)


98 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:39:55
内因性(endogenous)というのは
「内的必然性をもって」というのが本来の意味。
逆に言うと「外的な要因は偶発的なものでしかない」ということであって,
要するに「遺伝負因」の存在を前提にしているのよ。

99 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:40:47
じゃあ、器質的じゃないか?

100 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:41:07
どうだ、どうだ?

101 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:43:25
・・・ようするに、内因性は、
遺伝的な必然性によって、
器質的な(好ましくない)構成を、
脳が形成してしまうという意味かな。

102 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:44:15
大雑把に言うとアレだ。
器質因精神疾患なんてのは、
生まれつき脳が異常か、
事故などにより頭部に衝撃があって脳が欠損するか、
重篤な病気(高熱とか)によって脳の一部分が壊死したとか萎縮したとか機能不全になったとか、
体内に取り込んではいけないものを摂取した結果、脳の一部分が壊死したとか萎縮したとか機能不全になったとか、
そーいう場合を除いて、ないから。
普通の人は器質性精神疾患とは無縁だから。関係ないから。

103 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:44:17
要するに内因性=器質性じゃねえか、それなら?

104 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:44:53
>>102
ないから、どうした?どうしようもないから?

105 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:46:36
おお、いいレスが>>98

で、ここで98の書き込みで勘違いして欲しくないのは

「遺伝負因」=「器質因」じゃないからな!

106 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:46:55
>>97
> 内因性の精神疾患>うつ病(大うつ病とそううつ病)

外因性の精神疾患の例をあげれ。

107 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:47:23
>>103
だからきみらの生活と器質院生精神疾患とはほぼ関係ありません。

108 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:48:18
>>106
もうめんどいからググれ。

109 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:48:24
院生をバカにするのか?!

110 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:49:10
犯罪を犯す傾向とか言い出すとややこしくなるから、
例えば・・・、

楽観的な遺伝子を受け継いだ子供は、
陰鬱な育て親の影響にも関わらず、
楽観的に成長するというのが、
内因的ということなわけね。w

それって、やっぱり、
器質的な感じ。

つか、
外因性の精神疾患って、
幼少時から虐待を受けつづけてきた結果、
大柄な男性を恐れるようになったとか、
どこでも急に泣き喚き出しちゃうとか、
とか?

111 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:49:23
では、まとめてみんなググればよい。よって、このスレここまで。

112 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:49:54
>>109
ああ、悪いな。
変換ミスくらい笑って読み飛ばせよ。俺で遊ぶなw

>107
○だからきみらの生活と器質因性精神疾患とはほぼ関係ありません。
×だからきみらの生活と器質院生精神疾患とはほぼ関係ありません。

113 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:50:17
>>110

じゃあ、やはり、原因によるわけ方なのだな?

114 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:51:10
原因では見事に分けられても、治療では混じってしまうとは、これ如何に?

115 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:51:50
>>110
遺伝は発現するとは限らない。
ので、遺伝は器質因ということはできない。

116 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:52:11
いいや、絶対、院生をバカにしたに違いない。そういう態度の奴に精神疾患とか方ってほしくないな。

117 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:53:02
おい、誰か交通整理のお回りを呼べ。

118 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:53:31
お巡りだろうが?!

119 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:54:17
・・・つか、
治療法の分け方だけな気がする。

極端な話、
どんな治療にも、劇的に効果を発揮する薬が各種存在するなら、
なんでもかんでも、器質的ってことになっちゃうと思う。

120 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:54:29
かくして、精神疾患も精神病もなくならないわけでありまする。

121 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:54:51
>>114
大方説明できるがめんどいのでやらない。
調べれば分かる。

あるいは直接関係はないが、
DSMによって診断するときの基本的な考え方(これも調べれ)からも、
精神科における治療のやり方が理解しやすくなるかと。

122 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:55:47
大方でいいから説明してくれよ。でないと、自殺しちゃから。

123 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:56:11
なぜ、心因性と呼ぶのか?
治療方法が無いからだ。

・・・駄目?w

124 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:56:25
おいおい、死なれると困るから説明しろ。

125 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:57:06
ロボトミー手術の復活だ!!!

126 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:57:13
じゃあ、治療方法があるものは皆、器質性なんだな?心理学は不要ということか?

127 :没個性化されたレス↓:04/12/17 17:59:29
心理学って、
よく分からない。

128 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:00:24
つか、俺もう出かけるから名無しで分かりづらいだろうし(そーいえば心理板ってIDないし)
俺のレスまとめておくからあとはテキトーによろ。

>47
>53
>54
>58
>59
>61
>66
>73
>82
>88
>93
>97
>102
>105
>107
>108
>112
>115
>121

まず器質因性を理解してくれ。頼むから。いや理解しなくていい。
器質因性精神疾患は君らの人生と関係ないから。
ていうか俺はただ釣られてただけですかorz 鬱出汁脳

129 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:02:43
ばっかみたい。

130 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:04:10
ようするに、器質因性って言葉は、
定義がある専門用語なんだろうな、
とは思いました。

素人が、素人考えで解釈したって、
議論がかみ合わないのも道理だわなぁ、

などと、
素人は他人事のように言ってみる。w

131 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:04:48
>>127
精神疾患の分類は精神医学の仕事であって
心理学とは直接関係はない。
DSMがやたらと行動科学的なのは心理学の間接的影響だが。

132 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:06:47
そもそも精神病関連のスレを心理学版に立てること自体
板違いなんだわ。

133 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:07:16
しかし、器質性、内因性、心因性とかが、ぐぐらんと説明できんというようでは専門性が疑われる。

134 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:07:22
>>127
もっと悲劇的なのは『分かったところで何かが変わるわけじゃない』ということ。

@カウンセラーになりたい→なれても大半が精神科に行く。求人も少ない。

A人の心を知りたい!プロファイラーになりたい→よくある勘違い

135 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:08:05
やっと、2チャンネルの糞スレらしくなりましたでつ。

136 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:09:52
心理学は精神疾患の治療のための学問でない
ということがわかっただけでも進歩ではないか。

137 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:10:14
>>133
ど素人に説明するために専攻しているわけじゃないだろ。

138 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:12:05
ど素人にも説明できずに、インフォームド・コンセントが得られると思ってるのか?バカ門!

139 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:12:51
肛門

140 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:14:47
薬一発で治るなら、
なんでもいいんじゃないかね。

治るってのがどういう状態なのか、
よく分からんが。

141 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:15:38
>>138
精神科で内因性とか言われないよ。
そういうテクニカルな説明はされない。
そもそも精神科では診断名を告げられるかどうかすら分からない。
自分は診断名は言われなかったし、周囲に聴いても言われる人と言われない人はまちまち。

142 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:17:45
運がなかったと思ってあきらめるように。

143 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:18:30
つか、
そもそもお医者様自身、
原因は分からないのと違うかな。

この手の診断って、
症状から病名を割り出すわけだよね?
原因ではなく。

頭蓋骨開けたところで、
明確に区別できるとも限らんし。

144 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:19:45
ええ、この頃はやりのは、精神病検査紙っていうのだよ。舐めて5分ですぐわかる。

145 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:22:10
器質因だろうと内因だろうと心因だろうと
脳内に何らかの問題が生じていることは事実だろうが,
脳に問題があるならすべて器質因だというのは乱暴に過ぎる。
脳にこだわるならこんな説明ではどうだろう。

脳に後天的かつ可視的な病変が存在する→器質因
脳に遺伝的基礎を持つ機能異常が認められるが可視的な病変は認められない→内因
 い正常な機能が不適切な状況下で生じる→心因

146 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:25:19
胃洗浄が不適切な状況下で生じる→うぇっ

147 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:30:03
>>145
最後が切れてるけど、
たとえば天敵に出会ったときには適応的であるはずの交感神経系の興奮が
ひとりでいるときに起きてしまうというようなことだよね。

148 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:35:39
つまり、
うぇっ的症状というのは、
器質的なんだよ。

間違い無い!

・・・みたいな。

149 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:37:05
なんだか、全然、話がわからなくなってきまつた。

150 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:43:20
病気とか怪我によるもの→器質因
遺伝によるもの→内因
後天的な経験によるもの→心因・・・じゃダメすか?



151 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:45:25
後天的な怪我の場合は?
遺伝による病気の場合は?

152 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:52:47
先天的な怪我ってぇのはあるのかい?

遺伝による病気というと
たとえばハンチントン舞踏病の末期に精神症状が現れることがあるけど,
神経細胞の変性が認められるから内因とは言わないと思う。

153 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:53:52
パーキンソンの妄想は?

154 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:54:26
怪我だって経験だろうが、という意味だった。

155 :没個性化されたレス↓:04/12/17 18:58:23
怪我で脳そのものが損傷を受けたことが原因なら器質因。

脳自体は損傷せずとも怪我の記憶が影響しているなら心因。

156 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:01:58
ハンチントンでもパーキンソンでもCFJでも
他の病名が付いていてかつ神経の変性が明らかなら器質因に含めていいのでは。
症状性の精神病という言い方もあるが。

157 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:02:29
シャワーとメシ終了(まだ出かけてないw)。
出かけ前最後のレス

>145
その理解でかなりOK

>150
とりあえずその理解で問題ないよ。

>151
>後天的な怪我の場合は?
先天的な怪我など存在しない(母胎内で怪我しようと後天的)。
>遺伝による病気の場合は?
遺伝が精神疾患そのものに直接影響してなければ、遺伝と関係しているとはいえない。

>145の人が書いてるように、可視的な病変が存在する→器質因
そうでなければ内因か心因。
その理解で充分。

158 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:10:17
>>4のお医者さん、>>128=>>157?の書いてることは
合ってるんですか?

159 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:21:53
「心因」のどう理解するかは理論的立場によって違うんだけどね。

力動論的立場なら無意識の葛藤(というか性欲)だろうし,
行動理論の立場なら強化スケジュールの歴史ということだろう。
自己認知の歪みもストレスの認知的評価も心因のうちということになるのだろうし。

要するに「心とは何か」についての共通理解がない以上,
「心因とは何か」についての共通理解も成り立ち得ないということか。

160 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:23:00
>>159
最近は環境因という言い方をする人もいるね。
認知因とか記憶因のほうがいいような気もするが。

161 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:28:24
「正常」なルートで脳(心)に変化(問題)が生じても、
それは器質因とはみなさないってことかな。
どのような観測を行なっても、物理的科学的な活動自体は、
特に異常ではない、と。

でも、問題は発生しているから、
心因と呼ぶ、みたいな?

怪我やらなんやらで、
明らかに物理的変化があるなら、
それは明らかに器質的問題ってことで。

でも、
俺はやっぱり、
薬で治るもんは、原因に関わらず、
器質的ってことになるような気がするんだけど、
これは、素人の意見なんだろうねぇ。

用語の定義が分からないから、
ずれたことを言っちまってると思うけど。

162 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:28:51
訂正:科学的な→化学的な

163 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:41:54
遺伝的なものはあくまで傾向であって
実際は脳のネットワーク形成のが重要なんじゃないかと思ってみたり
薬で治るもんでもないでしょうね
催眠療法だと潜在的な部分も組み替えができちゃうからけっこう効果
があるもんじゃないかと思ってみたり
まあでも修正箇所がわからなきゃ催眠療法もしようがないですがね
例えば躁鬱病っていうものが、どういうパターンで遷移するものかって
ことを理解できれば修正も可能なんじゃないかと思ってみたりね
それでも一時しのぎにしかならないかもな、回路形成事態はやっぱり
遺伝的要素に左右されてるから、自然と元に戻っていくことになる
完璧に治そうと思ったら、脳の構造を理解した上で外科的処置が必要に
なるんじゃないかと思ってみたり

心理学には興味なし

164 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:50:32
戻すというよりも、
適応可能な状態に修正してしまう。

その修正ってのが、
やや問題を孕んでるわけだが。

165 :没個性化されたレス↓:04/12/17 19:57:32
>>163
キミが心理学に興味があろうとなかろうと
神経回路網モデルの発展は心理学に多くを負うているのだが。

166 :没個性化されたレス↓:04/12/17 20:00:54
患者が不安を訴えても、
それとは無関係に、
外的刺激に対する出力だけを気にするのが、
心理学者、ということで・・・。

167 :没個性化されたレス↓:04/12/17 20:49:48
素人どもの考え

物理的、化学的な脳内の反応(科学的に観測可能なもの全部)→器質因

その他曖昧なココロ的ななにか→内因、心因

168 :没個性化されたレス↓:04/12/17 21:08:47
 彡三ニ三ミミミ-、      /             ヾ:::::\    
     xX''     `YY"゙ミ、     /              \:::::::\   .
    彡"          ミ.  ミ|                 |::::::::|,.  
    |::::|∪           ミ  ミ| _-=≡彡  ミ≡==- 、   |:;;;;;;/ 
   ,=ミ/  =三ミ j i=三ミ|   | | <・>| ̄ ̄| <・> |─´ /  \.
   | 、====| <・> |=|<・> |   | ヽ__/   \__/    >∂/.. 
   | '|   ーー" 丶--'.j  /   /(     )\      |___/'  
   ヽ|  、 /`^ー^、  |  |    /  ⌒`´⌒   \     ) |  
     |  ""| ∠二>i /  .|   │                  i|;|  
     |\    ---  /  (   \/ ̄ヽ/\_丿      /|| 
   /|\`ー-、__,_ノ    \  、 \ ̄ ̄ ̄/ヽ      / /  
-ー'/  |. \_/ / \___\   |  ̄ ̄ ̄   //  //\
  /   .|  ./\  /  |____/\  ヽ____/    / /::::::::\__
  \ / |/\__/、/\/::::::::::/::::::::|\_______ /  /::::::::::::::::|:::::: \


169 :没個性化されたレス↓:04/12/17 22:41:45
>>166
不安を訴えるのも外的出力のうちだということに気づけよ。

170 :没個性化されたレス↓:04/12/17 22:47:15
>167
ちがう、全部器質因に還元される、という考えでしょ。
最終的には遺伝子治療や高度に発達した薬物治療で、
カウンセラーや精神科医はいなくなります、的な。
心も脳も全部器質だ主義

171 :没個性化されたレス↓:04/12/17 22:51:39
素人さんには
>>167>>170の両方のタイプがいると思うよ。

1ビット君的に言えば
文系と理系のちがいなんだろうけど。

172 :没個性化されたレス↓:04/12/17 22:55:16
全部器質じゃないの?

つか、心ってなに?
脳という物理的構造が生み出す現象じゃないの?

それとも、脳と心は、無関係?

173 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:02:46
>>172
脳が心的機能の主たる担い手であることは否定できませんが,
脳が単体で生存可能だとしても
心なるものがその内部で自動的に生成されることはないでしょう。

現代人は脳を買いかぶりすぎていると思います。
脳は所詮メディアのようなもの。
脳の内側だけ見ていても心なる現象を理解するには不十分だということです。

174 ::04/12/17 23:06:00
ちょっと見ない間にものすごく増えてる。びっくり。
一応国家試験的には、

器質性(狭義)…頭部外傷、脳卒中、内科的な病気(SLEとか)
        によって攻撃性や妄想なんかの精神症状が出ている状態。
心因性=環境因性…嫌なこと(いじめとか親しい人の死とか)
         によるストレスでうつや○○恐怖とかが出てしまう状態。
内因性…躁うつ病、統合失調症など、明らかに脳内のドーパミンや
    アドレナリンのバランスが崩れて幻覚妄想などが出ている状態。

混同しやすいのは、「器質的におかしい」といった場合、器質性精神疾患は
もちろん、内因性も(ミクロな視点から見ると)構造が壊れているため、
これに含まれてしまうのです。
ただ「器質性精神疾患」「器質性精神病」と言った場合、
狭い意味の器質となり、後天的な脳みそへのダメージによる精神障害だけを
指すのです。

あまり分かりやすくないかな。
すいません。
分類って定まってなかったりもして難しいんだよね(笑)。

175 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:08:52
素人的には、

心ってのは、脳が生み出すものだから、
心の異常は脳の異常に違いないと思うわけで、
脳が異常だって事は、ようするに、物理的な異常だと思うわけですわ。

すなわち、心の異常というのは、
すべからく、脳の物理的な異常であり、
物理的な異常というのは、器質的な異常であると、
考えちゃうわけです。

専門的な定義とか理解してないので。w

176 ::04/12/17 23:28:53
脳って全然解明されてないからね。
心って何、と聞かれても、解明されてないことが多すぎて
ちゃんと説明できない。
感情や思考なんて、神経細胞どうしの単なる電気信号なのに
ものすごく複雑。
目に見えないものを相手にしているので、
精神科医は他科の医者からいんちきくさい目で見られるか
まるで魔法使いのように尊敬されたりもします(笑)。
でもここの人たち、頭の良い人が多くて
私は時々ついて行けません。すごい。
勉強しなきゃと思った。


177 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:37:16
>>175
そもそも異常だとか正常だとかいうのが
脳の内部状態だけで判断できると思うのが間違いの元でしょう。

以前どこかのスレでも書きましたが,
たとえば個人の脳内過程だけを見て
「妄想」と「正常な信念」とを区別することは可能でしょうか?
考えてみてください。

178 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:38:50
>>174
> あまり分かりやすくないかな。
> すいません。
> 分類って定まってなかったりもして難しいんだよね(笑)。

気にするな。精神医学的というか医学的名称はおかしいものが多い。
神経性食思不振症は神経による病気か?


179 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:41:02
>>176
> 感情や思考なんて、神経細胞どうしの単なる電気信号なのに

「どうし」って何よ?そんな曖昧なこと言っているから、

> 目に見えないものを相手にしているので、
> 精神科医は他科の医者からいんちきくさい目で見られるか

てなことになるのじゃないですか?19世紀のまんま?

180 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:42:07
>>177
その種の正論は2チャンネルで理解されることは少ない。ここは糞溜めだからな。

181 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:44:32
おそらく、毎回、同じ奴が執拗に同じことを言っているのではないかと思うくらいだよ。
いつになっても、心は脳が生み出す、脳を調べれば心がわかる・・・・きりがない。

182 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:45:12
そうだよ。俺がいつも脳を崇拝して、やっていることだからな。

183 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:45:46
じゃあ、お前は脳だけになってもいいんだな?

184 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:46:46
身体のない脳なんてただのスジのある豆腐だよ。

185 ::04/12/17 23:47:54
そうなのよ。結局、薬が新しくなっただけで、
相変わらず単なる対処療法の域から出ていない。
根治療法は遺伝子治療とか研究されているけど
まだまだ遠い話。

神経細胞どうしってのは、
シナプスとシナプスや受容体との脳内ホルモンや神経伝達物質の
やりとりのことです。
サイクリックAMPとかが関与してるような専門的な話。
はしょりすぎてあいまいになってしまってすみません。

186 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:50:03
それがなんで感情なんだよ?神経が2個あってやりとりすると、感情でも発生するのか?
cAMPなんぞ持ち出す前の問題だよ、おおボケが。

187 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:51:09
脳を調べれば、
究極的には、
心も分かるはずだと、
俺は思うけどね。

マシン語見ても、
意味が理解できない人が大部分だろうけど、
解釈できる人には、意味が分かる。

心ってのは、脳が生み出すものであって、
それ以外の何でもない。

188 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:54:15
>>187
だが脳は単体で心を生み出すことはできない。

パソコンの中をいくら探しても
インターネットは見つからないのと同じ理屈だ。

189 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:55:03
ぷ、マシン語が脳のつもりかよ?CPUの中の一個一個のスイッチング素子がONNOFFしているのを
1000個1000回調べても、マシン語はおろかソフトウェアの動きなんかわからないぜ。それがわかると
言ったりすれば、大笑いされるか、電波だと思われてチョン。心脳問題とかもあまりに次元が低すぎる。

190 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:57:08
だいたい、ここは心脳問題のスレなのか?

191 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:58:45
素人さんの素朴な疑問をネタにあれこれ言い合うスレです。

192 :没個性化されたレス↓:04/12/17 23:59:38
噴飯ものというのだよ、そういうの。バカにはね、論議はできナインだYO!

193 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:00:34
馬鹿の脳は馬鹿なのか?

194 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:01:07
脳を見れば馬鹿かどうか一目瞭然だよ。

195 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:01:38
そんあもん、脳なんか見なくても一目瞭然だ。

196 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:02:46
天才を脳内過程で説明するのと同様に
馬鹿を脳内過程で説明するのも「悪しき心理主義」だと思う。

197 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:04:03
脳を調べれば、
その活動の結果も得られるはずだよ。

単に、膨大な手間がかかるから、
誰も実行しないだけで。

心は、脳の働きに他ならない。
さもなきゃ心は、どこから生まれる?

198 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:05:07
悪しき心理主義万歳。脳万歳!脳があれば心が生まれるそうだよ!わーお!

199 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:06:09
>>196
天才も馬鹿も
異常も正常も
ある種の集合現象=社会的現実と捉えるべきだとおっしゃるのですね。

ん?
これって反=精神医学か?

200 ::04/12/18 00:06:50
>>186
感情は電気信号だよ。
猫の脳みそに直接電気流すと場所によって怒ったり鳴いたりするもの。
電気で全てが説明できるとは思わないけど。


201 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:07:16
まぁ、がんばってクウソしてくれ。俺は寝る。

202 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:08:31
>>200
> >>186
> 感情は電気信号だよ。
> 猫の脳みそに直接電気流すと場所によって怒ったり鳴いたりするもの。
> 電気で全てが説明できるとは思わないけど。

お前、精神科医がそんなこと言うか?ヘスが聞いたら泣くぜ。

203 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:08:37
>>197みたいなのを
心理学板では脳馬鹿と呼ぶ。

養老孟司が本気で唯脳論を唱えているとでも思ってる?

204 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:10:01
>>200
なぜヘスさんは、それを<見かけ>の怒りと呼んだんだ?知ってる?

205 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:10:08
>>203
唯脳論はしょせん独我論の変形だからね。
一種の思考実験としての面白さはあるけどね。

206 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:10:35
養老はアホの典型。

207 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:11:00
>>204
とても良いツッコミだと思います。

208 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:11:08
あんな先輩もってワシャ悲しい。

209 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:16:12
唯脳論はアフォーダンス論の裏返しと思うのだけど。
つまり内部と外部の境界を取っ払う試み。
唯脳論は内側から,アフォーダンス論は外側からそれをやっている。

この解釈,どうかしらん?

210 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:18:38
内側から、外側から、という区別を立てた段階でチョン。おととい、おいで。

211 ::04/12/18 00:20:09
はあ。すみません。ヘスって誰?
臨床以外は超疎いです。
治療や薬の効果に関することなら聞いてください。
それ以外は全然だめ。
最初の目的と離れてきているので(精神病は治るか)
臨床医は必要なさそうね。ごめんなさい。

212 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:22:48
ドーミカムの副作用を3つ挙げよ。
l−dopaの使用上の注意と使用禁忌について述べよ。

213 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:23:17
どうやら、
心を神聖視したい人が多いようだけれど、
現象というのは、すべからく、物理的実体の活動によって生まれるものだ。

それとも心だけは、脳と無関係に存在するのか?

214 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:24:10
>>212
その出題は4を試してるのか?

215 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:24:10
無関係だなどと誰もいっていないのだが。敢えてそういうふうに論議をそらしたいわけ?

216 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:26:52
>>213
誰もそんなことは言っていない。

脳が環境(他者の脳を含む)と無関係に心を生成することなどできないと言ってるだけ。
心は脳に依存するのと同様に環境にも依存する。

217 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:27:43
>>213
> 現象というのは、すべからく、物理的実体の活動によって生まれるものだ。

活動って何?脳だけで活動できるの?見る物は?動かす物は?地面は?音は?雪は?女の子は?オッパイは?
物理的実身体が「活動する」ときには、その実体だけでは成り立たない。脳も同じ。脳だけでは成り立たない。

心も同じ。心だけだとオナニーでしかない。

218 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:29:03
って、まぁ、いつもよりは、酔い脳論が形勢不利みたいだが?

219 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:30:21
心だけじゃオナニーもでけん。モノがないと逝かない。

220 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:30:33
つか、
心は現象だわな。

脳が環境に対して活動するとき、
その結果として現れる現象を、
心と呼んでいるだけだ。

でもね、
脳に対して、
必要充分な脳的に意味の有る刺激を与えれば、
脳は、意味の有る出力を返すはずだよ。

脳以外に心が、
存在を依存するとは思えんな。

221 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:30:53
脳だけでも逝かない。だいたい、つまらん。

222 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:33:44
>>220
> つか、
> 心は現象だわな。

脳も現象だわな。

> 脳が環境に対して活動するとき、
> その結果として現れる現象を、
> 心と呼んでいるだけだ。

ほー、やっと認めたか。

> でもね、
> 脳に対して、
> 必要充分な脳的に意味の有る刺激を与えれば、
> 脳は、意味の有る出力を返すはずだよ。

その「十分な刺激」が問題なんだよ、ボケ。その膨大さを理解しろ。
脳の持っている選択可能性よりも大きいのだぞ。

> 脳以外に心が、
> 存在を依存するとは思えんな。

存在を依存するのに異存があるオイドンは誰だ?


223 ::04/12/18 00:34:08
>>214>>212
試されてるみたいです(笑)。
ドルミカムなんて精神科じゃ使わないんですよね。
答えったって、みんなあんまり面白くないだろうし。
でも自信持って言えるのは、呼吸抑制とショックかな。
あと一個わかんない。
へぼ医者ですいません。



224 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:35:22
good grief.

225 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:36:18
心というのは、
脳の物理的活動の現象的側面を呼ぶ時の名前であって、
本質的には脳の物理的活動に他ならない。

そんなことくらい、
分かるだろ?

膨大だろうが何だろうが、
刺激を与えることが可能であることは認めるわけだよな。

脳単体でも、充分な入出力を確保できれば、
心は発生するはずだぞ。

226 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:37:31
ほぇ〜

227 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:38:34
脳単独で、どうやって、十分な入出力が確保できるんだ?

228 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:39:11
端末に、電気的な刺激を与えりゃ十分だろ。

まあ、それが難しいんだが。

229 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:40:21
だから、脳だけでなく、身体もいるんだよ、心の発生には。

230 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:41:06
いや、身体は、不要だろ。

身体があるように騙すことができれば、
脳だけでも充分だと思うぞ。

231 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:42:57
だましてみてよ。それに、
刺激だけではだめだよ。動きのない入力信号だけでは実は脳は世界を把握できない。

232 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:47:36
運動出力と感覚入力と実際の身体の移動の差分から実質的な世界把握が生じる。
むろん、世界がないなら、それもできないがな。脳だけなんて噴飯ものだよ。

233 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:53:24
五分経過しました。黒、16の八、アテ。

234 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:58:06
動きって、意味が分からん。
脳が把握するのは、
電気的(化学的)刺激だけだろ。

脳に、動きを観測する機能があるとは、
聞いた事がないが。

235 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:59:14
あほか。さきおととい、こい。

236 :没個性化されたレス↓:04/12/18 00:59:45
罵倒よりも、
反論が好ましい。

237 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:02:04
動きを観測するなんて誰も書いていないんだが。何でも入力にしないと気がすまないのか?

238 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:03:30
実は、脳にも運動を感知する脳内メカニズムもある。しかし、それは、運動指令が出ないと働かない。

239 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:06:11
どうやって関知するのかな?

電気的に関知するんじゃないのか?

240 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:07:14
電気的でないなどとはだああれも言っていないよ。

241 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:08:34
だああああああああああああれもね。

242 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:09:19
電気的だろうが化学的だろうが、
情報として脳が外的環境を捉えているならば、
同様の刺激に対しては、同様の反応を示すのも道理だ。

違うか?

243 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:10:18
皆おなじことをしているか、ここでも?

244 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:12:29
仮に脳愛好家にならって、脳だけがここに2つあるとしよう。
この2つの脳の環境は1つしかない。それでも「刺激」は同じにはならない。

245 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:14:20
おそらく、単一神経細胞ではなああああにも世界についてわからんように、単一脳だけでもなあああにもわからんのだろう。クウソだが。

246 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:15:58
6分経過しました。白、投了ですか?

247 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:16:44
俺が言っているのは、
身体情報と同様の刺激を与えれば、
脳は疑似情報でも、同様の反応を示すだろうという予測だ。

二つの脳に対して、同様の刺激を与えても、
異なる反応が返ってくるだろうということは、
当然過ぎて、意味が無い。

248 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:18:40
>>247
> 俺が言っているのは、
> 身体情報と同様の刺激を与えれば、

繰り返させたいらしいが、どうやって、それを与えるのかと聞いている。

249 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:18:51
・・・区切り方と言葉の選択が悪かったかな。

「身体情報(実情報)と同様の刺激を与えれば脳は、
それが疑似情報でも、実情報に対するのと同様の反応を・・・」

250 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:19:31
身体なしにできるのか?できたとしても、身体情報は必要だと認めるのだな?

251 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:19:37
どうやって与えるかの問題かな?
与えられるか否かが問題の本質か?

それが論点ではないくらい、
分かってるはずだと思うが。

252 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:21:10
身体情報が与えられるなら構わないよん。身体があるのと同じだからね。
ただし、入力だけだけどね。繰り返しになるが。何度もやるかね?

253 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:26:16
何度もやりたくないなぁ。

脳は、単体でも活動できる。
ただし、身体情報は必須。

254 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:27:08
それを「単体でも」と言うのなら、そうなのだろう。

255 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:31:15
で、まとめろ。
人間の場合は、閉じて開いてるんだから、
外部環境からの入力なしでも内部で意識は生じる。

256 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:34:01
アフォウザンスっていうのは、生態学的在論なんだろ?
環境に情報があるっていうのね。
そうなのか?

257 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:34:08
閉じて開くとはどういうことかな?ジャンケンポンか?
入力なしで意識が生じても構わんよ。しかし、その意識には内容があるのか?
仮にあっても、意味がある意識内容なのか?意味があってもかまわないが、
俺には関係ない、その脳の中だけのさびしい意識だろうけどナ。

258 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:34:32
・・・うーん、

入力なしでも意識が生じるかどうか、
そこまでは分からない。

正直、自信がない。

これは、単純に脳の機能の問題であって、
ようするに、入力が無くてもどうにかできる可能性は否定しないけど。

259 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:35:07
なんだか、また一人増えたのか?

260 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:35:15
生態学的在論 → 生態学的実在論

261 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:36:09
でも、意識の内容を問うのは、無意味だろ。
さびしかろうが何だろうが、脳が活動すれば、
心が生じる。

それが完全に閉じた世界だとしても。

262 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:37:05
>>258
外部環境からの入力ね。
もちろん、最初は外部環境からの入力で形づくられていくだろうよ。
でも、いつしかそのような機能が内在化すんのよ。

263 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:37:35
お前の脳に任せるよ。一向に構わん。そういうものが「こころ」でいいのなら。

264 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:38:26
そういや小脳って、
実際の身体反応を、
あらかじめ、シミュレートしてる節があるわな。

265 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:38:40
>>262

内在化は認める。そこで、内在化とは何で、どのように生じるかが問題だ。

266 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:39:29
>>264
伊藤正男大先生とはアンカレッジで会って以来だが、お元気そうだな。

267 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:39:54
そりゃあ、物理的活動でしょ。
その出力が、外部に出てこないってだけで。

268 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:40:50
つまり、生物というのは環境に情報あってそれにうまく適応するんじゃないのよ。
ただの環境世界の中に、その種にとって有用な情報を生成する機能があるわけ。
それは、その種の脳をはじめとした神経機能なのね。

269 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:40:58
おにいさん、物理的という言葉をどういう意味でつかっとりゃあすか?

270 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:41:28
化学的という意味を含めて。

271 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:42:11
さて、黒、脳が眠いそうなので今夜はzzzz。白、面白かったよ。いい指のリハビリになった。にゃ。

272 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:43:21
うう、

どっちが白で、
どっちが黒なのか、
いまだに分かってないが。w

273 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:45:48
反唯脳論がワシ、黒。脳愛好家が白。空白の脳さん。孤独を愛する孤高な脳な。にゃははは。ほな。

274 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:47:16
そうか、俺は白だったか。w

275 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:48:08
ちょっと、ちょっと自慰さん。
脳が一番大事なのは認めてるんだろ?
手足がなくたって立派に生きているお方もおるわな。

276 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:48:47
つか、でも、本気で、
脳がなくても心が生じるとは思えんのだが、
脳が崩壊しても、心は残るとか、
思ってるのかな、みんな。

277 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:49:46
胃とかの臓器の一部がない人だって立派に生きておる。
でも、脳がなきゃ信者生んだよ。

278 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:51:05
ま、誓い将来では、脳も心臓のように機械で代用できるかもしれんけドナ

279 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:51:45
275,6 ちょっと前までのレスくそ読み返してからにしてチョーダイ。ピアノ売ってチョーダイ。
タワシはゴシゴシで眠るにゃん。ところで、ワシ、自慰じゃないけどな、ちいと、ひどい。zzz

280 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:51:51
死んじゃうことは無い。
脳が活動停止しても、身体を生かすことはできる。

強制的に呼吸させて、
強制的に心臓を動かして、
血管に栄養を流して・・・。

281 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:52:35
そんで、脳が機械化されたとしよう。
それで、機械化される前とどう変化するのか?
これは、明日のテーマね。

282 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:52:37
で、精神病は治るのか?

283 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:53:40
脳と実社会があるかぎり、
精神病は不滅です。

284 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:54:15
>>280
脳死の問題かな?
これはやっかいだぞ?

285 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:54:25
巨人軍も不滅です。

286 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:55:35
チンコ万個も不滅です。

287 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:55:56
脳死しても、
ヒトとしては生きてる、
と言えない事も無い。

288 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:56:10
>>276
たとえ素材がシリコンチップであっても
適切な環境の中で育てれば「こころ」を生じると思うぞ。

環境がなければ脳もコンピュータもただの箱。

289 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:56:52
巨人は永遠に不潔です

290 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:57:31
詩人テストの詳しい基準はなんだっけ?

291 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:57:56
朗読しなさい

292 :没個性化されたレス↓:04/12/18 01:58:45
環境がなくても、
こころは生じると思うけどね。

疑似情報さえあれば。

・・・ようするに、
疑似情報を生み出す機能が備わっていれば、
それは単体でも活動できるわけだわさ。

んなことするやつの顔が見たいが。

293 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:00:43
>>288
環境はいらないとかじゃないの
環境からの情報がなくても、内部で情報を生成しループして
心的活動が生じるように進化したのが脳ではないの?

294 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:01:08
情報が環境だと言わせたいのか?

295 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:01:46
擬似情報=外界との対応を持たない情報=幻覚なんじゃないの?
それをマトモな心として扱っていいのか?

296 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:02:27
その点に関しては、
正直な話、分からない。

少なくとも、
ヘレンケラーの脳は、
正常に機能してたと思う。

297 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:04:41
メンへラーの脳はどうよ?

298 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:05:56
つか、
脳が外界を認識する方法は、
化学的、電気的刺激としての情報だけだから、
疑似情報でも同じことだと思うよ。

ただ、その外的情報を、
完全に断絶しても、
脳が活動できるか否かは、
分からない。

でも、
そういう状況でも活動可能な脳の存在は、
有り得ると思う。

単純に、一般的な人間の脳が、
そういう状況にも対応できるか否か、
不明なだけ。

299 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:06:07
>>295
目をつぶって、好きな人を思い浮かべてごらん。
なにかしらの感情が生じるだろ?

300 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:06:37
環境とは独立に勝手なリアリティーを作ってしまう脳というのは
まさにメンヘラーの脳だろうが。

301 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:06:48
300

302 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:07:16
おいおい。詩人テストは終わったよ。

303 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:08:36
>>300
君は文学作品を読むな。
なんで、人がそんなものを好むのか考エロ

304 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:09:05
つかそもそも、
脳ってのは、
環境を制御する為の機関だからね。

環境=外的刺激を断絶しても、
活動可能か否かは、分からない。
もしかすると、活動停止するかもしれない。

でも、脳単体でも活動して、
こころを発生するように、
「改造」は可能だと思う。

可能性として。

305 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:10:31
ああ、すまねす。

訂正:機関→器官

306 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:12:31
寝る。おまえらあしたも出て濃いよ。
逃げたら許さん。

307 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:13:53
あしたは、出てこれねーよぅ。
しくしく・・・。

308 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:14:19
誰がじゃ〜、なにがじゃあ〜?じゃあ〜!

309 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:15:47
感覚遮断によって幻覚を生じることは知られている。
野生児がまともな人間になれないことも知られている。

脳が単体で生存可能だとしても
そこに生じるのは「人間の心」ではないだろう。

310 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:16:07
で、精神病は治るのか?

311 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:18:42
治るものもあれば治らないものもある。
これが正解。

312 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:19:20
2chは池沼の巣窟焼き払うべきだ

313 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:19:53
精神病が治るってぇのは
環境との対応が取れたリアリティを取り戻すってことだわな。



314 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:20:35
ほー。ぱちぱちぱち。

315 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:21:03
環境やら社会やらに適応できないから、
異常と見なしてるだけで、

本当は、何が正常で何が異常なのか、
分かったもんじゃないわな。

316 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:22:16
今度はくどい。

317 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:25:28
くどいと言われても、
別人の二つの意見が重なっただけだよ。

318 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:26:24
そりゃスマンかったな。白菜は臭い。

319 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:34:48
白菜と言えばキムチだが、
キムチは漢字で書くと、
沈菜だそうだ。

島津家っつーか、
対馬藩の文書に名前が出てくるらしい。
当時は、単なる野菜の塩漬けだったらしいが。

320 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:35:40
拍手喝采。

321 :没個性化されたレス↓:04/12/18 02:56:50
なんだか、分からないスレだな。

322 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:08:43
>>319
唐辛子はアメリカ大陸原産で
九州経由で朝鮮半島に伝えられたんだよな。
朝鮮キムチの歴史はせいぜい300年ぐらいか。

唐辛子伝来以前のインド料理や朝鮮料理って
どんなものだったのやら。

323 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:22:37
へぇ。驚いた。驚き桃の木山椒の木キムチに狸に蓄音機。

324 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:26:02
で、今度は蓄音機の話か?
ビクターの犬にまつわる話でもするか?w

325 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:27:42
あれwww

326 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:34:48
ビクターの犬は亡き飼い主の声に耳を傾けてるんだよね。

327 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:35:34
ここはいつから薀蓄王スレになったのか。

328 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:38:45
治療を待ってる患者が多いので、
止むを得ません。

329 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:41:39
なんだかなあ。

330 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:42:05
で、○は唯脳論に転向したね

331 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:42:19
私とオ医者さんゴッコする人〜?

332 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:43:11
>>330

がはははははははははははははははははははははははははは、流石じゃ。


333 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:43:43
○ってだれのこったい?

334 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:51:12
黒は誰だったんだ?

335 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:52:04
さぁ、行きずりの酔っ払いだろう。

336 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:53:59
ドナたどす?

337 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:54:55
怒鉈ドス

338 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:56:06
イヤラシー

339 :没個性化されたレス↓:04/12/18 03:58:15
ん?

340 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:01:07
キャー、もうイヤダ

341 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:01:33
で、精神病は治るのか?

342 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:14:15
ここは人が多いですね。
平均値の有意差と個人差の関係について教えてください。

343 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:15:13
2chは池沼の巣窟 を 焼き払うべきだ


344 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:19:11
>1へ
精神病は治るよ。だからお医者さんの言う事を良く聞いて、
皆を愛する気持ちを忘れないでね。

345 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:23:20
ちょっと前までは味わいのあるスレだったのに。

346 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:27:42
精神の構成要素としては
脳、全身神経、小脳(遺伝)、ホルモン分布(遺伝)、外的刺激、栄養摂取分布
が複雑にからみあってる
それに精神病と呼ばれる作用には利点も存在する
つまり生きていくために得た能力が役に立たない場面だけ
取り上げて精神病を押し付けてるってこと
単純な外的刺激型の場合はカウンセリングで治る場合もある、治った
といっても本来勝ち得た能力を失わせるだけの話
ただの凡人に戻そうとするのがカウンセリングだと思う
その他の場合は普通に内科、外科の分野になるだけ
たぶん大半の後天性精神病は内服薬(栄誉補助的なもの)のみで回復可能だと思う
ただ心理学者はそういった分野に興味がなく、理論物理学者のような状態
だからあんまり進展してないといった現状だろうな


347 :346:04/12/18 04:32:39
その他にも、ウィルス感染って場合もあるね

348 :没個性化されたレス↓:04/12/18 04:59:00
初期の肉食動物も、
本来は精神疾患の一種なんじゃないか?w

349 :没個性化されたレス↓:04/12/18 08:57:03
む、これは必殺技かな。

350 :没個性化されたレス↓:04/12/18 13:05:05





       三つ子の魂、百まで






351 :没個性化されたレス↓:04/12/18 13:06:59
何か言った気がしているらしいけど・・・

352 :レイファン:04/12/18 14:57:41
てめーもな
他、具体的、何か書き示しせ。ショボイカスおい351

353 :レイファン:04/12/18 14:58:42
喧嘩しようぜ。

354 :レイファン:04/12/18 15:02:09
悦に浸った
その一言が(勘違い)
お前のアホさ
全てを
物語ってるよ。

355 :レイファン:04/12/18 15:02:46
喧嘩しようぜ。

356 :レイファン:04/12/18 15:04:49
>>346>>351
何か満足しているらしいけど・・・

357 :レイファン:04/12/18 15:06:53

金よこせ
書いてやる。出てコイ

358 :レイファン:04/12/18 15:08:35
ウキウキスレッド
決定。
お気に入り最前列。

359 :レイファン:04/12/18 15:09:46
喧嘩しようぜ。

360 :レイファン:04/12/18 15:13:29
何か言ってやるから
出てこい。

361 :没個性化されたレス↓:04/12/18 15:28:01
>お主へ
ふと近頃疑問に思うのであるが、
テキストの解釈において創作者の体験は、解釈者側では理解不能であるのであろうか?
とするならば解釈者の視点拘束性である主観的解釈の立場に依存してしまふと
まさしくなんでもありといふ事態に陥ってしまふ可能性が生じる
ならば、如何ようにして解釈における客観的妥当性を保つべきか
貴殿に御助言を承りたく思う次第である

362 :レイファン:04/12/18 15:36:01
人に聞け
考えるな

363 :レイファン:04/12/18 15:38:35
投票で
俺の勝ち。
お前、負け犬。決定
ムムム・・・
おぬし
やるな。

364 :没個性化されたレス↓:04/12/18 16:03:46
こういうスレを立てると
こういうのを呼び込むから迷惑なんだよ。

365 :没個性化されたレス↓:04/12/18 16:09:25
それはすまなかった
でもな、これだけは真剣耳を傾けて欲しいのであります
というのは、ゴリラ集団のオスの間て゛発生する
性的興奮をともなうホモセクシャル交渉といふ現象に関してである。
これは、大抵発情したメスゴリラの存在下でしか起こらないという事実があるわけ。
つまり、発情したメスとセックスできないオスが
己の欲望を抑えることができずにホモセックスしたと分析できるわけ
でもな、オスだけの集団でもホモセクシャルは生じることもわかったわけ。
つまり、セックスというのは、♀♂の間で子孫を残すためにだけの機能ではなく、
コミュニケーションとしての社会的役割という側面があるの。

366 :うるせーばか    〜おわり〜:04/12/18 16:41:13
  `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o'  ||||||||||  ,,-=・=、 (=・=l                   |./_ ∞_ヽ}
  _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ ( (6;:::. _   ⌒( 、 ,)⌒ ヽ                 lミ/. ノ ヽ |
  ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/'  ;:::.. i'\_,,,,,,,, !,,,,,,,,_i ノ                 (6# /ωヽ |
  ̄ ̄ ̄`//   _c‐-、_,-‐ー-、__  |;:::. ! ヽ、王王王ツ' j _,-‐ー-、_,-‐っ_         |   ε |
、  _,.--‐ 、ニヽ E≡        ~´⌒\::::.    ニ  ,,ノヽ    ゞ   ≡∃         |  ー- /
   ̄r´ ̄//| \ヽl ̄`' ̄~`‐-、__,_   ィ   ,  ヽ  , )   _,、__,-‐'~ ̄` ̄    /⌒ ̄ 1 丿 ` ̄⌒\ 
>'    / /  ! !         ~`;; ^  ー   '` ー ' ヽ`~           / _ イ ¬vー′  冫、 \
{   __,ノ ノ   | |          l              ヽ           / /   \。    。 |  \ \
  _ノハ /__,,.  | |           |       ⌒      !          / /     \ ^     |   |  |
o´ //`ー-‐'´ | |   ,-‐ー- 、__   l      ,,,@,,,      ノ  __, -‐ー- 、 / /  ____|  ,   |_   | |__
  ヾ      | |  (      ~⌒              ⌒       )〈  P ̄              ̄ん_._._〕
             \         ヽ        ノ         / | 一  ._      _ξξ_   __丶. | 
              \   ヽ、     ヽ  ■ ノ      ,ノ    /    |   ) ̄ ̄ ̄ . ̄   U    ̄ ̄  |  |
                \    l`ー‐--ー‐'`ー'ー‐`ー‐--ー‐'、   /      |  /           :        |  | 
                 〉  イ                〉  |        | |.          :        |  |

367 :没個性化されたレス↓:04/12/18 16:42:40
せっくるに対する情動っていか求愛行動のようなものは
もともとは、競争社会において自分が優位であると主張するために
同類他者を威嚇するものが発展したものだから
コミュニケーションといえばそうだろう

368 :見苦しい自作自演 トホホ:04/12/18 16:46:53
トホホ

369 :128=157:04/12/18 21:50:10
コンピュータと脳の違いも分かってない人がいるみたいだなあ。
分かってる人もいるみたいだが。
(生物の脳において、入力と出力はコンピュータのような対応関係にはない、というような話ね)

コンピュータの演算速度をいくら上げたところで「心」は発生しない。
「心はどこで発生するのか」
これについて「科学的進歩でどうにかなる」といった死にたくなるほどどうでもいい抽象的な
話以外に何か言える科学万能主義者がいたら登場して欲しいもんだ。

可能になるとしても当分先だね。
脳科学に何か大きなブレイクスルーでもあればいきなり進むかも知れんけど。
特に発生学方面については難しいね。

とどのつまりなにが言いたいかと言うと、
脳科学信仰の素人さんが嫌いそうな精神科医や心理士は当分職を失わないよ、ってことだ。
こういうことを書くと、心を神聖視している人間のように思われそうだが、逆だ。

370 :没個性化されたレス↓:04/12/18 23:18:29
脳の病気ってのはニューラルネットの学習的収束による機能の偏りにすぎない
偏りの場所や方向は本来もってる本能をつかさどる小脳で決定される
もちろん外的要因も影響する
この収束を一時的にリセットすることは可能だが、いずれ同じ方向へ収束してしまう
根本的解決は遺伝子治療と小脳のネットワーク改造が必要だろう
それ以外の方法としては外的刺激(カウンセリングによる洗脳、服薬、栄養補給)
によって継続的に外的刺激をコントロールするしかない

371 :没個性化されたレス↓:04/12/19 09:25:21
誰かコイツに脳についての入門書くれてやれ。

372 :没個性化されたレス↓:04/12/19 09:28:35
というか科学的モノの考え方入門のほうが必要なんじゃないか?
相当、脳というか意識というか検討水準というかが混濁している。

373 :没個性化されたレス↓:04/12/19 09:29:20
論理的でないシッタカ・ニートだろ

374 :没個性化されたレス↓:04/12/19 09:48:29
>この収束を一時的にリセットすることは可能

375 :没個性化されたレス↓:04/12/19 09:51:33
で、精神病は治るのか?

376 :没個性化されたレス↓:04/12/19 10:19:02
結論から言うと精神科医に精神病は治せない
カウンセラーは論外

377 :没個性化されたレス↓:04/12/19 11:03:56
>>376は闘病中のメンヘラ

そして376より正しい375へのレスは
「お前の言うところの精神病って何よ?」
で以下略展開

378 :没個性化されたレス↓:04/12/19 11:53:33
ことば遊びで誤魔化しても症状はなくならない

379 :没個性化されたレス↓:04/12/19 12:04:12
>378
人間の精神なんて言葉遊びでごまかせる。
ウソ。言い過ぎ。
でも多くは言葉遊びでどうにでもなる。余裕。
それもちょっとウソ。
言葉遊び+年月。

380 :没個性化されたレス↓:04/12/19 19:31:33
コンピュータじゃ脳は模倣できんかな?

現象としてエミュレーションすればどうだろ。


381 :没個性化されたレス↓:04/12/20 12:44:58
>>380
ムリ。

382 :没個性化されたレス↓:04/12/20 12:48:52
脳機能をモデル化して模倣するんじゃなくて、
脳現象をモデル化して再現する手法な。

どっちにしてもモデル化するわけだけど。

383 :没個性化されたレス↓:04/12/20 18:12:14
それだけの処理能力のあるコンピュータがない
模倣するにしてもすべての層細胞を素粒子レベルで
再現しないといけないからデジタルでは無理
脳細胞と同じ動きをするナノマシンを作って
精神正常者の脳を模倣して、一定のストレスを与え続けて
変化を観察すればできるかもめ

384 :没個性化されたレス↓:04/12/20 19:58:43
つか、人間どころか、
周囲の環境も含めて処理しないとね。

385 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:04:07
>>382
それだと、まず脳の全て(一部でもいいけどさ)の活動を
観測できなければいけないよね。精緻に正確に。
まずそれがムリ。
それに、脳細胞同士のつながりかたを、現代の集積回路の設計技術にトランスレートできるか疑問。
そういう技術に関して無知だからわらかないけど。

386 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:09:07
自己言及の限界?

387 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:28:39
活動を観測して模倣するんじゃなくて、
構造自体を模倣するんだよ。

つまり、意識とか心とか考えずに、
現象として脳をシミュレートするということ。

その結果として、意識活動とおぼしき出力が得られたらお慰み。

388 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:29:58
ちなみに、構造を模倣するといっても、
同じ物を作るというわけではないよ。

地球シミュレーターだって、
物理現象をモデル化して計算してるだけで、
実際の物理現象を再現してるわけじゃない。

389 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:34:17
ニューラルネットでも精神病と思しき状態はあるよ
一度学習すると間違った認識から抜け出せなくなることがある
そういうことだろ?
まあ期待するものが得られないから間違いだと設定してるだけの話だけどね
見方を変えればそれが正解だったりもするわけだ

390 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:38:01
ニューラルネットは、
脳の機能をモデル化してるよね。

そうじゃなくて、
現象としての脳の活動をモデル化する。
物理現象として、変化を計算する。

同じ物理現象を再現したら、
同じような活動が観察できるかも、
んでもって、それが意識なのかも、と。

391 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:41:43
すまん。何だか面白いかも。ちょっと、簡単でいいから図式で説明してくれないかな?

392 :没個性化されたレス↓:04/12/20 20:59:39
図式?

お、おれは、
そういうふうにはできてない。

393 :没個性化されたレス↓:04/12/20 22:16:41
ASIMO(本田のロボットね)の間接の動きはニューラルネットで
何度も経験をつませて自動的に学習させてるわけだ
作った人間でも入力から出力を予想することはすでに出来ない
それまでは倒れそうになったら倒れないように姿勢を戻したりとか
条件反射的な研究をされてきてたわけ
でもニューラルネットを使うとまったく逆の結果になった
倒れそうになると、さらに倒れる方向へ重心を移動する
で学習の過程で間違った学習をすると使い物にならないし回復もできない



394 :没個性化されたレス↓:04/12/20 22:33:19
脳の特徴は、刺激(入力)によってハードウェアすら変化させてしまう点にある。

395 :没個性化されたレス↓:04/12/20 23:11:54
ハードが変化するというのは脳萎縮症とかの場合だけだろう
通常は結線が伸びたり、縮んだりして発火点の条件と伝達経路が変化するだけ
これはコンピュータでもモデル化できてる
ハードの変化とは言えないレベルの話だな
最近研究が進んでるのが、歩行者を自動認識する車とかだな
ああいうのは、品質維持のために健康状態で学習をストップさせてる
そのまま学習を続ければ病気にもなる
ニューラルネットでも十分人間の脳と同じ動きは確認されてるよ
例えば人間に写真を見せて物体を認識できるかどうか微妙なものは
ニューラルネットでもやっぱり判定できない
原理的には十分脳を証明してると思うけどね
まあ脳細胞はナノサイズレベルで140億の細胞が密接に関連してるから
もっと複雑になってるだけで、コンピュータが進化して完璧に近い状態を
再現できれば、人間を模倣することは可能だと思う

396 :没個性化されたレス↓:04/12/21 00:42:12
澤口俊之(北大教授 知性の脳構造と進化という本以外は愚かで有害)は
「昔から感じていましたが、ニューラル・ネットはちょっとダメでしょう」
と言ってるね。

397 :没個性化されたレス↓:04/12/21 06:36:32
創化?

398 :30才♂:04/12/21 15:57:40
【雑談】姉との日常会話(妄想禁止)第1話【専用】
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/male/1103598024/l50

シスコンですがこれは病気ですか?精神科で相談したほうがイイですか?


399 :没個性化されたレス↓:04/12/21 16:16:35
その本も愚かで有害

400 :没個性化されたレス↓:04/12/21 16:19:15
で、このスレは治るのか?

401 ::04/12/22 11:10:59
このスレ、放置するにはもったいないな。
私が使わせて貰おうかな?
では質問です。精神科医の皆様方、対処しててどのような病気が1番やっかいですか?


402 :没個性化されたレス↓:04/12/22 12:38:13
>>401
ここは心理学板だからなー、
精神科医は普通来ないぞ。
>4みたいなのもたまにいるけど。

403 :没個性化されたレス↓:04/12/22 12:41:25
本物かなあ?

404 :没個性化されたレス↓:04/12/22 12:42:58
で、精神病は治るのか?

405 :没個性化されたレス↓:04/12/22 18:56:49
>>404
治ってるだろうが。ま、ACとかは一生言ってろって感じだけどな。

406 ::04/12/23 00:20:27
病気よりも、人格障害がいちばんやっかい。
BPDが特に。
病気だったら、躁うつ病のラピッドサイクラーがコントロールしにくいかな。
あと、基本的に体の弱い人はやりにくい。
薬の副作用が強く出て、充分量飲めなくなってしまうから。

407 :没個性化されたレス↓:04/12/23 00:23:57
で、精神病は治るのか?

408 :没個性化されたレス↓:04/12/23 00:30:51
>>407
治るって言ってるだろうが。

409 :没個性化されたレス↓:04/12/23 00:32:09
いつ言った?

410 :没個性化されたレス↓:04/12/23 00:39:03
>>409
えーと俺は>408番と>>405番で。

411 :没個性化されたレス↓:04/12/23 00:40:13
405をよく読んでみ。

412 :没個性化されたレス↓:04/12/23 01:34:31
>>411
君はACなの?

413 :没個性化されたレス↓:04/12/23 01:38:44
いやDCだよ。

414 :没個性化されたレス↓:04/12/23 01:53:44
>>413
ダメージド チルドレン?
damaged children

415 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:02:28
直流

416 ::04/12/23 02:02:47
心理学者が精神医学のなんとかをどれほど理解出来る?
脳の解剖実習とかポリクリとか経験した?
ま、そんな事より私が感じてるのは、
器質性は根治は無理でも、薬物によるコントロールが比較的容易。
内因性はホルモンバランスの失調による病態だが、(レセプター異常とか分解酵素異常)
これも根治は無理だが薬物によるコントロールにより症状を緩和させる事は可能。
一番厄介なのが、心因性…これは心の病なため、病巣が脳の中には存在しない。
ただ、心を揺さぶる対象に接するか感じるかで発動する病態なため、
薬物によるコントロールは難しく、根治も恐らく不可。嫌な記憶を消去する他に道はない。
記憶の消去という治療方法は現在存在し得ない。よって、心因性が一番厄介で根治不可。

417 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:06:32
俺、すいぶんと長い間脳を扱ってきた心理屋でつ。論議に加わるつもりは無いのでスルーしてくださいです。
概して、精神科医などは、脳に弱いよな、医師の中でも。薬物中毒DQNだらけで。

418 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:08:35
>>416
いやーそれはなんとも言えませんよ。
器質性の人でも凄い人いますからね。
まあ言えるのは脳と社会が折り合いつけばなんとかなる
って感じですかね。

419 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:08:45
>>416
貴様が精神医学のなんとかを
どれほども理解していないのはよくわかった。

420 ::04/12/23 02:20:57
以上の見解を踏まえて、殆んどの精神病は絶対に治らない。絶対に。
コントロール可能で薬に対するレスポンスが良好なケースのみ根治は無理でも緩解は可能というレヴェル。
情けない事この上ないのが精神科医療の現状ではないだろうか。
目に見えない疾患である故に、確たる治療が出来ず、対症的に誤魔化すしか出来ない。
治療は大半がエンピリックであり、学術的裏付けが極めて乏しい領域なため、
確実に良くなる保証も根拠もどこにもない。研究論文でミクロの領域で一部成功してるだけ。
ミクロの動態なぞマクロのレヴェルに於いては場合によっては極めて異なる挙動を示す事も多い。
治療方法も、疾患を分野別にカテゴリ分けして対応する薬物を処方するだけのズサンな実体。
それ以上の事が出来ないのだから仕方ない。
以上を踏まえて、私の出した結論は、精神病は絶対に治らない。

421 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:22:01
>>416さんの言う事も分かります。
フーコーの著作を見ても心因性の人は昔からえらいめに遭ってますからね。
まあでも心因性と言われて来た病気の人も今はわりと薬でコントロールしやすくなっている
という現状があると、器質性と心因性という境界が薄らいでいるという
現実はあるのではと…

422 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:24:54
>>420
えー治るという事で言うと統合失調症だって何割かは再発も無く社会復帰してるんですが、
これは治ると言わないんですか?

423 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:25:49
            ,.-、              ,,.-‐、
             |  :`ヽ、   ,,,...---..、,,, ,,.-‐'"  |
            |    ゞ''""      / ヾ  /
             !  ,.'      i i      /:|!
             | ! ヾ   ヾ  i !  ; :  :;|
             ヾ      、  i i       |
             |     ___ ; :  ___  , , |   にゃ!
              ! 彡  ;'i!!!:; ;:  ;'i!!!i    /
              ヾ   `''":  : ~:"   /!
               ノ:、  ニニヾ、_ノ__三  ,,.;:' :|
              ;:   `:ー-、,.-''''‐-、-''"ミミゝ
              ;:      i00O;: ;:  ヾ  !
              ;:      |(⌒)O;:!;;  ; /;:
             ,;: i     ヾ、~ / ヽ、.;. |::!
            ,;:;'        !  :;:    ;: | ;!
            ,;:'"        ヾ  :;:    ,! :;!
            i"  i ,,....      ヽ ;: : ;.   ;!:;
            |   :;: ''' ''   ;   ヽ   ,ノ;;:;
            |   :; ゝ  `.     `ー'':;; :;;
       ,,,;;;:''"""i   ::     ::       ,; ;;:
  ,..--;:;:''""     :;;   i!   :;~ヽ     ;;:  ;:
  !,,,,_  :::;;;,;-〜、__ヾ   :i    ; ヽ   ,.;:,.i、 ;:
    ~"''''"     ~~`ヾ、: `i::   ;  i.ii'" ;:;::;ヾ ヽ
               ヾ、;;|::   :. i  `ヾ、_,,ノ
                 ノ '"⌒` |
                 !_,i__!,__i__i,.!


424 ::04/12/23 02:33:09
心因性の治療として、カウンセリングやセラピーなる極めて眉唾ものが存在するわけだが、
これらの治療?がどれだけ効果を発揮するのかについて、どなたかご教授下さい。
ご教授出来れば、是非ご意見を拝見したいものです。
私がこのレスに於いて知りたい答えの本質は、実はこの心因性疾患についてのもの。


心因性疾患にはどのようなものがあるのか。
何故、何が原因で発病してしまうのか、発病してしまったら、どう対処すれば良いのか。
治療方としてどのようなものがより有効で、より確実な効果を期待出来るのか。

その事について語り合えれば幸いと思います。どうかご協力お願いします。

425 ::04/12/23 02:39:14
〉422
治るとは言えません。
薬で一時的にコントロールしてるだけです。
薬を止めるとまた再発します。

426 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:41:07
薬物治療はけっきょくのところ表面的な対症療法だということだな?

427 ::04/12/23 02:42:02
疲れちゃったからもう寝ます。良い議論を期待してますね。皆様おやすみなさい…

428 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:42:30
いやだよ。

429 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:44:18
ええと心因性と器質性という境界は崩壊してます。
俺も寝ますまたあしたー。

430 :没個性化されたレス↓:04/12/23 02:45:48
だめだよ。

431 :没個性化されたレス↓:04/12/23 03:53:50
         o。_。_lコ<o>     |l≡≡≡|ミ|_<o>_。≠_〇o
 。+ +。。。。。 |l|FFFFFFF| 。 .。 +|l≡≡≡|ミ|EEEEEEEEEEE|lll| .。+
  * o  o.   |l|FFFFFFF / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     。。oo  |l|FFFFFF | 今年も女の心を理解できないまま
   /| ̄ ̄ ̄l ::|FFFFFFF \              クリスマス突入か……
   |ミ|:」」:」」:」| ::|FFFFFF     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |ミ|:」」:」」:」| 〇 FF.。   ∧_∧  |l≡o + +! + 。 〇   +
   lミl.」」.」〇 ++ +  (´・ω・) o  〇 。 o  +   〇 。 +
  __〇___。_゚__/ ~つと)____o______〇__o___。
  二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二


432 ::04/12/23 09:40:05
>426
そういう事になりますね。
あと、私が言う「治らない=根治ではない」とゆう意味です。
薬で症状を緩和する事は可能ですので、社会復帰出来る可能性も勿論あります。
但し、薬で「根治」は不可です。器質性が薬で治せるハズないし、内因性も薬を止めたらほぼ再発します。
まして心因性に関しては、薬に対するレスポンスが悪いケースなどは、治療自体が極めて困難です。
ボーダーや対人恐怖、BPDやPTSD、強迫etc…心因性の疾患は、極めて治療が厄介となります。
私が焦点を絞ってるのが、これら心因性の疾患に対する有効な治療法とその効果について。
エンピリックな領域ですので、是非経験者・熟練者の方々の意見を聞きたかったのです。
よろしければ簡潔に噛み砕いてご説明頂けると有り難いと思います。

433 :没個性化されたレス↓:04/12/23 10:52:56
そもそも「根治」とか「治る」とか、
そこら辺のことに対しての疑問や違和感がある。

あなた方が言うところの「治った状態」というのは一体なんなのか。
どうにもありもしないイデアとしての「根治した人間」を想定しているように感じる。

例えば「再発のない状態にする」ことを根治としようか?
再発のない状態にすることが正常に戻すこと?
正常な状態って精神疾患にならないこと?
違うよね。
せめて、精神疾患に罹患することの蓋然性の値を正常値までに押さえること、
というくらいだよね。で、そんなことは値の測定も不可能だしいろんな意味で無理。

という感じで、そもそも「治る」あるいは「治った状態」とはどういう状態を指すのか、
それがあなた方の話でいまいち腑に落ちないので、そこら辺を説明していただければ、ありがたい。

434 :没個性化されたレス↓:04/12/23 11:07:10
>>433
そこを突かれると永遠に終わらん……

435 :没個性化されたレス↓:04/12/23 11:16:46
内因性と呼ばれる疾患でも、統合失調症は慢性疾患だから、
薬物を中断したらほぼ再発するし、病前の水準に戻っても、
治癒とは言わず「寛解」という用語を用いる。
最近は、糖尿病,高血圧などこのような慢性疾患が増えている。
一方、うつ病は一時的な疾患で病前の状態に「治癒」する。
再発の危険があるが、それは風邪でも同じ事。

BPDやOCDが心因性疾患という前提自体が疑問。
薬に対する反応が悪ければ、どの疾患でも治療困難。

436 ::04/12/23 11:20:27
>433
根治した状態というのはですね、人間関係が苦にならないあるがままの自然な状態を指します。
特に意識しないでその人にとっての自然な精神状態で対人関係が送れるレヴェルを指します。

437 :没個性化されたレス↓:04/12/23 11:23:27
>>436
「根治」って医学用語なの?
素人用語じゃないの。


438 :雪月花:04/12/23 11:24:39
>>433 そうですね。
「根治」という表現は「精神医学」には合わないですよね。
 医学の歴史上のベースが内科・外科ですから、どうしても法的な問題も含んで
 法律的にどこで「切り」をつけるかという際に「根治」としているようですね?
 まあ 早い話、通院の必要性を見出せなくなったときを「根治」としていますね。

 ただ「精神疾患」のカテゴリー自体広すぎるです。

 私は「患者」の家族ですので「精神科医・カウンセラー」の知己が多くいますが
 「治る」状態とは、一定期間以上「定期所見」以外の通院を行わなくて良い状態。
 「完治」とは、再異常が長期間見られず、医師が通院の必要がないと判断している状態を継続している事
  だそうです。
 私の身内は「継続治療中」ですが「社会生活に問題は無し」との状態です。

439 ::04/12/23 11:28:14
あと、根治とは、あくまで「再発しない治癒レヴェル」、を指します。
服薬を止めたら再発してしまう状態は根治とは言わず、症状の「寛解」と言います。
当然、寛解は、容易に再発を繰り返すため、根治とは呼べないですね。
私の言う治癒=根治です。精神疾患は寛解は可能でも、根治は不可です。以上。

440 :没個性化されたレス↓:04/12/23 11:34:15
>>439
無知による誤解と偏見だね。

441 ::04/12/23 11:35:53
>435
専門の人ですね?貴方の意見は正しい様に思います。
>438
貴方の意見も的確でしごく的を得ている回答だと思います。
とても勉強になります。有難うございます。私の回答は微妙にズレてるみたいですね(笑)

442 :雪月花:04/12/23 11:46:54
>>441 そうでもないですよ^^

 鬱病については、意見が多いでしょうけどね・・・
 脳神経の疾患ですので「投薬療法」が一般的ですが
 原因を取り除かない限り「対処療法」にとどまります。
 「認知療法・作業療法」を用いて「対象者」の成長を促進し。
 周囲が病気に対し「的確な理解」を行い「原因」を小さくするわけです。
 鬱病は「発症までのプロセス」がありますから・・それを小さくすれば
 回復への足がかりをつかめるでしょう。

 「完治」という表現は的確ではないですが
 病後は再発率も低いですので、じっくり治療すれば
 通院の必要がなくなるくらいに回復しますよ。

443 :雪月花:04/12/23 11:50:31
>>440 まあ・・現場の医師は「完治」を目指して
   努力や研究を重ねているから・・そういわれると怒る人もいるだろうけどネ
   
   そんなイヤミな事を言わないでん^^ チュ!

444 :没個性化されたレス↓:04/12/23 11:53:39
まあ、精神科医こそ精神疾患ということでFA?

445 :没個性化されたレス↓:04/12/23 12:00:25
根治という言葉を使うことから見ても、雫とか言うのが専門の人間でないことは明らか。
また、治療間から見ても、ある種の「科学的な割り切り」や
「不可能な救いを断ち切ることの、逆説的な救い」などにたいする信仰観が見て取れる。

>私の言う治癒=根治です。精神疾患は寛解は可能でも、根治は不可です。以上。
などを見ても分かるとおり、ある種の論理的な筋道としては間違っていないが、
そおれは決して「治療的に」働くことはない。

しかしそんなツッコミをしたところで「それはこういう場所でやることではない」とか、
「そうあるべきところではそうする」というあーあ、としか言えないような逃げ方をされてしまうかもしれないが。

446 :没個性化されたレス↓:04/12/23 12:04:52
>>444
ああ、そのFAでいいよ。
お前だけな。

447 ::04/12/23 12:13:08
クリスマス・イブなのに、皆さん朝から2ちゃんですか?
私はこれから出かけてきます。
学術的な話もいいですが、外出して人混みの喧騒を楽しむのも一興ですよ(笑)
皆さん、恋人や奥さんへのプレゼントはもうお決まりですか?それではよいイブを…

448 :o:04/12/23 12:15:47
私の場合は、分裂病だった。服薬を止めたら10年後に再発してしまった。
1ヶ月ぐらいで正常復帰した後、服薬を止めて15年経つがまだ再発していない。
根治する人は何割か知らないが、統合失調症だった人はほとんど口外しない。
薬にはリセットの作用がある。そして、例えると自転車の補助輪の機能がある。
補助輪を付けていると倒れにくいが、いつまでたっても運転技術は向上しないし不便なものだ。


449 :雪月花:04/12/23 12:30:22
>>447 いってらっしゃ〜い  
    私はホームパーティの支度をせねば〜〜〜〜^^

   >>448 そうですよね? いい例えだと思います。

450 ::04/12/23 14:33:02
イブは明日でした。
曜日と時間の感覚が麻痺してるようです(笑)
働き過ぎかなぁ…

451 :没個性化されたレス↓:04/12/23 15:09:22
何か、精神科の教授いわく、精神病は治す、というより
いかに再発を防ぐか、だということを聞いたことがあります。

カウンセリングと薬、つまり心のケアと体のケアの両方が必要だと聞きました


452 :没個性化されたレス↓:04/12/23 15:50:53
デカルトの時代でもあるまいし
心のケアと体のケアなんていう2元論的レトリックは
いい加減やめにしようぜ。

453 :没個性化されたレス↓:04/12/23 16:37:06
じゃあ、精神科という名前は何だ?身体科ってあるのか?

454 :没個性化されたレス↓:04/12/23 20:46:49
基本的に治りませんよ。

455 :没個性化されたレス↓:04/12/23 20:49:29
じゃあ、根本的には治るのか?抜本的にはどうだ?

456 ::04/12/23 21:06:21
>455
根本的にも治らないし、抜本的にも治りません。この分野、基本は緩和医療ですから。
いかに病的患者を寛解状態に近付けられるかの勝負だと思います。
後、再発防止のアフターケアーが非常に大事。老人ホームやデイケアみたいな感覚かな。

457 :没個性化されたレス↓:04/12/23 21:10:13
うつ病とかは別にしてほとんどの病気はただの性格だろ
性格が治りますか?って本人次第に決まってると思われます
被害妄想だって事実かどうかたしかめようがない
とりあえず妄想にしてるだけでしょ
境界性人格障害なんてまさにやなやつってだけの話だし
性格を人に直してもらおうなんて甘いね
世の中キチガイばっかりだぜ
まともなやつに会ってみたいくらいだ



458 :没個性化されたレス↓:04/12/23 21:14:18
キチガイ同士はぶつかる。

459 ::04/12/23 21:25:09
器質性の疾患は、例えばアルツやパーキンソン等がありますが、治せません。
ただ、L-dopaや新薬の出現により、症状の進行を抑止する事は可能ですが、
治療は半永続的に続けざるを得ません。薬物投与を中断した時点から再び病気が進行します。
内因性の物としてはホルモン分泌異常や分解酵素異常、神経伝達系の異常による疾患がありますが、
…疲れちゃったから友達とお茶してきます。後は勝手に議論してて下さいネ(笑)
私もまだ国試受験生の身で偉そうな事言えないのですけど。ちょっと試験勉強の打ち合わせ。
気が向いたらまた来ます。ヽ(^ー^)ンジャネ〜☆

460 ::04/12/23 21:32:51
>457
あんたバカぁ?(笑)

461 :没個性化されたレス↓:04/12/23 21:34:02
わっはっはっはっはっは

糞スレ終了じゃ

462 :没個性化されたレス↓:04/12/23 21:40:17
>>461
おまえ、最近あちこちに出没してる奴だろ。

中身がないのに偉そうな態度をとる奴らが、心理板を没落させたこと
だけは、覚えておけな。

463 :没個性化されたレス↓:04/12/23 21:42:11
ほー、おまえさんみたいな低脳が原因じゃぞ

464 :没個性化されたレス↓:04/12/23 21:45:33
左様、gigoですね (^^)

465 :没個性化されたレス↓:04/12/23 21:50:58
洗脳だって可能なんだから、
性格だろうが精神病だろうが、
なおせないことなんかあるまい。

・・・まあ、
話が通じればの話だが。

466 :没個性化されたレス↓:04/12/23 23:43:41
>465
精神病と性格とは全くの別物でしょう?混同しないで頂きたいです。

467 :没個性化されたレス↓:04/12/23 23:46:49
あと、性格は思春期までにほぼ決まります。大人になってから変えるのは難しいです。
精神病も心因性のものは、思春期に多く発病し易い傾向がありますね。
ま、思春期というのは体の発育は目を見張るものがありますが、心は硝子の様に繊細です。
温かく見守ってあげたいものですね。

468 :没個性化されたレス↓:04/12/23 23:47:10
・・・そもそも、
精神病って、何?

器質的障害と、
どう違うの?

469 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:03:20
>>468
その質問はこのスレを最初から読んでからしれ。

470 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:12:19
結局、専門家にも分からないわけだな。

471 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:35:52
いや、専門家なら概ねは知ってるでしょ。
それなりに臨床経験積んでるわけだからね。

ま、・・・どれくらい各疾患について理解できてるかはわからないけどね。
案外、地方の総合病院の勤務医の方が、大学病院の無能な医師どもよりは理解できてる気がする。

472 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:41:33
精神疾患は、「理解する」というよりは、「感じる」に近いものがあると思う。
だから臨床経験豊富で、柔軟な思考の持ち主なら、ある程度、疾患の真相に近づけている
のではないのかな。
疾患の起きるメカニズムの解明・究明となると、これは教授や大学院の基礎の連中の方が
知ってはいるだろうけど、これはあくまで研究にしか過ぎない。
疾患について本当により良く知りたいなら、臨床経験をひたすら積むしかないって事だね。
質より量って事です。例えがちょっと違うかな?

473 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:44:28
患者の家族は、あまりにも近づきすぎて、
妄想を共有しちゃったりするそうですが。
それと気づかないうちに。

474 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:47:37
妄想体系など、統合失調や鬱は、周囲の人たちにも間違いなく感染します。
だから周りにそんな傾向の人がいる方は、自分の保身も考えて十分注意すべきです。

475 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:48:48
「感染」という映画をご覧になりましたか?
一度、ご覧になると面白いと思いますけど。「意識」に病原体が感染するお話しです。

476 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:49:30
妄想は、神の如く・・・。

477 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:51:41
精神疾患は、ひょっとしたら、目に見えない未知のウィルスが媒体となって
周囲の人々に感染して広がってゆくのではないか・・・そんな発想がモチーフとなって
創られた映画、それが「感染」ですが、もしかすると、実際の精神疾患というのも、
あるいは・・・・・・そんな事あり得ない話しですが、もしあるとしたら「怖い」ですよね。

478 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:54:46
幻覚・幻視・幻聴・幻臭など、「妄想」は、
確かに、周囲にも「感染」するかもしれません。
気を付けた方が良いですよ。ま、医学的には到底あり得ない話ですけどね。

479 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:56:20
統失が、器質性と心因性の境界に分類が困難になってるとおり、
もしかすると、心因性に分類され得る病態だとしたら、感染し得ますね。

480 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:57:13
ああ、恐ろしい・・・この話はこれ以上深入りするのは辞めましょう。
大変危険ですから。

481 :没個性化されたレス↓:04/12/24 00:59:04
何が危険? → あなたの「精神」が危険なんです。
昔から「触らぬ神に祟り無し」、とも云います。この話題は打ち切りで。

482 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:05:24
話が通じるなら、説得的に治療が可能。

話が通じないなら、まず、
相手の言葉の意味を調べるところから開始。

483 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:10:34
しかし、話が通じず、相手の言葉の意味も分からないとなると、その場合はどうする?

484 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:12:55
相手の言葉の意味を探るところから始めるかないでしょうね。

その世界では、全ての行動が意味を持ち、
全ての行動が、閉鎖的な完成に繋がっている。

485 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:17:18
相手が自閉症気味だった場合は、どうする?

486 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:19:10
自閉症なら、飾っておいても害にはなるまい。

無理したら駄目。

487 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:20:10
しかし、それでは、治療が成立しないではないのか?

488 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:22:24
精神病は、怪我と違うからね。

正常と異常の区別は、
恣意的な便宜的区別にすぎない。

489 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:25:49
その便宜的区別が、精神疾患の発見をかえって妨げているという見方は出来ないだろうか?

490 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:27:06
妨げている→ 難しくしている

491 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:28:41
>>477
統合失調症ウィルス説は精神医学界では常識。それが最も可能性が高いとは言わないまでも。

492 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:29:50
明らかな損傷が見られないものを、行動の異常性や発言の異常性などから読み取って、
恣意的に正常・異常を区別する。 それ以外にも正常・異常を区別する方法はないのだろうか?

493 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:31:04
>>491
原因ウィルスは特定できているのか?

494 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:31:46
CTとかMRIで健常でも機能的な障害があることはよくあるよ。

495 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:32:25
>>493
2,3説あるみたいだが。

496 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:33:00
>>494
そうだね。脳萎縮とか、変性とかね。

497 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:33:32
>>495
特定できている?本当なのか?

498 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:33:59
そんなに顕著でなくてもCTやMRIではわかるよ。

499 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:34:19
>>497
どうした、財前? 
何とか言ってくれ!

500 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:35:05
>>495
どうした、財前?
何とか言ってくれ!

501 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:35:52
>>497
> >>495
> 特定できている?本当なのか?

詳しくはぐぐってくれ。英語で。詳しい種類は忘れた。でも、それが唯一因だと決まったわけではない。
もともと、統合失調症は単一の「病い」とは考えにくい、異なった症状の複合体だからね。

502 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:35:59
>>498
器質性のものなら分かるね。
内因性、心因性は不可だが。

503 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:37:07
>>501
遺伝子の異常にウィルスが感染して突然変異を起こして発生するのかな?

504 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:37:51
そうだよ、何か?ただ、器質性でもすぐにはわからないものも多い。

505 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:38:36
>>501
なら答えてくれ。
・・・やはり、感染し得るのか?

506 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:38:50
>>504は502へのレス。


507 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:40:22
>>504
T1、T2強調である程度は分かるね。PETとかはどうだろうか

508 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:40:40
例えば、統合失調症の場合、狭い地域での頻発例や家族内発症がけっこうあるので、そういう例では
共通のウィルスが見つかっているものがあるということ。だから感染する可能性はある。ただし、
発症はスグではない。

509 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:41:19
>>501
答えてくれ、財前!
やはり、「感染」は、起こり得るのか??

510 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:41:54
もうお前は感染しているみたいだよ。

511 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:42:14
>>508
本当か・・・最悪だな。 


512 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:42:56
>>510
やはり緑の液体を吐いて俺は死ぬのか>?

513 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:43:04
だから遺伝子レベルの研究も、そういう観点からのものもある。

514 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:43:33
>>512
いいや、緑じゃない。緑に見えるの?

515 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:44:26
>>508
HIVウィルスみたいに、発生しやすい体質とかあるのだろうか?

516 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:45:11
>>514
緑にしか見えない!もう俺は終わりだ・・・だが、ただでは死なん・・・

517 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:46:00
なんか関係あったような話だったかも。
そのウィルスに影響されやすい遺伝傾向があるとかの話だったと思うけど。

518 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:46:03
>>514
秋葉先生・・一人で逃げようとしたでしょう・・・そうはさせない。

519 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:46:34
>>514
一人だけ逃げようとしても、そうはさせない。

520 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:46:44
>>516
そうか、それはいかんな。赤インクで染めるとよくなるそうだ。

521 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:47:46
>>517
特定の塩基配列に感染するのかな? 第何番染色体短頭のどの部分とか・・・

522 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:48:30
そこまではわかってたっけ?記憶がないけど。

523 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:49:18
>>520
心配しなくとも、あんたの血液も既にもう緑色なハズだ。
針で指をつついてみると良く分かるよ・・・はっはっは。


524 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:49:58
いや、青だよ。

525 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:50:24
>>520
あんた、知らなかったのか?既に自分が感染してるという事実に。
このウィルスは、ネット上の特定の文字列から脳内に感染するんだ。

526 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:50:59
>>524
青かよ・・・

527 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:51:20
そうだったか・・・どうりで。このスレにはバカしかいないという妄想が・・・

528 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:51:38
もう寝る。お休み〜

529 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:51:54
ははは。

530 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:53:01
俺も寝る!馬鹿馬鹿しくてやってられっか!ったくよー!!

531 :没個性化されたレス↓:04/12/24 01:53:52
動じることなかれ。

生きている限り、
行き続けてくれ。

人種も文化も関係ない。
それが、折れたちの生き方だ。

532 :没個性化されたレス↓:04/12/24 02:18:17
         ┌┬┬┬┐
    ―――┴┴┴┴┴―――――、
   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄||| ̄ ||     __________
  /.    ∧// ∧ ∧| ||      |||   ||  /
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||___|||   || <   また出番か?
 ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ. _||  \__________
 lO|o―o|O゜.|二二 東|.|京 精神病院 ||
 | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l_||
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'

533 :没個性化されたレス↓:04/12/24 02:41:45
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

なに、見たままよ!!
人民解放軍に銃殺処刑されてアタマ上半分ぶっ飛ばされてる!


534 :没個性化されたレス↓:04/12/24 08:01:38
俺には心などありませんが。。。。何か文句でも?

535 :没個性化されたレス↓:04/12/24 12:34:16
>>534
それはすごいな。
是非、科学的手続きを経て、世界に報告してくれ。

536 :没個性化されたレス↓:04/12/24 12:38:29
>>535
その前に
君に心があることとを
科学的手続き(笑)を経て世界に報告してくれよ。

537 :没個性化されたレス↓:04/12/24 13:48:54
凄いっしょ?

538 :没個性化されたレス↓:04/12/24 13:56:37
この問題、
何が問題かってーと、

将来、高度な人工知能を作ったときに、
心象的には人工知能の心を確信したとしても、
証明する手段が、未だに見つかってないってことだわな。

539 :没個性化されたレス↓:04/12/24 13:59:07
>>538
それは他人の心についても同じこと。

540 :没個性化されたレス↓:04/12/24 14:09:05
つまり、心があるように思える相手に対しては、
心があるものとして対応してるわけだわな。
現状、我々は。

んでも、心を明確に調べる方法は無い、と。

ってことは、将来、
人工知能の人権とか言い出す奴が、
必ず出てくるだろうな、
とかも推測。

541 :没個性化されたレス↓:04/12/24 15:14:02
そもそも、心って何?
脳の電気的活動が作り出す産物ではないのか?
誰か、極めて医学的にこれを説明してくれないか?

542 :没個性化されたレス↓:04/12/24 15:18:31
本質を問い始めると神学論争になるから、あえて問わず、
刺激と反応だけを調べて、ブラックボックスの働きを観察するのが、
心理学かな?

543 :没個性化されたレス↓:04/12/24 15:23:35
その心というブラックボックスにメスを入れた文献は存在しないのかい?

544 :没個性化されたレス↓:04/12/24 15:27:35
それは、生理学者の仕事かな。
心理学とは、反対方向から追い詰めてるというか・・・。

どっかで心理学と生理学が出会って、
心の実体が明確になればいいんだけど、
出会うはずなのに、すれ違っちゃったりして。

545 :没個性化されたレス↓:04/12/24 16:05:56
クリスマス厨が
半世紀前からタイムスリップしていらっしゃったようですな。

546 :没個性化されたレス↓:04/12/24 16:07:29
俺は通年だが。

547 :没個性化されたレス↓:04/12/24 17:05:23
>>541
感覚遮断尾実験なんかからは、脳があっても心理機能が働かないことがわかる:環境からの刺激なしでは。
脳の電気的活動(神経細胞に限定しよう)のうち意識されるものはごく一部なので、全面的対応はない。
心がなんだかわjからないので、つまり、どういう機能で、どういう状態で、どういう具体的場面・・・といったことが
不明瞭では、脳活動との関係は詰めようがない。

さて、どうすれば、その仮説は実証できるのだろうか?

548 :没個性化されたレス↓:04/12/24 18:27:03
要するに、外界からの刺激に反応して脳が引き起こす電気的アクションが‘心’という事でFA?

549 :没個性化されたレス↓:04/12/24 18:33:10
あと、雫というHNがかなり勉強不足というFAも付加しておこう。なんで統失が器質性又は心因性になるんだ、どう見たって内因性ではないか。ドーパミンの異常分泌だろ。全く、もう少し精進したまえ。

550 :没個性化されたレス↓:04/12/24 18:41:25
,,,人_,,,人人_人人_,,人人
<                >
< 今だ!550ゲットオオオオオオ!!!   >     _  _
∠                >  ____/_//_/
  ̄Y''' ̄Y ̄Y '''Y'' ̄YY ̄Y'''  /____  /  ___________________   _  _  _
         ∨          _____/ / /___________________/ /_//_// /
          ゜         /______/                /_/
   ゜   ゜    。
   /゛////_.. 〃   ゜
  く    ∧∧  ) ゛゛゛\,,_______ _,,  _ ...,,
   ゝ⊂(Д゚⊂ _`つ ......... ............................. ..............    ・…∵...・・ ・
   く  ....... .......... :::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'' ̄ ~"
  ゜ \,|'\゛∨  ̄゛ ~   ゜
      ゜  。  ゜  。


551 :没個性化されたレス↓:04/12/24 19:05:51
ウド鈴木は心理学専攻です

552 :没個性化されたレス↓:04/12/24 19:39:48
山崎ほうせいも心理学専攻です

553 :没個性化されたレス↓:04/12/24 20:04:57
ぶっちゃけ弱い人間や、使えない人間は見殺しにしていかないと弱い遺伝子や使えない遺伝子まで増えて人間の進化の妨げになるから、精神病とかで使えない人間は不必要

554 :没個性化されたレス↓:04/12/24 20:05:24
つぶやきシローも...

555 :没個性化されたレス↓:04/12/24 21:49:38
自然淘汰する環境があれば人口はもっと少ない
文明もそこまで急速に発展する必要もない
比較的距離を置いた生活が出来るので対人的な病気はそもそも存在しないだろう
精神病と能力の優劣には関係はない

556 :没個性化されたレス↓:04/12/24 21:51:32
つか、頭良すぎると、
山奥に引きこもったりするんだわ。

557 :ナチュラルし=しゃ ◆XgUZOOt3P6 :04/12/27 14:48:14
http://www.geocities.jp/naturalshisya/
私の精神哲学を使えばストレスに強くなれます。心の基礎理論です。

558 :没個性化されたレス↓:05/01/02 00:19:45
今年は電波が減りますように。

559 :没個性化されたレス↓:05/01/03 09:22:12
キャッチャーしとこ☆

560 :没個性化されたレス↓:05/01/13 20:49:59
指導上げ

561 :没個性化されたレス↓:05/01/13 21:43:31
精神疾患の人口比は変わらないけど精神科に行く人が増えただけらしいよ。


562 :没個性化されたレス↓:05/01/14 00:22:29
もう疲れた。情緒不安定を治す術を教えて欲しい。電車の中で涙が出ると恥ずかしい。

563 :没個性化されたレス↓:05/01/14 12:24:14
>>562
メンヘル板逝った方がいいんじゃない。
あとは病院でセルシンでも注射してもらえば。

564 :没個性化されたレス↓:05/01/15 15:58:30
杉田かおるを抱きたい!

http://bbs3.cgiboy.com/index.cgi

565 :没個性化されたレス↓:05/01/17 01:38:49
精神病って直るの?
てか心理療法と投薬ってどっちが効くの?



566 :没個性化されたレス↓:05/01/17 01:43:28
どっちも効かないんだYO.

567 :没個性化されたレス↓:05/01/17 03:07:26
クレペリンの時代、統合失調症(当時は早発性痴呆)は末期には
人格荒廃にいたるとされ、不治の病であることが定義のひとつ
だった。
しかし、その後の疫学研究で1/3が治癒、1/3が寛解、1/3が人格荒廃となる
ことがわかり、不治の病ではないことが判明した。
さらに最近では、治療の有無にかかわらず重症例が世界的に減少しており、
人格崩壊にまでいたる症例は非常にまれである。ちなみに躁うつ病も
あきらかに重症例が減っている。
この「軽症化」は精神医学上のなぞとされる。
統合失調症には妄想型、緊張型、解体型、単純型のサブタイプがあるが、
前2者は症状が派手なわりに治りやすく、後2者が難治である。

薬物は、良好な治療関係の中で一種の「呪物」として処方されて
はじめて最大の効果を発揮するので、薬物療法と心理療法を
峻別することはできない。心理療法の文脈を無視した投薬は
たいてい激烈な副作用(逆プラセボ効果)や拒薬をひきおこし
長期予後を改善しない。

568 :没個性化されたレス↓:05/01/17 03:20:06
やっとマトモな書き込み(コピペかも)が現れたな。

569 :没個性化されたレス↓:05/01/17 09:08:00
そうかな、偏りがかなりあるみたいだが。

570 :没個性化されたレス↓:05/01/17 15:57:52
そのうち治る統失にも違う名前が付くのかな



571 :没個性化されたレス↓:05/01/17 16:03:55
>>567
> 統合失調症には妄想型、緊張型、解体型、単純型のサブタイプがあるが、
> 前2者は症状が派手なわりに治りやすく、後2者が難治である。

陽性と陰性とをサブタイプないしは別疾患として区別することを主張している
専門家もいますね。むしろこちらのほうが分かりやすいかもしれない。

572 :没個性化されたレス↓:05/01/17 17:35:58
>>571
ところが統合失調症の多発家系をしらべるとサブタイプは遺伝しない
らしいんだな。
ひとつの家系に4タイプごっちゃに見られることが珍しくない。

573 :没個性化されたレス↓:05/01/17 23:49:32
ところで心理学では生理学も勉強するの?



574 :没個性化されたレス↓:05/01/18 00:40:37
はい、まともな大学でしたらね。

575 :没個性化されたレス↓:05/01/18 10:04:58
>>572
家系は環境要因も色濃くでるから、それをもって遺伝うんぬんとは
いえないですけどね。

576 :没個性化されたレス↓:05/01/18 14:26:28
環境要因と遺伝ってどうやって分けるの?



577 :没個性化されたレス↓:05/01/18 14:58:33
俺の兄弟姉妹は性格がぜんぜん違うし、遺伝は大して関係ないと思う。

578 :没個性化されたレス↓:05/01/18 15:06:39
兄弟姉妹だって遺伝子は違うでしょ?

579 :没個性化されたレス↓:05/01/18 17:40:19
>>578
でも同じ家系でしょ?

580 :没個性化されたレス↓:05/01/18 17:40:45
575

581 :没個性化されたレス↓:05/01/18 17:43:06
俺も弟たちと全然性格がちがうな。あまりにも違いすぎるんで、
お前たちの性格がちょうどミックスされれば丁度いいのに、と親によく言われた。

582 :没個性化されたレス↓:05/01/18 17:49:30
性格形成における兄弟間コントラストっていうのもあるからねぇ。

583 :没個性化されたレス↓:05/01/18 20:39:03
おまいら
行動遺伝学の基礎知識でも勉強してから出直しておいで。

584 :没個性化されたレス↓:05/01/18 21:29:22
行動遺伝学って、中には相当眉唾な研究もあるんじゃない?

585 :没個性化されたレス↓:05/01/18 23:13:26
>>584
つーか、ほとんどトンデモ

586 :没個性化されたレス↓:05/01/18 23:35:27
中井久夫先生によると、狩猟採集時代にはほんのかすかな兆候から
獲物の居場所や天候、天災を予知する能力が適応的だったが
近代になってその能力があだになり、統合失調症の素因になって
しまったという。
ちょっと違う気もするが。

587 :◆oyrllDXrW6 :05/01/19 00:41:50
統失=ウィルス感染説って、本当なんですか?>

588 :没個性化されたレス↓:05/01/19 00:55:15
586
統失の人は何かに気付いてるって事?



589 :◆oyrllDXrW6 :05/01/19 00:59:30
等質の人って、予知能力かなんか持ってるの?
それともただの妄想狂の基地外なん?

590 :◆oyrllDXrW6 :05/01/19 01:08:10
私の主張は、あくまで等質とは内因性の疾患であって、特殊な能力ではない。
ドーパミンが過剰に分泌されて、神経伝達のバランスが乱れた状態が等質であって、
これは能力ではなく、疾患である。
ただし、歴史の著名な作曲家や作家、芸術家で等質が多い事実は、この定義に反する。
よって、結論は、分からない・・・です。

591 :◆oyrllDXrW6 :05/01/19 01:08:59
勉強不足ですいません。出直してきます。

592 :没個性化されたレス↓:05/01/19 01:44:47
>>588,589
するどすぎる洞察力は近代個人主義に決定的に合わない、ということだと思う。

我々が自分の考えだと信じてうたがわないものが、
実は誰かの考えのフルコピーだったりする。知らないうちに
親や、尊敬する人や、時には敵対する人の価値観のとりこになっている。
我々が自由意志だと思っているものも実は他人の行動パターンの
コピーであることがほとんどだ。
誰かさんが「人間の欲望は他者の欲望である」と言ったように、
「私」というものは他者の自我のコピーがモザイク状につぎはぎ
されたものにすぎない。
もちろん自分の自我も知らないうちに他者にコピーされるだろう。

このことを、知識としてではなく実感として洞察してしまった人は
頭の中に他人の考えが注入される(思考吹入)とか、考えが奪われてしまう
(思考奪取)、伝わってしまう(考想伝播)、誰かに行動を操られてしまう
(作為体験)とかいった「恐怖体験」を訴えることになる。
近代個人主義をドグマとした社会では、こういう実感は狂気と断定され、
誰にもわかってもらえない。彼らの孤独は筆舌に尽くしがたいだろう。
しかし、正しいのはおそらく彼らである。

593 :没個性化されたレス↓:05/01/19 01:56:34
>>586は、ものっそい昔においては、
きわめて微細な情報をアンプリファイして活用するのに、
統合失調症的な「才能」が有効だったのではないか?
という話じゃないの?

594 :没個性化されたレス↓:05/01/19 02:03:50
592
近現代だけ?
じゃあ時代が遡るにつれて統失患者は減るって事?
妄想はどうして?



595 :没個性化されたレス↓:05/01/19 02:11:28
動物は地震の前兆を地核プレートの歪みから発生した
電磁波の乱れから察する
分裂病者は電磁波に敏感である
よって、分裂病者も地震発生の前兆段階である
地場の乱れをキャッチすることができるでしょう
早急に国は分裂病者の地震予知の研究に取り組むべきです

596 :没個性化されたレス↓:05/01/19 11:22:43
では、あなたを火星に送ることにしよう。

597 :没個性化されたレス↓:05/01/19 15:10:37
>>594
統合失調症がはっきりとした形で文献上に登場するのは
18世紀末になってから。それまでこの病気は「なかった」らしい。
これは統合失調症ウイルス説の論拠のもなっている。
ウイルス説はトンデモと思うが。

>妄想はどうして?
コミュニケーションのコード自体が周りの人々と異なる人の場合、
他者からの情報のフィードバックがないので、現実検討のミスが
どんどん蓄積してしまうからではないか。

598 :没個性化されたレス↓:05/01/19 15:14:45
そういう人間的レベルについて考える必要は確かにあると思う。
しかし、同時に統合失調症の妄想の現実を見ていると、それだけではない、と感じるのも事実だ。
すべてだとは思わないが、脳機能の異常という側面も否定しがたいものがある。

599 :没個性化されたレス↓:05/01/19 15:19:17
どんな病でも、それが医学的社会的に認知される前は、あったかどうか確認するのはなかなか難しい。
症状や発病メカニズムが明確に同定されれば、遡及して判断することもできるかもしれないが、
統合失調症のような場合、過去になかったと証明できるようなものではないだろう。

600 :没個性化されたレス↓:05/01/19 16:24:35
600

601 :没個性化されたレス↓:05/01/19 18:07:02
ちょっと聞きたいのですが、霊が見える・聞こえるって言うのは病気でしょうか?
それと、もし病気だとしたら治るのでしょうか?


602 :没個性化されたレス↓:05/01/19 18:22:45
それは霊ではなく幻覚ですので安心してくだい。
霊は人間には見ることはできません。
テレビ画面のタレントが私たちに触れられないように。。

603 :没個性化されたレス↓:05/01/19 18:23:26
見えたり聞こえたりするものが
なぜ霊だと判断できるのか不思議。

604 :没個性化されたレス↓:05/01/19 18:41:23
もっとも、科学的に、霊がない、とか、霊が見えない、とかいう結論は出せないので
見えるのかもしれませんが、多くの人には見えないようです。

どのような霊が、どう見えるのか、あなたに関わってくるのか、などを話してくれませんか?
そうすれば、病気の可能性があるかないか、消えるものかどうか、少しは判断できるかもしれません。

605 :没個性化されたレス↓:05/01/19 18:51:37
僕自身ではないのですが、ラブホとかに行った時、急に言ったりします。いるとか何か聞こえるとか。僕は全く信じていないので、リアクションに困っています。そしてこれからのつきあいとか不安になってしまいます。

606 :没個性化されたレス↓:05/01/19 18:54:27
605ですが彼女の話です。申し訳ありません。

607 :没個性化されたレス↓:05/01/19 18:57:03
場所が場所ですから、声が聞こえても可笑しくはありませんねぇ。
どんなふうな声(例えば、男とか女とか、あるいは怒っているとか、泣いているとか)なのか言ってますか?

他の場所や機会には聞こえないのでしょうか?ちょっと微妙な雰囲気になるときなんかはどうですか?

608 :没個性化されたレス↓:05/01/19 19:03:04
605です。相談中申し訳ないのですが、バイトに行ってきます。

609 :没個性化されたレス↓:05/01/19 19:34:29
597
じゃあ統失の人は超能力みたいのがあるのかな?
宇宙人が電波でしゃべるみたいに。
あとその欲望のモザイクについて書いてある本教えて下さい。



610 :没個性化されたレス↓:05/01/19 19:50:03
>>586
> 中井久夫先生によると、狩猟採集時代にはほんのかすかな兆候から
> 獲物の居場所や天候、天災を予知する能力が適応的だったが
> 近代になってその能力があだになり、統合失調症の素因になって
> しまったという。

中井先生は遺伝仮説を信じているのかな?
なぜ糖質の遺伝子が淘汰されずに生き残ってきたのかを説明しないと
あかんからね。
そういえば、同性愛については、同性愛遺伝子をもつ家系の女性は
子沢山になりやすいという仮説を提示しているグループがあったな。
だから同性愛遺伝子が完全に淘汰されずに生き残ってきたのだと。

611 :没個性化されたレス↓:05/01/19 19:51:25
>>610
あくまでも「素因」仮説だから「原因」仮説と混同しないように。

612 :没個性化されたレス↓:05/01/19 19:59:35
淘汰などありません
突然変異のみです
鳥は進化の過程で少しづつ羽が成長したのでしょうか?
違います
飛べない羽がついていれば
生存の邪魔になり淘汰wwwされるはずです

613 :没個性化されたレス↓:05/01/19 23:42:57
てゆうことは統失は遺伝的に有利な時もあるから淘汰されないって事?



614 :没個性化されたレス↓:05/01/19 23:44:57
いや、魔女狩りなどのように人為的に遺伝子を淘汰していた。



615 :没個性化されたレス↓:05/01/19 23:46:12
おいおい、あれはヒステリーってことに・・・

616 :◆oyrllDXrW6 :05/01/20 00:04:47
私のお薦めのVDをご紹介します☆

『箪笥』(たんす)

精神分裂病の女の子が主人公の映画です。とっても哀しいお話で見終わった後泣きました。
演技力、演出、効果音、描写、どれをとってもピカ一です。是非見て下さいね☆

あ、間違っても、主役の子が可愛いからといって、感情移入はしないように! 発狂しますw


617 :◆oyrllDXrW6 :05/01/20 00:06:14
注・・・一度全部とおして見てから、もう一度最初から見ないと内容がわかりません。
    楽しい時間を過ごして下さい。


618 :没個性化されたレス↓:05/01/20 00:17:01
614
人工的に淘汰してた社会では統失は減ったの?



619 :没個性化されたレス↓:05/01/20 00:26:36
何をもって治ったというのだろか。それは誰が決めるのだろうか。人それぞれなのに決められるのだろうか。自分にも医者にもホントのホントは分からない…
一般と比較、一般的になったら正常?それって正しいようで、間違ってるようで‥
自分を失う事なのか、自分を取り戻す事なのか。よく分からない。

620 :没個性化されたレス↓:05/01/20 00:43:04
そんなこと言い出したら何も話せないよ



621 :◆oyrllDXrW6 :05/01/20 00:50:49
寛解状態にある程度まで近づき、社会復帰に支障がでない程度にまで状態が安定すれば治るとします。
・・・・・あくまで私の勝手な定義だけど(爆)

622 :◆oyrllDXrW6 :05/01/20 00:51:50
医学的には、『完治』という言葉を使うみたいですね。

623 :◆oyrllDXrW6 :05/01/20 00:52:57
そろそろ寝ます。おあすみあさい←歯磨き中w

624 :没個性化されたレス↓:05/01/20 00:59:16
社会復帰
生きるのには大切。超現実的。
やはり一般的に生きるしか道はない訳だ。まさに没個性化とも。

分からない所から進めないのは仕方ないとして、ソコを考える事を辞めたら終わりじゃね。
まっ、誰でも分かりやすい方がイイk…

625 :没個性化されたレス↓:05/01/20 01:04:04
>>612
自然淘汰仮説は現在の進化論では否定されているの?

626 :没個性化されたレス↓:05/01/20 01:11:02
624は没個性化のスレたててそこに来た人と喋りなさい



627 :没個性化されたレス↓:05/01/20 01:18:54
同一種間での淘汰はない
他種間で生じる淘汰はある

628 :没個性化されたレス↓:05/01/20 01:37:11
鳥は一種の自然淘汰じゃないの?



629 :没個性化されたレス↓:05/01/20 01:46:02
人は昔、鳥だったのさ。
恐竜時代のずっと昔。
遺伝子に残る遠い記憶から人は空を再び飛ぶことを願った。
そして人は飛行機を発明しまた飛んだのさ。

630 :没個性化されたレス↓:05/01/20 02:07:20
bird

トリ
とり



631 :没個性化されたレス↓:05/01/20 02:46:10
加藤登紀子かよ。
詞は中島みゆきだったかな。

632 :没個性化されたレス↓:05/01/20 02:49:22
鳥よ〜鳥よ〜
鳥たちよ〜



633 :没個性化されたレス↓:05/01/20 03:14:48
そっちは玉の輿杉田かおるだな。

634 :没個性化されたレス↓:05/01/21 00:23:55
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1092585477/-100

635 :没個性化されたレス↓:05/01/25 12:21:04
良く幽霊と話出来るとか言う奴いんじゃん
精神科に言うわせればだいぶきてるねw
妄想や幻聴おまけに幻覚ときたもんだ
あぶないなぁ
速措置入院されるんじゃないのかね?w
そう言えば幽霊と話出来るとか言う人間精神病院に入院してたけどw
幻覚の恐ろしさを感じたよw

636 :没個性化されたレス↓:05/01/25 16:39:06
小野寺成明

637 :没個性化されたレス↓:05/01/26 08:52:35
小泉十日労

638 :没個性化されたレス↓:05/01/28 00:40:45
久しぶりに覗いてみたけど、なんか過疎ってるね。
もう話題がなくなってしまったんだなぁ・・・。

639 :没個性化されたレス↓:05/01/28 06:38:14
>>638
基本的な知識を持っていない素人がわんさか来るよりは
過疎ってた方がマシ。

640 :見て下さい:05/01/28 22:23:50
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/suicide.html?d=28mainichiF0129m055&cat=2&typ=t

641 :没個性化されたレス↓:05/01/28 22:27:05
「月曜日は休日の疲れから作業能率が上がらず、気分も落ち込みやすい。
最近は不況で経営が厳しい会社も多く、現実逃避したい気分になりやすい」とみる。
男性の自殺が午前5〜6時台に多いのも、
「朝を迎えて会社に行くのがいやという気持ちがあるのでは」と推測している。

今の時代、そんな簡単に死ねるもんなのか・・・人権なんて無に等しい言葉ですね・・・

642 :◆oyrllDXrW6 :05/01/28 22:56:51
今日のお薦めの映画は、『アイデンティティー』
一見ミステリーホラー風ですけど、最後にあっと驚くドンデン返しが待ってるわけです。
絶対に面白いので、是非一度見てみて下さい☆
ちなみに犯人は・・・あっ、と。これを教えてしまうと、台無しですよねw
犯人は・・・なんと、人間ではありません!! あー言っちゃった。ギャハハハ(≧▽≦)彡☆バンバン!!

643 :◆oyrllDXrW6 :05/01/28 22:59:29
内容は、このスレの住人なら喜ぶ内容なハズですので。
それでは、国家試験まで3週間きりましたので、失礼します。忙しいんだよ〜。・゚・(ノД`)・゚・。

644 :没個性化されたレス↓:05/01/28 23:00:00
落ちますね。

645 :◆oyrllDXrW6 :05/01/28 23:08:52
失礼なこと言わないで。
これでも毎日一生懸命がんばってるんだから!

あと、『ボイス』も面白いので、是非みて下さい☆
それではお休み〜♪

646 :没個性化されたレス↓:05/01/28 23:19:00
きっと落ちるな。

647 :没個性化されたレス↓:05/01/29 11:35:54
>>645
心理学の勉強は何をしたのですか?

648 :◆oyrllDXrW6 :05/01/29 21:04:22
>>647
ユングとフロイトを少しだけ勉強しました。後は忘れちゃったよ。

えー、今日のお薦めの映画は、ハル・ベリー主演のサイコミステリー『ゴシカ』です。

ショッキングなラストに思わず唸ってしまう内容なので、とにかく一度見て下さい。

絶対に面白いハズですから! それでは失礼します。


649 :◆oyrllDXrW6 :05/01/29 21:07:00
この映画も、このスレの住人が好きそうな精神病理をモチーフにした内容です。
殺人や悪霊なども出てきます。果たして主人公は、本当に等質なのか、否か?
答えは、映画のラストに全て明らかになります!! おもしろいよ☆

650 :◆oyrllDXrW6 :05/01/30 00:26:32
アプローチ3周目に入りました。最後の追い込みです。
解説を良く読んで理解するようにとの先輩方のご指摘を受けまして、現在奮闘中です。
最近の傾向は、全く同じ問題は出なくて、頭を使って考えさせる問題が増えてきてますからね。
特に臨床問題。必須は、まず大丈夫でしょう!
ちなみに、私は模試を一切受けてません。イヤーノートも辞書代わりにちょこっと使う程度です。
合格への早道は、とにかくアプローチの反復練習。あと3週間後、私は試験会場にいるはずです。
皆さん、私の合格を、是非祈ってて下さいネ☆
さーて、今からコーヒー飲んで、もう一頑張りだー!!

651 :没個性化されたレス↓:05/01/30 02:32:05
>>650
あなたは心理学云々より、もうちょっと世の中全体(などという言い方が適切かどうかも含め)を知った方がいい。

映画云々を語るにしても、せめて病碩学を参照してから喋ってくれ。

652 :◆oyrllDXrW6 :05/01/30 22:42:26
>>651
真面目なお説教をどおも!
あいにくだけど、世の中知ってる暇なんて今は無いね。
そーゆー社会的な知識は、働き出してから身につけてけばいいじゃん。
何をこの大事な時期に焦って社会勉強>? あんた馬鹿?

653 :◆oyrllDXrW6 :05/01/30 22:46:44
今日は私の愛読書のご紹介をします。
『五番目のサリー』
『24人のビリー・ミリガン』
『FBI心理分析官』エトセトラ・・・

『ソフィーの世界』はつまんなかったなー。
『パラサイト・イブ』も馬鹿馬鹿しかった。
『アルジャーノンに花束を』もつまんなかった。


654 :◆oyrllDXrW6 :05/01/30 22:52:57
一部の人はもう気がついてるかもしれませんが、私はネット上に2人います。
特に深い意味は無くて、ただの暇潰しなので、あまり深入りしなくて結構です。
基本的に忙しくて、ネットやる時間あまりないから、たまにしか来れないけど。

では、アプローチに戻ります。
この時期にネットに氾濫する国家試験についての情報は、殆どガセなので、スルーです。
あと、グリーン本なる国試対策情報誌も、一切読まないでスルーに限ります。
やっぱり、アプローチの反復理解が最短コースですね☆
今、ピリピリモードなんで、堕ちるとかすべるとかいう単語は極力使わないようにお願いします!
嫌な単語使ったら、怒りますから!!
それじゃー失礼しま〜す♪

655 :没個性化されたレス↓:05/01/30 23:07:55
>>652
じゃあ、病跡学を参照してから映画を語ってくれ。
それだけでいい。

人間の病や真理に結び付けて映画を語るのであれば、
それくらいはしてもらわないと。
心理学とかと関わりのない一般人と同レベルだよ。>>648-649見ててもさ。

656 :◆oyrllDXrW6 :05/01/30 23:27:56
>>655
やだね。
私は『初心者でも分かる優しい心理学』を読んで一生懸命勉強したんだ!
映画や人生を語るのは私の趣味だから、あんたには関係ないだろ!!
放っといて下さ〜い♪ いちいち絡まないで。あんたマジきしょい!!

657 :◆oyrllDXrW6 :05/01/30 23:29:28
あんたのような粘着キモオタがこの世に存在してるなんて考えただけで、もう・・・嫌っ!!!

658 :◆oyrllDXrW6 :05/01/30 23:32:19
私忙しいの。
あなたみたいな下らない人に付き合ってる暇ないんですぅ〜。
はいはい、さよーならー♪~~~\(^ ^ )

659 :没個性化されたレス↓:05/01/30 23:34:18
じゃあ、はやく寝ろ。試験に落ちるぞ。

660 :◆oyrllDXrW6 :05/01/31 01:55:43
はい。じゃあ寝ます。あ〜つっかれたなぁ〜・・・
最後に私の一番好きなゲームの紹介。

『かまいたちの夜』

おあすみあはい(歯磨き中w)


661 :没個性化されたレス↓:05/01/31 23:43:37
素晴らしい釣りだね。

662 :◆oyrllDXrW6 :05/01/31 23:50:59
釣りって、何?

663 :◆oyrllDXrW6 :05/01/31 23:53:05
お魚を釣る事ですか?
だとしたら、私は釣りが嫌いです。
今夜も『箪笥』を見て寝ようと思います。もう何回目になるだろう・・・

664 :◆oyrllDXrW6 :05/01/31 23:55:36
あと、良かったら、多重人格障害について少し知りたいんですけど。
本当に、こんな疾患は、存在するのでしょうか。未だに信じられないんです。
・・・分かんなかったら、ま、別にいいんだけどさ・・・

665 :◆oyrllDXrW6 :05/02/01 00:04:15
私の知ってる限りでは、過去の暴力や性的虐待などの心理的トラウマが原因となって引き起こされるみたい。
一時的に、過去の苦しい記憶を封印してしまうんです。箪笥のように。
そして、その苦しい過去、思い出したくない過去を経験した自分を否定するために、別人格を自分の中に創りだすわけ。
別人格は、その辛い記憶を引き受ける代わりに、時々似たようなケースに直面する度に、主人格に変わって
表に出てきてしまうんです。その間は、主人格の記憶は消去(一過性の記憶喪失発作)に陥ってるわけで、
もちろん、別人格の取った行動や諸々に対しての記憶はありません。
それが頻繁に繰り返して起こる様になり、生活に支障を来すレベルにまで達した状態を、多重人格障害と言い治療の対象となるわけです。
以上でいいかな。凄く興味がある分野なのですが、未だに実例を見た事もありませんし、信じ難い疾患の一つでもあります。
もちろん、これも精神疾患の一つに入ってくるわけですよね。何か文献があれば参照したいんですけど。


666 :没個性化されたレス↓:05/02/01 00:05:05
というか・・・・・・ところで、なんでこのスレにいるの?>雫 ◆oyrllDXrW6
このスレッド、ばーっとでも読んだ? どうも読んだふうには感じられない。
なにがやりたくてこのスレにいる?

あと>>664については存在するから(その存在を未だ否定する学者、医者もいるが)。
多重人格って言うか解離性同一性障害(DID)な。
病的な解離のもっとも重篤な状態。

667 :◆oyrllDXrW6 :05/02/01 00:05:32
誰もいないのか。
もういいや。
自分でネットで調べるよ。じゃーね。

668 :没個性化されたレス↓:05/02/01 00:06:49
>>667
ああ、ネットで調べた方がいいぞ。フツーにな。

669 :◆oyrllDXrW6 :05/02/01 00:08:00
>>666
ごめんなさい。
このスレちょっとしか見てない。
ハードとかソフトとか、何書いてあるか良くわかんなかったから。

なにがやりたくて?・・・ん〜・・・自分でも良くわかんないんだなぁ、これが・・・

670 :◆oyrllDXrW6 :05/02/01 00:10:30
>>668
ネットで調べるよ。ありがとー^ー^
おやすみなさーい ( ^−^)ノシ

671 :◆oyrllDXrW6 :05/02/01 00:12:33
本音を言うと、自分がそうなんじゃないかなって、思うときがある。
だから遅くなったけど今質問して聞いてみた。んじゃ、アプローチに戻ります。|彡サッ

672 :没個性化されたレス↓:05/02/01 00:20:29
>>671
自分がそうなんじゃないかと思うのならメンヘル板逝きな。
そっちの方が合ってるよ。

673 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 18:32:38
『箪笥』のDVD買っちゃった♪
3480円もしたけど、特典に目が眩みましたw
削除シーンやギャラリー、出演者のコメントなど、映像特典が満載で、
ようやく『箪笥』の謎が解けたような気がします。
謎解きはシャーロック・ホームズの頃から好きだね。
音楽も素晴らしく、PCのミュージアムとしても十分鑑賞に堪えます。
さて、国家試験まであと2週間ちょっとになりました。
体調に気をつけて、本番を迎えようと思います。
・・・つーか、さいきん過疎ってるね、ここw




674 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 18:35:28
それから、私はやっぱりDIDじゃないですね。
演出型人格障害?みたいな感じでしょう。
だって、記憶が統合されてるからね。
つかさ、DIDだったら、一生試験受かんないってw

675 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 18:36:18
さてと、メンサロスレに逝って遊んできまっす☆

676 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 18:36:56
遊ぶにとゆーか、荒らしに行ってきますw

677 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 18:37:55
では、また。~~~\(^ ^ )サイナラ〜♪

678 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 19:52:10
>>655
DVDの映像特典(Disk2)に詳しく説明が載ってるので、参照して下さいね。

679 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 23:46:29
今日のお薦めの映画は、『セッション9』
多重人格がテーマのサイコホラーです。
犯人は、な、何と・・・!!
まさか、主人公が!?
ま、一度見て下さい。
面白いから☆

680 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 23:48:12
ダリオ・アルジェントの『デス・サイト』も笑えたなぁ。
あ、一応、ミステリーホラーなんだけど。
ブラックユーモアつーのかな。笑えたw
これも良かったら、一度見て下さい。
面白いですよw

681 :◆oyrllDXrW6 :05/02/02 23:48:43
今夜は以上です。
アプローチの続きをやらねば・・・(汗

682 :没個性化されたレス↓:05/02/07 01:22:07
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107601827/l50
■心の病が増えたワケ

683 :没個性化されたレス↓:05/02/07 02:23:50
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/mhlw.html?d=05mainichiF0205e051&cat=2&typ=t

684 :没個性化されたレス↓:05/02/11 22:27:13
見事に過疎りましたね〜♪

685 :没個性化されたレス↓:05/02/11 22:42:08
さて、あと試験まで1週間です。もちろん、受験するのは私じゃないんだけどねw
チャンチャン♪

686 :没個性化されたレス↓:05/02/13 11:42:50
>>682
医者と患者の目が肥えたから

687 :没個性化されたレス↓:05/03/11 08:29:02
花粉に犯されてます。

688 :没個性化されたレス↓:05/03/11 11:57:17
>>687
ペッサリーはつけていますか。

689 :没個性化されたレス↓:2005/03/22(火) 06:18:15
治らない
学習効果を期待できる患者のみ
社会適応できるのみ・・・

690 :没個性化されたレス↓:2005/05/13(金) 16:53:36
リサイクル

691 :没個性化されたレス↓:2005/06/28(火) 15:58:42
彼氏が出来て鬱が治った・・・いや、治った訳じゃないのかな。

本当に大好きで、この人が泣くからリスカもやめた。やめざるを得なかった。
彼も鬱だったから。これ以上苦しめたくなかった。
妊娠して少しずつ心が楽になってきた。時々無性に悲しくなったり、しんどくなったりするけど、それでもダイブ良くなった。
一人じゃないってすごい力があるんだと思いました。
・・・といっても、友達はたくさんいて励ましてくれていたわけですが、結婚して家族とゆう繋がりができて良かったと思った

692 :没個性化されたレス↓:2005/06/30(木) 13:14:24
>>689

http://66.102.7.104/search?q=cache:_YZYRObEZLsJ:amor1029.exblog.jp/1579724/+&hl=ja


693 :没個性化されたレス↓:2005/07/03(日) 23:45:46
レジの店員が怖くて買い物ができない人ってざらにいるんでしょうか?
自分がそうなんでひどい精神病(対人恐怖)なのかなって悩んでるんですが、これは軽い症状に分類されるんでしょうか?

694 :没個性化されたレス↓:2005/07/04(月) 00:33:58
男子門を出づれば百万の敵あり

695 :没個性化されたレス↓:2005/07/04(月) 11:19:49
>>693
けっこうそういう人いるよ。
正しくは、精神病じゃないけどね、対人恐怖は。精神疾患のひとつ。
軽いっちゃあ軽いのかな。
軽いといっても、症状から来る苦痛などの激烈さの軽重じゃないから、
あなたの感じている悩みや苦痛までを軽いものと受け止めることはない。
ただ精神病なんかと比べると治りやすい疾患ではあるから、そういう意味で軽いと言えるんだ。
だから、治ることを信じて専門の機関を訪ねるといいよ。

696 :没個性化されたレス↓:2005/07/04(月) 22:17:35
>>695 親切にありがとうございます。 来週にでも診てもらいに行きたいです。

697 :没個性化されたレス↓:2005/07/04(月) 22:55:18
精神病と神経症の違いって何ですか?いまいちわかりません。

698 :没個性化されたレス↓:2005/07/05(火) 00:55:43
>>697
すごくおおざっぱに書くと
精神病は
統合失調症と躁鬱病、大うつ病
のことを言います。
神経症はそれ以外の精神疾患です。

人格障害を絡めると面倒なので省きます。

699 :没個性化されたレス↓:2005/07/07(木) 09:35:38
>>698
何でそんな適当なこと書けるの?
精神病について少しでも学んだこと或る人ならそんなこと書かないはず、、、

700 :没個性化されたレス↓:2005/07/07(木) 11:59:03
>>699
だったらお前が説明してやればいいだろう。

701 :没個性化されたレス↓:2005/07/07(木) 15:33:24
>>698
おおざっぱ言うと間違いではない。


702 :没個性化されたレス↓:2005/07/07(木) 19:27:53
リタリンしようよ100錠剤ASK

703 :没個性化されたレス↓:2005/07/07(木) 19:29:18
ノータリン

704 :没個性化されたレス↓:2005/08/13(土) 22:33:15
マリリン

705 :没個性化されたレス↓:2005/08/17(水) 11:26:24
アモキサン

706 :没個性化されたレス↓:2005/08/17(水) 22:03:07
アモキさん

152 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)