5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【心理学じゃない】臨床心理学者岩月謙治【有罪!】

156 :没個性化されたレス↓:05/01/18 04:25:12
香川大学「名物教授」が堕ちた強制ワイセツとカウンセリングの狭間
サンデー毎日 05.1.2 号

「恋愛指南本」で名高い大学教授が準強制わいせつ容疑で12月7日に逮捕された。
そのセンセイは、香川大学教育学部教授、岩月謙司容疑者(49)である。
高松地検の調べによると、岩月容疑者は02年4月、神経症的な症状に
悩んでいた20代女性の胸や下半身を自宅の寝室や風呂で触ったという。
その際、女性に語りかけたという言葉がなんとも不可解だ。

「父からのセクハラと、母の嫉妬という呪いがかかっている」

この言葉に首をかしげる人も少なくないであろう。しかし岩月ファンにとっては馴染み
深い言葉なのだ。教授の著書には、よく似たキーワードが出てくる。例えば-。
 親から嫉妬されないよう幸せを避けてしまう「幸せ恐怖症」や、
幼少時に父親に愛されなかったことから来る「思い残し症候群」などなど。
「なぜ私は幸せになれないのか」と、人生や恋愛に悩む人たちに、教授は著書で回答
を示している。
 確かに人気はすごい、02年に発売された「女は男のどこを見ているか」(筑摩書房)
が21万2000部を売り上げるなど、著作は30を超える。岩月教授は、
動物生理学や人間行動学の専門家であって、精神科医や臨床心理士ではない。
しかし、著書の影響もあって、自宅や研究室を相談に訪れる人も多かったという。
今回被害者となった女性もその一人だった。

425 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)