5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ニートを社会学で解釈スレ

1 : :04/12/04 19:04:50
参考:

http://www.sodateage.net/mainpage/NEET/Top.htm

http://neetnet.seesaa.net/

http://blog.livedoor.jp/kenjiro45/

2 :ふるちん@藩塀&rlo;pj.oc.eticxe@sineplluf&rle;:04/12/04 19:10:33
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅
ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅ビバ!木下毅

3 : :04/12/11 12:47:01
明治、大正、昭和1桁世代は真面目を美徳とし、自分の子供も
そう躾(しつけ)た。それが社会で認められる人間、社会に出ても恥ずか
しくない人間だという価値観もあった。企業面接でも、この世代の面接官は
自分の息子、娘のような真面目な人間を評価し、採用した。
しかし、この世代が定年を迎え、団塊の世代が企業を牛耳るようになると、
自分の息子、娘の様な「フレンドリー」で「外向的」「軽いノリ」の
人間を採用するようになった。真面目学生を採用することは、団塊世代に
とって不真面目な学生時代を送った自分を否定する事、ひいては自分の育て
た「援交娘」「茶髪息子」を否定さてれいると感じる様になり、真面目な人
に人間に「対する憎悪の念、敵対心を燃やす。「俺みたいな学生生活を送っ
てきても、ちゃんと企業でやっていけるんや!何が真面目じゃ!」これが
団塊世代会社員の本音である。そして、運良く企業に入った真面目人間に対
しても冷遇するようになった。企業の動向に敏感な学生は「真面目、おとな
しいじゃダメだ!」「就職に不利だ!」と察知し、さらにその傾向はバブル期
に花開き、軽薄短小根アカ、軽躁状態の学生がもてはやされるようになった。
今でも、団塊の世代は健在で、バブル世代も採用に関わる様になって、この傾
向に落ちつきは見せず、NEET現象なるものも顕在化するようになる。



4 :名無しさん@社会人:04/12/11 14:03:49
>>3
妄想

5 :名無しさん@社会人:04/12/11 19:36:04
>>3
政治の季節は学生運動をし、それが終われば社畜として働く。
団塊世代は真面目そのものだと思うが。

6 :名無しさん@社会人:04/12/11 19:37:18
どんなマイナーな曲でもある着メロサイトってここですか?
http://ak.to/melo


7 :名無しさん@社会人:04/12/11 22:59:44

        あの……落としものですよ?

              

              .∧__,,∧
             (´・ω・`)
              (つ夢と)
              `u―u´

                        http://ex7.2ch.net/news4vip/


                            


8 :名無しさん@社会人:04/12/12 00:40:33
参照
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1101910039/29

9 :名無しさん@社会人:04/12/14 18:54:19
>>3
前提も結論もまったくポイント外してると思う。
5も指摘してるが、団塊の世代はタイプ的には真面目でしょ。
それがシラケ世代や新人類世代にウザがられて、団塊パッシングにつながった。
で、NEETや引きこもりも性格的には真面目な人が多い。
真面目すぎるぐらいというか。

10 :名無しさん@社会人:04/12/14 20:38:27
>>3みたいな分析(?)みるといつも思うんだが、
日本人って世代論好きだよな。

さらに敷衍すると、社会のシステム性ってものを理解せず、
すぐに人間関係の集積に還元しようとするんだよな。
これってものすごく非・社会学的な態度だと思うんだが。

11 :名無しさん@社会人:04/12/15 00:32:34
>>10
社会のシステム性(≠人間関係の集積)って何?

12 :名無しさん@社会人:04/12/16 22:31:03
あげ

13 :名無しさん@社会人:04/12/21 13:45:51
俺=NEET
社会学やったら社会不適応起こしました。

負け組まっしぐら

14 :名無しさん@社会人:04/12/21 14:15:38
団塊の世代って日本の経済成長期に
最適化させたシステムの中で育ってきた世代じゃない?
安保闘争が終わって、企業活動(経済成長)最優先の
企業−家庭(後に企業の下に学校がつく)システム。
性別役割分業とかが主流になってく。

で、いわゆる「年功序列」の中で長期的に緩やかな競争に
晒されてきた世代。
例えるなら、数十年かかる野球のペナントレースみたいな物。
一戦一戦勝敗はつくけど、順位とかはなかなか決まらない。

15 :名無しさん@社会人:04/12/21 14:20:50
競争原理と協調性の両立が可能になる優れものでもあるが、
長期戦なんで中だるみや手抜きしてても大きな脱落がなくなる
危険もある。
会社人間・社蓄と呼ばれる内向き(所属組織寄り)の人間や
公害とか組織ぐるみの不祥事が生まれやすかったり。

それが不景気になるたびに修正が加わって、競争と選別を激しく
しようという動きが強まってく。
石油危機の後とバブル崩壊後が顕著わけだが。

競争マンセー・やれば勝てる!組みと、競争マンドクセ・何の意味あるの?派
に別れて来てる気がする。団塊の世代の頃はとりあえずまとまってられた
のが、今では両極にわれたっつーか。
前者は不景気脱出、成長発展には競争力がガンガン必要と唱える
競争システム適応組、後者(NEET)はもうウンザリ勘弁してよの
システム拒絶(脱落)組。

16 :名無しさん@社会人:04/12/22 05:12:54
...

17 :名無しさん@社会人:04/12/23 13:55:08
茶髪=真面目じゃない・・?不思議だ茶髪だと真面目じゃないのか?
社会学のことはわからんがそうなってのかな(社会学上だと)
というより企業を牛耳るやつがこんなこと考えんのかな?
軽いやつってかなりたたかれてる印象があるんだが・・(まぁ印象程度だがな)
しかもこれじゃNEET=真面目みたいだ
真面目なやつが働かんとは思えんが・・・(そもそも真面目ってなんだろ?)
むしろ働かないですごせるほどお金持ちならNEETでも俺はわるくないと思うけどな・・・


18 :名無しさん@社会人:04/12/23 16:07:56
>>17
>>真面目なやつが働かんとは思えんが
まあ、茶髪が真面目じゃないってのが先入観に過ぎないみたく、
NEET=真面目じゃないってのも先入観なんじゃねえの?

単純に同等には扱いは出来ないけど、良心的兵役拒否ってのがあるでしょ?
兵役が義務であって自国や自国民を守る行為と理解していても、
人を殺す可能性がある兵士になることは拒否するって奴。
代わりにボランティア活動なんかをやるわけだけど。
似たようなケースが就職(市場における企業の活動)でも
に該当するケースがあるのかもしれない。

例えば、90年代にオウムで出家してしまった大学生とかは、
そのまま普通に一流企業に就職できそうな奴が多かったようだし。
今の社会に疑問や矛盾感じてて、オウムがその答えだと思ってしまった。
オウムや出家という(少なくても当人にとっては大義名分になった)受け皿が
消えてしまった分、引きこもりやNEETに変化したという
仮説を立てることもできるかもしれない。

金の問題じゃなくて、自分と社会とのかかわり方の問題
(義務とか責任・社会的承認)が絡んでくるから厄介になる。
良心的兵役拒否の場合、兵役という限定的な事象であること、
合法的に拒否できるということ、代わりに社会的に承認された
代替的選択肢(ボランティア)3つの条件が用意されてるが、
働くこと(NEET)の場合、どれも用意されてないから。





19 :17:04/12/23 17:51:20
>>18

俺は>>3でNEET=真面目のように書かれたと(ショボイ国語力で)感じ取ったつもりだったが・・・
俺の早とちりだったみたいだな突っ込みサンクス。













20 :18の香具師:04/12/23 19:06:00
>>19
俺は3じゃないので、3の真意は分からないんだけどね。
俺なりにスレタイに従ってみただけだから(゚ε゚)キニシナイ!!で


21 :名無しさん@社会人:04/12/23 23:25:53
「働いたら負けかなと思っている」って誰かが言ったのが報道されて2chでもAAになってたけど、
あれって「働かなければ(働いてない奴は)負けだと思っている」が当たり前の事とされているから
わざわざTVで流されたんだな、と思った。

22 :名無しさん@社会人:04/12/24 00:11:50
切り込み隊長のブログのニートに関する記事へのトラックバックを見たけど
「要は中島敦「山月記」の李徴の超劣化コピーなんよな」っていうのが眼にとまった。
物語の中では李徴がかつて博学才英、ナルキッソスが美少年だけど、実際に自尊心の
あり方に問題を抱えたニート・引きこもりは優秀であったり美しくはないのだろう。
というよりどちらかと言うと「愚鈍で醜悪で無能」なのではないか。その事と他者という
鏡を通じて向き合うのをやめてしまうのがニート・引きこもりの発生の一因ではないか。
大人になることの延期というのもそれが含まれるのだろう。

23 :名無しさん@社会人:04/12/24 17:06:23
まあ、日本人は勤勉やひとつのものを成し遂げるとかを
美徳としてるからね。
昔フランスの首相に「働き蜂」とか言われて
「勤勉のどこが悪い」と腹立ててた位だし。

当時のフランスは週40時間労働から更に時短を進めてて、
日本が長時間労働を前提に競争されたら、それに引き摺られて
労働時間を増やさなきゃならなくなるという、競争のチキンレース
化を危惧していた側面があったわけで。

競争原理とかグローバルスタンダート口にする割には
サービス残業の違法性とか、ILO勧告無視とかには無頓着な謎。
ルール守らない競争って、八百長かイカサマなわけだが。

>>22
鏡になるべき他者が偏ってる場合、それに同調(適応)をせまる
力とそれを拒絶(疑問視)する力の間に引き裂かれ、自我が分裂
する可能性が高くなるのではないだろうか?
つまり前者は社会に対する背信として、後者は自己に対する背信として
二重の背信者として認知される。
否定的な自己評価・否定的な他者からの評価から得られる社会的地位は
否定的な「愚鈍で醜悪で無能」ものにしかならないだろう。
大人になると言うことが、社会に適合した自我を形成することだとするなら
延期というより、停止(PCのフリーズみたいな)という見方も出来るかもしれない。


24 :名無しさん@社会人:04/12/26 05:54:07
あだめ

25 :名無しさん@社会人:05/01/21 00:55:07
NEETという言葉が立法・行政・マスメディアを中心に話題となっています。
NEETとはNot in Employment, Education or Trainingの略で、
「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に向けた具体的な動きをしていない」
若者を指します。 現在、日本にはNEETに分類される若者の数は68万人と言われています。
労働政策研究・研修機構副統括研究員の小杉礼子先生はニートを四つ類型化しています。

Tヤンキー型
 反社会的で享楽的。「今が楽しければいい」というタイプ

Uひきこもり型
 社会との関係を築けず、こもってしまうタイプ

V立ちすくみ型
 就職を前に考え込んでしまい、行き詰ってしまうタイプ

Wつまずき型
 いったんは就職したものの早々に辞め、自信を喪失したタイプ


26 :社会学の本読んでみたら世の中がクリアになった♪:05/01/22 06:54:20
それにしても現代人はストレスがすごい。
それは今までと同じように学校へ行き会社へ出勤するのはかわらず
機械・ITが発達しどんどん便利になってくる。
スイッチ一つで何でもかんでもできる。
そのため現代人は欲求体制の低下、刺激→動物的反応しかできなくなっていく
便利になるその一方で今までと同じように若者は学校 大人は会社へいかなければいけない。
ここに人類史上まれにみるストレスを抱えた現代人をつくってしまった
人類はこの問題をどのようにして解決していくのだろうか。

パフパフしに繁華街へいこっと

27 :名無しさん@社会人:05/03/12 03:17:58
■ 内藤朝雄「おまえもニートだ」『図書新聞』2718号(3月19日付)
 必読。

28 :名無しさん@社会人:05/03/16 10:55:43
http://d.hatena.ne.jp/reds_akaki/20050315
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050315#p6
内藤朝雄「お前もニートだ」、『図書新聞』2005年3月19日(2718号)、図書新聞

不安や被害感情を青少年に投影する愚民、それを煽りたてるマスコミのニート報道、この構図を利用し教育により市民社会を破壊しつつある政治、を痛撃する。

『図書新聞』
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bf%de%bd%f1%bf%b7%ca%b9

29 :名無しさん@社会人:05/03/16 17:52:09
働く=負け というぶっとんだ価値観について責められるのはいつも若者の意識だが、
そういう職場にしてしまった中年老年の責任についてはなぜ目がいかないのかね。

30 :名無しさん@社会人:05/03/16 23:25:30
> 働く=負け

実は案外、的を射た言葉かもよ。だからこの言葉が攻撃の対象になったのかも。



31 :名無しさん@社会人:05/03/17 04:53:28
http://d.hatena.ne.jp/reds_akaki/20050315
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050315#p6
内藤朝雄「お前もニートだ」、『図書新聞』2005年3月19日(2718号)、図書新聞
不安や被害感情を青少年に投影する愚民、それを煽りたてるマスコミのニート報道、この構図を利用し教育により市民社会を破壊しつつある政治、を痛撃する。
『図書新聞』
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bf%de%bd%f1%bf%b7%ca%b9
「現在、青少年に対する不安と憎悪がペストのように蔓延している。「凶悪化した」「社会性を失った」「子どもが変だ」「子どもが見えない」「あなたのまわりの普通の子も、いつなんどき人を殺すかもしれない」といった不気味なイメージを、人々は抱くようになった。
そして、不気味な存在になってしまった青少年をいじくりまわして「なんとかする」ことが、…緊急課題になった。
 ひとことでいえば、そういう愚かな大衆のレミング大行進の方が不気味だ。青少年をなんとかする必要など、まったくない。なんとかする必要があるのは、青少年を不気味に描いては悪魔祓いにふける愚かな大衆の不安と憎悪と被害感であり、
マスコミの意図的な煽りであり、それを利用しようとする政治家たちであり、デマに便乗して一旗揚げたい魑魅魍魎たちである。
 統計的には凶悪化どころか、ますます青少年の殺人率は低下している。…これは白書のたぐいを見ればすぐにわかる常識だ。マスコミはそれを知っていながら、読者や視聴者をだましているのではないか。
 …青少年は、人々が自分の内側の耐えがたい何かを投影し排泄する痰壺にさせられている。
 …年配者たちは、わけのわからない不安や不気味な感覚を青少年に投影する。…彼らは、不気味になってしまった他者に内側から取り憑き変化させる教育に、強迫的にこだわる。
不気味なものの「しるし」を発見するたびに、他者の内側に入り込んでいじくりまわす教育網で社会を隙間なく埋め尽くさなければ安心できない。
 彼らの青少年に対する不気味な投影-同一化ぶりを観察すると、未熟なのは若者ではなく年配者の方であることがわかる。他者は自己の鏡像も延長でもない。思い通りにならないから他者である。
実害に対しては毅然と対処しつつ、それ以外の「不気味さ」を放っておける大人の成熟が、これからの年配者には必要である。」

32 :名無しさん@社会人:05/03/17 04:53:59
→「 かつて教育改革国民会議は、すべての若者を奉仕活動という名の強制労働に服させるプランをたてた。強制労働キャンプへ長期収容して共同生活をさせる案さえあった。この夢を実現するために、政府内の右派は突破口を探している。
ニート対策のための労働体験は、その絶好の口実になりかねない。強制労働=奴隷の禁止は人間の尊厳を守るための基本である。
それを許してしまうと、すべての青少年が戦中の集団疎開生活のような、あるいはポルポトの強制農民化や文化大革命の下放・労働改造のような惨劇にみまわれかねない。」
ニートを喧伝する人たちには、右派にニート・イメージを悪用させない「象徴責任」があるのではないか。 」
→「 一部の社会勢力が「青少年が凶悪化した」「子どもが(宇宙人のように)わからなくなった」と煽り立て、人々は青少年のなにげないふるまいに、疑惑と不安の「しるし」を探し当てるようになった。かつてのヨーロッパで人々が魔女の「しるし」を発見するのと同じだ。
このような青少年パニックのなかで、普段はやってはならないとされる戒厳令的・反市民的・強制労働的な条例や政策が教育=統治として打ち出される。戒厳令による外出禁止は内乱でもないかぎり、やってはならないことだ。
だが十八歳未満の若者に夜間外出禁止令が布かれ、街中で若者狩りが始まった。また、二十一世紀の日本に、北朝鮮のような道徳と法が未分化な社会状態が出現し、「道徳警察」が市民の交際に暴力で入り込むようになった。
世界的には十七歳ぐらいが平均的初交年齢であり、日本の法でも十六歳以上であれば結婚できるにもかかわらず、十七歳女性と通常の交際をしていた二十代男性が逮捕された。
警察は男性側に結婚の意思があるかどうかを内偵し、結婚を考えていないと判断すれば逮捕する方針を強める。さらに若者は社会への最低限のパスポートを手にするために、強制労働に服さなければならなくなる(学校カリキュラムによる奉仕活動の強制)。
 これらの条例や政策はすべて憲法違反である。マスコミが煽り、愚民が勝手に若者を憎みおそれ、政治が市民社会を破壊する。教育は阿片である。」


33 :名無しさん@社会人:2005/03/23(水) 13:59:48
内藤朝雄「お前もニートだ」、『図書新聞』2005年3月19日(2718号)
不安や被害感情を青少年に投影する愚民、それを煽りたてるマスコミのニート報道、この構図を利用し教育により市民社会を破壊しつつある政治、を痛撃する。
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050315#p6

(要約:わかりやすい)
http://d.hatena.ne.jp/kaoru3_16/20050317

(抜粋)
http://kamakura.s57.xrea.com/archives/000286.html(抜粋)
http://www.sjk.co.jp/c/w.exe?y=www.linelabo.com/books.htm(抜粋)

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c6%e2%c6%a3%c4%ab%cd%ba
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1111168004/l50

34 :名無しさん@社会人:2005/03/23(水) 14:54:27
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる  
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /  
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|


35 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 20:16:45
ニート彗星
http://blog.livedoor.jp/stardom/archives/17842739.html#comments

36 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 20:39:16
ニート界の綺羅星

37 :名無しさん@社会人:2005/04/13(水) 20:14:26

ニート対策、都が相談窓口設置

http://www.sankei.co.jp/news/050413/sha078.htm


38 :名無しさん@社会人:2005/04/13(水) 22:41:09
ニートが
「25歳ニート 僕を見て」
http://www.geocities.jp/honkakutororo/index.html

↑外部に監視装置を置くことで、自分の内部に公を作ろうってか。
オナニーできねーじゃんw



39 :名無しさん@社会人:2005/04/15(金) 21:02:41
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::O:::/'''⌒ヽ::\
          /:::::::::::::::::::ノ     \;i
          /'ー――´         i
         r-、 ,,,,,,,,,,、         i   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         L_, ,   、         i   | 絶対に許さんぞ虫ケラの>>1-38ども
         /●) (●>      __,=-、 / <じわじわとなぶり殺しにしてくれるかなと思ってる
        l イ  '-      / tbノノ/    |  
        l ,`-=-'\     `l ι';/      |  フリーザ(24歳・最終形態)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'        \___________
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

40 :名無しさん@社会人:2005/04/15(金) 21:10:10
「働いたら、負けかなと思ってる」(64才・天下り役人)
「働いたら、負けかなと思ってる」(54才・高級官僚)
「働いたら、負けかなと思ってる」(44才・大学教授)
「働いたら、負けかなと思ってる」(34才・資本家)
「働いたら、負けかなと思ってる」(24才・投資家)
「働いたら、負けかなと思ってる」(14才・富豪の御曹司)

41 :名無しさん@社会人:2005/04/15(金) 21:15:13
「働いたら、負けかなと自覚してる」(16〜80才・労働者)

42 :名無しさん@社会人:2005/04/21(木) 13:50:10
>(ちなみに、矢幡 洋氏とは異なり、斎藤環氏はフロイトの精神分析的な発想を支持してい
>るといいます。ただし、両氏ともPTSDやACなどの用語が乱用されている、という点では共通している。)


43 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 21:08:56
ようするにるんぺん

44 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 16:30:42
Habermasのいうmotivation crisisという観点で考えてみると、雇用形態の推移が
浮かび上がってきます。ブルーカラーワークフォースのアウトソーシングによって
さらに広がりつつある雇用の穴、正社員雇用の減少、終身雇用規範の終焉。
これらの事柄が、トレーニングと教育のインセンティブを減少させたというのが根本的な要因のひとつではないでしょうか。
平たく言えば、どうせろくな職もみつからねーのになんでわざわざ学校行くの?ということです
どうせろくな給料ももらえないのに何で出て働かなきゃなんないの?ってことです。
そもそもそんなクソ甘えたことをいっていられるのはなぜかということなんですが
まあ、要するに、そもそも彼らが働く必要がないというのが直接的な原因です。
当たり前ですよね。働かなきゃ飢え死にするならどんな仕事でもしますから。
イギリスの場合は、失業保険というウェルフェアが彼らの
「働かない」というライフスタイルを支えていたわけですが、
日本の場合は、しばしば中産階級以上の両親が彼らの生活を支えているわけです
したがって、直接的な原因は彼らの両親にあるということになるんですが
なんですねをかじらせているのかという理由については、データがないからわかりません。
社会学ですから、統計も取らないで適当なことは言えません。
スノーボールサンプリングでインタビュー数十件もやれば大体のところは
見えてくるんじゃないでしょうか。

45 :名無しさん@社会人:2005/04/28(木) 13:40:24
搾取する側にならないと
働く=奴隷ということに気づいちゃったんだよ

46 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 03:12:01
>>45
いや、その理屈は100年以上も前から言われ続けてるわけで
みんな気づいているからこそ、階級闘争とか、コミュニズムの台頭とかが
おこったわけでしょう。
そうすると、NEETがNEETであるのは、少なくともその理由だけではないと
いうことができるわけです。仮にそれが理由のひとつであったとして。

47 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 22:55:25
http://blogs.yahoo.co.jp/tutui_samurai/2163651.html
話題のネオニートについてのまとめ

48 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 04:12:39
月収20万円のニートなら、図書館で好きなだけ学術論文読めるし(下手すると
高等数学で新しい定理を発見したり難問を部分的に解決できるし)、バフェット
みたいに株投資もできるな。欧米金髪白人美女と同棲することも実は十分可能
だが「話題のネオニート」は童貞かw 勿体ない気がする。

49 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 04:29:12
俺も図書館や研究室や書斎へ引きこもって
定番テキストを読みたい。仕事しか能がない
働き蜂のバカとか無学の労働者階級には
想像もつかない境地だが、俺は支持する。
研究者&司法崩れのニートなら尚更いいと
思う。知的水準が高いしな。一般市民としては
なかなかの文化資本所有者だと思うし。

50 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 11:54:18
というわけで、今日の「ガイアの夜明け」はチェックしておこう

51 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 02:19:07
>>49
いつか社会に還元するのであればな。還元できないのならば、社会的に
存在価値はない。部屋にこもってアニメばっか見てるのと一緒。かわらん。

52 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 22:09:43
社会的存在価値なんていらん

53 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 01:18:52
最近のニート叩きは異常。
高度資本主義社会では当然の現象で、叩いたって解決する訳でもないのに。


54 :名無しさん@社会人:2005/07/03(日) 03:34:10
被扶養者および失業者(高齢者、子供、障害者、専業主婦、学生、フリーター、失業者)1999年 約6000万人
ニート 2003年 52万人

「官部門」(税金が補助金などで支払われている特殊法人、国が出資したところがさらに出資している企業など)
 推定2000万人

「官」がニートで騒ぐのは、「本当のパラサイトは?」という話題をそらすため
「税金で食ってる奴」が増えれば「税金を払ってる奴」の負担が増す
無職が増えたってことは失業者がふえたってこと
失業者がふえたことをなるべく本人の責任にしようとしてるだけ


55 :名無しさん@社会人:2005/07/04(月) 23:14:49
君らの食費や住居・光熱費はだれが負担する?
図書館は誰のおかげで利用できる?

とっとと道端で野垂れ死にして欲しい。

56 :名無しさん@社会人:2005/07/05(火) 01:18:32
大卒に限定すればニートは夏目漱石が言うところの「高等遊民」の定義にほぼあてはまる。特定の社会状況においてはある程度発生するものだと思われ。

57 :名無しさん@社会人:2005/07/07(木) 17:47:46
55 :名無しさん@社会人:2005/07/04(月) 23:14:49
君らの食費や住居・光熱費はだれが負担する?
図書館は誰のおかげで利用できる?

とっとと道端で野垂れ死にして欲しい。




えーっとですねえ、それでは土木建設業界の人間や
公務員も野垂れ死にするべしってことですよね。

58 :名無しさん@社会人:2005/07/08(金) 17:20:59
先進国と途上国の関係にも似てる気がするな。
先進者は時代の流れに乗って散々肥え太ったのに、
途上者は時代の流れのために、また先進者の作る秩序の構造によって
「普通の」生活すら難しい状況にある。先進者は途上者を育てる手間を嫌い、
また今持っている有利な状況を手放さないために、
先進者にとって有利な者だけを選抜して育てて格差を固定し、
そうでないものは安い使い捨ての単純労働者としてしか使わない。
途上者の多くは自力で生活していくことはできないため、
先進者の援助に頼る状態だ。しかしこれが先進者の援助だけで生活し
自力での生活を拒否するモラルハザードを生んだ。

59 :名無しさん@社会人:2005/07/08(金) 17:32:44
>>46
資本主義の台頭によって、取れるパイの割合は少なくても、
パイ自体を大きくすることによって自分の取り分を増やせばいいという
思想が希望を与えた。しかし、もうパイは大きくならないどころか、
小さくなることすら起きている。そのため従来は意識せずにすんだ
パイの割合の格差が嫌でも目につくようになった、ということでは。

今の世の中で働くということは、一部エリートを除いては

・リストラで人員の少なくなった職場で、昇給の見通しも薄く、
安定の保障も薄いまま、膨大な量の仕事を長時間やらされる。
(正社員)

・使い捨て労働力として本来あるはずの権利すら実質的に放棄させられた状態で、
ひたすら熟練しても何にもならない単純労働をやらされる。
(フリーター)

というような見通ししかないわけです。こんな状態で誰が働きたいなどと言い出すものか。
不登校問題を考える理屈に、学校に適応できない子どもが異常なのではなく、
子どもが適応できない学校が異常なのだという論点が必要だというものがあるが、
それと同じように職場に適応できない若者が異常なのではなく、若者が適応することができない
職場が異常なのではないかという論点がニート問題には必要だろう。

60 :名無しさん@社会人:2005/07/08(金) 23:29:21
>>58
追加
ただしそのモラルハザードを引き起こす「こんな職場環境では
まじめに働く気がしない」「こんな仕事やってられるか」という
途上者の感情も、途上者に与えられた環境や内容を考えれば
しごく当然のものである、ということ。

61 :名無しさん@社会人:2005/07/09(土) 22:40:46
一回ぐらいちゃんと働いてからモノを言ってくれよ。
この板は世間知らずの餓鬼の落書きばっかりで萎えるな。

62 :名無しさん@社会人:2005/07/09(土) 23:37:42
>>61
ピギャー

63 :名無しさん@社会人:2005/07/10(日) 16:14:17
>>61
>一回ぐらいちゃんと働いてからモノを言ってくれよ。
何を根拠に発言している者は働いた経験がないと判断しているのか。

>この板は世間知らずの餓鬼の落書きばっかりで萎えるな。
一体どういうところに「世間知らず」で「餓鬼」なのを感じて、
「落書き」という評価はどのような基準によって導かれたのか。

64 :名無しさん@社会人:2005/07/10(日) 16:52:57
>>61
マジになってんじゃねーよwww
真面目働きアリのお馬鹿さんww

65 :名無しさん@社会人:2005/07/17(日) 06:51:22
>>63

働いていない人の発言は尊重されない。
社会への貢献や社会参加意をはたそうとする意思があるとみなされないから。
(もちろん高齢者や障害者のように自分の意思にかかわらず働けない人を除く)

働いている人について、その人の発言が尊重される程度は、もっぱら、
その人の仕事を通じた影響力によって決まる。

社会人経験があればそんなことは身に染みてわかってるのが普通。
もし勤労経験があるのにそれに気付かなかったというのなら、それこそ鈍すぎ。
とてもじゃないが社会学の研究者はつとまらない。


66 :65:2005/07/17(日) 06:52:32
社会への貢献や社会参加をはたそうとする意思があるとみなされないから。


67 :名無しさん@社会人:2005/07/17(日) 14:43:35
>>65
働く意思がなくなる理由については考える価値がないの?
社会の側に問題があって、社会に貢献する意欲がなくなるのは
そんなにいけないことなの?
現状がそうだからといって、それがあるべき姿とは限らないよ。

3段目については、自分とは違う意見を持つものを
あらかじめ程度の低いものだと決めてつけておく
典型的なレッテル貼りだね。
ちなみに、研究者かどうかはともかく、
社会学を学んだのなら、「常識」を疑うことなく、
確定した「前提」と考えてしまう態度の問題点はわかるでしょ。

68 :名無しさん@社会人:2005/07/22(金) 12:40:44
サラリーマン自体を批判してる人もいるけど
サラリーマンが悪いというわけじゃなくて
労働者であるか無職者であるか学生であるかの違いで
世間についての知識に「違い」があるというだけで世間知らずという大雑把な
言葉でくくることが間違ってるんだと思う。

もちろんサラリーマンはその会社周辺の社会について知ってるし
無職者は無職の社会を知っているし、学生は学生の社会を知ってる。
働いてない主婦でも町内会や主婦仲間でのドロドロとした世界を知ってるし(みんな
じゃないけど)、病気の人は、病院のなかのことをよく知ってるんだよ。(昔入院し
てたとき俺は病院内の社会をいろいろ知ったなw)
もちろんフリーターもそう。置かれた立場の上で社会を語れるわけ。

辛さを知るということが世間を知るというのは乱暴だね。「苦楽」でそういうものが
決定できるとは思えない。労働者は辛いことが偉い、物知り、だと脳内変換して
しまうフシがある。

もちろん企業社会という社会もひとつの社会の一面であってそれは世間を知ってると
言える。しかし自分の知ってる社会こそが正統な社会だ、みたいな言い方こそが
視野狭窄なんだな。サラリーマンは比較的、医者や公務員、主婦などを世間知らずだと
馬鹿にするやつは多いよ。

病気の人について「病気のせいでサラリーマン社会に加われないかわいそうな人だ」という見方や
苦楽を世間知らずの基準にしてしまってるところは間違いだと思う。

69 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 00:53:18
結局は労働者階級であるサラリーマンが人口比率の上で多いからニート批判が起こるんだろ。多数派であることを武器にして自分は社会に貢献しているんだなどと思い上がってる連中が自分の常識で理解できない相手を叩いてるだけ。

70 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 11:15:51
学校、会社、病院。
現代人はこの三つの中間集団のいずれかにしか通うことを動機づけされる。
会社か学校に行かない者は病院に行くことが行動上条件づけられることになる。
このトライアングからはみ出す者は社会人以前の想定外の存在とされる。
主婦は例外だが、しかしその地位は社会的に従属的なものと見なされる。
そのことは同時に、家族集団が社会的に従属的な集団になったことを物語っている。
フェミニストが女の社会進出の権利を主張するのには時代の必然性がある。
家庭から上記の三つの中間集団が産業的に分化することによってそれは始まったのである。

正しく言うと、その三つのなかで会社のみが正規の「社会」とされている。
学校に所属する学生は「社会」人以前、病人が退院するときは「社会」復帰とされる。
会社に通わない者は、学生か病人(患者)である必要がある。
会社人間以前の者の収容を義務付けているのは学校、会社人間としての適応力を
失った者を「病人」や「障害者」とラベリングして収容しようとするのは病院というわけだ。

現代においては、新卒就職活動→新人研修→会社組織配属 というルートのみが「社会人化」される唯一の方策であるかのように思い込まされるようになっている。
このルートから外れたもの:家業ををそのまま継いだり、自営業を立ち上げたり、大学院に進学したりした人間は「社会人化」されていないとみなされるようになった。
主としてサラリーマンの側から。


71 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 23:19:05
53がいいこと言った。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)