5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

内藤朝雄★★領域独創2

1 :名無しさん:05/03/19 02:46:44
新しいスレです。
有意義な議論をしましょう。


2 :名無しさん:05/03/19 03:05:10
『いじめの社会理論』(柏書房)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4760120882/qid%3D1111168052/249-5047549-1380323
『学校が自由になる日』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876721041/qid=1111168109/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-5047549-1380323
内藤氏の作品リスト(明治大学専任教員データーベースhttp://rwdb2.mind.meiji.ac.jp/scripts/websearch/index.htmより)
http://rwdb2.mind.meiji.ac.jp/Profiles/0014/0000115/pblc1.html
http://rwdb2.mind.meiji.ac.jp/Profiles/0014/0000115/achv1.html
最近のニート論議
http://d.hatena.ne.jp/HMR/20050315
http://d.hatena.ne.jp/HMR/searchdiary?of=0&word=%c6%e2%c6%a3
http://d.hatena.ne.jp/HMR/searchdiary?of=5&word=%c6%e2%c6%a3



3 :名無しさん:05/03/19 03:28:39
最近のニート議論(続き)
http://d.hatena.ne.jp/kaoru3_16/20050317(前半部分を要約している。核心の後半はお楽しみ)
http://d.hatena.ne.jp/reds_akaki/20050315
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/searchdiary?word=%c6%e2%c6%a3
http://d.hatena.ne.jp/clinamen/20050315#p6
はてなダイアリーによる内藤氏の紹介
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c6%e2%c6%a3%c4%ab%cd%ba

4 :名無しさん:05/03/19 04:16:48
http://kamakura.s57.xrea.com/archives/000286.html
誰か全文アップしてくれい。
読みたくても入手困難なものが多すぎる。

5 :名無しさん@社会人:05/03/20 06:06:39
>>4
俺らだって内藤さんの本を見たことないのにupできるわけないだろ。
どこで見つかるんだよ。。

6 :名無しさん@社会人:05/03/20 14:56:22
ネットで注文すれば?

7 :名無しさん@社会人:2005/03/22(火) 01:28:25
人権擁護法案ってどうよ

8 :名無しさん@社会人:2005/03/25(金) 11:34:26
彼翻訳はしてないの?

9 :名無しさん@社会人:2005/03/25(金) 21:08:37
「3年B組金八先生」を見ていると、
中間集団ファシズムの気持ち悪さがよく分かるね。

10 :名無しさん@社会人:2005/03/25(金) 22:29:51
内藤の構築批判を黙殺しながら取り入れたり、スタンスを変えたりした論文を挙げてみよう。
けっこうごろごろ出てきそうだぞ。

11 :名無しさん@社会人:2005/03/25(金) 23:11:47
http://d.hatena.ne.jp/HMR/20050315

12 :名無しさん@社会人:2005/03/27(日) 19:18:06
スレが伸びないね。

やっぱり自作自演ということ?w

13 :名無しさん@社会人:2005/03/27(日) 20:25:28
こういう書き込みがイタイ >>10 幼児的万能感まるだし
わざと内藤氏のイメージを貶めようとしているんじゃないのか

と勘ぐってしまう。

14 :名無しさん@社会人:2005/03/27(日) 21:35:51
イメージを貶めるどころか立派な脅迫をされてるぞ↓

584 :名無しさんの主張 :05/03/17 05:54:33
内藤先生は本当のことを書くね。
命狙われたりしないかな? んなことねーか。

やべー

15 :名無しさん@社会人:2005/03/27(日) 22:36:25
それよか新しい本はまだなのか。
>>2の作品リストの文書をいちいち図書館を渡り歩いてコピーするのはしんどい。
大学に籍がないから、コピーサービスが使えない。

16 :名無しさん@社会人:2005/03/27(日) 23:16:39
うるせー

17 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 16:47:40
近隣の図書館と書店をまわったけど、内藤先生の本はどこにも置いてなかったYO

18 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 17:36:45
最近の書店は新刊しか置かない。図書館は一つの区で一冊。各館に一冊は置かない。
一番安上がりなのは、図書館で検索して他の図書館から取り寄せてもらう。
もし地域全体でなかったら、購入希望を出す。エロ本と漫画以外なら、だいたい通る(おれもビンボーなときはこの手をつかっていた。なぜか希望を出す人が少ない)。
買うならインターネットで注文したほうが、本屋で注文するよりも早い。
たとえば>>2でアマゾンのリンクが貼ってある。
アマゾン以外にも、いろいろなインターネット書店がある。
新本で買うよりも古本で買ったほうがいいが、なぜか古本では出回っていない。

19 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 17:46:03
それから論文は、大学生か大学院生の友人に頼む。
電子メールで知り合いになって、手数料を払って郵便かファックスで送っていただくのもよい。
これはネットで異性と知り合いになるきっかけ作りにも使えるよw(きっかけはマジメな体裁の方が成功率が高いwwww)。
日本中の大学はコピーサービス網でつながっているから、だいたいのものは手に入る。
これは調べ物をする基本。

以上、健闘を祈る。

20 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 18:47:45
おちたなあ。出会い系じゃないんだぞ。

21 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 20:36:28
僕は幼児的万能感まるだしです。
わざと内藤氏のイメージを貶めようと某大学と某政党と某セクトからお金をもらってます。

22 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 20:37:18
内藤先生が杉山光信の不正を阻止してたいへんな目にあっている。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/482/1041229938/

23 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 20:39:07
貼っておくから読んでください。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/482/1041229938/

89 名前: よみ人知らず 投稿日: 2005/03/19(土) 16:43:10

S先生は、自分が一方的にまくしたてて、ちがうことを言う人にはとげとげしいです。
合宿では心理の悪口を言って問題になったみたいです。
S先生は自分にゼミの希望者が少ないのが気に入らなくて、ガイダンスの日に勝手にふりわけをしようとしたそうです。
そのときN先生がやめさせたのを根にもって、いやがらせをしていると聞きました。
西洋史のゼミは知りませんが、心社ではあまりいい話を聞きません。
でも他の先生方はとってもいいですよ。K原先生もT田先生も温厚で尊敬できる方です。N藤先生はすてきです。


90 名前: よみ人知らず 投稿日: 2005/03/25(金) 13:32:11

なんのこっちゃね。それは大学としての決まった業務だろう。当日にS教授が勝手に強行したのか。信じられないことだが本当だとしたら問題だね。


91 名前: よみ人知らず 投稿日: 2005/03/25(金) 20:49:42

いまひとつ事情がわからない。知ってる人、王様の耳はロバの耳!きぼんぬ。

24 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 20:39:38
全部杉山の陰謀だったのか!ゆるせん

25 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 20:39:47
92 名前: よみ人知らず 投稿日: 2005/03/27(日) 14:22:28

現心社の者だけど、S先生のゼミにいる友達はSは最低だと言ってた。
ゼミの出席率も低いそうだし、人気はあまりない。
自分自身Sの授業が必修だったので履修したけど、8割ぐらいの人が
寝てるかおしゃべりしてるかケータイいじってるかっていう状態だった。
かくいうSは心理社会学科長であり、学級主任でもある。


93 名前: よみ人知らず 投稿日: 2005/03/28(月) 00:30:08

N藤先生って、助教授昇格人事が委員会で却下された。
事情を知らない教員は、非常に不可解だったようだけど、
だいたいの教員は、教授会で決定を聞かされ、
ああやっぱりね、といった感じだったとか。


94 名前: よみ人知らず 投稿日: 2005/03/28(月) 12:34:32

確かな筋によると、S教授は心理社会学科の会議で学生の希望を無視してゼミのふりわけをすることを主張したけど、ほかの先生方が反対して通らなかった。
それに腹を立てたS教授は会議に来なくなった。会議では学生の希望を尊重してふりわけをすることに決まった。
で、その当日にS教授がご乱行におよんだというわけ。それを学生が見ているまえでやめさせたN講師に逆恨みして、人事で報復した。やっていることは暴力団とかわらないね。
それにしてもS教授って何者なんですか?今まで文学部にはそんなに陰湿な人もいなくて、のんびりやってきたのだが。はあ。

26 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 20:44:08
内藤先生の助教授就任を認めさせよう!

27 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 20:44:40
明治大学のHPの学科ページ。
http://www.meiji.ac.jp/bungaku/course/psychology/teachingstaff.html

28 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 21:29:32
学科ページのスタッフを見ても、やっぱり杉山だ。

29 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 21:59:13
明治の文学部教授会で、何か内輪もめが起きているのか?

30 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 22:18:10
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/edu/1111583315/

31 :名無しさん@社会人:2005/03/28(月) 22:27:48
俺日本史の学生だけど、S先生ってカルロ・ギンズブルグ翻訳してる方?

はじめは研究者になりたいってはりきってたけど、学者世界みてると嫌気がさしてきた。
なんで学問の世界ってあんな陰険でドロドロしてるの?
大学って社会不適応者の隔離病棟か?
他の分野もきっとそうだよね?

社会学の学生さんは教授会とか学者社会の権力関係や人間模様を暴いて世間へ知らしめてやってよ。
俺も文献調査や資料調査なら協力できると思うからさ。

32 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 02:26:12
打倒杉山だな

33 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 02:28:38
不正をたださねばならんのは、どこの世界でも一緒

民間だってあるよ、こういう部分は

34 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 03:45:49
小谷野の話なんかもなかなかエグかったしね。
はてなダイアリーでアップされてた阪大の話。

35 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 13:26:12
民間でも、大学でも、不正とたたかうために力をあわせよう。
小谷野さんもそういうことをどんどん活字にするべきだよ。
それから、印税でかせいでるんだから、それを裁判費用にして、さらにそれをネタに本を書いて印税をもうけよう。
内藤さんは本の中で「美しく生きるためにはたたかわなければならない」と書いていた。
それを文字通り生きているんだね。
インターネットでも内藤さんをバックアップしよう。
内藤さんは孤立していないよ。支持者は意外と多いよ。
社情研にいた若手もどんどん書いて。
パブリックな世界に開いていこう。
闇の勢力は光を浴びるとしなしなとしぼんでいく。
公(おおやけ)になることが大切だ。

36 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 16:29:31
>>34
それ知らん。
詳しく。

37 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 17:00:31
藻前らまあもちつけ。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/482/1041229938/r96

38 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 18:51:34
明治大学のえらい人が書き込み。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/482/1041229938/
なかなかいいこと書いているぞ。

39 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 18:54:08
いちおー貼っておくね。

96 名前: よみ人知らず 投稿日: 2005/03/29(火) 16:47:25

今回の件はそんなに悪いことではない。これまで心社の情報は入ってこなくて困っていた。ふりわけの事件もおはずかしいことに知らなかった。
会議で怒鳴ったりすることがあったので、すこしキレやすいという評判があったぐらいで、S教授がどういう人物なのかも知らなかった。
N講師に対するふるまいのおかげで、S教授の人物を値踏みすることができた。現在、S教授は学部の中心としては不適格だという共通認識ができあがりつつある。
もし今回のことがなかったら、S教授は学部の中心で力をもつようになったかもしれない。そうなるとあとあとたいへん困ったことになっただろう。
またN講師を業績だけで最短で昇格させるのも問題だった。N講師は本人が思っているほど周囲から悪く思われていないが、彼を最短で昇格させるのは労働組織上こまる。変人タイプは保護するし、適当なところで昇格させるが、最短昇格はできない。
S教授とおつれがN講師を去年「不当に」落としたおかげで最短を避けることができた。本当は今年あたりがちょうよいのではと思っていたのだが、N講師もあとちょっと待ってもらいたい。
今回の件で、S教授の人物の値踏みとN講師の昇格のタイミング調整が同時にできた。
さらにS教授のようなことをしていると人望を失うという前例ができた。またS教授と政治的につながると評判を落としかねないというムードもできた。
今回のもめごとがなかったら、S教授の周囲に、ごちゃごちゃと横車を押す迷惑なグループができていたかもしれない。
S教授には学科長が終わったあとは重要な役はまわってこないはずだ。文学部はN講師を排除しないし、これ以上不利益扱いをしない。
文学部は部分的におかしなことが起きても、全体として良識が働く骨太の学部だ。
自浄作用が働かなかったのではなく、これから自浄作用が働くのだと認識していただきたい。
今回の件は学部がよりよくなるためのきっかけになった。その意味で、N講師のちょっとずれた勇気に感謝している。


40 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 19:18:59
明治なんてでればいいのに

41 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 19:59:28 ID:
>>39
そんなウマいこといくだろうか。
考えようによっては、今回の件で「Sに逆らうとあんなメに会う」と思って彼になびく人間が増殖するかもしれない。
明治に限らず、研究者にも限らず、一般的な人間の心理なんてそんなものだと思うわけだが。
まぁそんなことにはならないよう、96さんはじめとした良識あるひとたちに期待したい。
96さんも教員なのかしらん。それとも職員?

>>40
文系研究者の就職事情を知らないんだね。

42 :名無しさん@社会人:2005/03/29(火) 21:48:30
なんでこんなことが外に漏れるんだ?ここのファカルティおかしいぞ、、、

43 :名無しさん@社会人:2005/03/30(水) 02:25:20
>>39の書き込みは関係者くさいなあ。

なんか気持ち悪い。

44 :名無しさん@社会人:2005/03/30(水) 03:51:43
>>41
「今回の件で「Sに逆らうとあんなメに会う」と思って彼になびく人間が増殖」
それはありえない。文学部は突出した権力者をつくらないよい意味での村社会になっていて、○○のようなエグい人が恐怖で学部を支配するのは不可能。
長い年月を経て人望が確立した長老の話し合いでものごとが決まる。人望のない人は長老になれない。

45 :名無しさん@社会人:2005/03/30(水) 04:19:26
>>36
これ。
ttp://d.hatena.ne.jp/sunchan2004/20050301

たぶんミクシィで書いていたものだろうな。後半、Wへの恨み節ばかりなのは
個人的にはどうかと思うが、まあそういう人だしな。

46 :名無しさん@社会人:2005/03/30(水) 20:56:05
S教授は姜尚中ととても親しいと聞いたけど、マンセー系の人なんですか?

47 :名無しさん@社会人:2005/03/31(木) 21:25:26
>>45
http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/kg-portal/aspI/RX0011D.asp?UNO=12542&page=
この人か?

48 :名無しさん@社会人:2005/03/31(木) 23:06:25
>>47
うはw内藤スレにまで広がってる

49 :名無しさん@社会人:皇紀2665/04/01(金) 23:20:37
http://q-dosha.blogzine.jp/

自己愛的な性格のひとでモラハラをおこなう人は、うまく出世し職場で指導的な立場に立つ場合が多いそうです。その理由は、人を支配するのが好きで、人を利用するのにたけている、また、利用できなくなった人を何とか理由をつけて容赦なくやめさせたり、
組織の利益をえるためにはモラルに反することでも平気でして組織に貢献できるためです。また、他人を信用していないため用心深く常に目を光らせています。これらのために、職場の上層部にとても重宝されるようです。
一方、組織に貢献できるできないなどに関係なく、反抗的な人や、気に入らない人を選んで追い出すことをおこなうという欠点もあります。
大きな問題は、モラハラをおこなう人が、トップに立つ場合で、そのときは、組織の利益や働く人が幸福を得るようにするよりも、自分が気に入るような支配体制をつくったり、イエスマンばかりを周りに集めたりするのに一生懸命で、
また、反抗する人を追い出したりすることにエネルギーを費やすようになり、組織の利益にならないような判断をすることがありうることです。
また、責任を取ろうとしませんから、すべて丸投げで下のイエスマンに任せることになります。そこで、組織が崩壊してしまうことがあります。
また、加害者は、無責任です。自分では決して責任を取ろうとはしません。それで、責任を取らないといけない場面がくると他人のせいだといったり逃げます。
被害者だけを欲求不満のはけ口とし、それ以外のひとには、いい人であったり、道徳家ぶったりします。このために、モラルハラスメントは被害にあった人でないと理解されにくいと思います。

こういう人が組織の中で力をもたないようにするにはどうしたらいいのか。
これが明治大学文学部の課題だ。というかすべての組織の課題だ。


50 :ヤキソバ:2005/04/02(土) 03:09:19
>>46
S氏がマンセー系かどうかは関係ないですよね。S氏の現実の行動が問題なわけで。
そういえば、内藤氏も本の中で、淘汰されるべきは当人のコミュニケーションの様式であって、
当人ではない、というようなことを言ってたね(たしか、学校が自由になる日だったっけ)。
そこを気をつけつつ。自分も一つ。
明治大学心理社会学科は、そもそも心理と社会について縦横無尽に学べるという事がそもそも
のウリであったが、今となってはS氏の学内政治力発揮のためのフィールドとなって、心理と社会の
分離が始まっている。
例えば、ゼミ分けの際、そもそも学生の自由選択であったのに、S氏の乱入により
強制振り分けになりそうになった(過去の自由選択では、当初他の教授に人気が集中し、最初の集計では
S氏のゼミは一名しか選択していなかった)。
その場にいた教授達は呆然となっていたが、それを、内藤氏が制止し、口論になった。
次に、当時学科長であったH氏が加勢し、何とか自由選択の体裁は保つことが出来た。
しかし、内藤氏、H氏はその後、S氏の嫌がらせを被ることになる。
前の書き込みで指摘された方がいたが、内藤氏には人事という形で「報復」がなされた。
H氏は当時「学科長」という役職につかれていたが、S氏のさまざまなクレーム活動により
学科長を辞し、新たに開設された臨床心理のセンター長となった(S氏はこのことを
学生を前にしてのガイダンスで「Hさんはセンター長に逃げちゃったから。」と笑いながら
表現していた)。ちなみにH氏は、おっとりした、とても面倒見の良い、先生であった。
心理コースと社会コースの分離工作は継続中らしく、心理社会学科の本来の良さが
失われつつある。
なによりも学生が一番不利益を被ることになりそうだが、ジャンルに囚われない、
積極的な接続志向の内藤氏のような人が自由に教え、育てるような場が失われて
しまうことが僕は悲しい。


51 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 07:46:48

  スレの流れシカトですまそ。

  このスレ、ほんのつい最近みつけたばかりなので尋ねたいんだが、内藤朝雄って、もしかして、
むかしむかし、(愛知県立)守山高校だったか(同)日進高校だったかの生徒で、その学校当局と
ドンパチやって追放された人じゃないですか?  ちがいますか?

52 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 10:19:59
>>50
S氏がH氏を学科長から追い落とし(S氏が後任?)、内藤氏の助教授昇格を潰したのが本当だとしたら、
S氏の学内政治力が何に由来しているかという点で、マンセー系かどうかは重要ではないか?
文系の世界では、いまもって代々木系とマンセー系が持つ政治力は侮れないよ。

53 :組織のなかの、よこしま人間:2005/04/02(土) 12:15:14
http://plaza.rakuten.co.jp/harcelement/diary/200503170000/
よこしま人間の誤算 [ ハラスメント関係の情報 ]
最近入ってきた情報。私が以前所属していたF大学のLというラボについてのことである。
このラボの長はC氏で、彼は人文学部長でもある。おとなしい顔をして結構あれこれ裏で工作をする人間らしい。(私の元教官L氏についてもそうだが、)C氏に関する周りの評価は真二つに分かれる。
「彼は誠実で人間味のある人だ」というのと「彼は卑劣な人間だ」というふうに。
これがまた綺麗に二分しているのが特徴である(皆さん、気をつけましょうね、ほんとに。)。これは、二つの顔を使い分けているからであると予想することができる。少なくとも私の元教官はそうである。

最近、Lラボの集会があったらしい。その時、ラボの各セクションが、自分達の研究内容や成果を発表せねばならなかったらしい。
その集会の前に、ラボ長C氏は、M氏(C氏が徐々にラボから排除していきたいと思っているセクションに属している助教授)に次のように言うったらしい。
「君のセクションにいる---さん達の研究内容等については僕が発表するから(当時者が欠席するというので)、君は自分のことだけ発表してよ。」しかも2回も言ったらしい。
M氏は言われたとおり、自分のことだけを述べたらしいが、その数週間後、なんと驚くべきことに、C氏は、M氏と同じセクションにいるJ氏(ある理由で、この人も集会に出席しなかった)に、「Mはね、例の集会の際に、自分のことだけしか話さなかったんだ。
これは何とも評価できかねるね。」このような裏工作によって、じわじわとそのセクションを内部から切り崩していく為だろうとJ氏は言っていた。
このようなC氏の裏工作の目的は、M氏やj氏の所属するセクションを将来的にラボから排除するということにあるが、複雑なのでここでは話さない。

54 :組織のなかの、よこしま人間(フランスの例):2005/04/02(土) 12:16:19
C氏は、このような自分の裏工作がばれていて、現在水面下でじわじわと反乱の動きがあるのを知りはしないだろう。そして、
彼が敵に回した人間の中に、C氏に対して影響を及ぼすことのできる人達を知人、友人に持つ人がいるとは思いもしないだろう。どうやらこのC氏の裏工作は、そのうち、かなり大きな打撃をC氏に与えることになるようだ。

このようなことは例のハラスメント教官L氏にも当てはまる。彼は、私が外国人だからあまり知人などがいないだろうということもあって嫌がらせの標的にしていたのだろうが、ところがどっこい、なのである。
私は彼の同僚T氏を知っていたし、学生達の中に多くの知り合いもいたし(これが証言集めに役立った)、それに、T氏にも様々な友人がいて、ある時彼が私のハラスメント問題を(彼の)友人に話したら、「信じられない!何て卑劣なんだ!しかも外国人を狙うなんて!
僕は仕事の関係で政治家も知っているし、F大学の学長とも結構親しいんだ。だから、学長にこのことを直接話してもいいよ。」と言ってきたそうだ。
(いきさつ上、この好意は実現しなかった。)この他にも、思わぬところで強力な味方がぼろぼろと出てきたのである。私はそれを利用しなかっただけなのである。

よこしまな人間さんも、気をつけましょうね。

55 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 13:11:22
よこしま人間の対策は、コミュニティがしっかりしている以外にないんだよ。
よこしま人間の言動について、すこし面倒くさいかもしれないが、職場できちんとコミュニケーションをとることが必要になる。
大多数がよこしま人間であるという組織はめったにない。この人口比が、良心的な人々の強みだ。
よこしま人間の本性がわかるとほとんどの人は仲間になろうとはおもわなくなる。
そうすると少数のよこしま人間同士だけがべたべたつきあい、さらに危険視されて孤立する。
それがよこしま人間の弱みだ。
つまり、よこしま人間は、いくら政治力に長けていても、自分がよこしま人間であることがバレてしまえば終わりなのである。
だから職場がばらばらで無関心な状態がいけない。ちゃんとしたコミュニティであれば、よこしま人間は力を発揮できない。
わたしの内藤さんの著作を高く評価しているし、学校の問題としてはそのとおりだと思う。
だが、職場の問題には通用しない。
皮肉なことに、内藤さんのような「つきあいたくなければつきあわない」主義の人が増えれば増えるほど、
よこしま人間が活動しやすくなる。皮肉なことに内藤さんはよこしま人間が動きやすいように協力しているのかもしれない。無関心と情報不足の闇の中にまぎれて、やりたい放題できる。
個人主義のフランスでも、コミュニケーションはきちんとなされ、それでよこしま人間が良心的な人々のコミュニティによって押さえ込まれた。
共同体主義には、仲良しごっこや自己が自己であることの構成を媒体とする内藤さんが嫌いそうなコミュニティ像もあるけど、
メンバーが「ただしさ」に指向することに対する信頼を媒体にしてコミュニケーションをまわして職場や地域を維持するコミュニティ像もあるよ。
内藤さんはこのふたつを混同しているんじゃないかな。子供には前者はむずかしいけど、大人の良い組織は後者であることもある。
今回のことで思想的には反省しているんじゃないかな。いままで罵ってきたコミュニティに助けられたかたちになっているからね。
小人(しょうじん)の仲良しごっこではなく、大人のただしさのコミュニティに誇りをもって生きるのはいいことだと思う。
そういう意味で、内藤さんも文学部に誇りをもってほしい。

56 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 13:17:00
>>51
東郷高校じゃない?
ttp://web.archive.org/web/20011123103054/park.itc.u-tokyo.ac.jp/kiss-sr/~naito/newpage8.htm

57 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 13:24:01
ついでにわたしからの著作へのコメント。大部分には賛成。しかし、共同体主義が単数で語られているような気がする。共同体主義の分類をしっかりする必要があり、どのタイプをどのように批判するかを明確にすべき。
すべての共同体主義が悪いわけではない。

58 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 16:53:45
>>52殿
S氏が後任です。はじめからそれが目的であったとの話しです。
>>55殿
(大多数がよこしま人間であるという組織はめったにない。この人口比が、良心的な人々の強みだ。
よこしま人間の本性がわかるとほとんどの人は仲間になろうとはおもわなくなる。
そうすると少数のよこしま人間同士だけがべたべたつきあい、さらに危険視されて孤立する。
それがよこしま人間の弱みだ。)
学校で、大多数の「良心的な」人間が、攻撃的な人格を備えた人間に煽動され、たりして
悲惨なイジメを起こした事例が、「いじめの社会理論」にはたくさんのっていたと思います。
「良心的」という言葉ではこういった問題は語れないのではないでしょうか?
どう思われますか?
内藤氏は市民社会のルールに則ったコミュニケーションがどの組織でもなされるべきである、
という事を言っておられるのではないでしょうか?
これは学校に限らず、職場などにも十分に当てはまるでしょう。
コミュニケーションそのものの回避ではなく、市民社会のルールに則らないコミュニケーション
の様式を淘汰していくことを提言しているのではないですか?それにはまずおおやけになることが
大切ですが、意思決定のような重要なプロセスには参加し(公正なルールのもとで)、その他の私的な付き合いの
面では自由に距離をおけるというような。


59 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 16:58:20
あげない方がいいでしょうか?

60 :名無しさん@社会人:2005/04/02(土) 17:23:25
>>51の書き込みを見て、気持ち悪くて吐いてしまいました。
そのリズムや、独特のいいまわしや、内容から、書いた人のパーソナリティが出てきます。
>>51を5分間、箱庭をながめるように、心の眼をとぎすませてじっとながめてください。
この人は昆虫みたいな人だと思います。自分も昆虫なら他人も昆虫の肢をもぐように扱います。自分がやっていることがわからないのです。
親にしかられそうになると自分が被害を受けたような気になって、自己中心的な理屈を甲高い声でわめきながら昆虫の死体を隠そうとします。
その屁理屈が、周囲の人をぞっとさせるおぞましいものであることに、本当に気づいていないようです。
この人は、自分がばらばらに引きちぎった虫のことを、親にいいつけられるのを恐れているようです。

下のページは、明治大学の学長を含めて、責任ある立場の方々が定期的に目を通していると聞きました。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/482/1041229938/
http://campus.milkcafe.net/test/read.cgi/meiji/1096183453/

重要だと思うことをこのページにも書いて、>>51がやっていることがいつも親の目に触れているようにしなければいけません。
この人は自分が気に食わない人間を虫と思っていて、人間と虫の区別がつかないのですから。

61 :松葉杖の虫:2005/04/02(土) 17:54:35
>>51の被害にあったことのあるひとは、ここや「明治ちゃんねる」で証言してください。


62 :名無しさん@社会人:2005/04/03(日) 04:51:25
嫌です。むしろ裁判所で証言したいです。もしくは会議の時に。
またお会いすることもあるでしょうけれども。

63 :51:2005/04/03(日) 11:45:29
>>56
  そのようですね。カン違いしてました。愛知県の新設校での教師たちによる犯罪を告発した古い
本に『禁断の教育』というのがあって、記憶ちがいでなければ内藤朝雄はこの本でとりあげられて
いて、それをよんだので名前が頭にありました。その本のなかのあの人は今こういうことになって
いるのかと、一言ではいいあらわせない大きな感慨をおぼえました。おしえてくださってありがとう
ございました。

>>60>>61>>62
  わずか4行200字ほど(?)の書きこみにこれほど熱心な“愛読者”がつくとは想像もしなかった。
スレ題の内藤朝雄がオレの記憶していた人物かどうかを確認したかっただけなのだが、気がかわる
かもしれない。触覚や翅や肢やをもぎとって遊べるムシどもがここにもいるとなれば、どうしてこの
ままなにもせずにだまって立ち去れようか。といっても、親の目からはたくみに逃れてみせますよ。(笑)

64 :61:2005/04/03(日) 12:06:04
すいません。ご迷惑がかかったかもしれません。わたしは同じ虫でも別のところの虫です。
それ以上は言えません。

65 :名無しさん@社会人:2005/04/03(日) 17:00:30
ワケわからん

66 :名無しさん@社会人:2005/04/03(日) 19:54:31
とりあえず、組織って怖いってわかった。

67 :名無しさん@社会人:2005/04/03(日) 20:22:48
「学校もいらん、大学もいらん」に一票

68 :名無しさん@社会人:2005/04/03(日) 20:30:01
>>52
マンセー系ってどういう人たちのことを言うんですか。
マンセー系の人たちは相当な政治力を持っているそうですが、
それはどうしてですか。

69 :名無しさん@社会人:2005/04/04(月) 04:20:10
>>68
アドバイスしても皮肉でしか返さない人かな?いかにして本を出せばよいかとか

70 :名無しさん@社会人:2005/04/04(月) 04:26:32
やっぱり強酸党支持者なのかな?ちがうのかな?

71 :名無しさん@社会人:2005/04/04(月) 12:58:45
教育現場はウヨもサヨも全体主義者だろ
著作よめ。


72 :名無しさん@社会人:2005/04/04(月) 15:49:47
>>70
前スレに、そっちのコネで明治に採用されたとか書かれてた。

73 :名無しさん@社会人:2005/04/04(月) 23:40:41
>>61
社情研のうらみを、内藤さんを使って明治ではらしている。おおいにけっこう。どんどんやれ。

74 :名無しさん@社会人:2005/04/06(水) 03:05:34
>>72
そうか・・・
じゃあ、期待薄だな・・

教育学者の佐藤マナ○もそうだけど、
著書を読んでいいなと感じても、会ってみると小人物ということが多い
この人ははたしてどうだろうか・・・



75 :名無しさん@社会人:2005/04/09(土) 09:07:36
社情研????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

76 :名無しさん@社会人:2005/04/11(月) 21:01:41
http://www.sankei.co.jp/news/050410/boo008.htm
山内昌之著『嫉妬の世界史』は軍人、政治家、学者などの世界がどれほど嫉妬に狂い、劣化し、いたずらに破滅を招くかを具体例を挙げて説き明かす。
小学校中退の天才植物学者、牧野富太郎は同僚の教授に嫉妬され、研究の邪魔をされ、生涯、安月給の講師で終わる。大学という閉鎖集団では、教授として残るのは嫉妬を買わない無能な者であって、才能ある者はともすれば追い出される。
靴屋の息子スターリンはどす黒い嫉妬心から貴族出身の軍事の天才トハチェフスキーのポーランド作戦を妨害してわざわざソビエト軍の敗北を招き、さらに、多数の赤軍将校を殺害して独ソ戦初期の惨敗をもたらす。
何千万かの餓死者が出たとされる大躍進を主唱した毛沢東は、現実派路線でのしあがってきた劉少奇を妬んで党から追放する。
満州事変で画期的成功を収めた天才的作戦家石原莞爾は、その飛び抜けた異能のために軍内部のやっかみと反発を買い、凡庸な秀才官僚東条英機に中枢から外される。
その後の日本軍を指導したのは、彼を知らず己を知らない視野狭窄(きょうさく)の軍人官僚で、その結末はご存じの通りである。
 このように、嫉妬のために優れた才能が排除され劣化して、生きる屍(しかばね)というか、愚者の楽園のようになっている組織は、官庁であれ、軍隊であれ、会社であれ、大学であれ、周りにいっぱい見られるであろう。
この嫉妬の恐ろしさを語る本書は一読に値しよう。(新潮新書・714円)



77 :名無しさん@社会人:2005/04/12(火) 04:10:50
学校・先生板でもスレたてして欲しいね

78 :名無しさん@社会人:2005/04/12(火) 06:45:41
学校・先生板の 茶髪・ミニ指導スレみてみい!659番目のスレとか面白いぞ!

79 :名無しさん@社会人:2005/04/12(火) 06:48:05
659番目のスレ=×659番目のレス=○の間違い 内藤ファン必見

80 :名無しさん@社会人:2005/04/12(火) 07:11:04
受験・学校カテゴリーの教育・先生板の茶髪・ミニ等 生徒の指導スレの659番目のレス。ちなみにスレ最初から読むと面白い!非校則派優勢!茶髪・ミニで検索してくれ

81 :名無しさん@社会人:2005/04/13(水) 00:33:42
社情研って何ですか。知っている人は教えてください。

82 :名無しさん@社会人:2005/04/13(水) 07:21:42
社会情欲研究会のこと

83 :名無しさん@社会人:2005/04/14(木) 02:04:52
この「反若者論」がすごい!01・内藤朝雄
 新シリーズ「この「反若者論」がすごい!」をスタートします。このシリーズは、俗流若者論に抗うための書籍や新聞・雑誌などの記事を紹介するシリーズです。
http://kgotooffice.cocolog-nifty.com/kgotolabo/2005/04/post_aedc.html
俗流若者論ケースファイル10・筑紫哲也
http://kgotooffice.cocolog-nifty.com/kgotolabo/2005/04/post_cf0f.html
俗流若者論ケースファイル11・石原慎太郎
http://kgotooffice.cocolog-nifty.com/kgotolabo/2005/04/post_49a0.html


84 :名無しさん@社会人:2005/04/14(木) 02:05:58
青色のカンガルーが見つかったようです
オーストラリアで懸賞金が掛けられ、写真を撮るだけで100万円もらえるそうです。
http://post.messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1145162&tid=a5oa5sa53bg9a5a4ada4jbfmbd8a4dea4la4a7a1aa1y&sid=1145162&mid=12995

85 :名無しさん@社会人:2005/04/14(木) 18:17:21
お好みの単語で検索してみな。
http://mentai.peko.2ch.net/sociology/kako/964/964301426.html
http://mentai.peko.2ch.net/sociology/kako/953/953807040.html


86 :名無しさん@社会人:2005/04/16(土) 02:43:48
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美
市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美市原憲克杉岡芳美

87 :名無しさん@社会人:2005/04/16(土) 11:10:30
教育利権に関しての本でなんかいい本ない?

88 :名無しさん@社会人:2005/04/19(火) 22:01:09
>>53
これよかった。
http://plaza.rakuten.co.jp/harcelement/diary/200503170000/
こういうことを告発していく積み重ねが大事だと思うよ。


89 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 04:46:11
所有権に関するリベラリズムと人権に関するリベラリズムとを区別しておく必要が
ありますね。実際、前者と後者とは相矛盾する政治的場を形成してきてもいる。


90 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 14:47:03
リベラリズムはその意味で右からも左からも利用されてきたね。
しかしリベラリズム内のこの二つのディスコースは、同時に対立して
きてもいる。そこを見落としちゃだめだね。微妙だけどそこに分岐点がある。
宮台さんらがネオリベとの差異化として強調しているのもたぶんそこだね。

91 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 19:56:52
いじめの社会理論がほしいよおお。
手に入れたらこれでSをタオすんだ。

92 :名無しさん@社会人:2005/04/22(金) 22:47:20
Sか。

93 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 00:12:29
Sっていったい何者ですか。知っているひと詳しい情報きぼんぬ。

94 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 00:46:12
内藤さんが「解放新聞」のコラム「荊冠旗」で取り上げられたね。
ttp://www.bll.gr.jp/colum2005/col-k-20050411.html
同和教育問題にも関わるようになったのかな?

95 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 02:50:54
彼はこれまでなにをしてきたか。
過去から現在にいたるまで繰り返された歴史を日の光に晒しましょう。

96 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 20:47:07
>>89-90
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/doreij01.html
本書は、英国の文学者・思想家ヒレア・ベロックが1912年に刊行した彼の社会批評の分野の主著『奴隷の国家』Hilaire Belloc:The Servile State の完訳である。
ベロックは、彼の長年の盟友で「ブラウン神父もの」のミステリーで知られるG・Kチェスタートンに較べるとなぜか日本では知名度が低いが、
英国では20世紀前半の英国文学界を代表する作家の一人とみなされており、本書も英語圏ではJ・S・ミルの『自由論』に匹敵する自由論の名著と評価されている。
 しかし訳者が80年以上も前に書かれた本書の邦訳を思いたったのは、たんなる名著という理由によるものではない。この訳書を世に問うた主な理由は、二つある。
一つは、これから述べるように、米ソ冷戦と東西のイデオロギー対立が終った世界に、ぺロックが20世紀初頭に論じた問題がひときわ鮮明に回帰してきているからである。
もう一つは、今日の日本では自由主義と資本主義が本来敵対関係にあることを知らない人が多すぎるからである。安易に自由主義と資本主義を同一視する人々(この点では、いわゆる市場万能主義者もマルクス主義者も同類である)は、
反資本主義的自由主義の古典といえる本書を読んで、自由主義本来のモラルからどれほど資本主義に対する仮借ない批判が出てくるか改めて思い知ることだろう。
著者:ヒレア・ベロック 訳者:関曠野 発行:太田出版 定価:2000+税

97 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 20:53:11
http://www.bk1.co.jp/contents/columns/backnumber/01050000_0046_0000000001.asp?partnerid=
<元>不登校児の教育学by 宮崎哲弥(評論家)
第1回 書評:『みんなのための教育改革──教育基本法からの再出発』(関曠野著)
このような動きに抗するかのように、在野の思想史家、関曠野は本書で、まさにその教育基本法を原点とする教育再構築を熱っぽく説いている。
 関は、教育基本法第一条に書き込まれた「教育は人格の完成をめざすべき」とする手垢にまみれきった文言に新たな光を当て、賦活させようと提言する。そして「人格」の陶冶こそが教育の目的であることをいささかも臆せずに論白していく。
 ところで、この「人格」。これは、おそらく近代以降の日本人にとって、最も理解し難い概念の一つではないだろうか?
 明治期、人格理念の重要性に曲がりなりにも気づいていたのは、開明的なキリスト者たちであった。そして戦後のなってキリスト教信仰を持つ知識人たち、田中耕太郎や南原繁らによって教育基本法は起草されたのである。
 関曠野は、近代人格理念の発源であるプロテスタンティズムに遡り、また学校教育の淵源をユダヤ教に探り当てながら、その真義を次第に説き明かす。
 こうして「人格の完成」という日本人にとってかなり不可解な、不可解であるが故に呪文化され易い抽象理念が、国家権力を支配する自律的市民の養成という実効的な目的へと接合される。
 ここで関の主張する国家観、憲法観は、近代という歴史的制約を前提とする限りとてもオーソドックスであり、教育はその公共性醸成に不可欠な過程として位置付けられている。
 関が公教育の目的としている「民族」とは、国権を道具として利用して自由な主体性を勝ちとり、国家を不断に監視する市民の集合態の謂なのだ。
 本書は、一貫した思想史を踏まえた「健全なナショナリズム」に基づく教育論である。
「自由主義史観」に則った歴史教科書を捏造しようとしたり、冒頭で触れた教育基本法にレヴェルの低い難癖を付けるような連中は、「民族」を「卑屈で退嬰的な『臣民』」に仕立て上げようとする因襲主義者ではあっても、断じて「ナショナリスト」ではない。

98 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 21:03:45
>>89-90
奴隷の国家 著者:ヒレア・ベロック 訳者:関曠野 発行:太田出版 定価:2000+税
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4041/seki/doreij01.html
<元>不登校児の教育学by 宮崎哲弥(評論家)
http://www.bk1.co.jp/contents/columns/backnumber/01050000_0046_0000000001.asp?partnerid=
コピペしたのは一部分だけだから、リンク先に飛んで讀んでね

99 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 12:28:57
若者論批判

http://kgotooffice.cocolog-nifty.com/kgotolabo/2005/04/post_aedc.html
http://kgotooffice.cocolog-nifty.com/kgotolabo/


100 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 13:42:45
「正社員」至上主義ってのも、日本的な集団全面所属主義というか、
中間集団全体主義の影響なのかな?

101 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 16:12:11
そりゃ、正社のほうが、いろいろと身分が保証されてっからでしょ。契社
もバイトも、正社なみに身分が保証されれば、「「正社員」至上主義」も
なくなるわさ。

102 :100:2005/04/24(日) 18:24:36
いや、単にそういう意味じゃなくて、社会規範的=道徳的にも。
「社会化」に不可欠の条件とされているような価値観があるでしょう?

103 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 20:40:41
>>100
いいこと言うじゃない。
「利害が決定し価値が転轍する」というときの、価値の側面がこれなんだ。

104 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 23:33:28
会社員】「社会を知ってる」っ奴って誰?【大人】

1 名前: 名無しさん@社会人 投稿日: 04/09/03 04:31
早朝のスレ立てでスマンが、
「社会を知ってる」という言葉の使われ方について考えてみたい。

「お前、社会を知らねえな」みたいな言い方をする場合が
2ちゃんねる等でも多いが、これを言う人の想定している
「社会人」には、学校の先生をはじめとする公務員やフリーター、
主婦などは含まれてないように思われる。
(例えば「公務員は社会を知らない」「医者は世間しらず」という
言い方にも現れる。)
会社員=社会を知ってる、と大雑把に見る向きもあるようだが、
会社員と言っても多種多様で、特に他の企業の人間との交流や
取引の場に参加しない人間や専門性に特化した研究者的な会社人間も
いる。また営業職についてる者でも、私も経験があるがせいぜい
決まった取引先の決まった人間との交流がほとんどである人も多い。
また「俺はエリートビジネスマン」という人間にしても広い世間の
中で特徴的な一部の人間としか付き合ってないはずだ。

そう考えると「社会を知ってる社会人」というのは一体どこの誰なん
だとわけが分からなくなってしまう。それとも、見えないヒエラルキー
が出来てて「真の社会人」という高位の立場がどこかに存在するのだろ
うか。それは宮台みたいな奴のことを指すんだろうか?


105 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 23:34:31
45 名前: 名無しさん@社会人 投稿日: 05/02/10 12:35:17
現在の日本では、会社の正社員であること=社会人 という考えが強固ですな。
そうすると、農業従事者(農家)って、もしかして社会人扱いされないのかな?
一般企業の会社員と農家とでは、労働形態、労働時間、生活、その他カルチャーが全然違っていますから。

会社員:履歴書書いて、スーツをびしっと着込んで面接を受ける、つまり就職活動する。基本的に常時スーツ着用。通勤する。
農家:履歴書? そんなものは必要ない。たいていは親の田畑土地仕事をそのままついでおしまい。スーツを着るのは法事のときぐらい。通勤という概念自体がない。

会社員:基本的労働時間は9時−5時(残業もあり)。時間に極めて厳格。給与は通常時間単位、日単位で計算される。
農家:労働は、作物の植生、天候で決まる。時間を厳格に守る意味がない。収入は、一種の出来高制。時給日給という概念がない。

会社員:営業という仕事が非常に重要。営業には、商品説明、顔つなぎ、接待、納入の打ち合わせ、価格交渉、売り込み等がある。対人交渉が仕事のメイン。
農家:営業という仕事自体が無い。作物の売り込み活動などは、自分たちではやらない。農家はただ黙々と作物をつくるだけ。対人交渉自体が無い。

かつては、労働者=ほぼ農業従事者(百姓)であったんだが・・・・・ かつての百姓は社会人と呼ばれていたのかな? そもそも社会人って昔からあった概念なのかな?



106 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 23:35:46
54 名前: 名無しさん@社会人 投稿日: 05/02/17 11:18:28
書店で、「社長はなぜ司馬遼太郎が好きなのか」という新入社員のためのマニュアル本を立ち読みしたんですが、

そのなかに、ズバリ、
「日本では、大人になること=社会人になること、であり、社会人になること=会社員になることである」
「大人になるためのほぼ唯一のイニシエーションは、リクルートスーツに身を包んで就職活動をして、入社後、企業の新人研修を受けることだ」
「これらのイニシエーションを経ていない人間は、大人とは認められない」
と書いてありました。

読んで、ヘコみましたよ。大学(社会学科)卒業後、実家の家業(園芸農家)を継いだ私は、社会人とも大人とも認識されないのですか? 確かに、就職活動したことはないですし、スーツもめったに着ませんが。

サラリーマンの方々は、そういう意識なのですか? 正直なところを伺いたいです。




【会社員】「社会を知ってる」っ奴って誰?【大人】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1094153475/l50

107 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 00:17:55
これから必要なのは、個人が自律性を保持したまま部分的に帰属して
掛持ちできるようなコンヴィヴィアルな共同体。要はコンビニ的な集団かな。

108 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 04:53:01


34 :名無しさん@社会人:04/09/14 08:33:15
「社会人」という言葉の獲得競争ゲームは、多様化した価値観の社会で
「モテる」などという言葉の獲得競争ゲームと同じ程度に
他者との間の共通の価値基盤になっているように思う
(この言葉を獲得していることが他者に対する優越となる)
両者に共通する「コミュニケーション」の問題が人びとにとって
多大な関心をよせる対象になっているのではないだろうか


109 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 16:41:49
48 名前:名無しさん@社会人[sage] 投稿日:05/02/10 16:48:38
民俗学者の柳田國男が「世間師」について言及しているのを読むと、
「世間師」とは異郷のことをよく知る旅人のことを指していて、いわば
一つの共同体の中にとどまっているような人のことではないんですよね。

そういう意味では、同じ会社にずっととどまっているような「正社員」も
「世間知らず」といえるわけです。

110 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 17:14:43
柳田國男によると、「世間」とは特定の社会集団(共同体)を指す言葉ではなく、
むしろ特定の社会集団(共同体)の「外部」を指す言葉だったんだそうです。
そういう意味で共同体と同一視されることのある「社会」とは意味が異なりますね。

111 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 17:38:18
世間の語源については古くは梵語に由来する訳語らしいんですけど、柳田の対象は
あくまでも民俗学的な「常民」なので、この語が単に「外部」(余所・他所)を意味する
表現として使われていたという点を強調していますね。


112 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 19:11:24
Fonte 169号に、「ニート」問題についての
内藤朝雄さんへのインタヴュー記事があるようです。

113 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 22:27:53
中身紹介キボンヌ

114 :荊冠旗 第2214号/05.04.11:2005/05/04(水) 00:25:13
http://www.bll.gr.jp/colum2005/col-k-20050411.html

115 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 18:06:05
>114
ちがうだろ。『図書新聞』じゃなくて『Fonte』の方だろうよ。
『Fonte』の記事を読んだ人、紹介して。

116 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 19:00:21
>>115
Fonteでのお話の要旨は図書新聞でのその記事とだいたい同じです。

117 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 00:06:42
要旨は、『今なぜ、学校カウンセリングか』の「まとめ」で論じられていることを基本的に
踏襲したものになっていると思います。
因みにこの本は、スクールカウンセリングの学校への導入に一定の批判的見解を示した
ものですが、「子供が危ない」「今の子供は危険だ」という喧伝によってそれが無批判に受
け入れられていく雰囲気に対して批判を加えつつ、冷静で慎重な判断を促しています。
「ゆとり教育」以前からすでにこの種の喧伝がなされていたことがよく分かります。

118 :内藤朝雄(?)、貴戸理恵バッシングについてコメントす:2005/05/07(土) 01:50:34
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20050504
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050501
>>116
http://d.hatena.ne.jp/kaoru3_16/20050317#p1

119 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 02:32:34
ttp://www.hucc.hokudai.ac.jp/~r16729/newsletter/newsletter001.htm

120 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 09:37:53
〈学級〉の歴史学―自明視された空間を疑う
柳 治男 (著)
講談社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062583259


121 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 16:48:46
>>113
共存の枠組みとしての日本国憲法を守っていきましょう、って語ってたよ。


122 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 16:13:05
>>116
『図書新聞』の方に書いてないこともかなりあるよ。

18歳成人の提唱
ワークシェアリングの提唱
社畜かフリーターかの2者択一を強いる構造自体が不当
「大人として成熟」した社会とは


123 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 21:16:14
ワークシェアリングとか学校選択の自由とかいった面では
オランダあたりが話題にのぼることが多いですね。
http://www.forum3.com/event/holland/thread001

124 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 09:56:48
内藤氏もアホバカ院生貴戸理恵擁護に回ったんだね。
しょせん上野千鶴子、小熊英二の派閥の人に過ぎないってことか。

125 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 10:10:12
そのへんは単に同業上の利害からじゃない?

126 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 11:25:46
>>124
アホバカが余分。
>>125
半分同意。

127 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 11:40:13
「強制労働」を批判しているけど、宮台さんがらみでも話題になったけど、
勤労義務の「義務」の解釈が問題になったよね。義務教育の義務もそう。


128 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 12:44:52
>>125
そういうのは同業というより学閥上の利害じゃない?

129 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 13:35:09
貴戸を擁護するのは上野・小熊派閥の人。

で、貴戸を叩いているのはどういう「派閥」の人?

130 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 14:48:11
だれも叩いてはいないと思うよ。それなりに批判はあるけど。

131 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 15:18:45
上野は学生時代の内藤をひどく扱っていたな。
内藤は上の人にへつらわないからね。
内藤に対する態度で、上野の性格がよくわかった。
どう考えても、内藤が上野の子分とは思えない。とうか逆じゃないか。
124はばかだね。


132 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 16:17:01
つまり内藤さんは同業上の利益と学閥上の利益で動いていたわけか

133 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 17:24:12
>>132
経験的に言って妥当な分析だと思います。

134 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 18:50:55
>>131
内藤は派閥的には宮台・小熊派閥じゃない?
宮台、小熊ともに上野の弟分的立ち位置。
上野本人と内藤の関係はどうあれ、
上野・小熊派閥と見るのは的外れではない。

135 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 19:29:37
え!? ええーーっ??

136 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 09:56:27
ほんと無知だな。
宮台と上野は険悪。宮台はことあるごとに上野を批判している。


137 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 10:19:42
>>128
学閥というよりは、同業者として、取材する側の利害を強く意識したものであるとは思う。

内藤氏ご自身もマスコミ(ジャーナリスト)から少年事件に関する取材を受けたけれども、
蓋を開けてみると自分の語った趣意とはまったく反対の報道がなされた(利用された?)
ことがあったと、世間に誤解をばら蒔くようなマスコミの報道振りを批判するなかで書い
ておられたはず。

マスコミに対しては、Tシューレも何度か同様の経験をされていたようで、なにかの著書
のなかでそのことについて少し触れていたことがあった気がする。

138 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 11:22:24
宮台、赤川、内藤、北田とかが上野批判を本気でやっているのか疑問はあるんだな。
とくに赤川はかつて親分を江原から上野に乗り換えてすり寄っていた。
この連中は言行が一致しているとは思えない部分がある。
上野の後任人事へ向けての猟官活動は既に始まっていると思われる。
吉田−上野ときて次も兄弟出身者を呼ぶのか、吉田門下を入れるのか、上野が自分の門下生を据えるのか。
宮台はポスト上野まで視野に入れて動いているのではないか?
同志社へ移るという噂まで流れたくらいだからクビ大にはいたくないだろう。

139 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 18:47:35
>>137
どこに書いてある?内藤さんのものはだいたい読んでいるけど、知らないなあ

140 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 21:34:23
図書新聞じゃない?

141 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 23:22:39
貴戸氏に対する内藤氏の反論に基本的に賛成。

不登校を選択することを許さないような、差別的、抑圧的な諸効果の問題を、
既成の学校社会の問題ではなく、それを被る立場にいて選択を著しく制限され
て苦しんでいる側=登校拒否者の「自己責任」の問題にして押し付ける言説を
行使しているのは、まさしく貴戸氏自身の言説ではないだろうか。

142 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 23:23:36
貴戸氏に対する内藤氏の反論に基本的に賛成。

不登校を選択することを許さないような、差別的、抑圧的な諸効果の問題を、
既成の学校社会の問題ではなく、それを被る立場にいて選択を著しく制限され
て苦しんでいる側=登校拒否者の「自己責任」の問題にして押し付ける言説を
行使しているのは、まさしく貴戸氏自身ではないだろうか。

143 :名無しさん@社会人:2005/05/14(土) 20:05:15
個の尊重や自由等を掲げるフリースクール関係者の教育言説が「ゆとり教育」や
個人主義を謳う政府の教育改革路線を前にしてもはや無効だといった物言いは
どこかで見覚えがあるなと思っていたら・・・
そういえば、内藤氏の提示する教育改革案をここで真っ向から批判していた人が、
似たような趣旨のことを同じような立場から書いていたなぁ。

144 :名無しさん@社会人:2005/05/14(土) 20:28:08
>>112-116 >>121-122

僕は読んでないけど、
大澤真幸氏の『現実の向こう』もまた同様の問題意識に乗っ取って
論じられている本らしいね。


145 :名無しさん@社会人:2005/05/16(月) 04:04:49
>>143
そんな人いたねえ。でもあの人はいじめの社会理論をろくに読まずに、
チケット制=バウチャー制度だからダメ、の一点張りで話にならなかったけど。

146 :名無しさん@社会人:2005/05/16(月) 15:22:13
内藤のは、チケット制高福祉モデルだからな。

147 :名無しさん@社会人:2005/05/16(月) 23:56:53
内藤氏は宮台氏と3つしか違わないのだな。

148 :名無しさん@社会人:2005/05/17(火) 22:14:19
>>124
貴戸のルックスのよさに惑わされたんじゃねーの。内藤も男だってことだね。

149 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 08:43:29
>ルックスのよさ

┓(´_`)┏

150 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 20:58:38
>>146
佐藤学の学校共同体主義のほうが
コスト掛かるだろ。

151 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 00:05:47
>>148
おまえ本の写真しか見てないだろう。
実物をみてみろ。

152 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 00:10:14
内藤先生はイケメン

153 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 04:17:21
>>150
コストっていうか国の予算全部つぎこむ

154 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 10:15:20
内藤先生は、いじめでやってきたひとだからね。
損得抜きでいじめを許さない人だと思うよ。
いつもぼんやりしていてやさしいけど、いじめだけは目を光らせてる。
こだわりポイントなんだね。

155 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 11:46:24
でもそれも所詮は鏡像でしょ?


156 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 12:59:07
大河内君の事件について論じた村瀬学さんに文章に
ご両親から反論があった一件について思い出すね。

157 :名無しさん@社会人:2005/05/20(金) 15:36:05
見田宗介や内田隆三はいいひとらしい

158 :名無しさん@社会人:2005/05/20(金) 15:39:30
「自己決定論」の限界なんてことはよく言われるんだけどね。

159 :名無しさん@社会人:2005/05/21(土) 20:25:44
中間集団内での民主化を問題にするだけではだめ。むしろ求められるのは、
中間集団への個人の参加や不参加の出入りに対し、社会システムができるだけ
開かれたキャパシティーをもつようにすること。そしてその可能性を探ること。

フリースペースがフリースペースたる所以は、その内部が民主的だからとか
いうこと以前に、その場が他の場に対して相互にオルターナティブな存在で
「しかない!」ということに求められるべきなのかもしれない。

そうでない中間集団は、その内部がいくら民主的に配慮されていようとも、
「個性」や「自主性」を理念として称揚しようとも、そこへの参加が至上命令
とされている意味で必然的にファイシズム的な存在でしかなくなる。

イヴァン・イリイチ氏も言っていたように、その集団への参加が「出席(登校)」
として不可避に定義づけされているかぎり、たとえフリースクールであれオープ
ンスクールであれ、彼のいう根源的独占へのオルターナティブにはなりえず、
その意味ではフリーでもオープンでもありえない。

160 :名無しさん@社会人:2005/05/22(日) 00:26:28
>>152
イケメンというのは微妙だが、ブサメンでないことは認める。

161 :名無しさん@社会人:2005/05/22(日) 06:24:45
>>159
簡潔かつ的確だね。
内部が問題なんじゃなくて、外部とのパイプが開かれているかなんだよね、
結局は。

162 :名無しさん@社会人:2005/05/22(日) 09:50:53
インダストリアルな社会性でもヴァナキュラーな共同性でもない
コンヴィヴィアルな公共性かな?


163 :名無しさん@社会人:2005/05/22(日) 12:43:25
いい人みたいだね。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/482/1041229938/
正義感が強くて高校時代と同じことをやりそう。
http://web.archive.org/web/20011123103054/park.itc.u-tokyo.ac.jp/kiss-sr/~naito/newpage8.htm
この人どうなるんだろう?
明治大学が東郷高校と同じでないことを祈るのみ。

164 :名無しさん@社会人:2005/05/23(月) 11:48:24
登校拒否が罪悪視される集団観念といじめが合理化される集団観念とは
構造的に同じところに根っこをもっている気がするね。

このO君という子が、教師の指揮によってクラスのなかで公然と見せしめの
血祭りに上げられたイジメ事件にそれは象徴されているね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806803146

165 :名無しさん@社会人:2005/05/23(月) 12:31:15
>>159 自己レス
東京シューレをはじめとするフリースクールやフリースペースや親の会のネットワークは、
私の知る範囲で不登校の子を受け入れようとする活動実践のなかでは、その点に特に配慮
していたところだったのではないかと思われます。

10年以上も前に文部省がフリースクールへの通学を学校への「出席」日数と見なす案を
通達したときにも、それを歓迎するのと同時に、フリースペースがフリーでなくなってしまう
危険を懸念する声が奥地氏をはじめとして出されていました。
東京シューレがマスコミなどでとりあげられて有名になっていくにつれて、既成の学校への
登校強要が軽減される一方、それがフリースクールへの登校強要に転化するだけになる
傾向への懸念を表明して、それに釘を刺すコメントもされていた記憶があります。

>>159も実はその意見の思想的な受け売りなんですけどね。

思うに、貴戸氏や斎藤氏らが奥地氏を吊るし上げの標的にしている点も、そこにあると思われる
んですよね。
学校ないし会社、さもなくば不登校児等のサポート施設(特に全制的施設)などの介入を
第三の審級(?)の不可避性として絶対化しようとする発想が彼らには垣間見えるんですよね。
斎藤氏などには、かなりはっきりとそういう発想が明言されていたりする。その発想が本当に第三
の審級(?)足りうるのか、むしろ逆になってはいまいか、という疑問がいつもあるんだけどね。


166 :165 誤文の訂正:2005/05/23(月) 21:45:10
斎藤氏などには、かなりはっきりとそういう発想が明言されていたりする。
→ 斎藤環氏等に至っては、かなりはっきりとそうした発想が明言されていたりする。

167 :名無しさん@社会人:2005/05/25(水) 04:13:09
若者論の間違い
http://www.chisan.or.jp/chisan/center/report/27.html

168 :名無しさん@社会人:2005/05/26(木) 19:19:48
今はただただ内藤氏の新刊を待ち望むのみ

169 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 16:59:11
楽しみだね。

http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/

「ここを見ているみなさん。
会社や役所の「こういうタイプの人」のことを教えてください。
職場の人間関係の政治やパワハラやモラハラといったことについて体験談をお聞かせください。

貴戸vs東京シューレの場合とちがって、
こういうことをなくしたいというシンプルな共通の目標や情熱を持った者同士のおつきあいになると思います。
べたべたした鏡像ではなく、共通の目標に向かって部分的な接続をしようということです。

匿名性を保持するために事実関係の加工・変造・合成はきちんとやります。」

思い入れたっぷりの鏡像ではなく、共通の目標(自分が被ったような迫害や窒息が起きにくいような世の中にしたい)による部分的接続だと楽でいい。
内藤氏はもっぱら加害システムを分析して、被害者を分析しないから、貴戸氏のように被害者の自己カテゴリーをめぐるトラブルを起こす可能性が低い。
もっぱら加害者のやりくちを分析して、加害システムを破壊するための政策を提案する人だからね。
単純明快に、「こういうことが起こらないような提言をしてもらいたい」という気持ちでインタビューに応じるから、simple & beautiful。
被害者にとっては自己カテゴリーを詮索されるおそれはない(たとえ親しい間柄だって、自己カテゴリーについてウジウジ分析しあうのは、気持ちわるい)。
プログにある貴戸本への書評を読んでみても、
自己カテゴリーだの、サバルタンだの、当事者だの、そういった社会学研究室で流行っていそうなくだらないおしゃべりには無関心。
だれがサバルタンかなんてどうでもいい。「おまえはすでに、サバルタンではない」←「北斗の拳」じゃないんだぞ。アホか。
単純明快に「強制的に囲い込むな」「不利益待遇をするな」「自己決定を皮肉るのではなく、不当な処遇をやめさせろ」といったsimple is beautifulな正論で直球勝負をかけている。
『いじめの社会理論』http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4760120882/qid%3D1102954799/249-5972402-6041965でも、
被害者の自己カテゴリーだの当事者性だの、サバルタンだの、そういった無意味なことは全然書いていない。ひたすら加害システムの分析。

こういう学風がいちばんいいと思うよ。

170 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 22:35:08
>被害者の自己カテゴリーをめぐるトラブル

これって何でそんなにモメるのかね

171 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 23:17:19
>こういうことをなくしたいというシンプルな共通の目標や情熱を持った者同士のおつきあいになると思います。
>べたべたした鏡像ではなく、共通の目標に向かって部分的な接続をしようということです。

こういうのを「切り身文化」として批判する立場もある。どう反論するつもりなんだろう?

172 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 23:26:16
内藤さんの怨念は深いな

173 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 23:33:47
>こういうのを「切り身文化」として批判する立場

はじめて見た言葉だ

174 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 23:37:08
>>172
執念ぶかいと思うね。

175 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 23:37:33
学問が真理に準拠するものであれば、
加害者側であろうと被害者側であろうと等しく、研究者が自由に理論化してよいはず。
内藤氏であれば、たとえ被害者側でも躊躇せず、自分の論理で分析するはずだ。
たまたま被害者側の分析をしていないから糾弾されていないだけ。
そういう意味では貴戸氏の方が茨の道を歩んでいる。
加害者側はいくら加害者が不満に思うように描いてもだいじょうぶ(内藤)だけど、被害者側はすこしでも被害者のきにくわないようにえがくと危険(貴戸)。
内藤氏は茨の道を歩いているようで、明らかに悪いヤツを悪く描いているだけだから、立場的には楽。
例の教授にしても、業界の人はみんな知っている。
むしろ講師の立場で、不利益を被りながら悪い教授とたたかって、ますます対外的に評判を高めたはずだ。
内藤氏はいつもわかりやすい悪を攻撃し、わかりやすい正義の側にいるから、不利なようで有利。
東郷高校は誰の目から見ても悪(東郷高校での名声は今でも彼の追い風になっている)。
わかりにくいところで不当に糾弾されてしまった貴戸氏を救う必要がある。
何の罪も犯していない貴戸氏が罪人のように扱われるのを放っておいてはいけない。

研究者は、被害者側が不快に思う分析であっても、真理に準拠して発表する学問上の権利がある。
このことをはっきりと認識すべきだ。

176 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 23:38:53
>学問が真理に準拠するものであれば、

キリスト教神学ぽいね

177 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 00:10:01
>>175
立派な決意表明だね。ただし差別防止・人権擁護の立場から言えば、
今現在アカデミズムやジャ−ナリズムやマ−ケティング・リサ−チ等の調査業界で
通用している手続きが妥当かどうか疑問がある。
一度専門家と素人が同じテ−ブルについて、調査の手続きや倫理について話し合う機会が必要だと思う。


178 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 00:14:33
>わかりにくいところで不当に糾弾されてしまった貴戸氏を救う必要がある。
>何の罪も犯していない貴戸氏が罪人のように扱われるのを放っておいてはいけない。

この2行は余計だな

179 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 00:28:52
どこがキリスト教神学なんだ?説明してみろ。
利口ぶって単語をならべるんじゃないよ。しったかぶり馬鹿。

180 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 08:29:22
>>175
貴戸もその本で自分勝手な解釈によって不当に取材した相手を糾弾して
叩いているんだから、それ相応の反応を受けるのは覚悟の上であるはず。
言説空間の分析などとしているけど、その空間の設定が狭すぎるし、
客観的にも批判されているわけで。

181 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 09:20:12
>>175
支配的で安全な側に身を置いているのは貴戸氏のほう。

貴戸氏のような視点は、支配的である学校制度にほぼ全面的に依拠していて、なんら新しくもなく、
そのような視点からの不登校観、不登校論、不登校悪玉論のたぐいは専門家らによっても散々流布
されてきたもの。
登校拒否という「わかりやすい悪玉」をつくって、それを支配的な制度に最適応させるというのは、
まさに「いじめ問題」に対する通俗的な発想と同種の視点に立っている。

いっぽう内藤氏のいじめ論等は、それとはまったく違い、多くの点でこれまでずっとタブー視されてきた
既成のエスタブリッシュメントである学校制度の存在基盤そのものに真っ向から倫理的にも社会的にも
挑戦するニュアンスをもった試みになっている。
いじめ加害者を糾弾したり矯正させ適応を促せばばいいとかいった「分かりやすい悪を攻撃する」ものとも、
学級を再生させるといった類の通説教育論ともまったく次元を異にするもので、いろんな点で斬新的。

今は時間がないので、このつづきはまたの機会に。

182 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 09:24:01
最適応は再適応のまちがえ。急いで書いたもので(^^;)
最適応としても言いたいことには反しないんだけどね。

183 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 04:50:03
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1108479567/704
> 学校に行かない権利を主張する子どもは、
> 学校に行っている人間に対する侮辱である、だっけ。

↑の言葉を目にしたとき、ある不幸な出来事(↓参照)がふと思い浮かんだ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806803146

この少年は、↑の本のレビューにある文句(学校の破産)を口にしたことを理由に
教師によってほとんど集団いじめ同然の学級ぐるみでの「魔女裁判」にかけられたのだった。
少年はその直後に「○○先のバカ」というメモを遺して身を投げてしまう。

同種の言葉は↓でも見られた。
http://blog.goo.ne.jp/freestyle_intelligence/e/67f3279056a09159cbfd9c44822529bf
>(前略)よりポジティブにひきこもり・ニートを肯定するのは、ひきこもりやニートになりそうになりながら、
>あと一歩のところで必死にもがいてる人たちに対して、あまりに不誠実じゃないか、と思うからだ。

こうした言葉として言い表わされた発想が、学校共同体というものの集団的性格(メンタリティ)を
本質的にあらわしているように思える。

つづく


184 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 08:23:33
つーか他人は他人、自分は自分だろ

他人が何をどう考えようが自由勝手というのが日本国憲法なんだよ

185 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 09:01:07
>>184

共和制とはそのようなものだとマルクスも言っているな。
それは自明の原則としてふまえたうえで、批判するんだよね。
意見の多様性を認めることと、自分の意見をつらぬくことを
混同しないほうがいい。

186 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 09:17:27
何が言いたいのか全くわからん

187 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 09:45:28
>>184
その憲法があらぬ方向に変えられる話も・・・

188 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 11:29:18
>>183
そもそもなんで学校の破産を口にしたの?

189 :名無しさん@社会人:2005/05/30(月) 11:15:43
このシリーズはおもしろい。
http://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/2005/04/post_aedc.html

190 :名無しさん@社会人:2005/05/30(月) 17:28:49
この人ナメクジみたいなねばねばした人たちを少なくとも十年以上は叩いているね。
ナメクジみたいに群れてばかりでキモチワルイって、80年代反管理教育運動の流行語だったんだけど。
未だにやっているなんてスゴイよね。
ここまで来ると、まるでナメクジを宿主にする寄生虫みたいで
この人のほうがブキミに思えてくるよ。


191 :名無しさん@社会人:2005/05/30(月) 18:05:47
>>189

文章が詰まっていて読みづらかった

192 :名無しさん@社会人:2005/05/30(月) 19:19:20
内藤さんはいじめ問題から主としてアプローチしているんだけど、いじめとも関連の深い
不登校の問題のほうにも、内藤さんが言っていることはぴったり当てはまると思います。

はっきりとした犯罪的いじめばかりでなく、学校的な集団のもつ人間関係のある種の
いやらしさというものがありますよね。
「学校に行かない子は、学校に行っている子を冒涜している」みたいな集団的価値観。
登校拒否の子に対し「がんばって学校に来ている子に謝りなさい」みたいなことを言う
教師もいたらしい。こういう集団的価値観がふつうに通用してしまう。
塾やフリースクールでは通常ありえないことですね。こういうことと登「校」拒否が病理化
することは無関係ではないと感じます。「登校」という言い方がいかにも日本的ですよね?

そういう学校的集団価値を基準にした(宮台さんの言葉でいえば学校化された)人間関係しか、
人間関係をつくる場、拠り所がなくなっている。それは学校があまりにも支配的で、そこに行か
なくなったらただちに社会的つながりがすべて断ち切られてしまう、あるいは断ち切らざるを得
ないような罪悪感を強いられる学校社会の特徴がある。
このことが、学校社会のなかで不登校が拗れた問題に発展する必然みたいなものとしてある
んじゃないか、ということをつくづく感じるんです。

193 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 00:36:39
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/で内藤氏が新しいメッセージ

学校に似るな! 『 社会運動をする勢力のなかに、自分たちの運動の仕方自体に、斜めからみた皮肉なコメントを入れる若いやつがいることは、とても大切なことだ。
こういう若者を大切にしない、あるいは迫害する運動は、もう死んでいると言ってもいい。
そういう意味で「貴戸バッシング」は東京シューレの死を意味しかねない。あぶない。
 学級王国という言葉があるけど、クラスのなかでちょっと自分にシニカルなコメントをする児童を徹底的に憎んでいじめる教師がいる。こうなってしまったとき、東京シューレが死ぬときだ。
 運動体が腐るプロセスは、「敵に似てくる」という仕方で起こる(わたしの経験則では、気にくわない学生をいじめ抜く腐った教授は、左翼運動出身者が多い。なぜだろう)。
 一部の者たちによる、貴戸氏に対する刑法に触れかねないような罵詈雑言は、特にひどい。これは東京シューレによるものではないと信じたい。
東京シューレとしては、このような貴戸バッシングをやめてほしいという声明を出すべきだ。そしてまた、東京シューレの側に立つという名目で貴戸バッシングをしている者たちと東京シューレは関係ないという宣言をすべきだ。
 これをしないと、ほんとうに、シューレはこころある人たちから見限られてしまう。
 憎悪に駆られて侮辱攻撃をしている者たちは、自分たちの行為が東京シューレを滅ぼしていることに気づくべきだ。そしてなによりも、自分たちがやったことを恥ずかしく思うべきだ。
 東京シューレvs貴戸問題については、顧問の森毅氏に助言を仰いで動くことをお勧めする。彼が発信し続けた言葉をもう一度かみしめてほしい。
それから中井久夫『分裂病と人類』をお勧めする。強迫的であることのこわさを再考してほしい。
 わたしは東京シューレに対する好意で書いている。

194 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 01:02:54
>>190
これはニーチェの弱みみたいで痛い(笑)。いつも孤独な内藤さん、生きてて楽しい?

195 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 01:52:24
>>193
そのコメントを読むと、内藤さんは、集団というものに、暗に、ある種の完全さ、全体的包摂力
のようなものを期待しちゃっている感じがしますね。それは逆にいって、集団に全体主義的な
権力を要請していることになるんじゃないか。まさにそれこそ全体主義ではないかと思います。
その意味で、内藤さんのそうした物言いこそ、かえって自らの敵とするものに取り込まれてし
まっているのではないか、と。そんな疑問を感じます。

集団的全体主義というものが、悪としてばかりでなく、「君のことを愛しているんだよ、好意で
やっているんだよ」という博愛と包み込みの名の下に、個々の差異を同調させようとする和の
権力を道徳的に行使してくるという面を見ないといけない。そこで内藤さんが言っているような
言説によってそれらの権力は正統化されるのです。

196 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 02:27:03
寛容と全体的包摂はちがうだろう。
他者が思い通りにならない不透明さを尊重するということは、全体包摂とはちがうぞ。

197 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:02:51
>>196
他者が思い通りにならない不透明さを尊重するのなら、シューレは勿論、今回の一件で
反対に貴戸氏に対してシニカルな批判を向ける人にも寛容たるべきではないでしょうか。
貴戸氏が取材対象者二人のみならず、他者を著しく傷つけることが正当で、その逆が正当
でないという理屈は筋が通らない、ダブルスタンダードな偏った見解ではないかと感じます。

2ちゃんねるでの誹謗中傷合戦をシューレ関係者と印象付けるコメントも名誉毀損では
ないかと思えます。憎悪に駆られてシューレバッシングをしてしまっている内藤氏もご自身
を省みられるべきではないかと思えます。

198 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:04:58
>>189
1つかねーじゃん。うざい

199 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:26:47
>197
同意

200 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:30:04
要は寛容って言葉がおかしいな。

201 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:33:45
どういう風に

202 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:35:35
べつに内藤氏を批判攻撃する気はありません。内藤氏のお考えには多くの点で共感
するからこそ、あえて忠告のつもりで書きました。

203 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:36:28
異なる宗教、異なる思想、異なる学問をしている人を除いて包摂することを
寛容という
とすればよい

204 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:43:46
>>193
シューレに好意をもっているぞ、もっているぞ、と相手に共感を信じさせてといった
コミュニケーションを内藤氏は責めていたんじゃなかったっけ?
内藤氏が勝手に好意をもつのはいいんだけど、その共感を他者に勝手に投影して、
その鏡像からズレるからといって他者を攻撃するというのは、まさしく内藤氏が
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050501で批判していたことのように思うけれども。


205 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:47:17
内藤氏のニートバッシング批判や高校時代の抵抗に深く共感するからこそ、何でキドなんか弁護するのか不思議なんだよ

206 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:50:03
内藤さんには、シューレの子や奥地氏が社会的強者で、貴戸氏らは社会的弱者という
図式があるのかな? 貴戸氏らを批判している人はおそらくまったく逆に見ているはず。


207 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:51:56
それはシューレ側しか、攻撃をうけていると感じていないからでは。
鏡像のズレへの攻撃だけじゃなく、被害妄想にだって共感できないのは
当たり前

208 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 03:59:50
>>207
もう少し分かり易く書いていただけると・・・


209 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 04:00:46
俺も207の文章は意味不明

210 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 04:34:54
内藤さん、かえって余計に煽ってしまっている気がする。バッシング合戦になってしまう。

211 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 06:03:58
シューレ寄りの特定の人が連続で書いているようにしか見えないのですが。
ていうかすごい子供じみた詭弁で内藤批判するのやめた方がいいよ。
例えば、
>>197
>貴戸氏が取材対象者二人のみならず、他者を著しく傷つけることが正当で、その逆が正当
>でないという理屈は筋が通らない、ダブルスタンダードな偏った見解ではないかと感じます。

これなんかひどい。「貴戸氏が取材対象者二人のみならず、他者を著しく傷つけることが正当」
なんてどこにも内藤は書いていない。東京シューレは今までの声明を撤回しろと言ってるわけでもなく、
単に貴戸バッシングと東京シューレを切り離すように東京シューレは声明を出したほうがいいと
言っているだけのことだ。その程度の読解もできないとはね。

212 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 06:09:55
キドバッシングなんてないだろ
あるのは正当な批判

213 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 06:39:58
よほどグサッと来た奴がいたようだなw

214 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 09:06:12
ていうか、このスレ自体、明らかに同じ人(約2名程)が内藤マンセーな意見を
連続して書き込んでいるだけにしか見えないが。

215 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 09:34:45
そのくらいにしとけ

216 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 15:02:22
シューレいじめ許せない

217 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 16:13:43
内藤さんは面白いいい人だと思います。貴戸さんも面白いです。
けれど奥地さんは、無限大に魅力的です。

218 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 16:25:26
>>210
結局、消耗戦になってしまっている。不毛だね。

219 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 23:32:31
>>206
貴戸氏らは社会的弱者という
図式はおかしいな

220 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 23:53:07
フリースクールの倫理みたいなことを内藤氏は強調するけれど、同時に、「社会学の社会学」じゃ
ないけど、社会学者としての倫理、専門家権力の担い手としての倫理というのもあるはずだよね。

221 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 00:02:06
>フリースクールの倫理みたいなことを内藤氏は強調するけれど

読み違いとしか思えないよママン

222 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 00:07:52
いじめとか体罰とかでも、攻撃対象に向かって「お前のためにあえて教えてやって
いるんだ」的な物言いによる中傷や攻撃の正当化が行なわれることがよくあるよね。

223 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 00:09:50
>>221
読み違えですか? どういう意味で?

224 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 00:15:59
>>211
もしそれであるならば、「貴戸バッシング」という言い方が誤解を生むと思えます。
貴戸氏への一部の誹謗中傷表現というような言い方をされたほうが適当なのではないかと。


225 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 02:01:25
>>222
そうそう
お前のためを思って言ってるんだってね

226 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 06:24:42
貴戸はどう考えても強者だろ

227 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 08:12:01
不登校当事者への「サポート」団体としての真価が問われるなんていう内藤氏の
物言いにはちょっと賛成できないなぁ。その点だけは内藤氏の主張から逸脱して
しまっているんじゃないかとすら思える。
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050501で言っていることと矛盾するというかね。
いかなる個人をも包み込む集団たれ!みたいな「できもしない幻想」をむしろそうした場
へよりいっそう期待し与えているような言い方にさえ受け取れてしまう。
内藤氏だったらむしろ逆に、不登校当事者への「サポート」団体としての真価など
幻想であり、そんなものなど捨ててしまえ!と主張されるべきような気がします。

そもそもフリースクールやフリースペースという・・・(つづく)。

228 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 08:33:08
>>226
僕もそう思う。

229 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 09:10:28
寛容と包み込むを混同している。

230 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 10:12:36
ですから、いかなる個人をも受け入れる集団性というものこそ幻想ではないかと。

231 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 10:15:54
どんな個性に対しても寛容に受け入れる集団性をその真価などとして想定・理念化
してしまうことこそ、逆に、集団に対する幻想を強めるだけなんじゃないかな?

232 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 10:26:52
でないと、そもそもフリースクールやフリースペースが、サポートケア団体というよりは
むしろ相対的にオルタナティブな「居場所」として考えられた意味がなくなってしまう。

233 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 10:59:55
貴戸批判(者)に対して寛容さと言って和の論理をもってくるのはちょっと違う
んじゃないかな?どういう意味での寛容さということなのかな?
寛容さということを言うなら、相互に寛容であることが求められるはずだろうし。

234 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 12:39:08
フリースクールがフリースクールたる所以は、そこが万能の箱じゃないという前提
で成立していて、その居場所を求める人たちのみがそこに集う以上の場ではない、
というふうに否定形で表現される理念にあるわけでしょ?

どんな当事者のニーズにも対応し、それを吸収してしまえるような万能の寛容さを
特定の場に求めたら、それは逆になってしまうと思う。特定の場や集団に全能的な
寛容さを求めてはいけない。
そういう善意はたしかに共同体的善意なんだけど、そういう一見善意な発想は逆に
共同体への過剰な期待と幻想を強めることになってしまうんじゃないかな?

235 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 12:58:49
寛容というのはもっとサバサバしたものだぞ。
サバサバしたものだから共存の枠として信頼できるというわけ。
リベラリズムの基本を勉強し直してこい。
内藤本にもそういうことが書いてあったぞ。

236 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 13:14:23
>>235
そういう意味なら納得しますよ。同じことを言っていると感じます。

237 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 13:25:56
>>235
内藤氏がそういうことを書いていないと言っているわけじゃありませんよ。
書いているにも関わらず・・・??と疑問に感じた点を述べているだけですから。

238 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 13:58:29
来る者は拒まず、去る者は追わず。
その場その他者が自分のニーズや関係に合わないと思えば去ればよし。
合わないからといってその場に粘着してネチネチと相手(他者)を攻撃せず、
一つの差異として認識した上でその場を離れればいい。
離れていく者のことも差異として尊重して引き戻そうとするな。
どちらが悪いのでもない。互いに合わなかっただけだ。
そういうさっぱりした個と個、個と場との関係でしょ?
内藤氏は貴戸氏にも言うべきです。「他者」に寛容な分析者たれ!と。


239 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 14:35:15
>>232
>むしろ相対的にオルタナティブな「居場所」として考えられた意味がなくなってしまう。
ないないwww
当事者はまったくそんなこと思ってないw
バカな取り巻きがそんなイメージを植え付けて維持してくれたおかげ
まあ損している人間はいないから今のままでいっか!ってだけ
あほらし・・

240 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 14:41:24
>>238
同意します。
貴戸本を見ていると、自分よりも自由で幸福な子どもたちや理解者・協力者たちへの
疑念・憎しみ・嫉妬感情に満ちています。
彼女が他者(この場合不登校)を切り刻みたい衝動によって分析をしていることは明らかですから。

たとえば、親の会関係者が家の中にあがりこんでトイレのドアを壊したといった事例を報告した文書を評して
「このような印象を与えた」と記述するなんてふざけている。
実際にそういった事実が報告されただけでしょう。彼女が「学校の先生がまさかそんなことをするわけない」
という偏った先入観によってこうした歪曲を行ったのは明らかです。
その情報が広く共有され文書化されて残っているのも、そういったことがあまりにも頻繁だったからです。
また、そこまで極端にやらなくても、教師がいつそんなことをしても不思議でない慣習・ふるまいが日常的だったからです。
さらに、そういった教師に対して「乱暴はよしてください」「プライバシ−を無視しないで」と子どもや親や地域住民が声をあげにくい、
それどころかそうできない空気が充満している、もし追い詰められたあげく自己主張してもイラク人質叩きにも似た四方八方からのバッシングが
経験的に予想され、四面楚歌の状況におかれていた。
だからそういう話が定例会や講演会などでとりあげられ、
文書にされて十数年以上後も閲覧可能になったわけです。
これを単なる印象論だとするのは、論理のすりかえ、状況への無理解です。
あるいは、親という非専門家、文部科学省にかわいがられないリベラルな専門家への軽視・蔑視があるのではないか。
彼女は学校崇拝で目がくらんでいるか、不登校とその同伴者に対して敵意と悪意をもって情報を捏造したのです。




241 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 14:42:50
>>238
240のつづき。
この手の事実誤認・誹謗中傷をくりかえし、個人的にも集団的にも不登校とその周囲の生育条件を否定し
侮辱し切り捨てようとする
彼女の言説は、一昔前ならばある種の団体の「糾弾」対象だったでしょう。
彼女はシュ−レやその他の不登校当事者およびリベラルな関係者から
名誉毀損・侮辱罪・出版差し止め訴訟等をおこされなかったことを感謝すべきでしょう。
おおがかりな反貴戸キャンペ−ンがシュ−レとその近辺によって呼びかけられなかったことは
シュ−レとその界隈の寛容と成熟を示すものです。これには貴戸だけではなく、
すべての調査関係にとって朗報でしょう

242 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 14:44:02
>>239
> ないないwww
> 当事者はまったくそんなこと思ってないw

当事者とは誰を指して? で、その当事者はどう思っているの?

> バカな取り巻きがそんなイメージを植え付けて維持してくれたおかげ
> まあ損している人間はいないから今のままでいっか!ってだけ

理念として言っているんですよ。今のままってどういうまま?

243 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 15:21:10
>>211
そういうふうに和らげて言い換えて表現されていれば、同意できるように思われますが、
内藤さんの元の論調だと、2ちゃんねるを含めたそれらの書き込みのすべてにシューレが
責任を感じて声明を出す義務があるみたいに主張しているように受け取れてしまいます。
しかも、それらをシューレ関係者やシューレ寄りの発言をしている人の仕業であるかのよう
に文脈上強く仄めかすことによって。
貴戸氏の名をつけたスレッドのほうでは、大学院の内部事情にまで詳しく言及して貴戸氏の
ことを罵詈したり野次っている書き込みも多々あるように見受けられます。これはシューレの
人の書き込みというよりは、東大大学院の内部事情に詳しい人の書き込みではないでしょうか。

244 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 16:39:04
2ちゃんねるの場合、ヤラセ、自演ってこともありがちだろ?
その手の書き込みはあまりにも多いからなぁ。


245 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 19:35:34
ていうか、文体や全体の印象から推論するに、
貴戸スレとこのスレで暴れている、または仕切っている内藤ソックリの意見、
内藤にウケそうな情報の羅列って、ほとんど内藤朝雄本人の自作自演ではないかと思うのですが、どうなのかな?
でなきゃ、内藤の友達とか、内藤お気に入りの学生とかが数名で協力してやっているとか。
どこか小説でも読んでいるように会話が流れいくんだよな〜。
反ファシズムのために大衆宣伝・広告のやり口をとりいれて内藤と周囲協力者がやっている気がする。


246 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 19:36:48
228 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 22:31:29
今となっては数十年おくれの反管理教育のクリシェ見せられても、今の大方の
学校や子どもの問題とはズレているんだと思う。


229 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 22:53:03
悔しいが齋藤孝の方にリアリティを感じる




247 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 04:15:40
>>243
内藤のああいう発言の仕方も法律上やばいんじゃないかい?


248 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 06:32:15
いわゆる「選択の物語」というような言い方を使って批判する人達は、教育の選択権を主張
することそれ自体が、レーガン・サッチャー主義に批判的であるなしに関わらず、それに加担
していることと一緒だといった主張の仕方をする傾向にあるぞぉ。
内藤の提案していた教育チケットのことを、ここでボロカスに言って冷笑してた人なんか
まさにそういう論者の典型だった。内藤はそれに対する反論をどう出すつもりなんだろうなぁ。

249 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 07:03:48
>241
いや、茶髪キドは刑事告訴されて終わりだよ
刑務所で反省することだな
まぁ、後の祭りだがな

250 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 07:07:25
>240
貴戸の言説は、イラクで日本人が殺害された際に、政府側を擁護して何の罪もない旅行者を叩いて、おもちゃにした醜悪な人間と同質の悪質なものだと感じる

251 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 09:34:58
>>250
よく言った。まさにそうだ。

252 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 10:11:55
そろそろ潮時だな。
貴戸はどうやっても擁護しきれないだろ。
これ以上シュ−レや奥地を中傷し攻撃しても、
貴戸のみならず社会学業界やジャ−ナリズムも含む調査業界のイメ−ジダウンになってしまう。
これではいくら内藤が、自分(たち)こそ正当(統)な知の遺産相続者としても逆効果になってしまう。
もちろん内藤も昇進・最終的には古巣の東大に戻りたいと希望しているだろうが、
広い世間はこの跡目争いをどう見るかな? 東大大学院社会学のコップの中の嵐に
不登校やフリ−スク−ルといった社会的弱者を巻き込んで、利用して、利益を吸い上げる
そのことによって権勢を伸ばそうとする。
こんな運動を社会はどうとらえるだろうか。
単なる東大の「お家騒動」に組織の外の人たちを巻き込んでいるだけだ。



253 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 10:44:40
キドはTHE END

254 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 14:22:54
>>252

はぁ、内藤さんが古巣の東大に戻りたい?
東大に戻りたければ、上野千鶴子教授の忠実な子分で、敵をつくらず、その他エライ人たちに忠誠をつくしているだろうなぁ。
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/
きっと上野教授の編著本には、いつも内藤さんの名前があるんだろうね。
東大に戻りたければ、さぞかし明治でも杉山光信教授と仲良くやっているだろうなあ。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/482/1041229938/
彼がどういう人物か有名だよね。

よく読んでみろ。

「教官のゼミは宮廷であり、教官の寵愛を受ける濃度(身分)に応じて、同心円状に中心と周縁がなければならなかった。それは学問的な思考の問題ではない。彼らはみな公的にはきれい事をならべる達人であった。
わたしは有名出版社の刊行物に書かれたきれい事を読むと、彼らの顔を思い出す。教官の寵愛と恐怖を資源として用いた院生同士の足の引っ張り合いを観察していると反吐が出そうになった。」

この「彼ら」って、東大教授や元東大教授たちのことだよね。
こういうことを書いて東大に戻ろうとしているわけね。
内藤さんもよく考えているわw
きっと東大教授になれるよww

255 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 14:29:07
>>254
それがいま貴戸スレで起こっている事の真相か
だとすれば、東大院こそ彼らを一人残らず黙らせるための声明を出すべきかもなw
彼らのやっていることは東大院にとってなんの利益にもならんはず
・・・と思いたいところだが

256 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 14:36:24
>>254
学校社会なんて所詮そんな世界だよ (-.-)y-゜゜
共同体に変な理想をもたんほうがいい

257 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 14:54:19
この3つは区別した方がいいかも
@めぐまれない院生の妬み
Aみじめな偏執狂(パラノイア)
Bシューレのエライ人の逆鱗に触れて爆発

@→コラッと叱る。こいつら臆病者だからこれでおわり。おそらく内藤が一番嫌うタイプ。
A→かわいそうだから相手にせず、放っておく(こういう人に直面化を迫るのは残酷だ。貴戸版で書いた人、かわいそうだからやめようね)。
B→長いつきあいのこころある文化人仲間で、やめなさい、と説得。
あんたねえ、怒りにかられて晩節を汚すんじゃないよ。あんたが創り上げたシューレは、あんたの怒りよりも大切なものだよ。
シューレを大切にしてね。よろしくおねがいしますよ。

258 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 15:05:59
>B→長いつきあいのこころある文化人仲間で、やめなさい、と説得。
> シューレを大切にしてね。

共同体主義に囚われたイヤラシイやり口だなぁ。
それが心ある文化人様の姿勢かい。w

259 :258:2005/06/02(木) 15:09:01
ちなみに、自分はシューレとはなんの関係もないが。
よって、シューレにも東大教授様たちにも共同体の論理でもって
口封じされる義理は無い。

260 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 15:14:29
偉い文化人様のご支持を仰げだと。知識人の傲慢さが滲み出ているなぁ。

261 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 15:25:36
>>245
> 内藤にウケそうな情報の羅列って、ほとんど内藤朝雄本人の自作自演ではないかと思うのですが、どうなのかな?
> でなきゃ、内藤の友達とか、内藤お気に入りの学生とかが数名で協力してやっているとか。

内藤の著作内容を(無断?)転載できてしまうことからしてその可能性はあるかもね。

262 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 15:44:27
>>260
御偉い文化人のご機嫌をとらねばならないらしい。どこやらのゼミと同じ様にw

263 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 17:44:28
Aは精神医学の政治利用だね。
こころある文化人様たちはこぞって反対なさるのでわ?


264 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 17:55:23
>>254
だから、これまではそうだった。しかしこれからは別の路線を行くこともあるかも、っていう未来予想だよ。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。

ところであなたは内藤朝雄の関係者ですか? 彼はセンセイ呼称反対派だよね。

265 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 17:58:56
>>227
>不登校当事者への「サポート」団体としての真価が問われるなんていう内藤氏の
.物言いにはちょっと賛成できないなぁ。

おせっかいだし、いかにも上からものを言う調子が鼻につきますね。

266 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 18:03:34
>あんたねえ、怒りにかられて晩節を汚すんじゃないよ。あんたが創り上げたシューレは、あんたの怒りよりも大切なものだよ。
>シューレを大切にしてね。よろしくおねがいしますよ。

奥地さんは何よりもシューレの子どもたちを守るために洗練された象徴的攻撃を行っただけです。
彼女自身の名誉も汚されたのだし。シューレ存続にもかかわる事件だったからね。
シューレを粗末にするようにうながしておきながら、シューレを大切にしてねだと?
ふざけるな! それこそイデオロギー注入じゃないか! 
ふざけるな、この学校化社会肯定ファシスト、もっともらしいこと書いてりゃ何でも通るとおもうなよ!!

267 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 18:36:43
内藤がファシスト?
自分とちがう意見はみんなファシストだなあ。
シューレは昔のカソリックのように不登校の人や、シューレにかかわる人たちについての解釈権を独占しているわけじゃないぞ。
ファシストは思想統制をして解釈権を独占するけどな。
シューレの一部の人が気にくわないとおもう解釈をした貴戸をこれだけ迫害するのが、ファシストのテロだっていうの。
こいつらがシューレ存続を危うくしているぞ。
こういう板でお前たちが憎しみで毒づいている姿を見て、シューレを黙って見限っていく人たちがどれほど多いか考えてみろ。
こいつらはシューレのメンバーではないはずだと予想しているけどどうだい?
毒づいて風評被害を及ぼす前に、書き込みするときに「わたしはシューレのメンバーではありません」と一言ことわってから書いてくれないか。
そうでないと、こいつらの醜態がシューレのものだと誤解されるぞ。
ただの憎しみでがなり立てるのが癖になったただのタクマ風左翼崩れのクズだ。
おそらくこいつらはシューレの会員ではない。
観ている人たちに誤解されるような書き込みをするなよ。
お前たちがメンバーでシューレの主張をしていると思われたら、以後、シューレに金を払う人がだれもいなくなるぞ。
そういう意味で、シューレの方でも、こういうネットテロリストたちとの無縁宣言をした方がいい。
シューレの名誉のために言いたいが、シューレの会員でこういう手合いはほとんどいない。
大部分は、貴戸氏を憎んでもいない。シューレ関係者で貴戸氏を憎んでいるのはごく一部。
たまたま上層部の一部がキレちゃっただけ。
憎しみで全身を浸されて左翼崩れの発散の仕方が嗜癖になった部外者が、エンドレスにいやがらせをくりかえしているだけ。
見ている人たちはこいつらで、シューレのイメージをつくらないように。


268 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 18:38:42
それから、内藤氏があげた東大のイメージも、悪質な一部がチェックされないで、他の人たちがみてみぬふりをするといういみで、とんでもないけど、
大部分の教官はまともな人たちだ。
たしかに、大部分のまともな人たちが同僚との軋轢を怖がって何もしないのは大問題だ。
だけど、あくまでも酷いヤツは少数派。少数のひどいやつを多数のまともなひとたちが抑制すればいいだけ。
シューレも一部の悪質な部外者シンパのネット上のテロ行為に対して、明確な抗議と無縁宣言をするべき。¥そうしないと誤解されるままになって、まともなひとたちが見限っていく。
こいつらの醜悪ながなり方、貴戸氏に対する攻撃の仕方をみれば、大多数のひとたちは去っていく。
親は自分のこどもをこんな人たちの中に入れたくないと思う。
子どもは、こういった左翼崩れの毒づきかたは、学校以上に酷いと直感的に見抜く。
東京シューレは潰れる。
危険だ。

シューレの一部の偉い人が切れたことと、悪質な部外者の憎悪の祭りがシンクロしてしまった。
大部分のシューレのメンバーは貴戸に対する憎しみで盛り上がってなどいない。

269 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 18:52:53
>内藤がファシスト?
266は内藤が、とは書いてないよ。
シューレと親の会を憎み叩いている連中のこと。
ひょっとして内藤もその一員だとキミは判断したってこと?


270 :訂正する266:2005/06/02(木) 18:54:16
↑すみません、3行目の頭に「ファシストは」が抜けました。

271 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 22:01:24
例えばその「八百屋のにーちゃん」がマスコミから取材を受け、その取材者に心を開いて本音を
話した結果、その八百屋のことを名指してコテンパンに叩く内容の記事を公然と書かれたとしたら、
「八百屋のにーちゃん」ならばそれを読んでニコニコ笑いながらもう片方の頬を突き出す筈だと?
両者は対等な他者同士のコミュニケーション関係のはずでしょ?
それならばなおさら、取材される一方の側にのみ寛容さの責任があってというんじゃねえ。
取材した側も同様にされるかもしれないという取材者側の寛容さがあってはじめて
普通に対等な「八百屋のにーちゃん」との関係が成り立つはずであるのに。

272 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 22:10:32
↑ 失礼。途中で送信してしまいました。

上のほうに親の会やフリ−スペ−スが業務妨害に当たるようなことをされた旨の記述があったね。
八百屋さんへの営業妨害と今の法律でいっしょにできるのかどうかは微妙だと思うが。
これも貴戸本の「言説効果」であり「象徴責任」だろ?
「言説空間」は実践空間とリンクしているんだぜ。そのへんのところ、わかってんの?

273 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 22:29:09
シューレって宗教団体なん?

274 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 22:58:48
>「八百屋のにーちゃん」ならばそれを読んでニコニコ笑いながらもう片方の頬を突き出す筈だと?

どうやったらこのように読解できるのですか?良かったら教えて下さい。

275 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 22:58:58
>>267 >>268
君のその口汚い罵詈雑言による言論封じこそ解釈権の独占、思想統制。
内藤氏や東大や貴戸氏のイメージに泥を塗っているようなもの。
それを書いたのが彼ら自身ではないと信じたいが・・・

276 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 23:04:55
内藤氏の参戦でますます泥沼化してきたなぁ

277 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 23:12:00
どのカキコが内藤さんなの? 内藤の文体に似せたヤシかもしれないじゃん。


278 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 23:24:38
>>277
そうであるならば、内藤氏自身、自らも言っているように、それらの書き込みと自らとを
切り離すために、自身もちゃんとそのことを示す声明を出したほうがいいのでは?


279 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 23:34:27
271みたいな輩の存在がはっきりと物語ってるけど、なんだか貴戸さんや内藤さんに攻撃的な反応をしている人たちって、ほんと学校そのものになっている。
他者の存在を許容できていない。もっと、読み手として成熟しよう。
敵ではない内藤さんまで攻撃してどうするんだ。
君達は混乱しているよ。八百屋のにーちゃんとか瑣末な単語に振り回されているのではなくて、文脈でどう扱われているかで判断してみよう。


280 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 23:40:31
敵味方とかそういう図式で考えているわけではない。
疑問に感じる点があれば、その相手が誰でもはっきり意見するまで。
そういう姿勢こそ内藤氏らから教わったものだ。

281 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 00:17:22
シューレだけの問題だと思っているならそれはシューレメンバーの傲慢だよ。
シューレやフリースクール関係者だけがこの本への批判をふくめた意見の独占権を
握っているわけじゃあるまいし。
むしろシューレのメンバーはシューレという環境に守られているぶんだけマシ。
シューレ的環境に守られてこそ貴戸さんのあの本の解釈物語は可能になった。
むしろ問題を感じているのはそういう場すら身近にない「当事者」たちだったりする。

282 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 02:26:39
>>266-268
てゆーか、自演っぽいんだけど(-o-)y-゚゚゚ 

283 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 05:11:47
内藤スレ荒らさないでくれませんか?
ほんとに内藤氏に質問、意見したいならはてなDの該当の日記に
書き込めばいいと思いますよ?

284 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 06:46:57
貴戸スレと内藤スレで二重に書き込まれてるレスも多いしな。
貴戸スレはもうどうしようもない。
もうマトモな議論は望めない。

285 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 10:37:00
>>283
Dの該当の日記って? ブログ?


286 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 10:56:41
>>275

同意
>>267-268の罵詈雑言こそ、悪質なものを感じる
これを書き込んだ者こそ左翼崩れの保守的体制側ウヨク転向者に感じる
貴戸スレで粘着書き込みしていたのも、こいつだろう
宅間氏に思い入れがあるらしいな
近親憎悪か

287 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 13:56:15
>>286
こいつ、オウム真理教に似ているな。
自分が批判されたら、その批判を相手側の特徴としてオウム返しに批判する。
Aという指摘を受けたら、おまえがAだと返す。
よく読んでみると内容はほとんどない。
内藤氏の本に出てくる投影同一化による反転攻撃というやつ。
おそらく>>257さんが、Aかわいそうだから放っておけと指摘していたみじめな妄想傾向の人だろう。
パラノイアという指摘もあったが、気持ち悪いやつだな。近寄らないのが一番だ。無視しましょう。相手にすると取り憑かれて呪われる。
気持ち悪いヤツって、人に取り憑くんだよね。貴戸氏に取り憑いているし、内藤氏にも取り憑いている。奥地氏にも取り憑きそう。二人とも「本来」自分がそうであったはずなのに、じぶんはそうでない人たち。
そんな「本来」は、自分のみじめさが創り上げた涙の塔だ(エンデ『はてしない物語』に出てくるアッハライの涙)。内藤氏の本で言うと、〈欠如〉からの全能希求というやつ。
あなたがきわめてみじめな存在であることはわかっている。自分のみじめさに顔を背けず、ひたすら自分のみじめな人生に直面し、鬱に耐えて生きる勇気を持て。他人を攻撃して醜悪になるよりは、自殺念慮のただよう鬱に沈む勇気を持て。


288 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 13:56:32
それが自分の正確な姿だ。自分を分裂させて、その一部で他人(ほとんど有名人:奥地圭子・内藤朝雄・貴戸理恵=鏡像)に取り憑いて(あやかって)虚構のパワーにひたろうとするな。
赤の他人はだれもあなたの自己イメージに責任をもっていない。あなたにはそれを要求する権利はない。それにもかかわらずそういう要求をするから、あなたは「気持ち悪い人」なのだ。
貴戸氏に対して自己イメージに関する被害感をいいたてる者たちは、そういう意味で「気持ち悪い」人たちだ。内藤氏のプログにもあったが、貴戸氏はあなたの自己イメージをあなたのナルシシズムのために「ただしく」映し出す鏡(想像界の同胞)でもなんでもない。
有名人に取り憑く年配女性のストーカーによくあるパタンだけど、あなたはまだ若いはずだ。他人におぶさらず(投影同一化せず=取り憑かず)、自分の力で自分の人生を切りひらけ。
こつこつと努力して、その努力の蓄積として、誇りのもてる技能を身につけろ。内藤本にも職人系の誇りの話しがでてきたはずだ。
職人系の誇りがあなたを救うと思う。

もう2ちゃんねるはやめなさい。

289 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 14:08:23
くりかえして言うが、大部分の東京シューレのメンバーは、貴戸氏に対して攻撃的ではない。
貴戸本をおもしろがって読んでいる。「そういう面もあるよね」と笑いながら、しかし「そういう面」だけでない、自分たちの良さに静かな誇りをもっている。
だから、貴戸の本にキレるどころか、部分的な自己諧謔という高貴な態度をとっている。
シューレのメンバーの人間的な質はかなり高い。
貴戸スレや内藤スレに出没する、みじめな毒づく者たちは部外者だ。
東京シューレとはいっさい関係ない。
東京シューレのひとたちも、そのことをアピールした方がいい。
そうでないと誤解される。

290 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 14:29:08
奥地さんもこのことに気づいてほしい。
奥地さん見てるかな。

291 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 14:31:48
ういえば宮台は東大生にはストーカーが多いと言ってた。
ほんまかいな

292 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 14:42:37
宮台によれば、一昔前は東大生に多かったが、それがどんどん裾野を広げていって、今ではどこでも見られるようになった、と書いている。
むしろ学歴コンプレックスの女性とか、再エロチック化した高齢者がしつこい。
今はテレクラ崩壊後の時代だけど、高齢者限定のテレクラはいけるかも。
あと学歴コンプレックス女性ともてない東大生の合コン企画とか、どうでしょうね。
ヤドカリとイソギンチャクみたいに、共生イイかも。
もてない東大生って、ほんとに匂ってきそうな臭さがすばらしいぞ。
「気持ち悪い」ストーカー女でも大歓迎、ってかw。

293 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 14:46:55
漏れは、再エロチック化した60代大学教授が女子学生に勘違い攻撃をかけて懲戒免職、という笑えるパタンが好きだな。
京都大学出身者などによくありそうなパタン。

294 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 15:05:27
そういうことは東大出身者の方が多いぐらいだぞ。
ところで内藤氏はどうなんでしょうね。やっぱりブサい系の人か。

295 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 16:32:00 ?#
>>289
>くりかえして言うが、大部分の東京シューレのメンバーは、
問題はその大部分でない連中なのだが、それについてはタブーか。

296 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 17:01:53
>>289
>くりかえして言うが、大部分の東京シューレのメンバーは、貴戸氏に対して攻撃的ではない。
>貴戸本をおもしろがって読んでいる。「そういう面もあるよね」と笑いながら、しかし「そういう面」だけでない、自分たちの良さに静かな誇りをもっている。
>だから、貴戸の本にキレるどころか、部分的な自己諧謔という高貴な態度をとっている。

だったらなんで抗議したんだ?




297 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 17:04:15
>>289
>シューレのメンバーの人間的な質はかなり高い。
>貴戸スレや内藤スレに出没する、みじめな毒づく者たちは部外者だ。
>東京シューレとはいっさい関係ない。
>東京シューレのひとたちも、そのことをアピールした方がいい。

あの、貴戸本が標的にしたのはシュ−レだけではなく親の会、奥地圭子個人、
それにすべての自称・他称不登校です。フリ−スク−ルや居場所も含みます。

298 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 17:16:59
>シューレのメンバーの人間的な質はかなり高い。
>貴戸スレや内藤スレに出没する、みじめな毒づく者たちは部外者だ。
>東京シューレとはいっさい関係ない。
>東京シューレのひとたちも、そのことをアピールした方がいい。

分断統治でつか。


299 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 17:18:54
>>289
>>281を読め。

300 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 18:02:15
>>287-289
こいつ本当に凄まじい粘着だな。マジできもい・・・
オウム顔負け
観念を弄んでるな
パラノイアそのものはお前
他人を攻撃して、凄まじい思念を放出させてるなぁ・・・

もう、ネット中毒はやめとけ
仕事をしろよ

言葉の世界に耽溺するのはいい加減にしろよ
恐ろしいまでの執着心だな
徹底的に論破してやるってその態度はどこからくるんだ?

しかも、言ってることは的外れ
自分のことじゃないのか、としか思えないな

301 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 18:03:51
>>224でも指摘しているとおり、内藤氏が「貴戸バッシング」とおっしゃるとき、貴戸氏の本に批判的かつ
シニカルな目を向けた書き込みを全部ひっくるめて「バッシング」だと総称した上でそう言っているのか
どうか、どうもそこが曖昧にされて提示されているように見えるところが、ひっかかりますね。

>>287 >>288の書き込みを読むと、どうもすべてひっくるめてそう総称して、貴戸氏の本に対してシニカル
なコメントを書き込む連中は全員黙れとばかりにまとめて人格攻撃しているように読めてしまうので、仮に
それが内藤氏の意図するものであるとするならば、その意見にはまったく賛成できないですね。



302 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 18:08:20
227の書き込みはパラノイアにしか見えないんだが・・・
どういう人間が書き込んでるんだろうな

303 :(`O´)/□ イエローカード:2005/06/03(金) 18:20:00
>>302
おいおい、>>227はなんら人格攻撃的書き込みではないだろ?
それに対して人格攻撃をしてどういうつもりだ? 内藤本人なのか?

304 :302:2005/06/03(金) 18:31:49
間違えでした
227じゃなくて287です

305 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 18:55:54
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/
明治大学の学生もめぐまれたよい子が多そうだね。
やっぱり内藤氏もお育ちの良い善良なお坊ちゃん・お嬢ちゃんが好きみたいだね。
宮台氏と同じ。みじめなめにあって生きていれば、性格も悪くなるし、他人にやつあたりするし、ひねくれた感じになるだろう。
人に迷惑もかけるだろうし、いじめもするだろう。
内藤氏も宮台氏も昔の自分に似た「うす汚れたくず」よりも、それとは正反対の、「本来」若き日の自分もそうであるはずだった(しかし、過酷な父親と東郷高校によってそうであることを奪われた:内藤氏の場合)お坊ちゃん・お嬢ちゃんが好きなんだね。
内藤氏の学生好きは、そんなふうに見えるけどね(それって投影同一化じゃない?)。でも底辺校の群れたヤンキー少年たちをひどく嫌いそうだね。彼らはひねくれていて残酷だからね。つきあうのが大変だよ。
宮台氏も内藤氏もただの貴族ではなくて、一時期あやうく「うす汚れたくず」に落ちかかって、それから自力で貴族状態に回復した人たちだからね。
過剰な拒否は、逆に内藤氏おとくいの「投影同一化」を疑わせるよ。山形マットを見ていても、内藤氏は過剰に醜い者に反応する。杉山教授だってそうだよね。あの程度の邪悪な人は世の中にいくらでもいるよ。
「うす汚れたくず」をいちいち刺し殺していたらきりがないよ。稲葉さんのプログで読んだけど、父親を一回刺し殺せばそれで十分。
「うす汚れたくず」にももう少し冷たくやさしく接してあげていいんじゃないかな。それがいい意味で距離を置くということだよ。

内藤氏が愛するお坊ちゃんお嬢ちゃんたちは分裂した世界の良い対象、
貴戸氏を罵る「くず」たちや杉山教授は悪い対象。
メラニークラインの世界だね。


306 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 19:42:11
内藤氏のことは尊敬するが、媚びたくはない。

307 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 05:09:01
内藤氏に子どもがいるのかいないのか知らないけど、もし内藤氏の子どもに少しでも「うす汚れたくずども」と似た部分があったらどうするんだろう?
必死に強迫的な除去作業を繰り返すのか。
おそらく内藤氏の親もこういう憎しみのこもった除去作業として、普通の親ならしないような虐待をしたんだと思うよ。
内藤氏がかいまみせる悪に対する過酷さは、きっと父親の過酷さをうけついだものだろうね。
人間の「うす汚れた部分」に対してもう少しゆったりと落ち着いて生きていてもいいと思うよ。
それが「自分は親のようにならない」ということでもあると思うけどね。

悪に対する太っ腹な寛容さが人生を楽しむ余裕をあたえてくれるよ。

308 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 05:40:17
想像力が豊かなんですね

309 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 06:07:38
内藤氏は評価するが、キドを弁護している点だけは納得いかない

310 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 09:38:07
寛容さを求めて弁護するのはいいが、ダブルスタンダードつーところがなあ。

311 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 10:52:30
内藤氏も善と悪に世界を二分するのをやめて大人になった方がいい。
世俗の雑務もさらっとこなしながら、お酒も飲めるようになって、多くの人とつきあう方が楽しいよ。
二分されるとまわりも迷惑だしね。生き方が妄想分裂態勢から抑鬱態勢に変わるといいね。

312 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 11:25:58
>310
良いものは良い
悪いものは悪い
ってはっきり言うべきであって、ナチス的言説に寛容になるべきではない

313 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 13:22:47
内藤さんがふつーの人になったらおもしろくねー。
正義の味方キャラ好きだよ。


314 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 14:08:59
彼も痛い人だ。
トラウマのルサンチマン。

http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/?of=84

つらいだろうけど大人になれよ。偏頗な正義にこだわるんじゃないよ。

315 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 14:44:35
>>312 
寛容というより距離を取ることだろう。
いじめの社会理論でも嫌な奴、付き合いたくない奴とは
具体的に距離のとれる仕組みを重要だとしている。
ナチス的不寛容を根絶やしにしようとすれば、
それこそファシズム的にやるしかない。

316 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 15:48:39
しつこい揶揄の書き込み。内藤氏に正義してもらいたくない立場の人か。一見わかっていそうで、いやみな書き込みだな。
過去の親との関係と、現在の正義の問題とは別だぞ。

317 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 16:24:13
すべては投影同一化だよ、投影同一化w 君もね☆

318 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 17:14:12
手の込んだ内藤氏への価値下げだな。
内藤氏の得意な論理を逆用する手口が同業者っぽい。

319 :┐(_ _;┌お手上げ:2005/06/04(土) 17:18:46
手の込んだ価値下げをやっているのはどっちなのやら ┐(´_`)┌

320 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 18:09:10
投影とか同一化とか
心理学用語の好きなアホがいるな

321 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 18:22:26
内藤さん自身もシューレ&貴戸に対して投影同一化しすぎ(かな?)
一見冷静なつもりでも、本当は冷静さを失ってけっきょく煽っているだけ(のような・・・)

322 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 20:07:43
貴戸バッシング程度のものを邪悪の権化のように考えてぴくぴくする内藤さんが脆弱。

323 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 20:08:50
貧弱。神経質な人はだめだね。

324 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 20:25:50
何で、茶髪キドなんかに投影だの同一化だのするんだ?

325 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 20:35:03
弱いね。誰でも持っていそうな人間の嫌な部分に対してすぐにパニックになる。
内藤氏はお坊ちゃまだから、本当に悪いヤツを知らないんじゃないか。

326 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 20:41:20
なんだかこのスレも一気につまらん煽りや揶揄であふれてきたな………

327 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 21:14:43
ここは2ちゃん。
世界は広い。

325のような腐った蛆野郎は、2chでしか憂さを晴らせないのです。
2chの一歩そとへ出たら、内藤氏を建設的に評価、批評をしている人は多い。
そういった議論のいかに建設的なことか。

ここで妄想的な曲解に基づいた価値下げが行われても、そんなものは2chにどっぷりでない人にとっては、m9(^Д^)プププでしかないということ。

だいたいなんだよ茶髪だとか、弱いとか。くだらねえ

328 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 21:32:37
シューレや奥地氏に対するバッシングはバッシングだとは言わず、貴戸さんの場合にかぎって
バッシングだ迫害だのと言って他者のことを叩き、一方的に寛容さを押し付けるっていうのはどうかと。
しかも、2ちゃんねるでの一部の誹謗中傷的書き込みのことまでシューレの責任だと言わんばかりに、
まるで脅しともとれるような物言いをして、ほとんど命令口調で他者の立場をコントロールしようとする。
みずからは他者にまったく不寛容なのに、他者には寛容たれという。
「敵に似てくる」とは、もしかすると、そういう氏自身のことでは?
結局はこの人も、正義面をしながらも、実は、同じ社会学者の立場としての自己保身だけで物を言って
いるのではないかとさえ思えてしまう。

329 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 21:48:38
貴戸スレでやれ。

330 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 21:51:27
内藤さんは単にこう言うべきだったな。
貴戸、奥地両氏、及びシューレの人々に対する罵詈雑言の書き込みは、
それをしているのが誰であれ、直ちにやめるべきだ、と。


331 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:04:05
せっかく貴戸スレをキチガイ隔離スレにしてヲチしてたのにな

332 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:05:28
>>324
自演はやめろ。

333 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:07:41
>>279
> 敵ではない内藤さんまで攻撃してどうするんだ。

貴戸氏よりもむしろ内藤氏の発言のほうが問題が大きいと思うぞ。
おそらく法的にも。

334 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:15:56
なるほど。。328の感じる違和感はそこにあるのか。

ただ、
>まるで脅しともとれるような物言いをして、ほとんど命令口調で他者の立場をコントロールしようとする。
とあるが、内藤氏のブログの
「「当事者は神聖にして犯すべからず。社会学者は神聖なる当事者に「よりそう!」聖職者であり、聖職者にふさわしい文章を書くべきである」という観点からの、貴戸バッシングには反対だ。
他者性を尊重しない学校に窒息した子どもたちに空気を提供する老舗は、貴戸本の内容程度ではびくともしないが、内側から窒息死するかもしれない。

の箇所は読まれましたか?様々なパースペクティブが林立するなかで生きる自分という視
点がもてなくなった時に、一介の大学院生の論文に、強迫的な抗議をするのかもしれない。
他者性を認めない「学校」から逃れた子供たちを受け入れる場としてのフリースクールが
それではどうするのかという危機感の表明みたいなものだったのかなと読めたのだが。

それと、
>みずからは他者にまったく不寛容なのに、他者には寛容たれという。
の部分ですが、やはり同じくブログに
「理解し合えるとは限らない者同士が、商行為を誠実に行う、ということが基本だ。」
とあるように決して不寛容なわけではないでしょう。他者は、必ずしも理解できる存在で
はない、というのは実は、最大限の他者尊重の仕方であり、その線で考えるとシューレも
「あなた(貴戸さん)はそう考えるのですね。でも当方は・・・」という形での表明がよ
りフリースクールの老舗としては適切なものだったのではないか ということを言っている
ように読める。

貴戸さんを全面的に肯定し、シューレをコントロールしようとしているという見方にはどうも
賛成できない。


335 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:17:57
>>260
>>262
大学業界では反権威主義の内藤さんなんでしょ?
なのに、大学外の人に対しては権威主義的な物言いをする人だなぁ
という印象をもってしまった。

336 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:20:44
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま〜た始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

337 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:41:42
>>334
> の箇所は読まれましたか?

その箇所を読んだからこそ、ますます328のような疑問を感じているわけですよ。
そういう内藤氏こそ、他者性に寛容であると言えるのか、本当に自身を省みられているのだろうかと。

> 一介の大学院生の論文に、強迫的な抗議をするのかもしれない。

それに対して強迫的に反応しているのはいったい誰ですか?
他者の意見を強迫的だなどと名指すそうした物言いこそ、強迫的なまでに他者に対して不寛容な態度
ではありませんか?
自らの論理を他者に投影し、それに一致しない他者を自らの論理の中で一方的に裁いて叩く。
内藤氏がもっとも嫌がることを内藤氏自身が自らの憎悪するものを他者の中に勝手に投影することで
やってしまっているのではないでしょうか?

そのような主張をされているのであるならば、シューレという他者にそれを投影する前に
今一度自らにその問いを発してみてはいかがでしょうか?

338 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:50:34
>>334
そうしたお考えには基本的に賛成しますが、他者に対して自らの理念をもってこうあるべきだと
いう物言いをするかぎりは、それは同時に、内藤さん自身にもそのまま返ってくる言葉としてある
はずですよ。いや、むしろ内藤さん自身のその発言をも問われる言葉としてあるはずです。
内藤さん自身がおっしゃられているように、ですね。

339 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 22:59:23
逆にいえばシューレにだけは返ってこないわけか。

340 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:04:59
>>327
茶髪はDQNだろう?
>>332
どこが自演?
妄想はやめろよ
>>333
法的にはキドが重罪

341 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:10:03
>>334
理解し合えるとは限らない他者に対する寛容な自己表現の仕方という点を問題にするとすれば、
内藤氏もまた次のような言い方をなされるべきだったのでは?
「貴戸氏の著書に対しては様々な反応があり、様々な意見があり得ることが分かりました。
その批判の仕方にも様々な姿勢や考えがあるのですね。仮に当方だったならこう考えます」と。
上記のことを理念とされているはずの内藤氏にとってこのほうが相応しい表現だったと思われます。

342 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:10:47
>>339
> 逆にいえばシューレにだけは返ってこないわけか。

それを主張しているのはシューレではないでしょう?

343 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:12:13
>貴戸氏の著書に対しては様々な反応があり、様々な意見があり得ることが分かりました。
この点はありえん。だって事実誤認じゃん。
貴戸氏の著書に対して反応とよべるものは、ある画一的な意見だけですが、
が正しい。そのおかげでさまざまな反応がでるようになったとは言えるだろうけど。


344 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:13:03
>>340
┐(_ _;┌

345 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:21:59
>>334
その社会学者というところをフリースクールにも同様に置き換えて考えることには
内藤さんは同意して下さらないんでしょうかね?
その考えについてはこのスレのもっと上のほうでも書きましたが。

346 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:23:52
>>343
様々なという表現に同意できないと言うでしたら、自分と異なる意見と言い換えても構いませんよ。

347 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:27:02
悪の告発に公共性があるかどうか。
事実関係はどうなっているのか。
○○はこういう行為を行ってきた。これは公的な○○という問題にかかわる悪であり、これを悪と指摘することは公益にかなっている。
こういうふうに言えるならばよい。とことんやれ。言えないならばやめておけ。

348 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 23:35:18
もちろん、内藤氏には内藤氏なりの確たるお考えがあり、他人に譲れない意見をお持ちである、
という点は理解しますし、それはそれでお互い様であることですからね。意見を変えていただこう
などとは思いません。
ただ、それに対して個人的に抱いた疑問なり感想なり異論なりを述べているだけですので。

349 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 07:39:13
このスレや貴戸スレなどで、内藤への皮肉まじりの声をいろいろと発している連中に対し
当の内藤が寛容さをどう発揮してみせるのか見物だな

350 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 12:52:06
内藤氏についてのしつこいほのめかしも、問題じゃないか。粗悪な贋金がでまわるネットだからね。

351 : ◆M2LMntdqe2 :2005/06/05(日) 13:31:55
>>350
プライバシ−暴きはやめたほうがいい。
いくら傲慢であっても、利害が対立したとしても、相手も人間だ。

352 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 13:47:33
ここ、シュ−レスレ? 

353 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 14:06:20
>>305
同意。内藤サンには下層階級や下層文化に対する激しい拒絶と憎しみがある。それが存在することすら全部否定するほどの強い否認が。
テスト至上主義なんていうのもソレ。学校・会社にはびこるテストによる減点主義は批判しないんだね。
テストが公平かどうかについても議論があるし、定員がある以上かなり優秀でも落ちる人もいるのに。


354 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 15:11:03
へー??

355 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 15:20:47
裁判になるとすべてが明らかになるんじゃないかな。
マスコミも大騒ぎするだろうし。
この十数年泣き寝入りしてきたひとたちのところに取材がいく。
どうしてやらないのかな?

356 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 15:46:40
>>317-324
>投影同一化

今年の流行語大賞に決定だね。

357 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/05(日) 15:47:30
>様々なパースペクティブが林立するなかで生きる自分という視
>点がもてなくなった時に、一介の大学院生の論文に、強迫的な抗議をするのかもしれない。

多元的な視点・語りがあることは自明の前提。ただし、そこには圧倒的な力関係の大小が介在するということを
おおいかくすのは非現実的だ。

>他者性を認めない「学校」から逃れた子供たちを受け入れる場としてのフリースクールが
>それではどうするのかという危機感の表明みたいなものだったのかなと読めたのだが。

それは違う。学校は他者性を認めないのではない。自己性を認めないのだ。
ほんの少し自己主張・表現をしただけで「自己中心・自意識過剰・失礼云々」と人を責める。
世界で一番の犯罪人扱いする。そこが学校の問題の核心だ。

ところでそれは子どもが学校の外で育つ原因ではない。子どもを学校に総動員するシステムこそ問題だ。
それさえ廃止されれば、誰が学校に行く・行かないとか、不登校は年間60日以上休んだ子か90日以上休んだ子かといった
瑣末な議論は吹っ飛ぶ。時間がないのでまた今度。


358 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 16:01:36
>>327 「腐った蛆野郎」は罵詈雑言ではないのか〜

359 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 16:07:33
>多元的な視点・語りがあることは自明の前提。ただし、そこには圧倒的な力関係の大小が介在するということを
おおいかくすのは非現実的だ。

あなたの感じる「力関係の差」は例えばどんなところにありますか?

>それは違う。学校は他者性を認めないのではない。自己性を認めないのだ。

自己性を認めないという意味で読んだほうが適切なら、それこそ自己性を見失った
フリースクールはますます学校に「似て」くるのではないか。

>子どもを学校に総動員するシステムこそ問題

これは禿げ同

360 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 17:54:58
貴戸養護の内藤センセが気に食わなくても、やっぱりいじめの社会理論だよな。

361 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 19:05:26
投影同一化理論?

362 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 19:07:44
そりゃー内藤タンからみればたかが一介の大学院生でしかない罠
でもその言い方は貴戸タンに失礼だ罠

363 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 19:45:13
ほけー

364 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 20:41:20
内藤タンと思いたいのね。でも「一介の」という語彙はへたうまプチ内藤タンでもつかわなそう。
プチ内藤タンもやりすぎでつよ。「投影同一化」にはきっと迷惑してますよ。

365 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 21:19:05
チンピラ大学院生というのは最強の貴戸擁護の表現じゃないの?
東京シューレも「チンピラをむきになって攻撃するのか」と言われたら攻撃できないでしょ。

366 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 21:28:48
内藤タン的にいうと

内藤(大学の先生)>>>>>>貴戸(院生)>>>>>>フリースクーラー

ってことかな

367 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 21:48:32
キドはアホバカ院生

368 :名無しさん@社会人:2005/06/05(日) 23:35:49
内藤もロンダ組でロンダ喜怒に
親近感と憎悪を感じているんだ。

369 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 00:49:32
茶髪キドはアフォ

370 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 01:01:05
茶髪気取り恵は、キャバクラでノーパンTバックで
オヤジ狩り

371 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 01:01:51
内藤って学部はドコよ?

372 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 01:36:51
鬼怒さいこー

373 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 02:10:12
何故、キドは髪の毛をウンコ色に染めているのであろうか?

374 :( ゚Д゚)y─┛~~:2005/06/06(月) 07:02:05
自演中傷カキコはやめな。そうやって批判カキコ全体のイメージダウンをねらっても無駄。

375 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 10:05:57
貴戸のことは貴戸すれでやれ。
ここは内藤すれだ。

376 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 12:55:10
ウヨ必死だなw

377 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 16:01:17
>>359
それはフリースクールなるものに勝手に投影同一化しちゃっているだけでしょ。

378 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 16:08:13
内藤が中間集団を強迫的に攻撃の標的にするのも投影同一化だったりして。w

ま、それは半分冗談としても、この言葉は、ある意味、諸刃の剣のような気もする。
内藤が社会理論のほうにシフトさせようとするつもりでも、心理主義的に使われる
危険は免れない。内藤自身もそれをやってしまっているような気がするし。

379 :名無しさん@社会人:2005/06/06(月) 19:34:40
心理主義的に使われる危険がある研究はするなと言うことですか?
だとしたら60年代そのまんまですがな

380 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 22:39:14
>>288
知り合いに聞いたら貴戸理恵の名を知っている人は半分以下でした。
業界では有名人でも一歩業界村の外に出れば無名人なのではないですか?

381 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 22:41:27
>>266
確かな根拠があるんですか? ど−もネタっぽい。

382 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 22:49:41
それにしても2ちゃんの祭りで行儀正しくしろと説教する内藤ってヤボでね?

383 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 23:01:54
>>193
>学校に似るな!

ぜんぜん似てませんが、何か?

384 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 23:04:30
>>287
>投影同一化による反転攻撃というやつ。

柔道でいう「相手の力を利用して敵を投げ飛ばす」というヤツでしょ。


385 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 23:10:20
>>>287-289
言っていることすべてがナンセンス。枝葉は当たっていても幹が違っている点
貴戸理恵本と瓜二つ。

386 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 23:11:31
>>291-292
定量的デ−タがあるのでつか?

387 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 01:52:10
近代市民社会ってそんなにいいものですか?

理想的な純粋な市民社会なんてヨ−ロッパにもあるかどうか疑わしいのではないですか?

388 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 07:17:59
>>379
研究するななんて意味の表現はどこにも書いていないはずなんですが。 (´・ω・`)
そのように読まれたんならまったくの誤解ですので。念のため。


389 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 08:47:34
>>387
その問題は難しいですね。
近代化に不可欠とされてきた制度が巨大システム化してきた結果、逆の(反近代的?)効果を
もってきてしまっているという一種の疎外論(?)的観点もありますね。
そこでポストモダン論者といわれる人たちは、近代を近代によって超克する(再帰的に乗り越える)
という課題が、近代以降(ポストモダン)の社会の大きな問題として常にあるんだということを言った。
解体構築などは、そのような意味で近代市民社会を動態的に捉えようとする思想運動の一つですね。


390 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 14:35:26
>>385
385 : ◆fkWqsaBuDM :2005/06/06(月) 23:10:20
>>>287-289
言っていることすべてがナンセンス。枝葉は当たっていても幹が違っている点
貴戸理恵本と瓜二つ。

287-289は枝葉末節も外れているデタラメな書き込みだと感じる

391 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 16:49:38
278-289もそうだけれど、ちょっと舌足らずっぽくて、しかも十代半ばの子どもが妙に教師ぶったり
弁護士ぶったりしているっぽい、饒舌で自己過信めいたカキコって、ひょっとしてN講師の?

392 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 17:14:57
内藤流教育改革プランってよく練られていると思う。けどさ、テストのできない知的障害児とかはどうなるの?
ひょっとして中絶? 隔離? 

393 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 17:17:27
内藤タンって「ノリ」を相当憎みつつ叩いているよね。
けれど、自分が好きで行っているライブハウスのノリのよい演奏とか、
スポ−ツの試合でたてつづけに点が入るときの「○○チ−ムのノリにのった攻撃です!」ってときのノリまでもを
否定しているわけじゃないよね?

394 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 17:21:11
それからさあ、内藤タンって、よくレフェリ−づらして「攻撃はダメだ!」言うよね。
けれど、適当な場面で適切に使われる攻撃(性)ならば、問題ないか、むしろ肯定的に見られるのでは?
たとえばデイベ−トの試合で積極的に意見を言う程度の攻撃性なら問題ないかプラス評価だよね。
ときに自己防衛のために相手を物理・言葉その他の手段で攻撃することも罪がないか、あっても微々たるものだよね?
ちがうかな? 

395 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 22:17:04
>>393
ノリが全てになる『帝国』を批判している。

>>394
自己防衛が過剰にならざるを得ない『場』を批判している。

大丈夫?

396 :名無しさん@社会人:2005/06/07(火) 23:28:07
>>387
近代市民社会をどう捉えるかって問題があって、その答え方によって違ってくるんでしょうが、
近代化自体がある意味(もしかするとその理念の何たるかをめぐっても)アポリアをずっと抱え
てきていて、それが、現代でもうまく処理されずにいろんなところで対立とか紛争とかを引き起
こす事態に発展しまっているように思える部分も、たしかにありますね。


397 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 00:41:12
>>392
いや、最近の世の中は学歴よりも人格なんていう摩訶不思議・奇妙奇天烈な
基準で採用が行われているだろう?

そういう曖昧ではっきりしない主観的なものさしよりは
不完全であっても学歴って言う基準のほうがマシってことだと思う

>>393
ノリっていうものがまた曖昧でだからこそ対処のしようのない
全体主義を生み出してるんじゃないのかな
ヒトラーなんて、ユダヤ人に対する生理的嫌悪感や動物的感情を
プロパガンダによって鼓舞・煽動したからな
対話的理性や論理よりも感情が優先したときの人間集団って
恐ろしいと思う



398 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 03:54:44
内藤氏、そもそも結婚してるの?

399 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 09:29:50
>>397
話はそう単純ではないと思います。
最近では、EQのような概念が登場しはじめ、従来の狭義の学力以外をも個人の学習能力として
テストで数値化して測れるという信念が社会的に台頭してきてもいます。
発達心理学などの影響でしょうが、いずれはこうした概念も学力の一形態として偏差値化され
る可能性が高いと思われます。
例えば、学校などでいじめを受けて集団不適応になった子に対し、EQの観点から、場合によって
は発達障害のレッテルが貼られることも考えられます。そして、いじめの原因はその子の発達
障害にあったとして、いじめ問題が個人病理に還元されていく可能性だってあるかもしれません。


400 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 09:48:13
学校というのは非常に理性的な社会的排除、理性的な社会的いじめの構造を
兼ね備えている。むしろそっちの見えない象徴暴力を見なきゃだめ。
犯罪的ないじめという部分だけに注目してるだけじゃ、事の表層を問題にしている
にすぎず、学校共同体主義と距離をとることはできないと思うし、反対にそれを強
めることにもなる。

401 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 12:25:08
犯罪的ないじめなんてのは、学校共同体主義者とて同様に問題にしているわけで、
校舎中に監視カメラを設置して取り締まるという規制主義の論理(管理が足りない論)で
単に処理され、学校共同体主義などなんら問われず反対に強化されるかスルーされて終り。

402 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 12:57:19
内藤は分りやすい敵を叩いているだけだから単純明解

403 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 14:50:28
お前内藤の本読んでないだろう

404 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 14:52:47
なんか明らかに本を読んでない・理解してない人の書き込みが目に付く。

405 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 15:46:18
>>403
お前って誰のことを言っている?

406 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 16:41:18
あほんだら
読んでから出直してこい
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4760120882/qid%3D1102954799/250-0877678-5934639

407 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 16:43:09
猿読まね考えねカキまくり

408 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 18:07:59
(?_?)
この人たち、もしかして内藤への批判だと勘違いしているのだろうか?

409 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 19:05:27
ここは内藤スレだ。

410 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 20:12:12
同一化が激しすぎ

411 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 11:36:57
投影同一化と同一化はどうちがうんだ?

412 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 14:07:35
>>397

道具的理性が勝り、人を殺すなんてかわいそう、残虐→イヤ! という感情の許されない
状況もまた恐ろしいと思います。

たとえば「戦場のピアニスト」で主人公のピアニストがナチスのユダヤ人狩りから逃げ惑うなか、
彼を助けたナチスの将校がいます。その将校は、対話的な理性によってユダヤ人ピアニストを助けたのではない。
ただ個人としての感情から、ナチスへの忠誠を裏切ってまでピアニストを収容所送りにせず、
食料や上着さえ与えたのではないでしょうか?



413 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 14:11:07
>>400
はげどう。


414 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 18:56:55
プチ内藤さんたち、他者の理解し難さに対し、もう少し寛容になろうよ。

415 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 19:19:13
なんか同一化って言葉が好きな奴が居るな

>>412
個人としての感情によって他者を冷酷に殺すこともあるのでは?
ユダヤ人は屑だゴミだ
朝鮮人シナ人は死ねとか・・・
やっぱり、理性が大事だよ

416 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 21:41:57
>>411 同一化はフロイトが提唱した基本的な自我防衛機制の一つで、
投影同一化はクラインの対象関係論からでしょ?
ま、論者によって色々とビミョーな使われ方をされているからなあ。

417 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 21:49:36
>412
397は「許されない」とはいっていないと思うぞ。
そういう刹那的なノリが最優先事項となる状況がこわいんすよ。

いじめの状況でなくても、飲み会の一気とかで、いやな目にあった
人とかはちょっとわかるんでないかと。

>>400
学校というのは非常に理性的な社会的排除、理性的な社会的いじめの構造を
兼ね備えている。むしろそっちの見えない象徴暴力を見なきゃだめ。

具体的にいってくれないとぼくちん頭悪いからわかんないYO!

418 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 21:51:27
>>414
プチシューレさんもね

419 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 22:06:24
>>418 マジレス? てか、414は単なる皮肉だろ。

420 :名無しさん@社会人:2005/06/09(木) 22:33:59
>>395
>大丈夫?

掛け声運動でつか?(苦笑


421 :414:2005/06/09(木) 23:06:10
>>418 あのう、じぶん、プチシューレじゃないんですけどー。

422 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 01:02:20
> そういう刹那的なノリが最優先事項となる状況がこわいんすよ。

なんだかまるで、いまどきの若者が危険だと煽ったり批判したりするときに
オヤジ世代がよく使うような文句だなぁw

423 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 01:06:59
精神分析的にいうなれば、理性と感情なんて紙の表と裏みたいな関係にあるもんでしょ?

424 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 01:32:37
>>422

いやいやおやじたちも「場の空気を読めてない」とかいったりするよね。

世代とか関係なくて、ひとつのコミュニケーションの危険な様式の類型としてあるってことでしょう。

やれやれ

425 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 06:16:51
>>424
言ったりするかなぁ? むしろ若い世代のほうが言ったりするんじゃないのか。
それに、場の空気を読むのは理性的判断でしょう。
お葬式の席とかで笑顔たっぷりに挨拶するというわけにはいかんでしょう。w

426 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 06:28:41
>>417
>>400 は文脈上 >>399 の書き込みを受けて書かれていると思われ。

427 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 08:43:02
>>425
場の空気を読んで行動することが?
理性的?

そうとは限らないだろう

飲み会での一気飲みなんかも理性的か?

428 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 13:22:45
>>427
> 飲み会での一気飲みなんかも理性的か?

場の空気を読み、そのときの自分の感情に逆らってでもそれに
適合した行動をするという意味では、極めて理性的な判断では?


429 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 14:35:59
念のために書いておきますが、飲み会での一気飲みを全面的に擁護したいがために
言っているわけではないですよ。個人的感情からいったら、ああいった雰囲気は嫌いです。
問題はノリそのものというよりはむしろ、その場にかかる同調圧力みたいなもんですかね。

430 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 14:58:43
>>412
いわゆるプラグマティスト的な態度ね。

431 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 15:47:33
>>429
同調圧力はノリのことではないのか?

432 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 16:12:02
飲み会での一気飲みのような場面でなくても同調圧力は働くからね。


433 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 16:30:54
佐藤学あたりに言わせれば、学校というのは、出身も育ちも異なるいろんな奴らが一つ屋根
の下で一緒に集まって学ぶことによって、自分と異なる大勢の他者とうまく折り合いをつけて
付き合っていくための耐性を身に付けるのに適した装置ということになるんだろうね。

434 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 17:52:03
>>433
だったら偏差値輪切りも障害者と健常者の別学もすべてダメってことか?
男女別学もアカンのか。佐藤はそれらに反対しているのか。

共同生活をしたいのなら、やりたい人だけが合宿、キャンプ、あるいはヒッピ−コミュ−ンみたいなところでやればいい。
なぜ選択の余地なく共同性を身につけねばならないのか。何の必然性もない話だ。

435 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 18:23:17
耐性
って根性論的だな

436 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 18:47:02
学習共同体主義者にいわせれば、差異への耐性は個人が自分以外のいろんな
他者と一緒に集団生活をするなかで身につけるもんだ、という言い方によって繰り返される。
でなければ人間は、他者に不寛容な自己中心的な個人に育つのだと。
そして、いまどきの若者の危機は、学級崩壊に代表されるように、学校ばかりか地域や
子供同士の遊び集団をも含めた「学びの共同体」が失われてきた結果だとされる。


437 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 18:49:13
学習共同体主義者にいわせれば、差異への耐性は個人が自分以外の他者と一緒に
集団生活をするなかで身につけるもんだ、ということになる。
でなければ人間は、他者に配慮できない自己中心的な個人に育つのだと。
そして、いまどきの若者の危機は、学級崩壊等に代表されるように、学校ばかりか地域や
子供同士の遊び集団をも含めた「学びの共同体」が失われてきた結果だとされる。

438 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 18:53:43
差異への耐性を身に付けさせるためにも、多くの他者との継続的な
遭遇と関係を強いる場としての学校共同体こそが必要なのであると。

439 :名無しさん@社会人:2005/06/10(金) 20:07:45
これだから文系の議論は嫌なんだよね
根性論・精神主義に終始してるんだもんね

440 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 00:04:34
↑貴戸スレにかえれ

441 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 02:19:27
>>440
こちらでもイラナイ。

まじでこの粘着のお陰様でいろんな人が引いてる気がする。
君の辛さは分かったからもっと適切なところへ池。

442 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 03:37:12
>>357
> それは違う。学校は他者性を認めないのではない。自己性を認めないのだ。
> ほんの少し自己主張・表現をしただけで「自己中心・自意識過剰・失礼云々」と人を責める。

同感です。


443 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 12:11:34
内藤ファンとか、プチ内藤君とか、内藤の文体に憑依される人たちって、自分が内藤になったみたいな気になっているんじゃないか。
粗悪な内藤がばらまかれていくのはよいことではない。


444 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 12:36:53
内藤はそいつらと一緒にされたくなかったら、声明を出すべきだ。

445 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 13:40:43
>>444
声明を出すべきだ。

って書いてる奴が一名いるな

446 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 13:43:51
わけわからん。なんで声明を出さなきゃいけないの。

447 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 14:07:27
>>443
> 内藤ファンとか、プチ内藤君とか、内藤の文体に憑依される人たちって、

てゆーより、本人だろ

448 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 15:11:08
そういうことにして見物人を増やしたいのでしょうね。
2ちゃん的にはうまいやりかたです。
ただの便所の落書きだったら見るのも時間の無駄ですから。

449 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 17:37:22
>子供同士の遊び集団

ネットゲ−ムのコミュニティ、フリ−スク−ルやホ−ムスク−ルネットで見つけた友達、
チャットやメ−ルでふだん親しい相手などは、いっしょに遊び・学ぶ仲間ではないというのか?

だとしたら年長世代のノスタルジ−(W
おせっかいはやめて引っ込んでほしい。

450 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 17:48:11
内藤の本を読めって説教している人、要約して説明をする能力がないのですか?
それともただめんどうくさいだけ?

451 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 18:40:58
光高校で起こった爆発物事件について
内藤センセーはどう論評するんだろ?

事実関係が明らかになっていない段階ではなんとも言えないけど、
昨年起こった佐世保の事件を連想してしまうね




452 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 05:53:42
内藤さんのような年寄りの意見なんて聞きたくありません

453 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 08:37:11
>>245 >>447
俺も同じこと思って読んでた。

454 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 11:17:34
>宮台氏も内藤氏もただの貴族ではなくて、一時期あやうく「うす汚れたくず」に落ちかかって、それから自力で貴族状態に回復した人たちだからね。

宮台は違うと思う。彼は幼稚園入試に落ちた以外はずっとエリ−トコ−スの人じゃない?
それから自力で貴族に回復っていうのは厳密には異なる。もちろん本人の意志・努力はあった。
けれど、周囲にそれを支える条件が整っていたはずだ。その条件のひとつでも欠ければ、
内藤も貴族になれなかったかもしれないのだ。



455 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 11:42:10
ここは内藤の自画自賛スレですか?

456 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 11:53:22
>>451
佐世保の事件については言及されていたよね。内藤さん。

457 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 11:59:43
>>455
当の内藤朝雄はその意向とオモワレ

458 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 13:50:16
>>445
内藤のことかw

459 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 19:17:13
>>454
周囲にそれを支える条件が整っていた

同意

環境が恵まれていた甘ったれだね

460 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 09:07:53
>>451
まるでその少年がアスペと鑑定されることを予言するような報道だね。
いまじゃなんでも発達障害ブームだからなぁ。

461 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 14:11:16
454です。

>>459
何も内藤さんが甘ったれだとは自分は言っていないよ。
実際には、
環境×本人の努力・工夫×運・タイミング
ってとこでしょ。

462 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 15:24:05
>>461
いや、宮台がさ

463 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 15:28:04
佐藤俊樹先生の本を読むべしw

464 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 15:38:49
>>463
お前佐藤俊樹の信者?

465 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 18:39:24
いきなりどうした

466 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 13:53:42
>>405
おれw

本は読んでいない。話は聞いたことがある。
すごく風変わりな人だった。
自分の思いを論理化しようとがんばっていると思った。

しかし宮台さんとは違って、複雑な人生を送ってきたよね、この人。


467 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 14:00:04
>>461
それに+、もともと高い文化キャピタルを相続したって面もあるかもよ。

468 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 14:26:49
宮台が甘ったれ坊ちゃんであることは間違いない

469 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 18:00:28
まあまあ、お坊ちゃんはお坊ちゃんでいいところもあるから。

それにしても内藤さんは、文体のおどろおどろしい人だね。もう彼のトレードマークだ。
いっそこのままおどろおどろ路線でいってもらいたい。
スッキリ、シャープではっきりと切れ目の入った内藤文なんて見たくない。

470 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 20:16:41
>>469
宮台にいいとこなんてないよ
何で宮台信者がこんなに多いんだろうね

まぁ、内藤氏はなかなか独特の文体だな

471 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 04:21:05
宮台のダメなところって具体的には?

472 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 13:00:18
>>471
宮台のいいところって具体的には?

473 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 13:33:33
日本の為、みなさんのご協力をお願いいたします。
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_16&nid=1440591&work=list&st=&sw=&cp=1

474 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 14:57:32
>>472 
おっと話の通じないアホが一人登場〜〜 
質問文に対して質問文で答えると
テストで0点になるって知ってたかマヌケ〜〜

475 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 14:58:01
>>473 激しく藁田

476 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 15:00:59
>>474
答えられないのか?

477 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 18:20:52
イイところもワルイところも無いってことだなw

478 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 20:32:05
>>474
何でもテストだと思い込んでしまう学校化されたコミュニケーション。
悲しいね。
たしか稲垣佳世子と波多野ギ余雄が岩波とか中公の新書で、発達心理学の立場から
学校に通う子とそうでない子を比べると、学校に行っている子は分かっていても分からなくても
とにかく答えを書く習慣が身についていると指摘していたのを思い出した。
イギリスの知識社会学関連の資料でも、学校で劣等生が何を学ぶかといえば、とにかく空欄にもっともらしい答えを
書くクセだけはキッチリ身につくとか生徒の答案を例に説明してあったな。
こうして、分かっていないのに分かったフリをするのが上手な、ヤシが育つ。

質問の次に質問が来ることも、日常会話ではよくあるということも分からない
テスト依存症みたいな人もできるわけだ。

このような頭の固さ、貧困な発想、簡単に人を見下し中傷する下品なやからを育て上げる
学校教育制度、学校化社会に反対してゆきたい。

479 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 20:57:01
>>478
心理学にのめりこんでいる奴がこのスレにいるなぁ・・・って思ってたんだが
おまいか

480 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 14:28:35
>>451
どうやら「校内いじめ」が絡んできているようだね。

481 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 20:58:09
>>478
単なる屁理屈だろ。

>質問の次に質問が来ることも、日常会話ではよくあるということも分からない
テスト依存症みたいな人もできるわけだ。

ごまかし、すり替えの日常会話のことだろ?
それをねたにたいそうな御託を並べたもんだ、感心感心。
学校に通わないとそういう子供が出来上がることを言いたいわけ?


482 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 21:11:10
>宮台氏も内藤氏もただの貴族ではなくて、一時期あやうく「うす汚れたくず」に落ちかかって、それから自力で貴族状態に回復した人たちだからね。

貴族って、精神的な部分を指していて、環境を指してはいないよね。
貧乏で、無学で、孤独で、虫の息でも貴族は貴族。
経済的に豊かで、豊かな知を持ち、生き生きとしていても、豚は豚。賤しい豚。

483 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 21:33:53
>>481
そういうぽまいも
疑問文で最後を締めてるね

484 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 21:34:57
>>482
身や大は屑だろ

485 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 21:36:51
>483
それがどした?

486 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 21:37:41
屑にはいちいち屑と呼ぶ必要がないのでは?

487 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 22:02:13
>>485
また、ぽまいの嫌悪する質問文で締めくくったね

488 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 22:09:20
文章チェック、ご苦労。

おまいも暇だな、何も言いたいこと浮かばいないんだな。

489 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 22:58:12
>>487
さては脳死状態だな。豚だからか?

490 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 23:00:20
>>482
内藤は孤独氏だなW

491 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 23:23:40
>>489
意味不明
ブタゴリラか?

492 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 23:24:15
>>489
脳外科手術したほうがいいぞ

493 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 17:54:28
貴戸氏問題がらみでの内藤氏のご発言を読んでいて思ったんですけれど、
フリースクールとか居場所とかについての考え方などからして、内藤氏とは
どうも根本的に相容れないものがあるのかなと感じました。

こちらから言わせていただければ、内藤氏は共同体というものにまだ期待している
ようなところが反面あるのかなと思ってしまいました。
それを自身の抱かれるシューレ像に投影して(シューレによる?)貴戸氏への異議
申し立てを「バッシング」だと一括りにして叩いたのかな、と。
そういう意味では、「こうあるべき自らの理想像」を社会学者(他者)に投影するな、と
内藤氏が主張されていることと内藤氏自身も自己矛盾に陥ってしまっている気がします。

それも全部ひっくるめて承知の上で反語的な物言いをして自演したまでだ
とすれば、まあ、納得できない話ではないですけれどもね。


494 :493:2005/06/17(金) 18:16:12
だからと言って内藤氏のあのご意見が間違えだなどと言いたいわけではありません。
おそらくはおっしゃりたかったでしょうその趣旨そのもの(?)には、正面から同意できる
ような気がしますね。ま、これもこちらの勝手な解釈ではありますが。

495 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 18:42:00
結局シューレが好きなんだ。だから家族にするみたいな「あたたかい」おせっかいをする。

496 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 18:52:40
>>494
勝手に好意を感じて同意しないほうがいいよ。
「わたしは東京シューレに対する好意で書いている」
というのも内藤先生流の一種の自己風刺でしょう。


497 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 21:03:42
>フリースクールとか居場所とかについての考え方などからして、内藤氏とは
>どうも根本的に相容れないものがあるのかなと感じました。

>こちらから言わせていただければ、内藤氏は共同体というものにまだ期待している
>ようなところが反面あるのかなと思ってしまいました。

同意します。わたしも内藤さんの貴戸擁護を見ていておかしいと思っていました。
そもそも貴戸さんはシューレに子どもとして通っているわけではないのに、あたかも
貴戸さんもシューレの子どもということを前提としているような物言いには首をかしげてしまいました。
また、内藤さんはどうやら東京シューレに、自らの理想とする学校共同体を過剰に読み込んでしまっているのではないか、
いいかえればシューレに過剰な期待や幻想を持っているように伺えました。
だからこそ「かわいさあまって憎さ百倍」みたいな感じでシューレを叩いたのかな、と。
(つづく)

498 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 21:34:45
キド批判に対する反論と
シューレ批判に対する反論がそれぞれあっただけのことだろ

仮に同一人物が書いたら矛盾と言う事になるがな。

分析も度を越すと妄想だぞ。


499 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 21:47:28
もーそー
ぜんぶはずれー
かんけーねーやつがまねしてる

500 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 21:54:05
>>497
続きキボン

501 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 21:55:32
ご苦労様w
500ゲット

502 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 21:56:35
やられた

503 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 22:34:09
ここも糞スレ化の気配…

504 :493:2005/06/17(金) 23:23:38
>>496
> 勝手に好意を感じて同意しないほうがいいよ。

いえ、ですから、こちらの勝手な解釈ですが、と。

> 「わたしは東京シューレに対する好意で書いている」
> というのも内藤先生流の一種の自己風刺でしょう。

あのコメント自体が反語法で表現されたものとも読めますね。
その意味であればまあ矛盾なく理解できると思いますけれども。


505 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 06:43:24
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/
「わたしの経験則では、気にくわない学生をいじめ抜く腐った教授は、左翼運動出身者が多い。なぜだろう」

こんなことを書く奴、許していいのか

506 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 07:45:07
>>505
実際、多いんだよ。
おまえのようなやつも含めてな。


507 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 09:44:18
>>505
しかも、いじめっ子たちは、いじめられっ子に対する好意で親切心で教えてやっているだけだ、
教育してやったまでだ、という言い方をよくすることがあるので注意が必要。

508 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 16:32:05
>>505 自分の出自のことを言っているのか


509 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 17:40:52
>>481
>ごまかし、すり替えの日常会話のことだろ?
通常の会話であってもごまかしやすり替えをしていると、卑怯だとか逃げているとか言って非難されますよ。

>学校に通わないとそういう子供が出来上がることを言いたいわけ?
いえ、学校に通った子どもとそうではない子どもを比べると、学校に通っている子どもは
分かっていなくても答えを言う傾向がある、という話でした。


510 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 04:16:59
元左翼の転向者って逆に極右になるケースって何故か多い・・・
例えば、大東亜戦争中の共産党幹部とか、小林よしのりとか・・・

511 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 06:30:57
>>510
おいおい100年前のこと忘れてるぞ。ていうかフランス革命の頃からか。
全世界で普遍的なことなのに・・・なぜ?

512 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 07:03:16
http://www.miyadai.com/index.php?itemid=28
リバタリアニズム・リベラリズム・コミュニタリアニズムの円環

513 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 14:29:57
>>511
何故、元左翼で180度逆に右翼的思想の持ち主に転向する奴って
多いんだろうね?

514 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 15:16:30
戦時中の獄中転向は「ソフィーの選択」みたいなもんでないの?

515 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 15:17:23
>>514
ソフィーの選択?

516 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 15:42:53
>>514
獄中転向者は、佐野学、鍋山貞親のように戦後も同盟・民社系の反共労働運動の指導者
を続けたものが多い。このあたりは確信的な転向。

517 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 15:49:14
>>516
自己保身か?

518 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 15:57:33
>>517
佐野学や鍋山貞親は保身じゃなくて信念によるもの。
三井・三池闘争では会社側の第二組合の指導をしたし、鍋山貞親は岸信介
と一緒に国民政府や朴正煕大統領を支持していた。

519 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 16:18:08
そもそも戦前の右翼からして・・・

520 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 16:33:07
>>518
じゃ、転向って言うより最初から右翼だったってことか?

521 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 16:58:54
>>517
獄中買収か?

>>516
ただし戦後であっても反共という点ではGHQと利害は同じわけだから

522 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 17:01:38
>>520
当時の右翼にもラディカルな側面があったからね

523 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 18:59:39
>>522
ラディカルな側面って?

524 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 19:43:11
●チョウセンジン牧師、信者女児をレイプ容疑で逮捕

525 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 20:49:33
まぁとにかく転向の問題に関しては色々調べて考えるしかない。
右翼左翼という抽象的二項対立からいったん離れて、
それぞれの思想的背景や理論的内実を詳細に
分析検討しなければ「なぜ転向したのか?」は見えてこない。

526 :名無しさん@社会人:2005/06/19(日) 23:33:43
『共同研究転向』によると、佐野学は戦後、
共産党への復党を申請したが認められなかったそうだ。

527 :名無しさん@社会人:2005/06/20(月) 00:09:28
>>526
当然だろ
裏切り者のスパイなんだから

528 :名無しさん@社会人:2005/06/20(月) 03:42:25
内藤さんも一度謝罪するべきだと思う

529 :名無しさん@社会人:2005/06/20(月) 16:31:42
ちょっと話が戻りますよ。遅レスになってスマソ。
>>481
いや、だからさ。テストが好きな人には徹底して毎日テストばかりする学習コ−スを用意する。
テストから自由でありたい人には、テスト以外(レポ−トの提出、講演会やワ−ク・ショップ等への出席など)
で単位を稼げるような学習支援システムを構築すればいい。
そうすれば、感情的に実存をかけて水掛け論をやることもなくなる。
テストを全部否定することも全部肯定することもないと思う。

あと、ある文化(この場合テスト文化に対する非テスト文化)から見れば、もうひとつの文化の偏向はより明瞭に映る。
だから他人がアレコレ言っていても気にしないで。
もしあなたがテストの才能に自信があるなら堂々と行こう! 
ただし制度的な十把一絡げのテスト強制の提案には? ですがね。
なぜならば、テストから自由な学習を求める人々もいますので。

あと、教え方を工夫しても分からない知的障害者はどうすればよいのか?
自分の答えとしては、学校が「通過儀礼」と化している日本社会においては、
出席点でも進級・卒業を認証したほうがよいと思うが、どうよ。
そのへん内藤流教育改革プランでは言及ナシだったと記憶しているのだが。

おまけだが。テストで各自の能力がいつも明瞭に分かり分類される世界は、ディストピアかもしれないよ。
頭のよいヤシが下層にいることによって、下層が団結して上層と争うときのリ−ダ−になることもあるから。
今は学校化がすすんでそんな人物は大学行って中産階級の仲間入りしているわけだが。
いまどき下層階級出身で小学校卒のたたきあげでリ−ダ−はれるヤシっていないよね。
みな大学に行ってるでしょ。
それとも、シュ−レ大学からそういうヤシが出てくるのかな。




530 :名無しさん@社会人:2005/06/20(月) 16:58:25
要は、いろんなコースが設けられればいいと思うんだけど、そのときには
当然、従来型の画一的な学力観念も同時に問い直されるべきだろうね。
でないと、結局、学力低下云々と騒ぐ人たちが・・・

531 :名無しさん@社会人:2005/06/21(火) 16:09:13
>>530
激しく同意。

532 :名無しさん@社会人:2005/06/21(火) 17:26:53
>>330
ハゲドー

533 :名無しさん@社会人:2005/06/23(木) 14:06:58
>>529
実際には、学校にによる弊害を受けていない人のサンプルがあまりにも少なくて、
「今の学校では…〜になる」の説明は説得力を持たないのではないか?


534 :新慰霊施設の前に英霊裁判だ。:2005/06/23(木) 17:26:54
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上九一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが拉致被害者家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の家族を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国或いは北朝鮮の愛国兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html


535 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 20:33:32
>>533
稲垣佳世子と波多野ギヨオ(スマソ、漢字が出ない)らの啓蒙書では、
ストリートチルドレンと学校に通っている子との心理実験の結果を報告していたYO!

536 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 20:56:49
>>498
>分析も度を越すと妄想だぞ。

あのー、そんなことは当然の公理でしょう。

>>499

ひょっとしてスレタイご本人のカキコか?

まねをしているのではなく、もともと似ていたのですよ、たぶん。
ていうか、自分も誰かが自分の主張や文体や記号の使い方をまねていると感じることなんて
2ちゃんでは日常茶飯事ですが、何か? じっさい、数日スレを見ないでいると、自分とにた
文体、キーワード、改行位置のカキコの2〜3コは見つかるんですが……。
人と似せることで匿名ゆえの自由を手にするのが2ちゃんですから、当然といえば当然ですね。
偶然主張の文体の似ている人なんていくらでもいるのでしょうし。


537 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 21:49:14
内藤はあれで貴戸に反論できたつもりなのかな?

538 :名無しさん@社会人:2005/06/25(土) 03:39:42
>>537
典型的な学者子どもタイプだけあって、稲村・斉藤流の二枚舌、マッチ・ポンプには、気がついていないのだと思いますよ。
なぜシューレが長年にわたって激しく反対しているかも。

539 :名無しさん@社会人:2005/06/25(土) 03:42:59
それから、内藤は教育は相対化しているかもしれません。しかし、医療とか病院制度への懐疑や根本的批判
という点については、少し弱いのではないかと。

540 :名無しさん@社会人:2005/06/26(日) 14:52:15
ワロタw
292 名前:名無しさん@社会人[] 投稿日:2005/06/26(日) 14:36:00
貴戸がウザいなら
ttp://nhk.upkita.net/up/nhk645.jpg

541 :名無しさん@社会人:2005/06/26(日) 20:16:13
学校がウザいなら
ttp://nhk.upkita.net/up/nhk645.jpg

542 :名無しさん@社会人:2005/06/26(日) 22:04:14
>>541
学校は義務であってスルーが困難なのが問題だよな

543 :名無しさん@社会人:2005/06/26(日) 22:14:36
フリースクールならスルーさせてくれるが、学校はスルーさせてくれない
ということか。
フリースクールも学校の補佐機関となるかぎりは、スルーさせてくれない
ような義務的存在になることもあるね。

544 :名無しさん@社会人:2005/06/28(火) 19:47:17
ここ↓のスレッドでのやりとりを読んでどう思います。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/edu/1028858500

教育的配慮としての暴力は暴行罪にはならないってのが
世間の常識なんでしょうか。
子供は一人前の市民以前の存在だから市民としての資格=人権が
制限されるというのが、近代市民社会の常識なのでしょうか?

545 :名無しさん@社会人:2005/06/30(木) 21:26:00
光高校の次は明徳義塾か

546 :名無しさん@社会人:2005/07/02(土) 11:54:08
フラストレーションが嵩じると、奇人ができる。

547 :名無しさん@社会人:2005/07/02(土) 17:59:38
ブログを読むと、からかわれていたみたいなことも書いてあったね。

548 :名無しさん@社会人:2005/07/04(月) 23:21:02
この人の論文や本は教育とか心理学板でいじめとか体罰とかのスレだと大抵引用されてるね。

ねらー好み?

549 :名無しさん@社会人:2005/07/13(水) 15:09:04
内藤先生って結婚なさっているんでしょうか?

550 :青春のしっぽ:2005/07/14(木) 23:28:24
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050501#c何が遭ったのでしょうか。

551 :名無しさん@社会人:2005/07/15(金) 01:44:13
木戸とシューレの問題は元不登校児ということでシューレが木戸を信用したことが最初。論文だけでなく出版もされることと内容に虚偽があるとかでシューレとぺらぺらしゃべった連中が信じてたのに〜みたく言い出した。
なんでこの状況で木戸を擁護するかって自分も似たようなことしたんじゃないかと思うんだが。いじめの社会理論のマット死の聞き込みとか「いじめられる側の理由を調べているんですが」云々とか言って回らなきゃ情報聞き出すの無理だし。

552 :名無しさん@社会人:2005/07/15(金) 15:18:51
>「いじめられる側の理由を調べているんですが」云々とか言って回らなきゃ情報聞き出すの無理だし。

その程度なら、「ウソも方便」ですまされるのでは?

ただし、それとこれでは事情が違う。というのは、結局、貴戸は、差別される側である不登校コミュニティを叩いた。
それに比して、内藤は、差別する側であるいじめる側または傍観側を叩いた。
貴戸は単なるいじめに加担するかつてのいじめられっ子、内藤はいじめに立ち向かうヒーローの役をとった。
そのことは考慮されてしかるべきだと思うが、どうよ?

モレは貴戸のほうがより悪どいと、心が弱いと思うね。

553 :名無しさん@社会人:2005/07/15(金) 15:19:17
http://jbbs.livedoor.jp/study/5375/

554 :名無しさん@社会人:2005/07/15(金) 18:26:42
>>552
確かに木戸のほうがはるかに性質が悪いよ。
マット事件のほうはどう考えたっていじめる側に正当性は無いからな。
ただ形式としては大差ないってことさ。それに被差別者だから批判されるべきではないとか差別する側だから批判されて当然ってのも短絡的すぎだし。

555 :名無しさん@社会人:2005/07/15(金) 18:56:07
>>552
>差別される側である不登校コミュニティを叩いた。

うはwwwwwwwwwwww本音だしたらやばwwwwwwwwwwww

556 :名無しさん@社会人:2005/07/15(金) 20:48:26
>>551
愛知県の西尾市で起きたいじめ自殺事件を村瀬学氏が分析して論じた内容に対し、
その事件の被害者になった子のご両親から抗議というか反論に近い内容の反応があった
らしいね。そのあたりのことを内藤さんはちょっと意識しているのかなあ?
村瀬氏の場合は、そのご両親側からの意見を自らの論文の最後に注釈のような形で紹介
することで配慮と誠意を表しておられたけれども。

557 :名無しさん@社会人:2005/07/16(土) 23:53:21
>>555
そう、ヤバイのよ。自縄自縛してね。

558 :名無しさん@社会人:2005/07/17(日) 00:36:15
>>552>>554

しかも貴戸は、自分が差別する/いじめる当事者になってしまった。
内藤は観察者のポジションをきっちりキープ。
当然、内藤のほうがより客観性が担保されている。
貴戸の当事者学は、不登校としての当事者ではなく、不登校叩きとしての当事者を
演じ、自ら晒すというなんともブザマで滑稽なものだ。見ているだけで情けない。


559 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 08:58:24
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/968184286/258-259

こっちのスレで内藤さんの名が上がってる。
書いている内容からすると貴戸さんっぽい(に近い)意見なんだけど。

560 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 12:38:43
内藤も実質上、学者共同体の人間。なので、学者の卵に反論・抗議するフリースクーラーを
いわば「取り締まりたい」のでは?

561 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 00:55:43
>>560
勘繰り過ぎだろw
それはおそらくあの人の好みの正反対の行動だな。本を読む限りでしかないけど。

562 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 06:51:08
その反論・抗議対象が研究者の足元にまで及ぶと180度態度が変わっちゃうとか?

563 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 07:04:00
貴戸さんのあの本にしても内藤さんの反応にしても、ここでその内藤さんを皮肉っている書き込みに
しても、いわゆるポストモダニストによって流行したシニカリズム的態度の病理をあらわしているなあ。

564 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 10:12:39
>>560
シューレに「だけ」を取り締まるのならよいと思う

565 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 21:56:48
>>564
で、ほかのフリースクーラーやホームスクーラーらが批判をするとそれも攻撃する、と。

566 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 01:32:46
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/
>東京シューレに対する好意は撤回。
>シューレを特別扱いすまい。

だって。
やっぱりというか、特別扱いしてやっていたんだぞ、とまるで言うかのような、なんとも権威主義的な
傲慢なまなざしが、最初からやっぱりこの人の「好意」の裏にはあったんだよね。

「わたしは東京シューレに対する好意で書いている」というのは、決して他者性をそれとして尊重する
意味などではなく、他者はけっきょくこの人の単なる投影同一化の道具でしかなかったということか。
その裏返しとしての他者憎悪と非寛容の態度を批判しておきながら、けっきょくこの人もみずから...

内藤さん自身の言い方を借りれば「裏切ったわね!>シューレ」ということか。
己の投影物としての「鏡像」とのズレを今更のように他者の像に再投影して「青春のしっぽが切れた」という。

http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050501
やはり予想どおりの展開というか、このコメントは内藤さん本人に投げ返されるべきものになって
しまったようだなー。


567 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 11:39:07
俺は最初からそんなこと見抜いていたぞ。
自分の期待を勝手に他人に投影しすぎると、そうなることぐらい。
だから俺は学校や教育なんて最初から見限っているし、学校であろうが別の
居場所であろうが、個人の救済を掲げて「お前のためだ」と関係をネチネチと
他律的に迫ってくるいやらしい所に対しては「ほっといてくれ!」と応じるだけ。
内藤氏もシューレも干渉しあわずにそれぞれ我が道を行けばいい。
それこそがリベラリズム?!

568 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 14:37:59
話はそう単純じゃないよ。場合によっては社会学の方法論にまで関わる。

569 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 21:25:26
>「当事者は神聖にして犯すべからず。社会学者は神聖なる当事者に「よりそう!」聖職者であり、聖職者にふさわしい文章を書くべきである」という観点からの、貴戸バッシングには反対だ。

社会学者のところは当事者学者の間違いでしょう。

>他者性を尊重しない学校に窒息した子どもたちに空気を提供する老舗は、貴戸本の内容程度ではびくともしないが、内側から窒息死するかもしれない。わたしは東京シューレを応援する立場から言う。

>貴戸に対して寛容であれ。

なんかすごい書き方になっているけど。別にシューレは貴戸にテロをしかけたりリンチをしたわけじゃないのに、おおげさすぎる。
話し合いを求めるのは不寛容? ぜんぜんちがう。

(サポート団体としての真価を芯から問うのは、この寛容さである)

ご自分は差別的、とまでいかなくても少なくとも不寛容なくせに、ダブルスタンダードをかかげて
どうしようというのだろう? 貴戸の親類に有力政治家がいるとか??
それとも、偏狭で閉鎖的な学閥意識で発言しているのか。

だいたい、この人のばあい、自分は精神分析の概念を利用しながら、他人には心理の言葉で語るなと禁止規則をもうけるとか、
言っていることがちぐはぐて、不公平だと思う。
物理暴力にはアレルギー反応が強いけれど、象徴暴力には大甘なんだよね。言葉やシンボルによって
傷つく場合もままあるのに、職業的な偏りをのけても、判断のバランスが悪すぎると思う。



570 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 21:33:07
この人は徹底して学者子ども≠ネんだね。
職場でのいじめ・いやがらせは、たいていの場合ISPではなく地位や年収によるものであること
くらいは、大方の勤め人なら、みな知っている。

だいたい、この人のいじめの話を読んで、まあいろいろと考えさせられて面白かった。
だけど、すべて教室、とりわけ義務教育と高校あたりでのみ通用する話なんだな。
18歳以降は一口にいじめといっても質が変わってくるというか。

まあ、きちんとした手順をふんで調べないと納得できないのが学者ってもんだろうが。
それでも、常識的センスがなさ過ぎると思う。だって、調査された人たちにとっては、
「そんなことは、懇切丁寧に説明されなくても、とっくの昔にわかっているんだけど……(何? この人。天才かバカかわからない……)」
みたいな感触だと思うよ。

「怨念の当事者学」、と名乗らずに実質上それをやっちゃうところは、貴戸よりも一枚上手かもしれないけれどね。

それから、貴戸本の問題点を把握しながら、シューレの悪口をさらす部分もね。
一見、中立・公平な立場から、シューレを諭しているように見えて実は、
実際以上に悪い、シューレに対するマイナスの解釈をバラまいているだけですから。



571 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 22:26:52
>シューレを特別扱いすまい。
具体的にはどういうこと? これまで特別扱いしていた、ってことは、場合によっては逆差別的だったということなのかな?

>またひとつ、青春のしっぽが切れた。
だったら、自分のHPから太郎次郎社の「ひと」に掲載した文書をはずせばいいのに。



572 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 23:23:17
>「怨念の当事者学」
それが彼にとってのアルファでありオメガですから。

573 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 23:24:29
なんにせよ、運動(組織)に過剰な幻想や期待をいだかないほうがいいと思うね。


574 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 23:33:45
>「怨念の当事者学」、と名乗らずに実質上それをやっちゃう

客観性担保のために、いい方針だね。


575 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 00:26:56
>>570
訂正です。
ISP→IPS


576 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 00:43:41
>内藤氏もシューレも干渉しあわずにそれぞれ我が道を行けばいい。
>それこそがリベラリズム?!

おっしゃることには一理ありますよ。
だけど、差別とか社会的排除とかが関わってくると、話は別ですよ。
それぞれが自分の井戸を掘る作業なくして、互いに無関心・まあまあなあなあの馴れ合いだけでつきあうのは、
何が問題かわからなくなる。不寛容な姿勢に対する寛容も求められますね。
あと、差別やファシズムについては不寛容でも当然でしょう。


577 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 19:18:20
内藤さんの話見てると、この人がファシズムか反ファシズムかわからなくなる。

578 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 23:27:31
>青春のしっぽが切れた。

青春小説なんかによく出てくるセリフだね(w)。


579 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 01:21:14
シューレと木戸の話題になるとスレが荒れるなw


580 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 03:19:25
>>566
他者に自分の勝手な理想像を投影して同一化しておいて、他者がその理想像から少しでも
ズレようものならそれを理由に途端にバッシングの標的にするって、内藤氏にも言える事だ罠。
まさしく同じ穴の狢というやつ?

581 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 11:51:54
>>580
自分がこうだから他人も同じとする錯覚はよくあることだが。
内藤さんの場合、加罰的傾向が強いからなあ……。

実は以前この人からのメールを受け取ったことがあるのだが。
むかしちょっと反管理系の人やグループと接点があり、わずかに協力をした
(シンポに行ったり、署名したりとか)くらいで、
内藤氏のお考えに全面賛成扱いされて、面食らった経験もあったっけ……。

ムリに学校から追い出されたものと、力づくで行きたくもない学校に
拉致・監禁されたのでは学校への感情が逆でもムリはないし、
地域と時代とジェンダーもズレているし、
反学校と脱学校の微妙な差異について確認してから話を前にすすめてもよかったと思うのだが……。

合理的すぎてかえって非合理的になってしまったというか。一見関係のなさそうな
雑談もこなすと、テストでいえば「コツ」と「コツ」のポイントのあいまに
結構重要な情報が隠れていることもあるのに。
要領がよすぎるのも苦労するものかな。

なんにせよ、この人のもとの欠点を社会の問題にとりちがえたか、
批判をするうちにミイラとりがミイラになっている可能性は充分あると思う。



582 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 01:58:15
この人はシューレ批判で皮肉なことに、自分の示した人間の醜さの例を自分が見せてしまった感じだね。
これが自分の学説に説得力を持たせる為の釣りだったら最高の釣り師なんだが。

583 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 02:28:42
シューレに入ると本が読めなくなるようだな。

584 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 11:43:28
>>581
学校制度批判をしていた人が、その学校制度の権威の中枢に己の地位を確保しちゃうと、
遂には自己保身の面を露呈させて、その制度的権威主義の病弊に自ら気づかず同化して
いっちゃうというのは、むかしっからどこにでもよくある話。
581さんがおっしゃるように、学校教育を表面的には批判していたものの、その批判対象の論理
に自らもどっぷりと浸かっていたことに、気づいていなかっただけなのかもしれないけどね。
管理教育批判運動家にはそういう優等生的面が往々にしてあったしね。

585 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 20:21:32
>>573
そのような期待と幻想の投影が外側から権力網を付与する。学校制度がまさにそう。
権力は組織の内部というより、むしろ外部によって象徴的につくられる。
学校の象徴権力にもそういう面がある。俗流管理教育批判はそこが見抜けなかった。


586 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 21:36:55
>>583
ここで言語学の初歩の初歩を確認しなければならないの? 大学に行くと
そんなこともわからなくなるわけ?
言葉の意味は同じひとつのものであっても、解釈は人によりけりなの。
本の読み方なんてその典型的な例じゃないか。(もっともモレは言語学が完全だと言っていないのでご注意を!


どう読むかだけではなく、何を読むかにもよっても答えはちがってくる。たとえば、稲垣佳世子と波多野ギ余雄の「知力と学力ーー学校で何を学ぶか」(岩波新書)
読んだ? 学校の子のほか勤労者の心理実験もまじえて、学校で学ぶ知識と学校の外で学ぶ知識の性格の差を明瞭にしている。

587 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 21:45:21
>>585
そうですよ。結局、反管理をやればやるほどよき学校、本物の学校が
どこかに確かに存在するといった幻想をふくらませる思わぬ効用があった。
はたから冷静に観察すれば、学校に、教員に、学友に、過剰な期待や幻想が強いために
完ぺき主義的になって批判したり落ち込んだり、はたまたニヒルに走ったりしているようにしか
見えない。
80年代から、反学校に対する脱学校といいますか、学校に期待をせずにむしろ積極的にこちらから見放して、
新しいフリースクールやスペースを建てたり、不登校の親の会をやったりしている人たちがいました。
彼(女)らの方針もバックグラウンドもさまざまでしたが、ひとつだけ同意していることがあった。
それは、あまり熱心に学校批判をやらないこと。衝突しても極端に自分たちが不利だとの判断もあったけれど、
より高次の判断も含まれていました。それは、学校批判をやればやるほど学校への呪縛になるということ。
学校への過大で非現実的な期待・幻想・欲求はやってもむなしい・はかないと気づいていたんですよ。
まあ、反管理の運動は、わたしがフリースクールにかかわった80年代半ばごろ、頂点を越えていて、
どうして衰退しているか、なぜそれに未来がないのか、左翼の権威主義のカラーが出ているのはなぜかなどを
問い直した結果、そうしたコンセンサスに至ったという背景もありますがね。
つまり、子どもにとっての自由民権運動の延長線上にあるということです。
必ずしも反学校と脱学校は対立したり、断絶したりしているものではないという点には注意が必要かと思われます。

588 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 22:26:48
結局、学校は必要じゃないということ。
学校で教えられる知は、学校の外の知とは別のもので、必ずしも役に立つとはかぎらず、
ゆえにその正当(統)性は恣意的だということ。

589 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 22:37:37
さらに言えば、会社の労働だって、その外で役に立つとはかぎらず、
イリイチ風に言えば、useful unemploye(創造的失業者)への権利を壊すものであること。

内藤さんは、そのへんをどう考えているんだろうか?

590 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 22:39:02
>大学に行くとそんなこともわからなくなるわけ?

自主的に学べない人が学校・大学に行く。
自分で学べる人は行く必要はない。


591 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 09:50:40
>>578
> >青春のしっぽが切れた。
> 青春小説なんかによく出てくるセリフだね(w)。

学校的な共同体主義にしても、そのような青春小説的な、青春ドラマ的な
イデオロギーを通して全体主義化されていくというのが定番だったしね。

592 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 14:22:53
ブログのコメント欄が炎上してる。下の方。

593 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 21:48:28
「シューレが陰湿なことをした」っていったい何を指して言っているんだろ?
二人とも仄めかしだけで特定の名を挙げて誹謗中傷カキコをしちゃっているね。

594 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 22:31:52
「連合赤軍の査問リンチ」のようなものも、現実と実践とのズレに対する「潔癖主義的な」
反応に現れたある種の「ナイーヴさ」が引き起こしたものかもしれないという面を、たぶん
toledさんは指摘しているんじゃないかな?

595 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 22:56:11
みんな互いに「好意」をもつがゆえにそれだけ厳しく批判しているのに、
なんでこうも険悪なムードになるんだろ?


596 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 23:10:30
>シューレは運動体

( ̄□ ̄)???

勝手な思い入れをもっちゃっているのはどっちもどっちのような・・・



597 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 23:28:52
木戸のやり方もどうかと思うが、この社会に存在している以上批判も賛美も侮辱も礼賛もあって当然だろう。
内藤氏の物言いは確かに独善的だ。だが、最も忌むべきは批判が許されない場所が存在することではないか?
それによって現在、地域の学校化や、在日朝鮮人や被差別部落出身者の過剰な優遇などが起こっているのだから。
確かに木戸が被取材者側に断りもなしに自分の取材を書籍化したのは感心できる行動ではない。しかし、不登校について賛否両論がある現在、不登校の当事者に踏み込んで論じた不登校に否定的な書籍が刊行されること自体は貴重なことなのではないだろうか。


598 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 08:19:06
「お前らを愛しているからこそ・・・」と言って生徒を殴る熱血体罰教師。
生徒への「好意」と「愛」に溢れているそんな生徒思いの教育熱心な
教師のことを「逆恨み」するなんて、断じてけしからん!

┐(゚〜゚)┌

599 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 17:52:44
>>591
その手の教養小説的な成長物語は、ギムナジウムや旧制高等学校など、
一握りのエリート層、とりわけ男性にとってのみ当てはまる。
周辺部になればなるほど成り立たないんだよね。
近代以降の学校教育がなければ健全な成長や文化適応はありえないという神話を
内藤さんもまた自ら生きており、相対化できないようだね。
その自由奔放だか疾風怒濤の人格形成のために、青年期ならば、とくに恋愛がらみで暴力をふるってもいいとする
風潮などもあって、上野さんなどフェミニズム系の人たちは批判的ですよね。

思春期も疾風怒濤の時期もあってもなくてもいいようなもんだと思うんだけど。
もっとも不平等によってモラトリアム期を不本意に奪われる状態ーー田舎の高校生の一部が
生活費かせぎのために深夜アルバイトで睡眠不足だとかーーは改善されてしかるべきだけれど。
(宮本みち子さんが月刊「労働組合」2004.4月号でインタビューに答えて報告していた。)


600 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 17:55:41
ナイトーは、一度高校を強引に追放されるような形で排除された十代なかばの
失敗をおぼえているからね。
たぶん、いじめの社会理論は、のちに自分が右に入っても左に転んでも、
保守と革新のどちら側についてもうまく活用できるように作り上げた理論なんだと思う。
だから、彼が「いじめの社会理論」をもとに、シューレを叩く側についたとしても
驚くに値しない。


601 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 01:22:12
> 「当事者は神聖にして犯すべからず。社会学者は神聖なる当事者に「よりそう!」聖職者であり、聖職者
> にふさわしい文章を書くべきである」という観点からの、貴戸バッシングには反対だ。
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050501

社会学者(当事者学)のところはフリースクール(フリースペース)としても同じだと思います。
で、当事者のところには貴戸氏や内藤氏の名が入ってもいい。
内藤氏は、それをすべて引っ括めた意味でその言葉を使われたはずだと思ったのですけどね。
そうじゃなかったのでしょうかね?
でないなら、学者による当事者バッシングは全然OKだが、その逆はけしからん、みたいな話になってしまう。


602 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 02:32:27
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/comment?date=20050721#c
↑の組織防衛ってどういう意味? シューレに言ってるの?
「リスクマネージャー」に言ってるの?

603 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 02:33:10
っていうか↑の内藤さんってホンモノ?

604 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 02:49:36
かなり暴走しているなぁ

605 :名無しさん@社会人:2005/08/02(火) 13:42:49
ていうか、2ちゃんならよくあるおふざけのくだらないカキコにマジギレするのも大人げない。
これで青春のしっぽが切れたとか言われても、単なる彼の願望っぽい。
もっとひどい差別・暴力・下品なAAとか発言とかほかにいくらでもあるだろう。
おまけに、どうしてそれをシューレがやったと断定できるんだろう?
冷静さ・客観性がなさすぎる。

これって、一方的に片思いをいだいたが、別の男とほほえみながら話していた女を目撃して
裏切られたと思い込み、影で悪口を言っているみたいで、ついてゆけない。シューレは内藤の想像界の存在じゃないよ。
シューレという他者は、あなたの予想と期待を裏切る存在だよ、って誰かが言わなきゃいけないの?

高岡健は、男は2度女性にふられて大人になる、一度は同じ年代の人に、二度目はうんと年長の女性にって
どこの講演会場でも使いまわすギャグにしているが。内藤はそのことを知っているんだろうか? (単にネタだったらいいけど。)


606 :名無しさん@社会人:2005/08/02(火) 14:24:04
>>605
> おまけに、どうしてそれをシューレがやったと断定できるんだろう?

ああやって断定できちゃうってのは、逆にいろいろ勘ぐってしまうね。
断定しちゃうってことはつまりその・・・

607 :606:2005/08/02(火) 14:26:04
そう思いたくはないんだけど

608 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 16:25:10
連合赤軍うんぬんは、内藤さんの杞憂ではないでしょうか?
ちょうど、小林よしのりが、薬害エイズ訴訟に関わった隆平を支える学生たちを、
「オウム、共産党、連合赤軍になってしまう〜!」と騒ぎ立てたのと同じような。
ミヤダイは以前たしかにそれに対して反論していたけれど。
なんか、心配性のお母さんみたいで笑える。

609 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 01:44:58
8/3のコメントがぜーんぶ消えた…

610 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 08:56:20
8/3のコメントにはなんて書いてあったの? 読みそこなった。

611 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 19:10:11
このスレに書いてある。
常野と一緒に貴戸の擁護と東京シューレの中傷。

612 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 23:01:41
>>610
モレは見たがヒドかったね。二人して、あたかも東京シューレがヤクザだか
カルト教団の末期状態にあるかのようにほのめかしていた。見るだけでウソっぽくて
バカらしくて気持ちの悪いものだった。

613 :名無しさん@社会人:2005/08/09(火) 17:40:55
内藤さん、いつまでも若いなあ・・・・・

614 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 08:42:38
またテンパったコメントがブログに・・・・

不登校に何の興味も無い人間からしたら、貴戸VSシューレなんて本当にどうでもいいもめ事なんだよね。
論点さえよくわからんくらいで。それに崩れ院生の僻みとか不登校経験者の同族嫌悪とかが雪だるま
式にくっついてきて、もはや何がなんだかわからない潰し合いになってる印象だな。
中にいる奴らにも、何が問題で何がどうなれば解決するのかわからなくなってるんじゃないかと思う。
内藤さんと常野さんの言い争いも、あんなもん当人たち以外は読まないよ。長すぎ。

何か、物事をネガティブな方に考えるのが習い性になってる人たちが次々に貴戸VSシューレ騒動に吸い寄せられて
いってるよな。内藤さんも貴戸も常野さんも、中古のカプチーノ買ってボンネットにスプレーでハート描いて、
それで幌あけてドライブでもした方が良いんじゃないの? 

615 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 03:07:14
内藤・稲葉・小田中 人権イベント
http://www.keiho-u.ac.jp/academia05/tokubetu1.html

616 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 05:46:37
シューレのことを運動体だと見なしてコミットメントしちゃうのもどうかと思うし、
「解散すべきだ」なんていうのもファシスト的だと思う。
感情に任せて誹謗中傷カキコをしている連中と同じ穴の狢になってしまっている。

617 :名無しさん@社会人:2005/08/12(金) 06:33:21
デマを流しているのはいったいどっちなんだか

618 :名無しさん@社会人:2005/08/12(金) 22:17:52
>>615
大阪経法大学といえば、以前ウワサの真相にも載っていたけれど、
北朝鮮とのつながりが疑われている組織じゃなかったっけ?

それから、労働運動をやっているはしくれとして言わせてもらうと、今職場でもっとも問題になっているのは、
いじめよりも細切れ雇用、賃金の低下、派遣という形での間接雇用、それによる使用者責任のあいまい化などなんだよね。
それがセクハラ・パワハラ・密告等の温床になっているのであって。そのへんを隠蔽されたりすると実に困るんだよな〜。


619 :名無しさん@社会人:2005/08/12(金) 22:32:15
貴戸さんのことを被害者だというのは、ちょっと強引な論法だね。
それに比して、不登校の子どもたちは、日々差別にビクビクしているし、
自分のなかの偏見や絶望とも日々向き合わねばならないのに。
この内藤って人には差別を見抜く目がないのだろう。「ひがむな」というセリフが
場合によっては論理のすりかえ・ゴマカシであり、ネオコンお好みの「自己責任論」の一種だということに、
いつになったら気がつくのだろうか。

620 :名無しさん@社会人:2005/08/12(金) 23:16:26
不登校の子供たちが滅びていくのもまた自然の摂理というのはどうだ

621 :名無しさん@社会人:2005/08/12(金) 23:37:32
>>620
昔からある差別を肯定してしまう発想ですね。社会・文化問題の自然化。
生物的法則と社会法則との混同。↓のコピペでも見て考えて。

>「地区懇では部落問題についてのプラス意見、マイナス意見さまざまであったが、予想通りマイナス意見のほうが多かった。
> 攻撃的な意見をぶつけらたときは、腹が立って唇と胸を震わせながら、自分なりの精一杯の反論をしてきた。『部落の人の行いに
>もっと気をつけてもらわんと』『不潔なことをしてたらあかんわ』『あんたらひがんだらあかん、そんなにひがまんどき』
>といった部落責任論、『同和対策事業なんかするからかえって差別が残るんや』といった『逆差別』論、『部落の人は何かあったら集団で
>やってくるからこわいわ』『糾弾会みたいなこをやるから、よけいにこわいと思う』といった運動批判論、『同和、同和って騒ぐからいつまでたっても
>差別はなくならへんのや』『こんな懇談会やるのはまだ早すぎる、そっとしておいたらいつかなくなるのに』といった自然解消論(寝た子を起こすな論)
>・同和迷惑論が、多かれ少なかれどこの地区でも出てきた。
>(「あした元気になあれ--部落に生まれてよかった」松村智広 解放出版1996,1997 PP138-139)」


622 :名無しさん@社会人:2005/08/12(金) 23:48:04
社会や文化と自然ってどこで区別するの?

623 :名無しさん@社会人:2005/08/13(土) 07:57:03
>>621
そのコピペにあることは、まるで内藤氏の論理そっくりというか、共通するところがあるね。

624 :名無しさん@社会人:2005/08/13(土) 10:51:11
>>623
そうだね。
>>621のコピペの「同和」「部落」を、「登校拒否・不登校」「フリースクール」または「親の会」
におきかえて読むと、内藤の発想にきわめて近くなると思う。



625 :名無しさん@社会人:2005/08/13(土) 11:00:00
>>622
それは難しい、永遠の課題かも。
けれど、不登校が文化や社会に関する現象だということはお分かりなのでは?
生まれつき学校に行っている人もいなければ、生まれつき学校に行っていない人もいないでしょ。
すべて後天的なもの。それも、文化・社会のなかで不登校と有徴化されるのだから。

626 :名無しさん@社会人:2005/08/13(土) 11:14:00
不登校と→「不登校」だと

627 :名無しさん@社会人:2005/08/14(日) 15:31:08
募集しますじゃなくて自分でやれよボケ

628 :名無しさん@社会人:2005/08/14(日) 17:38:56
何の話?

629 :名無しさん@社会人:2005/08/14(日) 23:24:39
>>620
これは悪質な差別落書き。どうやらシューレや親の会よりも、部落開放同盟あたりに
通報したほうがよさそうだ。

630 :名無しさん@社会人:2005/08/16(火) 11:21:19
他人を貶める記述をブログにした
内藤朝雄こそがナメクジ野郎だったということでFA?

631 :名無しさん@社会人:2005/08/16(火) 12:30:24
罵詈雑言を書き連ねて煽って楽しんでいる野次馬はウザイ

632 :名無しさん@社会人:2005/08/16(火) 18:13:15
>>631
おまえ、ここは2chだぞww
ここには野次馬しかいねーよww

633 :名無しさん@社会人:2005/08/16(火) 18:15:35
ま、あれだ、いじめも戦争や失業率みたいなもんで無くならないさ

無駄無駄

634 :名無しさん@社会人:2005/08/17(水) 22:27:39
シューレへの解散勧告をしていないのに、しているかのように常野に騒がれた、ってこと
だけれど。ああいうまぎらわしい・誤解しやすい書き方をするのもどうかと思う。
どっちもどっちって感じ。


635 :名無しさん@社会人:2005/08/19(金) 11:16:46
>>566
教育的権力(=欲望)というのは、「おまえのためだ、おまえを思えばこそあえてこう言
っているんだ、そうするんだ」などと称して、みずからを高見に置きつつ他者に一方的
な寛容さ従順さ無抵抗さを不公正に押しつけたがるのが常です。
学校的権威の中枢に身を置いていると知らぬ間にそうした習慣に無反省になってしまう
のでしょうか。

636 :名無しさん@社会人:2005/08/20(土) 22:28:21
>>634
あれは悪質な印象操作でしょ。
証拠は与えない、明確な主張もしない、でも、読者のイメージに印象として残す。
紛らわしいのではなく、狙って書いているんでしょう。あそこまで姑息だと何とも
言えないね。
反論されれば「私は断言していない」って逃げを打つわけでしょ。
恥を知れといいたい。

637 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 01:36:23
>>636
恥を知ったほうがいいのは、636さんのほうだと思いますよ。
N藤さんのブログで当該箇所を示しますよ。
誰が読んでも、「解散勧告」には読めませんが。
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050808
「常野さんは「陰湿なこと」「攻撃の激しさ」と書いてますね。もういちどお書きになった文章をお読みになってください。
この文章は、たしかにAかもしれないが、でもより重要なB(@政治組織シューレが有効な政治を実践すること、A○○さんの成長←教師的!、
Bシューレがすべてをひっくるめた心の故郷であること)を考えれば、あるいは「人が集まればそんなことは」、というレトリックで、Aの重要性を背景化しています。
(常野さんが書いた内容をもとにして考えていますが)このAが「陰湿なこと」「攻撃の激しさ」であるとしたら…もし仮にシューレも同じ見解であるとしたら(とは思いたくないが)、もうそんな組織は解散した方がいい。」
636さんは、N藤さんがいっている「腐れ左翼」さんか「ごろつき」さんのグループですか?

638 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 02:01:45
>636
おもわずだまされた。
これだけしか読んでないと
ほんとにそうだと思ってしまう。
印象操作。姑息。恥を知れといいたい。

639 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 04:05:10
腐れ左翼じゃなくて、恵まれない院生かもね。どっちもごろつきのくずだけどさ。

640 :636:2005/08/21(日) 06:03:00
>>637
簡単な話。
本当に仮定で、そうした事実があったかどうか当人が少しでも疑わしいと思っ
ていたらこんな文章は書けるはずがない。万が一違っていたら対象者(=シュ
ーレ)にとても失礼な話だからね。
こうした文章が書けるのは、本音として、「シューレは○○だ」という決めつけ
があるから。
繰り返すよ、
「シューレが○○だったら、許せない。」的な文章を公表できるのは
「シューレは○○をやるような団体だ」という決めつけがあるから。
こんなもの、一般社会の常識。
自身の本音が見え透いているから、国語的に読めるはずないといった言訳を先に
しているし、真っ当に批判されることがあることを承知しているから批判者を
事前に「腐れ左翼」の「ごろつき」のとレッテルを張っている。

こんなこと文章の品位で判断できる。
言葉尻の問題と本音がどこにあるか区別・判断できないあんたは誰? 本人?

641 :636:2005/08/21(日) 10:14:13
具体的指摘
内藤や637は仮定の文章であるというが、仮定の文章ならば、以下が普通
「もし仮にシューレも同じ見解であるとしたら、
 もうそんな組織は解散した方がいい。」
となる。仮定の話であることを丁寧に表現するなら、
「もし仮にシューレも同じ見解であるとしたら(そうは考えにくいが)、
 もうそんな組織は解散した方がいい。」
これならシューレに傷は付かない。ところが本文は、
「もし仮にシューレも同じ見解であるとしたら(とは思いたくないが)、
 もうそんな組織は解散した方がいい。」
ご丁寧に「とは思いたくないが」と付け加えている。内藤は仮定のはず
の話に自己の価値観と推定を付け加えている。
「思いたくない」が「思っているがそうでないことを希望する」の文意で
あるのは明白。従って、この文章は仮定の名を借りたシューレへの決めつ
けである。
以上のように、この文章は読者にシューレも同じ考えであると印象づけるに
は十分である。これで指摘されたら、仮定に話だと逃げるわけだ。
明らかに悪質な印象操作だ。



642 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 12:07:11
>シューレはナチス
まで読んだ

643 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 14:27:18
誰か>>640-641を3行でまとめてくれ

644 :636:2005/08/21(日) 15:02:35
>>643
3行まとめ
内藤や637は「仮に」と書きさえすれば中傷表現も許されると考えているよう
だが、それは一般社会では通用しない。「仮に」とあたかも仮定風の文章で
書こうと、中傷表現はは中傷表現であり、社会的に許されない。


645 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 18:59:26
俺は許す

646 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 19:44:45
あなたの負け。


647 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 20:27:04
もっと大人になって他人に寛容・寛大たれ!

648 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 23:01:20
内藤さんは、シューレ・ネットワークに嫉妬しているんだと思う。
たとえば、シューレ関係者の手紙やブログを通じたつながり。
シューレ関係者がオレと友達になるのはいい、けれどそいつらどうしが
自分の見知らぬところで連絡をとり、意見をかわし、仲間意識をもつのは
ケシカラーン! てな考え。
内藤さんって支配欲・独占欲が激しい人なのかもしれないと思った。

あと、内藤さんって 処 女 (W)?
純粋ぶって利益をうる戦略といっても、あれほどわざとらしく純粋無垢な
子ども像を演じるってどうして?

タブラ・ラサとしての子ども像こそ大人の勝手な幻想であり、子どもへの
人権無視を支えている、ってのが彼のかねてからの主張じゃなかったっけ?

だいたい、女の人が愛のサーヴィスを受けて気持ちよくなるのは、足の裏を
こちょこちょされるとくすぐったいのと同じ生理的反応であって、ムリヤリやられるか
どうかに無関係だし。膣の分泌液も、長く空気にさらすまえは特に匂いはない、あるとしたら
病気の場合でしょ。あ、そうか、文系の人だから理系の知識には疎いのか?!
こんなことも分からない学者子どもって、ステージ高そう〜!

649 :名無しさん@社会人:2005/08/21(日) 23:36:38
何を一人で盛り上がっているんだか

650 :名無しさん@社会人:2005/08/22(月) 10:14:45
>>648
> タブラ・ラサとしての子ども像こそ大人の勝手な幻想であり、

どっかで目にしたような主張と思えば…

651 :636:2005/08/22(月) 22:42:22
>>649
スマヌ、元々は連続投稿などする気はなかったのだが、社会常識のない637のレスに
腹が立って、反論してしまった。

>>647
その言葉は社会常識と人間としての許容性のない内藤と637に言ってくれ。

652 :名無しさん@社会人:2005/08/23(火) 08:47:08
オマエモナー

653 :名無しさん@社会人:2005/08/23(火) 09:41:36
ホントに互いに「オマエモナー」だな

この人も頭上に唾を吐いているようなもんだし

654 :名無しさん@社会人:2005/08/24(水) 01:04:47
最初の「貴戸に寛容たれ」で止めればよかったのに。
訂正要求ってのはみっともなかったとしても「してはいけないこと」ではないし、貴戸がそれに対するレスポンスをした時点でほぼ決着と見るしかない。

例えば発言者の証言に対する圧力が存在していたとしても、実証性がないわけだから邪推したところで仕様が無い。

2ちゃんでの中傷に関しても貴戸に対するものだけが存在していたわけでもないし。
まぁ、一個人として被害を被っているのはたしかに貴戸のほうだが。

655 :名無しさん@社会人:2005/08/25(木) 17:08:23
でもなあ、圧倒的な力の差があるのに、貴戸側はまったく無頓着だから、なんともね。
白人が鉄砲をかついで、弓矢しかもっていないネイティブの村を荒らし、その後、
ささやかな復讐をした。すると、「インディアンは残酷だ」って大騒ぎをする白人の
反応そのままなのよ、内藤も稲葉も貴戸も。そこがおかしい。



656 :名無しさん@社会人:2005/08/25(木) 17:11:15
だいたい、あの削除欲求リストは、細部拘泥主義だったかもしれないが、
不寛容だったとは思えない。世の不登校への不寛容、あるいは、貴戸の本のなかの
シューレへの不寛容とそれに基づく誤解・誤述はどうなるのよ?
学閥的な利害やメンツにこだわって、世間知らずの純粋ぶりながら、
弱いものイジメの悪乗りにふけっているのは内藤じゃないか!

まさか今度は、上野にならって、自閉症児の親の会が全体主義だとか、
陰湿だとか、敵である健常者中心社会と似てきたとか騒ぎ出すんじゃないの?

657 :名無しさん@社会人:2005/08/25(木) 19:39:33
稲葉は正真正銘のネオコンだもんね

658 :名無しさん@社会人:2005/08/25(木) 22:44:30
批判などはみなただのやっかみだと思って切り捨てるエリート意識っていったい・・・

659 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 09:53:28
このあたり、やっぱり「めぐまれない院生」だけじゃなくて、「一部メンバーあるいは一部シンパ」の書き込みぶりだね。
あんたたちがシューレの顔に泥を塗ってるんだよ。いろいろな人たちが見ていることを忘れないで。
今度会ったとき、プリントアウトを奥地さんに見せるよ。
「恥を知れ」は自分に向かって言いなさい。


660 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 10:30:20
しょーがないんじゃない?
だって、このスレの批判、ちょっと内藤にはキツイだろうが、当たっているし。
内藤もあちこちにケンカ売りまくったものだから、引っ込みがつかなくなっているんだろう。
感情的になって自分が見えなくなっているのに、
みんなシューレとその関係者のせいにしても、しょうがないだろ。

661 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 10:41:52
>>659
ちょっと批判でもしようものなら、シューレの顔に泥を塗っているというデマゴギーを流布して
批判の存在そのものを否定しているように見えるよ。それこそまさに内藤氏らが批判している
もののはずじゃなかった?
それとも、一東大院生が一民間ネットワークに属する人たちの言説や不登校の当事者達の
アイデンティティをあげつらって重箱の墨をつつくようにねちねちと一方向的に難癖をつける
のは是で、それに対してその言説分析と同じような反論をするのは非ということかな。
このスレでも何度も同じ批判があるけど、まるでそういう論理になってしまっていることが内藤
氏の半分間違っているところというか、残念ながらそういうふうに見えてしまうところだと思います。

662 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 10:43:47
>>660
> しょーがないんじゃない?

そういう言い方をすると揚げ足をとられるよ。明らかな誹謗中傷書き込みまで
含めてそう言っているじゃないかっていうデマを流され、利用される。

663 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 11:43:17
このひとたちはシューレとは関係ない。
関西に住んでいるとわかりますが、よく読んでみるとシューレというよりは、左翼系エセ同和のひとたちに似ているような気がする。
恨みがましいしつこさとか、人をおとしめるときの言葉づかいとか、単語だけむずかしぶって理解できないヘンな理屈をまくしたてるところとか、これはシューレの文化ではありません。
たしかにいろいろな人がいますが、すくなくとシューレの中心メンバーはこういうやりかたをしません。
「シューレを永遠のふるさと」と称して内藤さんとけんかした常野さんにしても、シューレ内部では総スカンのような状態です。
シューレを「ふるさと」と思うのはよいことですが、それを他人とけんかするときのネタにしないでほしい。
とにかく内藤さんとけんかをして恥をさらすのは勝手ですが、シューレを背負ってやらないでください。

664 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 11:57:24
>>654
> 最初の「貴戸に寛容たれ」で止めればよかったのに。

つか、その言葉の内実がここで問われているわけで。
なぜ「貴戸に」であって、貴戸氏らが不登校エリートだなどとレッテル
を貼り付けているシューレの子ども達や親たちに、ではないのかって。

665 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 12:09:16
こういう、あたかもシューレ関係者が怒っているかのような印象をあたえる書き方はやめてください。
hate speechをはじめる前に一言、「自分はシューレのメンバーでも卒業生でもないが」とことわってください。
お願いします。

666 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 12:50:08
たしかにほんまもんのシューレが遺憾声明を出せば、こういうエセ・シューレどもが騒げなくなるわな。

667 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 13:33:27
エセ同和のチンピラ左翼がシューレを騙って悪乗りしていたわけか。なんとなく見えてきたぞ。
たしかにシューレの言葉づかいじゃないからな。
こいつらの情報求む。

668 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 14:15:11
>>663 >>665
そういうあなたこそ、いかにもシューレの代表者か、共同体的代弁者のごとくシューレを
背負った主張をしているけど、その発言に責任をもってくれますか?
そういうあなたこそ、シューレを背負っての(そういう印象を与える)常野さんへのhate speech
を謹むべきでは?
それともそれがシューレの公式見解だと言いたいのですか?

669 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 16:21:55
>>663
シューレを背負ってとされているその常野氏は、当初シューレのことを批判して、
カルト呼ばわりするかのような物言いすらしてなかったか?

670 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 17:06:00
こういう声も批判の声のなかにはあるんだよ。

281 名前:名無しさん@社会人[sage] 投稿日:2005/06/03(金) 00:17:22
シューレだけの問題だと思っているならそれはシューレメンバーの傲慢だよ。
シューレやフリースクール関係者だけがこの本への批判をふくめた意見の独占権を
握っているわけじゃあるまいし。
むしろシューレのメンバーはシューレという環境に守られているぶんだけマシ。
シューレ的環境に守られてこそ貴戸さんのあの本の解釈物語は可能になった。
むしろ問題を感じているのはそういう場すら身近にない「当事者」たちだったりする。


671 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 23:12:37
貴戸本はシューレにとってぜんぜん痛くない。
オレ的にはあれぐらい書いてもいいとおもう。
内藤だって上山だって、ああいう外部のうるさいやつはそれはそれでいい。
だけど常野がやったことはひどい。
全体主義をあえて実行するみたいなシューレのイメージをばらまいた。
おまえの偏った極左の生き方をシューレにかさねるな。
シューレには、おまえのようなボルシェビキはいないぞ。

672 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 23:53:30
いや、やっぱりひどいのは匿名で書きまくっている左翼グループでしょう。
こいつらみるからに計画的。いやがらせができればいいだけ。
おれはシューレの一部じゃないかと疑っている。
それから、シューレ、シューレって、「お国のため」みたいにわめかない。
大日本帝国なんてどうだっていい。それと同じこと。シューレなんかどうだっていい。
おまえら右翼かい。
シューレ万歳すれでもつくったらどうだ。
すれちがい。

673 :常野バッシングを許すな!:2005/08/27(土) 07:54:38
ここでもまた今度は常野バッシングがはじまったか。

内藤や稲葉(またはその応援団)らによる常野バッシングを許すべきではない。

彼らに好意をもつ立場からあえて言う。

常野に寛容たれ!

674 :名無しさん@社会人:2005/08/27(土) 21:15:06
>エセ同和のチンピラ左翼がシューレを騙って

何コレ? どこでそんなことを騙って、人からカネとか巻き上げているヤシらがいるんだ? 
どーせ脳内妄想だろ。もし間違いだったら、単なる悪口だぜ。

意見を言った人にも、シューレに対しても、とても失礼だ。迷惑だ。
他人にラベリングしてばかりじゃなく、ちゃんと意見をいいなさい。
このスレを荒らして、混線させているのはモマエだ!


675 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 14:28:53
>>674
ではあなたをシューレの代表として返答させていただいてよいですね?

676 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 14:33:54
うぇwwwwwwシューレ論争が続いててブログの選挙キャンペーンに突っ込めねぇwwwwwwww

677 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 22:17:30
↓落選運動HP
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/

220 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)