5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何故、人を殺してはいけないのですか?

1 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 15:45:08
都内に住む小学生です。教師板で同じ質問をしたのですが納得いく答えを出してくれた人はいませんでした。
何故人を殺してはいけないのですか?
「法律で決まってるから」とかじゃなく、聞いて本当に納得できるような答えが知りたいんです。
どなたかお願いします。


2 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 15:47:48
なぜこの板で聞くのですか?

3 :@:2005/04/29(金) 16:30:58
14歳の中学生に「なぜ人を殺してはいけないの?」と聞かれたらあなたはなんと答えますか

大澤真幸

人を殺してはならないということは、道徳的な命令(当為)である前に事実の問題です。
人を殺してはならないのではなくて、人は人を殺すことができないのです。
できないからしてはならないのであって、逆ではありません。
他人が生きているということは、私がこの私であるということ、私がいるということと同じことです。
他人とは次のようなことです。それは、ある意味で私とまったく同じです。
つまり、それには、私が生きていることの証となるものと同じものが所属している。
それは、私と同じように何かを感じ、欲している。それは魂をもつものです。
が、にもかかわらず、と言うより正確には、まさにそれゆえに、私には、最終的には、それが狂おしいほどにわからない。
それが何を感じ、欲しているかを知りつくすことはできない。それは不可知であり、謎です。
このように、同じであることが根拠になって不可知であるもの、それが他人です。
こういう他人に直面していること、このことが私がこの私として生きているということの反面なのです。

このことは次のように考えるとわかってきます。
誰かがあなたのことに詳しいとします。
あなたが中学生で、何が得意で何が苦手だ等々と知っているとします。
でも相手があなたの名前を知らず、知ろうとしていないらならば、
あなたは、その人が関心をもっているとは感じないでしょう。ましてあなたを愛しているとは思わない。
逆に新任の先生にすぐに名前を覚えられると、うれしいはずです。
立場を換えても同じです。
あなたが誰かを知っており、その人に関心をもっているといるということは、
その人の名前を知っているということを含むのです。



4 :A:2005/04/29(金) 16:33:49
考えてみると、これは不思議なことです。
こういうことは物への関係では生じないからです。
誰かがあるコンピューターに詳しく、その使い方や性能を知っているけれども、機種名を知らないとする。
それでも、この人物はこのコンピューターに精通していると言えます。
名前は空虚な記号であり、内容をもたない(概念ではない)からです。
ところが人に関しては、名前まで知らないと知ったことにはならない。
その人がその人であるということは、どんな概念でも把握し尽くせない何かだからです。
これが他人の本来的な不可知性です。
概念ではくみ尽くせないこの余りが、とりあえず名前で示されているわけです。

他人を否定すること、人を殺すということは、あなたも名前で呼びかけられ、
名前で覚えられる者として存在しているということを否定することになる。
私がこの私として生きているということ、私が名前によって指示される者としてのみ生きているということは、
同様に他人が名前によってしか指示できない者として存在しているということと表裏一体のことだからです。
繰り返せば、他人を殺すことは、この私がこの世界に存在しているという実感の中で生きることを否定することです。
それは誰かとおしゃべりして笑うとか、口げんかして泣くとか、そういう普通の時間を過ごせなくなるということです。

だから人は人を殺すことはできないのです。
でも殺人も死刑も戦争もあるじゃないか、と反論されるかもしれません。
しかしそういう場合ですら、人は人を殺しきれていない。
たとえば銃殺刑では受刑者に目隠しをする。あれは、殺される側ではなく、殺す側の恐怖を和らげるためにやるのです。
他人が他人として迫ってくるのは、他人の顔や目に直面したときです。
目隠しは、だから、他人が他人であることを隠蔽するわけです。
戦争も同じです。戦争の大量殺戮は、それぞれの人が名前で呼ぶほかない単一の者であるという事実を、
意識から隠す効果をもちます。
だから戦争では人を殺すことができるわけです。
しかし、もう一度言えば、人をまさに他人の資格において殺すことはできない。
私が生きている者として生き続ける以上は。

5 :B:2005/04/29(金) 16:36:06
大澤真幸・町澤静夫・香山リカ『心はどこへ行こうとしているか』(マガジンハウス1998年)p14〜17より引用しますた

6 :1:2005/04/29(金) 17:54:28
>>3-5
悪い回答例の見本のようなものですね、何を言いたいのかさっぱり解りません

7 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/04/29(金) 20:55:07
支配者の築いてきた秩序が維持できないからです。
人類史上最高の哲学者・経済学者・革命家のKマルクスは
暴力革命を否定していません。自らの正義のためには殺人も否定していないのです。
したがって、殺人が悪であるのは絶対ではなく、あくまでも現体制化のものとして
考える必要があります。

8 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 21:25:24
違う、答えは単純。
自分が殺されたら嫌だから人を殺すのも駄目なんだ。

9 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 21:37:13
「何故〜〜してはいけないのですか?」の「いけない」を決めてるのが法律。
それなのに「法律で決まってるから」とか無しで説明しろとは可笑しな話だ。
泥棒もいけません。
痴漢もいけません。
売春や大麻もいけません。
でも売春や大麻オーケーの地域はある。これは法律が違うからだ。

10 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 22:02:29
「法律で決まってるから」以上の答えってないよね。
「なぜ〜してはいけないのか」なんていう問いを立てることで
メタ的な地点に立って、アドバンテージを得たつもりになってる馬鹿
って嫌だな。甘えてるよ。


11 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 22:29:42
>>10
プッ

12 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 13:43:10
>>8 と同じ考え方の人達に質問ですが・・・・
仮に自分が殺される心配が全く無く、どのような危害も加えられないとすれば
人はヒトを殺せるでしょうか? 疑問が残ります。

ま、そもそも私の仮定が現実味を帯びてませんが理論的には分かって頂けるかと。

13 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 14:34:11
>>1
戦国時代では、敵を殺すことがむしろ名誉なことだった。
それがなぜ今は人殺しは良くないという通念があるのか。法律があるのか。

法律を作るのは議会だわな。議員を選ぶのは国民一人一人だわな。
つまり法律が出来たのは、人々がそう思うからだわな。
じゃあなぜ人々はそう思うようになったのか?
端的な答えは、人々が安心して暮らすために必要となもの考えているからなのだが、
もう少し戻ってみてみよう。

一つはホッブズの「万人の万人に対する闘争状態」を何とかするための人の知恵だな。
つまり、ルールがなく無制限に自由であるとすると、なんでも思い通りにしたいと思う。
『出来ることなら労働なんぞしたくない。楽をしたい。
 金がなければ他人のものを盗めば良い。いや、殺してしまえばあいつのものは
 全部俺のものだ』
と皆が思ったとする。すると人々は他人がすべて敵になり殺し合いしかしない。
楽をしたいから。そんな社会ではまともに生活できない。いずれ滅びてしまう。
オマケに誰も何も作らなく、搾取ばかりしていればいずれ限界が来るか、
そうでなければ他国を侵略しなければならなくなる。また他国も同じことを考えている。
>>1はこんな世界に住みたいか?

14 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 14:34:50
で人間が考えたのは、こんな世界はもう嫌だから、みんなで決まりを作ることだ。
それが歴史を経て、財産(食料・家)を他人に奪われないための「私有財産の自由」、
他人(国家でも)から突然理不尽な言いがかりで生活をめちゃくちゃにされないための
「人身の自由」、人は皆平等であり等しく自由を手にすることを保障するための「法の下の平等」
など人々がルールを作って、ルールを破ったものを罰するための裁判所や、
このルールが確実なものであるように憲法やら国会やらが出来たと。
つまりは、喧嘩の調整役に皆が認める統治者を作り出したと。
人々の諸権利を守るためには、まず殺しは×、違反は×・・・。
違反をしたものに制裁を加えることで、人々は制裁を恐れるから違反の抑止になる。

もし殺しを許せば世の中すべてが乱れてしまう。安心して生活できやしない。
そうはなりたくないから、窮屈になってもいいから共通のルールを作ったと。

15 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 14:42:41
別の観点。

大昔の王様が、困ってしまったから。
つまり、食料を作ってくれる国民が争いばかりをしていて、
さっぱり作物を作らん。オマケに労働者が減ってしまう。
これでは贅沢な暮らしができん。
そうだ、殺すことを禁止すれば、労働者は減らず、国民は殺し合いをやめて働くから
安定して作物をもらえるぞ。こりゃ名案だ。

って考えても、通ると思うが。。

16 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 14:43:53
@は小学生という設定です。

17 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 17:41:19
(小学生?の)情操教育にうってつけのアニメを紹介
『エルフェンリート』
http://www.vap.co.jp/elfenlied/

18 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 18:24:16
社会なんか乱れてもぜんぜん構わないし
世の中が乱れてもむしろ望むところ
そんな人こそ説得しなきゃいけないのにな

社会契約説とか
そういう起源に関するそもそもの「お話」を聞かせたところで
吐き気がするほどつまらねえ道徳の授業の説教となんら変わらんて

19 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 18:30:28
@「自分がされていやなことは人にしちゃいけません」
 だから自分が殺されたくなかったら、人殺しはだめ

A「人生を棒にふるのはもったいない」
 人を殺したら結構な社会的・精神的なハンディキャップを背負います。
 だからヤメレ!

20 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 18:47:29
>>18
批判するなら、それなりのものを出してからにしろ。
でなければ、ただのひねくれ者だぞ。

>>1はどこへ消えた?質問しているのはお前だぞ。
レスに不満なら、どの辺が不満でどういうことを話したいのかを発言しろ。
レスしてる連中はお前の友達でも親でもないぞ。少しくらいの礼儀を見せろ。

21 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 18:59:27
代案は出さないが批判はする
社会の大多数の価値観と異なる人間を説得するための
有効な倫理観が思いつかないから代案は出さない

起源を説いたところで説得にはならない

また、刑罰を盾にして「経済的な損得判断」で
「おまえが殺されたくなかったら他人を殺すな」の理屈では
「殺人」そのものの悪を否定したことにはならない


22 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 19:13:50
【NO?】殺すというのは【OK?】part2
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1112587103/16-18
ここでほとんど同じ流れになっとる


23 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 19:27:49
>有効な倫理観が思いつかないから代案は出さない

まあ言いたいことは分かるけどね。ただ
>「殺人」そのものの悪を否定したことにはならない
殺人を否定する必要があるんか?
生まれたらそういうルールだった。生きてくためには
ルールを取り込まなければならない、で十分だと思うがな。

それ以上の説明ははっきり言って意味ないだろ。
善悪の主観的な価値判断は、それぞれの経験を積んでの価値の社会化ができて
自分でやるものだし、他人の価値に口出しして「殺人は悪だ」なんて説く気はない。
他人に倫理観を押し付ける気もない。また小学生に今すぐ理解させるのも無理だろう。
出来るのは規範となりそうなネタを出すことぐらいだろう。


そんなことよりも1が出てこないことには話にならん。

24 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 19:38:32
それなら議論や説得する必要など一切無い
「現行の刑法で禁じられているから殺人はいけない」
これでおしまい

ところがそれでも「なんで人を殺してはいけないのか」が「分からない」連中がいるらしくて
そういう連中に対して如何に説得するのがこのスレの趣旨ではないのか

25 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 19:41:41
そもそも>>1が「法律で決まってるから」とかじゃなく、聞いて本当に納得できるような答えが知りたいんです

と言ってるではないか

26 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 20:02:03
>>25
どこがどう納得いかないのかとか、今まで聞かされた話とか、
対話しないとストライクゾーンが見えてこない。

>>24
単純に誰もそんなことを考えずに生きているからだろう。
「地球に重力がある」といわれても、科学的メカニズムが分かっても
そういうものと受け止めるしかない。
いくら物理の研究をやったところで、なぜ宇宙が誕生したのか、
の問いには答えられない様に、そういうものと切り捨てていかんと進まない。

まあ切り捨てろってのもヒドイから努力はしたいと思うが、
1と話せんことには手のうち用がない。どんな価値を持っていてどんな考え方を
していて・・・。親じゃないんだからそんなこと知らん。

27 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 20:11:04
法制度という規制以前の情緒の問題としての「殺人の善悪」と
自然科学の法則を一緒にしてはいけない
物理法則という人間による解釈が不可能なものと
人間の意志が介在する「殺人肯定・否定」の問題は別次元である



28 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/04/30(土) 20:15:25
もしも、法律で人殺しが禁じられていなかったとしたら、
殺してもいいですよね。
私は自分以外の♂とブス、ババアすべてをこの世から抹殺したいのです。
ここに書きこんでいるオマエもだよ。

29 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 20:16:29
そういうことになるな



30 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 20:18:32
まあ、「である」と「であるべき」では次元は違うけど、
そんな揚げ足を取んないでくれよ。極端に言いたかっただけですよ

31 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 06:04:55
俺、ここに教師板から>>1を誘導した者ですが。
真面目に議論しているのかと思いきや

一回ヌッ殺された方が奴のためになるようですね。


32 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 10:42:23
>>31
俺が社会の規範や、他人の存在と自分について分かってきたのは高校を出たくらい。
はっきりいっていろんな人と関わったり経験をしたり感じたりしていかないと、
分からないものと思う。いろんな規範の意味とか意義とか。


それ以前にいない奴に話しかけても虚しいからヤダ。

33 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 10:50:01
>教師板で同じ質問をしたのですが
納得いく答えを出してくれた人はいませんでした

正直、教師板と同じ返答が社会学板でも>>1に寄せられています。
んじゃ、別に子供の屁理屈につきあわなくても良いということで
(この場合、悪い意味での思考停止じゃないよね)FA?

34 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 15:23:52
>>33
永井均「子どものための哲学」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061493019/249-8144902-0537112

これ読むと永井均が小学生のときのエピソードが紹介されてて
要するに永井は>>1みたいなやつでそういう作文書いたんだけど
先生に真面目に取り扱ってもらえなくてずっとうらみに思ってて云々・・とりあえず読んで出直して来い。
俺も出直してくる。

35 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 16:12:38
死ぬつもりなら何をしてもいいというのが日本の法制度(死刑制度)です。
イギリスは終身刑しかありませんので死なせてくれません。
言い直せば、
殺してはいけないのは、社会のルールだからです。
ルール違反をすれば相応の罰を受けます。
国はその前提を守ってゲームを進めるために法律をまもらせます。
=権力を行使します。

ですから「社会のルール」のメタレベルでは「殺してはいけない」理由はありません。
学校でもそのように教えるべきでしょう。

以上のことは永井均が書いています。(「なぜ悪いことをしてはいけないのか」など)

また、
カントの「定言命法」にも「社会の中を生きるならば」という
前提がある、と指摘したのは宮台真司でした。

36 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 16:37:11
法律で自由な殺人が認められてる世界
あるいは法律がない世界、法を守らせる機関がない世界を
想像してみましょう

37 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 16:39:22
殺してもいいけど国家がそれを見つければ
相応の罰を受けるよ、ってこと

38 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 16:50:44
それは殺してはいけないことの説明じゃなくて
殺すと現体制において個人が刑罰によって損をすることを説明しているだけ
ということは殺しても刑罰によって損をしなければ殺してもいいことになる

39 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 16:52:46
「損をしなければ殺してもよい」ということが学校において教えられるとなると
もはや「道徳」の定義が徹底的に見直される事態となるな

40 :1:2005/05/01(日) 18:11:44
皆さんすいませんでした〜 家族で旅行に行っていてレスできませんでした。
何ぶん小学生なもので父のパソコンを使える時間が限られているんです。

ざっとレスを読ませてもらいましたけどやはり法律論とか哲学論とかばかりで
私には難しすぎて理解できませんでした。
>>8は明快な答えですが逆に幼稚すぎますね、「自分が嫌な事を他の人にしてはいけない」
と言う答えでは別に殺人に限らずちょっとしたイタズラでも同じですよね(例えば顔にパイを投げつけられるとか

本当に筋が通っていて、小学生の私でもわかるように納得できる答えをだしてくれる人はいないんですかね?

41 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 18:29:56
社会的秩序を守るため
戦争以外では禁じてます。
敵打ちも禁止。裁判所で代替。
加害者の人権は憲法で保障。
被害者は殺され損。
相当の罰が厭な人は殺したくなっても
殺人しにくくしてる。
たまに殺人好きな人や意図して計画的に
殺人する奴もいるが裁判官の裁量で罪を
重くして抑止効果を狙う。

仕事とか生活する上てやむを得ず人がしんだ場合、
業務上過失ってことで別の罪で対応します。

まあ世の中、やったもん勝ちなんでねぇ


42 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 18:39:13
>>1
はっきり言っとく。
そんなもんすぐには分からん。生きていく中で、自分なりの答えが見つかるものだ。
学問の説教がいやなら、親や友達と話し合え。

殺人したいわけじゃないんだろ。生きていけば答えみつかる。
答えが欲しけりゃ色々勉強したり、いろんな人と話せ。

43 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 18:45:11
人間とは何か、自分とは何か。これよりは簡単な問いだと思う。

44 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 18:46:59
「死」という概念の特異性について考えて見ろ
パイ投げと同列に置けるもんじゃない
程度の問題でもない

45 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 18:50:40
>>1
逆に質問。
法的な規制がなければ
「人を殺しても良い」と考えているのか、
「そんな世界やっぱりイヤだ」と考えているのか、
それとも
「何故、パイ投げはOKで殺人は駄目なの?」とルールの重さを
 疑問に思っているのかな?

会話がないと、誰も何も教えてはくれないよ。

それからパイを人にぶつけるのも、十分な嫌がらせだと思うけどね。



46 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:00:52
俺は「やっぱりイヤだ」だな
なぜか、と問われても答えようが無い
ムカついて殺したくなるような他人もいるが
無制限に殺人を肯定するような世界はイヤだ
「自分が不利益を蒙らなきゃ人殺してもオッケー」とか思ってる価値観が多数派な社会なんてイヤだ

社会というのはこういう言語化できないが
「なんかイヤだ」という思いを共有しているという成員同士で構成されてるものじゃないのか

47 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:11:56
俺は人を殺すなんてとんでもない・・
という道徳観というか生活感覚で暮らしている。
人は死んだら終わりになるので、殺してしまったらその人に応答を求めることができなくなる
というところに、そういう「生活」ができなくなるところに何か恐怖を感じている、だから人は殺せないのだ
ということができるかもしれない。

>>3-5の大澤真幸が言うように、
キタチョン死ねとか、糞ガキ死ねとか、ジジイ死ねとか、加害者はすべて死ねとか、味方以外の敵は死ねとか、
人をある基準でモノ化してそれを葬るような真似をすることはでき、実際にそういう文脈で人は殺されているわけだが、
いかなる内容にも還元されることのない「名前」で指示されるような文脈で
「生活」をする限りにおいては人は人を殺せていない、殺すことはできない
ということはまあ、>>1には>>6で何がいいたいのか分からない、とこき下ろされてるけど俺にとっては説得力を持つ。

過疎の社会学板ですぐレスが集まるという事自体が、
「人を殺してはならない」というルールが持つ、またはこのルールを問いに伏すときに表れる
特異性なんだと言えるかもしれん


48 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:14:07
栗本慎一郎著
『パンツをはいたサル』新版
現代書館
でも読んどけ

49 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:18:03
>>38
実際人を殺して逮捕されずに安穏と生きてる連中なんて
いくらでもいるだろ
1が本当に小学生なら、あんまり聞かせたくないが
そういうもの。殺し得、殺され損はたしかにある。

50 :1:2005/05/01(日) 19:19:24
>>45
もちろん「人を殺しても良い」なんて思っていません。
実を言うと私は「何故、人を殺してはいけないのか」という問いに対しての
答えを既に自分で考えてあるんです。私が考えた答え以上の答えが出るかなと
思ってこのスレを立てたのですが今のところ出ていません。
もう少し様子を見ることにします。

51 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:22:25
>>50
それってズルくて失礼じゃない?
このスレてレスしてる人にさぁ

52 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:23:52
それは楽しみだな
俺も待って様子を見るか

53 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:27:57
>>51
小学生は基本的にズル賢いものだしw
1のいうところによるとまだまだ序の口で答えらしい答えが出揃ってないみたいだしwワロスw萌えww
最後の砦で待ち構えるラスボスみたいでかっこいいなw
おまえら頑張って答えろ、ちょー頑張れw

54 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:34:48
>>53
お前が一番頑張れよ。見守っててやるよ。

55 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:47:03
     
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | こういうスレが沢山立ってた
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < のが昔の社会学板なんだよな 新参は昔の
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 社会学板を知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_


56 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:56:58
ハァ?かわいそうだから、に決まってんだろ。
だからかわいそうだと思わないむかつくやつとか、
死んだ方がこいつも楽だろうな、とか言う場合の殺人はしてもいいに決まってんだろ。

57 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:19:38
可哀想とムカつくの境界条件が不明ってか個人依存の為、
答にならないなぁ。>>56

58 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/05/01(日) 20:33:45
私はね、人殺してもいいと思っているよ。
臭い飯食うのがイヤなだけ。

59 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:38:43
死刑賛成。人殺しそれ自体は悪ではなく正義。
それが悪になるかどうかは人殺し自体の是非とは別問題。

60 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:40:37
>1
>私が考えた答え以上の答えが出るかなと
思ってこのスレを立てたのですが今のところ出ていません。
もう少し様子を見ることにします。

お前何様?お前にはいろんな人の発言が、画面の中のおもちゃ程度にしか
映っていないのかも知れんが、人間がそれなりにお前のために書いてんだぞ。
スレ立てたと思ったらさっさと失踪。帰ってきたら「お前らはまだまだだな」か。
お前の考えを聞かせてもらおうじゃないか?
話す気がないならさっさと消えろ。

61 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:43:54
少なくとも俺は>>1に対する殺意が芽生えた。
ありえん。所詮ガキか。
どうせ下らんことしか言えんだろうよノシ

62 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:46:06
法がなぜあるのかをもっと勉強しないさい>1

63 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:47:41
>>50
じゃあ、早くその「考え方」を提示してごらんよ。
「叩かれる」のはイヤなものだし、逆に肯定されることもある。

そこから始まるのが議論だよ。カードを見え隠れさせておいて
高みの見物(のように見えるよ)は正直独善的だと思う。
回答した人に失礼だよ。

君は、「質問」しにきたように見えない。
人を「小馬鹿に」しにきたように見える。(PCを使える時間帯を考慮しても)


64 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:53:25
1 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 15:45:08

6 :1:2005/04/29(金) 17:54:28
 >>3-5
 悪い回答例の見本のようなものですね、何を言いたいのかさっぱり解りません

40 :1:2005/05/01(日) 18:11:44
 皆さんすいませんでした〜 家族で旅行に行っていてレスできませんでした。
 何ぶん小学生なもので父のパソコンを使える時間が限られているんです。  

 ざっとレスを読ませてもらいましたけどやはり法律論とか哲学論とかばかりで  
 私には難しすぎて理解できませんでした。
 >>8は明快な答えですが逆に幼稚すぎますね、「自分が嫌な事を他の人にしてはいけない」
 と言う答えでは別に殺人に限らずちょっとしたイタズラでも同じですよね(例えば顔にパイを投げつけられるとか

 本当に筋が通っていて、小学生の私でもわかるように納得できる答えをだしてくれる人はいないんですかね?

50 :1:2005/05/01(日) 19:19:24
 >>45
 もちろん「人を殺しても良い」なんて思っていません。
 実を言うと私は「何故、人を殺してはいけないのか」という問いに対しての
 答えを既に自分で考えてあるんです。私が考えた答え以上の答えが出るかなと
 思ってこのスレを立てたのですが今のところ出ていません。
 もう少し様子を見ることにします。

65 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:55:50
>>60-64
うはww小学生相手に自分の大人としての重みをわからせること、大人ぶりを発揮することができないから
>>61殺意覚えたり、>>62その背後に何かあるように諭したり>>63小馬鹿にされたと感じたり
>>64つるし上げしてみたりww
おまえらワロスww答えられないなら去れよ。
そして俺に対してオマエモナーってレスするしかできないやつも去れよww

66 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:57:35
>>65
いや、その幼稚な書き込みには何も感じないよ。


67 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:03:05
>>1がある日殺されても仕方がないと思います。
この場合、ある種の人には殺人は正当化されます。
法律上の見解は>>1の通り無視。
殺人がいけないのでは無く、殺されるかも知れないことを
意識的にか無意識的にか行った報いです。

そうしたことの抑止効果の為に法律があるのですが
禁止の意味が分からないんしゃ、一度殺されてみることをお勧めします。

68 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:03:48
>>65
で、お前の考える「殺人が良くない」を聞かせてもらおうか。
中身のあるものを期待しているぞ。

69 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:05:58
>>65
最高に頭の悪そうな釣りレスですねw

小学生=>>65ですか?
だったら、本当につまらない展開ですねえ。

じゃあ、>>65、小学生を納得させてやってください。

70 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:12:13
>>1>>65
荒らしなら荒らしでもいいが、もう少しセンスのいいものを期待する。


71 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:14:33
>>53=>>65
だな。
スルーでいいが内容が愚者厨並みだから
愚者厨追って自殺してくれ
まあ>>1も似たようなもんだな。

72 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:23:49
大人相手でも>>8の回答で十分だよ。

小学生のカードは白紙と見た。



73 :チラシの裏 ◆Z8DFquPjBk :2005/05/01(日) 21:25:38
>>68-71

>>34>>47>>53>>65
が俺。俺の意見というか感覚は>>47で一応言ってる。
とりあえずスレ汚しもこれくらいにしてまた明日ノシ

74 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:36:32
>>67の意見は>>53>>65>>73に適用しても何ら問題ないな

75 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:41:08
人を殺してもいいんだよ。だから死刑が可能なんだから。
いけないのは人を殺すことそれ自体ではないの? わかる?>1

76 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 22:08:01
>>65 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:55:50
>おまえらワロスww答えられないなら去れよ。

とお前は豪語しているが、どうやら
  >>47 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:11:56
  俺は人を殺すなんてとんでもない・・
  という道徳観というか生活感覚で暮らしている。
  人は死んだら終わりになるので、殺してしまったらその人に応答を求めることができなくなる
  というところに、そういう「生活」ができなくなるところに何か恐怖を感じている、だから人は殺せないのだ
  ということができるかもしれない。

というお前の意見に、
  >>50 :1:2005/05/01(日) 19:19:24
  私が考えた答え以上の答えが出るかなと 思ってこのスレを立てたのですが今のところ出ていません。
  もう少し様子を見ることにします。  

と興味すら示していないが、その辺をどう考える?

77 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 22:09:27
>>65 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 20:55:50
>おまえらワロスww答えられないなら去れよ。

とお前は豪語しているが、どうやら
  >>47 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 19:11:56
  俺は人を殺すなんてとんでもない・・
  という道徳観というか生活感覚で暮らしている。
  人は死んだら終わりになるので、殺してしまったらその人に
  応答を求めることができなくなる
  というところに、そういう「生活」ができなくなるところに
  何か恐怖を感じている、だから人は殺せないのだ
  ということができるかもしれない。

というお前の意見に、
  >>50 :1:2005/05/01(日) 19:19:24
  私が考えた答え以上の答えが出るかなと 思ってこのスレを立てたのですが
  今のところ出ていません。
  もう少し様子を見ることにします。  

と興味すら示していないが、その辺をどう考える?


78 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 22:10:35
お手並み拝見としましょうか。

79 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 22:50:12
>>72
同意。白紙の上に、実は小学生ではないという結末に期待。
厭きた。

80 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 23:03:18
取り敢えず、「何故人を殺してはいけないのか」
質問の真意が図りかねるので小学生の真意に
(あるいは隠しカードに)適合するか分からないけど、

@>>8の通り、他人が嫌なことをするな。

A結果の責任の問題
 社会学にも法律にも素人なので誤解を恐れずに言うと
 「>>1が人を殺しました。裁判で死刑になりました」
 これって「事件の責任をとる」事と違うと思う。
 死刑はあくまで「償い」の一部であって、本当の意味の「責任」
 は(実現不可能だけど)被害者の生活を、事件前の状態に
 リセットすることじゃないのかな?

 さも何も起きなかったように。

(続く)

81 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 23:04:13
(続き)
たとえばJRの社長が電車の事故で遺族に賠償金を支払っても、それは「償い」
 の一部に過ぎないのじゃないだろうか。
 
 その意味では、誰も責任など取れない。ましてや死人を蘇生させるなど。
 一生かけて遺族に「償い続ける」ことしかない。
 君が自殺しても殺した相手は帰ってこない。

 >>1にはできるかな?俺には無理だね。耐えきれない。

 連続殺人犯が「俺を死刑にしてくれ」なんてのは究極の逃避、甘えだと思う。
 事件をリセット出来ません、一生償うのもイヤです。最悪じゃないか。

 >>1、人は簡単に死ぬ。言葉だけで殺せる。
 でも、君には「償い続ける」覚悟はあるのかな。
 
 返事待ってるよ。

82 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 23:29:29
他人のものをだまって取ってはいけません。
それは泥棒です。
きみもだまって取られるのは嫌でしょ。

人を殺すとは、その人の命を取ることです。
ですから、了解も無く取ってはいけませんね。
本人が取っても良いよ、と云うならOKです。

83 :hn:2005/05/01(日) 23:42:53
>>1

人には生への渇望があり、死への渇望は無い。

死への渇望が無いという表現は、受け入れ難いだろうが、
これは、自我が死を選ぶ事はあっても、生まれた社会で
培われたものであるためだ。
法律も社会が作り出したものではあるが、他者を殺すを
許していないというのが、人の生への渇望に沿っている。

死への興味が湧くのは、自我の生成において当然であり、
他者の存在を受け入れる事の象徴として、その存在など
消す事を考えるようになる。

> 何故人を殺してはいけないのですか?
これについては、他者が存在するからとしか言えない。
他者の生への渇望を、認める事ができたからであろう。

84 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 04:32:41
>>1
「人殺しなんてやめときな。
 殺してしまったらもう二度と人と関係が持てなくなってしまうから」

85 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 07:14:46
殺す事を容認してたら社会なんて成立しねーだろうが
頭足りてんのか馬鹿

人があるとこ社会がある、人がいないところならそんな決まりはないさ

86 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/05/02(月) 07:19:28
ところで、
どうして自殺はいけないのか?
答えなさい。
いやいや、実は私は素晴らしい解答を持っているのだが、諸君らのオツムを試してやる。

87 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 07:22:23
法律で決まっているからです。そういう社会なのです。
逆に人を殺さなくては社会的制裁を受ける国もあります。
日本と外国をよく観察し比べてみてください。

88 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 07:31:05
宗教がない国はいろいろと大変だなあ
キリスト教国とか海外は一言で住むのに

89 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 08:08:42
痛いからだよ

90 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 10:34:51
場合によっては人殺しは悪いことじゃないよ
実際法治国家においてさえ、正当防衛や戦争時の殺人が認められている

91 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 11:16:06
>>1早く出てこい。
ネタ1でもいいから出てこい。
GW中に出て来い。

92 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 11:26:07
>>50 =1?

「私が考えた答え以上の答え」
その上下を決めてる基準をいってみろ


93 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 12:01:30
1 は何故、顔を出してくれないのですか?
あなたが知りたいのは社会の仕組みや物事の背景などではなく
ただの”納得”がほしいんでしょ。
だったら、もう少し自分の考え方をこの場に晒してみようよ。
きっと親切なオニイサン達が君に答えてくれるよ。

・・・・・・奴はもう二度と現われないだろう。   

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\ 終了 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

94 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 12:48:09
もう>>1>>73なんか一切無視して議論するか
放置スレにしたら
それでも暇つぶしに必要な人用にとかでいいよ

95 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/05/02(月) 20:40:52
なぜ、近所の野良猫を殺すと動物虐待といわれるのに
ゴキブリ殺すと女の子に褒められるのですか

96 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 12:05:00
おい>>73よ。>>77に答えろよ。

97 :チラシの裏 ◆Z8DFquPjBk :2005/05/03(火) 13:13:31
>>96
端的に「納得の行く答え」を求めている>>1に対して
社会学的なコミュニケーションや相互作用?のありかたを見たり、
法律に対して自らがどのように振舞ってきて、振舞うべきとされているのかを見る
という問題設定で、いろんな中の人たちの振る舞いの態度表明とでもいうか、そういう感じで
いまのところ多くの中の人によって多分答えられてきたんだと思う。それは俺も例外じゃない。
>>1がどういう答えを用意していて、いつ出すつもりかはわからないけれど
>>1のいう限りではまだ答えられてなくて、だからこそそれこそ多くの中の人なんかが
>>1にどういう問題設定をしてるのかということが聞きたくて>>1に応答を求めているんだと思うだが
確かにそのへんが明らかにならないと議論も何も進んだもんじゃないとは思う。
けれども各人が勝手に社会学、哲学、法律学とかかざして議論してもいいし
各人各様に考えがあるはずだから、それこそ勝手にやればいいんじゃないのかと
宮台の言う、底が抜けて脱社会的に振舞わざるを得ない社会のありかた、
そしてその社会関係の網の目に絡まれて/あるいは絡まれずに
演繹されて出てくる現代の人間の問題でもなんでもいいんじゃないのかと。
それこそ俺はここで踏みとどまって人を殺さなかった/殺したの自分語りでもなんでもいいし。
>>21-24みたいな問題設定で話進めるというか、やる気出せよという意味で煽ってきたつもりなんだが。
GWは暇なんじゃないのか院生とか教員の中の人とか。
別に論壇君でもない22歳童貞の俺に出せる意見はもうないよ。
これ以上社会や性愛から疎外されると永山則夫よろしく人殺しちゃうよくらいは言えるけど。



98 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 11:24:05
演繹的に。
自己の遺伝子の存続が生物の本能。
自己愛→我が子愛→準拠集団愛→・・・情の移った物全てへの愛
情の範囲は状況で様々に動く。
選択の必要な有事には何かを殺して何かを守る。
人に置き換えると、『平和なとき』には同属である殺人はよろしくないとなる。
動物も異教徒も親族も情が移っていられる状況下での殺害は禁忌。
うちは脳みそお花畑的に平和だから人は殺そうとか思わん。

帰納的に。
殴る→恨まれる→被害を被る。殺す→恨まれる→殺される。
経験的に悟った『懲りる』人は、それを子どもに教える。
殴るな、殺すな。
後は刷り込みの連鎖。
うちは子どもの頃に人に迷惑掛けるなと刷り込まれたから殺さないだけ。


99 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 15:09:30
まあ8以外の答えなんてないけど。
8が根本にあるから法律もあるわけで。
8を幼稚という1はどう考えているか実に興味があるが…

100 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 01:56:51
保守あげ

101 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 18:58:43
山の上に立っている鉄塔ってどうやって立ててるの?

102 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 19:05:29
鉄塔を建てた部分を盛り上げて山を作るんだよ。

103 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 19:29:20
小泉政権は、国民を過労死に追いやろうとしています。

サビ残合法化を企む小泉改悪。裏の主役は経団連のトヨタ奥田。

厚生労働省 への意見メールは
ttp://www.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html
-----------------------------------------
★「残業代ゼロ」一般社員も・厚労省方針、労働時間重視を転換

・厚生労働省は、休日や週40時間を超える労働に割増賃金を支払う規制について、
 適用除外の範囲を拡大する方針だ。現在の除外の対象は管理職のみだが、
 一部のホワイトカラー社員などにも広げる。働き方の多様化で成果を勤務時間で
 評価しにくくなっているため。労働時間を最重視した日本の労働政策の転換を
 意味しており、残業の取り扱いなど企業の賃金政策に影響を与えそうだ。
 28日に有識者による研究会を設置する。労働時間を規制した労働基準法の
 見直しを進め、2007年の国会に改正案の提出を目指す。
 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050428AT1F2701D27042005.html

(背景)
※経団連 労働時間規制撤廃求める
 ~~~~~~~~~
サービス残業、「長時間」野放しに・雇用・労働分野23項目を政府要請

“労働者を長時間働かせても、残業代を支払わずにすみ、 健康管理義務も負わず、
雇用責任なしに必要なときに必要なだけ働かせられる制度を” ――
日本経団連(会長・奥田碩トヨタ自動車会長)が、 こんな主張をまとめています。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
十一月に政府へ提出した規制改革要望書に盛り込んだもので、 来年二月(20052月)に
決定する規制改革・民間開放推進本部(本部長・小泉純一郎首相)の対応方針に
反映させるねらいです
ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-12-14/04_01.html

104 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 20:55:06
>>1

それは人一人一人で考えが違うと思うよ。
多分>>8が多いと思うけど。
でも、君はそのことが何故なのかわからないんだね。
だったら先に人を殺したほうがいいと思うよ。
そのほうが俺等の意見なんかよりも
いい答えが出ると思う。

105 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 21:05:20
>>1
君のテーマは社会学するにはテーマが漠然としすぎてる。

106 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 22:20:55
山の上に立っている鉄塔ってどうやって立ててるの?

107 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 23:34:44
埋まっている鉄鉱を山ごと削って鉄塔の形にするんだよ。

108 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 00:05:14
何故、人を○○してはいけないのですか?

109 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 07:06:22
ピラミットの要領。
天辺に柱を置いてから、砂をよけて山にした。

110 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/05/06(金) 21:49:18
どうして女の子のおしりを触ってはいけないのですか。
付き合っていれば触ると喜ぶのに
お金払えば触ってもいいのに
電車の中でもお金払えばいいと思うのですが
どうしてダメなんですか
私は小学生です。

111 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 22:05:48
八百屋さんでお金を払って野菜を買うのと、他人の家にお金を置いて野菜を持って行くのとの違いです。
両者の同意があって、初めて売買は成り立ちます。

112 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 22:15:29
哲学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
経済学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
法学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
政治学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
ぼけぇ、きさまらフィールドもやんねえ自称社会学者どもはうせろや

113 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 23:06:38
「〜してはいけません」というのは簡単に言えば多数決で決まったルールのようなものです。

とくに「他人に流されるのがとても大好き&他人からはずれるのが大嫌い」な日本人は
まわりの人が「〜はいけないことだよ」と言っているので「俺も言っておいた方が良いよね」思考で流されまくり、殆どの人が考えもせず賛成してしまいました。

こうして、「〜はいけないことだよ」と言った人のグループが出来て、そのグループ内のルールが出来ました。
このグループというのが「日本の社会」で ルールというのが「法律」です。

そのルールを守らないとグループから外されてしまいます。(サッカーでボールを抱えたまま、ゴールに突っ込むような奴とは一緒にやりたくないでしょう)
で、「グループからはずれるのが大嫌い(一人になると不安で仕方がない)」な日本人はルールに従い、従わない者を非難します。

もし、グループから外れる覚悟があって、自分がそれを正義だと思ったのなら、人を殺そうがケツを揉もうがチロルチョコを盗もうが自由です。
ただ、ルールの中に「グループから外れた者は見せしめとして処罰する」というのが有ったために、見つかると罰を受けてしまう。
これが嫌なのでルールに従う人も多いでしょう。

グループ内にいれば「安心・安全」で外れると「罰・孤独」が待っているのでみんなやらないのです。
だから、安心して好き放題できるようにするには、「グループを壊す」かみんなに「人を殺すのはいいこと」と教え込まないといけない

114 :名無しさん@社会人:2005/05/06(金) 23:08:37
他のグループに移るという手もある。

115 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/05/07(土) 07:06:11
付き合っているとお尻触ると喜ぶのに
そうでないと嫌がるのはなぜですか。
減るもんじゃなしいいじゃないか、
それとも本当は嬉しいのに嫌がる演技なのか。
今回は金銭の介在のない場合に限定します。
私は小学生です。

116 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 07:22:23
親密さの度合いを越して馴れ馴れしくしてくるからです。

117 :名無しさん:2005/05/07(土) 07:42:33
普通は人を殺すと自分が不幸になるからね
だからできるだけ人は殺さないほうがいいんじゃないかな

118 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 15:33:54
>>114
そうそう同意。
簡単に言うと悪い事をしたらバチが当たるという考え方は
被害者側の感情の浄化。
やくざなんかその典型で確信犯には通用しない。
社会はそれほど絶対的な価値を共有していないと思うよ。
隙だらけじゃと思うがね。

119 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 16:53:50
迷いがあるならやめた方がいいよ。犬養毅のときも、承久の乱の北条にして
も討ってる方には迷いなんかないよ、たとえ務所にいこうが死のうが。
本当に正しいと100%の確信があっての正しいなら迷わない。
マインドコントロール的では自分に嘘をつくことになり、大義名分先行では
世の人への押し付けになってしまい、自分の愛着がからめば欲のために他人
を巻き込むことになる。
親子供を振り切ってまでできるのはよっぽどの人だよ。覚悟が先にあれえば
の話で、普通は辛くても前を向いて成長することしか解決は実際にはないよ。
死ぬ覚悟は並の精神力ではないからね。
一人で覚悟するのは大変なリスクだよ。その後続こうが続くまいが一人だ。
殺すなら殺すで、世の流れが変わったことを誇りに思えるぐらいでなくては
だめだよ。問題のブレーンを殺したのに本人に弓を引いたと捏造されることはいた
ってよくある事。いづれにしても覚悟が本物かどうかだね。


120 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 17:05:45
殺していいですよ。法律は殺しちゃいけませんなんていってないですし。
殺したらこういう罰を受けますっていうだけです。
殺すという選択をする時にひとつだけ考えなければいけないことは
殺さないという選択をした場合に得られる最大限の利益を君は
失っているということです。
殺すという選択で得られる利益が殺さないという選択をした利益より
大きいのであれば、殺すべきです。

121 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 17:32:22
>>120
良いこと言ってるがちょっと違うな。逆に考えた方が分かりやすい。
「殺した」ということは、殺すという選択で得られる利益が損害よりも大きいと判断したってことだ。
たまたま判断力が鈍っていたとか、大した考えなしに行動したとか、そういうこともあるだろうが、
それらも含めて自分の中で損得勘定をしたってこと。

だから、殺すべきだという必要はどこにもない。利益が大きいと見れば、わざわざ他人に言われ
るまでもなく殺すのだから(物理的に不可能だとか、失敗したとかいうのは別問題にして)。

122 :120:2005/05/07(土) 17:34:31
本当に納得いく答えがないのは、殺していけないことはないからです。
人殺しはよくないという規範があり、人殺しが罰せられるのは
人殺しがいけないことだからではなくて、人に殺されるのはいけないこと
だと考えてみてください。
人に殺されるのは不利益です。
したがって、個人は利己的に不利益を防ごうとしますよね。
そして、その社会にいるほとんどの人は、これを共有しています。
簡単に言うと、誰だって殺されたくない。っていうことです。
この不利益「殺される」を防ぐことは、社会全体としての共通目標になります。
この目標を達成するために、個人または集団は何らかの手を打ちます。
これが、「殺してはいけない」という規範の生成であり、教育であり
また、集団という力を利用した、この規範の違反者に対するペナルティ
であるわけです。

123 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 17:40:39
>>120
正確にいうと、法律は殺したら罰を受けますとも言っていない。
法律を破ったらその罪状に基づいて罰の軽重を課しますよとだけ言っている。
殺人そのものを罪としたら死刑も罪になってしまう。

124 :120:2005/05/07(土) 17:46:55
>>121
これ、機会費用の話です。
機会費用の定義は、その行動をしなかったことによって得られる
最大限の利益です。損失は単純にマイナスの利益だと思ってください。
殺さないことによる利益には、「服役するリスクがない」とか
人によっては「精神的なダメージを受けない」ということも含まれます。
また、殺す場合のほうが利益が大きい場合、殺さないことは損失です。
したがって、殺すべきだという結論に達します。殺さなければ損ですから。

125 :120:2005/05/07(土) 17:48:44
>>123
補足感謝

126 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 18:12:36
>>124
そこは分かってるって。
殺すべきだという結論に達した人間に、わざわざ「殺すべきだ」と言う必要はないって言っただけ。

127 :120:2005/05/07(土) 18:19:30
>>126
しかし、この理屈でいくと、現行の社会においては、最大限のマイナスの利益としての
死刑を考えると、死んだっていいやつのみが殺人を犯せることになるんだよな
すべての人間が理性的で経済的な判断をくだすという経済学の大前提において。
で、実際見てみると、まぁ、本当に客観的に死んだっていいようなやつが(社会的な価値の低い)
人間がやっぱり人殺しなんだよなぁ。

128 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 18:41:28
それは恐らくこういうこと。


人が殺人を選択する可能性としては、

『その人物が特殊な価値観を持っている場合』
『非常特殊な事情がある場合』
の、微少数と思われる事例と、

『(一時的、或いは継続的に)判断力が不足していた場合』
の、多数を占めていると思われる事例、

が上げられる。


結果として圧倒的多数を占めているだろう後者が目立つ。
当然、こういった人間の社会的価値は低い。

129 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 00:35:41
>>127
途中で、主観と客観がごっちゃになってるよ

殺人者の主観的利益≠社会的な価値

どこかで、論理が飛躍してる

130 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 01:00:08

         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /                   ヽ|
     l                         l
    .|    ⌒                 | 
     l  , , ,           ⌒     l 
    ` 、      (__人__丿    、、、   / 
      `ー 、__               /     第15話にゃお
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´  http://www.freepe.com/ii.cgi?kitanocunika

131 :120:2005/05/08(日) 07:36:48
>>129
つまりなにが言いたいのかというと、人殺しの自己評価と、社会の
客観評価が、あらら、合致しちゃったね。
なんにせよ人殺しは低脳(最近ではクサレ脳みそというらしいが)だということです。
理屈ではね。
実際はきっとそうではないんだけれど、表面的な結果が一致してしまいました。
という冗談です。経済学の大前提に揶揄をこめて。
だってそうでしょう、この理屈でいくと、みんな「あいつを殺して俺も死ぬ」
っていう判断を下していることになり、ばかばかしいほど感情的だよね。それ。
実際情事の縺れやあぶく銭のために人殺しするような馬鹿がそんな
理性的な判断してるわきゃあないわけで。
でもそんな理性的な判断できない低脳はやっぱり社会に何の利益も
還元しそうにもない。
人ぶっ殺してもいいけど、殺す奴は馬鹿だよ。っていう話です。

132 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 08:20:25
>>131
それって、典型的な詭弁のレトリックであり、
かえって、「人を殺してはいけない」の説得力を無くすのでは?

133 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 08:34:38
>>1
命は壊れると修理ができないからです。

134 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 08:52:23
また思考の浅い馬鹿がきたな

135 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/05/08(日) 09:02:28
殺人罪という犯罪が想定され,刑罰も死刑を最大にして
設定されているわけだから,死刑になっても構わない,
という条件付で殺人はOK牧場。

136 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 09:19:34
>>134
133は養老孟司の言葉だよ。

137 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 09:23:58
>>135
殺される人間が自分だったら?
自分の家族だったら?

138 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 10:23:02
>>136
そういや
酒鬼薔薇の犯行声明文でも人を殺めることを「壊します」なんて表現してなかったか?

139 :120:2005/05/08(日) 10:44:58
>>132
だからいってんじゃん、ジョークだって。
僕のメインアイディアは、人殺しをいけないとする理由などない。ですから。


140 :120:2005/05/08(日) 10:49:38
>>137
殺される人間は自分じゃないし自分の家族じゃないじゃん。
人にされて嫌なことはしてはいけませんというのは
メタフィジカルな規範に過ぎず、所詮はあと付けの理由です。

141 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 11:13:04
「人」ってのは、生物的な意味でのホモサピエンスではなく、
人間社会を構成する「人」のことでしょ。

そして、「人を殺す」というのは、人間社会の維持に悪影響を及ぼす反社会的行為。
だから、社会的に、「人を殺してはいけない」のは、当然のこと。

逆に言うと、「人を殺してはいけないのか?」という問いは、
人間社会の外的存在から発せられる場合は、意味を有し得るが、
内部の構成員から発せられる場合には、根本的に矛盾した発言であり、意味が無い。

要するに、
「自分の依拠する社会に、悪影響を及ぼす行為は良いことですか?」
ってのと同じで、論理の前提が間違ってる質問。

------------------------------------------------

そもそも、「良い」、「いけない」という観念自体が社会的なもの。
というか、あらゆる言説が、意図しなくとも、社会的なもの。

「反社会的な行為は何故いけないのか?」と社会的話法を用いて、
社会的行為として問い掛けるのは、根本的な部分で、
大きな論理矛盾があることに気付け。

以上

142 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 11:18:43
社会(・_・?)とは

143 :120:2005/05/08(日) 11:42:00
>>141
君が前提としていることはすべて証明しなければいけないことだよ。
142が言うように社会に関しての定義もない。それは、コミュニティ?
家族?国家?いったい何?
反社会的行為って何?なぜ反社会的行為なの?なぜ悪影響なの?
なぜ反社会的行為はしてはいけないの?なぜ社会的にしてはいけないことが
個人的にしていけないことになるの?その他もろもろ。

144 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 12:19:48
>>141
社会学板でこんなこと言うのもなんだけど、社会学的に殺人を否定しようとすると無理が生じるぞ。

145 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 13:48:45
>>144
あんたに同意。ありゃ一部が心理学の領域だよね。
でも 141 も説明の無理を承知で発言しているという気もする。
社会を説明するのには、どうしても一部を切り取っての考察しか
できないと思うんよ。そもそも前提の証明なんて完璧にできるだろうか?
よ〜わからん

146 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 14:11:26
>>145
心理学で『人を殺してはいけない理由』の説明は社会学以上に苦しいと思うぞ。
自殺否定ならやっぱ哲学だよ。結果的に肯定してしまったりすることもあるけど。

147 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 14:11:58
間違えた

自殺否定 → 殺人否定

148 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 14:35:00
>>146
心理学は現行の制度や文化などを前提にしている。一方、社会学では
現行の制度や文化等それ自体に疑問をなげかけるものなので、行動様式の説明は
心理学だと考えています。
レスの主旨に対して効果があるのは、私の意見もアナタと同様に
人の魂や哲学の領域だと思います。

149 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 15:14:12
やっぱ神様便利だわ。

150 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 15:19:16
>>149
そーだね。すごい発明だよね。

151 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 16:41:11
ホッブズは神様を国家に置き換えただけなんだよね。

152 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 16:55:55
戦前の日本なんて国家が神様のものだからな。なんせ現人神ですから。
神様がいると、それは正しくないっていうのが絶対化するから
今度は道理が引っ込まざるをえなくなるんだがな。
神様便利だけどうざいな・・。

153 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 17:00:42
実際キリスト教の価値観の中でぬくぬくとそだったやつは
「その結論は正しくないから理屈が間違っているはずだ」とか
トンチキなことを言い出すんだよ。俺固まったよ。
ゲイの結婚の話なんだがな。ホモが結婚するのは正しくないから
お前らが何を言おうとその理屈は間違っているに決まっているんだ。終了。
俺はあいつらがほんっとに大嫌いだ。

154 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 19:38:49
ならば君は人を殺してもいいと思っているのかい。

155 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 19:48:32
カトリック教会だって中世から近世にかけての異端尋問や魔女狩りで
何百万人もの人々を残念なやり方で虐殺しているじゃん。

156 :>155:2005/05/08(日) 19:49:11
残念なやり方→残忍なやり方

157 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 19:53:23
宗教、つまり神の名の下に虐殺された人は数知れず。

158 :141:2005/05/08(日) 22:34:18
>>143
別に、そんな高度な話をしてる訳じゃないよ。

>君が前提としていることはすべて証明しなければいけないことだよ。
>142が言うように社会に関しての定義もない。それは、コミュニティ?家族?国家?いったい何?

「社会」っていうのは、一般的な意味での社会という漠然とした意味に解しても良いし、
人間を構成要素とし、一定のルール下で営為している集団という程度に解してくれても良い。
(そもそも、それは、「定義」することであって、「証明」することではないよね。)

>反社会的行為って何?なぜ反社会的行為なの?なぜ悪影響なの?
>なぜ反社会的行為はしてはいけないの?なぜ社会的にしてはいけないことが
>個人的にしていけないことになるの?その他もろもろ。

「してはいけない」では無いよ。
社会に参加している以上は、本来、「しない」ことが前提になってるの。



159 :141:2005/05/08(日) 22:35:26
(続き)
ここで言ってる「社会に参加」は、「俺は社会に依存せずに生きるぜ!」とか、
そういうレベルの話ではなく、何らかの社会的な手段を用いる行為は全て含む意味ね。

例えば、言語という社会的手段を用いる限り、その社会に依拠し、参加していることになる。
もちろん、「良い」、「悪い」というような概念も、社会に依拠せず使用することは出来ない。

そして、自らが依拠する社会を、依拠したまま否定することは、
その行為それ自体の中に、論理的な矛盾が避けられない訳。

してみると、一般論として「人を殺す」と言った場合、全ての人が対象となり得る訳で、
社会を否定するものに他ならないから(究極的には全人類を滅ぼすことも含むしね)、
上記のように、論理的な矛盾を含んだものとしかなり得ない。

もちろん、論理的に矛盾した問いを投げかけることは、個人の自由だけれど、
その問い自体が矛盾を含んだ正しくないものなので、正解など、論理的に有り得ない訳。

だから、少なくとも一般論として、こういう問いをされたら、こういう結論になる。

---------------------------------------------------
何らかの意味の有る議論にするなら、一般論ではなく、より限定した問いにするしかない。

誰が、どういう状況で、どういう理由で、誰を殺したいのかを明らかにした上で、
「この行為(殺人)は正しいか」という問いかけであるなら、
社会それ自体を否定するものでなく、まともに論ずる価値が出てくる。

例えば、
「国民の負託を受けた国家が、犯罪を犯した個人を殺害してもいいか?」
という問いであるなら、一つの結論が出るかどうかは別として、論じ得る。

160 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 02:15:08
>>159の言うとおり

161 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 04:23:10

>>159
君は本当にいい人間だね。きみは社会を絶対化している。僕は好きだよ君みたいな人間が。
しかし言語を使用しているからといってその社会に所属していて、社会が個人に対して絶対になり
社会規範のすべて(すべて一致すると言うことが可能だったとして)を頓首しなければいけないことにはならない
社会に属しているかというのはあくまでもその個人の問題だよ。
例えば言語の話ならば、タヒチの人間がフランス社会に属することになるし
アメリカ人がオーストラリアに属することになる。
そもそも社会というものは矛盾を含んだものであるわけで
アメリカのTexas v. Johnson裁判というのがあるんだが
これは、星条旗を燃やすのは国家精神の否定だが、その国家精神は
星条旗を燃やすことを許容するという判決です。詳しくは調べてください。
よいとか悪いという概念は社会的なものだよ。僕も前に述べているように。
けれど、その社会的な概念が個人に先立つというのには無理がある。
非常にオントロジカルでうざい話なんだけれど、その社会規範が個人に
先立つというのもまた社会規範のひとつにすぎない。
これも、「〜べきだ」というノーマティブな問題なんだよ。
したがって、それを前提にしゃべるのは科学的ではない。
前に神様便利だとか言ったけれど、それは宗教とかわりがない。

162 :120:2005/05/09(月) 04:31:48
>>154
そうでありそうでもない。
人殺しはいけないということを証明することはできない。というだけ。
殺されてはいけないということや、現行社会において人殺しは
不利益にしかならないということは証明できてもね。

163 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/05/09(月) 07:37:20
137
殺される人間が自分だったら?家族だったら?
というのは愚問です。だって、該当するのはほんの数人であり,
あとはアカの他人ですから。


164 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 08:19:35
戦争のときには敵国の人間を殺してもいい
死刑執行の執行人は死刑確定者を殺してもいい

165 :120:2005/05/09(月) 10:29:18
>>164
負けると謝罪賠償言われ続けるけどな。殺した奴はとっくに死んでるって言うのに。
執行人は執行するときに特別給与がもらえるらしいが、その使い道の
トップランクは供養らしい。

166 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 14:32:06
動物や車と違うから

167 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 16:02:49
 動物と 機械は信用 しきれぬと
  人でなしとは よく言ったものかな

    

168 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 16:24:38
「人殺しは損」とは言えるけど、「人殺しは駄目」とは言えない。なるほどね。損得は経済だけど、善悪は価値観だもんね〜

169 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 19:51:15
>>168
おいおい、損得も価値観の問題だぞ〜

170 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 19:58:15
ただ個人的には善悪の価値観で人を縛るのが難しくなった以上、損得の価値観で人を縛る
のが有効だとは思えるな。まあ今更改めて言うほどのことでもないが。

171 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 20:00:03
ゴメン、やっぱ170は取り消し。なかったことにして。

172 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 20:23:22
悲しむ人がいるからよ

173 :141:2005/05/09(月) 22:20:49
>>161
それは、話を逸らしているだけ。

漏れが言ってるのは、この問いが内包する論理的矛盾についての話。
実際の社会がどうこうという定義に依らず、158-159は成立する。

>そもそも社会というものは矛盾を含んだものであるわけで

だから、159でも言ったように、論理的に矛盾した問いをするのは勝手だけど、
その場合、正解や正答など存在し得ないという話をしとる。

一般論として、最初から公理系と矛盾するような命題を立てておいて、
それについて論ずるのは、意味の無い言葉遊びにしかならない。

174 :120:2005/05/10(火) 02:26:13
>141
だ か ら
君が言っている社会が個人に先立つというのは社会規範に過ぎない
したがって、君の言っていることは前提段階でただしくないわけ。
君の公理w)の前提になる、社会が個人に先立つということを証明してみ?
社会規範は社会規範では証明できないから無駄だけど。
第一君の論理でいくと、社会に害を及ぼさない殺人は殺人ではないということになる。
この問いに矛盾はないから正解は存在する。
「人殺ししていけないということはありません。
人に殺されてはいけないだけです。」

175 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 02:53:43
>>174
おまえ結構電波だな。


176 :120:2005/05/10(火) 04:30:50
自演うざい

177 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 15:27:32
>1

殺されたくない人間が多いからだろ。


178 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 16:31:52
姉小路のれいが在るからな。

179 :141:2005/05/10(火) 22:29:08
>>176
175の名誉の為に言うが自演じゃないよ。

>>174
>第一君の論理でいくと、社会に害を及ぼさない殺人は殺人ではないということになる。

そういう結論は、上記からは導出不能だよ。

ひょっとして、論理的思考も出来ない人?

180 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 04:54:40
一人の人間を殺したら殺人だが、百万人の人を殺せば英雄になる。

181 :120:2005/05/11(水) 08:19:34
>そして、「人を殺す」というのは、人間社会の維持に悪影響を及ぼす反社会的行為。
人間社会の維持に悪影響を及ぼさない殺人はどうなるの?
あと
君が言っている社会が個人に先立つというのは社会規範に過ぎない
これ。
とりあえずこれになんかいえるもんなら言ってみw)避けてるみたいだが。


182 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 14:10:46
>>181
話がめちゃめちゃ食い違っていて見ていて痛いので、
俺が勝手に横槍入れていいかな?

>>141,158-159君の議論を素直に読めば、
>人間社会の維持に悪影響を及ぼさない殺人はどうなるの?
は出てこない。
そもそもそういう問いを無化したものとして話を出発してるだろ。

俺の読みが正しいければ、>>141君は>>158-159にあるように、
持続することを前提とした共同体内で、その共同体の恩恵に預かりながら、
「共同体をなんで壊しちゃいけないの?」と問うことは、可能だけれど、
激しく無意味だと言っているだけでしょ。
つまり>>141君の>>1(釣り師)に対する答えは、言ってしまえば
「その問い自体が無効です。」
ということでしょ。

おそらく120君の141君へのこだわりは
「社会」っていう言葉の定義の食い違いから生じていると思うのだけれど、
挑発して自分の土俵に誘導しようとするのもいいけど、もう少し相手の土俵に乗ることも憶えたら。

と言ったところで、俺(一応141君じゃない)なりに答えれば、
>社会が個人に先立つというのは社会規範でしかない  
(この>>120君の要約が適当かは知らないが)だけれども、先立つかどうかはともかく、
人間が生きる場所が「社会」しかないのは、ポリス以前ならともかく現代においては自明じゃないの。

あと、繰り返しになるが
>人間社会の維持に悪影響を及ぼさない殺人はどうなるの?
人間社会の維持に悪影響を及ぼさない殺人は141君の定義では
ありえない、ということになってるんじゃないか。

183 :120:2005/05/11(水) 16:53:41
問題はね、141の論理は、社会が個人に先立たない限り成り立たないということで
僕が言っているのは、規範が前提になっている論理は科学的ではなく
したがって社会学ではありえないということなのだよ。哲学ならともかく。
これが哲学であれば彼の言うことは成り立つけれど、ここ社会学板でしょ?
社会学やってるくせに規範の上に乗っかっちゃダメだよ。生まれたときから
これを刷り込まれているから、自分が乗っかっていることに気づいていないのだろうけれど。
社会は人間が存在しないと存在しえないというのもまた自明。
人間が二人いたところでそれが社会になりえるかというと、ただ二人人間が
存在していただけでは社会にはなりえない。したがって、厳密に言えば
人間は社会に対して、本来上位なのです。ところが、普通われわれは社会が
個人より上位であると認識しています。例えば
>そして、自らが依拠する社会を、依拠したまま否定することは、
こんな風に。

184 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 17:22:33
わかった。3行以内にまとめてくれた方が正しいと俺が認定しよう。

185 :120:2005/05/11(水) 18:09:28
社会的手段を用いるのも、社会があるからそれを用いれているわけではなくて、
社会的手段を用いているから、社会というものが成り立っているのだよ。
社会に依拠して僕らが社会行為をしているわけではなくて、僕らの社会行為の結果として
社会が存在している。マクロセオリーでも半端にかじったのか?
それと、論理的思考ができないというけれど
141自分で
「人を殺す」というのは、人間社会の維持に悪影響を及ぼす反社会的行為。
って定義づけしてるじゃん。この定義によれば
人間社会の維持に悪影響を及ぼす反社会的行為でなければ殺人にならない。
というのは論理的な思考だと思うんだが?
141は自分で勝手に殺人を定義づけして、それを一般論と言っているだけで
すべてのケースを包括したものでなければならないにもかかわらず、それには
意味がないとした上でメタフィジックスを展開しているだけじゃないか。
そもそも、殺人=人間社会の維持に悪影響を及ぼす反社会的行為であるような気が
してくるが、程度の話を抜きにすると、ほとんどすべての行為がこれに入ってしまう。
だから、これが正しく思えてくるのは当然なんだよ。何らかの微々たる悪影響の可能性は
なにやったってでてくるんだから。
実際の社会がどうこうという定義にかかわらずって言うのも、タダ単に無視しているだけで
実際の社会に基づかない勝手な定義づけをした脳内社会の話をしているだけじゃん。
>181
>もう少し相手の土俵に乗ることも憶えたら。って
メタフィジックス?無理。

186 :141:2005/05/11(水) 23:42:06
>>182
解説ありがとう。概ね、その通りです。

下記の120氏の拘ってる点だけ、ちと違うかも。

>>183 >>185
基本的に、そっちの土俵には乗るつもりが無いというか、
乗らないで済む立論にしているつもりなんだが。

一応、一つ確認させてくれ
>人間社会の維持に悪影響を及ぼす反社会的行為でなければ殺人にならない。
って、何を言いたいのか今一つ分からん。

これは、「殺人罪」にはならない、つまり、「罪」にはならないと言いたいの?

そういう意味なら、それは有り得るという返答になるが。
既に、>>159の最後に付記したように、一般化しない殺人なら、論じ得ると述べてる。

しかし、「罪」になるかどうかというのは、先験的に決定されることじゃないが。
それこそ、その行為がある面では有害であるが、別の面において有益であると、
規範を決定する者たちが、比較考量して、決定されるものだね。

そもそも、これは、141や158-9で述べたのとは、別のレベルの話だけどね。


187 :141:2005/05/11(水) 23:45:54
ちなみに、120は、「いい」、「悪い」、「いけない」等々のベースとなってるう概念を
どういう意味で使ってるのか曖昧で分からんのだが。

法的に? 道徳的に? あるいは、それ以外の意味? それは何に基づくもの?

「社会」等を定義すべきと、最初に120が言い出したが、
上記のような概念は、この議論において、無批判で使えるものなのか?


逆に言うなら、それらを先験的なものとして使用するなら、
社会も先験的なものと対置すべきでは無いのか?

そして、その立場にたつなら、結論としては、
既に述べたように、「問いが無効」となる

188 :120:2005/05/12(木) 03:21:55
>人間社会の維持に悪影響を及ぼす反社会的行為でなければ殺人にならない。
っていうのは、君が勝手に人間社会の維持に悪影響を及ぼさない殺人を
殺人の定義からはずしてしまっていることを批判しているだけだよ。
君の定義からすれば、それは殺人以外の何かということになってしまう。
先験?メタフィジックス否定してるのに僕がそんなわけのわからんものを
いってるわけがないでしょう。これらは先験ではない。
社会は先見的なものではなく、いい悪いのベースの概念など自然界には
存在しない。道徳は規範であり、法は明文化されて、権威を持った規範にすぎない。
人間が作り出したものであり、それが人間を決定しているわけでない。
しががって、141は、個人が社会行為をするということは社会が個人を存在させて
いるように捕らえてしまっているが、これは間違い。人間が社会に依拠しているのではなく
社会が人間に依拠している。
、141の言う事は正しくない。
つまり141は二つの点でおかしい。君の脳内ではそうなってるのかもしれんが
現実は違う。現実に即さない理論など意味がない。
1.殺人は必ずしも反社会行為ではない。
2.反社会行為は個人存在を否定しない。なぜなら個人は社会に先立つから。
141は本当に社会学やってるのか?

189 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 04:46:46
もしあなたが本当に小学生なら、算数みたいにはっきりした答えを求めたり、米映画みたいな白黒の付け方ばかりに馴れてしまわないで欲しいな。
今、この日本で何事も無く生き切るためには、ヒトを殺さないのがベストな選択。殺したいのなら外国人部隊の入隊でも目指せる可能性がある。そういう「状態」があるだけなんだ。
仕組みや枠組み、状態や事実が先走ることもある実際社会に理念思想が追い付くことが困難であっても、あなた個人の選択は結局あなたのもの。
(だからって思考することを放棄しろなんて言う訳ではないのだけれど…うまく書けないなぁ。)明確な答えは求めだしたらキリが無いですよ。こういう板で考える事自体を面白いと、スリリングだと感じていられてくれたら、疑問の幾分かの答えになるかも。
…かも。

190 :カナ:2005/05/12(木) 05:37:20
もしあなたが本当に小学生なら、算数みたいにはっきりした答えを求めたり、米映画みたいな白黒の付け方ばかりに馴れてしまわないで欲しいです。
今、この日本で何事も無く生き切るためには、ヒトを殺さないのがベストな選択。殺したいのなら外国人部隊の入隊でも目指せる可能性がある。
そういう「状態」があるだけなんだ。仕組みや枠組み、状態や事実が先走ることもある実際社会に理念思想が追い付くことが困難であっても、あなた個人の選択は結局あなたのもの。
(だからって思考することを放棄しろなんて言う訳ではないのだけれど…うまく書けないなぁ。)明確な答えは求めだしたらキリが無いですよ。こういう板で考える事自体を面白いと、スリリングだと感じていられてくれたら、疑問の幾分かの答えになれるかも。
…かも。

191 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 16:51:15
どっちも同じコインの表と裏

192 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 20:54:04
>>188
スレタイ読んで頭冷やせ。

193 :名無しさん@社会人:2005/05/21(土) 19:31:06
もうこれって単純に「人に殺されるのは痛いし(痛くなくても)イヤだから!!」だと思うよ。もし「別
に殺されてもイイもーん、痛くてもイイもーん。」ってヤツがいたらそれはそいつの頭がおか
しいだけ。なぜか?もう散々色々な人たちがカキコしてくれたのでカブるけど、人間という生物
が「社会的な生物」で「感情(痛いとかカワイイとか可哀想だとかムカツク!!だとか)を持った
生物」だからだよ。犬(ワンワン!!)ネコ(ニャーニャー)ゴキブリ(ギーギー!!)とかの野生動物には生物を
殺す(人間も)のは悪いといった考え自体ない。人間と違って脳の構造がまったく違うからだ。
本能のまま食って(他の生物を)寝て子孫を残していく。この行動に可哀想だとかムカツクだ
とか「人間」のような感情はない。でも「人」は違う。生まれたばかりの赤ちゃんは人を殺して
いいだとか悪いだとか、生きたいとか死にたいとか、あの人可哀想とかムカツクといった言葉
や感情といったものは備わっていないと思う。じゃあ生まれたばかりの赤ちゃんをほったらか
しにしたらどうなるか?そのままひっそりと死ぬか。違う。腹が減って大声で泣き「生きよう」と
する。決して「死のう」とはしない。そして母や父、周りの人々に育てられて行く中で言葉や
感情も育っていく。もし人を殺してもいいとなった時、それは人間に感情や社会性がなくなり
野生になった時か、生殖能力が欠如し生まれてすぐ死に生きる事が真っ当出来なくなった
時だと思うよ。結論。人を殺す事自体に自然界や宇宙的に見ていい悪いはないが、「人」と
してはいけない!!「人」を殺していいとか殺されてもいいという人は、愛情を受けずに育ったん
だよ。長文すみません。

194 :名無しさん@社会人:2005/08/12(金) 23:02:28
人間には、理性がある。動物と違う。
事の是非は、感情でなく理性で考えるべき。
自己の快・不快と、事の是非は混同してはいけない。

何が言いたいかって言うと、殺してもいいんじゃない?って事だ。殺人に限らず、この世はやった者勝ちなんだよ。

現実を見てみればいい。
被害者は、想像を絶する苦痛を味わう。遺族も人生狂わされた。
しかし、殺人者には未来があるんだよ。刑務所は地獄じゃない。勉強して資格取ったり、歌手や坊さんが励ましに来てくれたり。
もし、本当に罪悪感で苦しんでる犯人が居たとしても、生きているだけで些細な幸せはいくらでもある。
被害者が泣いてる時に、加害者は、笑ってる。

だからやった者勝ち。
殺したって大丈夫だよ。死んだ方は終わりだが、前科者になっても生きてる限り楽しい事ある。

ただ、金目当ての殺人は、懲役と引き替えにするだけの意義も価値も無い。
自分の人生の内の、大半か、何分の一かを代償にしても構わない、代償に値するだけの意義が自分にとってあると確信出来るなら、殺せばいい。

195 :名無しさん@社会人:2005/08/13(土) 09:21:07
>ただ、金目当ての殺人は、懲役と引き替えにするだけの意義も価値も無い。
そう決め付けるのもどうかと思うな。
それに、殺人が発覚しない可能性や、発覚しても捕まらない可能性を、最初から除外してるのも気になる。

196 :名無しさん@社会人:2005/08/19(金) 19:24:34
必ず服役するって前提で殺人を肯定したんだよ。
多数の人間は倫理感と同じ位か、もしくは倫理感以上に
罰だの刑務所だの世間の目だの他もろもろが嫌で犯罪を
犯さない部分もあるわけだから。
それなら、人殺しても失うものは、
殺人っていう成果に比べたら恐れる程のものじゃないぞと。

発覚しない様にやれる自信があるならやるだろう。
もしも…と思うから躊躇うんであって。
仮に逮捕されたとしても裁判で免れられるだけの強味があるなら、
その場合も上と同じ事。

197 :名無しさん@社会人:2005/08/20(土) 21:46:44
何この3ヶ月ぶりのマジレス

198 :名無しさん@社会人:2005/08/25(木) 16:18:01
マジレスイクナイ

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)