5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会学ってどの本を読めばいいのか教えろ!

1 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 20:41:51
まとまりもなさげ。境界もあやふや。中心がどこにあるのかもわからない。そもそも社会学って何だ?
社会学っつーのはこういうもんだ!という本をお前らが薦めて下さい。
でも過疎板なので、レスを賑わすために、もっと他にも本を薦めて下さい。
「これが古典中の古典や!」というものから「入門書に最適」とか「社会学の本じゃないけどこの宗教書、文学作品はいい資料になる」とかでもいいです。
過疎版なので、一度出たものでも何度でも挙げて下さい。「こんなにたくさんの人が推薦してるなら読もう」とか、判断できるので。
「これは有名だけど、もう古い!」とかの批判も。
エキセントリックなものを薦める時は、勘違いして本当に読もうとする人がいるといけないので、「奇を衒いました」とか一言添えて下さい。
俺的には、「あーやっぱり社会学ってまとまりねーな」という感じの内容になれば上出来。

俺はまず、賛否両論のはずの、「菊と刀」をあげます。もう古いとか、社会学ではないだろ、と言われそう。

2 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 20:48:58
戸田山和久『知識の哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782802080/249-6337731-2821915
信念を基礎づけによって正当化することを放棄することは,自然科学
を哲学的認識論で根拠づけることの放棄となる。むしろ認識論は自然
科学の一部として,われわれが実際にどのように信念に達しているか,
脳科学,認知科学,生物学,心理学の成果を活用して,考えるべきで
ある。この現実を認めず,伝統的認識論に固執するのは,怠け者の哲
学者である。

 ところで,そもそも「真理」や「信念」とは認識論にとって大切な
ものか。もし真なる信念の形成が生物の生存にとって最適な戦略では
ないなら(そしてないらしい),認識論の前提自体があやしい。真理
や信念に関わる必要はないのではないか。ということは,「心」なん
て問題ではない。

 そこで,新しいこれからの認識論は,真理や信念を問題とせず,プ
ラグマティックに,しかも自然科学の一部として学際的になされるべ
きである。


3 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/21(木) 05:35:25
まずは有斐閣『社会学を学ぶ』を熟読しなさい

4 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 14:52:51
>>3
あの本、よく薦められるんだけど、何がいいのか教えてください。

5 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/21(木) 20:08:51
初学者の興味を引くようなテーマで各分野のマルクス主義者が
書き綴っているので、読み物として読み進めていけば
単なる知識だけでなく社会学の思考法が身につきます。

6 :名無しさん ◆ocninerZM2 :2005/07/21(木) 20:56:09
>>5
マルクス主義者以外は書いていないのですか?

7 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 21:09:18
>>6
搾取と階級の一般理論
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/sakusyutokaikyuunoippanriron.pdf


8 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 21:36:56
「反社会学講座」から入れ!

9 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 23:01:06
アウトサイダーズは読み物としてはまあまあ

10 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/22(金) 06:00:30
6書いてません。みなさん、主義者です

11 :名無しさん@社会人:2005/07/22(金) 15:18:15
搾取と階級の一般理論
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~yosihara/sakusyutokaikyuunoippanriron.pdf



12 :名無しさん@社会人:2005/07/22(金) 16:52:34
反社会学講座は荻窪ブクオフで100円で売ってたよ

13 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 02:07:05
大塚久雄「社会科学の方法」(岩波文庫)という本をいつかは読もうと思っていますが、どんな位置付けになりますか?

14 :名無しさん@社会人:2005/07/23(土) 06:36:52
>>13
いわゆるマルクス・ウェーバー問題の本のひとつかな。
マルクスは資本主義社会のロゴスを明らかにしたけれども
資本主義社会における人間のエトスはあまり取り上げなかった。
これに対してウェーバーは資本主義社会における人間のエトスの問題を
前面に取り上げた。


マルクス、ウェーバーそれぞれの解説本で何かいいものありますか?

15 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 08:48:45
>>14ありがとうございました。読む気になりました。今、数冊読むべき本があるので、それが終ったら読みます。

16 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 23:26:02
社会科学をする者は、どの本を読めるようになったらいいのでしょうか?この本を読むことを目標にすればいい、という本があれば教えて下さい。

17 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 23:28:13
富永健一『現代の社会科学者』

大学3年の夏に図書館で借りて読んだ
無駄だった

18 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 23:54:07
自殺論w

19 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 07:34:27
プロ倫よりも?

20 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 13:41:41
『社会学がわかる。』 朝日新聞社 のブックガイドに載ってた50冊

マルクス 『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』 岩波文庫
デュルケーム 『自殺論』 中公文庫
ウェーバー 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』 岩波文庫
ルーマン 『法社会学』
ハーバーマス 『公共性の構造転換―市民社会の一カテゴリーについての探究』
橋爪大三郎 『言語ゲームと社会理論―ヴィトゲンシュタイン・ハート・ルーマン』
盛山和夫 『制度論の構図』 現代自由学芸叢書
大澤 真幸 『行為の代数学―スペンサー=ブラウンから社会システム論へ』
多木 浩二 『天皇の肖像』 岩波新書
柄谷 行人 『日本近代文学の起源』 講談社文芸文庫
柳田 国男 『明治大正史〈世相篇〉』 講談社学術文庫
内田 隆三 『柳田国男と事件の記録』 講談社選書メチエ
見田 宗介 『近代日本の心情の歴史―流行歌の社会心理史』 講談社学術文庫
奥村 隆 『他者といる技法―コミュニケーションの社会学』
真木 悠介 『時間の比較社会学』 岩波現代文庫
井上 俊 『スポーツと芸術の社会学』
ウォルター・J. オング 『声の文化と文字の文化』
佐藤 健二 『読書空間の近代―方法としての柳田国男』
ピエール ブルデュー, ジャン・クロード パスロン 『再生産―教育・社会・文化』
竹内 洋 『立志・苦学・出世―受験生の社会史』 講談社現代新書
内田 隆三 『探偵小説の社会学』

21 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 13:58:13
吉見 俊哉 『都市のドラマトゥルギー―東京・盛り場の社会史』
立岩 真也 『私的所有論』
フィリップ・アリエス 『子供の誕生』
橋爪 大三郎 『性愛論』
吉沢 夏子 『フェミニズムの困難―どういう社会が平等な社会か』
伊藤 公雄  『「男らしさ」のゆくえ―男性文化の文化社会学』
赤川 学 『セクシュアリティの歴史社会学』
アンソニー ギデンズ 『親密性の変容―近代社会におけるセクシュアリティ、愛情、エロティシズム』
上野千鶴子 『家父長制と資本制──マルクス主義フェミニズムの地平』
デイヴィッド・リースマン 『孤独な群衆』
ジャン ボードリヤール 『消費社会の神話と構造』 
内田 隆三 『消費社会と権力』
ジル ドゥルーズ, フェリックス ガタリ  『アンチ・オイディプス』
東 浩紀 『動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会』 講談社現代新書
石牟礼 道子 『苦海浄土―わが水俣病』 講談社文庫
若林 幹夫 『熱い都市 冷たい都市』
ロバート・N. ベラー他 『心の習慣―アメリカ個人主義のゆくえ』
吉本 隆明 『共同幻想論』 角川文庫ソフィア
エドワード・W. サイード 『オリエンタリズム〈上〉 〈下〉』 平凡社ライブラリー
ベネディクト アンダーソン 『想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行』

22 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 14:03:23
マックス・ホルクハイマー, テオドール・W・アドルノ 『啓蒙の弁証法―哲学的断想』
ヴァルター ベンヤミン 『複製技術時代の芸術』
クロード・レヴィ・ストロース 『野生の思考』
ミシェル・フーコー 『言葉と物―人文科学の考古学』
ミシェル・フーコー 『監獄の誕生―監視と処罰』
ミシェル・フーコー 『快楽の活用 性の歴史』
ミシェル フーコー 『知への意志性の歴史』
佐藤 俊樹 『近代・組織・資本主義―日本と西欧における近代の地平』

23 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/28(木) 20:20:36
『近代人の疎外』

24 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 21:30:47
リースマン、パーソンズも一読しても良いのではありませんか?

ただ、著作が、どういう時代に書かれたものか、著者の問題意識は
何かを意識しながら読まないとね。

25 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 21:44:59
パーソンズ読むくらいならバーガー&ルックマン読んだほうがよい

26 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 09:33:44
>>21>>22>>23>>24>>25

これだけの本を読破するのは、たいへんではないの?
でも、全部を読んで、その上で社会学は空しい、社会学は下らないと
結論するのは勝手だけど、それでも当人の思考方法は、嫌でも
確実に変わってしまうと思う・・・

27 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 20:16:15
ttp://www.ucm.es/info/isa/books/vt/bkv_000.htm

28 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/29(金) 23:04:06
パーソンズは読む必要無い。
ああいう奴が大家とされているから
社会学が馬鹿にされる

29 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 23:06:25
ギデンズの『社会学』でも読んだら?

30 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 00:59:54
ギデンズの「社会学」をよむ

結局他分野やれってことかよ…と鬱になる

31 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 01:09:10
アカデミズムの世界でどうなってるか知らないけど、社会学ってほとんど社会科学ってことと一緒じゃないですか?
たとえば、ウェーバーやデュルケムを面白く読む人なら、アダムスミスとかも当然読みたくなるものではないですか?
でも、より具体的な質問として、厳密に言うと社会学の範囲ではなさそうだけど、社会学する人には重要な本(古典でもそうでなくても)ってどんなものがありますか?
「諸国民の富」「ホモ・ルーデンス」「遊びと人間」などは社会学をする人にとって、どんな位置付けになりますか?

32 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 23:18:56
一説には「社会学は科学であることを捨てた」と言われている

33 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 03:38:14
俺も仲間に入れてー
今日この板に始めて来たけど、初心者スレがないもんだから門外漢にはつらいっス。

下條 信輔 (著)
サブリミナル・マインド
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121013247/qid%3D1123180169/250-7726944-6006669

面白かったよ。
この本見て自己知覚理論、認知的不協和理論、情動の二要因理論について興味を
持ったんだけど、これについてなんかオススメの本ってないですかね?
情動の経験、妾出、認知について詳しい奴



34 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 12:21:42
>>33
どう考えても心理学板がふさわしいと思うが

35 :名無しさん@社会人:2005/08/06(土) 18:32:14
社会学を学ぶ

36 :名無しさん@社会人:2005/08/22(月) 09:26:23
社会学の書物で,著者の政治思想が顕著に現れていないものはありますか

37 :神田さん。:2005/08/22(月) 20:36:36
ありません

38 :名無しさん@社会人:2005/08/22(月) 22:13:06
「顕著に」っていうのが相対的な表現だな
バトラーでも逝っとけ

39 :名無しさん@社会人:2005/08/28(日) 17:29:57
人文社会科学系基本文献案内
http://shss.sociologue.net/books/


40 :名無しさん@社会人:2005/08/28(日) 19:56:12
社会学に未来は無い。

41 :名無しさん@社会人:2005/08/28(日) 20:38:00
社会病理学なら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/464112227X/qid=1125229051/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-8112786-7785953
これなんかおもしろいよ

42 :名無しさん@社会人:2005/08/28(日) 20:53:21
>>39 に『共産主義黒書』は入ってないね。

43 :名無しさん@社会人:2005/08/29(月) 00:03:51
>>33
バークリー

44 :名無しさん@社会人:2005/08/29(月) 12:44:48
>>39
40%くらい読んだかな。
みなさんはどうですか?

45 :horrow:2005/08/29(月) 16:13:07
大澤真幸を読め、よめ、よめい!

46 :名無しさん@社会人:2005/08/29(月) 19:14:01
>>45
いやです

47 :神田さん。:2005/08/29(月) 22:42:02
真田是『社会問題の変容』

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)