5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

塩野七生以外で世界史の面白い小説教えてください。

1 :世界@名無史さん:02/12/25 03:48
お願いします

306 :世界@名無史さん:05/01/15 19:41:15
塚本青史は?
作品数多いんで、面白ければ長く楽しめそうだけど

307 :世界@名無史さん:05/01/16 12:34:54
ほとんど何も知らない初心者が無理して古典的著作に取り組んでも
字面を追うだけで基礎知識は頭に入らない場合が多い
それなら急がば回れで日本人が書いた歴史小説読んだ方が良い

308 :世界@名無史さん:05/01/16 15:02:55
飛べ麒麟って面白かったな、娯楽として

309 :世界@名無史さん:05/02/04 01:27:58 0


310 :世界@名無史さん:05/02/11 17:20:13 0
イスラム世界が舞台の小説と言えば、
角川文庫に入ってる「千年医師物語」第一部の『ペルシアの彼方へ』(ノア・ゴードン)も面白かったな。
どこまで史実に正確なのかわ分からないけど、
11世紀なかば、手を触れるだけで他人の生命力を読み取れるという
不思議な力を持ったイギリス人の若者が
様々ないきさつの末にペルシアまで旅してイブン・シーナーの弟子になる物語。

311 :世界@名無史さん:05/02/14 02:35:08 0
断然、ツヴァイク。
登場人物の内面を見事に創造してるはずなのに、
自分のキャラとして喋らせる事をせず、
彼ならこう言ったに違いないという客観的なスタンスを取るのが心地よい。
特に、マリー・アントワネットと、ジョゼフ・フーシェ―の2冊が見事かな。
血脇き肉踊る内容というわけではないけど読ませてくれる。

312 :世界@名無史さん:05/02/19 04:07:04 0
研究社という所から出ている『イギリス革命史』(上・下)
小説ではないが、それに近い読み物になっている。
ちなみに名誉革命を扱っている。

313 :世界@名無史さん:05/03/05 01:10:48 0
吉村昭『海の史劇』面白いよ。日本海海戦の話。

314 :世界@名無史さん:05/03/08 13:28:27 0
http://www.geocities.jp/sousou7jp/main.html
ちょっとした歴史に関するサイト

315 :世界@名無史さん:2005/03/25(金) 21:26:25 0
おれおれおれ

316 :世界@名無史さん:2005/03/25(金) 22:24:43 0
通りすがりですが。講釈師見てきたようなことを言い…ツヴァイク師。
いつのまにか史実として一人歩きしてしまう書き方はよくないと思う。

317 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/03(日) 00:38:18 0
桐生操とかあかんのか?
エリザベート・バートリーの話は恐かったな

318 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 00:20:06 0
あかん

319 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 05:13:41 0
S・ラシンマン『コンスタンティノープル陥落す』
是非とも塩婆『コンスタンティノープルの陥落』と比較すべし。

320 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 15:19:13 0
クリスチャン・ジャック
エジプトものの時代小説と歴史小説、両方とも面白かった
他に、外人作家でお勧めの人がいれば教えて下さい

321 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 00:40:01 0
>エジプトものの時代小説と歴史小説

その二つの違いってなに?

322 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 18:57:35 0
歴史小説は実在の人物を描き、史実にそって物語が進展するもので
時代小説は架空の主人公が登場し、史実は踏まえつつも自由奔放なストーリー
基本的にはそんなところじゃなかったかな

323 :ずしずし:2005/05/24(火) 02:25:33 0
さぁ、こっちで思う存分かたりあおうぜ!
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1040755686/l50

324 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 14:11:40 0
岳飛伝はいいか?

325 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 14:12:02 0
あっぷふぇるらんとがいちばんだろう

326 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 14:13:50 0
隋唐演義はどんな作品

327 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 23:11:11 0
南條範夫『牢獄』

明太祖洪武帝が行った大粛清を題材に取り、一人の士大夫が人格を完全否定され
皇帝を愛するように改造されていく様を生々しく描いた作品。
洪武帝の粛清の凄まじさを味わうだけでも充分に楽しめるし、残虐ブームを作り出した
作家であるだけに、“ヒトが壊れていく様”がいやらしい位に強調されている。
明時代の話だけど、どことなく文化大革命への皮肉も含んでいるような気もする。

洪武帝のAAが随分、親しまれてるけどこれと『中国の大盗賊』を読んだ後だと
ちょっと怖くなる事ウケアイ。

328 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 03:59:20 0
>>327
光武帝のAA?アスキーアート?
そんなのどこで見られる?

329 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 17:18:39 0
>>328
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1114544737/l50
光武帝じゃなくて洪武帝だけどな。

330 :世界@名無史さん:2005/06/02(木) 02:23:53 0
レコンキスタの英雄「エルシッド・カンパドール」こと
ロドリーゴ・ディアス・デ・ビバールを題材にした小説ってないのかな
あればぜひ読みたい

331 :世界@名無史さん:2005/06/04(土) 00:15:46 0
>>321
ミカ・ワルタリ「エジプト人」角川文庫(だったか)
一部が「医師シヌヘ」として国書刊行会から出ている。
前14世紀の国際時代を、一般的なイメージどおり描いた、この場合の定義に従えば、
時代小説。

332 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 21:53:42 0
金庸の武侠小説。
基本的に、歴史に場を借りたファンタジーのようなもので、
思いっきり史実をねじ曲げた部分も多々あるけど、
ある意味、中国の文化を学ぶのに最適で、楽しく読めると思う。
とりあえず最初に読むなら、
13世紀初頭、宋金対峙、モンゴル勃興期の、射G英雄傳か、
17世紀前半、明が滅亡する前後の、碧血剣がいいかな。

333 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 18:58:06 0
いま田中スレでは、ずしずしが妄想振りまいて暴れているようですね。

334 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 19:55:39 0
>>333
皆に見事にずしずしだと見破られているねw
それにまたずしずしは嘲笑の的になっているのにもきづいていない。

335 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 22:01:54 0
nが2より大きい自然数であれば
Xn+Yn=Zn
を満たす、自然数X、Y、Zは存在しない。
17世紀にフェルマーが残した超難問を、
数学者ワイルズが1995年に証明した。

その証明には、紀元前のピュタゴラスに始まり、日本人数学者も解決のカギとなったなど、
数学の発展、天才の登場が当時の歴史を背景に、分かりやすく感動的に描いてある。
数学わからなくとも読める

336 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 00:08:38 0
>>335

何の本よ?

337 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 12:29:06 0
司馬遼太郎と池波正太郎を比べるならどっちが好き?
俺は断然池波派だが。

338 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 12:36:43 O
祭りhttp://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1114223399/

339 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:05:37 0
>337
司馬。
書いてる小説の時代もあると思うけど。

340 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 21:33:11 0
塚本青史の「マラトン」読んだけどツマンネ
マラトンの戦いはおまけで「ピタゴラス教団殺人事件」がメインだった。
おまけに女拳闘士が軍団指揮だの遠くのペルシア兵が見上げるほどのゼウス像だの糞設定オンパレード。
時間の無駄。才能なし。そもそも史実の裏づけがあるのかどうかも謎。

341 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 15:42:20 0
マイナーだけど
中国史の酒見賢一

342 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 15:44:34 0
塩野七生は文章に味わいが無く、読んでいても少しも
面白くナイのだが・・・。
という訳で、彼女以外なら誰でもイイぜ!


343 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 09:51:22 O
榛名しおり大好き _| ̄|○

344 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 00:04:18 0
塩野七生の文章は面白くないが誕生日は覚えやすい。

345 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 08:12:29 0
小説ではないが戦史ドキュメンタリーではパウル・カレルの本がいいかと。
WWUのドイツ軍萌え。

346 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 14:43:28 0
アナトール・フランスの『神々は渇く』(岩波文庫)
フランス革命の恐怖政治時代に革命の理想に燃え
他と自らを滅ぼしていくジャコバン派青年を描き
不寛容な政治主義の恐ろしさを訴えた作品
なのに最後の訳者解説ではそれと正反対のこと書いてて萎えた
そろそろ復刊してください

347 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 16:44:12 0
塩野さんは政治界に絶大な影響力を持っており。全ての政治家は彼女に助言を求める
存在です。この不敬なスレは削除されなさない

348 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 16:49:07 0
1992〜4年頃はナナミンにハマって
読みまくったけど
ローマ人の物語の冗長さにつかれてやめた、、

ところでナナミンの小説読んでておもったけど、
絶対ジャニ系好きそうだよね、、
美少年、、すらっとした肢体、、タイツ、、、、

349 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 18:36:02 0
ナポレオンの戦記物お勧めあります?
この時代の戦記物でもいいです。

350 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 16:02:58 0
>>348
塩野さんは政治界を完全に支配する事もできる人脈と知性の持ち主です
彼女はなろうと思えばいつでも日本の総理になれる程の実力の持ち主です


351 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 18:39:03 0
著者・題名ともに忘れたけど、消防の夏に感想文の課題図書で読んだ
ルイ=ブライユ(6点点字の開発者)の伝記。
これで西洋史に興味もちました。
だれか読んだ椰子いる?

352 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 17:42:29 0
ここのスレ見て図書館にいったんだけど
『王妃の離婚』、一行目でだめやった。しばらくおいとこ。
でも同じ著者の『英仏百年戦争』は面白かった。
んで同じ集英社新書の『死刑執行人サンソン』もすぐ読める。

353 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 15:05:44 0
あげ!

354 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 01:33:46 0
あのな、マイナーだけどローズマリー・サトクリフの歴史物はええよ。
児童書ってことになってるけど、これが全然児童向けじゃねーのよ。
おすすめは「ケルトとローマの息子」
絶対はずさねーから、読んでみな。

355 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 10:40:36 0
サトクリフいいね。
「王のしるし」が一番好きだったけど、最近読んでよかったのは「闇の女王にささげる歌」。
ボーディッカの反乱物。結末わかってるからちょっと辛いなぁと思いながら読んだ。

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)