5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

20世紀最大の捏造 ホロコースト 18

1 :世界@名無史さん:04/09/02 00:10
ホロコースト論争が行なわれているのは、『世間に公けの』出版物ではなく、いささか世間から
身を隠した出版物の中である。特定の思想や表現活動を禁止している公式の禁令がこの論争を
妨害しており、この禁令に迎合する政治的密告者が、この論争を監視しているからである。
しかし、この問題についての自由な論争を阻んでいる措置は、今日、どのように恐るべきもの
のように見えようとも、長くは続かないであろう。経験が教えていることは、刑罰によって
自由な歴史研究を妨げることが出来るのは一時的なものにすぎない。

『 歴史的真実は、身を隠した世界に生き残り、結局は勝利を収めるであろう 』
ということである。

Vrij Historisch Onderzoek (Free Historical Research)
http://vho.org/ ゲルマール・ルドルフ主宰「VHO(自由な歴史研究)」
Institute for Historical Review
http://www.ihr.org/ 歴史見直し研究所
歴史的修正主義研究会
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/
加藤研究室の個人書庫 歴史的修正主義関係
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/revisionism.htm
木村愛二 著『アウシュヴィッツの争点』
http://www.jca.ax.apc.org/~altmedka/aus.html
ホロコーストと見直し論
http://www.nsjap.com/v_b/revision.html
マルコポーロ廃刊の原因となった西岡昌紀氏の「ナチ「ガス室」は無かった」のページ
http://www.nsjap.com/marco/
逆転ニュルンベルグ裁判
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html
zundelの「ホロコースト」アンテナ
http://a.hatena.ne.jp/zundel/ ※ホロコーストの最新情報をチェキ!

2 :世界@名無史さん:04/09/02 00:11
20世紀最大の捏造 ホロコースト 17
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1093536994/l50
20世紀最大の捏造 ホロコースト 16
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1092384010/150
20世紀最大の捏造 ホロコースト 15
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1089988639/l50
20世紀最大の捏造 ホロコースト 14
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1082218701/l50
20世紀最大の捏造 ホロコースト 13
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1078863794/l50
20世紀最大の捏造 ホロコースト 12
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1077451007/l50
20世紀最大の捏造 ホロコースト 11
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1075386463/l50
【ホロコースト】 20世紀最大の捏造 10
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1074262383/l50
【ホロコースト】 20世紀最大の捏造 ★9
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1072986499/l50
◆20世紀最大の捏造 ホロコースト 08
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1071505129/l50
◆20世紀最大の捏造 ホロコースト 7
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1070378779/l50

3 :世界@名無史さん:04/09/02 00:12
◆【ホロコースト】 20世紀最大の捏造 ★6
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1069163010/l50
◆20世紀最大の捏造 ホロコースト 5
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1068357040/l50
◆20世紀最大の捏造 ホロコースト 4
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1065946941/l50
◆20世紀最大の捏造 ホロコースト 3
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1063896324/l50
◆20世紀最大の捏造 ホロコースト 2
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1063214205/l50
◆20世紀最大の捏造 ホロコースト
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1060935877/l50

4 : :04/09/02 00:12
4なら小倉優子と路上でセックス&生フェラ

5 :世界@名無史さん:04/09/02 00:12
【過去スレ】
◆ホロコーストが無かったというのは本当ですか?
http://mentai.2ch.net/whis/kako/1013/10137/1013782188.html (鯖移転行方不明)
◆ホロコースト・リヴィジョ二ズムを論破する!
http://academy.2ch.net/whis/kako/1013/10139/1013944159.html (鯖移転行方不明)
◆ホロコーストは無かった!! \x{2163}
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1056726423/l50
◆ホロコーストなんて無い!! \x{2162}
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1055343240/l50
◆ホロコーストなんてない!! \x{2161}
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1054037326/
http://academy2.2ch.net/whis/kako/1054/10540/1054037326.html (過去ログ倉庫)
◆ホロコーストなんてない!!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1050158871/
http://academy2.2ch.net/whis/kako/1050/10501/1050158871.html (過去ログ倉庫)


6 :世界@名無史さん:04/09/02 00:13
FAQ

重要な論点についてのQ&A
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/000.htm
歴史的修正主義についてのQ&A
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_qa/00.htm
ホロコースト修正主義についてのQ&A
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/revisionism_qa/00.htm
わが国の正史派の研究についてのQ&A
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/000.htm

ホロコーストに関する66の質疑応答
http://www.nsjap.com/v_b/02.html


過去ログ保存所
http://hermanos.hp.infoseek.co.jp/index.html#T_RJ_For_2ch

7 :世界@名無史さん:04/09/02 00:14
>>4おめでとう

8 :新入荷:04/09/02 00:31
前スレはもうじき終わりだからこっちに載せとくわ

[PDF] 伝統的ホロコースト史学とJ. –C. プレサック――「コード言語」説と「目撃証言」の信憑性の評価――
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/kiyou_37.pdf

http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/revisionism.htm

9 :リヴィジョニストとしてのオウム真理教 :04/09/02 00:44
『ヴァジラヤーナ・サッチャ』第6号
(1995年1月25日付け:販売は1994年12月末から)より
目次:「特集 恐怖のマニュアル─完全世界征服・ユダヤの野望」(PDFファイル)

同特集より「ナチスのユダヤ人虐殺はなかった! ナチスvsユダヤ・国家をかけた死闘」
誌面画像(PDFファイル)
テキスト(HTML)
http://members.at.infoseek.co.jp/postx/aum_marco/hitei.html

>935
リンク先を見るとオウム真理教はリヴィジョニストの論客としては
かなり初期から「ガス室は無かった」「アンネの日記は捏造」と
主張してますね


10 :オウム機関紙より転載 :04/09/02 00:44
『ヴァジラヤーナ・サッチャ』第6号
(1995年1月25日付け:販売は1994年12月末から)よりP52〜53
「特集 恐怖のマニュアル─完全世界征服・ユダヤの野望」より
ナチスの「ユダヤ人虐殺」はなかった!
──ナチスvsユダヤ、国家をかけた死闘
アンネの日記は偽物だ!

http://members.at.infoseek.co.jp/postx/aum_marco/hitei.html

宗教は宗教。学問は学問。リヴィジョ論客向けにリンク張っておくよ


11 :オウム機関紙より転載:04/09/02 00:47
ヴァジラヤーナ・サッチャ第8号
(1995年3月25日付け:販売は1995年2月末から)よりP165〜173
「超裏読み・超過激ラディカル・トーク
『マルコポーロ』はなぜ潰されたのか?」
『マルコポーロ』はこうして消えた
http://members.at.infoseek.co.jp/postx/aum_marco/marco.html

ふむふむふ〜むふむ。
ソースのしっかりした記事は、リヴィジョニストの理論を補強する有力な
論文と思うのだが


12 :まだ続くのかこの隔離スレは:04/09/02 01:03
このスレは、
アメリカのTVドラマのタイトルから広まった「ホロコースト」の語に、
未だ学問的定義が定まっていないのをいいことに、
好き勝手な定義の元にけなしあいと揚げ足のとりあいが続くだけの、
不毛な隔離スレです。

13 :ユダ ◆.x2iQC1OHs :04/09/02 01:31
民族別IQの平均値

アシュケナージ系ユダヤ115〜117
日本人105〜107



OK?
ユダヤ人は世界一優秀な民族です。


14 :ユダ ◆.x2iQC1OHs :04/09/02 01:31
IQは
アシュケナージ系ユダヤ>>>東アジア人>白人>>>ヒスパニック>東南アジア人>中東人>>>黒人

15 :ユダ ◆.x2iQC1OHs :04/09/02 01:33
アメリカの白人のIQを100とすると、黒人の平均は85です。
ヒスパニック系の平均は89、アジア人は106、ユダヤ人は117です。
このグラフで最も知的なグループの中でユダヤ人が過度に表わされたと分かります。
115のIQがセールスマン、看護婦ような専門家の職業の平均です。

もし、内科医、弁護士、教授および科学者の資格を得る人々を
ならば、130以上のIQはそれらの職業に有効で望ましいでしょう。
アメリカ人の場合、0.5%が黒人です。
77%は白人。5%はアジア人です。たとえユダヤ人が
人口の3%しか占めていなくても、途方もない数で17%はユダヤ人です。↓
http://www.google.co.jp/search?q=cache:hcSD_Oyp_fsJ:home.comcast.net/~neoeugenics/smartpie.htm+Ashkenazi+Jews+IQ&hl=ja&ie=UTF-8


16 :ユダ ◆.x2iQC1OHs :04/09/02 01:34
イスラエルは、人口あたりの科学技術系大学の卒業生は日本の4倍、
研究技術者一人当たりの論文発表数は5倍というハイテク王国です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/439661103X/qid=1073978728/sr=1-10/ref=sr_1_2_10/249-7710489-0433155

やっぱりアシュケナージ系ユダヤ人の研究者から見れば日本人研究者の頭脳はエテ公並みなんだよ( ´,_ゝ`)プッ

民族別IQの平均値
アシュケナージユダヤ         117
東アジア人 (日本人,韓国人)      106
白人 (アメリカ)             100
白人 (イギリス)             100
ヒスパニック (アメリカ)        89
黒人(白人との混血のアメリカの黒人) 85
黒人(サハラ以南の純粋な黒人)    70

このスレの皆様へアシュケナージユダヤ人のIQは日本人より遥かに高い。
アシュケナージユダヤ人研究者の頭脳から見れば日本人研究者の頭脳はエテ公並みです( ´,_ゝ`)プッ


17 :世界@名無史さん:04/09/02 01:58
前スレの>998

だからさ、口外すべきでない事ってのは命令なんかに対する心構えのことだよ、
命令を受けたら四の五の言わずに従えってことですよ。
ユダヤ人を追っ払えなんて口で言うのは簡単だけれども、
実際にユダヤ人の友人がいる場合には忸怩たるものがあるだろうからね。



18 :世界@名無史さん:04/09/02 02:09
>>17
>命令を受けたら四の五の言わずに従えってことですよ。

ちゃんと読めているのか?
ヒムラーは演説で次のように述べているように、過去の事件に
対してこれまでも、これからも口にされることがないことと、
同様だと言っている。命令に対する不服従を表明できないという
ことではない。

>ここで、ある非常に難しい問題について、率直に述べたいと思う。
>これは、我々のあいだで話し合わなければならないが、公の場で
>話題にすることは決してないだろう。
>それは、あの6月30日に、失態をさらした同志を壁の前に立たせ、
>命令に従い躊躇なく射殺したことを、これまでも、そしてこれか
>らも、決して口にすることがないのと同じである。


19 :世界@名無史さん:04/09/02 02:09
続き

また、そういう次の文章で、命令に対する不服従の表明ができない
ことを「かつて書かれたことがなく、今後も書かれることがない、我々
の栄光の歴史の1ページ」とするのはまったくナンセンス。そもそも、
どういう「命令」なのか?説明せよ。

>わたしはこれから、ユダヤ人の疎開、すなわち、ユダヤ民族の絶滅
>について話をしようと思う。このことを口に出すのは簡単だ。
>「ユダヤ民族は絶滅する運命にある」。党員だったら誰もが言うだ
>ろう。「ユダヤ人の排斥、絶滅はわれわれの計画の一部であり、そ
>れは明白なのだ」と。だが、やがてこの8000万の真正なドイツ人は、
>おのおのが誠実なユダヤ人の知人をもっていることに気づくだろう。
>彼らはこう言うかもしれない。明らかにほかのユダヤ人はブタだが、
>自分の知り合いのユダヤ人は一流だ、と。しかし、かつて、こう言
>った連中誰ひとりとしてその態度を貫き通した者はいない。
>ほとんどの諸君は、百人の死体が並ぶということが、何を意味する
>か、それが五百人、千人だったらどうか理解するに違いない。
>そして、この苦しみに耐えながら――人間的な弱さを無視すればだ
>が――道徳的な人間でありつづけることが、我々を逞しくしてきた
>のであり、それが、かつて書かれたことがなく、今後も書かれるこ
>とがない、我々の栄光の歴史の1ページなのである。

20 :世界@名無史さん:04/09/02 02:11
>>17
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shinotan/obu.JPG

21 :1943年10月4日、ポーゼンにおいてヒムラーがおこなった演説1:04/09/02 02:18
ここで、ある非常に難しい問題について、率直に述べたいと思う。
これは、我々のあいだで話し合わなければならないが、公の場で
話題にすることは決してないだろう。

それは、あの6月30日に、失態をさらした同志を壁の前に立たせ、
命令に従い躊躇なく射殺したことを、これまでも、そしてこれか
らも、決して口にすることがないのと同じである。

神に感謝することには、それが我々に本来的に備わった機転という
ものであり、それゆえ、我々は、決して話題にしたり、口外したり
しないのである。

そのことは、誰も衝撃を受けたが、同時に、誰もが正しく理解している
ように、もしも同じような命令が与えられ、そうしなければならない
状況であれば、人は同じ事をするだろう。

22 :1943年10月4日、ポーゼンにおいてヒムラーがおこなった演説2:04/09/02 02:19
わたしはこれから、ユダヤ人の疎開、すなわち、ユダヤ民族の絶滅
について話をしようと思う。このことを口に出すのは簡単だ。
「ユダヤ民族は絶滅する運命にある」。党員だったら誰もが言うだ
ろう。「ユダヤ人の排斥、絶滅はわれわれの計画の一部であり、そ
れは明白なのだ」と。だが、やがてこの8000万の真正なドイツ人は、
おのおのが誠実なユダヤ人の知人をもっていることに気づくだろう。
彼らはこう言うかもしれない。明らかにほかのユダヤ人はブタだが、
自分の知り合いのユダヤ人は一流だ、と。しかし、かつて、こう言
った連中誰ひとりとしてその態度を貫き通した者はいない。

ほとんどの諸君は、百人の死体が並ぶということが、何を意味する
か、それが五百人、千人だったらどうか理解するに違いない。

そして、この苦しみに耐えながら――人間的な弱さを無視すればだ
が――道徳的な人間でありつづけることが、我々を逞しくしてきた
のであり、それが、かつて書かれたことがなく、今後も書かれるこ
とがない、我々の栄光の歴史の1ページなのである。

なぜなら、あらゆる都市に爆撃や戦争の被害、物資欠乏が及ぶなかで、
秘密破壊工作や煽動、混乱をまきおこすユダヤ人がいれば、どれほどに
我々の生活脅かされるか知っているからである。もしドイツ人に
まじって、ユダヤ人がいれば、おそらく、我々は1916・17年と同じ
ような状況にいただろう。

23 :1943年10月4日、ポーゼンにおいてヒムラーがおこなった演説3:04/09/02 02:20
我々は、彼らが所有していた富を取り上げ、私は非常に厳しい命令を
出し、ポールSS大将が実行に移した。すなわち、この富は当然のこと
ながら帝国に引き渡されるのである。我々は自分のためにそれらを盗む
ことはなかった。これに違反する一部の人間は、私が最初に与えた
命令にしたがって罰せられる。たとえ1マルクであっても盗んだ者は
死に値する。

この命令にそむいた一部の親衛隊員がいた。ごく少数だが、彼らには、
容赦なく死刑を宣告する。我々は我々を抹殺しようとしているこの民
族を抹殺するという道徳上の権利をもっており、我が民族に対してそ
の責務がある。

しかし、我々には、毛皮1着、腕時計1個、1マルク、タバコ1本、
であれ着服する権利はない。我々は病原菌を駆除したのであり、我々
自身が病原菌に感染して死にたくはない。

わずかでも病原菌が現われることを、私は傍観するつもりはない。
病原菌の斑点が現われたときにはいつでも、これを焼却する。
しかし、我々はこの厳しい任務をわが民族への愛ゆえに実行したの
であり、我々の精神や我々の性質を損なうものではないと言えるのだ。


http://www.holocaust-history.org/himmler-poznan/
http://www.nizkor.org/hweb/people/h/himmler-heinrich/posen/oct-04-43/

24 :世界@名無史さん:04/09/02 02:28
>>19
だからね、ユダヤ人移送ってのは口で言うほど易しいことじゃないって言ってるだろ。
そんな場合でもきちんとやり遂げるってことです、不服従も不履行もいけないんですよ

もうホントに君にはウンザリすろよ


25 :世界@名無史さん:04/09/02 02:41
>>24
だから、仮に「ユダヤ人の移送」のことを言っているのだとすれば、
なぜ、次のようなことをヒムラーが述べたのか、逃げないで簡潔に説明
せよ。

>ここで、ある非常に難しい問題について、率直に述べたいと思う。
>これは、我々のあいだで話し合わなければならないが、公の場で
>話題にすることは決してないだろう。

また、下記の文章についても「この民族」が何を指すのか、明確にした
上で、説明せよ。

>我々は我々を抹殺しようとしているこの民族を抹殺するという
>道徳上の権利をもっており、我が民族に対してその責務がある。

26 :世界@名無史さん:04/09/02 03:05
>>25
>だから、仮に「ユダヤ人の移送」のことを言っているのだとすれば、
なぜ、次のようなことをヒムラーが述べたのか、逃げないで簡潔に説明せよ。

だから説明してるだろ、心構えとか言ったものだって。
「SS隊員はどうあるべきか」、みたいなもんですよ。
こんなモノは部外者に言うべきことではなし。関係ないしね。
漠然としたもんだから説明するの難しいけどね。

なんで「ユダヤ人の移送が秘密」ってことになっちゃうのか不思議でしょうがないよ


>我々は我々を抹殺しようとしているこの民族を抹殺するという
>道徳上の権利をもっており、我が民族に対してその責務がある。

前段に 「we still had the Jews, as secret saboteurs, agitators, and slander-mongers, among us now…」の文があるんで、
民族としてのユダヤを指すのか、破壊者・煽動者としてのユダヤ人を指すのか不明


27 :世界@名無史さん:04/09/02 04:10
>>26
>だから説明してるだろ、心構えとか言ったものだって。
>こんなモノは部外者に言うべきことではなし。関係ないしね。

説明になっていない。
下記に見るように6月10日の事件において「躊躇なく射殺したこと」を
仲間内でも、これからも今後も、話題にしたりしないことを述べている。
部外者にだけ口外しないのではない。

>それは、あの6月30日に、失態をさらした同志を壁の前に立たせ、
>命令に従い躊躇なく射殺したことを、これまでも、そしてこれか
>らも、決して口にすることがないのと同じである。
>神に感謝することには、それが我々に本来的に備わった機転という
>ものであり、それゆえ、我々は、決して話題にしたり、口外したり
>しないのである。

また「百人の死体が並ぶということが、何を意味するか、それが五百人
、千人だったらどうか理解するに違いない」という個所が、空爆による
ドイツ人犠牲者のことを述べているというのであれば、なぜ、「この苦し
みに耐え」ることが必要であり、また、それが「かつて書かれたことが
なく、今後も書かれることがない、我々の栄光の歴史の1ページ」となる
のか、意味がつながっていない。

そもそも、「かつて書かれたことがなく、今後も書かれることがない、
我々の栄光の歴史の1ページ」とは何か?今度は空爆によるドイツ人犠
牲者のことなのか?逃げないで答えよ。



28 :世界@名無史さん:04/09/02 04:11
続き

>前段に 「we still had the Jews, as secret saboteurs,
>agitators, and slander-mongers, among us now…」の 文が
>あるんで、民族としてのユダヤを指すのか、破壊者・煽動者として
>のユダヤ人を指すのか不明

バカか?「我々は、彼らが所有していた富を取り上げ」とあるように、
ナチスが帝国領のユダヤ人誰彼かまわず金品を奪ったことは周知の
事実。「この民族」とは特定の人間だけでなくユダヤ民族全体を
指すことは歴史的経緯から見れば明らかだし、文章上も「この民族」は
「彼ら」を受けている。違うというのであれば、明確な根拠を提示せよ。

29 :世界@名無史さん:04/09/02 04:17
>>27訂正
>下記に見るように6月30日の事件に


30 :世界@名無史さん:04/09/02 06:42
アウシュヴィッツ・メインキャンプの劇場
http://www.air-photo.com/grap/orchestra.jpg
http://www.air-photo.com/english/theater.html

ここ、アウシュヴィッツ博物館の説明だと
http://www.geocities.jp/pxc01462/old/AUS-MAP.html
「C チクロンB 囚人持参物の倉庫」
と書いてあるんですが…

air-photo.comの見取図と説明文を比べてみてね。
http://www.air-photo.com/english/sola.html
博物館パンフの見取図とは上下がさかさまになってます

31 :世界@名無史さん:04/09/02 08:37
>30は今回スルーで御願いします>ALL

今回の議題は>>17からの話題ですヨロシコ。>ALL

32 :世界@名無史さん:04/09/02 08:45
「えーえるえる」さんって、ひとりで荒らしてる人の名前?

33 :世界@名無史さん:04/09/02 09:08
>ホロ信者
いまだに意図的に誤訳された文章引用して、ぎゃーぎゃーわめいてるのか…。
誤訳だと指摘されて、誤訳だった部分も突きつけられてるんだから
自分で全文訳しなおせよ…。
それが無理なら、もっと中立な立場の人が訳したものを探してみろ。

34 :世界@名無史さん:04/09/02 10:04
ホロ真理教信者だろ(w

このスレと密接な関係にあるオウム真理教の存在を忘れてもらっては困る。


35 :世界@名無史さん:04/09/02 10:17
ホロこそ真理としてるのは間違いないようだが、オウムがどうのと混ぜっ返すと
本道からそれるので、今後さけようと思う。

ホロ信者で十分意味は通じる。

36 :世界@名無史さん:04/09/02 11:20
●●●戦後日本におけるガス室リビジョニズム、反ユダヤ主義●●●

1972年:日本赤軍の岡本公三、奥平剛士、安田安之らがイスラエルの
    テルアビブ空港で銃を乱射。24人を射殺、80人以上に重軽傷を負わせる。

1993年:本多勝一、『貧困なる精神』で木村愛二の著作を湾岸利権研究の書として引用。

1994年:木村愛二、『噂の真相』の九月号に『映画「シンドラーのリスト」 が訴えた“ホロコースト神話”
    への大疑惑』を発表=日本における公共雑誌でのガス室否定記事の初出。

1994年:『週刊金曜日』編集長の本多勝一と木村愛二意気投合。本多が中心になり同誌に木村の論文連載を企画。
    折衝の末、雑誌発表用の論文も完成し本多も了承。
  
1994年:本多勝一、マルコポーロ発表前に西岡昌紀の論文を「うち(週刊金曜日)で発表させて欲しい」と打診するも実現せず。

1995年: マルコポーロ2月号、西岡昌紀『ナチ「ガス室」はなかった』を掲載。国際的に紛糾し、ユダヤ人団体の圧力で廃刊

1995年:本多勝一ら『週刊金曜日』、廃刊事件を受けて連載計画を急遽全面中止。
    アリバイ作りに文春批判と木村愛二批判キャンペーンを開始。木村とは以後数年に渡って中傷合戦に発展し、
    木村側が名誉毀損で訴訟を起こす。

1999年:二月十六日、東京地裁において木村愛二側の敗訴で結審。日本の裁判所が史上初めてガス室を認定。

2002年:辻本清美創設の「ピースボート」関係者18名、危険人物としてイスラエルで拘束。入国を拒否される。

37 :世界@名無史さん:04/09/02 11:23
>34
ん?オウム真理教ってホロ肯定派だっけ?
違うんじゃないの、たしか?

38 :部外者:04/09/02 11:35
>>27
「身内の規律を、如何にして保っているか」
などと言うことは、本人達が了承していればいいことであり、
わざわざ口にして確認するようなことではない。

また、身内の不始末は身内のみで解決することであり、
その手段において殺人が行われたとしても、
それは全く正当なことである。
なぜならば、我々は不義を断固許さぬ存在であるからだ。
よって、我々にとって「当たり前のこと」を、高らかに喧伝するようなこともしない。

また我々は、幾百の同胞が倒されようとも、幾千の悲しみに襲われようとも
それらが憎しみに転化しようとも、道徳的な人間であることを忘れない。
それもまた、「当たり前のこと」であり、わざわざ歴史に書き記す必要の無いものである。

噛み砕いて書くと、こんなとこじゃないのかと。
あと、「栄光」の意味を調べることをオススメする。
曲解していれば、それも無駄だけどね。

続く

39 :部外者:04/09/02 11:37
>>28
>8000万の真正なドイツ人は、
>おのおのが誠実なユダヤ人の知人をもっていることに気づくだろう。
>彼らはこう言うかもしれない。明らかにほかのユダヤ人はブタだが、
>自分の知り合いのユダヤ人は一流だ、と。しかし、かつて、こう言
>った連中誰ひとりとしてその態度を貫き通した者はいない。

>なぜなら、あらゆる都市に爆撃や戦争の被害、物資欠乏が及ぶなかで、
>秘密破壊工作や煽動、混乱をまきおこすユダヤ人がいれば、どれほどに
>我々の生活脅かされるか知っているからである。もしドイツ人に
>まじって、ユダヤ人がいれば、おそらく、我々は1916・17年と同じ
>ような状況にいただろう。

つまり、民族単位でのテロリズムというものは、
癌と同じで患部のみを摘出するだけでは終らないということであり、
潜在的な恐怖は消え去りはしないということ。

>>我々は我々を抹殺しようとしているこの民族を抹殺するという
>>道徳上の権利をもっており、我が民族に対してその責務がある。

「我々を抹殺しようとしているこの民族」とは、つまりはそういうことだろう。
「我々を抹殺しようとしているこの民族」の中には、まともな者も居るけれども、
「こ(そ)の民族」であるかぎり、安心は出来ない。
ならば、全て排斥するべし。

完璧主義者のドイツ人らしい考えだね。

一応、補足しておくけれども、
「言葉のニュアンスといったものは、文章からでは読み取りにくい」
「言語の違う言葉のニュアンスもまた、正確には読みとれない」
ということを、肝に銘じるべし。

40 :世界@名無史さん:04/09/02 12:37
>>37
オウム真理教はわりとこのスレのリヴィジョニストの方たちの
主張と同じことを、1995年ごろから主張してますよ

41 :世界@名無史さん:04/09/02 12:44
>>27
当たり前のことを説明するのって難しいな。
身内の不始末に関する噂話をしないのも心得の一つだし(噂には尾鰭がつくからな)
当然、部外者にもそんなハナシはしないよ

>空爆によるドイツ人犠牲者のことを述べているというのであれば、
>なぜ、「この苦しみに耐え」ることが必要であり、

阿呆?同朋の大量死を見て心が動かんわきゃないだろが。
辛くないわけないだろが



42 :世界@名無史さん:04/09/02 13:06
ホロ真理教と言うと、じゃあリヴィはオウムと主張が同じだからオウム真理教だとわめきだす。

ホロ信者の中では、ホロを嘘と主張するとオウム信者になるらしい……。
というのは流石にわざとなんだろうが、議論を無効化する手段として有効なので連呼する馬鹿が絶えない。

そもそも「オウムは信用できない。オウムと同じ主張をする奴も信用できない」という手法らしいのだが…。
オウムだって全て間違ってるわけじゃなかろうに。
水飲まなきゃ死ぬし、空も飛べない。共通点のほうが多いわ。

43 :おれはリヴィジョニストだが:04/09/02 13:11
オウムだからって偏見を持つのは止めるべきだよな。

「アンネの日記は偽造」とか「ガス室はソ連軍の戦後製作」とか
けして間違ったことは言ってないと思うよ。

44 :世界@名無史さん:04/09/02 13:19
だよな。ホロ信者の人たちは「おまえたちはオウム真理教だ」と
レッテルを貼れば恐れ入って黙り込むと踏んでるんだろうが(w

これしきの法難で俺たちはけして祈伏されないよ。
小菅に収監されたのは肉体と言う名の影で、あの方は
いつだって俺たちを守護されているのだから・・・

45 :世界@名無史さん:04/09/02 13:27
>>43
まぁ、レッテル貼りした時点で負けでしょう。
このハナシをしてると>44みたいなのが出現して気持ち悪いことになるよ

46 :世界@名無史さん:04/09/02 13:36
いや、44もけして間違ったことは言ってないと思うのだが。

勝ち負け言うなら釣られたおまえの負け>45

47 :世界@名無史さん:04/09/02 13:40
>>46
後半は間違いというか妄想だろ、あんた>44?

48 :世界@名無史さん:04/09/02 13:41
議論に勝ち負けなんてねーだろ。
お互いが材料を持ち合って、切磋琢磨して真実へ近づいていく。

事実と逆なことを言っていた人たちだって「真実を確固たるものにするために深い検証にみちびいてくれたパートナー」

49 :世界@名無史さん:04/09/02 14:02
結局は弁証法なんだよね。
オウムはオウムで止揚、反止揚という流れの中で
観念論に走り地下鉄サリン事件をおこしたけど、
そういう誤りを反止揚することで、新生アレフとして
完成に近づきつつある。

リヴィジョニストとして生きることとオウム真理教は
けして無縁じゃないんだよ

50 :世界@名無史さん:04/09/02 14:02
>>48
肯定派は材料をもってこないからね、議論以前の問題なんだ。


51 :世界@名無史さん:04/09/02 14:40
>>49
肯定派にも言えることですね、
地下鉄でテロこそしなかったものの、放火したり、
アンネやアウシュビッツを神聖視するあまり暴力を振るったり・・・・

52 :世界@名無史さん:04/09/02 14:44
>>49
妄想はよそでやってくれ。ここは宗教板じゃないんだ。
中東を大事に思ってる人は全員自爆テロをする、見たいなその短絡思考はなんなんだ。

53 :世界@名無史さん:04/09/02 15:28
>59

短絡思考といえば、前スレに程よいサンプルがあるがどうよ。

>901 :世界@名無史さん :04/09/01 10:04
>不特定多数の集まる公開掲示板で誰がどんなスレを立てようと勝手だろうに
>自分の気に入らない話題だからあえてやめさせてやりたい、ということですね。

結局たしなめた(世間ではオチョクッタ)のは漏れ一人だが・・・

54 :世界@名無史さん:04/09/02 15:52
このスレで書き込んでいるような手合いは
みるみる観念の牢獄だか屁理屈に手も無く絡めとられて
気づいたら穴掘って同志埋めちゃいそうだな

55 :世界@名無史さん:04/09/02 15:59
このレスもスゲエ短絡


906 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/09/01 11:59
>901 :世界@名無史さん :04/09/01 10:04
>不特定多数の集まる公開掲示板で誰がどんなスレを立てようと勝手だろうに
>自分の気に入らない話題だからあえてやめさせてやりたい、ということですね。

あなた方がその様な判断を為さるのであれば、どのようなレスを返そうが勝手ということですね。
私は発言を訂正したほうがよろしいと考えますがいかがでしょうか。



56 :世界@名無史さん:04/09/02 16:21
>>55
2chのルールが最優先。
・基本的に立てるスレッドに制限はない。
・基本的にスレ違いのレスは禁止。しかるべきスレにレスしなければならない。

57 :53=906だろ:04/09/02 16:37
           , -ー,
          /   |  
   ∧∧  /    |   
  (*゚ー゚)/.       | <おりゃっ!!!
   | つ'@        | 
  〜_`)`).       |   
 ̄ ̄ ̄しU       | 
     |        | 




58 :世界@名無史さん:04/09/02 16:54
「たしかに”今は”否定派が恥かもしれんな。
だが、時が熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、
そのときこそ、正義の女神は、その秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くにそのところを変えることを要求するだろう。

すべての事実が事実のままに認識され、事実の歴史が真実の歴史となったとき、
そのとき肯定派を絶滅させる真のホロコーストが始まるだろう。
とても楽しみだな。ククク…」



59 :世界@名無史さん:04/09/02 17:04
さあゲームの始まりです。
無能な警察ども
私を捕まえて見なさい。

うろおぼえ

60 :世界@名無史さん:04/09/02 17:57
>>56

>・基本的にスレ違いのレスは禁止。しかるべきスレにレスしなければならない。

その通りである。よってネタにはネタで返さなければならない。これが基本である。

ネタにマジレス・・・。
ま、これは個人の自由である。と思う。

61 :世界@名無史さん:04/09/02 18:54
>>28
仮に「this people」がユダヤ民族の意味だとしても問題ないだろ
「this people」ってのは「us」(ドイツ国民)を殺したがってる奴って説明があるんだしね。


62 :世界@名無史さん:04/09/02 19:09
昼間は貸し切りですね。

63 :世界@名無史さん:04/09/02 19:18
読者のミスリードを誘うのはホロ信者の常套手段ですからね。
特に訳文には思想がばりばりに入っていて、真逆の結論に摩り替えることもしばしば。

64 :絶対に負けられない戦いが辺野古にはある!:04/09/02 19:28
【防衛施設局vs基地建設反対市民】

★ガチンコである!★
沖縄・辺野古で今まさに戦いが始まろうとしている!
米軍基地建設のためのボーリング調査と称した事実上の基地建設を
9月6日(月)に強行しようとする施設局。
それに対して、海を守り、自然を守り、基地のない平和な沖縄を
取り戻そうと日本全国から立ち上がった市民たち。

9月6日(月)辺野古漁港座り込みテント前にて、ついに全面対決の火蓋が切って落とされる!
はたしてどちらが勝利を収めるのか!? 流血必至!?
反対派市民たちの努力は報われるのか!?
サンゴの、ジュゴンの、そして美しく青きちゅら海の運命はいかに!?
いざ決戦の舞台にさらなる結集を望む!基地建設を止めよう!!
絶対に負けられない戦いが辺野古にはある!
http://blog.livedoor.jp/kitihantai555/

65 :世界@名無史さん:04/09/02 19:35
昼夜たがわず泥舟に呉越同舟ですよ

66 :世界@名無史さん:04/09/02 19:40
12 :まだ続くのかこの隔離スレは :04/09/02 01:03
このスレは、
アメリカのTVドラマのタイトルから広まった「ホロコースト」の語に、
未だ学問的定義が定まっていないのをいいことに、
好き勝手な定義の元にけなしあいと揚げ足のとりあいが続くだけの、
不毛な隔離スレです。

67 :世界@名無史さん:04/09/02 19:54
ゲルマル・ルドルフのドイツの銀行口座差押え
http://www.vho.org/GB/c/GR/AS.html

68 :世界@名無史さん:04/09/02 20:08
>>63
具体的に例をあげてくれませんか?

69 :世界@名無史さん:04/09/02 20:16
イスラエル政府は建国後十数年間、米国政府からの資金援助で、スファラディ系ユダヤ人児童10万人にX線照射実験をしていた
http://www.asyura2.com/0406/war59/msg/384.html

●8月下旬に表題のような情報を得ました。イスラエルで政府の腐敗を追及してきた
 バリー・チャミッシュというジャーナリストが、国内で放映されたばかりの画期的な
 内部告発番組の紹介記事(番組批評)を書いたものです。

●イスラエルは現在、原発周辺地域の核汚染問題が噴出しているわけですが、
 建国当初に続けられていた特定人種(スファラディ系ユダヤ人)の児童だけ
 を対象にした大規模な放射線照射事業と、それが生み出した現在の惨害を
 イスラエル国内だけでなく世界に知らしめたこの番組『10万人への放射線照射』
 と、チャミッシュ氏の紹介記事の意義はきわめて大きいと言えます。

●この暴露報道でショッキングなのは、何と言っても「ホロコースト糾弾」を
 ビジネスにしてきたシオニスト国家が、自らの内部でまさに人種差別にもとづいて
 アフリカ・中東系ユダヤ人のほぼ全員の子どもに放射線を浴びせていたことと、
 そうした人体実験まがいの大規模事業に米国の政府と軍部が加担していたことです。
 
●放射線照射による突然変異の誘発は1930年代にはすでに広く知られていたことですし、
 X線などによる健康障害も20世紀初めには知られていたことでから、「しらくも
 (=頭皮の白癬菌感染症)の治療や予防のために児童の頭皮に高用量のX線を
 照射して白癬菌を焼き殺す」という方策がいかに危険かは予測できたと思うのです。



70 :世界@名無史さん:04/09/02 20:17
●イスラエルを建国し、社会的支配権を握ったアシュケナージ系ユダヤ人が、
 北アフリカやアラブ諸国から大量に流れ込んでくるスファラディ系ユダヤ人に
 対して「遠からず旺盛な“繁殖力”で我々の支配を揺るがす恐れがある」と
 危機感を持ち、公衆衛生を名目に穏やかな“民族衛生学”政策を行なった、
 というのがスファラディ系ユダヤ人まるごと一世代に対する放射線照射事業の
 真意だったのではないかと思えてきます。つまりチャミッシュ氏が下記の
 文章のなかで指摘している「優生学政策」こそ、この事業の本質であり、
 被害にあったスファラディ系ユダヤ人の言葉を借りれば、これこそまさに
「スファラディ系へのホロコースト」、緩慢で密やかな“放射線ホロコースト”
 だった、というわけです。

●チャミッシュ氏の文章のなかでもうひとつ気になるのは、建国直後のイスラエル
 でイエメンからの移民の乳幼児が大量に誘拐され、アメリカに送られて生体実験
 に使われていた疑いがある、という問題です。

●これまでヒトの放射線被曝の基礎データは、広島と長崎の原爆被爆者からの
 情報が中心であると伝えられてきたわけですが、ひょっとするとこうした
 かたちの生体実験で、日本の原爆被爆者からは得られないようなデータも
 米国は得ていた可能性があります。(さらに言えば、今のところ臆測に
 すぎませんが、米国が60年代初めまで盛んに行なっていた野外核実験で、
 家畜や小動物だけでなく、イスラエルあたりから“輸入”した誘拐被害の
 スファラディ系ユダヤ人の乳幼児なども、実験サイトに置かれていた
 可能性だって考えられるわけです。)

●イスラエルで噴出した“放射線ホロコースト”スキャンダルは、日本にとって
 他人事ではないはずです。日本の原爆被災者は人間モルモットとして
 データ収集のマテリアルに使われたわけですが、イスラエルでアシュケナージ
 系の“建国の父”たちが実行した非人道的な“事業”によって、スファラディ系の
 乳幼児たちがどのような惨害をこうむったのか、その実態に注目する必要があります。



71 :世界@名無史さん:04/09/02 20:19
●まず、バリー・チャミッシュという人物の簡単な紹介記事。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
http://www.pushhamburger.com/barry.htm

●2004年8月18日にチャミッシュ氏が発表した、『10万人への放射線照射』の番組批評。
 《訳注:「18日」という掲載日時は下記サイトから推測した。
    http://www.animalweb.cl/n_o_imperial/zionismo/holocausto_sefardita.htm


------------------------------
原文と訳がリンク先にあります( http://www.asyura2.com/0406/war59/msg/384.html )



72 :世界@名無史さん:04/09/02 20:50
>>63
>特に訳文には思想がばりばりに入っていて、
>真逆の結論に摩り替えることもしばしば。

全体像を押さえずに翻訳できるなんて、思いあがりだよな。なにごとにつけ
謙虚さが肝心だ。

「親衛隊人事本部アルフレート・フランケ=グリクシュ少佐の報告」

 アウシュヴィッツ収容所は、ユダヤ人問題の解決において、
特別な役割を演じている。もっとも進んだ方法が、可能なかぎ
り短時間で、大きな注目をあびずに、総統命令の執行を可能に
している。いわゆる「再定住行動」は、以下のようなコースで
なされる。ユダヤ人たちは夕方に特別列車(貨車)で到着し、
この目的のために収容所で特別に設けられた地域に、特別な待
避線で送り込まれる。そこにおいて、ユダヤ人は降ろされ、収
容所長や数人の親衛隊将校の面前で、医師の一団によって労働
に適しているかどうかを検査される。この段階で、労働計画に
多少とも投入可能な人々は、特別な収容所に送られる。治療可
能な病人は医療キャンプに直接に入れられ、特別な食事によっ
て、健康を回復することになる。これらすべての背後にある基
本原則は、労働のためにあらゆる労働力を確保すること、であ
る。これまでのような「再定住行動」は、全面的に否定される。
というのは、貴重な労働エネルギーを継続的に破壊するのは、
あまりにも無駄だからである……労働に適さない人々は……
目下の「再定住行動」焼却能力は、一日1万人である。

http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/SS_Report.html

73 :世界@名無史さん:04/09/02 21:03
ここは謙虚さと優しさに満ち溢れたインターネットですよ

74 :世界@名無史さん:04/09/02 21:09
>「親衛隊人事本部アルフレート・フランケ=グリクシュ少佐の報告」

それはFAQです。

重要な論点についてのQ&A
<質問009>
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/009.htm

75 :世界@名無史さん:04/09/02 21:27
《裏日本帝国国歌》
♪赤地に白く逆卍染めて
ああうとましい那智巣の旗は

76 :世界@名無史さん:04/09/02 21:36
グリクシュ報告は仇敵山崎の鼻を明かすことができるので、リビジョお気に入りのネタ。

77 :世界@名無史さん:04/09/02 21:36
>>74
結論

@ いわゆるフランケ・グリクシュの「再定住行動」報告なる文書は、歴史学における史料批判(Quellen Kritik)の
  3つの基本原則(真実性批判、来歴批判、本源性批判)に照らし合わせても、
   まったくの偽造文書です(おそらく、この文書を「タイプ・コピー」したリップマン氏が、
戦後に流布していたアウシュヴィッツ・ビルケナウ「絶滅収容所物語」に依拠して、この文書を捏造したのでしょう)。

A 文書の信憑性に疑問を呼び起こしてしまうような箇所を省略・削除して、
この文書を紹介しているホロコースト正史派のやり方は、学問的にはきわめて不誠実です。

78 :世界@名無史さん:04/09/02 21:37
<質問009>の解答から
アウシュヴィッツ・ビルケナウでは、1944年11月までの1年半以上の期間で、
100万前後がガス処刑されたことになっていますが、この報告では、焼却棟が
稼動し始めて1、2ヶ月しかたっていない時期に、しかも一部の焼却棟(焼却棟V)
がまだ完成していない時期に、犠牲者数合計の半数=50万がすでにガス処刑され
ていることになっています

↑ 「アウシュヴィッツ」のレポートなのに、「アウシュヴィッツ・ビルケナウ」
の数字を持ち出すのはなぜ?それから、50万は「再定住行動」の数なのに、「ガス
処刑」の数と判断したのはなぜ?


79 :世界@名無史さん:04/09/02 21:40
>>65
> 昼夜たがわず泥舟に呉越同舟ですよ

ふむふむ・・・

昼間は、ほめ殺しネタによる心理戦、神経戦、
夜は、解釈と差異の戯れがはてしなくつづく消耗戦か。

で、リビジョニストによるポーゼン演説の日本語訳はまだなの?

80 :世界@名無史さん:04/09/02 21:46
「アウグスト・ベッカーの手紙」のFAQがあったら紹介してください。

81 :世界@名無史さん:04/09/02 21:47
消息不明の膨大な数のユダヤ人は、

戦後、家族、親戚、知人たちと、連絡はとれたんだよね?
もとどおり幸せに暮らしたんだよね?

そうなんだろう?リビジョ諸君。

82 :世界@名無史さん:04/09/02 21:58
「ポルトガル人の尼僧の手紙」(Letters of a Portuguese Nun)

―――17世紀の恋はその後実ったのでしょうか、教えてください。

83 :世界@名無史さん:04/09/02 22:03
>>81
さぁ。どうなの?
普通ユダヤ人であることを偽装するなら、家族ごとだと思うけど。

84 :世界@名無史さん:04/09/02 22:11
そもそも、親ドイツユダヤ人が、反ドイツユダヤ人ゲリラ兵掃討の巻き添えにならないように
一箇所にまとまってもらったのが、いわゆる強制収容所なのに、
なんで逆恨みされてるのか。


85 :世界@名無史さん:04/09/02 22:14
>>83
ユダヤ人口が統計で大きく落ち込んでるのは、
みんな偽装してナントカ人になったんだね?

戦後もお互い、友人、親戚にも会いたくないんだね?
家も土地も捨てたんだね?
なるほどねえ。

86 :世界@名無史さん:04/09/02 22:15
>73

 
            ス ワ チ カ = テ ィ ン ポ + マ ム コ  
                                          
                                      


87 :世界@名無史さん:04/09/02 22:16
>>85
それはつまり、ユダヤ迫害をしていた全てのヨーロッパの国々に対する批判。
と受け取ってよろしいか?

まさかドイツだけがユダヤ人を迫害していたなんて思ってるんじゃ…。
まさか……まさかねぇ…?

88 :世界@名無史さん:04/09/02 22:18
ユダヤ人の認定基準はナチスとその他の国では違うでしょうに

89 :世界@名無史さん:04/09/02 22:21
>>78
当該レポートを読んでみましょうね
http://www.ihr.org/jhr/v11/v11p261_Renk.html

90 :世界@名無史さん:04/09/02 22:27
ドイツでは1/8以上ユダヤの血が流れていればユダヤ人だったか。
そうとうゆるいな。
しかも戸籍システムが無いから簡単に偽造できたわけだな。

だいたい「私はユダヤ人です」といえばあらゆる国で迫害されるのだから、名乗るわけねぇ。
ユダヤ人はどこにも居場所ないんだぜ?
自国が無いんだから。


91 :世界@名無史さん:04/09/02 22:29
リビいわく

ユダヤ=金の亡者

だそうだが

スイス銀行などの休眠口座
フランスの美術館などの未返却作品

一部しか返却されていない。何で受け取りにこないのかなぁ。
リビの言う通り
3食完備(以下略
であれば誰かしら生き残って受け取りに来る筈だろう

いや誰かが取りにこないとおかしい。イスラエルのためにもな。
何せ現金・資産だぜ。

なぜだろう。



92 :世界@名無史さん:04/09/02 22:31
>>80
FAQではないが資料的価値を考察している
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/weckert_01.doc

93 :世界@名無史さん:04/09/02 22:34
>>91
休眠口座が珍しいですかな? 

94 :世界@名無史さん:04/09/02 22:36
>90
聞くが親衛隊の入隊基準は?

ありゃ、砂上の楼閣ってことでFA

ヒムラーもナチスいい加減だな。




95 :世界@名無史さん:04/09/02 22:38
>>91
(;´Д`)-3
ドイツ軍が略奪されたと言われている、フランス美術品のことか?
ドイツは美術品のほとんどを「正式に売買して手に入れて」いたんだよ。
その取引の書類も残っている。
普通占領国からは強奪するもんなんだが、ドイツ人はそれをよしとしなかったんだ。
だから「略奪品の中には、未返還のものがある」となって当然。
なぜなら「正式に売買して手に入れたもの」まで一緒くたに「略奪品」扱いしてるのだから。

なんにしろ受け取りしようにも本人証明は中々難しいだろうな。
一度自分の歴史を改竄してるだろうから(ユダヤ人ではなくなるために)


96 :世界@名無史さん:04/09/02 22:44
>93
ソコは返却訴訟のテンプレを貼るところだろ。

その書込みでは『逃げうっている』とバレバレじゃないですか。

ループルーチンにない勝手な書きこみをすると『敗北主義者』と後で吊し上げをくいますよ。




 





97 :世界@名無史さん:04/09/02 22:44
『タイムズ』2001年10月13日
スイス「ホロコースト資産」は神話だったことが明らかに
Swiss Holocaust cash revealed to be myth
http://www.fpp.co.uk/online/01/10/SwissBanks.html

98 :世界@名無史さん:04/09/02 22:46
>>96
そもそも>>91はその事件すら詳しく説明してないぞ。
「スイス銀行には休眠口座があります」という書き込みに対し「休眠口座って珍しいか?」と
返事をしたに過ぎないと考えられます。

99 :世界@名無史さん:04/09/02 22:50
休眠口座にも口座保管料がかかりますとか宣言したら減るかも

100 :世界@名無史さん:04/09/02 22:52
>>97
ナイスソース。
なるほど、

>最初に(返還)準備プした時、
>私たちはほとんど、これらのアカウントがすべてナチの犠牲者のもとに
>きちんと戻ることになるだろうと確信していました。
>しかし、ほとんどはそうではありませんでした。

>私たちには、同じアカウントを要求する125人がいました。
>それらを識別する方法がなかったので、
>銀行はそれらのすべてに支払わなければなりませんでした。
さすがユダヤ人。金の亡者。
一つの口座から125倍も金引き出したよ。(そいつらがユダヤ人とは限らないので、半分ジョーク)




310 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)