5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆ ドラマチックな人生を生きた人 ◆

1 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 20:05:08 0
世界で最も熱い人生を生きた人。
誰だと思います?

世界史・日本史問わず。

2 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 20:06:42 0
チューザレ

3 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 20:07:44 0
ホリエモン

4 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 20:19:12 0
ピーター大帝とショスタコーヴィッチで決まり。

5 :世界@名無史さん:2005/03/27(日) 20:42:21 0
ヘラクレイオス一世

6 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 12:36:38 0
レニ・リーフェンシュタール

7 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 12:54:19 0
小野田少尉

8 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 13:23:39 0
平群朝臣広成(?〜753)
733年に遣唐大使多治比真人広成の一行に加わって入唐。翌年10月に
任務を果たして帰国の途についたが、暴風が発生し、広成の乗っていた船と
乗員115人は崑崙国に漂着。賊に襲われたり熱病にかかったりで乗員の
ほとんどが死亡。広成ら4人だけが死を免れるが、崑崙王に拘束される。
735年に唐の欽州在住の崑崙人の手引きで密かに出国し、唐に帰った。
その体験談を聞き及んだ玄宗は、あまりの凄惨さに「聞くに忍びず」と
同情したという。
留学生の阿倍仲麻呂のつてで玄宗の許可を得て、渤海経由で帰国する
ことになった。738年3月に登州から船出し、渤海領に到ると、ちょうど渤海王の
大欽茂も日本に使者を派遣しようとしているところだったので、渤海の船に
乗船して出発した。しかし、航海中に渤海の一船が浪によって転覆し、
大使ら40人が溺死した。広成は副使とともに残った人々を指揮して出羽国に
漂着。翌年入京し、ようやく帰着した。従4位武蔵守まで昇進し死去。
ttp://dict.threetree.jp/27/12361.html

9 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 14:10:48 0
劉邦。40歳くらいまでは、とても皇帝になるなどとは考えてもいなかったと思う。
これと比べると朱元章は、若い頃から野心をもっていたのかな。

10 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 15:03:21 0
てか教科書に載るぐらいの人物はみんな、
ドラマチックな人生を生きたんじゃないの?
たとえ地味な人生送ったかのように見えても。
教科書に載るって凄いことだよ。
それだけで十分ドラマチックだと思うんだけど。

11 :世界@名無史さん:2005/03/30(水) 23:40:03 0
ヒトラー

12 :世界@名無史さん:2005/03/30(水) 23:45:05 0
うーん

万暦帝かな

13 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/03/31(木) 00:12:13 0
>8が出たところで、大江定基と言ってみる。

14 :アクィラ ◆0fUIPC892c :2005/03/31(木) 00:40:24 0
アルキビアデス

15 :世界@名無史さん:2005/03/31(木) 00:59:24 0
>>13
愛妻に死なれて出家して入宋した人ですか?
清範の生まれ変わりにあったというおまけも付いていたような。

16 :世界@名無史さん:2005/03/31(木) 11:03:37 0
メアリー・スチュアート

17 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/03/31(木) 12:14:26 0
>15
愛妻というか、北の方を捨てて赴任先の三河に伴っていましたが、彼女が亡
くなってしまった。その後何日も葬れずにいて、遂には口を吸ったところ、
悪臭がしたので夢から覚めたという話ですね。
また、同国には鹿猪を生きたままおろす風祭がありましたが、その風習をう
とましく思っていた彼は、ある日生きた雉をもらい受けると、そのまま切り
割いて炙って食べ始めました。
雉はバタバタと暴れ、目をしばたかせながら、血の涙を流します。
心ある者は目をそむけ、追従者は「生で捌くと美味いですね」と言いました。
しかし、突然定基は号泣。周囲を唖然とさせます。
そして、帰京して僧侶となりました。道心を堅固にする為に、わざわざ残酷
な振る舞いに及んだという事です。
その後、捨てた旧妻から「乞食坊主め、いい気味だわ」と言葉をかけられまし
たが、動ずる気配も無く拝んで来たので、旧妻は唖然としたという話。
その後、渡宋して真宗の帰依を受けて紫衣を授かり、円通大師と諡されまし
たが、遷化するにあたって紫雲がたなびいたと言います。
若い頃は学者としても活躍しており、現存する漢詩も少なくありません。

18 :世界@名無史さん:2005/03/31(木) 14:30:06 0
フランス皇后、ジョゼフィーヌの友人、テレジア・タリアンは死ぬ間際、
「私の人生は小説以上だったわ」と言ったとか言わなかったとか。

19 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 01:51:16 0
大黒屋光太夫一行に一票。

20 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 18:37:01 0
>>18
ジョゼフィーヌで思いだしたけど彼女の従姉妹エーメ・デュブック(1763-1817)は凄い人生だった。
21歳のときナントから故郷の島へ帰省するときに海賊船に襲われる。
船長はエーメの美女ぶりを感心して時のトルコ皇帝に献上、一年後息子マフムットを生む。
マフムットはのちにマフムット二世としてトルコ皇帝となりトルコの西洋化に勤める賢君となった。
フランスの片田舎のお嬢さんがトルコ皇帝の母后として尊敬されたのである。

21 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 18:44:11 0
きんたもつ

22 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 18:46:24 O
山田長政

23 :&rlo;水&lro;( ´,_ゝ`) ◆TCygujgOWY :2005/04/07(木) 18:48:20 0
ヘロニモ・デ・アギラールとゴンサーロ・ゲレーロだろ?

まあ時間が有るときゆっくり書き込むよ。

24 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 19:09:44 0
>>21
60台で現役って凄いな。
男の人ってみんなそう??

25 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 19:16:02 0
>>24
まだ20代前半だけど、俺は自信ない・・・orz

26 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 19:29:42 0
>>18
ロベスピエールぬっ殺してナポレオンとジョゼフィーヌの取り持ちしたんだって?
ジョゼの関係者ってムッチャ凄い人ばっかりだ。
(少女マンガもびっくり!!)

27 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 19:31:21 0
>>25
ガンガレ、
金さんは朝鮮人参とバイアグラで持たせたんだよ、きっと。

28 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 19:59:35 0
>>24
個人差あるけど、たいていの人は50になると急に衰える。
60過ぎて見境無しはよほどのドスケベ。

29 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 22:53:05 0
>>25
男性の性欲絶頂期は、中学生時代ではなく、実は40代らしいぞ。
↓ソース貼っておく。
ttp://www.katagiri.com/ctlg/jpgf/a/a4101.htm
まだまだこれからだ。頑張りたまえ。

30 :世界@名無史さん:2005/04/08(金) 03:47:32 0
>>27>>29
ありがとう・・・
  なんかあったかい

31 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 01:35:49 0
大黒屋光太夫にイピョーウ!

32 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 21:29:54 0
マリー・テレーズ(1778-1851、ルイ16世とアントワネットの娘)を挙げますか。
革命時、家族と共に幽閉され、家族全員と引き離される。
1795年にオーストリアにフランス兵捕虜交換の代償として交換釈放される。
このときすでに両親と叔母は処刑され弟は病死。事実を知った彼女は卒倒したという。
後に叔父シャルル10世の息子(ダングレーム公)と結婚した彼女はナポレオン失脚後フランスに帰国し
夫の父が即位した後は王太子妃となる。
その後7月革命でシャルル10世は退位、
その時(1830年8月2日)三分間だけダングレーム公はルイ19世として即位しマリー・テレーズはブルボン王朝最後の王妃となった。

終生両親と弟を自分から奪った民衆を憎み続けた人生だったという。



33 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 10:50:17 0
ドラマチックな人生送った人は本人からみれば不幸な人生ではなかったか…?

34 :世界@名無史さん:2005/04/26(火) 14:37:30 0
やっぱ溥儀だろう

35 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 17:07:46 0
宋家の三姉妹。

36 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 23:02:51 0
張騫・李陵

37 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 00:02:38 0
田舎の教師だったのにベトナム戦争では将軍になった・・・名前忘れたです

38 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 04:03:43 0
フランス革命関連ならナポレオンの隠し子だろう
若くしてアメリカに渡ったらしい
まさに小説的な匂いがプンプンする

39 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 19:46:11 0
>>37
武元甲?

40 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 19:50:53 0
>>39
赤いナポレオンね。まだ生きてるんじゃないかな。

41 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 23:18:40 0
>>39-40
この前ベトナム戦争の式典か何かにでてたね。

42 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 16:02:41 0
イラクで不明の斉藤さん。
こういう人間がいたことに結構感動した

43 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 16:05:48 0
ハイル・ヒトラー

44 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 08:48:14 0
新の王莽なんて、ドラマッチクで波乱万丈じゃない?

45 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 17:24:38 0
>>44
塚本青史の小説「王莽」なんかが原作にいいかな。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)