5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

親米親英VS親中親韓

1 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 00:11:40 0
時代を代表する戦いだと思うんだよね。
今日本は軸足を従来通りの欧米に置くか、
それともアジアに移すかで大きな転換期にある。
みんなの意見を戦わせてよ。

2 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 00:14:53 0
>>1
世界史ですか、このテーマは?
歴史も関わるが、非常に政治的なテーマだと思うんですが・・・

3 :世界@名無史さん:2005/03/28(月) 01:55:52 0
世界史板にある以上、歴史を参考に日本の将来を考えるということで

4 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/01(金) 23:56:17 0
4さま

5 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:11:30 0
親英米vs親大陸だろ
東アジア共同体をマンセーしてる人間は同時に大陸欧州の社民主義マンセー派で反米派。
日本開闢以来の対立構造だ。
律令制や儒教大好きな人間は同時に社会主義(国家社会主義と共産主義)好きである事が多い。


6 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:15:22 0
親英米派って言ったら古森とか岡崎とか中川とか居るけど
親大陸派って誰かいる?

7 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:21:00 0
というか親英米と親大陸の本質は自由主義(リベラリズム)と共同体主義(コミュニタリズム)の対立ね

明治以前だと、
自由主義=封建主義 仏教 国学(本居宣長)、徂徠学
共同体主義=律令制 水戸学 平田派国学 朱子学

ってとこかな。
明治になって西洋思想が入ってくるけど、江戸時代に教養に基礎を築いた人間がどの西洋思想を選んだか
調べてみると面白い。
大体、自由主義者になる人は朱子学に反感を抱いていたような人たちだ。
陸奥宗光、福沢諭吉が良い例。

8 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:25:10 0
>>6
日本の知識人の大半



9 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:29:10 0
親英日派=経験論
親大陸派=合理論(観念論)

インテリはカッコイイ観念論が好きだから大陸に惹かれるけど、庶民は実際的な経験論を取る。
これは日本でもイギリスでもまったく同じ。
戦後もインテリの世界では共産主義が主流だったけど、庶民は自民支持だった。

10 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:31:05 0
>親大陸派
土井たか子とか辻本とか岡田とか、いわゆるチャイナスクールとか親韓の連中だな。
ちなみに小泉は自称しているように根っからの親米派。

11 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:34:19 0
親米って言ってもアメリカはイギリスとは微妙に違うからな
大陸思想の影響も相当大きい

12 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:34:51 0
>>9
観念論が好きなのは米国も一緒じゃねーの。
中華人民共和国やソヴィエトと同じ人口国家で、
共産主義のイデオロギーの代わりにフランス革命の精神が広範に信じられてるし。
共産主義と資本主義の違いはあるとはいえ根っこは同じでしょ。

13 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:35:52 0
大陸派=他人を支配するのが好きな奴
英米派=ほっといて欲しい奴


14 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:37:54 0
大陸は宗教や観念論で国民を支配する。
なんとなく国家が成立している自然国家の日英とはまったく性質が異なる。
アメリカは最近はアングロサクソン性を失いつつあるよね。
ネオコンなんてアングロ的な寛容と妥協の精神なんてカケラもない。

15 :9:エジプト暦2329/04/02(土) 01:39:08 0
>>12
いや、だから親英日派って書いたんです。米は観念論も結構強いからね。

16 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:40:09 0
>英米派=ほっといて欲しい奴

へー。世界中に植民地を持って有色人種を下僕にしていたイギリスや、
フロンティア精神とやらでインディアンを虐殺しまくり太平洋を渡って
西へ西へと進み続けて日本人を大量殺戮した後、
現在も中東で頑張っているアメリカ様が「ほっといて欲しい派」ですか。

17 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:40:35 0
この板は素晴らしいね。
こんな煽る気満々なスレでもアカデミックな内容に変えてしまう。

18 :17:エジプト暦2329/04/02(土) 01:41:55 0
と書いた途端に煽りレスが・・・

19 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:42:36 0
明治維新の悲劇は水戸学や復古神道のようなキチガイ観念論が革命の原動力だったこと。
明治政府はずっとその爆弾を抱えていたのが、1930年代の動揺で爆発しちゃった。



20 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:43:40 0
>>17>>18
この時間帯は、あまり煽りはないですよ。

21 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:44:22 0
>>16
英は植民地にした国民の文化にはほとんど干渉しなかったでしょ?
そこが仏独と違うところ。古典的自由主義者は個人の内面には干渉しないの。
米だってバーキアンと言われるような保守本流はそういう信条を持っている。
日本に来たGHQは大陸の影響を受けたリベラルだから小うるさい干渉をしてきた。

22 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:44:57 0
よく分からんが、水戸学や復古神道といった観念論が爆発した30年代の動揺って何ですか?

23 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:46:10 0
>>22
おいおい、2.26事件も知らないのか?

24 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:47:15 0
朝日が日露戦争をマンセーした事をもって保守化したとか言ってる奴がいるが、
日本の思想対立の構造が分かってないな。
日本の対立構造は

親大陸派=親アジア主義、親儒教、親社会主義、親官僚制(=中央集権) 親全体主義、親人治主義と
親英米派=親国際主義、親資本主義、親封建制(=地方分権)、親自由主義、親立憲主義

なんだよ。
親大陸派は天皇制を認めるかどうかで国家社会主義(親ドイツ)か共産主義(親ソ連)に分かれ、
親英米派は伝統の重視の度合いで保守主義と自由主義に分かれる。

今風の言葉で言えば、反米保守は親大陸派で、親米保守は昔ながらの親英米派なんだよ。
両者は戦後、反共産主義という一点で手を組んだ訳だが、元々は水と油。
共産主義が崩壊した90年代以降、元の親大陸派vs親英米派の構図に戻っただけの話。
戦前の革新官僚や軍部の中に国家社会主義者に儀装した共産主義者が沢山いたってのは
有名な話で、この両者は天皇の扱いを除いては対立点はないから、転向は簡単。
西部邁、小林よしのりも何度も転向してるでしょ。
でも、親大陸派は絶対に親英米派にはなれない。逆もしかり。根本の思想が違う。

で、日露戦争の評価について言えば、「白人に対する被支配者有色人種の勝利」と言う点を重視するのが
親大陸派の特徴で、英米日の文明国が専制的(=アジア的)なツァーリのロシアに勝利したと言
う点を重視するのが親英米派の特徴。当時の人々はどう思っていたかと言うと、圧倒的に後者
が多いだろね。当時の一般の日本人は文明の度合いを肌の色よりも重視した。

このように考えると、朝日が日露戦争を賛美したのは何の不思議も無い。国家社会主義と共産主義
の間は容易に転向できる。そのうち、大東亜戦争の「白人支配からの解放」という面について
賞賛する日も近いだろうね。そして孫文のアジア主義の訴えだが、中国は伝統的に日本と英米との
離間を企てるのに熱心で、孫文は日英同盟にも強硬に反対していた。今の中国の日米同盟反対と同じだな。
これに東洋の王道だなんて感動してる奴は馬鹿としか言いようが無い。


25 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:49:55 0
>>23
いや知ってるけど。あれの原因が水戸学や復古神道だったの?

26 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 01:51:06 0
副島隆彦の本でアメリカ思想界の内情が詳しく説明してあるのがあった。

27 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 02:00:45 0
>>21
アメリカ合衆国成立以前の北米大陸ではイギリスやフランスの移民が
インディアンの土地を奪い、虐殺していったんじゃなかったっけ?
それとか黒人奴隷貿易やオーストラリアのアボリジニ虐殺なんかを見てたら、
「植民地にした国民の文化にはほとんど干渉しなかった」とはとてもとても思えないんだけど。
ああ、まあ確かに植民地にはしてないかもね。

28 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 02:04:59 0
>>24
コピペ乙

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/3408/newslog.htm
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1102171759/

29 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 02:06:10 0
米豪に移民したのはイギリス人の中のクズだからね。
カナダ、NZは先住民と結構上手くやってるよ。

30 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 02:09:22 0
天皇親政を言い出す奴は大抵朱子学オタ。

31 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 02:10:37 0
キチガイ観念論の爆発:
大化の改新
建武の親政
明治維新
昭和維新

32 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 02:22:38 0
つうかオーストラリアってイギリスの罪人流刑地だし、
タスマニアのタスマニアン・アボリジニーも絶滅の憂き目にあってるし…。
インド統治の初期やアヘン戦争なんかもあんまりなぁ。
やってることは親大陸派と変わらないどころか余計ひどいんでないの?

33 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 10:52:21 0
旧植民地に評判がいいのはダントツで日英だろ。
やっぱい大陸人は残酷だね。

34 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 11:08:58 0
なんだかんだ言っても、アメリカは日英以外の国と比べりゃ観念論に毒されてない方だろ。

35 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 11:19:35 0
>>33 「英」がなんだって?

36 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 11:20:40 0
ケ小平と胡耀邦は珍しく大陸離れした指導者だったなぁ。
胡耀邦時代は歴史上、日中が最高に友好的な時代だった。
おそらく二度とこういう時代は来ないだろう。

37 :世界@名無史さん:エジプト暦2329/04/02(土) 11:22:05 0
>>35
評判悪くちゃ旧植民地が自発的に英連邦に留まらないだろ。

38 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/02(土) 17:24:16 0
日本の知識人は観念論に毒されてるのが多いけど(朝日、進歩的知識人など)
韓国みたいに庶民まで観念論に毒されてはいない。
韓国人が北朝鮮の実態を知りつつ支持するのは、金日成が抗日英雄という大義名分を持っているからすぃ。
日本人から言わせればそんなことより、実際の統治の方が重要だと思うんだけどね。


39 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/02(土) 20:34:55 0
インドやパキスタンは大英帝国の後継者を自任している。
それをステータスにしている。

40 :ぢゅらさん:エジプト暦2329年,2005/04/02(土) 21:04:05 0
>>38
故山本夏彦翁は「戦前真っ暗史観」は戦前に弾圧されていた社会主義者が言い出した
「お尋ね者史観」であると呼んでいたが、
韓国・北朝鮮の「日帝時代真っ暗史観」は、植民地時代に弾圧されていた独立運動家による
「お尋ね者史観」であると考えると分かりやすい。
しかも独立運動家の多くが中国大陸やハワイ、極東シベリアなどに亡命して活動していたから
当時の植民地支配に対する認識が観念的になるのも当然。

独立後、韓国は大韓民国臨時政府、北朝鮮は抗日パルチザンが日本から朝鮮半島の統治権を
奪回したというタテマエになっているので、植民地支配のことをよく言えない。
なぜなら悪の日帝を倒したことが韓国・北朝鮮の政権の正統性の根拠となっているからである。

個人的には、植民地時代の体験を楽しげに語ってくれる韓国人の古老とかもいるが、
公的な立場で植民地時代を肯定的に評価すると社会的に抹殺される。
韓国・北朝鮮の植民地時代研究は基本的に「日帝=悪」という前提を補強する形でしか行われない。
しかし、学校では「日帝支配は世界に類のない暴政」云々と教えられていたのに、
それなのに、インドや東南アジアなんかに行って、現地の人に「韓国は日本に支配されたから羨ましい。
我々も日本に支配されてたら今頃は韓国・台湾みたいな経済大国になれたのに」
と言われて大ショックを受けて帰る韓国人は少なくない。

41 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/02(土) 22:58:21 0
日本も戦前の皇国史観や戦後民主主義のような強烈な観念論があるぞ。
こいつらが往々にしてこれまた空想的な大アジア主義を唱えて日本の国策を乱すんだよ。
親英米こそ明治以来の我が国の不動の国策なのにな。

42 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/02(土) 23:17:38 0
明治日本を作ったのはアングロサクソンだからな
朝鮮人じゃなくて

43 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/03(日) 04:20:08 O
陸軍はフン族が作ったんだな!

44 :世界@名無史さん:エジプト暦2329年,2005/04/03(日) 12:56:45 0
>>31
そういや天皇親政って言い出すのはいつも儒教の影響を受けた奴だな

45 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 21:31:10 0
こちたき漢心に心を惹かれる日本人が多くて困るね。
教育勅語なんて漢心の際たるもんを持ち出して日本精神とか言われてもなあ。
本当の日本精神とは源氏物語や和歌のようなナヨナヨしたもんだ。
つまり、アニオタこそ真の意味の日本人なのかもしれない(w

46 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 21:37:36 0
軍事的、地政学的な視点で言うと、英米派=海軍・シーパワー派で、
大陸派=陸軍・ランドパワー派ということかな。

47 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 21:41:23 0
あまり研究してる人がいないような気がするんだけど、
イギリス文明と日本文明って物凄く似ていないか?

大陸の観念論を嫌って経験主義的な態度を取ったり、非宗教的で
人間の感情を基盤とした道徳規範を持っていたり、共通点が多い。
あと、謙虚さや誠実さを尊ぶところも似ている。

それでいて知識人に大陸観念論オタが多いというのも似ている。
イギリスでも一時期はヘーゲル、マルクスが全盛だったし。



48 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 21:45:48 0
あと、社会が保守的なところもね。
保守的であると同時に進取の気性もあるのが面白い。

49 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 22:01:52 0
イギリスに似てるのは鹿児島県民だけだろ
相手が弱い→殴る、征服する、奴隷にする、搾取する
相手が強い→殴る、殴られる、友達になる、語り合う

趣味はいろいろだけど、おれは鹿児島県民きらい。山口県ばんざい、琉球独立ばんざい

50 :世界@名無史さん:2005/04/09(土) 19:18:32 0
>>41-42
ドイツは無視ですか?

51 :世界@名無史さん:2005/04/09(土) 19:49:39 0
ドイツはWW1で日本が連合国側について参戦した時に明治日本はドイツが作ったのに恩知らず!」って
火病を起こして日本人に嫌われた。

52 :世界@名無史さん:2005/04/09(土) 22:18:14 0
>>51
明治日本はドイツが作ったてのはあながち間違いじゃないだろ。
軍制はフランス式からドイツ式になったわけだし。
ただドイツだって三国干渉してるんだから、外交に関しては疎遠だったんだな。

53 :朱由檢:2005/04/09(土) 23:19:49 0
ドイツ式のシステムを導入して、ドイツ人の技官を登用したからといって
ドイツが作ったなんて誇張だね。
後発帝国主義国の方が内政干渉をうける危険性が低いから採用しただけだ

54 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 01:41:09 0
在日大使館の位置を考えれば良く分かるだろ。
日本を作ったのは英国(戦前)、米国(戦後)なんだよ。

55 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 02:10:23 0
植民地化の妨げになるばかりか、
脅威になる可能性のある外国に手を貸すほど
イギリスはお人好しではない

56 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 12:11:27 0
おいおい、帝国海軍は英国海軍の弟子だぞ。


57 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 12:33:59 0
【韓国大統領が厳しい対日批判 独紙とのインタビューで】
ttp://www.sankei.co.jp/news/050408/kok050.htm
韓国の通信社、聯合ニュースによると、盧武鉉大統領はドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネの
インタビューに「侵略と加害の過去を栄光と考える人たちと一緒に生きるのは全世界にとって大きな
不幸だ」と述べ、厳しい対日批判を行った。インタビューは8日付の同紙に掲載された。
盧大統領は「日本の態度は人類社会が追求しなければならない普遍的価値に合わない」と指摘。
根本的な問題は「日本人が過去の侵略戦争を歪曲(わいきょく)、美化し、正当化しようとすることだ」
とし、「日本が何度か謝罪したのは事実だが、最近こうした謝罪を白紙化する行動をみせた」と語った。
さらに「靖国神社を参拝することは、韓国はもちろん、中国にも大きな侮辱を加えるものだ」とし、小泉
純一郎首相の靖国神社参拝にも不快感を示した。

【盧武鉉「日本人との共存は全世界の大不幸」(フランクフルター・アルゲマイネ紙)(1/4)】
ttp://www.faz.net/s/RubDDBDABB9457A437BAA85A49C26FB23A0/Doc~EFFD2C690A9B44454824A64B884F2D197~ATpl~Ecommon~Scontent.html
韓国の大統領がドイツを訪問する際の関心は、通常は明らかに、経済協力と、統一についての
ドイツの経験にある。盧大統領はこれとは違うところに重点を置いている。彼が特に関心を持
っているのは、「ドイツがいかにして、戦争の傷を癒して克服し、欧州統合のプロセスを推進
することに成功しているのか」である。本紙との対談の中で盧大統領は、独仏の和解と欧州の
理念に特に注目している。彼のドイツに対する称賛は、異例に強い調子の日本批判とは対照的
である。直接に比較してはいないが、彼は過去の克服に関する原則の違いについて語っている。
「真に問題なのは、日本人が過去の侵略戦争を美化し正当化しようとしていることなのです。
韓国の国民感情にとって決定的なのは、美化された歴史を若い世代に伝えることを日本が続け
ている限り我々は平和な未来への希望が持てないということです。」盧大統領がドイツを訪問
している現在、日韓関係の危機的状況は当面のピークを迎えているが、その源は日本による過
去の植民地支配と軍国主義にある。


58 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 12:35:50 0
【盧武鉉「日本人との共存は全世界の大不幸」(フランクフルター・アルゲマイネ紙)(2/4)】
ttp://www.faz.net/s/RubDDBDABB9457A437BAA85A49C26FB23A0/Doc~EFFD2C690A9B44454824A64B884F2D197~ATpl~Ecommon~Scontent.html
「日本は確かに何度か謝罪しています。しかし最近の出来事は、こうした謝罪をほとんど無効
にしました。謝罪というのは、これを損なう行為がその後に行われるようであれば意味があり
ません。」日韓両政府間の最近の応酬についてこのように言及している。最も問題となってい
るのは、日本の文部科学省が木曜日に認可した、歴史を歪曲した新教科書の件である。また、
先ごろ日本の島根県が記念日の制定を通じて領有権を主張した小島についても問題となってい
る。独島(この島の名前。日本では竹島と呼ばれる)についての挑発は、何にもまして韓国で
猛烈な感情的抗議を呼び起こした。「独島は我が国にとっては、侵略戦争で奪われた土地であ
り、ようやく50年代の初めに取り戻すことができました。侵略戦争の犠牲となったこの島を再
びよこせというのは、韓国国民にとって受け入れることのできない要求です。」と盧大統領は
語る。日本では最近、盧大統領が感情を煽っているという非難が出ている。しかし、ソウルの
牧歌的な山裾にある「青瓦台」で行われた対談の中で盧大統領は、穏やかかつ慎重に目下の危
機について語り、歴史についての考えを即興で述べている。日露戦争のさなかの1905年2月22
日に日本は、所有者がいないという理由で独島を自国の領土に編入したのだという。日本人は
当時行った布告を引き合いに出すが、その布告の5年前に既に大韓帝国政府が領有を宣言して
いるとのことだ。「我が国の領有権については数多くの証拠があり、実効支配も行なってきて
います。しかし証拠の問題より重要なのは、この島が、戦争のさなかに侵略行為を通じて日本
の領土に編入されたという事実なのです。」


59 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 12:37:47 0
【盧武鉉「日本人との共存は全世界の大不幸」(フランクフルター・アルゲマイネ紙)(3/4)】
ttp://www.faz.net/s/RubDDBDABB9457A437BAA85A49C26FB23A0/Doc~EFFD2C690A9B44454824A64B884F2D197~ATpl~Ecommon~Scontent.html
盧大統領は、これ以上の謝罪を要求せず過去を問題にしないとの宣言を2003年に自ら行なった
ことを忘れたのではない。しかし盧大統領の2003年2月の大統領就任以来、日本では「主流」
政治家ら力を増してきたという。「我々は、これらの過去の事柄を論じないことを選択しよう
としました。我々は、過去を永遠に思い起こさせられたり、過去のことを常に言い立てつづけ
ることを望んでいるのではありません。幸せな過去では決して無いですから。しかし日本が今
のような態度を取り続けるなら、韓国国民は、同じような出来事が繰り返される可能性につい
て不安と憂慮を抱き続けることになるでしょう。」かつて人権派弁護士であった盧大統領は、
日本の過去克服に関する対立を、日本政府と近隣諸国とのただの論争であるとは見ていない。
「日本の態度は、全人類が共有する価値観に反するものです。」盧大統領は厳しくこう判定す
る。「他国に対する侵略行為を賛美する人々とともに生きねばならないというのは、全世界に
とって大きな不幸です。」


60 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 12:39:44 0
【盧武鉉「日本人との共存は全世界の大不幸」(フランクフルター・アルゲマイネ紙)(4/4)】
ttp://www.faz.net/s/RubDDBDABB9457A437BAA85A49C26FB23A0/Doc~EFFD2C690A9B44454824A64B884F2D197~ATpl~Ecommon~Scontent.html
盧大統領は、日本との政治的・歴史的対立をどこまでエスカレートさせようとしているのかに
ついては明言を避け、その代わりに、ほとんど悲しそうな調子で、ヨーロッパにはあるが極東
には見られない構造について言及している。「独仏間で成し遂げられた和解プロセスや、更に
は石炭鉄鋼共同体がECを経てEUへと次第に発展していったことを、私は関心と多大の感嘆
をもって見ています。ドイツが近年の過去と正面から取り組み、近隣諸国との和解に至り、そ
うした過程で生ずる内部の葛藤を克服するのに成功したことに、私は感心しています。それに
対して北東アジアの韓国・中国・日本の間には希望への兆候は全く存在しないので、なおさら
私は『ドイツのケース』や全ヨーロッパに対して尊敬の念を持っているのです。」日本が常任
理事国入りを望んでいることについて盧大統領はコメントを避けたが、ドイツについての質問
に対しては盧大統領は表情を緩めた。その表情の意味するところは明らかである。


61 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 13:19:07 0
戦前の右翼、戦後の左翼とも反ユダヤ、反資本主義、反自由主義という点では同じなのが興味深い。

62 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 13:35:34 0
反自由・反資本は分かるとして反ユダヤだっけ?それは知らん

63 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 13:37:37 0
今世紀中葉にはBRICsの時代になるよ。
アメリカはこのままの路線で行けば財政・貿易・家計の三つ子の赤字かかえて凋落するしかない。
あまり長い目で見なくても、ここ二三年のうちに1ドル50円時代が来る可能性高い。
3000点くらい賭けておこう。

64 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 13:52:07 0
戦前の右翼って陸軍とかのことか?
しかし陸軍の樋口季一郎や東条英機はユダヤ人救出のために中央と交渉してOKもらってる。
また杉原千畝が勝手に出したビザで日本にやってきたユダヤ人に対しても、
確かに政府内部での意見は割れていたが結局は黙認状態でユダヤ人たちは脱出に成功。
あと反資本主義、自由主義といわれても、アメリカだってニューディール政策とかいう計画経済をやってたし。

65 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 14:32:31 0
戦前に反ユだったのはドイツの影響をモロに受けた統制派的(国家社会主義)な人たちだな。
笠信太郎なんかははっきり「ユダヤ人根性を根絶やしにする」とか言ってるし。
皇道派(日本ロマン派)なんかは意外に親ユ。

66 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 14:32:28 0
親米反英とか反米親英という人はいるの?

67 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 14:36:19 0
俺は反米親英
戦後世界の混乱振りはアメリカの幼稚さが原因だろう


68 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 14:48:41 0
>>67
反米なのに、なぜ親英?

69 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 15:07:19 0
>>60
お前のせいで見づらいスレになっただろ
市ね

70 :67:2005/05/01(日) 15:33:28 0
>>68
立憲君主制主義者だから。アメリカ人の幼稚な君主制敵視がどれだけ
世界に不幸をもたらしたことか。オーストリア・ハンガリー帝国があれば
中欧、東欧、バルカンの混乱もなかっただろうに。
奴らは民主主義信者って点ではマルクス主義者と変わらない。

71 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 15:48:20 0
>親米反英
自分の知ってる人でこんな感じの人は居たなぁ
今のイギリスはアメリカの絞りかすで腐ったゴミとか言ってたし

72 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 17:53:59 0
それは親米嫌英であって反英とはちょっと違うような。
あり得そうなのは熱烈な共和主義者とかかな。

73 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 20:52:49 0
アメリカ人がデモクラシー、デモクラシーとわめいてるのを聞くと笑いがこみ上げてきます。
奴らに君主制国家の臣民の幸福はわからないんだろうな。
長い伝統に包まれてこそ、自由は存続し得るのだ。

74 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 22:20:48 O
藻まえら
小泉がこきんとうに頭を下げた件について。

75 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 12:40:45 0
まあ、アメリカはヨーロッパのクズの吹き溜まりだからね。


76 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 14:57:26 0
>>66

いる

日本は米の植民地、独立してないと言って
日英同盟は対等で米とは違うと言っていた

オマエは日英同盟前の英の振る舞いを勉強しろと思った

77 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 20:58:42 0
>>76は外人なんで許してやってください

78 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 16:08:18 0
同じく親英反米。米国流理想主義も相当にはた迷惑。
WW2を引き起こした事の責任は、かなりの部分戦間期の世界を振り回した米国にある。
二重帝国潰しもそうだが、二国間外交の軽視は致命的だった。
「多数国間の対話は二国間条約を補完はするが代替はしない」てことだな。
まぁ日本の国策としては、親英米で一貫しててほしかったが。

民主主義狂信者なこともそうだが、キリスト教原理主義国という点ではそれ以上に気に入らない。
キリスト教と民主主義は不可分てのがあの国の原則だし。
日本は(さすがにキリスト教自体は輸出されてないが)民主主義に教化したつもり。
中東でも同じ事をやろうとしてる。
曲りなりとも、中東唯一の民主主義国であるイランをやたら敵視するのは、
イスラム圏でよく言われる、イスラム独自の民主主義の実現ってのが、
まかり間違って実現してしまうのを潰すためだろう。

79 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 16:29:36 0
訂正。
 イスラム圏でよく言われる
→イスラム圏の人の反米発言に使われるレトリックである

イスラムと不可分の民主主義ってのもどうなるのかわからないが、
まだ見ぬ世界をどうこう言うのは止めます。

80 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 03:39:03 0
>>78
漏れも民主主義・キリスト教原理主義マンセーは大嫌い。
二重帝国の解体のような民族主義マンセーも嫌い。

ただ、WW2を起こした責任がアメリカに少なからずあるのは間違いないが、フランスの責任も忘れちゃいけない。
あの馬鹿がドイツにきつくあたったせいでヒトラーの台頭を招いたわけだ。
イギリスもヒトラーに甘くしたせいで調子に乗らせた責任がある。
ポーランドも実力も無いくせにでしゃばった責任がある。
ソ連も目先の利益でドイツと組んだ責任がある。
たしかに二重帝国の解体で東欧に力の空白ができたが、WW1の時点で二重帝国は内実ぼろぼろでいつ崩壊してもおかしくなかった。
当時としては当然の判断だっただろう。
それよりまずいのはアメリカの孤立主義だな。大国のくせにその責任を果たさない態度は問題だった。
今はひんしゅくかうくらい超大国の責任を果たしてるが。



81 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 11:42:29 0
>>80
全くそのとおりです。
特にフランスの対独厳罰主義については、列強間の講和条約の常識を逸脱する点で。
全体的にヴェルサイユ体制をどうにもならん欠陥品で、今もその後遺症は続いてる始末。
英仏のオスマン帝国解体は結果的に二重帝国解体以上に後を引いてる。
トルコが比較的安定してるのはセーブル条約を自力破棄したからで、
そうでなければ後の他の中東諸国と同じに道を歩んでいただろう。
(まともに国づくりをしようとすれば英国の協力者と呼ばれる→極右極左体制しか存続できない政治風土に)

ただ、米国に関しては、それまでの外交ルールをひっくり返すような影響力を行使しながらと言う点で、
より重大な過失だったのではないかと。
そこまで誰にも理解されてない(同意どころじゃない)自分ルールを世界に押し付けながら、

>それよりまずいのはアメリカの孤立主義だな。大国のくせにその責任を果たさない態度は問題だった。
その上で孤立主義を通したところに、当時の米国の最低の無責任大国ぶりがあったと評価してます。

82 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 14:09:25 0
日本移民排撃などで日本を徒に敵視して、日本の反欧米大アジア主義の機運を
煽ったのもアメリカの大きな過失だな。
もっとも90年代の日米貿易摩擦なんかでまた同じことやったけど。



83 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:22:31 0
つ〜か当時の日本移民ってのは現在の在日以上のDQNだったわけだが・・・。
民主国家の市民権とって出身国の君主を奉っていたら、嫌われて当然だわな。

84 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:24:08 0
>>83
一世は市民権持ってないじゃん。


85 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 18:21:48 0
>>83
禿どう。
スマステの日系人特集見たけど、あまりの日本マンセーぶりに赤面してしまった。
>>81
オスマンにしても二重帝国にしても瀕死の病人だよ。
ロシア帝国は赤になって復活したけど、一方の墺土は国のシンボル足るべき王室はグダグダでどうしようもなかった。
帝国国内の独立運動も盛んで、本国でも分離の動きがある状態。
んじゃハンガリーみたいに二重帝国の中の国とすれば解決するのかといえばそうでもない。
WW1の二重帝国軍の弱さは、その二重そのものにあった。かのヘタレアには勝てたが、ロシアにはたこ殴りにされた。
結局、実際の指揮をドイツに握られ、戦闘員の補充にはドイツ国籍のドイツ人が当てられて、大戦末期にはすでに帝国は崩壊していた。
 トルコはスルタンがもう有名無実で青年トルコ党だとかケマルみたいな軍人が実権を握ってた。
そんな状態で、WW1敗戦後の苦難を乗りきれるはずも無く、王室は追放され統一のシンボルは無くなった。

WW1開始の時点で帝国存続の可能性は薄く、WW1にまけた両帝国の解体は確定した。


86 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 21:58:37 0
最近の日系人は合衆国に対してちゃんと忠誠誓ってるでしょ
フランシス・フクヤマみたいなのがいるくらいだから

87 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 22:01:24 0
日系人は現地人と通婚する傾向が強いから、そのうち同化されて消滅するよ。

88 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 22:08:17 0
>>87
たしかに。
>>86
フランシス・フクヤマって誰かなと思って調べたらかなり電波なこといってる香具師だな。
本の紹介だけで頭が痛くなってくる。

89 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 22:11:39 0
フクヤマは典型的なネオコン

90 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 22:49:38 0
あくまで”典型的な”だよな。
アメのほとんどの香具師はそんなこと考えてないよな?

91 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 22:51:53 0
アメのほとんどの香具師は外交に興味ない

92 : ◆ALSPlGAxzM :2005/05/05(木) 04:16:36 0

>>88
一時期異様にもてはやされたんだけどね>フクヤマ
もうダメポw


93 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 16:12:57 0
>>92
アメでももう売れてないの?

94 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 10:07:30 0
イギリスの国力が復活しないかな・・・
英連邦+日本でアメリカに対抗したいのだが。

95 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 10:39:05 0
DQNだが、気分がよければいうことを聴いてくれて頼りになるアメリカと、
しばらくは付き合っていかないといけないっしょ。心の中ではああウゼーとか
思いながらもさ。
イギリスは(も)もうしばらくアメリカにくっついていくだろうから、どうでもいい。
韓国は、中長期的に見れば感情面での反日意識は和らぐ方向だろうから、
隣家と最低限は仲良くする程度の付き合いでいいのでは。
問題は中国っしょ。俺って眠れる獅子じゃね?つーか目覚めたんじゃね?
俺もっと周囲から尊重されてもよくね?・・・って思い始めてるような感じが
するんだが。

96 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 12:50:42 0
>韓国は、中長期的に見れば感情面での反日意識は和らぐ方向だろうから、

ハン板住民として言わせて貰う。
日本が逆らうのも恐ろしいド迫力の国にならない限り、彼らの空虚な憎しみはネズミ算式に増えていくだけ。
「恨」の文化をなめちゃいけない。反日は彼らの宗教なんだから。

97 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 17:06:36 0
>問題は中国っしょ。俺って眠れる獅子じゃね?つーか目覚めたんじゃね?
俺もっと周囲から尊重されてもよくね?・・・って思い始めてるような感じが
するんだが。

いや、思い始めているんじゃなくて、そう思っている
んじゃないかな。
「俺様は世界一の国なんだから万国みなひれ伏すべきだ」みたいな
考え方が、最近の反米・反日の動きを見ていると徐々に広まり始めた
ようで甚だ深刻な気がするね。

>日本が逆らうのも恐ろしいド迫力の国にならない限り、彼らの空虚な憎しみはネズミ算式に増えていくだけ。
うーん、「逆らうのも恐ろしいド迫力の国」になったらナショナリストは
余計に頭に来てしまうような気賀するんだけどね。

>「恨」の文化をなめちゃいけない。反日は彼らの宗教なんだから。
うーん、それも考えすぎなんじゃないのかね。「彼らの宗教」であるところの
朝鮮朱子学(詳しくは小倉紀蔵「韓国は一個の哲学である」参照)が
以外にも若い世代に受け継がれていないみたいなんだよな。
寧ろ庶民レベルでは黒田勝弘のレポートなどを見ても少しずつ親日化している
ように思える。

98 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 17:56:11 0
>>97
その黒田氏も韓国のメディアにつるし上げられ、日本の極右記者扱いなのですよ。

以下、ハン板黒田氏のスレより転載です。

>こないだからここで心配していたようなことが起こってるみたいです。
>「何を言っても、書いても妄言にされる」とか、
>「再入国禁止されるかも・・」とか言われていました。
>他のパネラーが歯切れよく発言されていたのに、
>黒田さんだけ言葉を選び選びで、いつもの黒田節がまったくありませんでした。

氏は韓国について知り抜き、そしてその上で愛している真の親韓派なのに・・・。
個人的にはどうにも、楽観視はしたくないな。

99 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 17:58:39 0
補足。

上記の転載部分は大阪で開かれたつくる会のシンポジウムでの様子のようです。

100 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 15:15:09 0
>>36
胡耀邦、趙紫陽は確かに偉大だが、ケ小平はただのチンピラゴロツキ。

101 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 01:08:25 0
>>97
> >日本が逆らうのも恐ろしいド迫力の国にならない限り、彼らの空虚な憎しみはネズミ算式に増えていくだけ。
> うーん、「逆らうのも恐ろしいド迫力の国」になったらナショナリストは
> 余計に頭に来てしまうような気賀するんだけどね。
>
> >「恨」の文化をなめちゃいけない。反日は彼らの宗教なんだから。
> うーん、それも考えすぎなんじゃないのかね。「彼らの宗教」であるところの
> 朝鮮朱子学(詳しくは小倉紀蔵「韓国は一個の哲学である」参照)が
> 以外にも若い世代に受け継がれていないみたいなんだよな。

すがりつく対象としての「(信仰)宗教反日」と、伝統文化と一緒にしちゃダメでしょ。
もうだれもお寺参りなんて行かないから、オウムは怖くないなんて言うくらいピント外れの意見。

それと、韓国ナショナリストの「反中ブーム」がいつからいつまでだったか調べてみ?
韓国が中国をGDPで追い抜いてから、アジア経済危機で韓国が弱体化するまでの間。
日本だって、「アメリカは日本を侵略しない」からマスコミは安心して在日米軍叩けるんだろ?
「逆らうのも恐ろしい、ド迫力の抗議団体」だった朝鮮総連は、つい最近まで
オウム幹部匿ってもスルーだったじっゃんか。

102 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 01:26:54 0
>>>いや、思い始めているんじゃなくて、そう思っている
>>んじゃないかな。
>>「俺様は世界一の国なんだから万国みなひれ伏すべきだ」みたいな
>>考え方が、最近の反米・反日の動きを見ていると徐々に広まり始めた
>>ようで甚だ深刻な気がするね。

強迫観念でしょ。
最も恐れているのは中国の体制が崩壊すること
このまま貧富の差がいつものように広まっていけば大爆発。
隣国も困るしなにより中国人が困る。
だから「俺様は世界一の国なんだから万国みなで支えて支えて!!
こんなに膨張して爆発しちゃうよ!!かまってよ助けてよ」

中国4千年の歴史を見れば明らかでしょ

103 :世界@名無史さん:2005/06/06(月) 18:47:53 0
胡耀邦、趙紫陽路線なら日中友好は可能なんだけどなあ・・・
江沢民は氏ねよ

104 :世界@名無史さん:2005/06/06(月) 19:10:14 0
中国の暴挙許すまじ!外務省の尻を叩け!!!!
↓ここから意見を送るのだ!
http://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)