5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界史の中の日本の歴史総合スレ

1 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 01:43:57 0
世界史からみた日本の歴史はどうなんでしょ。
見方の違いとか評判とか、そういうのを語りましょう。

前スレとか

日本って世界史になんの影響も与えてないよな
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1057327215/
世界史の中の日本
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1102817305/

2 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 01:45:14 0
2ゲト

3 :武芸18般:2005/05/03(火) 09:11:53 0
私は古武道を楽しむものです。参加者の年齢は幅広く15歳から90歳くらいまで!先輩の武田さんと平成4年の秋
大阪の大会で名刺交換した方(森様)が1937年の12月、南京戦に参戦されたと言う!驚きでした!当時のこと
、やはり聞きました!『南京大虐殺』目や耳にした事なし!当時の松井岩根大将から日本軍はあくまでも、武士道精神を忘れず決
して 民衆に手出しするな!中立の安全地帯には立ち入り禁止!との訓令を受けているので歯を食いしばって、凛として行動をした
との事です。 国際戦時ルールで敵を掃討する事はあっても、無差別に民衆を殺戮や略奪等は断じてなく、貧民だらけで略奪など思いも
寄らなかったそうです。中国軍よりましと思ったのか、民衆は安心したかのように、ニコニコと近寄って来たとも言って ました。
真実を歪曲した中国国民党か中京軍(八路軍)の謀略宣伝工作しか考えられないとの事でしたよ。
今考えれば、揚子江岸に中国人の漂着死体がかなりあったのは『内乱』だろうなーと言ってました。と言うのは当時、中国には軍閥政府が
3つ、あり共同で日本軍に当たろうと言いながら、漁夫の利を得ようと、表向き見方でありながら、お互いの足を引っ張りあい殺戮や略奪は
日本軍のせいに出来る。自国の兵民問わず、無秩序の暴虐を繰り返す劣等民族であったらしい!そういう国に関わった事が嘆かわしいとの事
 60年前の著書ラルフ・タウンゼント(米国の中国副領事)の暗黒大陸中国の真実を読めば中国人気質が良く分かります。
当時の南京には欧米の記者やジャーナリストや日本人の大宅壮一・林芙美子・石川達三・草野心平・西条八十・小林秀雄の作家や評論家150名
位の人達がいたが、誰一人知らなかったといってます。これが歴史の真実です!!誰かの伝聞でも憶測や推量でもありません。それがいきなり
東京裁判で浮上するなんて?10年近く過ぎてですよ!敗戦に放心虚脱で失神状態の日本国民はアッケニとられ反論もままならず、魔女裁判を
押し付けられた訳です!!正式な東京裁判をやり直しを訴えなければなりません!日本人としての誇りを取り戻すためにも!・・


4 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 21:09:47 0
海外での偏見に満ちた日本観は
やっぱり海の向こうの国々では

我々の知ってる日本とは違う、
「別の日本」の歴史が語られているんでしょうな

5 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 21:16:56 0
古いよ。

6 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:32:06 0
NYタイムズ2004年12月6日付の記事

China's Textbooks Twist and Omit History

写真解説文Chen Minghua, a high school history teacher in Shanghai,
teaches a class on China in the 1930's and its role in World War II.
"The closer history gets to the present, the more political it becomes," Mr. Chen said.

本文ここから
SHANGHAI, Dec. 5 - The history teacher maintained a blistering pace,
clicking from one frame quickly to the next, during a lecture on China's relations with
the world from 1929 to 1939 in one of this country's most selective high schools

There was Hitler, shown on parade, his hand lifted in the Nazi salute.
The teacher mimicked the gesture, to brief laughter,
announcing the year the dictator came to power,
with no pause for a discussion of fascism. Pushing ahead quickly,
he said the United States was exploiting Canadian and Latin American resources,
while Britain fed off India. Wherever it could, France,
which was dismissed in barely a sentence, mostly followed Britain's example.

7 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:32:47 0
Getting to the meat of the lesson, the teacher said
Japan decided to pursue its own longtime desire for a continental empire, and attacked China.
The presentation lingered on a famous 1937 picture of a Chinese baby
sitting in the middle of a Shanghai road amid the Japanese aerial bombing of China.
Then, moments later, the teacher announced plainly,
"America's attitude toward the Japanese invasion of China stopped at empty moral criticism."

This country has made a national pastime of wagging its finger at its neighbor,
Japan, which it regularly scolds for not teaching the "correct history"
about Japan's invasion of China in the 1930's, straining relations between Asia's biggest powers.

However, a visit to a Chinese high school classroom and an examination of several of the
most widely used history textbooks here reveal a mishmash of historical details that
many Chinese educational experts themselves say are highly selective
and often provide a deeply distorted view of the recent past.

Most Chinese students finish high school convinced that
their country has fought wars only in self-defense,
never aggressively or in conquest, despite the People's Liberation Army's invasion of Tibet in 1950
and the ill-fated war with Vietnam in 1979, to take two examples.

8 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:34:08 0
Similarly, many believe that Japan was defeated
largely as a result of Chinese resistance, not by the United States.

"The fundamental reason for the victory is that the Chinese Communist Party became
the core power that united the nation," says one widely used textbook, referring to World War II.

No one learns that perhaps 30 million people died from famine
because of catastrophic decisions made in the 1950's, during the Great Leap Forward,
by the founder of Communist China, Mao Zedong.

Similar elisions occur in everything from the start of the Korean War,
with an invasion of South Korea by China's ally, North Korea, to the history of Taiwan,
which Beijing claims as an irrevocable part of China.

"The Anti-Japanese War finally succeeded, and Taiwan came back to the motherland,"
another leading textbook states, referring to Japan's defeat in World War II
and the loss of its colonial hold on Taiwan.

"The closer history gets to the present, the more political it becomes," said Chen Minghua,
a 12th grade history teacher at the No. 2 Secondary School in Shanghai.
"So for things after the founding of the People's Republic,
we only require students to know the basic facts, like what happened in what year,
and we don't study why."

9 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:34:47 0
Although some defend the curriculum, many academics say
the way history is taught in China forces even the best teachers
to bob and weave around anything deemed delicate by the country's leaders
and leaves students confused about their own country's place in the world.

Asked what they made of the discussion of the 1930's,
one student at the Shanghai high school eagerly volunteered that
China had prevented Japan from taking over much of the world.
Another said war was inevitable.
And a third, who approached the teacher after class to pursue the discussion,
said the war had not been a bad thing,
since it had prevented Japan from becoming a world power.

Defenders of China's curriculum say that whatever its shortcomings,
history education has vastly improved in recent years.
There is more choice among textbooks, even if all textbooks are carefully screened by the government,
and once taboo subjects, like the Chinese Nationalists' contribution during the war against Japan
and even the Cultural Revolution are being mentioned, if only cursorily, in more and more textbooks.

10 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:35:25 0
Asked why Chinese textbooks do not mention such matters as Tibet's claim
to independence at the time Communist troops invaded, Ren Penjie, editor of a history education magazine in Xian,
said: "These are still matters of controversy.
What we present to children are less controversial facts, which are easier to explain."

Others said such events were too recent to be seen with objectivity,
or that the facts were still coming in, both of which are common explanations offered by Japanese historians
who defend the lack of candor about Japanese atrocities in World War II.

For his part, Mr. Ren, who took part in the 1989 protests in Tiananmen Square,
which ended in a military crackdown that left hundreds of civilians dead,
counted that event as being far too recent to touch upon.

One 1998 textbook that alludes to the demonstrations calls them
a "storm" created by the failure of leaders to stop the spread of "bourgeois liberalism,"
adding vaguely that "the Central Committee took action in time and restored calm."
The most recent edition of the same textbook is vaguer still,
speaking only of thoughts fanned by a small number of people whose aim was
to overthrow the Communist Party, with no mention of the lethal aftermath.

11 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:35:44 0
Some Chinese history specialists were less inclined to make excuses for the evasions, however.

"Quite frankly, in China there are some areas, very sensitive subjects,
where it is impossible to tell people the truth," said Ge Jianxiong,
director of the Institute of Chinese Historical Geography at Fudan University in Shanghai
and a veteran of official history textbook advisory committees.
"Going very deeply into the history of Mao Zedong, Deng Xiaoping and some features of the Liberation"
- as the Communist victory is called - "is forbidden.
In China, history is still used as a political tool, and at the high school level,
we still must follow the doctrine."

Taking the long view, though, Mr. Ge, 59, who taught high school during the 1966-76 Cultural Revolution,
when teachers were beaten and education became hyper-politicized, said things were gradually getting better.

Su Zheliang, a historian at Shanghai Normal University, who is himself the author of a new textbook, agreed.

"Sometimes I want to write the truth, but I must take a practical approach," he said.
"I want my students to learn, and I've put out the best book that I can.
In 10 years, perhaps, China will be a much more open country."

12 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:52:23 0
tp://nishio.main.jp/blog/archives/2005/01/post_82.htmlより訳文

中国国内の優秀な生徒が集まるある高校で1929年から1939年の中国と国際社会の関係を教えている
歴史教師は、次から次へとプロジェクタの画面を切り替え激しい口調で授業を進める。
パレードでナチスの敬礼をしているヒトラーの姿が映り権力を握った年を教えるが、
独裁主義についての議論は一切ない。次へと急ぎ、今度はアメリカがカナダや中南米の資源を
我が物顔に利用しており、イギリスはインドで搾取を繰り返したと教える。
当時はあらゆる先進国でこのような政策が取られていたが、例えばフランスについてはほんの一瞬で
説明は終わり、イギリスの悪行を教えるのに最も時間を割いた。

次は、日本が大陸を制圧して帝国を樹立するという永年の夢を実行に移す決断を下し、
そして中国侵略を開始したというこの授業の要点に移る。1937年に撮影されたとされる、
日本軍の空爆を受けている上海の路上に1人取り残された赤ん坊の有名な写真についての話は
しつこいほど続けられた。その後しばらくして教師ははっきりと「不埒なアメリカも
中国侵略を続ける日本を見てみぬふりをしていた。」と述べた。

13 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:52:52 0
日本は1930年代の中国侵略について正しい歴史を教えていないとクレームをつけることが、
中国にとっては国民的娯楽のような感覚になっている。

中国の歴史教育や歴史教科書には中国人教育専門家も認めるように、
近代史に関しては共産党独裁政権にとって都合のいい内容が慎重に選ばれ、
ゆがんだ歴史観が多く含まれているのが明らかである。
中国には1950年のチベット侵攻や失敗に終わった1979年のベトナム侵攻など
明らかな侵略戦争があったにもかかわらず、中国はこれまで国を守るための
自衛的な戦争しかしていないと学生は信じ込まされている。
同様に、日本が降伏を決意したのはアメリカの攻撃ではなく
中国の抵抗の結果だと信じている人が非常に多い。

14 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:53:08 0
第二次大戦の中国の勝利は「国を団結させた共産党の強力なリーダーシップによってもたらされた。」
と歴史教科書には書かれている。中国共産党独裁政権の父である毛沢東が1950年代に推進した
「大躍進」という最悪な政策の結果生じた大飢饉で、約3000万人が死んだ事実は一切教えられない。
中国同盟軍の北朝鮮による南朝鮮侵攻で始まった朝鮮戦争や、自国の一部だと中国が主張している
台湾の歴史など、学校で教えられない歴史の事実は数えればきりがない。

第二次大戦で日本が敗北し、植民地であった台湾を放棄したことは
「反日闘争はついに成功し、台湾は本土へ復帰した。」と書かれている。
上海の高校で 3年のクラスを担当する歴史教師は言う。
「現代に近い歴史ほど政治色が濃くなるから、中華人民共和国建国以降の歴史は、
何年に何があったとかいうように簡単な事実だけを知ればいい。
なぜそうなったと勉強する必要はない。」

15 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:53:28 0
中国の歴史教育を賞賛する人もいるが多くの研究者は、
中国の歴史教育は共産党指導部があまり触れたくない内容には、
たとえ優秀な教師だろうとほぼスルーすることしか許されず、
国際社会で中国がどんな立場を歩んできたのかについて生徒は謎のままである。

1930年代についてどのようなことを学んだかをきいた時、
ある生徒は中国が日本の帝国主義を防いだと答え、別の生徒は戦争は避けられなかったという。
日本の大国化を防ぐことができたためあの戦争は悪い戦争ではなかったと答えた生徒もいた。

中国教育支持派は、中には欠点もあるかもしれないが歴史教育は近年大幅に改善されていると主張する。
これまで中国国内ではタブーとされていた旧日本軍に対する戦いでの国民党の貢献や、
文化大革命についてもいい加減な内容だが触れられている。
教科書も複数の中から選択可能であると言うが、どの教科書も
共産党独裁政権の厳しいチェックを受けているのは言うまでもない。

16 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:53:45 0
西安で歴史教育関連雑誌の編集を行っているレン氏に、中国軍に占領されているチベットが
独立を要求していることはなぜ歴史教科書に書かれていないのか尋ねたが
「それについてはまだ様々な論議がなされているでしょう。我々が子供たちに伝えるのは
説明も簡単なもう少し確定した事実だけですよ。」と彼は答えた。一部の人はこうも言う。
「その出来事は最近の事なので客観的な判断が難しいし、真実はまだ明らかにされていない。
日本の歴史家でも大戦中に日本が行った残虐行為は実態が明らかでないから認められないと
主張する人がいるでしょう。」

軍の弾圧によって数百人の一般市民が殺された天安門事件に抗議者として参加していたレン氏だが、
彼の考えではこの事件も最近の出来事なので歴史的な事実として取り上げることはできない。
この件について少しだけ触れられている1998年発行のある教科書には、
この事件は資本主義的自由思想に毒されたできそこないの指導者たちが起こしたあらしのような
ものだと書かれており、中央委員会が適切な行動を取ったおかげであらしは静まったと続く。
同じ教科書の最新版でも表現はあいまいで、共産党政権の転覆を図った少数の人間に扇動されて
起きたとの説明があるだけで、その場で虐殺が行われていたなどとは微塵も書かれていない。

17 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:54:03 0
一部歴史専門家は事実と違う記述についてもう少し話してくれたが「正直なところ、
今の中国では国民に真実を伝えられない慎重な扱いを要する問題がいくつもある。」と
フーダン大学歴史地理研究所所長で以前は歴史教科書選定委員もやっていたジー氏は言う。
「共産主義の勝利と宣伝されている現在、毛沢東、ケ小平や彼らの取ってきた政策について
深入りすることは禁じられている。中国の歴史教育は今でも政治の道具で、
高校生レベルではそれに従う以外選択肢はない。」

文化大革命時に高校で教鞭をとっていたジー氏は、当時の教育は政治の道具以外のなにものでもなく
教師も皆だまされていたが、その状況は徐々に改善されていったと語る。
新しい歴史教科書の著者の一人である上海師範大学の歴史専門家のスー氏もこの意見に同意し
「時々真実を書きたくなるが実用的な表現をしなければならないんだ。」という。
「私の生徒にはきちんと学んでほしいと思っているし、私も今できる範囲で最高の教科書を
作るつもりだ。あと10年もすれば中国ももう少し開かれた国になるだろう。」

18 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:54:24 0
同内容の紹介記事−産経新聞より

■「中国教科書 歴史を歪曲」米紙報道 日本叩きが国民的娯楽

 【ワシントン=古森義久】ニューヨーク・タイムズ六日付は上海発で中国の教科書について
「歴史をゆがめ、政治の必要に応じて、修正されている」とする報道を掲載した。
同報道は中国では歴史自体が政治の材料にされているとして、
とくに日本に関しては「日本をたたくことが(中国の)国民的娯楽」と伝えた。
 同報道は「中国の教科書は歴史を曲げ、省く」という見出しの記事で、
ニューヨーク・タイムズ記者が上海で中国人の教育関係者多数から取材した結果だとしている。
 同報道は「中国では日本をたたくことが国民的な娯楽で、
日本に対し正しい歴史を教えないと叱るが、中国の歴史教科書こそ近年の歴史を
きわめて選別的に教え、ゆがんだ見解を提供している」と述べ、ゆがみの実例として

19 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 04:54:37 0
(1)中国軍はチベットやベトナムに侵攻したのに自衛以外の戦争はしたことがない、と教えている
(2)第二次大戦で日本は米国ではなく中国共産党軍により敗北させられた、と教えている
(3)一九五〇年代に毛沢東主席が断行した「大躍進」の政策失敗で三千万人も餓死した事実は教えない
(4)朝鮮戦争は米国と韓国が北朝鮮を侵略したことで始まった、と教える−ことなどをあげている。

 同報道はまた上海の中国人教育関係者らの談話として「中国では歴史は政治の道具として使われる」
「天安門事件も騒乱分子が国家基盤を危うくした犯罪行為だとされる」
「近年の歴史になるほど、共産党への配慮からあいまいにしか教えられなくなる」
という言葉を紹介している。(12/08)

20 :CNN−上海AP通信より:2005/06/10(金) 01:20:18 0
『 CNN−上海AP通信 (05/04/14)』
What Chinese textbooks don't say
( 中国の歴史教科書が教えないこと )
 中国は日本の新しい歴史教科書が戦時中の行為を省略していると批判するが、
中国自身の教科書は共産党の歴史と隣国との関係を省略している。
 上海で使われる教科書は、「日本鬼子」という侮辱的な表現を使用する。
本は1937〜45年の戦争で、3500万人が日本の残虐行為の犠牲にあったとし、
日本軍が通った場所では、どこでも放火・虐殺・強奪・略奪が繰り広げられたとする批判を繰り返している。

21 :CNN−上海AP通信より:2005/06/10(金) 01:20:49 0
 その一方では、1949年の革命以降の歴史を省略し、
中国のイメージを「非侵略者」とすることを目指している。
 1962年に国境線をめぐってインドを攻撃したことには言及しない。
1979年にベトナムを攻撃した記述もない。
1989年の天安門事件で何千もの無抵抗な民衆を殺害したこと、
1958〜61年に毛沢東の「大躍進」で3000万人が餓死したことにも触れていない。
 北朝鮮が韓国に侵入したことから始まった朝鮮戦争の原因については、
ただ「内戦が始まった」とごまかし、米国を中国領域を脅かす侵入者としている。
 真実を隠すことは、中国の計算された政治的政策である

22 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 20:32:08 0
bhf

23 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 01:26:08 0
/

24 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 02:23:45 0


25 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 14:42:59 0


26 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 13:52:12 0


20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)