5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしもヒトラーと日本が戦ったら?

1 :\(◎o◎)/! うっひょ〜:2005/06/09(木) 14:45:55 0
日本はヒトラーに勝てたかな?

2 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 14:57:04 0
どこで戦うんだよ

3 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:02:05 0
ヒトラーはソ連を占領したあと最終的に日本との戦争を考えていたらしい。

4 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:09:57 0
ifスレはもういい

5 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:14:10 0
今度はワールドカップで大和民族とゲルマン民族が戦うかも!

6 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:21:49 0
戦うとしたら、満州国境線で戦車戦だね。

7 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:23:46 0
個人対国家かよ

8 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:25:31 0
日本帝國陸軍かなりやばそー!(〇o〇;) はわわ

9 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:28:10 0
ヒトラー率いるナチス国家VS日本帝國

10 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:57:12 O
スレタイだけ見て単純に考えたら

ヒトラ-1人 VS 日本国民全員
なのかと思った

つまりヒトラ-を日本人がリンチするわけだな

11 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 17:15:23 0
>>10
いくらヒトラーでも、一人じゃ大和民族の大軍団にはかなうまいwww

12 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/09(木) 17:28:34 0
>>5 残念ながら去年の12月に行われたゲルマン民族VS大和民族のサッカー対決は、
3−0でゲルマンが勝ちました。

13 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 18:58:56 0
スレタイ藁
1億と一人で勝負したらさすがの伍長もひとたまりも無い。

14 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 19:17:24 0
ハァ?ヒトラーといえばターミネーター並の戦闘力を誇る怪物で第一次大戦では連合軍兵士864人を
銃殺した上剣で百人斬りを達成した殺人マシーンじゃん。
極東の猿が何千万群がっても勝てる相手じゃないよw

15 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 19:18:43 0
じゃあヒトラーはトキシン使用可で

16 :他版:2005/06/09(木) 19:33:20 0
>>14
そんな「神話」あんの?
興味あるな

17 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 20:44:55 0
>>15
トキシンって何?

18 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 07:17:06 0
じゃぁもし大戦で枢軸国が勝利して、
戦勝国となったドイツと日本で、
高い城の男やレッドサンブラッククロスよろしく戦ったとして、
ドイツが勝った場合、ヒトラーは日本の戦後処理をどうするだろう。
やっぱアジアに対しては欧米相手の場合ほど寛容ではないだろう
最悪、日本人はウンターメンシュつうことで民族浄化されてしまうだろうか。
あるいは核で列島ごと消滅させられちまうかな
ナチスならそんくらいやりそうな気もするのだが。

19 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:31:40 0
>>18
同感だね。ナチスドイツだったらやりかねない。
非情さでは金正日の比でない。

20 :鬼瓦:2005/06/11(土) 12:35:26 O
ドイツ海軍が日本海軍にかなうはずもなく


21 :鬼瓦:2005/06/11(土) 12:35:59 O
逆に日本陸軍がドイツ陸軍にかなうはずもなく


22 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:55:45 0
日本は陸で負けて、海で勝つ。海洋国日本らすぃ。
因みに漏れはカナズチの日本人でつ。

23 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:58:43 0
>>20
いいや、ドイツ海軍のZ計画が、ドイツのヨーロッパ完勝で達成
されれば、日本海軍では勝てないだろう。
12万t級の超巨大戦艦まで建造予定だったし・・・

24 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 13:17:13 0
>>23
ヒトラーは水上艦についてはかなり軽視してたので

25 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 13:41:16 0
>>23
富嶽とか震電とか紀伊とか出てきちゃうよ?
まぁ陸上戦力は全く期待できないが

26 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 13:49:36 0
陸上兵器なら、鉄人やら超人機やら江田島やら

27 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 15:20:00 0
>>18
ホロコーストは捏造ですから、ドイツが日本人を駆除するようなことはしません。
日本のみなさまに一時的に収容所にいてもらうだけです。

28 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/11(土) 17:22:00 0
日本のポンコツ海軍がドイツ海軍に勝つなんてww アメリカにボコボコにされてますよ

29 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:36:30 0
アメリカにやられたのは単にレーダーと暗号の問題だろ。
海軍力の問題ではない上に、海軍力そのものはドイツ軍をはるかに凌駕していた。
問題はせいぜいUボート対策だろうな。
当時の日本の潜水艦はドイツ製工作機なしでは作れなかった。

30 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:37:12 0
つかアメリカ海軍相手ならドイツ海軍はもっと早くボコボコにされてるのは間違いない。

31 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:57:04 0
日本の海軍なんて、Uボートだけでも全滅では?

32 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 18:13:52 0
ドイツのUボートなんてニ式大艇の爆雷攻撃で全滅だろ?

33 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 18:51:09 0
政治的には、アメリカのユダヤ系がこぞって日本に融資してくれ、
祖国が侵略されたポーランド系などが議会でロビー活動やってくれるから、
日本は金銭面でも物資面でもアメリカの支援を取り付けられそうな希ガス
ドイツが日本を襲うということはその前にイギリスもドイツにやられているから、
WASP層も日本に味方してくれるとオモワレ

34 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:45:06 0
つまんねスレ

35 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:47:08 0
ヒトラーと日本ってなんか比較の仕方がおかしくないか

36 :世界@名無したん:2005/06/12(日) 04:46:43 0
 結論として、押井守の人狼ワールドのごとき展開になる気がする・・・

 あれも日独戦争で原爆投下後にドイツが日本を属国にした世界。

 自衛隊や警察がドイツ軍の装備をしています。


37 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 07:39:45 0
>36
逆。

ドイツに日本が負けた→ああいう世界になった
じゃなくて、ドイツ軍オタの押井と出淵が、
自衛隊や警察にドイツ軍ぽい軍装をさせたいがために←日本ドイツに敗戦
という設定をこじつけただけ。本人がそう言ってる。
しかし魅力的な世界観ではある。

38 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 11:39:03 0
>>27
まじ?ホロコーストって本当に捏造なの?

39 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 14:57:12 0
個人対国家ではあまりにも理不尽だ。
せめてヒトラーVSヒロヒト。金網デスマッチくらいでど?

40 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:10:14 0
>>39
いいねぇ。のった。ヒトラーの方が強いだろう。


41 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:17:12 0
>>38
「ホロコースト=捏造」はいまや常識ですよ。

42 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:59:29 0
>>39
ヒロヒトみたいなもやしにたたき上げのヒトラー様が負けるわけ無いだろ!

43 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 17:03:19 0
日本 ヒロヒト
ドイツ ヒトラー
イタリア ムッソリーニ
アメリカ FDR
ソ連 スターリン
イギリス チャーチル
中国 蒋介石

史実とは逆にアメリカが一番弱そう。
イギリスは意外と健闘しそうw


44 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 19:23:20 0
日本だけ天皇はおかしいだろ。
イギリス、イタリアがデブ二人なら日本は東条


45 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 20:35:34 0
>>41
(^o^)〜アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \

46 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 20:49:39 0
>>44
それは統帥権の干犯ではないのか?(藁

47 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 20:57:49 0
>>43
こういう風に国家間の争いは代闘士制にして貰いたい、被害者が少なくて済むし
一名の生死で国家の体制がひっくり返るんなら誰も代闘士制戦争とか起こさなくなるかもしれん
>46
陛下の勅語であります「朕はもって知で争わん」

48 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 20:57:57 0
>>46
じゃあ戦時下の英国王と旧伊国王の立場は?

49 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 21:15:36 0
枢軸側が完全勝利してたら
米英ソに日独伊がなるのかい?
 確かにそうなった場合33のいうように
アメリカ=親日になりそうな気もするが・・

ナチスドイツは技術的に進んでいたのは事実だが
まして西欧という地の利はあるが・・
長期戦になった場合(つまり軍事的には冷戦双方が核を抱えてる)
経済貿易とか総合的な見地から見ると
将来性で大日本帝国が有利とも思える。

50 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 21:32:55 0
 確かにナチスの方は当時の先進国(の部類の)ドイツを本貫とし
技術的民族的にも優秀で「国家社会主義」をとったろう・・が
欧州のナチス化という大テーマが控えてて、即座に日本とどうこうは
無理。欧州・ウラル以西のロシア・中東・北アフリカを抱えて
当分は内政に忙しいはず。

 片や大日本帝国は封建社会に中途半端な資本主義が接木された
歪な状況で軍閥というお化けを抱えており
勝ってた場合・・寧ろ経済的にはナチスよりも危機的な破綻状況
になってた可能性はある。
 そうしたときに国を立て直すのにどうするか?
軍閥解体(戦争に勝ってただけに難しい)
ナチスのような国家社会主義?(うまくいくとは思えん。今日の朝鮮みたいになりそう)
 日本は強くなりすぎた軍という怪物の処置いかんで将来が決まる。
史実の終戦のように天皇と一部の有識者が英断を下すのを祈るのみ。

広大な帝国版図に(豪州とか北米とかシベリアね)バラバラに方面軍として派遣
占領地の人民に帝国臣民としての待遇を随時付加(半島ですらやったのだから米国民には)
中国の放棄
アジア諸国の独立承認と代替措置としてアジア連合を設け共同軍や共通通貨を置く。
ようは議会や軍に占領地の連中を組み入れていき
歪な民族主義に固まった旧軍閥の希釈化を計る。
この過程でユダヤ系エリートやWASP資本が日本の骨組みに入るのだから

長期的には異物を取り込んで変質した帝国がアメリカ
純潔を重んじるままのナチスがソ連
のような有様になろうと思える。



51 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:28:28 0
>>50
>広大な帝国版図にバラバラに方面軍として派遣

各地で軍閥化して収拾がつかなくなりそうだな、オイ。
独断専行は旧軍のお家芸だしな。

52 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 18:20:47 O
>>46
その言葉を聞くと、なにもせんでも辻が乱入してきそうな気がしてならない。

53 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 05:59:18 0
      i ::: ,.-'"" ヽ, i  ,'",v,..-_ ヽ   ,.. i
   i'"`.::::: i     , i =、 `- '   i =- γ"ヽ
    ヽ::::::::::. i    ソl  ヽ,_  ,.-"       i
    ヽ::::::::::::.."::::":::::i   ヽ          i
    ヽ ::::::::::::::::::::::::...ヽ -,.         ,/."
     ` i :::::::::::::::::::            i
       i :::::::::::::::::::: ,. -=−-      y
       ヽ ::::::::::::::::: ..::::       /,          呼んだか?
        ヽ :::::::::::::. ...     ..::/ i,         
        i" ::::::::::::....:::::.....:: ,..- '" ,.'"ヘ
        i ::::::::::::::::::::::   _,.. -='"  ヘ
       i :::::::::: ヽ、::: _,.-="       ヘ=-.,,__
   _,..-='",;;;; .,_   i^"   ,.-,     _,.",;;;;;;;;;;,,


54 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 03:35:30 O
チョビヒゲ野郎に負けるわけねえだろ

55 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 19:22:58 0
 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係
の維持は不可能となり、ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、
あらたな軍事的パートナーを必要とするにいたったのである。この面で
ドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が
存在した。なぜなら、両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防
経済は、ロシアとの関係悪化後、技術刷新の継続のためにも、また付加的な
輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、中国側は、ドイツから
の工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)
が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。

ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著

56 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 19:40:40 0
総統だったらきっと日本人をナチズムに染め上げてくれる

57 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/07/03(日) 00:38:39 0
海軍が主力の日本軍と、完全なる陸軍国家のドイツの争いだが、まずドイツが日本にくることはあの貧弱な海軍力から困難だね。
逆に日本軍が中国から攻めていっても陸戦ではドイツの敵でない。
ドイツのUボートが連合艦隊を壊滅させればドイツに利が出るが、兵力を日本まで上陸させるまでにはいかないだろうな。
いずれにせよ、半島での決戦となっただろう。


58 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 03:02:35 0
航空戦力を忘れている人がいるな。

59 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:33:11 0
>>58 あちゃ、航空戦力か?ナチの航空戦力はバカにできないな。ゼロとの勝負はどうなるか
興味あるなぁ。


60 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 15:32:21 0
あそこまでの反ユダヤだと米が日本につくだろうね

61 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 16:13:48 0
>>60
うん、そうそう。だってアメリカ在住のユダヤ勢力って、
政治や財界にものすごい力を持っているでしょう。
それを考えてもアメリカ政府はナチスに協力はしないッショ。


62 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 16:21:13 0
もともと反共の同士あるいは防壁であって敵でなかったはずのポーランドが
いつのまにかドイツの宿敵にされていたことから考えると、
日本だっていったんドイツと敵対したら、もう人種論から何から持ち出して、
ドイツにとって最悪の敵扱いされるよ。

63 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 00:56:03 0
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1120747679/
主人公と姉と彼女の三角関係物語
その姉は世界史板を見ているらしい
http://www.geocities.jp/vippersonals/poe/
そのまとめサイト
こっちも
http://damepo.ath.cx/list.cgi/anemoe/
81 G.Poe ◆OELXo/oCAU sage New! 2005/07/08(金) 00:12:29 ID:3t5YGCHY0
姉か。
さっき電車男見ているとき、CM中。
姉服装 ムジパジャマ上下
俺服装 ムジパジャマ上下(おそろ)
姉部屋エアコン
座椅子状態

姉「これって2chかなぁ」
俺「だろうね」
姉「2chっておもしろいよね」
俺「(!!!!!!)そうなの?」
姉「世界史のところとかよく見るよ」
俺「ねーちゃんは世界史好きだなー(他は?他は?)」
姉「好きだよ〜。ヨーロッパはおもしろいよね」
俺「書き込むの?(ドキドキ」
姉「こわいのでそれはしないよ(ニコニコ」
俺「だよねぇ・・こわいよねぇ・・」
姉「ポエは書き込むの?」
俺「怖いので書き込まない」

64 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 17:39:05 0
>>62 大体、ヒトラーのナチスドイツは自分たちアーリア人種しか
人類として認めていないんだから、日本人なんか東洋の猿人としか
見てないよ。それにヒトラーは世界征服が目的だからナチスドイツと
同等の国を最終的に認めないと思う希ガス。


65 : :2005/07/09(土) 19:47:33 0
そうそう。あそこまで反ユダヤだと
ドイツ人より遥かに優秀、優等な人種国家、アメリカとイギリスが
付くから無問題だなw
ドイツは北方人種ワナビーの劣等人種国家。

66 : :2005/07/09(土) 19:50:22 0
ルドルフ・ヘス、ヒムラー、ヒトラー、ゲーリング、ゲッベルス・・・・
劣等人種の塊だなw
恐れるに足らず。
自分たちアーリア人種しか・・・ってこれが既に幻想、妄想ですから。
残念!

ヒムラーの片腕とかいうヤツは金髪碧眼だったが、顔が東方人種だったな。
ちっちゃいころアジア系の顔を指されて「ユダヤ人!ユダヤ人!」ってバカにされた反動で
差別主義者になった。所詮ボヘミア出身のスラブ系人種だ。
ゲーリングもチビデブだし、こっけいとしか言いようが無い。

67 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:02:56 0
まぁ、しかしなんだねぇ。いくら国論を統一するためとは言え、あそこまで
よくユダヤ人を迫害し、虐殺ができたね、ナチスドイツは。あの当時、民族浄化を
実行した指導者はヒトラーだけでしょ。ヒトラーが狂っていたのかなぁ。ドイツ人
が狂っていたのかなぁ。詳しい人教えて、キボンヌ。

68 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:06:43 0
>>67
あの当時、大多数のドイツ国民はジェノサイドの事実を
知らなかったのでナチス妄信が出来た。

というのが現在ドイツの定説だそうだが。

69 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:17:00 0
>>57
Uボートで連合艦隊を壊滅させる?ふん、
仮想戦記と戦略ゲームだけで戦争を知った気になっている奴の言いそうなことだな。

70 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:19:19 0
>>68 さっそくのレスサンクス。
ということは、もし国民が事実を知っていたら、ナチス政権は倒れたかなぁ。
もしくはクーデターかなんか起きたかなぁ。なんかそのへんがすっきりしないんだよね。
まぁ、歴史にもしもはないっていうからね。ちょうどいまNHKでもジェノサイドについてやってる。


71 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:25:45 0
>>68
ドイツ国民も発狂してるっちゃ発狂してるんだよな。
虐殺は問題外としても、素面で一民族の迫害なんぞ出来るもんじゃない。

72 : :2005/07/09(土) 22:07:16 0
>>70
当時のドイツ人もユダヤ人の強制移住については知っていたよ。
回りからユダヤ人がどんどんいなくなったし、バカでも
分かるわな。ナチスがユダヤ人狩り出してたし、公然の事実。
彼らの言い訳は、どこかよその土地に住んでると思ってたって
ヤツね。回りからユダヤ人がいなくなって心地よくなった、
でも彼らだって永住の地で同胞と一緒に暮らせるからいいじゃない?って
感覚だな。本音は前者で、後者のことはどうでもいいんだろう。

いずれにしても、ドイツ国土から追い出すことを是としていたことには
変わりは無いんだよ。
生命としての死をジェノサイドと捉え、あったかなかったか語ることは
出来るが、ドイツ国土からの滅亡=ジェノサイド の考えは
ナチ高官も一般ドイツ人も共有していた。

あと単一民族の迫害なんざヨーロッパや中東などではザラにあること
だから。ユダヤ人差別も。ナチスほど合法的にシステマティックに
ユダヤ差別をした例はないだろうけどね。根の部分は他にある。

73 : :2005/07/09(土) 22:18:18 0
>>71 屠殺ってあるだろ。動物の肉は食いたいけど、動物が血だらけで
殺されるシーンは見たくないだろ。

ユダヤ人は絶滅されるべきと考えているけど、実際に手を下すのは嫌だ、
なにかよからぬ噂を聞いているけど、自分がやってるわけじゃないしむしろ
好都合、・・・そんな感覚だったかもな。
良心は期待できないだろ。
ナチスは反ユダヤ人を標榜した政党で、それで第一党になった。そして
ナチスはドイツ人に徹底的な反ユダヤ教育をやってるからな。
ユダヤ商店を襲撃し、ユダヤ人との婚姻を禁止し、ユダヤ人を大学や財界から
追い出し、ユダヤ人にバッチを付けさせた、ユダヤ人を強制移住した
・・・これらは国民の支持を
元に全て合法的に行われたわけだろ。

さらに一歩間違えてもなんら不自然じゃないな?ホロコーストがあったか
どうかは知らんが、当時のドイツ人はユダヤ人を心底嫌っていた。
だから臭いものには蓋をする、知らぬフリをする・・・で終わりじゃないか。
ホロコーストらしきこと自体、収容所風にカモフラージュして行われた
んだろ?

74 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 11:25:12 0

なるほど、なんか少し見えてきた。ドイツ人、いや、元来人間には、差別心、
虐待性があるんだね。それがヒトラーみたいな代弁者が現れて、扇動することによって
システマティックに民族浄化が行われて国民もまぁそれを見て見ない振りをするということだね。

それになんだっけ、あのベニスの商人だっけ、ユダヤ人の悪徳商人が出てくるよね。
また、聖書にもエジプト人によるユダヤ人迫害が出てくるよね。歴史的にヨーロッパや中東には
ユダヤ人に対する迫害、差別が確かにあるよね。

75 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:24:37 0
日本人もずいぶん、中国人や韓国人を虐待しましたが・・・

76 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 12:31:24 O
初耳だね

77 :世界@名無史さん :2005/07/11(月) 14:54:23 0
>>75今は逆に虐げられてるじゃん。

78 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 15:10:03 0
インド戦線では補給線の延びきったロンメル軍の進撃を山下将軍
がかろうじて食い止めるものの、シベリア方面では100万の関東軍が
マンシュタインの巧妙な作戦によって、史上空前の包囲殲滅
作戦で潰えようとしていた。
という火葬千機を書いてます。

79 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 21:42:05 0
>>78 面白いその続き聞きたい。


80 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 22:13:18 0
>>78
チハVSキングタイガー、陸上最強の無限軌道はどちらに!!!こうご期待。

81 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 16:05:08 0
>>80
なんかそーいうふうに前フリされると余計聞きたくなる。ww


82 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 16:24:50 0
前張リされると

83 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 18:39:38 0
>>80 ちょっと古いけど「バルジ大作戦」のロバート・ショー扮する戦車隊長
がパンツァーリートでも歌いながら進軍してきそうだな。(w


84 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 22:21:33 0
>>78
ドイツ軍はどうやってシベリアまで行ったんだろう。
みんなパスポート持って、シベリア鉄道に揺られながら?

85 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 19:13:57 0
みんな外国人登録証を持っていた。

86 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 20:02:49 0
那智 泉総統閣下



87 : ◆/.fjTeojqQ :2005/07/16(土) 15:59:19 0
ドイツの科学力は世界一ィィィィィィィ!!!!!

88 :世界@名無史さん:2005/07/22(金) 11:40:09 0
Heil Hitler dir!

Deutschland erwache aus deinem bosen Traum!

Gib fremden Juden in deinem Reich nicht Raum!


Wir wollen kampfen fur dein Auferstehn!

Arisches Blut soll nicht untergehn!




89 :あどるふ:2005/07/25(月) 15:56:40 0
たぶん負けてた

90 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 16:04:38 0
>>88って軍歌か何か?
ウムラウトが出せないのがイタイ

91 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 21:15:22 0
"ドイツは世界に冠たる国よ" 国歌だな。ちなみに今は1番の歌詞は問題
があり、歌われていない。

92 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 00:03:50 0
Deutschland Deutschland ueber alles ueber alles in die Welt・・・
が例のやばい国歌の一番じゃない?>>88は「ドイツよ悪夢から覚めろ」とか
「帝国からユダヤどもを追い出せ」とかなんかナチっぽい。

93 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 13:04:28 0
ナチで〜す。

94 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 17:17:57 0
>>64そのとうりだな。大体ヒトラーは日本がイギリス艦隊を破ことに対して「日本の黄色い猿が活躍しすぎる」と言ったそうだ。また、ヒトラーの著書「我が闘争」には日本人の事をこう書いている。「模倣のみに優れ、反映によってのみ輝く月のような存在」

95 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 16:04:40 0
test

96 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 16:06:58 0
ä,ö,ü,ウムラウト出たァ〜

97 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 07:00:34 0
ドイツ軍と日本軍が戦争になったら・・・・・・

まずドイツが負ける。

理由
フィンランドは元から親日国。フィンランドも対独戦に参加。
続いて、ドイツ軍に見下されまくったイタリアやルーマニアなど他の枢軸国は日本軍の強さに惹かれ、ドイツに宣戦布告。
ドイツ一国だけで、イタリアやフィンランドなどの日本側と戦っても勝てるはずがない。

よって
日本側
フィンランド、イタリア、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー

ドイツ側
なし(ドイツたった一国)

98 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 09:25:29 0
>>97
イタリアが日本側に参戦したら、日本は負けます。

99 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 11:50:44 0
>>97
日本から戦略食料のうどんとそばを大量に海路、アドリア海に送らな
ければならなくなります。でなければパスタの切れたイタ公が継戦す
るわけないし。

あのUボートが徘徊する大西洋までのシーレーンをどうなされるおつ
もりか。東條首相。

100 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 12:26:42 O
ヒトラーって確か割と親日じゃなかったっけ?
どっかにそんな話しがあったような

101 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 13:18:12 O
ヒトラーもそうだけど、ドイツ全体が親日。
日本人は「東洋のゲルマン人」って言われたくらい親日だった。

102 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 22:09:59 0
江田島平八vsシュトロハイム時間無制限金網デスマッチで決着を着けよう。

103 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/08/08(月) 22:45:04 0
おい!白人至上主義のタイはドイツ側に寝返るだろ。

104 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 01:54:43 0
>>100-101
彼は最終局面を除いて反日ですが。親中だから。

105 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 17:14:09 O
ゲーリングを"チビ"デブとか言ってるレスがチラッと見えた気がしたが、多分気のせいだろうな

106 :だつお:2005/08/18(木) 17:08:55 0
 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係
の維持は不可能となり、ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、
あらたな軍事的パートナーを必要とするにいたったのである。この面で
ドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が
存在した。なぜなら、両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防
経済は、ロシアとの関係悪化後、技術刷新の継続のためにも、また付加的な
輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、中国側は、ドイツから
の工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)
が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。

ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著

107 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 17:40:58 0
著書『我が闘争』において絶滅すべき人種として
日本人を挙げていますが何か?
日本語版では削除されていますが何か?

108 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 20:12:30 0
>>107
「我が闘争」英語版を"JAP"で全文サーチしてみましたよ。
http://www.hitler.org/writings/Mein_Kampf/

1巻第5章。
日露戦争は、すでにわたしが大きくなっていたし、また注意深く見た
のである。わたしはそこではほとんど多くの国家主義的理由から一方に
くみし、当時われわれの意見を決定するさいには、ただちに日本人の側
にたったのである。ロシア人の敗北の中にまた、オーストリアのスラブ
主義の敗北を見ていたからだ。

1巻第10章。
日本は以前、これとは違った艦隊政策を押し進めた。
日本では、原則として、新造艦一隻一隻のすべてに対して、仮想敵より優越
した戦闘力を与えることに、まったく重点がおかれたのだ。したがって、
日本艦隊がそういう風にして、攻撃的出動が可能になったのも、その政策の
お陰であった。


109 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 20:14:43 0
1巻第11章。
日本は多くの人々がそう思っているように、自分の文化にヨーロッパの技術をつけ加えたので
はなく、ヨーロッパの科学と技術が日本の特性によって装飾されたのだ。実際生活の基礎は、
たとえ、日本文化――内面的な区別なのだから外観ではよけいヨーロッパ人の目に入ってくる
から――生活の色彩を限定しているにしても、もはや特に日本的な文化ではないのであって、
それはヨーロッパやアメリカの、したがってアーリア民族の強力な科学・技術的労作なので
ある。これらの業績に基いてのみ、東洋も一般的な人類の進歩についてゆくことができるのだ。
これらは日々のパンのための闘争の基礎を作り出し、そのための武器と道具を生み出したので
あって、ただ表面的な包装だけが、徐々に日本人の存在様式に調和させられたに過ぎない。
今日以降、かりにヨーロッパとアメリカが滅亡したとして、すべてアーリア人の影響がそれ
以上日本に及ばされなくなったとしよう。その場合、短期間はなお今日の日本の科学と技術の
上昇はできるに違いない。しかしわずかな年月で、はやくも泉はかれてしまい、日本的特性は
強まってゆくだろうが、現在の文化は硬直し、七十年前にアーリア文化の大波によって破られ
た眠りに再び落ちてゆくだろう。だから、今日の日本の発展がアーリア的源泉に生命を負って
いるのとまったく同様、かつて遠い昔もにもまた外国の影響と外国の精神が当時の日本文化の
覚醒であったのだ。その文化が後になって化石化したり、完全に硬直してしまったという事実は、
そのことをもっともよく証明している。こうした硬直は、元来創造的な人種の本質が失われるか、
あるいは、文化領域の最初の発展に動因と素材を与えた、外からの影響が後になって欠けてしま
った場合にのみ、一民族に現れうる。ある民族が、文化を他人種から本質的な基礎材料としてう
けとり、同化し、加工しても、それから先、外からの影響が絶えてしまうとまたしても硬化する
ということが確実であれとすれば、このような人種は、おそらく「文化支持的」と呼ばれうるが、
決して「文化創造的」と呼ばれることはできない。

110 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 20:31:01 0
2巻13章。
「それゆえ自分自身(ユダヤ人)の独裁が始められる前にきっちり日本が絶滅
されるよう願っているのである」「イギリスの政治がなおも日本との同盟を頼り
にしようと試みているのに、イギリスのユダヤ人新聞はすでにこの同盟国に対
する戦争を要求し、民主主義の宣伝と「日本の軍国主義と天皇制打倒!」の
ときの声の下に、絶滅戦を準備するということも起こりうるのである」


これで全部ですね。嘘はいけませんよ。

111 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 12:25:02 0
>>58
航空戦力の戦いも結局、戦場となるのが洋上か大陸の上空かで勝敗が決まる
んだよね。
航続距離の短いBf109が太平洋や大西洋の上空で鬼のような航続距離を誇る
ゼロ戦と戦うなんて事になったら、ドイツ軍のパイロットたちにとっては、
悪夢以外の何ものでもないだろ。

112 :世界@名無史さん :2005/08/25(木) 19:26:08 0
作者 檜山良昭 

大戦略日独決戦  

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)