5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ドイツ潔白】ポーランド非難【ヒトラー無罪】2

1 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:14:18 0
もはや韓国非難ではなくポーランド攻撃スレと化した前スレ
「韓国はポーランドか、オーストリアか」
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112977277/
に引き続きポーランドを非難しドイツ・ヒトラーの潔白を証明する決定版スレ第2弾!!!

☆否定されざる事実☆
「ポーランドは第二次世界大戦を開戦させた戦犯」
「ポーランドはドイツを攻撃した加害者」
「ポーランドはドイツ人を銃で撃った殺人鬼」
「ポーランドはドイツ人をポーランドから追い出した強盗」
「ポーランドはユダヤ人を殺したホロコーストの真犯人」
何と、ダンチヒのポーランド郵便局には鉄板が貼ってあったのである!

このスレは正史の嘘に騙されず、真実を見極め、ヒトラーの冤罪を晴らすスレでもある


2 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:32:16 0
クソスレ2げっと

3 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:34:29 0
クソスレなわけないだろ。

ホロコーストはなかったし、ヒトラーは正しかったのは2chのデフォ。
この事実を広めるのがわれわれの使命。

4 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:35:37 0



聖なるドイツに敵対した悪逆非道のポーランドに永遠の呪いあれ!




5 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:36:24 0
ネタスレ4げっと

6 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:47:57 0
ドイツを攻撃したのはポーランド。
ドイツは防御し、反撃したのである。

7 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:55:54 0
歴史においてどっちが正義とか無いよ。無意味

8 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:57:52 0
よろしい。ドイツが100%正義だったとまでは言わないことにしよう。
しかし、ポーランドは100%悪なのである。これは譲れない。

9 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 16:59:27 0
      /  ̄ ̄ ̄ ̄ \               / \
      /          \            /    /
     /λ            \        /    /
   / / \            ヽ      /    /
  / /     \            |   /    /         /\
  / /        `ー 、       |   \    \        /    \
  | .|           ー―-、   |    \    \      /       \
  |  |               |   |      \   \ /    /\   \
  |  |        l        \ |        \        /   \    \
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=          \     /       \   ,`
 |i^.| |  ,彳てフ’   气.てフ'   | i | \       /      \       \/
 ヽ | |  ヽ  ̄'/   【   ̄ ,   |_//  \   /    /\   \
  | ||     ̄    ┃  ̄     |_l\   \/    /    \   \
  `-|      /  ┃       |   \       /       \   \
    |      | _,__i )     .|     \   /        /   /
     l      i| ||;|||||||i     |.      \/        /   /
    ヽ、   |||||:|||||||||ll  (  /                /   /
     |\   ̄ ̄二 ̄ ̄ |//^\             /   /
_ ,――|  \       / /   \          \  /
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ` '
/     |  \ _/    /    /           \
     |  /  入   /    /              \

この世の癌であるポーランド人を絶滅させることが私の生き甲斐なのだ

10 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 17:16:11 0
やっぱりクソスレ でも・・・。

ポーランドは第一次世界大戦のあと条約に反してリトアニアのビリニュスを
占領したわけだが。まあ独立後に行った悪行といえばこんなもんでしょう。

11 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 17:17:59 0
チェコだかスロバキアの一部を併合してた

12 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 17:40:10 0
>>10
ビリニュスはポーランド人の多いこの町がリトアニア赤化を狙うソ連に吸収されることを恐れてのことだね。
国際法(条約)を守るか赤化を阻止するかの究極の判断だね。

>>11
チェシンはミュンヘン会談でチェコスロバキアをドイツが併合することになることが決まったことに対し、
ポーランド人が多いこの町がドイツに吸収されることを恐れたポーランドが併合を強行したのであって、
強引だが、仕方ない判断だね。

13 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 17:51:15 0
>>12
共産主義もナチスも問題だからな

14 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 17:56:42 0
碌な隣人のいないポーランド人には同情するよ。
ところで朝鮮人は日本の小島を奪って何をするつもりなんだ?
誰か答えくれないか?

15 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 17:58:56 0
>>14
何で韓国ネタが出てくるのかわからんが、竹島は奴らの漁業権と面子の問題なんだろ
地下資源でも見つかれば万々歳ということで

16 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 01:19:34 0
結論:ドイツは悪の加害者、ポーランドは正義の被害者。

17 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 17:45:57 0
ポーランド擁護スレと化してるな

18 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 19:09:16 0
ポーランドが悪いわけないだろヴォケが。

19 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 19:22:43 0
第三者から見たら、英仏当てにしてダンチヒ返還に応じなかったのが難点。
他力本願の末路。

20 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 19:33:44 0
返還というが、戦前ダンチヒはポーランド領じゃないよ。
ただ、英仏頼みの他力本願はよくない。
先手必勝でドイツを叩き、ベルリンを占領すべきだった。

21 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 19:54:18 0
当時のポーランド軍の主力はナポレオン時代と同じ騎兵隊。
それでどうやってドイツ機甲師団と戦えと?

22 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 21:22:15 0
戦間期にリトアニア、ソ連、チェコスロヴァキアを侵略したポラックが、ドイツだけは
狙わなかったわけがない。

23 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 01:02:30 0
前スレが200レス以上残ってるじゃねえか。
どうするんだ この早漏スレ。

24 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 15:40:54 0
>>21
ピウスツキ元帥のご存命だった1930年代半ばまではドイツに機甲師団など存在しなかった
一方、ポーランドの騎兵は機動的な野砲を多数備えており、戦力を一点に集中してベルリンに突撃することは可能だった

>>22
そのとおり
ドイツを叩き潰すことがポーランド1000年の悲願である
ちなみにアーリア人種はポーランド人の方である
ドイツ人は地中海人種によって汚染されている
遺伝子の研究で証明されている

25 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 16:01:32 0
元をたどればアフリカの猿なんだから、細かい違いで喧嘩するなよ。
犬に笑われるぞ。

26 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 18:14:45 0
遺伝子を見るとドイツ人には地中海人種の血が10〜15%ほど入っているね。
同時に遺伝子レベルにおけるアーリア度はポーランドの半分くらいだ。

27 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 23:55:58 0
ポーランドはな、ものすごく景気がいいんだが、よすぎるのも問題だな。
消費者が外国製品(含現地生産)ばかり買ってしまい、国産品に見向きもしないから民族系メーカーが育たない。
国内の生産の伸びが悪いから地方によっては失業率が暴騰し、余った労働者が手っ取り早く西欧に出稼ぎに行くことになる。
このままだとポーランドの出稼ぎ労働者が西欧で疎まれる存在になる。
過去のポーランド経済の再現と化してしまうわけだ。

28 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 02:51:36 0
ヒトラー有罪

29 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 01:04:51 0
age

30 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 01:58:42 0
>>20

>返還というが、戦前ダンチヒはポーランド領じゃないよ。
ただ、英仏頼みの他力本願はよくない。

第一次世界大戦前では
ドイツ領であったダンツィヒ地方は、
ドイツの敗戦によって国際連盟管理下に置かれていた。


31 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 08:02:30 0
第1次大戦前はポーランドという国自体ないだろ


32 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 16:24:16 0
ダンツィヒは第一次ポーランド分割までポーランド領だった。
ダンツィヒはポーランドのポメラニア地方の都市であって、ドイツの東プロイセン地方ではない。
第一次大戦後、ポーランドが独立を果たしたとき、ポーランド固有の領土であるはずのポメラニア地方の都市であるダンツィヒの帰属が問題となった。
地理的・政治的・歴史的にはポーランドに含めるべきであるが、ドイツ系住民(ドイツ化した住民)が多くなっていたため、自由市として独立した。
ヴェルサイユ条約時点でポーランドに編入しておけば、問題は起こらなかっただろう。

33 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 16:47:56 0
ナチどもに聖戦を!
ボルシェビキどもに死を!
ヒトラーに死を!
スターリンに死を!

ポーランド万歳!

34 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 16:52:20 0
>>33

>ボルシェビキどもに死を!

何言ってんだ。ポーランドは共産主義国家だったのに
ボルシェビキを殺せというなら、ポーランド人は全員該当者だろ。


35 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 17:09:39 0
何言ってんだ。

第二次大戦前のポーランドは共産主義国家ではないぞ。
ヒトラーとスターリンが共謀してポーランドを分割したんだろうが。

36 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 17:42:29 0
正確に言えばダンツィヒはポーランドの都市というよりずっと自由都市だった。

1263年に都市法を獲得している。1309年にドイツ騎士団の庇護下に入り、
1361年にハンザ同盟に加盟。1454年にポーランドの庇護権下に移るが、
それでも自由都市の格は維持していた。1793年にプロイセン領になるが、
ナポレオン戦争の時は一時自由都市共和国になってさえいる。
こういう歴史的経緯が1920年に国際連盟管理下の自由都市と宣言された淵源でもある。

37 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:40:55 0
ポーランドに限らずどこの国にも共産主義者はいたが、
ソ連と隣接しているため、戦時のドサクサの中でソ連によって共産主義化され、
ポーランド人による自主的な共産化の体裁にされただけ。

38 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:13:15 0
>>36
ハンザ同盟時代のグダニスクはトルニなどとともにポーランドの宗主権下にあった特殊なハンザ都市で、
第一次大戦後の自由市とは意味合いがまったく違う。

39 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 10:11:21 0
>>38
どこらへんがどう違う?
国際連盟管理下のダンツィヒは市政上広範な自治権を有し、連盟派遣の高等弁務官は
ポーランドとの係争事案を処理するだけだった。ポーランド政府は外交上の代表権を保有し、
かつダンツィヒとの間に関税同盟を結んでいたが、市政には直接介入できなかった。
ハンザ時代のダンツィヒはこんなに自治権を持ってなかったのだろうか。

40 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 11:15:27 0
>>34
頭大丈夫?
その伝でいけばドイツの東半分の人間も全員該当者だろうがw

41 :ハンス フランク:2005/06/17(金) 21:42:10 0
ポーランドってまだあったっけ?

42 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 21:52:42 0
ハンス・フランクさん

あなた膨大な口述日記を自分の弁護に使えると思って
連合軍に提出してそれが逆に仇になったそうですね。

43 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 15:57:07 0
ポーランドは悪いと思うスレ

44 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 16:04:21 0
ナチスはポーランドや他のヨーロッパ諸国が存在する限り
永遠に悪で有り続けると思うよ。
関係のない日本人が口を挟む問題ではない。

45 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 16:08:00 0
ナチスはポーランドを侵略した後、ポーランドの知識階級をそれこそ地方の小学校の教師にいたるまで虐殺した。
日本は韓国に対してそんなことをした覚えはないぞ。

46 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 16:48:02 0
>>45
確かに「日本は戦後賠償におけるドイツの態度を見習うべきだ」
なんてトンチンカンな意見を聞くと腹が立ってくる。
いくらなんでも、ドイツみたいなDQN国家と一緒にして欲しくない。

47 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 17:31:06 0
もし、第二次大戦後、連合国が、九州を韓国に編入していたら、
どうなっていたか、想像すると良い。
九州の住民は、沖縄の場合と同様、日本への復帰を求めて
運動しなかっただろうか?日本政府は、韓国政府に、九州返還の
交渉を申し入れなかっただろうか?
そして、もし、韓国が、そうした住民の声や日本政府の申し入れを
頑なに拒否し、九州住民を迫害したら、果たして、日本は、絶対に
戦争に踏み切らなかっただろうか?そして、もし、日本が、最終的に
九州奪還を目指して韓国に宣戦した時、アメリカが日本に宣戦し
たら、韓国とアメリカに正義があると言えるだろうか?

48 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 17:34:40 0
もし、1939年、ドイツがポーランドに宣戦した事をもって
ドイツを非難するなら、日本人は、九州が韓国に編入され、
韓国が、九州返還交渉を頑なに拒否した場合、韓国を批判しては
いけない。九州を黙って韓国に渡さなければならない。

49 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 17:39:42 0
九州には大した数の韓国人は住んでないだろ。
韓国人と日本人が九州に混在しているような状態でなければ
その話は前提からしておかしい。
馬鹿名誉ドイツ人の妄想に過ぎない。


50 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 19:17:03 0
>そして、もし、日本が、最終的に
九州奪還を目指して韓国に宣戦した時、アメリカが日本に宣戦し
たら、韓国とアメリカに正義があると言えるだろうか?

言える。道義上も国際法上も先に手を出した日本の負け。
この場合今度こそ日本国家は解体されて戦勝国(米韓+?)で
分け取りにされたであろう。そんなことにならなくて良かったね。

51 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 19:36:10 0
>>48
ダンツィヒと九州じゃ面積が違う、人口が違う、
それに九州は未だかつて一度も、韓国領だったことはないが、
もともとダンツィヒは作られた当初ポーランド領で
14世紀にドイツ騎士団がだまし取ったもの。

いくらなんでもたとえが不適当だろ?

52 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 19:40:12 0
敢えてたとえるなら、竹島の所有権を巡って、
韓国と対立し、北朝鮮と密約を結んで韓国に侵攻し
韓国全土を北朝鮮と分割してしまうようなもの。

まあ、竹島も一度も韓国領だったことはないんだけどさ。

53 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 20:48:05 0
ポラックは東プロイセン、ポンメルン、シュレジエンを返還しろ。

54 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 20:49:46 0
>>53
なにファビョッてんの?

55 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 20:57:39 0
新東プロイセンと、南プロイセンと、新シュレジエンも返還すべきだな。

56 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:15:08 0
>>51
回廊を忘れてはいけないよ。

57 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 13:26:47 0
ドイツ潔白
ヒトラー無罪

これ定説。

58 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 16:56:48 0
>>57
おいおい、定説たぁライフスペースかよ?
前からカルト宗教じみてるとは思っていたんだが、
本当にカルト信者さんだったんだね。

59 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 18:28:30 0
「定説」という言葉はライフスペース以前にもあったということを知らんのか?

60 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 20:08:12 0
>>59

もちろんそんなことくらい知っているが何か?
自分の主観あるいは妄想・願望を「定説」と称して
恥じない神経が、ライフスペースの高橋某そのもの
だと感じたまでの話だ。

まあ、所詮、君がドイツという不可侵にして無謬の神を
信仰する信者である以上、こんな皮肉は通用しない
ってことなんだろうね。

61 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 20:58:36 0
ポラック(笑)

62 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 21:11:53 0
■ヒトラー 〜最期の12日間〜
The Down Fall

監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
CAST:ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ラーラ
公開:2005年夏、シネマライズ他全国順次ロードショー

ナチス・ドイツの首都ベルリンをソ連軍に包囲され、地下壕で
愛人のエバ・ブラウンや腹心の部下らと最後の12日間を過ごす
ヒトラーの姿を描く。戦後初めてヒトラーを「涙も流す感情の
ある人間」として描いたことにより大きな注目を集め、議論を
引き起こした大作が日本公開決定。今年度のアカデミー最優秀
外国語映画賞にもノミネート(惜しくも「海を飛ぶ夢」に敗れる)、
リアルな当時の戦時下のベルリンの再現や、ヒトラーを演じた
ブルーノ・ガンツの熱演も賞賛を浴びました。

公式サイト
http://www.hitler-movie.jp/

予告編見たけど期待が高まってきたよ。


63 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 23:29:55 0
>>45

>ナチスはポーランドを侵略した後、ポーランドの知識階級をそれこそ地方の小学校の教師にいたるまで虐殺した。

これって、本当の話なのか?
それとも、捏造なのか?
しかし実際、ポーランド人もドイツに協力してた
ポーランド人の保安警察部隊とかあったし。
そもそも、そこまで知識人を虐殺したら
ポーランド語自体、消滅するんじゃないのか。

>日本は韓国に対してそんなことをした覚えはないぞ。

韓国人に言わせたら、ナチスドイツよりひどかった、とか言うだろ。
自分の都合のいい意見ばかり聞いていてはいかんだろ。

そもそもポーランドは共産国家だったから、韓国じゃなくて
北朝鮮の方が表現としては正しい。
つまり、北並みの情報操作がなされている。
と考えるべき。

64 :暴れん坊教員 ◆DxURwv1y8. :2005/06/24(金) 23:47:48 0
>>63
それはカチンの森事件の話ではないかね。
ソビエトは虐殺したのはナチスの仕業だと主張していたものの、
結局今では色々な証拠からソビエトが真犯人だったというのが通説になっているんだが。

65 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 23:52:25 0
>>64

カチンの森事件はスターリンや共産党幹部の
命令書なども発見されているからねえ。
ちなみに、ニュールンベルク裁判でもドイツの
弁護側が、ドイツの犯行じゃないと否定していた記憶が。


66 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:01:28 0
>>46

>いくらなんでも、ドイツみたいなDQN国家と一緒にして欲しくない。

アイヌ人の絶滅はどうした?
さすがのナチスドイツでもそこまではやってない。
WW2のアジアの占領地でも、日本人以外は絶滅させる予定だった。
ドイツより悪。

67 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:05:01 0
そーす出しな。出るわけないがな。
アイヌは今でも 居 ま す が何か?

68 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:23:20 0
>WW2のアジアの占領地でも、日本人以外は絶滅させる予定だった。

是非ともその「予定」とやらについて教えて貰いたいモンだ。

69 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:27:37 0
>アイヌ人の絶滅はどうした?

http://www.ainu-assn.or.jp/about01.html
>社団法人北海道ウタリ協会(以下「協会」という)は、北海道に居住している
>アイヌ民族で組織し、「アイヌ民族の尊厳を確立するため、その社会的地位の
>向上と文化の保存・伝承及び発展を図ること」を目的とする団体です。

彼らはアイヌ民族を名乗る詐欺師なんですか?

70 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:33:03 0

  「畜死撤也」が「ニュース23」でやっていたな。
  戦後50年余り「沈黙を守っていたヒトラーの個人秘書」
  が初めて明かした「ヒトラー最後の12日間!」

   「無い様」は間違い、脚色だらけの怪しげな代物。
  ヒトラーを「人間」として描ける限界だそうだ。まだ
  ユダヤ系の「ウォー・ギルト・コミッティー(戦争贖
  罪摺り込み委員会)」の洗脳が効いているな。

71 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:35:19 0
数億単位の人々をどうやって殲滅させるんだろうか。
日本人を避難させた後でアクシズでも落すのかな?
うーん興味は尽きない。

72 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:35:37 0
どちらかといえば「ヒトラーの春」を見たい 

73 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 04:58:17 0
ドイツでソルブ人の絶滅計画はあったよ。
ヒムラーは東方に強制移住するつもりだった。
初期の方針はドイツ人化による民族的消滅だったが、
ヒムラーは気に入らなかったのだろう。

しかし民族人種は違ってもドイツ人という名目があったため
やれなかった。ラインラントのニグロ混血児も同じ。

74 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 07:56:28 0
つーかこの前スレ
日本語覚えたてのドイツ人やらポーランド人やらが混ざってるように思えてならんのだが
世界史板で議論できるような知識量を獲得するほど広範に本を読んでいる人間が
日本語は不得手ですってどういう状況なん?

75 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 08:46:43 0
>>73
一次資料は?

76 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 08:54:43 0
>これに対して南米では日本人は一括して差別される。チーノといわれて。
すごい遅レスだが
おいおいおいおい、何十年前の話をしてるんだ???
今は戦後すぐの日系人といえば収容所入りの時代じゃないんだぞ
戦後世界では南米の日系人は他民族を圧倒するような異常な勤勉によって
医者や教授など社会の上流階級に属するポストを獲得していき、
アジア系人種のなかではほとんど差別を受けない部類になってんだぞ

77 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 10:24:47 0
>>75
紀伊国屋にあった分厚い本。著者はドイツ人。題名は忘れた。

78 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 11:31:44 0
紀伊国屋w

79 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 13:41:08 0
紀伊国屋ってw

80 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 14:25:37 0
>>63
あの保安警察ってのはポーランド人といってもほとんどドイツ系ポーランド人だろ。
ポーランド系ポーランド人もいたらしいが、レジスタンスに殺されたと書いてある。

ポーランドが共産主義だったのは1989年までで、それ以前にすでにポーランドでは言論の自由は認められていたぞ。

81 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 14:26:38 0
>>76
白人の多いブラジルやアルゼンチンではいまだに何かといえばすぐ差別されてるよ。

82 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 15:11:50 0
>>58
57は明らかにネタ、あるいはライフスペースを揶揄して
「ポーランドがDQNでも、少なくともドイツが潔白なわけ無いだろ」
という雰囲気を僕は感じます田。

でも59=57だとしたら漏れの誤読。

83 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 21:51:32 O
81
いやそれは黄色人種全般に対してでしょ?
日本人が特に差別されるなんて聞いたことないよ
それ以前にブラジルなんかは人種より財産での区分けが明確だから
人種差別なんてほとんどないだろ
白人が多い国だからって適当いうなや

84 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 23:46:40 0
>>80

おいおい、協力者はみんなドイツ系か?
冗談言うな。
実際は、ポーランド人みんなが、親独的で協力していたに
決まってるだろ。
終戦になってから、私は反独でした。とか言うんだよ。
フランス人とかもそうだろ。

SS第33武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」はフランス人の部隊。


85 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/06/25(土) 23:58:44 0
しかし、珍しいほどの糞スレだね。

86 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 00:01:06 0
>>85
貴様が書き込んだお陰でな

87 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 18:43:41 0
                              ______
 _____ \ヽ┌┐ \\  // □ □ │ _  │
 |___  / ┌─┘└─┐ ┌─┐  ││  |  /  | │
     /  / │┌──┐│ └─┘  ││  /__/  |  |
\    /  /  └┘   / /  ┌─┐  / /      |  |
\  /  \      / /  └─┘ / /     __/ /
\ / /\ \   / /       / /     |_/
\  ̄     ̄     ̄         ̄
<        __    ___             > //
<     /)||    ヽ=卍=ノ    ∧_(\      > /
<     | |・∀・) ◯ (`┛┗´)◯ (´∀`| |      > /
<      ( | |)   \ 卍  /  (     )    > /
<   /|___|    |⌒I │   く く\ \    > \
<  |_)|_)    (_) ノ     (__)(__)   > \\
///     ///   し  \\\    \\\\\\     
///_  _             ┌┐┌□ □ \\\\    
// / / │□ □ | ̄|  / ̄| ┌┘└┘└┐  /  ̄|\    
/  / / ││     ̄ / / └┐┌┐┌┘ /   /\
/ / /  ││ | ̄|/ /      └┘ | |  |_/|  | \
 / /   ││ \  /         / /     |___| \\
 

88 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 23:25:28 0
SS第33武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」!!
向こうのスレ ミタヨ
はずかちぃ!! w

89 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 00:32:20 0
軍事板にてここの1がボコボコにされた模様。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1119592386/
なんつか、頭弱いぞ。

90 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 01:18:42 0
>>89
別にぼこぼこにされてないと思うが。


91 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 15:08:14 0
>>84
馬鹿だね、アンタ。
そういう資料を見て協力者がポーランド人だと思っているのかね?
ナチ協力者の構成員はドイツ人だよ。ドイツ系ポーランド人。
戦前のポーランドにどれだけ多くのドイツ系住民がいたか知らんのかね?
これらはみな国籍ではポーランド人だったのだよ。

92 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 20:48:50 0
私は、繰り返し次のようなボードを読んでいた。
「大ドイツ帝国成る。オーストリア再びドイツのもとに」

私の傍らの一人の紳士が、私に語りかけてきた。
「なぁ、坊や。君は誇りに思っていいんだぞ。我々は偉大な時代に生きているんだ」
私も、そのように感じた。ドイツの国力の増大に、私達は感嘆の念を抱いていた。
私達は、偉大な時代に生きていた。
そして、その時代の創造者、その保証人はヒトラーその人であった。


                         ――当時少年だったドイツ人の回想録より



93 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 21:49:22 0
ポラック(笑)

94 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 23:31:59 0
>>91

都合が悪ければ、ポーランド人でもドイツ人。

例:ワルシャワ蜂起の鎮圧側最高司令官の
エーリヒ・フォン・ツェレウスキSS大将(ポーランド貴族出身)

都合が良ければ、ドイツ人でもポーランド人。

例:ニコラウス・コペルニクス(Nicolaus Copernicus)


これが、ポラック・クオリティー

95 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 23:46:14 0
でも、今の韓国に近いのは、ポーランドよりむしろナチスドイツじゃないか?
もし韓国の経済がボロボロになって、
「悪いのは全て日本人だ。排除しろ!殺せ!」みたいなことヒトラーみたいな奴に言われたら、
その状況の韓国国民なら簡単に扇動されそうだ。

96 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 23:58:28 0
>>95

論点はずしに必死だなW

97 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 14:26:39 0
>>94
そりゃ違うな。
代々その国に住んでいたらハイフン付でなくなるのがヨーロッパ文明社会。
だから、ツェレウスキは民族的ドイツ人。コペルニクスは民族的ポーランド人。
ヴェルサイユ体制でポーランドに編入された土地に住んでいたドイツ系住民は、
ポーランド社会に全くなじまずに住んでいたから、ドイツ「系」となり、民族的ドイツ人。
ポーランドになじまないどころか、兵役・納税を拒否し、ドイツと組んでポーランドで蜂起を起こしたり、
スパイ活動をやったりと、このドイツ系の連中はやり放題の危険分子、ギャングだった。

98 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 21:28:52 0
まあプロイセンのユンカー達にはスラブ系の先祖を持つものもいたけど、彼らは自分らをドイツ人と考えていたし。
宗教だってポーランドのようなカソリックではなくてプロテスタントだったしな。

ドイツはドイツで遠い先祖がそうだというだけで、ドイツ語も話せないような東欧の「民族」ドイツ人を武装SSに無理やり入隊させていたりする。

99 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 23:09:23 0
>>98
それは末期の手も足も出なくなってからのことでしょう

100 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 23:50:11 0
100ゲットラー

101 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 01:06:37 0
>>95
まあナチスじゃなくても戦前に中国は
実際に「日本人を殺せ運動」をやったわけだが。

102 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 01:42:17 0
>>97

そりゃ全く逆。
真実はこうだった。

第二次大戦を目前にした1939年の夏、ドイツ・ポーランド関係は悪化し、
特にポーランド西部に古くから定住していた約100万のドイツ系住民に対する
ポーランド人の迫害行為が頻発した。 
オーデルナイセ河の西側も含め、中世初期からスラブ人が進出したとされる
すべての地域の併合を考えていたポーランドの「西部支援協会」は、特にラジカルだった。
1939年8月21日までに、およそ7万人のポーランドのドイツ系少数民族が
彼らの古くからの移住地を追われ、離れた。
(彼らはドレスデンやシレジアの各施設に収容された)
8月に入ると、ドイツ系住民に対する暴力行為はさらに増加し、双方に不安と不信がつのった。
ポーランド政府は、ドイツ系住民が妨害工作と破壊活動を準備していると非難する。
ドイツ系住民は支援と援助をベルリンにもとめた。 
(文藝春秋:世界戦争犯罪辞典より 2002年度版) 


103 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 17:22:50 0
>>102
1939年8月のことだと、その世界戦争犯罪事典の記述は完全に捏造だぞ。
文春に誠意があるなら、即刻再調査し、訂正しなければならない。

戦争の危機が迫っている中、ポーランド各地でナチス武装SSに扇動されたドイツ人第五列の暴動が頻発し、
警察だけでなく、軍も出動して治安維持に当たった。
ドイツ系住民の一部は混乱状態を避けドイツに一時避難した。
これをもってヒトラーは、ポーランド人がドイツ系住民を迫害しているという嘘のプロパガンダを展開した。
というのが正確なところ。

104 :世界@名無しさん:2005/06/29(水) 17:55:43 0
第2次大戦とは関係ないけど
この前、ニュースでイラクに駐留しているポーランド軍が
イラクのバビロン遺跡内で戦車を乗り回して貴重な遺跡や出土品を壊して
しまっているらしい。

105 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 17:58:00 0
それで?

106 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 18:00:51 0
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1091097978/

このスレで、やまとかいうドイツコンプのキモイおっさんがポーランドのことを野蛮人と罵ってます


107 :ヽ( ゜ 3゜)ノ:2005/06/29(水) 20:33:55 0
高校の期末テストで「ヒトラーが現代社会に生まれる危険性」というテーマで作文を書くことになったんですが自分はヒトラーについてあまりよく知らないので誰かこのテーマについて参考になるような事を教えてくれませんか?
むしろ400字程度の分を作ってみてくれませんか?
本当にお願いしますペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

108 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 20:42:12 0
「ハイル、ヒットラー!」を40回繰り返す>>107

109 :ヽ( ゜ 3゜)ノ:2005/06/29(水) 20:45:22 0
それ本当にに書いたら何点くらいもらえるかな?w

110 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 21:15:49 0
じゃあ、37回に減らして、最後に
「以上のように思考停止した若者を現出せしめる危険性がある。」(28字)
で締める。

111 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 01:29:16 0
>>107
代筆するほどヒマじゃないが、マジレスすると、現代社会といっても広い。場所によってはありえるんじゃないか。
しかし仮にヒトラーが現代にいたとしても、市井でフツーに暮らしている限りは全然問題ない。
問題は、現在の日本や欧米で「ヒトラーのような人物」が権力を握る可能性だが、それは
まずゼロに近いんじゃなかろうか。

112 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 14:58:12 0
>>104
ポーランド軍は、バビロンでは戦車など重量のある軍用車は使用していないと反論している。
ポーランドの考古学者たちが軍の警護の下バビロンの発掘調査を優先的に行っていることに嫉妬した他国の学者が
ポーランド軍がバビロンを破壊していると主張している。

113 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 16:31:53 0
>>112

じゃあ、装甲車で壊しまくっている可能性はあるって事だろ。


114 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 23:48:18 0
第二次対戦でのポーランドは
こんにち考えられているような同情すべき「羊」ではない。
彼らは自分たちを「狼」と考えていた。

当時のポーランドは詩文の国を「列強の一角」「強国」と捉え
今回の戦乱をポーランドの勢力拡大のチャンスとしていた。
フランスからマダカスカル譲渡を要求したり。
ルーマニア、チェコ、リトアニアなどからドサクサにまぎれ一部の領土を獲得したり、
ドイツの要求に常に強気の姿勢で望み、ドイツがせめてきたら二ヶ月でベルリンを占領してやる。
東プロイセンを奪いとってやると凄んだりで実力はともかく意識はドイツやロシアと変わらない国家であった。

こんにち考えられているような羊のような国家ではなかった。
こういう国家が第二次対戦でひどい目にあっからといってそんなには同情できない。
次分たちで首をつっこんだ戦争でひどい目にあっただけ。

115 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 23:51:26 0
第二次対戦でのポーランドは
こんにち考えられているような同情すべき「羊」ではない。
彼らは自分たちを「狼」と考えていた。

当時のポーランドは自分の国を「列強の一角」「強国」と捉え
今回の戦乱をポーランドの勢力拡大のチャンスとしていた。
フランスからマダカスカル譲渡を要求したり。
ルーマニア、チェコ、リトアニアなどからドサクサにまぎれ一部の領土を獲得したり、
ドイツの要求に常に強気の姿勢で望み、ドイツがせめてきたら二ヶ月でベルリンを占領してやる。
東プロイセンを奪いとってやると凄んだりで実力はともかく意識はドイツやロシアと変わらない国家であった。

こんにち考えられているような羊のような国家ではなかった。
こういう国家が第二次対戦でひどい目にあっからといってそんなには同情できない。
自分たちで首をつっこんだ戦争でひどい目にあっただけ。

116 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:35:10 0
第二次大戦後、ポーランドは、ドイツから奪った領土問題、追放問題を正当化する必要があったが故に、
さらには、ソ連がそのポーランドを含めた東欧支配を正当化する必要があったが故に、ポーランドの
対ドイツ関係史は、ドイツに対する一方的な「被害者」としての「神話」が形成された。
                        (戦後のタブーを清算するドイツ より)


117 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:52:06 0
ポーランドはダンチヒに限らず、シュレージエン、ポンメルンどころか、オーデルナイセ以西の土地も念頭にいれた対ドイツ領土を狙っていた。
従って、ヒトラーのダンチヒの管理権要求をはなから受け入れるつもりはなく、散々、ドイツに対して、挑発や嫌がらせをしたあげく、
戦争にもちこみ領土確保の目的を達しようとした。 ドイツの力を弱めることに協力的なイギリスの支援を受けてだ。
事実、戦後ポーランドは自分の希望に近い領土をドイツから得ただけでなく、そこのドイツ住民に対して、5kg以内の荷物を持って
6時間以内に家、土地、財産を置いて出て行けの命令を発してドイツ人を根こそぎにした。 その先の悲劇は歴史の示す通りである。

戦後、ポーランドは戦前、戦中、戦争直後のその暴虐を極めた自らの歴史を、以下のようになる様に努めた。

この領土問題、追放問題を正当化する必要があったが故に、さらには、ソ連がそのポーランドを含めた東欧支配を正当化する必要が
あったが故に、ポーランドの対ドイツ関係史は、ドイツに対する一方的な「被害者」としての「神話」が形成された。

変わってきたのは、ポーランドがドイツに押し付けてきた、戦争中のユダヤ人虐殺(いわゆるホロコースト)が、実際には捏造や、
自分たちの行為であったことが、明らかになってきてからである。
ポーランド人は戦中、戦後も、ドイツ人、ドイツ系の避難民(ソ連軍に追われるものも含め)に対し多くの犯罪を行っているが
これらの多くはまだ闇に包まれたままである。
(戦後のタブーを清算するドイツ より)


118 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 15:50:43 0
ポーランドは1935年以前はドイツを敵とはみなしていなかった。
実際に敵と認識するようになったのは1938年からだろう。
それにドイツに負けるのはいいんだが、その後のドイツの占領政策が国際法違反のひどいものだったからな。

119 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 02:31:36 0
>>118

>その後のドイツの占領政策が国際法違反のひどいものだったからな。

具体的に何よ?
虐殺云々の話は聞き飽きたぞ。
ポラックは嘘つきだからな。
おまけに共産国家と来ている。

120 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 09:36:08 0
白人男性以外は、恋愛対象になりません!
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1086097140
白人男子とセックスする会(女性専用スレ)
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/21oversea/1100749045
外人顔になりたくて整形。。。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1038476775
白人の男性があゆ可愛い結婚したいとか言っていた
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/ami/1088760695
彼女を外人に寝取られますた
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/break/1091903584
彼女が外人好き!
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/furin/1092755625
ドイツ人の男の子はかっこいい
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1045235122
ドイツ人は日本人好きって本当?
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/world/1100842011
ドイツ人と日本人は似ている
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1073484669


121 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 19:11:16 0
ここの>>1って確かにポーランドの非難はやっているけど、
ドイツの潔白やヒトラーの無罪に関してはまったく言及していない。
第二次大戦の原因は、それこそ、チェコ併合に際してのヒトラーの二枚舌外交が
招いたドイツの国際的孤立ドイツ軍のポーランドに対する全面侵攻と
さらに、戦争の開始を前提にした無謀な経済政策だったというのに。

122 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 21:37:53 0
独ソ戦を自衛のための予防戦争だったなどという基地害はたまにいるが、
さすがにポーランド侵入を正当防衛と称するアフォは見たことないな。

123 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 22:31:06 0
WW1の敗戦によるオーストリア帝国の解体によって生まれたチェコスロヴァキアは
複雑な民族的な対立を抱えた多民族国家であり、全人口の23.3%を
ドイツ系チェコ国民が占めていた。
とりわけ、ドイツとの国境地帯に帯状に広がるズデーテン地方は
歴史的にも地理的にもドイツ文化圏に所属しており、この地域の人口の
98%を占めているドイツ系住民は当然、チェコからの分離と
ドイツへの復帰を望んでいた。
ドイツがズデーテン地方の返還を主張し始めると、イギリス、フランス政府を含む
ヨーロッパの列強国ですら、このドイツの主張には歴史的な根拠が十分にある
と認めていたのである。

ミュンヘン協定では、ズデーテン地方が分離した後のチェコスロヴァキアの
残った領土については、保全されることが定められていた。
ところが、この分離によってチェコ中央政府の権威は失墜し、ドイツ人以外の
国内少数民族の分離独立活動も活発となった。
こうしたチェコの国家的な解体状況に乗じて、ポーランドが軍事侵攻を企て
テッセン地方を併合し、ハンガリーもルテニア地方及びスロヴァキア併合を企てようとした。
スロヴァキアは独立を宣言し、ドイツ政府はスロヴァキア、ハンガリー、
ポーランドによる併合を恐れ、チェコ政府の合意の元で併合を行った。
こうしてチェコスロヴァキア共和国は解体して、チェコ部分には
ボヘミア・モラヴィア保護領が成立し、スロヴァキアはドイツの保護国となったのである。

チェコ併合をまとめると。
1 併合はチェコ政府の合意の元で合法的に行われた。
2 ドイツが併合しなくても、いずれにせよチェコはポーランドやハンガリーに
併合され消滅していた。
3 チェコはもともとオーストリア領であり、ドイツ・オーストリアからなる第三帝国が
併合を行ったのは、元の領土に復帰したのと同じ。

チェコ政府自身が合意している以上、併合は全くの合法である。

124 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 22:33:58 0
第一次世界大戦前ではドイツ領であったダンツィヒ地方は、ドイツの敗戦によって
国際連盟管理下に置かれていたものの歴史的に見ても明らかにドイツの領土であり、
また住民の96%はドイツ人であった。

ポーランドが占領していたポーランド回廊は東プロイセン地方をドイツ本国から
切り離し、そのせいで極めて不安定な状態にあった。
さらに、ポーランドに在住するドイツ系住民は少数民族として、
迫害を受けていた。
それに対しヒトラードイツの要求は、ポーランド側がダンツィヒを返還し
東プロイセンとドイツ本国とを結ぶ鉄道と自動車道路を
ポーランド回廊に建設することを認めてくれれば、ドイツ側は
ポーランド回廊とポーランドの西部国境を保障するという、
寛容なものであった。
これは、ドイツにとって屈辱的だったヴェルサイユ条約による
ポーランド領をほぼ承認するという、ポーランド側には極めて
有利な条件であった。

ポーランドは国際連盟管理下のダンツィヒ自由市に1920年1月9日に結ばれた条約に
「ポーランドはポーランドとの直接結合のためダンツィヒ港内に郵便、電信、電話局を
設置することができる」という特権をもっていた。
しかし、ヘベリウス広場にある郵便局は名ばかりで、防護用の強化壁、鋼板でかためまるで要塞だった。
職員もすべて軍事教練を受けた予備役兵からなっており、後に開戦時ドイツ軍がここの制圧に苦労している。
ダンツィヒ自由市におかれていたすべてのポーランド側事務機関も同様抵抗拠点の様相を呈していて、
なにかあればポーランド国軍の援兵が確保される仕組みになっていた。
周囲がドイツ人ばかりということもあろうが、近い将来、ダンツィヒを、リトアニアによるメーメル地方占領
のように不法占領するための、明らかな戦争準備を行っていた。

これだけ見ても、ポーランド側に重大な戦争責任がある事は明白。

125 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 22:38:55 0
もともと、選挙の結果、ダンチヒ市は1937年1月の「ダンチヒ市ーポーランド協約」によって実質的なドイツ支配が確立していたにもかかわらず
ポーランドが、その特権を離そうとしなかった

ダンチヒ市は、13世紀に都市として誕生して以来、ドイツ系住民が多数を占め、中世にあってはドイツハンザ同盟の重要な一員だった。
第一次大戦後には住民の96%強がドイツ人であり、カシューブ人、ポーランド人は3%だった


当時のポーランド兵力 現役歩兵30個師団、予備10個師団 大編成の騎兵旅団12個 うち一個は自動車化 しかし、その潜在的戦力は師団は師団合計数よりも
           大きかった 約250万に上る「訓練済み」の動員可能な人員を有していたからだ(2万/師団としても 125個師団を有していることになる)

同時期のドイツ兵力  オーストリアを含む動員兵力は、98個師団 しかし、現役は52個師団のみ、残りの10個師団は、
           兵役についてわずか、一ヶ月そこそこの新兵、残りの36個師団は、第一次大戦の生き残りの老兵で、いずれも平均46歳をこし、
           当時の最新兵器や戦術になじみのない連中だった まして、再軍備4年しかたっていないドイツに満足な予備兵力などなかった
(第二次大戦 上 リデル ハート卿書)
これだけ見ても、ドイツ側はポーランドと戦争するつもりはなく
逆にポーランド側は戦争する準備をしていた事が判る。

126 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 22:41:28 0
>>123
合法かどうかを問題にしているのではない。
ドイツはズデーデンを最後の領土的要求と約束しながら、
チェコを併合し、さらにはポーランドに対して経緯はどうあれ
領土的要求をする。

これはドイツは約束を守らず、一切信用できないと言うことを世界に向かって
自ら宣言したのと等しい。こんな場当たり的な外交をやっていては
いつかは戦争をまねく。

127 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 22:45:16 0
>>125
ポーランド全土を占領したのは何故だ?
ダンツィヒのみが問題であるなら、ポーランドに全面攻撃をかける必要など無い。
それに、ポーランドに傀儡政権すら作りもせず、ドイツ本国に併合したのは何故だ?
それから、独ソ不可侵条約付属秘密議定書についてはどう思う?

まず、この三点に答えてもらおうか。

128 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 22:52:02 0
>>73
> ラインラントのニグロ混血児も同じ。

アメリカやフランスの占領軍にいた黒人・アジア系人種と
ドイツ人の混血ってやつだね。
殺害まではいかなかったが、不妊処理された。
1937年にゲシュタポに設置された「第3特別委員会」のもとで、
少なくとも436人が不妊処理されたことが分かっている。
当時のドイツ人の交配や血統にたいするこだわりには偏執的なものがあった。

129 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:07:06 0
>>126

>チェコを併合

ドイツがチェコを併合したのは、ポーランドが軍事侵攻を企てテッセン地方を併合し、
ハンガリーもルテニア地方及びスロヴァキア併合を企てようとしたから。
国家の安全保障上の問題だった。

130 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:11:18 0
>>127

ポーランドとの戦争に突入したから。

もともと、ポーランドは独立国じゃないだろ。
WW1の前は国家自体が存在しなかった。
じゃあ、なんでアイヌ人傀儡国家を作らずに
北海道を併合したんだ?答えろ。

ドイツが戦争準備を整えていなかったから。
ポーランドが強力な軍事力持っていたから。

以上で全部答えた。

131 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:11:48 0
つまり他のやつに取られそうになったんで、その前に自分のものにしたと。
とんだ国家の安全保障もあったもんだw

132 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:15:08 0
当時ポーランドの軍事力がかなりのものだと思われていたのは本当だ。
なんといってもあの赤軍を撃退したのだから。
日本陸軍の参謀本部なんかは対ソ戦のモデルとしてかなり研究した形跡がある。

133 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:29:45 0
>>130
WW1の前には国家がなかったとはよく言える。
一時はプロイセンを属国化するほど強大なポーランド王国が
そんざいしたのをしらないのかい?

>じゃあ、なんでアイヌ人傀儡国家を作らずに
>北海道を併合したんだ?答えろ。
もちろん、北海道を日本領として完全に同化し内地に組み込むため。
こんなたとえを使ってくるとは君もドイツもポーランドを併合して民族のアイデンティティーを
奪い同化してしまうつもりだったことに同意するというわけだ。
また、自爆しちゃったね君は。

>ドイツが戦争準備を整えていなかったから。
>ポーランドが強力な軍事力持っていたから。
こいつはまた笑わせる。
両軍の戦車と航空機を比べてみれば、どちらの戦力が強大かということくらい
わかりそうなものだけどな。
こいつもまた自爆。

それから、君は、まだ三番目の秘密議定書についてどう思うかということに答えていない。
自爆するのがこわいのかい?

134 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:41:04 0

秘密議定書がどうした?
ドイツ側の抗議文が1940年11月3日に指摘しているように、
ソ連が他の諸国に侵入してそれを併合する権利と等しいものとは
みなされていない。
つまり、議定書はポーランドのみ有効だったという事。

135 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:46:08 0
>>134
はいはい、また自爆。
>つまり、議定書はポーランドのみ有効だったという事。
要するに、ポーランドに関して言えば有効だったと言うことを君は
認めてしまうわけで、ダンツィヒ問題がどうあれ、
ドイツはソ連と仲良くポーランドを分け合うつもりだったことに同意するわけだ。

136 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 16:14:48 0
>>129
ミュンヘン会談でドイツがやる気満々でゴネてチェコスロバキア乗っ取りを果たしておきながら、
西欧列強がその歴史的正当性を認めていたなどといけしゃあしゃあとよく言えたもんだな。
これでもともとポーランド人コミュニティだったチェシンまでドイツに併合されてしまうのを
ポーランドがみすみす見逃すはずがない。
ヴィリニュス要求にしても、ソ連の侵略からポーランド人コミュニティを守るためだった。
事実、オポーレ市やヴロツワフ市やシロンスクの農業地帯など、ドイツ領内のポーランド人コミュニティからは戦争中、
ポーランド系住民が総督府へ追放された。
当時世界最高を誇ったポーランドの諜報活動から推測するに、
ドイツやソ連のポーランド人追放についてポーランド当局が知っていた可能性は充分ある。
当時のポーランド情報当局がかなりのところまで掴んでいたことは
独ソ秘密議定書の内容が事前にポーランド側に筒抜けになっていた事実からも容易に考えられる。
グダニスクについては、ポーランドは併合を要求したことは一度もない。
この自由市に対する政治経済上の既得権を維持するだけでポーランドにとっては十分でそれ以上は一切望んでいない。

137 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 16:36:49 0
ポラック(笑)

138 :ナカムラー:2005/07/07(木) 16:49:47 0
1月30日に、全国におよぶ新政府は組織されました。
私、そして、全国社会運動が、この事へ直結したのです。
私は、この時のために、すべての戦いのゴールを今達成したと信じます。
私たちは偽らない!!
また、私たちは欺くこともしない!!
私は、人々の前で安っぽい公約などをしないと誓おう!
孤独、嘘、ドイツの人々の将来。。。
私たち国家社会主義政府がドイツの人々を育てる場合に限って、労働、決定権、所得、これらは大胆でありかつ、忍耐私の後に我々は確立できるだろう!
過ぎ去った時代で、私たちの先祖が帝国を築き上げたように!
父達でさえもドイツを残さなかったので、それを自分たちで残すのだ!
ドイツ民族よ!!
私たちに4年与えよ!!
ならば私は断言しよう!!
私がこの職についたと同様、目に見えた真実、
したがって、私は業を残す!!
そのために、私はそれを利得と考えない!
貴方方の労働による見返りために!
あなたは私たちに尋ねよう!
「あなたの詳細なプログラムの中にあるものは!?」
私は単にこう答える事ができる。
「ドイツの人々は新たに最初から最後まで国家によって構築されなければなりません。」

139 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 00:14:31 0
>>136
ヴィリニュス要求にしても、ソ連の侵略からポーランド人コミュニティを守るためだった。

http://ww1.m78.com/topix-2/wilna%20conflict.html

140 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 00:23:00 0

ヒトラーという存在は、今日では何を言われても
それを甘受せざるをえない存在となっているので
こうした歴史学上の戯言に反論することは、報われる
ことのない、終わりのない徒労のようである。
ヴェルナー・マーザー教授は、おもにヒトラーについて
歴史的な神話と捏造された話を
できるかぎり訂正しようとしている。

マーザー教授は、次のように答えている。
すなわち、ヒトラーにはユダヤ人の祖先はまったく存在しない。
彼は、自分の姪の自殺にはまったく関与していない。
彼はその生涯を通じて積極的に、女性と恋愛関係を取り結んだ。
彼は優秀な画家、作曲家であった。
彼は、少年時代から、勇気のある、意志の強い人物とみなされていた
彼は高潔な演説家、有能な外交的交渉人、良き聞き手、
有能な軍略家であり、そして何よりも、加齢と戦争中のストレスに
由来する些細な健康問題を除けば、精神的、肉体的にきわめて健康であった、と。

ヴェルナー・マーザー『ヒトラーとスターリンに関する捏造、虚偽、真実』、ミュンヘン、2004年、478頁、34ユーロ。

141 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/07/08(金) 00:25:54 0
性的不能者だったらしいな

142 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 00:57:09 0
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1120747679/
主人公と姉と彼女の三角関係物語
その姉は世界史板を見ているらしい
http://www.geocities.jp/vippersonals/poe/
そのまとめサイト
こっちも
http://damepo.ath.cx/list.cgi/anemoe/
81 G.Poe ◆OELXo/oCAU sage New! 2005/07/08(金) 00:12:29 ID:3t5YGCHY0
姉か。
さっき電車男見ているとき、CM中。
姉服装 ムジパジャマ上下
俺服装 ムジパジャマ上下(おそろ)
姉部屋エアコン
座椅子状態

姉「これって2chかなぁ」
俺「だろうね」
姉「2chっておもしろいよね」
俺「(!!!!!!)そうなの?」
姉「世界史のところとかよく見るよ」
俺「ねーちゃんは世界史好きだなー(他は?他は?)」
姉「好きだよ〜。ヨーロッパはおもしろいよね」
俺「書き込むの?(ドキドキ」
姉「こわいのでそれはしないよ(ニコニコ」
俺「だよねぇ・・こわいよねぇ・・」
姉「ポエは書き込むの?」
俺「怖いので書き込まない」

143 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 20:03:26 0
>>136
>ヴィリニュス要求にしても、ソ連の侵略からポーランド人コミュニティを守るためだった。

ソ連が1920年代からリトアニア赤化を目指していたのは明らかだからね。
当時ヴィリニュスの人口は多い順にユダヤ人、ポーランド人、ロシア人、ドイツ人、リトアニア人。
1920年代から30年代の初めにかけてユダヤ人とロシア人は当然親ソ派だったし、ドイツ人も多くは親共産主義だった。

144 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 22:23:48 0
>>143
ソ連が1920年代からリトアニア赤化を目指していたのは明らかだからね。

それが、ポーランドのリトワニア侵略の言い分なの



145 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 22:29:04 0
リトワニアは当時のポーランドの不法を、国際連盟に訴えていたのでは

146 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 22:49:17 0
>>143
ソ連が1920年代からリトアニア赤化を目指していたのは明らかだからね。

はて、1920年代といえば、旧ソ連国内では、レーニン率いる共産赤軍と、デニーキンらの率いる
白軍とが、激しい国内戦を展開している最中で、とてもリトワニアがどうこう言っている時期では
なかったのではないか

いや、むしろ、その弱みに付け込んで、積極的にウクライナ、キエフ方面を侵略したのは
ポーランドのほうではないか

147 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:00:01 0
映像の20世紀を見なさい

148 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:20:01 0
映像の20世紀を見なさい

はて、情報操作の歴史は、最近の中東戦争に始まったことではない
いや、むしろ第二次大戦時のほうが激しかったのでは

力の均衡というのは何処の世界にもあるが、世界を相手にしたヒトラーの場合、敗北後は、そのようなものは
なかった ただ、「死人にくちなし」のように、何も言うことができないまま、戦勝各国が犯したの犯罪、
いわれのない罪、何か、自国に都合の悪いことが生ずると、すべてがヒトラーに起因しているように
逃げてきた その最大の恩恵をこうむっている国家こそポーランドだね




149 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:23:21 0
>>148
映像の20世紀は見たほうがいいと?

150 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:27:48 0
ヒトラーは悪だろう。
だから滅びた。
ポーランドに侵攻しないと約束したのに侵攻したし。


151 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:37:19 0
>>149
映像の20世紀は見たほうがいいと?

人に聞くことか 自分で判断したら

152 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:40:06 0
ポーランドに侵攻しないと約束したのに侵攻したし。

反論する気にもならん


153 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:43:08 0
148 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:20:01 0
映像の20世紀を見なさい

これの意味を求む。

ヒトラーは第1次世界大戦でドイツが敗れ、
屈辱を味合う。
戦勝国からの多額の倍賞により、失業者が溢れる。
その時現れたのが、ヒトラーである。
ヒトラーは最初武力を用いず、領土を拡大する。
しかし、ポーランドには武力を用いた。
ミュンヘン協定で、侵攻はしないと約束したのにだ。


154 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:45:41 0
20世紀最大の悪はヒトラーであった。
ユダヤ人だけでなく、反ナチス、反体制の人間が送られた
強制収容所の光景は見るに耐えられないものであった。

155 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:00:01 0
>>146
>その弱みに付け込んで、積極的にウクライナ、キエフ方面を侵略したのはポーランドのほうではないか

侵略だの侵攻だの言っているが 誰が侵略されたのかね あの時期ウクライナに政治的主体というものが存在していたのかね
主権を持っていた露帝国は既に存在しない 1918〜20年特に現在の白ルーシ ウクライナは権力の空白地帯

156 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:12:29 0
>>155
主権を持っていた露帝国は既に存在しない 1918〜20年特に現在の白ルーシ ウクライナは権力の空白地帯

じゃ 好き勝手に侵略していいと言う理屈か

されてはかなわないと言うことから、デニーキンとの戦いもそこそこに、トハチェフスキーがポーランド軍に
立ち向かって、ワルシャワ近郊まで追い詰められたのではないか
どこが空白地帯なのだ

その後にいたる、ポーランドの周辺各国への、挑発、嫌がらせは歴史の示す通り
身の程知らずの国家としてやりたい放題 侵略国家としての汚名は着せられても
戦争被害国家などとはおこがましいかぎり


157 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:24:00 0
ユダヤ人だけでなく、反ナチス、反体制の人間が送られた
強制収容所の光景は見るに耐えられないものであった。

それは、ホロコーストスレでやったら

そんなもん信じるアホはあんたぐらいだろうけど


158 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 16:13:56 0
>>156
侵略じゃないね。
ベラルーシやウクライナにおけるポーランドの新版図では財産権を含む住民の基本的人権が保障されていたし、
ポーランド民族だけに特権を与えるような恣意的な民族的選択も行われていない。
むしろ自由主義・反共反ソの拠点のような状態だった。
ドイツのような侵略、暴虐行為とはわけが違う。

159 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 16:24:28 0
ホロコーストは規模が議論の対象。
なかったなどという主張はキチガイのもの。

160 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:05:25 0
>>158
ちょっと反論したいがゲルマン猿改めゲルマン虫が湧いて来るから書けねえや

161 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 22:36:59 0
>>158
ポーランド民族だけに特権を与えるような恣意的な民族的選択も行われていない。

占領された側ではそんなこと思ってないよ 占領してくれてありがとうなんてね
だから、ソ連やリトワニアの反撃を食ったんだろ


162 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 22:42:13 0
>>158

まさに、「盗人にも三分の理」の格言そのものだな


163 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:30:28 0
>>158
侵略じゃないね。 プッ。!

黒も白とぬかすことができるのも、これもポーランドヲタ クオリティの特権ですか。
ウクライナ民族主義者への弾圧は?、リトワニアが当時の国際連盟に
ポーランドの非道を訴えたことは無視ですか。



164 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:12:21 0
ポーランドもドイツも、それが結果として正しかったかどうかは別として
己の国益を追求し時にはあくどいこともした、と言うごく当たり前の事じゃ
ないのか?

165 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:17:18 0
ドイツの対ポーランド戦は自衛権の行使であって違法な武力行使(≒侵略)ではない、
と言いたい人がいるようだが…

166 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:31:43 0
>>165
ドイツでもポーランド戦が正当だと言う人間はさすがにごく一部だろうが
ヴァイツゼッカーが「ヒトラーのポーランド進駐」とセコイ言い回しで誤魔化
したように、明確に侵略だと認めるのもそんなにいないんじゃないかな。

167 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:34:51 0
ポーランドが一方的に被害者面というか、悲劇の主人公を気取っている点のほうが
問題なんだろ。

168 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:42:18 0
被害者だから仕方ない。チェコのつぎはポーランドという順番でヒトラーの餌食になった。

169 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:47:54 0
ソ連、リトアニア、チェコとポーランドの侵略の犠牲になったわけだが。

170 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:53:39 0
ベルサイユ条約の結果中東欧にできた国はみなすぐに右傾化した。
普通選挙だ民主的憲法だと調子の良いことを言っていたのは最初だけ。
国際連盟も国際法も何のその、すぐに隙あらば隣国を脅迫したり攻め入ったりする国になってしまった。
あげくにヒトラーやスターリンの尻馬に乗って同じ民族同士ですら殺し合いをやった。
これら小国は冷戦が始まって、ようやく両大国の力で安定させられた。

171 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:57:02 0
ポーランドが被害者っぽく見えるのは、善良だからではなく、単に弱いだけであって、
弱いということは何の免罪符にもならない。

172 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 02:12:18 0
のちにヴィリニュス周辺を管轄することになったドイツの警察によると、
現地のリトアニア人警官はポーランド人上司のもとでは働こうとしなかったという。
それでポーランド人による補助警察は解体することにしたとか。

リトアニア人の恨みも相当なものだったようだ。

173 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 02:22:09 0
【ドイツ潔白】も【ヒトラー無罪】もありえんな。

174 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 02:23:46 0
ポーランドって確か戦後にドイツ人追い出したんだよな。
プロイセンとかダンツィヒの奴みんな追い出したって聞いたが。
要は同じ立場に立てば侵略なんて平気でやる国だってことだ。

ドイツ人は負けたから加害者に仕立て上げられただけだよな。
ただ>>1はどうかとは思うが。

175 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 02:33:58 0
ドイツ系住民、ドイツ人入植者の追放といってもいろいろある。
ポーランドの責任を追及するなら、ドイツ軍が疎開を要請したり、
赤軍の接近にともなって住民が自発的に避難したケースは除外しないとナ。
犠牲者数はここらへんのケースが多そうだが。

176 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 04:12:04 0
ポーランドはカトリックの国だがドイツ系住民はプロテスタントが多い。

たとえばカトリック教会のお偉いさんが街にやってくるような機会があると
人々は街頭に出て熱烈歓迎するが、
ドイツ系住民は敬意を表さず、冷ややかに見物するというかたちになる。
そういうところから相互不信が生まれてしまう。仕方のないことだが。

177 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 10:15:08 0
>>165
ドイツの対ポーランド戦は自衛権の行使であって違法な武力行使(≒侵略)ではない、
と言いたい人がいるようだが…

違うって言うの。 もともと、ヒトラーはポーランドを味方に引き入れたがっていたのでは。

それに対し、ポーランドは、ダンチヒを含めたドイツ領を狙って、盛んに、ドイツを挑発していた
のではないか。 ケンカを売っていたのはポーランドのほうであり、ドイツはそれを、
好むと好まざるとにかかわらず買わざるを得なかっただけ。


178 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 10:26:44 0
>>174
ポーランドって確か戦後にドイツ人追い出したんだよな。

<東>からのドイツ人難民の数 ( )内は1939年当時のその地のドイツ人住民数 難民数との差は死亡・残留

   リトワニア 169,500人 (249,500人)
   東プロイセン 1,984,400人 (2,473,000人)
   ダンチヒ 290,800人 (380,000人)
   ポンメルン 1,464,600人 (1,883,700人)
   ニーダーシュレージエン 430,000人 (642,000人)
オーバーシュレージエン 3,228,600人 (4,576,500人)
   ポーランド 688,000人 (1,371,000人)
チェコスロバキア 3,000,400人(3,477,000人)

   ハンガリー 213,000人 (623,000人)
   ユーゴスラビア 297,500人 (536,800人)
ルーマニア 253,000人 (786,000人)


   <東>からの難民(W・ヒルゲマン「ドイツ現代史地図」1986)より抜粋 






179 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 10:27:40 0
>もともと、ヒトラーはポーランドを味方に引き入れたがっていたのでは。
ナチスの人種理論からしてそれはあり得ない

180 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:51:15 0
>>179

じゃあ、なんでルーマニアやハンガリー、クロアチア
イタリア、ヴィシーフランス、フィンランド、ロシア解放軍
とか国家組織となんで、ナチス・ドイツは手を結んだのか?
明らかに、人種が違うだろ。
それと、同盟国日本はどうした?
そもそも、人種が違う相手とは手を組まないなんて
ヒトラーは言ってないし。

181 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:57:21 0
そもそも、当初はヒトラーはポーランドと
同盟して、ソ連の攻撃に備えようとしていた。
だから、ポーランドに対する外交条件も寛容なものだったんだよ。

ドイツの条件は
飛び地状態の東プロイセンとドイツ本国とを結ぶ鉄道と
自動車道路を 回廊に建設することを認める。
実質、これだけだった。
ダンツィヒはそもそもポーランド領じゃない、国際連盟管理下だった。
これは、ドイツにとって屈辱的だったヴェルサイユ条約による
ポーランド領をほぼ承認するという、ポーランド側の意向に
沿った条件だった。

182 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 17:18:17 0
ドイツは1938年10月24日、国境線の保障および1934年の不可侵宣言の
25年延長と引きかえに、ダンツィヒのドイツへの編入を承認すること、
ポーランド回廊におけるドイツの高速道路・鉄道敷設権を認めること、防共
協定を締結することをポーランドに要求した。

ポーランドは防共協定に関しては言及せず、鉄道輸送の改善と高速道路の
建設については交渉が可能だと回答した。しかしこれについて閣議決定を
おこなった形跡はなく、たんなる時間稼ぎだったと考えられている。

38年11月24日、ヒトラーはダンチヒを奇襲により占領する準備を始めるよう
国防軍に命令を出した。これは機密事項であったが、ヒトラーの立場は
11月から12月にかけて、ダンツィヒ担当の大管区指導者であった
フォースターや外務省のフォン・ヴァイツゼッカーをつうじて国際連盟の
ダンツィヒ担当高等弁務官に伝えられた。それはポーランドがチェコのように
従順でないならポーランドの国境線を尊重するつもりはないというものだった。

ポーランドはたしかにソ連に強い不信感をもっていたが、ドイツに対しても
そうだった。他方フランスはドイツに宥和的な姿勢をみせており、ダンツィヒの
国際管理をやめることを提案していた。そこでポーランドはイギリスに接近し、
38年12月15日、ポーランドと交渉せずにダンツィヒの法的地位を変更
することは認めないというイギリスの態度表明を引きだすことができた。

ここでポーランドはヒトラーの真意を知りたいとしてベック外相との直接会談
を提案し、39年1月5日に会談が行われた。ヒトラーは前年の要求を繰り返す
とともに、ポーランドとドイツ双方の利益を図るためにダンツィヒに
新たな機構を創設することを提案した。しかしポーランドの内閣はポーランドが
独立を失う第一歩となるだろうから、そうした話には乗れないという立場を示した。

39年1月26日、ワルシャワを訪問したリッベントロプ外相はウクライナ地方
などにポーランドの勢力圏を認めるという交換条件を提示したが、
ベック外相はこれを辞退。結局ダンツィヒについては双方とも一方的な行動は
おこさずに話し合うという合意をおこなった。

183 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 17:20:49 0
ドイツがチェコ併合、リトアニアのメーメル編入、ルーマニアの属国化などと
勢力拡大をはじめる39年3月まではこんな感じかな。

184 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:27:57 0
>>175
ポーランドの責任を追及するなら.・・・・

というなら、終戦直後になっても、ポーランド人は追放するためにドイツ人を
強制収容所にぶち込んでいる。 明らかな、国際法違反だ。


ポーランド人は、オーデル・ナイセ以東に残ったドイツ人にも数々の暴行を加えた。
彼らは、20万ものドイツ人男女を1255箇所の収容所と227箇所の監獄に収容ないしは抑留した。 
このうち、大規模なものは、ポトゥリチェ、グルノヴォ、ウッジ、その近郊のシカワで行われた。
 「被追放民記録」には以下のように記されている。

「暴力行為」は主として、鞭、ゴム棒あるいは、銃床を用いて残忍かつ一部はサディスト的な虐待であり、
一部は死にいたった。 
さらに恣意的な射殺、殴打、婦女暴行も行われた。 
報告された資料によると、虐待を免れた収容者あるいは抑留者はほとんど一人もいなかった。       
                                    (世界戦争犯罪辞典(文藝春秋)より)




185 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:28:48 0
>>179
ナチスの人種理論からしてそれはあり得ない


第一次大戦の結果として、ポーランドはドイツから最も広い地域を譲り受けていた。
にもかかわらず、当初、ポーランド進撃を考えていなかった。・・・・
さしあたり、ヒトラーはダンツィヒ(この市は、1937年1月のドイツーポーランド協約で
実質上のドイツ支配が確立していた)の港の返還と、「回廊」経由の東プロイセンへの自由通行を
認めさせるのを条件にポーランドを友邦国として受け入れる意向だった。

                      「第二次大戦 上 リデル ハート著」より




186 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:37:25 0
>>184
ポーランドの収容所は、開設直後はひどい状況だったが
そのあとどんどん改善されていったんだよな。
収容者が解放されるころには問題も少なくなっていたようだ。



187 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:47:08 0
>>186
収容者が解放されるころには

そんな言い訳は通用しないね。 
それに、収容者を解放ではなく、土地財産を奪って追放したんだろ。



188 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:53:45 0
やっぱりポーランドは悪逆国家だ。

189 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 22:20:59 0
なんでドイツ人でもないのにドイツのことで必死になれるんだ?>ALL

190 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 22:37:24 0
ナチヲタやドイツ人に感情移入しすぎのゲルマン厨が大杉

191 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 15:37:59 0
ドイツ人に対する恨み骨髄に達していたために現場の兵士は収容者に対し酷い扱いをしたが、殺害に至ったケースはまずない。
その後は徐々に現場の管理も整い、追放作業はポツダム協定に従って粛々と行われた。
また、土地などの不動産は接収したが、金品や預貯金等の動産は一切取り上げていない。
不動産の補償に関しては、戦後ドイツの政府が行うべき問題であり、ポーランドは一切関与するべきではない。
最近のポーランド非難の空気にかかわらず、現実のところポーランドは非常に紳士的にふるまった。
そのため、ドイツ国内にもポーランドを非難する空気はまったくない。
問題になっているのは、不動産の最終的な補償をドイツ政府がやってくれるのか、ポーランド政府がやってくれるのか
はっきりしてほしいということだけである。

192 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 15:40:07 0
ポーランド人の感情としては、戦後のどさくさに紛れてドイツ人を「生物学的」に「絶滅」したかっただろうし、
実際にその気になれば可能であったが、驚くべきことに、ポーランド人はドイツそしてドイツ人を許したのだ。
ポーランドほど道徳的に立派な国家国民はないだろう。

193 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 21:58:42 0
ポラックって、チェコやリトアニアに賠償したの?

194 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 23:06:48 0
>>192
ポーランドほど道徳的に立派な国家国民はないだろう。

ここまでくれば、あきれてものも言えないね。まさに「居直り強盗」としかいいようがない。
すでに、戦争は終わっているのに、強制収容所にぶち込むこと自体国際法違反だ。

>>192
金品や預貯金等の動産は一切取り上げていない。

「1945年6月24日、午後零時、ルブリンの共産党政権から、6時間以内にすべてのドイツ人は町から
出て行かねばならない、全員がナイセ川のラウジッツ地方に向け徒歩で出発しなければならない。
一人当たりの荷物は五キログラム以内に制限される。
ドイツ人は、ポーランド軍がおこなう発砲や銃床、むちに追い立てられ、粗末な衣服のまま、列をつくって
行進に移された。
この惨めな隊列は幾日もかかってナイセ川の方に進んでいった」

                       「戦後の「タブー」を清算するドイツ」より

あきれてものも言えんね このキチガイポラックヲタに永遠の呪いあれ!
相手するのもけがわらしいわ。

195 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/11(月) 23:11:45 0
ヒトラーはオーストリア人だよ。
活動地域も、ドイツではなくバイエルン。
終戦時、には、ベルリンにいた記録ってないのでは?
もし本当にベルリンでなくなったのら、すごい隣国思いじゃない。


196 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 23:55:54 0
>ポーランドほど道徳的に立派な国家国民はないだろう。

別にナチスを支持する気は毛頭無いがその妄想はキモ過ぎるぞ。
冷戦時代、民主化運動家の配偶者、兄弟や友人が当局にその行動を
密告していたことだって、共産党独裁体制崩壊後に発覚してる。
ポーランド人だろうが何人だろうが、同じ状況ならばやることに
大差はない。

197 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 00:08:32 0
大体、今現在だってポーランド政府は相次ぐ汚職事件でもめてるのに
何が「道徳的に立派な国家国民」だ何て国際ニュースも調べてないのか?

198 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 16:34:22 0
>>194
ポーランドがドイツ人の金品や預貯金等の動産を取り上げていないという事実に対する反論になってないぞ。

199 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 16:36:32 0
>>194
強制収容所?何の国際法違反も犯してないぞ。強制労働させたわけではないし。

200 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 16:40:45 0
>>196-197
密告社会にしても東ドイツやチェコスロバキアには程遠いほど緩やかだったし、
汚職などどの国でも起きていることは内部告発などで発覚するほうが健康な社会だ。
それよりもポーランドが偉大な理由は、ドイツ民族を絶滅させなかったその寛容性にある。

201 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 21:55:43 0
>>198
194ではないが、

>一人当たりの荷物は五キログラム以内に制限される。

5キロ以上のものは持っていけない=取り上げられたってことだろ。ばか?

202 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 21:58:43 0
偽ドミトリーの時といい、ソ・ポ戦争の時といい、人の苦境に付け込んでやりたい放題の
くせに、いつも被害者気取り。。

それがポラック・クオリティ。

203 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 22:33:07 0
>それよりもポーランドが偉大な理由は、ドイツ民族を絶滅させなかった
>その寛容性にある。

そもそも一体、どこの国が「ドイツ民族を絶滅させようとした」んだよ。
どこの国もやろうとしてないし、やれるはずも無いことをやらなかった事が
偉大な理由なのか?
無茶苦茶だぞ。

204 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 22:38:02 0
> ドイツ民族の絶滅

ヒトラーが最後の最後でやろうとした。ネロ命令。

205 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 01:54:00 0
しかしこのスレはとくに厨房が多いな。ヒトラースレ、ホロコーストスレよりもひどい。

206 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 21:15:29 0
>>201
一家4人として20キロ。
持ち運びのできる財産ならこれで十分だろう。
たとえばドイツには預金通帳というものさえない。
銀行で身分証を提示すれば本人確認できるのだ。
それともドイツ人は1家族あたり20キロもの宝石や金塊を家に持っていたとでも?

207 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 21:27:41 0
家財道具がたったの20キロか。
引越しが楽でいいね。

208 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 21:30:51 0
動産=金銀宝石

それがポラックヲタクオリティ

209 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 00:34:59 0
↓ポラックヲタの一言

210 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 15:21:31 0
昨夜ゲルマン女を買いました。

211 ::2005/07/15(金) 14:56:42 0
男性に対する怨恨と偏見のかたまり、
年間10兆円の税金の無駄遣い、働く女性だけを支援する悪策、
更にその悪策が増税を呼び、庶民の家計を圧迫する、そして女性を働かせるように仕向ける悪循環、
未婚女性や非婚を奨励し、家庭を崩壊に導く、 そして家族崩壊の暁には、年金福祉という名の下、
他人の税金と人手で介護をされる人間味の欠落した生活

男 女 共 同 参 画 社 会 基 本 法 を 撤 廃 せ よ !!!

212 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 01:33:17 0
>>202
偽ドミトリーの時といい、ソ・ポ戦争の時といい、人の苦境に付け込んでやりたい放題の
くせに、いつも被害者気取り。。

そういうことですね、理解できます。

終戦直後のドサクサにまぎれ、連合国同士の最終的な決着も待たずに、ポーランド自身が管理を受け持っていた
ポンメルン、シュレージエンなどのドイツ領から、ドイツ人を強制的に追放して自国の領土として既成事実化しようとしたのも
うなずけます。 
また、その罪業を隠蔽するため、ことさら自分たちがドイツの「被害国家としての神話」をつくったことも。
本当の戦争の原因はポーランド自身がやったなりふりかまわないドイツを含めた周辺諸国への、脅し、軍事行動、侵略に
起因しているのにね。
まったくひどい国だと思います。


213 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 15:43:25 0
>終戦直後のドサクサにまぎれ、連合国同士の最終的な決着も待たずに、

そりゃいくらなんでも違うだろ。
ポツダム会談の米英ソの合意事項だろ。

>ドイツ人を強制的に追放して自国の領土として既成事実化しようとしたのも

ドイツがポーランドからポーランド人を追放して既成事実化しようとしたのは無視か?
己の悪業を糊塗することはできまい。
ポツダム合意はスターリンによる民族問題の最終決着だな。

>「被害国家としての神話」をつくったことも。

神話じゃなくて、戦中300万人のポーランド人がドイツの国際法違反行為で意図的に殺害されていることは事実。
これだけでもヒトラーは謀殺罪であり、時効はない。

>本当の戦争の原因はポーランド自身がやったなりふりかまわないドイツを含めた周辺諸国への、脅し、軍事行動、侵略に
>起因しているのにね。

これも違うだろ。戦争の原因はヒトラーの首相就任、ドイツの国連脱退と再軍備だろ。

214 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 16:35:18 0
>>213

>神話じゃなくて、戦中300万人のポーランド人がドイツの国際法違反行為で
意図的に殺害されていることは事実。

ポーランド政府の主張以外に、実際に300万が殺された証拠があるのか?
例えば、ドイツ側から証拠資料や文書が発見されているのか?

>これだけでもヒトラーは謀殺罪であり、時効はない。

半島で840万の朝鮮人を意図的に殺害した裕仁にも
時効は無い。と言ってるのと同じ。

215 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 17:14:28 0
裕仁の政治的責任に時効はない。

216 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 17:47:18 0
>半島で840万の朝鮮人を意図的に殺害した裕仁にも
時効は無い。と言ってるのと同じ。

その通りだと思います。
しかし戦争犯罪に対する個人の責任と集団責任はちがう。
我々は昭和天皇の親戚でも何でもないのですから、
なんの良心の呵責も覚えずに淡々と彼の罪を糾弾すればいいのです。
ヒトラーの犯罪、ポーランドの犯罪とても同じことです。
悪いことはあくまで悪い。どっちがマシとかいう問題じゃない。

217 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:10:26 0
米英は現状のオーデルナイセ線に反対していたんだろ。
その調整がつかないまま、とういうよりどっちにしても敗戦ドイツはまったく蚊帳のそとにおかれていた話だが、
ポーランドは自国のドイツ管理領域を自国の領土のように扱い、既成事実を作ろうとしてドイツ人の土地財産を奪って
追放、あまつ多くの女子供を含むドイツ住民を死にいたらしめたことは明らかに国家的犯罪だ。
弁明の余地はない。

218 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:11:46 0
ドイツ系住民の追放?

ポーランド側の資料と突き合わせてみないとなんとも言えないな。

219 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:12:19 0
ポーランドの戦争中の死者が3百万だかなんだか知らんが、開戦当時、ポーランドの東半分を占領したソ連軍による
被害はどうなんだ。

ソ連軍から受けた被害の方が圧倒的に多いのではないか。 もちろん、そのなかにはユダヤ人の被害も組み込んでいるんだろ。
いうまでもなく、ユダヤ人の犠牲はポーランド人の犠牲ではない。ポーランドはユダヤ人に対してはむしろ加害者なんだから。
カチンの事件をのような、ポーランド軍人だけでなく、ソ連軍は、占領下の多くのポーランド人の反ソ分子を
捕らえ処刑した、もしくはシベリアに流刑した、もちろんその多くはかえってこなかった。
そして、カチンの事件同様、ポーランドの反ソ分子の殺害も、戦後すべてドイツ人の罪としてなすりつけた。
この点、ポーランドもイエドワブネのユダヤ人虐殺事件を、戦後、21世紀にいたるまでドイツ人にその罪を
着せていたのだからあまり、ポーランド人も大きなことは言えないと思うが。

そういうポーランドがソ連に賠償要求した話はきいたことがない。 そればかりか、ポーランドはそれを知っていて
ドイツのほうが金を要求しやすいとして、そ何百万もがドイツの犠牲になったといっている気がしてならない。
そのほうが、領土問題、賠償問題をドイツ人がもちだしてくれば、逆にいんねんをつけることができる。

220 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:13:52 0
>>218
ポーランド側の資料と突き合わせてみないとなんとも言えないな。

ポーランドの資料なんぞ、ニュルンベルグ裁判の資料以上にあてにならないのでは。

221 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:19:28 0
ドイツの資料と同程度の信頼性はあるな。

ところで処刑壕や収容所から逃げてきたユダヤ人をかくまってあげた
ポーランド人の話はめずらしくないが、総督府のドイツ人がそういうことを
すると「シンドラーのリスト」みたいな映画になる。

なんか不公平だな。

222 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:24:10 0
>>221
ドイツの資料と同程度の信頼性はあるな

ないね。
ポーランドは、今でも北の将軍様同様、切れやすい国家だ。


223 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:25:36 0
>>222
個人的感想を根拠に言われても…

224 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:29:49 0
>>221
それより、質問にこたえろよ。
ソ連軍から受けた被害に対してポーランドは賠償を要求しているのかい。
それとも、その被害も含めて一切、ドイツから受けた被害としてあげているのかい。

イエドワブネに対して、長らくドイツに罪を擦り付けていたことへの謝罪はしているのか。
ポーランドは一体、恥も、外聞もない国なのか。
そうとしか思えんけどね。



225 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:38:54 0
>>224
これが答え。

ポーランドはダンチヒに限らず、シュレージエン、ポンメルンどころか、オーデルナイセ以西の土地も念頭にいれたドイツ領土を狙っていた。
従って、ヒトラーのダンチヒの管理権要求をはなから受け入れるつもりはなく、散々、ドイツに対して、挑発や嫌がらせをしたあげく、
戦争にもちこみ領土確保の目的を達しようとした。 ドイツの力を弱めることに協力的なイギリスの支援を受けてだ。
事実、戦後のポーランドは自分の希望に近い領土をドイツから得ただけでなく、そこのドイツ住民に対して、5kg以内の荷物を持って
6時間以内に家、土地、財産を置いて出て行けの命令を発してドイツ人を根こそぎにした。 その先の悲劇は歴史の示す通りである。

戦後、ポーランドは戦前、戦中、戦争直後のその暴虐を極めた自らの歴史を、以下のようになる様に努めた。

この領土問題、追放問題を正当化する必要があったが故に、さらには、ソ連がそのポーランドを含めた東欧支配を正当化する必要が
あったが故に、ポーランドの対ドイツ関係史は、ドイツに対する一方的な「被害者」としての「神話」が形成された。

つまり、ソ連への賠償請求はしてない。

226 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 01:40:45 0
>>224
分かっていると思うけど、態度がでかいだけの教えて君の質問にいちいち答えていたら
きりがないし、リソースのムダなんだよね。

> ソ連軍から受けた被害に対してポーランドは賠償を要求しているのかい。

なんでそんな質問するの?
2004年からポーランドはカチンの森事件について旧ソ連の関係者の訴追を
視野に入れた本格調査をはじめているわけだが、もちろんそれは知っているんだよね。

227 :226:2005/07/18(月) 01:41:29 0
はい、ソース。

http://www.ipn.gov.pl/eng/eng_news_high_katyn_decision.html

228 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 08:51:02 0
> ソ連軍から受けた被害に対してポーランドは賠償を要求しているのかい。

現在、戦後ソ連領となった地域からの追放に伴う接収財産については個人レベルで
ロシアに賠償請求しているはず。

229 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 15:12:41 0
>>228
>しているはず。

はずってなんだよ。ソースは無しか

230 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 18:00:50 0
接収財産に関する賠償請求の動きはあるが、実際はしていない。

イェドヴァブネの事件(犠牲者380人の田舎の暴動)とホロコースト(犠牲者数百万人の組織的な殺戮)を同一視するのはリヴィジョの屁理屈。

231 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 18:42:12 0
ホロコースト(犠牲者数百万人の組織的な殺戮)

これを否定、疑問視しているのがリヴィだろ。
何言ってんだ?

232 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 19:49:28 0
>>229
去年の秋にドイツからポーランドに対する賠償請求を取り上げた朝日新聞記事に
ポーランド側の問題として載ってた。

233 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 14:51:32 0
ドイツがユダヤ人を数百万人も殺したって非難する連中は、
ポーランド人がユダヤ人を数百人殺した大罪を無視しているサヨ
ドイツ人はユダヤ人やポーランド人を殺すための神から与えられた自然権があることを忘れてはいけない
ポーランド人がユダヤ人やドイツ人を1人でも殺せばこれは天をも恐れぬ大罪なのだ

234 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 00:16:18 0
>>233
ポーランド人がユダヤ人やドイツ人を1人でも殺せばこれは天をも恐れぬ大罪なのだ

しかし、戦争後期、終戦直後、ポーランド人のドイツ人避難民に対するリンチ殺人は、特に、
回廊地帯などポーランド人居住区域を抜けて、避難しなければならないとき生じた。
犠牲者はいうまでもなく、女、子供、老人だった。
その数は、およそ、1200〜1300万ともいえる避難民のなかで、ソ連軍による犠牲者も含め、
200〜300万に達したと言われている。
ポーランド人は、天どころか、地獄の業火さえ、あざ笑っていた極悪国家としか思えない。


235 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 00:28:15 0
>>228
現在、戦後ソ連領となった地域からの追放に伴う接収財産については個人レベルで
ロシアに賠償請求しているはず。

ソ連は、ポーランドの東半分を侵略し、戦後、併合したのだから、その要求は当然だね。
そんなはずはないと思うけど、もしその通りなら、ドイツ人のシュレージェンやポンメルン、プロイセンでの
個人レベルでの賠償要求のほうはどうなの。
これも、当然の権利と言えると思うが。 

http://www.ohnichi.de/Toki/toki96.htm

236 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 00:50:13 0
>>230
イェドヴァブネの事件(犠牲者380人の田舎の暴動)・・

ユダヤ人の犠牲者は1200人から1600人とされている。
投石、ナイフ、斧を使った殺害に始まり、最後には村はずれの穀物倉庫に押し込み、
生きながら焼き殺した。 
問題は、その死者の数というより、21世紀にいたるまで、その罪をドイツになすりつけ、
のほほんとしていたその態度にあるのではないか。
とても、文明国家のすることではない。
北の将軍様でさえ、少なくとも拉致は事実ですと認めているのに、内部告発があってはじめて認められない
ようではやはりポーランド戦前同様、キレやすいヤクザ国家のまま。
少しは北の将軍様を見習ったほうがよいのではないか。


237 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 00:50:57 0
そろそろ、ホーチミンについても語らないか?

238 :AAAZZZ:2005/07/20(水) 01:23:41 0
ポーランドのドイツに対するやり口は大東亜戦争における中国の日本に対するやり口によく似ていると思った。
第2次欧州大戦直後のポーランド人のドイツ人に対する極悪犯罪行為の数々は大東亜戦争直後の
朝鮮人や中国人による日本人に対する極悪犯罪行為とそっくりだ。
このスレッドを読んで初めてなぜドイツ人の多くがポーランド人を徹底的に嫌悪し軽蔑するのかわかった。

239 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 15:25:14 0
第2次大戦中のドイツ人のポーランド人に対する極悪犯罪行為の数々は?

240 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 22:39:24 0
>>239 生き証人が死に絶えるまでスルーする。あと30年もすれば親が殺された記憶を持つ人もいなくなる。後は捏造だといって始末すれば良い。

241 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 13:54:55 0
>>240
ホロコースト否定と同じやり方だな、ヨシヨシ

242 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 21:20:23 0
ポラックの犯罪は千年たっても消えることはない。

243 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 07:48:04 0
ポーランド軍の将軍や政治家が無能だったのが悪い。
有能であるならばドイツ軍を撃退することが出来たはずだ。
戦争は一般的に負けたほうが悪い。

244 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 17:54:52 0
>ポラックの犯罪

という「神話」を形成するわけですな。

245 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 18:02:07 0
>>243
>ポーランド軍の将軍や政治家が無能

リツ・シミグウィの戦略とベックの外交の失敗だな。

ピウスツキがあと10年長生きしていたら、あるいはシコルスキが当時政権についていたら、
状況は変わっていた可能性がある。

が、やはりイギリスとフランスの世論に厭戦気分があっては
ドイツとソ連の挟撃を食い止めることはできても反撃することは難しかっただろう。

246 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 21:56:50 0
>>245
シコルスキは軍人としても政治家としてもそれなりに有能だったと思うが
ピウスツキはDQN以外の何者でもないと
第二共和国成立からその死までやってることは支離滅裂

247 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 22:10:28 0
↓ポラックヲタが一言

248 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 23:23:48 0
>>239
第2次大戦中のドイツ人のポーランド人に対する極悪犯罪行為の数々は?

それってなんですか。
具体的にいってみてください。



249 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 23:34:25 0

というか、ポラックどもは、戦時中はドイツ人に媚を売っていて
ポーランド人治安部隊とかも創立されて、反ナチスの立場のゲリラの掃討を
積極的に行っていた。
戦争が終わると、急に身を翻してドイツ人に襲い掛かり
プロイセン地方やシュレージェンの占領を行い、そこに住んでいたドイツ人を
皆殺しにしてしまった。
これが、ポラック・クオリティー。

250 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 23:37:11 0
被占領地の文民なんてそんなもんだよ。

251 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 00:35:55 0
>>246
ピウツスキの不幸は英雄になってしまったことだと思うな。
一指揮官レベルで留まっていれば良かったのに「ヴィスワの奇跡」で
英雄になってしまったために、正式な軍事教育も受けていないのに
軍のトップに祭り上げられ、その結果自分のやり方に固執して軍の
近代化を遅らせ、結果としてその「負の遺産」により祖国はまたしても
蹂躙される憂き目を見たわけだ。
「良い英雄は死んだ英雄だけだ」の良い見本。

252 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 00:42:16 0
>>244
>ポラックの犯罪

という「神話」を形成するわけですな

というより、冷静に考えても、ポーランドの(過去の隠されたというより)、開戦の責任の大半はどうみても、ポーランドにあるとしか
思えないのですが、「ポーランドが一方的な」被害者という「神話」こそ、戦後の自らの、「シュレージェン、ポンメルン、
プロイセン」などの、ドイツ人の領土を奪い、そこのドイツ住民を根こそぎにした国家的犯罪を隠すためのカモフラージュにしか
みえないですね。

その意味で、ポーランド人の「国家的犯罪」は、深く追求されるべきだと思います。


253 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 00:53:57 0
基本的な質問でスマンが、1940年7月時点では、政治犯など一部を除けば
ポーランドのユダヤ人は収容所ではなくゲットーに集められたという認識
であってる?
1940年7月までにリトアニアに移住(脱出?)したユダヤ人ってゲットー
からごく普通の方法でリトアニアに入国したわけではないの?


254 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 00:55:18 0
>>249 いやそれは全部のポラックじゃない! 
 形勢不利とみ見た途端に、その場から逃げたしアメリカへ亡命した奴もいるんだ。
 どうやってそこまでできたかは知らぬが、抜け目のなさは世界第一級だからなー。 
 
 

255 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 17:17:59 0
「新しい欧州」が気に入らんタリ厨のスレですか?

256 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 17:21:08 0
親日親米、となればある種の人々にとっては不倶戴天の民族だろうねw
また、そういう人々とユダヤ陰謀厨が重なり合っているということも実証したわけだが。

257 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 17:21:13 0
>>249-250
戦前にはベルサイユ条約によりポーランド人となった「ドイツ系ポーランド人」という微妙な存在がいたことを忘れずに。
この連中が占領中の「ポーランド人警察官」なるもの。

258 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 17:23:43 0
ポーランド人が同胞を密告しまくっていたことが独ソ双方の記録に残っている
事はイェドヴァブネを取り上げたNHKの特集でもハッキリ取り上げていたぞ。

259 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 20:27:00 0
>>258
ソースは?
勿論一次文献 10月にモスクワ逝くからちょっと読みたい

260 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 22:07:29 0
2002年9月にイェドヴァブネ事件を取り上げたNHK特集「沈黙の村」より。

261 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 23:15:35 0
ポーランドは、韓国どころか、北の将軍様にさえあざわられるようなサイテー国家だったというべきだね。
やつらに、ツバをはきたいね。

262 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 23:27:58 0
ナチマニアは親日国が嫌い

263 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 23:55:29 0
ポーランドが親日国?

うそをつくなよ。
戦争中のロンドン ポーランド政権は、必要もないのに、対日宣戦布告してたぞ。

264 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 23:58:31 0
日露戦争当時も、ロシア兵の一割以上はポーランド人だったと聞いたことがある。

265 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 09:12:48 0
>>263
形式的対日宣戦布告しなかった国の方が珍しい。
スイスとバチカンくらいじゃなかったか?

266 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 09:15:34 0
ロンドンに居候してるんだから、イギリスの敵国に宣戦布告くらいする罠。

267 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 15:43:08 0
>>258-260
嘘をつくな。
NHKスペシャル「沈黙の村」にはポーランド人が対独協力・対ソ協力したという内容は無い。
俺はビデオに撮ってある。

268 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 16:18:05 0
いや、まあ、どっちが本当かは知らんが、
>>267 ソースがNHKって........

269 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 17:36:34 0
>>268
>>260を嫁。

270 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 17:51:44 0
>>267
嘘をつくな嘘をw
イェドヴァブネでの虐殺の直接の原因になったのが
「ユダヤ人の密告で大勢のポーランド人が収容された」
と言う噂だったが実は密告の9割以上がポーランド人によるものでありユダヤ人
は単なるスケープゴートだったと言う事がちゃんと資料で裏付けられていると
放送されていただろうが。

271 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 18:31:31 0
「NHK 沈黙の村 密告」でググって見ると
http://www.geocities.jp/marebit/gomu27.html
>ソ連の支配下に置かれたイェドヴァブネ村では、多くの知識人や地主、反体制的
>とみなされた者たちがシベリアへ連行されていった。
>このとき、ユダヤ人が密告をしているという噂が流れたという(実際のソ連側に
>残された記録では、密告者の多数はポーランド人で、ユダヤ人は僅かな割合だった)。

http://www13.ocn.ne.jp/~cinquant/20020915.html
>連行は密告に基づいて行われ、イエドバブネにおいても、指導者層や知識層の大半が
>姿を消しました。残されたソヴィエト側資料には、密告者も明らかにされており、
>大半はポーランド人だったことが判明しています。

http://www.h4.dion.ne.jp/~bana/news1.html
>当時ソ連とドイツの戦争で翻弄されていたポーランドでは密告により思想家や知識人
>が強制収容所に送られていた。ソ連の資料によるとユダヤ人の密告者は少なく、逆に
>ポーランド人の方が多かった。しかし、根源的な人種偏見による恐怖と疑念は村人達
>を行動に移した。

などなど引っかかった。
>>267
すぐにばれる嘘はつくもんじゃないぞ。

272 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 20:06:57 0
リディツェ事件を知ってドイツ人は鬼畜だという事がわかりました

273 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 20:39:37 0
 イェドヴァブネ
 ジェチポスポリタ誌のソース
 http://arch.rzeczpospolita.pl/a/rz/2000/05/20000505/200005050062.html

 
 

274 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 21:13:14 0
http://www.google.pl/search?hl=pl&q=Yedwabne&lr=

275 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 21:29:59 0
>>266

ポラックが親日じゃないとばれて必死だな。
そもそも、俺たちは中立公平な歴史板の住民だ。
親日かどうかと言う理由で、歴史的な検証を
見誤ってはいけない。

276 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 21:32:16 0
すると日本は反米?アメリカは反英?

277 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 00:05:06 0
ポーランドは第2次大戦で、ナチに馬車で戦ってたぞ。
騎士道精神はすばらしいね


278 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 17:14:17 0
>>275
>そもそも、俺たちは中立公平な歴史板の住民だ。



279 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 17:19:28 0
ポーランド人が対独協力をしていないことは確かだ。
対独戦が主であるから、連合国であったソ連への協力をした者はいてもおかしくはない。
ポーランド分割という独ソの密約を一般のポーランド人が知っていたわけはないからな。

280 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 17:45:18 0
>>279
>ポーランド人が対独協力をしていないことは確かだ。

妄想も程ほどにしろ。
当時のユダヤ人の回想でもポーランド人に密告されてナチスに連れて行かれた
話は多数あるぞ。
大体、同胞のポーランド人をソ連に売る連中がドイツにユダヤ人を売らない筈
が無かろうが。

http://be.asahi.com/20050716/W14/0024.html
監視兵に見つかればその場で射殺される。
取引するポーランド人に密告される可能性もあった。

http://www.ne.jp/asahi/nagumo/kaito/mid/005-au/mid005-2.htm
ナチス・ドイツの占領下ではユダヤ人の多くが摘発されてゲットーに送られた。
つい昨日まで仲良く暮らしていた隣人が密告するのである。

http://www.emb-japan.pl/seiji/seijijosei/seijijosei050329.htm
IPNによれば、同氏は1940年、ドイツ占領下のワルシャワで、知合いの
ユダヤ人富豪にポーランド脱出用の偽造身分証明書の作成を持ちかけ、報酬
として巨額の金槐を得ながら逆に独軍に密告した疑いがあるというもの。

281 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 17:46:14 0
>対独戦が主であるから、連合国であったソ連への協力をした者はいてもおかしくはない。

同胞の指導者層や知識層を密告してシベリア送りにすることのどこが「対独戦」
に関係あるというのだ。
大体、連中が密告した当時、ソ連がポーランドの東半分を支配していた時期に
ソ連はドイツと戦争しとらんだろうが。

>ポーランド分割という独ソの密約を一般のポーランド人が知っていたわけはないからな。

密約を知ろうが知るまいが、ドイツに攻め込まれて瀕死のポーランドに火事場泥棒
的に攻め込んできて国土の半分を分捕っていったソ連に感謝したとでも言うのか。

282 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 18:02:56 0
変な議論だな

>>280で出てくるIPNというのはポーランドの政府機関だが、
そこが密告者を追及しているということはだ、無謬性に固執せず
ポーランドが公明正大に歴史を検証しているということだろ
ポーランドの精神の偉大さの表れでもあるわけだ

283 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 18:07:55 0
>第2次大戦中のドイツ人のポーランド人に対する極悪犯罪行為

この追及が中途半端だな

徹底的に追及し、即刻ドイツに賠償請求するべきだ


284 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 18:09:06 0
>>283
去年、議会で決議しただろ。
結局うやむやで終わりそうだがな。

285 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 18:21:41 0
>>284
それは破壊された資産についての賠償請求だろ

非軍人に対する殺人についてはまだ議論されていない

286 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 19:34:43 0
>>282 IPN の存在は大きいと思う。ただ、調査が遅すぎる感も多々ある。
 対象となる期間が長いから仕方ないと言えば仕方ないのだろうが。
  
 ポーランド人から直接聞いた話だからソースは出せないが、
 ドイツに同胞を売った人がいるのは事実。私のとても親しい人は、父親が友人に売られて連行され、ドイツの強制収容所に送られた。
 そしてそこで殺された。
  反対にその人の伯母は夫がパルチザンだった。ゲシュタポが夫を逮捕に来たけど、当然家には居なかった。身代わりとして妻である伯母を逮捕してラベンスブルクへ送った。
 その時、運良く家にいなかった二人の子どもを匿って、親族まで送り届けたのもポーランド人だった。
  売る人間も助ける人間も普通に存在していた。
 それは戦時下ではポーランドに限らず、どの被占領国でも同じだったと思うのだが。 

287 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 01:46:16 0
>>283
この追及が中途半端だな

その逆はどうなの。

288 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 02:02:44 0
>>282
ポーランドが公明正大に歴史を検証しているということだろ

あほか!
イエドワブネの事件、ドイツ人追放の悪逆、どこがポーランドの公明正大だ!
人を笑わすのもいい加減にしろよ。 クソ ポラックヲタ!

289 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 02:33:17 0
ポーランドが言うことより、まだ北の将軍様の言うことのほうが当てになるかも。
所詮、ポーランドは韓国はおろか、北の将軍様にも頭の上がらない存在だね。

>>282
ポーランドの精神の偉大さの表れでもあるわけだ

おまえ、人をばかにするのもいい加減にしろ。
人に罪をなすりつけ、人の土地財産を奪い、それをみずからの正当な行為と言って
はばからないその精神の偉大さ、確かに敬服するに値する、これ以上見下しようがないその偉大さにね。



290 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 18:51:45 0
イェドヴァブネはローカルな事件
ドイツ人追放はポツダム協定の決定事項

イェドヴァブネ事件についてはIPNが調査し、ポーランド人側が加害者であったと結論付けている
ポツダム協定ではポーランドは加害者ではない

悪逆は明らかにドイツ

ようやくわかってきたが、君は完全な狂人だ

291 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 19:40:39 0
>>290
今頃解ったのかい?
あれは半島の基地外ってどっかでてめえが白状してろ

292 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 20:05:23 0
>>284
> >>283
> 去年、議会で決議しただろ。
> 結局うやむやで終わりそうだがな。

結局、証拠がないから、ポーランドは強気の態度が
出来ないんだよ。
ドイツ版の強制連行、従軍慰安婦と言ったところか。


293 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 22:27:34 0
一つ一つ証拠を積み上げて、徹底的に追及しよう

294 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:48:09 0
悪逆国家ポーランド。


295 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 17:22:21 O
反猶太無罪

296 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 22:10:04 O

★今夜11時からNHKで『アウシュビッツ』全5回を放送!!

■第三帝国最大の死の工場の全貌!!■


104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)