5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

<<<春秋戦国検討委員会4>>>

1 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:12:31 0
前スレに引き続き、春秋戦国時代についてどんなテーマでも良いので、
皆さんの知識や思いをぶちまけて下さい。
また、時代については、商〜西周時代についてもOKとします。
なお、本スレのスレ主は白起氏ですが、現在海外赴任中のため、氏の
委嘱を受けて田単が進行係を努めております。

煽り、荒らしのみの書き込みはご遠慮ください。見かけた場合は放置推奨。

過去ログ及び関連スレは>>2をご参考に。

前スレ
<<<春秋戦国検討委員会3>>>
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1083228028/

2 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:13:40 0
@過去ログ及び関連スレ@
lt;lt;lt;春秋戦國検討委員会2gt;gt;gt;
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1045141279/
<<<春秋 戦国検討委員会>>>
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1028009031/
春秋戦國時代を語ろうスレッド
http://mentai.2ch.net/whis/kako/978/978123589.html
<<<中国 春秋戦国時代の名将は誰?>>>
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1022629885/

【春秋五覇】春秋戦国スレpart2【戦国七雄】(三戦板)
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1078324577/
【春秋五覇】春秋戦国スレ【戦国七雄】(三戦板)
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1030716703/

3 :永久追放=>>970=973の軌跡(抄):2005/07/10(日) 00:15:58 0
946 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:01:42 0
あんまりにもあほらしくてつける薬すらないな、こいつ…
948 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:12:57 0
>>947 徹底的にわけがわかっていないアレが出現したな。包茎手術して出直して来い。
949 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:16:03 O
東大は漢文読めない、は定説じゃ 読める読めないは別にして、ピラセのHPでの反論(言い訳)は厨くさい
951 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:23:57 O
「原文から入れる」 めちゃめちゃレベル低いじゃないすか平勢先生
952 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:27:53 0
 ○○○学者の偏執的傾向 @彼は自分を天才と考える。
A彼は自分のなかまたちを、例外なしに無学な愚か者みなす。彼以外の人はすべてピント外れである。
 自分の敵をまぬけ、不正直、あるいは他のいやしい動機をもっていると非難し、侮辱する。もし敵が彼を
 無視するなら、それは彼の議論に反論できないからだと思う。
B彼は自分が不当に迫害され、差別待遇を受けていると信じる。公認の学会は彼に講演させることを拒む。
 雑誌は彼の論文を拒否し、彼の本を無視するか、「敵」にわたしてひどい書評を書かせる。
 ほんとに卑劣なやり方である。こういう反対の原因が、彼の仕事がまちがっていることにあるとは、 奇人には全く思い浮かばない。
953 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 00:20:48 0
平勢のバイト学生が発狂中〜
956 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 01:30:22 0
>>954 よぉ、公害男元気か?
958 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 01:31:51 0
>>954 東大だから間違ってないと言い張るオバカサンが何を言ってもねぇ。
とりあえず、さっさと自殺すること。これは命令。
960 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 01:36:46 O
ラジカルな論としても、浅野っちの方が面白いしぃ 漢文の素養は言うに及ばない
967 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 20:14:44 0
>>965 まだ自殺してないの?

4 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:18:16 0
>>1
乙です。

5 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:19:24 0
>>3
新スレで心機一転して臨みたいところにそんなの貼るなよ。

6 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:21:45 0
>>1
インチキ書評『呉越復讐の剣』方蘭著

劇的な熱さを求めてる人にはお勧め。
リアルさを求めてる人は他あたって下さい。

7 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:23:09 0
>>5
ご本人乙。消えろよ、煽り、荒らし野郎w

8 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:26:55 0
>>7
煽りもお前のそろって消えてください。

9 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:30:04 0
>.>5
オメーがしつこいからよ、貼ってやッたの。

>>8
>>7は義勇軍だから勘弁してよ。事後の戒めとしてやってんだよ。
それともオマエも荒らし?

おやすみ。

10 :5,8:2005/07/10(日) 00:41:13 0
>>7>>9
ちげーよ。勝手に煽り認定すんな。
ああいう空気は新スレに持ち込んでほしくないだけだ。

煽りに乗っかる奴もタチが悪いな・・・
さらにその上に乗り続けるのもよくないので、自称義勇軍とやらも無視しよう。

11 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:43:11 0
>>7-10
おまいら、前スレがまだ残ってるからそっちで存分にやれ。

12 :5,8:2005/07/10(日) 00:50:12 0
>>11
スマソ

13 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:55:53 O
春秋十二諸侯

14 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:59:21 O
んじゃ
「孔丘の正体はインチキカルト教祖!」
について語ろうか

15 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:01:37 0
言ってることは宗教じみてないけどな。

16 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:02:15 0
彼は政治家の側面もありますね

17 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:02:55 0
子貢なんか、並の遊説家顔負けじゃね?

18 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:06:44 O
俺には世紀末救世主の資格はなかったのか(ガカーリ)

こんな言葉を見るとかなりデムパには思う

19 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:25:44 0
>>16
生きてるときは経世の術を過去に求めた学術一派の祖でしょう。
彼の求める政治の重要な要素が礼だったり浮世離れしてたりしただけで。

儒学を宗教とするのは、学問としての儒が硬化して変化を許容しないようになってからじゃないかなぁ

20 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 01:28:37 O
口で(宗教的な)理想を説きつつ
やることは国家転覆計画

21 :永久追放=>>970=973の軌跡(抄):2005/07/10(日) 01:43:41 0
946 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:01:42 0
あんまりにもあほらしくてつける薬すらないな、こいつ…
948 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:12:57 0
>>947 徹底的にわけがわかっていないアレが出現したな。包茎手術して出直して来い。
949 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:16:03 O
東大は漢文読めない、は定説じゃ 読める読めないは別にして、ピラセのHPでの反論(言い訳)は厨くさい
951 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:23:57 O
「原文から入れる」 めちゃめちゃレベル低いじゃないすか平勢先生
952 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/07/08(金) 23:27:53 0
 ○○○学者の偏執的傾向 @彼は自分を天才と考える。
A彼は自分のなかまたちを、例外なしに無学な愚か者みなす。彼以外の人はすべてピント外れである。
 自分の敵をまぬけ、不正直、あるいは他のいやしい動機をもっていると非難し、侮辱する。もし敵が彼を
 無視するなら、それは彼の議論に反論できないからだと思う。
B彼は自分が不当に迫害され、差別待遇を受けていると信じる。公認の学会は彼に講演させることを拒む。
 雑誌は彼の論文を拒否し、彼の本を無視するか、「敵」にわたしてひどい書評を書かせる。
 ほんとに卑劣なやり方である。こういう反対の原因が、彼の仕事がまちがっていることにあるとは、 奇人には全く思い浮かばない。
953 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 00:20:48 0
平勢のバイト学生が発狂中〜
956 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 01:30:22 0
>>954 よぉ、公害男元気か?
958 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 01:31:51 0
>>954 東大だから間違ってないと言い張るオバカサンが何を言ってもねぇ。
とりあえず、さっさと自殺すること。これは命令。
960 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 01:36:46 O
ラジカルな論としても、浅野っちの方が面白いしぃ 漢文の素養は言うに及ばない
967 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:2005/07/09(土) 20:14:44 0
>>965 まだ自殺してないの?


22 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 08:07:23 0
なんでもカルト認定するのもどうかなあ。
理想ばっかり説いていたわけでもなし、結構人間味もあって
好い人でしょ。「勇者は懼れず」なんていい言葉だよ。
このオッサンより老子一派の方が浮世離れしてる希ガス。

23 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 08:53:49 0
>>22
老子は道教って形で三国時代には宗教化してるしなぁ
とはいえ、中華で世界が完結している時代はそれぐらいの方が良かったのかも知れず

24 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 08:59:22 0
何か、孔子が老子の弟子ッつーか、老子が孔子でさえ教えを請う
聖人つー話の設定は道教側が流したデマ?

孔子って実はデカイんだよな・・・

25 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 09:46:06 0
デマというか、先に流布していた老子の権威をもらうためのお話。
デマだったら、国権を握った儒学の徒が抹殺してるでしょ。始皇帝を悪しきざまに伝えてるように。
儒教の隆盛は、西漢武帝以後のことでそれまでは宮廷儀礼にちょこっと関わっているだけだった。

初期の西漢は老荘の国だったんだよ。

26 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 10:00:35 0
>>25
おお、逆に儒教側が利用したのか・・・。勉強になったよ。
この話の元ネタの出典はどこなのか気になるな。

27 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:20:21 0
>>25
武帝が封禅の儀式を行ったこととは関係しているのでしょうか?
見当はずれだったらごめんなさい

28 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 16:58:37 0
>>27
無いと言えば無いね。封禅は結果だし。封禅をするための儀式や準備に関しては、古典に詳しい儒徒が役に
立っただろうけど。

武帝は太皇太后の竇氏に帝位につけられたわけで、その治世の最初は実権は竇氏有ったわけですよ。
先に、西漢は老荘の国と書いたけど、これは高祖の妻の呂后が儒教嫌いだったと言うこともあって宮廷では
儒の扱いがかなり低い物だった。
竇氏も当然のように道教信徒だったわけで、竇氏の勢力を駆逐するには不遇であった儒と結びつくのが一番だっ
た。そのあたりが尾を引いて江充あたりの讒言にひっかったんじゃないかと思うけど。
また、呉楚七国の乱で有力な勢力が倒れたあとその子弟が再起しないように、力を分散させることも狙って
儒教を持ち出した面もある。郷挙里選の審査基準に儒を持ち込んで、今までとは違う人材を集めようとした(不都
合な人物の推挙を断る口実にした面の方が強いんじゃないかと思うが)とか。
そういった宮廷内外の都合が儒の持つ教えと合致したから手を組んだと見るのが正しいんじゃないだろうか。

まぁ、その結果が儒の強烈な信奉者・王莽だったりするわけだが……

29 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 17:04:14 0
>>28
失礼だが漢については門外漢なら黙っていたほうがいい。
メチャメチャだ。

30 :中華@名無史さん:2005/07/11(月) 03:47:58 0
>>1乙 新スレおめage

31 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/07/11(月) 14:17:01 0
>>1
スレ立て、有り難うございます。

ところで、前スレ984氏が
>なお、本スレのスレ主は白起氏ですが、現在海外赴任中のため、氏の
>委嘱を受けて田単が進行係を努めております。
の部分については不要ではないか、とおっしゃっておられますが、私も
そのように思います。
@知識の浅さ
A会社でしかPCを触れない環境
が理由であります。
よって、次スレのテンプレからは、その部分は削除いただけたらと思います。


孔子ネタとしては、小説ではありますが、中島敦の「弟子」が好きですね。


32 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 23:16:33 0
>>28
老荘≠道教なんじゃないかと思うが。
道教といえば、西遊記とか聊斎志異とかに出てくる
現世利益思考バリバリの土着的な信仰体系(?)でしょう。
前漢の頃もそれらしきものはあっただろうけど、三国志の太平道とか
五斗米道が道教の成立のもとになるやつじゃなかったっけ。

33 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 00:46:34 0
>>31
中島氏の小説は短編だけどうまくまとまってていいね。
部屋を掃除してたら、NHKで10年ほどまえかな?孔子のアニメをやってるビデオテープが出てきたけど、
少し中島氏の小説とかぶる。

俺は学術文庫の論語物語がおもしろかったかな。
孔子がすこし神みたいな扱いになってるけど、論語がとっつきにくい人にはいいかも。
論語だとやっぱ顔淵死すが孔子が顔回にどれだけ期待と悲しみを表してたたのがよくわかる。

34 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 01:10:04 O
孔子神話やルサンチマンの宗教もどぞー

35 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 10:24:56 0
『弟子』はおもしろかったなあ。
子路と顔淵は全く違う個性でありながら2人の先生である孔子は
それぞれに自分と共通する部分を強く感じる。
子路は侠気の塊で感情を上手くコントロールできない部分があり大変な困った子だが、
その直向きで率直なところはもう可愛くてしかたがない。
ごっついオッサンなんだけどな。


36 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/07/13(水) 18:17:15 0
子路って好きなんですよね。
自分が優秀じゃないからかもしれないけど。

37 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 16:43:19 O
ほしゅ

38 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 17:50:01 0
(´-`).。oO(和氏の璧の材質は何だったんだろう

39 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 17:56:55 0
軟玉でしょ。

40 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 23:15:24 O
ほしゅ

41 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 00:51:46 0
sageほしゅ。篙

42 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 16:53:59 O
儒教の影響範囲って春秋〜戦国時代は中原だけ?

43 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/07/19(火) 17:36:53 0
>>38
できればどんなものなのか見たかったですね>和氏の璧

44 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 23:13:17 0
>>42
呉の季札とか。

45 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 06:59:13 0
>>42
尚書秦誓は秦穆公。

儒教的な教養は中華の諸国の知識人は誰でも持っていたのだと思うけど。

46 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 10:10:46 0
儒教的な教養?

47 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 12:39:59 O
六経の知識≠儒教的教養

だろ、当時にあっては


六経は本来儒者とは無関係

48 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 18:42:08 0
>>47
儒教とは経書を元にあーだこーだ言う学問だというならそれで正しいのだろうけど、
>>42はそういう意味で儒教と言ったわけではないと思う。
それだと、春秋に儒教なんてあるか、という話になってしまう。

49 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 20:53:58 0
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1113627706/
三戦板にもたってるw

50 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 21:38:47 0
儒教ってのは元々あった風習を学問って形でまとめただけだから影響範囲は全土

51 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 08:27:50 0
213 名前:無名武将@お腹せっぷく[sage] 投稿日:2005/07/21(木) 01:34:52
一概にどっちが面白いとは言えない
面白さの部分違うからね
春秋戦国の面白さはラノベに近いし三国志演義は本来の意味のファンタジーに近い
人物に主眼を置いた春秋戦国と時代の流れを見てる三国志は全然別物
正史だけを読むならラノベのような面白さもあるが要素含んでりゃいいってもんでもないからな
要するに「好み」でしかない


52 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 16:12:05 O
ほしゅ

53 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/07/27(水) 14:57:13 0
春秋戦国をネタに、誰かいい小説を書いてくれないかなぁ・・・
宮城谷氏が小説にしていない人物で有名どころはどんな人がいますかな。

54 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 19:59:54 O
魯の将軍で斉に三連敗した人
斉王を脅して領地を取り返した人
名前がでてこないが・・・

55 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 20:18:33 0
曹沫だっけ?

56 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 20:48:37 0
侠骨の人?

57 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 23:26:03 0
小説にしてんじゃん。

58 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 00:44:25 0
ごししょ
診療君

59 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 07:38:42 0
>>53
春秋戦国の小説って井上靖の孔子、
陳舜臣の十八史略、宮城谷の作品ぐらいしかないのかな?
秦・漢モノ入れてもそれ程多くないような。


60 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/07/28(木) 08:18:39 0
あとは塚本青史氏でしょうか。安能務氏は毛色がちょっと違うような・・・

ふんだんな実りがあるのに、誰も収獲しない、みたいな感じがします。
今、歴史モノを書く人が減ってるのでしょうかね?

61 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 09:07:18 0
酒見賢一『陋巷に在り』『周公旦』『墨攻』
があるよ。

『陋巷』は白川静の影響が強いし、あんまり
一般的な春秋戦国ファンの好みじゃないんだろうな。

62 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 09:58:29 0
確かに最近書物が発行が減ってる気がする。
最近新刊買った記憶がないなぁ。
作家でも伴野氏・安能氏・井上氏は亡くなってるからね。作家がへってるというのもあるね。

できたらもう一度管仲や鮑叔の小説がほしい。
宮城谷さんの管仲では物足りなかった。

63 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 10:05:12 0
海音寺潮五郎の「孫子」がありますよ。
やっぱり故人の作ですが・・・

64 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 10:39:14 0
>>61
『陋巷に在り』、そういうのあったなあ〜。
10年位前に読んでたなあ。
超能力使いや変な虫とか微妙な世界観だったけど、
そこそこ面白かったなあ。
確か中島敦賞もらったんだよな。


65 :永久追放=>>970=973の軌跡(抄):2005/07/28(木) 12:22:46 0
>陳舜臣の十八史略

「中国任侠伝」も

66 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 12:48:19 0
ものがたり史記もね

67 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 15:25:07 0
海音寺潮五郎なら『中国英傑伝』(上下)がお勧め。

他には、桐谷正の
『楚国簒奪 李園の野望』
『荊軻と高漸離』
『虎狼の王』(呂不韋)
『武霊王』

なんてのもある。内容の是非は別として。

68 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 23:29:11 0
越が最終的に楚に滅ぼされたのはどうしてでしょう?
呉を滅ぼしたときだけは一時的に覇者になったような感じだが、
その後は全然鳴かず飛ばず。

69 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 00:10:07 0
>>64
10年前というとまだ5巻のころだね
最終的には13巻まで行ったから改めて読んでみるといいよ。

最後は成城攻略戦〜魯を去るところまで書いてる。
しかし途中の呪術合戦が長いんだ、この手の話が嫌いな人は
そこで脱落するでしょうな。

ちなみに終わったのはまだ最近。
連載終了 2002年5月
単行本最終巻 2002年9月
文庫本最終巻 2004年11月

70 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 01:15:50 0
駒田信二も結構書いてるんじゃね?

71 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 17:53:08 0
すれ違いだが、駒田さんは水滸伝でお世話になった。
駒田さんが書いた水滸伝だけが、ちゃんと完結してたからな。
吉川さんももう少し長生きして、水滸伝を完結してほしかった。

72 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 18:18:34 0
幸次郎なのか英治なのか、どちらとも取れるな。

73 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 18:30:07 0
駒田さんの水滸伝、ちくま文庫から出始めたね
おっと、スレ違いになりそうだから、これで終わりね

74 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 22:14:20 0
>>64
そういう中島敦も春秋モノ書いてるよ。

75 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 00:17:02 0
最近、中国語を覚えたいと思うんだが、文法みたいな本だとやる気が出ない。

韓国みたいに冬のソナタでハングル語とかでてるのに、
なんで何処の出版社も春秋左自伝で中国語を覚えようとかいう本が出ないんだ。
でたら絶対に買うのになぁ。

76 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 04:30:48 0
万葉集で日本語を覚えよう!とか言うノリだからでは?

77 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 18:31:39 0
その前に左丘明の自伝自体が無い。

78 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 20:38:52 0
三国志や水滸伝ならあるな。
まぁ、初心者用ではないけど・・・

79 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 01:43:43 0
>>75がいってるのは「なんで現代中国語に訳された春秋左氏伝がないんだ」
ってことでそ。神保町いけばあるような気がするが。

80 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 01:47:59 0
神保町歩いてればこのスレの住人達とすれ違えるような気がするなぁ

81 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 08:13:20 0
共産中国で現代語訳なんていったら、もう共産党支配を正当化するような
話になぞらえた翻案になっちゃうよ

そういう50年以上続けてきた紙屑生産はもうやめてほしいね。

82 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 16:29:34 0
>>80
確かにね会ってそう。俺もよく行くし。


83 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 10:29:17 0
もれなんか職場への通り道だから毎日いってるよ

84 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 21:35:55 0
ここどれぐらいの人が見てるんだろう

85 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 23:13:48 0
コアな人が数人でまわしてると思うけど

86 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 07:00:14 0
ROMだけど見てるよ。

87 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/08/03(水) 09:24:09 0
あれあれ、数人ってこたーないでしょう。
私、大阪在住なんですが、神保町ってなにやら憧れてしまいますねぇ。

88 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 19:49:22 O
俺も大阪在住です、正直神保町って何のことかわからん

89 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 19:55:57 0
ぢんぽ町

90 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 21:35:07 0
同じくROMってるよ。

91 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 00:26:45 0
和氏の璧はウランと聞いたことがあります。

92 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 03:37:21 0
大阪には神保町みたいな場所は無いんですか?
秋葉みたいな存在は有るのに…(日本橋)

93 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 07:17:54 0
>>91
それは・・・保持者も厳しいですな。

94 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 07:43:46 0
趙が和氏の璧を楚から手に入れたいきさつを
ご存知の方はいませんか?

95 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 10:02:23 0
>>92
神保町みたいな大きな場所ではないけど、
大阪梅田にちょっとした場所あるよ。

96 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/08/04(木) 12:11:47 0
>>95
規模がねぇ・・・
大阪球場下にあった古本街は写真集とかの方が圧倒的でしたし。


97 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 23:37:56 0
関西には、東京でいう神保町に比肩する
ような古本屋街はないってことですか?

98 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/08/05(金) 17:57:24 0
>>97
神保町って、かなり大きな古本屋街なんでしょ?
大阪では>>95に出て来た阪急梅田駅下の「かっぱ横丁」の古本屋街ぐらいですね。
でも、10店ぐらいのモノですよ。

99 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 19:48:17 0
>>98
大阪市内だとそんなモンですかね。
京大や関大付近には軒数はあんまり多くないですが、
中々良い本屋があったと記憶してます。


100 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 04:36:40 0
古本屋スレとなってまいりました。

101 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 09:15:38 0
本屋なら専門スレがあるよ。寂れてるけど。

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1114268696/l50
歴史関係の書店を批評するスッドレ




102 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 19:51:45 0
>>94
たしか趙王が楚王が賭け事をして勝ったからだと聞いたんだけど。

103 :94:2005/08/08(月) 01:56:21 0
>>102
ありがとうございます。
もうレスは諦めていたのですが
世界史板は律儀な方が多いですね。

104 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/08/08(月) 08:06:27 0
>>94
宮城谷厨なレスで申し訳ありませんが、前のオール読物では、楚と趙の
盟約締結に伴う贈り物、みたいな書き方をしていたのを思い出しました。

105 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 09:42:56 0
楚にとって和紙の壁は因縁めいた物だったから、いくら優れた壁でも国内には追い解けなかったんじゃないのかな?
ただ、一度でいいから和紙の壁を見てみたい。

106 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 10:23:20 0
「和紙の壁紙」ならいくらでもあるぞw

107 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 19:29:14 0
「和氏の璧」だろ。

108 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 19:58:57 0
完璧という言葉が変わってしまうな。
和紙の璧は今も残ってるの?

109 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 11:03:10 0
つーか「和」紙ってw

110 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 18:17:45 0
みなさん史跡探訪はしますか?
私は腰が重いたちで、なかなか海外に行く気がおきないのですが

111 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 20:37:57 O
オレも海外はいけないですね
春秋くらいになると史跡も原型留めてないだろうし・・・

112 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 23:06:50 0
島根に帰れ

113 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 10:11:27 0
鮑叔の墓は一度行ってみたい。

114 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 00:38:44 0
郵政民営化を進める小泉首相は、まさに楚の呉起、秦のショウオウですね。
私達は今、改革前の楚、秦の民衆になりました。
特権貴族を応援するか、呉起、ショウオウの改革者を応援するか、
次回の衆院選は正に運命の分かれ道となるでしょう。


115 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 00:40:47 0
支那人のレスは相変わらず民度が低いなw

116 : ◆KVLvF19feo :2005/08/11(木) 19:37:38 O
>>114
つまり終わりをよくしない、ということですか。
どちらでもあっても滅びますが秦ならば実績が、楚ならば深い恨みが遺りますな。

117 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 23:35:45 0

楚の改革者・呉起は、特権貴族の利権確保の為に置かれた無用、不用の官職を
廃して、無駄な出費を抑え、浮いた経費を軍備、内政の充実に当てて
楚を強国へと導きました。特権貴族の反発を抑えて、呉起を起用した
楚のトウ王の決断も見事でした。

今の日本は改革前の楚に似ています。現代の呉起は小泉首相であり、
トウ王は主権を持つ日本国民です。郵政民営化は正に呉起の改革そのものです。
郵貯や簡保で集められた資金は特殊法人へと流れています。この特殊法人の
多くは、現代日本の特権貴族達によって置かれた、彼らの利権確保が目的の
無用、不用の官職なのです。民営化される事によって、その原資は断たれ
それが突破口となって行政改革は進みます。かつての楚と同じ様に日本も
強国への道を進むでしょう。

繰り返しますが、現代日本の楚のトウ王は、私達国民です。
改革者・呉起こと小泉首相に国政をまかせるか、利権しか頭にない特権貴族に
国政をまかせるか、次の衆院選は、正に運命の分かれ道なのです。
賢者は歴史に学びます。私達が選ぶべきはどちらなのか、言うまでもないでしょう。


118 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 23:48:11 0
そんなことより、サラリーマン増税の方が気がかりですが

119 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 23:49:52 0
118は、特権貴族に仕える小役人

120 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 00:26:51 0
ブッシュJr.=知伯、小鼠鈍一浪=知伯の家来
くらいがお似合いだろ。

121 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 01:29:22 0
フセイン=趙氏
金正日将軍=魏氏
ハタミ?=韓氏



122 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 01:58:58 0
現在の政治経済に歴史故事を当てはめてみても意味ないよw
雑誌プレジデントの読み過ぎ
こういうオヤジが飲み屋で無意味なウンチクたれて部下に嫌われる

123 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 02:05:00 0
人権擁護法案の復活が一番嫌だな。
あれが通ったら海外に逃げるしかないじゃん。

124 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 02:19:42 0
>>122
うちの上司はほとんど自分の家庭と仕事の話だけですからねぇ
たまには趣向を変えてプレジデント風なウンチクも欲しいところですなw

125 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 07:32:30 0
ブッシュ=秦

フセイン=趙
金正日将軍=魏
ハタミ?=韓

126 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 07:58:46 0
>>123
在日コリアンの私ですが、人権擁護法は是非とも可決されてほしいですね。
私たちが社会の上に立てますから。うふふ。

127 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 11:52:00 0
>>124
プロ野球とか麻雀とかパチンコとか、いろいろ会話の接点はあるだろうに。
今だと、夏の甲子園のトトカルチョが熱いかな?

128 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 19:42:51 O
トトカルチョといえば会盟

129 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 06:27:41 0
>>126
おまえ等は、皆殺しだからw

130 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 08:18:19 0
>>122
歴史に学ぶことと、歴史を自分の主張に都合よく引用することとは
似て非なるものなんですがね。


131 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 10:38:44 0
>>129
はぁ? 皆殺しはどっちなんですか?
いいですか。在日コリアンが多数選定される人権擁護委員は、
国民生活を支配できる程の強力な権限を持ちます。
つまり、私達在日コリアンの前に敵はいなくなります。私達に
批判的な人間は「人権の敵」の名の下に、全て社会的に抹殺されるでしょう。
皆殺しなどとほざく、アナタの吠え面が見物ですね。ははは。


132 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 10:48:37 0
分かり易い自演は止めなさい。

133 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 13:48:10 0
>>130
我田引水というやつですな。
この言葉の出典なんだったかな?

134 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 22:41:07 O
うろ覚えだと魏の文侯くらいの改革か何かじゃない?

135 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 15:53:19 O
ほしゅ

136 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 03:06:00 0
自演でないのに自演とされるのは
あまり愉快なものじゃない。

137 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 14:24:06 0
自演だと思わないと納得がいかんくらいとんちんかんな発言ってこった

138 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 15:17:58 0
まともに反論できない人は自演扱いにはしりやすいから

139 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 16:25:20 0
スレ違いにまともに反論してどうする

140 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 19:25:24 O
妙に盛り上がってますな

141 : ◆QqQquqqauQ :2005/08/16(火) 21:38:41 O
皇氏の氏族名は当時から畏れ多くて忌避される、
ということはなかったのだろうか。

142 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 15:29:08 0
>>140
斉では公子高を祖とする高氏と、公子旗を祖とする高氏があったわけだから
特別タブーというのは無かったのでは?

143 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 17:09:13 0
保守かねて
最近春秋戦国に関する本って発売されたっけ?

144 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 21:39:57 0
されてる

145 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 03:04:29 O
ほしゅ

146 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 03:07:27 0
夏は本読むのが面倒臭くなっていかんなぁ
春秋物のマンガで横光以外に何かありますかね?

147 :永遠の青 ◆pkFA3D428. :2005/08/22(月) 21:56:22 0
>>146
東周英雄伝などいかがでしょうか。

148 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:13:19 0
>>147
久しぶりな気が……

最近、あまり書き込んでない気がするんすけど?

149 : ◆QqQquqqauQ :2005/08/22(月) 23:50:10 0
孔子暗黒伝

・・・すいませんうそです。

150 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 05:27:13 0
なぜか、日本史板にこんなスレが。

【春夏】なぜ「夏」がつく人名は少ないのか【秋冬】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1124704728/

151 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:31:30 0
>>150
なぜかも何も、日本人の人名に関するスレだから春秋とはなんの関係もないよ

152 : ◆QqQquqqauQ :2005/08/24(水) 01:41:31 0
夏姫の不祥にに繋げたいとかかね。

153 :146:2005/08/27(土) 22:18:44 0
今は「殷周伝説」を読んでますw

154 :田単 ◆gm1aR3Q.f2 :2005/08/29(月) 10:14:32 0
>>153
面白いんですか、それ?

155 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 16:50:57 0
人に聞く前に自分で確かめればいいんでない?
百聞は一見にしかずというではないですか

156 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 00:09:45 0
殷周伝説って殷周革命が話の中心で、武王が功臣を諸侯に封じて
呂尚が斉にいくところで終わりだから春秋物っていえるんだろうか。
ぎりぎりOKなんか?

157 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 22:59:47 0
春秋時代は東周
殷周革命は西周

158 :世界@名無史さん:2005/08/31(水) 00:34:45 0
156だがたしかに春秋時代の始まりは東周からだから
ぎりぎりどころか思いっきりNGだな…。バカなこと書いてすまんかった。


159 :世界@名無史さん:2005/08/31(水) 00:38:42 0
血縁だから別にいいだろ

160 :世界@名無史さん:2005/08/31(水) 07:03:57 0
つか、東周スレ立てても保たないだろうし。

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)