5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ロシア古代中世史

1 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 15:23:06 0
スラブ民族の東漸、ヴァイキングの植民、キエフ・ルーシ、タタールのくびき、
モスクワvsトヴェリ、モスクワvsリトアニア、等。

114 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:01:34 0
>>113
アンリ・トロワイヤの本にちらっと出てた気がするが
たしかテーマ別に4つの部屋があったってやつ?

115 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:58:09 0
>>67
今でも使われている。ブルガリアのソフィアで、イスタンブールまでの切符を買ったとき
窓口のおばさんが、「ツァーリグラッド」と言ったので驚いた。
因みにブルガリアではベリコ・タルノボのことを第2次ブルガリア王国時代、
「ツァーリグラッド」と言った。

116 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 10:44:26 0
スルタングラードのほうが相応しいと思うが・・・?
トルコ支配時代にはスルタンカリフもブルガリア語セルビア語で「ツァーリ」と言っていたのか?

117 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:43:09 0
>>114
ビザンツ皇女が、古代ギリシアの貴重な文献を持参金として持ってきた
そうな。


118 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:17:36 0
115ですが、トルコでイスタンブールをなんていってたか、知りませんでした。
ビザンツ時代は単に「ポリス」といっていたそうで、日本語で言えば、「みやこ」という
ことになると思います。最近では東京のことをみやこ、ということは
なくなりましたが、「都(と)は」という言い方や、「上京」という言葉に
ちょっと残ってますね。

スラブ人がスルタンのことをなんていってたか興味がありますね。

119 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 21:40:57 0
>>118
「バルカン総合スレ」なら知っている人がいるかも。

イヴァン雷帝の時代、所有派に属していたモスクワ府主教フィリップは
ツァーリに逆らって最後には絞殺される。

120 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 14:02:47 0
ttp://www.ohtan.net/column/200308/20030826.html
ニコライ一世治世下のロシアを1839年に旅行したフランス貴族のアストルフ・
ド・キュスティーヌ(Astlphe de Custine)は、旅行記をパリで1843年に出版しま
す。

 「ロシアは野蛮人から解放されてまだ四世紀しかたっていない。西側世界が同様
の危機に直面したのは14世紀も前だ。」(PP31)、「「ロシア人はまだ文明化してい
ない。彼らは組織化された(regimented)タタール人以上の何者でもない。」
(PP74)、「モンゴル人の侵略以来、スラブ人は奴隷になってしまった・・最初は征
服者の、そしてその後は自分達の貴族達によって。そして農奴制がロシアに確立し
た。単に事実としてではなく、社会の根本法として。」(PP31)、「ビザンツ帝国の
ミニチュア版とモンゴル(horde)の凶暴さの不自然な合成物<こそロシアだ>」
(PP37)、「四世紀もの間、欧州とアジアの間で揺れ動いてきたロシアは、いまだ自
らの努力で人間精神の歴史に何物かを貢献するに至っていない。何となれば、ロシ
アの国民的性格(national character)は借り物によって影が薄くなってしまって
いるからだ。」(PP229)、



121 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 21:00:24 0
ピョートル大帝がスウェーデンと戦ったとき、アジア系の民族もロシア軍に
加わっていた。

122 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 14:37:23 0
聖キュリロスとメトディウスを援助したモラヴィアの豪族ロストスラブって、
どんな人物だったの?

123 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 14:43:29 0
>>121
カルムイク人とかか。弓矢で戦ってたんだろうか?

124 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 16:02:17 0
>>123
バシキール人も。

125 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 22:03:54 0
17世紀頃には遊牧民も普通にマスケット銃とか使ってたらしいけど。

126 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 17:14:38 0
イヴァン雷帝は玉座をカザン皇子シメオン・ベクブラートヴィチに一時
譲ったことがある。
いったい何がやりたかったんだろうか?

127 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 11:20:26 0
>>126
1.狂人のきまぐれ
2.チンギス裔から帝位を禅譲されることによってハクつけ

この二つ以外の説もあるかも知れないけど見たことないなー

128 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 15:59:29 0
スクルィンニコフの「イヴァン雷帝」にシメオンへの禅譲について触れてる箇所があったか思い出せない

129 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 16:24:13 0
>>127
3.佯狂者に「一年以内に大公の命が失われる」と預言され、身代わりを
たてた
4.オプリチニナ廃止後、「非常大権」が使えなくなったので、嘆願書を
傀儡大公に提出することによって、実質的な勅令を貴族・聖職者会議の
意向を気にすることなく出せるようにした。

という説もある。

130 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 16:32:25 0
>>129
4だったらせこいですね。
治世の初期にも退位すると脅して貴族の力を弱めたらしいけど。

131 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 19:15:50 0
モンゴール!モンゴール!ボレボレ!ゴーラ!

132 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 20:28:12 0
『ラドネジの聖セルギイ伝』に、聖者がパンを二つに裂いて一つを熊に
渡してやった、というエピソードが紹介されている。
三浦清美氏いわく、異教的な霊威を敵意をもって撲滅するのではなく、
祝福によってキリスト教の信仰の中へと取り込むのだそうで。

ロシア人の「二重信仰」について、宗教改革を経験しなかったからだという
人がいるが、東方正教会の、「キリスト教化しても既存の文化を全面的に
継承する」という考え方も影響しているかもしれない。
だからビザンティン帝国では古典ギリシャの文化が否定されなかった。

133 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 06:21:47 0
>>131
グイン厨きもいっー☆

134 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 19:10:42 0
>>132
宗教改革というか魔女狩りがなかったせいでは。
「ウシの乳が出なくなったのは隣のババアが呪いをかけたからだ」
みたいなレベルの「魔女狩り」はあったらしいが・・・

135 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 20:29:38 0
フィンランドの叙事詩『カレワラ』が今日まで伝わったのは、あの地域が
ロシアに支配されていたからだという説をどっかで読んだことがある。

136 :世界@名無史さん:2005/08/26(金) 11:46:28 0
阿部勤也『西欧中世の罪と罰』(弘文堂)に、ローマ・カトリック圏で使われて
いた「贖罪規定書」の内容が紹介されている。
そこでは異教の迷信・呪術・魔術のたぐいが、司祭に告解し、贖罪をしなければ
ならない罪として事細かに記されている。
ロシア正教会の場合、司祭が信者にこういう指導を行っていたんだろうか?

137 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 20:19:26 0
ゲルマン人の王たちは、ゲルマンの神々の末裔ということになっていたけど、
東スラヴの公たちはどうだったの?

138 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 21:03:08 0
いつのまにか強国になって居るんだよね。


139 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 01:27:12 0
>>137
フセスラフ人狼公は、「母親が魔術によって生んだ」ということに
されていたはず。

140 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 09:46:27 0
帝王切開でもしたのかな?

141 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 11:46:24 0
>>136
ロシアの場合、広大な地域に人口が拡散してたので聖職者の数が足りなくて
農民は地面に掘った穴に口をつけて告解してたとか・・・
大地崇拝とキリスト教の習合だという話。

142 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 13:03:48 0
>>141
『カラマーゾフの兄弟』で、アリョーシャが大地に接吻する場面が
出てくるけど、あれもそうなの?


143 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 13:36:19 0
>>142
そういうニュアンスだったと思う。
「悪霊」でテロリストの名前がピョートルなのも伝統文化を破壊した
ピョートル大帝を意識してつけたんだとか。

144 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 19:54:55 0
>>141
「罪と罰」でも、ラスコーリニコフが大地に接吻する場面があるよね。

145 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 20:41:09 0
露助はロシアの大地(ロジーナちゃん)が大好きだからな。

146 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 21:12:00 0
東方正教会の聖職者にいわせると、
アリョーシャの大地への接吻は、異教的な意味を持つものではなく、
神の創造した天地であるこの世を受け入れ、アリョーシャの生活の中に
神との親しい交わりがはじまったことを表しているのだとか。

147 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 22:59:10 0
川の水にあたまつっこんだらギリシア正教者

148 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 00:42:16 0
ロシアの農民は、近代になっても、『土地は人の手により造られたものでは
なく、売り買いされてはならない』、『神の賜物』などと述べ、森や水域
なども含めた土地の私的所有を否定し、土地の帰属をそこへ投下された労働に
よって主張したといわれる。

中世初期のスカンジナビアでも、オーダルと呼ばれる農民世襲地があって、
この土地を他人に譲渡した場合、たとえそれが数世代前のことであっても、
オーダルの所有権は移らず、金を払えば事実上いつでも取り戻し可能。
つまりオーダルの権利は土地にではなく、人と家についていたのであった。

149 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 02:23:26 0
アメリカがユネスコを脱退したとき
世界遺産は東側諸国集中しまくっていて不公平だと妄言を言ったことは有名ですが
まあ、中国はわかるとしてロシア(ソ連)って世界遺産がゴロゴロあるような歴史のある国なんですか

150 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 02:31:39 0
単に、グランドキャニオンくらいしか誇れる世界遺産のないアメリカが逆切れしただけ
中国ほどではないにしろ、西欧や日本にも世界遺産はゴロゴロあるよ

ロシアは文化系の遺産は並程度だが、自然系の世界遺産はかなりあったはず。

151 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 11:11:01 0
ttp://4travel.jp/overseas/area/europe/russia/sekaiisan/
ロシアの世界遺産

152 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 16:14:31 0
てゆうか遺産登録しておかないと
東側だとすぐに壊されるからじゃないの?

共産主義の下どれほどの歴史的遺物が壊されたことか…


153 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 20:38:23 0
>>152
共産主義時代に破壊されたものといえば、「モスクワ救世主キリスト教会」。
(1997年に再建されたが)

ところで、モスクワの「赤の広場」にある、イヴァン雷帝が建てた聖ヴァシリー
聖堂は、ドームの高さも大きさも色彩もまちまちというのが変わってるね。
ハギア・ソフィアのようなビザンツ時代の建築ともまた違っている。
のちに西欧人から「病的な夢想の産物」などといわれたりしたが…

154 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 20:52:16 0
>>152
あまりに偏狭な見方だと思う
反中の漏れからみたって、歴史の古さという点では
アメリカは中露に遠く及ばないと思うぞ
遺産の絶対数も当然ぜんぜん違う

155 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 21:46:11 0
>>136
第一八〇章 お前は、ある女たちがするように悪魔に唆されて次のようなことをしたことがあるか。
洗礼を受けずに子どもが死んだとき、子どもの死体を取り上げ、どこか秘密の場所に置き、子どもの体を
杭で刺して、もしこうしなければこの子は生き返り、多くの者に害をなすという。お前がそのようなことをし、
あるいはそれに同意を与えて信じた場合は、指定された日に二年間の贖罪を果たさねばならない。
 阿部謹也『西洋中世の罪と罰』p202

↑この辺はロシアのメルトヴャーキ、不浄の死者に関する信仰に似てるね。

156 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 23:38:01 0
ttp://www.ff.iij4u.or.jp/~yeelen/tyburn.htm
命は神によって与えられ、それを奪うのもまた神の専権事項であるため、
自殺は悪魔に魅入られた者による神への冒涜行為であり、コモンロー上の
重罪とされていた(felo-de-se)。自殺者は財産を国王に没収されたうえ、
その死体も墓地に埋葬してもらえず、自殺現場から最も近い十字路に運ばれ、
そこに心臓に杭を刺して埋められた。十字路の象徴する十字架の力と、
死体の上を常に人馬が踏み固めることで、自殺者の悪霊がさまよい出て
生者に害をなすのを阻止できると考えられていたのである。

157 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 00:05:02 0
不浄の死者って吸血鬼と違うの?

158 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 01:07:13 0
ttp://src-home.slav.hokudai.ac.jp/publictn/51/fujiwara_note.pdf
現代ロシアにおける呪術の語り

159 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 13:52:41 0
>>157
不浄の死者の一種が西欧に伝わってポピュラーになったのがいわゆるヴァンパイアでは。

平賀英一郎の「吸血鬼伝承」によると、中世初期には西欧にも、悪人や異常な死を遂げた者の死体が
死後も生命を保ち災いをなす(吸血など)という信仰があったようです。
カソリック圏で煉獄の概念が生まれてから消えていったらしい。

160 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 14:33:27 0
ヴァムピールと同系統のロシア語「ウプィリ」が中世において
どういう実体を指していたのかはよく分からないようです。

ウプィリという語の初出は1047年の記録で、ノヴゴロドの聖職者か
公のひとりの名前としてあらわれるらしい。
英語圏のサイトで検索すると「"Upir Lichy"すなわち邪悪な吸血鬼の意」
と解説されてるのがほとんどだけれども、おそらくそれらが典拠にして
いると思われるJan L. Perkowskiの"The Darkling"を読んでみても
何を根拠にそういってるのかは分からない。
ちなみにロシア語で検索するとなぜかУпырь Лихой(ウプィリ・リホーイ)
として出てくる。

詳しい方解説キボン

161 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 15:58:57 0
ttp://www.schemer.org/ars/temp/vampire.php
語源をスラヴ諸語に求める説は現在もっとも広く受け入れられている。
例えば、ポーランド語の「翼をそなえた」 upierzyc または「翼ある
亡霊」 upior であるとするものがある。『ポーランド帝国自然史』
(1721)の著者ルツァチンスキーによると「屍衣を食べ、己が肉を
食らい、墓場から蘇り、人に襲いかかり首を絞める怪物を、男なら
ウピール upir、女ならウピールチカ Upierzyca と呼んでいる」
のであり、更に「ウピールとは、翼の生えた、容易に動き回ることの
できる人体という意味である」。また、ロシアの言語学者ソボレフスキー
やフランスのスラヴ語学者ヴァイヤンは -pir をロシア語の「飛翔する」
parit’、「羽」pero に結び付けた.
一方、セルビア語の vampir の綴りから、「飛ぶ」 pir と否定を表す
vam が組み合わさったとする説もある。スラヴ祖語の形からのアプローチ
として、ポーランドの言語学者ブリュックナーは、『ポーランド語語源辞典』
(1957)において -pyr’ に注目し、それを 「飛ぶ」per という動詞の
語根と関係付けた。彼は、「大蝙蝠」を意味するロシア語の netophy’
(ne-to-phy’)、ポーランド語の nietoperz(nie-to-perz)が、
否定詞的接頭辞と「飛ぶもの」との結合から「鳥ではないもの」という
意味になっている語構成法の類推から、 吸血鬼の原語を「鳥に似て
非なるもの」の意に解釈し、「原初的なヴァムピールは長い鋭い嘴を
もって、犠牲者の血を吸う夜鳥の姿をしていたからである」と説明
している。

162 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 16:33:15 0
>>161
平賀英一郎さんの「吸血鬼伝承」からの抜粋ですね。
ちなみにその本ではUpyr系統の語のテュルク語源説も紹介してました。
タタール人などの間にはテュルク語のop「飲み込む」を語源とするウベル、オブル等の言葉があり
「魔女、悪霊、食らうもの」といった意味があるそうです。
あまり主流の説ではないようですが。

ちなみにロシアでウプィリが吸血鬼を表すようになったのは、西欧の吸血鬼小説の流行でヴァンピール
という言葉が逆輸入されてからの現象らしいです。

163 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 18:55:50 0
東方正教会では、聖堂は神の小宇宙が地上に降り立ったものと考えられ、
柱は建物を支えるものではなく、天上から下がる蔦のようなものとみなされた。
宇宙を象徴する形がドームである。

ちなみに、ロシアの農家も宇宙の構造をモデルとしている。
居間の四隅のうちの一角は「美しの隅」と呼ばれ、三角形の神棚の上に
イコンが置かれる。
その対角線上に「ペーチ(竈)のある隅」があり、そこには祖先の霊が宿ると
信じられた。
また、地下室と屋根裏は家の中の「異界」であって、ドモヴォイ(家の精)
が好む居場所である。


45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)