5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【卍】ヒトラー総統:意志の勝利【卍】U

1 :パウラ :2005/07/20(水) 22:03:24 0

総統没後60年が過ぎて、記録映画「意志の勝利」などで、総統の姿や演説を聞くと感涙に咽ぶ思いである。
総統はフリードリッヒ大王に並ぶ歴史上の偉人として、その名を刻んで欲しかった。
ヨーロッパロシアを平定して大ドイツ帝国を樹立して貰いたかった。
あと僅かのことで、それは実現したはずなのだから。
総統は亡くなったが、総統の意志は我々に受け継がれていると思っている。

前スレ http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1110132926/


132 :124:2005/08/08(月) 02:36:45 0
>131
詳しい回答ありがとうございます。
ということは、40年の対仏戦後の日独再接近→三国軍事同盟:英米に対抗。
従って仮に40年の対仏戦がまたも膠着→日独疎遠のまま(複雑怪奇:平沼:以降)
→米国の対日圧力→屈する→支那の利権放棄(満州は?)、それ以外の国土は保全。
と、あたしは思うのです。米国の圧力に対して、ドイツとの同盟がなければ、
日本一国で対米宣戦は行わなかったのでは、と思うのですが。
 (夢想ですが、満鉄の利権を米国にも渡すことで交渉をしているうち反日ルーズヴェルトが死んで、
満州を米国も国家として認め、日本は今も南樺太、千島、台湾、南洋諸島を
領有して、サムライの国として世界から一目置かれる常任理事国だったら良かったな〜。
と思います。朝鮮の人も戦前は本当の日本人に成りたがっていましたから、
あの敗戦がなければ朝鮮すら日本国のままかも知れませんね。
すると、今の日本、韓国、北朝鮮、台湾、南樺太の人口を合計すれば
2億3000万人位の国家と成っていましたから、米国に準じる超大国になっていたかと
残念に思うのです。涙)


133 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 03:11:39 0
>>132
三国同盟がなかったとしても、対日石油禁輸までやられたら、
当時の日本としては対米宣戦に踏み切らざるを得なかったでしょう。

当時のアメリカが世界大恐慌の痛手からなかなか回復できず、
(失業者数や卸売物価指数が完全に恐慌前水準に復帰したのは
第二次大戦参戦後のことです)
すこしでも輸出を増やしたいと思っているときに、日本が力づくで
アジア市場を独占しようとしているのですから、アメリカとしては
とても座視できなかったでしょう。
当時のアメリカの貿易相手国としては中国よりも日本の方が
取引額からいえばはるかに大きかったのですが、中国の市場としての
将来性の魅力は今も昔も大きなものがありました。
一方、日本としては対外全投資の8割以上が中国向けで、列強中ダントツの
一位であり(1937年)、とても手を引くことなどできない状態でありました。
したがって中国の利権を放棄して満州に引きこもるなど不可能です。
そもそも日中戦争自体が北支に満州国との緩衝地帯を設定したいという
欲望から盧溝橋事件を機に一気に拡大したものであり、日本の認識では
満支は不可分でありました。
日中・太平洋戦争がなかったら、という仮定に惹かれるのはわかりますが、
私見ではそれは当時の国際国内事情を無視した空想でしかありません。

134 :124/132:2005/08/08(月) 10:01:44 0
>三国同盟がなかったとしても、対日石油禁輸までやられたら、
>当時の日本としては対米宣戦に踏み切らざるを得なかったでしょう。
そうですか。
>満支は不可分
となると、日米開戦を回避するには、ビスマルク級の卓抜した政治家の出現がないと無理だった。
東條英機クラスでは独伊なくとも開戦しただろうと言うことですか?う〜む。

135 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 00:35:27 0
小泉の「郵政解散劇」を観て、
劇場型政治家と思ったけど、ヒトラーもその大先輩だな。

136 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 18:27:26 0
小泉VS反乱軍は、ヒトラーなら、長いナイフの夜にて粛清だ。

137 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 10:01:26 0
自民党も親衛隊や突撃隊を持つべきだな。

138 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 10:26:13 0
すると郵政民営化反対の本丸綿貫は、国家反逆罪で銃殺か、同性愛の濡れ衣で失脚かな?

139 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 10:42:32 O
バカの長文は読むに堪えない

140 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 13:27:49 0
ヒトラーの演説は長いことが多かったが、聞くに堪えないなんてことはなく、皆、恍惚状態になったものだ。


141 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 13:51:48 O
( ´_ゝ`) フーンお前いくつ?

142 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 13:53:00 O
それと何人?

143 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 15:56:38 0
>( ´_ゝ`) フーンお前いくつ?
14歳
>それと何人?
名古屋人

144 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 16:13:25 O
14歳
 見てきたように
  物を言い

145 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 20:50:59 0
こういう年頃のときはあこがれるものですよ
苦笑は禁じ得ないがw

146 :143:2005/08/10(水) 20:54:48 0
144、145は国家秘密警察により逮捕・銃殺だぎゃあ!

147 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 21:41:19 O
酒鬼薔薇を信奉するのと似たようなもんだな。
普通は流行り病で終わる。まあコイツはこじらすかもしれないが。

148 :143:2005/08/11(木) 00:02:09 0
フッ
俺は東真一郎とは違うぞ。
お前たちは、俺が単なる憧れやヒロイズムからヒトラー研究をしていると思ってるのか。
ヒトラーの成功と失敗の研究は、今も価値あるものさ。


149 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 04:28:10 O
そんな14歳

150 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 12:40:55 0
ありゃりゃ、又クソレスか・・・・・

>ヒトラーの成功と失敗の研究は、今も価値あるものさ。

ダンボーラーやブルーシターズな自由業の方々を研究をした方が600万倍ましかと



151 :143:2005/08/11(木) 16:30:14 0
>ダンボーラーやブルーシターズ
なんだ、訳の分からんカタカナ言葉を書いて!
ヒトラーの大衆に分かり易く支持されやすい政治を顧みる時、
今回の郵政解散劇は、小泉の思惑通りになるのが予想される。
ヒトラー研究は現代にも生きるのさ。

152 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 06:00:57 O
そんな14歳の独り言

153 :143:2005/08/12(金) 16:25:28 0
今度の衆議院選挙は小泉自民が勝つと観る。
政治手法が強引であっても、大局から観て必要な改革なら、断行する姿勢は国民の支持を得る。
丁度、SA/レーム粛清は、非合法的であったが、国民は歓迎したよな。
ヒトラー神話の形成もあれを機に始まった感がある。
ヒトラーの研究は現代にも生きるとは、温故知新と言うことさ。

154 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 22:22:06 O
誤字脱字もなんのその。14歳ですからね。多目に観てよ

155 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 22:24:46 0
  ∧_∧
 ( ,,・∀・) マターリ
 ( つ旦0  
 と__)__)

156 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 22:52:02 0
九歳の小学生が「我が闘争」を愛読してると学校に持ってきた
なんて話を身近に聞いたことがある

多分誰もが通る道

157 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 23:05:33 O
さすがに「誰もが」は言い過ぎだろ。
でも俺もヒットラーごっこはした口だが。

158 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 23:35:48 0
こうしてみると彼は永遠の悪役ヒーローなんかも試練。

159 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 00:29:14 0
結局ヒトラー本人の言説を皆知らなさ杉。
ボルマン文書をヒトラーが語ったものであることを伏せて現代人に聞かせたら、
5割は現代人の常識でも当然、3割は当時の常識で当然、当時の人の間でも
意見が分かれただろうと思われる内容は2割くらいしかないだろ。


160 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 00:37:01 0
まぁ、民族の誇りを持ち勤勉に国家に奉仕しろなんて、皆言ってるしね。
毛沢東もホーチミンも・・・あれ?

161 :「悪役」は取れよ。:2005/08/13(土) 01:09:19 0
>>124
>>こうしてみると彼は永遠の悪役ヒーローなんかも試練。

 こうしてみると彼は永遠のヒーローなんかも知れん。

 「永遠なるヒトラー」だ。本の題名だな。


162 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 04:01:15 0
>>159

そうだろうね。
それを、ヒトラーの言葉と教えずに
例えば、サヨにはマルクスの言葉として
コヴァには、天皇の言葉として
それっぽく、聞かせてやったら
皆、「良い言葉だ。」って言うのだろう。
結局、先入観っていうか偏見があるんだろうな。

163 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 05:58:00 O
ある人は予備知識と言い、またある人は先入観と言う

164 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 06:00:52 O
そしてヒトラーに不利な言葉のみ言い換えを求める人
不思議不思議

165 :\(^■^ ラ 【卍】:2005/08/13(土) 09:49:59 O
【1938年9月6日、ニュールンベルク党大会での演説】
我々は旧きオーストリアと新しきドイツ国家との合併の成功について神に最深の感謝を捧げたいと思う。
神はその無限の恩寵によってわがドイツ国民の生命も血も賭するを須いずして
これに偉大な勝利を許し給うた。
国民社会主義に挙国一致して協力することがなかったなら、
これは決して可能ではなかったということをドイツ人は忘れてはならぬ。
三月十二日の朝、新しきドイツ国家の旗が国境を越えて進軍した時、
それは従前と異なり、もはや制服の印しではなくて、
一切ドイツ民族の大同団結のシンボルであった。
わが若きドイツ軍がこの新しい地域に進めた軍旗は、
オーストリアにおける困難な闘争の勝利の旗印となった。
今度初めて、思想が征服し一国民の合併を行った。
我々及び我々を継ぐ一切の人々にとって、
ドイツ民族の国家は今後益々大きなドイツとなるのみであろう。

【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\



166 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 10:06:23 0
総統は「ゆとり教育」推進派

 私の子供時代、生徒は一定水準を達成するだけでは不十分だった。各分野でレベル以下の
成績を取ることが許されなかったのだ。一つの分野で特殊な才能のある生徒にできない分野
を無理じいしてはずかしめる必要がどこにあるのだろう。彼が才能を与えられている分野で、
その能力を伸ばせるようにしてやる方がずっといいと思うのだが。
 四十年前の歴史の授業といえば、無味乾燥な年号の羅列に終始した。歴史観が完全に欠落し
ていたのだ。その上、この無味乾燥さに多少なりとも生気を吹き込む能力が教師になかったと
すれば?授業は拷問以外の何ものでもなかった。
 私のフランス語の教師は生徒の間違いをあげつらうのが唯一の関心事だった。些細な間違い
を見つけては生徒をいじめて喜んでいた。
(ボルマン文書)

167 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 11:01:47 0
>>165
ネタ師にしてもレベル低すぎ

1932年8月13日
ヒンデンブルク大統領ヒトラーへ入閣要請をするが、ヒトラーは首相の座を要求して入閣を蹴る。

後のうやむやな政権禅譲劇につながる伏線ですな。


168 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 22:04:35 0
【卍】 ≦予 ̄>
  G\(^■^ ラ
   \ <!>+\

↑コテハンみたいなもんだろ?

169 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:43:15 O
双頭の総統が、相当の僧徒と闘争し、僧徒を掃討した。

170 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:03:50 0
>>124,132,134「キメラ・満州国の肖像」でも読んでみれ。




171 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:20:53 O
おお、パレスチナの民よ。
恐るべきはイスラエルのユダヤ人達。
ユダヤ人達はパレスチナ人の土地を奪い、女・子供・老人を虐殺し続けている。
パレスチナ人の若者達はユダヤ人の侵略に対し抵抗運動インティファーダを行なう。
しかしユダヤ人達は最新鋭の戦車・戦闘機・ロケット砲で無抵抗の老人が住む民家を狙っては報復と称して破壊し焼き尽くしているのだ。
ユダヤ人はパレスチナ民族を絶滅させようと目論んでいる恐ろしい人種だ。

172 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:26:50 0
>>171
反ユダヤ感情で自慰をするのは他でどうぞ。ここは世界史板です。


テロをしかけるパレスチナも悪いだろ。パレスチナが難民のままなのも、幹部の連中が
援助金を自分の懐にいれているからだし。


173 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:42:16 O
>>172
君はバカだなあ。ユダヤ人がパレスチナを侵略したんだよ。
抵抗運動するのは当たり前だろ?それを知らない君はモグリだな。ちゃんと勉強しろ。

174 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 22:07:11 0
>>172
パレスチナの住民の戦いは、フランスのレジスタンスの戦いみたいなもんだろ。


175 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 22:29:30 0
イスラエル・・・。
部落へ攻撃ヘリで襲来、やりたい放題して報復だ?
ありえない

あぁ、ごめんスレ違いだ


176 :143:2005/08/27(土) 09:34:29 0
ふっ
俺は14歳名古屋人だが、選挙の大勢は自公が過半数を制す見込みだぎゃあ。
こんなものは、衆院解散直後から読めたよ。『ヒトラーの研究は現代にも生きる』

153 :143:2005/08/12(金) 16:25:28 0
今度の衆議院選挙は小泉自民が勝つと観る。
政治手法が強引であっても、大局から観て必要な改革なら、断行する姿勢は国民の支持を得る。
丁度、SA/レーム粛清は、非合法的であったが、国民は歓迎したよな。
ヒトラー神話の形成もあれを機に始まった感がある。
ヒトラーの研究は現代にも生きるとは、温故知新と言うことさ。

177 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 15:24:41 0
まだ居たのかお前。宿題は終わったか?

178 :143:2005/08/27(土) 17:32:03 0
177よ、シュタウフェンベルクのように吊るすぞ。

179 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 00:19:33 O
ふっ←カッコイいつもりか?ぼくちゃん

180 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 01:25:46 0
それからシュタウフェンベルクは絞首刑じゃなくて銃殺だぞ。
まだまだ勉強が足りんな。

181 :143:2005/08/28(日) 17:53:08 0
兄者、すまんな。
シュタウは、ムッソリーニにように銃殺後、吊るされた,と記憶していたが、
さっきググッてみたが、そこまでは書いてない。
俺の記憶の中で、たぶん他の連中がピアノ線で吊るされたのと混同してたようだ。
もっと勉強するぜ。

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)