5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

WW2枢軸軍勝利の可能性

1 :某研究者:2005/07/23(土) 16:21:50 0
WW2で枢軸軍が連合軍に勝利する可能性
まあ今回は世界史板で議論したいわけだが
(枢軸国全体では無く日本やドイツの単独勝利の可能性
 或いはロシア・米英・仏等の単独勝利の可能性
 連合軍がもう少し上手く枢軸側に勝利出来る可能性等も議論したい訳だが)

http://yasai.2ch.net/army/kako/1011/10116/1011658833.html
http://hobby.2ch.net/army/kako/1013/10133/1013347806.html
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1054033451/1001-1100
WW2枢軸軍勝利の可能性1・2・3

http://page.freett.com/dat2ch06/030526-1006928222.html
続・独ソ開戦から60年、本当はどうだったの?
http://page.freett.com/dat2ch06/030526-1044523123.html
大東亜戦争 日本の敗因  3
http://page.freett.com/dat2ch06/030526-1045971089.html
海上護衛戦〜大海令第三号〜

223 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 23:34:37 0
第一次世界大戦時にドイツ軍は100km以上も
飛ばせる長距離砲を作っていたんだな。
これだから、ドイツは恐れられるのか。
ヴェルサイユ条約で、砲の開発が禁止された訳だ。


224 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 23:49:45 0
まあ、長距離砲はいいが、数が少なければあまり意味ない

225 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 01:21:03 0
>>ヴェルサイユ条約
それをいうならフォッカーDZの方が恐れられたわけだが。

226 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 08:00:47 0
長距離砲はそんなに脅威ではない

227 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 22:41:22 0
ジブラルタルは、爆撃だけで無理に制圧する必要はないんじゃないのか?

228 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 08:12:35 0
まあな

229 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:31:09 0
ジブラルタルを守るのがモンティなら、ドイツ軍はパルチザンとの
戦いも懸念が必要だろう。
モンティはインド・中東でもっとも得意としたのがゲリラ戦法。
正面攻撃は攻め手のドイツ軍が優位だが、ゲリラ戦ならなんとかな
るのでは?
イギリス地中海艦隊はアフリカのモロッコに移動かな。

230 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 22:05:45 0
>>229
アレキサンドリアだろ。
あるいはスエズのポートサイド。

231 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 23:26:32 0
ジブラルタルはたいそうな要塞だが、シンガポール要塞と一緒の運命をたどるだろうよ。
包囲されたらおしまい。


232 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 08:58:50 0
>>229
それとも、マルタ島

233 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 09:58:44 0
マルタにはそんな大艦を収容・補修できるような施設はないし、
イタリア・ドイツ軍の制空圏内だろが。
アレキサンドリアか、大西洋の島嶼部だな。

パルチザンはまず、結成から組織に数年かかる。ジブ港の防衛戦
にはとても間に合わない。

234 :アドルフ・ヒトラー 影武者2号:2005/08/13(土) 10:04:47 0
待ってろ。アレキサンドリアは次往くから。

ナポレオンはスフィンクスの鼻を吹っ飛ばしたが、わしは
ピラミットを列車砲で貫通させてやるわい。
奴のいったところは、全部、国家社会主義労働党の旗がは
ためくのである。
ヤルッツェ・ブラッキン!(違

235 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 16:44:46 0
地中海艦隊は英国本土に戻るという選択肢もあるが、

236 :ホーランド提督:2005/08/13(土) 21:44:42 0
そうなれば、マルタ・キプロス・アレキサンドリア・スエズからも撤退
しなければなりませんぞ。
インド航路は喜望峰周りだけになるがよろしいか?

237 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 00:11:33 0
どうしてそうなるんだ。

238 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 04:47:44 0
>>236
あなた、イギリス東洋艦隊の根拠地ってご存知?


239 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 07:09:42 0
イタ公がまじめにマルタを占領すればいいがな。
パスタ食ってる奴は信用できない軟弱者が多いから・・・

240 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 07:54:25 O
日独のソ連挟撃だと思う。

241 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 08:46:12 0
1940年ごろだと、マルタにはろくな戦力が残っていないから、弱小イタリア
軍でもどうにかこうにか占領できるかな? 日独のソ連挟撃は無謀過ぎ。

242 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 08:52:33 0
日本は逆に満州取られそうだな

243 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 09:43:17 0
>>239
そうだね。パスタ食ってる奴は信用できないバカが多いなぁ・・・
材料のせいかね?

244 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 09:49:55 0
イタ飯って、人類を怠惰、無能にする化学物質が入ってるんだよ。

245 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 10:11:58 0
自作自演の包茎くん乙。恥垢臭で頭までおかしくなったようだね。

246 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 17:28:20 0
おまえもな

247 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 17:41:23 0
>>242
いやそれはないよ。ソ連軍ではよくて、
ノモンハンみたいな痛み分けでしょう。

248 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 17:58:34 0
満州をとられはしないだろうが、シベリアに侵攻した関東軍は、
極東ソ連軍に撃退されるのは間違いないところだろう。

249 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 18:00:12 0
満州も危ないよ。
独ソ戦の最中だって極東ソ連軍のほうが関東軍よりずっと戦力が上なんだから。

250 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 20:01:08 0
>>247
ノモンハンのときとはソ連軍戦車の性能が違いすぎ

251 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 21:01:43 0
>>249
見かけはねw。
当時の連隊長クラスが極東方面軍の実態を訴えた悲痛な報告書が公開されてるよ。

252 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 23:40:14 0
>>249
戦力上ではそうではあるが、ドイツ軍が攻勢をかけている状況では、仮に
日本が攻めこんできても、防御重視で、満州にまでは攻めこむことはしないだろうよ。




253 :アドルフ・ヒトラー 影武者2号:2005/08/14(日) 23:57:02 0
さて、フランス・スペインチェックメイトで、ジブラルタルはUボートの
海になったぞチャーチル君。
そろそろ講和のテーブルについてくれないかな?

1.イギリスは国王制を維持でき、賠償金もとらない。
2.イギリス3軍はドイツ軍の監視下、武装解除する。主要艦はキール軍港へ回航する
3.イギリスは戦艦・長距離爆撃機・潜水艦の保有に制限を設ける。
4.イギリスのユダヤ財閥は解体し、憲法も改正する。植民地についてはドイツとの共同管理とする。
5.当面の政治は英国家社会主義労働党を結成し、施行する。

どんなものだね?

254 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 00:09:56 0
ジブラルタルを落としたぐらいで英国は屈服はせん。

255 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 05:39:45 0
外交面で失敗してるから、無理じゃね?
敵は弱いとこから順につぶすもんなんですよ。
馬鹿ばっかりだ、日本軍。
あ、ドイツもか‥‥‥。




256 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 08:23:20 0
馬鹿ばっかりだったから負けたんだな

257 :( ´・ω・) …カワイソス:2005/08/15(月) 09:03:34 O
(〇m〇)香港占領、シンガポール占領、アンダマン・二コバル諸島占領、ポートモレスビー失敗、インパール失敗

(^■^ ラ チャネル諸島占領、英本土失敗、アレキサンドリア失敗、ジブラルタル失敗


[・ム・ ]マルタ失敗(笑)

258 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 09:07:57 0
>>250
まだたいして変わらんよ。それにまだ最新型を極東に大量に配備する余裕はない。
それに戦車じゃ、歩兵にはかてん。

259 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 11:30:13 0
>258
戦車が歩兵に敗れるのは、随伴歩兵を欠いた場合のみですが。
安価に師団砲兵級の火力を投射できる新兵器「自走ロケット砲」の配備も始まったソ連軍に対して、
どーやって歩戦分離を実行できるのか、ぜひ知りたいもんですね。

260 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 11:36:08 0
>>258
>まだたいして変わらんよ

ソ連のBT戦車と日本のチハが
そんなに変わらない性能か?
チハの方が悪い

261 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 12:00:10 0
258=ちんこの大きさ9cm。しかも真性包茎。あまりの恥垢臭で発狂中。

262 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 14:08:24 0
>>253
この条件を持ち出したら何分で交渉決裂するかな。
2分ぐらい?

263 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 14:25:18 0
>>262
イギリス人だからギャグだと思って笑いながら付き合ってくれると思うぞ

264 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 19:32:29 0
>>262
0%

265 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 22:46:02 0
>>264
日本語の出来ない方は半島へお帰り

266 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 23:13:55 0
お前もかえれば

267 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 23:33:19 0
>>259−260
BTじゃノモンハンのときと内容が変わってないよ、
つまり結果は同じ、ソ連軍ではどんなに頑張っても、痛み分けが限界。

そして極東ソ連軍にはまだ、殆ど配備されていないものが、なんの影響を与えるのかわからん。

268 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 23:51:49 0
267はノモンハン後期の改良についての知識が欠如した包茎

269 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 23:52:57 0
だけど、さすがに火炎瓶攻撃は効かないだろう。

270 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 23:56:24 0
当たれば効く。当てればね。

271 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 00:02:31 0
>>268
改良した結果燃え難くなったけど、結果になんか違いがあるか?
三倍の兵力で、五分の損害、おまけに係争中の領土の半分分け。

272 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 00:04:59 0
271はノモンハン後期の両軍の被害の差について何も知らない真性包茎
いい加減、自分が無知無能の上、恥垢臭で公害扱いされていることを自覚して
自殺しろ。

273 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 02:43:36 0
両軍の被害?ソ連軍の方が多いじゃないか。


274 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 02:51:26 0
>>273
火炎瓶片手に特攻しろ

275 :だつお:2005/08/16(火) 05:20:34 0
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍

276 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 08:06:13 0
>>260
砲の威力はBTがやや上だが装甲が目糞鼻糞なので接近すれば撃破可能。
チハでM3と戦うよりはマシ。

277 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 08:29:09 0
実際のところ、被害はソ連軍が多いのか、日本軍の方が大きいのかはよくわかっと
らんからな。ソ連なんて独ソ戦の被害もよく把握しとらんしな。

278 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 09:25:18 0
>>277
あんた適当なこと書きすぎ。
旧ソ連時代じゃないんだよ、本嫁。

279 :アドルフ・ヒトラー 影武者1号:2005/08/16(火) 09:40:40 0
ソ連に手を出す日本は、国家社会主義労働の敵である。
スペインと同様にわがナチスは、スターリン政府を支援し、
空軍と戦車を前線に人道派遣しよう。

リヒトホーヘン、ロンメル。B群集団を率いていきたまえ。
みやげは、寿司と芸者だな。

ということで、同士スターリン。シベリア鉄道輸送はよろしく。

280 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 10:35:51 0
隼か零戦をドイツに供給するんだよ
で、バトルオブブリテンで使用してドイツが勝つ

すると、東部戦線も余裕が出る
アメリカも太平洋の優先順位を下げざるを得ない。
もしかすると太平洋はモンロー主義にするかも・・・
となれば、関東軍はシベリア侵攻してドイツの側面援護

しかし、そうなった場合、ドイツ、アメリカ、日本の三つ巴かぁ

281 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 11:49:49 0
バトルオブブリテンで使ってもらうためには、
一式戦や零式艦戦じゃなくて九九式、できれば九八式じゃないと間に合わないね。

282 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 11:58:04 0
機動部隊を丸ごと貸与

283 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 12:25:29 0
隼は本来なら九十九式
陸軍が不採用したが、太平洋戦争を遂行するに当たり
航続距離の関係で急遽採用。

零戦11型であればギリギリ間に合うな。
ただし中国戦線分をドイツに廻す事になるが。

284 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 19:46:16 0
零戦やらんでも燃料増槽つければドイツ機の航続距離問題は解決。

285 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 19:50:49 0
航空機生産では英国の方が上回っているので、ドイツが航続距離を
伸ばしたとしても不利は変わらん

286 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 20:01:55 0
大型戦略爆撃機による絨毯爆撃とUボートによる海上封鎖が必須。

287 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:59:57 0
>>285
爆撃機の護衛が出来なかったのが、失敗の最大の要因だから、
航続距離の長い日本軍機なら、それが解決されるわけ。
日本機と英国機の対戦成績だと、日本機の方が史実では有利だったから、
(まだ完成していない、零戦二十一型以降だけどね)
護衛ができれば、かなり違う、

ただ日本人パイロットだと、護衛ほったらかして、スピットファイヤを落しにかかりそうな悪寒。


288 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:09:42 0
日本軍機なんかドイツは使用などせんがね。それに、ドイツのパイロットは
一撃離脱戦法をとっているから、零戦を使いこなせないだろ。

289 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:30:44 0
>>287
>爆撃機の護衛が出来なかったのが、失敗の最大の要因だから、
いやぁ戦闘機パイロットの喪失も相当深刻だぞ>>BOB

290 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:32:45 0
そうやな

291 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:00:31 0
>289
ドイツ → 一撃離脱
イギリス → 巴戦

爆撃機の護衛に一撃離脱は無理なので
ドイツパイロットは不得手な巴戦を行い苦戦した

もし、巴戦の研究に余念の無い日本人パイロットが
この戦いに参加していれば歴史が変わったのでは?
と考えるのはロマンが有り楽しいIFだよね

ちなみに日本海軍の源田はこの戦いを観戦武官して
巴戦>一撃離脱 の意志を固め新機種開発に旋回性能
を最重視したのは有名な話。

292 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 02:02:44 0
航続距離の長い戦闘機もいいけど、やっぱり空母が欲しい。
まともな空母数隻で機動部隊を編成できれば、ロイヤルネイビーなんぞ
そう恐れる必要なくなって、Uボートと連携して通商破壊しまくれるのに。

そうしたら、ブリテン島が干上がって、航空機生産量の差なんて
問題じゃなくなる。

293 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 08:22:20 0
無理な話だな

294 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 08:50:35 0
日本海軍の空母をドイツに供与するしかない。
アメリカ海軍主力が大西洋に向かったところで太平洋で日本軍の攻勢開始。

295 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 10:05:22 0
>>289
それでも英国のほうは、無傷の機体は一機もないといわれるほどギリギリだったそうだよ。

296 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 11:39:04 0
合理的な戦略がたてられない軍属の高級官僚がのさばっているかぎり日本の勝利は無い。
インパール作戦を実行に移すなんて問題外。

297 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 11:46:57 0
>インパール

大東亜会議でインド独立運動家にせっつかれた以上やらなしょうがない。

298 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 12:49:26 0
日本は大東亜解放のために戦うことになっておる。
理念を出したがためにインパールの惨敗になってしまった。

299 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 13:55:24 0
>>296
インパール作戦は、前線一司令官の独断によるもので、大本営としては
その作戦計画に賛同した覚えはない。
あくまで暴走した前線一司令官の独断によるものであるのだ。

300 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 14:12:16 0
俺がスパコンで計算したところ、ドイツと協調して日本がソ連に攻め込んでいれば
ソ連は敗北。枢軸陣営は50年頃までアメリカとなんとか戦えると出た。
それまでに核開発を完了していればそのまま冷戦突入だろう。

301 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 14:45:03 0
>>299
うわ、尻尾切りか?

302 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 16:22:18 0
>>300
アンタのスパコンは70年代の骨董品だな。

303 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 17:24:11 0
軍務大臣現役武官制の復活を阻止しなければ戦略面でどうやっても自滅は防げない

304 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 22:31:49 0
ま、モスクワが助かったのは、極東ソ連軍がまわされたからだからな、
日本が北上していれば、その戦力がすりつぶされ、まわす戦力はなくなる。
たとえ日本が大勝せずとも、ノモンハンのように消耗戦をしていれば、
それでOK

あとはヒトラーが欲をださず、手打ちにもっていくか、
もしくはソ連の属国や民族の独立を積極的に支援すれば、
戦争継続が困難になるからなあ。
ソ連としてはウラジオストクが使えないのも痛い。
それほど分の悪い賭けではないと思われ。アメリカと戦うよりはよっぽどいい。
北進なら、石油禁輸される心配もないしな。
>>303
じつはそれはそれほど大きな問題ではない。
内閣が流産しつづけて困るのは、軍も同じ。
軍に対抗して、他の省庁からも、大臣候補をださなければいいだけ、
総理の推薦は西園寺や、彼の死後は木戸などの権限であって、軍部には左右できない。
あくまで大臣を出さないことによる、「拒否権」であって、「任命権」ではないんだよね。
さらに軍が潰せば、国民の心象も悪くなるから、
議会に反発され、軍事費などの予算が邪魔されるおそれがあるので、
議会や国民の大半の支持がなければ、内閣を潰したり、作れなくする事はできない。
抜きたくても抜けない伝家の宝刀みたいなもん。

まあ、国民の支持があれば好き勝手に出来るという事でもあるがな。

305 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:18:24 0
>304
実際にその宝刀を抜いちゃってるから、問題にされるんですよ。
あなたの言い草は机上の論理にすぎません。

306 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:18:37 0
>>304
絵空事。

307 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:47:44 0
>>304
極東ソ連軍が移動したあとも、満ソ国境では兵士の徴兵によって、以前と変わらぬ
ソ連軍の大軍が張り付いているんですけど。それに日本にはソ連と消耗戦を余裕はない。

>>294
日本海軍だってそんなに空母をもっていないんですけど、それに、
米国大西洋艦隊は出撃しても、米国太平洋艦隊は残っているでしょうよ。



308 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:48:20 0
>>305
抜いても、その時の内閣が潰れて、組閣が難しいだけ、
実はこれはそんなに問題ではない、
陸軍にも非主流派の現役武官もいるわけだし、いくらでも切り崩せるのよ。
そして政府があくまで突っぱねれば、それ以上なにも出来ないんだよ。

米内が潰れたのは、政府や陸軍どころか、地盤の海軍までドイツ寄りになっていたから、
むしろ彼こそが、政府の意思に反して、政権に固持していたともいえる。
つか陸軍だけの暴走だと思っているのかね?
当時の日本はあの陸軍だろうと、所詮一省庁にすぎず、なにをどうしようと、
日本全体を統率することは不可能だったんだからさ。
>>307
ソ連はもっと余裕はないよ、
日本の場合、貿易が封鎖されなければ、アメリカと戦ったくらいは余裕で粘れるけどね。

309 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:16:29 0
でもさー、ソ連と戦って日本に何か得るものあるの?
ドイツは油田や資源地帯を取れるかもしれないが、どうやって輸送するんだよ。

310 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 08:36:49 0
>>308
実際に、アメリカから通商条約を破棄されているんだから、余裕はないだろう。
それに、ソ連軍と戦うだけの兵力も用意できないしな。ソ連軍は2正面作戦を
迎え撃てるだけの戦力があるだけ、日本より余裕があると思う。

311 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 09:03:12 0
>>309
沿海州の獲得、あと資源は貿易でいいだろ、
当時の日本の国是は、防共なんだから、元々の目的に戻っただけだよ。
>>310
通商条約を廃棄されても、その都度、交渉して購入することは出来る訳。
これさえ出来なくなったのは、南部仏印進駐以後。
で、ソ連と戦うからということで、物資を輸入する限りは、
アメリカはなにも言わんよ。国内には反共派が腐るほどいるんだからね。
少なくとも南部仏印進駐のようなアメリカの強攻姿勢は避けられる。

そして関特演でも80万、実際ソ連と戦うなら、もっと投入することになるだろう、
計画では100以上だったかな。これは日本にとって決して無理な数字ではない。
ソ連は新兵を極東に送るほど、限界がきていたから、二正面作戦をする余裕なんてないよ。
日本の懸念は中国だが、こっちは、壊滅した軍の再建がまだできてないから、
史実のように、小規模な戦闘しかおこらない。

312 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 09:05:02 0
ソ連よりのルーズベルト大統領は、果たして本当に石油禁輸を行わないか?

313 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 09:29:54 0
彼がそう思っても議会の支持が取れないと思う。
南部仏印の場合は、直接南進に繋がるから、東南アジアに権益をもつ、
アメリカは危機感を募らせるし、英蘭もなんとかしてくれと陳情するだろうが、
ソ連と戦う分には、国民が危機意識をもたないし、中国と戦争してても傍観して、
いやむしろ戦争だ、日中どちらにも売って儲かるぜウハw(以下略
って状態だったのを考えると、石油の全面禁輸にまで発展する可能性は非常に低いと思う。
他国と戦争をするだけで、手を切るアメリカじゃないよ、
その程度石油禁輸をするなら、中国と戦争しているときにとっくに封鎖している。
アメリカに歯向かわない限りは大丈夫と思われ。


314 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 11:42:19 0
>>311
蒋介石軍との戦いはどうするんだ?
100万北進させたらまともな兵力が残らないが。
俺が蒋介石なら好機到来とばかりに側背を突くね。

315 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 11:44:22 0
>日中どちらにも売って儲かるぜウハw(以下略

で、日米修好通商条約を一方的に破棄して石油をのぞく
資源物資の対日禁輸やったのはどこの国だっけ?
仏印進駐以前の話ですよ。

316 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 12:03:44 0
鉄屑の禁輸だけでも致命的だしな。

317 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 17:49:33 0
>>314
蒋介石の私兵にそんな余力はない

318 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 18:05:49 0
317は中国戦線が泥沼だったからこそ、局面打開のための北進なり南進だったという
ことがまるで理解できていないヤシがなんで涌いて出ているんだ?

319 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 19:44:22 0
>>311
石油以外の軍需物資は購入できなくなっていますけど、それでも余裕があんのかい。
それに、日本が北進するのは、米国には容認できないだろ。1941年中に
米国はソ連向けのレンドリースを決定していることから、米国はソ連崩壊を望んでいる
わけではない。日本が北進したら、仏印南進と同様の行為をしてくるでしょう。
米国は、戦争するのは駄目だが、ほかのことはしてくるからね。



320 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 19:45:05 0
アメリカはソ連に大量の武器を供給してドイツに牽制しているのに
ソ連と戦う日本に通商を行うはずが無いよ。
ここは自力で戦うしかない。

それより太平洋戦争初期段階でフィリピンを攻略せずに
生殺しにしたらどうだろうか?(真珠湾は実行)
アメリカにしてみればフィリピンは補給線が延び切った場所に位置するし
かといって将兵を見殺しに出来ない。
大挙輸送船が来るし米空母をおびき出すことも可能では?
フィリピンでの消耗戦は(大戦初期の)ガダルカナルでやるより
日本には有利だろう。ただし、その後の戦略が難しい
講和のタイミングだね。

321 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 20:02:19 0
>>320
それってアメリカ軍が開戦前に検討した初期案と日本軍の対抗案じゃないか?
その不利に気づいたアメリカがフィリピンへの軍急派ではなく
途中の日本委任統治領を含めた小島を一つ一つとっていく作戦に変えた、
と聞いた希ガス

322 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 20:18:45 0
>>311
関特演でも80万集めたが、それ以上集められるかは疑問。80万だってやっとこそ
集めたからな。それに、ソ連極東軍は主力をヨーロッパ方面に移動した後にも
100万を超える兵力を維持してるし、国境地帯には要塞が連なっているからな。
冷静に考えても日本の方が不利。ソ連にはザバイカル方面軍控えているしな。


323 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 20:18:46 0
>>311
>アメリカはなにも言わんよ。国内には反共派が腐るほどいるんだからね。
>少なくとも南部仏印進駐のようなアメリカの強攻姿勢は避けられる

なんと、まあ楽観的でおめでたいなあ、おい。
当時アメリカは独ソ開戦のしばらくあとに対ソ支援を決めていて、
レンドリースを始めていた。これは無論ソ連を助けるためでなく
ドイツと戦うソ連を支援することによって、間接的にイギリスを助けることが目的。
アメリカは当時、イギリスの戦時国債の購入などの莫大な額の投資を
していて、イギリスが敗北してこれがそのまま不良債権となってしまうことを恐れていた。
だからアメリカにとってソ連は敵の敵で味方、そして、日本がソ連と事を構えるというなら
日本はアメリカにとって敵ということになり、無論、なにがしかの制裁は避けられない。

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)