5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中世以前の東南アジア

1 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 18:36:57 0
琉球とかチャンパーとかシュリーヴィジャヤとか。
なんとなくエキゾチック。

2 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 19:34:54 0
とりあえずガジャ・マダ最強といっておく

3 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 19:43:55 0
マンコーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 19:50:05 0
ガジャ・マダといえばパラパだが、
結局パラパって何なのよ

5 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 20:06:52 0
なんかの果物だとか、セクースの秘儀だとか、名誉を称える顕彰式だとか、諸説紛々

6 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 22:48:32 0
マンコーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 00:35:55 0
義浄の南海寄帰内法伝の邦訳が一万円で売っているそうです。

8 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 00:42:35 0
まんこっこっお

9 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 00:50:17 0
フィリピン史はマゼラン以前の記録というとどれほどあるんでしょうか。
漢籍に時おり登場するか、あとはスールー経由でイスラムの文書が残っているのかな。

10 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 00:50:50 0
コーーーーーマン

11 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 02:14:55 0
インドネシアってスンダランドとサフルランドのどっちに入るんだっけ。

12 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 10:36:39 0
おおよそ、ウォーレス線を境に西側がスンダランド、東側がサフルランド、だったかな。

13 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 18:10:51 0
すまん。ウォーレス線がどの辺りだか忘れてしまったocn

14 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 23:03:07 0
まんちっち

15 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 02:02:33 0
モルッカ諸島のあたりの海峡を南北に走ってるんだっけか <ウォーレス線

オセアニアとアジアの境界でもあるんだったな。

16 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 17:40:21 0
>オセアニアとアジアの境界でもあるんだったな。
へぇ、知らんかった。

17 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 12:59:11 0
琉球は東南アジアと交易していたっていうけど本当か?
どの本を見ても日本や中国との関係ばかりで
東南アジアについては一言も触れられていないんだが

18 :トメ・ピレス『東方諸国記』より 1/2:2005/08/21(日) 14:54:16 0
レケオ〔琉球〕人はゴーレスと呼ぱれる。かれらはこれらの名前のどちらかで
知られているが、レキオ〔レケオに同じ〕人というのが主な名前である。国王と
すべての人民は異教徒である。国王はシナ(中国)の国王の臣下で、〔彼に〕
朝貢している。彼の島は大きく、人口が多い。かれらは独特の形の小船を
持っている。またジュンコ(ジャンク型の船)は3、4隻持っているが、かれらは
たえずそれをシナから買い入れている。かれらはそれ以外は船を持っていない。

かれらはシナとマラカ(マラッカ)で取引を行なう。しばしぱ彼らはシナ人と
いっしょに取引をし、またしばしば自分自身でシナのフォケン〔福建〕の港で
取引をする。それはシナ本土にあり、カントン〔広東〕に近く、そこから一昼夜の
航海のところにある。マラヨ(マレー)人はマラカの人々に対し、ポルトガル人と
レキオ〔琉球〕人との間には何の相違もないが、ポルトガル人は婦人を買い、
レキオ人はそれをしないだけであると語っている。

19 :トメ・ピレス『東方諸国記』より 2/2:2005/08/21(日) 14:54:38 0
レキオ人は、かれらの土地には小麦と米と独特の酒と肉とを持っているだけで
ある。魚はたいへん豊富である。……(中略)……われわれの諸王国でミラン
〔ミラノ〕について語るように、シナ人やその他のすべての国民はレキオ人に
ついて語る。かれらは正直な人間で、奴隷を買わないし、たとえ全世界と
ひきかえでも自分たちの同胞を売るようなことはしない。かれらはこれについて
は死を賭ける。かれらは色の白い人々で、シナ人よりも良い服装をしており、
気位が高い。かれらはシナに渡航して、マラカからシナへ来た商品を持ち帰る。
かれらはジャポン〔日本〕へ赴く。それは海路7、8日の航程のところにある島
である。かれらはそこでこの島にある黄金と銅とを商品と交換に買い入れる。
レキオ人は自分の商品を自由に掛け売りする。そして代金を受け取る際に、
もし人々がかれらを欺いたとしたら、かれらは剣を手にして代金を取り立てる

生田滋・加藤栄一・長岡新治郎訳
『大航海時代叢書』Vより

20 :『歴代宝案』より:2005/08/21(日) 15:01:47 0
右,暹羅国に咨す

為照するに,本國は貢物稀少なり。今,正使實達魯等を遣わし,勝字号海船
一隻に坐駕し,磁器等の物を装載し,貴國の出産の地面に前到して,胡椒,
蘇木等の貨を収買し,回國して應用せしむるの除外(ほか),専ら礼物を備え,
詣前し奉献して少しく達意を伸ぶ。仍お希(ねが)わくは海納せよ。煩(ねが)
わくは四海一家を念(おも)い,貿易を従容し,早(すみ)やかに発するを
為さんことを。風迅に*かん(*「そうにょう」に「旱」の字です)*趁(*正しくは
「そうにょう」に「弥」の「ゆみへん」をとった字)して回國すれば便益ならん。
今,礼物の数目を将(もっ)て後に開坐す。須らく咨に至るべき者なり。今,
奉献の礼物を開(しる)し,後に開坐す。
織金段五匹,素段貳拾匹,硫黄三千庁,今報ず貳阡五伯斤正,腰刀五柄,
摺紙扇三十把,大青盤貳拾箇,小青盤四伯箇,小青碗貳千箇。

宣徳貳年(1427)九月十七日

※琉球王府がシャムに送った外交文書

21 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 03:16:09 0
>>18
わざわざどうも。
独特の形の小船というのが気になるな。

22 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:02:52 0
サバニ?

23 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 01:23:23 0
フィリピンが歴史上に登場するのはいつごろだろう。
宋代の史書に登場しているんでしたっけ。
南部諸島には仏教の碑文が建てられた記憶が。

24 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 01:26:24 0
山東省には今でもミンダナオのイスラム教徒の子孫を名乗る連中が住んでるんだよな。
明に朝貢した帰りに王子が死んだので墓守に残ったとかそういう理由で。

25 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 01:29:31 0
>>24
それはおそらく始祖伝説で、やはり実際の所は
元代の色目人の後裔だったりするんだろうか。

26 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 01:40:39 0
>>25
山東省にもあっちこっちに結構な数の回族が住んでるけど、
ミンダナオの子孫を自称する人たちはひとつの村にしか住んでないから、
そうやって括らなくても良いように思うが。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)