5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ホロコースト否定論を黙らせるドキュメンタリー

1 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 22:40:43 0
8月16日より4夜連続!

NHK総合「アウシュビッツ」午後11:00〜

否定論者の泣き顔が目に浮かぶウヒャヒャ…

2 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 22:50:32 0
ユダヤのプロパガンダなんか見る価値ないし

3 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 23:09:25 0
ツンデル裁判が出るって?

4 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 23:59:06 0
プレサックの名前だけでも出ればそれはそれで驚きだな。

5 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 08:27:01 0
否定派は今のうちに「嘘でしたごめんなさい」って謝ったほうがいいぞ。
今なら許してあげるよ〜


6 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 11:10:51 O
多分、「NHKは偏向だから」という負け惜しみの王道を突っ走ると思うなあ。

7 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 11:13:19 0
●●●戦後日本における修正主義者・反ユダヤ主義のまとめ●●●

1972年:日本赤軍の岡本公三、奥平剛士、安田安之らがイスラエルの
    テルアビブ空港で銃を乱射。24人を射殺、80人以上に重軽傷を負わせる。

1993年:本多勝一、『貧困なる精神』で木村愛二の著作を湾岸利権研究の書として引用。

1994年:木村愛二、『噂の真相』の九月号に『映画「シンドラーのリスト」 が訴えた
    “ホロコースト神話”への大疑惑』を発表=日本における公共雑誌でのガス室否定記事の初出。

1994年:『週刊金曜日』編集長の本多勝一と木村愛二意気投合。本多が中心になり同誌に木村の論文連載を企画。
    折衝の末、雑誌発表用の論文も完成し本多も了承。
  
1994年:本多勝一、マルコポーロ発表前に西岡昌紀の論文を「うち(週刊金曜日)で発表させて欲しい」と打診するも実現せず。

1995年: マルコポーロ2月号、西岡昌紀『ナチ「ガス室」はなかった』を掲載。国際的に紛糾し、ユダヤ人団体の圧力で廃刊

1995年:本多勝一ら『週刊金曜日』、廃刊事件を受けて連載計画を急遽全面中止。
    アリバイ作りに文春批判と木村愛二批判キャンペーンを開始。木村とは以後数年に渡って中傷合戦に発展し、
    木村側が名誉毀損で訴訟を起こす。

1999年:二月十六日、東京地裁において木村愛二側の敗訴で結審。日本の裁判所が史上初めてガス室を認定。

2002年:辻本清美創設の「ピースボート」関係者18名、危険人物としてイスラエルで拘束。入国を拒否される。

8 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 12:34:20 0
・突っ込みどころ満載のデムパを垂れ流す
・『ショアー』みたく、証言に情景をかぶ
 せただけのプロモビデオを垂れ流す

のどちらかだな。

9 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 19:59:01 0
>>7
修正主義者と反ユダヤ主義者と一緒にできない。
Josef Gideon Burgはユダヤ系修正主義者。


10 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 01:43:06 0
8月16日より4夜連続!

NHK総合「アウシュビッツ」午後11:00〜

否定論者の泣き顔が目に浮かぶウヒャヒャ…

多分、「NHKは偏向だから」という負け惜しみの王道を突っ走るヨカン

11 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 02:23:12 0
しかしスレッドは重複だった。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1122378268/

12 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 02:19:40 0
☆アウシュビッツ
8月16日(火)〜19日(金)・総合・午後11時00分〜11時45分(第1回〜4回)
     19日(金)・総合・深夜0時15分〜 1時00分(第5回)


 第2次世界大戦中、ユダヤ人を中心に、100万人以上が虐殺されたポーランド・アウシュビッツ強制収容所。
ナチスによるユダヤ人問題の「最終解決」を具現化した、負の遺産である。
この「絶滅収容所」誕生のきっかけは何だったのか。
ユダヤ人の大量虐殺は、いかにしてヨーロッパ全土を巻き込んでいったのか。
 番組では、東欧で発見された設計図に基づき、当時の収容所の様子をCGで復元。
アウシュビッツの変遷を克明に追うと同時に、虐殺に関わった元親衛隊将校や、生き残ったユダヤ人らの生々しい証言を通じて、加害者側と被害者側双方の深層心理に迫る。

 5回シリーズ。イギリス・BBC制作(2005年)
 ナレーション:小川真司

13 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 02:22:10 0
第1回「大量虐殺への道」
[副題] Surprising Beginning/Orders and Initiatives
 第1回は、アウシュビッツ強制収容所の誕生と、ナチスがユダヤ人の大量虐殺を拡大していった衝撃的な経緯を取り上げる。
 1940年、ポーランドのオシフィエンチム、ドイツ語でアウシュビッツと呼ばれた場所に、強制収容所が開設される。
目的は、ポーランド人の政治犯を収容するためだった。
当初は、ユダヤ人が対象ではなかったのである。
収容所所長には、親衛隊のルドルフ・ヘス大尉が就任した。
 1941年、アウシュビッツ周辺に天然資源が豊富だったことから、ドイツの巨大化学企業が着目、新しい化学工場に労働力を供給するため、親衛隊長官ヒムラーは、収容所の拡大を命じる。
アウシュビッツが、第三帝国最大規模の収容所へと変貌すべく、第一歩を踏み出した瞬間だった。
 同じく1941年、ドイツのソビエト侵攻に伴い、多数のソビエト兵捕虜がアウシュビッツに収容され、ガスによる処刑が始まった。
ナチスは、共産主義者同様にユダヤ人を危険視し、ソビエトに暮らすユダヤ人も標的にするようになっていた。
 1942年に開かれたヴァンゼー会議で、ナチス高官らは「ユダヤ人問題の最終解決」について確認、これによりユダヤ人絶滅計画が本格化した。
アウシュビッツには、同盟国スロバキアからもユダヤ人が移送されるようになり、大量虐殺を可能にするため、収容所の片隅に「赤い家」、「白い家」と呼ばれる2つの施設が建設された。
いずれも農家を改造したガス室だった。

[原題] AUSCHWITZ-THE NAZIS & THE FINAL SOLUTION
[制作] イギリス・BBC/アメリカ (2005年)

14 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 02:26:06 0
http://www.amazon.co.uk/exec/obidos/ASIN/B0006FNXNA/026-3882740-7570067

その番組のDVDのイギリスのアマゾンでの評判など

15 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 02:32:08 0
アウシュビッツ
 (2) 「死の工場」
後11・00〜11・45
 1942年、フランスなど西ヨーロッパでもユダヤ人狩りが本格化する。
同年、親衛隊長官ヒムラーは、ポーランドのユダヤ人を絶滅させるよう指示、膨大な数の人々を手早く殺害するため、ポーランド各地に「死の工場」、すなわち絶滅収容所が建設される。
 ワルシャワの北東にあるトレブリンカの絶滅収容所は、規模的には小さな収容所だった。
囚人を殺害することだけを目的としていたからである。
囚人の99%が、ここに到着して2時間以内にガス室で殺されたという。
当時、トレブリンカは、第三帝国最大の殺害センターだった。
しかし、それも変わろうとしていた。
アウシュビッツの設計者たちが、巨大なガス室と焼却場の建設に着手しようとしていたからである。

[原題] AUSCHWITZ-THE NAZIS & THE FINAL SOLUTION
[副題] Factories of Death
[制作] イギリス・BBC/アメリカ(2005年)

16 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 02:42:11 0
英BBCによるこの番組の紹介。
http://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories/2004/12_december/03/auschwitz.shtml

この番組の内容をウェブコンテンツとしてまとめたもの。米PBSによる。
Auschwitz 1940-1945
http://www.pbs.org/auschwitz/40-45/

17 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 04:34:28 0
NHKは偏向報道多いからな。
最終日ぐらいに、加藤一郎、西岡昌紀、木村愛二の3人の
代表的研究家が出てきて、番組に否定的な見方を
示す番組構成になっているなら、見てやっても良い。


18 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 05:02:14 0
最終日の最後のほうでオスカー・グレーニングが否定論に言及する。
否定論者に残虐行為があったことを教えるために自分の過去について語ることにした、と。


そのシーンだけだ。否定論がとりあげられるのは。

19 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 05:55:35 O
>>17があまりに予想通りでワロス

20 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 11:17:35 0
>>17
不払い太郎は文句つける■有りませんからね


21 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 11:37:44 0
ホロコーストがないということはハッキリしたし、その際のネオ歴史も問題なく完成したそうですw

史上最大の捏造 ホロコースト 29
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1123867581/

22 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 00:10:21 O
でナチスは愛國無罪なの?

23 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 02:08:12 0
どんなに否定はがいろんなサイトから引っ張ってきた情報でホロコーストはなかったと言い張っても
ナチは有罪確定してます。
この事実はこれから先くつがえることもない。
しかもコピベばっかでうざいw

24 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 02:28:08 0
否定派のうち何人かはほんとうにガス処刑はなかったと信じているんじゃないか
とおれは期待している。世の中にはいろんな人がいるもんだよ。

25 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 03:10:55 0
というか敗戦国を虚勢する単なるイベントでしょ=アウシュビッツ


26 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 03:27:09 0
むしろドイツ政府が国内の外国人・移民政策をめぐるいざこざを封じ込めるときに使う道具。

27 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 03:36:50 0
>>26
ドイツ政府としては、外国人の強制退去とか
やりずらいから、有利な道具にはなってないだろ。
あえて言えば、不利な道具だ。
25の意見には、まあ賛成だな。
ドイツ側の弁護団に大打撃を与えたし。

28 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 03:47:33 0
>>27
ドイツが成長を維持するためには、外国人労働者や移民を受け入れて
人口減に伴う将来の労働力不足に対処することが必要なんだよ。
つまり産業界の要請だ。

29 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 16:15:04 0
今のうちに肯定派の言い訳を考えておこう。

放送終了→肯定派は鬼の首をとったように勝ち誇り始める→否定派にあっさり矛盾を指摘される→
→その時の肯定派の言い訳→「そんなのしらねえよwwNHKに聞けよww」

今から目に見えるようだ。

>>23
証拠ないのに有罪どころか死刑が確定するトンデモ裁判で有罪と決まったところで痛くも痒くも無い。

30 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 16:32:41 0
はいはい
ナチスはなにも悪くないよね^^


31 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 17:29:46 0
肯定派の言い訳
NHKがそう言ってんだから仕方ないだろ。


32 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 17:44:37 0
まあ、ホロコースト実在を示す決定的証拠があれば、こんな論争とっくの昔に終わってるわけで。
それを考えると、NHKのスペシャルも論争に大した進展は及ぼさないだろう。
せいぜい散々矛盾を指摘された証言者が出てきて喋る程度の内容だろうな。

で、多分これらの名前が出てくる。

ルドルフ・ホェッス(アウシュビッツ所長)、ペリー・ブロード(SS隊員)、フィリップ・ミューラー(ユダヤ人特務班)、ヘンリク・タウバー(SS医師)、
スラマ・ドラゴン(囚人)、ニーシュリ(SS隊員)、C・S・ベンデル(ユダヤ人医師)、クルト・ゲルシュタイン(SS隊員)、ヴィエルニク、その他

こいつらはユダヤ絶滅計画実行の現場を直接見たということになっている証人達だ。
証人は1万人もいるのに、直接見たことのある奴はたったの十数人。つまりこいつらだ。
ガス殺関連の本には大抵この名前が出てくる。というか、殆どこいつらの名前しか出てこない(笑)

で、こいつらの証言は内容が酷かったり、他の証拠や証言と矛盾しまくりで証拠能力が皆無なことは既に証明されており、あまりの酷さに肯定派研究者達からも見放されかけてる状態だ。

まぁNHKのやつでもこいつらが出てくる可能性は濃厚。
見ててこいつらの名前が出てきたら、スクリーンの前で大爆笑してやろうw

33 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 18:07:39 0
<ホロコーストまとめ(1/2)>
・死因がガス死である死体が一体も確認されていないことは肯定論者も認めている。
・証拠となる文書がただの一枚も発見できていないことは肯定論者も認めている。
・「肯定派の最高権威」ヒルバーグ氏は、「ユダヤ絶滅の文書、計画、命令、予算、部署は無かった」と結論している
・「ガス処刑」の一部始終を目撃したとされる証人はわずか6名しかいない。
・その証言さえ事実との整合性が全く無い。肯定論者にとってさえ、証言の信憑性は失われつつある。
・一方で、問題の「ガス室とされる部屋」が「死体安置室」であるとする文書、図面は数多くある。
・装備された換気設備は技術的に見ても明らかに「死体安置室」に適したものである。
また、換気設備自体が無い「ガス室」もある。
・死体安置室の設計図には証言で登場する「ガス投入口」が描かれていない。

34 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 18:08:25 0
<ホロコーストまとめ(2/2)>
・ガス投入口が存在しないことは今でも現地で確認できる。投入口を埋めた跡も存在しない。
・死体安置室が「ガス室」に改築されたことを示す設計図や文書は発見されていない。
・「ガス室とされる部屋」からはガスによる生成物が検出されていない。一方で「害虫駆除室」からは大量に検出されている。
・「死体安置室がガス室に改造された」のなら「大量の死体はどこに安置されたのか」が説明できない。
・周辺の軍事工場は隠されていたのに対し、ガスを投入したとされる場所は屋外で遮蔽物が一切無い。
収容所の外や隣の運動場から丸見えであった。
・アウシュヴィッツの焼却炉は合計16万体の死体を処理するだけの耐久力しかない。そして焼却炉を修復した記録は無い。
・1991年に公表された公式文書によればアウシュヴィッツの囚人の死者は合計13万人。死因はチフスや自然死。
・記録によると搬入された石炭の量は自然死した死者数と合致している。
すなわち、ガス処刑された大量の死体を焼却するだけの石炭は無い。
・収容所が赤十字を受け入れたのは「ガス殺が始まったとされる時期」より後である。
そして、赤十字は虐殺を確認していない。
・以上のような物理的、技術的な問題により、肯定論者が主張するアウシュヴィッツの犠牲者の数は
400万→150万→100万→63万→36万人…と、どんどん減少しつつある。
・当時ドイツは、工業用の一酸化炭素を大量生産していた。取り扱いが危険なシアンガスではなく、
なぜこれを使わなかったのかの説明はなされていない。

35 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 19:02:23 0
>>30そうだよ。ナチスもヒロヒトもルーズベルトもスターリンも
誰も悪い奴なんていない。
ただ単純にその中で腕力の強い奴が正義になるだけの話だ。
みんながみんな正義であり、そして負けた奴が悪、勝った奴が善なんだよ。
政治の常識。

36 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 19:03:55 0
よく言うだろ。
「一人を殺せば殺人者だが、一万人を殺して尚且つ勝利すれば英雄だ」と。
人間なんてサルに知恵を足した「動物」なんだぜ?忘れるなよ。


37 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 20:49:23 O
だからヒトラーは悪くない!
だからヒトラーは悪くない!
だからヒトラーは悪くない!
だからスターリンは悪くない!

38 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 20:52:56 0
「正義」とか「悪」とかそういう厨房が喜びそうな話はしてない。
「あったか」「なかったか」だけだ。

39 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 20:54:27 0
政治板:【諸悪の根源】お役所の終身雇用【ぶっ潰せ!】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1124103486/

1.お役所に限らず終身雇用全般の弊害についての議論も歓迎
2.終身雇用を採用することが得をする歪んだ公的システムの
  解明(ここで得をするのは雇用者側でも、被雇用者側でも
  どちらでも構いません。)
3.そのような公的システムを支える終身雇用の公務員たちの
  公的及び政治的行動
4.公務員が終身雇用であることによる公的サービスの不効率
  (国民&市民のためにちゃんと働かなくても、職は守られ
  さらには給料も大して変わらない)
5.終身雇用(とくに官公庁、県庁、市役所などにおける)を
  ぶっ潰すために活動している政治家、議員の応援!

40 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 20:55:57 0
ナチスドイツは国是としてユダヤ人迫害はしていたが
国家をあげての計画的虐殺はしていない

何か矛盾が感じられるな。

41 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 20:58:19 0
>>40
どこが?

42 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 21:01:33 0
>>40
ドイツのユダヤ人迫害はそれほど
ひどくなかったと言う事だろ。
例えば、ドイツ軍のミルヒ空軍元帥は
ユダヤ人だった訳で。
日本軍の元帥に中国人や朝鮮人が
居たのかと?
ドイツのユダヤ人虐殺が無かったら
ドイツを裁けないだろ。
日本と違い植民地支配もしてなかった訳だから。

43 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 22:06:38 0
>>42
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_16.html
>右:ユダヤ人ハーフのヴェアナー・ゴルトベルク(Werner Goldberg)
>『Hitler's Jewish Soldiers』 著Bryan Mark Riggより
>ゴルトベルクは金髪碧眼の美形だったため、この写真は
>「理想的なドイツ兵」という文章とともにナチスの宣伝新聞に載った。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc616.html
ナチスは幹部だけでもボルマン、ヒムラー、ローゼンベルク、ハイドリヒなどのユダヤ人がいた。
スパイとしてはベラスコが有名で、
『Hitler's Jewish Soldiers』によるとロッゲ、ミルヒ、ツッカートート、ヴィルベルクなどの将軍もいたとされる。
ユダヤ人は宗教人種なのでユダヤ教とユダヤ人の苗字を捨てて隠したら表向きは非ユダヤ人。
あとは『Hitler's Jewish Soldiers』の約15万のユダヤ人ドイツ兵のように身分証明書などを偽造すればいい。

44 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 22:12:55 0
>>43
>ユダヤ人は宗教人種なのでユダヤ教とユダヤ人の苗字を捨てて隠したら表向きは非ユダヤ人。
>あとは『Hitler's Jewish Soldiers』の約15万のユダヤ人ドイツ兵のように身分証明書などを偽造すればいい。

人口統計がアテにならないということを証明してくれてありがとう。

45 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 23:37:14 0
>>42
日本軍には朝鮮人中将がいたよ。


46 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 01:07:01 0
テレージエンシュタットで対外宣伝用に撮られたフィルムが見たいぜ

47 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 13:34:31 0
>>45
たかが中将だろ。
元帥の方が上。
つまりドイツ>日本

48 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 14:27:57 0
というか、結果的にある程度死んでるんだから、まあ酷いことは酷いだろうな。
脚色があれば、それはいかんとしても。

49 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 14:41:22 0
だからぁ、チフスと収容所には何のつながりも無いって言ってるでしょうが。
当時は医療技術が発達してなかったから、世界中至る所でチフスによる死人が出てた。

現に、医療技術が発達した現代では(アフリカの一部地域を除き)全くチフスが見られなくなった。
医療技術の発達により、的確で効率的な駆除が出来るようになったからだ。

おわかり?

50 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 15:28:29 0
民族別IQの平均値
アシュケナージユダヤ         117
東アジア人 (日本人,韓国人)      106
白人 (アメリカ)             100
白人 (イギリス)             100
ヒスパニック (アメリカ)       89
黒人(白人との混血のアメリカの黒人) 85
黒人(サハラ以南の純粋な黒人    70

このスレの皆様へアシュケナージユダヤ人のIQは日本人より遥かに高い。

ノーベル賞受賞者の25%がユダヤ人です。

51 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 21:47:33 0
>>47
ドイツの元帥は「隠れユダヤ人」
 日本の中将は「洪中将」モロ民族名

52 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 21:53:27 0
ホロコースト

53 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:11:34 0
>>49
おいおい、発疹チフスと収容所が関係ないって本気で思ってるの?
それは相当変だな。
大体、衛生状態が良い所で生活している場合はめったに感染しないはずだぞ。当時でも。
つまり収容所の悪い衛生状態が原因で、伝染的に感染していったのはほぼ間違いない。

第二次世界大戦頃に抗生物質が発見されたので
発疹チフス等の細菌感染症での死者は劇的に減った。
もっとも、最近では抗生物質に耐性を持つ細菌が出てきて
いて問題になっているけどね。


54 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:13:48 0
>>51
ミルヒも別に改名していた訳じゃない
モロ民族名。

55 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:15:41 0
>>53
>大体、衛生状態が良い所で生活している場合はめったに感染しないはずだぞ。当時でも。
だから良くないじゃんドイツ全体が。国全体の疲弊・貧困と、1942年に開始した連合軍による無差別爆撃で。

56 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:22:36 0
>>53
>大体、衛生状態が良い所で生活している場合はめったに感染しないはずだぞ。
「はずだぞ」ね。
まあそれはおいといて、「衛生状態が良い所で」はちょっと言葉足らずだ。
「衛生状態が"かなり"良い所で」が正しい。
それに、収容所でチフスが流行ったのは衛生状態が悪いからではない。

「第一次大戦でもドイツを悩ませた発疹チフスの原因であるシラミを根絶することは技術的にも
難しいが、それ以上に文化的・宗教的に難しかった。

熱心なユダヤ教徒は体毛を切ることを宗教的に拒み、その体に寄生したシラミを
殺すことも宗教的な理由から拒んだ。

さらに土葬文化も問題であった。
発疹チフスで死んだ人間の体は病原菌の巣窟であり、中世ヨーロッパでは攻城戦
では細菌兵器として使われたくらい危険極まりない代物である。
土深く埋めたとしても、地下水を汚染し、その地下水を飲んだ人間は下痢や嘔吐を
繰り返してしまう。
アウシュヴィッツでもこの事態が発生したため、土葬した囚人の遺体を掘り起こして
火葬、身元のわかる囚人はツボに入れて遺族へ送った。」

57 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:40:50 0

ドイツの捕虜は連合軍・ソ連の収容所で、ユダヤ人収容所よりも
悪い生活環境に置かれて、チフス・餓死などで150万人以上が死亡している。
これはドイツ政府も認めている数字だ。

58 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:45:11 0
くりくりにそってるんですけどな。
女の子でもな。

59 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:52:28 0
おいおい、放送前からアフォ晒してるぜこの番組ww
http://www3.nhk.or.jp/omoban/main0816.html#20050816001

>1942年に開かれたヴァンゼー会議で、ナチス高官らは「ユダヤ人問題の最終解決」について確認、これによりユダヤ人絶滅計画が本格化した。

<(ユダヤ人絶滅を決定したとされている)ヴァンゼー会議のまとめ>
・ヴァンゼー会議が実在したという主張の根拠は、極めて怪しいメモたった一つだけです。
・この怪しいメモは作者・作成年代・作成場所・印章・日付・署名・官庁名・連続番号・サインなどが一切ありません。
・つまり、完全に出所不明な代物です。

>同じく1941年、ドイツのソビエト侵攻に伴い、多数のソビエト兵捕虜がアウシュビッツに収容され、ガスによる処刑が始まった。

・そもそもガス室は存在しない
・ガス殺によって殺されたとされる死体が一体も見つかってないのは周知の事実である

もう少しで放送が始まるが、デタラメな内容なのは目に見えてるなwww

60 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:55:15 0
>>59

ガス殺が始まったとされているのは
1942年の春からなんだが
NHKがそこまで調べてる訳無いよな。

61 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 22:55:52 0
ドイツの強制収容所だってやればできるんだよ。アウシュヴィッツでチフス
がもっともはやった42年には月10%(対収容者数)まで上昇した死亡率を
43年の5月には2.8%まで下げることに成功している(下記報告の付表参照)。

強制収容所を管理していたSS経済管理本部の長官(ポール)は上司の
警察長官(ヒムラー)に成功の理由をつぎのように報告した。

---------
42年12月の(強制収容所全体の)死亡率は約10%だったが43年1月には
8%に下がり、その後も下がり続けている。死亡率低下はもっぱら衛生(改善)
措置がとられたことによるもので、その他に栄養の点では全体の3分の1ほど
の量の適切な大きさに切られた生の食物を配膳の直前に加えることが命ぜられた。
長時間調理しすぎることは避けられている。酢漬けキャベツまたは同様の食物が
補助的に配給されている。衣服については、収容者は冬には作業に必要ならば
コートを所持してよいということが命ぜられた。不必要なほど長時間の点呼は
避けられている。収容者が個人的に食物の小包を受取ることを許可したが、
良い効果を生んでいる。
---------
Report by Pohl to Himmler, 30 September 1943, On Deaths in the Concentration Camps
http://www.mazal.org/archive/nmt/05/NMT05-T0379.htm

やっぱり衛生状態の悪さと、栄養不良、過酷な労働条件などが大量死の原因じゃないか?

62 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:00:04 0
>>61
そのようだが、逆にそれだけ熱心に対策を練っていたということは「酷い扱いをしたから虐殺に等しい」という理屈は通用しなくなるな。
ありがとう、いいソースを出してくれて。

63 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:06:37 0
番組がはじまったな。

64 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:07:54 0
政治犯で捕まってるんだから拷問されるのは当たり前だろw
何いってんだこの親父w

65 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:10:40 0
結局これってさ、証拠も何にもなく「創作ドラマ」流してるだけじゃん。
ツッコミ入れるまでもないほど薄っぺらい内容だなw

66 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:12:38 0
全部見るまでも無く結論が出たな。

結論
「NHKはイギリスが作った創作ドラマを流している」

終了〜

67 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:20:41 0
ヘスの拷問証言を用いてる時点でアウトだな。

68 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:35:54 0
一生懸命、全国放送を否定してるな。
ネオ歴史派の未来は遠いな

69 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:38:49 0
>>68
地道な努力が、着実に支持者を増やしている訳だが。


70 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:39:50 0
マスコミに踊らされる市民キター

71 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:41:32 0
ネオ歴史の地道な努力っちゃ何だよw

72 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:48:47 0
>>67
拷問したという証拠はどこにあるの?


73 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:50:48 0
>>72
拷問をしたイギリス将校の詳細な自白。

74 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:51:50 0
>>72
まず、ヘス本人が言ってる。
それから、捕まえたイギリスの将校も
認めている。
フランスのフォーリソン教授が詳しく調査して
解明している。
これに反論するのは無理だろ。

ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-12.html


75 :(`・Θ・´) ◆SaRASHiYAo :2005/08/16(火) 23:53:03 0
>>66
×「NHKはイギリスが作った創作ドラマを流している」
○「NHKはイギリスとアメリカのユダヤ資本ネットワークが作った創作ドラマを流している」



76 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:54:14 0
さあ、壮大な陰謀史観に立ち向かう2chネラーの戦いが始まりました

77 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:54:45 0
>>73
否定派の言い分だと、自白の証言じゃ証拠にならないっていうことだけど。
これは否定派に都合が良い自白だから証拠になるってことですか?
そうですかぁ〜。


78 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:56:52 0
>>77
>>74を見ろ。
複数の証言の内容が矛盾しておらず、かつ事実に反していなければ、それは立派な証拠だ。

79 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:00:13 0
これでもまだがんばるのか?
否定派はw

80 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:01:30 0
>>79
これでもって何が?
NHK(BBC)が 証 拠 が 一 つ も な い 創 作 ド ラ マ を流したのがどうかしましたか?www

81 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:05:37 0
1日目の感想。

戦争の激化によるユダヤ人排出圧力の増加、戦争継続のための労働力確保、
経済悪化(戦争だからね)による働けない者の切り捨て、という基本的な説明の
要素はそろっていてよかったと思う。しかしいろんな場所のいろんな出来事を
つめこみすぎたためか、ゴチャゴチャした印象をうけた。

ヘウムノのガストラックのあとにヴァンゼー会議が出てきたが、会議が開かれる
に至った経緯が十分説明されていないように感じた。個人的にはこれ以上ユダヤ人
を受け入れられないという総督府の窮状について語ってほしかった。
もっともウーチ・ゲットーの人口を減らしたいという話がちょっと前に出ていたので
あるいはそれが伏線だったのかも。

ところでブンカーとその近くの焼却壕の位置関係を示したCGは今日出てた?
あれちょっとおかしくないか?もっと離れていて、目隠しの柵があったと言われて
いたと思うんだが。おれはラジオで聴いていたので映像を観られなかった。

82 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:06:14 0
>>80
すみません。
ナチスってやっぱ極悪ですね
放送見てよくわかりました

83 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:09:22 0
>>81
>ヘウムノのガストラックのあとにヴァンゼー会議が出てきたが、
ヘウムノは証言しかない幽霊船なのにいい加減だな。

84 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:11:26 0
>>82
君は創作を真実だと思う人?
その理屈でいくとスターウォーズは真実ですなぁww

85 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:20:11 0
ホロコースト否定論を黙らせるドキュメンタリー
・・・というか、逆に少しづつ後退してる気がするぞ。

昔はもっと、ナチスの狂気による民族根絶やし大作戦だと切って捨ててた
ような・・・

86 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:24:37 0
>>54
そいつはユダヤ教から改宗しているはずだ。ならユダヤ人ではない。
そもそもユダヤ教徒だったかどうかすら怪しい。
あと、ユダヤ人の血が流れているというのと、ユダヤ人というのは違う。
ミルヒは父親がユダヤ人。ユダヤの定義によれば「母親がユダヤ人」
または「ユダヤ教徒である」ことを満たせばユダヤ人。ミルヒは
どちらの条件も満たしていない。
ミルヒはユダヤ人の血が流れる非ユダヤ人である。

確かにナチのユダヤ人定義によれば彼はユダヤ人かもしれない。しかしながら
誰がユダヤ人か?は事実上ナチの高官の思いつきに任されていた。

あとミルヒというのはミルクという意味だろ?思いつきで言うなよ、ユダヤ人の
姓ではないだろ。ミルヒはユダヤ人ではないか?という疑いが浮上したのは事実だが、
ミルヒの本当の父親は別のドイツ人ということにして処理してしまった。
ミルヒは「ユダヤ人ではない」ということになっており、建前上もユダヤ人ではない。

ミルヒはユダヤ教徒でもなければ母親がユダヤ人でもない、非ユダヤ人であり、
ナチのイデオロギーに忠誠を尽くす反ユダヤ人である。

ナチは血統の1/8というユダヤ人とは到底考えられないものまでユダヤ人にした。
非ユダヤ人すらユダヤ人にするくらいの反ユダヤ主義である。
ユダヤ人の血統を有するものに対して、大雑把な対応がなされたのは事実だ。
しかしユダヤ人の血統を有するだけで、非ユダヤ教徒であり、反ユダヤ主義者で
あり、ユダヤ弾圧支持者であり、ナチのイデオロギーの信奉者でなければアーリア人足り得ないわけだ
。そんな彼らを「ユダヤ人」とは言えないだろう。
政治的血統的宗教的に間違えのないユダヤ人がナチから非ユダヤ人と認定されるのは
ありえない話であり、「ユダヤ人」がナチの中で認められるのは不可能。


87 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:26:26 0
>>85
なんかポーランド人政治犯とかばっかりが虐められてて、
 本命のユダヤ人虐殺がなかなか始まらなかったね。


88 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:26:29 0
>>85
それを言い切れない世論が出来つつあるのでしょう・・・

89 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:27:06 0
>>85
詳しく調査すれば、矛盾する所が出てくるからね。
しかも、ソ連軍が占領した収容所で虐殺があって
アメリカ軍やイギリス軍が占領した収容所は虐殺じゃなく
病死だけだった訳だから、ソ連が崩壊したら、怪しいに決まってる。

90 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:27:31 0
結論
「NHKはイギリスが作った創作ドラマを流している」

終了〜

91 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:31:26 0
ところでナチのユダヤ人の定義とユダヤ人政策がどこまで一致したのか興味がある。
まさか祖父母がユダヤ人であっても本人はさらさらユダヤ人とは思っていない
者まで、強制収容所に移送はしなかったと思うが。
そんな記録あるの?突然ユダヤ人に認定されて、蹴飛ばされる・・・と
いったような話が。

ナチのイデオロギーの支柱、ローゼンバーグは名前がモロユダヤ系だったそうな。
でもああいった大物ならばお目こぼしを受けるんだろうな。問題は1/8という
とてもユダヤ人とは思えないドイツ市民すら本当にユダヤ人にしてしまったのか?

にしても>>54の言い分は、ローゼンバーグはユダヤ人だったから、ナチはユダヤ人に
寛容と言ってるようなものだな。

92 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:35:32 0
>>86
日本人の血が8分の1以上入っている人々を強制収容所にぶち込んだアメリカ人
http://likeachild94568.hp.infoseek.co.jp/9066.html
1942年3月2日、デウィット将軍(General John L. DeWitt)は、日本人の血が8分の1
以上入っている人々に対して、太平洋沿岸各州の西半分とアリゾナ州の南から立ち退
くよう命じた。8分の1というと、曽祖父の代に1人でも日本人がいればこれにひっかか
るわけだ。在米日系人約126,000人のうち110,000人以上がこの命令の対象となったと
される。そしてこのうち3分の2は、アメリカで生まれ、市民権を持つ二世であった。

93 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:36:42 0
43 :世界@名無史さん :2005/08/15(月) 22:06:38 0
>>42
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_16.html
>右:ユダヤ人ハーフのヴェアナー・ゴルトベルク(Werner Goldberg)
>『Hitler's Jewish Soldiers』 著Bryan Mark Riggより
>ゴルトベルクは金髪碧眼の美形だったため、この写真は
>「理想的なドイツ兵」という文章とともにナチスの宣伝新聞に載った。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc616.html
ナチスは幹部だけでもボルマン、ヒムラー、ローゼンベルク、ハイドリヒなどのユダヤ人がいた。
スパイとしてはベラスコが有名で、
『Hitler's Jewish Soldiers』によるとロッゲ、ミルヒ、ツッカートート、ヴィルベルクなどの将軍もいたとされる。
ユダヤ人は宗教人種なのでユダヤ教とユダヤ人の苗字を捨てて隠したら表向きは非ユダヤ人。
あとは『Hitler's Jewish Soldiers』の約15万のユダヤ人ドイツ兵のように身分証明書などを偽造すればいい。

44 :世界@名無史さん :2005/08/15(月) 22:12:55 0
>>43
>ユダヤ人は宗教人種なのでユダヤ教とユダヤ人の苗字を捨てて隠したら表向きは非ユダヤ人。
>あとは『Hitler's Jewish Soldiers』の約15万のユダヤ人ドイツ兵のように身分証明書などを偽造すればいい。

人口統計がアテにならないということを証明してくれてありがとう。

94 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:36:58 0
>>86

朝鮮人の中将も、朝鮮人じゃなくて、完全に日本人だっただろ。
日本語を喋って、日本政府に忠誠を誓い、朝鮮の独立とか
文化とか全く無視してた訳だった。
むしろ、朝鮮独立派とか、密告するぐらいだったんじゃないのか?
彼が、朝鮮人として日本から朝鮮を独立させようという組織に入っていたら
即解任、逮捕だ。

ミルヒもそれと同じで、ヒトラードイツ政府に忠誠を誓って
連合軍と戦った。
ユダヤ人であっても、それを捨てて、ドイツ軍人として戦った。
それはそれで良い事だと思うが。


95 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:41:02 0
ぶっちゃけ君らスレ違いじゃね?
ここホロコーストの話することでつよ。

まあ、NHKスペが見るに耐えない「創作ドラマ」だということが発覚したんで、こんなスレどうなろうがかまわんけどなw

96 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:41:35 0
ジョン・ケリーも表向きユダヤ人であることを隠していたな。

97 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:45:02 0
ロシアの極右ジリノフスキーもユダヤ人

98 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:47:49 0
>ボルマン、ヒムラー、ローゼンベルク、ハイドリヒ
ヒムラーは初耳。ボルマン、ハイドリヒはユダヤの血統を疑われたことは
知ってる。
まあいずれにしても1/8の条件を満たすほどのレベルではないんだろ?

ヒムラーはナチの中でも飛びぬけたゲルマン人種至上主義者だよな。
まあ彼の場合人種が全てだから、ユダヤ人でも北方人種であれば認めるような
ところはあったと思う。彼自身はどー見てもさえないアルプス人種。

99 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:50:03 0
>ロシアの極右ジリノフスキーもユダヤ人
マジ?在日挑戦人に極右が多いのと同じような理由か?
ジリノフスキーはユダヤって認めてるの?

最近のロシアの右傾化は、ロシアというくくりではなくて、ユダヤ人というものを
攻撃の対象にしているよ。そーなってくるとジリノフスキーの極右思想も
しらじらしくなってくるし、受け入れられなくなるかもな。

あとロシアでは共産党と愛国主義が結びついているそうだね。国家社会主義化
しているということらしい。

100 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:51:38 0
ヒトラーはユダヤの血が入ってたとの噂もあるが?

101 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:52:12 0
>>98
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc616.html
そうしたハイドリヒにも泣き所があった。
ナチスの高官たちの間では、ハイドリヒの祖母はユダヤ人だったと噂されていたのである。
のちに、ナチスが「ハイドリヒの身元を調べたら、彼はアーリアン系と証明された」と発表したが、
それによって完全に疑いが晴れたわけでもなかった。
その後ハイドリヒは、噂の根拠となった祖母サラ・ハイドリヒの墓をライプツィヒに訪れた折に、
引っくり返して跡形もなく破壊してしまったということである。
戦後の調査によれば、サラ・ハイドリヒがユダヤ系であったことは、
ほぼ確実とされている。
ハイドリヒがユダヤ人迫害に異常な熱意を示したのも、
後ろめたい自分の素性を、そういった努力をすることによって、
帳消しにしようとしたのだという見方がなされている。

102 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:53:55 0
>>87
> なんかポーランド人政治犯とかばっかりが虐められてて、
>  本命のユダヤ人虐殺がなかなか始まらなかったね。

アウシュヴィッツ強制収容所の歴史は42年の頭ごろを境にポーランド人期と
ユダヤ人期に分けられるよ。ユダヤ人の数がポーランド人より多くなるのがそのころ。
今日はおもにポーランド人期のみ。

103 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:57:38 0
>>99
http://www2.two-mix.ne.jp/gece/haber/0208.htm
2002年 8月24日付「Zaman」(haberler) より
Jirinovski, Yahudi kokenini ilk kez acıkladı

反ユダヤ主義で知られ、ユダヤ系であるという説を数年前まで否定していたジリノフ
スキーが、「ナチは、ユダヤ人だった父の家族6人を銃殺した」と語った。
イズベスチヤ紙の報道によれば、訪米中、NYのロシア語ラジオ局のインタビューに
答えたジリノフスキーは、「ナチのポーランド占領中、私の父方の祖父母,父の弟と
その妻と子供2人の6人は、ドイツ人によって銃殺された。 私がなぜ、反ユダヤ主義
者になれるだろうか?」と語った。
*彼が「ユダヤ系」なのは、結構知られた話で、別に驚くような事でもないんですが、
この彼の発言には???ですね...何を企んでいるのやら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
ウラジーミル・ヴォリフォヴィッチ・ジリノフスキー
(Влади́мир Во́льфович Жирино́вский,
Vladimir Voľfovich Zhirinovskii,1946年4月25日 - )は、ロシアの政治家。
ロシア自由民主党(略称、LDPR)党首、下院国家会議副議長。
非常識かつ過激な言動で知られるロシアのファシスト。
時の政権に対しては、批判を繰り返しながら、法案採択などに当たっては、
政府にひより、同調することが多く、下院副議長のポストを獲得した。
ユダヤ人。
トルコ語、英語、フランス語、ドイツ語の4カ国を話せる。
中東及びザカフカス問題の専門家を自称している。

104 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:58:22 0
ハイドリヒは吊り目、一重っぽい顔つきのせいか子供の頃
「ユダヤ人、ユダヤ人」と苛められたそうだな。それがトラウマになっている
とも聞いた。
ところで、サラ・ハイドリヒ=ユダヤ系 というのと ユダヤ人というのは違うような。
サラ・ハイドリヒが血統的ユダヤ人であるなら1/8から逃れられるかも。彼女が
1/2以下なら、ハイドリヒは1/16以下だ。

だいたい、ユダヤの血統主義によれば、ユダヤ人から生まれた女、そのまた女、
そのまた女、・・・全部ユダヤ人になっちまうなwおそらくどこか適当なところで
区切りをつけるんだろうけどね。

105 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:07:56 0
>>104
祖母なら1/4になり、
それを1/2にすると1/8で引っかかる。

106 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:10:48 0
>>104
>ところで、サラ・ハイドリヒ=ユダヤ系 というのと ユダヤ人というのは違うような。
ソースを付けろよ。

107 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:16:50 0
>>105
あっそうだね。勘違いしてました。
ハイドリヒくらいの大物になって初めて噂されるというレベルであって
両親ならともかく祖父母レベルになると殆どのドイツ人がお目こぼしを
受けていたのではないかなあ?

108 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:20:29 0
>>107
>>93

109 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:25:01 O
90 妄想で洪将軍の悪口言うな!

110 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:28:00 0
ロシアの右翼政党ってロシア自由民主党だけではないんだよね?
ロシアの右派と反ユダヤ主義は一体になってきているから、
クルーザーで美女と豪遊する腐敗しきったユダヤ人、
寧ろ憎悪の対象になるのでは。

111 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:29:52 0
>>110
今のロシアはワイマール同然。
野党第一党が共産党であるところも。

112 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:30:25 0
>>108
いや、極端にゲルマン北方人種的容貌であったり、ナチの高官であったりの話
だろ。そうではなくて大多数の普通のドイツ人の話が聞きたいのだ。

113 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:33:18 0
>>112
15万人以上の身分証明書の偽造で何かおかしいとこがあるのか。

114 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:37:41 0
>>113
ん?つまり血統的ユダヤの疑いのある者でも、
ユダヤ人と自覚せず、反ユダヤであり、ナチに忠誠を誓えば、
賄賂でも渡して純粋アーリア人の地位を保てたということか?

115 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:40:32 0
>>114
身分証明書を偽造してユダヤ人である証拠を消していた。

116 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:51:46 0
>>114
>ん?つまり血統的ユダヤの疑いのある者でも、
>ユダヤ人と自覚せず、反ユダヤであり、ナチに忠誠を誓えば、
ユダヤ人である事を放棄したのと反ユダヤは別とは気付かないのか。

>賄賂でも渡して純粋アーリア人の地位を保てたということか?
賄賂なんか持ち出していないがソースは。

単にユダヤ人やユダヤ系を捨てた奴もいるかもしれない。
単にユダヤ人やユダヤ系ではない振りもいるかもしれない。
ユダヤ人やユダヤ系が消えたのを殺されたと短絡的に決め込むのはいい加減にやめろ。

117 :_:2005/08/17(水) 02:41:09 0
旧約聖書(だけ)を信じる人=ユダヤ人
みんなもユダヤ人になろうと思えばなれるぞ

118 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 03:31:29 0
>>116
いやユダヤ人であることを放棄することは事実上
ナチスの反ユダヤ政策に黙認、賛同するのと同じ。

にしてもだ。両親とも血統的ユダヤ人でユダヤ教徒となると、
よほどの理由でもなければ非ユダヤ人にはなれなかったのでは。

あと消えた殺されたの話はしていない。ユダヤ人は町から消えた、
収容所に送り込まれた、これは事実だろう。これから先の話は
していない。

119 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 03:35:05 0
否定派スレが論破されたらしく住人が黙っちゃいましたよw


120 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 03:35:54 0
こんな責任重大な番組をよりによって総合テレビでやるなよ。

教育テレビかと思ってタイマー録画しちまった。再放送の
予定はないのか?とりあえず最初の45分はあけておいたぞ。

121 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 11:33:18 0
>>33-34
このまとめを読む際に


・徹底した破壊工作を行っている。(戦後ソ連が修復)

・ホロコーストは戦時下よりトップシークレット

・都合の悪い公文書は殆ど残していない


以上のことを頭に入れておきましょう。

122 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 11:55:05 0
戦争末期まで、徹底した破壊工作を行なえるほど指揮系統がしっかりしている敗戦国という謎。

トップシークレットな割に「ヒトラーが街頭演説でホロコーストの存在を示している」と指摘してくる肯定派の謎

残していないのに、何故あったことが分かるのか。エスパー?という謎。

123 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 13:06:47 0
とにかく全5回ですから、全回見ようとは思ってます。
回が進むたびにまた議論になりそうですね。

124 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 14:44:58 O
>>109はチョソ

125 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 16:04:38 0
<(今回の番組で主に使われてる)ルドルフ・ヘスの証言に関するまとめ>
・「私は一九四六年三月一一日に逮捕された。(中略)私に対する最初の尋問における証言は、私を殴って得たものである。私はサインはしたが、そこになにが書かれてあるのかは知らない。アルコールと鞭で私はまいってしまった。(後略)」
彼は死刑の少し前に書いた回想録で、こう書き残して死んでいきました。
・そして英語を書くことも読むことも出来ない彼が書いたとされる供述書は、全文英語で、しかもタイプライターで書かれていました。
・彼の「自伝」とされている書物は、彼が裁判中やその後に作成したその他の資料と組み合わされて、彼の「自伝」として刊行されてきたものに過ぎません。
・彼の書いた回想録や供述書の内容を裏付ける物的・資料的証拠は一つもありません。
・そしてその内容は首尾一貫性がなく、矛盾だらけで、非常に胡散臭いものです。
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_07.html

126 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 17:19:10 0
絵がきもい
それ以上でもそれ以下でもない。

127 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:12:35 0
>>126
寒いという文句が多いんでリンクだけ変えた

<(今回の番組で主に使われてる)ルドルフ・ヘスの証言に関するまとめ>
・「私は一九四六年三月一一日に逮捕された。(中略)私に対する最初の尋問における証言は、私を殴って得たものである。私はサインはしたが、そこになにが書かれてあるのかは知らない。アルコールと鞭で私はまいってしまった。(後略)」
彼は死刑の少し前に書いた回想録で、こう書き残して死んでいきました。
・そして英語を書くことも読むことも出来ない彼が書いたとされる供述書は、全文英語で、しかもタイプライターで書かれていました。
・彼の「自伝」とされている書物は、彼が裁判中やその後に作成したその他の資料と組み合わされて、彼の「自伝」として刊行されてきたものに過ぎません。
・彼の書いた回想録や供述書の内容を裏付ける物的・資料的証拠は一つもありません。
・そしてその内容は首尾一貫性がなく、矛盾だらけで、非常に胡散臭いものです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_04.htm

128 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:14:02 0
>126
別に他にもサイトはいっぱいありますから。
本当に知ろうと思うなら本もあるわけだし。ね。
そのサイトは、単に「初心者向け」だから教えてくれてるだけですよ。
確かに内容はよくまとめられてるし、「よく作った」と思えるものです。
読んでみないと内容までは分からないでしょ?

129 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:15:53 O
ヒトラーは悪くない教ですか?

130 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:16:23 0
絵だけでどうとかいうのは興味がない証拠なんじゃね?

131 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:18:17 0
あ〜あ、また初心者か。
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_07.html
勉強してから話しよーぜ。サイトの絵が寒いんなら本読んでくれ。

132 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:21:06 O
ヒトラーは悪くない教ですか?

133 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:22:17 0
>>131
           |
           |
           |
           |
           |
           |   ∧∧:::
          \ (゚Д゚,,)::::: 俺の大好きなイタリアが
             (|  |)::::  みるみる汚されていく・・・・
             (γ /:::::::
              し \:::
                 \
                  \

134 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:24:12 0
ヒトラーは悪い教でつか?

135 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:26:34 0
ヒトラーは作戦に口出すな教の人間です

136 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:29:56 O
でつまつ口調はイタい。

137 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:33:23 0
俺は否定派だが、ヒトラーが無能なヒゲオヤジだったということに異論は無い。
あいつのアホ命令のせいで、何度成功が失敗に変わったかわかったもんじゃないよ。

138 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 18:47:00 0
最後の方ではかなりパーキンソン病が悪化してたようだしね。
「はぁ??」って思うような変な命令もいっぱい出してたみたい。
でも、このスレはヒトラーが悪いとか悪くないとかを語るスレではないよ。

139 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 22:14:35 0
>>118
>いやユダヤ人であることを放棄することは事実上
>ナチスの反ユダヤ政策に黙認、賛同するのと同じ。
シオニストユダヤ人であることを放棄、反対することは事実上、
反ユダヤ主義に黙認、賛同するのと同じ。とも言い換えられますね。
シオニズムに反対するユダヤ人を裏切り者扱いするシオニストユダヤ人とまったく同じ発想。
>>93に書かれているように積極的に志願した15万人のナチスの国防兵はともかく、
ユダヤ人ユダヤ系への帰属意識が薄い同化志向の者にまでユダヤの大儀に協力しない責任を強要するのか。
帰属意識が薄い者などを中心にユダヤ人ユダヤ系である事を密かに放棄した者もいるだろう。

>にしてもだ。両親とも血統的ユダヤ人でユダヤ教徒となると、
>よほどの理由でもなければ非ユダヤ人にはなれなかったのでは。
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_16.html
>>ユダヤ人は宗教人種なのでユダヤ教とユダヤ人の苗字を捨てて隠したら表向きは非ユダヤ人。
>>あとは『Hitler's Jewish Soldiers』の約15万のユダヤ人ドイツ兵のように身分証明書などを偽造すればいい。
ユダヤ人は血統人種ではないので、ユダヤ的な名前を変えたら表向きは非ユダヤ人。
ブライアン・マーク・リグも、『Hitler's Jewish Soldiers』を書かなければ誰もまずユダヤ人扱いをしなかった。
厳しい試験に合格してラビの認定がいるなど、自他共に認められるユダヤ教徒になる方が遥かに難しい。

>あと消えた殺されたの話はしていない。ユダヤ人は町から消えた、
>収容所に送り込まれた、これは事実だろう。
消えたユダヤ人の大半が収容所に送り込まれた証拠は何。

140 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 22:20:17 0
>ユダヤ人ユダヤ系への帰属意識が薄い同化志向の者にまでユダヤの大儀に協力しない責任を強要するのか。

モーゼス・ヘス『ローマとエルサレム』 1862年
「ユダヤ人はひとつの宗教的な集団ではなく、ひとつの独立した民族、特別な人種であって、このことを
否定する現代のユダヤ人は、背教者であり宗教的反逆者であるばかりでなく、自分の民衆、自分の部族、
自分の家族に対する裏切者である」
http://anthill.hp.infoseek.co.jp/Holocau$t/ChronTab.html

141 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 22:23:57 0
しかし、ユダヤ人って、ユダヤ人って言うよりただのユダヤ教徒だろ……

142 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 22:26:05 0
またそんな捏造映像を見せやがって・・・。
あきれた・・・。

史上最大の捏造 ホロコースト
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1124241749/

143 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 22:27:47 0
>>140
ユダヤ系の極右で暗殺されたカハネの思想となんら変わらない。

144 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:25:40 0
2日目の感想。

42年7月のヒムラーのアウシュヴィッツ訪問について、ガス処刑を視察したが
その記録はありません、みたいなことを言っていた。

当時の記録はないのだろうが、収容所長のヘスが戦後書き残した手記によると、
このときヒムラーは「何一つ苦情をいわなかったが、さりとてそれを楽しんでいる風
でもなかった」、「何もいわず、黙って見ているだけだった。ただその際、彼は、
そっと気づかれないように、関係の隊長や下級隊長、それに私の様子などを
何度となくうかがっていた」という。

ヒムラーは一年前の41年8月、ミンスクで100人ほどのユダヤ人の射殺を視察
したときに気分が悪くなってしまったというエピソードがある(ヒムラーの副官 Karl
Wolf の証言など)。

ヒムラーは鉄道のプラットフォームに降りた人々が農家(ブンカー2)に連れて
行かれ、そこで殺されるのを実際に見て(ヘスの手記による)、あまりいい気持ちが
しなかったのかもしれない。大量虐殺の責任者の意外な側面である。

145 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:29:48 0
>>144
その証言の裏は取ってないだろ。

146 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:32:46 0
>>144
<(今回の番組で主に使われてる)ルドルフ・ヘスの証言に関するまとめ>
・「私は一九四六年三月一一日に逮捕された。(中略)私に対する最初の尋問における証言は、私を殴って得たものである。私はサインはしたが、そこになにが書かれてあるのかは知らない。アルコールと鞭で私はまいってしまった。(後略)」
彼は死刑の少し前に書いた回想録で、こう書き残して死んでいきました。
・そして英語を書くことも読むことも出来ない彼が書いたとされる供述書は、全文英語で、しかもタイプライターで書かれていました。
・彼の「自伝」とされている書物は、彼が裁判中やその後に作成したその他の資料と組み合わされて、彼の「自伝」として刊行されてきたものに過ぎません。
・彼の書いた回想録や供述書の内容を裏付ける物的・資料的証拠は一つもありません。
・そしてその内容は首尾一貫性がなく、矛盾だらけで、非常に胡散臭いものです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_04.htm

147 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:41:23 0
>>145
ヘスの手記によるとヒムラーはガス処刑に立ち会ったしたあと、ブナの工場を
視察したという。このときの様子は写真としても残っていてヘスの記述を裏づけ
ている。

148 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:44:53 0
>>147
>ヘスの手記によるとヒムラーはガス処刑に立ち会ったしたあと、
ガス処刑のソースは

149 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:47:26 0
ってか、ガス室すらないのにガス処刑もへったくれもあるかと、そういう話だ。

150 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:11:27 0
戦後おこなわれたヘス裁判の資料によると、ヒムラーがガス処刑を視察した日、
つまり42年7月17日にはオランダの Westerbork とAmersfoort の各収容所から
1303人の男性または男児と697人の女性または女児がアウシュヴィッツに
到着し、うち1251人の男性が収容者番号47088−47687、47843−48493を
300人の女性が収容者番号8801−8999、9027−9127を受けとって収容所に
登録されたが、残りの499人については行方がわかっていない(チェヒのカレンダリ
ウムを参照)。

ガス処刑が行われたという証言は499人の行方がわからないというこの日に関する
資料と矛盾しないよ。

151 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:23:14 0
>>150
>ガス処刑が行われたという証言は
ガス室を証明してくれ。

152 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:29:40 0
>>151
> ガス室を証明してくれ。

ブンカーと呼ばれた農家でガス処刑がおこなわれていたことを資料的に示して
ほしいということだよね? ちょっと待ってくれ。ホロコスレの過去ログにそういう
のがあったと思う。

153 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:35:30 0
>>152
証言を一切使わずに立証してくれよな。

154 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:50:51 0
証言もふくめて検討しないとだめだよ。

ヘスの手記によるとブンカー2(文中では第II倉庫)でガス処刑がおこなわれるように
なった経緯はつぎのとおり。ブンカー2の利用開始時期は文脈からして42年夏と
読めるが、もっと具体的に42年6月という説もある(チェヒの説)。

「〔1941年夏か〕アイヒマンがアウシュヴィッツの私のもとに来た。〔中略〕・・・
われわれは、虐殺の実行法について話しあった。〔中略〕アイヒマンは、簡単に作れて
しかも特別な設備を必要としないようなガスを調査した上で、私に報せるといった。次に、
われわれは、適当な場所を探すためにあたりの地勢を見てまわった。われわれは・・・
〔ある〕農場を適当と判断した。〔中略〕われわれは、適当なガスを濃縮化すれば、そこの
既存の屋内で、優に800人は殺害できると計算した。〔中略〕ユダヤ人虐殺がいつ始め
られたかについては、私はもう正確に覚えていない。・・・多分、1942年の1月のこと
ではないかと思う。最初に対象となったのは、上シレジア東部のユダヤ人である。
〔中略〕ユダヤ人は、倉庫脇で脱衣させられた。〔中略〕夏の間に移送者が詰
めかけ、われわれは、さらに大規模な虐殺施設を作ることを余儀なくされた。そのため
・・・〔ある〕農場がえらばれ、手を加えられた。脱衣用には、第I倉庫脇に二つ、
第II倉庫脇に三つのバラックが建てられた。第II倉庫の方が大きく、約1200人を収容
できた。1942年夏にはまだ、屍体は大量埋葬壕に埋められた。その夏の終わりごろに
なってはじめて、われわれは、焼却ということを始めた。〔中略〕壕内では、ひっきりなしに、
従って昼夜をとわず焼却がつづけられた。」
ルドルフ・ヘス(片岡啓治訳)『アウシュヴィッツ収容所』講談社学術文庫、1999年、381-388ページ。

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1078863794/529 より

155 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:54:34 0
>>154
ヘスの拷問でえられた証言が信用できるのが理解できない。

156 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:56:48 0
「信用できる」んじゃなくて、「信用したい」んだよ、きっと。
UFO信奉者を思い出せば理解できるじゃん。

157 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 01:59:51 0
>>156
ヘスはろくに英語もできないのに供述書が英語なんだよな。

158 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:04:25 0
やっぱり、アダムスキーの話と似たところが結構あるね。

159 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:08:15 0
真実がどうであったのか専門家じゃないから肯定否定どちらとも
言い難いけど、 賠償利権団体(ホロコースト産業)の存在自体は
多いに信じられるし、ということは・・・・   って感じではあるね。


160 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:11:08 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/piper_01.htm
1.実際、検察当局・司法当局とアウシュヴィッツ所長ルドルフ・ヘスの証言にもとづく、
400万人までのアウシュヴィッツの犠牲者数という水増しされた数字は、
戦後の数十年間にわたって、文献の中でしばしば引用されてきた。
しかし、歴史学の諸原則――さまざまな資料の比較とその信憑性の評価――に
したがってこの問題を詳細に研究した研究者たちは、
アウシュヴィッツの犠牲者数を100万から150万人のあいだであると明らかにしてきたし、明らかにしてきている。
[これまで、ホロコースト正史派の研究者たちは、ヘス証言を、
まさに殺戮の当事者の目撃証言であるのだからとの理由で、
アウシュヴィッツ・ビルケナウ絶滅収容所物語の根本資料とみなしてきた。
絶滅物語の根幹である犠牲者数に関するヘス証言には信憑性がないとするならば、
ホロコースト正史派の研究者たちは、一体へス証言のどの部分を信用しているのか、
どの部分を信用していないのか、このことを明確にする必要があるであろう。
そしてまた、なぜ、ヘスは、ソ連側の宣伝数字400万人に迎合するよう犠牲者数を「自白」したのかも、
明らかにする必要があるであろう。]

161 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:11:28 0
とりあえず聞きたい。

>>1のスタレイ通りにはならなかった事に付いてどう思う?

162 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:15:01 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/piper_01.htm
1.実際、検察当局・司法当局とアウシュヴィッツ所長ルドルフ・ヘスの証言にもとづく、
400万人までのアウシュヴィッツの犠牲者数という水増しされた数字は、
戦後の数十年間にわたって、文献の中でしばしば引用されてきた。


ピペルも400万人に関するヘスの証言を渋々だろうけど否定してる。

163 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:16:26 0
ワロス。釣りだったってことで。

164 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:20:28 0
のちにブンカーでのガス処刑にかかわることになったSS医師、ヨハン・パウル・
クレマーの日記。当時ユダヤ人などの大量虐殺に関わった関係者の間では
処刑という意味で「特別行動」といった隠語が使われることがよくあった
(アインザッツグルッペの作戦報告などを参照)。

【1942年9月2日】午前3時に、はじめて外で特別行動(Sonderaktion)に立ち会う。
これと比べれば、ダンテの地獄も喜劇のようなものだ。アウシュヴィッツが絶滅
収容所(das Lager der Vernichtung)と呼ばれるのはもっともだ。
【1942年9月5日】正午に、女性収容所からの(囚人を)対象とした特別行動に立ち
会う。「回教徒たち」(Muselmaenner)。これまでで一番ひどいものだった。軍医の
ティロ親衛隊曹長が、私たちは世界の肛門(anus mundi)にいるのだ、と言ったが、
それは正しい。晩になって、8時頃、オランダ人向けの特別行動に立ち会う。
みながこうした活動に参加したがるのは、そのときに受け取る特別報酬のためだ。
つまり、アルコール5分の1リットル、タバコ5本、ソーセージとパン100グラムの
ためだ。今日と明日(日曜日)勤務だ。
【1942年10月12日】2度目のチフスの予防接種を受ける。そのあと夕方にひどい
全身反応(熱)。それでも夜には、さらなるオランダからの特別行動に立ち会う
(1600人)。最新のブンカーのまえ(vor dem letzten Bunker)での戦慄すべき光景!
これは10回目の特別行動だった。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1078863794/523 より

※9月2日、9月5日はここで読める。ただし5日冒頭の Heute nachmittag は写真と
くらべておかしいと思う。 Heutemittag ではないか。
http://www.holocaust-history.org/auschwitz/19420901-kremer/

※10月12日はアウシュヴィッツ博物館が出版している Auschwitz in den Augen
der SS, 2003, p. 159 で確認できる。

165 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:27:04 0
>>164
証言の裏を取ってくれ。

166 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:28:48 0
上述のクレマーSS医師は戦後クラカウでおこなわれた裁判においてブンカーでの
ガス処刑について詳細に語っています(47年8月18日)。

とりわけひどかったのは、女性収容所からの衰弱しきった女性たち、通常「回教徒」
と呼ばれる人々のガス殺であった。思い出すが、私はある日一度、そうした女性
グループのガス殺に加わったことがある。グループがどれほどの数だったかは、
覚えていない。ブンカー近くに来てみると、彼女たちは着衣のまま地面に座り込ん
でいた。ぼろぼろの囚人服を着ていたので、脱衣バラックに入ることを許されず、
戸外で服を脱がなければならなかった。これらの女性の態度から、どんな運命が
自分たちを待ち受けているかを、彼女たちがはっきり判っていると、私は判断した。
というのも、彼女たちは親衛隊員に命を助けてくれと懇願し泣き叫んでいたからだ。
とはいえ、全員がガス室に追い込まれガス殺された。解剖学者として私は、多くの
恐ろしいことを見たし、死体を扱ったこともしばしばである。しかしながら、
そのときに見たことは、なにものとも比べることができない。そのとき経験した印象を、
私は1942年9月5日の日記に「恐怖の絶頂。軍医のティロ親衛隊曹長が本日私に、
私たちは世界の肛門(anus mundi)にいるのだと語ったが、それは正しい。」と書いた。
こうした表現を私が使ったのは、それよりすさまじく恐ろしいものを、私は思いつけ
ないからだ。

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1078863794/525 より

※アウシュヴィッツ博物館が出版している Auschwitz in den Augen der SS,
2003, p. 153 の注で確認できる。

167 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:32:42 0
■■第1章:「マンハッタン計画」とユダヤ人科学者
●ロバート・オッペンハイマーといえば、「原爆投下は日本に警告なしに行なわれるべきだ」と
反日的な強硬論を主張した人物である。彼は、最初から最後まで投下目標について日本だけ
を論じており、ドイツを投下目標として論じたことはなかった。
●ちなみに、「マンハッタン計画」に携わったユダヤ人科学者の中で、もっとも反日強硬派
だったのはフォン・ノイマンだろう。彼は日本人を蔑視し、京都を原爆の最初の血祭りにあげる
べきだと主張。京都が日本国民にとって深い文化的意義をもっていたというまさにその理由に
よって、京都の破壊を求めていたのである。
●広島に原爆を投下したB29「エノラ・ゲイ号」の搭乗員として特別に選ばれた15名のうち、
ユダヤ人が7名も占めていた。機長のポール・ティベッツもユダヤ人である。
■■第4章:戦争犯罪者 トルーマン大統領
●ちなみに、トルーマンは父方がユダヤ系である。
■■■第8章:都市に対する無差別爆撃そのものが犯罪である
●ところで、日本本土への爆撃作戦(戦略爆撃)の司令官を務めたのは、
ユダヤの血をひくアメリカ人、カーチス・ルメイ少将である。
彼は対ドイツ爆撃(ドレスデン空襲その他)で実績を上げ、「空の英雄」と
呼ばれていた。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc700.html
ルーズベルトは、自らユダヤ系であることを認めています。
「ルーズベルトの祖先は17世紀の末葉、オランダにいた
ユダヤ人Claes Martenzan van Rosenvelt。
彼は1935年3月14日のN.Yタイムズで自分の祖先がユダヤ人だと表明した。」
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/cr.htm

168 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 02:54:52 0
ヒムラーがガス処刑を視察したブンカー2の遺構は現在アウシュヴィッツ博物館の
野外展示の一つとなっている。
http://www.auschwitz.org.pl/html/eng/zwiedzanie/bialy_domek.html

169 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 03:14:55 0
>>165
証言?これは日記だから、君たちが求めてやまない一次史料だよ。

170 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 03:26:09 0
>>169
あのページの画像はもう確定もんだな。

俺ドイツ語読めないけどorz

171 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 05:10:07 0
日記なんてあてにならないだろ
アンネの日記しかり

172 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 05:12:46 0
ゲッベルスの日記しかり

173 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 06:28:15 0
>>161
それどころか、逆に否定派を増やす結果になってるなw

174 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 07:17:12 0
おいおい
ユダヤ人はドイツ人に感謝しなければならないんだぞ!
虐待や虐殺の証拠がなぜか一軒もないそうだ。
そうするとドイツ国内でのユダヤ人は病死、自然死、事故死しか死亡理由がない。
ドイツ人の一般市民も戦火に巻き込まれ多数死んだのに。
ユダヤ人はアウシュビッツで虐待も虐殺もなく安全に暮らしていたんだよ!
ナチス万歳!見直したよw

175 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 08:39:49 0
な〜んだ〜。ナチス大好きだったのにキチガイ殺人集団じゃないのか〜。
しゅ〜〜ん。ってなっちゃう人も多いと思うぞ。(笑)

176 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 11:27:35 0
>>175

マジレスするが、肯定派は、ホロコーストが否定されるとナチが肯定され、その
支持者が爆発的に増加するんではないかと憂いていて、それで、修正主義・修正
派をあらゆる手で弾圧してまわってるんだが、実際のところ、ナチにひかれてい
るヤシら(ことに欧米でのネオナチ)は、そのナチの「キチガイ殺人集団」とし
ての悪魔的魅力にこそひかれているワケで、もし、ホロコーストが否定されれば、
その魅力はおおいに減退し、(よほどのナチヲタ以外は)そこから離れていって
しまうのは確実だと思う。ただ、反面、シヲニストへの(またはその同伴者だっ
たブサヨ)への風当たりが、いっそう強くなることも確実だと思う。

177 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 12:05:50 0
マジレスありがとう。その通りだよ。

>ナチにひかれているヤシら(ことに欧米でのネオナチ)は、そのナチの「キチガイ殺人集団」とし
ての悪魔的魅力にこそひかれているワケで、もし、ホロコーストが否定されれば、

だって、漏れがそうだもん。しゅ〜ん。

>反面、シヲニストへの(またはその同伴者だったブサヨ)への風当たりが、いっそう強くなることも確実だと思う。

うん、これも確実だな。
だって、漏れがそうだもん。

178 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 12:14:50 0
結局、今回のNHKの放送は「否定派を黙らせる」どころか反対に
「しゃべらせる」結果を招いてしまっと思うが。どうよ?

179 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 12:15:44 0
何でリヴィジョニストばかりいるの?

180 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 12:19:42 0
さあ?肯定派がいないからじゃないかな?

181 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:22:09 O
おお、パレスチナの民よ。
恐るべきはイスラエルのユダヤ人達。
ユダヤ人達はパレスチナ人の土地を奪い、女・子供・老人を虐殺し続けている。
パレスチナ人の若者達はユダヤ人の侵略に対し抵抗運動インティファーダを行なう。
しかしユダヤ人達は最新鋭の戦車・戦闘機・ロケット砲で無抵抗の老人が住む民家を狙っては報復と称して破壊し焼き尽くしているのだ。
ユダヤ人はパレスチナ民族を絶滅させようと目論んでいる恐ろしい人種だ。

182 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:23:37 0
>>181
反ユダヤ感情で自慰をするのは他でどうぞ。ここは世界史板です。


テロをしかけるパレスチナも悪いだろ。パレスチナが難民のままなのも、幹部の連中が
援助金を自分の懐にいれているからだし。


183 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:34:21 O
NHKは最近左翼的な番組のふりして逆の内容を放送するよな

184 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:34:31 O
>>182
君はバカだな。ユダヤ人がパレスチナを侵略したんだ。
抵抗運動するのは当たり前だろ。


185 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:48:46 0
ところで、見直し論を真剣に受けとめようとしてる人ってのはどれぐらいいるの?
諸外国に比べて少ないんじゃないのかと思うんだけど。
(知らない人もまだまだ多いみたいだし)
このスレも何年もやってるでしょ?少しは「考えてみよう」って人、増えてきてるのかな?
ごめん。ちょっと気になった。

186 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:49:29 0
ごめん。このスレ→こんなスレ です。

187 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 14:52:43 O
>>185
その何年も見続けて気にしてカキコしている君は相当に神経が痛そうだwww

188 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 15:22:40 0
マジレスしますけど、実は新参です。すみません。
何年も前からのスレを最近発見して読みました。
それで、どれぐらいの人が真剣に受けとめてるのかと気になりました。

189 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 15:50:57 O
>>188
「何年も前からのスレを見た」

↑君はよっぽど時間があるんだねー。ニートですか?

190 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 16:03:40 0
なんかダメなことみたいですね。(笑)
マジレスばっかでつまんないですが、夏休み事故って暇だったもので。
前から気になってたのをまとめて読んでみようかな〜と思いまして。

んで、どれぐらいの人が読んでるのかな〜とか、どれぐらいの人がマトモに
受けとってるのかな〜と、つい気になり。
てか、本当にどうなんでしょうね、そのあたり。

191 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 16:08:07 0
つまらん人格攻撃はやめておけ。醜いぞ。
真面目に読んだと言ってるだけだろうが。ったくガキだな。

こういう人がいるってことは、確実に真剣に受けとめる人が増えてるってことだろう。
それが気にいらないだけだろう。

ってことで、まだまだ少ないとは思うが、確実に増えているはずだぞ。

192 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 16:50:59 0
卑屈な香具師がいるなぁ〜。
クラスに1人はいるタイプ。
ニートだろうが何だろうが人が何読もうと勝手だろ。
それに話に関係ないことでネチネチ言うなよ。カッコ悪い。

最近知って勉強しようと思った人がいてよかったじゃないか。
肯定であろうと否定であろうと、世界史を知る上では大事な出来事。
関心を持つ人が増えているのも確か。

193 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 17:29:52 O
>>190
>>191
>>192

一人で何役もごくろうさま。
<実は初参加>、<事故ったので夏休みが暇だから>←真面目なのはヘタクソな嘘を並べることですか?君は子供だねー。

194 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 17:47:02 0
>>193
妄想だいじょうぶ?

195 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 01:27:26 0
3日目の感想。

ユダヤ人から金品その他をまきあげる話が出ていたが、W特別勘定について
ふれても面白かったのではないかと思った。

W特別勘定(Sonderkonto W)とはゲシュタポがユダヤ人移送の運送費を
まかなうために本部のユダヤ人課に設けたもの。入金のほうはユダヤ人に
強制的なカンパを押しつけて調達していた(ゲシュタポやユダヤ人団体などの
文書による)。

あれだけ財産を接収したり、金品を奪ったりしていたのだからそこから引き
出せばすれば良かったのではないかとも思える。ユダヤ人政策のための
独立会計をつくるなら当然そうなるだろう。だが実際には関連する諸機関が
既存の枠組みのなかでバラバラに処理していたようだ。

接収財産や没収品が国庫や収容所を管理するSS経済管理本部を潤す一方で、
警察の一部局であるゲシュタポは自分たちの才覚で資金を調達していた。
W特別勘定を管理していたアイヒマンは自身の裁判のなかでその理由を、
財務当局から予算を引き出すよりも簡単だったからと説明している。

ナチスにとってユダヤ人は叩けば叩くほどカネが出てくる宝の山だったようだ。





196 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 01:55:08 0
http://d.hatena.ne.jp/zundel/20050724/p1
>今年4月の記事ですが、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンの Israel sets Holocaust
>damages at $240 billion。「ホロコースト」の期間中にユダヤ人が被った損害は2400億ドルに
>のぼるというイスラエル政府の報告書が出た、という話です。

ユダヤ人にとってナチスは叩けば叩くほどカネが出てくる宝の山です。

197 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 02:11:50 0
んじゃ、昨日のつづきで。

>>166 2箇所訂正。
× クレマーSS医師は・・・語っています(47年8月18日)。
○ クレマーSS医師は・・・語っています(47年7月18日)。

× p. 153 の注で確認できる。
○ p. 154 の注で確認できる。

>>164 の日記の42年9月2日の記述についてクレマー本人は戦後の裁判に
おいて次のように語り(1947年8月18日、クラクフ)、日記の記述を裏づけた。

すでに1942年9月2日、午前3時のことですが、わたしは人々をガス処刑
するよう決められて、それに関与しました。この大量虐殺はビルケナウ収容所の
そとの森のなかにあった複数の小さな家屋でおこなわれました。それらの
家屋をSS隊員は「ブンカー」という隠語で呼んでいました。特別行動と
名づけられたこのガス処刑には、順番で勤務中だった収容所の病棟の医師
すべてが参加しましたが、わたしの医師としての役割はブンカー脇の
スペースで待機することでした。わたしは車に乗せてもらってそこに行き、
運転手とならんで座ります。そして後ろにはSS衛生員(SDG)が一人、
ガス処刑をおこなっているSS隊員が中毒になった場合に備えて、救助用の
酸素器具を手にして座るのです。ガス処刑される予定の人々の乗る列車が
鉄道のプラットフォームに到着すると、SS将校が新しく来た人々のなかから
働ける人を選び出しました。男も女もです。そして残りの白髪の生えた人や、
子どもたちすべて、そして小さな子どものいる女性やその他働けない人々に
ついてはトラックに乗せてガス室へ運びます。わたしはその後ろからついて
いきました。

198 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 02:13:31 0
ブンカーに着くと、囚われの人々はまずバラックへと車で追い立てられました。
そこで犠牲者たちがみずから脱衣し、そしてすでに裸になった状態でガス室に
入りました。たいていはすべてが平穏に進んでいきました。というのもSS隊員が、
みなさんは入浴とシラミ駆除をおこなうことになりますと言って、人々を落ち着
かせていたからです。全員をガス室に追い込むとドアが閉められ、ガスマスクを
つけた一人のSS隊員が側面の壁にある穴からチクロン缶の中身を投入しました。
そしてこの穴から犠牲者たちの泣き叫ぶ声や悲嘆の声がガス室のそとに
聞こえてきました。人々が死を前にしてもがいていることがわかるのです。
叫び声が聞こえるのはとても短い間だけでした。それは数分だったとわたしは
思いますが、正確には申し上げることができません。

※アウシュヴィッツ博物館が出版している Auschwitz in den Augen der SS,
2003, p. 153 の注に原文。

また9月5日の記述(>>164)は >>166 の本人の証言によって裏づけられるとともに、
戦後のヘス裁判の資料にもとづくこの日の出来事と矛盾しない。

それによると42年9月5日、ビルケナウの女性収容所の第27バラック(第25
バラックの誤記か。区画はBIa)に設置された病院においてSS医師が800人ほど
の病気のユダヤ人収容者を選別している。そして714人のユダヤ人男性、女性、
子どもがオランダの Westerbork 収容所から到着し、うち53人の女性が収容者
番号19117−19169を受けとったが、残りの661人の行方がわかっていない
(チェヒのカレンダリウムを参照)。

199 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 02:26:17 0
そして10月12日の記述(>>164)についてクレマーは戦後の裁判において
いくつかの不明確な点を明らかにした(1947年7月18日)。

それによると1600人という犠牲者数は他の人から聞いたおよその数字であり、
また「最新のブンカーのまえでの戦慄すべき光景!」とは、責任者のSS隊員
(ヘスラー)が満員のためガス室に入りきれなかった一人の男性をその場で
射殺したことを指しているのだという。

※アウシュヴィッツ博物館が出版している Auschwitz in den Augen der SS,
2003, p. 159 の注を参照。

200 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 06:57:12 O
ホロコースト否定して「だから全体主義は悪くない」って言いたいんでしょ、結局。
2ちゃんによくある壮大な地ならしだよな

201 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 07:37:22 0
>>200
史学を舐めてるのか?

202 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 10:36:50 0
俺は純粋に真実を知りたいね
歴史ヲタは皆そうなんじゃないの?

203 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 11:11:52 0
>>199
で、相変わらず証言しかないわけですか。

戦争に負け、一歩外に踏み出せば「悪魔!死ね!殺してやる!」の大合唱。
とりあえず殺されないように保護してくれている戦勝国の軍。

そんな状況で真実を口にし「我々はそんなひどいことなどしていない」
と言えるのは自殺志願者か、よほどの愛国者。

「日本を貶める証言をしてくれたら、100万円やるよ」
と言われて応じる日本人なんて山ほどいる(俺も)と思うが、命を引き換えだったら全員じゃねーか?

204 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 11:20:30 O
>>194はすっかりバレバレなのでショボいレスしかできないね。

205 :鷹のつめ:2005/08/19(金) 11:29:30 0
とくに肯定派の方に、素直に答えて欲しいのですが
今回のNHKの番組は、>>1氏の言うように「否定派の泣き顔〜」なのではなく
結果的に中立派もしくは否定派を増やしてしまうのではないのでしょうか?
 元々一般人は《ホロコーストはあった》がだいたいの定説でしょう?
したがって番組を観て、その見識をさらに深めることにはなるでしょうが
肯定派を増やすことにはならないはずです。
だとするとあの番組で、興味を持った人達がNHK板または世界史板にくる
ようになる結果として、中立もしくは否定者の実数は増加するはず。
現に私でさえこの数日間で、中立(やや否定)派になっているし、もちろん
世界史板なんてはじめて来たし。
特に日本には、“南京大虐殺”の捏造問題などがあるため、どんなに定説
のような事件でも、疑ってかかる下地はあるわけで。

事実はひとまずよこに置いておいて、この辺りのことってどうなの?
もし、感情的や素直でないレスポンスであった場合、ますます
否定的になってしまうな、私は。

206 :鷹のつめ:2005/08/19(金) 11:41:58 0
数十のレスを読んで↑で書き込みしたのだが
書き込み後、さかのぼり読みしていくと、同じような
こと言っている人達がおりますな。
やはりそうおもうのか。

207 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 11:53:06 0
UFO、ネッシー、ビッグフット。

写真や映像や証言は沢山あったのに、いまは信じられていない事例。
早くホロコーストや南京大虐殺もそうなって欲しい。

ドイツ可哀想過ぎ。
ドイツが第二次世界大戦を起こしたのだって、
周りの国がドイツに「一生かかっても返せない借金を背負わせて苛めぬいた」ことが原因なのに(´・ω・`)

「ちょwwwおまwwwあんなことされたらドイツキレちゃうって!やめようって!」
と主張した新渡戸稲造さん(旧5000円札の人)カッコヨス(`・ω・´)

208 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 13:31:43 0
<ユダヤ人医師チャールズ・メンゲレの証言に関するまとめ>
・人体実験を重ねたとされている彼ですが、人体実験の実在を立証する物的証拠は一つもありません。実験に使われたとされる双子も、実在していたという証拠は何もありません。
・1944年8月の時点ではアウシュヴィッツにいなかったユダヤ人を「殺した」と証言しています(タイムマシンで未来から連れてきたのかな?)
・彼は「石油で死体を燃やした」と証言していますが、当時のドイツ軍は燃料がないという理由で戦車を放棄するほど石油不足に困っていました。
・彼の証言にはアウシュヴィッツ博物館の発表と矛盾している部分が多く存在します。
・彼は「一平方mの面積に28人の人間を押し込んだ」と証言しています。
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_09_02.html

209 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 23:41:10 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
■■■第3章:ルドルフ・カストナー事件
■■ナチスと取り引きしたハンガリーのシオニスト組織
●1944年、ナチス帝国の敗色が濃厚になる中、
SS長官ハインリッヒ・ヒムラーなどのナチス指導者は、ハンガリーに残るユダヤ人は、
殺すよりもスイスを仲介とした西側との交渉のためのカードとして温存したほうが得策かもしれない、と考えていた。
ハンガリーの首都ブダペストでは、
シオニスト組織の最高幹部であるルドルフ・カストナーとアドルフ・アイヒマンの2人が、
ヒムラーと連絡をとりつつ様々な可能性を模索し、ある秘密の合意に達した。
それは、カストナーが選び出したユダヤ人1685人を列車で秘密裏にスイスへ脱出させるというものだった。
カストナー自身も加わって作成した乗客リストには、
彼の家族、友人、シオニズム運動の長老指導者たちの名前が並んでいた。
●この計画を実行するに際してカストナーは、SS大将クルト・ベッヒャーを相棒にした。
1944年6月30日、カストナーによって選ばれたユダヤ人たちは、
「VIP列車」に乗ってハンガリーを脱出し無事にスイスに到着した。
このSS大将ベッヒャーとカストナーは、その後も親密な関係を続け、
ドイツが降伏した後、ベッヒャーが戦犯として逮捕されると、
カストナーは「ニュルンベルク裁判」でこのナチの友人の弁護に駆けつけ、彼が人格者であることを訴えたのだった。
この結果、元SS大将は釈放され、その後西ドイツで実業家として名を馳せることになる。

210 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 23:41:46 0
●1952年8月、エルサレムで個人新聞を発行していたハンガリー系ユダヤ人のマルキエール・グリーンワルドは、
回報第52号のなかで、戦後イスラエル政府の高官となったカストナーは、
大戦中にSS大将ベッヒャーと共謀してハンガリーのユダヤ人の財産を奪った、と非難した。
更にグリーンワルドは、カストナーが所属したハンガリーのシオニスト指導部は、
ナチスと取り引きを行ない、少数のユダヤ人を国外に不法出国させることと引き換えに、
ハンガリーに住む数十万人のユダヤ人を強制収容所に送る手助けを行なった、と告発した。
●この告発に怒ったカストナーは、グリーンワルドを名誉毀損で訴えた。
しかし裁判の焦点はすぐに、大戦中のカストナーとアイヒマンおよびSS大将ベッヒャーとの関係に移った。
ベンヤミン・ハリーヴァイ判事は証拠説明の中で、カストナーがナチスと交渉を行なったことを、
「悪魔に魂を売り渡す」行為として非難した。
●イスラエル国内の世論が揺れる中、カストナーは1957年3月、自宅を出たところを射殺された。
(後にイスラエル最高裁判所は、ナチスが罪を逃れるのに手を貸した点を除いては、カストナーを無罪とする決定を下した)。
カストナーを射殺した犯人は逮捕され投獄された。
しかし、そこにもっとどす黒いものの臭いを嗅ぎ取り、         
カストナーの暗殺をイスラエル諜報機関が仕組んだ罠だと主張する人は少なくなかった。
結局、ハンガリーのシオニスト組織とアイヒマンとの間にどんな密約があったのか、
当事者カストナーの口が封じられてしまった以上、その真相は歴史の闇に葬られたことになる。

211 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 00:06:22 0
>>205
隔離スレの最初から罵倒レスを入れている住人だが。

貴方がどのような人になろうとも誰も責任は持ちません、誰も止めません。
貴方の責任です。
ソレを他人の主張の所為にするのは大人(チャネラとしても正しい)の生き方とは言えません。
貴方自身が判断して行動することです。

うそをうそと見抜けることのできる人

2chの鉄則です。


212 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 01:06:09 0
なるほどなー。収容者累計が100万人ちょっとしかいなかったんで、
450万人死亡説は成り立たなくなった。
そこでほぼ全員、上限の100万人が死亡した説に乗り換えたんだ。

収容者累計が500万人だったら、500万人死んだって言ってる
んだろうな。

収容者数と志望者数の差は、生存者数を差し引いて出した数字なんだろうが、
収容者数の数を増やせば、限りなく死亡者数も増える。
収容者数の割り出し、収容者の名前の割り出し、
生存者の特定、これらの作業を正確にこなすのは
極めて困難だろうな。どれもこれも適当な数字なのでは。
 極めて曖昧な数字と言える。

213 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 01:47:14 0
他スレにも同じようなことを書いて恐縮だけど、、
あれだけ残虐なアウシュビッツが描かれると広島長崎の惨状も
同じくらい罪だと思い知らされます。負けたほうは死刑になり
勝ったほうは罪にもらなないなんてあまりにひどいです。
そちらのほうが背筋が寒くなりました。

214 :(`・Θ・´) ◆SaRASHiYAo :2005/08/20(土) 02:00:58 0
5回全て観たんだが、
焼却方法についてはあまり触れなかったな。
内容も何故ユダヤ人は迫害されたのかについて触れず、
ナチの残虐さを持ち上げユダヤ人に媚びている感じ。

BBCだからしょうがないか。

215 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 02:09:35 0
アウシュビッツの話は他人事じゃないね。被害者としても、加害者としてもね。恐ろしいことだよ。
将来日本人が、反日イデオロギーに教育された中国の人々によって、虐殺されるなんてことがあるかもしれない。
日本人抹殺に倫理的ためらいどころか、正義とすら考えて行うこともありえる。
仮に、第二次大戦中の残虐行為の全て本当だとしても、対日ホロコーストなんて正当化できないはずだが、
共産党独裁政権にスケープコードにされる可能性は否定できないから怖い。
今好調の中国経済が行き詰まれば、中国共産党は政権維持にそうする可能性は低くはない。
中国に進出している企業の日本人が収容所に連行なんて想像の世界じゃない。
台湾独立派の実業家許文龍氏が、自分の企業の会長を辞任させられた上に、
台湾独立不支持と反国家分裂法支持の声明に著名させられた。
その大きな理由に、中国工場の幹部を不当に逮捕されたりしたためだ。
つまり中国共産党は、現地法人の人間すら政治的都合で平気で人質にするわけ。
戦争にでもなれば、さらに負ければ…もっと多くの日本人が収容所生活もありうる。
国際社会が黙っていないって?欧米人に犠牲者がでない限り国際社会は何もしないよ。
どこも自国の都合で動くからね。
現に北朝鮮なんて国家丸ごと収容所なのに国際社会は見て見ぬふり。
当初は強硬な米国も、イラクにかかりっきりで、中国に気兼ねして実質何もしていない。
日本にいたっては自国民が拉致されても経済制裁無し、
同民族の韓国も、拉致されている自国民も、北の民衆を助ける気無し。
当時ユダヤ人におきたことが、将来日本人にも起こりうることを考えるべきだ。

そして、日本国内でテロが起きたり、どこかと戦争が始まったとき、今度は日本人がドイツ人のような加害者になりうる。
程度の違いこそあれ、二次大戦の米国の日系人収容所の例もあるしね。
収容所とまでいかなくても、特定の宗教、国籍の人間に対する不当な迫害も起こりうる。

ホロコーストの教訓は、単なる遠い国の昔の話じゃない。
この教訓は、現代日本にとっても重要だ。


216 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 02:27:51 0
では改めて「アウシュヴィッツ強制収容所」をどうぞ
http://www.asahi-net.or.jp/~VR3K-KKH/musicandauschwitz/auschwitz/campfotos.htm
http://homepage2.nifty.com/skynewton/europe/oswiecim.html

217 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 02:56:33 0
>>205
> 元々一般人は《ホロコーストはあった》がだいたいの定説でしょう?
> したがって番組を観て、その見識をさらに深めることにはなるでしょうが
> 肯定派を増やすことにはならないはずです。
> だとするとあの番組で、興味を持った人達がNHK板または世界史板にくる
> ようになる結果として、中立もしくは否定者の実数は増加するはず。

まさしくその一人がここにいま〜す。
番組見ただけで、知識なくてすっげー素朴なこと言うと思うが許してけろ。

いくつか気づいた点を挙げます。



218 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 02:56:46 0
@5回目の放映で
 アウシュビッツは連合軍の爆撃対象から外れてしまった
 って言ってたけど
 否定論の考えに立てば当然の結論だなぁ、と。

A同じく5回目の放映で
 アウシュビッツがソ連軍に解放されたとき
 数千人の収容者がいた、
 本来は親衛隊が証拠隠滅のために殺すはずだったが
 混乱していて殺し損ねてしまった、と言ってた。

 そんなに混乱してたのに
 アウシュビッツの虐殺の証拠隠滅が
 本当に徹底的にできたの?と思った。

B同じく5回目の放映で
 アイヒマンだったかが、ブダペストからユダヤ人を徒歩で西方に移送させたとき、
 数万人の移送で数千人が死んでしまった。
 そしたら、貴重な労働力を失わせた行為について
 ヒムラーだったかに批判されてしまった、と言ってた。

 そこまで労働力を貴重品扱いしておきながら、
 一方で100万人も殺すってのは、考えてみれば変なことだなぁ、と。

番組をご覧になった方はどう思います?

219 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 03:07:56 0
ただ
史上最大の捏造 ホロコースト 28スレの949に

<ヒトラーとホロコーストの繋がりに関するまとめ>
(略)
・連合軍はドイツ政府・ドイツ軍の交信記録をすべてチェックしましたが、
秘密の無線通信やオフレコの会話でさえ、絶滅計画に関したものは何も残っていません。


って書いてあったけど、
放映1回目だったか、
ドイツ軍の交信記録を傍受した結果、
○○収容所では○○万人殺された計算になります。

なんてことは言ってたような。

220 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 03:18:25 0
番組では
収容所1棟を
親衛隊4人と
特別対策班とかいうユダヤ人100人で運営していたと言ってた。

反抗を押さえつけるには4人は少なすぎるような気が。

親衛隊はチクロンBを投下する役目で、
ガス室から死体をリフトまで運んだりするのは特別対策班の役目だったとか。
残留ガスを吸いこんで
特別対策班の人が体を犯されるというイメージがあるけど
そのことについては触れてなかったような。

221 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 04:02:32 0
否定論を黙らせるってスレタイの目的は無理だと思う

乗り込んで行ったら宗教系のスレの信者を黙らせる事が出来るか?
それと同じくらい難しいよ
彼らは生きがいや趣味に使うぐらいエネルギー使ってるもん

ただそれ以上のエネルギー使って外国語バリバリいける勇者が
資料集めて低脳の精神的支柱の「ソフィア先生」
に対抗できるような正史サイト作ってくれれば
もっと放置もカッコつくんだけど
(低脳って思ったのはソフィア先生の受け売りばっかで独逸語読めないっぽいからw)
現実そんな勇者はいないから放置するのがベストなの分かるけどさ

個人的には連合国も捏造した部分はあると思うよ
やりすぎた点がね 虐殺すら無かったってのは電波でFAだと思うが


222 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 04:08:30 0
>>221
>虐殺すら無かったってのは電波でFAだと思うが
はい、虐殺を立証してください。

223 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 04:09:27 0
>>221
ソフィア先生に対抗するためにそれ以上のレベルの知性をもってくるのはバカだよ。
逆にソフィア先生を権威づけることになってしまう。

224 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 04:36:55 0
皆さん
否定派の母国ホロスレで2名の基地外否定派が確認されました。
1名の排除に成功しましたがもう1名がまだ暴れています。
みなさんも気をつけてください。
普通の否定派の皆さん同じ派閥でも用心しましょう。

特徴は
 とにかくしつこい
 とにかく口癖は証拠は?
 見てて痛い


225 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 04:53:27 0
でもガス殺が不合理なのは明らかだからな
明白な証拠でもなければ、わざわざガス殺で大量虐殺したなんて信じられない

226 :215 ◆GbuPcsXN3E :2005/08/20(土) 06:52:43 0
>>213
いいこというね。その通りだよ。
エノラ・ゲイ号の乗員に、アウシュビッツにいたナチ親衛隊に対するインタビューと同じことしてみたいよ。
ヘスの回想録って、ユダヤ人の部分を日本人に置き換えると、何だかゲイ号乗員のコメントとかぶるんだよね。
トルーマンも、爆撃機の連中も何の裁判なし。
ナチ党員に対するのと同様の執念で本来責任を追及するのが筋道。
原爆はは日本政府が降伏しなかったから、犠牲者を減らすためだったからなんて嘘だからね。
純粋にそれが目的なら、誰もいないところに、原爆を投下して威力を見せ付け、
次は東京などの主要都市にこれを投下するぞと警告すれば済むはずだもの。
しかも、広島の6日から、すぐの9日に長崎に投下だからね。
意図は、原爆の実戦試験と、9.11テロと同様の無差別殺戮なのは明確。
アメリカ人が、あの同時多発テロの時ですら、自分達の過去にしたことの意味は、
この時の無差別テロと同じだと気づかない、あるいは故意に目を背けているのには呆れたよ。
それどころか、真珠湾と神風に重ねやがった。
前者は奇襲、後者は自殺戦法という点でしか共通していないのに。
まあ、それをアメリカ人に指摘しない日本人も情けないが。

>>214
>内容も何故ユダヤ人は迫害されたのかについて触れず、
>ナ tttttt チの残虐さを持ち上げユダヤ人に媚びている感じ。
迫害の原因自体に、ユダヤ人側に仮に非があったとしても、あの虐殺に正当性も情状酌量の余地はない。
迫害の原因を正確な事実に基づいた上なら取り上げてもいいし、
ナチの連中が自己の行為に正当性を確信するに到った経緯を知る上で助けになるかもしれない。
だがこの大虐殺の倫理的本質にあまり関係があるとも思えない。
下手をするとホロコーストの非はユダヤ人自身にもあるなんてことになりかねない。
迫害の原因がたとえ何であれ、虐殺そのものは全面的にナチに非があるのはあきらかで弁解の仕様がない。
これってユダヤ人に媚びてる?
ソ連に収容されたドイツ人


227 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 07:07:37 0
>>226
虐殺の描写は正確な事実に基づいた物なのだろうか。

228 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 13:31:37 0
>>227
疑問を持つのはいいんだけど
すぐアンチサイトだけ見て思考停止する奴がいる
そんなんで喚いてもキモさしか伝わんね


229 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 13:34:08 0
それはたしかにそうだが、同様に肯定側にもそういう人がいる。

230 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 13:38:42 0
そして、一般に言われてるからで思考停止する奴がいる

231 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 13:49:59 0
というわけで一番いいのは、みんなが「あったかなかったかわからない」とする中立派になること。
そうすれば思考停止するやつはいないから、罵倒合戦にもならないし議論もより円滑に進む。

232 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 15:35:36 0
>みんなが「あったかなかったかわからない」とする中立派になること。
派閥争い止めるにはそれだ!と思ったが中立のスタンス貫ける人多いのか?w

233 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 17:15:34 0
ユダヤ人100万人虐殺はともかく
ロマの民23000人のうち21000人が帰らなかったというのは
虐殺された可能性があると思う。

234 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 17:21:34 0
ロマの民の証言や証拠は余り有名じゃないんだよな。
正直分からん。

235 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 20:01:11 0
興味ねーな
日本人意外の人間はもっと死んでほぢい

236 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 20:06:06 0
>>226

アフォ!原爆投下は捏造だから、トルーマンも、爆撃機の連中も無罪だよ。
(日本政府と共謀で捏造した罪はあるけど)

237 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 20:16:14 0
>>236
燃料投入か

238 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 20:22:30 0
>>237

ホロコースト否定論自体燃料だが?

239 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 20:26:40 0
>>238
正史派は逃げるしかないもんな。

240 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 22:16:27 0
よくわからんが>>198さんの言うように
ヘスの証言と他の証言が矛盾してないなら
ヘスの証言を頭から「拷問によって嘘言わされたに決まってる」と
決めつけるのは乱暴だと思った

241 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 22:46:38 0
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_06.html
「「特別行動」をガス殺と見なすのは難しい。
なぜならクレーマー日記1942年9月2日の記述によれば「特別行動」は外部で行われたからだ。
ガス室でガス殺が行われたのならば内部で行われるはず。
さらにチクロンBの用途の説明は1942年9月1日に書かれているが、
はっきりと「ブロックの燻蒸(vergasungs eines Blockes)」と書かれている。
どこにもチクロンBがガス殺に使われたとは書いてないぜ」
[クレーマー日記1942年9月2日の転写]
Zum 1. Male draussen um 3 Uhr früh bei einer Sonderaktion zugegen.
Im Vergleich hierzu erscheint mir das Dante'sche Inferno fast wie eine Komödie.
Umsonst wird Auschwitz nicht das Lager der Vernichtung genannt!
[英訳]
For the first time, at 3:00 A.M. outside, attended a special action.
Dante's Inferno seems to me almost a comedy compared to this.
They don't call Auschwitz the camp of annihilation for nothing!
※「Sonderaktion(特別行動)」が具体的に何を表しているのかはわからない。
わかるのは「クレーマーは「特別行動」に”外部”で参加した」ということである。
ガス殺はガス室で行われたそうなので、「特別行動」が「ガス殺」を意味しているとは考えにくい。
「クレーマー日記は所詮は日記。
これだけでは証拠にはならない。
日記の内容を裏付ける一次資料がゼロなんだからな」
「だからその日記に書かれている仕事の命令書、
そして命令を実行したという報告書がないと言っているんだよ。
クレーマーの私生活な内容だけだったらともかく、
これは領収書社会と呼ばれたほど徹底した官僚国家ナチス・ドイツの「仕事」だぞ。
事はクレーマー本人だけでは済まない。
クレーマーが行った仕事に必要な器材の製造・搬入・運搬・その他の手続き。
あらゆる面からクレーマー以外の人間が書いた書類が存在したはずだ。
イギリス政府はドイツ軍のウルトラ暗号を解読して第二次大戦に勝利した。
そしてアウシュヴィッツなどの秘密収容所の無線交信があることもわかっているが、
その中にガス処刑に関する記録はまったくない」

242 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 22:50:38 0
アインザッツグルッペン

243 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 23:33:38 0
明日のBS1の番組も観ませう

244 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 23:35:53 0
なにやんの?

245 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 23:46:04 0
>>244
21日23時10分〜(50分)・BS1「ドイツ・アウシュビッツ裁判〜自ら裁いた大量虐殺」

246 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 23:59:47 0
>>218
> B同じく5回目の放映で
>  アイヒマンだったかが、ブダペストからユダヤ人を徒歩で西方に移送させた
>  とき、数万人の移送で数千人が死んでしまった。そしたら、貴重な労働力を
>  失わせた行為についてヒムラーだったかに批判されてしまった、と言ってた。
>  そこまで労働力を貴重品扱いしておきながら、一方で100万人も殺すってのは、
>  考えてみれば変なことだなぁ、と。

低コストの労働力として使いたい(必要ならば十分な食糧配給などのコストを
かけても確保したい)という要求と、できるだけ排除しておきたい(労働力になら
ない者は処刑、労働者は使い捨ててよい)という要求が矛盾しながら存在して
いたんだろうと思う。

たとえば所長のヘスは、できるだけ多くのユダヤ人を抹殺しようとするゲシュタポと
できるだけ多くの労働力を軍需用に確保しようとする経済管理本部(ヘスの属して
いた部局)はつねに対立していて、両者の上に立っていたヒムラーからはっきり
とした考えが示されることはなかったと回想している。
※ルドルフ・ヘス、片岡啓治訳 『アウシュヴィッツ収容所』 講談社学術文庫、pp. 392f, pp. 413ff.

明らかに労働力にならない人についてはともかく、微妙な人や労働者について
は両者のそのときどきの力関係によって運命が決まったと見ていいのではないか。
その意味では4回目のほうでハンガリー・ユダヤ人の移送に関して、
44年5月のアウシュヴィッツ訪問時にアイヒマンの絶滅指示があったという
ことのみをとりあげているのは片手落ちだと思う。

実際このハンガリー作戦については、飛行機工場新設に関してハンガリー・
ユダヤ人約10万人を調達するというヒトラーの方針(44年4月6〜7日の会議)、
労働に投入されるハンガリー・ユダヤ人に健康な食事を提供せよというヒムラー
の指示(5月27日)、十分な数の労働力が確保できるか心配する軍需省局長
(5月26日の会議)という流れもあるようだ。
※栗原優『ナチズムとユダヤ人絶滅政策―ホロコーストの起源と実態』ミネルヴァ書房、1997年、p. 245ff.

247 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 00:10:16 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/crowell_01.htm
要するに、1946年4月5日のヘスの宣誓供述書はすでに知られていたことを確認したにすぎない[294]。
それが述べていることに新しいものはなく、新しいものはまったく誤りである。
それは、それが繰り返している説を立証したものでも、説明したものでもない。
事実、10日後のニュルンベルクでのヘスの証言は、
宣誓供述書の中味を確証できなかった陳述から成り立っている[295]。
ヘスはカルテンブルンナーのために証言したのち、検察側から交差尋問を受けているが、
彼は自分の宣誓供述書が読まれると、うなずくか、「はい」と答えるだけだった[296]。
それは、ソ連特別委員会が提示した教会法的なホロコーストの内容を拡張し、確認したにすぎない。
そのようなものであれば、歴史学的な観点からすると、それは実際には価値のないものである。
数週間後、ヘスはポーランドに移送され、そこでふたたび裁判にかけられた[297]。
11月、多くの宣誓供述書が用意された。
これらは。彼が裁判中やその後に作成したその他の資料と組み合わされて、彼の「自伝」として刊行されてきた。
これはすべて、ヘスに死刑判決が下されたのちに作成されたのだから、
彼には嘘をつくか、真実を隠す理由はなかったとしばしば語られてきた[298]。
これは正しくない。

248 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 00:11:05 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/crowell_01.htm
ヘスが死刑を宣告されたのは、1946年12月27日以降のことであり、
彼がポーランドの刑務所でガス処刑についての詳しい話をした1ヵ月後のことである[299]
(これは、それぞれイギリスとアメリカの刑務所で記録されている3月16日と4月5日の供述とまったく矛盾している。
だから、イギリスの尋問官、アメリカの尋問官、ポーランドの尋問官は、それぞれの思惑で尋問したのであろう)。
さらに、ポーランド人民法廷がヘスの死刑を確定したのは、1947年4月2日のことであった。
これは、彼の死の2週間前であり、彼の回想録が執筆された2ヵ月後のことであった[300]。
さらに、この回想録やその他の供述書のなかの彼の主張を立証するような物的・資料的証拠はまったくない。
そして、この回想録は、内容に首尾一貫性がなく、矛盾をはらんだ文書の典型であり、多くの明白な虚偽を含んでいる。
例えば、米英の爆撃で死んだ700万人のドイツ人を記録した秘密ファイルのことに触れている[301]。
にもかかわらず、回想録は、ガス処刑説のリアリティーを立証する「公式」資料として依然として再三引用されている。
実際には、回想録の存在自体が、問題をはらんでいる1946年4月5日の供述書に、
あとからさかのぼって、権威を与えているにすぎないのであるが。          

249 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 09:16:54 0
ホロコースト議論以前にここに住み着いてる否定派電波君がいなくならないかぎり
どーしようもないな。

見分け方
 証拠と証明をしつこく何回も言ってきたらまず間違えない
 サイトの情報を100%事実とし無責任に広める
 見てて痛い
 次ぎスレまで粘着してきたらそれはΟとういう電波君


気をつけろ! 


250 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 17:21:37 0
でも実際、何の証拠も無い、誰も証明できない話なんだし、
一方向からの視点だけで番組編成するのはおかしいよな。
4夜中3夜は肯定・最後の1夜に否定意見を持ってきて公正さを出して欲しいもんだ。
特にユダヤ人が古代からヨーロッパで虐待を受け続けてきている事実って、日本人は全然知らなそうだし。
そこを押さえないと何故ナチスがユダヤ人狩りに出たのかとか背景がわからんだろう。

251 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 17:23:50 0
>古代からヨーロッパで虐待を受け続けてきている事実

中世過ぎからだろ。いくらなんでも古代からじゃ風呂敷広げすぎ

252 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 18:01:38 0
>>251
何をもって虐待と呼ぶかにもよるかもしれんが、古代からユダヤ人が異質で排斥されがちな存在であることは間違いあるまい

253 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 18:13:39 0
そもそも古代にはユダヤ人居ねえぞ。

254 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 18:18:23 0
いるよ。

255 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 18:45:30 0
>>253
きみおもしろいね

256 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 21:00:22 0
あの番組はむしろ「全世界から迫害されているユダヤ人」というイメージに合う
出来事ばかりとりあげている感じがしたよ。

とくに4回目と5回目で、ハンガリー・ユダヤ人代表の救出要請を断った連合国、
アウシュヴィッツへの爆撃要請を握りつぶした連合国、接収されたユダヤ人財産の
返還に積極的でない戦後のチェコスロバキア、戦後かつてのわが家を訪問した
ユダヤ人に対して偏見をあらわにしたポーランド人といったシーンが続いた。

その一方でユダヤ人に対して厚意が示されたエピソードとしてとりあげられていた
のは、ユダヤ人のスウェーデン脱出を支援したデンマーク人の話くらいではなかったか。

ロンドン亡命後まもなくの時期からユダヤ人に対する暴行、ゲットーでの迫害、
大量殺戮を外交ルートや出版物、ニュース映画などをつうじて告発していた
ポーランド亡命政府、ファシストに対抗して反セム主義を非難しユダヤ人の文化を
保護する政策をとったソ連、ユダヤ人国家の設立に向けて大きな一歩となった
ビルトモア綱領(1942年)の成立を支えてくれたアメリカの親ユダヤ的世論、
などなどがとりあげられなかったのは残念だ。

ユダヤ人はこれまで迫害されてきた数多の少数民族の一つではあるが、
決して迫害されることを運命づけられた特別な民族ではないはずだ。
その意味であの番組の最終日にはちょっと疑問を感じた。

※たとえばポーランドにおけるドイツのユダヤ人虐殺を告発した Interview with
Raczynski(在英ポーランド大使), MovieTone Newsreel, 1943.01.08 は
ttp://www.movietone.com/ で試聴できる(Story No. 43268 要登録)。

257 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 22:08:22 0
結局、アウシュビッツ周辺からは
何人分くらいの死体が発掘されたの?

ガス室で100万人はウソでも
強制労働とかで大勢死んだというのは
否定できないと思うけど。

258 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 22:31:22 0
>>257
死体は分からないけど、赤十字に死亡者数があって13万人強とされてたり。

259 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 23:53:30 0
ところで個人的にはホロコースト否定派って言う呼び方は嫌なんだが
修正派って呼んでくれ

260 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 01:07:20 0
赤十字は信用できないんじゃなかったか

261 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 01:13:16 0
http://jbbs.livedoor.jp/study/6455/
自作自演や荒らしなどを防いてマトモな議論をするために、固定ID制の掲示板を作りました。
是非どしどし利用してやってください。

262 :前スレ900:2005/08/22(月) 01:46:48 0
とりあえずガス室やその他の専用のスレッドを作りましたのでそこで議論するのが良いと思います。

余りにも情報量が多いため、皆さんの協力をお願いいたしますm(_ _)m

ホロコースト議論掲示板
ttp://jbbs.livedoor.jp/study/6455/
【構造】ガス室議論【コスト】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6455/1124640202/l100

過去に起こった証言等を扱う専用のスレッドです。
【立証】証言を議論する【虚偽】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6455/1124640540/l100

ヴァンセー文書の存在の真偽を問うスレッドです。
【計画?】ヴァンセー文書【捏造?】
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/6455/1124641110/l100

他にも専用スレッドを作っていただけると幸いです。

263 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 01:59:15 0
こんなとこでうだうだ言わずに日光行けよ

264 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 02:08:00 0
>>263
東照宮?猿軍団?

265 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 02:21:46 0
ベウジェッツ(ベウジェツ)なのか、ベルツェックなのか、
誰か詳しい人いない?

266 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 02:23:53 0
>>265
正確なのはアルファベットかドイツ語と思われ。。。

日本語に訳す時に発音が翻訳する人によって違うでしょ?
ちなみに俺は知らん、どうだまいったか!!!

267 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 02:35:46 0
>>266
なるほど、どうもありがとう

268 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 06:23:31 0
ところで、ガス室で殺された死体は、法医学者によって
確認されていたのか?

死体という物証が無ければ、「ガス室で人間が殺された」とは
言えないじゃないか。

269 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 06:41:23 0
>>265
Belzacの事。
ベウジェーツはポーランド語。ベルツェックはドイツ語。
そしてベルゼックは英語。

地名の発音なんてどうでもいいが。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-7.html
http://www.jca.apc.org/~altmetka/aus-12.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-13.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-56.html

270 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 06:45:47 0
>>269
失礼。打ち間違えた。
Belzecが正しい。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-6.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-8.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-23.html

271 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 06:48:46 0
>>1
笑ってるよ。(w

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-56.html
(日本のアカデミズムのレベルがわかる逸話)

272 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 11:37:05 0
アンネの日記のアンネも
連行されて死んじゃったんだよね。

ガス室うんぬんはともかく
ユダヤ人だからって
子供を死に至らしめるなんてひどすぎ。

273 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 14:15:13 0
>>272
アンネの日記も捏造です

274 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 14:46:31 0
大体、チフスは天災じゃん。

275 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 15:25:13 0
>>271
そんなもんで
「日本のアカデミズムのレベルがわかる」とか
笑わせるなってww

お前の頭のレベルはわかった。バカだと。

276 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 15:51:28 0
>>272
こっちのスレおいで
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1124493718/

アンネの日記の話は>77以降と、>691以降に出てる

277 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 16:05:01 0
アウシュヴィッツを含めたポーランドは、元々、
発疹チフスが濃厚に浸潤していた地域。

そこに、戦争末期の混乱が重なり、収容所のユダヤ人に
発疹チフスが大発生した。

悲劇だが、「虐殺」とは違う。

278 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 16:54:48 0
>>277
コピペ低脳電波乙。
死んでいいよーw

279 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:16:47 0
否定論者って神秘主義者とか創造論者なんかと同じ性質を持ってるんだよね?
ガードナーの本で読んだけど

280 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:19:48 0
肯定派のイメージダウン作戦か。

281 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:28:00 0
ってかそれ言ったら、物的証拠が一つも無く、あるのは怪しい証言だけなのに、あったんだと信じて疑わない肯定派は、
UFO&宇宙人を信じているオカルト君と全く同じ性質やん。

そういやUFOのほうも、物的証拠ゼロで怪しい目撃証言だけなんだよなぁ。

282 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:30:47 0
>>281
物的証拠が一つもないの?
ただの一つも?

283 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:32:10 0
>>282
なかったはずだよ。
少なくとも俺は一度も見た&聞いたことがない。

ついでに言うと、物的証拠が一つもないことは、肯定派の権威であるヒルバーグ氏も認めている。

284 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:32:11 0
>>278
お決まりのコピペなんぞ、軽く論破しちゃえ。
出来るなら、ね。

285 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:42:56 0
証拠はある

でも否定派は証拠を認めない

そしてループ

286 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:45:57 0
>物的証拠が一つもないことは、肯定派の権威であるヒルバーグ氏も認めている。

これに関しては断片的引用だって聞いたことがあるんだけど。

287 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:47:59 0
>>285
出してみそ。

288 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:50:38 0
ガス室で殺された死体は、一体も発見されていませんが、何か?

289 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:53:40 0
ガス室に入れっぱなしにしといたら次の人達殺せないじゃん

290 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:55:41 0
このスレにいる人間が証拠を「持っている」ってのは考えづらいだろ
証拠として考慮されているものを「知っている」ってのなら分かるけど

291 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:56:50 0
>>290
そんなことは知ってるさ。
だからその「自分が知っている、証拠として考慮されているもの」を出してみそと言ってるのさ。

292 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 23:59:14 0
>>283
お前が見たことないから、証拠は存在しないのか。

すげーなお前。世界史の最高権威者かなんかかw

293 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:02:05 0
>>292
「あるっていうんなら見せてくれ」と、ごくごく当然のことを言っているまでだが。
で、その「見せてくれ」の問いに答えられた者を今まで見たことがないし、肯定派の最高権威である研究者ヒルバーグ氏も証拠がないことは認めてる。

だから「ない」と思っているということだ。

294 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:04:38 0
>>291
それでは、ヴァンゼー会議はどうだ。

ヴァンゼー会議の「唯一の証拠は議事録」てのは無しだ。
ドイツ外務省に残っている召集要請の通達文書、
議事録送付にかかわる書類など、無数の証拠がある。
それから、お前が信用しないから証拠にならない、
てのも無しでなW

295 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:05:15 0
>>291

書かれた記録
・何百万通という手紙、メモ、青写真、注文書、請求書
講演、記事、回顧録、供述書

目撃者の証言
・生存者たち、カポたち、ゾンダーコマンド、SS隊員、司令官たち、地元の住人、
ホロコーストを否定しないナチスの高級官吏たちの話

写真
・軍や報道によって撮影された公式の写真やフィルム、市民の撮った写真、
囚人が隠し撮りしたもの、航空写真、ドイツと連合国の記録フィルムなど。

物理的な証拠
・強制収容所や労働収容所、絶滅収容所など、多くの施設の敷地から見つかった品々が、
実物から副製品にいたるまで、原形を保持する度合いは様々ながら、いまなお現存すること。

人口統計
・ホロコーストを生きのびたと否定論者が主張する人々はすべて行方不明であること。

歴史学者の人たちはこれらの証拠の収束の結果として
ホロコーストがあっただろうって考えてるみたいよ。

細かいことは素人だから勘弁して

296 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:05:37 0
>>293
ヒルバーグは挙句の果てに第一次ツンデル裁判の控訴審から逃亡してますから。

297 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:07:13 0
>肯定派の最高権威である研究者ヒルバーグ氏
とは?

最高権威であるという証拠は?
俺は知らんがね。

298 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:07:48 0
>>295
ガス室で殺された死体は、入っていませんね。(笑)

それから、「ユダヤ人絶滅」の命令書も入っていませんが、
どうしてですか?

299 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:10:09 0
>>297
最高権威ではないでいいよ。
ヒルバーグはフィンケルスタインと何かしてるだけだからな。

300 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:10:43 0
>>294
>ドイツ外務省に残っている召集要請の通達文書、
>議事録送付にかかわる書類など、無数の証拠がある。

だから、それを出してみな。

>>295
君は何か勘違いしているようだな。
「強制収容の証拠」じゃなくて「ホロコーストの証拠」を出してくれと言っているんだ。

たとえば「殺した数について述べられていた電文を連合軍が傍受していた」とする証拠があがっていたが、よく調べてみたら、
実はこれは「殺した数」ではなく「到着した人数」の報告を行っている電文だということが明らかになった。

こんな調子で証拠一つ一つあたっていったら、さてホロコーストを直接示す証拠は何個残るかな?w

301 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:11:37 0
第三帝国は、「ユダヤ人絶滅」などという計画に予算を
計上していません。

予算無しに「民族絶滅」をやったわけですか。

302 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:11:40 0
>>298
俺が知るかよw

でもさ、命令書がないから他に存在する膨大な肯定的証拠は
意味がなくなるっておかしくない?

303 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:13:19 0
>>300
実際に調べてみれば?

304 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:13:46 0
>>302
「膨大な証拠」って何を指すんだよ?(w

ガス室で殺された死体は発見されてないんだよ。
処刑用ガス室の設計図も発見されてない。

当時のドイツ政府が、そんな「絶滅計画」のための
予算を計上していなかった事はどう説明する?

どこに証拠があるんだよ?

http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise-13.html

305 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:15:53 0
>>1
こんなスレ立てたら、否定派が黙ると思う?

306 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:17:00 0
>>302

>>300の電文のケースみたいに、ずっとホロコーストの証拠とされてきたけど、よくよく調べてみたら証拠などではなかったというケースは非常に多いわけで。
そうやって調べていった結果、「ホロコーストを示す証拠は今のところ一つもない」という結論になったわけで。

307 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:17:05 0
>>304
理由があったんじゃね?
俺はしらねえけどw

308 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:17:35 0
>>306
誰がそんなこと言ったの?

309 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:18:10 0
>>298
一酸化炭素中毒死の死体ならあったという説も

310 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:19:03 0
避難所あげしてみる

311 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:19:03 0
>当時のドイツ政府が、そんな「絶滅計画」のための
予算を計上していなかった事はどう説明する?

その話はこの板の他スレでもう気が遠くなるほど昔から何度も出て、
その都度説明されてる。なのに否定派は聞く耳持たない。
ユダヤ人問題の解決はSSの管轄だったから、というのが答え。
公的には一政党の私兵部隊にすぎないSSの活動に国家予算がつくわけないだろ。


312 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:19:08 0
否定論者って否定論者の資料しか見ないんでしょ?
それとも大学院だかどっかで専門的な教育受けた上で言ってるのかな?

313 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:20:20 0
>>309
その死体の色は何色ですか。

314 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:20:52 0
>>312
漏れも昔大学院の端くれにいたからこれだけはいえる。
否定派には歴史学の訓練をちゃんと受けた人は洋の東西を問わず一人もいない。

315 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:21:05 0
つーか、本スレのスレ立てすらしないんですけど。
否定派の人って。

そういう、ルールもクソも無い人ばっかりでーす。

316 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:22:01 0
ここ避難所でいいの?

317 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:22:02 0
>>308
誰が言ったとかじゃなくて、事実として。

>>311
「ただの推測ですな」の一言であっさり崩れ去りますね。

>>312
肯定論者って肯定論者の資料しか見ないんでしょ?
それとも大学院だかどっかで専門的な教育受けた上で言ってるのかな?

318 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:22:19 0
>>314
だよなあ・・・
だってさー、中立の人とかが散々スレで注意入れてるのに
ファビョるのって必ず否定派だもん。
頭どうかしてる奴ばっかり・・・

319 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:22:22 0
ソ連軍が施設に到着したとき
ガス室は稼動していましたか?
ガス室を破壊した痕跡すらありますね?
逃げたナチ兵はいますよね?
証拠を隠滅してないという証拠と証明はできますか?
大量の灰の死因がガス死かチフス死か検証できないのにガス死の遺体は一切ない
と言うのは都合よく解釈しすぎじゃないですか?

320 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:22:40 0
肯定論者って肯定論者の資料しか見ないんでしょ?
それとも大学院だかどっかで専門的な教育受けた上で言ってるのかな?

321 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:23:14 0
せっかく前スレでは多少穏やかになったのだが
テンプレ話をしようとした途端荒れ始めたなあ

322 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:23:26 0
320 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2005/08/23(火) 00:22:40 0
肯定論者って肯定論者の資料しか見ないんでしょ?
それとも大学院だかどっかで専門的な教育受けた上で言ってるのかな?


↑こういうコピペしかできないのが否定派の知能の限界を示してるねwwww

323 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:24:05 0
>>300
>だから、それを出してみな。
結局それか。確かに俺はここに文書を持っているわけじゃない。
しかしドイツ政府の公文書保存所には保存されている。
見に行けばいいだけだ。
結局、お前は自分が見ていないものは信用しない、自分が
見ていないものは存在しない。
自分だけが判断の軸だと言ってるわけだな。

>>312
教育なんか受けてるわけない。
だいたい、悪魔の証明とか平気で言ってるくらいだからな。w

324 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:24:27 0
>>314

こういう嘘を平気でつく人も世の中にはいるんです、みなさん。
否定派にも歴史学の学位持った人は大勢いる。
肯定派の重鎮ヒルバーグは法学が専門で歴史学の訓練は受けていない。

325 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:24:33 0
>それとも大学院だかどっかで専門的な教育受けた上で言ってるのかな?

もちろんそうですが?

326 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:24:50 0
ここ避難所ね?
否定論スレはもう要らないのかね。
否定派の本拠地だったんじゃねえのかな?
スレも立てないで、何考えてるんだかわからん。

327 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:24:53 0
>>317
事実って人が調査して発表したの?
変わった名前の人だね。

328 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:25:08 0
つーかおまえら争うな

あっちの本スレ立てる話しようよ

329 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:25:17 0
ところで、否定論者くん。
ヒルバーグが最高権威とかいう話はどうなった。

最高権威ってどこに書いてあるんだ。

330 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:25:39 0
>>314
漏れも昔大学院の端くれにいたからこれだけはいえる。
肯定派には歴史学の訓練をちゃんと受けた人は洋の東西を問わず一人もいない。

ま、要するにこんなこと口先だけならナンボでもいえるわけでw

>>322
だって事実やもん。仕方ないでしょ。
君は何とかして否定派を異常者に仕立て上げようと必死だけど、大抵君のフレーズって「否定」の部分を「肯定」にすると、まんま当てはまるんだよね。

331 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:26:01 0
まあ掲示板できたしそっちで話すればいいのかもな
これ以上スレあっても結局は不毛なループなのか

昼はいい感じだったのにな

332 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:27:56 0
もう「まともな議論になりませーん」って匙投げられてるからw

否定派メインのスレだって否定派自身が言ってたんだけど、
スレ立てないんだったら、もう要らないんじゃねえの?

俺ももうどうでもいいしなー
自分で勉強しよっと

333 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:29:13 0
たしかにスレ独自の事実認定のルールを作って議論すればよかったのだろな。
しかし何を言っても耳を貸さない香具師らが常駐していてな。不毛な罵りあいだけに
終始してしまった。


334 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:29:45 0
>>323
なら君はどうしてそのような書類が「ドイツ政府の公文書保存所」にあるとわかったのかな?
そして何故君は、その文書が「ホロコーストの証拠」だとわかったのかな?

335 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:30:30 0
>>329
(元)最高権威者でいいよ。
第一次ツンデル裁判で破綻したから。

336 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:31:12 0
で、ヒトラーがユダヤ人絶滅を命じた命令書はあったの?

337 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:32:44 0
ってか、スレ立ったぞ。

338 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:32:56 0
>>336
こういうスレの流れもクソもない
単発質問がすっごいウザいのよw

で、まともにおとなしーく話をしてても
無意味に煽ってくる奴とかいるからねえ・・・

ここ何日か見てたけど、そういうおかしな人が常駐してるw

339 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:32:58 0
否定派に空気読めないキモくてしつこい電波がいなけりゃ戦局はかなり変わってたと思うよw
ID制でないここが電波にとってすごく住みやすいとこだったんだろう。
まあ携帯使ってた電波はバレて排除されたがw


340 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:33:01 0
>>334-336
おまえ頼むから本スレを建てなおしてそっちで勝手に暴れててくれ

341 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:33:05 0
>>314
やっぱそうなのかなー?

>>317
>肯定論者って肯定論者の資料しか見ないんでしょ?
>それとも大学院だかどっかで専門的な教育受けた上で言ってるのかな?
を見ると可哀想にしか思えないよ。

ホロコーストがあったってのは現行のパラダイムであって常識。
今更あったことを証明する必要なんて無い。
だから専門的な教育を受けてなくなたって、あったと主張することはおかしくない。

否定派は専門家じゃないと分からないようなことを素人にツッコんで
ホラ俺は正しいって言ってるだけでしょ?

342 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:33:52 0
>>334
ほほー。じゃあドイツでは、いやドイツに限らず
公文書はどこに保存されているんだ。
たとえば日本ではどこに公文書は保存されている?

それと、ちょっと修正しておけば、俺はこの
文書をヴァンゼー会議の実在の証拠だと言ったんだ。
ホロコーストの証拠とは言っていない。

だんだん混乱してきて、まともにレスも読めなくなったかw

343 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:34:56 0
>>330
事実って何で事実って分かったの?
あなたが調べてそう言ってんの?
それとも神の啓示?

344 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:35:06 0
>>336
自分が電波だと認識して成仏しないかぎり否定派は電波と言われつづけるんだよw

345 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:35:32 0
お、新スレ立ってるな。
しかし・・・外部掲示板のほうが、まともに議論は出来るだろうね。

ただ、どんなにいい目的で作られたものであっても、
2ちゃんの外に移動するとどんなスレでも盛り下がるんだよねえ
不思議とw

346 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:36:21 0
誰かの書いた本を出汁に皆話しています。
ですから、どうせ誰かの書いた本を読んだだけだろ?と言えば終ります。

347 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:37:06 0
>>345
だよねー
思ったよりも人の新陳代謝みたいのがあるんだろう

348 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:37:31 0
>>342
うん。なら質問の形を少し変える。

なら君はどうしてそのような書類が「ドイツ政府の公文書保存所にある」とわかったのかな?
そして何故君は、その文書が「ヴァンゼー会議実在の証拠」だとわかったのかな?

テレパシーで「ドイツ公文書館にヴァンゼー会議実在の証拠がある!」と知ったわけじゃないんだろう?
何故知ったんだ? ん?

>>341
>ホロコーストがあったってのは現行のパラダイムであって常識。
>今更あったことを証明する必要なんて無い。

こういうのを一般には「 思 考 停 止 」と言います。

349 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:39:15 0
>>348
思考停止でいいじゃん。
俺研究家じゃねえもん。
自分の携わっていることには思考停止してないからさ。
それともあらゆることを問い詰めていかなきゃいけないの?

350 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:42:06 0
>>348
現行の最大有力説に否と言う事が、
パラダイムに対抗する事が
どれだけ大変な作業なのかわかって言ってる?

しょせん2ちゃんの上でのお遊びだけど、
他人を説得すること、自説を証明することの意味がわかってる?

いちゃもんつけて遊んでるだけ?



351 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:42:12 0
素人にいくら証拠出せって言っても無駄だよ。

352 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:42:16 0
>>343
否定派は電波だなんだと吠えている人に、そっくりそのままその言葉を返してやりたいですなぁw

>>349
じゃあなんでそういう人がこのスレにいるの? っていう話になるわけだが。
思考停止して「あった」と決め付けて追求するつもりもないんだろ?
ならこんなところにいる意味は全く無いよ。

353 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:43:43 0
>>341
>ホロコーストがあったってのは現行のパラダイムであって常識。
>今更あったことを証明する必要なんて無い。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_09.htm
「1979年2月21日の『ル・モンド』紙に掲載された論文の中で、
34名のフランス人歴史家たちは彼らの声明を、次のような定式で終えている。
『われわれは、このような大量殺人が技術的にどのように可能であったのか問うてはならない。
それは起こったから、技術的に可能であったのである。
このことが、このテーマに関するあらゆる歴史的研究の出発点となるべきである。』

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/leuchter_02.htm
ツンデル以前には、ドイツに対する告発者たちは、「ガス室」の実在を証明しようと考えたこともなかった。
彼らはその実在を「すでに証明されたもの」とみなしていた。
絶滅派のセルジュ・クラルスフェルトによると、
「いつの日か、ガス室の実在を証明しなくてはならなくなるなどとは誰も考えていなかったので、
明らかに、1945年以降、ガス室の技術的側面は放置されたテーマであった」
(Le Monde Juif, January- March, 1987, p. 1)


第一次ツンデル裁判よりも前ですか。

354 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:43:50 0
ほい、ヴァンゼー会議の招待状の現物だ。目の穴かっぽじってよく読め。
二種類あるぞ。
http://www.ghwk.de/deut/einheyd42.htm
http://www.ghwk.de/deut/einheyd41.htm
http://www.ghwk.de/deut/hofmann1942.htm
http://www.ghwk.de/deut/luther291141.htm


355 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:44:37 0
>>352
○「否定派には電波が居る」
×「否定派は全て電波」

つか、電波ってお前なんだけどね。
まともな否定派の人に謝ったほうがいいよ?

356 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:45:37 0
>>352
能書きと言い逃れはいいから。
誰が調べてそれを事実だと発表したの?

357 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:47:33 0
>>355
ま、お前も電波なんだけどね。
マトモな肯定派にあやまったほうがいいと思うよ?w

>>356
だからその言葉をそっくりそのまま>>355に返せ。

358 :356:2005/08/23(火) 00:49:43 0
>>357
>>355は電波じゃないと思うけど。
で、誰?答えられないならそう言ってくれればいいよ。
怒らないから。

359 :ヒルバーグ:2005/08/23(火) 00:50:41 0
ヒトラー「発信ゆんゆん、ユダヤ人皆殺し」
ヒムラー「電波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!受信よんよん」
ハイドリヒ「電波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!受信よんよん」
アイヒマン「電波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!受信よんよん」

このようにして、命令書なしでナチスの犯罪は成立したのである。

360 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:53:04 0
>>359
人間って喋れるって知ってた?

361 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:57:03 0
>>354
ってかそれ、よく見たらヴァンゼー会議の議事録と酷似、ってか条件的には殆ど同じじゃんw
公式文書ですらない四次史料をいくら引っ張ってきても、実在の証明なんかできやしないよ?

んで、その書類の出所は?
その書類も議事録と同様に「出所不明」だったらお笑いだがw

362 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:59:43 0
で、誰が発表したかについてはスルーと。

363 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:59:49 0
>>358
華麗にスルーされてるね。
どうする?逃げやがったよアイツww

だめだねえ、否定派のバカ君は・・・

364 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:00:23 0
肯定派のバカ君が何を言いますか?

365 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:00:57 0
>>364
お前は一生、オウム返しだけしてればいいよ。

366 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:01:13 0
>>361
いいかげんに無知を晒すのはやめろ。
その招待状は本物の公文書で(ちがうというならお前こそ証拠を提示してみろ)
実物はポツダムの連邦公文書館にある。ウソだと思うなら行ってみてこい。


367 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:02:27 0
なんか否定派の人倒しちゃったねw

368 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:03:54 0
まあこのスレは否定派がなんであんなアフォなことをいつまでも言ってるのかを
検討するスレにしようよ。

369 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:04:06 0
正確にいうと、否定派のごく一部のおかしな人を倒したねw

まともな人もいるんだけど、一部のおかしな人のせいで
スレがいつもグチャグチャに・・・

370 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:05:23 0
まともな人はこっちが勉強になることもあるのに
電波は最初から高圧的なケース多いね
説得しようっていう気がさらさらない感じ

371 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:06:44 0
※肯定派の電波がスレを荒らしています。
 いなくなるまで待ちましょう

>>366
>その招待状は本物の公文書で(ちがうというならお前こそ証拠を提示してみろ)

その前に本物だという証拠を君が出しなさい。
たしかヴァンゼー会議も、修正主義者に指摘されるまでは「公式書類」ということにされてたなぁw

372 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:07:39 0
ホロコーストの犠牲者数とか、色々研究は進んでるみたいだけど
一気に「なかったんだよ!」とか言うのっは
どう考えても、まともな態度じゃないからねえ。
飛躍しすぎ。

研究の余地がいっぱいある! っていうのと
無かったに決まってる!  の間にどれだけ距離があるのかさっぱりわかってないからこそ
電波なんだけどな。


373 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:07:55 0
>>354
これ見ると、外務省のルターってナチ党員だったんだね。
ハイドリヒからパータイゲノッセ(党の仲間)って呼ばれている。

外務省ってナチ化率高そうだな。仕事の内容が政治と密接に関わっているし。

374 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:09:03 0
※肯定派の電波がスレを荒らしています。
 いなくなるまで待ちましょう

375 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:09:21 0
公文書の本物をこれまで一度も見たことがなかった>>371
あわてて目を白黒させています。

376 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:10:03 0
新説:ヒトラーは存在しなかった

いたってなら物的証拠だせ
ネット上の奴は全部捏造だからダメだぞ
ユダヤの陰謀だ

377 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:10:09 0
肯定派の電波ねえ・・・w
まあ、そんな事書いたところで、無駄な努力なんだけどね。

まともな態度の人間がどっちなのかは、
本人の電波君以外のまっとうな人には一目瞭然。

はいはいわろすわろす。

378 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:13:00 0
>>371
えっとね、筋からいうとね
いちゃもんつけるなら、君が「それ偽者」っていう証明しないと。
俺は中立派。

379 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:13:07 0
>>375
公式文書だと断言するなら、当時のナチスドイツの公式文書の作成手順は言えるよな?
さ、言ってみせてくれ。

>>377
>まともな態度の人間がどっちなのかは、
>本人の電波君以外のまっとうな人には一目瞭然。

うん。みんな肯定派の電波が頭おかしいってわかってくれてるねw

380 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:16:45 0
>>379
一生、そうやって物まねだけしてればいいと思うよ。
自分の頭で理性的に考えられないのって、気の毒だと思う。
同情してあげよう。


381 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:17:44 0
827 名前: 世界@名無史さん [sage] 投稿日: 2005/08/22(月) 17:42:23 0
>>821
毒ガスとして使っていながら
その後の死体の毒性について分かってないっていうのはおかしくね?

***********************************************************************

前スレでは、これ以降は逃走しちゃった否定派さんがいましたけど???wwww

382 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:19:17 0
>>381
あーはいはいよかったね。

383 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:21:22 0
>>378
中立派だろうがなんだろうが関係ない。
君はその書類を「公式文書だ」と断言した。だから君にはそのことに関して立証責任がある。
俺はそれに疑問を感じているだけだから、立証責任はない。

>>380
それって肯定派の電波、つまり君のことだよね?
レッテル貼りしか出来ない脳みそピーマン、つまり君。

384 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:22:21 0
>>383
逃げるテクニックだけ磨いてるのかな?
別にいいよ。どうでも。

385 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:22:28 0
また煽るだけか・・・

386 :378:2005/08/23(火) 01:26:35 0
リンク貼って「はい答え」。
答えられなくなったら、別のレスを探して誤魔化す。

つか俺「公式文書だと断言」してねえし。
たんなる筋論を言っただけ。
>俺はそれに疑問を感じているだけだから、立証責任はない。
はいはいわろすわろす。常識無いね。


以下禁止事項
「じゃあ俺も否定派じゃねえしw」
「俺が質問されたわけじゃねえしw」
「俺が証明する必要ねえしw」



387 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:28:35 0
>>386
>つか俺「公式文書だと断言」してねえし。


>いいかげんに無知を晒すのはやめろ。
>その招待状は本物の公文書で(ちがうというならお前こそ証拠を提示してみろ)
>実物はポツダムの連邦公文書館にある。ウソだと思うなら行ってみてこい。
>>366から抜粋)

>その招待状は本物の公文書で
>その招待状は本物の公文書で
>その招待状は本物の公文書で
>その招待状は本物の公文書で
>その招待状は本物の公文書で

3歩歩くと忘れる鳥頭ですか?w

388 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:29:21 0
>>383
軍板のスレで暴れてた奴にそっくり。
いちゃもんつける側にはなんの証明の必要もないと思ってる所とか。
ふー。

389 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:29:44 0
http://www.ghwk.de/deut/einheyd41.htm
http://www.ghwk.de/deut/hofmann1942.htm

てっぺんに走り書きの「709-PS」という文字が見えますね。
これはニュルンベルグ裁判の証拠番号です。
つまり「議事録」とセットでニュルンベルグで提出された「証拠」です。

390 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:31:32 0
招待状の公文書が本物かどうかと言っている香具師ら、
レターヘッドと、スタンプ、通し番号、そして書式と署名を調べて
ポツダムの文書館にある同時期の同部局の同様の書類と
照合してみろ。
それでも気が済まないなら紙の質とタイプライターの種類も照合してみろ。
それでもまだおかしいと思うなら是非このスレにその旨書き込んでくれ。
それができないなら偉そうな口をきくのは慎め。

391 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:34:25 0
>>390
香具師らっていうか、アホが一人相撲してるだけだよ?
「証拠能力なんてない!お前が証明しろ!」しか言ってない奴だけ。

392 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:36:09 0
ここで出来ることなんて限られてるってことはアホでも分かるはずなのに
何故それに含まれない分野でなんとかしようと思わないのか
否定派(一部)は思慮が足りないな

393 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:38:18 0
>>389
上の文書、左上の保安警察・保安諜報部長官(Der Chef der Sipo und SD
=ハイドリヒのこと)のヘッダーの下に IV B 4 って書いてあるが、
これはゲシュタポ(IV局)B4課(ユダヤ人課)で作成された文書であることを
示しているんだろう。課長はアイヒマンだね。

しかしハイドリヒの署名って幾何学模様みたいだな。

394 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:40:48 0
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-58.html
 当時のナチス・ドイツでは公式文書を作成するさい、担当官庁名いりの用箋を用い、とじこみ用の連続番号を
記入し、末尾に作成担当者、または会議の参加者が肉筆でサインすることになっていた。ところがこの「ヴァン
ゼー文書」なるものは、官庁名がはいっていない普通の用紙にタイプされており、連続番号もサインもまったく
ない。そのくせ、「最高機密」というゴム印がおされているから、かえって奇妙である。連続番号がないかわりに、
一ページ目に“D・�・29・ Rs”という記号が記入されているが、ドイツの官僚機構は通常、こういう形式で記録の
分類はしない。

395 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:42:16 0
>>394
でたよw
リンクはって「Q.E.D」?w

396 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:44:25 0
>>395
それは肯定派もやん。

397 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:46:19 0
>>396
はいはい。じゃあ君はそう思っててね。

398 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:49:16 0
またその話か。それも前に書き込んだ香具師がいたとき論破しといたんだがな。
それをソックリそのまままた書き込んでいるからには、>>394は実際に文書館で
公文書をさわった経験がないな。
そこにコピペしてあるのは、会議議事録に関するもの。今話題になっているのは招待状の方な。
それから実際に公文書を見てみればわかると思うが、書類なんて下書きから清書まで何種類も
作られ、その都度書式が変わる。そこに書いてあるのはその中のほんの一部に関してあてはまる
にすぎない。実際本物かどうかは同時期の同部局の他の書類で照合できるんだから、人の受け売りなんか
してないで早くポツダム行ってこい。

399 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:50:42 0
まっ、ここの馬鹿トピ主と比較できる否定派はいないだろw

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835209&tid=a1va5aca59bcbca4nbfbfbcba1wa1jc0be2acbebb5aaa1a1cxa1ka4ka4da4a4a4f&sid=1835209&mid=1

400 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:51:14 0
>>398

で、あんたは行って来て照合したわけ?

401 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:58:59 0
>>398
あんたちょっと熱くなりすぎじゃないか?

402 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 02:16:29 0
>>399
大差ない電波がいるw
まあオカルトに足を突っ込んでるのと一緒だね。

403 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 02:26:17 0
決定的証拠!ナチスにアブダクションされて人体実験された被害者の写真
http://www.cwporter.com/316a.JPG
※注: ニュルンベルク裁判資料第30巻に収録された本物の証拠写真です

404 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 05:24:57 0
ホロコーストでよく言われる
シャワー室は実はガス室だったのです。

ってのは嘘じゃないかな。
シンドラーのユダヤ人のうち
女たちは一度アウシュビッツへ送られ
そこでシャワー室に入れられた。
ところが彼女らは生き残ることができた。

なぜなら、シャワー室は本物のシャワー室だったからだ。
彼女らはアウシュビッツで三週間過ごした後、
シンドラーの交渉がようやく実りブリンリッツへ移送されている。

405 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 07:11:27 0
>>403
その写真が「人体実験」の犠牲者だという証拠は何?
仮にそうだったとして、「ガス室」とどういう関係があるの?


406 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 07:18:17 0
は?ガス室の話じゃなきゃ駄目なのか?
勝手にルール作るなよ?

407 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:38:16 0
>>406
だって、ホロコーストの話だろ?


408 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:43:49 0
>>404
一般にガス室はシャワー室や消毒室と偽装されていた。
これは障害者を殺害した安楽死作戦のときからの通例。
なかには偽のシャワーヘッドが取り付けられた手の込んだものもあった。
しかしそんなものは何もついていない、ただのがらんどうの部屋である場合もあった。
それから映画や小説のなかの話を歴史的な事実と混同しないで欲しい。

409 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:45:57 0
>>408
「偽装されていた」と言う証拠は何?

410 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:48:13 0
ガス室で殺された人間がいた、と主張するなら、そのガス室
(つまり毒ガス)で殺された死体の存在だけは確認されなければ
ならない。
それは、最低限の証拠だろう?
それが無いというなら、ガス殺は、否定はできないが、立証は
できないね。

411 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:51:36 0
ラウル・ヒルバーグは、1985年1月17日に、
トロントの法廷(ツンデル裁判)で、ガス室で殺された
死体の解剖レポートを知っているか?と問われて、
はっきり、知らないと答えている。
(これは、宣誓証言だよ。)
ガス室の存在を主張する歴史家自身がこのザマじゃ、
ガス室で殺された死体の解剖記録をこのスレの住人に
挙げろと言うのは無理だな。

(マイダネックに関するソ連の報告書には医学的内容はゼロで、
 解剖の所見などもちろん無い)

412 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:54:29 0
>>409
はいはい、どうせ証言だけではダメだとか言うんだろ。
じゃどんなものなら証拠になるというんだ?
建物の設計図か? シャワーヘッドにつながれたパイプの現物か?


413 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:55:59 0
収容所でユダヤ人が大量死した悲劇の原因は発疹チフスなど
の疾病。
こうした病死者の死体は、チャールズ・ラーソンの解剖によって
多数確認されているし、複数の医学論文も発表されている。

その病死者の死体の山が、今も、「ガス室」で殺された
犠牲者ででもあったかのようにテレビの資料映像で使われるのは
映像サギとしか呼ぶ他の無いものだ。

414 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:59:37 0
その映像に「これらの死体はガス室で殺されたものである」という
キャプションなりナレーションがついているならともかく、
「ナチスの収容所ではこんな悲惨なことが行われていました」という
文脈で出てくるのではno問題でわ?

415 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 09:59:48 0
>>412
建物の設計図が証拠に成るわけないだろう。
証拠は、処刑用ガス室の設計図だよ。


416 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 10:05:32 0
>>414
全く同感。
木村愛二は、左翼リベラル系のジャーナリストだが、
このように、病死者の死体の映像を「ガス室」の
犠牲者ででもあったかのようにタレ流すテレビの
手法を「映像サギ」と呼んで批判している。
       ↓
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-42.html
(アンネ・フランクの死因も発疹チフス)

「南京」については、東中野氏が、インチキ写真の
トリックを暴いているが、「ガス室」も事情は同じ
だという事。

417 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 10:07:27 0
東大の石田勇次は、ロイヒター・レポートを
読まずに(!)論評している。
     ↓
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-56.html

読んでいない資料を読んだフリをして論評する。
これが、肯定派歴史家の正体。

418 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 10:24:27 0
別に石田氏を弁護する気はないが、読んでないのに「読んだ」と
本当に言ったのか。それなら問題だが、
ロイヒター報告自体になんら学術的的価値を認めないのは
すでに歴史学界では一致している見解なので、「論争はない」
というのは間違ってない。負け犬の遠吠えまでを論争なんて言ってらんない。

419 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 11:07:30 0
>>417
そうだよ。石田勇治氏は、ロイヒター・レポートを
読んでいないのに、論評したんだよ。
学者としてあるなじき行為じゃないの?

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-56.html
         ↑
(石田勇治氏(東大・ドイツ史)のロイヒター・
 レポートに関するコメントの箇所に注目)

420 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 11:12:10 0
大切な事は、石田勇治氏(東大・ドイツ史)が、読んでいない
資料についてコメントしたという事だ。
これは、絶対やってはいけない事だ。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-56.html
(これを読んで、反論できるひといるか?)

421 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 12:16:58 0
>>420
それはちょっと違う。
ちゃんと読むと、話は直接ロイヒター報告についてではなくて、
西岡のガス室はなかった記事
→石田氏はこれはロイヒターが元ネタだと指摘
→その根拠は、ホロコースト見直し論を批判した別の文献の内容からそう判断されるから
(→しかしロイヒターの実物を読んだことはない)
という流れだから、その2冊のドイツ語の批判文献というのがまっとうなものであるなら、
それにのっとって西岡記事を批判するということに別に学問上の手続きとして問題は
ない。

422 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 13:28:25 0
>>421
その指摘の内容も違う。西岡がマルコポーロに書いた記事
(「ナチ『ガス室』はなかった」)には、西岡自身が後から
認めた事実誤認もあったが、それはともかく、あの記事が
ロイヒター・レポートを引用したのはほんの一部で、そもそも
その点からして、石田は、ロイヒター・レポートの内容が
何であるのかを知らなかった事が歴然としている。
そして、石田は、ロイヒター・レポートの内容について、
何ら反論をしていない。できないからだろうが。

423 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 13:29:07 0
>>421
あなた自身はロイヒター・レポートは読んだの?

424 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 13:31:01 0
ロイヒター・レポートについての基本的情報
        ↓
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-53.html

425 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 13:32:49 0
>>408
失礼、説明が足りなかったね。
「シンドラーのユダヤ人」たちが
ショアー財団のホロコーストの証言を保存するという取り組みに協力をしたんだが
その中にそういう証言があったんだよ。

尚、映画はすぐにブリンリッツへ移送されているが実際はアウシュビッツで
3週間生きたのだ。
彼女らはそのように証言している。

426 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 13:35:51 0
ロイヒター・レポートを批判するなら、まずロイヒター・レポートを
読むのが先決じゃないの?

それとも、石田さんは東大の先生だから、読んでない資料を批判
する特権があるわけ?

427 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 13:36:54 0
>>1
こういうスレを立てれば立てるだけ、否定派は
勢いずくんだよ。

考えてからスレを立てろ。

428 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 14:23:03 0
>>424
基本的情報、って言われてもね。
そんなもん見せられたところで、それはその人の意見。
しかも君はそれを読んだだけじゃん。
石田を批判する資格など持ってないよ。
つか、君は学者?

429 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 18:44:02 0
じゃ、ロイヒター・レポートのどこがおかしいのか、具体的に
指摘してみろ。



430 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 18:45:21 0
>>428
あなたは、ロイヒター・レポートを読んだか読んでないか、
それだけ答えてくれ。

イエスかノーか。他の言葉は一言もいらない。

431 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 21:43:19 0
174 :世界@名無史さん :2005/08/23(火) 20:13:30 0
施設で発見された大量の人の灰
この灰死体の死因は鑑定不可だった。鑑定されたのは生の死体だけ。
つまりガス死かチフス死か鑑定しようがない灰を否定派は自分の都合のいいように
利用しガス死の死体は無かったと断言してしまっている。
これは証拠や証明が不十分なのにホロコーストはあったとされることに異議を唱える
否定派の姿勢に疑問が生じるのではないか?
否定派は無理やりガス虐殺がなかったと言っていると世間では捉えられやすくなるだろう。
証拠と証明を求め自分側も証拠と立証をできないのでは話にならい。




432 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 23:17:11 0
ホロコースト否定論を黙らせるのは、ドキュメンタリーではなくて
人権擁護法です。

古賀誠に投票しなさい。

433 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 00:36:07 0
「ホロコースト」の疑問点
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88#.E3.80.8C.E3.83.9B.E3.83.AD.E3.82.B3.E3.83.BC.E3.82.B9.E3.83.88.E3.80.8D.E3.81.AE.E7.96.91.E5.95.8F.E7.82.B9

ホロコーストでもここまでちゃんとできるのなら、南紀大虐殺でもちゃんとやってくれよ。wikipedia。

434 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 00:57:31 0
まだ「保護」されてんだっけか、南京

435 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:03:34 0
>>433
それ反論ものせないと片手落ちだよなあ

436 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:08:39 0
ネットしか見ない人と、もっぱら紙媒体を読んでいる人とでホロコースト知識の
二極分化が生じているんじゃないかな。

437 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:17:31 0
ネットで得た知識って「電波や反ユダヤがなんかやってる」という事だ

438 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:21:38 0
>>435
wikiって個人参加できる百科辞典だからメールしてみればいいかも
>>436
媒体じゃなくて人の質だと思うけど・・・
知識を有してると思うから誰も即は「厨」認定しないけど他なら厨認定で片付くっしょ

439 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:50:43 0
そりゃ人の質も重要だが、ネット情報はおそろしく断片的で量も少ないし
内容が「ガス室論争」に偏っているからなあ。
情報リテラシーの高い人でもそういう限界を越えるのは難しいと思う。

図書館逝ったほうがはやいです^^


440 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 02:51:15 0
>>433
とりあえずカール・コッホの話はガチで間違い

441 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 21:56:11 0
>>359-360
の流れテラワロすwww

こっちは避難場所?だし、いずれ過疎化でソフトライディングすると思うけど
問題はあっちだよな。
昔から、ほんっと好き者が集まってる遊び場だからなあ。
NHK見て行く人は個人的には止めんけど
古参の粘着のパワーは凄いよアッチは。
だって奴らの遊び場はそこしか無いからwww
sageでやってくれれば何も言わんがな

442 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 22:12:13 0
じゃあとりあえずageるか

443 :世界@名無史さん:2005/08/26(金) 01:42:22 0
粘着っていうか、完全に異常者だと思うw
すごい無駄なエネルギーだよなあ
そのくせちょっと不利になると逃げて
人がいない時間を見計らって、コピペ&勝利宣言をするw
行動パターンがまるっきり幼児だ

まあ、ほんとに死んで欲しいわw

444 :世界@名無史さん:2005/08/26(金) 01:57:53 0
粘着してる割には、活動場所であるスレを立てたりしないんだな
このまま放置してたら、行く先を求めてさまようのかな?

445 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 00:14:29 0
性根が真面目な人が多いんだろうな
俺は性悪だから0か100にこだわる人の気持ちはわからんよ
津山事件の30人だって犠牲者の子供からすれば「虐殺」だろう
連合国が捏造して拡大した部分を認めるまではホロ論争は終らないんだろうな
議論を禁止して放置、残りはカルト扱い
捏造した弱みがある以上は選択肢としては間違ってない
ネオナチは弱みを突く事で支持を増やせるからベストな選択肢じゃないが

まーどっちみち自分にメリットねえ海外の事だから俺は放置だな

446 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 11:34:32 0
虐殺という言葉は元々数の概念を含まなかったわけだが
現代日本語では既に虐殺=大量虐殺ってことになってるんかな?

447 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 22:41:43 0
ウヒー!なあ、ここ普通の人いるよね?
俺は恐ろしい2ch過去ログを見てしまったガクブル
ホロスレは2003年からぐらいだっけ?
2002年のスレでスレタイは全然違うけどいるのよ・・・・

この板の人気スレの電波が、、、
書き方も内容もage好きなのも今と同じ

そこはID出るとこで一人で凄いレス数の粘着
コテハンつけてるけど時々変えてる(ID表示の意味は知ってるらしい)
散々に自演を叩かれてたが・・・・

2002年、、、最低でも丸3年、、、、俺はとんでもない奴を叩いたのか、、
電波じゃない!妖怪だ!!いや粘着を体言したスクリプトで人じゃ無いかも知れない

きゃーもう関りません!!
ツンデルのUFO信じます!ヒルバーグ先生が1ミスしたのも認めます!
木村様はドイツ語読めないキムチマンセー!!お願いだから見逃してくれ

448 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 22:51:14 0
追記
電波つっても○の分かりやすい馬鹿じゃないよ
例のサイトコピペや「死体は?」「証拠は?」「ガス室の構造は?」の彼ね
スレがループしてるんじゃなかった
進歩してない彼の凄まじいレス数にレスするとループするの
んと俺は違うスレ行って頭スッキリさせるよ
ホントに病室から書きこんでるのかも知れない・・・一種のホラーだ

449 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 23:16:33 0
>>447-448
わかったから、そいつと一緒にお前も消えてくれ。

450 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 19:37:00 0
再放送きぼん

163 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)